私は2013年12月より「移動式コワーキング」という実験活動を行っています。

目次


移動式コワーキングって何?
移動式コワーキングについて
 ・コワーキングスペースを利用するメリット
 ・企業の会議室を利用するメリット
移動式コワーキングは以下のような方におすすめです
「移動式コワーキング、いいな!」と思った札幌以外の方へ(コワーキングスペースを運営してみたいと思っている方へ)
スペース運営者様へ。移動式コワーキング開催してほしい場所の募集
なんで移動式コワーキングという名前なの?

移動式コワーキング第1回
移動式コワーキング第2回
 ・移動式コワーキング第2回レポート
移動式コワーキング第3回
移動式コワーキング第4回
移動式コワーキング第5回 featuring PMお姉さん
移動式コワーキング第6回 in 北海道ビジネスサポートセンター
次回以降

移動式コワーキングって何?


私自身が過去、株式会社24-7に所属し、運営していたGarage labsなどの「コワーキングスペース」の知名度が徐々に上がってきました。IT業界に所属している方であれば高い割合で「コワーキングスペース」という言葉を耳にしたことがあるのではないかと思います。

初めて聞いた方に改めて説明しますと、コワーキングスペースというのは「コワーキング+スペース」が合わさった造語です。コワーキング(※1)はみんなで働くという意味があり、スペースは空間です。コワーキングする空間がコワーキングスペースということです。

※1 ちなみにコワーキングという言葉もまた、co(みんなで)+woking(働く)というのが合わさった造語です。コワーキングスペースについてもっと詳しく知りたい方はWikipediaをご覧ください。

一方、私が実験活動を行っている「移動式コワーキング(※2)」というのは特定の空間を持たずにコワーキングする活動です。不定期でどこかの場所で突発的にコワーキングを行います。

※2 Googleで検索したところ、移動式コワーキングという言葉を使っている方は私以外にはいませんでした。もしかしたら、私が始めて提唱する言葉かもしれません。どうしてそういう名前にしたかは記事の最後をご覧ください。

移動式コワーキングについて


Garage labsが終わりました(Garage labsの運営を終えて)。ありがたいことに、「赤沼さん、次はコワーキングスペースをやらないんですか? 赤沼さんが運営しているスペースがあれば使いたいです」とお話してくださる方がいます。ですが、おそらく次はコワーキングスペースの運営という仕事は行わないつもりです。自分でやるとなると、どうしても固定で発生する賃料がリスクになります。そのリスクをヘッジするためには、様々な工夫が必要です。現状の赤沼にはその方法が思いついていません。今、コワーキングスペースのオーナーされている方を大変尊敬しています。

ただ、「コワーキング」というのは「コワーキングスペース」というスペースがなくても、「コワーキング」できるんじゃないかって思っています。できます。コワーキングスペースじゃなくても、どこかで集まって、みんなで作業をすればそれはコワーキングです。

そのような思いがあり、不定期でどこかの場所で突発的にコワーキングをやってもいいんじゃないかと思いました。また、新しく場所を作るよりも、すでにある場所を活用したほうが様々なメリットがあると思っています。

コワーキングスペースを利用するメリット

コワーキングスペース運営者のメリット

例えばコワーキングスペースであれば、コワーキングスペース運営者側にとって、
・コワーキングスペースの知名度向上
・コワーキングスペースの利用増に繋がる
・食べ物・飲み物代や利用料をスペースにお金として落とすことができる
というメリットがあります。

参加者のメリット

参加者には、
・一人では行きづらい場所のコワーキングスペースの体験をすることができる
・一人だと行いづらいコワーキング利用を共同で行うことができる
というメリットがあります。

企業の会議室を利用するメリット

企業側のメリット

企業の会議室であれば、
・社名の認知度向上。赤沼のほうで今日「◯◯で移動式コワーキングをやらせていただきます!」とソーシャルメディア上などで宣伝いたしますので、社名や店名の認知度向上に繋がります。参加する方もソーシャルメディア上での投稿を行っていただける方もいると思います。
・会社役員・社員が移動式コワーキング参加者と、
 ・接点を持つことができる。仕事の発注や採用などに繋がるかもしれません。
 ・情報交換ができる。会社所属の方は移動式コワーキングの参加者と自由に名刺交換や情報交換できます。参加社員の意識向上は参加者との新たなコラボレーションに繋がるかもしれません。
というメリットがあります。

