2005年07月

2005年07月31日

7月は68杯

休麺日無し1534日目
510)味六そば@東村山市
511)大山家@武蔵境
512)千成ラーメン@調布

7月は送別会やら何やらで、1杯しか食べられない日が何日かあり、今年初めてというか、昨年からずっと続いていた月70杯以上というのが途切れてしまった。ちょっと無理すればあと2杯の上積みは可能だったンだけど、あえて無理をするのを止めた。今日は昼から編集長、常盤氏と3人で国分堂→レコード(リサイクル店)のお決まりコース。

味六そば=リサイクル店の近くにある。前からあるのは知っていたが、変な場所(笑)にあるのと、そそられる店構えではないので入るのをためらっていたのだが、昨年の多摩本に掲載されたため、いつか機会があったら食べてみようと思った店なのだ。変な場所というのは、表通りから脇道に入ったところの住宅街の中にあって、前は畑。店の創りも田舎の中華料理店といった風情で、美味しそうと思わせる要素は何もない。多摩本に載らなければおそらく食べず仕舞いの店だっただろう。本によると経営しているのは女性2人だそう。出てきたラーメンは、煮干や生姜を使った正に昔懐かしいという表現そのものの味。化調もほとんど感じられず、久々に完食してしまった。麺がありふれたものだったので、ちょっと惜しい気がしたが、この感じのラーメンにはこのほうが合っているのかも。具に鶏肉を擂ったものだと思うが、ちょっと変ったものが入っていて、これが味に変化を与えている。それとものすごく熱い味玉が入っていて、火傷をしそうになってしまった。スープと一緒に煮込んでいるそうで、これだけ熱い味玉は初めて。もちろん固茹でなので美味しくいただいた。レコードを漁りに行く度に寄ることになってしまいそうだ。

大山家=閉店近くなって寄る。つけ麺(醤油)を食べるつもりでいたのだが、出来上がってきたのは塩つけ麺。この時はまだ新作だとは気がつかずに食べてしまったのだが、後で聞いて、そういえば塩つけ麺はこれまでなかったと気付く。情けない話だが、逆にそれだけ違和感のない出来だったということができる。正式なメニューになれば、また選択肢が増えますネ〜。

味千ラーメン=三鷹に私の姪(熊さんの娘)が彼氏と遊びに来ていて、帰りに車で送ってあげるという約束をしていたので、下連雀で待ち合わせる。送っていく途中、ラーメンを食べたいというので、こちらは食べてきたばかりなのだが付合うことに。ラーメンおじさんとしては、引き下がる訳にはいかないのだ(笑)。調布の近辺で0時過ぎてもやっている店というのは、ここの店しか思い浮かばなかった。日本一の大釜でスープを作っているというのがウリの店だ。味的にはどうということのないフツーの九州ラーメンだが、彼氏が宮崎出身だというので、丁度良かったようだ。(ゲップ)


tosimon3 at 04:36|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 東京都 

2005年07月30日

伊豆〈14〉

休麺日無し1533日目
508)わさらび@伊豆白田
509)唐辛子@伊豆高原

数えてみたら今年になって伊豆へ来たのは14回目になる。このところはほぼ毎週来ているし、8月以降は平日に来ることもあると思うので、ますます回数は増えてしまいそうだ。以前釣り(磯釣り)に凝っていたころは、9〜11月の3ヶ月間、台風のとき以外は毎週ということもあったが、そろそろ釣りも復活したいのでどうなることか。

わさらび=今日はこちらで町内会のことなどでお世話になっている三宅さんに会うことになっていた。昼過ぎにお宅へ伺うと、ラーメンを食べに行こうということになってわさらびへ。例のトマトラーメンがメニューになっていたので、それを食べる。トマトを地物に変えたということで、前回より甘味があって旨かった。

唐辛子=11時頃行くと、先々週ここでお会いした辛いもの好きの静岡のご夫婦(名前聞いてないンですヨ)とまたバッタリ。二人揃ってものすご〜く辛くした坦々麺を平気な顔をして食べているンだけれど、たぶん私が食べたら即死でしょう(笑)。私は何故かカレーが食べたくて、マスターに無理を言ってカレーつけ麺を作ってもらう。手打ち麺がなかったのが残念だったが、鴨肉入りのカレーはウマ〜イ。ここのカレー本当に旨いンですヨ。

tosimon3 at 03:48|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 東京都 

2005年07月29日

麓郷リニューアル

休麺日無し1532日目
505)味楽@岩本町
506)つじ田@お茶の水店
507)麓郷@宮崎台

味楽=ここの近くにある中古オーディオ店にスピーカーを見に行ったついでに、久々に寄ってみる。2年振りぐらいかナ〜。意外にこの店人気あるンですヨ。つけ麺があったので食べてみるが、マアこんなモンでしょうという味。麺は美味しかった。スピーカーはJBLの4343というのを買ってしまった。

つじ田=2度目だが、夕方は行列もなく空いている。普通のラーメンを食べるが、ウ〜ン、スープの感じはこんなだったかな?何かちょっと違う気がするンだけど…。でもやっぱりちょっと濃過ぎ。ここまでしなくても美味しくできるはず、と思いながら食べる。

