2008年03月

2008年03月31日

ラストがんこ

●134)新一条流がんこラーメン@池袋

3月一杯で池袋の店を弟子に譲り、がんこの家元がまた “旅に出る” らしい…(^^;
ということで、最終日に行ってみることに。

1時過ぎの到着で3人待ち。
家元がラーメンを作っている様子を窓から見ながらしばし待つ。

がんこ家元
がんこ本店







食べ終って出てくるお客に「またどこかでお会いしましょう」と声をかける。
今日でいなくなることは確かなようだが、その悲壮感はない。

カウンターに座って挨拶すると、相変わらずの一条節が飛び出す。(^^;
この元気さが家元の持ち味。
またどこかで会えるだろう…というポジティヴな気持ちにさせてくれる。

再会できる日を楽しみにしながら…とりあえずご苦労さまでした。


 *   *   *   *   * 

●135)宗@高田馬場

池袋で食べたい店は他にもいっぱいあったのだが、敢えてこちらの店へ。

最近はマスコミへの露出も多く、行列店の仲間入りをしているようだが、
さすがに2時過ぎともなると空いていた。

そう5
柳さんがいたので限定を聞くと、
「今は無いが、面白い麺がある」とのこと。

見せてもらうと緑色の麺…翡翠麺らしいのだが、
ゴーヤも少し入っているという。(^^;
今後の限定に使う麺らしい。

ということで、つけ麺で食べさせていただくことに…。(^^;

ゴーヤの味とか香りは殆どないが、ツルッとした歯応えの美味しい麺。
なんと行っても見た目が美しい。
夏場に向けての冷やし麺なんかには向いているかも。


tosimon3 at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 豊島区 | らーめん 新宿区

2008年03月30日

牡蠣ラーメン…期間延長

●133)オードリー@町田

『牡蠣ラーメン』は今日で終わり…と思い、最後の一杯を食べに行ったのだが、
何と、好評につき4月中旬まで延長することになったという。
いやいやこれはウレシイ。

ただ、何日までという期限は切らず、牡蠣ダレが無くなった時点で終了とのこと。
なので場合によっては10日前で終ることもあるそうだ。

勇次82
今日は「生クリームかきソース」があったので、
それも同時に注文。

この「生クリームかきソース」は、
牡蠣に生クリームその他をミクスしたものだが、
これがスゴイ…の一言。

スープに溶かせば、もちろんこれまで以上のポテンシャルを体験できるのだが、
溶かさずに、これに麺を絡めて食べるともう一つのアナザーワールドが見える…

イヤこれはほんとうに “スゴイ” としか言いようがない。
史上最強の牡蠣ラーメンといっても過言ではないだろう。
牡蠣ソース入りを食べて、改めてそれを確信した。

tosimon3 at 01:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年03月29日

やっぱりこの味…

●132)大山家@武蔵境

京都から帰ってきたのが朝になってしまったため、国分堂へ直行。(^^;
色々と物色しているうちに昼近くなってしまう。

その帰りにここの前を通ったので、ちょっと寄ってみる。
大山さんからは「こんな時間にどうしたの?」と言われてしまう。
そういえばここへ昼に来たことって…あったかナ〜?(^^;

大山家39
寝不足であまり食欲がないため、つけ麺を一玉で。
ここのつけ麺を食べる度に思うのは、
「ああ、やっぱりこの味…」ということ。
個人的な好みにジャストフィットの味なのだ。
旨いネ〜(^^)


tosimon3 at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年03月28日

京都へ

「京都大骨董祭」を見るために編集長と京都入り。
骨董市を見た後、私の古くからの友人でもある成瀬君というきもの作家が、
たまたま島原にあるギャラリーで個展を開いているというので見に行く。

展示会場
帯






彼は若い頃から手描き友禅などの技術を身につけ、
現在では辻が花やローケツ染めなども手がけるなど、
幅広い “きもの作家” としての地位を築きつつある。

多摩川学園にアトリエ「シルクギャラリー」を開いている。
http://homepage.mac.com/silkgallery/


 *   *   *   *   * 


その個展が開かれているのが「ギャラリーのざわ」。
京町家をそのまま利用した空間は、不思議な雰囲気を醸し出している。

入口が狭い割には奥行きのある、独特の創りが特徴の京町家は、
このようにギャラリーとして使うにはピッタリなのかもしれない。

画廊表
走りニワ






入口から奥
中庭






ただ問題がない訳ではない。
この場所は元遊郭街だったところなので、他の施設との連携が悪いし、
駐車場なども近くにはほとんど見当たらない。

しかし、こういう不便さも京都の魅力の一つ。
次第に失われつつある京町家が、このような形で残ることのほうが重要なのかも…


【ギャラリー のざわ】
京都市下京区花屋町櫛笥西入薬園町151
TEL.075-353-7990 11:00-19:00 不定休


 *   *   *   *   * 


●130)高倉二条@京都市

マアそんな訳で、夕食はラーメンでも…と、この機会に宿題店へ。

せっかく京都まで来ていてラーメンはないだろー…と思われるかもしれないが、
フリークとしては、やっぱり避けて通れない。(^^;
編集長もラーメン好きなので、反対が無いというのも心強い。(笑)

という訳でやってきたのがここ。
店の住所をそのまま店名にしてしまったということだが、
それが違和感なく当てはまっている。
東京で言えば、さしずめ “麻布十番” というところか…(^^;

高倉表
店の前に来てみてビックリ…並んでる…
以前から評判の店だったことは確かだが、
京都でこういう状況に出会うとは思っていなかった。
しかし、その理由はすぐに分かった。
ご主人が一人で切り盛りしているようなので、
どうしても回転が悪いのだ。

高倉二条
評判の良い店とはいっても、
しょせん豚骨魚介の首都圏ではありふれた味…
と思っていたのだが、これが全く違っていた。

スープは動物系、魚介系のWスープだが、
魚介系のほうが強く感じられるもの。
一口目に何か味噌のような風味を感じたのは…隠し味に味噌を使ってる?

