状況が抉る部屋

札幌のWeb業界でマーケティストとして独立した赤沼俊幸(33)が、インターネットや創作論を中心とした事柄を記録していくブログ

創作について

ミュージシャンはフェスに政治を持ち込まないでほしい。 #音楽に政治を持ち込むなよ を眺めて

Twitterで「 #音楽に政治を持ち込むなよ 」というハッシュタグが話題になっている。

2016年6月20日15時現在、Twitterのトレンドに上がっていた。
2016年6月20日15時現在、Twitterのトレンド「 #音楽に政治を持ち込むなよ」続きを読む

爽やかな休日の朝。幸せに浸りたいとき、聴いていたい邦楽、10選 #morningsong

3月という年度末。4月になるまでもうひと息。忙しい日々があと少し続くと思いますが、ゆっくりできる休日は朝から音楽を聴くのはいかがでしょうか。

久しぶりの休日の朝。大好きなことをする日の朝。久しぶりに友人に会える日の朝。デートに行く準備をする朝。大好きな人と一緒にいる朝。……今、自分がいる世界を愛し、幸せに浸りたい爽やかな朝に聴いてほしい邦楽、10選です。続きを読む

iTunesトップ25を定期的に晒すことでそのとき好きな音楽とかわかるんじゃないか企画(2013年8月) #itunestop25

MacやiPodにお世話になっているので、iTunes経由で音楽聴くことが多い。

iTunesは再生回数を記録しているので、どの曲をどれくらい聴いたかというのが一目瞭然だ。

その中に「トップ25」というカテゴリがあって、名前と通り再生回数のトップ25を表示してくれる。

ということで、iTunesトップ25を定期的に晒すことでそのとき好きな音楽とかわかるんじゃないか企画。仮説。続きを読む

ソーシャルポエム

人間はどうして食べ物の写真を見せつけるのだろうか。
人間はどうして誰も求めていない現在地を告げたがるのだろうか。
人間はどうして聞いてもいない子どもの成長記録を報告するのだろうか。
人間はまだ気づいていないのかもしれない。フォロワーが減っていることに。

18歳女(@erina149さん)の弾き語りが素晴らしい

アコースティックギター
photo credit: @Doug88888 via photopin cc

先日、ZAZEN BOYSライブの感想を書くためにTwitterで「ZAZEN BOYS」で検索して探していると、@erina149さんという方のZAZEN BOYSの弾き語りの動画に出会った。

歌声が非常に素晴らしい。誰かも指摘しているけど、YUIに似ている。高音は細くなってしまいがちだが、erina149さんは高音も太く、力強く、安定して綺麗。ギターの音の選び方も弾き語りの良さを最大限に活かしている。

歌を聴いていると、ギターを抱えて草原の地平線の上に立ち、強く生きていく決心をした少女の光景が浮かぶ。続きを読む

GAL presents「PR-2man series-」group_inou / ZAZEN BOYS」ライブに行ってきました。

GAL presents「PR-2man series-」group_inou / ZAZEN BOYS


2013年4月13日(土)、琴似にあるペニーレーン24で行われた「GAL presents「PR-2man series-」group_inou / ZAZEN BOYS」に行ってきました。

image_387529919314_5bb43440

"GAL presents「PR-2man series-」"はgroup_inou主催で、ZAZEN BOYSを招いて行われた対バン形式のライブです。

group_inou(グループイノウ)は2003年に結成。ZAZEN BOYSもまた2003年の結成ですが、向井秀徳さんがNUMBER GIRL時代からのキャリアもあります。一般的には対バンの場合、キャリアの長いZAZEN BOYSのほうが後に行うことが多いと思いますが、この日はgroup_inou主催ライブだったため、ZAZEN BOYSライブが先に行われました。

私は完全にZAZEN BOYS目当てで見に行っていたため、group_inouについてはよく知らなかったけど、Youtubeのリストを聴くと、大変カッコ良かった。(ZAZEN BOYSと54-71が好きな人は好きだと思う)
group_inouリスト