麓郷=先日0時過ぎに覗いたらやっていなかった。これまでは0:30がLOだったので、変だなと思っていたンだけど、今日見たらやっていたので思わず入ってしまう。が、ちょっと雰囲気が変っている。メニューも変更されていて、最後に「ラーメンのみのお客さまでも
付出しの¥250をいただきます」と書いてある。『涼麺』というのがあったのでそれを注文すると、先に付出しが出てくる。野菜をタルタルソースで和えたサラダ的なもの。マア不味くはないのでイイんだけど、食べたくないものを無理矢理食べさせられているような気がして何となく釈然としない。つけ麺はつけ汁の冷たいタイプ。蕎麦つゆのようなものだが、かなり味が濃い。コップの水で少し薄めてみたが、それでも濃い。倍以上に薄めてやっと食べられる味に。この濃すぎるつけ麺(笑)が¥750なので、付出しと合わせて¥1000というのはちょっと高過ぎだヨ〜。純粋にラーメンを食べたい人のことは全く考えてないのネ。お酒を飲まない人は来るなということか。何か違うンじゃない?帰りがけに聞いたら昼の営業はやめて、夜だけになったそうだ。マアもう入ることもないと思うけどネ。



tosimon3 at 03:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月28日

送別会

休麺日無し1531日目
504)麺神@神田

今日は先日送別会をやってもらった方達とはまた別のグループで送別会をやってくれるというので、7時前に赤坂の寿司店へ。これは私のところへ「場所はどこがいいか」という打診があったので、すかさず「寿司が食いたい」(笑)と言ったら、前に何度か食べたことのある赤坂マルイになったのだ。赤坂の寿司屋といっても、この店はリーズナブルな値段設定なので、安心して食べることができる。でも後から考えてみたら、もっと高いところで食べさせてもらえば良かった(笑)と悔やまれることしきり。でもマアこちらのほうが余計な心配をしないで食べられる分、気持は楽だからネ。お陰で腹一杯寿司を食べた後は、お決まりのカラオケへ。実は前回の送別会のときは、これがなかったのでちょっぴり不満だったのだ。
こちらも皆さんのご配慮で(爆)、心置きなく歌っちゃいましたヨ。

tosimon3 at 03:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月27日

名残り惜しいけど…

休麺日無し1530日
502)K@駿河台下
503)とくや@駿河台下

出社日数が今日を含めて4日になった。辞めるとこの神田界隈にはそういつも来る訳にはいかないので、日頃お世話になったお店にちょっとご挨拶に。昨年まではきびに行く回数が最も多かったと思うが、今年になってからはこの2軒のお店が一番多かったのではないだろうか。マアたまには寄らせていただきます。


tosimon3 at 03:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月26日

今年500杯目は…

休麺日無し1529日目
500)胡心房@町田
501)大勝軒@青葉台

今年もすでに500杯目というところまできてしまった。今日の夜は台風だというので、早めに食べておかなくてはと思い、3時前に鮎ラーメンに行くが、すでに終了していた。3時までというのは私の思い違い?。仕方なく実家の資料館で時間をつぶして6時に勇次へ。とまたこれが「台風につき臨時休業」の貼り紙が。(泣)それなら雷文_は夜やってないのよネ。そんなこんなで激しい雨の中、結局胡心房へ。一杯のラーメン食べるのに半日かかってしまった。
それでも「大人のつけ麺」がかな〜り旨かったので、結果オーライ。今年のカレーつけ麺は昨年にも増していい味出してました。

大勝軒=胡心房の帰りにもう一杯と思い「しかた」に行きかけたのだが、ふと思い直して反対側の大勝軒へ。ここの味噌をまだ食べてなかったナ〜と思ったのだが、カレーの後の味噌はちと重い。いや重すぎる(笑)ので、もりそばにする。イヤ〜やっぱり旨いッス!量もそんなに多くないので結構食べることができる。店を出ると雨が小降りになっていた。台風はどうしちゃったンでしょうネ〜。


tosimon3 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月25日

つじ田

休麺日無し1528日目
498)つじ田@小川町
499)じゃかじゃか@落合

つじ田=午後から出社なので、車で出てしまう。夕方歯医者へ行った帰りに、ちょうどつじ田の開店時間だったので寄ってみる。5分前で3人待ち。私の後にすぐに3人ほど並ぶ。開店して席に着くと間もなく満席になってしまった。とりあえず「比内地鶏使用の九州煮干しラーメン」という訳のわからない(笑)メニューを食べてみたが、ウ〜ンこれは何なんでしょうネ〜。スープは鶏白湯ということでもなさそうだし、比内地鶏はどこにいっちゃったンでしょう。?
↑訂正(食べたときは魚介やら何やらで、ベースはトンコツかと思っていたのだが、どうやら鶏白湯だったようだ。あまり鶏の感じがしなかったンだよネ)

見た目は九州ラーメンだけど、何か無国(県)籍の様相。中途半端の感はまぬがれない。化調きついッス。

じゃかじゃか=車での帰りにはここをよく通るのだが、いつも車が停めにくいのでパスすることが多い。今日は編集長がどうしても寄ってみたいというので、少し離れたところへ停めて行く。私もここはかなり前に一度食べただけなので、
味はすっかり忘れていたが、つけ麺があったのでそちらを食べてみる。ラーメンと同じスープに酸味をつけただけの感じで、つけ麺としてはマアこんなもんなんでしょうネ。カウンターにあった七味を入れたら少し旨くなった。


tosimon3 at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月24日

地元で…

休麺日無し1527日目
496)胡楊@桜丘
497)幸家@子母口

午後は不動産屋との約束があったので母親と出かけるが、その帰りに久々に「蔵ずし」で寿司を食べる。ここの『やりいか姿寿司』が旨いのヨ(笑)。「蔵ずし」は関西が本拠の回転寿司チェーンだが、100円寿司としてはかなり良心的なほうだと思う。最近関東にも進出してきて、あちこちで見かけるようになった。赤い看板の店と黒い看板の店があり、どう違うのかは分らないが、黒看板のほうが何となく旨いような気がするが_。私は本当はラーメンより寿司のほうが好きなんですヨ。その後夜まで資料館の整理をし、晩飯はラーメンに。最近は家にいることが多いので、ラーメンを食べるにもやはり近場で、ということになってしまいそうだ。

胡楊=以前「山水亭」だったところに出来た店。出来ていたのは知っていたが、まだ一度も入ったことがなかった。とりあえず醤油ラーメンを食べる。醤油の割には色の薄いスープで、味もやや薄め。具は必要なものはすべて入って、これで¥600ならCPは高いが、やはり味が中途半端。高齢者(自分もそうだが)には良さそうなラーメンだ。近くに大きな病院があることに配慮しているのだろうか?

