2008年04月

2008年04月30日

トリプルテイスト

●178)進化@町田

進化で何か限定があるようなので食べに行ってみる。
これは携帯サイトの超ラーメンナビの企画で、4月16日〜5月15日まで、
平日昼夜各5食(日曜・祝日は朝から10食)だけ提供されている。

少し遅れて行ったので、まだあるのかどうか心配だったが、
まだ大丈夫ということで一安心。

進化3今回の限定メニューは、『進化する鶏白湯〜甲州地鶏と香りのマジック』と題されたもの。

甲州地鶏の丸鶏と野菜で作った白湯は、
トロッとした口当りながらしつこさの無いもの。
味は当然のことながら塩味。

これに中太のしなやかな麺が組み合わされており、
スープと麺の相性はこの上なく良好。

このラーメンには、別に煮干しの香味油とライスボールが付いてくる。
香味油は食べてる途中で入れると、スープの表情がガラリと変わる。

そしてライスボールの中にはスパイスの効いたルーが入っていて、
最後にこれを残ったスープに投入すると、またまた味が変わるという、
ダブルテイストならぬトリプルテイスト仕上げ。

このライスボールはすごく気に入ったのだが、ちょっと小さ過ぎ。
せめてこの2倍ぐらいあれば、もう少し満足感もあったかな…

でもさすがにシンさん、やりますネ〜(^^;


(注)この限定は注文時に、携帯でラーナビチケット画面を提示する必要があるので、
「超ラーメンナビ」に加入していないと食べられませんのでご注意を…。
(http://noodle.edia.ne.jp/i/)


tosimon3 at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年04月29日

合鴨ラーメンはやっぱり旨い

●176)大斗@浜松町

浜松町の都立産業貿易センターで開かれている骨董市を見に行ったついでに、
ここで昼飯代わりのラーメンを…(^^;

東池袋大勝軒系の七福神の系列?らしい。
神田店が一番最初だったと思うが、会社から近かったのでたまに食べに行っていた。
現在は小伝馬町と堀留町を含め4店舗になっているようだ。

大斗店大斗5







ここへ来たら、やっぱり『もりそば』でショ〜(^^;

まずは一口…ン?何だか味が薄い…っていうか、出汁が弱いのか?
醤油っぽさが前に出ている感じで、つけ汁としての旨さがいま一つ。

麺はまあまあ美味しいのだが、麺が勝ってしまっている。
神田で食べた時は、もう少し旨かったような記憶があるのだが…(^^;

ここへ行く途中に気になる店があったのだが、祝日は休みのようだった。



 *   *   *   *   * 


●177)オードリー@町田市

夜になって勇次に電話をすると、まだ合鴨が残っているというので食べに行く。
先日のつけ麺がやたら旨かったので、ラーメンも食べてみたかった。

勇次87ラーメンは醤油と塩があるのだが、
やはり出汁の旨さを味わうなら塩でしょー…(^^;

かなり具沢山のラーメン…
胸肉、モモ肉の他に肉ボールが数個。
鴨油で焼かれたネギがこれまた美味しい。(^^)
麺が美味しいことは言うまでもない。

ただ温かいラーメンとして食べると、どうもバランスがいま一つ。
麺のほうが勝ってしまっている…ということなのだろうか。

とは言っても、美味しさのレベルが低い訳ではない。
そのレベルは十分に高いところにあるのだが、
つけ麺が美味し過ぎたせいで、満足感に差が出るということなのだ。




tosimon3 at 04:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 港区 | らーめん 町田市

2008年04月28日

渋谷で2杯

●174)うさぎ@渋谷

所用で渋谷まで来たついでに、久々にこちらへ。
前回つけ麺を食べて美味しかったので、今日も食べようかと思ったが、
結局『醤油ラーメン』の食券を買ってしまった。(^^;

うさぎ2インパクト系とは対極にあるラーメン。
“丁寧に作られた” というイメージが強く、
味にもそれはよく表れている。

個人的には好きな味なのだが、
この種のラーメンが受け入れられる素地が
渋谷という場所にあるのかどうか…ちょっと心配。


 *   *   *   *   * 


●175)轍@渋谷

うさぎからの帰りにのぞいてみると、お客さん1人だけ。
ならばちょっと食べていこうか…と寄ってみる。

轍1ここのデフォのラーメンをまだ食べてなかった。

大きい丼にゆったりと泳ぐ麺…
最近こういうラーメンをあまり見なくなった。
何か嬉しい感じがする。(^^;