麺は全粒粉が多めに(30%ぐらい?)入ったもので、色も食感も日本蕎麦に似る。
こういう麺はスープとのマッチングが難しいものだが、
それを見事にクリアしているところに、ご主人の手腕の確かさが窺える。

いやいやこれは美味しかった。
京都でこういうレベルのラーメンに出会えるとは思っていなかった。(^^)


【麺や 高倉二条】
京都市中京区高倉二条東南下ル TEL.075-255-9575
11:00-15:00 18:30-22:00 定休日=不定休


 *   *   *   *   * 


●131)風火@草津市

編集長が「ラーメンは一杯しか食べられない」というので京都を後にするが、
途中で小腹が空いたので、私だけもう一杯食べることに…(^^;
編集長は爆睡中だし…という訳で、草津市のこれも宿題店に寄ってみる。

風火店
風火






こちらも店の前に数人が並ぶ人気店。
豚骨魚介のラーメンは、それほど珍しいものではないが、
デフォで大きな叉焼が2枚も乗っていたり、味玉1/2もついてくるのはCP高い。

豚骨出汁が強く、トロッとした口当りのスープだが、匂いも少なく美味しい。
ただ、ここでしか味わえないというラーメンではないことも確か。


【麺屋 風火】
滋賀県草津市野村4-2-3 TEL.077-561-7748
11:30-23:00 日祝11:30-21:00 定休日=月曜日 P=多数(共同?)

tosimon3 at 04:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 京都府 

2008年03月27日

三歩の桜麺

●129)三歩@稲城長沼

そろそろ桜麺が出来ている頃…と思って寄ってみると、ありましたネ〜。(^^;

三歩桜茶
いつもより具に凝ってみた…というので、
楽しみに待っていると、こんなのが出てきた。
薄いピンク色がきれいな桜茶だ。
口に含むとほんのりとした桜の香りが…



三歩13
出てきた『桜花つけ麺』を見てビックリ!
具が別皿で出てくるのだが、これがスゴイ。

左から上げ茄子、蒸し玉子、菜の花酢味噌和え、
鶏ササミ梅肉添え…と何とも豪華。
これだけでも和食の一品料理として立派に通用する。
食べても美味しい。(^^)

麺はきれいなピンク色をしたものだが、桜葉も練り込んであるということで、
ところどころに緑っぽいものが見える。
これだけで食べると、口の中で桜が満開になる。

このつけ麺は材料の関係で、一回あたり12食分しか作れないそうで、
2〜3日でなくなってしまうこともある、ということなので、
電話確認してからのほうが間違いなさそう。


 *   *   *   *   * 

名神高速「大津SA」下り/ポークカレー ¥460

大津SA
京都へ行く途中で、ここで仮眠。
カレーがあったので、ついでに食べる。
ここはビーフではなくポークカレーだが、
出汁が出て無くレトルト的な味。
肉がほとんど入っていない。
これがホントの「スープカレー」…?

5点満点勝手に評価=ルー2.5/ライス2.5/量3.5/総合2.5


tosimon3 at 22:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 東京都下 | カレー

2008年03月26日

史上最強の『牡蠣ラーメン』…?

●128)オードリー@町田

先週に引き続いて『牡蠣ラーメン』を食べに行く。
夜はベースが鶏白湯になるので、どのように味が変わるのか楽しみだった。

勇次81
前回に比べ、ルックスが違う。
限定に入るはずの卵焼がないのだ。(^^;
何故か理由を聞くのを忘れてしまったが、
これがないのはちょっと残念。

味のほうは…いやいやこれはスゴイ!
昼の清湯ベースに比べ、鶏の香りが強くはなっているが、
牡蠣の旨さもそれに比例して前に出てくる…っていうか、何だこれは…(^^;

夜の牡蠣ラーメンは太麺で提供されるのだが、
この濃厚なスープには、細麺より確実にバランスしていると思う。

もうこれ以上言葉で説明するのは不可能…食べてみなけりゃ分からない。
牡蠣の旨味をこれだけストレートに味わえるラーメンは、恐らくないだろう。
“史上最強の牡蠣ラーメン” と言っても過言ではないかも…


tosimon3 at 12:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年03月25日

野田→春日部

お彼岸は終ってしまったが、妹の仕事の関係で今日になって野田へ墓参りに。
その後昼飯でも…と思い、吉川の「爺」へ行くも定休日…orz


 *   *   *   *   * 

●126)一風亭@野田市

帰る途中で見つけたのがこの店。
建物がまだ新しかったので、新店かと思い寄ってみる。

一風亭店
野田市を東西に横切る幹線沿いなので、
このぐらい派手なほうが目立っていいのかも。
チェーン店のような気もするのだが、
この店名はあまり見たことがない。



一風亭
『あっさり』のスープはやや濁りの醤油味だが、
あっさりという割には油が多い。(^^;
いりこ出汁?なのか、かなり魚介の香りが強い。

麺は、何と極太の丸麺。
麺自体は悪くないのだが、これは太過ぎて、
スープとのバランスがこの上なく悪い。(^^;

つけ麺がイチオシのようなので、つけ麺用としてはいいのかもしれないが、
これをそのままラーメンに使っちゃいけません。(^^;

帰ってから調べてみたら、『こってり』はポタージュのようなスープだという。
こりゃぁもう一度食べなくちゃいけないのか….

【らーめん 一風亭】
千葉県野田市中野台824 TEL.04-7121-6604
11:00-21:00 定休日=火曜日 P=多数(共同)


 *   *   *   *   * 

●127)井之上屋@春日部市

従妹から埼玉の杉戸に大勝軒が出来たとの情報を得て、
夜になって行ってみるが、こちらも定休日だった…orz

という訳で、かな〜りご無沙汰のこちらのお店へ。
(昨年末に一度振られているのだが…)(^^;

井之上屋11
『鶏そば』は休日限定で食べられず。
このところ醤油ばかり食べていたので、
今日は久し振りに『旨塩ラーメン』を…

これは通常の塩にニンニクを効かせたものだが、
この香りがまた食欲をくすぐる。
塩ラーメンとしての旨さは相変わらず。

しかし、以前と比べてスープの量が少なくなっているような気がした。
食べてみれば納得の味なのだが、見た目が何となく寂しいのだ。
ファーストインプレッションというのも大切だと思うのだが…


tosimon3 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 千葉県 | らーめん 埼玉県

2008年03月24日

ホットするつけ麺…

●125)八蔵@松陰神社

一ヶ月半振りにこちらのお店へ。
ここのつけ麺は、何故か急に食べたくなる味なのだ。

八蔵22
この店は、中へ入ると何だかホッとする空間がある。
そして出てきたつけ麺のつけ汁はアッチッチのホット…とマアこんなおバカなゴロ合わせをしている場合じゃないが、(^^;
ここのつけ汁の熱さはかなりのもの。
器も熱いので、下手をすると火傷しそう。
この熱さはもちもちの木といい勝負かもしれない。