幸家=尻手黒川通り沿いにある家系の店。ここも前から知ってはいたが、今回初めて入る。スープは家系にしては醤油気が強い。感じとしては本牧家系?的な印象だがはっきりとは分らない。家系お約束のホーレンソウの代りにモヤシが入っているのも変わっているところ。家系の亜流といったところか。


tosimon3 at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月23日

伊豆で再会

休麺日無し1526日目
494)共楽@城ヶ崎
495)唐辛子@伊豆高原

昨夜送別会終了後、遅くなったがまた伊豆へ来ている。MMとMCカートリッジの音の違いを再確認したかったのと、骨董ジャンボリーで買ったアビー・リンカーンやチャ−リ−・パ
−カー、トスカニ−ニ(SP)を聞きたかったからなのだ。中でもA・リンカーンは良かった。録音も良いのだが、ボーカルがポンと真ん中に浮かび上がってくる。こういう盤は久々に聞いた。¥1000は安かったと思う。朝方までレコードを聞いて午前中は寝てしまう。

午後になって珍しい方のところへ伺うことに。その方とは、とんちん亭@本郷のママさんなのだ。今年になってからだったか、伊豆に家を買ったという連絡があり、場所を聞いたら私のところから車で5〜6分のところで、唐辛子も近い。家の改装が終り、最近家族で越してきたとのこと。話しによると空いている部屋を利用して軽食を出す喫茶店をやりたいという。(油そばはやらないそうです)(笑)。国道沿いではないので覚えてもらうまでが大変かもしれないが、個人的には大賛成。バイタリティありますネ〜。積もる話で夕方までお邪魔してしまった。その後共楽でワンタン麺を食べ、一度家に戻る。またレコードを聞いたり、風呂に入ったりで、11時頃帰りがけに唐辛子へ。この店では今年初めての冷し中華を食べて帰途に着く。ここの冷し中華はすごいですヨ〜。

tosimon3 at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月22日

骨董ジャンボリー

休麺日無し1525日目
493)ちゃんぼくじゃ@駒沢

今年2回目の骨董ジャンボリーが晴海のビッグサイトで開かれる。これは日本でもトップクラスの骨董市なのだが、最近はおもちゃ関連の出店が3分の1ぐらいに増えてきて、純粋な骨董ファンとしてはちょっと面白くない。3日間のうち初日(本日)に行くと、3日通しの入場券(¥2000)しか買えないのも不満。何とかしてほしいものだ。今回は土人形の出品が少なく、アンチック屋さんで酒田の組み合わせ人形と佐渡の八幡人形、それにお店の名前は忘れてしまったが、花巻の太鼓乗り童子(江戸期だと思う)が¥3000で売られていたので、それを¥2000に値引きしてもらって購入したのが主な収穫。花巻は必ずしも良い状態ではないが、丹治の型なので1万以上の値段がついてもおかしくないもの。たまにこういう掘り出し物が手に入るのが骨董市の面白いところだ。
骨董市は6時で終了だがその後、7時から私の送別会があるというので会社へ向う。実は私はこの8月5日で定年!(57歳)となるので、今は有給の消化などでほぼ毎日が日曜日状態なのだ。しかし世の中の例え通り「暇はあるが金がない」。会社には残らないので、どうやって暮らしていくかがこれからの課題。とりあえず土人形資料館の館長(自称)にはなるが、入場料を取るわけでもないのでお金にはならない。(入場料をいただいても、そんなに見学者が来るとは思えないけどネ)。これまでやっていたデザインの仕事の関係上、一応M
acは使えます。何か仕事があったら紹介して下さい(笑)。

ちゃんぼくじゃ=駒沢にかなり古くからある博多ラーメンの店。近々閉店するという書き込みを見たので何年か振りで寄ってみる。博多系は苦手なので、ここも数回しか食べたことはないが、改めて食べてみてもやはり好きにはなれそうもない。「閉店投げ売り価格」(笑)でラーメンが¥430になっていた。

tosimon3 at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 骨董 

2005年07月21日

告別式

休麺日無し1524日目
491)らいけん@芳賀町
492)ぐうたら@武蔵境

叔父の告別式が10時からなので、3時間あれば着くだろうと思い、朝7時に家を出るが、首都高速がやたらと混んでいて、東北道に乗るまでに1時間半かかってしまった。これは誤算だった。東北道を飛ばして佐野インタ−で下り、50号線で二宮町を目指すが、結構距離がある。会場の二宮ホールへ着いたのは10時10分だった。ちょっと遅刻。葬儀は粛々と進められ、終ったのは3時。普通ならこれで真直ぐ帰るのだが、私の場合はちょっと違う。
(笑)車の中で着替えてから、近くのラーメン店を検索。5月に移転したらいけんが比較的近くなのでそこへ向う。

