Toshiya official

東京都内と静岡沼津、東北の被災地を行ったり来たりしている、Toshiyaこと中村俊哉のブログ。

8度目の3.11。

3月11日が「3.11」と呼ばれるようになって、8年が経ちました。

でも、私が定期的に足を運んでいる南三陸に関して言えば、復興なんてまだまだと思います。

失われたものは返ってはきません。

出来ることは、一歩ずつでも歩いていくこと。

休み休みでもいいのです。

私は、これからも、南三陸の皆さんと一緒に歩いていきます。


「3.11」ということで、ブログに何か写真を上げようと思ったら、去年はバタバタしていて、ミナサンフェスのことを記事に書いてなかったことに気付きました。

そこで、当時撮った写真を見返してみると、いい写真がいっぱいありました。✨

南三陸は本当に素敵なところだと、改めて感じました。

美しい景色に、美味しい幸、そして、優しい人たち。

一人でも多くの人に知ってもらいたいし、足を運んでもらいたい。

そのために、【第5回ミナサンフェス】のオフショットを少し載せておきます。

IMG_0763

IMG_0786

IMG_0986

IMG_0905

IMG_0608

IMG_0939

昨年行ったミナサンフェスの詳細については、公式サイト【第5回ミナサンフェス&伊里前夜市】レポートをご覧ください。m(_ _)m

東日本大震災で亡くなられた全ての方の、ご冥福をお祈りします。
☆よろしければ、清き1クリックをお願い致します。ブログランキング

我がラーメン道その11 ~凪/喜元門/明星/伊駄天/はしご

今夜は今年一回目のラーメン部活動が行われます!
その他にも私は週3ペースでラーメンを食べに行っているのですが、今回は部活動を前に、ここ三ヶ月以内に足を運んだ中で、特に印象に残っているラーメン店を5軒挙げていこうと思います。



IMG_2689
IMG_2690

池袋駅から程近いお店。
「特製煮干しラーメン」をオーダー。
でかい海苔がインパクト大です。
玉子は半熟。煮干しがそのまま乗っているのも新鮮でした。
麺は太く、コシがあって、美味しいです。
スープは、上に乗っている辛タレを混ぜることにより、辛くなりますが、辛味はチャーシューにも合い、旨さが引き立ちます。
通常の麺の他に入っている一反木綿のような麺(笑)も美味しかったです。


食べログの100名店にも選ばれている、つくば屈指の人気店。
開店と同時に入り、「真空つけ麺」をオーダー。
5種類から選べるチャーシューは、「低温チャーシュー」をセレクト。
モンゴル産岩塩と黒こしょうで食べるこのチャーシューは絶品でした!
後味がクリーミーなスープには、サッパリした柚子が入っており、不思議な味わいでしたが、これがモチモチプリプリ太麺に合ってました。
玉子もメンマも柔らかくて、スープとのマッチングが良かったです。

ついでに頼んだ「店長飯」のチャーシューはジューシーで、シャキシャキネギと甘ダレがごはんによく合います。
美味しそうなメニューが多く、再訪したいお店でした♪

★明星[静岡県・駿東郡清水町]★

IMG_4023
IMG_4022

私の故郷・静岡県の駿東郡清水町で、1・2を争う人気店。
「特製明星ラーメン」をオーダー。
太麺なのに、綺麗な醤油とんこつ。
程良く、まろやかはスープ。
チャーシューも、正統派だが、美味。
メンマも程よい歯応え。
玉子は外も中も食感のいい柔らかさで、ネギはシャキシャキ。
流石、県東部最高峰!
絶妙なバランスでした。
つけ麺がメインのお店ですが、ラーメンも美味い!

★伊駄天 静岡店[静岡県・静岡市]★

IMG_4204
IMG_4206

人気メニュー「至高のトリュフ」(醤油)をオーダー。
丸鶏スープ&トリュフソース。3枚のチャーシューがいい味を出しています。
1枚目:焼豚、ジューシー
2枚目:さっぱりした鶏肉
3枚目:上に乗ったトリュフを活かす薄味の豚
選べる麺は、平打ちではなく細麺を選んだのですが、まろやかなスープがよく絡みます。
ネギも薄くスライスされており、醤油スープにピッタリ!
トリュフは風味がよく、口にした時の苦味とそのあとの甘みがラーメンにマッチしていました。
創業12年目とのことですが、ファンが多いのも納得の味!

