2007年09月

2007年09月30日

信州ラーメン博

28日から長野市のエムウェーブで第3回「信州ラーメン博」が開かれている。
土曜の夜からN君を乗せて長野へ向うが、どうも天気がイマイチだ。

4時過ぎから松代PAで仮眠、8時過ぎに起きて開場へ向うが、
やはり天候は悪く、小雨が降ったり止んだり…

ラー博会場
開場はすでにたくさんの人で賑わっている。
長野県人はこんなにもラーメン好きなのか…(^^;

出店は長野県内18店に県外から6店が参加。
価格は一杯¥650(前売り¥600)に統一され、
食べたい分だけ入口でチケットを買うシステムになっているのだが、客数に比してチケット売り場(機械)が少ないので、長い行列ができている。このへんは改善してほしいところ。

それから¥650という価格設定にも疑問が残る。
“お祭り”なのだから、なるべく安く沢山食べられる…という配慮も必要なのでは…
そのためには一杯¥500が限度と考える。

また、雨対策も十分とは言えないので、これも改善が必要だろう。

  *   *   *   *   *  

●399)らあめん 寸八@松本市
http://www.goodnagano.com/ramenhaku07/entry/detail.asp?n=6

寸八2
『豚骨醤油らあめん』
この店で食べるのは、6月、8月に続いて3回目。
それだけ長野ではお気に入りの店。
家系チックではあるが、一線を画した豚骨醤油味で、
ハイレベルのテイストを提供する。
限定、裏メニューも見逃せない。

  *   *   *   *   *  

●400)支那家 味しろ@安曇野市
http://www.goodnagano.com/ramenhaku07/entry/detail.asp?n=13

味しろ
『支那そば』
「支那家」という店名に反応して入店。(^^;
かなりアッサリ系だが、バランスは悪くない。
“昔懐かしい…” がテーマになっているようで、
確かにそういった雰囲気を醸し出している。
ただ、印象に残りにくい味であることも確か。


  *   *   *   *   *  

●401)きまぐれ八兵衛@安曇野市
http://www.goodnagano.com/ramenhaku07/entry/detail.asp?n=4

八兵衛
『きまはちスペシャル』
ラーメンのビジュアルに引かれて入店。
ベースは博多ラーメンだが、
左側にマー油、右側に唐辛子油が配され、
これらを混ぜ合わせることで味が変化していく。
なかなか面白い試み。


  *   *   *   *   *  

●402)めん屋 佐介@佐久市
http://www.goodnagano.com/ramenhaku07/entry/detail.asp?n=22

佐介
『和風テイストDE中華ラーメン』
中華そばのスープと蕎麦のかえしをミックス。
かえしには地元佐久の醤油と酒を使うという拘りも。
キレのあるスープに、意外な中太麺との相性もイイ。
他のメニューも食べてみたい。



  *   *   *   *   *  


何とか4杯食べたところでギヴアップ。(小食なので…)(^^;
会場で待ち合わせていたP達人と合流して、更に食べ歩きをすることに…orz
「凌駕Vein」「チョモランマ」「狼煙」と回るが、いずれもパス…
しかし4軒目の「まんぼう食堂」はスルーできそうもないので店に入る。


  *   *   *   *   *  


●403)まんぼう食堂@松本市

この店は'03年に公開された「さよなら、クロ」という映画の舞台になったことで、
一躍有名になったそうだが、私はこの映画を見ていないので知らなかった。

店は松本市の郊外にある。
趣きがあるというか何というか…レトロチックな店であることは確か。(^^;

クロポスター
まんぼう店
店内には映画のポスターが無造作に貼られているが、映画に関した説明等は何もない。

知らなければ「妻夫木聡の映画か…」で終ってしまいそう。

ここのオヤジさん、何ともいえない “味” を醸し出してます。(^^;


まんぼう
『手打ちラーメン』を食べてみる。
豚骨、鶏ガラ系?のあっさりスープ。
ぴろぴろとした手打ち麺は佐野系を思わせる。

マア、昔懐かしいラーメンではあるが、
これはこれで美味しい。
麺の旨さが印象に残る。


【まんぼう食堂】
松本市里山辺荒町3233-4 TEL.0263-35-1780
11:00-14:00 16:00-19:00 定休日=月曜日


  *   *   *   *   *  


●404)親ゆずりの味・一番@岡谷市

面白い店名だ…この店名だけでも入る価値がある(^^;
何でも父親から受け継いだ味を、息子さんが守り続けているということで、
こういう店名になったそうだ。

塩尻峠の途中、見晴らしの良い場所にあり、
天気が良ければ諏訪湖が一望に見渡せるらしい。

親ゆづり
親
『一番ラーメン』を食べてみる。

デフォのラーメンに辛味をつけたもののようで、これはこれで美味しい。

具にナメコや山菜が入るのも場所がらか。

ここのラーメンに多くを期待してはいけないが、プラスαを楽しめればそれでいい。


【親ゆずりの味・一番】
長野県岡谷市塩嶺4769-169 TEL.0266-22-7368
11:00-21:00 定休日=木曜日


  *   *   *   *   *  


この後、P達人は諏訪へ下ってあと何軒か食べたいという。
すでに7杯は食べているはず…何杯食べるんだぁ〜(笑)

ということで諏訪へ向って下っていくと、急にナビの画面が写らなくなった。
路肩に車を停めて、色々操作してみるが直らない。

エンジンを一度切って再始動してみると…エンジンがかからない…orz
何回も試みるが、バッテリー上がりの症状で全くダメ。
仕方なくJAFに電話を入れ、来てもらうことに。

3〜40分でJAFのレッカー車到着。
バッテリーを繋いでエンジンをかけると、とりあえずかかるのだが、
電圧が極端に不足しているという。

考えられることは…オルタネーター(発電機)の故障。
これが動かないと、バッテリーだけで走っている状態なので、
いずれライトが消え、走れなくなってしまう。

もうこれは万事休す…どうしようもないので、
岡谷市内のディーラーまでレッカーしてもらい、
そこに車を預けて電車で帰ることに。(^^;

家に着いたのは11時を過ぎていた。マイッタ。


tosimon3 at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 長野県 

2007年09月29日

鮎ラーメン、10月から昼営業中止

●398)鮎ラーメン@二子玉川

夏期限定の『鮎涼ラーメン(つけ麺)』が今月一杯で終了となる。
明日は長野遠征で来れないため、午後になって行ってみるが、
若おかみとは入れ違いになってしまったようだ。(^^;

あゆ43
今年最後となる『鮎つけ麺』なので、
じっくりと味わって食べる。
イヤ〜ウマイッッ!(^^)

できれば一年中やってもらいたいぐらいだ。

ところでここの昼の営業は、夏期はこの鮎つけ麺を提供し、
他の季節は創作ラーメンを出してきたが、
10月1日からは昼の営業をしばらく中止するという。

理由は聞かなかったが、マア色々と事情があるんでしょう…残念だが仕方がない。
また再開してくれることを期待しましょう。


tosimon3 at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 世田谷区 

2007年09月28日

許容範囲

●397)六三四屋@梶が谷

実家で骨董市用の荷物の整理をしていて遅くなってしまったので、
今日は近くのこちらのお店へ。

夏場に何回か来ているのだが、早仕舞いだったり、夏休みだったりと、
なかなか食べられる機会に恵まれなかった。

六三四屋12
今日は定番の『つけ麺』。

相変わらずだが、ン?何かちょっと違う…
いつもに比べてスープが軽い。
動物系の出汁が弱いようだ…

とはいっても許容範囲ですけどネ。(^^;




tosimon3 at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2007年09月27日

静岡東部ラーメンコラボ(4)

静岡コラボがあと3店残っているので、一気に食べてしまおうと沼津へ。
今月は今日しか来れる日がないのだ。

  *   *   *   *   *  

●394)練翠@沼津市西椎路


まずはこちらのお店へ。
前回は夜遅くなってしまったため、売切れで食べられなかったが、
昼でも心配なので、とりあえず電話を入れて“予約”ということにしてもらう。(^^;

