2005年08月

2005年08月31日

8月は68杯

休麺日無し1567日目
579)大勝軒@野沢
580)廣功秀@駒沢

最近ラーメンを食べるペースが落ちてきている。勤めていたときは、昼に一杯、夕方一杯でたまに夜にもう一杯というペースが作れたが、家にいるとどうしても食べに出るのがおっくうになってしまい、夕方から出かけてせいぜい2杯。たまに3杯食べるとこれはかなりの負担になる。当り前なのだが、昼から3杯と夕方から3杯というのでは腹の減り具合が全く違うのだ。家にいて昼から食べるというのはかなり難しい。特に夜型の生活を続けていれば、午前中は寝ていることが多いので尚更だ。生活のパターンを変えなくてはと思うのだが、なかなかうまく行かない。どうすればいいんでしょうネ〜。

大勝
大勝軒=夕方になって出かける。何となく大勝軒のもりそばが食べたいという気分で、青葉台にするか野沢にするか迷ったが、野沢なら実家でひと休みできるし近いのでこちらにする。店に入ると若い女性が厨房に立っている。しばらく来ていなかったのでいつからなのか分からないが、大勝軒系で女性が作るっていうのは珍しいンじゃないかな。味のほうは心配だったけどあまり変ってはいなかった。ここの甘さと酸っぱさの強い味は、本来の大勝軒とはちょっと違うけどこれはこれで好きなのヨ。

廣功秀
廣功秀=最近ここではつけ麺以外食べていない。マア旨いんだからしょうがないよネ。麺がやたら旨いのもポイント高いし、叉焼も2種類入っていて、特にバラ肉の角煮のほうは本当に旨い。ゴーヤもまだ入ってました。

tosimon3 at 04:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月30日

斑鳩の期間限定

休麺日無し1566日目
576〜7)斑鳩@九段下
578)○麺堂@関町

斑鳩1
斑鳩=このところ立続けに新作を出しているので、これは食べにいかねば…と夜の部に合わせて出かけるが、交通渋滞などで着いたのは6時20分頃。いずれも数が限定なのでダメかなと思ったが、まだ残っていた。まずは昨日から始まった『濃厚豚骨味噌/平打麺・鰹風味』。斑鳩の味噌というのは珍しい。豚骨味噌のスープは名前の通りかなり濃厚で(当り前か)、結構巾のある平打麺によく絡むが、ちょっと麺の厚みが薄過ぎるかな?もう少し厚みのある麺のほうがスープにも負けないんじゃないか…という気がした。鰹節の粉がトッピングされていて、これを溶かすにつれ鰹の香りが増していくというのは面白い。ただミソ味のスープに関しては、個人的にはもう少し味噌を前に出してほしかった。

斑鳩2
来たついでというか、店が混んでなかったのでもう一杯食べることに。2杯目は『冷し坦々麺』と思ったのだが、『平打ち醤油ラーメン』も気になって、どちらにしようか迷った挙句『平打ち醤油』にする。 同じ平打麺を違うスープで食べてみたかったのだ。結果としては醤油のほうが平打麺との相性がいいように感じた。この醤油味のスープは旨かったネ〜。


まる麺
○麺堂=編集長と待ち合わせて馬場のレコード店で100円レコードを物色した後、帰り道の途中にあるこの店へ。前回『牛麺』が美味しかったので今回も、と思ったら売切れだった。昼にかなり出てしまったとのこと。残念!。仕方なく私はつけ麺、編集長はラーメンを食べる。つけ麺のつけ汁は牛麺のスープと豚骨スープのWスープだそうで、これはちょっと面白い味。麺はラーメン用の細麺だったが、牛麺用の太麺のほうが旨そうな気がしたのでご主人に聞くと、「茹でるのに6分以上かかるので…それでも良ければお出しできますが」ということだった。そりゃぁ待ちますヨ、旨いものを食べるためなら何分でも。次回はそれにチャレンジしてみますか。それにしても奥様の笑顔がイイです。ファンになってしまいそうです。


tosimon3 at 02:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月29日

合鴨の目がかわいい

休麺日無し1565日目
575)富士乃家@東金市

朝4時!に勇次の田中さんと宮崎台の駅で待ち合わせ、田中さんの車で一路千葉へ向う。目的は勇次の鴨ラーメンに使う合鴨を仕入れに行くため。以前から話しは聞いていて、一度は行ってみたいと思っていたのだが、勇次の休みの月曜しか行かないので、これまで同行することがかなわなかった。
今回私がフリーになったのでやっと実現できたのだ。目的地は大原町にある「なごみ農園」というところ。高速を使わずに一般道で行ったのにもかかわらず7時には到着したのだが、ここへ来るまでにはちょっとしたスリルを味わうことになる。
国道から県道、農道とだんだんと山の中へ進み、ついには小さなダム湖に沿った林道へ分入ることに。もちろん舗装などはなく、車1台がやっと通れる道。ちょっと運転を誤ればそのままダムへダイビングということになりかねない。田中さんの車は少し前まではランクルだったのだが、いつの間にかRX−8(笑)に変っている。しかしここはスポーツカーでくるところじゃぁありません。道のあちこちに露出している岩に底をガリガリとこすってましたヨ…私は知りませんけどネ(爆)。
という訳で着いたこの「なごみ農園」は、湖の北端にわずかに広がる平地を利用したもので、西田さんという方が経営されているのだが、ここの作業場から見る景色(写真)が素晴しい。
西田
周囲はぐるっと山に囲まれ、眼前の湖がその緑を映し込んでいる。こんな素晴しい景色を一人占めできるというのは本当にうらやましい限り。ここで西田さんご夫妻は米作りは「合鴨&アゾラ(水草)農法」、野菜は「自然農法」という究極の農法で農業を営んでおられる。 
そしてこの合鴨農法で使われた合鴨が勇次の鴨ラーメンになるのだが、そのためには勿論殺さなければならない。生きている合鴨のくるくるっとした愛らしい目を見てしまうと、とても私には殺生などできそうにないが、我々が生きるためには仕方がないという西田さんの言葉に、その道のプロ意識を見る思いがした。
朝ごはんにいただいたおにぎりの米の旨さ、お昼の蕎麦の付合せに出てきた、農園で採れた野菜の天婦羅の旨さ、どれをとっても西田さんご夫妻の温かな手が作り出した芸術品だ。「人間が自然と一体になったとき、自然は絶対に人を裏切らない」と誰かが言っていたが、その証しがここにある。
愛犬「大五郎」(シェパード)の見送りを受けながら、満ち足りた気分で農場を後にすることができた。勿論、車の底に再びキズがついたのはいうまでもないが…(笑)。
しかし薬品が使われていない食材にここまでこだわるラーメン職人がいる、ということも我々は知るべきであろう。「なごみ農園」については、http://www11.plala.or.jp/miyotya/nougyo16.htm をご参照下さい。