早速食べてみる…
甘味のあるスープに和風出汁が効いて、低加水の中太麺との相性もバッチリ。
無化調なのに、ここまでの味が出せるっていうのはスゴイね。

前回食べたつけ麺は、麺の量の多さで撃沈してしまい、
それがトラウマとなって足が遠のいていたが、(^^;
このラーメンならたまには食べに来たいと思ってしまう。


tosimon3 at 03:58|PermalinkComments(4)TrackBack(2) らーめん 渋谷区 

2008年04月27日

エビちゃんの進化

●173)鏡花@立川市

立川諏訪神社での骨董市終了後は、例によってこちらへ。
東西コラボの『鶏白湯白エビつけ麺』がリニューアルされていると聞いたので、
早速食べてみることに。

鏡花62何といっても一番変わったのが麺。
前回は40%だった全粒粉の配合率を、
今回は20%まで下げたという。

そのせいか、食感はかなり改善されているが、
やっぱりまだボソボソ感は残っている。
細麺なので、尚更感じるのかもしれないが、
もっと少なくしたほうが美味しいのでは…(^^;

スープは相変わらずの美味しさだが、今日はエビがかなり強く出ている。
それに伴って甘味も強くなっている。
いやな甘さではないので、これはこれで美味しいのだが、
これ以上強くなったら逆効果になりそうなギリギリのところ。

こういうところの “見極め” はさすがです。


tosimon3 at 03:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年04月26日

この出会いに感謝…

●172)オードリー@町田

色々と用事があって忙しいのだが、夜になってオードリーへ。

GW限定の『合鴨ラーメン(つけ麺)』が今日から出ているのだが、
何しろ用意されているのが120杯分しかないので、
いつものペースなら2〜3日で売り切れてしまうのは必至。

明日は骨董市に店を出すので食べられないため、
無理してでも今日食べておかないと、食べる機会がなくなってしまうのだ。(^^;

勇次86今回の限定の目玉は、なんといっても麺。
合鴨の卵を練り込んだ幅広卵麺なのだ。

なので、麺の美味しさが解るのはつけ麺だろうと、
迷わずつけ麺をチョイスしたのだが、
この選択は間違っていなかった。(^^;

幅1cmほどの麺が殆どだが、下のほうには3cmほどのものが2枚隠れている。
薄い黄色をしたこの麺…最初に麺だけ食べてみると、
小麦の香りとともに、卵麺らしい香りが口中いっぱいに広がる。
ツルッとした食感にモチモチ感、そしてほのかな甘味も併せ持つ。
イヤイヤこれは旨いッ!つけ汁をつけなくてもいくらでも食べられそう…(^^)

そういう訳にもいかないので、つけ汁に浸して一口…
オオ、この旨さは何なんだ…言葉は、もはやこの旨さの前では力を失ってしまう。
言葉に言い表せない旨さ…旨い以外に表現のしようがない。(^^;

値段は1700円とちょっと高めだが、これが全く高いとは感じない何かがある。
このつけ麺に出会えたことを感謝しよう。


tosimon3 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年04月25日

横浜中華街

午前中からパシフィコ横浜で開かれる「骨董ワールド」を見に行く。
骨董倶楽部の4月例会にもなっていたので、
終了後はメンバーと横浜中華街へ場所を移して会食。

酢豚エビ焼売







小龍包水餃子







「皇朝」という店で、2480円中華食べ放題!
色々なものを少しづつ注文して、あっと言う間に満腹状態。
種類が多過ぎていちいち写真を撮っている暇がなかった。(^^;

【皇朝】 http://www.ko-cho.com/


 *   *   *   *   * 


●171)維新@横浜市

さすがに腹は減っていないのだが、
ここまで来たからには、寄らなくてはならない店がある。(^^;

以前、鶴間にあった店を閉め、2年?の充電期間を経てここ横浜で再出発。
4月8日にオープンしたばかりの新店だ。

それにしても解りにくい場所…何回か迷ってやっとたどり着く。
周囲には飲食店などがほとんど無く、道も細いので車で来ると難儀しそう。
何でこんな場所に…と思うが、マアいろいろ事情もあったのでしょう。

