2005年12月

2005年12月31日

2005年は906杯

休麺日無し1689日目
904)虎心房ダイニング@相模原
905)ロックンロール1@相模原
906)胡心房@町田

いよいよというか何と言うか「大晦日」になってしまった。昼間は家で今年やり残したことなどを片付け、夜になって出かける。まずは昨年の大雪で近くまで行っていてたどり着けなかった「菜かむら」へ。昨年も22時頃からやっていたはず、と思って店に着くと「ありゃ、やってない」。シャッターが半開きになっていたので中をのぞいたが、これからお店を開ける気配はない。ウ〜ン今年は年越しラーメンはやらなかったンでしょうか?。マア確認しないで来た「私がみんな悪いのヨ〜」と口ずさんでみてもしょうがない(泣)。ならば町田へ行って「ロック…1」と思い16号を南下。

虎心房虎心房ダイニング=途中の相模原まで来て、そういえば「虎心房」にまだ行ってないナ〜と思い、やってなくてもともとでとりあえず店の前へ来ると、何とやってましたヨ!。車を停めて店に入ると、おかみさんがびっくりした顔で迎えてくれました。お久し振りです。でもお元気そうで何より。お店はかなりの広さで洒落た感じ。季節限定で『大地の白』があるというので早速食べることに。ウ〜ン何か懐かしい気がするが、そんなに間があいていたわけではないのよネ。以前とは具が変っていたけど美味しくいただきました。

ロック3ロックンロール1=お店の前が鹿島神社の参道というので、車が入れるかどうか心配だったが、何の規制もなくすんなりと入ることができた。ここへ着く直前に0時になったので、実質的には1月1日なのだが、マア31日の延長ということで…。お店へ入ると、またもやどこかで見た顔が(笑)。今日は特別メニューで『2号ラーメン』のみ。鶏だけで(野菜など一切使わずに)とったスープは、やっぱり旨い!。この“キレ”具合はどっから来るンでしょう。チャーシューはモモ肉だったが、これも旨かった。嶋崎さんのこだわりが味わえるラーメンです。

胡心房3胡心房=今年最後のシメはこのお店になった。今日の限定で出していた『魚介豚骨』が、具がなくなってしまったが一杯分残っているというので、“かけラーメン”でいただくことに。イヤ〜すごいラーメンというかスープでしたヨ。残っていた魚介出汁を全部入れてしまったそうで、豚骨より魚介のほうが突出している。こういうバランスの悪さ(笑)もたまにはいいのかな?でも商品としては食べ手を選んでしまってダメかも。一晩で親子の店で食べる(笑)という珍しい経験もできました。

今月はこれが93杯目。100杯には届かなかったが、これまでの月間記録を3杯上回った。年間トータルでは906杯となって、3年連続で900杯超は達成できたが、もうこれが限界。来年からは「一日一麺」を原則に食べ歩きたいと思う。

tosimon3 at 05:09|PermalinkComments(1)TrackBack(3) らーめん 神奈川県 | らーめん 東京都

2005年12月30日

今年の900杯目は「ふぐラーメン」

休麺日無し1688日目
900)勇次@町田
901)亀我楽@聖蹟桜ヶ丘
902)めんくいや@松陰神社
903)鮎ラーメン@二子玉川

勇 次勇次=今日と明日は毎年恒例の『ふぐラーメン』が食べられる。編集長と待ち合わせて3時前に着くと、すでに今日の分は売切れたという。私は2杯を予約しておいたのでダイジョウブだったけど、年々人気が出てきますネ〜。味のほうも年々美味しくなってきて、今年は本当に旨かった。“てっさ”がつかなくなったのは残念だけど、2日で40尾のふぐをさばかなければならないというので、その手間を考えれば仕方ないンでしょうネ。この一杯が今年の900杯目になった。これで3年連続900杯超となったが、マア杯数ばかり重ねてもあまり意味がないので、来年からは極力減らしましょう。それと今日聞いた“勇次情報”では、現在土曜の深夜にやっている豚骨がかなり好評なので、来年の2月から夜はすべて豚骨にしたいという。ウ〜ン「勇次よお前もか!」(笑)。

亀我楽亀我楽=営業しているかどうか分からなかったが、とりあえず寄ってみたらやってました。今日は『味噌』を食べるが、ここの味噌はあまり記憶がないので、ことによったら初めてかもしれない。元々スープが豚骨系なので、こってり感のある美味しい味噌に仕上っていたが、欲を言えばもう少しガツンと来るものがあってもいいのかもしれない。辛味があまりないので、もう少しピリ辛にするだけでも随分とイメージが変ると思うのだが…。明日は昼のみで、1日〜4日まで休み。5日から平常営業。
その後「三歩」へも寄るが、こちらは今日は昼の営業のみで明日から6日まで休み。7日は「先着200名様に粗品進呈」と書いてあった。9日も営業するそうです。

めんくいや鮎めんくいや=夜になって「八蔵」へ行くが、ここも早めに終ったようで仕方なく近くの「めんくいや」へ。ここは今回が初訪。基本的には家系のお店のようだが『煮干つけだれラーメン』というのがあったので、それを注文する。てっきりつけ麺だろうと思っていたが、出てきたのはラーメン。「つけだれ」っていうのはどういう意味なんでしょうネ。でもマアこれは結構煮干が効いていて美味しかったですヨ。家へ帰ってググってみたら、久地にあるお店と同系列の店なのネ。
鮎ラーメン=たまには夜の鮎ラーメンも…と寄ってみるが、0時近いというのに満席状態。やはり人気あるのネ〜。小田さんに会いたかったが不在。実は今夜あたり若女将がこちらに出ているのでは、という予感があって来てみたのだが、あえなく撃沈(笑)。うまくいかないもんです。

tosimon3 at 05:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年12月29日

がんこ本家の『七面鳥ラーメン』

休麺日無し1687日目
898)がんこ一条流本家@早稲田
899)武骨@上野

がんこ1がんこ=今日が本年最後の営業で『七面鳥ラーメン』だというので馳せ参じる。4時過ぎに着くと意外や先客0(後客2)。家元は相変わらずTシャツ1枚。寒くないンでしょうかネ〜。七面鳥4羽を丸ごと使ったというラーメンは、七面鳥の旨味?がグッと前面に出た“さすが”の味でした。そして絶品だったのが七面鳥のチャーシュー。知らずに食べたら「豚トロ」ではないかと思ってしまうほど旨い。ここの“しょっぱさ”にはなかなか慣れないが、大満足の一杯でした。

武骨3武骨=期間限定の『潮そば』を食べたいのだが、今日も売切れで食べられなかった(って遅く行くのが悪いンだけどネ)。先日の「麺王」で“気合い”を入れていた(笑)西尾店長は生憎不在だったけど、お店の雰囲気が以前にも増して“気合い”が入ってましたヨ。ラーメンにも気合いが入っていたかどうかは分からなかったけど、最初に写真を撮るのを忘れてしまった。私に“気合い”がなかったのネ(笑)。途中で気が付いて撮った写真です。

そういえば、昨日4号線を走っていて気になったお店。
・やなぎや=入谷交差点の角
・翔太=足立区役所の近く
・けいとう食堂=旧4号「新田駅」の近く(草加市)
どなたか情報お持ちでしょうか?ご一報いただけたら嬉しいです。

tosimon3 at 03:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年12月28日

ハナタレ(井之上屋)

休麺日無し1686日目
895)ハナタレ(井之上屋)@春日部
896)ラーメン堂@越谷
897)太閤@南越谷

井之上屋2井之上屋=夕方になって急に思いついて春日部へ。ここが平日の夜だけ「ハナタレ」として豚骨を出すようになって3ヵ月近くたつが、この間行きたいと思いつつ何かと忙しくて来れなかったのだ。お店で妹夫婦と待ち合わせ、『中華そば』を食べる。中華そばといってもスープは豚骨。それもかなり濃度の高い豚骨で魚介が効いている。思っていたよりもずっと濃厚なスープだ。麺は中丸ストレートで、スープとのマッチングも良好。しかしこのスープは高濃度でありながら飲み口がスッキリとしているので、豚骨苦手の私でもスルスルと食べることができる。後にいやなベトベト感が残らないのは無化調だからなんでしょうネ。さすがです。

堂らーめん堂=妹のところでしばらく休んだ後、帰り道に旧4号を走っているとこの店が目に付いた。ここは何回も走っている道なのだが、今まで気が付かなかった。店の前に「オススメはタンタン麺」というようなことが書いてあったのでそれを注文。出てきた『タンタン麺』を見て思わず「アレッ?」と言いそうになってしまう。いわゆるこれまでのタンタン麺とはまるで違ったものが出てきたのだ。スープは鶏ベース?の半濁塩味で、そこに挽肉が玉子とじ風!にして入っている。そして辛味は表面に振りかけられた一味で調節されているらしい。ウ〜ンこういうタンタン麺は初めて…っていうか、これをタンタン麺と言っていいンだろうか?(笑)。イヤ本当に初めて口にする味のラーメンだったンですヨ。これはこれで美味しいンですけどネ。太めのお姉さん(失礼)が作っていたけど、この人のオリジナル?店は出来てから2年近くたっているという。営業は夜8時から翌朝4時まで。住所は越谷市瓦曽根2丁目付近?