らいけん=よくぞこんな所へ、という場所にある。移転前も食べてはいないので、このお店は初訪となる。5時に着いたら夜の部は5時半からだそうで、近辺を走って時間をつぶす。
5分前に戻ると、すでに先客2人。店に入るときには私を含めて5人になっていた。人気あるんですネ〜。塩専門の店なのだが、7月から新発売になっている『純塩ラーメン』を食べてみる。粟国の塩を使っているようで、太目の平打ち麺とのバランスも良い。なかなか美味しいラーメン。叉焼は「藻塩焼豚」と書いてあったが、塩味の焼豚はかなり旨かった。しかし、食後に残った舌のしびれはやっぱり化調なんだろうナ〜。もう少し押さえたほうがいいと思うンだけど…。

tosimon3 at 03:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 栃木県 | らーめん 東京都

2005年07月20日

鮎涼ラーメン 

休麺日無し1523日目
489)鮎ラーメン@二子玉川
490)武骨@上野

鮎ラーメン=11日から夏限定で昼営業が始まっている。小田さんと若女将が店に出ているので、もう少し早く行きたかったのだが、結局今日まで行けず仕舞い。昼限定で出しているのは『鮎涼ラーメン』。ここでは初のつけ麺と「鮎笹飯」「赤かぶ」「花茶」がセットになっていて¥1000。味はもう言うことなし。つけ麺も旨いし、特に鮎笹飯に花茶と残ったつけダレをかけて食べる「鮎茶漬け」は 超美味。それと最初にお膳に乗ってでてきたときの盛り付けが美しい。和食の経験があってこそできる技と言える。若女将の顔を見ながら食べられると言うおまけもついて、至福の時を過ごすことができた。明るいところで見る若女将もイイですヨ〜。今年の夏は通ってしまいそうです。

武骨=『炎のつけ麺』を食べに行くが、2時頃で終ってしまったという。今日に限って終るのが早かったようで残念というか、内心ホッとしている。話しによるとかなり辛いそうなので、食べられるかどうかのほうが心配だったのだ。また体調を整えて挑戦しましょう。


tosimon3 at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月19日

3連休だが…

休麺日無し1522日目
487)麺くらい@野沢
488)かずら@犬蔵

今日からカミさんが旅行で3日間いない。我が家では猫を4匹も飼っていて、誰かが面倒をみなくてはいけないので、結局私が連休をとることに。今朝はカミさんが餌をやって出かけているので午前中は寝てしまう。昼前に起きて携帯を見ると、妹からのメールで叔父が亡くなったことを知らせてきていた。今朝の1時頃というから、昨日我々が帰ってから10時間後ということになる。残念だがこればかりはどうしようもない。最後に会えてよかったと思うばかりだ。明日がお通夜で明後日が告別式になるようだが、叔父の家は何しろ遠い(栃木県芳賀郡二宮町)ので、通夜は失礼させていただいて告別式に参列することに。午後は実家へ行って資料館の整理。夜になってラーメン2杯。

tosimon3 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月18日

宇都宮で

休麺日無し1521日目
485)もちもちの木@宇都宮
486)花の季@宇都宮

先日、妹から叔父の具合がよくないので見舞いにいかないかという連絡があったので、入院先の宇都宮の病院へ弟も一緒に3人で見舞いに行くことになった。ならばこのチャンスを逃す手はないと、叔父には申し訳ないがラーメン店も行くことに(笑)。叔父は一年ほど前から痴呆と老衰による体力低下で、ずっと意識不明の状態が続いており、見舞いに行っても全く分からないのだ。

もちもちの木=ずっと宿題だったお店。5月に野田店で福田さんからこちらでも味噌をやるから…ということで楽しみにしていたのだが、まだやっていないとのこと。ガッカリ。野田店の店長さんがこちらの店長になっていたようで、顔を覚えていてくれたので話しをすることができたが、宇都宮店はやや苦戦ということだった。陸橋の則道沿いという立地もあるだろうが、どこから見ても分かるような看板の設置とか、まだ集客方法でやるべきコトは沢山あるように思う。

花の季=移転してからまだ行ってなかったので寄ってみる。広々とした田園の中に違和感なく溶け込んだ、なかなかきれいなお店だ。南側の畑には西瓜や茄子、胡瓜などが栽培してあり、何とものどかな風情。後で分かったのだが、これらの野菜をサービスで食べさせてくれるのだ。今日は茄子の浅漬けが出てきたが、旨かった。店員さんの対応もいいし、気持ちのいいお店だ。ラーメンの味のほうは、移転前よりやや薄めになっていたような気がしたが、
あまりはっきりした記憶ではないので確信は持てない。




tosimon3 at 04:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 栃木県 

2005年07月17日

大江戸骨董市〈7〉

休麺日無し1520日目
龍)西東京市
ZERO)立川

月一度の「大江戸骨董市」だが、8月は休んで9月からは月2回開催になるそうだ。屋外で開かれる骨董市としては、規模、質、集客力共に関東でも有数の市だけに、出店申込みがかなりあるそうで、知り合いの骨董屋さんなどは「申込んでも全然出させてくれない」と嘆いていたが、これでかなり解消されるかもしれない。見るほうにとっても毎回店が変ったほうが面白いのだ。

龍=骨董市の後、国分堂へ行くために新青梅街道を走っていると、東伏見駅のあたりにこの店を発見。ここは確か以前は数字が店名になっていた(?)店の筈。前はよく駅前の骨董市に来ていたので、ここの店にも何回か入った覚えがある。いつ変ったかは分からないが、とりあえず入ってみる。編集長がラーメン、私がつけ麺を注文。ラーメンはいわゆる東京トンコツに分類されるもので、背脂入り。つけ麺は同じスープに酸味を加えただけのもののようで、辛味が足りないので、テーブル上の七味を入れると丁度よくなった。ウ〜ン、リピートするかと聞かれたら、考えてしまいます。