★支那麺 はしご 本店[東京都・銀座]★

IMG_4488
IMG_4485

ここは担々麺の種類が豊富なお店なのですが、今回はオーソドックスな「担々麺」をオーダー。
因みにこれ、「タンタンメン」じゃなく「だんだんめん」と読みます。笑
つるっとした細麺で、スープは見た目に反し、さほど辛くなく、食べやすい。
ほうれん草やチャーシューもちょい辛スープによく絡みます。
そして、担々麺にはご飯がよく合う!このお店ではご飯が無料で付いてくるので、箸が進みます。
シンプルですが、安心できる味の担々麺でした。


以上、平成最後の年も美味しいラーメンに出会えて、幸せな日々を送っています。笑
行ったラーメン屋さんの写真&感想のストックはまだまだあるので、また近く、ラーメンブログを更新出来ればと思います。
☆よろしければ、清き1クリックをお願い致します。ブログランキング

へなちょこランナー参戦記 2018冬! ~横浜マラソン/富士山マラソン/ホノルルマラソン

明けまして、おめでとうございます!

って、もう1月も終わりですが…

復興応援やNPO,NGOの活動のこと、舞台のこと、マラソンのこと、モータースポーツのこと、映画のこと、音楽のこと、ラーメンのこと…書きたいことは山ほどあるのですが、全然追い付いていない今日この頃。苦笑

昨年10月~12月の振り返りになりますが、フルマラソン3戦のレポから2019年のブログはスタートです。

IMG_2369

エントリーしていた【第6回 榛名湖マラソン】が台風の影響で中止となったため、私の2018-2019シーズン フルマラソン初戦は10月28日に開催された【横浜マラソン2018】となりました。

img-course-full

コース図は公式より拝借。

IMG_2402

スタート前の様子。
28000人のランナーが静かに熱く燃え上がります。

IMG_2407

転倒による怪我もありましたが、ネットタイム4:27:28(グロス4:36:09)で何とか完走!

このレースでは「完走より完食」をテーマに(笑)ラッキー給食を片っ端から食べつつ、それでも、キロ6分は切るペースで走り続けたのですが、高速道路 首都高湾岸線を走っていた26km地点で、側溝のフタに足を取られて派手に転倒。顔面と両膝を強打した上に両足をつり、ドクターランナーや救護スタッフに囲まれましたが、「無理をしないこと」を条件にリタイアの勧めを断り、ゴールを目指しました。
高速道路のバンク(傾斜)で、知らず知らず側溝に引き寄せられ、また、踏ん張るために、普段とは違う筋肉を使い続けたことが原因かと思います。
そこからは、肉離れを起こしかけている両足を庇いながら、ペンギンのような走り方でひょこひょこ進みましたが、ペースはキロ7分まで落ちてしまいました。;
何とかサブ4.5はクリアしたものの、まさに満身創痍。フィニッシュ後は芝生に転がり込むと、1時間以上起き上がれませんでした。😓

そんな中でも、2018年度と2017年度、二つのメダルを手にして、安堵に包まれ、掲げたテーマを達成出来たことには満足しています。

今回、テーマに掲げていた『食』の方ですが、いただいたラッキー給食は…
横浜マラソンハーバー
横浜レンガ通り
湘南パウンドケーキ(プレーン)
湘南パウンドケーキ(ラムレーズン)
神奈川ブランド走水のり 猿島ワカメ入りこんにゃく
パワージェル 梅フレーバー
パワージェル トロピカルフルーツ味
湯河原名物 きび餅
コロコロワッフル
ハロウィンハーバー
一つ一つは量が少なかったですが、美味しかったです♪
しかし、一番印象に残ったのは、パフォーマンスエイドでバーテンさんがシャカシャカやって作ってくれたカクテル。(勿論、ノンアル)笑

IMG_2424

この日は、まーくん、JVCラン部の栗田さんも一緒に走り、応援に来てくださった小河原さんも交え、打ち上げをしました。

参加された皆さん、お疲れ様でした!
大会を大いに盛り上げ、支えてくださったボランティアの皆様にも感謝です!\(^o^)/

IMG_2759

フルマラソン第2戦は11月25日開催の【第7回 富士山マラソン】です。

IMG_2776

JVCランニングチーム(ラン部)のメンバーで、前日入り。
空気は冷たかったですが、テンションは上がります♪

夕食は、山中湖村の『大豊』で、塩きのこほうとうと富士桜鱒寿司に舌鼓を打ちました。

IMG_2817

そして、迎えたマラソン当日。
それぞれがベストを尽くして目一杯楽しみ、笑顔で東京に帰れますように!

course_full_2017

今回のコースはこちら。(公式より)