太閤太閤=らーめん堂から比較的近くにあって名前も聞いたことがあったので、ここへも入ってしまったが、ウ〜ンこれは失敗でした。食べずに真直ぐ帰るべきでした。(笑)

tosimon3 at 06:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 

2005年12月27日

平塚で… 伊豆〈28〉

休麺日無し1685日目
892)唐辛子@伊豆高原
893)汁力@平塚
894)ひでたん@平塚

唐辛子 3唐辛子=今回は早めに帰ることにしたので、まず6時過ぎにここへ寄る。まだ準備が出来ていなかったようでラーメンが出てくるまで少し時間がかかったが、マアこれはいつものこと。先客のカップルの女性のほうが『坦々麺』の上級を注文していたが、マスターが自家栽培のハバネロをサービスで出したら、それも全部入れて食べてました。ウ〜ンおそるべし、私なんか一口だってスープ飲めませんヨ…っていうか絶対に飲みません。死んじゃいますモン(笑)。ちなみに私はいつだって「初級」です。

汁力汁力=今日は帰りに藤沢で何軒か寄る予定だったのだが、途中の車混雑で時間的に無理そうになってしまったので平塚で食べることに。この店はラーナビで検索して一番先に出てきたのと、コメント内容がまあまあだったので行ってみると、かなり大きな店で多分大資本系のお店なんでしょうネ。出てきたラーメンは久々の背脂チャッチャ系。コメントには「スープが甘い」と書いてあったが、これはどうやら背脂と化調の甘さがダブルで作用しているンでしょうネ。イヤ〜参りました。

ひでたんひでたん=湘南ではかなり話題になっているお店。函館系?の『塩ラーメン』がメインで、麺は「細麺」と「いったんも麺」がチョイスできるようなので「いったんも麺」で注文。なぜこういう名前なのかは聞かなかったが、平打ち麺のツルッとした感じは佐野ラーメンを思わせる。スープも麺も確かに美味しいンだけど、何て表現したらいいのかナ…麺とスープの間?にビミョーな水っぽさを感じてしまった。湯切りが悪かったのかもしれないが、一体感が感じられなかった。それとこれだけ美味しいスープなんだから化調は使って欲しくないネ〜。

tosimon3 at 05:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | らーめん 神奈川県

2005年12月26日

「69‘N’ROLL ONE」開店!

休麺日無し1684日目
887/888)ロックンロール1@上鶴間
889)八雲@平塚
890)わさらび@稲取
891)唐辛子@伊豆高原

ロックロックンロール1=元キリン食堂の嶋崎さんのお店が本日開店。11時には着けると思って出かけたが、車の渋滞で30分遅れで到着。お店はもっと繁華街にあるのかと思っていたのだが、かなりローカルっぽい場所だったのでちょっとビックリ。店内に入ると何だか見たことのある顔がズラリ(笑)。しかしお店の中はスッキリとしていて、もっとロックしているものとばかり思っていたのは大ハズレ。メニューは『1らあめん』『2らあめん』と『比内地鶏らあめん』(だったか?)の3種類。とりあえず1と2の食券を買うと「2を先に食べたほうがいい」と言われ、その順番にしてもらう。
ロック2ロック1『2』は鶏だけの清湯スープ醤油味、『1』はそれに追い鰹方式で魚介を加えた清湯醤油味。麺は両方共同じような太さのものだが、違う種類の小麦で作られているそうだ。どちらのラーメンも食べた瞬間に「旨い!」と感じる。これだけ「キレ」のある醤油ラーメンを食べるのはいつ以来だろう?。嶋崎さんは豚骨が好きなのでは…と思っていただけに、この味はかなり意外。チャーシュー麺にはモモと肩ロ−スの叉焼が入るのだが、試食させてもらったこの肩ロース叉焼はハンパじゃなく旨い。これは今年食べた叉焼のベスト1だろう。もちろんラーメンもトップクラスの美味しさ。わざわざ食べに行く価値有りのラーメンですヨ。

八雲八雲=嶋崎さんのところから直接伊豆へ行く予定だったので、ちょっと寄り道をしてこの店へ。ここのご主人は「魂@センター北」にいた方で、魂の小林さんから何回も聞いていたのだが、なかなか行けなかったのだ。県道?61号「平塚伊勢原線」沿いにある雰囲気のあるお店で、ラーメンは魂のラーメンの延長線上にある味だが、こちらのほうがこってり感がある。麺もモチモチ感があって美味しい。

わさらび4唐辛子わさらび=塙さん「クリスマスはお客さんがこないヨ〜」と嘆いていたが、それはどこでも同じですヨ。年末年始はずっとお店を開けているそうで、頑張りますネ〜。すぐ裏がお寺なので大晦日から正月にかけてはお客さんが多いンだそうです。
唐辛子=今日は4杯でやめておくつもりだったが、夜遅くなって腹が空いてきたので食べに行ってしまう。店に入るとマスター一人で忙しそう。ママさんが1月10日まで“家出”(笑)したそうで、年末年始は一人でいてもしょうがないのでこちらも店を開けるとのこと。今日は久し振りに『坦々麺』を初級で食べる。イヤ〜やっぱり旨いっすネ〜。

tosimon3 at 05:36|PermalinkComments(1)TrackBack(1) らーめん 神奈川県 | らーめん 静岡県

2005年12月25日

売れない…

休麺日無し1683日目
884)鏡花@立川
885)大山家@武蔵境
886)広豚麺@溝の口

立川の「多摩骨董市」へ3回目の出店。前回出した品物があまり売れなかったので、その反省のうえで商品を見直してみたが、今回は前よりも売れなかった。ウ〜ン何がいけないのかな?。「お客さんがいけない」(笑)と言ってしまえば気は楽だが、それは口が裂けても言ってはいけないこと(って言ってるじゃん)(爆)。でも本当に原因は分からないのだが、一つ言えることは「品物に魅力がない」ということ。客筋がまだ分かっていないので、総花的に出しているのが悪いのでは…という想像はつく。では何を出せば…それが分かれば苦労はないンだけどネ。骨董市終了後、編集長、常盤氏と3人で久米川のおでん屋で打ち上げ会。反省点続出でしたネ。

鏡花5大山家7広豚麺鏡花=昼過ぎに骨董市の会場を抜け出して食べに行く。『旬材豚骨』は2度目だが、上に乗っているゴボウの揚げたものの食感があまり良くない。これがなければマアそれなりなんだけど、今回はどうしても吸引力が弱いネ。
大山家=打ち上げ後、帰る途中に寄る。一昨日はスープ切れで食べられなかったが、今日はさすがにダイジョウブ。正式に『味噌』をリリースしてからは初めてになるが、最初の時よりミソ味がやや丸くなった感じ。コーンが入るようになったからかどうかは分からないが、個人的にはもう少しミソっぽくなったほうが好み。コーンに“ひと仕事”してあるのがミソ(笑)かな。
広豚麺=実家に荷物をおろして帰る途中、六三四屋@高津へ寄ってみるが早仕舞。仕方なくその先からちょっと回り道してこの店へ。ここへ寄るのは何年振りかナ〜?。味はあんまり変っていないようだが、見た目はやっぱり家系だナ〜。

tosimon3 at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | 骨董

2005年12月24日

七面鳥白湯ラーメン

休麺日無し1682日目
882)勇次@町田
883)ひろなか@町田

勇次 3勇次=クリスマスイヴ限定の『七面鳥白湯ラーメン』を編集長と2人で食べに行く。先日試食させてもらったものよりはるかに旨くなっていた。特に七面鳥の肉で作った肉団子は、ちょっと生姜が強い感じもしたが十分に旨かった。これも毎年恒例にしてもらえると嬉しいナ〜。29日はがんこ総本家でも七面鳥ラーメンだそうなので、食べ比べも面白いかな。
そういえばここで使っている合鴨を飼育している「なごみ農園」がテレビに出るそうです。1月28日(土)「食彩の王国」(テレビ朝日/10ch)AM9:55〜10:20だそうなので、ぜひご覧になってください。

