2007年01月

2007年01月31日

誰もいない・・・

一睡もしないで約600kmを走り、朝8時に八幡平へ到着。

実はここへ来たのは、以前から何かとお世話になっている三宅さんという方からお誘いを受けたから。

何年も前から冬になると「来ないか」と誘われ続けていたのだが、
勤めている身では平日に行く訳にもいかず、
やっと今回実現できることになった次第。

岩手山
ホテルで朝食をとった後、そのまま寝ないでスキー場へ。
ここには「八幡平」「リゾート」「下倉」「安比」などのスキー場があるのだが、
今日は一番近い「リゾート」へ。

ホテルの窓から見ると、
岩手山の裾野に広がるこのスキー場が一望できるのだが、
岩手山は雲に隠れて見えない。

誰も
スキー場へ着くと、ほとんど人がいない。
幾つものコースがあるのだが、どこも“貸切り”状態。

東北のスキー場は空いているという話しは聞いていたが、
平日とはいえ、これほどとは思っていなかった。
好き勝手に滑れるのはいいのだが、何かすご〜くむなしい。(笑)
少しは人がいてくれたほうが張り合いがあるというもの。

マア寝不足もあるので、無理をしないように滑る。
そうでなくても最近は“歳のせい”か、(爆)
ガンガン滑るという元気も体力もなくなってきたので…。

昼前に三宅さんの友人という石鍋さんご夫妻が仙台から到着したが、
三宅さんが盛岡まで出かけるというので、
私も午後早々に引き上げ、宿で爆睡。

夜は石鍋さんご夫婦を交えて遅くまで談笑。
明日の朝は起きられるかな?

tosimon3 at 06:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スノーボード 

2007年01月30日

八幡平へ・・・

夕方から八幡平(岩手県)へ向けて出かける。
そうです、今年初めてのスキー、いやスノボです。(^^;

スノボをやるようになってから今年で13年目。
始めた頃は、滑らせてくれるスキー場を探すのが大変だったが、
この10年間の様変わりには感慨深いものがある。

東北道の岩槻ICまでは下を走ってきたのだが、
ついでなので春日部まで足を延ばして「井之上屋」へ寄る。

…………………………………………………………………


●44)井之上屋@春日部

今年になってからここへ来るのは2回目になるが、
またまた醤油を食べてしまった。

井之上屋4
ここは元々『塩』専門店だったはずなのだが、
最近の『醤油』の進化には注目せざるをえない。

今日の醤油は、前回食べたものに比べ、
更にスッキリ感が増して美味しくなっていた。

2、3日後には新しい醤油が入るということで、
更に美味しさUPが期待される。

・・っていうことは、また来なくっちゃいけないのか…orz

…………………………………………………………………


東北道を一路北上。
途中「那須高原SA」でカレーを食べる。
『ビーフカレー/¥550』

那須高原SA
ルーはこういう場所のカレーには珍しく中辛タイプ。
子供にはちょっと辛いかもしれないが、味は悪くない。
肉はそこそこ入っているが、硬い。

ルー、ライス共に量はやや少なめだが、
ライスがべたっとしてマイナスポイント。

…………………………………………………………………


更に宮城県の「菅生PA」でカレーをもう一杯。
『ポークカレー/¥500』

菅生PA
ここのカレーは、食べてすぐに業務用レトルトカレーと分かる。
肉は薄切りの豚バラが数片入っているが、
カレーの味としてはあまり評価できない。

ただここのライスは旨い。
ルーの量が少なくてライスが余ってしまったのだが、
何もなくてもライスだけ美味しく食べられた。
さすが宮城県ということか。

つけ合わせは福神漬と紅生姜が入れ放題。
これはイイ。


tosimon3 at 05:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 | カレー

2007年01月29日

沙羅沙の『中華そば』

●43)沙羅沙@柿生

2週間ほど前に来たとき、
28日に1日限定で『中華そば』を出すという予告があったので気にしていたのだが、
昨日は立川でお店を出していたので行けなかった。

実はきのう28日には、ここのお店のすぐ近くにある、
「麻生不動院」で「だるま市」が開かれていた。
新聞に“8万人の人出”と紹介されたほどの年中行事なんだそうだ。

おかみさんに話を聞くと、
「8万人は来なかったかもしれないが、人出はすごかった」そうで、
「来たら大変だったですよ」と言われてしまった。

そうか、お客さんは骨董市に来ないで、みんなこっちへ来てたのか・・・(笑)

沙羅沙6
その『中華そば』がまだ出来るかどうか聞いてみると、大丈夫ということなので食べさせてもらうことに。

出来てきた『中華そば』は、
ここの通常のラーメン(豚骨醤油)とは全く違ったもの。

実際にはこれに“カイワレ”が乗るんだそうだが、
今日はなくなってしまったので代わりに麩が入っている。

一口スープを飲んでみると、
鰹節の香りと甘味がガツーンと押し寄せてくる。
油っ気がほとんどないので、何となく“蕎麦つゆ”的な味わいもあるが、
出汁が良く出ているので意外に美味しい。

おかみさんに聞いてみると、
スープは通常のラーメン用の魚介出汁のみで作っているそうで、
動物出汁は全く入っていないという。
なるほど、それで油っ気がなかったのネ。

これに鶏油かネギ油を少し加えれば、もっとラーメンらしくなるかもしれないし、
更に美味しくなるかもしれない。

是非レギュラーメニューにしてもらいたいものだ。


tosimon3 at 03:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2007年01月28日

ラーメン界に一石を・・・

骨董市
今年初めての骨董市出店。

“最初良ければ・・・”と言われるように、
これまでの“連敗”を食い止められるかどうか…

展示方法を色々と変えたりしてみたのだが、
結果はこれまでより少しは良かったかナ?

マアとりあえずは手応えがあったので良しとしましょう。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●41)凪@立川

午後になって昼飯を食べようと凪へ行く。
入り口の前で何人かのラーメン関係者に遭遇。(^^;

今日は、次回からこのラースクへ出店するお店を決める「ラーメン・トライアウト」が開かれているので、その結果を見るために来ているんだそうだ。

凪9
凪トーク
会場では待ち時間の間に「凪」の生田氏と、「東京あってり麺」の小路氏のトークショーなんかもやってましたネ。

時間がなかったので、全部聞けなかったのが残念だったけど…。

凪で食べたのは『太凪』。
ここの太麺は初めて食べたが、これがなかなかイイ感じ。

これまでの細麺に比べて、こっちのほうがはるかにスープとの相性がいいように感じる。
マア、これは個人の好みにも左右されると思うが、
私的には太麺のほうが好きだネ。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●42)鏡花@立川

編集長の店じまいが遅れてしまったため、
帰る時にはここがオープンしていたので寄ることに。

鏡花27
編集長は醤油、私は塩を食べる。

それにしてもここのラーメンは、
本当に美味しくなった…というか、
来る度に進化している。

今日の塩もマジで旨い!
このラーメンが700円で食べられるっていうのは奇跡に近い。(^^;

今の現状を考えると、確実にラーメン界に一石を投じるラーメンだと思うのだが…。

トライアウトで優勝した磯辺氏にもその二石目を投じてもらいたいと…。


tosimon3 at 16:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 骨董 | らーめん 立川市

2007年01月27日

いきなり限定・・・

●40)福吉@東大和

国分堂へ行ったついでに、ちょっと足を延ばしてこの店へ。
ここは以前「小森」というお店があったところだが、昨年このお店に変わった。

所沢に本店があるのだが、新高円寺にも支店があるようだ。
本店では以前『つけ麺』を食べているが、
こちらではつけ麺はどうなんでしょう。

福吉
メニューを見ていると「磯玉ラーメンがおすすめです」と言われたが、
20食限定の『究極炙り醤油』というのが気になって、
いきなり限定を注文してしまった。(笑)

メンマもネギも入ってない愛想のないラーメンだが、
味は・・・いいですネ。トリプルスープだとか。

魚介の効いたスープは、ちょっとしょっぱい。
しかし、いわゆる“旨じょっぱい”味なので自制しないとスープ全部飲んじゃいそう。(^^;

麺は旭川のようなややボソッとしたものだが、
このスープには合ってますネ。
叉焼もスープの温度で熱くなるとトロトロになって旨〜い。

“炙り”というのは醤油を炙っているんだそうだが、
どうやって炙るンだろう?