私の整理番号は210番。後列も覚悟しましたが、7列目ぐらいに陣取ることができました。続きを読む

写真コラージュの作品集としてTumblrにポートフォリオを作りました

現在、私の日常の大半はIT会社の会社員としての生活を行なっているわけですが、ビジネス以外の創作活動も、なんとか時間を作って細々と行なっております。遠い将来はビジネスを引退して、創作活動のみを行なって行きたいという夢もあります。

今まで、文章、音楽などといった創作活動を行なってきました。私は綺麗なものを作りあげたいという創作欲求はあまりありません。どちらかというと、ぐちゃぐちゃとしたもの、雑雑としたもの、一見で判断がつかないもの、複雑なもの、カオスなもの、奇妙なもの、異世界なもの、殺伐としたものを表現したいという創作欲求があります。続きを読む

JOIN ALIVE 2012 僕のメモ

2012年7月21、22日に北海道グリーンランドで行われたJOIN ALIVE 2012にメモを書きます。続きを読む

友達のライブを見て刺激を受け、改めて考えたこと

昨日、友達の女性の音楽ライブを見てきた。10年以上の付き合いのある友達だった。彼女にはいつも刺激を受けている。今回も刺激を受けた。僕は思った。自分はとてもこのTwitterの環境に甘えている。そう思った。続きを読む

歴史を少しずつ作っていきたい

必ずしも長い時間がいいと思わない。

IT業界では惰性で三年間過ごした人よりも、一生懸命一年間過ごした人では、後者のほうが実力が上になっている人多いと思う。

そういうことはあるけれど、やはり時間の重み・・・歴史というのは大切なものだと思う。続きを読む

ライブ会場で感じることのできた瞬間の積み重ねである歴史の重み

吹雪をくぐって着いた喫茶店のライブ会場。暖かい笑顔と暖かい珈琲が身体を温める。緊張した面持ちから、解き放たれる歌声と思いの数々を木椅子に座って聴いていた。続きを読む

フランス

資本主義覇権国アメリカのアンチテーゼとしての芸術至上主義のフランス。

ヨーロッパにおける大英帝国イギリスではなく、勤勉な経済工業国家ドイツでもない、農業国としてのフランス。

芸術の都、パリ。パリを首都に構えるフランス。

一度は創作の道を志したことのある人であれば、憧れるフランス。

僕はフランスについてよく知らない。続きを読む

【小説】行列ができるラーメン店

席が一つ

RISING SUN ROCK FESTIVAL(RSR)2011感想 #rsr11

■8月12日 1日目

チケットを間違って三枚買ってしまうトラブルもありつつも、無事、ヘブンズテントを取ることができ、いつも通り、車で9時出発。11時には会場につき、12時半頃入場し、13時頃テントチケット引き換えが済む。いつも通り、入場までが一番しんどい。続きを読む

JOIN ALIVE 2011感想

2011年、7月23日・24日、いわみざわ公園で行われたJOIN ALIVEに行ってきた。

去年が初開催で、今年が2度目。去年のブログ記事にも書いたが、大変個人的に気に入っていたので、今年ももちろん参加。

JOIN ALIVE(ジョインアライブ) の全体的な感想
JOIN ALIVE(ジョインアライブ) 17(土)感想
JOIN ALIVE(ジョインアライブ) 18(土)感想

「シャトルバス」というものがあり、大通バスセンターから、会場まで直接行くことができる。去年はそれに乗り、だいぶ快適に会場へ行くことができた。続きを読む

JOIN ALIVEの鬼束ちひろを見た感想

皆さん、鬼束ちひろが歌っているところを想像してみましょう。はい、どんな歌が流れてきましたか。「I am a child この腐敗した〜♪」はい、『月光』ですね。続きを読む

尾崎豊、没後20周年のドキュメンタリーとドラマ

尾崎豊、没後20周年らしく、尾崎豊のドラマ制作+ドキュメンタリー、ドラマが放送されていた。続きを読む

夏フェス記事まとめ(RSR2010、JOIN ALIVE)

