状況が抉る部屋

札幌のWeb業界でマーケティストとして独立した赤沼俊幸(33)が、インターネットや創作論を中心とした事柄を記録していくブログ

2009年10月

TAPCO220FX(ミキサー)を買った!

 会社が私服がOKなので、朝はランランラン♪と鼻歌を歌いながら、毎朝、服を選んでいるわけですが、残念ながら私は服を多く持っているわけではない状態で、最近、会社から「私服OKですが、節度を持ってください」とのお達しがきて、そういえばラフな服を最近着ているなぁ、と思い、ビクビクしながら日常を過ごしてきたので、次からは真面目な襟付きな服を着ていこうと思い、家の服を見てみると、襟付きの服が多くない。続きを読む

公園ではきれいな花が咲き乱れ、海では真っ赤な夕日が海面に落ち、家では巣立ち前の子供が親の帰りを待っているのです。

 仕事の価値観というのがあって、仕事を人生の真ん中と捉えているか、一部に過ぎない、と考えている人の間での仕事の取り組み方のスタンスでぶつかることが多い。

 色んな人に言ったり、ここに何度も書いたような気もするけれど、もう一度書く。続きを読む

札幌地名の略語

 地域、地域に特有の略語というのがありまして、もちろん札幌にも存在するわけです。

 使うか使わないかは個々の趣向ですが、いくつか紹介してみたいと思います。続きを読む
状況が抉る部屋

「状況が抉る部屋(じょうきょうがえぐるへや)」とは赤沼俊幸が気になった様々な事柄を記録していくブログです。記事や書いている人物に興味を持った方はぜひTwitterのフォローをしてください!


連絡はTwitterやコメント欄からお待ちしております。コメント欄はすぐ読んでいるわけじゃないので、Twitterが確実です。


普段はWebマーケティングを提供するマーケティストという個人事業主を行っています。


その他、赤沼俊幸について気になる方は#AKANUMAをご覧ください。


#AKANUMA

【ブログ内検索 by google】
カスタム検索
広告
月別記事