このメニューはここだけの限定だそうだ。

明日は立川の諏訪神社で骨董屋さんです。

【麺処 福吉】
東大和市上北台2-364-1 11:30-15:00 18:00-23:00


tosimon3 at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2007年01月26日

『油そば』がイイね・・・

●38)三歩@稲城長沼

久し振りにこちらのお店へ。
しょっちゅう付近を走っているのだが、
閉店時間が早いので、なかなか寄ることができない。

ここのすぐ近くに出来た「大勝軒」にもまだ行ってないのだ。orz

三歩7
何か新作は…と高野さんに聞いたが、生憎ないということなので、今日はこれも久々に『つけ麺』を食べる。

相変わらずレイアウトがきれいですネ〜。
ここは分葱が長いまま出てくるのだが、
これがちょっと変わった味わい。

切らずに食べると分葱じゃないような食感がある。
これは不思議。

このところ新作麺は作ってないようだが、
もうすぐ『桜麺』の季節になってしまう。
今年の『桜麺』はどんなのが出来るんでしょうネ?。楽しみです。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●39)亀我楽@聖蹟桜ヶ丘

三歩とこのお店はついついセットで来てしまう。
マア近いので行きやすいということで・・・。

亀我楽5
お店に入って何を食べようかと思っていたら、
私と入れ替わりで帰ろうとしたお客さんが、
清算しようとお金を渡したとき、
ご主人が「油そば600円いただきます」と言う。

あれっ?『油そば』なんてあったっけ…?

そのお客さんが帰った後で聞くと、
以前メニューにあったのだが、
それほど数が出ないので“裏メニュー”にしてしまったという。

ウ〜ンこれは知りませんでしたネ〜。
以前食べた記憶もないので、早速食べてみることに。

体裁も味も一般的な油そばと変わりはないが、なかなか美味しいですヨ。(^^;
麺はもう少し加水率の高い極太麺にしたほうがいいのかもしれないが、
現在の太麺でも十分美味しい。

レギュラーにしてもいいと思うンだけどネ。


tosimon3 at 06:03|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2007年01月25日

叉焼が旨い!

●37)臥龍@三軒茶屋

資料館に遅くまでいたので、さてどこへ行こうかと考えて向ったのが三茶方面。
0時近くなってやっている店といえば、ある程度限定されるが、
今日は「臥龍」へ行くことに。

0時過ぎても満席状態で、席の空くことがない。
やはり先日のTV放映が影響しているらしい。
臥龍2
今日は『叉焼麺』を食べることにする。

前回、隣の客が食べているのを見て、
美味しそうだと思っていた。

『叉焼麺』になると鶏の叉焼ではなく、
豚バラの叉焼3枚が入る。

この豚バラ叉焼は煮豚ではなく、リアル焼豚。(^^;
イヤ〜これは旨い!。
これだけ旨い叉焼は久々に食べましたヨ。

旨いスープと旨い叉焼…この二つのコラボが極上の味を作り出す。
鶏の叉焼も美味しいが、個人的にはこっちのほうが好きだナ〜。

値段が¥950と高めだが、満足できる味だった。


tosimon3 at 03:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2007年01月24日

新年会・・・

●36)福◯家(ふくわうち)@城ヶ崎海岸

午後になって食べに行く。
今日こそは『パーコーラーメン』と思って店に入るのだが、
結局頼んだのは『ラーメン』と『餃子』。(^^;

福わ家6
ラーメンは最初に食べたときより、
確実に美味しくなってますネ〜。

それでもかなりアッサリには変わりないのだが、
油も少し入るようになり、
ラーメンとしての体裁が整ってきた。

麺は相変わらず美味しい。
叉焼も焼豚ではないと思うが、かなり美味。
これでスープの出汁がもう少し出ていればいいんだけどネ。

福わ家餃子
餃子は掛け値無しに旨い。
今日のは皮が一段と薄くて美味しかった。

値段は550円と高めだが、
それだけの価値はある…と思っている。
マア好きずきだけどネ。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



夕方からまた“有志”が集まって新年会。

メンバーは昨年末の忘年会と同じ…じゃなくてユーコさんのご主人が所用で不参加だったのだが、今日のメインディッシュの“カレー”を用意していってくれた。

新年会
このカレーは、私が一度ユーコさんのブログで見て、あまりにも美味しそうだったので以前からリクエストしていたもの。

タマネギが6個分も入っていたり、
色々な“豆”が入っていたりと他では味わえないカレー。

ちょっと辛いが、イヤ〜旨いッッッ!
カレー好きにはたまりません。

あとは例の「魚磯」の握り寿司や、
唐辛子のマスターが作ってくれた“伊勢エビ!”のブイヤベースなど、
本当に食べきれないほどごちそうが多すぎて、カレーだけを堪能することができなかったのが嬉しい誤算。

今度は何を理由にして集まろうか? (^^;


tosimon3 at 16:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | 食・一般

2007年01月23日

「ウンチク」の多い店(2)

伊豆へ行くついでに途中の「小庭」に寄るが、2時10分ですでにスープ切れ。orz
それではと「ロックンロール1」へ行くも、ここも2時半過ぎでスープ切れ。orz

まさか2店とも振られるとは思わなかった。
どうしようかと考えたあげく、思い出したのが「大子(だいご)」というお店。
店名は茨城県の大子町に由来するらしい。

ある方から紹介を受けていたのだがなかなか行けずにいた。
ちょうど良い機会なので、近くだし行ってみることに。

…………………………………………………………………………


●33)大子@成瀬

場所は成瀬駅から近いのだが、表通りに面していないので分からなかった。

大子店
お店は喫茶店のように洒落た造り。
表の幟がなければラーメン店とは気付かないかも。
店内のインテリアも洒落ているのだが、
やはりラーメン店のイメージはあまりないナ〜。



大子
とりあえず『だいご味ラーメン』を食べる。
スープは豚骨主体のようで、
白濁したクリ−ミ−なもの。
このスープはなかなか美味しいですネ〜。

マ−油が入っているので、
何となく熊本系的な感じもするが、
麺が細いのとアオサやテングサが入っているので、味わいは全く別物。
分厚く大きい叉焼はなかなかボリュームがあって美味しい。

ただ最初に出てきたときの盛り付けのレイアウトが平面的で、
ある意味ちょっと損をしているかもしれない。
もっと美味しそうに見せることも出来るはず。

同様にお店の雰囲気も“ラーメン店らしく”というか、
暖簾の一つでもかけたほうが認知度は上がると思う。
ラーメンは美味しいのだから、何か勿体無いネ。

【大子】
東京都町田市南成瀬5-1-10 TEL.042-722-8158
営業時間=11:00-20:00(S切れ終了) 定休日=月曜


…………………………………………………………………………


●34)やくみや@沼津市

今日は「一匹の鯨」へ行く予定で来たのだが、沼津ICで降りたところで、
「時間も早いし、どうせならもう一件…」と勝手に予定変更。(笑)

こちらのお店へ来るのは久し振り。
期間限定の『味噌ラーメン』があったのでそれを注文。
ここの味噌を食べるのは初めてかな?