富士乃家
富士乃家=帰りにどこかでラーメンを食べていこうということになり、超ナビで検索すると田中さんが前から食べたいと言っていた竹岡式の店が東金にあることが分かったので、早速東金へ向う。
ラーメンは確かに醤油が前面に出ていて竹岡式っぽい感じはするが、麺は生麺だし、香味油は入っているし、叉焼はバラ肉だし…と相違点が結構ある。玉ねぎが入っているので、味的には竹岡式というより八王子ラーメンに近い感じを受けた。これはこれで美味しかったけど…。

tosimon3 at 03:04|PermalinkComments(0)TrackBack(2) らーめん 千葉県 

2005年08月28日

有楽町骨董市で

休麺日無し1564日目
573)武蔵青山@青山
574)勇次@町田

有楽町の東京フォーラム中庭で開かれる「大江戸骨董市」は、普段は第3日曜日なのだが、8月に限って第4に変更になった。伊豆から未明に戻ってきたので、例のごとく出勤は昼になってしまった。
会場へ着くといつもより出店数が少ない感じがする。今日は他の何カ所かの会場でも大きな骨董市が開かれているので、業者さんが分散してしまったのだろう。端から順に見ていると、編集長から「はせがわ」で堤人形が出ているという連絡がある。直ぐに行ってみると、堤ではなく相良人形の古いものだった。ちょっと値段が高いので、その前に明峰さんのところへ行ってみると、花巻の恵比寿、大黒でかなり状態のいいものがあった。
江戸期のものであることは間違いないようなので、少し安くしてもらって購入。そして結果的には先程の相良人形も安くしてもらって購入してしまった。時代的には明治初期ぐらいだろうと思うのだが、毬をころがす童子という珍しい型なので、マア買っておいてもいいだろう。その後編集長を乗せて「勇次」へ行こうということになったのだが、時間的に早過ぎるので、まずその前に武蔵青山へ。『夏券繊』は私が最後だった。写真は19日にアップしてあるので今日は無し。

勇次
勇次=今日はさっぱりと『梅塩つけ麺』。イヤ〜やっぱり旨いッス。食後、ここの田中さんと明日千葉へ行くことになっているので、待ち合わせ場所等の打ち合わせをして勇次を後にする。


tosimon3 at 02:12|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 骨董 | らーめん 東京都

2005年08月27日

伊豆〈17〉

休麺日無し1563日目

571)わさらび@伊豆白田   572)伊達@伊東

わさらび●わさらび=昨夜からまた伊豆に来ていて、昼過ぎにわさらびへ。そろそろ移転の日程が決まった頃だと思い聞くと、現在地での営業は9月4日までで、稲取の店のオープンは10日ぐらいになりそうとのこと。ただ、種々の届け出や保健所の検査などがあるので、遅れる可能性もあるということ。稲取になると遠くなるナ〜。


伊達●伊達=正式には「浅草らーめん 伊達」となっている。ラーメンは透明感のある醤油で、かなり正統派の東京ラーメン。麺がもちもちっとした食感で、これは好み。帰りがけに浅草の意味を聞いたら、こちらに来る前は浅草で店を開いていたんだそう。浅草にこういう名前のラーメン屋さんがあったんですかネ?

tosimon3 at 04:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 静岡県 

2005年08月26日

亀我楽のニラキムチラーメン

休麺日無し1562日目
569)亀我楽@聖蹟桜ヶ丘
570)まるかみ食堂@聖蹟桜ヶ丘

きがら
亀我楽=三歩へ行くも7時15分ですでに終了。結構早く終っちゃうンですネ。で、次に行くことにしていた亀我楽へ。イヤ〜本当に久し振りです。最後に来たのがいつだったか覚えていないぐらいのご無沙汰。新しいメニューは?と聞くと『ニラキムチらーめん』があるというので食べてみる。醤油ベースのラーメンに「ニラキムチ」がどさっと入り、これにひき肉や叉焼、メンマなどのレギュラーの具、そして真ん中に卵の黄味が載ってなかなか豪華。
食べてみると、思ったよりニラキムチとスープの相性が良く、さながらニラキムチ坦々麺といった味わい。辛さもほどほどで、美味しかったデス。さすがに元焼肉屋さん。キムチの扱いには慣れているようで…(笑)。

まるかみ
まるかみ食堂=亀我楽を出てパーキングを通り抜け、表通りに出て左をみるとラーメンの提灯が。あれっこんなところにラーメン屋がある。今まで気が付かなかったナ〜。調べてみると昨年の2月にできたお店らしい。多摩本にも出てたのネ。となれば仕方がない、入っちゃいましたよ。ラーメンはトンコツのようで、他に『中華そば』というのがあったのでそれにする。小さめの丼に入って出てくるのは何かご当地ラーメンの風情だが、窮屈な感じがするのであまり好きではない。味は…油が多過ぎて最初はスープの味が分からない。煮干なんかも入っているようだが、ストレートに味が伝わってこないのは勿体ない。麺は美味しいのだが、かなり柔らか目。のびた柔らかさではないので何とか食べられるが、これもちょっと勿体ない。丼もう少し大きくならないかナ〜。

tosimon3 at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月25日

メールが…

休麺日無し1561日目
567)鮎ラーメン@二子玉川
568)めんくいや@久地

昨夜突然にメールが受信できなくなってしまった、というよりネスケのメール設定がとんでしまったようだ。どうやっても復帰できず、仕方なく新規に設定をやり直して何とか受信できるようにはなったが、これまでのメールボックスやアドレス帳までなくなってしまったので、これには参ってしまった。原因はまったく分からない。復帰させる方法ってないのかナ〜。昔からネスケを使っていたので、アウトルックはどうも使いづらいし…。困った。
台風11号が近付いているようで、朝から雨が降ったりやんだり。実家の資料館へ行くついでにまた鮎ラーメンへ寄ってしまう。雨のせいか先客1、後客1のみで、またもや若女将と差しつ差されつ(だといいんだけどネ)。夕方早目に帰る途中、久地の長富をのぞいてみるがやってない。5時からじゃなかったっけ?仕方なく近くの「めんくいや」へ。その後、再び長富の前を通ったら、やってるじゃない。5時半の開店になったのかな?。もう少し待てばよかったのネ。

めんくい
めんくいや=以前家系の店(辰巳家だったか?)があったところなのだが、この店になってからは食べていない。今日が初訪なのだ。とりあえずラーメンを頼んでからメニューを見ると、煮干ラーメンなんていうのもある。もう変更はききそうもないので、これはまた来なくっちゃいけないか?。ラーメンは見たところ家系のビジュアルだが、味はちょっと違う。トンコツ醤油といったほうがいいんだろうネ。麺はやたら太くてやたら硬い。これまだ生なんじゃない?というぐらい硬い。それなのでスープが麺に負けている。麺をもう少し柔らかくすればもっと旨くなるんじゃないかナ。硬けりゃイイってもんじゃないよネ。

tosimon3 at 02:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月24日

映画とウルトラマン?

休麺日無し1560日目
564)長介@新橋
565)共楽@銀座
566)萬福@銀座

午後から試写会が2本あるので、その前に新橋の長介で昼飯。1本目の映画は「ドア・イン・ザ・フロア」。ジョン・ア−ヴィングの「未亡人の一年」をトッド・ウィリアムズが監督して映画化したもの。主演はキム・ベイシンガーとジェフ・ブリッジス。私は原作を読んでいないので内容は知らなかったが、なかなかイイ映画でした。特にキムの演じる傷心の人妻役がよかった(これだけでも見たいという人がいるでしょ?)。彼女もこういう役が似合う歳になってしまったんですネ。ちょっと悲しいけれど…。そして最後になってやっとこのタイトルの意味が分かるという演出も見事。映像も綺麗だしオススメです。次の映画はまた別の会場なので、移動する間に共楽で1杯。2本目はタイの映画で「デッド・ライン」。題材がODA(途上国援助)という変ったもので、この題材がアクションに結びつくところがタイ的というかムチャクチャというか…(笑)。でもタイの映画だからってバカにしちゃぁいけませんゼ。結構やることはやっていて面白かったですヨ。10月に開催される『東京国際ファンタスティック映画祭2005』で上映されるそうです。
そして次はウルトラマンのお話(笑)。私の友人の陶芸家、今(こん)君が今日から銀座松屋の7階で陶芸2人展を開いているのだが、もう一人の方が黒部進さんといって、何と初代ウルトラマンヒーロー役をやっていた方なのだ。覚えている方も多いと思うのだが、私なんかも夢中で見ていた記憶がある。その黒部さんが今君の弟子ということで、今回2人展を開くことになったのだそうだ。ウルトラマンの陶芸というのも見る価値ありますヨ。こちらは編集長と一緒に見に行ったのだが、帰りに編集長がどうしても萬福のラーメンを食べたいというのでおつき合いする。

