状況が抉る部屋

札幌のWeb業界でマーケティストとして独立した赤沼俊幸(33)が、インターネットや創作論を中心とした事柄を記録していくブログ

unit-M/放送

北大祭が終わったみたいで

 昨日、北大祭が終わったようだ。去年、僕は北大祭を見に行きたいがため、札幌に戻った。しかし今年は先々週、札幌に戻ったことや、僕が所属していたサークル「unit-M」の出展がなさそう、ということを知っていたため、札幌には戻らなかった。

 ありがたいことに、友達から、続きを読む

三角山放送局新スタジオオープン

 朝、吉祥寺家に布団を送る。北郷のヤマト運輸支店。午後、恵庭に行く。続きを読む

unit-M飲み会

 unit-M飲み会がある。ぽてとサーカス、通称ポテサでの飲み。続きを読む

夕方ニュース番組の放送を見た方へ

放送を見て連絡くださった皆さん、ありがとうございました。とっても嬉しかったです。

あるいは、

放送を見てこのブログを訪れた方、ようこそ。訪問、ありがとうございます。いろいろごちゃまぜですが、探検していってください。

僕は早口なので、聞き取れなかったところや、言葉足らずのところがあるかと思います。
何か疑問があったり、または賛同・批判、問わず、コメントやメール、いただけたら嬉しいです。

今後ともよろしくお願いします。

unit-MのOB・OG会の飲み会に参加

unit-MのOB・OG会の飲み会に参加してきました。続きを読む

unit-M赤沼俊幸自己紹介

 大学3年時に書いたunit-M赤沼俊幸としての自己紹介をアップします(過去情報です)。続きを読む

unit-Mとは? unitm

学生放送団体unit-Mは北海道大学を中心とした学生による放送団体です。主に札幌を中心としたコミュニティFM放送局でのラジオ制作を行っています。続きを読む

unit-M先輩Aさん、Tさん

朝、unit-M先輩のAさんの家に行くと、裸の続きを読む

北大祭でのドックショー、ジンパ

北大祭が終わって、もうかなりの日数が立ったような気がする。
前回の北大祭記事で書ききれなかったことについて書きたいと思います。続きを読む

6月5日 北大祭最終日。みんなありがとう。

f8f85225.jpg  朝9時集合のはずが、9時に誰も来ない。待つ。だけど、来ない。そのうち数人やってくる。だけど、あくまで数人…。仕方なく、来ているメンバーでテントを作る。ちゃんと来てよ……と泣きそうだった。それに4日間、ほぼ遅刻をしなかった自分をほめたい……。
 祭りの最後は寂しいもので、終了時間を迎えないまでも、たたむ店がある。続きを読む

6月4日 北大祭3日目。unit-M同窓会

f8f85225.jpg 今日も通常通り、スタート。夜は19時からラップのライブ、21時からはFM新さっぽろの「unit-M Sta.」中継とがある。
 それとは別に身内だけの楽しみだが、北大祭の土曜日(3日目)の恒例の行事として、unit-M同窓会がある。
 同窓会といっても、居酒屋の個室を借りて「さあ、皆さんお手を拝借」というような同窓会ではなく、hokudai fm21をやっている中、先輩が顔を出し、最近どう?、How about now?、なんていって、雑談する。場合によってはマイクで喋っていく。続きを読む

6月3日 北大祭2日目。人と会う楽しみ

f8f85225.jpg 朝9時集合。どうやら前日から、徹夜に近いものをしていた人がいるみたい。何人かが遅れたりする。集まりが悪い。まあ、こんなものなんだけど、本祭に集中したほうがいいよ〜と願ってみる。楽しんでくれれば嬉しいんだけど、迷惑はかけないようにね。
 準備中、先輩Dさんが聖飢魔IIを、また流したい、という。(僕よりかなり先輩なのに、朝早く来ていただいて本当感謝)
 “また”というのは、続きを読む

6月2日 北大祭1日目。準備の流れ

f8f85225.jpg 北大祭の朝は、遅刻癖のあるunit-Mメンバーにとって早い。9時に集合する。
 北大祭前日の記事でも書いたように今年のテントは小さいので、最低4人いれば、テントは立つ。従来は6人である。
 であるので、9時に4人集まらないとまずいわけだが、今回はちゃんと4人集まってくれた。続きを読む