・JOIN ALIVE(ジョインアライブ)
全体的な感想
17(土)感想
18(土)感想

・ライジングサンロックフェスティバル2010・1日目
入場編または、沼との戯れ方
Cocco・LOVE PSYCHEDELICO
向井秀徳アコースティック&エレクトリック
スチャダラパー

・ライジングサンロックフェスティバル2010・2日目
グループ魂
ZAZEN BOYS
Pe'z、七尾旅人、UA
相対性理論

(PR)エンジニア・プログラマ・SE転職最新情報アーカイブ

相対性理論(ライジングサンロックフェスティバル2010・2日目)

・相対性理論(EARTH TENT)

UAのライブ後、テントで休憩。最後の力を振り絞って、相対性理論。今回のRSRライブでこのステージが一番混むと思った。音楽性が高い評価を受けていることと合わせて、露出はほとんどなく、存在が謎めいている上に、広くないEARTH TENTだ。

早めの時間にいったが、やはりすごい人。10列目くらい。続きを読む

Pe'z、七尾旅人、UA(ライジングサンロックフェスティバル2010・2日目)

・Pe'z(RED STAR FIELD)

JOIN ALIVEで見たので、一ヶ月ぶりの連続Pe'z。前回は天井がある中だったのだが、今回は空の下でのライブだったので、トランペットとサックスが空に突き抜ける感じがして気持ち良い。Ohyamaさんのトークがまた熱い。体育会系の爽やかお兄ちゃんって感じする。Ohyamaさんは絶対、ケンカ強そうと改めて思った。続きを読む

ZAZEN BOYS(ライジングサンロックフェスティバル2010・2日目)

・ZAZEN BOYS(RED STAR FIELD)

今回のRSRで一番楽しみにしていたステージ。会場は水たまりがひどいので、サンダルで移動していたが、このライブは押し合いが予想されたため、ステージ近くでスニーカーに履き替える。RED STAR FIELDに着くと、ステージ近くの日陰で少し休憩。周りも同じような人たちがいる。たぶん同じような心境の人だろうと勝手に思う。ZAZEN BOYSのライブの時は毎回思うけど、このライブで死んでもいいくらいの気持ちでライブに参加する。続きを読む

グループ魂(ライジングサンロックフェスティバル2010・2日目)

朝、テントで暑さを感じ、目覚めて駐車場まで歩き、琴似へ向かって朝食はなか卯に行く。美味い。
琴似の「花ゆづき」という温泉に入り、高校野球をぼんやりと見ながら、露天風呂で昨日の疲れを癒す。
風呂上りに飲むフルーツ牛乳が身体に染み渡る。車を走らせて、会場に戻る。今日も快晴。

RSR会場の入り口に着いた頃にはお目当てのグループ魂がすでにスタートしていた。続きを読む

スチャダラパー(ライジングサンロックフェスティバル2010・1日目)

・スチャダラパー(SUN STAGE)

嬉しい悲鳴だけど、向井秀徳アコースティック&エレクトリックが予定時間より長かったため、スチャダラパーは途中から見る。続きを読む

向井秀徳アコースティック&エレクトリック(ライジングサンロックフェスティバル2010・1日目)

513H619C64L
唯我独音 presents 現代の無戒~ZAZEN BOYS~ [DVD]

機材設置から、ZAZEN BOYSのベーシスト・吉田一郎が登場。慣れた手つきで設置を行う。ZAZEN BOYSのライブは明日ながら、単独で今日、設置に協力するということから、向井秀徳との師弟関係の強固さを感じる。続きを読む

Cocco・LOVE PSYCHEDELICO(ライジングサンロックフェスティバル2010・1日目)

ライジングサンロックフェスティバル2010をミュージシャン毎にぶつぎりで書きます。続きを読む

ライジングサンロックフェスティバル2010(入場編または、沼との戯れ方)