やくみや2
赤味噌系のスープは、
魚介出汁も加わってなかなかイイ味わい。
甘さも適度でバランスが良く、
太麺との相性もバッチリ。
意外にコッテリ感もあって旨い。
この味好きですヨ〜。(^^;


…………………………………………………………………………



●35)一匹の鯨@伊豆長岡

「脱力系ラーメン」をうたうこのお店。
でも「脱力系」って何だ?。(笑)

くじら蘊蓄
それにしても“蘊蓄”が多いお店だ。

「究極の拉麺とは、十杯目に気づく、『深味』にある。」
・ ・・十杯目ねぇ、もう少し早く気付いてもいいんじゃない?(笑)

「最高の拉麺とは、一口目ではなく、『余韻』にある。」
・ ・・ウ〜ンだけど一口目っていうのも大切な気がするが・・(^^;

今日は『R30ラーメン』を食べる予定をしていたのだが、
メニューを見ると『R40ラーメン』というのがある。
『R30』は前回食べたラーメンの薬味が変わったものと勝手に想像して、
この『R40』を食べてみることに。

くじら
説明ではかなり辛いようなことが書いてあったが、
食べてみるとそれほど辛くはなかった。
中辛程度か。

でもこのスープはかな〜り美味しい。
辛くなければ全部飲んでいたかもしれない。

そして「杏仁を食べない輩は、孫の代まで後悔するぞ!」(爆)
と“蘊蓄”に書かれた『杏仁豆腐』。
ここまで書かれちゃ食べない訳にはいかないでしょ〜。
くじら杏仁
ルックスはgood!、味は・・・goodです。
イヤ〜これ美味しいですヨ。
“孫の代まで後悔”するかどうかは分かりませんけどネ。(^^;

なかなか“蘊蓄通り”にいかないのが世の常なのだが、
ここのご主人、ただものではない、と見た。


tosimon3 at 15:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 町田市 | らーめん 静岡県

2007年01月22日

限界を超えた・・・

●32)きら星@武蔵境

9店コラボの限定を食べにきら星へ。
5時に着く予定で出かけたのだが、あちこちで工事渋滞。
毎年3月まではしょうがないのだが、やるんなら夜だけにしてくれないかナ〜。

で、着いたのが5時15分。並んでいる人数を数えたら8人!つまり私が9番目。orz
マア一人ぐらいは限定じゃない人もいるだろうと後ろに並ぶ。

開店後、一人づつ食券を買って中へ入る。
そして私の番…券売機のボタンはまだOKだ!ヤッタね。

食券を女店員さんに渡そうとすると、「アッいけない!もう8食分出ちゃったんだ・・」(^^;
ヲイヲイ食券まで買っちゃったのにアウトかよ〜。
私の後ろの客はその声で凍り付いてるし…。(笑)

女店員さん、奥へ行って星野さんと何やら相談。
星野さんがこっちを見たので挨拶する。
戻ってきて「スープが余るようでしたらお出しします」…ということは、確率は半々?

とりあえずつけ麺を頼んで待っていると、7人目のラーメンが出て来たところで、
「お出しできるそうです」と女店員さん。
私の後の人までOKだそうで、イヤ〜、よかったよかった。

女店員さんが勘違いしてくれたお陰です。(^^;

きら星5
『猪郎(ししろう)』とネーミングされたこのラーメンは、文字通り“猪”の骨と肉を使ったものだそうで、見た目は“二郎インスパイア”。

それにしてもこのスープはスゴイとしか言いようがない。何というかもうドロドロ。
その上背脂までどさっと乗ってるし・・・

最近はだんだんと“濃い”ラーメンがダメになってきているのだが、
これはもう完全に私の食べれる限界を超えてますネ。(笑)

味はいいし、猪肉はものすごく旨いのだが、この“濃さ”にはマイッタ。
ここまで濃くしなくても…と思うのは私だけ?

食後ティッシュで口を拭いたら紙が唇に貼り付いた。
こういう経験は初めてだ。

tosimon3 at 03:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2007年01月21日

「Uターン・ラーメン」?

資料館にお客さんが来るので午前中から実家へ行って待機。
同業者の方なのだが、土人形を結構扱っているので以前から親交はあった。

資料館を見てもらった後、手持ちの人形を少し持って来たというので見せてもらう。

寺沢、大阪
土人形は相良が主だったので、
それほど欲しいというものはなかったが、
鴻巣、渋江、大阪といった練り物が色々とあって、
その中から頂いたのが写真右の大阪練り人形の犬。
それほど古くはないが、独特のとぼけた顔が何ともいえない。

左側は寺沢人形の「花笠持ち」。
剥離はあるが、寺沢としては悪くないと思う。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●30)鮎ラーメン@二子玉川

午後になって自転車で食べに行く。
日曜日は付近のパーキングが殆ど一杯になってしまうので、自転車が一番なのだ。

あゆ28
2時半過ぎでもさすがに日曜日ともなるとお客さんが途切れない。

『高山ラーメン』はやっぱり旨い。
麺は高山のものなので、どうしても弱いイメージはあるが、スープの味は格別。

これを逆に高山で販売したら、おそらく評判になることは間違いない。
『Uターン・ラーメン』があっても面白いかも。



●31)jun-pey@成瀬

夜になって行くと、「塩煮干しがあるんですけど・・・」と河島さん。
さっそく食べさせてもらうことに。

jun-pey13
見た目はそれほど“塩っぽく”はないが、
食べてみるとなかなかイイ感じです。

出汁がやや浅いということなので、
麺の持ち上げが少し悪いかな?

でもプロトタイプにしては十分に美味しい。
これがもう少し熟成されれば『塩ラーメン登場』となるか。

意欲的な取組みに期待しましょう。


tosimon3 at 05:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 土人形 | らーめん 世田谷区

2007年01月20日

この人気はどこから・・・

夕方になって雨も止んだので国分堂へ出かけるが、途中からまた降り出した。
♪冷たい雨にうたれて・・・と思わず口ずさんでしまうが、
この曲、もう30年以上も前の歌になっちゃったんですネ〜。


●29)狼煙屋

国分堂からちょっと足をのばしてこちらへ。
9時近かったけどほぼ満席。
以後も切れ目なくお客さんが…相変わらず人気あるナ〜。

狼煙屋6
益見さんは早上がりとかでいなかったが、
平日でも中休み無しでやっているので、
交代で休まなくっちゃ身体がもたないよネ。

このつけ麺、今流行りの“豚骨魚介”なのだが、
6年も前からこれをやっている…
っていうことはやっぱりスゴイこと。

つけ汁に比べて麺が弱いし、量も少ないが、
それでもアンバランスな感じを受けないのはさすがだと思う。

接客の良さもこの店の魅力の一つ。


tosimon3 at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2007年01月19日

スープ割りが・・・

昼間は何となくグダグダと過ごしてしまった。
夕方になってどこかへラーメンを食べにいこうかと思ったのだが、
昨日の3杯が効いているのか、どうもテンションが低い。

寒くって外へ出たくないっ…っていうのもあるんだけどネ。(~~;
マアとりあえず資料館へ行って夜まで過ごすか・・・。


  *   *   *   *   * 


●28)六三四屋@梶ヶ谷

資料館の帰りにこちらのお店へ寄ってみる。
近い割には足を運ぶことが少なくなった…っていうか、
それでも昨年は10回位来ているのだが、たいてい高津店と交互に行くことになるので、
一店当りとしては4〜5回になってしまうのだ。

六三四屋10
今日は『つけ麺』を食べる。
味はいつもと変わらないが、叉焼が旨いナ〜。

で最後にスープ割りをすると、
あれ?いつもと割り湯の感じが違うし…器も違う。
これまで割り湯は出汁ではなくお湯だったのだが、
今日のはちゃんとした出汁になっていた。