長介
長介=5月の半ばに行ったきりでかなりのご無沙汰だったが、ここのつけ麺、なかなか旨いですヨ。特に麺にタレが絡ませてあるので、後半になっても味が薄くなることがない。今日はややしょっぱ目だったが、そのほうが骨太の感じが出ていた。作る人の性格というか体格というか(笑)がラーメンにも出るンですね。

共楽
最近伊豆の共楽へはよく行っているのだが、たまには本店も食べておかないと、と思い寄ってみる。ウ〜ン今日は何だかスープの味が薄いかナ?この時間帯っていうのはスープの切り替え時なんだろうか、何かちょっと違うけどマア共楽の味には間違いない。化調もバッチリで舌先ジンジンだけど、これは伊豆のほうが少ないネ。

萬福
萬福=たまには別のものを、と思い「冷しそば」のゴマ味を食べてみるが、これはいただけません。まず飾り方がいけない。きゅうりと錦糸卵の上に鶏肉のスライスしたものが乗っているのだが、冷凍から出したままのような状態で、一瞬これは何?と思ってしまうほど。もう少しやり方があるんじゃないでしょうか。そしてゴマダレはしょっぱ過ぎで酸っぱ過ぎ。
酸っぱいのはかなり平気な私でも途中でめげそうだった。老舗としてはもう少し何とかして欲しい味。おまけに¥980は高いヨ〜。

tosimon3 at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月23日

突然の雨で…

休麺日無し1559日目

563)かずら@犬蔵

新しく購入したプリンターの設定や何やらで、夕方まで時間をつぶしてしまい、さあラーメンでも食べに行くか、と思っていたら遠くで雷が…。あれっヤバイかなと思っているうちに大粒の雨。間もなくどしゃ降りになってしまい、こりゃもう少し様子をみたほうがイイかもとまたパソコンの前へ。そのうち雷も近付いてきたのでパソコンもシャットダウン。我が家の4匹の猫どもは大きな音がするたびに右往左往。猫でも雷は恐いのネ。オヘソないのに。というわけで、雨が小降りになって家を出たのは10時前。この時間では遠出もできないので、近場の「かずら」へ。

かずらかずら=前回行ったのが7月19日だったから、1ヶ月以上行ってなかった訳だ。自宅からの距離としてはかなり近いほうなのだが、近場というのはなかなか行けないもので…。中華そばを頼んだあとでつけ麺があるのに気が付いた。そういえば以前も気付くのが遅れて次回はつけ麺、と思っていたのに〜。アルツハイマーはどんどん進行しているようで…(笑)。
9月からはいよいよ塩を出すそうなので楽しみ。


tosimon3 at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 神奈川県 

2005年08月22日

アキバ詣で

休麺日無し1558日目
561)とくや@駿河台下
562)大勝軒@神田

目の検査があったのでお茶の水の健保会館へ。終了後まだ昼を食べていなかったので、Kかとくやと思って行ってみると、Kは中休みに入っているようなので2軒隣のとくやへ。食事後は秋葉原でCDやオーディオを見て歩く。特に目的はなかったのだが、会社にいるときは週に1〜2回は来ていたので、この「アキバ詣で」をやらないと落ち着かない。40年続いた習慣はなかなかやめることができないのだ。しかし以前も書いたが、この「アキバ」の様変わりには悲しいやら悔しいやら。現在は「アキバ」というだけでイコール「おたく」というレッテルを貼られてしまうが、私のいう「アキバ」はやはり電気の「アキバ」なのだ。今日は石丸でアビー・リンカーンのCDを1枚買っただけで、今度は神田のさくらやへ行って中古カメラを物色。実は私ライカをはじめとするクラシックカメラ(クラカメ)も集めているンです。古いカメラがあったらご一報を(笑)。その後会社へ寄って編集長達と合流し、食事をした後カラオケへ。久々にタップリと歌わせていただきました。

とくや
とくや=夏の限定新メニュー『冷しごま辛らうめん』を食べる。よくある冷し中華のごまだれ味とは違い、どちらかというとごまだれの『冷しぶっかけ』といったもの。最近このお店はごまを使ったメニューが充実していて、これもそのシリーズの一つということか。辛さもちょうど良く、夏バテ気味の体にはいいアクセントになりました。

大勝軒
大勝軒=さくらやを出て神田駅のほうへ戻る途中、今川橋交差点の角に「大勝軒」の暖簾が見える。そういえば銀座大勝軒が神田に出店したという書き込みがどこかにあったナ。これがそうなのかと思い入ってみる。つけめんは確かにこれまでの大勝軒のものとは違い、煮干の利いた醤油味。麺は中太の最近では珍しい黄色味の強いもので、ややコシは弱いがスープとはよく合っている。これはこれで嫌いな味じゃないナ〜。でも神田に2軒の大勝軒というのはまぎらわしい。どう表記したらいいのだろうか。





tosimon3 at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月21日

花巻人形が手に入る

休麺日無し1557日目

559)味六そば@東村山市   560)和(かず)@久米川

午後から所沢の「柿の木」という骨董屋さんへ編集長と行く。このお店のご主人柿谷さんは伊万里、特に蕎麦猪口では有名な方で、近々本も出されるとか。

ここには土人形もかなりあって、中でも花巻の「桃かつぎ童子」は素晴しい人形で、資料館の目玉にぜひ欲しいと思っていたのだ。以前平和島の骨董市会場で手付けを払ってあったので、今日はその残金を払って何とか人形を手に入れることができた。せっかく来たのだからと、あと4点程購入したのだが、そのうち「ふくら雀」と「鳩」は土ではなく桐塑で出来ているのだが、これが素晴しい出来。どこで作られたものかは不明だが、そのうち解明できるだろう。(後日解ったのだが、これは「浅草練人形」というもので、かなり珍しいもののようだ)

その後常盤氏と例のリサイクル店で待ち合わせ、またまたレコードを物色することになったのだが、その前にまずは腹ごしらえと、途中の「味六そば」へ。
味六
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           ●味六そば=7月の終りに一度来ている。今日はつけ麺があったので編集長は醤油、私は味噌を頼む。味噌は最初ちょっと味が薄かったので、おばちゃんにそう言うと味噌ダレを追加してくれた。こういう家庭的なところがこの店のいいところなんですネ。赤味噌系のかなりさっぱりとした味だが、マアここではこんなもんでしょう。

●和=7時頃までレコードを物色した後、久米川駅前の喫茶店で反省会(何の?)。その後腹が減ったのでどこでもいいから食べようと入った店がここ。やはり久米川駅前にある店で、ラーメンはトンコツスープに背脂が入ったもの。ショップ系の味。腹が減っていると何でも旨いネ〜。(笑)

tosimon3 at 02:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 土人形 | らーめん 東京都

2005年08月20日

浜松町骨董市

休麺日無し1554日目
556)天虎@芝大門
557)呉屋@蒲田
558)○麺堂@関町

今日は浜松町の産貿会館で骨董市があるので、会場で編集長と待ち合わせ。私が先に着いて一通り見て回ったがあまり目ぼしいものがない。強いていえば平戸焼の「寒山拾得」像があったのだが、7万5千円の値付けなので、安くしてもらっても6万を切ることはないと思いあきらめる。同様の型違いのものをネットで安く落としているので、とても6万出す気にはならないのだ。というようなことを考えつつ編集長を待っていたのだが、来ない。携帯にかけるとまだ新宿だという。なんじゃそれは…ということで、それならまだ時間があるので、近くの「天虎」へ行くことに。