ひろなか3ひろなか=編集長は初訪で『塩ラーメン』、私は『醤油ラーメン』を食べる。最近やっと味が安定してきたようで、だんだん美味しくなってますネ。ただ今日の麺は湯がき方が足りなかったのか、食べているうちに濁りが出てきた。食感もいつもと違った感じだったのは何故なんでしょう?。マア麺も生き物なのでいつも同じコンデションという訳にはいかないンでしょうけどネ。
明日はまた立川の諏訪神社で今年最後の“骨董屋さん”です。誰か買いに来てくれないかナ〜(笑)

tosimon3 at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年12月23日

「ぐうたら」の隣に…

休麺日無し1681日目
879)球磨鮎ラーメン@二子玉川
880)ぐうたら@三鷹(東八道路)
881)匠味家@稲田堤

あゆ1あゆ飯球磨鮎ラーメン=このラーメンの美味しい食べ方を(っていってもこれは私が個人的に好きな食べ方なのであしからず)。
まず『まるゴトラーメン』と『鮎姫ごはん』を注文する。両方が出てきたら鮎の腹の中に入っている明太子をごはんの上に移す。(スープに明太子が入り過ぎるのは好きでないため)。同時に紅生姜を少々とスープをレンゲで2〜3杯かけておく。そしてまずラーメンを一気に食べる。食べ終る頃にはご飯にスープがしみ込んでいるので、更に残ったスープをかけてこれも一気にかきこむ。イヤ〜これはやめられません。(でも明太子が嫌いっていう人もいたナ〜)(笑)

ぐうたらぐうたら=大山家へ行くが、祝日でスープ切れなのか早じまい。仕方なく「ぐうたら」へ。店へ入ろうとすると、隣の建物に「武蔵家」の看板がかかっていて、入口の貼紙に「27日開店」と書いてある。アララこんなところに武蔵家ができるのネ。ぐうたらとは味が違うかもしれないが、同じ豚骨系なので競合する部分はあるだろうナ〜。マア食べる側としては嬉しいンだけどネ。ぐうたらの『味噌ラーメン』は味噌の味がグッと出ていて旨かった。白菜が入っているのも結構新鮮。シャキシャキ感がいいネ。

匠味家匠味家=ぐうたらからの帰りに府中街道を走ってみると、稲田堤のこの店がまだやっていた(23:45)ので入ってしまう。以前は確か「吉本家」だったところだが、店名が変ってからはたぶん初めてじゃないかな?。あまり覚えがない。「虎心房」があった頃はこの道もよく通ったのだが、なくなってからは多摩川沿いの道を通ることが多いので、この辺は本当に久し振り。それでラーメンのほうはというと、ウ〜ン、家系らしさはあるが、何となくスープは薄いが化調は濃い(笑)といった味。吉本家のときとそれほど変っていないのでは?。ガツンとくるものがないンだよネ。味玉はサービスでした。

tosimon3 at 03:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年12月22日

ラーメン博物館

休麺日無し1680日目
875)井出商店@ラーメン博物館(新横浜)
876)龍上海本店@ラーメン博物館(新横浜)
877)勇次@町田
878)かずら@犬蔵

井出商店龍上海昨日「ラーメン甲子園」へ行ったせいか、何となく「ラ博」へ行きたい気分に(笑)。フルで3杯は食えるだろうと思っていたが、龍上海の麺が180gもあってちょっとメゲているところに、勇次の田中さんから「できたら今日来て欲しい」という電話。「欅」は次回にまわして町田へ向う。

勇次 2勇次=先日鴨の仕入れに行った時に、一緒に飼育している七面鳥も買ってきたんだそうで、24日のクリスマスイヴに『七面鳥白湯ラーメン』を出したいという。で、その“味見”をしてほしいということで呼ばれてしまったのだが、七面鳥の白湯なんて食べたことがないので比較できる訳がない。でも食べてみると鶏よりも甘味がありクセがない。まだ完成されたものではないが、意外に美味しいンですよこれが。24日が楽しみ。ただし量が少なく10〜15杯ぐらいしか出来ないそうなので、あまり宣伝もできないという。もしこのブログを見て食べてみたいという方がおられたら、勇次に電話予約してください。

かずら5かずら=深夜になってまた食べてしまった。これで2日続けて4杯ずつになってしまったが、ちょっと食べ過ぎか。

tosimon3 at 06:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 神奈川県 | らーめん 東京都

2005年12月21日

ラーメン甲子園

休麺日無し1679日目
871)くじら軒@センター北
872)蔵乃助Zaru!@ラーメン甲子園(センター北)
873)滝村や@ラーメン甲子園(センター北)
874)穣@上馬


くじら軒1くじら軒=ここの近くにあるアルペン(スポーツ用品店)へ行くついでに寄ってみる。平日の2時過ぎではさすがに行列がないどころか、先客3という状態。ウ〜ンまあ平日っていうのはこんなもんなんでしょうネ。『塩ラーメン』を食べるが、やはり化調が気になるネ。口のまわりにべとつくほどではないが、舌に軽くしびれが残るのはどうしても好きになれない。化調を使わなくたって十分に美味しいスープだと思うンだけどネ。

蔵乃助滝村や蔵乃助=アルペンで買い物をした後、何故か「ラーメン甲子園」へ。しばらく来てなかったらお店が全部変っていた。まずは地元代表の「蔵乃助Zaru!」。つけ麺を食べようかと思ったが、麺の量が多いので醤油ラーメンにする。しかしこのラーメン、おざなりというか何というかメンマは2本しか入ってないし、叉焼も薄〜いのが1枚入っているだけで、とても選ばれて入ってきたお店のラーメンとは思えない。愛情が感じられないンだよネ。スープと麺は美味しいだけに残念。 滝村や=岩手県のお店ということで入ってみる。『仙台味噌ラーメン』は比較的アッサリとした味噌ラーメンだが、味噌の味が前面に出ていてなかなか旨い。こういう味は結構好みなんですヨ。名前から仙台味噌を使っているのかと思ったら、北海道の赤味噌に九州の麦味噌をブレンドしてあるという。地元の味噌を使わんかいっ!(笑)。

穣穣=深夜になって小腹がすいたのでフラフラと環七へ(笑)。この辺へ来れば遅くまでやっている店はいっぱいあるので、どこかで食べることができる。それにしてもこのお店の出汁は「鯛」と「まぐろ」だったのネ。今日初めて知りましたヨ。でもこのつけ麺が今日の4杯のなかで一番旨かった。

tosimon3 at 06:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 神奈川県 | らーめん 東京都

2005年12月20日

地元で…

休麺日無し1678日目
868)翔太@梶ヶ谷
869)味揮拉@溝の口
870)麺くらい@野沢

翔太味揮拉1麺くらい
溝の口へ行く用事があったので、途中「翔太」へ寄り『味噌ラーメン』を食べる。昨年よりも味噌がちょっと濃くなったというか、味噌自体の味が強くなった感じで美味しくなってマス。その後夕方になって「味揮拉」で『塩シソ風味』。この塩は旨いネ〜。思わずスープ全部飲んじゃいそうになったけど、グッとこらえてやめました。深夜になって久々に「麺くらい」で『濃厚醤油』。ここは塩、醤油、味噌共に鍋を使う珍しいお店なので、常に熱々のラーメンが食べられる。化調をもう少し抑えてくれるといいンだけどネ。

tosimon3 at 06:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月19日

継続は力なり…

休麺日無し1677日目
865)らの字@東大和
866)文蔵@三鷹
867)如拙@国領

今日は朝から骨董業者の交換会「谷保天会」(通称「やぼてん」)が立川の諏訪神社で開かれる。9時半までに行かなくてはならないので8時前に家を出る。いつもは5時頃にやっと布団に入る状態なので、この時間に起きるというのは苦行に近いものがある。でも会社へ行っていた頃のことを思えばどうってことはないのだが、体のリズムが夜型になってしまっているので本当につらい。昼型に戻さなくてはいけないンだけどネ。この会に参加するのは2回目だが、まだ“新参者”なのでおとなしくしてますヨ。しかし今日はあまりめぼしいものがなかったナ〜。                                                