参加商品は『きのこのマーボ麺』¥900。

練翠店
練翠1
きのこが入ったフツーのマーボー麺を想像していたのだが、丼ではなく、直径30cmぐらいはありそうな大きな平皿で出てきたので驚かされる。

マーボー麺というよりは、どちらかというと“きのこの五目あんかけ”のイメージ。
いわゆる“ラーメン専門店”ではなかなかお目にかかれない種類のものだ。

シメジ、舞茸、キクラゲなど茸が豊富に入っていて、
やや濃いめの味付けだが、汁が少ないので和え麺的な感覚で食べられる。
バターもよく合っていて、これなかなか美味しいですヨ。(^^)
実はこういう味付けは結構好きで、麺ではなくご飯にかけて食べたいぐらい。(^^;

一見とっつきにくそうなご主人だが、ユーモアたっぷりの手書きメニューを見ると、
実はかなり面白い人物なのかもしれない。

29日の昼の営業は無し…と告知してあったが、
雨の場合は30日に延期…っていうのは何なんだ…(笑)


【中華料理 練翠】
http://ra-men.meblog.biz/article/111986.html


  *   *   *   *   *                       

●395)藤堂@三島市安久

夜の部は、まずこちらにシャッター。
平日の夜10食のみ…というかなりハードルの高い限定。

参加商品は『清秋』¥800

藤堂7
このメニューはコラボ用のオリジナルというか、
従来のスープから魚介を抜いたものだそうだ。

そのせいか、きのこの香りは前に出ているが、
ここのスープとしては異色の味。

きのこは最初シメジかと思ったが、
あとで聞いてみたら「あわびたけ」というきのこだそうだ。
ここでは毎日違った種類のきのこを使っているそうで、
毎日違った味を楽しめる…というのがポイントになるようだ。

緑のものは“おかひじき”…どこかで食べた記憶はあったが、
これはちょっと硬かった。(^^;


【めん処 藤堂】
http://ra-men.meblog.biz/article/115406.html


  *   *   *   *   *                       

●396)猪のしし@駿東郡清水町

コラボの最後はこちらのお店。
一度ラーメンを食べているが、トンコツ醤油のスープは美味しかった。

参加商品は『きのこのあんかけ醤油バターラーメン』¥850

猪店
猪のしし1
ここで使っているきのこは、ブナシメジ、ヒラタケ、マイタケ、エノキ、シイタケ、エリンギ、フクロタケの7種類だそうだ。

今回のコラボではきのこの種類、量ともに一番多い。
ただでさえ濃厚なスープにバターと餡が溶けることで、より一層コッテリ感が増す。
コッテリ度も一番か…。

食べても食べてもきのこが出てくる…っていう感じ。
イヤ〜これもなかなか好みですネ〜。(^^;


【ラーメン 猪のしし】
http://ra-men.meblog.biz/article/114669.html


  *   *   *   *   *                       

これで無事「静岡東部ラーメンコラボ」コンプリート。
8店舗が8通りの味を作り上げてくれて、興味深い企画だった。
こういう場合、どこが…というランク付けをしたがるのが常だが、
それは難しいし、付けようとも思わない。
食べた人夫々の好みで判断するしかないのだ。

尚、このコラボは今月一杯で終了予定。
詳しくは http://ra-men.meblog.biz/ をご覧下さい。

  *   *   *   *   *                       

●397)わさらび@沼津市

で、結局最後はここで、コンビニ店長さんと待ち合わせ。
腹一杯でラーメンもう一杯は無理…なのだが、幅広麺を見て思いついた。
これにカレーをかけたらウマイんじゃないか…と。(^^;

わさらび33
塙さんに聞くと、
作ってくれるというので食べさせてもらうことに。
麺は少なめでお願いした。(小食なので…)

私のイメージでは、
カレーをそのままかけてもらうハズ…だったのだが、
出来上がってきたのはちゃんとした『カレーラーメン』になっていた。

しかしこれがウマ〜〜イ!(^^)
このまま即メニューにしてもいいぐらい。
近々レギュラーになるかも…という話はあったような、無いような…(^^;


tosimon3 at 03:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2007年09月26日

臨機…再び

●393)臨機@西永福

前回食べたラーメンが美味しかったので、
つけ麺も食べてみたいと思い再訪問。

臨機1
つけ汁は清湯系の醤油味。
表面には魚粉?も浮いている。
最近では珍しくなってしまったサッパリ系。

麺は5mmぐらいの巾の平打ち麺。
つけ汁との相性は良い。

サッパリ系とはいっても、昨今の濃厚系に対して…ということであって、
物足りなさとか、そういったものは全く感じることなく、
バランスのとれた美味しいつけ麺だ。(^^)

個人的にはかなり好きな味なので、再々訪決定!


tosimon3 at 02:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 杉並区 

2007年09月25日

鴨ラーメン…?

●392)唐辛子@伊豆高原

伊豆の帰りは例によってこちらへ。
今日は普通のラーメンもあるが、出来は60%ぐらい?だという。
マアそれでもいいから…と食べてみることに。

唐辛子49
今日のスープは鶏、豚にキンメだそうだ。
60%の出来という割には美味しいですヨ。

叉焼の代わりに鴨肉が入っているので、
その味も出ているようだ。

100%の『鴨ラーメン』というわけにはいかないが、
それらしい味は楽しめる。


  *   *   *   *   * 

                      
●魚磯@伊豆高原

昼に食べにいった魚磯の寿司。
いつもながらネタの豊富さで楽しめる。


カサゴ
「カサゴ」

煮付けが旨い魚だが、刺身でも旨い。
独特の歯ごたえがあり、
ぎゅっと詰まったような濃い味がする。
寿司ネタとしても一級品。

カワハギ
「カワハギ」

魚の中では最も好きな魚のひとつ。
刺身にした時の甘味は特筆もの。
キモも旨い。
そのキモが乗った寿司は一段とウマイ。

タカノハ
「タカノハダイ」

“タイ”がつくが鯛の仲間ではなく、スズキ目。
磯釣りなどで外道として釣れるが、
これが釣れるとあとはダメと言うイワレがある。
独特の磯臭さがあるので敬遠されがちだが、
生き〆をして料理すれば、意外に旨い。肉質は一級品。

ボラ
「沖ボラ」

この魚も見た目で敬遠されがちな魚だが、
個人的にはその味は鯛以上と思っている。
湾内物はダメだが、近海物は本当に美味しい。
値段も安いので、CPは高い。
これを食べられる寿司店は、たぶん少ないと思う。


tosimon3 at 04:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | 寿司

2007年09月24日

静岡東部ラーメンコラボ(3)

なぜかアップしてあったこの日のブログが消えてしまった。
どうしてなんだろう?…原因不明…なので再アップ。

  *   *   *   *   *  

夕方から伊豆へ行く予定をしていたのだが、
それならついでに静岡コラボを食べておこうと、沼津回りで…(^^;

最初は「藤堂」と思っていたのだが、途中で気が付いた。
今日は月曜日だが平日ではない…ということに。
予定していた「藤堂」「猪のしし」ともに、平日夜限定なのだ。orz

となると、食べられるのは「一匹の鯨」か「練翠」に限られるが、
「練翠」はまた無くなっている可能性があるので、一番確実な「一匹の鯨」へ。

  *   *   *   *   *  

●390)一匹の鯨@伊豆の国市(伊豆長岡)

ここへ来るのは3回目?か4回目だが、いつ来ても期待を裏切られたことはない。
本気なのかどうか分からない、店内のPOPがユニークな店だ。(^^;

参加商品は『きのこときなこのつけ麺』¥850

一匹の鯨2
6厘舎ばりに魚粉が乗っている…
と思ったら、これは “きなこ” だった。

きなこが入ったラーメンというのは…記憶にない。
ことによったら本邦初か?(^^;

