状況が抉る部屋

札幌のWeb業界でマーケティストとして独立した赤沼俊幸(33)が、インターネットや創作論を中心とした事柄を記録していくブログ

2012年05月

トミーズチキン閉店に寄せて

札幌市白石区の人にはお馴染みなんだけど、トミーズチキンの場所は元不二家だった。続きを読む

インターネット一般的な場所論と、または「いろいろ問題あるけど、おおむねOKでしょ!?」「とにかくやるべき!やらないよりはマシ」言説について

「いろいろ問題あるけど、おおむねOKでしょ!?」という、はてなの近藤さんが提唱したweb2.0時代のネットサービス50%完成理論が未だにインターネットの中には文化としてあり、または最近もポツポツでる「とにかくやるべき!やらないよりはマシ」という考え自体はインターネット空間の中で、スピードを早めたり、当初は50%でも所々の問題は別の人が自然と解決してくれるオープンソース文化も一部寄与することによって、内輪向けや、対象範囲が狭い場所でやるのだったら、そのアプローチでも問題はなかった。続きを読む
状況が抉る部屋

「状況が抉る部屋(じょうきょうがえぐるへや)」とは赤沼俊幸が気になった様々な事柄を記録していくブログです。記事や書いている人物に興味を持った方はぜひTwitterのフォローをしてください!


連絡はTwitterやコメント欄からお待ちしております。コメント欄はすぐ読んでいるわけじゃないので、Twitterが確実です。


普段はWebマーケティングを提供するマーケティストという個人事業主を行っています。


その他、赤沼俊幸について気になる方は#AKANUMAをご覧ください。


#AKANUMA

【ブログ内検索 by google】
カスタム検索
広告
月別記事