なので最後まで熱々で食べ切ることができる…これがイイ。


tosimon3 at 02:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年03月23日

何だ…この混み方は…

●124)鏡花@立川

早朝から諏訪神社骨董市に店を出す。
終了後は、いつもの通り編集長と鏡花で反省会…と思って行くと、
何か普段と雰囲気が違う…っていうか混んでる。(^^;

日曜のこの時間帯は、これまで何回も来ているがこんなことはなかった。

後で気が付いたのだが、そういえば土曜日にTV放映があったはず…
それでやっとこの混み方に納得がいった。

鏡花58
久し振りに『釜玉油そば』を食べる。
町田さんに「珍しいもの食べるネ」と言われる始末。

いや実際は油そば好きなんですヨ。(^^;
ただ量が多いので、空腹の時でないと食べられない。
(小食なもので…)

今日はまさしくその “空腹” の日なのだが、久し振りの釜玉は旨いネ〜(^^)
この基本は釜玉なので、油そばとはまた違った味わい。
でも個人的には酢が欲しかったかな…(^^;


tosimon3 at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年03月22日

こちらもウマイ…

●123)かずら@宮前平

かずら22
『とんこつ醤油』


tosimon3 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年03月21日

何故か桜餅…

●122)鮎ラーメン@二子玉川

実家からの帰りに、久し振りに寄ってみる。
日付が変わる頃なのに、お客さん入ってますネ〜。

あゆ49
いつものように『鮎ハーフ』を食べる。
味はいつも通り美味しいのだが、
最近ちょっと気になるのが化調のこと。
一口目に感じる甘さが、  
以前より強くなっている気がするのだが、
どうなんでしょう。

あゆ桜餅
期間限定の「桜餅」があるというので、
ラーメンの後でいただいてみる。
なぜ桜餅なのかは謎だが…
すべて店長の手作りだそうで、なかなか美味しい。
こういうこともできるのネ…(^^;
1個100円だそうです。


tosimon3 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年03月20日

神奈川プチ遠征

静岡人さんが上京してきたので、雨と強風の中、一緒に食べ歩きを…

 *   *   *   *   * 

●118)ロックンロール1@上鶴間

最初は勇次の予定だったのだが、町田ならやっぱりこちらへ行かねばと…(^^;

ロック31
超久し振りに『3号らぁめん』を食べる。
最初の頃から比べると、かなり進歩している。
旨さのベクトルが違ってきている…という感じ。
この味はやっぱり特別だネ。



 *   *   *   *   * 

●119)勇次@町田市

勇次80
目的は3月一杯限定の『牡蠣ラーメン』。
牡蠣をすりつぶしたものがタレになっているので、
牡蠣そのものを乗せたラーメンとは一線を画する。
かなり濃厚なスープは…ウ〜ン牡蠣だぁ…(笑)
思ったより食べ易く、牡蠣好きにはタマラン。(^^;
夜は『鶏白湯牡蠣ラーメン』になるようだ。


 *   *   *   *   * 

●120)HANABI@鎌倉市

HANABI店
HANABI
町田から藤沢の「ら塾」を目指したのだが、昼の部終了の3時にわずかに間に合わずアウト。(^^;

なので、間に合いそうなこちらの店へ。
なかなかオシャレな店で、隣がコインパーキングというのも助かる。
スープはアッサリとした動物系に魚介系(魚粉?)を合わせたもの。
美味しいが、最近のトレンドからは外れているか…(^^;

麺は自家製麺ということで期待していたのだが、
あまりその特徴が出し切れていない感じがした。

【らーめん HANABI】 http://www.ramen-hanabi.com/


 *   *   *   *   * 

その後、途中で時間をつぶして再度「ら塾」へ行くが…やってない…orz
静岡人さんが聞きに行くと、今日の営業は昼で終ってしまったのだという。
昼に聞いたときには「夕方は6時から」と言っていたのに…。
なぜその時点で「今日の夜はやりません」と言ってくれなかったのか。
この応対には疑問を抱かざるを得ない。

 *   *   *   *   * 

●121)能登山@藤沢市

能登山3
まあ、そんな訳で帰る途中にあるこちらへ。
私は2回目の訪問なので『焼味らーめん』を食べる。
見た目はフツーの醤油ラーメンみたいだが、
丼の底に焼味噌ダレが塗られていて、
これを溶かすと味噌ラーメンになる趣向。
悪くはないのだが、あくまでも “味噌風味” だな。(^^;


tosimon3 at 04:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 神奈川県 | らーめん 町田市

2008年03月19日

瀬戸〜多治見〜藤枝

愛知県瀬戸市にある「愛知県陶磁資料館」で土人形展をやっているというので、
それを見に行ったついでに、最近移転オープンした「慈庵@守山区」へ行くが、
昼はやってなかった…夕方6時からの営業というのを忘れてた…orz

それではと、久し振りに「ぶっこ麺@多治見」まで足を延ばすが、
ここも「スープの調整のため…」とかで昼の営業は臨時休業…orz

まあそんな訳で、長年の宿題店であった多治見の2店を回ることに。


 *   *   *   *   * 


●115)信濃屋@多治見市


信濃屋店
信濃屋店内1






信濃屋品書
いやいや噂には聞いていたのだが、
実際この店の前に来てみると、
そのひっそりとしたたたずまいに心が癒される。
店内もレトロそのもの…というか、
そういう言葉以上に歴史の波動が伝わってくる空間。
創業75年のオーラをひしひしと感じる…好きですネ〜…こういうお店。(^^;

ここのメニューは『うどん』『ころかけ』『支那そば』の3品しかない。
「ころかけ」というのは「香露かけうどん」からついた名前だとか。
いわゆる “冷しうどん” のことなのだが…これは後で聞いて分かった。

信濃屋
こちらが『支那そば』。
ネギしか乗らない “かけ” 状態で出てくる。
その潔さに自信がうかがえる。

麺は1センチ近くもある半透明の平打ち麺だが、
この食感は未体験ゾーンだった。
思わずパスタのフェットチーネを思い出すが、
そういったものとは全く違う異次元のもの。

麺にはカン水が入っているそうなので、これは立派なラーメンなのだが、
これをラーメンと言うかどうかは、この際関係ネェ〜(^^;
一つの麺料理としての存在感をズッシリと感じる。

信濃屋ウドン
ここのメインは、やはり “うどん” のようで、
温かいのと冷たいのがあるという。
ご主人のオススメで、
冷たい「ころかけ」をいただくことに…

ツユはラーメンと同様の鰹出汁の効いたもの。
そこに、上に乗っているおろし生姜を溶かし込むと、
甘めのツユがキリッと引き締まる。

麺はかなり太いものだが、一口食べてみるとその食感に驚く。
何なんだ…このモチモチ感は…(^^;