IMG_2785

フルマラソン、スタート前の様子。
雲一つない快晴で、絶好のマラソン日和です♪

IMG_2796

私のレースは、サブ4を目標に挑み、中間点までは設定したタイムで走れていたものの、22km地点の激坂にやられ、両足の痙攣から、36km地点では腿が肉離れを起こしかけて、動けなくなり、以降は500m毎に立ち止まってケアを繰り返しながら、何とかフィニッシュ。結果はネットタイム4:27:36(グロス4:29:45)で、総合2552位/約12000人中でした。足をやられたのは、坂道走を始めとする練習不足以外の何物でもないですね。;
絶えずアップダウンの続くチャレンジングなコースでしたが、名峰富士の絶景を満喫出来、気持ちよく走れました。
また、フィニッシュ後には救護の学生さんたちに総力を挙げてケアをしてもらい(笑)、お陰で足も大分回復しました。

そして、この日、私の夢が一つ叶いました。

JVCランニングチームのメンバー7名全員がエントリーしたフルマラソン&10kmチャリティーファンランで見事完走-これは、ラン部キャプテンとして、私が見た夢だったのですが、それが現実となり、素晴らしい思い出となりました♪

車で皆を東京に連れ帰った後は、両国から品川への引っ越しやF1の観戦会の予定もあり、バタバタしましたが、それだけに色濃く、忘れられない11月最後の週末となりました。

IMG_3191

そして、2018年も最後のレースはやっぱり、【JALホノルルマラソン2018】
今年も年に一度の祭典の日々がやってきました!

IMG_3022

大会2日前、金曜夜のアロハフライデーナイトでは、ハワイが誇るフラのパフォーマンスのあと、大会アンバサダーの元AKB48 渡辺麻友さんと今回のホノルルマラソン出場がサプライズ発表された元バレーボール日本代表の木村沙織さんのトークショーに聴き入りました。また、大会オフィシャル応援ソングを歌う木村カエラさんのスペシャルライブでは、応援ソング「Run to the Rainbow」や「リルラ リルハ」、アンコールでは「Butterfly」を会場の皆で合唱し、大いに盛り上がりました!

IMG_3055

大会前日、土曜の朝は【カラカウア メリー マイル】(1.6kmランイベント)に参加。

IMG_3105

1マイルランの間は雨が降ったりやんだり、その繰り返しでしたが、フィニッシュ後にはワイキキの空に立派な虹がかかりました。

IMG_3200

大会当日、12月9日、日曜は2時に起きて、スタート地点のアラモアナセンター前へ。
今年の目標は「(38km地点のダイヤモンドヘッドの坂で歩かず)最後まで走り切ること」と「ホノルルマラソンでの自己ベストを1秒でも更新すること」。
後は、初心に返って、今自分が走れることに感謝し、目一杯楽しむことを忘れずにいきたいと思いました。💨

IMG_3228

結果、04:09:55で完走!
他のフルマラソンに比べ、20分はタイムが落ちると言われるこの難コースで、今の自分にとって、正直、このタイムは出来過ぎです。
総合1283位/30000人強で、文字通り、今年のベストレースとなりました!

11月は引っ越しの忙しさもあり、月間80kmしか練習で走れず、また上記の2レースで(原因は異なりますが)両足を攣ってしまったので、今日に至るまで不安も大きかったのですが、蓋を開けてみると、トラブルフリーで、難コースの辛さを感じることもなく、後半、ネガティブスプリットでペースを上げ、最後まで失速することなく走り切ることが出来ました。

考えられる要因としては…
1)今年、日光ウルトラマラソン、火祭りロードレース、横浜マラソン、富士山マラソンなど、いくつもの過酷なコースで苦闘しながらも積んできた経験が生きたこと
2)『WINZONE ENERGY GEL』の足攣り対策セットを購入し、レース前、14km地点、28km地点の3回服用したこと
3)フルマラソンの前はいつも1〜2時間しか睡眠を取っていないのが、今回は頑張って(笑)5時間も寝たこと

ホノルルマラソンは6年前、私が初めてマラソンを走った大会で、ここには本当に沢山の思い出があります。
今回のベストタイム更新により、5回の出場で連続してタイム更新を果たすことが出来、安堵に胸を撫で下ろしています。(昨年のタイムは04:14:36だったため、今回は04:14:00を目標に掲げていました。)

IMG_3314

1973年に、心臓病の医師の「心臓病のリハビリと予防のためには、長距離をゆっくり走るのが良い」という考えに基づき、始まったホノルルマラソン。陸上競技がベースにある日本のマラソン大会とは大きく異なります。
今回も、完走後、フィニッシュゲートの脇で、後からやってくるランナーに3時間ほどエールを送りましたが、そこでは実に様々な人間ドラマが見られました。

