January 19, 2009

【聞き方のルール】と社員教育の微妙な関係は?

久々の本社勤務

といっても、一週間ぶりの出社なんだけどね

でも、いつも実はドキドキしながら出勤している

社長なのに、自分の会社に出勤するたびにドキドキしてしまう

なぜなら……

その前に本日もクリクリ↓ヨロピクね

人気ブログランキングへ
ついでにこっちのクリックもお願いネにほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ



自覚があるから。

どんな自覚かというと、久々の出勤の時には
まず、大枠で留守の間にどんなことがあったのかを
把握する必要がある

スタッフは、本音で言うと褒めてほしくて
まるで、出先から帰ったときに飼い犬がじゃれついて
くるように、あれこれと「詳しく」説明したがる

こっちは、概略というか、結論を聞き、必要に応じて
質問をしたいのに、質問をする前から時間軸に沿って
説明したがる

そこに、コミュニケーションギャップが生じ、さらに
は、人間関係がギクシャクする

普段は、ある程度のことなら我慢して聞くのだが、
今朝のように、要点連絡だけほしいときには、
ついつい……「そうじゃなくて」と禁句が口から出てしまう

もっとも、今朝のワタシは偉かった

どのタイミングだったかは失念したが、常務が部下に
話しているのを聞いて思い出したからだ

世の中には「聞き方のルール」があることを。

そして、自分の言葉で言うとその中には「我慢」も
必要なときがあるということを。

本当は、話し方のルールもあるので、それはそのつど
注意している

話し方のルールの基本は、単純。

相手が聞く準備ができてから話し始めるというもの。
たったこれだけ。

そして、聞く準備ができたら、余所見をしたりしないで
聞くことに集中する。

 否定しない、邪魔しない

(時々、ついつい……反省)

さらには、相手の表情や、話し方の癖や、ロジックの組み立て
に注意しつつ、聞く必要があるときもある

特に、外部の人間とビジネス交渉をするときである。

「お互いさま」の精神でフェアに話しているのか
「自分が」の我利我欲のために話しているのか?

つい最近も、あるクライアントさんの
「○○の提案で○○しちゃいました」
という発言に

間髪入れず
「わぁ〜、もったいない」
と応えてしまった。

もちろん、○○さんに悪意は無いと思うのだが
視野の狭い提案だったからだ。

戦術的視野で、けっしてその提案が戦略的視野に立っていなかったから

おかげで、せっかくの投資のレバレッジ効果が低い。

ちょっと、痛いお金の使い方になってしまった(ようだ)



ところで、先週のように地方ツアーに出ていると
毎晩、我が愛妻ガミゴン様に電話を入れる

たいした用事があるわけではない

むろん、それは嫁さんも同じ

ただ、女性と男性ではコミュニケーションの目的が
違うということを知っているから

そして、知っているだけでは山田方谷先生の教えに背くことに
なるので、実践する 知行一致

どのように目的が違うのか??

「聞き方のルール」に詳しい。



ところで、先ほどから出てくる「聞き方のルール」

正確には

 【あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール】

というのが正式名称。

どこかで聞いたような?と思った方はなかなかの勉強家。

そう、明日香出版の人気シリーズである。

著者はある事故がきっかけでコミッションセールスの世界に
飛び込んだものの、「営業とは舌先三寸で買わせる仕事」という
まったくもって大きな勘違いをしており、まったく売ることが
できず、あるきっかけで「舌先三寸」よりも「両の耳」に
仕事をさせるようになって、あっという間にトップセールス
の仲間入りをしたという松橋良紀氏。

最近、ご縁があってよく話をするのだが、本当に聞くことを
意識しているみたいで、
「もっと自分を出せよ」と思うこともあるくらい。

まぁ、彼がセールスをしていた商材を売るときにはたしかに
「聞き」に徹した方が売れるのは事実なんだけどね。」

うんでその
 【あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール】
の上梓を記念して20日23:59までキャンペーンを実施している

詳しくは⇒⇒ http://kikikata.jp
 

この本の中で一番重要だと思ったのは

「コミュニケーションのトラブルは「相手も自分と同じように
 考えるはず」「これくらいはわかるはず」という思い込みか
 ら発生します。私たちは脳の中にそれぞれの辞書を持ってい
 ます。辞書とは、言葉や表情、状況についてこれはこういう
 意味だとしていることをいいます。その辞書は人によって内
 容が違います。相手が外国人だと、辞書が違うのも当然だと
 理解しますが、同じ日本人だと辞書の違いを忘れがちです。」

という部分。

これ、覚えておくと良いですよ

 【社員教育は、言葉の定義づけから】



カプチーノとカフェラテってどう違うの?



本日の「うらじゃ」美女はこの方


632O0393

「でやぁ〜」

ところで、この美女のおへその形は?







我輩の最新セミナー情報はこちらからどうぞ





今日できたこと

 朝礼
 ミーティング
 ツアーレポート
 ツアー清算
 週間スケジュールの確認と調整
 電話コンサルティング
 ボディケア
 読書三冊


お奨め本があれば自分のコメント付きで紹介するので
気になる方は、ブックマークに登録しておくと便利ですよ


メルマガ登録・解除


 












お奨めDVDです
一生懸命に頑張っているけど……
そんな方にお奨めです
『自分らしく幸せに成功するためのPIDの高め方、3つのポイント』


コア抜きビットのリサイクルならこちら



toshiyukih at 20:27│Comments(4)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. あたりまえだけどなかなかできない 聞き方のルール(松橋良紀著)  [ ブログと画像加工の便利帳 ]   January 21, 2009 21:33
私の友人であるコミュニケーション改善コンサルタント松橋良紀氏が出版しました。「自分の良さをわかってもらえない」「上司とうまくいかない」「人にもっと好かれたい」「人間関係が苦手」そんな悩みをお持ちの方に特効薬を紹介します。『あたりまえだけどなかなかできない....

この記事へのコメント

1. Posted by 松橋良紀   January 19, 2009 20:34
聞き方コンサルタントの松橋良紀です。本の紹介をしていただきありがとうございます。感謝です!コメントも、この本で伝えたいところをズバリおっしゃっていただき感謝です!ありがとうございます!


2. Posted by    January 19, 2009 20:54
松橋さま

ご丁寧にコメントありがとうございます

総務部企画課に社員教育用の参考図書として推薦しておきました。

本当に、一人でも多くの方がコミュニケーションがうまくなって、松橋さんがおっしゃるようにこの国がより元気になってほしいですよね。
3. Posted by 新入社員研修 eラーニング   June 19, 2009 18:28
ブログ読ませて頂きました!
とても参考になって面白かったです!
自分の社員教育にも活かしてみたいです♪
また見に来させて頂きますね☆
4. Posted by    June 28, 2009 17:38
新入社員研修 eラーニングさま

コメントありがとうございます
大切なことは
大切なことを大切なタイミングで行うことですよ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