参加者のメリット

参加者として、企業の会議室で行うコワーキングは、
・会場となる企業の役員、社員と接点を持つことができる(仕事の発注や採用など)
というメリットがあります。

というように関わる方に全てに一定のメリットがあるのではないかと思っています。これが「移動式コワーキング」という実験活動です。

移動式コワーキングは以下のような方におすすめです


・コワーキングを体験してみたい!
・気分転換にいろいろな場所で仕事してみたい!
・(会場がコワーキングスペース・カフェの場合)場所が気になっていたけど、行く機会がなかったのでこの機会に行ってみたい!
・(会場が企業の場合)企業の役員・社員と接点を持ってみたい!
・赤沼と話してみたい!運営していたGarage labsのこと、WebマーケティングやWeb系のサービス全般など何でも相談OKです。

「移動式コワーキング、いいな!」と思った札幌以外の方へ(コワーキングスペースを運営してみたいと思っている方へ)


主催者の赤沼は札幌にいるため、他のところに伺うことがあまりできませんが、「いいな!」と思った方はぜひあなたの住んでいる地域で自主的に様々な方に呼びかけて、移動式コワーキングを始めてみるのがいいと思います。「コワーキングをしたい!」という、あなたの思いを真剣に伝えることができれば、きっと賛同者もいるのではないかと思います。

また、将来コワーキングスペースを運営したいと思っている方は、まず移動式コワーキングからやってみるのはいかがでしょうか。コワーキングスペースというスペースを設けるには、まとまったお金がかかります。

まずは移動式コワーキングを行い、良い感触を掴めた時点でスペースを設けることを検討されてみてはいかがでしょうか。厳しいことを言いますが、移動式コワーキングを行う時点で人が集まらなければ、コワーキングスペースを運営しても、人は集まらないのではないかと思います。

スペース運営者様へ。移動式コワーキング開催してほしい場所の募集


移動式コワーキングは第1回、第2回ともSapporo Cafeで行いました。Sapporo Cafeで開催させていただいた理由としては、運営されている眞野さんと私が親しく、いろいろ融通が効くということと、Sapporo Cafeが誰でも参加しやすい料金体系であったです。第3回はドリノキで行いました。運営の金山さんに別件で会う予定があり、そのときに依頼をさせていただきました。第4回のVERSION2は声を掛けていただきました。

今後とも現在行っているスペースだけではなく、様々な場所で移動式コワーキングを行ってみたいと思っています。「うちで移動式コワーキングを開催してほしい!」というスペース運営者様がおりましたら、ぜひ赤沼まで、ご連絡ください(TwitterFacebook)。上記に書かせていただきましたようなメリット(コワーキングスペースを利用するメリット企業の会議室を利用するメリット)を受けることができると思います。場所の条件としましては、誰でも気軽に参加できるように非会員制、参加したい方が無料または少額で利用できるということと考えています。



なんで移動式コワーキングという名前なの?


僕が大好きな小島麻由美の曲に「移動式遊園地」という曲があり、その曲名から移動式をお借りして、つけてみました。ですので、ごく個人的ではありますが、移動式コワーキングのテーマ曲はこの「移動式遊園地」という曲です。


小島麻由美の「移動式遊園地」のように移動式コワーキングをワクワクできるものにしていければなーと思っています。
二十歳の恋
二十歳の恋
posted with amazlet at 14.01.07
小島麻由美
ポニーキャニオン (1996-09-20)
売り上げランキング: 51,359
v

移動式コワーキング第1回


移動式コワーキングの第1回は2013年12月27日(金)、Sapporo Cafeで行われました。



第1回は私の思いつきにも関わらず、総計11人の方に参加していただきました。12時にまずランチを行いました。当初の想定以上に参加者がいたため、ランチ後は2階に移動し、コワーキングのスタートです。
移動式コワーキング第1回1階