ZERO=一昨年(?)だったかに立川伊勢丹の裏に出来た店。店主は「俺の空」で修行した方ということで、今はやりのトンコツ魚介味なのだが、ここもきら星や武骨同様、何かキリッとしたものがない。トンコツが強いと、どうしても同じような味になりがちなのだろうが、タレの味がスープに負けているのだ。この辺の改良はできないものなのだろうか?


tosimon3 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 骨董 

2005年07月16日

トマトラーメン2

休麺日無し1519日目
481)わさらび@伊豆白田
482)唐辛子@伊豆高原

昨夜からまた伊豆へ来ている。今回は一人なので、楽器の練習が結構できるかと思ったのだが、スーパートゥイーターの取り付け・調整や、新しく買ったデノンのDL-103というMCカートリッジの調整に手間取ってしまい、色々と試聴し
たりしていたら、かなり時間をとられてしまった。しかしスピーカーのほうは、さすがに高音のヌケがよくなり、それなりに満足できる音になったと思うが、大音量にしないと真価が発揮できないというのは、やはり問題か。音の入り口のほうはというとシュア−に較べて、DL-103の音の良さは際立っている。MMとMCの違いを改めて再認識。

わさらび=3時頃になって行く。先日上京した際の成果が気になるところだったが、トマトラーメンしか試作していないというので、それを食べさせてもらう。試作段階とはいいながら色々と工夫がされていて、美味しかったデス。

唐辛子=11時過ぎに寄ると先客が一組。何でも静岡からわざわざ坦々麺を食べに来ているという。ご夫婦揃っての辛いもの好きというのは珍しいかも。坦々麺の辛さは、超級やそのダブルというからすごい。このクラスになると、私などはたぶん一口も食べることができないと思う。そう言いつつ私も久し振りに坦々麺を食べるが、ただし、辛さは初級デス。(笑)

tosimon3 at 01:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月15日

冠木門

休麺日無し1518日目
479)松楽@秋葉原
480)冠木門@宮前区

冠木門=伊豆へ行く前に寄ってみる。実はこの店、地元でありながら今回が初訪問。いつでも行けると思っていると、なかなか行けないものなのネ。マアあまり良い評判を聞いていなかったせいもあるのだが…。醤油ラーメンは、ウ〜ン出汁が効いてないナ〜。その分醤油味が立っていて、しょっぱさが前に出てしまう。はっきりした味なのだが、うすっぺらな感じがしてしまう。麺が太いだけに、余計スープの弱さが際立ってしまうのだ。勿体無い気はするンだけどネ。

tosimon3 at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月14日

味玉は硬茹でに…

休麺日無し1517日目
476)山形家@神田
477)ちゃぶ屋@御徒町
478)鮎ラーメン@赤坂

山形家=ここの冷しラーメンはウマイ!数年前から夏になると必ず何回かは食べに行く。冷しといってもギンギンに冷えたものではなく、生ぬるいぐらいのものなのだが、このほうが脂が固まらなくてイイ。具はレギュラーのほかに削り節、大根おろし、ひき肉(味付)などが入っていて、最後まで飽きることなく食べられる。特にスープが美味しい。甘過ぎず、し
ょっぱ過ぎずのバランスがいいので、ついつい飲み干してしまう。老舗としてのプライドを感じる一杯だ。
それと余談だが、ここの味玉はかなりウマイ。ほとんどのお店の味玉が半熟になってしまった現在、硬茹で好きの私としては、常にこころの中で“硬茹での復権”を叫び続けているのだ(笑)。武蔵の味玉好きだったンだけど、元に戻してくれないかナ〜。あと、そらの味玉もウマイね〜。

ちゃぶ屋=御徒町のらーめん横町に味噌専門店として出店。編集長が食べたいというのでおつき合いする。ちゃぶ屋の味噌というのはあまり記憶にない。本店で限定で出していたのを食べたような気もするが…いずれにせよ、ちゃぶ屋らしい味というか、驚くようなものではなかった。

鮎らーめん=赤坂店でも『鮎涼ラーメン』が食べられる。セットで1500円。高いか安いかは別として、初のつけ麺は食べてみたかったのだが、ちゃぶ屋で食べてきた後だったので、セ
ットでは無理な気がしてパス。これは後日、本店の昼に行って、若女将の前で食べることにしよう(笑)。その若女将、本店に行ったままで不在。夜は戻っていると思ったンだけどネ〜。残念。



tosimon3 at 03:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月13日

鶏白湯

休麺日無し1516日目
473)山彦@末広町
474)麺神@神田
475)くじら軒@横浜本店

山彦=最近「鶏白湯」が注目を浴びているようだが、ここを忘れちゃいませんか?(笑)。
昨年からメニューになっている『白山彦そば』は、まぎれもない鶏白湯。鶏の出汁がよくでていて美味しいと思うが、ちょっと化調が強いかナ。ここなら化調なんかに頼らなくても、充分旨いラーメンが作れると思うンだけどネ。具に味付けされた鶏肉が入っているが、これもうまい。

くじら軒=夜は早めに帰ってきたので、「魂」へ行ってみようと車で出たのだが、くじら軒の前を通ってみたらまだやっていた。9時までと思っていたのだが、最近は10時までに変更になったようだ。それじゃあという訳で入ってしまいました。



tosimon3 at 03:07|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 東京都 

2005年07月12日

リベンジ

休麺日無し1515日目
471)がんこ八代目@末広町
472)めじろ@代々木

がんこ=今年初めての塩冷しを食べる。昨年まで叉焼代りに入っていた鴨肉(好きだったんだけどネ〜)が、今年から鶏肉に変更されたようだが、これはこれでなかなか美味しい。(ちょっとしょっぱかったけれど)