ウェディングドレスとタキシードで手を繋いで走り切った新郎新婦。倒れそうになっているおじいちゃんを息子や孫が両側で支えながら、完走を果たした一家。幼い子どもを片手で抱えたパパとママの3人家族。双方車椅子の老夫婦がフィニッシュゲート前で記念撮影をしている図。80歳のおばあちゃんとそれを支える娘たちの一団の完走。ホント、挙げればキリがないのですが、これが私の好きなホノルルマラソンの姿です。
願わくば、私も、あのおじいちゃん、おばあちゃんみたいに、80代、90代になっても、この大会に出場し続けたいなぁ。
しみじみ、そう感じた、私にとって5回目のホノルルマラソンでした。

今回も私たちを支えてくれた1万人のボランティアの皆さん、ありがとうございました!
また、世界中から集まり、ともに走った3万人強のランナーの皆さん、本当にお疲れ様でした!

IMG_3382

ホノルルマラソン翌日は、コンベンションセンターで完走証を受け取り、ダイヤモンドヘッドの頂上まで登ってきました。

実は2014年にも、マラソン翌日にダイヤモンドヘッドを登ったのですが、この時はJCBラウンジに荷物を預けることが出来るのを知らずに、大型のスーツケースを抱えたまま、必死に登り、途中でフライトの時間が迫ったため、引き返してきたということがあり…志半ばになっていました。
今回は事前にスーツケースをラウンジに預け、タクシーを使ってコンベンションセンターから公園入口まで移動したことで、クレーターの頂上まで行く時間が取れ、4年越しの悲願達成!
前日のマラソンのダメージが殆ど残ってなかったことも幸いしました♪

今年もあっという間だった4日間の旅。
ホノルル旅行については他にもまだ書きたいことがあるので、後日、オールスポーツさんの写真が届いた際に、また少し書こうと思います。

そんなこんなで相変わらずバタバタの私ですが、今年もどうぞよろしくお願いします。笑
☆よろしければ、清き1クリックをお願い致します。ブログランキング

両国→品川:引っ越しました。

2018年11月、4年住んだ両国から品川に引っ越しました。

通勤時間の短縮を図るというのが、その主な理由です。


墨田区と港区・品川区、それぞれでランニングしながら目に飛び込んできた景色の変化を、写真を通じて、見比べてみたいと思います。

IMG_2692

10月18日、両国(隅田川)走り納め。
隅田川テラス、中央大橋付近。

広々としていて、走りやすいです。

IMG_2694

佃大橋の上より、中央大橋を望む。

両国時代は、一周10kmのアップダウンを含むマイコースを作ってあり、バランスよくランニングが出来ていたのですが、走り納めの日、改めて、その景色の素晴らしさを実感。

家は移りますが、また走りにこよう!

IMG_2920

12月2日、品川ラン。

大井埠頭から品川埠頭への上り。
ゆりかもめの往来を度々目にします。

IMG_2928

品川埠頭と港南地区を結ぶ、港南大橋。

橋の上にバスが停まるようです。(驚

この辺は臨海地域だけあって、隅田川テラスに負けず開放的でいいのですが、ナイトランとなると、また新たな魅力が。

IMG_2732

10月23日夜。
運河沿いをずっと走っていくと…

IMG_2740

ライトアップされた眠らないオサレエリア『天王洲アイル』に辿り着きました。

ランナー姿でここに入るのは場違いな感じもしますが、テンションは上がります。

今度、T.Y.Harborのブルワリーレストランにも食べに行きたいなぁ。

新生活が楽しみです。

私は仕事の関係で週の半分は静岡県の沼津市にいることもあり、両国も満喫する間もなく、引っ越してしまいました。今度はもう少し、自分の住む街を知りたいですね。
☆よろしければ、清き1クリックをお願い致します。ブログランキング

へなちょこランナー参戦記 2018夏! ~伊豆稲取キンメマラソン/日光100kmウルトラマラソン/TAMAハーフマラソン/富士吉田火祭りロードレース

今週末は横浜マラソンを走ります。

9月30日に出場予定だった『第6回 榛名湖マラソン』が台風により中止となったため、、これが今シーズンの初フルマラソンとなります。💨

その前に、『へなちょこランナー参戦記 2018夏!』として、今年6月~8月に参加した大会を、遅ればせながら、綴っていこうと思います。↓

IMG_9749

6月10日、『第3回 伊豆稲取キンメマラソン2018』に出場。

初開催から3年連続での参加。
ただし、今年は翌週に控える日光ウルトラのため、10kmにエントリーしました。

友人の下平さんのお誘いで、前泊にて、東伊豆町で飲み食い、盛り上がりました。

IMG_9772

スタートコールは今年もLiLiCoさん。

大会キャッチコピー『最高に楽しい地獄へようこそ!』は彼女の発案です。

IMG_9784

10km男子40〜59歳の部を
49分28秒
35位/225人中
で完走!

