2016年02月08日

ありがとう! アルバム【ZERO】が 10周年!!(たぶん追記します^^;)


本日、2006年2月8日にリリースされた

宍戸 亮デビューアルバム【ZERO】

10周年を迎えました!!



あれから10年なんですね‥‥

とても感慨深いものがあります


(いきなりしんみりしたことを書きますが)

その1ヶ月半前に父が他界し

悲しみのどん底にいた頃でした



ブックレットの一番最後のページに書かれた

「Thank you "FATHER"」

の文字に涙しました

決して悲しみの涙ではなくて

感謝の気持ちでした



宍戸としての初めてのアルバムを父に聴かせられなかったのは残念だったけれど

こうして形にして頂いて

まさか10年目の日を迎えられるなんて

あの時は想像も出来なかった



いま改めて聴くと

この10年間の色々が思い出されます

同じように感じてる方もいらっしゃるでしょう


あるいは、もしかしたらリリース当時を知らない方も多いかも知れませんね



そこで今日は

10回目の「ZERO記念日」として

アルバムの収録曲についての思い出や裏話などを

1曲ずつ

綴ってみたいと思います



順番は‥‥

アルバムの曲順ではなくて

あえて、レコーディングした順番にしてみましょう


そんな情報、今まで公表したこともなかったですし

それだけでも、当時に戻ったような気持ちになりますね


では、ちょっと長くなるかもしれませんが

よかったらお付き合いください(^^)

楠田敏之



【ZEROの思い出】

2005.11.5 Rec
1. 「4 SEASONS」
作詞 石川絵里/作曲・編曲 IIDA

記念すべきレコーディングの1曲目!

アルバムではTrack2に収録

アップテンポの楽曲、心が浮き立つような歌詞で

「ライブで歌ったら楽しいだろうなぁ!」

と思いながら歌いました


サビのラストに「I'll feel you」とか「Get my dream」とかありますね

実は最初はなかったんです

家で練習しながら

(ここに何かあると良いなぁ!)

と思ったんですね

(ライブの時にここをみんなで一緒に出来たら楽しいはず!)

それをレコーディング当日に相談して

サビの頭の英語を、そのサビのラストにも付けることになったんです

CDでは音程がありますが

ライブでは音程関係なく、思いっきり叫んでもらえたら嬉しいです!


「100曲マラソン」(2008.3.16)、パソフィコ横浜のステージで初お披露目しましたね

想像していた通り

5,000人のみんなと一緒に盛り上がって本当に楽しかった!!


宍戸は誰と一緒に歩いてるんだろう?

なんて想像しながら聴くのも楽しいですね(^^)




2005.11.8 Rec
2. 「Break Chance」
作詞 六ツ見純代/作曲・編曲 渡部チェル

アルバムではTrack5に収録

「4 SEASONS」から3日後のレコーディングです


このアルバムの中で歌うのが一番難しかった曲です

でも、個人的に、一番好きな曲です

チェルさん作曲の、1コーラスだけのデモ音源を最初に聴いた時、

(なんてカッコイイ曲なんだろう!)

と感動したものです


そして六ツ見さんの歌詞が

カッコよさをさらに何倍にも膨らませてくださいました

ハスラー‥‥賭けビリヤードのプレイヤーになぞらえて

たった一度の人生を後悔したくない

それは賭けだけど

何度も何度も挑戦し続けるんだ

そしてブレイクチャンスをものにする!


落ち着いた曲調でありながらも

宍戸の根底に秘める熱い思いを歌っています

ちなみに作詞の六ッ見さんは「Brandnew Days」「W-rainbow」を作詞してくださった方ですよ♪



いつの日か

生で歌いたいですね

難しくてどこまで歌えるか分からないけれど、いつか挑戦したい

ずっとそう思い続けてきた曲です

10年前は、僕の技術ではとても人前では歌えないと思っていたけど

もう‥‥歌えるんじゃないかな?




2005.11.17 Rec
3. 「ライジングカウンター〜Infinity〜」
作詞 近藤ナツコ/作曲・編曲 たかはしごう

アルバムではTrack4に収録

いかにも宍戸らしい曲!

というのが初めてデモ音源を聴いた時の印象でした

これ以前の宍戸ソロのキャラソンは「ALive」しかなかった訳ですが

曲のイメージが近いというか

宍戸のスピード感や力強さが前面に押し出された曲調です


そして歌詞も、まさに直球勝負!

宍戸がプレイしている姿が思い浮かびます


アルバムが完成して驚いたのは

レコーディングの時には入っていなかった西村浩二氏によるトランペットが加わっていたこと!

このソロめちゃくちゃカッコイイ!!

本当に痺れました!!!


さらに、たかはしごう氏による間奏のコーラス

短いフレーズだけど

最高です!

最初聴いた時には女性コーラスかと思ったほど綺麗な声でね

事実を知った時は衝撃を受けました!笑


そして、「テニプリフェスタ2011in武道館」(2011.1.22-1.23)で初お披露目!

憧れの日本武道館で

初めて歌った宍戸のキャラソンです

8,000人の前で歌うのは非常に緊張しましたが

この曲調のおかげで

宍戸になりきって歌うことが出来ました


歌詞の最初「アリーナの歓声」を「武道館の歓声」にしようと思ったのは

実は本番当日です

いや、出番ギリギリまで迷いました

でも、みんなの熱い歓声を浴びた瞬間、心が決まりました!


あれ程の広いステージなのでね

それでも、なんとかみんなの近くに行きたくて

端から端まで走りましたね!

走りながら歌のは難しかったです(^^;


そして「技」ステージのみ

ラストに鳳長太郎役、浪川大輔氏が登場して

一緒に歌いました

このサプライズは当初は僕も想像しなかった異例のことでしたが

とても喜んで頂けて良かったです

ちなみに「頼んだぜ長太郎!」「任せてください宍戸さん!」は僕からのリクエストでしたw

あのカメラ目線も

「正面の一番遠いカメラに向かって台詞言って!」

という打ち合わせを当日のリハでやっておいたんですね

うまくいって良かったですww




2005.11.17 Rec
4. 「世界」
作詞 anemone/作曲 間瀬公司/編曲 中畑丈治

アルバムではTrack7に収録

そうなんです、この日は2曲レコーディングしました

「ライジングカウンター」が結構ハードな歌だったので

さらにもう1曲というのはかなり大変だった記憶があります(^^;


デモ音源ではもっとギターサウンドの効いたハードロックなアレンジだったんですが

最終的に爽やか系ロックの曲に落ち着きましたね


曲も歌詞も独特の世界観を持っていて‥‥


今だから言ってしまいますが

実はレコーディングし直したい曲です(^^;

今ならもっと深い部分まで歌えると思う


それが個人的には心残りなんですが

でも有り難いことに、この曲を好きだと言ってくださる方が多くて

いつか生で歌ってみたいですね!




2005.11.24 Rec
5. 「GEKI-DASA DAZE!!!」
作詞 桑原永江/作曲 浅田 直/編曲 IIDA

アルバムではTrack9に収録

宍戸の決め台詞「激ダサだぜ!」が歌になりましたw

みんなも思ったでしょ?

「ネタ曲か!?」

ってw


ところがですよ

なんてカッコイイ曲なんですか!!


アルバムの発売記念イベントが2/18(神戸)と2/19(浜松)に開催されまして

会場からのリクエスト曲を生で2曲歌う、というコーナーがあったんですが

一番の人気曲がこの「GEKI-DASA DAZE!!!」でしたね


皆さんもカラオケBOXで歌う時に困ると思うんですが

とにかく早口でしょ

どこで息を吸えばいいんだ!ってくらいにw

そのイベントの時は歌詞を見ながら歌ったんだけど

それでも大変でしたね〜


ちなみに「4 SEASONS」は歌詞カードなしで歌うことになっていたんだけど

神戸も浜松も歌詞が飛んで歌い直しました(^^;

浜松に至っては2回目もダメで土下座して謝りましたww

初めての曲って異常な程に緊張してしまうんですよね

今となっては良い思い出です♪


この歌の宍戸的ポイントはやっぱり「激ダサだぜ!」でしょう

当初は「激ダサだぜ!」も音程やリズムがあったんです

しかし、どう歌っても本来の「激ダサだぜ」のニュアンスが出せない

ちょっと軽くなってしまうんですね

特訓を乗り越えた宍戸にとってこの言葉は

非常に大切な精神を語っています


そこでレコーディング時に

「ここだけ台詞に近い感じにさせてください」

と相談したんです

その案が採用されて、最終的な形となりました

自分としては正解だったなぁと思っていますが、みなさんはいかがでしょう?


それから裏話としては‥‥

ところどころに合いの手がありますね

たとえば1コーラス目なら「you guys!」「talkin'」「のたうてhell」みたいな

メインボーカル(宍戸)の後ろに聞こえる声ね

これ、男性が二人でやってるんですが

実は二人とも僕なんですw


「宍戸とキャラが被らないようにお願いします!」

というリクエストがあって、悩んだ結果

「外国人っぽくやってみます?」

ってことになってw

イメージは映画「ブルース・ブラザース」です

あの二人をなんとな〜く思い描きながらやってみましたww



そして生歌の初お披露目は「100曲マラソン」(2008)

「4 SEASONS」からの「GEKI-DASA DAZE!!!」というメドレーでしたね

一瞬カラオケが聴こえなくなる程みんなの歓声が大きくてね

なので、DVDを見るとちょっとタイミングがズレていますがw

それもライブの醍醐味ってことで!

僕にとってはカラオケが聞こえないことよりも

それ程に盛り上がってくださったことが本当に嬉しくて

だからね、あの時間は楽しくて楽しくて!

最高でした!!




2005.11.24 Rec
6. 「Next Gate」
作詞 鳥海雄介/作曲 浅田 直/編曲 大山 曜

アルバムではTrack3に収録

はい、この日も2曲レコーディングした2曲目ですね

1曲目の「GEKI-DASA DAZE!!!」も同じく作曲が浅田氏なんですね

それで同じ日にレコーディングしたんじゃないかな?

作曲家さんがスタジオに立ち会うことありますからね(‥‥忘れてしまったけどw)


長太郎とのデュエットソングです

「Brandnew Days」とはまったく雰囲気の異なるライトな曲調

しかもラップがある!

ラップ!

驚きましたね〜


ちなみにラップの収録はこの日ではなくて、翌週の12/3でした

たぶん浪川ちゃんと同じ日に録ることにしたんじゃないかな?(忘れたけどw)



ライブでの初お披露目は「100曲マラソン」(2008)でした

宍戸ソロで「ALive」を歌って、

続いて長太郎が加わって「Next Gate」という流れですね


途中でパイルミラージュをやろうと思ったのは

やはり本番当日

しかもリハなどが終わってから


もともと浪川ちゃんはリハの回数が少なくて

やっぱり二人で歌うとアイデアが出てくるんだよね

それで当日リハの後に思い付いたんだけど

楽屋で

「サビはこんな感じで!」

とりあえず動きだけ打ち合わせてね

で、いざ本番のステージでやってみたら‥‥



アルバムとは違って

歌のパート割りが長太郎メインで、宍戸はラップでしょ

だから浪川ちゃんはモニターで歌詞を確認しながら歌っていたんだけど

立ち位置、僕が前で浪川ちゃんが真後ろだから

彼はモニターが見えない訳ですよ

どっ被りでw


それで、僕の背中を避けながら

右へ左へ顔を出してモニターを追っていたんだって

それが正面から見ると、どうやらEXILEっぽく見えたらしくww

楽屋に戻ったら

「なんでEXILEやってたの?」

って言われましたw

いやいや、あれはパイルミラージュです!

まぁ、分かる人にだけ分かってもらえれば良かったんですww




2005.12.2 Rec
7. 「HANG IN THERE」
作詞 石川絵里/作曲・編曲 たかはしごう

アルバムではTrack8に収録

12月に入って、レコーディングもいよいよ後半戦に突入です!

「ライジングカウンター」と同じくたかはしごう氏による作曲、

「4 SEASONS」と同じく石川絵里さんによる作詞ですね


この曲の特徴は

とにかく短い!

3分切りますからね!


通常は2コーラス歌って、間奏があって、ラストサビがあって

合計でだいたい4分前後くらいですよね

この曲もほぼ同じ構成なのになぜか短い


不思議ですね〜


で、またね、レコーディングが物凄く短時間だったんです

なんと作曲のたかはし氏がディレクションをしてくださいまして

通常は念のため3テイクずつ録るところを

1〜2テイクでバンバンOKが出ていきまして

気付いたら終わっていたというw

「あれ?もう終わり!?」

みたいなw


レコーディング後に聞いてみたんですよ、曲が短いことについて

「もっと長くしないんですか?」ってw

そしたら

「これでいいんです!」

とのことでしたww


なんとも潔い!

確かに、込めたいものがすべて込められているのなら

長さなんて関係ないもんね!


この曲の初お披露目はちょっとイレギュラーなんですが

僕の、楠田名義のソロライブのアンコールの時に

サプライズで歌いました

たまに、そうやって自分のライブでも

宍戸のキャラソンを歌うことがあるんですよ♪




2005.12.3 Rec
8. 「一日だけのバカンス」
作詞 桑原永江/作曲・編曲 大山 曜

アルバムではTrack1に収録

レコーディングの時点では

アルバムの曲順は決まっていないので

もっともテニスに関係のないこの曲が

まさか1曲目になるとはww


バカンスというだけあって

なんとも楽しげな情景が描かれていますね

というか、やっぱり気になるんだよね‥‥


「宍戸はいったい誰と泳ぎに来ているんだ!?」笑


まぁ、それを想像するのがこの曲の楽しみ方でもありますねw


レコーディング当日は

歌を録り終えた後、トロンボーンを吹きました


ホーンセクションはトランペットとトロンボーンで

通常はいわゆる「打ち込み」といって

人工的な音源をPCに演奏させるんですね


そこに1本でも本物の楽器が加わるだけで

ホーンセクション全体がグッと「生」な感じになるんです


宍戸のデビューシングル「ALive」でも同様に

僕のトロンボーンを打ち込みのホーンセクションに重ねていますね




2005.12.8 Rec
9. 「YES」
作詞 鳥海雄介/作曲 浅田 直/編曲 礒江俊道

アルバムではTrack10に収録

レコーディングも終盤

この日は、この曲と次の「Grow Up」をレコーディングしました

2曲のレコーディングにも慣れてきました♪



冒頭の「ラララ‥‥」ですが

実は別の歌詞(言葉)がついていたんです


ところが、どうしてか理由は忘れてしまったんですが

レコーディング直前に「ラララ」になったんですね

ちなみにこの「ラララ」はデモ音源の段階からあったんです

まぁ、デモ音源なので、

「この譜割りで歌詞をはめてください」という参考としての「ラララ」だったはずで

その譜割り通りに歌詞がついたのに

なぜか「ラララ」が採用されたという、非常に珍しいケースです


で、いざ実際に僕が「ラララ‥‥」を歌うことになって

(ただ「ラララ」では面白くないなぁ)

と思って、アドリブ的に「ル」を入れてみたりした、という訳です


それにしても泉 邦宏氏のサックスが

カッコ良すぎてヤバイ!!

いとうかなこさんのパワフルなコーラスも素晴らしいですね!


個人的には、歌っていて一番気持ちの良い曲です♪

特にラストの「イエーーーーーース!!」がね

気分爽快!(≧▽≦)

ポイントは、直前のブレスを思いっきりやること!

ガッ!と息を吸うと、その音もちょっとセクシーに聞こえますww




2005.12.8 Rec
10. 「Grow Up」
作詞・作況 楠田敏之/編曲 渡部チェル

アルバムではTrack6に収録

「イエーーーーース!!」と思いっきり歌った後の、この日2曲目‥‥

とうとう来ました!

自分の作詞&作曲の歌です!


このアルバムには12曲収録されるということで

そのうちの2曲を作らせて頂くことになりました


先に出来たのはバラードの「Friendship」です

その後、何曲か作って、ようやく出来たのが、

この「Grow Up」でした


出来たといっても、まだ歌詞はない状態です

曲を作りながら、なんとなく

(ダブルスのことを歌にしたい)

と思っていました


では、ダブルスの何をテーマにするか?

というところで、「成長」を描いてみようと思ったんですね



まず1コーラス目は、二人の成長


どん底まで落ちた宍戸を救ったのは

長太郎との特訓も大きかった


そしてダブルを組んで戦った関東大会では

「乾&海堂」ペアに勝ちました


しかし、納得いかない宍戸

でも、このダブルスならば、もっと上を目指せるんだ!

これまでダブルスでお互いが成長してきたことに対する自信みたいなもの



2コーラス目は、パートナーである長太郎の成長について


アニメのオリジナル回で

大石&菊丸ペアと入れ替えダブルスを組んで

「菊丸&鳳」vs「大石&宍戸」で試合をしました


コートの向こう側にいるというだけで

いつもとは違う距離を感じている

挫折しながらも

菊丸と共に闘い這い上がっていく長太郎


その頼もしい姿は

嬉しくもあり

どこか寂しくもあり


そんな歌を作りました


アレンジ(編曲)は「ALive」と同じく渡部チェル氏です

チェルさんは、アニメ「テニスの王子様」のすべての劇伴を作曲してこられた

いわばアニメ公式音楽の作曲者でもあります


我々はチェルさんの音楽を聞きながら

アニメに引き込まれていったんですね


そんなチェルさんに再びアレンジして頂ける喜びは大きかったです


僕が提出したデモ音源の段階では

特にホーンセクションは考えていませんでした


しかし、最初のアレンジ音源が上がってきた時

トランペットとトロンボーンが1本ずつ使われ

抒情的なストリングス(弦楽器)が加わり

シンプルなのに熱い曲となって帰ってきたのです


しかも驚いたのは

「間奏はトロンボーンのソロにしましょう。楠田さん考えてください」とのチェルさんからの強いリクエスト


(おぉ〜こいつは大変だ!)


さっそく自分でソロを考えてみたものの

なかなかうまくいかず

そのままレコーディング当日を迎えてしまいました


メインボーカルとコーラス(自分でやってます)は他の曲と同じく

ディレクターの松岡氏によるディレクションでレコーディングしたんですが

その後、トロンボーンのレコーディングでは

チェルさんがディレクションをしてくださいました


イントロや歌部分は順調に録れて

「では最後に間奏いきましょうか」

となったものの

僕は結局アイデアがまとまらずソロを考えられなかったと相談すると‥‥


「では楠田さん、待ちますので今から考えてください!」

というね(^^;

キーボードを用意してくださって

チェルさん、ディレクターさん、エンジニアさんがじっと座って待っている部屋の真ん中で

一人キーボードに向かう楠田‥‥


これね、あり得ない程に緊張しました


(逃げ出したい!>_<)


というのはこういうことなんだ、ってね(^^;



チェルさんが取っ掛かりだけヒントをくださったんです

最初は長めの音を使って、

だんだん短い音のフレーズにしていくと良いですよ


なるほど!