讃岐などとは全く違う、フワッとしていながら、キリッとした歯応え…
敢えて言うなら、伊勢うどんに近いものか…
これを言葉で表現するのは難しいが、“ウマイっ!” ということは紛れもない事実。

麺を茹でるのに1時間もかかるそうで、もちろん茹でおきされているのだが、
なのに、表面も中も同じ柔らかさが維持されているというのはスゴイ…。
このうどんは支那そば同様、食べる価値有りの一杯だった。

ご主人と奥様の温かい人柄も印象に残るお店だったことを付け加えておきたい。


【信濃屋】
岐阜県多治見市上野町3-46 TEL.0572-22-1984
11:30-売切れ次第終了 定休日=日・月・火曜日 P=13台


 *   *   *   *   * 


●116)大石家@多治見市

引き続いてこちらの店へ…あちこちに暖簾分け店があるようだが、その総本店。
多治見では知らない人がいない、というほどの超有名店らしい。(^^;

大石屋店
その割には質素というか、愛想のない店。
場所も分かりにくいところにあって、
何でこんな店(失礼)が…と思ってしまうほど。
しかし、平日の3時過ぎというのに、
お客が後を絶たない。
家族連れが多いのも地元密着店の特徴か。

大石屋
ここのラーメンには特徴が2つある。

その一つは、スープの作り方。
千葉の竹岡式と同じように、
叉焼の煮汁をタレにして、それをお湯で割る方式。
それにしては、スープの透明感がスゴイんだけど…

大石家叉焼
もう一つは、叉焼の量。
デフォの中華そばでも、
厚さ1センチ以上はある大きな叉焼が4枚も入る。
この叉焼を食べるだけでも、
かなりの労力を必要とする。
知らずに叉焼麺なんかを頼んでしまったら、
それこそ大変なことに…(^^;

そんなラーメンだが、これが意外に美味しい。(^^)
竹岡式のようなジャンクさは無く、いたってフツーのラーメン…という味。
濃厚系に慣れてしまった舌に、“これもラーメンだよ” という信号を送り付ける。

いやいや、今日の2軒には参りました。(^^;


【中華そば 大石家】
岐阜県多治見市光ヶ丘1-139 TEL.0572-22-5811
11:00-18:00 定休日=火曜日、第三月曜日 P=10台以上
http://www.dcn.ne.jp/~sonic883/oishiya/shop/index.html



 *   *   *   *   * 

●117)伊駄天@

帰る途中、時間が早かったのでこちらへ寄って見る。
もちろん、四季彩菜麺の春バージョン狙いで…。

伊駄天17
今回の新作限定は、
『フレーバー鶏叉焼 ポルチーニ塩らー麺』。

いつもながら長い品名だが、(^^;
薫香のついた鶏叉焼と、
ポルチーニ茸を使った塩ラー麺ということ。

ポルチーニ茸というのはイグチ科のきのこで、独特の香りがある。
このクリームソース?が上に乗っていて、
これをスープに溶かすことによって味がどんどんと変化する。

いつものWテイスト手法ではあるが、その完成度は高い。
見た目も味も期待を裏切らない出来に、思わずニンマリとしてしまう。
特に鶏叉焼は激ウマだった。(^^)


 *   *   *   *   * 

東名高速 「牧ノ原SA」下り/ビーフカレー ¥950

カレーを食べようと思って中へ入ると、レストランしか営業していない。
メニューをみると、ビーフカレーが¥950…orz
しかし空腹がマックスなので、たまにはいいか…と食べてみることに。(^^;

牧ノ原SA
この値段なら絶対に旨いだろうと期待していたのだが、
ウ〜ン…何だかフツーだ。(^^;

不味い訳ではないが、値段ほどの美味しさでもない。
この程度のカレーならどこでも食べられる。


5点満点勝手に評価=ルー4.2/ライス3.8/量3.5/総合4.0


 *   *   *   *   * 

東名高速「上郷SA」下り/ビーフカレー ¥600

ここのカレーは何回か食べていて、結構美味しいと思っていたのだが、
今日気が付いたのは、ここがS&Bの経営だということ。
それで美味しい訳が分かった。(^^;

上郷SA
ルーのとろみがやや気になるのだが、
それ意外はSAのカレーとしてはかなり旨い!

S&Bの直営ともなれば、美味しくて当たり前。
対値段の満足度もかなり高い。
こういうレベルのカレーが増えてくれるとイイね。

5点満点勝手に評価=ルー4.5/ライス4.0/量4.0/総合4.4


tosimon3 at 03:17|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 岐阜県 | カレー

2008年03月18日

美味しいけれど…

●114)らぁ麺トラットリア ドゥ イタリアン@立川ラーメンスクエア

トラットリア3
『塩ラーメン』
この美味しさは格別だが、ちょっとオイリー。

もう少し油(チー油?)を少なくしたほうが、
出汁の味をストレートに感じられると思うが…
何か勿体ない気がする。



tosimon3 at 00:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年03月17日

伊豆はもう春…

伊豆高原の桜


桜並木
伊豆高原駅から国道へ出る道路の両側は、
河津桜?が満開。





 *   *   *   *   * 

●113)唐辛子@伊豆高原


唐辛子66
これで3回続けて『汁無し担々麺』。
今日はいつもと麺が違っていた?
これには太麺が合うと思う。
別にスープが付くとウレシイかも。(^^;



 *   *   *   *   * 


チェリモヤ

チェリモヤ
唐辛子で一緒になった常連さんのお土産。
私もご相伴にあずかることに。(^^;
マンゴー、マンゴスチンとともに、
世界三大美果の一つらしいが、食べるのは初めて。
「森のアイスクリーム」ともいわれているようで、
バニラアイスみたいな独特の食感…美味しい。


 *   *   *   *   * 


とんがり帽子


とんがり店
とんがり帽子







昼食は「てるてる餃子」へ行くも臨時休業…orz
という訳で、てるてるさんへ入る入口にあるこちらのカレー屋さんへ。

伊豆高原ではかなり有名なカレー屋さん。
ボリュームがすごいチキンカツカレーが人気商品のようだが、それはパス。(^^;
まずは基本の『ビーフカレー』を。

ライスが型から出したままでドンと出てくる…これはあまり美しくない。
上にカツとかフライが乗っている時はこれでもいいのだろうが、
何も乗らない場合には、もう少し出し方がありそうなもの。
食べ物は、やはり美しくなくては…(^^;