この写真は移動式コワーキングの終盤戦。基本的には1人でノートパソコンに向かった作業を行い、たまに雑談するという感じでした。
1005017_10202573955328482_1965532624_n

第1回タイムテーブル


下記のようなタイムテーブルを予定し、コワーキングを行いました。

12:00 みんなでランチ
13:00〜 作業開始(コワーキング)
18:00ぐらい 終了。でも延長の場合あり。

結果的には19時ぐらいまでコワーキングを行いました。その後、最後まで残った方でご飯に行きました。

移動式コワーキングは通常のイベントとは違い、どの時間から参加し、どの時間に抜けることも可能です。12時からのランチだけに参加し、13時に帰った方や、その後の夜ご飯だけに参加した方もいました。

参加記録を取っていたのですが、各参加者は以下のような時間で参加されていました。多種多様な参加の仕方があることがわかるかと思います。

第1回目参加者 in Sapporo Cafe


Sさん(12:00〜13:00)
Mさん(12:00〜15:00)
Aさん(12:20〜17:00)
Sさん(12:00〜15:30)
Tさん(14:00〜15:00)
Kさん(16:00〜18:00)
Kさん(16:40〜19:00)
Kさん(13:00〜16:00)
Sさん(17:15〜19:00)
Tさん(15:30〜18:00)
(※事前に掲載確認を取っていないので、イニシャルにさせていただきました)

参加料金


Sapporo Cafeはドリンクのみの注文でコワーキングの利用が可能です。ドリンクは約400円ぐらいだったと思います。ランチは約500円ぐらいです(飲み物セットは700円)。食べ物、飲み物はSapporo Cafeにあるものを注文していただく形式でした。

ちなみに私は11時から別件の打ち合わせを行い、12時から移動式コワーキングとしてランチ(飲み物セット)を行い、夕方16時23分にお腹が空いてしまったので、ケーキとドリンクを注文しました。朝11時から19時までいて、1650円でした。
Sapporo Cafeレシート

もちろんSapporo Cafeは通常のカフェ利用も可能ですので、札幌駅周辺にいらした方は行ってみてはいかがでしょうか。


移動式コワーキング第2回


移動式コワーキング 第2回(in Sapporo Cafe)を終えましたので、同じく参加記録を記します。今回は私を含めまして、総計13名の方に参加していただきました。

第2回目参加者 in Sapporo Cafe

赤沼 12:00〜19:00
Aさん 12:00〜17:30
Zさん 12:00〜16:30
Kさん 12:00〜13:00
Sさん 12:20〜13:10
Mさん 13:10〜16:00
Oさん 13:30〜15:30
Iさん 13:30〜15:30
Kさん 14:00〜19:00
Wさん 15:00〜19:00
Tさん 15:30〜19:00
Tさん 16:00〜18:00
Nさん 18:30〜19:00

移動式コワーキング第2回レポート


移動式コワーキングに参加していただいた方にレポートを書いていただきました!

移動式コワーキング第2回に参加してきました - 猫科りゅうた

移動式コワーキング第3回(1/27 追記)


移動式コワーキング第3回を1月24日(金)、11時よりドリノキで開催いたしました。今回も初参加の方が多く、色んな方に興味を持っていただいたのを大変嬉しく思います。

ドリノキのフレックスルームというところで開催させていただきました。ここは通常のドリノキでフレックスルームを使う方も利用する場所ですので、通常利用者もいつつ、私たちもコワーキングを行いつつ…というものでした。私たちがわいわい作業しているときがあったり、私たちが静かなときは、通常利用者がわいわいとなったり、適度に雑多な感じがして良かったです。フランス語のレッスンも同時に開催されていたらしく、時にフランス語っぽい音が交じるのも雑多で不思議なコワーキングで、それもまた僕には面白く感じました。
移動式コワーキング第3回
基本的には各々の個人的な仕事を行っていましたが、時に混ざった会話としては「iPhoneアプリ開発について、ライブラリの話など」「ネパールのIT事情について」「札幌のWeb業界について」「今後、どういうWebで分野を勉強するべきか」ということでした。コワーキングで生まれる会話の特徴としては、最初、2人だけで話しているのですが、そこから3人目の人が会話に参加して、さらに4人目…というように、どんどん会話やコミュニケーションが加速していくところです。これはTwitter的だと思います。興味のない話の時は黙って作業しておけば良く、興味ある話のときだけ会話に参加すればいいです。これは効率の良いコミュニケーションのように僕には思います。

