「状況を抉る部屋」をご覧の皆様、あけましておめでとうございます。一般的にはこのような新年一発目の更新は、新年の抱負を語るものですが、抱負は誕生日に語る主義でして、もし気になる方がいましたら、そちらの記事をご覧ください。

1月2日に実家に帰ってまして、実家では特にすることがないので、部屋の片付け…というか、物捨てをしていました。物が捨てられない性格なので、かなり古いものがたくさんあったのですが、断捨離の霊が乗り移ったつもりで、捨てていました。まぁ、霊なんて信じていないのですが。
捨てる前に写真に撮ったので、紹介しています。「ああーあった、あったー」みたいな気分になっていただければ幸いでございます。この中のいくつかは捨ててないで、取っていますよ。欲しい方がいましたら、金額を添えてご連絡ください。もちろん、普段よりお世話になっている方にはタダで差し上げます。


いきなりヤバイです。捨てました。


僕の知っている浅い浅い知識の少女漫画風のしおりです。今はこんな絵の少女漫画ないだろうな。


今はネットで何でも手に入る時代ですが、昔はソフトの入手はCD-ROMから、ということも当たり前でした。インターネットが遅く、信頼できない時代があったんですね。子供たちはいろいろなソフトを求めて、雑誌を書い、CD-ROMからフリーソフトを入手しておりました。懐かしいですね。


ねとらんはネットランナーの略なんですが、ねとらんのトレーディングカードの存在の意味もわからないし、調べるのも時間がもったいないですね…なんですか、これは。。。


フロッピーディスクすら懐かしいのに、フロッピーディスクのクリーナーなんて懐かしさと役立たなさしかないですよね。1.44MBしか保存できないって、デジカメで撮影したjpg画像1枚も保存できないんですよ。


すずきさんからいただいた情報によると、Ultra SCSIだそうで、懐かしすぎます。USBがない時代、確か、外付けハードディスクを繋げるときに、SCSIを増設しないと、接続できなかったような…。USBバンザイですよ、ありがとうUSB。JSBみたいだな。


お父さんがタバコ…子供が副流煙を吸いまくる構図ですね。ちなみにこのゲームを天下のAmazonで探してみても見つかりません。かなり貴重なゲームなのでしょうか。いやまぁ、そもそも欲しい人がいないから貴重でもないですね。妹夫婦と遊んでみたところ、全然盛り上がらなかったので、そうそうに生産されなくなったのでしょう…。僕は懐かしかったのですが、99%の人は「え、これなに?」で終わりのゲームですよね。


湯川専務時代のドリームキャストの箱だけを見つけました。若い子は「湯川専務」と言っても「は?」という感じですよね。それでいいんです。古き良きセガの気狂いでした。



昔、将棋のプロになりたくて、たまたま札幌で竜王戦があり、そのとき前夜祭を含めて、参加したときに扇子を買ったのでした。この前夜祭で羽生善治さんや谷川浩司さんとツーショットで写真を撮り、いたく感激したのを覚えています。生で見た谷川浩司さんは本当カッコよくて、そのときから谷川ファンです。


そんな将棋時代に読んでいた将棋世界が出てきました。羽生七冠王誕生から3年分ぐらいです。


ロキノンもありました。読みたい人いないですかね…


めっちゃテンションあがりました。僕は特別に清原が好きということはないので、自分で買ったとき考えにくいのですが、清原が好きな同級生におみやげでもらったものだと思います。

まだいろいろあったのですが、片付け終わらなかったので、また実家行って片付けなくては〜と思いながら、途中で家に戻ったのでした。また何かあったら更新しますね。

ぜひ@toshiyuki83のフォローを!

  • 「実家で見つけたものと、思い出語り2017」を読んで興味を持った方はTwitterアカウントの@toshiyuki83をぜひフォローしてください。

  • Facebookユーザーの方はakanuman.comへの「いいね!」をお願いします。