ということで、最初は伸ばしの音からスタートしてますね

キーボードでコードを弾きながら

音符を一つずつ五線譜に鉛筆で書いていく‥‥


どれくらい掛かったのかな?

もう時間の感覚なんて麻痺して

とにかく集中してコツコツ作曲していきました


そして、ようやく18小節のソロを書き終えました


もう3年くらい缶詰だった気分(^^;

でも、まだ終わりじゃないよ!

レコーディングブースに戻って

いま出来たばかりのソロを

今度は実際にトロンボーンで吹いてみます


一度テストで吹いて

「じゃあ録っていきますね」

「念のためもう1テイクいきます」

そんな淡々としたディレクションで2テイク録り終えてブースを出ると‥‥


「素晴らしいソロでした!!!^^」


チェルさん始め、スタッフの皆さんが拍手で迎えてくださいました!


極度の緊張状態から解放されて

もう何を喋ったのか

というか、何を吹いたのかさえ覚えていませんが

とにかく終わったことが嬉しくて

ソファーに倒れ込むように崩れ落ちたのでしたw


そんな超苦心作だった間奏のトロンボーンソロ

いかがでしょう?

僕は、完成した音を聞いて

初めて涙しました


自分の作詞・作曲した曲をここまで仕上げてくださったこと

あの究極の緊張状態で吹いたソロが想像以上に素敵な感じになっていたこと


(自分、頑張った)


「Grow Up」はそういう意味でも、非常に思い出深い1曲となったのです

まるで僕自身の成長も投影されているような気がして




2005.12.12 Rec
11. 「Friendship」
作詞・作況 楠田敏之/編曲 渡部チェル

アルバムではラスト、Track12に収録

長かったレコーディングもあと2曲

僕の作詞&作曲のもう1曲ですね



歌詞がね

実は難産で

レコーディングの当日ギリギリに

すべり込みで持ち込みました(^^;


この歌に関するエピソードは以前の記事で書いたので

是非そちらも読んで頂けると嬉しいです


1コーラス目は全国大会の朝

試合に向けた想い

俺たちの夢を叶えようぜ!

歌詞にある「空色」とは「氷帝」のことなんです

「♪空色の夢 叶えよう」


そして2コーラス目は

氷帝学園テニス部メンバーのこと

と同時に

演じてきた我々のことを描きました

「♪帰る場所があると 信じること」

アニメが最終回を迎えての喪失感が

テニプリファンはもちろん

我々キャスト陣をも覆っていました


しかし、きっとまた演じる日が来るんだ!

このスタジオにみんなで戻ってくる日が必ずやってくるんだ!

そう信じよう!!


「♪包み込む声の中で」の声とは

スタジオでの我々の声でもあったのです


氷帝テニス部メンバーはきっと生涯、友情を繋いでいくことでしょう

同じように我々キャストたちも

一生の仲間として

これからも共に生きていきたい


そんな気持ちを込めた歌です


デモ音源の段階からピアノ伴奏で作曲しました

それをチェルさんが

さらにドラマティック、かつダイナミックなアレンジを施してくださいました


これはチェルさんのアイデアなんですが

一番最後のコード(和音)は

CDをリピートして聴くことを想定して

Track1「一日だけのバカンス」に自然につながるように工夫してくださったんですよ♪

ちょっとしたことかも知れないけれど

チェルさんの優しさと、プロの仕事を思わせるエピソードです!



この曲の生歌を初めてお披露目したのは

僕のデビュー10周年記念ライブ(2013.3.30)でした


10年間、応援し続けてくださったおかげで僕はステージに立てています

その感謝の気持ちを込めて歌いました


途中、いろんなことを思い出して、声が詰まってしまいました


そうしたら会場のみんなが歌ってくれて‥‥


本当に嬉しかった


この「Friendship」は、たぶんこれから先もずっと

僕と皆さんを繋げてくれる曲だと思っています




2005.12.16 Rec
12. 「ENDLESS DREAM」
作詞 石川絵里/間瀬公司/編曲 礒江俊道

アルバムではTrack11に収録

ボーナスディスクをのぞく全12曲のラストです

大石&菊丸がゲストで歌ってくれました♪


UZAさんがこのアルバムの中で一番好きな曲です^^

そんな「ENDLESS DREAM」ですが

実はこの歌詞に決まるまで紆余曲折あったそうで‥‥(詳しくは知らないのですが^^;)

最後の最後、石川絵里さんの歌詞でGOが出たのだと伺っています

とても素敵な歌詞です

ENDLESS DREAM

果てしなく続く夢


レコーディングはこの日、僕が最初から最後まで

一人ですべて歌いました

それを仮歌として、後日(たぶん翌週)

大石役の近藤孝行氏と菊丸役の高橋広樹氏のレコーディングが行われました


実は12月12日の夜

父が自宅で倒れて病院に運ばれました

翌日その連絡を受けて

14日と15日は浜松の病院で付き添い

その翌16日が「ENDLESS DREAM」のレコーディングでした


そんな精神状態だったからなのか

1コーラス目のサビを歌うのが‥‥

辛かった

いや、信じたかった

奇跡が起きて欲しい

もっと強く誰より願えばかなうならば‥‥


そう思いながら歌うと

何度も声が詰まりそうになりました


でも、この前向きな歌をしっかり歌いきらなくては

メッセージは届かない!


そんなこともあってか

この曲の中で僕が好きなのは2コーラス目のサビなんです


もっと強く、熱く、ボルテージを上げて、空の果てまで飛んで行けるくらい

悲しみや辛い思いを吹き飛ばせ!

そういう気持ちで精一杯歌いました




2006.1.8 Rec
13. 「バレンタイン・キッス」
作詞 秋元 康/作曲 瀬井広明

初回限定盤のボーナスディスクに収録された曲です

父は、12月29日に他界してしまいました

本当は28日にレコーディングする予定でしたが

その日、病院の弟から容体急変の連絡があり

急遽レコーディングは延期となったのです

大晦日に告別式を執り行い

そして年越し


心の整理がつかない状況での「バレンタイン・キッス」は

正直に言えば厳しかったです


実は歌う前に

ボーナスディスクのトーク部分も収録しなければならなかった

もっと言えば

トーク部分の台本を前の晩、徹夜で仕上げなければならなかったんです

ただただ

(みんなに楽しんでもらいたい)

その一心で書き、演じ、そして歌いました


リアルには悲しくて悲しくてたまらないはずなのに

これを演じたり歌ったり

帰宅して編集している時は

とにかく楽しかった


演者が楽しくなかったら

聴いている人が楽しいはずない

すべてを忘れて、楽しく作業を進めました


10年経って今聴き直せば‥‥


(無理してるなぁ)ってところも少しあるけれど


でも‥‥


うん、頑張った


10年前の自分を褒めてあげたいなぁ


あの時書いたA4用紙30ページに及ぶ台本は

今となっては宝物です



そして、バレキスは

本当に楽しかった!!


コーラスで氷帝メンバーが歌っているでしょ

樺地、榊先生、忍足です

レコーディング当日に

「この3人でいきましょう!」

って決まったんですよ


ええ、当日で大丈夫だったんです


なぜなら、僕が一人で物真似しているからww

間奏で跡部も一瞬出てきますが、もちろん僕ですw


それまでバレキスは跡部と忍足がカバーしてきて

宍戸は3人目だったんだけど

ボーナスディスクに収録されたので

オフィシャルにはカウントされなかったんですね

宍戸的にはかなり真面目に歌ったのでちょっと残念なんだけど

幻のバレキスってことで

たまに思い出してくれたら嬉しいです♪


そういえば、この年のバレンタインチョコ・ランキング

宍戸はなんと

2位でした!

バレキス効果だと思いますが

めちゃくちゃ嬉しかったです!

あ、僕じゃなくて宍戸がね!!www




というわけで、全13曲

1曲ずつ振り返ってみました!

いかがでしたでしょうか!


10年前を知らない皆さんも

当時の想いなど少しでも伝わってくれたら嬉しいですし

10年前を知っている皆さんには

初めて知る内容もあったと思うので

楽しんで頂けたのではないでしょうか?^^


といってもね、徹夜で急いで書いたので

読み返したら追記とか修正とか

きっとしたくなると思います(^^;

まずはこのままアップしますが

いつかまた、読みに来てみてください!

新情報や写真など加わっているかも!?



最後になりましたが、このアルバム【ZERO】は

多くのスタッフの方々の手によって作られ、販売され、宍戸ファンの皆さんの手元に届けられました


2ヶ月間スタジオでレコーディングのオペレーションをしてくださったエンジニアさんがね

すべての作業が終わった時におっしゃってくださったんですよ

「このアルバムが一番楽しかったです」って

それがたとえ社交辞令だったとしても

スタッフさんにそう言って頂けたことが

僕はとても嬉しかったんです


アルバムは音楽の塊です

音を楽しもうと、そればかり考えてやってきたレコーディングだったので

スタッフさんも楽しんでくれたんだ!

だったらきっと

聴いてくださる方々にも楽しんでもらえるに違いない!

そんな手応えを感じました


それもこれも、全力で取り組んでくださった

クリエイターやスタッフの皆さんのおかげなんです

いま改めて、お礼を申し上げたいと思います


今日こうして、最高の形でこのアルバムの10周年を迎え、祝うことが出来ました


【ZERO】の曲をずっとずっと愛してくださった皆さんに

心からの感謝を!!!


そして、次なる一歩のために

全力で邁進することを約束して

10周年のお礼とさせて頂きます


最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!!!


楠田敏之
2016年2月8日 「ZERO」記念日♪

toshiyuki_kusuda at 12:34|URLComments(11)││テニスの王子様 | 音楽人

2015年12月28日

年内です ファンクラブへの 申し込み


6月1日に発足10周年を迎えました

楠田敏之オフィシャルファンクラブ楠田饅本舗ですが

こちらの記事でお知らせしました通り

来年5月末日をもちまして終了となります。



それに伴いまして

新規の入会お申し込みが12月末日までとなっていまして

念のため、最後のご案内をさせて頂こうと思います。



といっても、ファンクラブ限定イベントは

1月のバスツアー(募集終了)の他は今のところ、

来春に関西でのイベント(予定)と

5月の最終イベント(東京)くらいしかないんですが(^^;



あとは、会員証の裏面にお名前を僕が書きます、とか

毎週金曜にメルマガ(ほぼ写真付き)をお届けします、とか

お誕生日の前後数日くらいに楠田敏之直筆のバースデーカードが届きます、とか

会員限定のグッズを購入出来ます、とか

これまでの会報のバックナンバーを購入出来ます、とか‥‥

他にもあるかな?



あ、新規入会時には会員証や会報最新号(第35号)のほかに

記念グッズ(メッセージCD)も届くんですが

これが10年前に収録した、今となっては大変貴重な声のトークCDとなっていますね(笑)



あと、これは僕の希望ですが

楠田饅本舗11年間の記録(主に写真)を冊子にしてまとめたいと思っていまして

これも当然ですが会員限定となります!



ちなみに費用は

入会金(500円)+年会費の5ヶ月分

となります。

通常4,500円の年会費の月割りとなりますので、2千円前後だと思います。

詳細は楠田敏之オフィシャルサイトに記載のファンクラブ事務局に

メールか電話でお問い合わせ頂ければと思いますm(_ _)m

20110918

今月に入って新規申し込みや再入会の方が増えていまして

念のため、ご案内でした。

あと5ヶ月ではありますが、一緒に楽しく過ごせたら嬉しいです!


楠田敏之



toshiyuki_kusuda at 01:30|URLComments(0)││楠田饅本舗 

2015年12月12日

キャロットを 通して思う 旧S区


君ファクが、文字通り、完結しました。

全9ステージ走り抜けました。

劇場にお運びくださった皆様に、心より御礼申し上げます。

そして関係スタッフの皆さん、1ヶ月間、共に闘った共演者のみんなに心からの感謝を!

最高の作品、最高のカンパニー!!

みんなと板の上に立てて幸せでした!!!

(Twitter 2015/12/6 20:07)




僕にとって「君ファク」は、旅でした。

「救い」を探し求める旅。



12/4昼公演の後のアフタートーク・イベントで僕は

「救い」を見付けることが、この作品における自分にとってのテーマなんだと話しました。

千穐楽までに見付けたい。

皆さんも一緒に探しましょう!と。




では、心に大きな傷を持つファクター達に、果たして救いはあるんだろうか?




スモモは‥‥

最期、キャロットの顔を見て笑った‥‥

そして光に包まれた次の瞬間、キャロットの掌には、石になったスモモがいた‥‥

こんなスモモにも、救いを見付けてやることは出来るんだろうか?


IMG_6611edit800



‥‥きっと救いはあるはずなんだ。



ハーベストや

ウラオの連中にも

シードや

ユグドラシルにも

トウガ、パンプ、ナツメ

すべてのファクター達にも

非業の死を遂げたシイタ様にさえも

きっと救いはあるはずなんだ。



そして全員の救いを見付けることが

キャロットにとっての救いであり

僕の旅の終わりなんだ。



千穐楽までに見付けたいと思い

稽古期間中も、公演期間中も、ずっとずっと考えました。


舞台袖からステージを見て

「君は今、どんなことを思っているんだい?」

涙するユズに語りかけました

戦うサツマに問いかけました




しかし、そう簡単に見付けられるものではありませんでした。


だから、まだ旅は終わらない。





‥‥そう思っていました。





千穐楽の翌日、伊藤マサミ氏からこんな言葉を頂きました。


------------------------------------------------------------

キャロットを生きてくれてありがとうございます。

キャロットの優しさが、混沌としたS区の光になってました。

それこそが、救いです。

------------------------------------------------------------



壁の中の人々を見守るキャロット

全員の救いを見付けてやろうとするキャロット

その優しさこそが、救いだったんだ。


2015-12-04_125810(1)edit600



そんなキャロットの生き方が、彼らの心に光を届けるのならば‥‥

あのスモモの笑顔も‥‥



キャロットは、これからも壁の中に居続けることだろう。

あの壁がなくなるまで‥‥!


楠田敏之



toshiyuki_kusuda at 01:26|URLComments(1)││舞台 | 役者

2015年12月02日

【告知】舞台『君の瞳には悠限のファクティス』


進戯団 夢命クラシックス #19

君の瞳にはのファクティス

作・演出 伊藤マサミ

IMG_4468


2015年12月2日(水)〜6日(日)

新宿村LIVE

【タイムテーブル】
12月
2日(水) 18:30
3日(木) 13:00★/18:30
4日(金) 13:00★/18:30
5日(土) 13:00/18:30
6日(日) 12:00/16:00 (全9公演)

※★はアフターイベント開催予定です。
※4日(金)はDVD撮影が入ります。


【チケット代】
前売り 4,500円
当日  5,000円
※日時指定・全席指定

【出演者】
紅葉美緒/丸山直之

楠田敏之/鵜飼主水(ASSH)/波多野和俊/菊地創(bpm)/中島大地/林田寛之/佐藤歩/柳瀬晴日/儀間裕士/織田俊輝/朝比奈里奈/福地慎太郎

smc crew
芹澤良/舞原鈴/かおりかりん/伊藤マサミ


smc BRAVE
山田せいら/黒崎明音/窪田ゆうり/小夜/矢澤梨央

アンサンブル
高島大輝、石岡遼士、志村壮一郎

声の出演
柿原徹也

IMG_4469



楠田敏之

続き

toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(2)││舞台 

2015年09月29日

宍戸亮 ALiveも共に おめでとう!!


♪Happy birthday〜

   dear Shishido〜

      (*^▽^)/★*☆♪

宍戸!誕生日おめでとう!

楠田敏之
2015年9月29日




Twitterでは、そんな感じでお祝いツイートしました


皆さんからたくさんのリプ、そしてリツイートをして頂きまして

本当にありがとうございます!!


皆さんのお気持ち、きっと宍戸さんにも届いていると思います!!




今日は、宍戸の誕生日もさることながら

実はもうひとつの記念日でもあるんですよ!



2005年9月29日、宍戸亮デビューシングル『ALive』がリリースされて

今日で10周年なんです!


や〜めでたい!めでたい!!

皆さんのおかげです!!

本当にありがとうございます!!!



宍戸ファンの皆さんで『ALive』をご存じない方はいらっしゃらないのではないでしょうか

それほどまでに、宍戸といえば!な歌になってくれたこの曲ですが

10周年ということで、作曲した当時のことを思い返してみました



10年前といえばちょうど僕自身の音楽活動がスタートした時期で

4月3日に1stソロライブを行い

その場で8月24日の1stアルバムのリリースを発表しました



一方、月末(4月30日)に、大石秀一郎のシングルCD「TWO」がリリースされ

そのカップリング曲「い〜じゃないか」に宍戸はゲスト出演しました

そして翌月、5月14日に大阪で開催された発売記念イベントに

近藤孝之氏と共に、僕も出演したんです



その日、イベントの終演後、

松井プロデューサーさんから宍戸のデビューシングルについて正式にお話があり、

作曲についても候補曲としてエントリーしてみないかとオファーを頂きました



宍戸名義とはいえ、テニプリの公式ソングに変わりはなく

その作曲となると、楠田名義の作詞・作曲とは訳が違います

とてもプレッシャーを感じました


しかし、かねてから(ラジプリに出演する度に)「宍戸のデビューCDを!」と懇願してきましたので(笑)

「ようやくソロデビュー出来る!」という喜びの方が大きく

しかも、その記念すべきデビュー曲を作曲できるのならば!と意を決したのです



このイベントの夜は東京へ帰京せず

みんなと別れて浜松駅で途中下車、

実家に帰省したんです、なかなか帰る機会がないのでね



で、翌日、さっそく作曲に取り掛かりました

小さいころから弾いてきた懐かしのピアノに向かい、

両手でコードを弾きながらメロディーを鼻歌で‥‥

いいな!と思ったら楽譜に書き込む

これが、いつもの作曲方法です



そうして4曲、明るめの曲が出来ました(途中でやめた曲もありますが)

ただ、これは宍戸曲というより、楠田曲に近いイメージだったんですね


ここで発想を転換!


宍戸が何かに立ち向かっていく決意、力強さ

ここに焦点を当てた曲を作ってみよう


おのずと曲全体はマイナーキーとなります

宍戸の疾走感を表現するにはテンポは速く

象徴的なメロディーはシンプルに



こうして、まずサビが出来上がりました


続いてAメロ、Bメロを作ります

つまりサビ→Aメロ→Bメロ→サビという構成ですね

2コーラス歌った後に間奏があって、その後、いわゆるDメロがきます

それまでとはコード進行もリズムパターンも変えて、別の雰囲気にしたかったんですね

それを経てラストのサビを繰り返す


大雑把ではあるけれど、これで1曲完成です!

時計を見ると、わずか30分の作業時間でした(笑)


時間を掛ければ良いってものじゃないからね!

