さて、ヤマトのプラモを見に、セントレアこと中部国際空港までやってきたわけですが、わざわざ駐車料金・電車賃・特急料金を使って出かけてきたので、これだけではもったいない。

実は、子供が小さい頃には「子供に飛行機を見せる」と称して足繁くセントレアに通っておりまして、飛行機の撮影の練習をしていたもんです。セントレアには広〜い展望デッキがあって、滑走路を一望のもとに見渡せるんです。

イルミネーションが綺麗だというから寒いのを我慢して見てこよう。

おお、これはすごい。
s-イルミネーションの台

人が乗れる台が用意されていて、台に乗って全体を見渡すとこんな感じ。
s-イルミネーション全景

通路です。
s-展望デッキの通路はこんな感じです


柵にとりつけられたイルミネーションの向こうに飛行機が見えます。
s-イルミネーションと駐機中の機体

駐機場を見ると、何と、航空ファン垂涎の的、「ドリームリフター」が!!
なんて運がいいんだ!
s-ドリームリフター

尾翼の赤い飛行機の向こうにクジラのような太った飛行機がいますね?
これがボーイング747を改修してこしらえた巨大輸送機、747-400LCF型愛称「ドリームリフター」です。

胴体がやたらに太いのは、中に工場で作った旅客機の翼や胴体を格納して空輸するためです。
積み込みの時には尾部に近いところがぽっきりと折れるように開きます。

以前はセントレアの公式サイトに飛来日時のお知らせがあったんですが、最近はテロ対策のためか飛来日時の予告がなくなりました。ファンはいずこからともなく情報を集めて撮影に行くので、見られるのはとてもラッキーなんです。

夜間の撮影はとても難しくて、ブレた写真ですが、駐機場の様子をごらんにいれます。
s-駐機中の機体

いいかげん凍えそうになってきたので、建物の中に退散し、銘店街で買い物をして帰りました。
レトロな感じの商店街が作ってちょっとしたテーマパークのように楽しめますが、上を見上げると建家の屋根が見えて我にかえります。
s-セントレア銘店街

中部国際空港は、飛行機を利用しなくても商店街・温泉などがあって一日遊べますので、お近くへおいでになったら見学をお薦めします。