醤油の原料も大豆なので、ラーメンとの相性は悪くないはずなのだが、
これまで使われなかったのが不思議なくらい。

つけ汁の中にはナメコとオクラが入る、いわゆる「ネバネバ系」だが、
これをきなこがうまく中和してくれる。
なかなか美味しいつけ麺でした。


【一匹の鯨】

http://ra-men.meblog.biz/article/114671.html


  *   *   *   *   *  

●391)卓次朗商店@沼津市


ここまで来て一杯っていうのも何なんで、(^^;
方向は違うが、8月末にリニューアルした卓次朗商店へ寄ってみることに。

卓次朗3
これまでは昼=六厘舎系、夜=二郎系という二毛作営業だったが、8月末から昼、夜のメニューを同じにしてリニューアルした。

構成は『濃厚魚介豚骨つけ麺』と
『豚骨魚介ラーメン』の2本立て。

つけ麺は以前より油が多くなり、豚骨出汁も濃くなってガツン度がアップ。
麺も全粒粉入りになって香り、食感ともに良くなっている。
全体にかな〜り強力なつけ麺になった…という印象。

ラーメンは斑鳩インスパイア…らしいので、これも楽しみ。(^^)


  *   *   *   *   *  


今回聞いたレコードは以下のもの。

タル
タル・ファーロー「ザ・スゥィンギング・ギター」

彼の代表作の一枚。
全盛期のスピード感溢れる演奏が聞ける。
珍しいドラムレスのトリオだが、
物足りなさを感じさせないところがスゴイ。

エディ・コスタ(P)、ヴィニー・バーク(b)


デレク
ディレク・スミス「ブルースエット」

これを聞くまで、このピアニストを知らなかった。
1931年生れの英国人だが、63年に米国へ移住。
アート・テイタムの影響を受けたという演奏は、
かなり多弁でスゥィンギー。

ルーファス・レイド(b)、コニー・ケイ(ds)


ケニー
ケニー・ドリュー「ケニー・ドリュー・トリオ」

ブルーノートの10インチ盤。
1953年吹き込みの彼の初リーダーアルバム。
強力なサイドにサポートされて、
瑞々しい演奏を聞くことができる。

カーリー・ラッセル(b)、アート・ブレイキー(ds)


tosimon3 at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | 音楽/映像

2007年09月23日

立川骨董市〜鏡花〜きら星

立川諏訪神社境内で骨董の店を出すが、朝から天気が心もとない。
9時過ぎにやっと商品を並べ終わり、お客さんの出足もボチボチ…と思っていたら、
11時頃からポツリポツリと雨粒が…orz

土砂降りにはならないものの、結局昼過ぎには店を撤収ということになってしまった。
実質3時間の営業ではあったが、その割に・・・だったので一安心…(^^;


  *   *   *   *   *                       

●388)鏡花@立川

終了後は編集長とまたまたこちらへ。
食券を渡すときに「ウニ」と言うと、「ラーメンでいいですか?」と聞かれる。
ということは、『ウニ玉』も出来るのか…(^^;

とすれば、やっぱり『ウニ玉』を食べちゃいますネ〜。

鏡花43

鶏白湯のスープが入ってない分、
ウニを濃く感じるのは当然なのだが、
前回食べた時よりウニが濃くなってないか?

イヤ〜旨いっ!



  *   *   *   *   *                       

●389)きら星@武蔵境

帰る途中、武蔵境の手前でフッと明日行われるきら星と凪のコラボを思い出す。
豚づくしというのはちょっと苦手なので申し込まなかったが、
ならばせめてきら星で…と寄ってみる。

案の定、星野さんは不在…おそらく明日の仕込みに行ってるんでしょう。

きら星6
『熊本風ラーメン』というのがあったので、
食べてみることに。

マー油は入ってないように思うが、
熊本風の香りはする。(^^;

だが、これが熊本ラーメンか…と聞かれればNOである。
こんなに濃〜い熊本ラーメンは…あるわけ無い。(^^;
あくまでも“きら星風熊本ラーメン”?…なのだ。


tosimon3 at 02:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 | らーめん 東京都下

2007年09月22日

平和島骨董市

実は、この骨董市が昨日から始まっていたのを全く忘れていた。
何故か予定表に書き込んでなかったのだ。orz

気が付いたのは昨日の夕方…編集長からの電話で言われて思い出した次第。
最近は物忘れが多いナ〜(^^;

平和島1
という訳で、今日になって出かける。

いつもに比べてお客さんが少ない…?
知り合いの業者さんに聞いても、
あまり状況は良くないという。

3連休の初日に、給料日前という悪条件?が重なったせいなのか…
ということは、明日の立川骨董市も同条件ということか…(^^;

土人形や平戸焼ではあまり見るべき物がなかったが、
商売用の小物をいくつか仕入れて帰ってくる。

  *   *   *   *   *                       

●387)醤道@馬込

帰りは久し振りにこちらへ。
4月から平日も通し営業になったようで、これは嬉しい。

駐車場が1台分だが確保されたのも、車派にとっては有難い。

醤道5
今日は『白ラーメン』。
これは醤屋時代からの継続メニュー。
何となく懐かしい味がするが、何年振りだろう…

麺はプツン、プツンと歯切れのよいもので、
これ好きだナ〜(^^)


【醤道】
http://emen.jp/jandou/


tosimon3 at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 骨董 | らーめん 大田区

2007年09月21日

連休前は…

春日部の井之上屋と匠で今日からコラボが始まるというので、
ちょっと食べてみたいと思い夕方から出かける。

用賀で首都高に入ろうと渋滞表示板を見ると、“千住新橋まで渋滞30km”と出ている。
なんじゃそりゃ…30キロなんて表示は初めて見たヨ。(^^;

仕方なく246号へ戻るが、こっちも渋滞。
途中から環七へ入ってみたが、やっぱり動かない。orz
マア3連休の前日ということでしょうがないんだろうけどネ。
この時点で潔くあきらめ、実家へ戻る。

オフクロを連れて上野毛の「日本海」へ寿司を食べに行き、
その後は明後日の立川骨董市へ出す商品の整理をすることに…


  *   *   *   *   *  


●386)かずら@宮前区犬蔵


家へ帰る途中で寄ってみる。
前回食べたときに、カレーラーメンの話をしていたのだが、
まだ納得のいくものは出来ていないということだった。

かずら17
ということで、今日は『塩ラーメン』。

これも中華そば同様、さっぱりとした口当たり。
殊更ウマイという訳ではないが、
この近辺ではこれだけのラーメンは食べられない。

最近はお客さんも増えているようだ。


tosimon3 at 04:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2007年09月20日

臨機…鯛のスープが旨い!