出てくるときには出てくるんです

自然に次のフレーズが湧いてきて

ほとんど苦労も悩みもなく完成したと記憶しています

裏を返せば、この曲は、早く世に出たがっていたのかも知れないですね



こうして出来た楽譜を自宅に持ち帰って

今度はパソコンを使って「デモ音源」として完成させます


この曲について松井Pさんに

「直球勝負で行きたい。」とお話したことがあって

松井Pさんも同じ考えでした


デモ音源というのは、アレンジャーさんに曲のニュアンスを伝える役割もあるので

直球勝負というストレート感を伝える必要があります


そこで、リズムは宍戸の疾走感を出すためにアップテンポに

全体を通してギターとオルガンが音を細かく刻んでいます

イントロや間奏、合いの手など要所要所にホーンセクション(管楽器)を使って宍戸の熱さを表現しました

曲が進むにつれてストリングス(弦楽器)を増やしていき曲に厚みを持たせました

こんな感じで、僕のイメージするなんとなくのニュアンスは込められたと思います



そして、このデモ音源をもとにアレンジャーの渡部チェル氏が編曲してくださいました

どう完成したかは皆さんご存知の通りです

僕の想像を遙かに超えるアレンジで、最初に聴いたときは非常に感動しました


さらに歌詞も、アレンジの熱さに負けない、むしろ融合してさらに宍戸らしさを強力に押し出していて‥‥


プロの方々の手によって作品がどんどん形になっていくその様を

まさに目の前で、リアルタイムで体感できたことは、

クリエイターの端くれとして、大変に貴重な経験をさせて頂きました


と同時に、これから歌を吹き込む覚悟というか、

責任のようなものを強く感じたのです



歌のレコーディング

さらにトロンボーンも吹いたり

ボーナストラックのあれこれ(?笑)

などなどは楠田の小部屋の10年前の発売日当日の日記に書きました!

さすがに臨場感ある熱く詳細な記事となっています(笑)

是非、合わせて読んでみてください!

ちょっとしたプレゼントも今日追加しましたよ

トップページ一番下の入口から入って、[Diary]→[2005]→[9/29]の記事です



今年の宍戸誕生日は、『ALive』10周年となりました!


10周年を祝えるというのは、実はとても驚くべきことだと思うんです


10年という長い歳月


支えてくださる皆さん、守ってくださる皆さん


多くの方々のお陰で宍戸 亮は生きています


まさにALiveなのです!




心からの感謝を、ここに‥‥



楠田敏之

2015年9月29日

toshiyuki_kusuda at 15:40|URLComments(11)

2015年09月26日

【告知】楠田敏之ソロライブ2015

2005年の1stソロライブ”haru”、1stアルバム『BLUE〜雲のように〜』リリースから10年!

音楽活動10周年を記念してソロライブを開催します!


楠田敏之ソロライブ2015
20150926LIVE

【日時】 2015年9月26日(土) 開場12時半、開演13時

【場所】 鹿鳴館(目黒駅から徒歩7分) 公式サイト

【出演】 楠田敏之バンド

【ゲスト】 花江夏樹
(二人で一緒に歌います♪)

【チケット】 前売り3,700円/当日4,200円(ドリンク代別)

【一般発売】 ターゲットeショップにて8/22(土)午前0時ご予約開始!(8/22以降に表示されます)

【特記事項】
- ご予約受付期間は8/22(土)〜9/11(金)です(定員到達で受付締め切り)

- 整理番号はご予約受付順となります

- ご予約が確定した時点でメール連絡が届きます

- ご予約ページに記載のご注意事項も併せてご一読くださいませ(8/22以降に表示されます)

- 本公演終了後、引き続き開催されます「MGPグループLIVE」もそのままご覧頂けます

【お問い合わせ先】
(有)ターゲット・エンタテインメント
050-3765-6209 (平日12時〜18時)



toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(9)││音楽人 

2015年08月25日

ありがとう! 今年も歳を 重ねられ


本日、8月25日は誕生日ということで♪

宍戸や長太郎の誕生日はよく祝うけど、ブログに自分の誕生日のことを書くのは久しぶりだね

昨年は書こうと思って結局書けなかったし(^^;



お陰様で、また一つ歳を重ねることが出来ました



これも偏に、いつも応援してくださる皆様、お世話になっている皆様、理解し協力してくれる家族のおかげです

本当に、本当に、ありがとうございます




人は生かされている

感謝の気持ちを忘れずに



いつも心掛けてきたつもりです

きっと、とうの昔に人生を折り返していて‥‥

そして今思うのは



恩返ししていきたい



これまで頂いたものがたくさんあって

だから、こうして生きてこられて

その感謝の気持ちを込めて

自分なりの方法で返していくには、いったい何が出来るだろう?


最近はずっとそんなことを考えています



1つ前の記事(こちら)に書いた通り

ファンクラブ楠田饅本舗は来年5月で11年間の活動を終了します

僕にとっては、ファンの皆さんと身近に接することの出来る場で

直接、お返しする機会でもありました

また、ファンクラブには入っていないけれど、ずっと応援し続けてくださっている方々もいらっしゃって

そういう方々もすべて含めて

何らかの形でお返ししていきたい



来年6月以降、新しいことに挑戦してみたいと思っています


どれ程時間が掛かってしまうかは分からないけれど

残された時間のことを思えば、出来るだけ早く形にしたい

自己表現者として、自分に出来ることを自分なりの方法で形にする


それが、僕に出来るお返しなのだと思っています



この先の数年は個人的な色々が大きく動くような気がしています

いや、動かさなければならないと思っています



幸い身体の調子は良くて

(細かい怪我や不調はたまにあるけれど)

まだまだ全力で行動する気力と体力があります



時間を大切に


繋がりを大切に


出会いを大切に


悔いのない人生を歩んでいきたいと思っています



そんな僕ではありますが

よかったら、今後ともお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます!



楠田敏之

2015年8月25日

toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(47)

2015年06月01日

心からの御礼、そして大切なお知らせ(追記しました)


皆様へ


今日はおめでたいことと、寂しいことがあって、久しぶりにブログを書きます


まずはおめでたいこと!



本日、6月1日、楠田敏之ファンクラブ【楠田饅本舗】は、発足10周年を迎えました!


2005年8月に1stアルバム『BLUE〜雲のように〜』をリリースすることになり、それに伴って、ファンクラブが6月1日に発足しました


あれから10年

多くのファンクラブ会員の皆さんと出会いました


といっても、会員さんは全国にいらっしゃるので、全員とお会いすることはなかなか難しくて、

少しでも楠田敏之と繋がっている証を、と思い、会員証の裏面の署名を、自分で書くことにしました


字はうまくないので、しかも失敗が許されない一発勝負なので、「素晴らしい!」という出来にはならないんですが(^^;

「これから応援ヨロシクお願いします!!」

という気持ちを込めて、皆さんのお名前を書かせて頂いています

入会して最初に届く会員証に僕の字があるというのは、お互いの心が通じ合う瞬間ではないかな〜と思って(^^)



会報は、ページ数は多くないけれど、紙であることにこだわっています

最近は会員限定サイトに記事を載せて会報としているファンクラブも多いですが、

手に取って読むことで、暖かさが伝わると思い、(準備は編集スタッフさんも僕も何日も徹夜して本当に大変なんですが(^^;)、冊子の会報を届けてきました

舞台やライブ、イベントの写真をふんだんに載せたレポートページ

毎回テーマに沿ったロング・インタビューのページ

会員の皆さんからの投稿のページ

などなど、読み応えのある紙面を心掛けて、一生懸命(必死に?)作っています



それから、これは僕の日課になっているのですが

会員の皆さんへのバースデーカード書きと発送


なかなかお会い出来ない会員さんと少しでも繋がりを持ちたくて、

年に一度の特別な日、誕生日に、バースデーカードを届けよう!

と思ったのが始まりです


オリジナルのポストカードを作って、その両面に手書きでメッセージを書いています

僕のサインはもちろん、お誕生日の方のお名前も、封筒のご住所やお宛名もすべて自分で書きます

これが誕生日に届いたら嬉しいだろうなぁと思って、

お誕生日に合わせて郵便ポストに投函!

仕事の兼ね合いで、たまに数日くらい前後してしまうこともありますが(^^;

(ほぼ)誕生日に届ける!

ということをモットーに、年中、郵便ポストに投函しています‥‥まるで逆郵便局員のようにww

いつもお手紙を頂いたりしますが、お返事を書くことが出来ないので、

そういうお礼も含めてお誕生日をお祝い出来たら嬉しいなぁ♪と思っています



それから、せっかくのファンクラブなので、直接お会い出来る機会も作りたい!

ということで、年に何度かイベントを催してきました


もっとも大掛かりなのが、一泊二日のバスツアーです

2005年は関東では熱海、関西では鳴門(徳島県)へ行きました

新宿から熱海、新大阪から鳴門へのバス車内もずっと会員の皆さんと一緒で、

たくさんトークをしたり、僕と一緒にカラオケのデュエットをしたり、ゲームをしたり、楽しく過ごします(^^)

そしてホテルに着いたら宴会です♪

大広間でみんな一緒にご飯を食べて、僕は歌ったり、トロンボーンを吹いたり、ラジオやネットTVの公開収録をやったり、ゲーム大会をやったり、豪華賞品が当たるビンゴをやったり

さらに夜には、各お部屋訪問

全員へサインのプレゼントがあったり、個別にお話しをしたり、

丸々二日間、たっぷり交流することが出来ます


2006年は舘山寺温泉(静岡県)へ行きました

僕の地元ですw

しかも新宿発→舘山寺温泉行きのバスと、新大阪発→舘山寺温泉行きのバスが同時に出発して、

関東の会員さんと関西の会員さんが、ほぼ中間地点である僕の地元で出逢う!という、

なんとも素晴らしい企画!!(≧▽≦)自画自賛ww

あ、僕の身体は一つしかないので、1日目は新大阪→舘山寺温泉、2日目は舘山寺温泉→新宿のバスに乗りました♪


2007年はまず夏の企画として、日帰りバスツアーを

関東は、それまでにリリースしたアルバムのジャケット撮影地を訪れるツアーで旧岩崎邸(都内)と城ケ島(三浦半島)へ

関西は、神戸ハーバーランドの観覧車に一緒に乗る企画!

僕と会員さん3名の計4人

結構な密室状態でしたw

ちなみに僕の身体は一つなので、全部で13回乗りましたねぇww

そして2007年秋のバスツアーは、関東は房総半島の小湊温泉、関西は京都&琵琶湖温泉へ


2008年夏の企画は

関東はアウトドアってことで、バーベキュー&群馬サファリパークへ

外でみんなで食べるのって楽しいし美味しいよね♪

関西はバスツアーではなくて、新幹線に乗るツアーを開催しましたww

僕が一番好きな新幹線0系(ツイッターのアイコンの写真です)が引退してしまう!

その前に、もう一度乗っておきたい!

という完全に個人的な趣味に、会員さんを巻き込んでしまいました(^^;

といってもそれだけではなくて、1日目は岡山・後楽園の花火大会、楠田による新幹線の講義ww、姫路のホテルに泊まって、2日目は姫路城観光など、盛り沢山でした

2008年の秋は関東が河口湖温泉、関西が紀州・白浜温泉へのバスツアー


2009年は関東が遊園地(八景島シーパラダイス)で一緒に遊ぶ一泊二日、関西が新選組ゆかりの地を訪ねる一泊二日


2010年が関東が那須温泉、関西が伊勢志摩温泉へ


2011年は日帰りバスツアーのみでしたが、名古屋に出来ましたリニア・鉄道博物館へ行くツアー!

はい、再び楠田の趣味全開の企画ですww

館内を50名を引き連れて、新幹線の車両の説明をして歩くという僕が至福のバスツアーでしたww


2012年夏は僕のバースデー企画ということでw

秩父鉄道のSL(蒸気機関車)に乗りに行くツアー!

の予定だったんだけど、SLが事故を起こしてしまい急遽、EL(電気機関車)に乗りに行きましたw

炎天下だったけどダムまでハイキングしたり、みんなで流しそうめん食べたり、楽しかったなぁ!

2012年の一泊二日バスツアーは石和温泉(甲府)へ

甲州名物ほうとうを手作り体験したり、武田信玄ゆかりの観光地を巡ったりしました


2013年はクリスマスの季節に、中華街と新江ノ島水族館へ日帰りバスツアー

中村太亮君がゲスト参加で丸一日、一緒に同行してくれました!


そして2014年は、伊東温泉(伊豆)と箱根へ一泊二日のバスツアー

陶芸の手作り体験、土をこねるのは童心を思い出しました(^^)




という感じで、この10年間で20回のツアーを開催してきました!

一泊二日の場合は1日目の朝から2日目の夜まで、本当に丸々二日間ずっと一緒なので、たっぷりお話が出来るんですね

まるで家族旅行をしているような気持になります♪



こういったツアー企画のほかにも、ランチパーティー(2006年)、アコースティック・ライブ(2009年、2010年、2012年、2013年)、居酒屋で忘年会パーティー(2011年)、バースデー企画で卓球大会(2014年)など、ファンクラブ限定のイベントを開催してきました


一つとして同じものはなくて、

すべてのツアーやイベントが、その時にだけ集ったメンバーで、その時にしか体験できないことで

一つ一つ、大切な思い出として心に刻まれています




これはどのファンクラブでも同様だと思うのですが、

ファンクラブの会員さんには、入れ替わりがあります

楠田饅本舗も、いま会員の方々だけでなく、多くの元会員さんがいらっしゃいます

上記のイベントのどれかに参加したよ!

という方の記憶の中に、楽しかった思い出として足跡が残っていたら嬉しいな



ファンクラブを持たせて頂けるというのは、本当に恵まれていることで、幸せなことです




しかし10年という歳月の積み重ねは、楽しくて幸せなことの連続である一方、出会いと別れの連続でもありました



楠田饅本舗の会員だった時間は、

楠田敏之と繋がっていた時間であって、


その方の人生の一部分を共有させてもらえたことは、

僕にとっての喜びです


共に歩んだ時間がいつまでも暖かなものでありますように‥‥



そして、こうして10周年の良き日を迎える事が出来たことに、心から感謝申し上げます


素敵な時間を、ありがとう。





以上が、ファンクラブ10周年のおめでたいこと、でした





そして今日書こうとしているもう1点の、寂しいことといいますか、

大切なお知らせですが‥‥



その楠田饅本舗を、あと1年で、閉じることにしました

僕の意思です



理由はいくつかありますが、

僕が次のステージに進むために‥‥というのが一番の理由です



人は限られた時間の中で生きていて、その時その時で状況が変わっていきます



10年という時間の中で、いくつかの転機もありました



そういえば、たまにお手紙で

「進学したらバイトをしてファンクラブに入会します!」

と書いてくださる学生さんがいて、

それならば、あと数年、頑張ろう!

と思いました

その学生さんたちが本当に入会してくれたのかは分かりませんが、

ファンクラブに期待してくれる声が、嬉しかった





10年間ファンクラブの活動を続けてきましたが、

(たぶんもう)人生を折り返していて、

この先をどう生きていくか考えた時、

新しい環境を構築しなければならない、という結論に至りました




ファンクラブ活動の今後を考えながら、

このまま続けるのが良いのか、

一度仕切り直すのが良いのか、

悩んだ末に、

新しい形で皆さんとお付き合いする方法を模索していきたいと思いました




とは言っても、10周年という大変におめでたい節目を迎えましたので、

このお祝いはしっかりやって、

これまでの10年間を感謝したい



ですからこの1年間は、今までと同じように、


いや、むしろ、今まで以上にファンクラブ活動をしっかりやって、


完全燃焼して、


1年後、来年の5月に、笑顔で楠田饅本舗を終えたいと思っています



寂しいことではありますが、

将来に向けた、前向きなことでもあります




‥‥もし、先程の学生さんのように

「楠田敏之のファンクラブに入ってみたかった!」

という方がいらっしゃるようでしたら、

あと1年ではありますが、

一緒に楽しみましょう!



それから、以前、楠田饅本舗の店員だった皆さん

「最後ならばもう一度‥‥」

という方がもしいらっしゃったら、気軽に再入会してくださいね(^^)

再会できるのなら是非ともお会いしたいし、

会えなくても、バースデーカードを書けたら嬉しいです♪

お待ちしています!



最後に、事務的な話になってしまい恐縮ですが

新規の会員さんの入会は、年内いっぱいまで受け付けしているそうです

今月から12月まで、ですね

入会月ごとに会費の額(月割り)が違ってきますので、

詳細はファンクラブ事務局にお問い合わせくださいませ

連絡先は楠田敏之オフィシャルサイトをご覧ください(^^)



長文にお付き合い頂き、どうもありがとうございました!

実は6月28日にファンクラブ限定のライブ・イベントがありまして、

今その準備作業の真っ最中です

10年前の楠田敏之1stソロライブ”haru”でしか歌わなかった、あの時だけの歌を再現しようと思い、

そのカラオケや映像の作製作業をしています

大変だけど、思い出に残るファンクラブ・イベントにしたいので頑張りますよ!!


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 18:11|URLComments(7)││楠田饅本舗 

2015年02月08日

9回目 「ZERO記念日」の ありがとう!


本日、2月8日は宍戸 亮デビューアルバム【ZERO】の発売記念日です!

2006年の発売から今日で9周年!

9周年だって!

9年!?

小学校に入学した子が中学校を卒業しちゃうよ!笑

そう考えると本当に長い年月だよね(^^)


そして、ありがたいことに、9年経っても宍戸ファンの皆さんが【ZERO】を愛してくださっている


あの1曲1曲が、きっと皆さんに寄り添って、「勇気」と「元気」と「やる気」を注ぎ続けてくれている


そう思うと‥‥

本当に、なんて幸せなことなんだろう!!!




全12曲(幻のバレキスを含めると13曲♪)をレコーディングしていた2005年末から2006年に掛けての約2か月間


今でも結構鮮明に思い出します


1曲1曲に思い出があります


レコーディングしながら、僕自身がパワーをもらっていました


あの曲たちには、そういう力がある




どんな顔で聴いてくれるかな?


楽しんでくれるかな?




そんなことを思いながら、レコーディングしていました


‥‥あれから9年


皆さんは初めて『ZERO』を手にした時のこと、覚えていますか?(^^)

曲を聴いていると、当時のいろんなことを思い出しちゃいますね♪




テニプリの公式イベントや僕の個人イベントなど、これまでに【ZERO】の曲を実際にステージで歌う機会がたくさんありました

これもありがたいことです


ただ、まだ歌っていない曲も何曲かあるんですね



今年は、そんなまだ歌ったことのない曲を歌って、そして1年後に、記念すべき【ZERO10周年】を迎えられたら良いなぁと思っています

なんて僕が勝手に思っているだけで、歌うためには関係各所からの許諾も必要なわけで(^^;

でも、とても寛大な方々なので、きっとOKを頂けることでしょう♪ (ね?Pさん!)