らの字文蔵2やぼてんが3時頃に終ったので「鏡花」へ行くが中休み。仕方なく超久し振りに「らの字」でトンコツつけ麺を食べるが、つけ汁の脂が多過ぎて参ってしまう。味はちょっと変っていて面白いンだけど、この脂の量は何とかしてほしい。その後「文蔵」で再度『つけ麺』を食べる。今日のつけ汁は前回のように“大勝軒”してはいなかったが、どっちが本当の“文蔵”なんだろう?十分美味しいけどネ。

如拙如拙=国領駅のすぐそば、「熊王」の並びにある八王子ラーメンのお店。出来てから5〜6年たつと思うが未だに頑張ってマス。実をいうとこのお店、失礼ながらこんなに長く続くとは思ってもいなかったのだ。メニューは『八王子ラーメン』しかないし、近くに熊王はあるし、店主はどう見ても“脱サラ”の愛想のないオヤジだし(笑)と、長続きする要素がなかったンですヨ。この前の道はよく通るので最初の頃はたまに寄っていたのだが、そのうち行かなくなって3〜4年。その間ずっと「まだやっているな」と思いつつ前を通っていたのだが、最近になって深夜も営業するようになって「あれっ?」ということで、ホントに久し振りに寄ってみる。オヤジさん私のことは覚えていてくれたようで、マア積もる話も色々とあったけれど、その合間に来るお客さんはみんな年配ばかり。ナルホドこういうお店も必要だったのネ、と変にナットクする。オヤジさんの客あしらいもうまくなっていたし、ラーメンも旨くなっていた。値段は500円のままだったけど…。イヤ〜なかなか考えさせられましたヨ。何があっても“続ける”という意志を持ち続けることが大切なんですネ。

tosimon3 at 06:45|PermalinkComments(1)TrackBack(2) らーめん 東京都 

2005年12月18日

寒い〜

休麺日無し1676日目
862)龍@保谷
863)狼煙屋@東大和
864)大学ラーメン@東大和

寒い!本当に寒い!。一級の寒波が来ているということで今年一番の寒さが続いているが、朝から強風が吹き荒れていて、今日開催される予定だった「有楽町骨董市」は中止になってしまった。編集長と待ち合わせていたのだが、仕方がないのでもう一度平和島へ行くことに。「灯屋」さんで金曜に見つけていた雛人形を買ってしまう。値札には「享保雛」と書いてあったがどうなんでしょう。もう少し時代は下るかもしれない。雄雛の顔がネズミにかじられているために安くなっているが、あとは結構しっかりしているのでお買得だったかもしれない。
龍狼煙屋2大学龍=平和島の帰りにラーメン店を探すが、日曜の4時頃というのは開いている店が少ない。結局青梅街道の保谷で前にも一度入った事のあるこの店で食べることに。今日は『味噌ラーメン』にするが、何かちょっと物足りない。トンコツベースの白味噌系なのでそこそこの味にはなっているのだが、全体にピリッとくるものがない。七味と酢を入れると少し良くなったが、もう少し工夫が欲しいナ〜。
狼煙屋=相変わらず並んでいる。7時頃で9人待ち。食べるまでに約30分。ここは特に日曜は家族連れが多いので、なおさら回転が悪くなってしまうようだ。だけど本当にどこからこんなにお客さんが来るンでしょうネ。
大学ラーメン=以前昭島の中神にあった店が狼煙屋のあるこの通りに移転してきている。店は入口をビニールで囲った屋台風で、店内もいかにも手作りといった雰囲気。だけど今日の寒さで椅子に座っていても足下から冷たい風が吹き込んでくる。ストーブを置いたりしているが、これは何とかしてもらいたいものだ。味は前と変っていないようだが、やっぱり本場のトンコツラーメンは苦手です。

tosimon3 at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年12月17日

伊豆〈27〉

休麺日無し1675日目
859)共楽@城ヶ崎
860)唐辛子@伊豆高原
861)ブ〜(勇次)@町田

まちぶせ昨夜遅く伊豆へ着いて、そのまま音楽三昧。今回は映像は控え目にしてレコードを中心に聞く。E・クラプトン、エイジア、キャメル、P・フロイドなどのロック系、N・アダレイ、W・ケリ−、C・パーカー、M・ト−メなどのジャズ系、小田和正、大塚博堂、南佳考、エポ、石川ひとみ、岩井小百合、高橋真梨子、中島みゆき等、最近買い集めてまだ聞いて無いものを片っ端からかけてみた。中でも良かったのが石川ひとみの「まちぶせ」。これは確か4枚目のアルバムじゃなかったかと思うが、なかなかいい曲が入っていてリラックスして聞ける。タイトルの「まちぶせ」は荒井由実の作詞・曲で今聞いても色褪せてないのが素晴しい。

共楽3ユードン昼は共楽で食べた後、平戸焼美術館の松浦さんのところへお邪魔して、最近集めた平戸焼の鑑定をしてもらう。6時頃になって晩飯を食べに「ユードン」へ行く。ここは前にも一度連れてきてもらっているのだが、自宅を解放して手打ちうどんを食べさせてくれるお店?なのだ。場所としては池田20世紀美術館の近くになるのだが、何しろ分かりにくい所にあるので、知っている人に連れて行ってもらわないと絶対に分からない。こういうのを本当の“隠れ家”って言うンだろうネ。今日は手打ちうどんに茸の炊き込みご飯、自家栽培!の野菜の天婦羅、それになぜか餃子(笑)。だけどこの餃子、手造りで旨いンですヨ。久し振りに食事らしい食事をたべましたヨ(笑)。

唐辛子  1勇次8時前に家に戻ってからまた10時頃まで今度はLD鑑賞。インディー・ジョ−ンズは何回見ても面白いネ〜。帰りがけに唐辛子でラーメンを食べてから勇次へ向う。土曜の深夜営業2週目なのだが、大山家の大山さんが来るというので待ち合わせることに。(っていっても深夜1時過ぎの待ち合わせなんて初めてだったナ〜)。ラーメンはトンコツが一段と濃くなって美味しくなっていた。ワンタンはあまりトンコツに合わないという人がいたので先週限りでやめたという。旨かったのにナ〜。1人でもそういったお客がいると気にしてしまうのが田中さんの悪いクセ。もっと自信をもちましょうヨ。

tosimon3 at 01:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽/映像 | らーめん 静岡県

2005年12月16日

平和島骨董市

休麺日無し1674日目
856)葉月@雪谷大塚
857)醤道@馬込
858)六三四屋@梶ヶ谷

三春人形今日から三日間、今年最後の「平和島骨董市」が開かれている。例のごとく大遅刻(笑)で会場へ。外は寒風が吹き荒れているが会場内は汗ばむぐらいの温度。今回も土人形の出品は少なかったが、それでも「柿の木」さんで堤人形を1体、「灯屋」さんで相良人形を3体、あと知らないお店で目の回りにピンクの色が入った雌雛を1体購入したが、この雌雛は¥1000だったのでかなりのお買得。で、最後に「辰巳」さんのところに寄ると、例の「三春人形」が2体鎮座している。どう見ても素晴しい人形だ。土人形という観点からは、三春人形は和紙で作られているのでその範疇に入らないのだが、郷土人形というくくりで見れば、三春人形はその頂点にあるといっても言い過ぎではないだろう。ただ最近ではめったに市場に出てくることがなく「幻の…」という形容がつくまでになってしまっている。ましてこれだけ完品に近いものが出てくることはこの先まずないだろうということを考えると、ここで少し無理をしてでも買っておかねば…と思ってしまうのがコレクターの悲しさ(笑)。という訳で写真の三春人形(たぶん『静御前』)を買ってしまった。もう一体の『ネズミ大黒』のほうが程度はいいのだが、値段もいいので買えなかった(泣)。

葉月葉月=平和島へ行くのが遅刻した原因はここへ寄っていったから。蕎麦粉を練り込んだ麺が限定で出ているというので食べに行ったのだ。ここは以前出来て間もなく何回か来ているが、それ以来何年振りだろう?。蕎麦粉の入った麺は思っていたより太く、食感は限りなく“蕎麦”に近い。ここのスープは和風出汁が効いているのでマア何とか違和感なく食べられるが、内心「これってラーメンなの?」と思わずにはいられない。美味しいからいいンだけどネ。それにしても化調がちょっと強過ぎ。以前はこんなに使っていなかったと思うが…。