村山さんに聞くと、1年近く前から出汁割りに変えていたというが、
しばらくつけ麺を食べていなかったので知らなかった。
でもこれで唯一の不満点が解消され、スープ割りも美味しくなったネ。


tosimon3 at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2007年01月18日

遠路はるばる・・・

ビードロ簪
朝から骨董品の交換会へ出かける。

今年初めての交換会なので、
面白いものが出るかと期待して行ったのだが、
あまり欲しいものはなかった。

しいて言えば、ガラスで出来た“ビードロかんざし”が手に入ったことぐらいか。
これは以前から欲しいと思っていたものなので嬉しかった。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●25)凪@立川

2時頃になって、会場を抜け出して「ラーメンスクエア」へ。

凪8
そういえば、TW(東京ウォーカー)のラーメン特集の口絵に生田さんの写真がドーンと出てましたネ〜。

そのせいで混んでいるのでは…と思っていたのだが、そんなことはなかった。

考えてみれば、写真の店がどこなのか全く説明がなかったので、
“知っている人しか分からない”ということだったのネ。
写っているのは渋谷店だし…(笑)

『焼きラーメン』を食べるのは2回目。
券売機には“太麺”というのがあったので、
そちらを食べたかったのだが売り切れになっていた。

で今回は“チーズ”をトッピング。これがあるのと無いのでは随分と味が違う。
もちろん、あったほうが美味しいことはいうまでもない。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●26)オードリー@町田

実は、昨日静岡のコンビニ店長さんから、
「明日の夜オードリーへ行く」という旨のコメントがあった。

いきなり“どうしたの?”(笑)という感じだったが、
金曜日は仕事が休みなので木曜夜に遠征することにしたんだそう。
マアそういうことでオードリーで9時頃に待ち合わせることに。

勇次45
9時前に無事到着。
聞くと静岡から一般道を走ってきたので、
3時間位かかったという。
あらら、それはご苦労様でした。(^^;

オードリーの現在のメニューは、
『煮干し』と『荒節』しかないので、一杯づつ注文してシェアすることに。

気に入ってもらえたかどうかは後日彼のブログ(http://blog.goo.ne.jp/kazu0814_1974)で明らかになると思うので、あえて感想はあまり聞かないことに。(笑)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●27)キリン食堂@相模原

せっかくここまで来て、一杯で帰るのも何だということで次の店を探したのだが、
10時過ぎでやっている店は少ない。
結局彼も知っているこちらのお店でもう一杯ということに。

キリン食堂1
彼は基本の『潮そば』、
私は夜のみの限定メニューという
『丸鶏スープのらぁめん』を食べることに。

『丸鶏・・』は和風のラーメンかと思ったら、
ピーマンやトマト、バジリコなどを使ったイタリアン風の味付け。

鶏=和風という思い込みを、良い意味で裏切られた一杯だった。

次回はぜひ昼の時間帯に来ていただきましょう。(^^;


tosimon3 at 05:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0) らーめん 立川市 | らーめん 相模原市

2007年01月17日

久し振りに旨いネ〜

●24)八蔵@松蔭神社

昨年はここで年間10杯のラーメンを食べていて、リピート率10位のお店。
今年初めてなので、とりあえず『らぁ麺』を食べる。

八蔵14
考えてみると、デフォのラーメンを最後に食べたのはいつだっただろう?。

そのぐらい長い間食べていない。

もっともここへ来る目的は殆どの場合、
『つけ麺』を食べにくるので仕方ないのだが、
久し振りに食べた『らぁ麺』は「こんなに旨かったっけ?」と思うほど美味しかった。

現在では決して新しいと思われるような味ではないが、
出汁がしっかりと出た、バランスのいい味の組み立て方がいいネ。

八蔵ババロア
こちらはデザートの「豆腐」…
じゃなくって『みかんのババロア』。(笑)

これが意外に美味しいんですヨ。
柑橘類特有のさっぱりとした口当りで、
ラーメンのあとには最適。


tosimon3 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2007年01月16日

きのうの鴨が・・・

●23)勇次@町田

きのうの鴨を使ったラーメンが出来ているというので食べに行く。

鴨を料理する過程を知っていると、食べるのには何か複雑な思いもあるが、
これが生物界の輪廻と割り切るしかない。

勇次44
出来立てのスープは本当に旨〜〜い!

「鴨さんありがとう」と心の中で手を合わせ、
スープは最後の一滴まで完食。

しみじみと旨い一杯だった。

tosimon3 at 04:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2007年01月15日

鴨、鶏、鮒、鳩、猪・・・

昨夜から「勇次」の田中さんと房総の「なごみ農園」へ鴨の仕入れに向かう。

途中の道の駅で2時間ほど仮眠しているうちに、
待ち合わせをしていた平岡さんと田村さんも到着。

お二人と顔を合わせるのは昨年の6月以来だが、
田村さんはすでに数回、田中さんとこちらへ同行して、
鴨や鶏の解体を手伝っており、今や田中さんの“片腕”になっているんだとか。

農園全景
5時過ぎになごみ農園へ到着。やたら寒い。
西田さんのところの寒暖計はー2度!・・・orz

房総なので暖かいのかと思っていたが、
山間部ではやっぱりこういう気温になるんだそうだ。

しかし、この素晴らしい景色を独り占めできるのは、
“ウラヤマシイ”以外の何ものでもない。

朝飯
朝ご飯は例のごとく、
ここで穫れた米と鴨や鶏の生みたて卵、
そして自家製の味噌汁や梅干しなどなど。

味噌汁の具の油揚げ以外は、
全て西田さんのお手製っていうのがスゴイ。

大五郎
我々を迎えてくれたもう一人、
いやもう一匹の主役がシェパードの「大五郎」。
前回はいなかったが、
なかなかお利口さんな犬で、会うのは2回目。
歳のせいか、ちょっと元気のないのが気になったが、
色々と我々を楽しませてくれました。

鮒
朝食後、西田さんが前日仕掛けた網を見にいくと、
30cm近い良型の鮒が2匹かかっていた。
これは田村さんの手で“甘露煮”になるそうだ。
前回は大きな野鯉がかかっていたというが、
平岡さんの胃袋に収まってしまったとか。(笑)



午前中に“みよちゃん”(http://www11.plala.or.jp/miyotya/)
がお手伝いに来てくれて作業もはかどったのだが、
今回は鴨10羽に鶏(名古屋コーチン、烏骨鶏、アローカナなど)が20数羽と多かったので、午前中に終ったのは約半分。

だんご汁
鳩肉
西田さんの奥様が来て昼ご飯の支度をしてくれたのだが、
出来上がったのは「だんご汁」。

熊本(奥様の出身地?)の郷土料理なんだそうだが、
小麦粉で作られた“だんご”と自家製野菜が美味しい。

更におかずとして“焼き肉”も。
これはみよちゃんが持ってきてくれた“きじ鳩”の肉(左側)と、
西田さんの仕掛けた罠にかかった“猪のレバー”(右側)。

今年の干支の猪を食べてしまっていいのか(笑)、と躊躇するも、
好奇心のほうがそれを上回る。
両方とも思ったほどクセがなく美味しかった。

結局作業は4時頃までかかり、なごみ農園を辞したのは5時過ぎ。
すでに陽は西の山向こうに沈み、急激に気温が下がり始めていた。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●22)紅丸(あかまる)@市原市

帰る途中にどこかでラーメンを食べようということになり、
田中さんがいつも気になっていたという「光屋@市原市」へ行くも、定休日。
結局ラーナビで検索して行ったのがこの店。

紅丸
市原市役所の近くにあるのだが、
結構お客さん入ってます。

つけ麺が主体のようなので、
田中さんが『紅丸つけ麺』(醤油)、
私が『味噌つけ麺』を食べることに。

『味噌つけ麺』は厚切りの叉焼と野菜がいっぱい。
味は・・甘辛酢のバランスが良く、コッテリ感もありボリュームもある。
これは思っていたよりずっと美味しいですヨ。

麺が中太でやや弱い感じはあるが、モチモチ感はなかなか。
田中さんの醤油味も魚介風味で美味しかった。意外でした。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