幸い【ZERO】は、カラオケBOXでも歌える曲が多いです

僕も気が向けば普通に歌いますw

是非みなさんも、ガンガン歌ってくださいね!

そして、気分を盛り上げて、【ZERO10周年】を迎えましょう!!




‥‥こんな、アルバムを毎年○周年!とかカウントしてるのって、もしかして僕くらいだったりするの‥‥かな?


毎年当たり前のようにやってきたけど、今ふと冷静になってしまいました(^^;


いや、決してほかに関心がないってことじゃないんだ!


ただただ、感謝の気持ちを伝えたいってことです!



宍戸 亮を生み出してくださった許斐先生、


活躍の場を与えてくださる関係スタッフの皆さま、


いつも応援して支えてくださるファンの皆さま、


そして、


宍戸 亮本人に。



僕はいつでも、これからも、彼と一緒に歩んでいきます



今後とも、宍戸 亮を、宜しくお願いします!!!



楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 04:46|URLComments(18)││テニスの王子様 

2014年12月17日

【告知】舞台『君の手には夢幻のファクター』

fact17

★平日オススメ!!★

進戯団 夢命クラシックス#17
君の手には夢幻のファクター

作・演出:伊藤マサミ

2014年12月17日(水)〜21日(日)

中目黒 キンケロシアター (中目黒駅下車、徒歩8分)

出演:
紅葉美緒、西島顕人

楠田敏之

鵜飼主水、山崎彩花、中島大地、高品雄基、大曽根敬大、船木政秀、林田寛之、儀間裕士、佐藤 歩、柳瀬晴日、朝比奈里奈

伊藤マサミ、太田達也、芹澤 良、かおりかりん、舞原 鈴

アンサンブル:紫月華練、村上菜央、豊泉史彬 ほか

スタッフ
舞台監督:木ノ下茄子、美術:宮坂貴司、照明:島田雄峰、音響:志水れいこ、効果:内野智子、衣装:伊予えーか・斉藤恵理、殺陣指導:PUMP×EARTH、映像製作:常光博武、ヘアメイク:茂木美緒、写真撮影・デザイン:圓岡 淳 ほか

公演日時
12月
17日(水) 19時
18日(木) 14時※、19時
19日(金) 14時※、19時
20日(土) 14時、19時
21日(日) 12時、16時
※はアフターイベントを予定

チケット:前売り4,000円、当日4,500円

楠田専用ご予約フォーム こちら







toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(0)││舞台 

2014年10月16日

【告知】舞台「蠅取り紙」



 20141016_600
N・A・S・Hプロジェクト 第二回公演
蠅取り紙
〜山田家の5人兄妹〜

作:飯島早苗、鈴木裕美

演出:側見民雄

2014年10月16日(木)〜19日(日)

ワーサルシアター(京王線八幡山駅より徒歩1分) 公式HP  

出演:久行敬子、永吉ユカ、角田紗里(B)、田中晶子(A)
ゲスト:野沢由香里、楠田敏之、居谷四郎、杉村憲司

スタッフ
照明:福田恒子、音響:井出比呂之、舞台監督:池北佳史、美術プランナー:YOMOGI、チラシイラスト:永吉リカ

公演日時
10月
16日(木)19時(A)
17日(金)15時(B)、19時(B)
18日(土)15時(A)、19時(B)
19日(日)13時(B)、17時(A)
※Aキャスト:田中晶子、Bキャスト:角田紗里

チケット:3,800円(全席自由席)

ご予約方法
※ご予約はメールのみとなります。
件名「チケット申し込み」
本文
〇疚
⊇蚕(郵便番号)
E渡暖峭
い幹望日時
ニ膺
θ考として「楠田扱い」とお書き添えください。

「ご予約メール」、「お問い合わせ」の宛先は N・A・S・Hプロジェクト nash-project-2013@willcom.com
まで!
ウラ_1403


楠田敏之

続き

toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(2)││舞台 

2014年09月29日

宍戸 亮! 今年もHappy Birthday2014(字余りw)


Happy Birthday!!

Dear Ryo Shishido!!!


今年も誕生日おめでとう!!


皆さん、いつも応援どうもありがとうございます!!


ツイッターでも速報しました通り‥‥


いつも信じて応援し続けてくださる皆さんへ、感謝のプレゼントです!!!






2014年12月10日(水)

























宍戸 亮 4thシングルCD

発売決定!!!o(≧▽≦)o






宍戸の誕生日ということで、松井Pさんから特別に‥‥嬉しいお知らせでした!!

まずはこのご報告を!

本文はこれから追記します(^^;

連日舞台の稽古などあってすぐには書き終えないと思うので、時間をおいてまたいらしてください♪



楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(15)││テニスの王子様 

2014年09月07日

お知らせ3本勝負!(2本目)


中村太亮
10周年アニバーサリー
バースデーイベント


9/21(日)18時開演
ザ☆キッチンNAKANO
出演:中村太亮
ゲスト:楠田敏之
アシスタント:海老原広規、川上慶子、菅野英樹
チケット:2,000円

ご購入はこちらの「予約フォーム」から!
 

楠田敏之



toshiyuki_kusuda at 22:30|URLComments(0)││友達☆彡 

お知らせ3本勝負!(1本目)


結成6周年だからなんかしちゃう日☆昼の部
〜ナルウザクスダ大人の東京散歩〜

9/20(土)10時〜15時半(予定)
東京メトロ浅草駅に10時集合
同行メンバー:川本成(未定)、UZA、楠田敏之
参加費:2,500円(施設入場料、チェキ1枚撮影を含む)

詳細およびご予約はこちらの「ご予約フォーム」をご覧ください!
※定員に達しましたので、これからのご予約は、キャンセル待ちとなります。


結成6周年だからなんかしちゃう日☆夜の部
〜ナルウザクスダの!公開収録Vol.8〜

9/20(土)18時開場/18時半開演
阿佐ヶ谷ロフトA 公式HP
出演:川本成、UZA、楠田敏之
ゲスト:大須賀純
チケット:2,000円
ローソンチケットにて好評発売中!
Lコード=31484
 

楠田敏之


toshiyuki_kusuda at 22:30|URLComments(0)││ナルウザクスダ 

2014年06月11日

1並び! D1記念日 おめでとう!


ん?なんだ?

「1並び」って?




今日は毎年恒例のw

氷帝D1記念日(非公認)です!!!(≧▽≦)




その11周年なんですね〜

2003年6月11日に宍戸亮&鳳長太郎【Brandnew Dyas】がリリースされて、11年が経ちました!

ね?

なんとなく「1」がたくさん並んでるでしょ?笑

ちなみに【W-rainbow】は2009年6月11日リリースだから‥‥5周年!

あんまり1並びではないねww




というわけで、今日は年に一度の〜

氷帝D1に出会えたことをみんなでお祝い出来ちゃう氷帝D1記念日です!



今週の「新ラジプリ」内でのリクエストコーナーで『Brandnew Days』がかかりましたね♪

リクエストどうもありがとうございました!



これさ、僕だけかな‥‥?



まぁ僕だけだと思うんだけど、



あのイントロが聞こえるとさ、涙がじんわり溢れるんだよね。



なんだろうね。



不思議だね。



やっぱり、いろんな想いがあるからかな。




でも、思い出が浮かんでくる訳じゃないんだよね。



思い出はいっぱいあり過ぎて思い出し切れないし(笑)




だから、そういう一つ一つの思い出が、とかじゃないんだけど、あのイントロが聞こえると‥‥



じわっと来る。





11年間の想いが体に染み付いてるんだよね、きっと。



あのイントロを聞くと、まるで条件反射のように、その時その時の感情が一気にぶわっと押し寄せてきて。




涙が出る。




『Brandnew Days』

そんな曲とめぐり会えたことに、心から感謝です。





昨年の6月11日の記事を読み返してみたら、こんなことが書かれていました。


「もし機会があれば、もう一度長太郎と一緒に歌いたいなぁ♪」



願っていたその夢は、昨年9月、日本武道館でかないました。


本当に嬉しかった。


「ちゃんと歌わなきゃな」って思いました。


氷帝D1ファンのために。




この曲は本当は、歌い始めが宍戸で、次に長太郎なんだけど、「テニフェス2013」では、たぶん「共鳴」のトータル時間の関係(?)で、冒頭の宍戸がカット、長太郎のフレーズからというアレンジになりました。

ただでさえリハに参加出来ていなかった浪川ちゃんに、いつもと違うことというのは‥‥

いや、もし僕が逆の立場だったら、相当歌い難いはずなんです。

イントロからのいつもの時間経過があって、自分のフレーズが来る、みたいな、無意識に時間の感覚が出来ているから。

そのリズムが狂ってしまう恐れがある。

実際、冒頭の宍戸がなかったことで、体内リズムをリセットすることになかなか慣れませんでした。



だから、実はちょっと心配でね。


あからさまに心配そうな顔はしていないと思うけど、ちょっとドキドキしながら自分の番を待っていました。


もしも‥‥


もしも万が一何か起こったら咄嗟にフォロー出来るように、心の中で一緒に歌って、マイクもスタンバってました。



‥‥あ。



なんか、あれだね。



これって、ダブルスだね。




僕らはあのステージで、ダブルスをやってたんだね。




「テニス」と「歌」という違いはあるけれど、これもダブルスだよね。




そういえば、衣装もダブルスだったし。




ちなみに、あの衣装は自前じゃないですよ。

衣装さんがわざわざ揃えてくださったんです。

燕尾服だけじゃなく、シャツも、蝶ネクタイも、アクセサリーもすべて。




びわ湖ホールは宍戸一人だったから、

「宍戸は燕尾服なんて着て〜」とか思われてるんじゃないか?とか

タキシードで『Now≠Then』みたいな硬派な歌を唄っちゃうの?とかね。

ちょっと仰々しいかもなぁ‥‥

なんて正直、若干恥ずかしさもありました。←今だから言っちゃうけど



でもこの衣装の真意は日本武道館にある。

ダブルスが揃った時に本当の意味が伝わる。

と思っていたので、そんな雑念は撥ね退けて、『Now≠Then』はベストパフォーマンスを目指しました。

なんたって、2010年のリリース以来、初めて歌う機会だったからね。



作曲する時って、頭のどこかで、実際に歌っている自分をイメージしてるんですね。

「ステージではこうやって歌うんだ」って。


レコーディングの時の歌は、実は未完成なんです。


これは僕の持論ですが、

「歌は人前で歌って完成するもの」だと思っています。



まさに『Now≠Then』は、びわ湖ホールで歌ったあの瞬間、完成したんです。

そんな大切な場に居合わせてくださった皆さんと、歌う機会をくださった方々に、心からのお礼を。



さらに歌は成長し続けます。

歌えば歌うほど、深みを増し、真の姿に近付きます。

だから機会があれば、もっともっと歌いたい。

聴いて欲しいです。



同じように、宍戸と長太郎のデュエット『Brandnew Days』『W-rainbow』も、皆さんに聞いて頂くことで成長します。

また一緒に歌う機会がやって来ることを信じたいと思います。





さて、いよいよ、7月9日に氷帝アルバムTHE PRINCE OF TENNIS HYOTEI SUPER STARSが発売されますね。


宍戸のソロ曲『愛してるぜ!』は作詞・作曲をやらせて頂きました。


かなり初期の段階で

「作詞と作曲、どうしますか?」

と尋ねられまして、二つ返事で「両方やります」と答えました。



誰もが待ち望んでいた学校別アルバム。


絶対に、メモリアルな作品になると思ったんです。


だったら、宍戸の歌は、今までの想いをすべて込めたい。


そのためには、自分で作るしかない。

と、僕は考えました。




プロの作詞家さん、作曲家さんにはどう足掻いたって敵わない。

それは百も承知。

メモリアルなアルバムだから、クオリティの高い楽曲の方が良いのかも知れない。

そんな思いも過ぎりました。



しかし、自分で伝えたかったんです。

出来るとか、出来ないとか、そんなことではなくて、

選択肢は、やるしかない、だけでした。



愛情はめいっぱい、しっかり詰め込めたと思います。

宍戸 亮という人物が歌うキャラソンという制約の中で、ここまでは、というラインを見極めつつ作ったつもりです。


作家の端くれとしては、やれるだけのことはやりました。

制作に携わってくださったスタッフの皆さんも、全力を尽くしてくださいました。

あとは‥‥



宍戸がどう歌ってくれるか。




僕は、宍戸の歌を信じているので、自信を持って、宍戸ファンの皆さんにお届けしたいと思います。



歌の最初から最後まで、込めた想い。

受け取って頂けたら嬉しいです。




そして、松井Pさんがメッセージに書いていたこと‥‥





実現して欲しい!




本当に!!




だってさ、そのために作ったんだから!!




みんなで実現させましょう!!!




一人が出来ることは小さなことだけど、


みんなの力を集めれば、大きな力になるよね!!!!






氷帝魂


見せてやろうじゃねぇか!!!!!



楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 04:49|URLComments(15)││テニスの王子様 

2014年05月23日

取り急ぎお祝いを!

私信です。ファンクラブ楠田饅本舗店員さんのお誕生日が5/23の皆さん。各種作業が集中している為、バースデーカードの発送が本日午後になってしまいます。数日中には届くと思いますので、もうしばらくお待ちくださいませ。まずはこの場を借りて、お祝い申し上げます。

お誕生日、おめでとうございます!!

楠田 若旦那(!?) 敏之

※ お誕生日の1週間を過ぎてもカードが届かなかった場合は、お手数ですがFC事務局までご連絡ください!



toshiyuki_kusuda at 05:04|URL

2014年02月08日

8回目 「ZERO記念日」の ありがとう!

 


本日、2月8日は宍戸亮デビューアルバム【ZERO】記念日です♪

2006年の発売から8周年!

渾身の12曲を聴いて寒さなんか吹き飛ばせ!!

初回限定盤のボーナスDISCには、宍戸のバレキス(with氷帝学園中!?)も収録されてるよ〜

デューワ♪デューワ
(*^□^*)
2/8 20:06


昨年と同様、Twitterは流れてしまうので、ここにコピペしておきます



先日、車を運転しながら、久しぶりに『ZERO』を聴きました。



不思議と涙が出そうになりました。



今までとは違うところが刺激されて‥‥





それが何故なのかは分からないけれど、心のどこかにスッと入ってきた感じがしました。





同じ歌でも、そうやって、感じ方って変わるんですね。



宍戸の歌は、気持ちを前に向かせてくれます。

本当に、ありがたい。

 



今でもたまにライブで歌わせてもらっています。

昨年は3月のデビュー10周年記念ライブで「Friendship」を初めて。

11月の伊藤賢治氏とのコラボライブでは「GEKI-DASA DAZE!!!」を生バンドで。

ミュージシャンの皆さんからもとても評判が良いのです


これからも、大切に歌っていきたいと思います。


楠田敏之

続き

toshiyuki_kusuda at 23:45|URLComments(6)││テニスの王子様 

2014年01月01日

【謹賀新年】

明けましたね!2014年!!

今年の目標は『毎日6時間寝るw』

もう一つ!

『九州初上陸!』(昨年から引き続きw)

目標は高いほど良いのだ!!

本年もどうぞ
宜しくお願い申し上げます。
(m'□'m)

楠田敏之
2014年1月1日

toshiyuki_kusuda at 00:01|URLComments(15)

2013年11月23日

【告知】松井ちゃんイベント2


例によって唐突ですが(笑)

5月に続いて、また松井ちゃんトークイベントが開催されます!

松井ちゃんAGAIN!!!(笑)

今回は出演者が増えて、とっても豪華ですYO☆

いや、実はこの出演者達が集められたのには理由があるのです‥‥


世にも恐ろしい黒歴史‥‥


たぶんイベント当日、明かされてしまうことでしょう(笑)



本日このあと24時から、27日(水)23時59分までの5日間、ご予約を受け付けます

もし定員を超えるお申し込みがあった場合は抽選となりますので、慌てずにご応募くださいね



楠田敏之 

続き

toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(5)││友達☆彡 

2013年11月22日

【Weekly若旦那!】No.046


楠田饅本舗店員の諸君!ご機嫌よう!

若旦那ですww続き

toshiyuki_kusuda at 18:00|URL││楠田饅本舗 

2013年11月04日

【告知】ライブやります♪(追記しました)

昨年12月の「FIRST CONTACT」が大好評につき、

またまたライブをやっちゃいます!


2013年11月4日(月・祝)
 

楠田敏之×伊藤賢治 LIVE 2013

- SECOND CONTACT -


 
* * * * * * * * * * * * * * *(追記しました↓)
当日精算によるチケットご予約方法

[1] 電話にてご予約:江古田Live in Buddy( 03-3953-1152 )※15時以降

[2] メールにてご予約:harmonics online shop( shop@harmonics.shop-pro.jp )

件名「11/4ライブチケットの予約」
本文
1.チケット枚数
2.氏名(フリガナ)
3.住所
4.電話番号
(注)携帯電話のメールアドレスをご利用の場合は、shop@harmonics.shop-pro.jpからのメールが受信できるように設定してください。
* * * * * * * * * * * * * * *(追記しました↑)


ゲーム音楽クリエイターの伊藤賢治氏とコラボしちゃいます!

伊藤賢治と言えば、ほとんどの皆さんがご存じでしょう!

『ファイナルファンタジー外伝 聖剣伝説』、『ロマンシング サ・ガ』シリーズ、『サガ フロンティア』、『パズル&ドラゴンズ』などなど数多くのゲーム作品の音楽を作曲なさっています!

そんなイトケン氏と!

再び!

ガッツリ音楽しちゃいます!!

僕のオリジナル曲を歌ったり演奏したり、イトケン氏のゲーム音楽を演奏したり

さらには、スペシャルな企画もあります!!

特に今回はROCK推しでいきますよ!!!

ガンガンいきますよ!!!

大人のロックサウンドに身を任せてください!!!



詳細は公式サイト(こちら)をご覧ください

楠田敏之



toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(4)││音楽人 

2013年09月29日

ミュージカル『テニスの王子様』拝見!


宍戸の誕生日である本日、

ミュージカル『テニスの王子様』

全国大会 青学vs氷帝 (凱旋公演)


を拝見しました!



もともと、この凱旋公演には伺いたいと8月から思っていて(スタッフさんにも相談していました)

テニフェス本番が終わってから‥‥

とタイミングを見計らっていたんだけど

結局、千穐楽の今日、ギリギリで伺うことが出来ました。



本当はね、馬場良馬君も一緒に、なんて言ってたんだけど

彼は今30-DELUX『デスティニー』の稽古の真っ最中ということで〜

またいつか!