ライジングサンロックフェスティバル(以下、RSR)に参加するのは8回目。

今回は車で行く。11時30分にゲートに到着。やはり並ぶ。

去年以前のRSRと比べて、今回明らかに違うところは前日以前に台風が近づいたことにより、会場の地面がぬかるんでいるのではないか、という観測が僕がウォッチしていたtwitter上で頻繁に流れていた。(たぶんmixiでも流れていたと思うのですが、どうだったでしょうか)続きを読む

JOIN ALIVE(ジョインアライブ) 18(土)感想

■福原美穂(ROSE STAGE)
「特に期待していなかった」というハードルの低さもあるのか、聴いた感想としては、思ったより良いな思った。曲自体はすごいとかそういうのはないけど、声量あって、歌い上げる系(MISIAとか絢香とか)のボーカリストとして良いんではないかと思った。

驚いたのは、トークの貫禄。後に調べてみると、23歳というのにびっくり! 落ち着いていて、良い意味で35歳ぐらいのかと思うようなFMパーソナリティ風の喋りだった。

change
未来ーミライー
もしかして(?)
Get back(The beatlesのカバー)
No Warning (When You're Hit By Love)
THANK YOU

CHANGE
CHANGE
posted with amazlet at 10.07.29
福原美穂
SMR(SME)(M) (2008-04-16)
売り上げランキング: 71790
続きを読む

JOIN ALIVE(ジョインアライブ) 17(土)感想

■スキマスイッチ(ROSE STAGE)

ROSE STAGE、VELVET CIRCUS、FUTURE FLOWERSという3会場あり、その中で、ROSE STAGEというのは、ステージが大きく芝生ゾーンでライブが見れるメインステージである。

このROSE STAGEでのライブが最も早い開始時間ということもあり、まずは主催者の山本さん登場。JOIN ALIVEにかける思い、岩見沢との協力体制をもろもろ語る。そして最後の言葉を言う。

「トップバッターはこの人に出てほしかった!スキマスイッチ!」

スキマスイッチ登場。盛り上がる会場。やっぱりいいね。この雰囲気。身体がゾクゾクしてくる。

楽器の構成かもしれないけど、中音域が強いな、と思った。僕はもっと低音域が強調されているのが好き。

1.ゴールデンタイムラバー
2.ガラナ
3.全力少年
4.アイスクリームシンドローム
5.SL9
6.虹のレシピ

全力少年(初回)
全力少年(初回)
posted with amazlet at 10.07.25
スキマスイッチ
BMG JAPAN (2005-04-20)
売り上げランキング: 27578
続きを読む

JOIN ALIVE(ジョインアライブ) の全体的な感想

(RSR=ライジングサンロックフェスティバル)

 大通バスセンターから会場への直通バスに乗って、会場の「いわみざわ公園」に着いた。岩見沢駅からのバスもあったけど、一番楽な方法で行きたいと思い、直通バスに乗る。続きを読む

効果音楽『地下鉄』

効果音と、音楽の融合を効果音楽と呼んでいまして(他の人も呼んでいるかもしれませんが)、その作品を作りました。良かったら、聴いてください。感想ください。



状況が抉る部屋

「状況が抉る部屋(じょうきょうがえぐるへや)」とは赤沼俊幸が気になった様々な事柄を記録していくブログです。記事や書いている人物に興味を持っていただきましたら、ぜひTwitterのフォローを!


連絡はTwitterFacebook、またはコメント欄からお待ちしております。


赤沼俊幸はWebマーケティングを提供するマーケティストという個人事業主を行っています。他にWebマーケティングに関する最新・基礎情報を配信する「Webマーケティング論」というメディアの運営も行っています。


【赤沼俊幸とは?】
・akanuma.com【赤沼俊幸オフィシャル】
・赤沼俊幸って?【→詳しく】
・赤沼俊幸運営Webサービス
・赤沼俊幸運営ブログ


【状況が抉る部屋とは?】
・状況が抉る部屋についてもっと詳しく
・タイトルについて
・リンクについて

【ブログ内検索 by google】
カスタム検索
月別記事
広告
  • ライブドアブログ