前回までの日記に拍手をくださった方、感謝の極みでございます。

拍手レス

2012.08.14 19:29
 の方
私もプラモを作る根気は衰えていて、少々間違えてもまあいいや、で済ませてしまいました〜(^^;)
三段空母いいですね。これも積んプラモになってます。いずれ作らねば……。

さてヤマトのプラモがやっと完成しました。
かなりいいかげんです。

砲塔の三本線をデカールで貼る、という老眼の始まったオバサンにはきつい作業がありました。
さらにデカールが一枚どっかへ吹き飛ばされてしまったので手前の一本、実は修正ペンで書いてあります。
プラモを本格的に作る人には許せんだろうな〜。

砲塔

(プラモを作らない方のために老婆心ながら解説しますと、デカールとは模様などが印刷されているシールのようなもので、極めて薄いビニールの裏に糊がついています。これを、切手を剥がす時のように水に浮かして台紙から外し、折れてくっついたり吹き飛んだりしないように注意深くピンセットなどで貼る場所にのっけます。この時うしろからのぞきこんだ誰かがくしゃみでもしようものなら絶交したくなるくらい、面倒なものです。デカールを貼る様子をご覧になりたい方は、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」で主人公が飛行機のプラモのデカールを利用して航空会社の社員証か何かを偽造する場面を観てみてください。)

船腹のでっぱりも、前後逆に接着してしまったようなのですが今更はがせないので、ええいこのままでいいや。
腹

砲塔も接着する角度を微妙に間違えたようですが、もういいや。

艦橋

こうやって作ってみて思ったのですが、艦橋付近に武器が集中していますね。艦橋はやはり守らなくてはいけないからでしょうか。逆にお腹の方に武器が少ないこと少ないこと。もともと海に浮いていた船だから仕方がないですね。
ツイッターにも載せましたが全体の写真です。
もうちょっと凝って作るなら、船体の灰色が軽い感じがするので、ほんとは黒鉄色を薄めて全体に塗るなどするとよかったんでしょうが、もう根気も時間もないのでこれで終わりにしておきます。でも中学生の頃作ったのと比べると随分マシなんですよ。ニッパーで部品を切り取ることもパリを取ることも知らなかったので、部品をねじ切って取るなんていう随分乱暴なことをしていましたから。

全体

おまけ。今日のうちのテロン人。相変わらずてろんと寝ています。

ぬこ22