内容については皆さんよくご存じだと思いますので敢えて触れませんが、

僕もアニメで演じたことがある全国大会、青学vs氷帝戦をミュージカルで観るという、

最初はちょっと不思議な感覚でもありました。テニミュは初めてじゃないんだけどね(^^;



しかし試合が始まってしまうと、そんなことは関係なくなり、

というかむしろ別ものとして、

純粋に作品に引き込まれていきました。



僕がもっとも注目していたシーンはやはり

宍戸&鳳vs大石&菊丸のダブルス1の試合でした。

そりゃそうだよね



ツイッターにも書きましたが、

特に試合終盤、シンクロの辺りからはなぜか涙が‥‥。



どちらのチームも背負っているものがあって、

相手チームと真っ向勝負している。

時々語られる熱い想いと、スピード感溢れる演出。

怒濤のように感情が入り乱れ、

あと1球で勝てるはずの氷帝なのに、なぜか追い詰められている。

青学が決めるかっ!?

と思ったその時、菊丸が大石の腕を止めていた‥‥。




時間が止まったような、静寂。




アニメで演じた時もゾクッとしましたが

ミュージカルでもやはりこの瞬間、身体の中を何かが通っていきました。

そして宍戸の

「てめーら、何故打たなかった!?」

の台詞で、さっきまでの異次元から現実世界に引き戻される。



この流れ‥‥



本当に秀逸です。



見事な演出、演技でした。

僕が宍戸役だからということを抜きにしても、

今日、もっとも心が揺さぶられた試合でした。



これもツイッターに書きましたが

3代目宍戸役の桑野晃輔氏の宍戸は、「完璧」という形容が相応しい。

つまりどういう事かというと、

彼の一挙手一投足すべてが宍戸だったんです。

自分の台詞を言っている時や、試合をしている時は当然として、

僕が観ていたのはそれ以外の時間です。

氷帝チームのベンチに居て、チームメイトの試合を見ている時、

姿勢も仕草も、すべてが宍戸そのものでした。

もちろん歌っている時も、走っている時も、すべて。

完全に「なりきる」とは、こういうことなんだ。

それを彼は体現していました。

だから、「完璧」と表現したんです。



なるほど、役を突き詰めていくと、ここまで行けるのか。

素晴らしいものを見せて頂きました。



終演後、楽屋に行って、その感動を伝えました。



実は桑野氏とは今回が初対面。

楽屋を覗くと、鏡越しに彼と目が合って

瞬間、僕だと気付いてくれて、

なんだか二人ともハイテンションのまま、初めましての挨拶と握手をw



以前から会いたいと思っていたので、とても嬉しかった。

彼も同じことを言ってくれました。



そしたら急に

「お誕生日おめでとうございます!」

と、お辞儀をされて

勢いで僕も同じことを‥‥

端から見たら、誕生日を祝い合う二人になっていたことでしょうw



その後、写真を撮りたいと言ってくれて、もちろん快諾です。

僕もそう思っていたのでw



その写真は彼のツイッターに、いち早くアップされました。

ので、皆さん既にご覧になったことでしょう。

続いて僕の携帯でも。

最初は普通に、といってもちょっと変化を付けて、ゲンコツを合わせる感じのポーズで撮りました。

そして

「もう一枚!」

と言って、おもむろに鞄から、「あの」氷帝タオルを取り出しました‥‥。



そうです!

武道館では許斐先生が手にしてくださった、あの氷帝タオルを!

今日、宍戸の誕生日に初対面を果たした、その記念として!




201309291553001edit640

ダブル宍戸ハッピーバスデーバージョン!wwww



これがね、昨日からやってみたいなぁと思っていたことでした。

皆さんへのもう一つのプレゼントね




公式ブログの写真も撮り終えて、

「それでは〜」

と言おうと思ったら彼が突然、楽屋を覗いて

「迅!ちょっと!」

そして「長太郎役の〜〜」と紹介してくれたんですね。

これは予想もしていなかったことで、大変に驚きました。

と同時に、非常に嬉しかったです

なんだか急にお客さんになったような気分になりましたね〜

思わず

「一緒に写真撮りましょう!」

と言っていましたwww

この時にはもうスタッフさんも居なかったので、いつものアレです!



自撮りーーっ!!



というわけで、思い掛けずスペシャルプレゼント!!!



「宍戸&長太郎に挟まれる宍戸」という超レアな3ショット写真です!



201309291600000edit500

二人とも、とても誠実で爽やかな青年でした!

また今度、ゆっくり話をしたいなぁ!



あ、そうだ。

別れ際に桑野氏からあるリクエストをされました。

それが何だったかは、いつの日か、ご本人から聴いてくださいwww

とにもかくにも!

ミュージカル全73公演、本当に本当に、お疲れ様でした!!!!!





というわけで、宍戸の生誕祭2013は、ちょっぴり寂しいけど、あと2時間半ほどで終了となります。

昨年は、当日にカラオケイベントをやって、「ALive」を吹いたり、歌ったりという、ある意味スペシャルな誕生日でしたが、

今年はたぶん、今まででもっともスペシャルな誕生日だったような気がします。

これも偏に、宍戸を愛する皆さんが、いつも支えてくださるおかげです。

本当に、どうもありがとう!!!

また来年も、どんな形であれ、お祝い出来たら良いですね!



楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 21:27|URLComments(10)││テニスの王子様 

宍戸亮!今年もHappy Birthday!! (ちょい長w)


HAPPY BIRTHDAY!

Ryoh Shishido!!

15歳の誕生日おめでとう!!



ツイッターのリプなど、毎年たくさんのコメントを頂きまして、本当に有り難うございます!

皆さんからのお祝いコメントを読んで改めて、宍戸という人間の偉大さを感じています。



ご存じの方は多いと思いますが、

僕が宍戸と出会ったのは11年前の2002年、

まだ養成所でレッスンを受けていた頃のことでした。



「週刊少年ジャンプ」に連載されていた原作も、

前年秋から放送が始まったアニメさえも存在を知らず、

オーディションを受けることになって初めて『テニスの王子様』のコミックスを読みました。



ただこの時は、不動峰中の橘役のオーディションを受けたんですね。

結局、橘役は、当時同じ養成所に通っていた川原君が採用となりました。



それから数ヵ月後、今度は宍戸のオーディションを受けることになり、

そこでようやく宍戸と出会うことになります。



オーディション原稿は、コミックス第9巻Genius77「第1シードの氷帝学園 ダークホースの不動峰 」の台詞。

奇しくも橘との試合のシーンでした。

後輩に対しては威圧的、橘に対しては挑戦的で高飛車。

自分の考えが絶対で、スポーツマンシップの欠片もない。

案の定試合に負け、氷帝レギュラーの座を失う。

そんなシーンでした。



これからオーディションを受けるキャラクターなのに、

到底好きになれる人間性ではありませんでした。

それでも、養成所に通う生徒とはいえ、役者の端くれ、とにかくその気持ちになろうと努めました。



宍戸の決め台詞でもある『ダセェな、激ダサだな』は、その時に湧いてきた気持ちをストレートに発したもので、現在でもあの時の『激ダサだな!』とまったく同じです。

言ってみれば、偶然に生まれたニュアンスでした。いや、もしかしたら必然だったのかもね。




しばらくして、オーディション合格の知らせ。

初めてオーディションに通った喜びはありましたが、

ただ、原作に宍戸の登場はほとんどなく、人格を掘り下げることが出来ない‥‥

というか、レギュラー落ちしたんだから、もう出番はないのでは?

せっかくオーディションに受かったのに‥‥

(テニスの試合を演じたいんだ!!!)

という強い気持ちとは裏腹に、非常に困惑し、半分諦めてもいました。




そんなある日、宍戸がジャンプに再登場したと、川原君が教えてくれたんです。

それがあのGenius121『宍戸再び』でした。



宍戸が、復活‥‥‥。



まさかの展開に驚いたのは言うまでもありません。

そして関東大会に長太郎とダブルス1として出場。



(ということは、試合のシーンを演じることが出来る!?)



にわかに期待が高まり、ジャンプの切り抜きを片手に、どう演じようかと台詞を声に出して読んでみたり、そんなふうにワクワクしていたのが、いま思い返せば本当に懐かしい。



迎えた2002年4月4日、この日収録した第29話が、僕の人生における初めてのアフレコでした。

その時のエピソードは色々なところでしているので割愛して‥‥

第36話を経て、第54話。

原作でいう『宍戸再び』のシーンです。


(テニスの試合を演じたいんだ!!!)

という、あの時の自分の気持ちと、

(お願いします!自分を使ってください!!!)

と土下座して懇願する宍戸の気持ちが重なって‥‥


気持ちいっぱいに演じました。




そしていよいよ、関東大会の第57〜59話。



この頃になっても、アフレコはまだ初心者同然で‥‥

特に57話の登場シーン。

「気合い入れて応援しろ!アホ!」の一連のシーンですね。

いま見ると本当に恥ずかしい‥‥

出来ることならば録り直して頂きたい(^^;出来ないけどね!



長太郎との血の滲むような特訓(回想シーン)は第58話だったかな。

宍戸が登場する中でも屈指の印象的なシーンですよね。

余談ですが実は、キャラソン『Now≠Then』を作曲する時にイメージしたシーンでもあります。

そうしたら作詞のUZAさんが、サビに

「♪何度でも 何度でも 這い上がってやるさ」

と打ち合わせもしていないのに歌詞を付けてくださって、とても感動したのを覚えています。

そんな事もあって、テニフェス2013(びわ湖ホール)では、万感の思いを込めて歌いました。




さて、続く第59話で、宍戸・鳳の氷帝D1ペアは、乾・海堂ペアに勝ちます。

勝った後、榊監督からの

「満足いく試合ができたか?」

の問いに宍戸は

「‥‥いえ」

と答えます。



そう。

これが、宍戸なんです。

どん底から這い上がってくる不屈の精神、勝ってもなお、さらなる高みを目指す向上心。

特訓を経て、髪を切って、まるで生まれ変わった宍戸は、人間的にも飛躍的な成長を遂げました。

これが、宍戸の最大の魅力なのだと僕は思っています。

だから、CD『Brandnew Days』のボーナストラックに、試合直後の二人を描いてみたくなったんです‥‥。





何が言いたいかというと

そんな宍戸を生みだして、描いてくださった許斐先生に、心からの感謝の気持ちを伝えたい!

『ペアプリvol.10』の中で

「長年描く中で、描き方に変化はありましたか?」という質問に対して許斐先生は、

「宍戸は、いい奴になってきたかな。最初は口の悪いチンピラみたいな奴だったんだけど‥‥楠田君がいい人すぎて(笑)。人の頑張りは評価する奴だし、今は嫌な部分が取れていい兄貴分になったね。」

と答えてくださいました。




本来、キャラクター(登場人物)が役者の人格に影響を受けることは、ありません。

稀に舞台の脚本など、「当て書き」といって、役者ありきでキャラクターを設定する場合は、その役者の持ち味が最大限発揮されるようにキャラクターを描きますが。

もちろん宍戸は前者ですし、最初は「口の悪いチンピラ」みたいな奴だったわけで、僕の人格にも近くありません(笑)

実際、初めての収録時には、制作スタッフさんから「チンピラ風に」とわざわざ指示がありましたし(笑)



それがいつの間にか、宍戸の人格に多少なりとも影響を及ぼすようになってしまった‥‥。

正直に言うと、「困ったなぁ」というのが、先生のコメントを読んだ時の最初の感想です。

やはりキャラクターというのは、作者の頭の中で100%描かれるべきもの、と思っていましたので。




ただですね、許斐先生がそうおっしゃってくださることは、素直に嬉しいんです。

20.5巻で

「キャラソンのショートストーリー有り難うございました。これからも宍戸を頼みます」

という言葉を頂いた身としては、大きな責任を感じています。

なぜならば、僕が宍戸として生み出すものは、ショートストーリーであれ、キャラソンであれ、宍戸の人格を形成する要素の一部になる可能性が高いから。

僕は許斐先生が描く宍戸をベースに、役者として感じた宍戸の人間像を、作品という形にしているつもりです。

それが正しいか、正しくないかは個人の感じ方なのですが、とにかく、

その結果、ほんの少しでも許斐先生にフィードバックされて、先生の描き方に変化があったのなら、これはちゃんとした過程を経たものであって、僕が困るようなことではないのだろう。

という結論に至りました。

許斐先生に初めてお会いしてからの11年間という長い歳月と、許してくださる許斐先生の度量なのだと思っています。

だから僕は、許斐先生に最大限の感謝を感じずにはいられないのです。




実は今日、いつも宍戸を応援してくださる皆さんに、心ばかりのプレゼントがあります。

先日(9/21)のテニフェス2013(日本武道館)の日、僕は先生にひとつのお願い事をしました。



8日後に宍戸の誕生日がやってくる。

許斐先生と宍戸ファンの皆さんと僕も、みんなで一緒に誕生日を祝えたら、こんなにハッピーなことはない!



そこでまず楽屋で、「Happy Birthday!! Ryoh Shishido!!」とグッズの氷帝タオルに書きました。

それから本番1曲目の『テニプリFEVER』を歌い終えて、

楽屋に戻っていく許斐先生に声を掛けたんです。





一緒に写真を撮って頂こうと思って。





次の日曜が宍戸の誕生日であることをお話すると、先生みずからそのタオルを持ってくださってね。

嬉しかったなぁ!!

で、いざ撮影をと思ったんだけど‥‥

他に誰もいない‥‥

廊下に先生と2人きりw

だから自撮りですよww

緊張しましたねぇ〜

練習なしの1発勝負だから。

んで、その写真がこちら!

201309211746000edit388

アングルはバッチリでしょ!

だけど、ちょっとピンボケになってしまった(^^;

その場で確認した時は、ピンボケまでは判別出来なかったんだよね〜緊張してたしww

しかも

(このくらいの角度で良いかなぁ‥‥?)

とか思いながら撮ってるから、僕の間抜け面www




でも良いのです!

1分足らずの、ほんの一瞬の出来事ではあったけれど、こうして先生と宍戸の誕生日を祝うことが出来たのだから!

そして、この写真をご覧になった皆さんが、許斐先生と一緒に宍戸を祝うことが出来ると思ったから!




どうかな?そんな気分になってもらえたかな?




ちなみにこのタオル、武道館の夜の部で、実際にステージ上で使いました。

9千人近い観客の声援を浴びて、まるで全員が宍戸を祝ってくれているように感じました。




‥‥‥というわけで、今年はなんだか、随分と長文になってしまいました(^^;

まぁ、たまには、ね(笑)

実は今日は、ほかにもプレゼントを考えているんですよ〜

‥‥でも、どうかな?

想像通りにいくか分からないけど(^^;

うまくいくと良いなぁ〜



それはさておき、アニメ『新テニスの王子様』は続編の製作が決定しました!

宍戸の出番がどうなるのかは、僕には分かりませんが、

いつも応援してくださる宍戸ファンの皆さんがいるから、僕は安心して宍戸を演じ、歌うことが出来ます。

今後、1回でも多く宍戸として皆さんの前に立てるよう最大限努力しますので、どうぞ力強い応援を、宜しくお願い申し上げます!!!!!


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 02:35|URLComments(42)││テニスの王子様 

2013年09月14日

【告知】舞台ゲスト出演


舞台にゲスト(DAILY CAST)出演することとなりました!
10月14日(月・祝)です!
是非是非いらしてください!!

ツラヌキ怪賊団 Third Navigation
『ねぇ、ヒルガオが咲いてるよ。』

【会場】池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER
【日程】2013年10月9日(水)〜14日(月・祝)
【チケット料金】※前売・当日共に全席指定(税込)
◆前売 4,200円
◆当日 4,500円
◆学割 3,500円 ※枚数限定、要学生証、前売のみ。
◆遠方 3,500円 ※枚数限定、前売のみ。対象は東京・神奈川・千葉・埼玉以外の地域。
◆平日昼割 3,500円 ※10日(木)、11日(金)限定。
 【楠田専用ご予約フォーム】
http://ticket.corich.jp/apply/47861/128/
※銀行振込後、オリジナルチケットを郵送いたします。
 

作品の詳細は「続き」にて〜


楠田敏之


続き

toshiyuki_kusuda at 10:00|URLComments(0)││舞台 

2013年06月30日

【告知】カレンダーはじめましたww

宣伝用3枚2_1000

今年も作ってしまいました!

楠田敏之オリジナルカレンダー!!



先日開催されました「デビュー10周年ライブ」の写真がとても素敵だったので(←自分で言うなw)

思わずカレンダーを作ってしまいました!


もちろん100%楠田デザインです!

今年も頑張りました!!(≧▽≦)


いや、でも昨年の苦労があったので、今年は効率的に作れるよう色々と工夫しました♪

と言いながらやっぱり何日か徹夜でしたが



今回も全体のレイアウトはもちろん、数字や文字の配置などすべて、まっさらの白紙にゼロからデザインしました。

でもその甲斐あって、自分としては実用性重視の3拍子揃った

使いやすい!

見やすい!

なんか良い!w

カレンダーに仕上がりました!



痒いところに手が届く(!?笑)渾身の力作です!!!!


ご注文は【ターゲットeショップ】(こちら)にて


直筆サインなどのご購入特典(6/30ご予約分まで)は「続き」をご覧ください〜♪


楠田敏之


続き

toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(4)││デビュー10周年記念 

2013年06月19日

お知らせ〜

私信です。ファンクラブ楠田饅本舗店員さんの6/1〜21がお誕生日の皆さん。新デザインのバースデーカードが完成し、昨日発送しました。数日中には届くと思いますので、もうしばらくお待ちください!!


楠田 若旦那(!?) 敏之

※ 本日から1週間を過ぎてもカードが届かなかった場合は、お手数ですがFC事務局までご連絡ください!



toshiyuki_kusuda at 08:55|URL││楠田饅本舗 

2013年06月11日

おめでとう! 氷帝D1 ありがとう!


本日6月11日は‥‥

氷帝D1記念日


です! しかも

10周年!!(≧▽≦)

 

です!!

おめでとう10周年!!

ありがとう10周年!!! パチパチパチパチパチ



2003年6月11日に、

Shishido_01_BrandnewDays宍戸 亮&鳳長太郎のデュエットCD

Brandnew Days 

が、発売されました。

渾身のボーナストラックも収録されていますねw

そしてそのちょうど6年後の2009年6月11日に

Shishido_06_W-rainbow宍戸 亮&鳳長太郎のセカンドCD

W-rainbow

が、発売されました。

こちらは『Brandnew Days』のアンサーソングです。

しかも、宍戸のソロ曲『Enemy』と長太郎のソロ曲『雨は囁きのカノン』も収録!