タイムはさもないですが、山から海へと駆け抜ける過酷なこのコースでは、これが目一杯。💦
でも、幼稚園児の列とハイタッチしたり、お爺ちゃん・お婆ちゃんの声援に手を振って応えたり、楽しむことも忘れませんでした。👍

IMG_9777

フィニッシュ地点脇で開催されていた朝市にて、喉を潤します。

前夜祭に続いて、打ち上げも盛り上がり、お肉は最高に美味しかった!
何から何まで、手配くださった下平さんには、本当に感謝!

また来年、東伊豆町 伊豆稲取に走りに行きます♪

IMG_9823

翌週6月17日は、『2nd日光100kmウルトラマラソン2018』に出場。

脚を故障し、終盤歩いてしまった去年のリベンジを果たすため、私は今年も62.195km部門に挑みます。

IMG_9859

同じく62.195kmに挑戦するJVCランニングチーム(ラン部)の高瀬さんと、スタート前に記念撮影。

course

日光の名所を巡る、楽しくも過酷なコース。

序盤&終盤を含め、去年と大分変わっていました。

ちょうどこの日はフランスで、世界三大レースの一つ『ル・マン24時間レース』が行われており、私のマラソン中は、今回、応援に駆け付けてくれたまーくんにトヨタ勢の順位をLINEに送ってもらい、それをうんまい給食エイドで確認することに。笑

IMG_9866

21km地点の日光江戸村にて。
江戸村の中も、去年より長く走れました。

IMG_9872

29km地点。
今年もありました!鬼の階段。

IMG_9873

32km地点。
東武ワールドスクエアのエンパイアステートビルの前で。

IMG_9893

62.195km男子の部、7時間37分52秒で完走!
127位/397人中でした。

去年は50km地点で左足が腸脛靭帯炎になり、以降、歩いてゴールを目指すことしか出来ませんでしたが、今年は何とか最後まで走り切り、リベンジを果たすことが出来ました。💨

途中、体調不良によりストップする場面もありましたが、そこから立て直し、フルマラソンより長い距離を初めて“完走”出来たことで、自信にも繋がりました。

日光の皆さんの心温まる応援、おもてなしが心に沁み、ラスト2kmの激坂を上る力を私に与えてくれました。

トヨタが日本チーム+日本車+日本人ドライバーで成し遂げたル・マン24時間レースでの初優勝と併せて、忘れられない一日となりました♪

IMG_9889

日光の旅をともにした高瀬さん、まーくんと。

このあと、三人で日光名物・湯葉料理の美味しい店に行きました。笑

IMG_0077

7月7日は、7月度の大会として、『TAMA ハーフマラソン at FUTAKOBASHI』に出場。

この時期の大会は、気温と湿度の上昇からタイムは狙えないため、秋冬に向けたトレーニングを兼ねての21.095kmになります。

IMG_0080

曇り空なのが唯一の救いでしたが、雨上がりで湿度が高く、河川敷の未舗装路は水溜まりだらけで、走るのも大変でした。💦

後半少し風が出てきたことが助けとなり、エイドで被り水をしつつ、1時間58分35秒で何とか完走!

タイムはギリサブ2で芳しくありませんが、コンディションがコンディションだからか…
総合順位30位/159名中
男女別29位/140名中
そして、40代男性の部では10位/42名中
ということで、初のトップ10フィニッシュを果たすことが出来ました。💨

IMG_1027

8月26日は、夏の最後を締め括るレースとして、『第38回山日YBS富士吉田火祭りロードレース』に出場。

スタート/フィニッシュ地点の富士北麓公園からは富士山が間近に見えます。

IMG_1030

この日は晴天に恵まれ(?)、気温が33℃まで上がり、文字通り“火祭り”ロードレースとなりました。

img_course

標高1000mからスタートし、1300mまで上り、その後950mまでひたすら下り、また上る21km。

一部オフロード(吉田口登山道)も含め、7km地点までは山を延々と上り続け、その後、9km地点より15km地点まで急降下します。
そして、16km過ぎからは、最後の上りが待ち受けている訳です。

IMG_1038

暑さと坂との格闘の末、
ネットタイム 2:09:28(グロス 2:10:10)
で完走を果たしました。
ハーフ男子36~45歳の部で202位/452人中
でした。

実は、この大会、3年前にも出場しているのですが、その際は、延々と続く上り坂を歩いてしまい、小雨〜曇りという絶好のコンディションだったにも関わらず、
ネットタイム 2:17:01(グロス 2:17:22)
ハーフ男子36~45歳の部で473位/573人中
という不甲斐ない結果に終わっていました。

