状況が抉る部屋

札幌のWeb業界でマーケティストとして独立した赤沼俊幸(33)が、インターネットや創作論を中心とした事柄を記録していくブログ

2012年03月

歴史を少しずつ作っていきたい

必ずしも長い時間がいいと思わない。

IT業界では惰性で三年間過ごした人よりも、一生懸命一年間過ごした人では、後者のほうが実力が上になっている人多いと思う。

そういうことはあるけれど、やはり時間の重み・・・歴史というのは大切なものだと思う。続きを読む

malaさんや高木浩光さんのインターネット・プライバシー問題における動きの感想

最近のmalaさん高木浩光さん(Twitterアカウント)をTwitterなどで拝見させていただいて、まとまった感想があったので、ブログ書く。この文章は特に何か新しい見解や、問題提起をしたいわけではない。ただの感想です。続きを読む
状況が抉る部屋

「状況が抉る部屋(じょうきょうがえぐるへや)」とは赤沼俊幸が気になった様々な事柄を記録していくブログです。記事や書いている人物に興味を持った方はぜひTwitterのフォローをしてください!


連絡はTwitterやコメント欄からお待ちしております。コメント欄はすぐ読んでいるわけじゃないので、Twitterが確実です。


普段はWebマーケティングを提供するマーケティストという個人事業主を行っています。


その他、赤沼俊幸について気になる方は#AKANUMAをご覧ください。


#AKANUMA

【ブログ内検索 by google】
カスタム検索
広告
月別記事