めじろ=先週坦々麺を食べはぐったので、そのリベンジ…という訳でもないが、少し早めの8時前に着く。食券を買っていると後ろから「コンバンワ」の声。見ると武骨の西尾さんでした。イヤ〜こういうところでお会いするとは思わなかったけれど、話しを聞くと、ここの雄太君とある場所でぐうぜんに知り合ったとか(偶然でなく必然だったのかもネ)。隣に座らせてもらうと「ついさっきまでここにOOSAKIさんが座っていたんですよ」とのこと。そういえば椅子が生温かったような…(笑)。1週間待った坦々麺は美味しかった。大西さんのこだわりが凝縮されているような辛さが、汗とともに舌にしみわたる満足の一杯でした。                 



tosimon3 at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 東京都 

2005年07月11日

昔が懐かしい

休麺日無し1514日目
469)松楽@秋葉原
470)渡なべ@高田馬場

松楽=このところスーパートゥイータ−を探してアキバ通いをしているのだが、以前からあ
った部品関係の店が次々になくなっていくのは、とてもつらいものがある。アキバには中学生の頃から通い続けていて、知り合いも何人かいたのだが、皆、店がなくなったり、リストラにあったりでアキバを去っていった。アナログ全盛期のあの熱気が懐かしい。本当にこのままではヲタクに席巻されてしまいそうだ。当時、この松楽やいすずには随分とお世話にな
ったものだが、その面影は残っていない。寂しいですネ〜。

渡なべ=19:30で先客1と、ちょっと寂しい。久々にラーメンを食べるが、ここへ来る度にトンコツが強くなっている気がする。ここまで強くしなくても充分オイシイはず、と思うのは私だけ?最初の頃のあのスッキリとした旨さはどこへいっちゃったんでしょうネ〜。

tosimon3 at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月10日

二郎風?

休麺日無し1513日目
466)大山@相模原
467)がんこ@相模原
468)梵天@渋谷

大山=午後から出かける。今回は醤油を食べたのだが、ウ〜ン何かちょっと違うナ〜。海老の入れ過ぎ?かどうか分からないが、スープが甘過ぎるし、コクもない。こんな味ではないと思うのだが、今日の営業は昼のみとなっていたので、スープの出来具合いに問題でもあったのだろうか?

がんこ=2時過ぎなのに、珍しく先客が5人も(笑)。『ラ−油塩つけ麺』を食べる。他店ではまず作らないようなメニューを、ここでは食べることができる。これが面白いンだよネ。作るほうは大変なんでしょうけど…。

梵天=夜になって渋谷方面へ出る用事があったので、開店したばかりのこの店へ。とら会のレポでは、まっち棒と経営母体が同じとか、二郎風だとかの書き込みがあったが、確かにデフォのラーメンに関してはライトな二郎風だが、二郎を知らない人にはこれでも結構インパクトがあるようだ。現に隣で食べていたアベック(今はカップルというのか?)は「超ウマイ」「超オイシイ」を連発していた。二郎に習って化調まで強くしなくてもいいのにネ。

tosimon3 at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月09日

井之上屋の冷し

休麺日無し1512日目
463/464)井之上屋@春日部
465)もちもちの木@野田

井之上屋=野田へ父親の墓参りに行ったついでに寄る。最近このお店の動向にちょっと注目しているのだが、東京周辺のお店の中では、かなり健闘していると思う。(最初はどうなるかと思ったけどネ)(笑)。冷しの第2弾として『いりゴマ冷し麺』が出ていたので食べてみる。ゴマを使った冷しは、たいていの場合冷し中華的な味付けになることが多いが、ここのは冷したスープにゴマをブレンドしているので、純粋なゴマ冷しとしての味が楽しめる。
その後『かけラーメン』もいただくが、これが本当に旨い。このレヴェルの塩ラーメンを食べさせてくれるお店は、そう何軒もないはず。店主の井上さんの話しでは、近々「二毛作」をやってみたいとのこと。本気のようです。

もちもちの木=夜の8時過ぎで約20人ほどの列。相変わらずの人気。さすがに福田さんはいなかったが、スタッフの動きもいいし、気持ちよく食べれる雰囲気が好ましい。こっちでも味噌をやってくれないかナ〜。


tosimon3 at 02:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 | らーめん 千葉県

2005年07月08日

みそぎ川

休麺日無し1511日目
460)TAKAHARA@岩本町
461)しかた@青葉台
462)キリン食堂@相模原

TAKAHARA=昨日岩本町駅近くで見つけた店だが、以前からあった店がリニューアルしたのだそうだ。地下1階にあるためあまり目立たないが、店の創りはなかなかいい。比内地鶏使用というので期待したのだが、化調が強く本来の旨さが出ているとは思えなかった。女性の店員さんの一人が“唇にピアス”で、何だか痛そうだった。(本人は痛くないンでしょうけどネ)

しかた=夏になるとここの『みそぎ川』(冷し)が食べたくなる。確か昨年は冷しが出る前に来たので、結局食べられなかったんだけど、もう少し頻繁に来てもいいお店なんだよネ。
今年の『みそぎ川』は器が変わっていたし、麺もかなり細くなっていた(一福の時に較べて)が、旨さはそのまま。ハモの梅肉落としなんて、ここでなければ気軽に食べられないからネ〜。6月から平日は深夜1時(LO)までの営業になっていた。