昨夜、なごみ農園へ向う途中、千葉市の郊外で小腹が空いたのでちょっと「すき家」へ。

すき家/相盛り
ここには牛丼とカレーの “合がけ” というメニューがある。

一度食べたいと思いつつ未食だったので、
この際食べてみることに。

しかし食べてみると、カレーが味の大半を支配してしまい、牛丼としての存在感はあまりない。

マア仕方のないことだと思うが、
これは“牛丼味の牛肉が入ったカレー丼”だね。(笑)


tosimon3 at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 食・一般 | らーめん 千葉県

2007年01月14日

美味しくなった・・・

●21)沙羅沙@柿生

夜になって久し振りに沙羅沙へ。
昨年叉焼を変えると言っていたので、食べてみたいとも思っていた。

お店へ入ると、何やら貼紙だらけ。(笑)
叉焼が変わったことや、今年から定休日が火曜日になり、
日曜は営業が24時までになったこと。
春の限定『菜の花ラーメン』は28日から発売だし、
更には1月28日には近くで「だるま市」があるので、
それに合わせて『さらさ中華そば』を出すことなど色々。
いや大変ですネ。(^^;

しかし、この中華そばは1日限定のようだが、ちょっと食べてみたい。

今日は『ゆずラーメン』と餃子を注文。
出来上がってきたので写真を撮ろうと思ったら、
カメラに「電池がありません」の表示が・・・orz
なので写真無し。

気になっていた叉焼は、肩ロースからバラロールに変更されていた。
直径15cmぐらいありそうな大きさで、やや煮過ぎかな、という感じはあるが、
味はいいですヨ。以前のものよりは、かなり美味しいです。

欲をいえば出汁がもう少し出ていたら、と・・・。


tosimon3 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2007年01月13日

骨董ジャンボリー

昼前に「骨董ジャンボリー」が開かれている東京ビッグサイトへ向う。
レインボー橋
風が冷たいが、天気はいい。

お台場へ向うレインボーブリッジから見る東京湾は、
ちょっとした異空間の趣き。

“ベイサイド”という言い方があるが、
それを“米側”と訳してしまうのは私だけ?。(^^;


「骨董ジャンボリー」は出店数が約500店と、国内で最も大きい骨董市なのだが、
そのうち約1/3がおもちゃと洋骨董の店で占められる。

私にとっては専門外なので、1000円という入場料がやけに高く感じてしまうのだが、
マア仕方ないか。

八橋/おしどり
今日は土人形を出品している店が結構あったが、
江戸期のものは少なかった。

写真左は八橋@秋田の「団扇持ち」。
明治中期ぐらいのものではないかと思うのだが、
かなり状態は良い。これが1500円で買えたのは嬉しかった。

右上は張り子の「おしどり」。どこのものか産地は不明。
毛は本物の鳥の羽が使われていて、小さいながら良くできている。

右下は下小菅@米沢の人形ではないかと思うのだが、
目の描き方がちょっと違う。相良か?。これは2000円。

この他にも幾つか人形を購入したが、“これは”というものはなかった。

会場で編集長と待ち合わせ、帰りはそのまま国分堂へ直行。
500店も出ている骨董市より、国分堂のほうがはるかに面白い。
入場料もとられないしネ・・・(笑)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●20)鏡花@立川

国分堂を早めに出てこちらのお店へ。
狙いは10日から発売になった季節限定の『夢』(夜のみ30食限定)。

まだ残っているかどうか心配だったが「充分残っている」ということで一安心。(^^;
ただ注文方法の説明が一切ないので、中へ入って聞くことに。

それによると、「つけ麺大盛り」(850円)の食券を買って、
渡すときに「限定で」と注文すればよいとのこと。

更にこの限定には、その裏メニューとして、
モツのみでとったスープのラーメンが存在する。(5食限定)
これは名前を『ウッシッシ』というそうで、
これを注文するには同様に「つけ大」の食券を買い、
渡すときに頭の横に指を立てて笑顔で「ウッシッシ下さい」と・・・。(笑)

そうすると町田さんが鉢巻きの両側に割り箸を立てて牛に変身。(爆)
いやウソみたいだけど、これホントなんです。
町田さんけっこうマジでやってます。(^^;

鏡花25
とりあえず私は『モツ味噌焼きラーメン』、
編集長が『ウッシッシ』を注文する。

『モツ味噌・・』は味噌味のモツと麺を中華鍋?で焼いて出てくる。

具は牛モツ、大蒜の芽、タマネギ、モヤシなどに、温玉が乗る。

味噌の焦げた感じがなかなかGOOD!。
量も十分にあり、物足りなさは全く無い。
モツもたくさん入っているので、モツ好きには絶好のメニュー。

2/3ぐらい食べたところでスープを入れてもらうと、
今度は『モツ味噌ラーメン』に変わるWテイスト。
これもなかなか美味しいデス。

鏡花26
『ウッシッシ』は見た目普通の醤油ラーメンだが、
スープは牛モツのみでとっているそうで、
食べてみると動物系のインパクトが強い味。

しかし豚骨とはまた違ったテイストで、
ガッツリとした旨味を味わうことができる。
こちらも捨てがたい。(写真が何故かボケてしまった)

※お詫び=1月6日の日記で、「鏡花の限定は9日から」と記してしまいましたが、
「10日から」の間違いでした。訂正してお詫び申し上げます。


tosimon3 at 05:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 土人形 | らーめん 立川市

2007年01月12日

黒辛味噌・・・いいネ〜

●19)jun-pey@成瀬

限定が出ているというので行ってみる。

jun-peyメニュー
待っているあいだにメニューを見ていたら、
何とスタンドが鉄で出来ている。
いつからだろう?気が付かなかった。

こんな重たいメニューは、
そうそうどこにでもあるものじゃない。(笑)

ラーメンも“重い”からちょうどいいのか。


jun-pey12
限定は『黒辛味噌』。

味噌ラーメンにマー油を加えたものだが、
“レギュラーの味噌+マー油”ではなく、
丼に入れた麺とモヤシの上から、
中華鍋で炒めた野菜と挽肉のスープをかける方式。

それなので、レギュラーの味噌よりもずっと濃厚な味になる。
この味噌にマー油を加えると、これが思ったよりジャストマッチ。
極太麺との相性も良く、なかなかヘヴィーな味噌ラーメンが味わえる。

これをレギュラーに、というリクエストがあるそうだ。
私も賛成なのだが、鍋を使うので忙しいと作れないという。
何とかクリアできないものか。

この限定は1月31日までとのこと。


tosimon3 at 00:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2007年01月11日

甘いンじゃない?

●麺屋武蔵 無骨外伝@渋谷

昨年12月にオープンした新店。
開店前に試食会などもあったのだが、結局行けなかったので今日が初めて。

店は何となく“武蔵系”というイメージで、奥に長い造り。
席に着いて上着をどうしようかと思い後ろの壁を見るが、掛けるフックなどは無い。
仕方なくカウンター下のボックス?に押し込むが、
これは後ろに掛けるようにしてもらいたいものだ。

先日行った「2代目けいすけ」は同じような造りなのだが、
ちゃんとフックが取り付けてあって便利だった。

さてラーメンは…って言っても、ここは『つけ麺』がウリ。
『肉餡かけつけそば』は900円、『温玉肉餡かけつけそば』は1000円なので、
前者の食券を買う。それでも900円か〜。

無骨外伝
つけ汁はまあフツーの豚骨(清湯?)魚介系のもの。
麺の上には、揚げた豚肉に甘酢の餡がかかったものが乗る。

これだけを食べるとなかなか旨いし、
麺に絡めて食べてもマアマアなのだが、
これをつけ汁に入れると甘さが際立ってくる。

甘いのは平気なほうなのだが、これはちょっと甘過ぎ。
賛否両論なのも分かる気がする。
“無骨”という男っぽいイメージには合わないナ〜。

無骨外伝1
食べ終わってスープ割りを頼むと、
小さな椀に白い“おもゆ”みたいなものが入って出てくる。

これは小麦粉をお湯に溶かしたものらしいが、
トロッとした口当りは悪くない。

これを残ったつけ汁に入れてもいいのだが、
逆につけ汁をこっちに入れたほうがいい、とどこかに書いてあったので、
つけ汁をレンゲで3杯ほど入れて飲んでみる・・ウンなかなかいいですヨ、これは。

でもこの甘酢味は何とかならないものか。
フツーのつけ麺を食べたほうがいいのかもしれない。

【麺屋武蔵 無骨外伝】
渋谷区道玄坂2-8-5 TEL.03-3780-8634
11:30-21:30 無休


tosimon3 at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 渋谷区 

2007年01月10日

鮮魚系ラーメン?