天虎
天虎=7月に武蔵小山から移転してきた店。武蔵小山時代にも行ったことがなかったので初訪になる。席に座ると和服姿の女将が熱いタオルを差し出してくれる。そういった雰囲気からラ−メンは鶏ガラ系の清湯と勝手に思っていたら、スープはかなり濃度の高いトンコツで結構しょっぱ目。そこに硬めの西山製の太麺が入り、全体の感触としてはかなり男っぽいラ−メンに仕上っている。これは意外でした。そして食べ終るころになると、今度は冷たいタオルを絶妙のタイミングで置いていってくれる。ウ〜ンなるほど、ラ−メン1杯に2本のタオルなんておそらく全国でもこの店だけでしょうネ。評判のいい理由が分かりましたヨ。

呉屋
呉屋=前出のお店もそうだが、最近南のほうのお店がやたら元気だ。(秋葉家みたいに元気が良過ぎるお店もあったが)(笑)。このお店もそのうちの1軒。塩ラ−メンの評判がイイようで、それを食べようかと思ったが、編集長と2人で同じものを食べてもしょうがないと思い、私はつけ麺にする。『汐そば』は透明感のある黄味がかったきれいなスープで、なかなか美味しい。それに対してつけ麺のつけ汁はトンコツ魚介系の醤油味。麺もラ−メンとつけ麺では違っていた。イヤ〜これは両方とも旨かった。今度機会があったら醤油ラ−メンも食べてみたい。

○麺
○麺堂=店名は実際はマルの中に麺という字が書いてあるのだが、表記できないのでこうなってしまう。練馬区と西東京市との境目近く、青梅街道沿いに3月にできたお店。最近の「ラ−メン鑑定団」に出ており、特に『牛麺』というメニューが気になっていた。カウンタ−のみの小ざっぱりとした店内。お目当ての『牛麺』は1日20食(だったか?)の限定だそうで、聞くと「まだあります」とのことで食べてみる。スープは茶濁しているが、牛のスジ肉を使っているそうで、甘味のあるまろやかな味。魚介(節系)も利いていて、なかなか美味しいが、やや甘味が強過ぎるか?。もう少し押さえたほうが醤油の味が引き立つような気がしたが、これは個人差があるかもしれない。牛のホホ肉を柔らかく煮込んだものがチャーシュー代りに入っているが、これがやたら旨い。これを食べてしまうと、豚の叉焼が下品に思えてしまう。ハマり込んだら抜けだせない危険な味(笑)、というのはチト大袈裟か。イヤその位の吸引力は十分にある。奥様の笑顔がステキなお店でした。



tosimon3 at 01:31|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 骨董 

2005年08月19日

やっぱり鮎

休麺日無し1553日目
553)鮎ラ−メン@二子玉川
554)武蔵青山@青山
555)すずらん@渋谷

鮎
鮎ラ−メン=今日は歯医者へ行く予定だったので、その途中にまたまた寄ってしまいました。小田さんは直前に出かけたということで、厨房には若女将1人(会計と厨房兼任の男性店員が1人いたけれど)。客も私1人だったので、しばし若女将を独占状態。それにしても『鮎涼つけ麺』旨いです。外の暑さを忘れさせてくれます。そしてつけ麺を食べ終った後の鮎茶漬け、これがまた美味。おかわりしたいくらいです。とりあえずは9月11日までとのことなので、お早めに。平日は2時半前後までは、やっているそうです。

武蔵
武蔵青山=3時頃だったので、限定メニューの『夏巻繊(なつけんちん)』はないだろうと思いつつ行ってみると、まだありましたヨ!「巻繊汁」からヒントを得ているのか、これまでの武蔵のメニューとしてはかなり異色のもの。崩した豆腐や人参などに、味付きのバラ肉が入っていて、やや薄味ながらなかなか美味しい。冷し麺としてはかなり気に入りました。
麺が旨いというのも高ポイント。ビジュアルも武蔵らしくない(笑)というのが面白い。

すずらん
すずらん=すっかり人気店になってしまった感があるが、確かに美味しいもんネ。何故かここへ来るのは金曜が多いのだが、昼に来なければ意味がない。夜は通常メニューしか残っていないのだ。昨日勇次で味噌つけを食べたので、最近一番気になっていたここの味噌つけを食べてみるが、ウ〜ンやっぱり勇次のほうが私の舌に合っている。ここの味噌つけもそれなりにレベルは高いし、麺はこちらのほうが旨いのだが、味噌の味の完成度は勇次に軍配を上げたい。でも味噌野菜つけ麺で¥950というのはちょっと高過ぎじゃないかナ〜。

tosimon3 at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月18日

8歳以下入店禁止

休麺日無し1552日目
551)勇次@町田
552)キリン食堂@相模原

勇次
勇次=最近このお店は「8歳以下のお子さまは入店をご遠慮ください」という貼紙を出している。色々と考え抜いた末の結論なんだそうだが、客の立場からすると「客を何だと思っているんだ」という非難はまぬがれない。当然家族連れの客は減るので、売上げに影響することも必至。それでもこの貼紙を出したというのは「他のお客の迷惑になるから」というのが一番の理由のようだ。個人的にはこの考え方に賛成だが、もう少し年齢を下げてもよいのでは、とも思ってしまう。儲かっているお店ならいいんでしょうけどネ(笑)。今日は『味噌つけ麺』を食べる。ここの味噌はラ−メン共々本当に旨い。味噌ラ−メンの好きな方にはぜひ一度食べてみることをオススメする。個人的には先日食べた「すみれ@池袋」よりははるかに旨いと思う。他のメニューはほとんどがアッサリなのに対し、味噌だけは何故かかなりのこってり。それも単に油を多くしただけのこってりではないので、後で胃にもたれるようなこともない。食べ終ったあと、残ったスープにライスを入れて食べるのがまた美味。やめられません。

キリン
キリン食堂=今年の『冷しらーめん』をまだ1回しか食べていないので、食べにいく。前回に比べ味付けがやや濃くなっていたような気がしたが、やはり旨い。特に麺の旨さが際立っている。最初の時ほどのインパクトはないかもしれないが、完成された旨さが堪能できる1杯だ。島崎さんの独立については、まだ店舗が決まっていないので未定だそうだが、町田で
物色中とのこと。どんなお店になるんでしょうネ。

tosimon3 at 00:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月17日

青葉…ン?