●385)臨機@西永福

7月31日にオープンしたばかりの新店。
土地の利権の関係で9年間しか営業できないという“期間限定”のお店でもある。
2ヶ月経てば、そろそろ味も安定してきたか…と行ってみることに。

ご主人は都内有名店などで修行された方だそうで、
その意味でも期待を持っていたが、
何といってもここのスープは動物系不使用というのが気になっていた。

臨機
動物系を使わない代わりに、
材料となるのは鯛の頭。

半濁りのスープには、その旨味が凝縮されている。
表面の油にはラードが使われているようだが、
これぐらいは入れないと味に深みが出ないのかも。

ただ、油を入れないラーメンも食べてみたい気がするが…(^^;

スープに対して麺がちょっと弱い感じ…っていうか、バランスがよくない。
最初はいいのだが、後半になるとダレ気味になってしまうのは勿体ない。

あと気になったのが、スープがやや少ないということ。
もう少し多いほうが美味しく食べられそう。

この2点以外は、なかなか完成度の高いラーメン…という印象。
つけ麺も気になるので、また行かなくては…(^^)


【西永福駅前 臨機】
杉並区永福3-35-8 TEL.03-5355-5884
11:30-16:00 17:00-23:00 日祭=11:30-21:00(LO) 年末年始以外は無休



tosimon3 at 03:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 杉並区 

2007年09月19日

久し振りの醤油

●384)はやと@向ケ丘遊園

登戸に出来た「麺の心」へ行ってみるが…定休日だった…orz
なので、久し振りにこちらへ。

はやと5
今日は『醤油ラーメン』を食べてみる。

基本的には駿河台の時と変わりないので、
すごく懐かしい味がする。

鍛冶屋さんと話していたら、
来週からこちらでは初めての味噌を始めるという。

駿河台の時は、味噌ダレの材料のほぼ9割が八丁味噌という、
かなりマニアックな味噌ラーメンを作っていたが、(^^;
今回はかなりオーソドックスな味噌ラーメンにするそうだ。

八丁味噌ラーメン…好きだったんだけどネ。


tosimon3 at 02:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2007年09月18日

中野土人形

朝から骨董品の交換会に参加。
珍しく土人形が出てきたのだが、人形以外の商品も一緒なので、
入札をためらっていたら、いずれも知り合いの骨董屋さんが落札していた。

交換会終了後、その骨董屋さんと交渉して3体を譲ってもらう。

中野、三条
左は三条(新潟)土人形。
状態は良くないが、最近では珍しい。

右は中野(長野)土人形(らしい)。
中野人形に関しては殆ど見識がないのだが、
裏に「中野人形」と書かれたシールが貼ってあったので、おそらく間違いないだろう。


中野
これもシールが貼ってあったので、
おそらく中野土人形だろう。

これは状態がいいのだが、
それほど古いものではなさそう。

資料館には中野人形が1体しかなかったので、
これでやっと3体に増えたが、あと4、5点は欲しいところ。


  *   *   *   *   *                      

●382)優@立川ラーメンスクエア

久し振りにこちらへ。
限定で『超濃厚味噌つけ麺』というのがあったので食べてみる。

優4
“超濃厚”というだけあって、
かなりどろどろのつけ汁。

トンコツ系かと思ったら、
鶏白湯を主体にしているそうだ。

つけ麺としては、ここまでの濃さは必要ない気もするが、
こういうつけ麺があってもいいんじゃない…という感じ。

この後、味噌ラーメンもメニューに加わるそうだ。


  *   *   *   *   *                      

●383)醤者@立川市

前から出来ていたのはしっていたが、なかなか来るチャンスがなかった。
交換会終了後、編集長を送ってきたついでに寄ってみる。

醤者店
醤者
スープはいわゆるトンコツ醤油味で、背脂が少量入っている。

魚介も入っているのを感じるが、前面に出るほどではない。

その意味では、現在の潮流とは逆のアプローチ。

出汁がやや弱い感じなので、それを化調で補っている感じ。
優しい口当たりだが、もう少し特徴があってもいいかな…と思う。

現在スープを改良中だというので、期待しましょう。


【中華そば 醤者】
立川市若葉町1-9-5 TEL.
11:30-14:30 18:00-21:00 定休日=木曜日


tosimon3 at 16:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 | 土人形

2007年09月17日

また食べてしまった…

●379)鏡花@立川市


なごやんさんが上京しているので、鏡花で待ち合わせることに。
開店5分前に着くと、すでに店は開いていた。

開店時間になってもなかなか開かなくて、イライラする店が多いなかで、
ちゃんと開けてくれる店っていうのはいいですネ〜。
これだけでそのお店の基本姿勢が分かってしまう気がする。

鏡花42
土曜日に来たばかりなのだが、
その時は『ウニ釜玉』だったので、
ラーメンは初日(1日)以来。

食べてみると、前回に比べウニがやたら濃い。(^^;
スープの色も違っている。

町田さんに聞くと、やはりウニの量を増やしたそうだ。

最初はWテイスト風だったが、今日のはかなりストレートなウニラーメン。
やや方向性が変わった気がするが、これはこれで美味しい。(^^)

このコラボの最終週(25日〜)には、もっとウニを濃くするそうだ。
どういうラーメンになるのだろう。


  *   *   *   *   *                       


●380)勇次@町田市

続いてこちらへ。
ここで春みかんさんと待ち合わせの予定だったが、
ほぼ同時に到着したので、3人揃って店の中へ…と思ったら、何と満席だ〜。

すぐに食べ終ったお客さんが出たので、待つことなく入れたが、
こんな状況は久し振り。

勇次66
ここも土曜日に食べているので、
味的に新鮮さはないのだが、
何回食べても旨いものはウマイ。(^^;

この後の予定がなければ食べ終ったあとに、
ライス投入で完食…なのだが、
さすがにそれはやめた。


  *   *   *   *   *                       


●381)天馬@成瀬

その後どこへ行こうかと色々検討したのだが、
なごやんさんが夕方から予定があるというので、比較的近いこちらへ。

私も来るのはかな〜り久し振り。

天馬3
ここの塩は食べたことがなかったので、
この機会に食べてみる。

ことさら驚くような味ではないが、
ご主人の性格を反映したような塩ラーメン。(笑)

ただ思ったより麺がやたら多い。
180g以上はありそうで、3杯目にはちょっときつかった。


tosimon3 at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2007年09月16日

有楽町骨董市/カボチャの王様

朝も早よから…という訳でもないが、有楽町骨董市へ行くのは久し振り。
これで3日続けての骨董市…というのも久し振り。

有楽町
国際フォーラムの中庭は木が多いので、
日差しが強くても比較的涼しい。

出店数が多いので見て歩くのは大変。
見終わるのに結局2時間ほどかかってしまった。


花山2福神
これは花山土人形の「鯛持ち二福神」。
いつもお世話になっているF堂さんから購入。

花山人形というのは、堤人形(仙台)の脇窯で、
最近になって知られるようになってきたが、
まだ堤人形として分類されていることが多いようだ。


  *   *   *   *   *                      


●378)宗@高田馬場

昼過ぎに有楽町から高田馬場へ移動してこちらの店へ。
カボチャを使ったつけ麺を限定で出しているので気になっていた。

そう2
名前は『かぼちゃの王様』。

つけ汁は、カボチャと豆乳を使ったもので、
動物系は使っていないらしい。

酸味もあるのだが、これはちょっと強いかな?
カボチャの甘味を味わうなら、この酸味はなくてもいいかも。

とろみが強いので、つけ汁があっという間になくなってしまうが、
最後にスープ割を頼むと、冷たい豆乳がでてくる。
これが意外にも美味しかった。(^^)


tosimon3 at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 土人形 | らーめん 新宿区

2007年09月15日

ウニ再び…/大和骨董市

今日は午前中から大和市の駅前で開かれている骨董市に出かける。

「骨董研究会」の9月例会ということなのだが、
参加者は編集長と私のほかは二名だけとちょっと寂しい。


交通渋滞で遅れたせいもあるのだが、集合時間(12:30)までには、
駅東側の店しか見ることができなかった。

小物やガラス中心に少しは買うものがあったが、
朝からやたら日差しが強く、暑くてかなわない。
暑さのせいか、写真を撮るのも忘れてしまった。orz

早々に食事をするために町田の勇次へ向う。


  *   *   *   *   *


●376)勇次@町田市

1日に食べて以来、二度目の『ウニラーメン』。

勇次65
前回は礼文島のバフンウニを使っていたが、
漁期が終了したとかで、
今回は利尻島のムラサキウニ。

バフンウニほどの“コク”はないが、
香りはこちらのほうが強いように感じる。

今後はずっとムラサキウニしか使えないそうなので、
最初にバフンウニを食べた人はラッキーだったということか。(^^)