第3回目参加者 in ドリノキ

今回は私を含めまして、総計8名の方に参加していただきました。参加記録を記します。

11:00〜17:00 赤沼
11:00〜17:00 Aさん
12:20〜12:50 Tさん
13:20〜17:00 Mさん
13:30〜16:40 Wさん
13:30〜17:00 Nさん
14:00〜15:10 Nさん
16:10〜17:00 Tさん



移動式コワーキング第4回(2/21 追記)


第4回移動式コワーキングを2月18日(火)、11時から18時まで教育機関向けのWebシステムの開発会社、「株式会社VERSION2」さんの会議室をお借り開催いたしました。募集詳細につきましては下記のFacebookイベントの募集をご確認ください。

「移動式コワーキング第4回 in VERSION2」】

初めての企業開催でした。最後のほうでは役員の方、社員の方と名刺交換や情報交換も行いました。誰か一人でも何かここからお仕事など繋がれば嬉しいです。

会議室というと、個室をイメージされるとは思いますが、株式会社VERSION2さんの会議室は入り口から社員の方がいる場所との通路を含んだオープンなスペースであり、密室感はほとんどありませんでした。
株式会社VERSION2さんの会議室1

株式会社VERSION2さんの会議室2

会議室としての場所はもちろんとのこと、電源、wi-fi、さらにコーヒーサービスもつけてくださり、大変充実な移動式コワーキングでした。Oculus Riftの体験もすることができました! 株式会社VERSION2さん、お貸しいただきまして、ありがとうございます。

移動式コワーキング第4回 in VERSION2

4回目は私を含めまして、総計12名の方に参加していただきました。参加記録を記します。

11:00〜18:00 赤沼
11:10〜15:00 Sさん
11:30〜 16:00 Nさん
12:00〜 16:30 Kさん
13:30〜18:00 Nさん
13:40〜15:10 Mさん
14:30〜16:50 Sさん
14:30〜15:10 Kさん
15:00〜18:00 Tさん
15:10〜18:00 Tさん
15:10〜18:00 Nさん
15:10〜18:00 Eさん

移動式コワーキング第5回 featuring PMお姉さん(4/14 追記)


「移動式コワーキング第5回 featuring PMお姉さん」を4月14日(月)、14時から23時までSapporo Cafeで開催しました。募集詳細につきましては下記のFacebookイベントの募集をご確認ください。

移動式コワーキング第5回 featuring PMお姉さん(Facebookイベント)

1、2回目の開催したSapporo Cafeでの再度の開催でした。今回は初の1部、2部といった2部制をとりました。

1部は通常の移動式コワーキング。Sapporo Cafeの2階で行われました
1部は通常の移動式コワーキング。Sapporo Cafeの2階

2部はfeaturing PMお姉さんとして、東京から来札するPMお姉さんこと、十返文子さんも参加しての移動式コワーキングでした!なお、十返さんの普段の活動の様子は、こちらなどをご覧ください。

ウェブディレクターのためのモダンWebPM講座やるよ!
エグゼクティブ・メンバー | 日本プロジェクトソリューションズ株式会社

二部は十返さんを中心として、様々な話に花が咲きました!初めてお会いする方同士での事業検討(?)や今までなかったマーケティング論で盛り上がったり、新しい展開が生まれました。早速、ここで出会った方同士で翌日、打ち合わせをすることになったようです。

移動式コワーキング第5回参加記録

5回目は私を含めまして、総計11名の方に参加していただきました。参加記録を記します。

14:00〜23:00 赤沼
14:00〜21:30 Yさん
14:10〜16:40 Jさん
14:20〜19:00 Nさん
15:00〜23:00 Oさん
16:00〜23:00 Sさん
19:30〜23:00 Tさん
19:30〜20:30 Kさん
20:00〜23:00 Nさん
21:00〜23:00 Mさん
21:30〜23:00 Hさん