休麺日無し1551日目
548)武骨@上野
549)青葉@御徒町
550)鮎ラーメン@二子玉川

武骨
武骨=会社へ行く用事があったので、ついでにここへ寄ってみる。限定のつけ麺『菜』はすでに売切れていたので普通のつけ麺にするが、今日のつけ麺は前回より酸味が強くなっていたせいか、随分と旨かった。スープ割もGoodでした。でも麺が旨いというのが一番かな。


青葉
青葉=会社の女性社員が青葉のラーメンを食べたいというので、編集長と3人で御徒町のラ−メン横町へ。2人はつけ麺、私は前回食べているので今日はラ−メンにする。出てきたラ−メンのスープを一口、ン、ン、ンッ?つけ麺のときは酸味があるのでよく分からなかったが、これは青葉の味じゃない。薄いとかそういう問題じゃなくって、根本的に何かが違う。
ウ〜ンこれでいいのかナ〜?

tosimon3 at 04:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月16日

福生で振られる

休麺日無し1550日目
546)太陽堂@立川
547)鏡花@立川

あ〜あっ、やってしまいました。雫@福生の夜の部へと思って5時過ぎに到着。車をパーキングへ入れて店の前へ行くと、ありゃ閉ってる。入口のすだれのところには無情にも「スープ売切れのため終了いたします」の貼紙が。ということは、昼で売切れちゃって、夜はやってないということなのネ。ここまで来てそりゃないよナ〜(泣)。そういえば昨日誰かさんが「あそこまで行って振られると痛いですからね」って言ってたナ。って本当にその通りになっちゃったじゃない(怒)。マア仕方ないよね。また出直しマス。

太陽堂
太陽堂=福生まで来たからには帰りはやっぱりここでしょう、と久し振りに寄ってみると、店主の須崎さんに「珍しい時に来ますね」と言われてしまう。「エエ、色々と…」と口ごもる私。(笑)
でも今日の塩つけ麺、いつもより甘味があって本当に旨かった。救われました。


鏡花
鏡花=太陽堂に来たからにはやっぱりここでしょう、と久し振りではないけど寄ってしまう。先日食べた尾道ラーメンがやたら旨かったので、もう一度食べたかったのと、サイドメニューの『きまぐれ丼』を食べる目的もあったのだ。実はお恥ずかしい話だが昨日まで鏡花にサイドメニューがあることを知らなかった。マア私はどこでもラーメン以外はあまり食べない(本当は餃子大好き人間なので餃子だけは食べたいンだけど、後のことを考えるとネ)のだが、鏡花のサイドメニューともなれば一度は食べておかねば、ということなのだ。『きまぐれ丼』といってもいわゆる『ちゃーしゅー飯』なのだが、なかなか美味しかったデス。



tosimon3 at 03:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 東京都 

2005年08月15日

ラーメンが熱い

休麺日無し1549日目
545)神座@渋谷

神座
今日は新宿でラーメン好きの集まる会があったので、夕方から出かける。会場へ着く前にどこかで1杯と思っていたのだが、別のところへ寄ったりしていたため時間がなくなり、結局食べずに会場へ。ラーメンというだけでこれだけの人たちが集まるというのが、冷静になって考えてみると何か不思議な気がするが、熱気むんむんの場内であった。終了後、何人かは近くの神座へ行くと言っていたが、私は弥七の酒井さんと駅まで同行したので、そのまま渋谷へ。そして一人で神座@渋谷へ行ったのでした(笑)。ここはまだ未食だったので普通のラーメンと思っていたのだが、『冷しらーめん』があったので食べてみる。ところがこの冷し、意外に旨い。キムチが入っているのだが、これがいいアクセントになっていて食欲を刺激してくれる。バカにできません。


tosimon3 at 03:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月14日

麻雀惨敗

休麺日無し1548日目
543)夏麺@池袋
544)すみれ@池袋

恒例の「とら雀」参加のため、10時に池袋へ。寝不足気味で今日はダメかもと思っていたら、案の定沈みっぱなし。9半チャンのうち2位が1回だけで、あとは3、4位ばかり。トータルでも最下位になってしまった。前回は4位だったのに〜(泣)。つきのないときはどうやっても勝てないものなんですネ。(ウデが悪いのは分かっているンだけど)。それにしても悔しいネ〜。でもこれ以上落ちることはないからマアイッか。

夏麺
夏麺=「生粋」が夏の間だけ店名とメニューを変えて営業するという、新形態の店。麻雀の途中で抜番のときに行ってみる。何を食べようか迷ったが『涼水麺』というつけ麺にしてみる。つけ汁は冷たいもので、例のさんまも入っているようだ。麺は冷水につかったまま出てくるのだが、この麺が絡まりあって思うように食べられない。その上絡まっているから水切れも悪く、つけ汁がすぐに薄くなってしまい、あまり美味しいとは思えなかった。隣で食べていたアサリの入ったメニューのほうが美味しそうだった。

すみれ
すみれ=池袋東武の12階にあるスパイスに出店。麻雀終了後、何人かがここへ食べに行くというので一緒させてもらう。話しによるとサイドメニューの『明太ごはん』も美味しいというので、珍しく注文。味噌ラーメンは確かに美味しいが、アレ?こんな味だったっけ?と思ってしまった。札幌で食べたのはかなり前なのでもう忘れてしまっているが、それでももう少しガツンとくる何かがあったと記憶を掘り起こしてみる。この味なら馬場の純連のほうが好きだナ〜。


tosimon3 at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月13日

焔@春日部は15日まで

休麺日無し1547日目

540)中庸@春日部  541)焔@春日部
542)壱兆@東大宮

昨夜熊さんを送りがてら、盆の墓参りもあったので野田へ来てしまう。墓参りを午前中に済ませ、叔父さんの所へ寄るついでにシメ鯖を持っていく。夕方野田を出て春日部、東大宮と回って3杯。

中庸
●中庸=ここは1月の食べ歩きのときに来ているのだが、今日食べた醤油は前回より確実に旨くなっていたし、麺も旨いですネ〜。塩も食べたかったンだけど、先があるので断念。また近いうちに来てみましょう。



焔
●焔(ほむら)=井之上屋へ寄る予定だったのだが、この店が未食だったので覗いてみると、
「現在の店舗の契約が更新できないため8月15日で閉店」と書いてある。これは食べておかなくては、と入ってしまう。元はげんこつラーメンという家系の店だったようで、メニューにその名残りはあるが、トンコツ魚介のほうをを食べてみる。ビジュアルは家系的だがスープはやや薄め。やたら濃いトンコツに魚介を合わせる店が多い中で、個人的にはこちらのほうが好み。移転先は現在地から市役所通りに出て左折し、3ブロックほど先の角。年内にオープン予定とのこと。

壱兆
●壱兆=少し前に藤田さんから「麺を変えた」という連絡があったので、これまで来る機会は2度ほどあったのだが、いずれも木曜(定休)だったため寄ることができなかったのだ。とりあえず『うざく風つけ麺』を食べる。つけ麺用の麺は北海道産の内麦100%だそうで、香り、コシともに以前より良くなっている感じ。なかなか旨いデス。ラーメンのほうはプライムハート100%で、こちらもコシが強くなってツルッとした食感が出てきたと思うが、3〜4本食べさせてもらっただけなのでハッキリとは分からない。10月からはつくね入りの鶏そばを出したいということなので、これも楽しみ。


tosimon3 at 04:01|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 埼玉県 

2005年08月12日

伊豆〈16〉釣り2日目

休麺日無し1546日目
538)義元@川奈
539)唐辛子@伊豆高原

昨日は久し振りに釣りをしたために、今日は体のあちこちが痛い。針にエサをつけるために立ったり座ったりするのはスクワットを続けているのと同じだし、竿を振ったりコマセを撒いたりするのは、ボールを投げるのと変りがない。船で小島に渡してもらっての磯釣りの時などは、荷物だけで40キロぐらいになるのだから、結構な運動になっていたのだ。これはまた足腰を鍛え直さなければいけないネ。

という訳で、昼はまた伊東へ戻って「伊豆ラーメン 義元(よしげん)」で食べ、午後からは家から一番近い赤沢港の堤防で釣りをすることに。ここは毎年この時期に来ているのだが、ソーダガツオが釣れることが多いのでカゴ釣りの仕掛けで始める。