  *   *   *   *   *                      


●377)鏡花@立川市

編集長と国分堂へ行き、その帰りにこちらへ。
食券を渡して町田さんと話をしていたら、

私「ウニラーメンもいいけど、ウニ釜玉なんていうのも旨そうだネ…」
町田「たまに作って食べてるけど、食べてみる?」
私「えっ、それならぜひ…」

ということで『ウニ釜玉』を食べさせてもらうことに。

鏡花41
ラーメンと違うところは、
最初から濃厚なウニの香りがすること。

早速食べてみる…おお、これはすごい!(^^)
ウマ〜〜ッ!と言うだけで後の言葉が出ない。

食べ終る前にスープを足してもらうと、
これもまたウマ〜〜ッ!
いやこれには参りました。


tosimon3 at 03:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 町田市 | 骨董

2007年09月14日

渚にて…/新潟骨董市

会場
新潟骨董市は市郊外にある
「新潟産業振興センター」で春秋2回開かれる。

中越、中越沖と大きな地震にみまわれ、
出店業者も年々少なくなっているが、
場所柄、土人形が多く出るので楽しみにしている。

会場内
しかし、それも最近は減少傾向で、
毎回1〜2個手に入ればいいほうだったのだが、
今回は全く収穫ゼロだった。(^^;

マアその代わり色々とガラクタを買えたので、
無駄足ではなかったが、
こんな状態では今後がどうなるか心配だ。

  *   *   *   *   *                     


今回新潟へ来たもう一つの目的は、先日中越沖地震で大きな被害を受けた柏崎と、
長岡在住の陶芸家、今(こん)君のところへ寄ること。

ルートとしては柏崎→長岡のほうがいいのだが、
先方の都合でまず長岡の今君のところへ。

木日窯
彼のところの穴窯は、
3年前の中越地震で倒壊したのだが、
今年の3月にやっと復元。

以来3回ほど窯を焚いたというが、
それが今度の地震でまた倒壊してしまったという。

慰めの言葉もないのだが、天災だけはどうにもこうにも防ぎようがない。
すでに2度目の復元作業が始まっていたが、
再度大きな地震が起きないことを祈るのみ。
(写真は今年3月の初窯の時のもの)


  *   *   *   *   *


柏崎の北陸道米山ICの近くに「柏崎コレクションビレッジ」という集合施設がある。

痴娯の家
この一角に「痴娯の家」という展示館が建っている。
ここには、柏崎市在住で全国の郷土玩具を蒐集して歩いた、故岩下庄司氏の5万点余に及ぶコレクションが展示されている。

ここの館長、岩下正雄氏は私の同級生。
過去2回ほど訪れているのだが、
その膨大なコレクションにはいつも圧倒されていた。

郷土玩具
ここも先日の中越沖地震で大きな被害を受けたというので心配していた。

跡片付けもやっと一段落ついたということで館内を見せてもらうが、見た限りではその爪痕をうかがい知ることは出来なかった。

まずはひと安心ということだが、
ジャンル別とか種類別に分けられていたコレクションが全てバラバラになってしまったので、これからはその復元がたいへんだという。



日本海
この辺一帯は「風の丘」と呼ばれているらしいが、
日本海を一望することができる。

折からの夕日がキレイだった。



  *   *   *   *   *                       


●372)伊丸@新潟市

昼に骨董市会場を出て、比較的近くにあるこの店へ。
こちら方面のブログを見ていて、ちょっと気になっていた。

伊丸店
伊丸
ここは札幌系の店らしい。

ただ限定ラーメンが色々とあって、現在は『あさりチーズラーメン』『豚角煮ラーメン』『海老塩ラーメン』『鯖節ラーメン』などがラインナップされているのだが、今日は『鯖節…』を食べてみる。

醤油味とばかり思っていたら、スープが黄色っぽい。
鶏白湯のように見えたが、豚も入っているようだ。

そこに鯖節が効いてはいるのだが、岩海苔が大量に入っているので、
食べ進むうちにその香りが徐々に強くなり、ついには『岩海苔ラーメン』に!(^^;

それなりに美味しいのだが、岩海苔はいらないかナ…。



【札幌ラーメン 伊丸】
http://www.week.co.jp/komachi/gw/itp-pc_gw.php?ip=10113603



  *   *   *   *   *                     


●373)そばよし@柏崎市

せっかく柏崎に来たのだから、地元のラーメンを食べようと思ったが、
柏崎っていうのは、意外にラーメン店が少ない。

その中でも圧倒的?に人気があるようなのががこちらの店。
知らなければ、たぶん入ることはないだろう…という店構えだが、(^^;
ちょっと期待して入ってみる。

そばよし店
そばよし
大きな叉焼が3枚も入っているが、これでもフツーのラーメン。

叉焼麺になると、叉焼が10枚ぐらいになって丼からはみだしているそうだ。

スープは鶏ベース?に煮干し…というもので、味的には東京ラーメンに似ている。
麺はやや多めだが、これは自家製麺らしい。
ふつうに美味しいラーメン…というところか。

ここは叉焼麺も人気だが、焼きそばも同じぐらい人気があるようで、
注文する人が多かったのが印象的だった。


【そばよし】
http://odekake.jalan.net/spt_guide000000164956.html


  *   *   *   *   *                       


●374)渚@柏崎市

柏崎市中心街から、今回の地震で注目を集めた「東電刈羽原発」へ向う、
R352沿いにこの店がある。

実は、ここへ向う途中「渚にて」(1959)という映画を思い出していた。
核戦争で地球の北半球が死滅するが、潜水艦乗組員は助かる…という内容。
原発が損傷して放射能が漏れていたら…と思うだけでゾッとする。

たまたまだとは思うが、何か釈然としない思いを抱いて店に入る。

渚店
渚
ラーメンは、やや濁りの清湯系。

節の香りが強いのは、丼の縁にびっしりと着くほど入っている魚粉のせい?

背脂少々とタマネギが入り、ちょっと燕三条系を思わせる。
悪くはないのだが、やや出汁が弱い感じで奥行きのある味ではない。

ここも麺は自家製のようで、モチモチ感のある中太麺は美味しかった。

帰りは原発のほうへは行かず、わざわざ戻ってR8に出たことは言うまでもない。(^^;


【麺の家 渚】
http://homepage2.nifty.com/i-family/ra/ra_nagisa.html


  *   *   *   *   *                       


●375)まる井@魚沼市

帰りを急ぐ訳ではないので、高速の夜間割引が効く時間まで国道17号を走る。
途中、魚沼市(になっていたのは知らなかった)の小出IC近くでこの店を発見。

街道沿いの店には滅多に入らないのだが、この店はなかなか雰囲気が良かったので、
思わず入ってしまった。(^^;

ただ、店の写真は帰るときに…と思っていたら、私が最後の客だったようで、
ラーメンを食べている間に照明を消し、暖簾もしまわれてしまった。

マル井店

マル井
スープはいわゆる“トンコツ醤油”。

一口目は甘味があって美味しい…と思うが、すぐに化調が舌にピリピリと…(^^;
イヤ〜これは参りました。

何とか麺と具は口に押し込んだが、スープは全く飲めず。
これまで食べた3軒は、いずれも化調少なめだったので良かったのだが、
最後にやられましたネ〜…やっぱり街道沿いは気を付けないと…(^^;


【らーめん まる井】
http://www.doko.jp/search/shop.do?sc=70351610


tosimon3 at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 新潟県 | 骨董

2007年09月13日

和風カレー・・・

夜遅くなっってから新潟骨董市を見に行くために出かける。
例によって関越道のSAカレーと思ったのだが、下り車線はほぼ食べ尽くした?
と調べてみると、赤城高原がまだ食べてない。

かなり空腹で出てきたので、そこまでは我慢出来そうもないので、
上里SAでラーメンを食べることに。



●371)上里SAのラーメン@上里町

上里
思ったより見た目がいい。
味のほうは・・・これも意外に悪くない。

化調っぽさはあるものの、この程度なら許容範囲。
麺もちゃんとした生麺を使っているようだ。

何と言っても味玉が固茹でなのがイイ。
「固茹で味玉復権委員会」会長としては、これだけで高得点を進呈したい。(^^;

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       
            

関越道下り赤城高原SA/ポークカレー¥480

値段が安いのであまり期待をしていなかったのだが、
結論を先に言うと…「ここのカレーは旨い!」。(^^)

赤城高原
メニューのところに“和風カレー”となっていた。

食べてみると、ルーに独特の“とろみ”がある。
これは昆布のとろみなんだろうか?
いずれにしても初めての食感。

鰹節なんかの魚介系も感じるし…本当に和風カレーだ。
イヤ〜このカレー、なかなかのもんです。

ライスの味がもう一つなのと、ルーがちょっと少な目なことを除けば、
また食べたいと思わせるカレー。
これまで一番だった「多賀SA下り」を上回ったことは確かだ。

勝手に5点評価=ルー4.6/ライス3.5/量3.8/総合4.5


tosimon3 at 02:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 | カレー

2007年09月12日

お肌がツルツル…?