参加いただいた方の感想




リンク


ご協力によりまして、北海道新聞やさっぽろ産業ポータルのWebサイトに今回の移動式コワーキングを掲載いただきました!
[イベント]移動式コワーキング第5回featuring PMお姉さん−北海道新聞
イベント詳細|さっぽろ産業ポータル| 移動式コワーキング第5回 featuring PMお姉さん

移動式コワーキング第6回 in 北海道ビジネスサポートセンター(5/26 追記)


「移動式コワーキング第6回 in 北海道ビジネスサポートセンター」を5月22日(月)、11時から18時まで北海道ビジネスサポートセンターで開催しました。募集詳細につきましては下記のFacebookイベントの募集をご確認ください。

Facebookイベント - 移動式コワーキング第6回 in 北海道ビジネスサポートセンター(新オープン施設!)

移動式コワーキング第6回  in 北海道ビジネスサポートセンター

今回は初めてのオープン前の施設での移動式コワーキング開催でした。現在、 北海道ビジネスサポートセンターはプレオープン中でです。そのため、ほとんど私たちだけの利用となりました。 北海道ビジネスサポートセンター代表の吉澤さんも「人が多くなるとどうなるか試したい」ということを考えており、施設のシミュレーションにもお役に立てたと思います。中には今回の参加者の方が「ここいいですね!」と通常の利用を希望されたりと、人と施設のマッチングも果たせたのではないかと思っています。

個人的にびっくりしたのが、今回参加者のお二人がたまたま同級生であり、たまたま移動式コワーキングで再会したとのこと。およそ15年ぶり、学校以来の再会のようでした。驚きあっている二人を見ていると、こういうイベントを開催して良かったなーと心から思いました。

移動式コワーキング第6回参加記録


今回はなんと総計16人参加と、過去最大の参加人数となりました。「移動式コワーキング」の浸透と、アクセスの良さがあったと思います。参加記録を示します。

11:00〜18:00 赤沼
11:00〜18:00 Aさん
11:30〜17:30 Bさん
11:30〜17:00 Cさん
12:00〜18:00 Dさん
12:30〜13:30 Eさん
13:30〜18:00 Fさん
13:30〜18:00 Gさん
15:00〜16:30 Hさん
15:00〜16:30 Iさん
15:00〜16:00 Jさん
15:00〜16:00 Kさん
15:00〜17:00 Lさん
15:30〜17:00 Mさん
15:30〜18:00 Nさん
15:30〜18:00 Oさん

午前中は参加者が少ないので、もくもくと作業会。15時ぐらいから一気に人が増えてきまして、あとはずっとワイワイがやがやが続いていました。作業を行いに来たい方は人が少ない午前中から。逆に交流を望みたい方は夕方くらいから来るのが良いかもしれません。次回の参考にしてください。

次回以降




追記記録


※追記1 1月9日、移動式コワーキング第2回について追記
※追記2 1月18日、移動式コワーキング第3回について追記
※追記3 1月19日、移動式コワーキング第2回、レポート記事を追加
※追記4 1月27日、移動式コワーキング第3回、レポート記事を追加
※追記5 2月16日、全体構成の変更、移動式コワーキング第4回追記
※追記5 2月21日、移動式コワーキング第4回の募集削除、レポート追加
※追記6 4月12日、移動式コワーキング第5回 featuring PMお姉さんの募集追加
※追記7 4月14日、移動式コワーキング第5回 featuring PMお姉さんのレポート記事追加
※追記8 5月18日、移動式コワーキング第6回追加
※追記9 5月26日、移動式コワーキング第6回レポート追加

ぜひ@toshiyuki83のフォローを!

  • 「「移動式コワーキング」という実験活動(5月26日更新)」を読んで興味を持った方はTwitterアカウントの@toshiyuki83をぜひフォローしてください。

  • Facebookユーザーの方はakanuman.comへの「いいね!」をお願いします。