南の向い風で投げづらいが、そのうち先客のオジサンに40センチ弱の鯖が釣れた。そういえば熊さんは昨年ここで大鯖の入れ食いにあったと言っていたので、これはまたその時の再現かと気合いを入れ直すが、その後オジサンにはポツポツと来るものの、こちらには来ない。
大鯖そのうち風が弱くなって遠投ができるようになったとたん、まず熊さんに40センチオーバーのいい型の鯖が来て、私にもひと回り小さい鯖がかかった。これはいけるかもと続けていると、今度は私にかなりの大物が来た。ソーダかと思いながら上げてみると、熊さんが最初に釣ったものよりひと回り大きい鯖だ。

これまで何千匹と鯖は釣っているが、これだけ大きい鯖は記憶にない。その後アタリはあるがバラシが多く、私に20センチ台のメジナが2匹来ただけで、再び風が強くなったので納竿。帰ってサイズを計ってみたら、私の釣った鯖は44センチ、熊さんのは43センチだった。


●義元=R135の伊東バイパス終点から200Mほど先、Y字に別れる交差点の右側にあるのだが、駐車場は下り車線からは入りにくい。先のD2の駐車場に車を置いて歩いて行く。

店内は思ったより広い。熊さんは醤油こってり、私は和風醤油(正式な名称を忘れてしまった)を食べる。こってりのほうは背脂を入れただけのようで、熊さんによると「スープと背脂が合っていない。昨日のこうやのほうが旨かった」そうだ。私のほうも節系(さんま)の香りはあるのだがインパクトはなく、出汁が弱いのかやや水っぽい感じを受けた。麺の湯切りが十分でないのかもしれないが、バランスの悪さを修正することで良くなる可能性も。たまに寄ってみることにしましょう。今年の2月に開店したとのこと。
伊東市川奈1225-128 電話0557-45-3931 平日11:30〜14:30 17:00〜20:00
土・日・祝 11:30〜14:30 17〜19:30 定休日=毎月曜、第一日曜

●唐辛子=帰りがけに寄ると、またまたマスターの実験台(笑)に。今日はコラーゲンラーメンだそうで、この名前をきくと学芸大の「海深山」を思い出してしまうが、ここのラーメンはあれほどのクセはなく、逆に少しさっぱりし過ぎかなと思うぐらいのもので、野菜が沢山入ってかなりヘルシー。女性向きのラーメンかも。



tosimon3 at 03:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 釣り | らーめん 静岡県

2005年08月11日

伊豆〈16〉久々の釣り

休麺日無し1545日目

536)こうや@伊東
537)唐辛子@伊豆高原

5月の連休中にやはり熊さんと釣りに来ているのだが、その時は熊さんの思わぬ怪我で釣りができなかったため、今回はそのリベンジに。

今朝未明に着いたので、2人とも昼近くまで寝てしまい、まず昼飯を…ということで、伊東まで戻って例の「こうや」というラーメン店へ行ってみる。その後すぐ前の伊東港の堤防で釣りをするが、海はベタナギ状態でサラシもなく、釣りには最悪の条件。エサ取りが多く30センチクラスのメジナやイズスミが見えるのだが、針にはかからない。

「見える魚は釣れない」というのは本当なのネ。結局熊さんはネンブツダイ(エサ取り)多数に小ムツ1匹。私が小メジナ2匹という惨澹たる結果に。

6時頃伊東を出て途中唐辛子で晩飯代りのラーメンを食べ、8時頃から「大灘」という場所で夜釣りを始める。私には1投目から35センチぐらいの鯖が釣れて幸先がいいと思っていたら、その後はエサは喰うのだが合わせるとスッポ抜けが多く、その間に熊さんに差をつけられてしまった。10時半に上るまでに、熊さんは鯖7匹、私は鯖4匹に鯵1匹という結果。しかし昨年まで鯖がほとんど釣れていなかったことを考えると、この釣果はマアマアというところだろう。

●こうや=135号バイパス沿いの伊東市街の南端にある店なのだが、お店の出入り口は道路側ではなく南側の脇道側にあるという変な(笑)創り。熊さんが醤油のこってりを頼んだので、私はつけ麺にする。四ッ谷の「こうや」をイメージしていたので、その手のラーメンかと思っていたのだが、意外にも「背脂」系のラーメンだった。

私のほうのつけ麺にはほとんど背脂は入っておらず、トンコツ醤油系のつけ麺といった感じだが、魚介系も入っていてマアマア美味しい。麺はラーメンと同じもののようだが、これはちょっと弱いかナ。

「こうや」という店名は、ご主人の名前?のようで、四ッ谷のお店とは何の関係もないとのこと。新しいお店かと思ったら、間もなくまる2年になるという。この店の前はしょっちゅう往復していた訳だが、開店している時間帯にはほとんど通っていなかったということだ。


tosimon3 at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 釣り | らーめん 静岡県

2005年08月10日

休麺日無し1544日目

休麺日無し1544日目

535)六三四屋@高津

味揮拉@溝の口へ行くが、9時半なのにもう閉っていた。仕方ないので(笑)六三四屋高津店へ。その後熊さん(妹のダンナ)と待ち合わせて伊豆へ向う。

tosimon3 at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 神奈川県 

2005年08月09日

山水館で100円

休麺日無し1543日目
532)山水館@錦町
533)きび@小川町
534)月乃屋@曙橋

山水館=午後から歯医者へ行ったついでに、きびへ行こうと思って山水館の前を通ると、開店記念で昨日と今日はラーメン100円になっていた。これは入るっきゃないでしょう。前回食べていなかった味噌を注文。こってり感はないが、麺が西山製なのでやはり味噌が一番合っているような気がする。ちょっと味噌の味がストレートに出過ぎている感じはあるが、
しょっぱめの味は結構好まれるかも。個人的にはもう少し甘味があるとイイんだけどネ。それとがんこ出身ということをもう一度確かめてみると、池袋光町のがんこにいた方達らしい。もう少し頑張ってほしいナ。

きび=夜はケンさんが本店にいるというので行ってみたら、今日に限って品川へ行っているという。残念っ!マアその代わりナベちゃんがいたので話しはできたけどネ。夏の限定『しそおろし涼麺』は、今年のバージョンが一番美味しいかも。

月乃屋=編集長と一緒に「じょんのび」へ行くも、内装工事?をやっていて、今日は何時に開けられるか分からないという。仕方なくどこへ行こうかと思いつつ車を走らせていたら、
この店が目についた。確か2〜3年前にできたと思うが、未食だったので入ってみる。入口に貼ってある雑誌の記事によると、西台大勝軒の出身となっている。しかし出てきたつけそばのスープは醤油味が強く、いわゆる大勝軒系とは違った味。それがまたしょっぱい。これを大勝軒系と言ってしまっていいのだろうか?麺はやたら旨かったけどネ。

tosimon3 at 01:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月08日

ラーメン食べるにも…

休麺日無し1541日目
530)穣@下馬
531)六三四屋@梶ヶ谷

家にいるとラーメンを食べに出かけるのがおっくうだ。特にこの暑い日中はとてもじゃないが外へ出る気が起きない。したがって夕方になってから出歩くことが多くなるのだが、結局近場で済ませるということに。これじゃぁいけませんネ。

穣=夜の部開店早々に入る。客は私一人のせいか、スタッフは厨房でおしゃべり。水を注ごうとしたら、私の座った位置の右と左にそれぞれ水入れ(あれ正式な名前は何ていうんでしょう?)があるのだが、両方ともほとんど水が入っていない。「スミマセン」と言ったが聞こえていない。店をあける前に水のチェックぐらいはして欲しいナ〜。つけ麺が出てきたときにやっと「水がない」といって持ってきてもらう。今日は『海鮮辛つけ麺』というのを食べたのだが、エビ、イカ、ホタテなどに桜エビも入ってマアマアなんだけど、ラー油のおかげで味、香りともに分からず。何か勿体ない。