6月1日 北大祭前日。たまらないこの感じ

f8f85225.jpg 北大祭は2003年、2004年と2回出店経験していて、そのうち、2004年ではhokudai fm21のリーダーを務めた。
 過去の人生を振り返ってみると、高校のとき、クラスの喫茶店のリーダーもしたことがあった。
 お祭りやイベント事は好き。
 例えば、誰かが僕に、「1番楽しかったのはどの日?」という質問をしたとする。
 そのとき僕は、「前日の準備日」と答えてしまうかもしれない。みなさんもそういうことはないだろうか?続きを読む

時館ミーティングルーム

e654b48c.jpgunit-M会議。模擬店アンケート用紙配布日。会議前、教養棟で待ち合わせ。
W君の段取りの良さで、模擬店配布する手間が省ける。続きを読む

人生で1番「白線」について語った日。

2b22ab52.jpg 夕。ビズカフェにて会議。新興勢力について。戦略はいろいろある。キーワードは、SWOTと、ランチェスターの法則、カウンターカルチャー。

僕は人に嘘をつかず、誠実に過ごし、人に与え、相乗効果を生み出すようにすれば、きっと良くなる、と信じている。
続きを読む

1年生の考えていること、僕の考えていること

a48e37ff.jpg最近、1年生やら新入生と話は機会が多い。
それは団体に興味もってくれる方が多いので、幸せなこと。
だけど、学年の差を本当に感じる。

夜、unit-M会議。続きを読む

見学者が5人。話している僕の後姿を見る

7時半にunit-M会議を行っているクラーク会館、
集会室1号の扉をあけると、見学者が5人いた。
続きを読む

大阪出身の人と話した

夜。unit-M会議。北大祭MDデッキ、CDデッキについて。
Sさん、はじめましてよろしく。照明もってきてくれると意欲的。
  会議に来てくれた北大法学部の大阪の人と話す。以下は話したことリスト。(ばっ思い浮かぶものだけ…)
 
  大阪のおじさん/異世界大阪/やしきたかじん上沼恵美子/細木数子の秘密/ダイナマイト関西/難波グランド花月/梅田/base吉本/キングコング西野の変態S趣味/笑い飯の漫才/笑い飯のテレビ番組/爪楊枝の消費量/お好み焼きとご飯/ピッキーズ角純一ちちんぷいぷい/京都礼儀作法/

僕はサイドバックに守りたい。

 夜、unit-M会議。今日は大盛り上がり。理由は何よりも人数が多い。特に先輩が多い。裁くの大変。だけど、おもしろい。自分はこのポジションが好き。

 会議はサッカーによく例えられる。よく諸先輩から教えられるが、激しく同感する。会議を盛り上げていくのが、フォワード。それを統制するのが、ミットフィルダー。冷静に状況を判断するのが、ディフェンダー。あと、あえていえば議事録とるのがゴールキーパー。

 後ろがボールをとり、パスして、フォワードがシュートを決める。

 他にもいろいろ例えることができる。組織にも応用できる。今回はディフェンダーをやらせてもらった。いろいろな組織に所属したけど、このポジションが1番居心地がいい。フォワードもできるけど、向いているとは思えない。S君が向いている。

 何が言いたいかっていうと、様々な役割分担ができて、うまくいく。どれかが多いチームはうまくいかない。

 僕のポジションは…って考えると、サイドバックになりたい。時に鋭くあがり、パスを出す。信頼できる、フォワードがいれば…FMおたる「B」をやっているとき、その方がいた。
------
 見学の方が2名くる。いいね。この感じ。やっていて良かった。1人は法学部で大阪人。鋭く会話に参加する。センスがいいね。