カレーの味は、辛さ押さえ気味の甘口で美味しいが…フツーかな?
別皿で出てくるキャベツサラダは…やたら甘い…甘過ぎる。
この味付けは理由が分からない。
これで950円とは…ちょっと対価満足度が低かったかな。(^^;


【とんがり帽子】 http://www7.ocn.ne.jp/~tongari/


tosimon3 at 03:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | カレー

2008年03月16日

極上のラーメン

●112)鏡花@立川

朝から大和、午後は有楽町、夜になってから国分寺と忙しい一日だったが、
まずは鏡花でラーメンを一杯。(^^;

しかし、今日はこの後伊豆へ行く予定もあるのだ…orz

鏡花57
なんだかんだで3週間振りの鏡花。
今日は久し振りに『極醤油』を食べてみる。
デフォの醤油を食べるのはいつ以来だろう。

ラーメン一杯950円は、ちょっと高い気もするが、
食べればそんなことは全く気にならなくなる。
この極上の一杯に対して、値段のことを気にするのは野暮というもの。(^^;

今日もというか、いつもというか…味のブレの無さはスゴイと思う。
いつでも安心して食べられるラーメンって、そうあるものではない。

この “フツーであること” が “フツーではない” のだ。 (^^;

tosimon3 at 19:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年03月15日

家系だけど…

●111)半蔵@大和市

大和骨董市で、編集長とSご夫妻に会う。
見終わった後、どこかで食事を…ということになった。
私は別にラーメンじゃなくてもよかったのだが、
気を遣ってくれたのか、ここのラーメン店に入ることに。(^^;

半蔵店
半蔵
「横浜ラーメン」と書いてあったので、家系かな…とは思っていたのだが、店内にあったスタンプ帳を見たら壱八家系ということが分かった。

最近は家系も細分化されつつあるようで、
家系でありながら店名に家のつかない店が増えてきた。
ここもその一つということなのだろう。

ラーメンはまさしく家系そのもの。
ややぼそっとした太麺は、あまり味がない。

他の家系と違うところは、ホウレン草が冷凍物ではないところ。
このご時世、これはポイントが高いと思う。
比較的化調が少ないのもいいかな…マアそんなところで…(^^;


【ラーメン 半蔵〈大和店〉】
神奈川県大和市大和東1-4-5 TEL.046-200-1515
11:00-25:00 定休日=無し?
http://www.eight-8.co.jp/index.html


tosimon3 at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 神奈川県 

2008年03月14日

3階までラーメン店…

●110)乱世@渋谷

所用で渋谷まで出たので、どこかでラーメンを…と思ったのだが、
アイドルタイムなのでやっている店が少ない。
そこで、たぶんやっているだろう…と思って来てみたのがここ。

一階「梵天」、二階「まっち棒」、三階「乱世」というラーメンビル。
梵天は二郎系、まっち棒は和歌山系で、乱世はつけ麺専門店という位置づけ。
すべてヴィスプという会社の経営だが、四階にも出来るというウワサが…(^^;

乱世
食べる前から大体の想像はついていたのだが、
やはり思っていた通りのつけ麺が出てきた。

麺はかなり太いものだが、思った以上に旨い麺。
つけ汁は濃厚な豚骨魚介だが、これがやたら甘い。
「やすべえ」と同じぐらいの甘さ。

まあショッパイよりはいいと思うが、もう少し押さえてもいいのではないか。
アイドルタイムでも食べられるというのが唯一便利なところ。


【つけめん 乱世】
東京都渋谷区渋谷1-13-7 3F TEL.03-3400-7977
11:00-22:00 定休日=日曜日


tosimon3 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 渋谷区 

2008年03月13日

15日から『牡蠣ラーメン』が…

●109)オードリー@町田

月曜日の房総からの帰り、田中さんの車に忘れ物をしてしまったので取りにいく。
ついでに “煮干し” の補給を…(^^;

勇次79
煮干しを補給しながら、
話は15日から出す『牡蠣ラーメン』のことに。

大方の牡蠣ラーメンというのは、
牡蠣で出汁はとらずに、具として乗るものが殆ど。

ここの牡蠣ラーメンは、その逆の発想で、
牡蠣を擂りつぶしたものを大量に鶏スープに投入。
なので、色はものすごく悪い…という。(^^;
味も牡蠣そのもので「苦手な人は絶対に食べられないラーメン」だそうだ。

そんな牡蠣ラーメンは、15日から3月いっぱい、毎日昼のみの販売。
夜の部の鶏白湯との相性がよければ、夜の販売も考えているという。


tosimon3 at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年03月12日

スノボ〜ラーメン

ピラタス蓼科スノーリゾート

2月に続いてラーメン仲間とスノボに行く予定をしていたのだが、
仕事の都合で行けなくなってしまったということで、結局は私一人で行くことに…。

最初は前回と同じ富士見パノラマでいいと思っていたのだが、
途中でピラタスへ行ってみようと、急遽行き先変更。(^^;

ピラタス蓼科は、かなり以前に一度滑った記憶があるが、
富士見パノラマと同じく山頂まで上り、そこから一気にダウンヒル…というコース。

ただ、ここはゴンドラではなくケーブルカーというのが違うところ。
このケーブルカーは1年を通じての観光用なので、3〜40人?は一度に運べるが、
20分おきにしか運行しないのが困るところ。

ピラタス
ここが山頂駅からの滑り出し口。
前に見えるのが縞枯山?
この場所で標高は2237メートルもあり、
ここから一気に公称4キロのダウンヒルになる。
ただ、滑った感じでは、
せいぜい3キロぐらいしかないのでは…という感じ。

ピラタス林間
滑り出すとすぐに林間コースになるのだが、
狭いのでちょっと面白くない。
標高が高いせいか、
コースの大部分がアイスバーン状態になっていて、
スピードを押さえるのに無駄な力がかかってしまう。
面白さという点では富士見のほうがはるかに上だ。



 *   *   *   *   * 


●106)佑庵@岡谷市

午前中数本滑ってスノボを切り上げ、ラーメンを食べに…(^^;
最初は一番気になっていたこちらの店へ。

ビッグ・コミック・スペリオール連載中の「信州ラーメン鑑定団」に掲載され、
ちょっと面白そうな店だとチェックしてあった。
前回、店の場所だけは確認してあったので、迷うことなく到着。

表通りから一歩入ったところにある、一風変わった感じの店舗。
店の前が共同?の駐車場になっていて、どこに停めてもいいと言われる。(^^;