六三四屋=何か最近は久し振りの店ばかり行っているような気がする。それだけ他に行く店があるというのも事実なのだが、まずは地元から回り直し。ここのつけ麺はかなり前から食べていることもあって、ことさら旨いという訳ではないのだが、何かホッとする味なのだ。
これからはもう少し頻繁に顔を出せるかな?

tosimon3 at 01:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月07日

伊豆〈15〉新店が…

休麺日無し1541日目

528)福々亭@伊東   529)唐辛子@伊豆高原

福々亭=伊東へ買い物に出たついでに久し振りに寄ってみる。夜の部は5時半からなので、5分前に行ってシャッターするが、並んでいる人は誰もいないどころか、私のあとに来たのは一人だけで、店を出るまでも誰も来ない。何年か前は結構人が入っていたんだけどネ。

塩ラーメンは旨かったんだけど、地元で聞くと「味が薄い」という声をよく耳にする。地方、特に漁師町などでは濃い味が好まれるのが普通のようで、その辺の対応が難しいところなのだろう。

帰る途中、新しい店を3店も見つけてしまった。行き帰りがほとんど深夜なので、昼間走ってみるとまた違った光景が見えるンですネ。

1店目は「こうや」。四ッ谷の同名店と関係があるのかどうか分からないが、ちょっと気になる店。伊東港に面したバイパス沿いの南端にある。2店目は「伊豆ラーメン義元」。D2というホームセンターの入口前に出来ていた。以前は確かトンカツ屋?だったところ。3店目は「浅草ラーメン?伊達」。伊東から来ると吉田家の少し先右側。ここは蕎麦屋→ラーメン→ラーメンと何回も経営が変っているところだが、さて今回は?。いずれも未食だが、順次食べていきましょう。

唐辛子=また帰りに寄ってしまう。最近はもう食べるものがなくなって(笑)、いつも特別に作ってもらったりしているが、今日もマスターに「裏メニューの『冷し坦々麺』はどう」と言われてそれにする。自主性全くなし。

でもこの『冷し坦々麺』なかなかイイです。ラー油などをあまり使っていないので、冷しても油が気にならない。それでいてちゃんと坦々麺になっている。辛さは初級だったが、熱いときより辛味を感じないので、冷しのときはもう少し辛くてもいいのかもしれない。

tosimon3 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2005年08月06日

今日から自由に…

休麺日無し1540日目
526)魂@センター北
527)唐辛子@伊豆高原

今日から晴れて自由の身に…って何だかム所帰りみたいだけど(笑)、これでやっと決まった時間に会社へ行かなくて済むと思うとウレシイネ〜。でもよく考えてみたら今日は土曜日ジャン!会社へ行っても行かなくても休みなのよネ〜。せっかくの楽しみをフイにされたような、何か損をした気分。皆さん、勤めを辞めるときは、休日の前日というのは避けましょう(殴)。とマアそんな不埒なことを考えながら午前中は寝てしまい、午後からは溜っていた日記の更新などをを済ませ、サアこれからどうしようか?まだ自由の身初心者なもんで、
身の処し方が分からないンですヨ。で、とりあえず伊豆へ行って考えることに(笑)。その途中で、昨日まで伊豆へ行っていた姪のところ(市ヶ尾)へ寄って鍵を受け取ることになったのだが、行ってみると彼女の友人が4人もいて、私の顔を見るなり「ラーメンが食べたい」と。エェエェ、どうせわたしゃぁラーメンおじさんですヨ。どこへでも連れていきましょう。という訳で近場の「魂」へ行くことに。

魂=イヤ〜久し振り。随分と来ていなかったような気が…。小林さん、あごヒゲを伸ばして印象が変ったネ。私はつけ麺を食べたが、以前より酸味が強くなって、個人的にはこの味のほうが好み。全員が美味しかったという評価で、何とかラーメンおじさんの面目(そんなのあるか?)を保つことができた。

唐辛子=伊豆へ行くのはたいてい深夜が多いので、行った日にここで食べることはあまりないのだが、電話を入れたら閉めずに待っていてくれるというので、好意に甘える。到着すると、ママさんが「このあと団体さんが来ることになってちょうど良かった」というのでひと安心。話しをしているうちにどやどやと7〜8人が。近くの伊豆高原ビール園という地ビールを飲ませるレストランで働いている方たちで、私も何回かここで一緒になったことがある。その中の一人がジンギスカン鍋を注文したので、マスターがその具をちょっと拝借して私のラーメンの中に。これまで全く経験のない「ジンギスカンらーめん」になったのだが、食べてみるとこれが結構オイシイ。手間さえかからなければ正式メニューにしてもいいぐらいの出来。楽しみが一つ増えました。その後、帰ろうとすると、ママさんが「ちょっと待って」という。何事かと思ったら、プリンの上にローソクが立って出てきた。私の誕生日と定年のお祝だという。イヤ〜誕生日をローソク付きで祝ってもらったのって初めてじゃないかナ〜?。ビール園の皆さんからも拍手をいただいたりして、嬉しかったけどテレまくりでしたヨ。人生いつかはイイこともあるよネ。


tosimon3 at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月05日

57回目の…

休麺日無し1539日目
523)山水館@錦町
524)Bin@代々木
525)めじろ@代々木

今日は私の57回目の誕生日…といっても今更この歳になって誕生日でもないのだが、今回は「定年」というオマケがついてしまい、マアある意味で一つの区切りの年になってしまった。60歳定年が多いなかで、57というのはかなり早いほうだと思うのだが、考えようによっては早いほうがイイ場合もある。私もその口なのだが、60を過ぎて体がいうことをきかなくなって放り出されるよりは、まだ元気のある50代のほうがはるかに助かるのだ。誕生日といえば、私にはあまり思い出がない。8月というのは夏休みの真っ最中であるため、学校でのお誕生会などというのは全く皆無。親も仕事が忙しかったこともあって、誕生日を祝ってもらったという記憶が全然ないのだ。これが原因でひねくれてしまったという説もあるが…(笑)。でもこれで満員電車で痛勤することもなくなると思うと、何かホッとする。
やりたいこと、やるべきことが山積しているので、どれから片付けていこうか…。

山水館=秋田ラーメンの麺心が撤退した後に、4日にオープンした店。昼に4人で食べに行く。開店早々というのに、花環などもなく、小さい看板が出ているだけで、本当にやっているの?という状況。これではイケマセン。店内は前と全く変らずで新鮮味はない。私は醤油を食べたが、ウ〜ン何て言ったらいいのか、お世辞にも旨いラーメンとは言えない。麺は食べてすぐに西山と分かったが、スープが全く麺に負けている。食べ終ってからちょっと聞くと、何でもがんこ(何代目かは聞くの忘れた)にいた方が3人で始めたとか。それにしては
ラーメンの作り方が素人っぽい。この味では麺心の二の舞いになりかねない。

Bin=会社終了後、カラオケという声もあったのだが、足並みが揃わないので帰る。途中きびの渡辺さんに電話を入れると、Binにいるというので寄ることに。めじろへ行こうと思っていたのでちょうど良かった。ナベちゃんに会うのはかなり久し振り。Bin開店の時以来か。
マア最近は3店掛け持ちで忙しいのは仕方ないと思うが、あの細い体でよく頑張っていると感心する。そういえば、以前本店にいて失踪(笑)したケンさんが戻ってきたということで、人の問題が少しは改善しそうと喜んでいた。Binのラ−さんは相変わらず3分の1しか分からない日本語(笑)で頑張っているようだ。カレーつけ麺ウマイけど辛い。

