2016年02月05日

引掛シーリング

シーチングライトやペンダントライトの取り付けで使われる引掛シーリング。
天井に付いているととっても便利なアイテムです。
 
今回は引掛シーリングについて。
正式名称は引掛シーリングローゼットだそうです。
 
電源を供給でき、さらに照明器具を設置や吊るす事のできる優れものです。
 
 hikkake_seeling
 
上の写真のような種類がありますが、耳のような金具がついたものがローゼットと呼ばれていて、
JISで規格化されているので、基本はこの5種類のどれかに対応をしていれば、設置できる事が
できるとの事です。
 
天井に付いてる側をボディといい、差し込む側をキャップという事が一般的です。
 
取り付け方も簡単でボディ側の穴にキャップ側の電源端子+吊るし端子をいっぱいまで差し込み、右にひねる。
回らなくなるまでひねればOK! 最近のキャップはロック機能がついている為、ロックが「カチ!」っとかかるまで
ひねったらOKです。
 
外すときは、ロックがある場合はロックボタンを押しながら左へひねれば簡単に外せます。
ロックが無いキャップはそのまま左にひねれば外せます。
 
外す時、外れた瞬間に全ての重さが引掛シーリングにかかりますので、照明器具を支えながら外しましょう。
一番のお勧めはまずは照明器具を拭き掃除して電球(またはLED)をあらかじめ外しておいてから作業をしましょう。
 
電球はガラスで作られた場合が多いので、割ってしまうと電球の破片がそこら中にとびちり危険です。
 
設置は簡単ですが、お気を付けて設置してください。
 
At LifeStyle


toshisudo47 at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)灯り 

2016年02月04日

ペンダントライト(Pendant Light)について

ペンダントライトは、コードやチェーンで天井から吊り下げる照明器具の事です。
ちなみにペンダントの語源は、ラテン語のpendere ペンデレ(ぶらさげる、つりさげる)だそうです。(ウィキペディアより)
 
cc-40330816033_image2


ペンダントライトは、
通常家庭で使うような器具は取り付けシーリングがそのまま吊り下げるような構造になっています。
大きな器具は、重さもあるので吊り下げる為の専用器具を取り付けます。
それぞれの器具に設置方法がありますので、それに従って設置するのがベストです。
 
ペンダントライトの多くは、部屋全体を照らすというより一部分を明るく照らしたり、スポット的に照らす使い方が多く、私の中ではシーリングが全体を、ペンダントは部分的に照らすのに優れてると思います。
 
ここまで、書いて矛盾?を感じてしまいました。
以前紹介したブーケシーリングライト。れ、明るさ的に言うとペンダントライト的です。
でも。ペンダントライトのように一部分を照らすにも適してない。全体を照らせるほとの明るさもない。
 
逆に雰囲気を楽しみたい明かりに徹したライトなんです。
 
改めて面白いライトですね。
 
GEM_6903_1


話を戻して(すいません、あっちこっち飛んでしまって)ペンダントライトでよく使われるのはダイニングテーブルの照明です。その時に気を付けてください。テーブルの大きさとライトの大きさとその照らす範囲、設置場所の天井の高さなどを考えて検討が必要です。
 
以外とそれって大事です。


2016年02月03日

シールングライト(Ceiling Light)について

照明器具はいろいろな種類があります。
設置する場所や使い方によって、シーリング ペンダント フロアライト etc…

light sec

 
私も実際にネット販売で取り扱っていますが、今一度 照明器具についてを調べてみようと思います。
 
今回はシーリングライトについてです。

GEM_6903_1

 
まず、シーリング(Ceiling)とは天井を意味する英語です(知っているよ!って思われるからもいらっしゃると思います…)
他にも最も高い値や国の予算編成の概算要求額での上限枠や気象で雲底の高度とかの意味もあります。
 
シーリングライト(Ceiling Light)となると天井に直接取り付ける照明器具→天井灯となります。
 
天井灯のよくある使い方は、屋内全体を明るくする為の住宅などの主照明(全体照明)として用いられる事が多いです。
 
一般的には部屋の天井に引掛シーリングというコンセントが設置されています。

hikkake_seeling

 
これは一般的なコンセントとは違い、照明器具を固定する機能も兼ねています。
引掛シーリングに対応しているシーリングライトはほとんど工具を必要とせず、直接ねじ止めなどで天井面を傷つける事も無く、一般の人でも簡単に設置できます。
 
照明器具 雑貨などの通販サイト「At LifeStyle