相変わらず、上りが苦手な私ですが、、今回は、体力的にキツいコンディションの中でも、歩くことなく、最後まで走り続けることが出来、3年前と比べれば、少しは成長しているのかなぁと思います。

IMG_1041

レース後は、今年も名物『吉田のうどん』で癒されました。

これで今シーズンのハーフマラソンの出場は終わり、明後日の横浜より、いよいよフルマラソンの連戦が始まります。💨
☆よろしければ、清き1クリックをお願い致します。ブログランキング

へなちょこランナー参戦記 2018 Vol.2 ~長野マラソン&信州の旅

003

4月14日(土)、翌日の【第20回記念 長野マラソン】に出場するため、私はJVCアフリカチームの友人と東京から車を走らせ、長野市にいました。

写真は大会前日受付(EXPO)会場のビッグハット。
ここでゼッケンを受け取ります。

001

神社があったので(笑)、しっかり完走祈願。

002

ステージでは、アミノバイタルの主催で、千葉真子さんのトークショーがやっていました。
サイン入りゴミ袋(笑)が当たるジャンケン大会に参加したものの、あえなく撃沈。涙

006

その後は、長野と言えば…という程の観光名所であり、ビッグハットからも近い『善光寺』へ。
写真は山門(三門)。

007

『善光寺』は長野マラソンを走るランナーを応援してくれていました。

その他にも、街のあちこちのお店にランナー応援のメッセージが掲げられおり、長野市を挙げて、この大会を盛り上げているのが分かります。

008

善光寺本殿。

009

その後は、宿泊先の上田市に向かい、チェックインの前に、駅前のラーメン店『麺将武士』で信州新ご当地ラーメン(?)の“王様中華そば”を堪能しました。🍜

翌朝は上信越自動車道を走り、須坂長野東ICで降りて、オリオン機械株式会社さんの駐車場に車を停めると、そこからシャトルバスに乗って、スタート地点の長野運動公園へ。

011

雨の中、スタートブロックに並ぶランナーたち。

スタートが近づくにつれ、雨脚が強くなってきたため、人生初、ウェアの上にゴミ袋を羽織って、走りました。

010

ゴミ袋とともに地鶏。笑

map2018_02

長野マラソンのコースは、前日受付会場のビッグハットの前を通り、エムウェーブ、オリンピックスタジアムまで冬季長野オリンピックのレガシーを巡る、走り応えのある42.195km。

5km地点で善光寺の大門の前も通ります。

キツかったのは後半30kmから38kmくらいまで続く千曲川沿いの堤防道。
特に、35km以降は、向かい風に抗うため、力を振り絞りました。

その一方、32km地点では大会テーマ曲を歌うthe Canadian Clubさんの演奏と高橋尚子さんのハイタッチに元気をもらい、何とか最後までペースダウンすることなく、走り続けることが出来ました。

016

ようやく辿り着いたオリンピックスタジアム。
第20回記念 長野マラソン、私はグロス4時間04分14秒で完走しました。
手元のウォッチ計測では3時間59分55秒!(ギリサブ4でした。笑)

017

この写真と一枚上のフィニッシュの瞬間の写真は、現地で合流した長野の友人が撮ってくれました。

ベストポジションで、フィニッシュした私を待ち構えていてくれた友人たちに感謝!

012

吹き付ける雨と向かい風のコンディション、しかも、この頃は、忙しさにかまけて5~10km程度の練習しか出来ておらず、さらに今回は沼津~東京~長野の長距離運転の疲れもあったため、制限時間いっぱいいっぱいでの完走を考えていたのですが、途切れることのない応援と上記友人たちのお陰で、持てる力以上の走りが出来ました。
出走9812人中3411位。

これで、今シーズンのフルマラソン挑戦はお終いです。

018

長野在住の友人と東京から一緒に行った友人、そして、私-JVCアフリカチームの仲間3人でオリンピックスタジアムのブースに並び、信州そばを食べました。

013

その後、3人で長野市内に繰り出し、信州名物(↑)を食べ、長野の友人と別れた後は、2人で小布施町に栗スイーツを食べに向かいました。

014

それがここ!小布施でも屈指の人気を誇る、紅茶とケーキの専門店『栗の木テラス』
ここでは、英国調のお屋敷で、店の工房で作られたスイーツや、20種類にも及ぶ紅茶が楽しめます♪

015

フルマラソンで疲弊した身体には、最高のご褒美でした。

今回の信州の旅は、私が所属するJVCアフリカチームの仲間3人の旅でもあったのですが、それもまた楽しく、心に残る長野遠征になりました。
☆よろしければ、清き1クリックをお願い致します。ブログランキング