もちろんボーナストラックもww




まぁそんな発売日を勝手に氷帝D1記念日なんて言ってお祝いしていますが(^^;

そもそも6/11を設定したのは松井Pさんなわけでw(なぜ6/11なのか、いつか聞いてみたい)

そう考えると感謝ですよ!ww



ちなみに10年前、『Brandnew Days』について「楠田の小部屋」の「Diary」ページ(ここここ)でコメントしていますが‥‥


なんだか初々しいですね(^^)

そりゃね、デビューして1年しか経っていないし、

生まれて初めてのCDだったし、

オリコンに自分の歌が(宍戸だけどw)チャートインしたのももちろん初めてだったし、

いろんな事に感激して、

嬉しくて、

感謝の気持ちでいっぱいで。



まさか10周年を祝うことが出来るなんて、当時はこれっぽっちも思っていなかったけど、

でも現実にこうしてお祝い出来て、

なんといいますか‥‥

こんな幸せな人生を歩めて、

本当に有り難い気持ちでいっぱいです。



宍戸との出会い、

許斐先生との出会い、

松井Pさんとの出会い、

テニプリを支えるスタッフさんやキャスト陣との出会い、

そして応援してくださる宍戸ファンの皆さんとの出会い。


数えきれない程たくさんの出会いがあって、今があります。




『♪君と走った季節は いつまでも色褪せない』



この歌詞のように、この先もずっとずっと、こうして祝うことが出来たら幸せです。



もしも、いつか、さよならする時が来ても、

一生の宝物として、

毎年思い出したいな。

それほどに僕にとって、大事な記念日です。



あ、なんかしんみりすること書いてしまった(^^;

いや、あくまで例えばの話ですよ!ww


でもホント大好きな歌なので、もし機会があれば、もう一度長太郎と一緒に歌いたいなぁ♪




そして『W-rainbow』ですが‥‥

裏話をひとつ。

あのジャケットの絵は、

宍戸と長太郎が2人でクールダウンのランニングをしているところです。



なぜそう言い切れるのか?

もしかしたらウォーミングアップのランニングかも知れないじゃないか!

と思う方もいらっしゃるでしょう。

でも、クールダウンなんです。

そのつもりで書きました。


‥‥


‥‥‥



僕がwww




いや、ウソじゃないですよw

先日(5/25)の松井さんとのイベントでも一瞬チラっとお見せしましたが、

Scan10063cut377この様な下絵を描いて、

それをプロの方があのように仕上げてくださったのです!

まぁ、そんな威張るほどの下絵じゃないんですがw←ハッキリ言って下手です

むしろこれを仕上げたプロの方がとっても凄いんですがww

でも、ボーナストラック冒頭のクールダウンをイメージして書いたのは本当ですwww←わかったから!


ちなみに実物は、A4サイズの紙に2人の全身が描いてあります。

で、いま当時のメールを読み返してみたんですが、か〜な〜り〜細かくリクエストしていたことが分かりましたww

ちょっと抜粋してみましょうか!

-----------------------------------
試合後のクールダウンをイメージしています。

原作の榊監督「また満足できなかった様だな」を受けて、「はい!満足していては俺たちは上へ行けませんから」と答えた直後なので、まだ緊張感の抜けない表情で、まっすぐ前を見ています。(さっきまでの試合を思い返しているかのように‥‥)
場所はテニス試合会場ですが、もっとイメージ的なバックでもOKだと思います。(夕日とか?海岸とか?青春っぽい感じ?笑)

■着衣
宍戸:氷帝ポロシャツ&白短パン。
ボタンは3つ、あるいは2つ外してください。
長太郎:氷帝ジャージ&黒パンツ。
インナーは白Tシャツで、クロスのネックレスは原作通りで。

追伸
二人の身長差、13センチを必ず表現してください!(笑)
-----------------------------------


あまりの細かさに笑いが止まらない!wwwww

こんなリクエストをしたなんてすっかり忘れていました!

でも、結構的確ですねww

というか、こんな細かいリクエストをちゃんと盛り込んでくださったプロの方がやっぱり凄い!!

ということです(^^)

以上、10周年記念の裏話でした〜



今日は『Brandnew Days』と『W-rainbow』を(ボーナストラックも込みでww)じっくり聴いてみてくださいな♪

本当に10周年、おめでとう(*^_^*)



楠田敏之


P.S.
私事ですが、今日は祖母の93歳の誕生日でもあります。自宅療養なので以前の様にライブや舞台を観に来てもらうことは出来なくなってしまいましたが、頑張ってリハビリしている姿にこちらも勇気をもらっています。



toshiyuki_kusuda at 03:09|URLComments(17)││テニスの王子様 

2013年05月25日

【告知】松井ちゃん☆楠田まんプライベート・イベント【追記】

 


唐突ですが、松井Pさんとイベントをやることになりました!(笑)

どんな内容になるのか分かりませんがww
きっと面白い事になると思いますので、是非いらしてください

司会は「新テニプリ」の浦山しい太役でお馴染み、高瀬朝季さんです

チケットは、専用ご予約フォームにて
【5/5(日)12時】ご予約受付開始です
※お一人様ずつのご予約となりますので、複数枚のご予約は出来ません。
※[自動返信メール]が届きますが、ご予約の確定ではありませんので、お間違いのないよう御注意ください!「no-reply@mface.jp」からのメールを受信出来る設定にしておいてください。
ご予約フォーム(PC用)
ご予約フォーム(携帯用)


終演後はこの日だけの数量限定オリジナル・グッズの販売をします
超レアグッズ間違いなしなので、お楽しみに



楠田敏之

 



続き

toshiyuki_kusuda at 00:05|URLComments(5)││オススメ 

2013年02月08日

7回目 「ZERO記念日」の ありがとう!


【感謝】2006年2月8日に宍戸亮デビューアルバム『ZERO』が発売されて、今日でちょうど7年。このアルバムに込めた想いはとても大きくて、今でも大切に聴いてくださっているのが本当に嬉しい。年月と共に感じる意味合いは変わってくるけど、根底にある想いは色褪せない。改めて聴いてみよう!
2/8 16:10

Twitterは流れてしまうので、コピペしておきます

たくさんのリプ、ありがとうございました

みんなそれぞれ、『ZERO』の想い出があるんですね

これからも大切に聴いてやってくださいな


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 23:50|URLComments(11)││テニスの王子様 

2013年01月20日

【告知】1月〜2月のご案内


本日『新テニスの王子様オン・ザ・レイディオ』を聴いてくださった皆様、どうもありがとうございます!
(ジャスクリの皆さんは火曜〜水曜ですね)

それでは、エンディング・トークでご案内させて頂いております告知関係、こちらにまとめて掲載します〜

告知
【カラオケの鉄人イベント 楠田敏之×鶴岡聡】
1月26日(土)18時開場、18時半開演
カラオケの鉄人 銀座ファゼンダ店
詳細は公式サイト(こちら)にて
※ 終演後のお見送りアリです。

楠田プレゼンツのカラ鉄イベント、第9弾となります

今回のゲストは鶴岡聡君

彼とは「テニプリ」の氷帝学園という繋がりでもう10年以上の付き合いだったり「獣の奏者エリン」でも共演してたり、2007年(大阪)&2008年(東京)に開催された年末年始ライブにもゲストで出演してもらったり、色々と繋がりがあるわけですが

さぁ

そんな鶴岡君とどんな曲を歌うのか

今回はすべて鶴岡君チョイスの曲です

ハードなロックからしっとりバラードまで、幅広いジャンルの曲が揃っていますよ

みんなで一緒に怪しい振り付けもやっちゃいましょうwww

ちなみに今回、14時開演の【竹内幸輔presentsイベンント】との通しチケットをご購入頂くとなんと1,000円オ・ト・ク

是非、昼夜合わせてお楽しみください



告知
【ことだま屋本舗☆リーディング部 その6】
1月27日(日)昼の部13時開演、夜の部16時半開演
千代田区立内幸町ホール
出演:鈴木コウタ、笠原あきら
ゲスト:大畑伸太郎、小田久史、清水香里、ささきのぞみ、清水愛、楠田敏之
詳細は公式サイト(こちら)にて
※ 終演後のお見送りアリです。

今回で4回目(多分w)の出演となります、お馴染みことだま屋本舗さんの朗読劇です

朗読劇というか、どちらかというとアフレコに近い感じ?

オリジナル作品をオムニバス形式で演じます

ステージ上で繰り広げられる、まるでアニメのアフレコ現場を彷彿とさせるマイクワークもお楽しみください

作品との合間のトークコーナーや観客参加型の大喜利コーナーもあるよ

今回の出演者も個性派揃い

何が起こるかやってみなくちゃ分からないwww



告知
演劇配合サプリメンツCapsule
【不思議な男の一冊技〜銀河鉄道の夜編〜】
cap011_omote2月1日(金)〜3日(日)
かもめ座(丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅、JR阿佐ヶ谷駅)
詳細は公式サイト(こちら)にて
※ 終演後のお見送りアリです。

2009年の『幕末のドリ府』からお世話になっています演劇配合サプリメンツさんにて、今回初めて主役を務めさせて頂くことになりました

「不思議な男」役を演じます

この物語のストーリーテラー的位置付けですので、最初から最後までステージ上にいますw

とにかく喋りますww

cap011_uraその台詞量たるや‥‥

誰もが絶句しますwww

あの宮沢賢治の文学作品『銀河鉄道の夜』がサプリメンツ流にどう演じられるか

オリジナルの『銀河鉄道の夜』を知らなくてもどうぞご安心を

この舞台をご覧になってオリジナルにも興味を持って頂ける、そんな作品を目指して稽古に励んでいます

素敵な宮澤賢治ワールドをごゆっくりお楽しみください

チケットは好評を頂いておりまして、お席があと僅かとなってまいりました



告知
楠田敏之6枚目のNewアルバム!
【With You】
『With You』2月6日(水)リリース
全曲デュエットアルバム

【PARTNERS of the SONG】
園崎未恵
近藤佳奈子
灰野優子
鳴瀬まみ
山口怜夏

【SONG TITLE】
01 願いを込めて /with 灰野優子
02 tomorrow /with 山口怜夏
03 拝啓☆夏色Carnival /with 近藤佳奈子
04 空の鏡 /with 園崎未恵
05 インターミッション /with 近藤佳奈子
06 Promise /with 鳴瀬まみ
07 With You /with 灰野優子
08 ヒミツの恋の物語(ボーナストラック) /with 園崎未恵

★YouTubeでの試聴はこちらから

★インフォマーシャル、第1弾はこちらから
★インフォマーシャル、第2弾はこちらから

お求めは全国のCDショップ、あるいはネット通販サイトにて



告知[5]
【ナルウザクスダの!公開収録Vol.5】
2月28日(木)18時開場、19時開演
阿佐ヶ谷ロフトA
出演:川本成、UZA、楠田敏之
チケット2,000円(飲食代は別)
ローソンチケットhttp://l-tike.com/
Lコード=34695



告知
劇団だるま座公演
【星屑の町〜南国旅情編〜】
4月
アトリエだるま座
出演:イジリー岡田、塚本一郎、剣持直明、西原純、下平ヒロシ、中嶋べん、楠田敏之ほか
詳細情報は近日発表!
※ 終演後のお見送りアリです。

他にもライブや各種イベントなど予定していますが、随時発表していきますのでツイッターやブログなどチェックお願い致します


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 23:04|URLComments(15)

2012年12月25日

Newアルバム発売決定!


『With You』楠田敏之
全曲デュエット・アルバム

『With You』

2013年2月6日発売

【PARTNERS of the SONG】
園崎未恵
近藤佳奈子
灰野優子
鳴瀬まみ
山口怜夏

【SONG TITLE】
01 願いを込めて / with 灰野優子
02 tomorrow / with 山口怜夏
03 拝啓☆夏色Carnival / with 近藤佳奈子
04 空の鏡 / with 園崎未恵
05 インターミッション / with 近藤佳奈子
06 Promise / 鳴瀬まみ
07 With You / with 灰野優子
08 ヒミツの恋の物語(ボーナストラック) / with 園崎未恵

★YouTubeでの試聴はこちらから!

★インフォマーシャルは第1弾はこちらから!

どうぞご期待ください!!


楠田敏之☆彡

toshiyuki_kusuda at 22:11|URLComments(29)││音楽人 

2012年11月29日

【楠田敏之と行く!甲斐の国たっぷり満喫バスツアー】


デビュー10周年を記念した2年振りの温泉バスツアー

いよいよ今週末となりました

今回は甲斐の国、甲府へ行きましょう

武田信玄ゆかりの地ですので、そんな歴史に関わる場所はもちろん、壮大な自然、美味しい食べ物、ワイン宴会温泉

まさに甲斐の国をたっぷり満喫しちゃいましょう

もちろんバスツアーの醍醐味でもありますバス車内での色々も、楽しみですね〜



今回初めてご参加の方もいらっしゃると思いますので、名札のご案内を。

今回も恒例の名札を僕の方で用意しますので、そのホルダーを各自で持参してください
holder
僕が用意する名札の大きさは、通常の名刺サイズ(91mm×55mm)です。

これをホルダーに入れて、ツアー中、ずっと首から提げて頂きます。

文具店などで100円くらいから数千円くらいまで色々売っていますので、ご自身のお好みで



それから服装にご注意ください

特に朝晩は相当冷え込む予報ですので、防寒着をしっかりと

もしかしたら2日目辺り、雨が降るかも知れませんので、折りたたみ傘もあると安心ですね



宴会は洋室でのちょっと早いクリスマスパーティーな気分でいこうと思いますので、なんとなくクリスマスっぽい物を持ってきてくれると、よりそれっぽくなるね

アクセサリーを身につけるも良しテーブルにキャンドルを飾るも良しクリスマスツリーをステージに置いてくれるも良しサンタのコスプレ大歓迎トナカイのコスプレも可愛いね

僕は今アルバム製作でいっぱいいっぱいなのでみなさんに託します\(^o^)/



ではでは、デビュー10周年を記念した2年振りの温泉バスツアーってことで、みんなで楽しい思い出たくさん作ろうね

そして今回はお留守番の皆さん、どうかツアーの無事を祈っていてください

例によって当日は実況ブログ(こちら)を開設しますので、少しでも旅行気分を味わって頂けたらと思います



まずは当日朝、気を付けて集合しましょう


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 16:53|URLComments(15)││楠田饅本舗 

2012年11月19日

【告知】にゃんたぶぅとコラボ♪


11月19日(月)に「にゃんたぶぅ」とコラボでコンサートをやっちゃいます

きっと楽しい楽しい時間になるよ〜

【にゃんクスたぶぅThanksコンサート!!】
〜クスクスがにゃんたぶぅに!?の巻〜

2012年11月19日(月)開場18時/開演18時30分

レストラン『マンハッタンブルー』にて、あの「にゃんたぶぅ(公式サイト)」(メンバー:並木のり子和田琢磨森田桂介)とコラボでディナーショ

レストランといってもご安心を

気楽に楽しめる雰囲気と、とってもリーズナブルなお値段

にゃんたぶぅファンのお子様連れもいらっしゃるから、とってもアットホームなライブになることでしょう

愉快で楽しい歌もあれば、大人の落ち着いた歌もあり

もちろん僕のオリジナルソングも歌っちゃう予定

内容については、今後、4人でリハを重ねながら決めていきますので、その都度、写真などもちょこっと交えてご紹介していきます

僕もにゃんたぶぅの仲間に入れてもらおうかな〜なんて企んでます

ラジオ以外で、にゃんたぶぅと共演するのが初めてなので、本当に楽しみなのです

まずは、チケットご予約くださいませ〜



楠田敏之

続き

toshiyuki_kusuda at 00:05|URLComments(13)││音楽人 

2012年10月31日

新しい 名刺が到着 しましたよ


201210310016000edit320新しい名刺が届きました!

このデザインにしてもう7年以上経ちますが、名刺交換するとどなたも「素敵なお名刺ですね!」と言ってくださるので、今回もこのままいくことにしました!

この毛筆が気に入ってるんですよね〜

もちろんプロの方が書いてくださったんですよ(^o^)

写真だとレンズの歪み(下の方が間延びした感じ)でバランスが変わってしまいましたが、本当はもっとカッコイイのですwww

あとですね、写真で伝わるかな?

文字が浮き上がる印刷なんです。

面白いでしょ?

これも気に入っているところ!

で、今回は紙質も自分で選びました。

幾何学模様の凹凸がランダムにあるんです。

100種類以上の紙サンプルを取り寄せて、その中から吟味したものです。

個人的にはほぼ100点満点の名刺です!




名刺を持っている役者はそんなに多くないですね。

現場ではマネージャーが名刺交換しますので、役者は持っていなくても、というのもあって。

でも僕は持ちたいし、ちゃんと名刺交換したいんですね。

以前サラリーマンをやっていたから、というのもあります。

名刺交換というのは、単に連絡先を交換するということではなくて。

その名刺を頂いて、すぐお名前を確認して、顔を見て‥‥

少しでも多く情報を頭の中にインプットして、印象付けて覚える。

対面の後で(その場ってやってはいけません)日付・場所・名目、場合によっては顔の特徴・話した内容などを名刺に書き込みます。

こうしておけば、その名刺を見ただけで、その日のことをパッと思い出すことが出来るんですね。

まぁ、ビジネスマンは当たり前にやっている事ですが(笑)




アニメ収録など大勢で録る現場では名刺交換しませんが、ナレーションやゲーム収録など、単独での現場では、クライアントさんやディレクターさんと名刺交換します。

もちろん一期一会の人もいますが、何年か後に再会することもあるんです。

その時に記憶に残っていると、一気に現場の空気が良くなるのを実感します。

お互い気持ち良く仕事出来ますしね。

あと、舞台やライブのお知らせ等をお送りしたりも出来ますね。




ちなみに僕の所属事務所では、名刺は個人で自由に作ります。

会社のように事務所から支給されることはありません。

まぁ、だから個性的なデザインで作れるわけですが(笑)

こういう仕事をしていますので、名刺も顔だと思っています。

僕がそうしているように、相手の方も、名刺に僕の印象を刻んで持ち帰ってくださいます。

冒頭に書いた「素敵なお名刺ですね!」というのも、そこから話が膨らむでしょ。

それも情報の一つとして残るわけです。

あとで僕の名刺を見た時に、その現場のことを思い出しやすいと思うんです。

役者にとって何より大事なのは個性。

名刺も、僕は個性の一部だと思っています。

だから自分でデザインすることに意味があると。




な〜んてカッコイイこと言ってますが、単に名刺を持ちたいだけなんですよね(笑)


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 01:01|URLComments(7)││日常 

2012年10月20日

【告知】舞台『星屑の町』★日程変更★


「おぎくボ〜イズ」が帰ってくる!