 もう1人は文学部で香川人。札幌駅ミスドで、香川県、野球、西武、インボイス、お笑い、テレビ、旅、戦国時代、三国志、東洋、さまざまなことについて激しく語る。

 ブログを教えてくれる。ありがとう。とっても僕と合いそう。人として、ステップの踏み方が似ている。ぜひぜひ訪れてあげてください。

ナベステーション 0109http://blog.livedoor.jp/nabe_station0109/

unit-Mは北大祭にミニFMを出店しますよ

夜、unit-M会議。S・D氏に来ていただく。
S・D氏のおかげで濃い会議になる。自分は仕切れば良いので、楽だ。
仕切るのは得意だけど、盛り上げるのは上手ではない。
ペンギンが飛ぼうとしているようなものだ。

unit-Mは6月に行われる北大祭に、ミニFMを出店いたします。そのさい、推奨企画とりにいきます。
実は今、仲良くさせていただいているN-Starsnetも推奨企画をとっていることを聞いて、
縁とは不思議なものだな、と感じました。出会いに本当に感謝します。

FWのいないサッカー

夜、unit-M会議。
FWのいないサッカーがどういう結果になるか、
という実践のような会議。
組織や、店舗運営、様々なビジネスの現場において、
よくサッカーが例えられる。
ブックオフで大変お世話になった人にこの例えを聞いた。
ブックオフでは、買取がDF、加工がMF、補充がFW。
会議もまたサッカーに例えられる。
FWのいない会議の結果は見えていた。
だけど、あえてそうした、ともいえるし、
自分がFWにならなかった、ということもある。
まあ、そういうときもある。

Mさんの会議資料に感動。手書きでびっしり書いてくれた。
こういう感動はリーダー以外味わえない。
やっていて良かったと思う。Mさん、ありがとう。

unit-M Sta.20回目放送

2時半〜5時。
待ち合わせで札幌学院大学の放送の方と、スタジオ見学、食事。
良い感触が得られたんじゃないかと思っている。
友好関係があることによって、様々な良いことが得られると思っている。
これからもよろしくお願いします。

5時〜6時。D君と新さっぽろ巡り。
高校時代が思い出される。ピロスメダルゲーム事件について話す。

6時〜8時半。unit-M Sta.打ち合わせ。
僕は番組に出番がないから、いいものの、
みんなは疲れている。ちかぱんは余計に。本当ご苦労様です。

9時。放送スタート。
キャンパスインフォメーションは学生にとっての必需品!ちなみに理系の学生にとって、1番必要なのはこれ。理系のね。

ミュージックマシーンはグラミー賞について。
僕は邦楽好きなので、グラミー賞については
ほとんど知らなかったけど、今日の放送で少し知れた。
それでかけた曲は良いなぁ、と思った。
アンテナは高く持ちたい。ラジオ番組はその一つの方法。

特集は2月29日について。歴史的な意外なことが知れた。

来週はさわだくんがいません。さあ、どうなるでしょうか? 
unit-M Sta.はFM新さっぽろ77.6Mhzで土曜21時〜22時で放送しています。
厚別区に近い方は一度、ラジオチャンネルを合わしてみてください。

詳しくはunit-Mホームページより!

unit-M Sta.19回目放送

久しぶりに番組に出る。ちかぱんがいない。
改めてちかぱんの存在を知る。

「クイズ・私は何武将でしょう?」

第1問
1、 僕は、1561年、小田原城を11万3000という大群を率いて包囲したよ。
2、 僕の幼少期の名前は虎千代だったよ。
3、 僕は14歳にして、城主になったよ。
4、 僕は26歳のときに、世の中が嫌になって、引退を考えたよ。
5、 僕は隣の国のおじさんと五回に渡って川中島で勝利したよ。

第2問
1、僕の幼い頃の名前は竹千代だったよ。
2、僕の東照宮が全国に285あるんだよ。北海道には函館、岩見沢。
3、僕は武田信玄さんに1573年、強烈な大敗を受けたんだよ。
4、僕は12年の間、人質生活を送っていたよ。
5、僕は秀吉を破ったことがあるよ。でも、後の話し合いで戦略上負けてしまったんだ。

第3問
1、幼い頃の名前は梵天丸だったよ。
2、僕は人取(ひととり)橋の戦いで、優秀な武将を失ったけど、全国にその名を轟かせたよ。
3、秀吉に白装束で会いにいったことがあるよ。
4、5歳の頃、眼が飛び出し、突きつぶせと命じたよ。
5、僕は仙台の大名だよ。