醤道醤道=平和島の帰りにはやっぱりここでしょう。今日は『金ラーメン』という新しいメニューがあったので食べてみる。何でも動物系だけで出汁をとっているそうで、魚介はタレに少し入っているだけだという。確かにスープに力強さがあってこれはこれで美味しいと思うが、日頃魚介出汁に慣れてしまっているとちょっと古いタイプのラーメンを思いだしてしまうのは私だけ?。でも今の若い人たちには反って新鮮なのかもしれない。

六三四屋2六三四屋=夜遅くなってから「そうだ伊豆へ行こう!」となってしまい、行く前にここへ寄っていく。かなり久し振りに『味噌ラーメン』を食べるが「アレッ、こんなに旨かったっけ?」と思ってしまう。魚介出汁の効いた味噌ラーメンっていうのはありそうでないンだよネ。スープに背脂が少し入るようになったせいもあるんだろうけど、旨い味噌でした。

tosimon3 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | 土人形

2005年12月15日

いつも通りに…

休麺日無し1673日目
853)球磨鮎ラーメン@二子玉川
854)和尚@国分寺
855)大山家@武蔵境

あゆ\球磨鮎ラーメン=いつも通り、遅い昼を食べに行く。今日はラーメンを食べるほかに、現在ここで発売している『お持ち帰り鮎ラーメン』を買う目的があったのだ。今年はお歳暮代りにこの『鮎ラーメンパック』をお世話になったところに持っていっているのだが、どこでも好評で「また欲しい」というリクエストがあちこちから来ている。1000円という安さ(お歳暮としては)でこれだけ喜んで貰えるのなら本当に“お安い”ものです。自分の口にはまだ入っていない(笑)のだが、麺の茹で過ぎが多い以外はかなり旨いという。自分の口に入るのはいつになることやら…。

和尚5和尚=前回は後藤さん不在で会えなかったので再度行ってみる。今日はいましたヨ。後藤さんの顔を見るのは半年振りぐらいかナ〜。入院していたせいか、かなり痩せてスマートになってます。胆嚢が悪くて摘出手術をしたんだそうだけど、思ったより元気そうなので一安心。マアあんまり無理をしないで気長に養生してください。近々TVの撮影があるかもしれないと言っていたが、あまり張りきり過ぎないように(笑)。体のほうが大切ですからネ。

大山家3大山家=和尚の後はやっぱり“いつも通り”ここへ寄ってしまう。味噌を食べようと思ったら、今日はもう味噌が終ってしまったということなので『つけ麺』にする。まだ公には宣伝していないので、沢山の杯数は用意してないんだそうデス。来週ぐらいにポスターやチラシで告知するそうなので、また食べに来なくては。

tosimon3 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 

2005年12月14日

不親切な表示は…

休麺日無し1672日目
850)つの八@宮崎台
851)すずらん@渋谷
852)ごっつお@渋谷

つの八つの八=昼は地元のこの店へ。何年振りだろうナ〜。もう10年近く入ってなかったかもしれない。厨房にはオヤジさんじゃなくて若いオニイサンがいる。ことによったらオヤジさんは引退して息子さんが…なんて想像しちゃいましたヨ。ラーメンはこれぞラーメンっていう本当に“昔なつかしい”味。「そうそうこれなんだよネ」と食べながらうなずいてしまう。この化調の効いた(笑)何とも言えないスープの味は、子供の頃初めてラーメンを食べたときの感動を思い出させてくれる。やっぱりラーメンはこれが原点なのネ。現在我々が食べているラーメンは何なんでしょう?と自問せずにはいられない。

すずらんすずらん=夕方から渋谷に出たので、ここの『釜揚麺』が食べたくて寄ってみたがすでに売切れ。となればこれしかないンですヨ。この平打ち麺はかなり好きなんだけど「これはラーメンか?」と聞かれたらきっと返答に困るだろうナ。だけど旨けりゃイイんですヨ、ラーメンだろうが何だろうが…(笑)。それにしてもここの『鶏白湯』もまだ食べてない。金曜の午前中にここへ来るっていうのが今の生活サイクルだとなかなかできないンだよネ。何とかしなければ…。

ごっつおごっつお=腹にまだ余裕があったので未食のこの店へ。北海道からの進出?の店のようだが、店は中2階でちょっと入りにくい。券売機で食券を買おうと思ったら、基本の『醤油ラーメン』(¥550)は鶏ガラじゃないような書き方になっているので仕方なく『鶏がら醤油』(¥800)にする。席について前に貼ってあるメニューを見ると基本のラーメンも鶏ガラのようで、『鶏がら醤油』は「味玉入り」となっている。エ〜ッ、っていうことは味玉が250円っていうこと?。食べ終ってからも納得できなかったネ(怒)。不親切な表記はやめて欲しいものだ。味のほうはまずスープがかなり黒っぽい。富山ブラックも真っ青、いや真っ黒なほどの黒さ。飲んでみると見た目ほどしょっぱくはないが、麺は色がついて茶色っぽくなっている。溜り系なのかちょっとクセのある醤油。こういう味はきらいじゃないンだけど食べ手を選ぶだろうナ〜。250円の味玉はしっかりと噛みしめてきましたヨ(笑)。

tosimon3 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 神奈川県 | らーめん 東京都

2005年12月13日

商店街にあるお店

休麺日無し1671日目
847)博多濃麻呂@二子玉川
848)さちろう@深沢不動前
849)しま坂@大岡山

濃麻呂博多濃麻呂=数年前に火事で焼けてリニューアルしたのだが、新しくなってからは今回が初めてかもしれない。この辺は「鮎ラーメン」があるので、どうしてもそっちへ行ってしまうンだよネ。今日は昼を食べはぐってしまい、鮎ラーメンもやっていない時間だったので、「たまには…」という気持ちで入ってみる。だけどこんな時間(16:00)なのに私が座って満席ですヨ!。席数が少ないこともあるけど人気あるのネ。久々の博多ラーメンだけど、ここのラーメンは匂いを抑えてあるので食べ易い。スープも旨いし、ことによったら前よりも美味しくなった?。(以前の記憶がない)

さちろうさちろう=今年の10月にできたお店。実家からは近いのだが車が停めにくそうなので敬遠していたのだ。今日は資料館の整理を早めに切り上げて行ってみる。思った通り店の前は車が停められず、一度周囲をぐるっと回ってしまったが、それでもダメそうなので少し先へ行くとコインPがあった。こういう商店街の中のお店っていうのは、車を使う者にとっては泣きどころなのネ。ラーメンはかなり今風というか煮干を効かせたもので、スープはそれなりに美味しいけど麺が弱いかナ。よく使われている汎用麺という感じですぐに伸びてしまう。もう少し加水率の低い麺にすれば、スープの持ち上げも良くなるのでは…。ちょっと残念。

しま坂しま坂=このお店は出来てから数年経っているが、やはり商店街の中にあるので敬遠していた。今日のように一念発起(笑)しないとなかなか重い腰が上がらないのだ。ここも道路には駐車できないので、裏へ回りこんでパーキングを見つけた。イヤ〜一苦労ですヨ。お店はなかなか“らしい”感じで、ラーメンだけの単品勝負というのも潔くてイイ。サイドメニューに『ちまき』があると聞いていたのでそれも頼むが、ラーメンを食べ出して気が付いたのは麺の量がやたら多いこと。そういえばメニューに「麺すくなめ」というのもあったナ…と思っても後の祭り。さすがに連食でこの量、おまけに『ちまき』付きではイヤ本当にきつかった。ちまき残して持って帰ろうかと思ったほどでしたヨ(笑)。ラーメンは色々と具材にこだわっているようで、スープは独特の舌ざわり。魚介もかなり効いていて旨いと思うし、こういう場所でなかったら結構通ってしまいそうなお店ですヨ。今日は3店とも商店街の中にあるお店でした。

tosimon3 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月12日

せたが屋は…

休麺日無し1670日目
845)しらいし@センター北
846)せたが屋@野沢

しらいし1しらいし=前回久し振りに行って美味しかったので、また行ってしまった。今日はスープがちょっとぬるかったけど、ウ〜ンやっぱりこの味好きだネ〜。もちろん化調もたっぷり入っているけど(笑)、その入れ方というか味付けの仕方が好みなんですヨ。これ以上になると逆にまずくなるというギリギリのところでバランスをとっている。家系ほど油が多くないのも嬉しいンだけど、麺が太い割にはコシがないのがちょっと不満かナ。