●526@雪谷大塚

久し振りに「526(こじろう)」へ。
道路(環八)が空いていれば実家から20分もあれば行ってしまうのだが、
塩がある時間帯はいつも混んでいるので大変なのだ。

5265
今日の塩は『海老三昧』。

最近は具が別皿で出されるようになった。
今日の別皿には海老の唐揚げ、海老しんじょ、
剥き海老の甘辛酢あんかけが入っている。
これはこのまま食べてもいいし、
スープに入れてラーメンと一緒に食べてもよし。

スープには甘海老や芝海老などを使っているということで、
文字通り“海老三昧”。旨いネ〜(^^;

ガツンとくる味ではないが、バランスのとれたラーメンに仕上がっている。

2月頃までは週末に「あんこう」を使うことが多くなりそうだという。
アンキモも出されるようなので、これは楽しみ。


tosimon3 at 04:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 大田区 

2007年01月09日

七草ラーメン・・・

昨夜遅く伊豆へ到着し、例のごとく楽器の練習と映画、レコード三昧。

昼頃起きて、昼飯を『てるてる餃子』で食べようと思い出かけるが、
お店の前に着くと・・・閉まってる???。

入り口の貼紙を見ると、「本年より火、水を定休日に・・・」。
ああ、そういえば暮れの忘年会の時に何かそんなことを聞いたような・・・(笑)
ごちそうに目がくらんでちゃんと聞いてなかったのがいけなかった。orz

仕方なく帰ろうと思い家の裏手を見ると、見たことのある車が…。
ママさんが娘のユーコさん達と出かけるところ…グッドタイミングでした。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


さてそれでは昼飯は・・・と考えたあげく、近くの回転寿司「魚磯」へ。

大島
ここは寿司も旨いが、
海側の窓からの見晴らしも素晴らしい。

今日はちょっと曇っていたので、
伊豆諸島までは見えなかったが、
眼前に伊豆大島が一望できる。


魚磯1
腹が空いていたので色々と食べたが、中でも美味しかったのが『カワハギ(肝乗せ)』(左上)。
個人的にも一番好きな魚なのだが、
甘味のある身に肝が更に旨味をプラスしてくれる。
これはたまりません。

あとは『マトウ鯛』(右上)、『ホウボウ』(左下)も美味しかった。

食べてみようかどうしようか迷ったのが、『鯨ベーコン』(右下)。
こういう寿司を誰が考えるのか知らないが、(笑)
我々のような“鯨世代”にとっては懐かしい味。

寿司としての評価は差し控えるが、(爆)
この先注文が増えるかも。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 

●15)わさらび@稲取

夕方になって行ってみると、塙さんヒマそうだったが、連休明けでは仕方のないところ。

それでもしばらく話をしていたら、どやどやと7人の団体さん。
近所の一家らしいが、こういうお客が多いのもここの土地柄。

わさらび22
何を食べようか迷ったが、
久し振りに『鶏白湯』に食指が動く。

ここは醤油ダレをブレンドしているので、
“白湯”といっても薄茶色をしている。

今日はちょっと湯切りが悪かったのか、麺とスープの一体感に欠けるところがあったが、これはまあ“ブレ”の範囲内。

ここでこういう鶏白湯が食べられるっていうことが嬉しいネ。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●16)唐辛子@伊豆高原

帰りがけに寄っていく。
最近では「今日はどんなラーメン?…」と期待して店に入るのだが、
たまに“ハズレ”もあるので注意が必要。(笑)

唐辛子34
今日出てきたのは『七草ラーメン』。
そういえば一昨日は“七草”だったネ。

伊勢エビと鯛と昆布でとった目出度い塩味スープに、
「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」の七草が入り、赤カブと菜の花と卵が彩りを添える。

イヤ〜これは最近にないヒットですヨ。
味もなかなかです。

ただ原価が高いので、いつも作れるメニューではないという。
いや年に一回でいいですヨ。(^^;


tosimon3 at 15:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 寿司 | らーめん 静岡県

2007年01月08日

新春そうそう・・・

●13)がんこ分店@相模原

新春早々「牡蠣、ホタテ、ワタリガニ、タラ、タラ白子、白ワインのスペサルスープ」と聞いてはじっとしていられる訳もなく、4時過ぎの一番美味しくなるであろう時間(笑)を見計らって、早くも今年2回目の訪問。
がんこ23
スペサルスープの時はたいてい “かけの塩” しか食べないので大将には申し訳ないのだが、これが一番美味しいんですヨ。(^^;

今日のスープにはタラの白子が入っていると聞いていたので、もっと濁った“タラ白湯スープ”(笑)かと思ったら、ほとんど濁りのない清湯スープ。
最初は濁っていたが、だんだんと澄んできたそうだ。
そういうもんなんですかネ〜。

イヤ〜しかしこれは美味しいです。
貝系の旨味っていうのは大好きなので、“もうやめられません”状態。
新年早々、ゴチソウサマでした。

その後「菜かむら」へ行くが「定休日」になっていた。
月曜祭日でも振替えないできちんと休むのか…知りませんでしたヨ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●14)オードリー@町田

という訳で、帰りの途中にあるこちらへ。
今年になって初めてだが、昨年は一年間で35杯も食べた、リピート率No1のお店。

勇次43
今日も『トンコツ煮干し』を食べる。
リピート率が上がったのもこれによるところが大きいかな?

旨いンだからしょうがない。


tosimon3 at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市 | らーめん 町田市

2007年01月07日

エンタな丼・・・

“朝もはよから〜♪”(笑)ラーメン仲間との麻雀大会。
しばらくやっていなかったので勘が戻るまでに時間がかかる。(歳のせいかも…爆)

それにしても麻雀ってフツー夜やるもんだよネ。
朝10時から…って早すぎ!眠い。

でも今日は結構ツイてたようで、昨年よりはいい成績(3位)で終了。
“ウデ”がないので“ツキ”がなければ勝てないのだ。
新聞の占いでは「賭け事×」だったのに・・・当たらなくてヨカッタ。

タイカ1
昼頃に食べた雀荘のカレー。
「タイカのカレー」として有名なんだそうだ。

今風なカレーではないが、不思議に旨い。
ここへ来ると必ず食べてしまう。
(小)で350円とCPも高い。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●11)七福神@池袋

麻雀の抜け番のときにラーメンを食べに行ったのだが、
目的の店が見つからなかったので仕方なくこちらへ。
いや、しばらく大勝軒系のつけ麺を食べてなかったので、
“食べたい”という気もあったんだけどネ。

七幅神
ウ〜ン久し振りの大勝軒テイスト…ってビミョーに違うけど、まあそれなりの“疑似体験”。(笑)

この甘、酢、辛、の味は、
しばらく食べないと、ムショーに食べたくなる。何でなんだろう?