昨年末、舞台『お目出たい人』で共演した「おぎくボイ〜ズ」(塚本一郎、剣持直明、イジリー岡田、西原 純、楠田敏之、下平ヒロシ)が、この10月、再び荻窪にやってきます

今回も水谷龍二氏の作品。

タイトルは‥‥

星屑の町
山田修とハローナイツ物語
作・水谷龍二/演出・和田貫平


です

表面タイトルだけでも昭和の薫りがプンプンしてます

歌謡グループ「山田修とハローナイツ」が、山梨県のとある温泉ホテルの宴会場で歌っているところから物語は始まります。

が、それは最初だけww

さてさて、いったい彼らは何処へ行って、どんなことになるのでしょうか

今回、僕の役名は「天野真吾」といいます。

このグループのボーカルです。

ので、歌います

昭和の唄を

ただ‥‥



これは初挑戦なのですが‥‥‥



真吾は‥‥‥






関西人なのです





こりゃ大変

ま、まぁ、ノリと勢いでなんとか突っ走ろうと思ってます

こ、乞うご期待



この作品は聞くところによりますと、水谷龍二氏の作品の中では屈指の人気作品とのこと。

『お目出たい人』もとても素敵な作品だったけど、この『星屑の町』も人情味溢れる素晴らしい作品です

例によって随所に笑いが散りばめられていて、時にドキドキハラハラ、時にホロリと来る、何度観ても面白い作品だと思います

今回は「おぎくボ〜イズ」の6人に、ささいけい子さん、中嶋ベン氏、荒井涼子さんも加わって、心温まる舞台をお届けしたいと思います

是非、いらしてくださいね

チケット(9/1発売)などの詳細は「続き」にて〜


楠田敏之


続き

toshiyuki_kusuda at 00:05|URLComments(10)││舞台 

2012年09月29日

Happy Birthday!!〜10年の想い〜


宍戸 亮殿


君と出逢ってから、今年でちょうど10年。



今でも、10年前のことを覚えています。


高飛車で

威張っていて

自分が絶対で‥‥。



どう演じれば良いのか、悩みました。




でも結局、悩む必要はなくて

気持ちに正直になれば良いだけだった。

ストレートに、自分の気持ちを吐き出せば良いだけだった。



そう、君は自分に正直な人間なんだ。




何よりもテニスが大好きで

だから絶対に甘えは許されなくて

常に上を見て

追いかけて

発見して

そして自分のモノにして。




そんな君の生き様を


羨ましく思った。


自分もそうありたいと思った。


難しい事ではあるけれど


ずっと、そうやって生きていきたいと思った。





10年‥‥‥


長いようで、思えばあっという間だった。



でも、たくさんの出来事があって


本当にたくさんの思い出が詰まった10年になった。





あの時、君と出逢わなければ


この10年は存在しなかった。


これ程たくさんの人達との出逢いも


繋がりも


生まれなかった。





新しく人生を歩み始めた僕にとって


君との出逢いが出発点だった。


だから‥‥






共に歩んできた10年。





この10年の想いを大切に胸に刻み


さらなる高みを目指して


共に歩こう。




出逢いを、ありがとう。


そして



誕生日、おめでとう。


宍戸亮 役 楠田敏之



toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(71)││テニスの王子様 

2012年08月25日

ありがとう! 今年も無事に 誕生日!

おかげさまで43回目の誕生日を迎える事が出来ました!

これも偏に、いつも応援してくださる皆様、お世話になっている皆様、そして両親を始め家族・親戚のみんなのおかげです。

本当はこの喜びを心から噛みしめたいのですが、現在、明日というか今日のバースデー企画【楠田敏之と行く!秩父鉄道 ELパレオエクスプレス&ハイキングの旅】の「旅のしおり」を絶賛作成中です(笑)

明朝は7時に家を出る予定ですが、今のところ、寝られるかどうかの瀬戸際で(^^;

なんとか完成させたいと思います!

ので、誕生日を迎えての記事は後日!

というか富士山に登りたいんです!

登れるかな‥‥

チャンスは来週。

富士山の山頂に向かいながら、自分の事、人生の事、周りの人たちの事‥‥色々と見つめ直したいんですよね。

だから僕にとっては富士登山は大切な時間。
昨年は時間が作れなくて断念したので、今年こそ、なんとか実現させたいものです!

それでは取り急ぎ、お礼方々、ちょっとしたご挨拶まで!

楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 00:00|URLComments(63)││日常 

2012年08月17日

【告知】ELパレオエクスプレス&ハイキングの旅


本日、秩父鉄道から公式発表がありまして、8月25日はまだSLが運休中という事になりました。

ので、このツアーはタイトルを変更します

20120825_02

バースデー企画2012
『楠田敏之と行く!
秩父鉄道 ELパレオエクスプレス&ハイキングの旅』

内容に関しては、SLツアーの記事(8/15付のSL部分を除く)と昨日の記事(8/16付)をご覧頂く事にして〜

これでツアーの内容が固まりましたので、これから「旅のしおり」を作ります

今回初めて、僕が作ります

といっても期待しないでください‥‥

普通の旅のしおりなのでwww



あ、名札も作らなきゃね

名札ホルダー皆さんは、昨日の記事の通り、首から提げるタイプの名札ホルダーの準備をヨロシクです



それから、服装にはご注意を

ハイキングが出来る服装でね

急勾配を登ることはないですが、途中休憩があったり、それぞれの所要時間は短いとは言え、トータルすれば1時間以上歩くかと思いますので、それなりの装備で



熱中症対策もしっかりとしましょう

下見に行った感じでは、自然に囲まれているからか、都心より涼しかったです。

木陰もそこそこ多いです。

といっても天気は予測出来ませんので、とても暑い事を想定しておくのが無難でしょう。

タオルは必需品ですね

逆に冷房がキツイ所もありますので、僕のように冷房に弱い人は、羽織る物を1枚持って行きましょう

山の天気は変わり易いので、レインコートも念のため

ハイキングや登山の場合、両手が空いていた方が安全なので、傘よりレインコートをお勧めします。(100均でも売ってるよ〜)



私物サインの一品もお忘れなく〜



あとですね、誕生日当日ということでプレゼントを考えてくださっている方がいらっしゃるかも知れないのですが、皆さんも僕も、出来るだけ軽装で行きたいので、お手紙以外のプレゼントはご遠慮させてくださいね

「もう用意しちゃったよ」という方は‥‥

19日(日)の『ことだま屋本舗☆リーディング部』にお持ち頂くか、事務所宛にお送り頂けると幸いです

僕としては、誕生日という特別な日に皆さんとツアーに行けるだけでもう本当に嬉しいので、それだけでそれ以上のことは何も考えなくて大丈夫です

とにかく、元気な笑顔で会いたいです

そして、誰も怪我することなく無事にツアーを終えられるよう、我々も努力しますが、みなさんのご協力もお願いします



いよいよ8日後に迫ってまいりました

今とてもワクワクしています

楽しい夏の思い出を、みんなで作りましょう


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 13:54|URLComments(14)││楠田饅本舗 

2012年08月16日

ツアーに関するお知らせです☆


開催日が迫ってまいりましたバースデー企画のSLツアー。

当初は『楠田敏之と行く!秩父鉄道SLパレオエクスプレスの旅』ということで、僕の誕生日当日にみんなでSLに乗りに行くという予定でした。

が、ご存じの通り、8月6日に秩父鉄道(広瀬川原熊谷工場)内で発生したSL(C58-363)の脱線事故によりまして、8月25日にSLが運行するか分からない状況となってしまいました。

当面はSL(蒸気機関車)の代わりにEL(電気機関車)が客車を牽引する「ELパレオエクスプレス」が代行するとのことですが、そうなると本ツアーの当初の目的とは違ってくる‥‥

といっても、まだSLが走るという希望があるのですが、念のため、ELパレオエクスプレスになる場合のプランも検討しています。

もしELとなった場合、終点の三峰口駅で転車台に乗って180度反転するSLを見るということが出来ませんので、少し手前の駅でパレオエクスプレスを降りようと思っています。

そして、そこからみんなでハイキング

距離にして片道1.5キロくらいでしょうか。

普通に歩けば15分、ゆっくりでも20分くらいの近場なのでご安心を

先日、実際に下見に行ってきましたが、とても気持ちの良い場所でした

そこでちょっと休んだら、元の駅に戻ってきて、当初予定していた普通電車に乗って長瀞へ。

ここから先は予定通りです。

という感じでELバージョンのプランも用意しましたので、8月25日までにSLが運行しても、ELだったとしても、どちらもに対応出来るようにはなりました

まぁ僕としては、もはやどちらでも良いのです(笑)

50名の皆さんと誕生日を丸一日過ごす事が出来れば、そんなに幸せな事はないのです

秩父鉄道の状況については、情報が入り次第、随時お知らせしますので、もうしばらくお待ちくださいね。



どちらにしても、長瀞での観光はそこそこ歩きますので、ハイキングが出来る服装や靴、レインコートを準備しておくのが良いかな



それからこれ大事ですよ

名札ホルダー恒例の名札を用意しますので、そのホルダーを各自で持参してください

僕が用意する名札の大きさは、通常の名刺サイズ(91mm×55mm)です。

これをホルダーに入れて、ツアー中、ずっと首から提げて頂きます。

文具店などで100円くらいから数千円くらいまで色々売っていますので、ご自身のお好みで


というわけで、途中経過ですがご報告まで。

夏風邪が流行っているようです。

体調管理を忘れずに、当日は元気にお会いしましょう


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 15:56|URLComments(10)││楠田饅本舗 

2012年08月15日

【告知】SLパレオエクスプレスの旅★追記★


20120825_01
☆このツアーはファンクラブ会員でない方のご参加も大歓迎です!!

今年はデビュー10周年

だから特別な年の、特別な誕生日にしたい

そこで、楠田発信のイベントを企画しました

バースデー企画2012
『楠田敏之と行く!
秩父鉄道 SLパレオエクスプレスの旅』

みんなで一緒にSL乗りに行こうぜ


---------------------------
※募集(PC携帯)期間は7/30〜8/15ですが、ご応募が定員数に達しましたので、以降8/15(水)までは「キャンセル待ち」としての受付とさせて頂きます。参加可否の最終連絡は8/17(金)となりますm(_ _)m【7/31追記】
---------------------------


そうです

SLです

蒸気機関車です

今まで事あるごとに「新幹線新幹線」と言ってきたのに、何故突然SLを?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

でも実は、突然ではないのです。



遡ること4年半。

2008年1月26日に開催された「小池雅也&たかみゆきひさ のメジャー缶!」というイベントにゲスト出演しました。

このイベントは音楽的コラボをテーマにしつつ、新幹線マニア楠田敏之のために、新幹線コーナーも用意して下さっていました。

で、そこで上映する映像を撮るために、事前ロケをしたんです。

イベントの出演者である小池雅也氏、たかみゆきひさ氏、伊藤隼人氏、そして楠田が青梅市(東京都)にある青梅鉄道公園に「大人の遠足」をしました

その辺のことは当時(2008年1月24日付)の記事をちょっと読んで頂きましょう(笑)

んで、出来上がった映像は下記のYouTube動画(6本)をご覧頂くとして〜












6本で合計31分なんですが、イベントではダイジェスト版を見ながら新幹線トークをしました。

その辺のことは、こちら(2008年1月27日付)のレポート記事を読んで頂きましょう(笑)

で、この記事にも書いてある通り、動画では新幹線0系のことばかり語っています。

が、実際のロケでは蒸気機関車のことも語っていたんですね。

青梅鉄道公園には蒸気機関車が8両も展示されていて、それらを1両ずつ回りながら、SLの魅力を熱く語りました。

ところが

時間の関係等でSL部分は編集でカットになってしまったんです(^^;

残念

という訳で、実はSLは、新幹線の次に大好きなのです



思い返せば、僕がSLを明らかに好きになったのは幼少の頃のこと。

東映まんが祭りでアニメ『きかんしゃ やえもん D51の大冒険』(1974年製作)を見た時からだと思います。

それまでも、物心つく前から、週末になると父が近所の踏切に連れて行ってくれて、僕は飽きずにいつまでも電車や気動車や蒸気機関車を見ていたそうです。

が、残念ながら記憶にはほとんど残っていません(写真には残っていますが)。

でも『きかんしゃ やえもん』のクライマックスシーンが、当時4歳半の僕にとっては強烈だったんです。

電気機関車や新幹線に嫌われながらも、蒸気機関車「やえもん」(D51)だけが必死に山を登っていく姿‥‥

その前後のストーリーなどはまったく覚えていませんが、急坂を必死になって登っていく「やえもん」の表情だけは、今でもおぼろげながら覚えています。

「やえもん」の正義感と力強さに、子供の頃の僕は勇気をもらったのです。

プラレールもD51(デゴイチ)が大好きでした。

しかし、程なくして蒸気機関車は次々に引退していき、普段乗るのは電車だったし、夏休みに祖父母の家へ遊びに行くのは新幹線でした。

それにつれて、時代の最先端である新幹線に傾倒していったのです。



でもそんな経緯があって、実は蒸気機関車は、僕の中ではヒーローなんです。

蒸気機関車は、正義のココロを持った、必死に僕らを助けてくれるヒーローだと思っていたんです。

だから、いつか蒸気機関車が牽引する客車に乗ってみたい。

そう思ってきました。

そう思って、この歳になってしまいました(笑)



そして、とうとうその機会を作る時が来たのです

いつも応援してくださる皆さんと一緒に乗れたら、間違いなく特別な誕生日になるだろうなぁ

だから、このツアーは僕の誕生日よりも、SLを満喫することに最重点を置いています(笑)

SLを見る。

SLの音を聞く。

SLの息づかいを感じる。

SLが活躍していた当時に思いを馳せる。

そんなSLと共に、夏の一日を楽しみたいと思っています

秩父鉄道のSLパレオエクスプレス(公式サイト)に乗って、始発の熊谷駅から終点の三峰口駅までじっくり2時間半の旅です



その間、ゆっくりと過ぎてゆく車窓の風景や窓から入ってくる風(たまにススもww)を感じるだけでも十分楽しいと思いますが、せっかくのツアーなので、座席で2ショット写真を撮ってみようと思います

ホントはね、蒸気機関車の前で撮れたら最高なんだけど、さすがに時間が掛かり過ぎるので

でも集合写真は、是非とも煙を吐いている蒸気機関車と一緒に撮りましょう



SLに乗っている間にお昼の時間となりますので、簡単にご飯も食べましょうね〜

一応おむすび的なものを用意する予定ですが、もっと食べたい人は車内販売の駅弁(SL弁当とか)を試してみるのも良いですね

何人かで共同購入してお味見するくらいが丁度良いかも



三峰口(みつみねぐち)駅では、なかなか見られない光景にも遭遇しますよ

蒸気機関車って、電車と違って前向きでしか走らないんです。

編成つまりSLは終着駅に着いたら、機関車を客車から切り離して、石炭の補充と給水をして、機関車の方向を反転させて、編成の逆の端へ連結するんです。

それら一連の作業を見られる中で、もっとも興味深いのは機関車の反転です。

転車台という装置に機関車を乗せて、180度反転させるんです。

総重量100tもの機関車がいとも簡単に回転する様は、なんとも不思議なものですよ〜



と、ここまでがSLを満喫する旅。

その後は秩父鉄道沿線では最も有名な観光地「長瀞(ながとろ)」へ行ってみましょう

三峰口駅から長瀞駅までは普通電車に乗るんですが、SLとのスピード感の違いを実感してみてください

いかにSLがゆっくりだったのか(笑)



長瀞では夏なのでね、暑いのでね、流しそうめんを楽しみたいと思います

この時が、このツアー唯一の貸し切り空間(ただし半屋内なので声は筒抜け!!)ですので、何かをするならこのタイミングです

ちなみに、流しそうめんは食べ放題なので、ガッツリいっちゃってください(そんなこともあって、車内での駅弁はお味見くらいをお勧めします)



流しそうめんの後は、長瀞駅を出発するまで自由時間にしたいと思っています。

宝登山(ほどさん)神社があったり、気になるお店も結構あります。

観光したり、お土産を買ったり、スイーツ(かき氷の有名店もあります)を楽しんだり、ゆっくり過ごしてくださいね



あとはですね、例によって私物サインもしましょう

たぶん往きのSL乗車中ですかね、2時間半あるので(笑)。

お一人につき私物一品にサインしちゃいます

楠田のサイン、日付(2012.8.25)、そしてあなたのお名前を書きます

私物は何でもOKですが、あんまり大きいと荷物になるのでカバンに入る物が良いと思いますよ

ちなみに、とても小さい物やぬいぐるみ等は書くのに時間が掛かるのでご遠慮くださいね(笑)



という感じで、なんとなく想像で書いてみましたが、実際に行ってみたら、きっと想像以上のことが待っているような気がします

先日ツイッターに書きましたが、SLってね、どこか人間くさいところがあるんです。

鉄道の中では、もっとも人間に近い、人間らしい乗り物だと思うんです。

それが何故かは‥‥



ご自身の目で、耳で、身体で感じて頂けたら嬉しいなぁ

僕が蒸気機関車を見て、懐かしい誰かに再会したような温かい気持ちになるのはきっと、「きかんしゃ やえもん」を無意識に思い出しているからなんだと思います。

蒸気機関車の汽笛を聞くと涙が出そうになるのは‥‥どこか哀愁を感じるから。

とても力強い汽笛なのに、なぜかもの悲しい音に聞こえる。

それは時代に取り残されて、いまや観光でしか活躍出来ないSL自身の淋しさなのかも知れませんね。

でも僕は、その音が大好きなんです。

駅を発車する時の長い汽笛の音を、その時だけは窓を開けて、満喫したいと思います。

皆さんも、是非



たまたま僕の誕生日というタイミングで企画しましたが、純粋にSLを知る、楽しむ、体感する、その為に参加してくださっても、僕は嬉しいです

夏休み期間中ということもあって、座席の切符が限られているので、このツアーは定員制となります。

いつものツアーと比べると若干少なめです。

それは本当に申し訳ないのですが、実際に僕もみどりの窓口に行って、皆さんの座席指定券や自由席券を購入しました。

だから、一枚一枚がとても大切な、貴重な切符です。

もしよかったら、一緒にSLに乗りに行きましょう

そして夏の一日を、約8時間を、一緒に楽しみましょう


楠田敏之


続き

toshiyuki_kusuda at 23:59|URLComments(29)││楠田饅本舗 

2012年07月10日

一昨日の パラレルスリップ 写真です


一昨日開催されました『パラレルスリップ〜七夕編〜』@鹿鳴館の写真をアップします!