せたが屋せたが屋=久々に「麺くらい」に行くと終了時間が24時に変更になっていて閉っていた。こういう時は「一龍」にするか「せたが屋」にするか迷ったが、やっぱり深夜の豚骨はきついので「せたが屋」へ行くことに。久し振りに『ひらつけ麺』を食べるが、アレッと思うぐらいつけ汁が薄い。以前はもうちょっとガツンとくる味だったのに、何かそういう感じが全くなくなってしまっている。いや十分に美味しいレベルにあることは否定しないが、以前の味とどうしても比べてしまうンだよネ。

tosimon3 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月11日

たまにはこういう店も…

休麺日無し1669日目
842)太鼓@溝口?
843)八蔵@松蔭神社
844)天上@野方

太鼓太鼓=二子橋川崎側のたもとにかなり前からあるお店。ラーメンの食べ歩きを始めた頃に何回か入ったことはあるが、それ以来前は通るがいつも素通りしていた。今日は実家へ行く途中、何故かこの店が目に付いて何年振りかで入ってしまった。ジョージ川口(っていっても知らないだろうナ〜)によく似たオヤジさん、ヒゲは白くなったけどまだ頑張ってます。『太鼓ラーメン』を食べるが、以前の記憶とはかなり違っている。カイワレの下にはネギとバラ肉を炒めて軽くアンカケ状にしたものが乗っていて、これをスープに混ぜていくうちにだんだんと旨くなる。前は普通の醤油に背脂が少し浮いたラーメンだったと記憶しているが、記憶違いにしてもこちらのほうが旨いネ。たまにはこういうラーメンもいいもんです。

八蔵3八蔵=次男が実家に来たので、送っていく途中にここへ寄る。彼は私に似たのかどうか、かなりのラーメン好きで、同居していたころにはあちこち連れ歩いたものだ。この店は初めてなのだが、ラーメンの味は気に入った様子。私の食べたつけ麺の残り汁で作ってもらった「玉子とじ」もほとんど食べられてしまった。餃子も初めて食べたが旨かったネ〜。息子曰く「今度彼女連れて食べにくるよ」。彼女さんもラーメン好きなんですヨ。

天上天上=息子を送っていった帰りに環七で気になっていたこの店へ寄ってしまう。店名は「てっぺん」と読むらしい。以前「鶴や」という店があったところだが、雰囲気はがらりと変って黒を基調としたシックな店になってしまった。環七沿いの店としてはかなり異色の店だろう。肝心のラーメンは、これも黒くて深い丼で出てくるが、丼の大きさの割にはスープが少ない。スープはトンコツ系に魚介という今風のもので、味的には悪くないと思うが、麺がいけない。細い縮れ麺なのだが、噛むとネトッとした食感がどうも好きになれない。この麺を変えればずっと旨くなると思うンだけどネ〜。

tosimon3 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月10日

きら星…柚子味噌/勇次…豚骨

休麺日無し1668日目
839)永富@久地
840)きら星@武蔵境
841)ブ〜(勇次)@町田

永富1永富=昼の部終了前の1時45分頃に着くと、何と4人待ち。昼間来たことがなかったので知らなかったが、いつの間にか行列店になってたンですネ〜。そういえば店の前に椅子が置かれてますヨ。今日は『ラーメン』を食べたが、スープと麺のバランスがいい。スープ自体は大勝軒系からするとライトな部類だと思うが、しなやかな麺がよく合っている。人によってはちょっと茹で過ぎと思うかもしれないが、この柔らかさがいいンだと思う。

きら星きら星=現在限定で出している『ゆず味噌ラーメン』。麺に柚子が練り込んであるそうで、噛むと柚子の香りとほのかな酸味が口の中に広がる。相変わらず濃厚なスープにもこの麺は負けていないのだが、食べているうちに何か引っ掛かるものが…。元来ゆずと味噌は相性がいいはずなのだが、ラーメンとして食べると柚子の繊細な味が味噌にスポイルされてしまっている。これが引っ掛かりの原因。この麺は味噌で食べるより、つけ麺で食べたほうが美味しく食べられると思う。丼の端に付いている「柚子コショウ」を溶かし込むと、スープにも柚子の味が出てきて美味しくなる。これはいいネ。

勇次9ブ〜=勇次が今日から土曜の夜だけ始めた豚骨の店…とは言っても暖簾と名前を変えただけなのだが、夜の10時から深夜2時までというのには驚かされた。0時15分頃行くと先客3、後客4と結構流行ってるじゃないですか(ほとんどが常連さんのようだけど…)。とりあえず『ブ−ラーメン』の塩を食べる。スープはトンコツとしてはライトな部類に入ると思うが、サラッとしている割にはコクがあり、オマール海老の甘味がよく出ている。麺は中太ストレートでこれ自体は旨いのだが、スープの持ち上げがやや弱い。これなら従来の細麺のほうが良くはないか、と思ってしまうがどうなんだろう?。あと『ブ〜ラーメン』にはでかいワンタンが入っている。普通のワンタンの3倍はあるんじゃないかナ。餡には海老も入っていて、これもかな〜り旨い。トータルとしては思っていたよりずっと美味しかったンだけど、土曜の深夜だけでなく、夜だけの限定で食べられるといいネ。深夜に行くのは大変ですヨ。

tosimon3 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月09日

忍野→富士→伊豆

休麺日無し1667日目
836)長浜屋@八王子
837)大山@富士市
838)わさらび@稲取

富士五湖の一つ、山中湖の近くに忍野(おしの)という村がある。「忍野八海」で有名なところだが、ここで「里庵」という骨董店を営む宮本さんには以前から立川の骨董市でお世話になっている。11月の市のときに「SPレコードのいいのが入った」という話しを聞いていたので、それを見せて貰うために今日訪問することになったのだ。編集長も行きたいというので、9時に迎えに行って出かける。忍野村には昼頃着いたが、雲一つない晴天に恵まれ、雪化粧の富士が眼前に迫る。裾野は紅葉の見頃で今が一番いい時期なのかもしれない。その紅葉と富士を眼前に見る場所に「里庵」はある。北欧の材木で作られたという建物は「素晴しい」の一言。内外ともにアンティークな雰囲気に満ち溢れている。その一角を喫茶室にしてあり、パイプをくゆらせながらコーヒーをいれる宮本さんは、ある意味、理想を手に入れた人間の究極の姿といえるのかもしれない。ウラヤマシイ。

長浜屋長浜屋=店名からすると九州ラーメンの店のようだが、ラーメンは清湯、魚介系の味。16号沿い八王子インターへ入る少し手前にあって、午前10時から32時!までやっているので、インターを利用するときには必ずといっていいほど食べている。ただここしばらくはご無沙汰だったのだが、今日はちょうど開店間もなくの時間に通りかかったのでついつい寄ってしまう。このところちょっと味が落ちていて敬遠気味だったのだが、今日はスープもスッキリとして節系のえぐみもなく、まあまあの味に戻っていた…というより朝方の新鮮なスープだったからなのだろうか?それとも魚粉を使い出したせい?。マアどっちにせよ美味しけりゃいいんだけどネ。

大山大山=4時頃忍野を出て富士山をぐるっと回って富士市の「大山」へ。かなりのご無沙汰。ここへは年に2〜3回は来ているのだが、来る度にメニューが変っているのが楽しみ。今回は『魚コク醤油』というのがあったので食べてみる。相変わらず力強いスープに魚介が効いて旨〜い!。やや平打ちの太麺も旨〜い!。こういうメニューを相模原でもやってくれないかナ〜と思いつつ食べる。最近は忙しいのか影島さんにはいつも会えずじまいで今日も不在だったが、店を出てしばらくして電話をいただいた。すれ違いだったようデス。

わさらび8わさらび=伊豆の家に寄る用事があったのと、編集長が「わさらび」の新しいお店へ行ってみたい(ワガママ)(笑)というので、沼津から天城→河津→稲取と走る。夜なので道は空いていたが、それでも富士からは2時間半ほどかかってしまった。今日はまだ腹が空いていないので「梅塩つけ麺」を一玉で作ってもらう。それでも食べ終ったらちょっと物足りなかったのは何故?。

tosimon3 at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 静岡県

2005年12月08日

勇次で豚骨ラーメン!!