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●12)二代目けいすけ@立高田馬場

麻雀終了後、雀友(ラー友?)のHさんと馬場を徘徊。
目的の店は休みで食べられず、第2候補も既に終了…結局この店へ行くことに。

けいすけ1
けいすけれんげ
私は昨年の夏頃に来ているのだが、その時は限定を食べてしまったので看板の『海老そば』は未食。

Hさんも初めてだというので、同じものを食べる。

それにしても、これがウワサの丼か〜。
以前来たときに、隣の人のを見てはいたのだが、
いざ実物を目の前にすると、やっぱり変だヨ〜。(笑)

丼が傾いて作られているため、下のほうからスープがこぼれそう。
ハシを入れると縁にぶつかるし、レンゲは不必要にデカイし・・・orz
食べにくいったらありゃしない。

でも誰が考えたか知らないが、この遊び心は面白い。
“エンタな丼”というところか。

丼に気を取られて味を忘れてしまいそうだが、
盛りつけも美しいし、海老の香りがガツーンと美味しかったですヨ。(^^;



tosimon3 at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) カレー | らーめん 新宿区

2007年01月06日

鏡花の限定は10日から

昼間は豪雨で外に出る元気まったく無し。
夕方になって天気が回復してきたので、例のごとく編集長と一緒に国分堂へ。
あまりめぼしいものはなかったが、ミッキーの人形やガラス類をいくつか購入。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●9)鏡花@立川

こちらは国分堂へ行く前に訪問。編集長は味が変わってから初めてか?。
限定の『夢』が始まっているかと思ったが、仕入れの関係で10日からとのこと。
『モツ味噌焼きラーメン』だというので期待しましょう。

鏡花24
今日は『醤油』を食べる。
「関ヶ原溜り醤油」を使ったスープは、
ややクセはあるが、これは旨い!。
見た目は濃そうだが、実際はすごくまろやか。

食べる度に味が変化している。
“変化”といっても“ブレ”ではなく、常に進化しているということ。
これはすごいことですヨ。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●10)大山家@武蔵境

国分堂で時間をつぶし過ぎて、閉店ぎりぎりに飛び込む。

大山家23
スープ切れでつけ麺しかできないというのでお願いする。イヤこれが食べたかったんですヨ。

最後のスープだからということなのか、
ものすごく出汁が出ていて旨〜い!。

食後に、大山さんから暮れに行った杭州飯店の話などを聞いて、
またまた長居をしてしまったが、年末の杭州飯店はすごかったそうだ。
立派な“ラオタ”です。(笑)


tosimon3 at 02:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 | らーめん 東京都下

2007年01月05日

静岡が面白い・・・

午前中から若手ラフリ(ラーメンフリーク)N君を乗せて静岡へ向う。
当初の目的は、伊駄天@焼津の金曜夜の部「影武者」へ行くことだったのだが、
どうせなら昼から何店か回ってみようということになって、出発を早めた。

富士
朝から素晴らしい天気だ。

東名を走っていると眼前に雪化粧の富士が見え始めるが、例年に比べると雪の量が少ない。
やはり今年は暖冬なのか?

ちょうど昼頃に焼津へ到着。まずは最初のお店「柔」へ向う。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●6)柔@焼津

前回来たときは定休日と開店時間を間違えていて…というか古い情報を見てきたので食べられなかった。

以前は藤枝系の店のように朝からやっていたようだが、
現在では11時〜14時とかなり敷居の高い営業時間になっている。

柔
メニューは『支那そば(辛、普)』『醤油』『塩』『味噌』の4種類がある。

支那そばと醤油の違いは何なのか確認しなかったが、N君が『塩』、私が『支那そば』を食べる。

支那そばは豚、鶏をベースにしたもののようで、
トリプルスープだとか。

半濁りのスープに白胡麻が浮かび、醤油や魚介のいい香り…だが、
それをスポイルするようなニンニクの香りも。これはもう少し弱くてもいいかナ。

しかし、なかなかボディのしっかりとしたスープ。思っていた以上に美味しいですヨ。
麺は自家製麺ということで期待したが、プチプチとした食感は2重丸。
量が少なめなのがちょっと気になる。替え玉は100円だし・・・食べ歩きには嬉しいンだけどネ。

【麺屋 柔(やわら)】
焼津市大村新田248-2 TEL.054-626-4582
11:00-14:00 
定休日=火曜日、第2、4水曜日 P=8台


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●7)才蔵@焼津

ここへ来るのは3回目。別のお店という選択肢もあっったのだが、
N君が未食というので寄ってみる。

才蔵2
『塩』と『醤油』をシェアして食べたが、
複数で行くとこれができるのがメリット。

ここは来る度に美味しくなっている気がする。
今日の塩、醤油共にスッキリとした味わいは格別。
こう言っては何だが、現在の“本店”よりは美味しいと思う。

出来上がったラーメンを店主自らが配膳するという姿勢にこだわりを感じる。

【麺屋 才蔵】
焼津市石津71part15-101 TEL.054-625-2066
11:00-14:30 17:30-21:00 (S切れ終了有)
定休日=木曜日、第1、3水曜日 P=14台(共同)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●8)伊駄天@藤枝市

ここは金曜の夜のみ「影武者」という店名に変わって、トンコツ系のメニューになるのだが、これまでタイミングが合わず食べることができなかった。

今日は満を持しての“影武者詣で”ということで、30分前に店の前でシャッター。

実はここで名古屋から来るNさん(ってバレバレやん…笑)、
地元ラフリのKさんと待ち合わせ…Nさんは開店前に、Kさんはやや遅れて到着。

Kさんとはオハツなのだが、メールをやりとりしたりしているので初めての感じがしない。
逆に私が“オジサン”なのでビックリされたかも…(笑)

マアそんなこんなで注文をしようとしたらご主人が、
「今日は影武者の用意が出来なかったので、平常メニューなんですが・・・」
あらら、そうなんですか…でもマア正月早々なんで仕方ないですよネ。

伊駄天5
そのお陰という訳ではないが、昨年暮れに出た期間限定の『越冬みそ』を食べることができた。

限定用のハット型の丼に美しいレイアウト。
そして別皿ではなく “別レンゲ” に肉味噌が乗って出てくる。

まず肉味噌を入れずに食べてみる。
赤味噌系というか、麹味噌のような味わいの中に、
何やら洋風の感じが…欧米かっ?(笑)…いやこれはイタリアン。
トマトの風味が見え隠れしてますネ。

後で聞いたらチーズなんかも入っているそうで、
元イタリアンシェフの面目躍如。旨いです。

途中で肉味噌を入れると、今度はピリ辛味になるWテイスト。
最後にご飯を投入すると、これがまたうま〜〜っ!
今年も目が離せないお店です。

【伊駄天】
藤枝市青木3-7-3 TEL.054-644-1088
火〜金 11-14:30 17:30-S切れまで
土、日 10-14:30 17:30-S切れまで
定休日=月曜日 P=5台

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


どら焼
これはKさんからおみやげに貰った“どら焼”。
一瞬「なに、これ?」・・・
って「どら焼き」なんですが・・・(笑)

アンコがはみ出してる…っていうかアリエネ〜(爆)
普通のどら焼の10倍はアンコ入ってる。

アンコは私の一番の好物だが、やっぱり…絶句。
食べ終わるのはいつになるだろう・・・orz
静岡って変なものがあるんですネ。(^^;

発売元は「水月」静岡市葵区安東2-21-1 TEL/FAX.054-246-6708


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名足柄SA(上り)のビーフカレー。
足柄SA上
容器、ルックス共にまあまあだが、
ボリュームはやや不足。
辛味はほとんどなく、かなり甘口。
万人向けのカレーといったところ。