めじろ=閉店ぎりぎりに飛び込むと、大西さんと悠太君のみ。ただし、悠太君はカウンターの中ではなく外の椅子に座っている。先日武骨の西尾さんから聞いた通り、悠太君がめじろを辞めたのは本当のようで、大変残念なことだが仕方ない。まだ若いのだから、もっと色々なことにチャレンジし、吸収することが必要だろう。そのためには一カ所に留まることは得策ではない。大いに羽ばたいてもらいたいものだ。大西さんは大変でしょうけどネ…。で、ラーメンのほうは冷しが終っていて、何にしようかと迷っていると、「昔のラーメンはどう?」と大西さん。このラーメンは藤沢時代の初期に出していたものだそうで、確かに昔懐かしい味で旨いです。食べながら「昔はこういったラーメンを食べ終ったあとにご飯を入れて食べるのがまたウマイんだヨ」などと話しをしていたら、食べ終った直後にスッとご飯が出てきた(笑)。大西さん絶妙のタイミング。このスープ本当にご飯とよく合います。結局完食。イイ誕生日でした。





tosimon3 at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月04日

井之上屋でトンコツ

休麺日無し1538日目

520)もちもちの木@野田   521・522)井之上屋

もちもちの木=所用があって野田の熊さんのところへ。遅い昼をここで食べる。ここは熊さんの大のお気に入りで、こちらに来たときはほとんどと言っていいほど利用している。3時頃にもかかわらず、お客が途切れないというのがスゴイ。

井之上屋=用事を済ませ、夜早目に野田を出て春日部へ。土日限定の冷しを食べたかったのだが、今日は平日のためそれは無理。何にしようかと迷っていると、井上さんが「これはどうですか」と見せてくれたのが『トンコツ魚介つけ麺』のカード。明日からメニューに載せるるために作っていたものだそうだが、もう用意はできていて作ることができるというので、人足先に食べさせてもらうことに。

待っていると、その前にもう一種のつけ麺が出てきてしまった。(ヲイヲイ)これは塩つけ麺。つけ汁が冷たいもので、中に出汁を凍らせたものが入っており、これが解けるにしたがって味も変化していくのだが、つけ汁が冷たいので氷の解け方が遅く、変化を楽しむ前に食べ終ってしまうということに。これは改良点だろう。

更に別皿で柚子の絞り汁を凍らせたものが出てきていたのだが、効果としてはこちらのほうがイイ。つけ汁の酸味が弱いので、柚子の酸味が加わることで一段と美味しくなる。ただ柚子そのままでは味が強いので、出汁と合わせるとかひと工夫することで、よりいっそう旨くなる予感が…。

トンコツ魚介のほうは「トンコツは初めて手掛けた」という割にはシルキーな舌ざわりで濃厚さも申し分なく、とても初めてとは思えない味。個人的にはもう少し酸味と辛みが欲しい気がしたが、充分美味しく食べさせていただいた。今後の展開が楽しみです。

tosimon3 at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 | らーめん 千葉県

2005年08月03日

これが本当の尾道ラーメン

休麺日無し1534日目
518)武骨@上野
519)鏡花@立川

武骨=今日は夕方会社に寄ることになっていたので、その前に武骨へ行く。炎のつけ麺を食べるつもりで覚悟をして行ったのだが、炎は終了していて、今日から新しいつけ麺が始まっていた。このつけ麺はレギュラー的なものだそうで、時間に関係なく食べられるという。これは有り難い。つけ汁は相変わらず濃厚なものだが、ねぎ油と添えてあるレモンでこれまでとの違いを演出。更にタレの醤油がかなりハッキリと感じられるようになって、何となく男っぽいというか武骨らしい骨太の味になっている。そして最後にスープ割を頼むと、魚介スープを冷したもので割ってくれる。飲むとかなり冷たい。残っていた脂が固まってしまうのが難点ではあるが、つけ麺のスープ割の常識を全く逆にしてしまった考え方は評価したいと思う。

鏡花=1日から月変りのメニュー『夢』が新しくなっているはずなので、編集長と同行する。先日町田さんと電話で話した時に「今度は尾道ラーメン」ということは聞いていたのだが、どのようなものになっているかに興味があった。出てきたラーメンは、濃いめの醤油に細めの平打ち麺を合わせたものに、背脂を角切りにして揚げたものが浮いている。味は…というと、スープがやたらと旨い。いや本当に旨い。ちょっと驚いたのは、これだけコクのあるスープなのに、魚介や野菜などは一切使っていないという。尾道には魚介を使っているものと思っていたのが、ここで修正をやむなくされてしまった。町田さんによれば「尾道の名店朱華園をかなり意識して作った」という。朱華園未食の私には較べようもないが、もし本当にこのぐらいの旨さだとすれば、まさに朱華園恐るべし。秋になったら関西へ行こうと思っているので、ぜひ尾道まで足をのばしてみたいと思う。

tosimon3 at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月02日

梅シソつけ麺

休麺日無し1536日目
516)夢乃屋@二子玉川
517)勇次@町田

夢乃屋=午後から実家の資料館へ。昼飯を食ってなかったので、自転車で夢乃屋へ行く。2時頃だったが、先客0、後客4という状況。平日はこんなもんなんですかネ。ここでまだ食べていなかった『エビ塩ラーメン』を食べてみるが、ウ〜ンちょっと塩(タレ)がスープに馴染んでいない感じ。しょっぱいという訳ではないのだが、変に塩味が舌に残ってしまう。エビはかなり効いているが、その甘味もあまり感じられず、それぞれの食材がうまくからみあっていないという印象を受けてしまった。

勇次=先日台風の日に振られてしまったので、今日こそはと早めに着くはずだったが、世田谷通りが混んでいて、着いたのは閉店ぎりぎりの8時10分前。しばらく食べていなかった『梅シソつけ麺』を食べる。最近あちこちで同じものを食べる機会が増えたが、やはりここの梅シソが一番舌に馴染む。無化調というのは勿論だが、使っている梅がかなりイイもののようで、酢のツンとくるような感じが全く無い。口の中にふわっと広がるような梅とシソのハーモニーは他では味わうことができない。

tosimon3 at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年08月01日

美女2人…

休麺日無し1535日目
513)鮎ラーメン@二子玉川
514)斑鳩@九段下
515)志村軒@抜弁天

鮎ラーメン=午後から出社なので、今日の昼はここでと思い店に行くと、カウンターに美人さんが一人。と、すかさず小田さんが「私の妹です」と紹介してくれる。聞くと高島屋の裏手で美容院を経営されているという。兄妹で若くしてそれぞれの分野で経営者というのはすごいことですヨ。ここで宣伝(笑)。妹さんのお店は「Beauty mania」という店名で、玉川
3-12-3大黒天ビル2Fだそうです。ただこちらでは鮎ラーメンは食べられませんので、あしからず(爆)。という訳で、若女将と美人2人に囲まれての鮎涼ラーメンは、もう旨かったの何のってこれ以上はない至福の時でした。ハイ。

斑鳩=7時頃行くと、ちょうど店から出てきた坂井さんとバッタリ。しばらく立ち話をしてしまった。その後未食の『トンコツラーメン』を食べる。濃厚なトンコツにカツオをガ〜ンと効かせ、これはこれで美味しいラーメンになっていた。何といってもタレの味がハッキリとしていて、スープに全く負けていないのがイイ。さすがです。

志村軒=一時話題になった店だが、なぜか私は未食。編集長と会社の女性を乗せて帰る途中、この店の前を通ったのだが、店名が面白いので食べてみようということになり、店に入る。所狭しと壁一面に貼られたメニューや能書きは、あまり専門店らしくないが、客は入っている。ラーメンは背脂チャッチャ系だった。

tosimon3 at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都