休麺日無し1666日目
833)球磨鮎ラーメン@二子玉川
834)勇次@町田
835)ひろなか@町田

鮎8球磨鮎ラーメン=3時前に食べに行く。まだメニューは変更されていなかったが、是非検討してもらいたいものだ。そこで三平さんから聞いたのだが、赤坂の「リュウキュウアーユーを食べる会」は今月一杯(27日)で閉店となるそうだ。理由は色々とあるようだが、最大の理由は琉球鮎が育たなかったことだという。今年の台風でかなり深刻な被害を受け、ほぼ全滅状態になってしまったようだ。肝心の鮎がとれないのでは仕方ないンでしょうネ〜。ただ「食べる会」の会員組織は継続するということなので、また違った形でのサービスがあるのかも。残念だけど仕方ないですネ〜。でもこれで若おかみがまた二子へ来てくれるかナ〜?(爆)。

勇次8勇次=夕方食べに行くと、田中さんが「今度土曜の夜にトンコツをやります」という。「エッ?ウソでしょ」という感じだったが、田中さんは大マジメな様子。以前から案は練っていたそうだが、話すと反対されそう(笑)なので直前まで誰にも話してなかったンだそう。マアどういうラーメンになるのかは食べてみないとわからないが、田中さんのことだからまた“こだわり”のラーメンになるンでしょうネ。ちなみにスープは1種類だけだが、塩と醤油とブ−ラーメンがあって、ブ−ラーメンはトンコツ+海老で塩と醤油に別れるそうだ。
                                                                                                       
ひろなか2ひろなか=勇次で食べてまだ余裕があったのでこちらへ回ってみる。今日はもう一度塩を食べてみるが、前回感じたしょっぱさはなくなり、ずっと旨くなっている。これならイイんじゃないでしょうか。食べ終ってご主人と話しをしていたら、少し前から『味噌ラーメン』を始めたという。ただ味噌ダレが一度に10杯弱ぐらいしか作れないので、2〜3日でなくなってしまうそうだ。今日はもうないそうなので食べることはできなかったが、また近いうちに来てみましょう。

tosimon3 at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月07日

鏡花の「夢」は『旬材豚骨』

休麺日無し1665日目
830)きび@小川町
831)鏡花@立川
832)こたろう@新小金井街道

きび1きび=アキバに用事があったので、夕方から出かけたついでに久々に「きび」へ寄る。渡辺さんとは入れ違いだったそうで会えなかった。新メニューなのか『海老塩ワンタン麺』というのがあったので食べてみる。大きめのワンタンが6コ入っていて、なかなか食べデがある。アンは鶏の挽肉?にニラと小海老が入っていて、かなりスパイスを効かせてある。味もしっかりとついているのでこれだけ食べても旨い。塩ラーメンに合わせたのも正解だろう。

鏡花4鏡花=きびで食べた後、編集長と待ち合わせて鏡花へ向う。今月の「夢」は『旬材豚骨』。ライトな豚骨スープに旬の魚介と野菜を入れ、タレには「ぶどう酢」を隠し味に使っているそうだが、スープの海老の香りは感じたものの、他の食材はあまり分からなかった。先月の『二郎』とは対照的な優しいラーメン。これはこれで美味しいと思うのだが、際立つ部分がないのでどうしても地味に感じてしまう。マアたまにはいいと思うンだけどネ。

こたろうこたろう=新小金井街道沿いにある店で、食べた記憶がなかったので入ってみると、何となく見覚えがある。一度は食べてるんだけど覚えがなかったンだね。で今日は『味噌ラーメン』を食べる。赤味噌系でかなり甘い。この甘さは別に悪くはないんだけど、人によっては甘過ぎると感じるかもしれない。麺は中細の縮れで、旭川の麺のような感じなンだけど、これは決して合っているとは思えない。もう少し太い麺にしたほうがバランスが良くなるだろう。バラ肉の叉焼が旨いネ〜。

tosimon3 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月06日

つけ麺連食

休麺日無し1664日目
827)バサノバ@新代田
828)FRIDAY@方南町
829)哲@目黒

バサノバフライデー
バサノバ=「八蔵」で食べようと思って行ってみると、アラッお休み?。月曜定休と思っていたのは私の思い違いだったのネ(泣)。仕方なく環七へ出て「バサノバ」へ。前回つけ麺が旨かったので、もう一度食べてみる。ウ〜ン今日のはこの前よりスープが何故か薄く感じる。どうしてでしょう。
FRIDAY=地雷源の夜の部は「フライデー」になっている。前回は『和出汁ソバ』を食べたので、今日は『濃厚つけ汁ソバ』を食べてみる。名前は大袈裟だけど要するに『つけ麺』。昨日からつけ麺3連チャンなのだが、ウ〜ンどれもそれぞれいいところがあって甲乙つけがたいンだけど、ここのつけ麺は麺がつけ汁と合っていない気がする。巾広の平打ち麺がかなり強いので、つけ汁が負けているのだ。この麺を廣功秀のつけ汁で食べたら旨いのでは…と一瞬思ってしまう。そういった意味では一番バランスのとれているのは「廣功秀」ということになってしまうのだろうか?。

哲哲=「かづ屋」が深夜0時からはこの店名になって営業している。もちろん作っている人も別で、味もトンコツラーメンになっているのだが、最近こういった営業形態のお店が増えてきているのは何故?。ラーメンはややライトなトンコツ醤油味に太めのストレート麺。スープはまあまあ美味しい。麺もけっこう美味しい。だけど一緒に食べてみると???となってしまう。麺がスープに対して強過ぎるし、スープの持ち上げが悪いのだ。やはりこのスープなら九州系の低加水極細麺が合うンだろうナ〜。反対に麺に合わせるならもっと濃厚なスープにする必要があると思うンだけど…。

tosimon3 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月05日

つけ麺が旨い!

休麺日無し1663日目
825)基乃@大岡山
826)廣功秀@駒沢

基乃基乃=二郎インスパイアのお店ということなのだが、今回が初訪。『こってり味噌ラーメン』という新メニューがあったが、とりあえずは基本のラーメンを食べる。食券を渡すときに野菜の量とニンニクを入れるかどうかを聞かれるのは二郎と同じ。出てきたラーメンは、マア見たところ二郎風ではあるが、叉焼がまず違う。スープの味はかなり近いが、こちらのほうが上品というかクセがない。麺はかなり太いもので、これはなかなか旨い。この麺をつけ麺にしたらきっと旨いと思うのだが、メニューのつけ麺のところは紙が貼ってあった。残念。味噌も食べようかと思ったが、さすがにラーメンも麺の量が多かったので連食は無理。またそのうち来てみましょう。それにしても道が狭いので、車で来ると駐車に困ってしまう。昼間は絶対無理だろうナ〜。

廣功秀1廣功秀=8月の終り以来になるのかちょっと久し振り。すぐ近くに「俺ってい」が出来てしまったので、ここ何回かはそちらに“浮気”してしまったが、もう浮気はしません!(笑)。やっぱりここのつけ麺が旨いナ〜。今日は特につけ汁の甘味が出ていて旨かったし、叉焼も旨かった。ここの叉焼は角煮と肩ロースの2種類がついてきて、それぞれ炙り叉焼になっているので殊更美味しい。中でも今日の角煮は本当に旨かった。ここも冬場は味噌でもやってくれるといいンだけどネ。
                                                                                                                    

tosimon3 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月04日

大山家の『味噌ラーメン』

休麺日無し1662日目
823)和尚@国分寺
824)大山家@武蔵境

今日は有楽町と浜松町で骨董市があるので、昼から出かけようと思ったら外は雨。これでは露天の有楽町は中止かなと思ったら、浜松町まで行く元気もなくなってしまったので急遽予定を変更。例のごとく国分堂へ。ここは時々「骨董市」へ行くより面白いことがあるのだ。雨なのでお客は少ないだろうと思って行ったのだが、先客5人と大繁盛。こんな骨董屋さんってまずないよネ。おはじきとビー玉、掛け花入れ、ウサギの茶碗、櫛などを“仕入れ”てくる。

和尚4和尚=国分堂からはすぐなのと、後藤さんが退院している筈なので寄ってみるが、生憎出かけていて会えなかった。でも出かけることができるほど回復しているようなので一安心。早く現場復帰してほしいものだ。長い間食べて無かった『塩ラーメン』を食べてみるが、けっこう味変っている。ウ〜ン良い方へ変っているのならべつに構わないのだが、最初の頃の味に戻してほしいナ〜。