5段階勝手に評価で、ルー3.5/ライス3.0/量3.0


tosimon3 at 16:20|PermalinkComments(3)TrackBack(2) らーめん 静岡県 | カレー

2007年01月04日

初鮎・・・

●5)鮎ラーメン@二子玉川

午後、資料館へ行くついでに寄っていく。
“初鮎”といっても、昼は『高山ラーメン』なので鮎は食べられないけど・・・。

あゆ27
今日はテーブルの上に置かれている“茹で卵”をtp。
味玉ではないが、1個60円というのが嬉しい。

しかし硬茹ででなかったのが残念。
自称「固茹で味玉復権委員会会長」(笑)である私にとっては、
こういう卵こそバッチリと固茹でにして貰いたいネ。

んでもってこの『高山ラーメン』、本当に旨い。
化調はもちろん入っているが、それを殆ど感じさせない。

麺が高山のものなのでちょっと弱いが、これは仕方のないこと。
この麺だから『高山ラーメン』なんだからネ。


tosimon3 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2007年01月03日

昨年の総決算・・・

っていう大げさなものではないが、昨年食べたラーメンは計616杯。
一昨年に比べれば3割減と、これはほぼ当初の予定通り。
今年はもう少し減らさなくては、と思っているが難しいかナ。

私のラーメンの食べ方は、コレクターではなく典型的なリピーター。
そこで昨年のリピートベスト10を調べてみた。

 1)勇次・・・・・・・・35杯
 2)唐辛子・・・・・・・27杯
 3)鮎ラーメン・・・・・26杯
 4)がんこ分店・・・・・21杯
 5)ロックンロール1・・20杯
 5)大山家・・・・・・・20杯
 7)鏡花・・・・・・・・19杯
 8)わさらび・・・・・・13杯
 9)jun-pey ・・・・・・12杯
10)八蔵・・・・・・・・10杯

以上のようだが、この10店だけで計203杯と、年間杯数の3割を占める。
今年はもっとコレクター率を上げなくてはと思うのだが、どうなることやら。
伊豆の店が2軒も入っているのはそれだけ伊豆へ行く回数が多かったということ。

年の後半は町田〜相模原方面へ行くことが多くなり、こちらも自然と杯数が増えた。
コラボ企画にしてやられた…っていう感じ。

印象に残ったラーメンは・・・やっぱり「ロックンロール1」の各種ラーメン。
どれを食べても旨かったし、食べる度に進化しているというスゴさ。
そして、一杯のラーメンを挟んで、作り手と食べ手が真剣勝負をしているようなあの緊張感は、これまでどこのお店でも感じたことのないものだった。

もう一店は、やはり「勇次」
田中さんのラーメンに対するこだわりは並大抵のものではない。
素材は天然ものにこだわり、無化調にも徹底的にこだわる。
特筆すべきは何といっても“原価にこだわらない”という太っ腹なところ。(笑)

原価率が6割を超えるラーメン店はそんなに無いと思う…っていうか、
それでは普通商売として成り立たないはずなのだが、そんなことはおかまい無し。
「美味しいと言って食べてもらえればそれでいい」という姿勢をひたすら貫く。

昨年末の『とらフグラーメン』は、昨年最も美味しかったラーメンのうちの一杯だった。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●3)69‘N’ROLL1@上鶴間

今日は『ニボニボ』があるというので行ってみるが、1時半過ぎで10人待ち。orz
そうか、今日はまだ正月休み中だということを忘れていた。
休日ではこういう状況は仕方ないんだよネ、と思いつつ列に並ぶ。

ロック23
煮干しはすでに売り切れだったので、
久し振りに『3号』を食べる。

最初の頃より味がやや濃くなっている感じはあるが、やっぱり旨いネ〜。

ただいつもとは少し変わった香りが・・・山椒か。
こういうちょっとした変化があるのもここの面白いところ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●4)がんこ分店@相模原

コレクター率を上げると言ったそばから、リピート街道まっしぐら。(笑)
っていっても、まだ他のお店がやってないのだから・・・

がんこ23
今日は大将のオススメで『かけ(塩)』を食べる。

節系のいい香りがするスープ。
塩なのに結構甘味がある。
がんこの味じゃないが、かなりうま〜。

この甘さは節からの甘味だネ。


tosimon3 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 相模原市 

2007年01月02日

新年早々の偶然

野田へ挨拶回りに出かけようと、用賀から首都高へ入ったのがいけなかった。
環八に出ていた案内では「渋谷まで断続渋滞」だったので、
たいしたこと無いと思ったのだが、上り線は入り口からずっと渋滞でノロノロ運転。
“断続”どころではない。
ちゃんと“渋滞”と表示されていれば入らなかったのに・・・と思っても後の祭り。

途中で降りるのもシャクだったので我慢して走っていたが、
もう少しタイムリーな情報を流して欲しいものだ。
高い料金払っているんだからネッ、元道路公団さん・・・

結局野田へ着いたのは1時過ぎ。
あちこち挨拶回りをした後、夜になって井之上屋へ行くことに。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●井上屋@春日部

今日から通常営業というのは確認してあったのだが、
早く終ることもあるかもしれないので7時頃に行く。
店に着くと先客1で空いていたが、向いの「味濱家」には行列が・・・何で?

井之上屋3
4人で行ったのだが、
私だけ醤油で他の3人は塩を食べる。
醤油は最近リニューアルされたようで、
どうしても食べてみたかったもの。

ルックスは相変わらずイイですネ〜。

スープを一口…鰹などの魚介の香りと共に醤油の香りが際立っている。
味はやや甘口。何の甘味なのか分からなかったが、どうやら醤油の甘味らしい。

井上さんによると、醤油の旨さを引き出すために油も少なめにしているらしいが、
それがこのラーメンには功を奏しているようだ。

味的には“オーソドックスな醤油ラーメン”といった風情だが、
内に凝縮された味の複雑さは食べてみなければ分からない。

ラーメンが出来るまでに入ってきたお客さんがいたが、
どこかで見た顔・・・そう、東京西部のあの有名店の店長さんでした。
イヤ〜偶然ですネ〜こういうところでお会いするとは。
最近はお店同士の横のつながりも増えてきたようで興味深いですネ。

tosimon3 at 02:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 

2007年01月01日

新年早々・・・

新年明けましておめでとうございます。
今年が皆様にとって飛躍の年でありますように・・・。

いつもこんなブログにお付き合いいただいている読者の方々には、
心から感謝いたしております。

今年もよろしくお願いいたします。(^^;

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


昨夜からの夜更かしがたたって、起きたのが昼前。

実家へ挨拶に行く前に、まずは新年セールをやっている国分堂へ。
どっちが大事なんだ・・・(笑)

しかし、店に着くとすでに中は常連で満員。
新年早々、店が店なら、お客もお客。他に行くとこないんかいっ!(爆)

珠洲古窯
写真の壺は、店に入ってすぐに目に付いたもの。
編集長の見立てでは、能登の珠洲古窯のものではないかというが、詳しいことは分からない。

本当に珠洲古窯の壺だとすれば、
平安末(12世紀中頃)から室町にかけてのものなので、かなりの値打品になるはず。

その辺の真贋は私には分からないが、
見た時に“ピッ”と感じた感覚を大事にしたいと思って購入。
さてこれが吉と出るか凶と出るか・・・。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


1)凪@立川

こっち方面で1日からやっている店といえば、
やっぱりラースクしか思い浮かばない。

そういえば、去年の元日もここの「我聞」で食べていた。
毎年同じ行動をしているのか…進歩ないナ〜。(笑)

凪7
着いたのは6時過ぎだったが、
さすがに元日ではお客も少ないようで、
どの店も呼び込みに必死。大変だネ。

今日は前に食べて美味しかった『海老豚』を食べる。
海老の香りが良く、“海老しんじょ”も旨い。

タレの醤油の部分が少し強くなったのか、味の輪郭が明確になって美味しくなっている。いいですネ〜。


tosimon3 at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 骨董 | らーめん 立川市