祝!結成1.5周年!JVCランニングチームと私 ~イイコトチャレンジ6時間リレーマラソン/チャリティーリレー for AFRICA

07

私がJVC(日本国際ボランティアセンター)のアフリカチームに入って、この6月で5年が経ちました。

昨年の頭からはアフリカチームに加え、ランニングチーム(通称ラン部)の活動も始まり、そこで私は僭越ながらキャプテンの大役を任されています。

活動としては、月3回程度の皇居練習会がメインですが、3ヶ月に一回程度、希望者でリレーマラソンの大会にも出場しています。

02

今年3月17日(土)には、JVCランニングチームの9名で【イイコトチャレンジ6時間リレーマラソン】に参加してきました。

メイン会場は富士通スタジアム川崎です。

04

6時間というと、WEC世界耐久選手権のレース時間に匹敵する長丁場で、途方もなく感じますが、9人なら、一人が一周1.5kmを2~3周×3回程度走れば、OK!

05

150位辺り/190チーム中から、私たちは徐々に順位を上げていき、最終的に105位でフィニッシュしました!

皆で襷を繋ぎ、走り切れたことに感謝!

この日は、2月の【WRJ新春ランニング感謝祭】で痛めた足の怪我もほぼ治り、目一杯、自分を追い込めました。

アンカーを任せてくれたチームの皆に感謝!

01

レースの合間に記念撮影♪

03

大会プロデューサーを務めるKONDO Racing監督 近藤真彦さんにもお目にかかれ、モータースポーツファンとしては、テンション上がりっぱなしの一日でした♪

この後は勿論、皆で美味しいお酒をいただきました。

11

5月20日は、川崎の古市場陸上競技場をメイン会場とする【チャリティーリレー for AFRICA】に参加しました。

この大会は、参加料から大会経費を引いた余剰金でアフリカ現地、スラムの子どもたちの給食や貧しい家庭の少女たちの奨学金を支援するという、チャリティーマラソンの大会です。

私たちJVCランニングチームは、11名が「JVCランニングチーム風神」「JVCランニングチーム雷神」「JVCランニングチーム大魔神」の3チームに別れて、出走。(足りない1分は私が2回走りました。)

09

全59チーム中、私の参加した「JVCランニングチーム風神」が18位、「JVCランニングチーム雷神」は35位、「JVCランニングチーム大魔神」38位でした。

何とかキャプテンの名に恥じない走りが出来、ホッとしました。

10

風神・雷神・大魔神の11名で集合写真。

絶好のランニング日和の中、皆でいい汗を掻くことが出来ました♪

08

大会の後の一杯はやめられないですね!

この後、2次会(?)で行った中華料理店での打ち上げが5時間!…って、どんだけ盛り上がったんだぃ!?という感じです。笑

大会主催者のワールドランナーズジャパンの皆様、ありがとうございました!



最後に、練習会の一コマを。

06

ラン部男性陣(の一部)

12

ラン部女性陣(の一部)

リストに名前のあるメンバーは30名を超え、ラン部では今後も様々なイベントが目白押しです。

直近では、9月の千葉マラソンフェスタ、11月の富士山マラソンに向けて、練習を積んでおり、ゆくゆくは皆でホノルルマラソンに挑戦出来ればと思っています。(私はソロで今年も行きますが。)

何事も「継続は力なり」ですね!
一緒に走ってくれる仲間たちに感謝!

ゆる~い練習ですが、一緒に走りたいという方がいれば、是非ご一報ください。
☆よろしければ、清き1クリックをお願い致します。ブログランキング

へなちょこランナー参戦記 2018 Vol.1 ~ハイテクハーフマラソン/WRJ新春ランニング感謝祭/静岡マラソン

今年に入り、予定を色々詰め込み過ぎたため、月一ペースでしかブログ更新が出来ておらず、、そのため、出場したマラソン大会のレポもすっかり滞ってしまいました。。

が、ちょうど2週間前、静岡マラソンに出場した際に取材を受けたものがTVでOAされたため、「これはちょうどいいタイミング!」とばかりに、ここで静岡マラソンとその前1月と2月に走ったハーフマラソンについて、ざっくり振り返りたいと思います。

01

2018年の一本目、1月14日は【第19回ハイテクハーフマラソン】@北区荒川河川敷に出場しました。

昨年12月より、主催公演に向けた舞台稽古が始まっており、マラソン大会に出場した後→稽古場へ直行!ということを3回に渡って続けていた時期でした。

その第1弾がこの大会だったのですが、連日稽古や公演の準備に追われる中で、走り込みが出来ておらず、当日を迎えていました。←言い訳。

結果、
ネットタイム 01時間50分31秒
グロスタイム 01時間51分40秒
1357位 / 2452人中
で完走。

荒川の河川敷に吹き付ける向かい風の中、なかなかペースを上げられなかったのもありますが、あの練習量なら、このタイムも仕方ないですね。

02

この大会、猫ひろしさんがゲストランナーで参加されていて、ブースで猫魂のトートバッグを買って、サインしていただき、ツーショット写真も撮ってもらいました。笑

いい人だったー!