大山家6大山家=「和尚」からの帰りに寄ってみると、明日から『味噌ラーメン』を始めるという。それで今日は常連の人に食べてもらっているというので、私も食べてみることに。大山さんは実は「味噌はあまり好きではない」んだそうで、以前から味噌をやって欲しいと言っていたにもかかわらず、なかなか思い腰が上がらなかったのだ。しかしこの味噌は旨い。家系のテイストを残しつつ、味噌ラーメンとしての“つぼ”をきちんと押さえてある。とても「味噌嫌い」(笑)が作った味とは思えない。親交のあるもちもちの木の福田さんが、味噌で行列店を作ってしまったことも良い刺激になってるンでしょうネ。でもこれでまた楽しみが増えそうです。                                                                                                                                                                                                                                        

tosimon3 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | 骨董

2005年12月03日

イズコン〈8〉/伊豆〈26〉

休麺日無し1661日目
820)わさらび@稲取
821)唐辛子@伊豆高原
822)麺通@新代田

例によって朝方までレコード、LD、DVDの見っ放し、聞きっ放し。2人は80インチプロジェクター初体験なのだが、かなり気に入ってもらえた様子。LDで見た「ロスト・イン・スペース」が映像・音共にかなり良かったと思う。M・アルゲリッチのDVDなども見てみたが、やはりクラシック系の演奏風景は途中で飽きがきてしまう。N・キング・コールのDVDはよくこれだけの映像が残っていたと思わせる内容。大画面で見るとまた一味違う。夜になって見始めた「Bird」は帰る時間までに見終らなかったので、次回の楽しみに。

わさらび7わさらび=夕方になってドライヴがてら行ってみる。前回言っていた「鹿ラーメン」はどうなったか聞いてみると、やはり骨を使うと獣臭さが出てしまって、常連さんに食べてもらったがあまり評判は良くなかったとのこと。肉には臭みがないので今度は肉を使ってみるというが、どういう結果になるンでしょう。来春に向けて『中華粥』や『鯛ラーメン』を試作してみたいというので、これも楽しみ。この稲取には2月頃から「吊し雛」という行事があって、「河津の桜」とも期間が重なるので、この時期にはかなりのお客が来るということで、今から準備しておかないと間に合わないンだそうです。今日は『豆乳ラーメン』を食べるが、これ結構旨いデス。

唐辛子 2唐辛子=帰りに寄るが、2人はさすがにラーメンは食べたくなさそう(笑)なので『高菜炒飯』を。私にはまた有無を言わさず『鴨ネギカレーラーメン』が待っていましたヨ(笑)。でもこれはかなり旨い。輸入の鴨肉が鶏インフルエンザの影響でいつまで入ってくるか分からないという状況なので、食べるなら今のうちなのか。


麺通麺通=久保田氏を送ってから帰る途中、環七を走っていてここがまだやっていたので入ってしまう。ここが出来た時には何回か来ているが、それ以来寄るのは超久し振り。『醤油ラーメン』の以前の記憶はないが、サッパリとして結構旨い。叉焼は三元豚ともち豚のもの2枚が入っているようで、これも旨いンだけど、もうちょっと大きく切ってくれると尚更嬉しいンだけどネ。



tosimon3 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | 音楽/映像

2005年12月02日

丸ゴトだけでは…

休麺日無し1660日目
817)鮎ラーメン@二子玉川
818)康雅賢@小川町
819)唐辛子@伊豆高原

鮎7鮎ラーメン=遅い昼を食べに行くとメニューが変っていて、『球磨鮎ラーメン』は丸ゴトだけ(¥1000)になったという。『ぼーず』(¥500)は残っていたが、ウ〜ンこれはどうなンでしょうネ。これまではハーフで¥800だったので、叉焼や味玉をトッピングしてもいいかな、と思ったのだが、ベースが¥1000になってしまうとちょっとためらってしまう。昼食として食べにくるお客が多いと思うので、昼食代に1000円以上というのはやっぱり敬遠されるだろうナ〜。客の立場からすれば、昼も600、800、1000の選択ができるほうがいいと思うし、是非そうあって欲しいものだ。

康雅賢1康雅賢=今日の夜から伊豆へ行く予定で、神保町で待ち合わせをしたついでにまた寄ってしまった。今日は『味噌ラーメン』を食べる。こってり感はないが、スッキリとした赤味噌系の味で、味噌の香りがなかなかイイです。思っていたよりずっと旨い。もやしなんかも入ってこれで¥400は安い…というか、かなりの高CP。こういう良心的なラーメンこそマスコミで取り上げて欲しいナ〜。でも本当にダイジョウブなんでしょうか?。(笑)

唐辛子 1唐辛子=比較的早めに伊豆へ着いたので、まずここへ寄る。今日は編集長が不幸があったとかで参加できなくなってしまったので、今回の「伊豆コン」は常盤氏、久保田氏と私の3名になってしまったが、2人共もう唐辛子では「顔なじみ」になってしまいましたヨ。3人とも『ラーメン』を食べるが、今日の叉焼は旨かったナ〜。

tosimon3 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都

2005年12月01日

300円ラーメン

休麺日無し1659日目
814)康雅賢@小川町
815)有明@九段下
816)母なる海と大地@田無

あ〜あッ、またやってしまった夜に3杯。あれだけ昨日「やめましょう」と硬く誓ったのに(笑)。
明日の夜から編集長達と伊豆へ行くので、その打ち合わせに神保町まで来たのがいけなかった。でもマア食べてしまったものは仕方がない。明日からまた頑張りましょう(何を?)。

康雅賢康雅賢=このお店のラーメンが300円になったというので行ってみる。ここは8月に「麺心」から「山水館」になり、9月にはがんこ系の「康雅賢」に変ったお店。開店当初はラーメン700円だったはずだが、何でいきなり300円になっちゃったンでしょう?。マア値上げする店はあっても、値下げする店はほとんどない昨今なので、これは歓迎すべきことなんだろうけれど、値下げして味がどうなっているのか確認したかったのだ。「塩ラーメン」を注文。見た目は前と変わらず。味のほうは…変ってないヨ〜(笑)。イヤ〜旨いです。これが300円とは信じられない。叉焼だってバラ肉のものが2枚入っているし、メンマもかなり入っている。こうなるとこれで本当に大丈夫なの?と逆に心配してしまう。この一帯は確かにラーメン激選区なので、何かで差別化しないと勝ち残れないという事情はあるにせよ、ここまで値段を落とすと「安かろう悪かろう」のイメージが先行してしまわないだろうか?。いくら何でもちょっとやりすぎでは…と思ってしまう。(余計なお世話で済めばいいンだけど…)

有明有明=木場にある鶏料理の「有明」がラーメン専門店として出したお店。本店には行ってないが、こちらも今日が初訪。鶏白湯のスープはやや粘度のあるものだが、麺と良くマッチしていてなかなか旨い。食べていると「新しく出した『鶏肉そぼろ』(だったか?)です」と言ってサービスしてくれたものは、鶏のひき肉に辣油?などでピリ辛の味付けをしたもの。これを入れることで坦々麺風の味わいも楽しめるということらしい。マアそれなりに味が変って面白いのだが、純粋に鶏白湯を味わいたいという場合には入れないほうがいいだろう。最後に『洗い飯』を入れた時でもこの味付けは好きずきになってしまうと思う。

海と大地母なる海と大地=21日に田無に開店した新店。20日にこの店の前を通ったのでとら会に出しておいたのだが、その後何回か前を通っているのに寄れなかった。理由は前の道路が狭いため車を停めることができなかったからなのだ。斜め前は田無警察署だし…(笑)。で、今日また前を通ると編集長が「食べていこう」というので駐車場を探すと、何とすぐ前がコインP(かなり入れにくいが)。店内はカウンターとテーブル席があってかなり広い。店名から想像して、何か面白いメニューがあるのでは、と思っていたのだが、『醤油』『塩』とそれぞれの『つけ麺』があるだけ。ちょっとガッカリ。編集長は『塩』、私は『醤油』を食べるが、スープには随分と「海老」が入っているようだ。醤油ではそれほど強く感じないが、塩ではやや出過ぎぐらいに海老のテイストが出てくる。醤油のほうはマア悪くはないンだけど、何か物足りない感じ。このスープだったら背脂でも少し入れたほうが旨くなるのではと思ってしまった。麺は中細縮れだが、軟らかめでコシがなく、これは全くダメ。麺を変えればもう少し良くなりそうな感じ。店名が立派過ぎてラーメンと合ってない(笑)。

tosimon3 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都 | らーめん 東京都