佑庵店
佑庵
ここのスープは “信州黄金シャモ” のガラ出汁、それに魚介出汁と野菜出汁をミックスしたトリプルスープだそうだ。

ちょっとザラッとした舌触りだが、これが何とも味わい深い美味しいスープ。
市川の「葫(にんにく)」を思い出したが、あちらはトンコツベースなので、
食感が似ているだけで、味わいは別のもの。

しかし、このスープのオリジナル性は素晴らしい。
さっぱりとした口当りながら、奥の深いズッシリとしたコクがある。

麺は高山ラーメンに似た細縮れ麺だが、これはちょっと弱いかナ。
中太麺も選べるというのはあとで知った。(^^;
これは注文の時にでも、どちらにするのか聞いて欲しいものだ。

でも、このスープは本当に旨いワ…
久し振りにスープを全部飲んでみたい、というラーメンに出会った。


【麺ごころ 佑庵】
長野県岡谷市本町3-1-3 TEL.0266-22-6115
11:30-14:30 17:30-22:30(S切れ終了) 定休日=火曜日


 *   *   *   *   * 


●107)さくら@諏訪市

こちらも昨年の「長野Komachi」で、一風変わったつけ麺が紹介されていて、
これは機会があったらぜひ食べてみたい…と記憶に残っていた店。

店の前に来てビックリ…すごい店舗だ。(^^;
入母屋造?の堂々とした日本建築。
周囲を囲む黒の板塀が更に雰囲気を醸し出す。

裏手は自宅?になっているようだが、
これだけの店舗を持つラーメン店は、全国を探してもそうはないだろう。
右側に出ているストーブの煙突がどうにも不釣合いだが…(^^;

'99年に上諏訪駅前に「桜亭」という店を造ったが、
'05年に現在の場所に店名を「さくら」と変えてオープンしたという。

さくら店
さくら
看板メニューの『屋台ラーメン』を食べてみる。

薄めの醤油スープに細かい背脂が浮かぶのは、何となく「香月系」を思わせる。
生姜や魚介の香りが屋台らしさといえるのかな?

厚切りで柔らかい叉焼はなかなかの美味しさだが、
麺が汎用のもののようで、これはもう一つ…というところ。

これはこれで美味しいラーメンだと思うが、潮流としては旧タイプに属するもの。
これからの飛躍が望まれる。


【麺屋 さくら】
長野県諏訪市高島4-1619 TEL.0266-52-4677
11:00-14:30 17:00-21:30 定休日=月曜日 P=15台



 *   *   *   *   * 


●108)紋次郎@甲府市

諏訪湖周辺の店は2軒で止め、20号を走って帰路につくが、
甲府近くまで来て「もう一杯ぐらいなら…」という状態に…(^^;

そこで、気になっていたこちらの店に寄ってみることに。

紋次郎店
紋次郎
塩ラーメンが美味しいらしいので、迷わずに注文。

スープの色は薄い醤油色をしているが、醤油を使っている訳ではなさそう。
ベースは鶏のようで、魚介の使い方はやや控え目。
ちょっとオイリーな感じはチー油?…その香りが全体を支配している。

複雑な味の塩ラーメンではないが、この味は悪くないと思う。
叉焼は厚切りのもも肉だが、これはもう一つ。

トータル的なバランスとしては、まだ微調整の余地有りだが、
塩ラーメンとしてのレベルは水準以上と思う。


【麺道楽 紋次郎】
山梨県中央市若宮29-6 TEL.
11:00-14:30 17:00-21:00 定休日=月曜日 P=10台?(共同)


tosimon3 at 12:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0) スノーボード | らーめん 長野県

2008年03月11日

大勝軒系だけど…

●105)夢現家@調布

スノボに行くため、調布I.Cから中央道に乗るついでにここへ寄ってみる。
ここに出来ていたのは知っていたが、来るのは初めて。

東池袋大勝軒系の店なので、だいたいの想像はつくのだが、
他の大勝軒系と違うところは営業時間。
夜中の3時までやっているので、夜型の人間にとっては嬉しい。(^^;

夢現家
ルックスは一目で大勝軒と分かるもの。

つけ汁は結構動物系が強い感じだが、
魚粉がかなり入っているので、その香りも強い。

マア確かに大勝軒テイストではあるが、
この系列としては、最近多くなってきた “進化系” に分類される店だろう。

味は酸味と辛味が控え気味で、好みが分かれるかもしれないが、
個人的にはもう少し酸味が欲しいと思った。
麺の水切りが甘い。(^^;


【東池袋大勝軒 夢現家】
調布市小島町3-92-11 TEL.042-489-1112
11:00-27:00 定休日=水曜日


tosimon3 at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年03月10日

勇次の “大原支店” ?

未明から勇次の田中さんと一緒に、千葉大原町にある「なごみ農園」へ。
今回は勇次常連のOさんが初参加…HさんとTさんは現地集合ということで…。

朝5時前になごみ農園に到着…まだあたりは暗い。
園主の西田さんが起きてくるのを待って朝食の用意。
今日は雨が降るという予報なので、天気がちょっと心配。

朝飯
朝飯はいつものように生卵と味噌汁。
卵は名古屋コーチン、烏骨鶏、
アローカナの3種類から食べ放題。(^^;
米は農園で穫れた「伊勢ひかり」。
この卵かけご飯だけでもここへ来た甲斐がある。


ブラックバス
きのう西田さんが仕掛けた網を上げると、
30センチオーバーのブラックバス一匹と、
23センチぐらいのブルーギルがかかっていたが、
こんな大きなブルーギルは初めて見た。
両方ともHさんが持って帰るという。
食べるのか…(^^;

雨のダム
朝飯を食べ終る頃から雨が降り出し、
次第に強くなる。
渇水期で水位が下がっているダム湖も、
今日は靄の中に…



母屋
作業場
西田さん手作りの母屋(左)と作業場?(右)。

20年かけてコツコツと創り上げられてきたが、未だに未完成。
母屋の風呂からはダム湖が眼前に広がる…これが絶景。


大五郎
いつも元気に我々を出迎えてくれる大五郎だが、
今日だけは雨で濡れているため、
「そばに来ないで…」と追い払われショゲる。
カメラ目線も拒否…



おにぎり
今日は田中さんがこちらでラーメンを作るので、
西田さんの知り合いの方々が、10名ほど集まる。
皆さん手作りの料理を持ってきているので、
食卓の上はごちそうでイッパイ。
(かなり減っているが…)(^^;



 *   *   *   *   * 

●104)勇次〈大原支店〉@大原町


勇次大原店
今回こちらで作ったラーメンは『煮干し鶏白湯』。
こちらのほうには無いラーメンなので、
皆さんの反応は上々のようで…


tosimon3 at 04:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 千葉県 | 食・一般

2008年03月09日

かなり久し振りに…

●103)たけちゃんにぼしらぁめん@調布

調布の布多天神骨董市に行ったついでに、こちらの店へ寄ってみる。
一昨年、深大寺から調布駅前へ移転してきてからは初めての訪問。

たけにぼ3
店内の煮干しの香りは以前通りだが、
基本の『煮干しラーメン』は、前より上品になった。

初期の頃のガツンとくる味を知っていると、
今の状態には必ずしも満足できない部分はあるが、
それだけ時代に合わせて進化してきたということか。

今日のラーメンも、これだけ食べれば美味しいラーメンだと思うのだが、
味付けがしょっぱ目になってきているのが気になる。
このしょっぱさで、煮干しの甘さがスポイルされているのではないか?

