相当ご冗談がお好きで

いらっしゃいませ。このブログは、宇宙戦艦ヤマトの好敵手、デスラー総統閣下を敬愛し、 考察するブログです。管理人 とちめんぼう は諸般の事情で不惑をとっくに越えてからヤマト熱がぶりかえしました。 更新はすっかり滞っております。

ヤマト2199大式典

先日11月10日、千葉の舞浜アンフィシアターで行われた
「『宇宙戦艦ヤマト2199』ヤマト音楽団大式典」に行って参りました。
覚えている範囲で報告します。
ちゃんとした文章を書く暇と気持ちの余裕がないので、箇条書きです。
また、記憶を頼りに書いているので、違う部分があったらすみません。

第1部 ヤマトサウンドの世界
No.1 オーバーチュア(序曲のことです。無伴奏の男声合唱「さ〜ら〜ば〜地球よ〜」から始まってヤマトのメインテーマ、だったと思う。)
NO.2 組曲「宇宙戦艦ヤマト」
  交響組曲「宇宙戦艦ヤマト」の吹奏楽アレンジ。
 1 序曲(アルトサックスで例の「あ〜あ〜」のメロディから始まり、そのメロディの変奏で構成された曲。)
 2 宇宙戦艦ヤマト(主題歌をアレンジした曲)
 3 出撃(金管「ぱーーーーっぱーやっ!」ティンパニ「でででででんでででででん」金管「ぱーーーーっぱーやっ!」ティンパニ「でででででんでででででん」の曲。)
 4 大いなる愛(「さらば……」で登場した「大いなる愛」のメロディをアレンジした曲。

この後、宮川彬良さんのトークが入る。
「皆さん、ヤマトはクラシックだと思っていらっしゃる方も多いでしょうが、ヤマトはロックなんですよ!」
と前置きし、

No.3 探索艇(「ぱーやっ ちゃ〜ららら ぱやっぱぱーやっ ちゃ〜ちゃららっ」の曲)

No.4 無限に広がる大宇宙(途中で歌のYUCCAさんがさりげなく舞台を横切って「あ〜あ〜」と歌って引っ込んで行きました)
この後、父・宮川泰氏の作曲の苦労話があり、

No.5 艦隊集結
   (ティンパニ「ど でん でんどんでん」金管「んっぱー」×2
    金管「ぱっぱっぱ〜 ぱっぱっぱっぱ〜」×2 
    ティンパニ「でんどんででどんでんどん どん」スネアドラム「タカタカタカタカタカツクタ〜」×2 の曲)

この後また宮川泰氏にまつわる苦労話。
彬良氏「この曲は『ベン・ハーヤマト』とも言われまして、なぜかというと……
(彬良氏、ピアノで「艦隊集結」の和音と「ベン・ハー」の和音を弾く。そっくりなので観客ドっと笑う)
プロデューサーが『ベン・ハ−』みたいな曲を作って欲しいと言ったんですよ。
艦隊を古代の戦車になぞらえたんでしょうねえ。古代の戦車……古代……古代……?」(笑)

No.6 地球を飛び立つヤマト

彬良氏「ヤマトが巨大ミサイルで轟沈したか、と思われたその時、煙の中からヤマトが現れて飛び立っていく場面の曲」と説明。さらにピアノでメロディを弾き、「敵にやられたかと思うと飛び立っていくところを表現している」と「ファ〜ラソファソラシ♭〜」のメロディに「下〜がれば上がる〜」と歌詞をつけて歌うもんですから大ウケ。今後、

ファンはこの曲を聴くと「下〜がれば上がる〜」と歌ってしまうにちがいありません。

No.7 コスモタイガー(ワンダバの男声が入ったバージョン)

彬良氏「チーフディラクターの榎本明広氏が、どうしてもワンダバを入れて欲しいっていうんですよ。困りました。だってワンダバダバは本来三拍子。おまけに円谷プロ!榎本さん、客席にいらっしゃいますか?作曲の冬木先生のところに菓子折を持って謝りに行きましょうね。」
演奏が終わって彬良氏「客席には榎本さんいらっしゃらないそうなので、菓子折は私が買っておきましょう。」

No.8 ガミラス国歌「永遠に讃えよ我が光」

彬良氏「初めて作曲した国歌が……ガミラス。」(観客笑い)

序曲やワンダバを歌った男声コーラスがここでも大活躍。非常に荘重で印象的な曲でした。

No.9 銀河航路
(2199の冥王星海戦で守艦が沖田艦の楯になって轟沈する時、乗組員が歌っていた「銀河水平波間を越えて……」の歌。)

No.10 ヤマト渦中へ
彬良氏「ヤマトの曲は述べ千曲もありますが、多くが主題歌をアレンジした曲なんです。この曲もそうです。別名、『ブンチャカヤマト』(客、また笑い)」
彬良氏が「そこあに」のインタビューでおっしゃってましたが、ハンガリー舞曲風でもあるとのこと。
たしかに3番か5番か9番あたりがブンチャカブンチャカいうので似てるかも。

No.11 大河ヤマトのテーマ
(エレキベース「ぼよん べんべんべんべんべんべんべん」×2 ホルン「ぱぱぱぱー ぱっぱぱーー ぱぱぱ ぱっぱぱー」の曲)

ここで第1部終了。もっと彬良さんの面白いお話があったんですが、細かいところを思い出せません。
とりあえず今日はここまで。(でも第2部は書けないかも……)


ヤマトプラモ完成

前回までの日記に拍手をくださった方、感謝の極みでございます。

拍手レス

2012.08.14 19:29
 の方
私もプラモを作る根気は衰えていて、少々間違えてもまあいいや、で済ませてしまいました〜(^^;)
三段空母いいですね。これも積んプラモになってます。いずれ作らねば……。

