まず最初に。今回の写真は、サロンに出展をしてくれた、友人の成瀬みーこさんに撮影してもらったものです。

素敵な写真を、ありがとう!

120710_01

会場は表参道のギャラリー IrieYawd(アイリヤード)

隣の美容院のオーナーさんが運営されているのですが、打ち合わせの段階から当日まで、本当に親切にしていただき、ありがとうございました。

場所もオサレで素敵なショップが立ち並ぶ通りにあるし、また使わせていただきたいな。

120710_02

成瀬みーこさんの写真たち。

フレームに入った写真の売り上げの一部は義援金に宛てられます。

他にも吾郷順治(A.G.O)さんの美術(舞台模型)、ユナイテッド・アースさんの復興支援活動写真、小松香織さんの被災地写真(宮城県気仙沼市・岩手県陸前高田市)、みまめさんのイラスト、トイボックスさんの漫画が出展されました。

出展内容は、これまでで一番充実したのではないかと思います。

どれも今回のテラクリサロンの空間を素敵に(或いは、被災地の痛み、そのままに)彩ってくれていて、皆の想いや願いが、痛い程伝わってきました。

120710_03

ステージの最初は、有賀 楓ちゃんの朗読。

今回初の朗読挑戦ということでしたが、彼女の伸びやかでひたむきな朗読は、物語世界の情景、登場人物の心情をしっかりと伝えてくれました。

この作品の朗読を楓ちゃんにお願いして、良かった。

私の書いた拙い物語に命を吹き込んでくれて、ありがとう!

中村俊哉の短編小説「ふれあい」は、2~3日のうちに、原稿をテラクリ公式サイトにアップする予定です。

120710_04

小林道恵さんの25弦箏演奏。

以前、演奏会で拝聴したこともあったのですが、改めて、その美しい音色に心を打たれました。

実は、道恵さんの演奏会に伺うまで、邦楽というものにはあまり馴染みがなかったのですが…こんなに美しく、しかも多彩な音を産み出す楽器があるということを知ることが出来、とても嬉しかったのを昨日のことのように覚えています。

120710_05

120710_06

紺野 愛ちゃん(劇団TSUBASA)の朗読。

題材となっている「南三陸から 2011.3.11~2011.9.11」は、南三陸町の写真家 佐藤信一さんの写真集で、その写真を映像にして、写真の合間合間に入れられている言葉を愛ちゃんに朗読してもらいました。

この写真集の中には南三陸町の中学生や高校生たちが登場するのですが、現役女子高生の愛ちゃんに彼女たちの想い、そして、佐藤さんの想いを代弁してもらおうと思ったのです。

被災地の方々の心情になって読むのはかなり辛かったと思いますが、本当に痛い…でも、その中でもがいて、前に向かって進んでいく想いが、ストレートに伝わってきました。

これも愛ちゃんにお願いして、本当に良かった。

また、この映像および「2012.5.12-13 宮城県本吉郡南三陸町」は、友人の映像作家 平野敬子ちゃんに編集していただきました。

改めて、素敵な映像をありがとう!

そして、ご協力いただいた佐藤信一さん、株式会社アサツー ディ・ケイ(ADK)の黒川さん、本当にありがとうございました!

120710_07

そして、古川琴子さんの歌と演奏。

その美しい歌声と演奏については、今さら私が語るまでもないのですが、、今年、自らも被災地の福島へと足を運び、そちらでも復興支援の活動を行ってきた古川さんは、演奏前にその話もしてくれて、その歌声には一層深みが増したように感じました。

彼女は第1回目のテラクリサロンから参加し続けてくれている唯一の出演者で、本当に信頼出来る友人です。

今回もありがとう!

120710_08

続いては、その古川さんに伴奏に回ってもらい、水本小百合さんの歌です。

みまめさんも手話で参加してくれました。

120710_09

彼女の手話も、私は幾度となく拝見させてもらっているのですが、手話が心と心を繋ぐというのは本当に素晴らしいことだと、改めて感じました。

ありがとう!

120710_10

水本さんの歌。

歌ってくれたのは、KOKIAさんの「ありがとう」「私にできること」、そして、奥華子さんの「君の笑顔」です。

私は、彼女の歌には人の心を救う力があると思うのです。

それは、彼女の演技にも言えることだと思うのですが、本当に、水本さんにこのサロンに出演してもらって、良かった。

元々はお手伝いだけのはずだったのですが、お願いをして、歌ってもらえることになり、最後が彼女の歌で良かった。

沢山の想いを、心を、歌い伝えてくれて、ありがとう!

皆の想いが一つになりました。

最後は、その水本さんを中心に、古川さんの伴奏、みまめさんの手話とともに、「翼をください」を会場の皆で歌ったのですが、そこでは初めてサロンに足を運ばれたお客様も大きな声で歌ってくださり、本当に勇気付けられました。

これはきっと、東北の被災地の皆さんの心をも勇気付けてくれると思います。

私も、歌いながら、南三陸町で出会った方々の顔が浮かんでいきました。

出演者・出展者の皆、ご来場の皆様、本当に本当に…ありがとうございました!

とっても温かい、心の満ち溢れたサロンになったと思います。