●370)唐辛子@伊豆高原

いつも通り朝方までLD,DVDで音楽、映画三昧で、昼まで寝てしまう。
午後になって、昼飯を食べにこちらへ。

今日の“マスターおまかせラーメン”は『コラーゲン五目ラーメン』。(^^;

唐辛子48
モミジ(鶏の足)からとったコラーゲンたっぷりのスープが美味しい。(^^)

そこに鴨肉、筍、山芋、椎茸など具が満載。
麺は細麺の他に春雨が入っていて、
その食感が楽しい。

食べている間にお肌がツルツルに…なんてことはなかった。(^^;

いつもあるメニューではないが、たまに気まぐれで作っているらしい。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


昨夜から視聴していたソース。

ビートル
これはビートルズの8枚組レーザーディスク。

ビートルズの生い立ちから成功を収めるまでの様々な出来事を、年代を追って収録されている。

これとは別に「コンプリート・ビートルズ」というLDも持っているが、これはその内容からしてはるかに充実した構成になっている。

まだ全部見ていないが、楽しみなLDだ。



アルハート
アル・ハートというトランぺッターは、
ポピュラーの世界でこそ知られているが、
実はジャズトランぺッターでもあった…
ということはあまり知られていない。

このLDはそのジャズトランぺッターとしての魅力を楽しく伝えてくれるもの。

競演者もウディ・ハーマン(cl)、ピーナッツ・ハッコー(cl)、デラ・リーズ(vo)、スコッティ・パルマー(banjo)と多彩。

そして何といっても注目すべきはジョニー・ガルニエリというピアニスト。
40年代にビッグバンドなどで活躍した人だが、
このピアニストの演奏が見れるとは思っていなかった。



Gミラー
1990年に2回目の来日をした、
グレン・ミラー楽団のコンサート収録盤。

いつ聞いても軽やかなスイング感に体が動く。
この心地よさはどこから来るのだろう。

この時のバンマスはジーク・ザーチ(tp)。
楽団創設時からのオリジナル・メンバー。

そしてもう一人、特別ゲストのオリジナル・メンバーが出演している。
その人はジョン・ベスト(tp)。
この楽団のオリジナル吹き込みでのトランペットソロは、この人が多いそうだ。

車椅子でステージに出てくる様は痛々しいが、
その音色を聞くことが出来たのは嬉しい限り。(^^)


tosimon3 at 06:11|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 静岡県 | 音楽/映像

2007年09月11日

静岡東部ラーメンコラボ(2)

●368)練萃@沼津市

夜になってから伊豆へ行くことにしたのだが、それなら沼津回りで…と出かける。
この際、静岡東部ラーメンコラボを少しでも食べておこうという算段なのだ。

時間が時間なので営業している店は限られるが、まずやって来たのはこちら。
今回のコラボでは一番西に位置する店。
店名は知っていたが、中華料理店ということで未訪問だった。

中華料理店らしくない店構え。
こちらの参加ラーメンは…『きのこのマーボ麺』¥900

カウンターに座って「コラボラーメンを…」と注文すると、
「すいません、今日は終わっちゃったんですよ…」とご主人。

アチャ〜と思うが、こんな時間に来るほうが悪いのでこれは想定内。

練萃
食べずに帰るのも何なので、醤油ラーメンを注文。

出来上がってきたラーメンは、
およそ中華料理店のものとは思えない。

スープはいわゆる“中華スープ”ではなく、
動物系は鶏と豚か?…魚介も色々入っているようで、かなり本格的なもの。

いや〜このラーメン、旨いワ!
中華料理店とあなどるなかれ…ラーメン専門店でやればいいのに…(^^;


【中華料理 練萃】
http://ra-men.meblog.biz/article/111986.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●369)卓朗商店@

1軒目が食べられなかったので、とりあえずこちらは電話確認。
まだダイジョウブというので、ソッコーで向う。

参加ラーメンは『秋きのこのワンタンメン』¥800

卓朗商店4
醤油と塩があるというので塩をチョイス。

通常の塩ラーメンに、ワンタンが4個入る。
ワンタンの具には色々な茸が入っていて、
噛むと中から茸の旨味がジュワッと出てくる。
おお、これは旨い。(^^)

ワンタンの皮はピロピロタイプではなく、モッチリとした口当たりのもの。
これはこれで美味しい…さすがです。

ただ、食べてみないと茸の存在が分からないというのがちょっと残念。
“見えるキノコ” があってもいいかも。


【麺屋 卓朗商店】
http://ra-men.meblog.biz/article/114668.html


tosimon3 at 04:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2007年09月10日

入れなきゃよかった…

●367)ふくもり@野沢

夜遅くなって野沢方面へ。
「せたが屋」も考えたが、“今夜は煮干しだゼ” と叫ぶ声が聞こえてこちらへ。(^^;
夜行性の人種にとって、深夜までやってくれている店はありがたい。

ふくもり3
今日は久し振りに『煮干し中華』。

以前に比べると出汁が弱い感じがするが、
煮干しの出方は相変わらず。

苦みやエグミも若干出ているが、これはマアご愛嬌。

どうしても今は無き「大八車」と比較してしまうが、
もっとガツン度を上げてくれたほうが、個人的には嬉しいんだけどネ…(^^;

柚胡椒が一緒に出てきたので、後半になって入れてみる。
少しではあまり影響がないと思い、かなり多めに入れてみたが…これは大失敗。
柚ラーメンになってしまった。orz

これは入れないほうがよかった。
どうしても辛くしたいなら…香りのつかない唐辛子のほうがいいかな。


tosimon3 at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 世田谷区 

2007年09月09日

静岡東部ラーメンコラボ(1)

9月1日から「静岡東部ラーメンコラボ」という共同催事が始まっている。
参加店は8店、期間は30日までとなっているが、詳しくは下をご覧頂きたい。

公式ブログ=http://ra-men.meblog.biz/

ということで、まずは近いところから食べていこうと出かける。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●364)あった亭@御殿場市

この店は宿題店の一店だったので、もちろん初訪問。
三島、沼津方面へはよく行っても、その途中にある店にはなかなか寄れないものだ。

夜の部に行ったので、1日10食限定では残っているかどうか心配だったが、
何とかありつくことができた。

参加ラーメンは『トンコツ風キノコスープらあめん』¥750

あった亭店
あった亭
見た目も味も豚骨スープ…と思ってしまうが、これは“きのこペースト”を使ったスープだそうだ。


知らなければ「豚骨醤油」で終ってしまいそう。
それほど“疑似豚骨度”は高い。

ただルックスの点で損をしているかナ…限定ラーメンにしては色気がなく寂しい。
シメジや舞茸といったキノコが入ってはいるのだが、
具が少ないので食べる楽しさが伝わってこない。
美味しいんだけど…(^^;


【あった亭】
http://ra-men.meblog.biz/article/111985.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●365)かど乃や@裾野市