キリン食堂=もう一度冷しを食べたいと思って行くと、嶋崎さんが「裏メニューのつけ麺があるよ」というのでそちらに変更。「屋台のソースせんべい?を意識して作った」というつけ汁は、何とも不思議な味。エスニック系であることは間違いないと思うが、何を使っているかは特定不能(ガラム・マサラ?)。これまで食べたことのない味だが、これはこれで美味しいですヨ。

tosimon3 at 03:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月07日

翠の冷し

休麺日無し1510日目
458)武骨@上野
459)萬福@東銀座

武骨=3時頃に限定の『翠の冷し』を食べにいく。2時からしか食べられないのに、私の分が最後だった。結構人気あるのネ。丼の底に鶏肉とタレ、その上に麺が乗り、更にその上に豆腐を出汁で和えたものと、オクラをやはり出汁で和えたものが乗る。見た目のインパクトはかなりのものだが、食感はもっとすごい。オクラの量が多いので「ズルズル」という感じで啜り込むのだが、まるで納豆の油そば(笑)を食べている雰囲気。ウマイ、マズイは別次元の問題。ここまでやったことに敬意を表したい。

萬福=夜になって、東銀座の東劇に「砂の器」を見にいく。デジタルリマスター版とかいってリバイバルさせる手法が最近流行っているようだが、この映画は劇場で見たことがなかったので、かなりの感動モノだった。最近こういう感動のできる映画がないネ〜。ということで、その感動をひきずったまま、萬福で中華そばを一杯。こちらも2〜3年前にリマスター
(笑)されているが、味は以前より旨くなっていると思う。卵焼きが小さくなったのが不満。

tosimon3 at 03:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月06日

伊豆から

休麺日無し1509日目
455)青葉@御徒町
456)とくや@駿河台
457)ぽっぽっ屋@小伝馬町

青葉=御徒町にラーメン横町ができたというので行ってみる。青葉、ちゃぶ屋、六角家が出店していて、昼時なのでどこも10人以上が並んでいる。その中でも一番少なそうだった青葉に並ぶが、少なそうに見えたのは外だけで、ここだけ店の中にも並んでいたのネ(泣)。
待っているうちに厨房を見ると、作っているのは後藤さんじゃないですか。今度はこちらの店長さんに?。後藤さんも気が付いて会釈をしてくれたが、とても話しのできる状態じゃなかったので、つけ麺食べて店を出た。マア確かに青葉の味ではあったけど、甘味が足りなくて、ちょっとしょっぱかったかな。

とくや=青葉を出て携帯を見ると、わさらびの塙さんから着信有り。電話をすると、今「眠庵」@須田町にいるという。そういえば先週寄った時に「6日か13日に行くかも」と言っていたのを思い出す。トマトを使ったラーメンかサラダ麺を作ってみたいと言っていたので、それならご案内しましょう、ということになっていたのだ。とりあえず眠庵で落ち合い、まず「とくや」へ行って『塩トマト』を食べる。あまり参考にはならないかもしれないが、この辺でトマトを使っているのはここしかないのだ。その後ぽっぽっ屋と思ったが、中休みにかかってしまうので夜の部にすることにして別れる。

ここで宣伝を(笑)。「眠庵」というのは、塙さんの友人が須田町で開いている日本蕎麦のお店で、手打ちのなかなか美味しい蕎麦を食べさせてくれる。サイドメニューに自家製豆腐があるのだが、これが絶品。日本酒も珍しいものが揃えてあるようだ。店の場所がまたすごい。靖国通りの須田町交差点からJR高架寄り一本目を右に入ってすぐなのだが、そこから巾90センチぐらいの路地を入った奥にあるため、分かりにくいことこの上ない。来月号の「男の隠れ家」他に載るそうなので、静かに食べれるのは今のうちかも。
神田須田町1-16-4 TEL.03-3251-5300 12:00〜14:00 17:30〜21:00 不定休

ぽっぽっ屋=夕方6時過ぎにまた眠庵で待ち合わせてぽっぽっ屋へ。私もここへ来るのはかなり久し振り。サラダ麺は相変わらず美味しかったが、塙さんの感想は「麺が硬すぎ」だそう。伊豆では麺は柔らか目のほうが好まれるそうで、この辺を考慮して新メニューを考えてみたい、ということで別れる。次回の訪問が楽しみだ。

tosimon3 at 02:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月05日

坦々麺が…

休麺日無し1508日目
453)凡凡ハウス@稲荷町
454)めじろ@代々木

凡凡ハウス=一時TVに出たりで混んでいた時もあったが、今日は12:25で2席空きという状況。つけ麺を食べるが、相変わらず麺はウマイね〜。ちょっと軟らか目なんだけど、このぐらいの食感は好きですヨ。

めじろ=確か今日から『坦々麺』が食べられるはず…と思い、9時半頃に行くと店の前に大西さんがいて、私の顔を見るなり「坦々麺なくなっちゃったヨ」と冷たいお言葉(笑)。マアそれは仕方ないので別のものを、と思い中へ入ると、奥に数人のお歴々が。大西さん例の“ツイタテ”をズズ〜ッとカウンターの中ほどまで下げて、私もその一角に加えてもらう。
と「そこまでツイタテ下がったの初めてジャない?」の声。皆さんの話しを聞くと、全員坦々麺は食べられたようで、一様に「美味しかった」の一言。ウ〜ンかえすがえすも残念、
っていうか悔しィ〜ッ!。しか〜し大西さん曰く「こんなに人気あるんだったら来週は数を
増やすよ」と嬉しいことを。来週まで待ちましょう。

tosimon3 at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月04日

服部通信休刊!

休麺日無し1507日目
451)戎 二恩@神田
452)服部@西神田

服部=服部通信の新しい号が出ているかと思い行ってみるが、まだ出ていなかった。宮井さんに聞くと、しばらく休刊するかもしれないとのこと。休刊=廃刊というケースが多いンだよね。ウ〜ン毎月楽しみにしていたのに残念。不定期でもいいから継続してほしいナ〜。夏メニューの第1弾として『ジュレ・ジューシー麺』が出ていた。昨年のものをバージョンアップしたもので、具や盛り付けの変化でかなり違ったイメージのものになっていた。一番良かったのは、昨年のアボガドがマンゴーに変わっていたこと。アボガドはダメなんですヨ。

tosimon3 at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月03日

レコード50円!