維新店維新5







ご主人の長崎さんにオススメを聞くと、「醤油のほうが…」ということで、
『醤油ラーメン』をいただくことに。

一目で「おっ、これは旨そう」と思わせるファーストインプレッション。
食べてみて、その印象が間違っていなかったことを確認する。

最初に相模原某店のラーメンを思い出したが、これは同じ醤油を使っているから。
方向性は似てはいるが、味のベクトルは全く違ったもの。
Wスープでなくて、ここまでクリアなラーメンが作れるというのはさすが。

まだお客さんはちらほら…という状況だが、
おそらくすぐに行列店の仲間入りするのは必至だろう。


【麺や 維新】
横浜市西区北幸2-10-21 横浜太陽ビル1F
11:30-14:30 18:00-22:00(S切れ終了) 定休日=日曜日


tosimon3 at 06:05|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 横浜市 

2008年04月24日

野菜油そば

●170)あぶらっちょ@駒沢大学

前回初めて行って、なかなか美味しかったので再度食べに行く。
券売機を見ると『野菜油そば』というのがあるので、その食券を買う。

あぶらっちょ1野菜…というと二郎的なイメージを持ったのだが、
出てきたものはその種のものではなかった。

ほぐし叉焼にモヤシとネギが多めに入り、
そこにオクラを細かく切ったものと市販の山菜、
更にキムチが乗る。

これをガーッと混ぜ合わせる訳だが、ここの油そばはタレが極端に少ないので、
オクラの影響でかなりヌルヌル系の油そばになってしまう。(^^;

マアこれはこれで美味しいのだが、キムチとオクラの取り合わせっていうのは、
もう一つピンとこないものがある。(^^;

入っている具も確かに野菜ではあるが、市販の山菜は使ってほしくないかな…


tosimon3 at 05:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年04月23日

再び黒磯へ…

磯上2先週は未開花だった「磯上のヤマザクラ」。
どうしても写真を撮っておきたかったので、
そろそろいい頃と思って、再度出かける。

花は満開で、ちょうど見頃だったが、
他の山桜に比べて色が白っぽい。

ほとんどの山桜は、開花と同時に赤い葉も出てくるので、
全体に赤っぽく見えるのがフツーなのだが、この木はそういう色が見えない。
老木になっているからなのだろうか?

せっかくここまできたのだから他の桜も見て行こうと、福島県まで足を伸ばす。
福島県といっても、この磯上から5〜6キロも走れば県境になる。

戸津辺戸津辺説明







向ったのは、矢祭町戸津辺にある「戸津辺の桜」…樹齢約600年のエドヒガン。
しかし、残念ながら花はすでに終り葉桜となっていた。
今年は福島も桜の開花が早かったようだ。

この他にも見たい桜は何本かあったのだが、これでは他の桜も同じだろうと判断。
時間も3時を過ぎ、写真撮影には向かないので帰ることに。

ここまで来ると、常磐自動車道のほうが近いので、
とりあえず水戸まで出て、ラーメンを食べることに…(^^;


 *   *   *   *   * 


●168)浜田屋@水戸市

ここはラーメン本を見ていて、写真が美味しそうだったので気になっていたし、
「中華そば」というのもポイントが高かった。

時間的に通し営業の店しか行けない…という条件もあったのでこちらへ。

浜田屋店浜田屋







見た目はなかなか美味しそうなのだが、一口目から化調が…
ウ〜ン…これはちょっと入れすぎじゃないのかな…(^^;
せっかく美味しそうなラーメンが台無し。
こんなに入れなくたって、十分に旨いラーメンになるはずなのだが…