さてヤマトのプラモがやっと完成しました。
かなりいいかげんです。

砲塔の三本線をデカールで貼る、という老眼の始まったオバサンにはきつい作業がありました。
さらにデカールが一枚どっかへ吹き飛ばされてしまったので手前の一本、実は修正ペンで書いてあります。
プラモを本格的に作る人には許せんだろうな〜。

砲塔

(プラモを作らない方のために老婆心ながら解説しますと、デカールとは模様などが印刷されているシールのようなもので、極めて薄いビニールの裏に糊がついています。これを、切手を剥がす時のように水に浮かして台紙から外し、折れてくっついたり吹き飛んだりしないように注意深くピンセットなどで貼る場所にのっけます。この時うしろからのぞきこんだ誰かがくしゃみでもしようものなら絶交したくなるくらい、面倒なものです。デカールを貼る様子をご覧になりたい方は、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」で主人公が飛行機のプラモのデカールを利用して航空会社の社員証か何かを偽造する場面を観てみてください。)

船腹のでっぱりも、前後逆に接着してしまったようなのですが今更はがせないので、ええいこのままでいいや。
腹

砲塔も接着する角度を微妙に間違えたようですが、もういいや。

艦橋

こうやって作ってみて思ったのですが、艦橋付近に武器が集中していますね。艦橋はやはり守らなくてはいけないからでしょうか。逆にお腹の方に武器が少ないこと少ないこと。もともと海に浮いていた船だから仕方がないですね。
ツイッターにも載せましたが全体の写真です。
もうちょっと凝って作るなら、船体の灰色が軽い感じがするので、ほんとは黒鉄色を薄めて全体に塗るなどするとよかったんでしょうが、もう根気も時間もないのでこれで終わりにしておきます。でも中学生の頃作ったのと比べると随分マシなんですよ。ニッパーで部品を切り取ることもパリを取ることも知らなかったので、部品をねじ切って取るなんていう随分乱暴なことをしていましたから。

全体

おまけ。今日のうちのテロン人。相変わらずてろんと寝ています。

ぬこ22





ヤマトプラモ制作中

ごぶさたしております。
昨日までの日記に拍手を下さった方、感謝の極みでございます。

2012.08.11 12:56 の方

はい、シュルツの娘が出てきて仰天しました。ガミラス側の人間的な面が掘り下げられていてガミラスにも感情移入できそうです。得体の知れない敵、というイメージは薄れますがガミラスびいきにはうれしいです。
真田さんの読んでいる文庫、2回目に見た時は岩波でなく他の文字に見えたのですが読み取れませんでした。でもデザインは明らかに岩波なので、おっしゃるように岩波ファンのかたがスタッフにいたのかもしれませんね。


さて、お盆の三連休を満喫しております。
11日は子供と科学館、12日はコンサート、今日13日は学生時代の友達に家にきてもらってひさびさ大いにしゃべりました。

積んプラモになっていたヤマトも作り始めたのですが、これはたぶん完結編版のヤマトではないかと思います。(主砲の三本線がデカールなので、1/700モデルの細〜い砲身に巻いて貼るのは大変だったよ〜。)

CA3C0164

塗装中。塗料が下にくっつかないように半分切り離した状態で塗りました。
CA3C0165

船体の組み立て。本当はエアブラシとかいうもので塗るとムラなく塗れるんだろうなあ。
瞬間接着剤で貼り付けて輪ゴムで固定しました。
CA3C0167

ふう。今日はここまでにしておこう。
CA3C0168

中学生時代、ヤマトのプラモを作った時はやり方を知らないもんだから部品をねじ切って外したりパリも取らずに組み立てたり、テープで養生したりするなんてことは全然しませんでした。ずいぶん乱暴な作り方をしてたなあ。

おまけ。今日の家のテロン人。相変わらず「てろん」と寝ています。(左足の濃い縞は、腿から足首にかけて唐突な感じでクッキリとシマシマの部分があるものです。なんか足が途中で途切れているように見えますが。)
CA3C0169







うちのテロン人

前回までの日記に拍手を下さった方、感謝の極みでございます。
本業が大詰めの上に、拾った猫に毎朝5時に起こされて
フラフラのとちめんぼうですこんばんは。

ちょっと落ちついたらヤマト2199の感想を書こうと思っております。
拍手コメントレスなど遅れていたり見落としていたりしたらすみません。

うちのテロン人 ↓




ねこ

ケロン人か……


すみません、すごーく忙しいので
走り書きの画像だけ挙げておきます。
きたなくてすみません。

ケロン人か…

同じこと思った人ぜったいいるよね?!
livedoor プロフィール

とちめんぼう

とちめんぼう と申します。
昨年はtoshitohoshiと名乗っておりましたが、統一するため、
別ブログでのHNを名乗ることにしました。
このブログは、宇宙戦艦ヤマトの好敵手、デスラー総統閣下を敬愛し、
考察するブログです。
最近ツイッターばかり書いてブログの更新が滞っております。すみません。
緑と茶のが日常雑記。
黒いのがヤマト等専用のツイッターです。
この表示のされ方だとツイートは私が全部書いているように見えますが、他の方の引用も多いということをお断りしておきます。



new TWTR.Widget({
version: 2,
type: 'profile',
rpp: 4,
interval: 6000,
width: 250,
height: 300,
theme: {
shell: {
background: '#333333',
color: '#ffffff'
},
tweets: {
background: '#000000',
color: '#ffffff',
links: '#4aed05'
}
},
features: {
scrollbar: false,
loop: false,
live: false,
hashtags: true,
timestamp: true,
avatars: false,
behavior: 'all'
}
}).render().setUser('tochimenbow').start();


このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>