以前は、醤油の味より煮干しの味が前に出ていた気がするのだが…


tosimon3 at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年03月08日

2回目は更に旨いワ…

●102)オードリー@町田市

前回食べたつけ麺は、文句無しに激ウマだったのだが、
ことによったら、たまたまだったのかもしれない…という思いもあった。(^^;

今日もう一度食べてみて美味しければ、本当に美味しいのだという確信が持てる。
ということで、煮干しも食べたいのだが、敢えてつけ麺を…

勇次78
最初の一口から思いは確信に変わった。
イヤ〜文句無しに旨い!
前回にも増して旨くなっているのでは…と思うほど。

鶏白湯とエビと柚子酢の相性がいいのだろうか、
これが鶏白湯?と思わせるコッテリ感もあり、
つけ汁としての違和感を全く感じさせない。

麺の旨さ、つけ汁の旨さ…どれをとっても一級品の味わいだ。(^^)



 *   *   *   *   *



このブログは開始以来「トシモンのラーメンと骨董日記」でやってきたのですが、
昨年後半に “骨董” を外して「トシモンのラーメン日記」に改題しました。
ラーメンと骨董は相容れない内容、との思いからでした。

そのときから骨董関係のブログを別にやってみたい…という考えはあったのですが、
やっとのことで骨董ブログを立ち上げることが出来ました。

こちらのほうは、どこまで続けていけるか分かりませんが、
ヒマなときにボチボチと…という負担の少ない形でやっていきたいと思います。

興味のある方、無い方は尚更(笑)…一度ぐらいはのぞいてやって下さい。
よろしくお願いいたします。

http://blogs.yahoo.co.jp/tosimon3


tosimon3 at 00:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年03月07日

意外に美味しいネ…

●101)福吉@東大和

所用で入間まで行った帰り、腹が減ったのでラーメンでも…と思うが、
23時近くではどこもやっているところがない。
それでもカーナビを見たら、この店がマークされていたので来てみる。

本店は所沢、新高円寺にも支店があるが昨年「花の木」と名称変更したようだ。

福吉3
未食の『特製支那そば』を食べてみる。

『魚醤ラーメン』ほど魚介は効いていないが、
出汁のよく出たスープは旨いと思う。
低加水の麺もこれには合っているかナ。
意外に美味しいんじゃないですか…。

岩海苔が入るのがここの特徴なのか…?
これは個性が強いので、看板メニューの『磯玉ラーメン』ならまだしも、
『支那そば』にはもっと少なくてもいいと思う。


tosimon3 at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年03月06日

今年の100杯目…

●100)唐辛子@伊豆高原

今年の100杯目は、ここのラーメンになった。
別に狙った訳ではないが、結果的にそうなった…ということ。(^^;

唐辛子65
その100杯目は『汁無し担々麺』。
前回食べてすごく美味しかったので、再チャレンジ。

今日のは餃子とウドまで入っているのだが、
汁無しなので餃子は別で食べたいかナ…(笑)


辛さは初級のはずなのだが…やっぱり辛い。
中級ぐらいの辛さはあるんじゃないかな?
聞くと、汁有りの初級と同じ量を入れているとか…そりゃぁ辛いはずだ…orz

でもこの汁無しはなかなかのヒット作。当分はこれを食べることになりそうだ。


tosimon3 at 11:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年03月05日

魚貝と魚介…

●98)わさらび@沼津市

夕方から沼津回りで伊豆へ。
まずは、新作が始まったらしいわさらびへ…ちょうど一ヶ月振りか。

『トマトそば』『浜潮そば』など、新作の限定がラインナップされている。
「一人じゃ忙しくて…」と言いつつ、よくもまあこんなに作れるものだ。
実は、忙しくさせているのは自分だったりして…(^^;

何を食べるか迷ったが、アサリが入っているというので『浜潮そば』を。

わさらび40
上から見ただけでは分からないが、
中にはアサリが10個ほど入っている。

このアサリの出汁がガツンと効いているので、
スープの旨さがハンパじゃない。(^^)
麺も来る度にウマくなってるし…。

アサリを使ったラーメンは、決して珍しいものではないが、
無化調、自家製麺というベースの上で作られたラーメンは、やはり一味違うネ。
魚介ならぬ「魚貝ラーメン」というところか。

営業時間に変更があったようだ。

定休日=月曜日、第2、第4火曜日(月曜が祝日の時は昼のみ営業)
11:30-14:30 17:30-22:00


 *   *   *   *   * 


●99)めんりすと@三島市

こちらも新しいメニューが出来ているころでは…と思い寄ってみるが、
来週あたりから予定しているということで、さしあたっての限定は無し。

ちょっとガッカリしていると、木下さんが
「予定しているうちの一つならできますよ…」
ということで、そのラーメンをいただくことに…(^^;

めんりすと4

ルックスがちょっと雑然としているが、
これは試食用なので仕方のないこと。
見た目はきのこが乗った「きのこラーメン」?