休麺日無し1506日目
449)狼煙屋@東大和
450)無坊@武蔵小金井

今朝方伊豆から帰ってきて、午前中は寝てしまい、午後から常盤氏が見つけてきたリサイクル店へレコードを見に行く。ここはリサイクル店には珍しくレコードの数が半端じゃなく多い。おそらく15000〜20000枚ぐらいはあるんじゃないかと思うが、店内の棚に整理されているのは5分の1ぐらいで、あとは奥の倉庫に段ボールに入ったままで積み上げられている。
ジャンルとしては洋楽、邦楽のポップス系がほとんどで、ジャズ、クラシックの少ないのが難点だが、中には都内のレコード店で数千円の値段がつけられているようなものもある。そしてこれらすべてLPは1枚50円、EPは10円なのだ。結局私は73枚買ったが、税込で4千円弱。当時のレコード2枚分にも満たないのだ。これはもうやめられません。(笑)

狼煙屋=レコードを見に行く前に寄ったのだが、2時過ぎでも7〜8人が常に並んでいるという状態。以前益見さんから「休日は300以上出る」と聞いたが、この状態を見る限り本当のようだ。決して便利とはいえないこの場所に、どこから人が集まってくるんでしょうネ。隠れた行列店というところか。辛つけ麺を食べる。青唐を使っているので、見た目は辛そうではないが、食べてみるとかなり辛い。いわゆる旨辛い味でクセになりそう。

無坊=かなりのご無沙汰。夏メニューとして『梅シソつけ麺』が始まっていた。今年はあちこちで「梅シソ」とか「梅塩」といったつけ麺にお目にかかるが、一種のブームなんだろうか?。ここの梅しそは極オーソドックスなもので、塩つけ麺からの派生メニューといった位置付けになりそうだが、旨かった。

tosimon3 at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月02日

伊豆コン〈6〉

休麺日無し1505日目
447)わさらび@伊豆白田
448)唐辛子@伊豆高原

伊豆コン=今回の参加者は、高岡氏(編集長)、常盤氏の常連に、私の高校時代からの友人である荒谷君(ヤマハ勤務)が加わっての4名。荒谷君がヤマハのPA用ではあるが38cm
ウーファー付きのA15というスピーカーシステムを持ってきてくれたので、JBL4312との聞き較べもしてみたが、低音に関しては30cmと38cmの差は歴然。トータルバランスとしては、やはりJBLに軍配が上がるが、予想以上にA15の音は良かった。中・高域をホーンスピーカーが受け持っているので、この辺がやや厳しいところ。スーパートゥイータ−を加えてやれば、そこそこの音になるだろう。800Wまで入力可能というシロモノなので、かなりの大音響でもびくともしないというのが頼もしい。音源のほうで今回のイチオシは、「チェット・べ−カーin Japan」というLD(レーザーディスク)。この1年後に亡くなっているのだが、まさに鬼気迫る演奏を聞かせてくれる。一曲終る毎に全員拍手であった。こういった盤が1000円程度で買えるという今の状況は嬉しいですネ〜。

わさらび=夕飯は、たまにはラーメン以外のものでも…と提案したのだが、結局ここへ来てしまった。食べ終った後で塙さんが「今年の夏用にトマトを使ったラーメンを考えているんだけど…」と言う。具体的なものはまだ出来ていないようだが、次回が楽しみ。

唐辛子=帰りがけに寄ると、マスターが私に食べさせたいラーメンがあるという。しばらくして出来てきたラーメンは、何と『トマトラーメン』。あまりの偶然に「伊豆ではトマトラ
−メンが流行ってるの?」と思わず聞き返す。このラーメン、例によって色々と仕掛けがあ
って複雑な味。なかなか美味しくいただきました。その後、今日がママさんの誕生日であることが判明。急遽お誕生会になってしまった。とそこへ、グッドタイミングで例の板さんから電話。誕生会をやっているというと、寿司ネタが残っているので、こっちへ来て握ってくれるということに。ネタは海老、中トロ、カマス、ハマチだったが、このカマスが旨かった。釣って一夜干しにして食べたことはあっても、寿司ネタとしては初めて。昆布締めの仕事がしてあったせいなのか、これほど旨いとは思わなかった。やはりプロなんですネ〜。何だかんだで店を出たのは1時過ぎだった。





tosimon3 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年07月01日

馬ラーメン

休麺日無し1504日目
445)彩香@神田
446)鏡花@立川

彩香=一応ラーメン専門店である。この名前を聞いて「ああ、あそこの店ネ」と分かる人は、かなりのラーメン通?(笑)。(もっとも同名の店はたくさんあるけどネ)この店は神田駅から近い割には表通りから脇道に入り更に路地を入ったところにあるので、かなり分かりにくいお店といえる。古くからあるお店のようで、私が神田へ勤めはじめた頃にはもうあったと思うが定かではない。味のほうは、かなり醤油が強めで、はっきりとした味。昔の味のするラーメンだ。

鏡花=今晩からまた伊豆へ行くので、立川へ行ったついでに寄ってみる。『馬らーめん』は冷たいスープと熱いスープの2種類あって、編集長が冷たいほうを食べるというので、私は熱いほうを。スープは塩味をチョイスしてあった。匂い消しのためにも醤油になるのではと予想していたので、これは意外だった。熱いほうではやや脂の匂い?が気になったので、このラーメンに関しては冷たいほうが合っているのかもしれないが、いずれにせよラーメンとしての完成度は十分に高い。

tosimon3 at 03:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都