今回のプログラムは、3チームがジャンルの異なる4作品を上演しました。

まずはミステリーガールズ10名+荻沢俊彦氏による2作品。

ミステリーガールズはその名の通り、世にも不思議な物語テイストの作品を演じる総勢12名の女性ユニットです。

07_600一つめの作品。

「ちさ」の友人「しいな」は予知能力を持っていて、日常のちょっとしたことなど、直後に起こることを教えてくれる。

ちさは友人達と旅行に行くこととなったのだが、しいなの事故に遭うかもという予言により、旅行をキャンセルした。

もしそのまま旅行に行っていたら‥‥。

実は昔、僕にもそんなことがよくありました。

直後に起こることが見えてしまう。

といっても20代くらいまででしたが

09_600荻沢氏を加えてのもう1作品。

自分に覚えのない罪で逮捕され、裁判に掛けられる「あゆみ」。

勤務先の病院で、医師や同僚の看護師達にいつも虐げられていた。

ある日、医療ミスが連続し、患者が死亡。

10_600その容疑者として、「あゆみ」は逮捕されるが実は‥‥。

精神的な苦痛って、相当なストレスなんだよね。

という、ちょっとゾッとするお話でした。




続いては川田紳司氏&木村亜希子さんチームによる作品。

11_600大人の男女の物語でしたね。

こちらもある意味、不思議なストーリーでした。

昔、付き合っていた二人が15年振りに再会。

流れで、思い出の場所へ行ってみることに。

そこはすっかり変わってしまっていたのだが、ある拍子に、なんと二人は15年前にタイムスリップしてしまった‥‥。

まぁね、男女が別れる理由はいろいろあって、人によってはそれを一生引きずることも‥‥あるね。

実はこの作品、僕も少しだけ出演しました。

06_600ラストシーン。

過去から現代に戻ってこられた彼女が、再び彼に会える。

かと思いきや、別人だった‥‥。

僕の後ろにいるのは、もう一人の共演者、ミステリーガールズの「よしみ」さんです。



そしてラストは楠田敏之&徳本恭敏氏のチーム。

実は徳本君、過去にランニングミュージカル「645」で共演しているのです!

初演の時だから11年振りの共演ということで!

我がチームは『不如意』というコメディ作品でした。

12_600慎一(楠田)と健治(徳本)、基本的には二人のストーリーなんだけど、色んな人が登場してきます。

コンビニ店長と店員、トラック運転手、シスター、老婆、花売りの少女、通行人や町の人々多数、バスの乗客、バスジャック犯、機動隊などなどを荻沢氏とミステリーガールズのみんな11名で演じてくれました

累計800万本を売り上げた超話題ゲームソフトの最新作『ツルツルちんとんシャン3』、略して『ツルちん3』www

健治が2日も徹夜してゲット!

50インチのテレビを買った慎一の家でやることに!

ところが、次から次へと起こることに巻き込まれ、なかなか自宅に辿り着けないどころか、どんどん遠くへ連れて行かれる二人。

01_600ようやく帰れるかと思いきや、バスジャック事件まで発生。

一つ一つの出来事は、僕らの日常でも起こりそうなことなんだけど、それが連続で起こると‥‥災難な日ってあるよね

まぁ色々あって、やっと家に帰りついた二人に待っていたこととは‥‥?(笑)

前の2チームと違って、完全なコメディということで、随所で笑って頂けたようで、演ってるこちらも本当に楽しかったです



そして告知していた通り、最後に歌を1曲。

現在制作中の楠田6枚目となります全曲デュエットのアルバムから『Tomorrow』を初お披露目。

04_600今回はミステリーガールズのみんなと一緒に

実は一度もみんなで合わせたことがなくて、リハで初めて合わせたんですが、まさかの全員で振り付けまでしてくれて!

ステージ上では、僕は正面を向いていたのでどんなダンスだったか見えなかったのですが、ビデオで見て感激しました!

これは豪華ですね〜



ラスト、出演者全員がステージに登場して、改めて自己紹介や告知など。

今回、全作品がオリジナルだったので、たくさんのお客様に観て頂けて、作り手としても本当に嬉しかったです!

次の機会がありましたら、是非またいらしてくださいね!



そして終演直後に出演者で記念撮影〜

みんなまだ衣装のままです

まずはアダルトチームの5人でwww

201207081823000editテキスト600右から荻沢俊彦氏、川田紳司氏、木村亜希子さん、徳本恭敏氏、僕です。

川田氏と荻沢氏とは今回が初対面でした。

川田氏とは絡みがなかったので、いつか共演したいなぁ〜

木村さんはもうね、ラジオを3年間(2005年〜2008年)一緒にやっていましたので、同級生みたいな感じ?www

201207081825001editテキスト600もう1枚の写真は、ミステリーガールズ10名も加わって全員で!

これだけ女子がたくさんだと、やっぱスゴイね

思わず圧倒されてしまいそうですが、みんな真面目で真っ直ぐで可愛らしいので、心から応援したくなってしまいます

打ち上げは風邪気味の1名を除いて全員参加だったので、それはもう賑やかで華やかで!

楽しい楽しい一日となりました〜

このイベントのプロデューサー高濱氏を始め、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした!

そして、ご覧くださった皆様に、心からのお礼を申し上げます。


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 11:09|URLComments(8)││舞台 

2012年07月08日

【告知】パラレルスリップ〜七夕編〜


朗読イベント
【パラレルスリップ〜七夕編〜

公式サイト

ターゲット・エンタテインメントが年4回定期主催する朗読イベント「パラレルスリップ」が、アーティスト高濱祐輔氏のプロデュース企画にてイレギュラー開催を致します。

「パラレルスリップ」イベントとは、様々な分野で活躍する声優・俳優、ナレーター、アーティストが「朗読」というスタイルを守りながら、映像や音 楽との融合など新しいパフォーマンスを試みる、次世代のリーディングを目指したイベントです。

【出演】
■「楠田敏之」
テニスの王子様(宍戸亮)
新鬼武者 DAWN OF DREAMS(灰燼の蒼鬼)
ストリートファイターIVシリーズ(ダン)

■「川田紳司」
トリコ(ヨハネス)
のだめカンタービレ フィナーレ(峰龍太郎)
デス・コネクション(ニコール)

■「徳本恭敏」
鬼公子炎魔(炎魔)
HUNTER×HUNTER(ポックル)
戦国BASARA(左馬介)

■「木村亜希子」
イナズマイレブンGo クロノ・ストーン (フェイ・ルーン)
ロックマンエグゼシリーズ (ロックマン)
テイルズ オブ イノセンス (ルカ・ミルダ)

■「ミステリーガールズプロジェクト」
歌とリーディングを中心に活動するガールズユニット


【日時】
2012年7月8日(日)
開場/15:00 開演/16:00

【会場】
「鹿鳴館」(公式サイト)
東京都目黒区目黒1-5-17山崎ビルB1
TEL:03-3494-1801

【チケット】
前売:2,500円(ドリンク代別) 当日:3,000円(ドリンク代別)

チケットネット予約:TARGETeSHOP (http://www.target-eshop.com/)
チケットメール予約:e-info@target-eshop.com
チケット電話予約:03-3494-1801

お問い合せ先:ターゲットeショップ
電話: 050-3765-6209 平日(月〜金)12時〜18時
メール:e-info@target-eshop.com



toshiyuki_kusuda at 00:05|URLComments(0)││舞台 

2012年06月01日

【告知】8年振りの主役です!

この度、主役を演じさせて頂くことになりました!

TAC表東京アンテナコンテナ

第11回本公演

未来という名の昨日を連れて

6/1(金)〜10(日)

吉祥寺シアター

出演:イジリー岡田、剣持直明、下平ヒロシ、大堀 恵、林野健志、深見恭子、中村ゆう子、楠田敏之ほか

チケット好評発売中!
※6/3(日)と9(土)14時と10(日)は完売、6/2(土)は完売間近です。
お求めは、こちら(PC用携帯用)の楠田専用ご予約ページをご利用くださいませ!
オススメは平日です!特に6/8(金)は見やすいお席をご案内出来ると思います!

8年振りに舞台で主役を演じることになりましたので、とにかく気合いを入れて稽古しています!

是非是非ご覧ください!!


見所などは[続き]にて

楠田敏之

続き

toshiyuki_kusuda at 00:05|URLComments(6)││舞台 

2012年04月13日

【告知】デビュー10周年記念グッズ

カレンダーB2宣伝用_800
先日の記事(4月4日付)に書きました通り、4月4日をもちまして、デビュー10周年を迎えました

この1年は10周年記念イヤーです
 


というわけで、10年間の感謝の気持ち、日頃の感謝の気持ちを込めて、カレンダーを作ってみましたよ

100%楠田デザインです

か〜な〜り〜頑張りました(≧▽≦)

いやホント、カレンダーを作るのって真面目に大変でした

何日も徹夜で作業しましたもんね〜

今回、テンプレートみたいな準備されたものは一切使用していないんですね。

全体のレイアウトはもちろん、数字や文字の配置もすべて。

言うなれば、まっさらの白紙に、ゼロからデザインしました。

最初は紙に鉛筆でイメージ画を書いて、それを基にPCソフトを使ってのデザインです。

写真は1枚1枚、色の具合を調整したり、ちょっとアーティスティックな感じに加工したり。

もう挙げたらきりがないので、実際に手に取った時に、楠田はどんなことをしたかと色々想像してみてください(笑)

とにかく、渾身の力作です



ご注文は【ターゲットeショップ】(こちら)にて


楠田敏之


続き

toshiyuki_kusuda at 23:50|URLComments(10)││デビュー10周年記念 

2012年04月04日

思い出の 10年前の 初アフレコ!


僕は10年前の2002年、アニメ『テニスの王子様』の宍戸 亮役で声優としてデビューしました。

いま思えば人生の、もしかしたら最大の転機だったかも知れません。

まさに『テニスの王子様』は僕の人生を変えた作品です。

その記念すべき宍戸の初登場は、第29話「桃とマムシ」でした。

201204041302000edit400これがその時に使用した台本です。

この台本を初めて手にした時の気持ちたるや‥‥







楠田敏之

続き

toshiyuki_kusuda at 12:15|URLComments(93)││テニスの王子様 | デビュー10周年記念

2012年03月31日

YouTube 『遊戯の藥』 第26回


とってもご無沙汰してしまいました

「遊戯の藥」第26回です

PC、スマホ、携帯ともURLはこちらです



え〜前回は年末だったという‥‥

なぜこんなことに

まぁ色々とね、てか舞台なんですけどね(笑)

今年に入って既に3本の作品に出演しまして、年明けは稽古か本番の日々でした



さてさて、今回はそのうちの1作品、3/8(木)〜11(日)に上演された演劇配合サプリメンツ『花音-カノン-』の舞台衣装での登場です

ドキュメント番組の撮影クルー(音声担当)の役だったんですね〜



内容の紹介をする前に

オープニングムービーが変わりましたイエーイ

カッチョイイですね



ゲストはミステリーガールズ(公式サイト)のお二人、ユカリさん&アンナさんです

ミステリーガールズは全部で12名もの大所帯とのことですが、今回はこれから一緒にラジオ番組をやることになった比較的新人のお二人

かなりな天然さんで、思わず兄のような気持ちになってしまいました(笑)





そんなお二人も交えてまずは、「俺の本性」のコーナーです

心理テストをやってお互いの本性を晒して、いや、紹介していくコーナーww

今回の質問で分かるのは「あなたの隠れた好奇心の対象」と「恋人とのトラブルのタネ(原因)」。

ちょっと気になるぅぅぅ〜ww

あなたも挑戦してみてください!



続いては「俺の宝物」のコーナー

僕の今回の宝物は、吹奏楽のスコア(総譜)です

Scan10057edit8002008年に上演された舞台『夢ヶ浦吹奏楽団』(公式サイト)で、僕が指揮を振る時に実際に使用したスコアです。

−−−ある寂れた温泉町が、町興しの為に吹奏楽コンサートを開くことになりました。

その町民達の悲喜交々を描いた物語。

中盤からはリハーサル、そしてコンサートのシーンに突入!

本当にステージ上で演奏しました

吹奏楽団とコーラス隊あわせて60名

BFP1000414edit800町のお祭りなので、みんなカラフルな法被を着ていますね

僕はそのコンサートの序盤の指揮を振りました。

曲は「キエン・セラ」、「ワルツ・フォー・デビー」、「久石譲 作品集-2」

久石譲作品集はメドレーになっていまして、『となりのトトロ』から「5月の村」、「さんぽ」、『千と千尋の神隠し』から「あの日の川」、『魔女の宅急便』から「旅立ち」の4曲で構成されています。

んで、何が宝物かというと、この「さんぽ」をね、自分で吹奏楽用に編曲したんです。

出版されていた楽譜が、吹奏楽用にアニメとは異なるキーで編曲されていて、コーラス隊が歌えなかったんですよ。

だったら僕がアニメのオリジナル・キーで編曲しますよってことになって(笑)

BFP1000416edit800実際に吹奏楽団が演奏する為に編曲したのは生まれて初めてのことでした。

かなり原曲に忠実な、自分でもなかなかの出来だったなぁと思っています

まぁ、作業は大変でしたけどね

お見せしたスコアは指揮者用であって、すべての演奏者の為に楽器やパート毎に30種類ものパート譜も作るわけですから

楽器ってね、楽器毎に基準となるキー(調)が異なるんです。

例えばフルートはinCなので、楽譜のドの音が実音のCなので、移調は必要なし。

クラリネット、トランペット、テナーサックスはinB♭なので、楽譜のドの音が実音のB♭(シのフラット)だから、1音分を移調したパート譜を書きます。

同様にアルトサックス、バリトンサックスはinE♭だから1音半移調、ホルンはinFだから2音半移調、みたいに楽器毎に異なるんですね。

あと、使える音域が楽器毎に異なる、とか。

自分の楽器(あ、トロンボーンねw)のことは詳しいんだけど、それ以外は勉強しながらで、まぁ大変でした

ホントこんなことする役者いないよね〜とか思いつつ(笑)

まぁ、そんなわけで、宝物でした



そして、エンディングです。

デュエット・アルバムの作詞・作曲を4月に頑張る(笑)

って話と

高濱さんが「DAMAGE 2」の製作を始めている

って話など



次回はきっと4月ですので、その時には創作活動のお話も出来るはずwww

お楽しみに〜



楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 15:15|URLComments(0)││ネットTV 

2012年03月08日

舞台『花音-カノン-』


演劇配合サプリメンツcapsule9 チャリティー公演(公式サイト)
『花音-カノン-』

01昨年の9月以来のサプリ作品に出演です!



東日本大震災からちょうど1年。

この1年間、いろんなことを考えてきて、でも未だ結論は出なくて‥‥。

それでも僕らは考えることをやめちゃいけない。

忘れちゃいけない。

そのきっかけを作ることが出来たら‥‥

そんな想いから、本作品への出演を決めました。

とても素敵な作品に仕上がりましたので、是非ご覧ください!



あの有名な曲、パッヘルベルの「カノン」

この舞台を見終わった後、もっともっと「カノン」のことが好きになっているでしょう♪


楠田敏之

続き

toshiyuki_kusuda at 00:05|URLComments(1)││舞台 

2012年02月14日

チョコレート 今年もどうも ありがとう!

午前からの収録を終え、事務所に立ち寄りまして〜

皆さんからのお手紙やプレゼントを受け取りました

昨日の舞台『Bouquet』(ゲスト出演)終演後にも頂きましたが、毎年本当にありがとうございます

その心遣いがとても嬉しくて、また頑張ろうって元気をもらえます

今日はこの後も予定があるので、帰宅は夜になりますが、そしたらゆっくり開封させて頂きますね

取り急ぎお礼まで

楠田敏之☆彡

toshiyuki_kusuda at 14:19|URLComments(5)

長太郎! 今年もハピバ! おめでとう♪(追記しました)


♪シャラララ 素敵にKiss

というわけで、今日バレンタインデーは、鳳長太郎君の誕生日ですね


Happy Birthday


試合では負けちまったけど、こっちだって、これから巻き返してやるぜ



そんな、宍戸にとって大きな存在になりつつある長太郎

今後の二人からも目が離せませんね

というか、あの海でのエピソードは‥‥‥






また許斐先生にやられました


楠田敏之☆彡

続き

toshiyuki_kusuda at 00:03|URLComments(23)││テニスの王子様 

2012年01月27日

2日目も 無事乗り越えて ありがとう!!


舞台『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』は、今日が2日目。

舞台役者にとって、「魔」の2日目です

なぜ「魔」なのかは割愛しますが、とにかく全日程の中で、僕は一番緊張する日なのです。

言ってみれば、自分との闘い。

ほんの少しでも踏み外すと、あれよあれよと地の底へ〜

そんな「魔」の2日目。



でも今日は、踏ん張りました!

「魔」の2日目を乗り越えることが出来ました!

なんだか、精神的に少し強くなったような気さえします!←きっと気のせい(笑)



そんな今日、嬉しいお客様も観劇に!

まずは、成さんと浪川ちゃん

201201262141000edit500成さんはこの後も登場しますのでww浪川ちゃん、いや長太郎ですが〜

こういうテニプリ以外の現場で、しかもそれが舞台の楽屋で会うって、本当に不思議な気分

退館時間が迫っていたのでゆっくり話せなかったけど、ホント嬉しかった!

あ、長太郎はめずらしくメガネ君でしたよ

別ショットが彼のブログにありますので、そちらも是非



ちなみに僕が着ているのは弁護士の衣装です

胸の金バッジがね、ほら

あ、だからテニスはしませんね(笑)



続いての写真はナルウザクスダの3ショット!

201201262146000edit500成さんは、稽古中で本番難しいかも‥‥

って事だったのですが、昨日のゲネの前半と、今日の本番の後半を観てくれまして、合わせて1本!

そしてUZAさんは、予定を変更してまで来てくれたんです

わーーーっ!!!

やっぱりね、3年以上一緒にやってますからね、成さんやUZAさんに観てもらえるのは本当に嬉しいんです。

しかも今日は終演後にラジオの編集さんも一緒にみんなでご飯を食べに行って、楽しい楽しい1日となったんですよ



改めて、浪川ちゃん、成さん、UZAさん、どうも有り難うございました!!



ちなみに余談なんですが〜

今日はひょんなことから、ななめ45°の岡安章介君と岩井七世ちゃんと演出助手さんも一緒にご飯となりまして、みんなで楽しく歓談を

と、ここで驚いたことが!

塩谷座長の話題で盛り上がっていたら‥‥

なんとそこに塩谷瞬君が突然現われた!

僕たちは気付かなかったんだけど、同じ店内の別のテーブルにいたんだって(笑)

でも特に自分の名前が聞こえたからって訳じゃなくて、ホント偶然にこっちのテーブルに来てみたらしいんだけど、そのタイミングが絶妙すぎて超ビックリ!(笑)

そして、さらに驚いたことに!

会計を済ませて、なんとなく締めのトークwwなどして、たまたま今回の演出の舘川さんの話題で盛り上がっていたら‥‥

なんと!

なんと!!

そこに舘川さんが突然現われた!!

なんでも、別のお店で飲んでいて、帰りがけにたまたま店の前を通りかかって‥‥

もうね、ここまで来ると単なる偶然とかでは済まないよ!

思わずみんな「ギャー!」って叫んじゃった(笑)

なんだかサプライズだらけの本番2日目でした!



いや〜明日はどんな1日になるのか楽しみだなぁ〜


楠田敏之

toshiyuki_kusuda at 02:46|URLComments(6)││舞台