【中華そば 浜田屋】
茨城県水戸市浜田町2-247-4 TEL.029-231-5939
11:00-26:00 無休 P=10台


 *   *   *   *   * 


●169)小櫻@土浦市

ここへ来るのはこれで3回目。(^^;
過去2回とも何故か食べられなかったので、ずっと宿題店になっていた。

小櫻店小櫻







念願の “初小櫻” は、やっぱり基本の『小櫻麺』。
これは、この店の第一号オリジナルラーメンなんだそうだ。

叉焼の煮汁をタレのベースにしたというスープは、見るからに真っ黒。
富山ブラックか…というぐらいの色をしているのだが、味はマイルド。

遠くにエビを感じるのは、霞ヶ浦産の淡水エビの卵を天日干しにした、
「えびまこ」という食材を使っているかららしい。

洗練された味…というよりは、ジャンクといった表現が合うラーメン。
逆にこれが洗練された味だったら、ここまでの魅力はなかったかもしれない。


【らぁめんの店 小櫻】
茨城県土浦市桜町4-2-15 TEL.029-822-6008
11:30-14:30 18:00-20:00 定休日=火曜日、月曜夜、最終月曜 P=5台


 *   *   *   *   * 


東北道下り「羽生PA」/ビーフカレー ¥410

羽生PA






 *   *   *   *   * 

東北道下り「矢板北PA」/ビーフカレー ¥480


矢板北PA

tosimon3 at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 茨城県 | カレー

2008年04月22日

煮干し補給

●167)オードリー@町田市


勇次85久し振りに『煮干し鶏白湯』で煮干し補給。

スープが豚骨から鶏白湯になって、
ずいぶんと印象が変わってしまった。
そのせいという訳ではないのだが、
このところはつけ麺ばかり食べていた。(^^;

オヤジさん、私が注文する前に「今日は煮干しだよねッ」と強制的に…
お客の選択権はムシかいっ!(^^;

最近つけ麺ばかり食べていたのは、煮干しが美味しくなくなった訳ではなく、
つけ麺が美味しくなりすぎたからなのだ。

tosimon3 at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年04月21日

忙しい…

●164)八雲@池尻大橋

わさらびの塙さんが上京…ワンタンを食べたいというのでこちらへ。
シャッターのつもりで行ったら、塙さんが1時間近く遅れるというので、
時間をつぶして待つ。

 八雲2ちょうど昼時のため、待ちが6人ほど。

私は特製ワンタン麺の白、塙さんが黒を食べる。
相変わらず美味しいと思うのだが、
やっぱり化調が気になる。

これだけの味を出しているのだから、
化調は必要ないと思うのだが…(^^;

実はこの後、臨機@西永福へ行き、2時に鏡花で伊駄天の又野さんと会う予定なのだが、食べ終ったのが1時では、臨機で食べていると間に合いそうもない…orz

結局、臨機まで塙さんを送り、私はそのまま立川へ向う。


 *   *   *   *   * 


●165)鏡花@立川市

午後2時に伊駄天の又野さんと待ち合わせの予定だったが、20分ほど遅刻。
こうなってしまった原因は色々あるのだが、マアそれは言いっこ無しで…(^^;
忙しい一日になってしまった。

鏡花61『特濃中華そば』の食券を買って、
中に入ると先客に珍しい方々が…。

ここで書くと話が長くなってしまうので、
残念ながら詳細は割愛させていただくが、
美味しいラーメンを食べながら、
有意義な時間を過ごさせていただいた。(^^)


 *   *   *   *   * 


●166)侍@立川ラーメンスクエア

鏡花を出て、又野さんとラースクへ向う。
4月から新しく出店している「侍」へ行くのが目的。

又野さんは、ここのご主人、樋口さんと優勝を分け合った仲?なので、
色々と情報蒐集をするのが目的らしい。(^^;

侍とりあえず『九州極味』を食べてみる。
九州ラーメンということなので、
匂いの強い豚骨だといやだな…と思ったが、
それは取り越し苦労だった。(^^;

ニンニクがやや強めに感じるスープは、
思ったよりサラッとした口当りで、
私の口には合っている。

かなり細い麺は、九州から直送されているようだが、
そのせいかスープとの相性が良く、3杯目なのにスルスルと入ってしまう。

ただ、ちょっと気になったのは、隣に同じ系統の「凪」があるので、
もっと差別化したほうがいいのでは…ということ。
「これが侍のラーメンだ」という主張が欲しいと思った。


tosimon3 at 01:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 目黒区 | らーめん 立川市

2008年04月20日

新潟骨董市

八橋提灯持この骨董市は、地震の影響で一時は出店数が減り、
何となく寂しい状況が続いていたが、
今回の出店数は約100店ということで、
徐々に元の状態に戻りつつあるようだ。