第4問
1、私は1615年に亡くなりました。
2、私は三姉妹の長女です。
3、私は、生涯に三度落城を経験したよ。
4、私のお父さんは浅井長政だよ。
5、私は秀吉の側室となり、秀頼を生んだんだよ。

戦国武将は好きな人にはぐっときたはず。

後の方はリコーダー吹いたり、口スポーツをやっていた。
笑いをこらえきれず、その場に立ち会えたことに感動。
ラジオでリコーダーを吹いたり、口スポーツをやっているのは
聴いたことがない…。

前記の答えは続きで。続きを読む

unit-M Sta.18回目放送

打ち合わせもほとんど後輩たちで出来ている。
素晴らしい。優秀な後輩がいるということは楽だなー。
でもその分、油断できなくはある。このぐさぐさっていう
緊張関係のほうが好き。

Rちゃんのお友達が見学しにきてくれる。
入ってくれたら良いなぁ。

今回の放送もパーソナリティはさわだくん、えのもとさん。
息もばっちりあってきた。

ミュージックマシーンはフジファブリック
この曲は演歌っぽくない?

今回はさわだくんのバレンタインスペシャルといっていいほど。
彼は14日までの悲しいことがあったらしいが、
それを盛り返すほどの放送内容だったと思う。
黒くて甘いものもらえて嬉しいじゃない!

帰りの車で聴いていた。
夜の車から見える風景と若者チックの爆発さが
ぴったり重なって素晴らしい。

FMおたる

11日の話。
久しぶりにFMおたるに行く。
久しぶりにスタッフの方に会う。
久しぶりにDJ・A、D介さん、Yさん、Sさんに会う。
久しぶりにBスタジオでミキサーをする。
久しぶりにボーリングをする。

久しぶりにやって、良いなぁと思ったものもあれば、
自分はもう過ぎさったものだな、と感じるものもありました。

unit-M Sta.17回目放送

ドラマシティFM新さっぽろでの「unit-M Sta.」
今回、今週の番組より、21時からの1時間放送。

パーソナリティはさわだくん、えのもとさん。
あとのスタッフは伏せておきます。名前書いてもいいのかな?

ミュージックマシーンは「スーパーカー特集」
ふんふんなるほど。1人解散を拒んだ人がいるんだな。
いじめられっこ。

えのもとさんはさわだくんのパンチが空振ったときの
カウンターが上手になってきた。

春休みの過ごし方を考える企画あったり、
雪祭りについての色々。
さわだくんの「路上研修45岨件」話は爆笑。
空気を自分のところに持っていくのは本当うまい。
才能っちゃ、失礼かもしれないけど、
自分はそういうところが弱いから
できる人を羨ましく思う。だけど、努力してるんだろうな。
番組に参加できて良かった。

最近、unit-Mでの楽しみが増えてきた。




ライブドアにねとらじが

ライブドアにネットラジオと称して、
ねとらじがオープンした。

これはインターネットラジオがポピュラーとなる日が
また一歩近づいたことだと思う。
学生放送団体unit-M代表として嬉しく思う。

学生放送団体unit-Mとしても、赤沼一個人としても新規参入しなければ…
状況が抉る部屋

「状況が抉る部屋(じょうきょうがえぐるへや)」とは赤沼俊幸が気になった様々な事柄を記録していくブログです。記事や書いている人物に興味を持っていただきましたら、ぜひTwitterのフォローを!


連絡はTwitterFacebook、またはコメント欄からお待ちしております。


赤沼俊幸はWebマーケティングを提供するマーケティストという個人事業主を行っています。他にWebマーケティングに関する最新・基礎情報を配信する「Webマーケティング論」というメディアの運営も行っています。


【赤沼俊幸とは?】
・akanuma.com【赤沼俊幸オフィシャル】
・赤沼俊幸って?【→詳しく】
・赤沼俊幸運営Webサービス
・赤沼俊幸運営ブログ


【状況が抉る部屋とは?】
・状況が抉る部屋についてもっと詳しく
・タイトルについて
・リンクについて

【ブログ内検索 by google】
カスタム検索
月別記事
広告
  • ライブドアブログ