しかし、何てミーハーな私。。

03

2月4日は【第19回WRJ新春ランニング感謝祭】@川崎市古市場陸上競技場のハーフマラソンに出場。

国際協力NGOワールドランナーズ・ジャパンさんの主催する大会で、JVCラン部の仲間と出場。

しかし、スタートから2km地点でふくらはぎに激痛が走り、そこからは走ることもままならず、8.5km地点で人生初のリタイアを喫してしまいました。。。

歩いて会場に戻り、スタッフの方にリタイアを申し出るのは本当に悔しかったですが、そうも言ってられず、この日も急いで稽古場へ。

翌日、治療院に行くと、筋損傷(筋線維の一部もしくは筋肉の膜が断裂した状態)と診断されました。

ここからはリハビリに励み、通院する日が続きました。。

19

そして迎えた一か月後、3月4日の【静岡マラソン2018】
私にとっては、今シーズンのフルマラソン4戦目(横浜マラソンが中止になったため、実質3戦目)でもあります。

05

駿府城公園前。
スタート地点に並ぶ12000人のランナー。

私は、この直前にトイレに行き、最後尾ブロックからのレースを選びました。

怪我が完治しておらず、当然練習も出来ていないため、どう考えてもタイムは狙えず、ただ完走だけは…!という一心でした。

07

コース途中には、こんな特設エイドも。

06

「静岡おでん」!

他のエイドでは、いちごや黒糖饅頭、バナナ等も配られていました。

タイムが狙えない以上、“食べランナー”に徹するしかありません!笑

そして…

08

5時間近くかかりましたが、何とかフィニッシュ地点の清水駅前へと辿り着きました。

ネットタイム 04時間51分05秒
グロスタイム 05時間03分28秒
総合順位 7111位 / 8491人中

ということで、制限時間の5時間半を何とかクリアという体たらくですが、この時の状態(筋損傷+練習してない+前日、終電で東京から実家に戻ったため、2時間睡眠)を考えると、完走出来たことが奇跡に近い。。

びっこを引きながらも完走したのは、ランナーとしての意地と執念、そして、もう一つの目的のためでした。

12

それがこれ。

先述のTVの取材で、フィニッシュ地点でインタビューを受けることになっていたため、是が非でも完走しなければならなかったのです!笑

09

静岡県民で、今も週の半分は静岡県で暮らしているのに、静岡マラソンに出るのは、実はこれが初。
タイム狙いのランナーが集まるため、つくばマラソンなみにストイックな大会のイメージだったのですが、実際走ってみると、パノラマのように切り替わる景色も沿道の応援も素晴らしく、本当に楽しい大会でした。
また来年も出たいなぁ。本調子で。

10

いつもの地鶏。笑

11

完走証とメダル。

18

まーくんもお疲れ様でした!&写真をありがとう!

再び、私は東京都江東区の稽古場へと向かいました。


そして、5月16日、遂にOAの日がやってきました…

14

16

17

15

TBS系バラエティー番組【水曜日のダウンタウン】の「フルマラソン直後はさすがに何の予定も入れない」説を検証するというコーナーだったのですが、マラソン直後に仕事を入れていた6人のうちの一人として、バッチリ出演していました。(ほんの15秒程度ですが。)

頑張った甲斐があった!!笑
☆よろしければ、清き1クリックをお願い致します。ブログランキング
記事検索


プロフィール

Toshiya

こんにちは、千葉県の幕張と東京都内、静岡県の沼津を行ったり来たりしている中村俊哉です。

アーティストサロン「テラクリエーション」を主催し、東日本大震災の被災地復興支援ほか、NGO・NPOに所属し、国際支援、精神障がい者支援などの活動を行っています。

どうぞ宜しくお願いします。( ´ ▽ ` )ノ

好きなもの:モータースポーツ/ROCK/民族音楽/舞台/映画/世界遺産/登山/マラソン/グルメ会/ファッション/ファルコム/聖闘士星矢/ガンダムW/CF/なめこ ほか

★ToshiyaのTwitter
https://twitter.com/toshiya_tweet

★ToshiyaのTwilog
http://twilog.org/toshiya_tweet

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