この店は全く知らなかった…(って、知らないのは私だけか)
周囲に店が無いような辺鄙?な場所の、店名の通り三叉路の角にある。

7時前に着くと先客1だったが、2人、3人とお客が来て、すぐにいっぱいに。
地元では人気のある店のようだ。

参加ラーメンは『須山のきのこそば』¥780

須山というのはここから比較的近く、富士山登山口のあるところ。
種々のきのこが穫れる場所でもあるようだ。

かどのや店
かどのや
なかなか雰囲気のある店構えだが、中へ入ると厨房が見えない、ちょっと変わった作りになっている。

こちらのラーメンは、
先ほどとは対称的に具だくさん。
シイタケ、シメジ、舞茸などをコンニャクと一緒に味付けしたものが乗っている。

鶏の清湯塩ラーメンがベースになっているようだが、
これは裾野市界隈に多い「とりそば」をイメージして作られているそうだ。
やや甘めながらこれはこれで美味しい。

麺の量が多いのだが、決して旨い麺ではないので後半は飽きてしまう。
このへんの改良が必要かも。


【益蔵坂 かど乃や】
http://ra-men.meblog.biz/article/114844.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●366)わさらび@沼津市

2店連食でちょっときつかったので、
途中のホームセンターで腹ごなし?をしてから沼津へ。(^^;

こちらも残っているかどうか心配だったが、どうにか間に合った。

参加ラーメンは『かぼちゃときのこのそば』¥850

わさらび32
以前に一度試食させてもらっているが、
今日のラーメンは更にパワーアップしていた。

まずスープの濃度がすごい。
前回入ってなかった人参やサツマイモが加わって、
もうそれこそドロドロ状態だが、これは旨い!(^^;
しかもヘルシー。

具はスライスかぼちゃを揚げたもの、鶏チャーシュー、半熟卵1/2、
きのこはシメジ、舞茸にクレソンとフランスパン。

このフランスパンが箸休めとしていい役目をしている。
スープをつけて食べると、一枚では全然もの足りない。

また小さなカップに入った生クリームが一緒に出てくるのだが、
これを入れるとまた味が変わる。

イヤ〜これだけ満足できるラーメンは久し振りだった。(^^)


【支那そば屋 わさらび】
http://ra-men.meblog.biz/article/111987.html


tosimon3 at 05:52|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 静岡県 

2007年09月08日

リニューアル完成

●363)大山家@武蔵境

国分堂へ行った帰りに、久し振りに寄ってみる…1ヶ月振りぐらいか。
閉店時間の10時前だというのに満席…こうい状態がずっと続いているという。
リニューアルは結果的に成功だったようです。

大山家32
今日も食べたのは『つけ麺』。
小食なので1玉で。(^^;

しかし、きょうのつけ麺は美味しかった。
1.5玉でも全然OKだったかな。

大山家メニュー
前はなかったメニュー表が出ていた。
これでやっとリニューアル完成なんだそうだ。

それを見ると、つけ麺が「新つけ麺」となっている。
ということは、どこかが変わったのか?
今日食べた限りでは分からなかったが、
美味しかったことは事実だ。(^^)


tosimon3 at 03:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2007年09月07日

ありゃ…行列だ…

●362)アイバンラーメン@南烏山

火曜日に食べて、なかなか美味しかったのと、つけ麺が気になっていたので、
再度食べに行ってみる。
実家からは車で15分ぐらいなので、近いことは近いのだ。

車をコインPに入れて店の前に来ると、先日来たときと何か様子が違う。
店の前に行列が…10人以上が並んでる…(^^;

きのうの「花の料理人」で紹介されていたのは知っていたが、
まさかこれほどとは思っていなかった。

一瞬やめようかと思ったが、マアせっかくなので並んで待つことに。

アイバン2
つけ汁は醤油と塩があるというので塩にする。

期待していた麺は、それほど太いものではなく、
“中細”といったところか。
つけ麺で食べるにはちょっと細いナ〜。

つけ汁はラーメンのスープとほぼ同じかな?…甘、辛、酢等の味付けは無し。
でも油がかなり多いので、この油のせいでスープの持ち上げが悪い。
塩ラーメンの時に感じたサプライズはなかった。

『ローストトマト飯』の評判がいいようなので、同時に注文。

アイバントマト
トマトだけ食べるとなかなか美味しいが…
ご飯と一緒だと…
酸味が強くてあまり旨くない。(^^;

これ本当に美味しいのか?

と思って隣の人のをちらっと見ると、
何と豚肉が乗っているではないか。
そうか『豚ローストトマト飯』と注文しなくてはいけなかったのだ。orz
“豚”が入るだけで、相当に味が違うんだろうナ〜。(^^;

このままでは本当に美味しくないので、(笑)
ためしにつけ麺の残ったつけ汁をかけてみると…これがバッチリ正解!
うま〜い! (^^;


tosimon3 at 04:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2007年09月06日

直球勝負…

●361)がんこ分店@相模原

台風9号の影響で、風雨がだんだん強くなってくるが、
資料館へ行く前にラーメンが食べたい…と何故か全く方向の違う相模原方面へ。(^^;

がんこ38
ちょっと気になることがあったので、
まずはこちらへ…。

大将は相変わらずだったのでひと安心。(^^;

今日は『塩つけ麺』があったので、
麺はライス麺1.5玉をチョイスして食べることに。

最近でこそ塩つけ麺は珍しくなくなったが、
ここのような直球勝負の塩つけにはあまりお目にかかれない。
要するに “甘、辛、酢” といった味の操作を全くしていないのだ。

それでも物足りなさを感じないのは、スープに力があるから。
ライス麺との相性もバッチリ…ウマイ。(^^)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       

●362)オードリー@町田

その帰り、菜かむらにしようか、オードリーにしようか迷ったのだが、
菜かむらは「台風早じまい」(笑)の可能性があるので、オードリーへ。(^^;

明朝はウニの仕入れに築地へ行くはず…
台風でどうするのか心配だったが、どんな状況でも行くという。
さすが職人。(^^;

勇次64
今日も “煮干し補給”。

この『煮干しトンコツ』も、
言ってみれば “直球勝負” の味。

田中さんの場合、こういった “素材の味” を
ストレートに出すことが上手い。

やはり元寿司職人のなせる技なのか。(^^;


tosimon3 at 02:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市 | らーめん 町田市

2007年09月05日

渋谷で3杯

●358)麺屋武蔵 武骨外伝@渋谷

所用のため、久し振りに電車で渋谷まで。
約束の時間にまだ間があったので、ラーメンでも一杯…とこちらの店へ。

ここへ来るのは2回目。
前回『餡かけつけそば』を食べて、あまり良い印象を受けなかったので、
限定メニューにちょっと心は動いたものの、今日はフツーの『つけそば』を。

無骨外伝1
何故か15分近くも待たされる。

やっと出てきた『つけそば』は、
見た目が素っ気ないというか何というか…
700円のつけ麺という感じがしない。

食べてみると、更にその思いは強くなる。
つけ汁には賽の目の叉焼が入っているだけで、メンマもなければ海苔もない。

麺はマアマア美味しいが、つけ汁はこれといった特徴のないもの。
ウ〜ン…これなら「すずらん」のほうがよっぽど満足できる。(^^;
ちょっと食べ手をバカにしてないか…


【麺屋武蔵 武骨外伝】
http://ramendb.supleks.jp/shop/7193


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       

●359)夕凪@渋谷

夜になって、帰る前にこちらへ寄ってみる。
ここの日替りメニューは365日違うそうで、これは「元祖」なんだとか。(^^;

今日は『サクランボとトマトの冷製らーめん』。
サクランボの入るラーメンっていうのは初めてだナ。

凪17
サクランボの使い方に興味があったが、
これは単に飾りだけなのかな。

真ん中にはバジルと牛の味付け挽肉。
この挽肉にトマトが使われているそうで、
全体にイタリアンの香りがする冷製麺。

スープは鶏ベースのようだが、スッキリとした優しい味。
挽肉を混ぜることで徐々に味が変わっていくのは楽しいのだが、
同時に挽肉から出る脂も増えていくので、これがちょっと難点か。