かなり贅沢にとった魚介出汁と鶏出汁のWスープ。
食べてみると、魚介の香りがすご〜い…(^^;
これだけ強烈な魚介出汁のラーメンは久々だ。
やや食べ手を選ぶラーメンかもしれないが、このインパクトは印象に残る。

ちょっと残念だったのは、オリーブオイルできのこを炒めているのだが、
このオイルと魚介出汁のマッチングがもう一つだったこと。

これが来週からの限定になるかどうかは不明だそうだが、
微調整の範囲でもっと美味しくなるはずなので、
来週以降にまた来てみましょう。


tosimon3 at 04:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年03月04日

やっぱりウマイね…

●97)かずら@宮前平

23時前に行くと、前客4、後客2と最近は結構お客さん入っているようです。

かずら21
今日も『支那そば』を食べる。

清水さんは、この支那そばに一番力を入れているが、
相変わらず美味しいネ。(^^)
最近はやっと知名度も上がってきたようで、
この支那そばのリピーターも増えたそうだ。

今日の話では、今年の前半には何か限定をやりたいという。
まず『つけ麺』をリニューアルしてから…だそうだが、
何が出て来るか楽しみだ。



tosimon3 at 03:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年03月03日

臨機の限定2種

●96)臨機@西永福

久し振りにこちらへ…実は、ここへ来るのは今年3回目になる。
前2回はTVの影響で早じまいになってしまい、食べられなかった。(^^;

ということで、今日は電話で営業時間を確認してから行くことに。

臨機4
メニューを見ると期間限定がある。
通常のラーメンに50円をプラスすると、
『柚子鰹風味』になるらしいので、早速注文。

出来上がってくると、見た目はいつもと変わらない。
これは当たり前…しかし味は全く違うものだ。(^^;

ここは出汁に鯛の頭を使う、いわゆる “鮮魚系” なので、
魚介のテイストは常に存在しているのだが、この柚子鰹風味はかなり新鮮。
鰹節の甘味が加わっているせいか、いつもよりふくらみのある味で美味しい。(^^)

鰹の風味は、追い鰹方式でスープを作っているようで、
忙しいときは出来ないため、平日の夜だけの限定らしい。


カウンターの上にあった「月刊りんき」を読んでいたら、もう一つ限定が…
3月10日から平日夜限定で塩ラーメンが出るそうだ。
以下、説明文を転記。


限定塩らー麺 SOLTY LEWIS 登場!
「3月10日(月)〜4月10日(木)平日18時から10杯限定!
無公害のモンゴル岩塩にマル秘エビを加え熟成した塩ダレと
大泉の老舗 Le Jambon の高級手作りベーコンと
京都産寧坂の七味家本舗の山椒と…
誰も知らない塩らー麺です。

食べ進むにしたがい、味の一体感がどんどん増します。
まるで往年のカール・ルイスの走りのように
後半に魅せる塩ラー麺…なので「SOLTY LEWIS」です!」


という訳でハードルは高いけど、楽しみが増えた。(^^;


tosimon3 at 04:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 杉並区 

2008年03月02日

待たされた…

●95)優@立川ラーメンスクエア

新井薬師での骨董市終了後、編集長を立川まで送り、その帰りに寄ってみる。
最初からここへ行くつもりではなかったのだが、しばらくご無沙汰だったのと、
ここのつけ麺を食べてなかったので入ってみる。

店主の磯部さんは、ラースクへ来る度にのぞいているのだが、いつも不在。
こんなことでダイジョウブなのか…(^^;

優6
『つけ麺』の食券を買って店内に…。
お客さんの入りは8割ぐらいと、
時間(10時頃)にしては入っている感じ。

カウンターに座り、ミクりながら待つ。
…が、なかなか『つけ麺』が出てこない。(^^;
それほどバックオーダーがあるとは思えないのだが…

15分程経過…そろそろ我慢も限界かな、と思った頃にやっと出てきた。(^^;
最初は、麺が太くて茹で時間がかかるのか、と思っていたのだが、
平打ち麺なので、どう考えても10分以上かかるとは思えない。

やはりオーダーミスだったのか、手際が悪いのか…
でも私が座った後、10分ほどして隣に座った客には、
私のつけ麺が出てくるのとほぼ同時にラーメンが出されていたので、
手際が悪い訳ではなさそうだ。

こういう場合には、「もう少しお待ち下さい」とか、
遅れるなら遅れると、一言あってしかるべきだろう。
こういうところは店主が目を光らせないとネ…

つけ麺の味は…普通だった…というか、腹立たしかったので覚えてない。(^^;

ここは、今後伸びて欲しいお店の一つなので、敢えて言わせていただいた。


 *   *   *   *   * 


カレーの海賊@中野

骨董市の帰り、かなり腹が空いていたので、どこかで拉麺でも…と思ったのだが、
編集長が「あそこのカレーを食べてみようか」というので入ってみる。
この店の前を通る度に、一度は食べてみようと話していた店なのだ。

店に入るとすぐに券売機がある。
それを見ると、カレー専門店の割にはいろんなメニューが…
この時点でちょっと悪い予感がしたのだが、
カレーならそうひどいハズレもないだろうと思ったのがいけなかった。(^^;

カレーの海賊
いわゆる “ワンコイン” カレー。
見た目はそれほど悪くないのだが、
一口食べて、地雷を踏んでしまったことに気付く。

まずライスがいけない。
米の中心部が硬い生煮え状態のもの。

もともとカレーには、インディカ米のような粘り気の少ないものが合うのだが、
これはそういう次元の問題ではなく、とにかく “生煮え” なのだ。(^^;

カレーの味も出汁が弱く、見た目とは裏腹に美味しさを感じない。
肉もほとんど入ってなくて、たまたま一つだけ見つけた肉は…硬かった…orz
半分以上残して店を出る。

はっきり言って、高速道路SAのカレーのほうがよっぽど美味しいと思う。

帰ってからググってみると、やはりここは問題店だったのネ。(^^;
知らなかった我々がいけなかったのか…
でも結構お客さんが入っていたのには驚いた。


tosimon3 at 17:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 立川市 | カレー

2008年03月01日

猪豚ラーメン

●94)ロックンロール1@上鶴間

町田の骨董市へ行く前に、ロックンでシャッター…と思っていたが、
結局寝坊してしまって、着いたのは11時10分前。orz

土曜日なのでかなりの行列…と思っていたのだが、私が9番目。
最近はやっと落ち着いてきて、こんな状況らしい。

珍しく15分ほど遅れて開店。
9番目だったので、最初のロットに入れずしばし待つ。

ロック30
今日の限定は『猪豚ラーメン』。

猪豚のスープは、かなり濃い目の醤油味。
匂い消し?のためか、生姜が効いている。
あらかじめスープで煮ていた猪豚バラ肉が3枚、
これは味がしみていて美味しい。

何となく徳島ラーメンを思い出しながら食べる…
生卵が欲しい…ご飯も欲しい…(^^;
ちょっと味が濃過ぎるので、スープは全部飲めなかった。
個人的には、もう少し薄味でもよかったのでは…と思う。


 *   *   *   *   * 


町田天満宮骨董市

町田天満宮1
以前からそうなのだが、
最近は増々きもの関係が増えてきて、
それにともなって “オバサン” も増えているような(^^;

あまり収穫はなかったが、
たまに面白いものがあるので来ない訳にはいかない。


tosimon3 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市 | 骨董