しかし、これはこれで美味しい冷やしラーメンでした。(^^)


【ラーメン専門店 凪】
http://blog.livedoor.jp/ramen_nagi/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       

●360)轍@神泉

これで帰るつもりで駅まで歩いてきたのだが、
凪の冷しが思ったより量が少なかったので、まだ腹に余裕が…(^^;

ということで、何故か未食の「轍」へ行ってみることに。
ここは何回か来ているのだが、臨休やスープ切れでいつもフラレてばかり。

轍
つけ麺を並で注文。

この時点ではまだ知らなかったのだが、
後からきた客が、券売機の前で
「並で300gか…」と話しているのを聞いて、
ちょっと不安になった。

何しろ小食なので、いくら腹に余裕があるといっても300gはどうなんだろう…(^^;

出てきたつけ麺は、確かに麺の量は300g ぐらいはありそう。
それでもマア何とかなりそう…と食べ始める。

しか〜し、つけ汁は確かに美味しいのだが、冷や麦みたいなこの麺は苦手。
何とか詰め込んだが、腹が苦しい。
食べなければよかった。(^^;


【渋谷神泉 轍】
http://wadachi-exa.blogspot.com/


tosimon3 at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 渋谷区 

2007年09月04日

アメリカ人が作るラーメン…

●356/357)アイバンラーメン@南烏山


異色のラーメン店だ。
ここのご主人は生粋のアメリカ人…アイバン・オーキンさん。
学生の頃、現地の寿司店でアルバイトをして日本に興味を持ち、
大学卒業後に来日してラーメンに出会ったとか。

以後、N.Yの4つ星レストランでシェフをしていたが、
ラーメンのことが忘れられず、2003年に来日。
それ以来ラーメンの食べ歩きと研究を続け、
今年の6月に「アイバンラーメン」を開店させたという経歴の持ち主。

最初の頃は「しょっぱい」とか「遅い」という評が多かったが、
そろそろ味も安定してきたかと思い訪問。

アイバン
まずは『塩ラーメン』。
丸鶏ベースに魚介出汁…魚粉も入ってるようだ。
ちょっとオイリーだが、なかなか美味しい。(^^)

しなやかだがコシのある細麺もよく合っている。
これは自家製麺だそうだ。

穂先メンマなどの具もよく研究されているようで、完成度は高い。
料理人としての感性が具現化されたラーメンといえる。


アイバン1
塩が美味しかったので、ついつい醤油も…(^^;

こちらは塩に比べるとおとなしい感じ。
うまくまとめられたラーメン…ではあるが、
印象に残るラーメンとはいえないかナ?


食べていて不満に思ったことが一つ…それは金属製のレンゲ。
洋食のスープ用?かどうか分からないが、頭と柄の部分の角度が悪く、
眼鏡にぶつかって食べにくいことこの上ない。
これは何とかしてもらいたい。


【アイバンラーメン】
http://www.ivanramen.com/

tosimon3 at 05:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2007年09月03日

疲れたぁ〜

●かずら@宮前区犬蔵

きのうの寝不足と疲れで、一日中家でグダグダ。(^^;
夜になって実家へ荷物を置きに行き、その整理をしていたら遅くなってしまった。

帰りにどこかでラーメンを…と思ったが、あんまり遠くは行きたくないし…
でやってきたのがこちら。

かずら16
久し振りに『トンコツ醤油』を食べる。

ここのトンコツ醤油は何気にウマイ。
ビジュアルは家系だが、家系とは一線を画す味。

無化調ではないものの、
化調の感じがあまりしないのも嬉しい。(^^)

たまぁに食べたくなるラーメンだ。


tosimon3 at 03:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2007年09月02日

TVのチカラ…

朝早くから新井薬師境内の骨董市に出店…一ヶ月振り。
先月は暑さで熱中症になる寸前だったが、さすがに9月ともなると涼しくなった。

新井薬師3
8時頃から徐々にお客さんが増え始めるが、
何かいつもと違う…やたらお客さんが多いのだ。(^^;

どうしてなんだろうと思いながら、
お客さんと話をしていたら解った!

昨夜のTV番組「アド街」で新井薬師が取り上げられたらしいのだ。
そうか…そのせいだったのか…。
マアお客さんが多いことは歓迎すべきことなのだが、
骨董市には “お客さんが多い時は売上げが伸びない”というジンクスがある。

本当に買いたいお客さんがゆっくり見れないから…ということらしいが、
常連客が少ない我々にとっては、これはあまり関係なかったようだ。
何かと忙しい一日で疲れたぁ〜。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●354)くぼ田@西武柳沢


朝も昼もろくに食事をしていなかったので、終ったときは腹ペコ状態。
どこかでラーメンを…ということで、帰る途中のこちらへ。

閉店間際 (20:30) だったため、細麺しか残っていないということだったが、
口に入るなら何でもイイ(笑)…と食べさせてもらう。

くぼ田2
編集長は醤油、私は未食の味噌を注文。

出来上がってきたラーメンを見ると、
何だか味噌らしくないビジュアル。
食べてみても味噌の味がしない。

疲れで味覚がおかしくなったかと、編集長の醤油を味見させてもらうと…
私の味噌と同じ味だぁ〜。(^^;

そこでご主人が気付いたらしく、「あっ、いけない…味噌でしたよネ」と…orz
「作り直しましょうか…」といわれたが、空腹を満たすことのほうが先なので、
そのまま食べてしまった。

これはこれでやっぱり美味しい。
空腹にジワ〜ッとしみ込んでくる旨さだ。

味噌は次の機会に…。


tosimon3 at 14:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 東京都下 | 骨董

2007年09月01日

「ウニラーメン」コラボ

●352)勇次@町田


今日から始まった鏡花と勇次の「ウニラーメンコラボ」。
まずは勇次へ。

勇次63
こちらは礼文島のバフンウニを使用。
バフンウニといえば高級寿司ネタ。

それをタレに練り込んだ上に、
具としても2片ほど乗せている。

これは勿体なくてスープには溶かせない。(^^;
そのままチョビチョビと麺と一緒に食べる。(ビンボー人はやだネ)(笑)
イヤ〜うま〜いっ!

原価がどのぐらいかかっているか教えてはくれないが、
スープに溶かしている量を推測しても、おそらくは原価割れ…?

このスープは勿体なくて残せない。
なので、ライスを入れて “ウニおじや”…これも旨いッ!

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●353)鏡花@立川


夜の部にシャッターと思ったが、結局6時半頃になってしまった。
どんな「ウニラーメン」だろうと、わくわくしながら食券を買う。

鏡花40
こちらは宮城県産の「ムラサキウニ」使用。

ウニそのものは使っていない。
真ん中に乗っているのは「ウニの卵蒸し」。
その回りに岩海苔を散らして、ウニの殻(とげ)を演出。
なかなか凝ってます。(^^;

こちらもタレにウニを練り込んであるそうだが、
最初、麺にタレを絡めてからスープを注ぐ。
こうすると、食べているうちに徐々にウニの味がスープに溶け出してきて、
最初と最後で味が変わる “Wテイスト” が楽しめる。


イヤ〜両店とも面白いアプローチを見せてくれました。(^^;
共通なのは値段の900円と、スープは鶏白湯ということだけ。

勇次はストレートにウニを使うことで、素材の持つポテンシャルを伝え、
一方、鏡花は “こういう風に使えば美味しくなる” という、
“ひと仕事”の妙を味あわせてくれた。

田中さんと町田さんのそれぞれの考え方が素直に表れたラーメン。
さすがです。


tosimon3 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) らーめん 町田市 | らーめん 立川市