ここは土人形の出展が多いので毎回来ているのだが、
今回はあまり見るべきものがなく、
酒田のA店で買った写真の人形だけだった。
昭和初期頃?の秋田の八橋(やばせ)土人形。
提灯を提げている図柄が珍しい。


 *   *   *   *   * 


●161)ばすきや@新潟市

昼頃になって会場を出てラーメンを食べに…(^^;
最初はちょっと変わった名前のこちらの店へ。

ばすきや店ばすきや







新潟ではすでに人気店になっているようなのだが、来るのは初めて。
現代アート作家のジャン・ミッシェル・バスキアからとった店名だそうで、
店内に彼の作品があるのか…と見回したが、なかった。(^^;

ラーメンは豚骨、鶏ガラ系に煮干しなどの乾物を加えたオーソドックスなもの。
何らかの特徴をことさらに主張するラーメンではないが、
すごく丁寧に作られたラーメン…という印象を受ける。

麺が細麺なので、早目にのびてしまうのが難点。
もう少し加水の低い、しっかりとした麺で食べてみたいラーメンだ。

【らー麺 ばすきや】
新潟市小針西1-5-23 TEL.025-230-6992
11:30-14:30 18:00-21:00 定休日=月・火曜日 P=7台


 *   *   *   *   * 


●162)侍元@新潟市

侍元店侍元







侍元叉焼続いて比較的近くのこちらの店へ。
追い鰹のラーメンということで気になっていた。

店内に入ると、フィギュアなどのグッズが一杯。
思わずルパン三世の次元大介を思い出したが、
店名との関連はなさそう。(^^;

人気店のようで、私が着いた時は8人待ち。
日曜日のせいか、家族連れが多い。

ラーメンは具沢山の感じで、まず叉焼を食べようと思って箸で掴んでビックリ。
なんじゃ…この厚さは…(^^;

ずっしりと重い叉焼は、厚さが確実に1.5cmぐらいはあり、食べごたえがある。
この叉焼を見て、この店の人気のヒミツが理解できた。

ラーメンはマアマア美味しいという部類に入るのだが、
地方のラーメン店では、叉焼の大きさが人気を左右するケースが多い。
ここもご他聞に漏れず…ということなのだろう。

メンマに使っている胡麻油がちょっと邪魔かな…
鰹節などの香りをスポイルしてしまっている。(^^;

ここも細麺なのだが、伸びるのが早く後半は味が変わってしまう。
叉焼はちょっとしょっぱ目だが、さすがにこれだけで腹一杯。
あまり大き過ぎるのも考えものだ…。


【ラーメン 侍元】
新潟市坂井東4-15-16 TEL.025-269-8122
11:00-15:00 17:00-21:00 定休日=火曜日 P=14台(共同)


 *   *   *   *   * 


日本一?の杉「将軍杉」

侍元の後、杭州飯店へ行く予定をしていたのだが、
その前に腹ごなしを兼ねて、杉の巨木を見に行くことに。

国道49号線を阿賀野川に沿って遡り、阿賀町に入る。
磐越西線五十島駅の近く、平等寺の境内にその「将軍杉」は立っている。

将軍杉1杉というのは真直ぐに一本立ちするのがふつうなのだが、この杉は地上2mぐらいのところから6本に別れている。

見るからに異形の杉といった風情。


将軍杉説明環境庁の調査では幹回りが16mで、
屋久島の縄文杉(16.1m)に次いで、
日本で二番目の杉だったはずなのだが、
説明書きを見ると、幹回り19.31mで、
日本一の杉ということになっている。
(巨樹の計測は、地上1.3mの部分を計ることになっていて、枝分かれしている場合は、1.3mの部分の各枝の周囲の合計)

訂正した跡があるので、最近変更されたのかもしれないが、
いずれにしても、日本で1、2を争う杉の大木であることは事実。

見る者を圧倒するその立ち姿は、1400年の時を語りかけてくる。
巨樹の持つパワーというのは計り知れない。


 *   *   *   *   * 


●163)杭州飯店@燕市

という訳で杭州飯店。(^^;
日曜日のせいか、いつもの平日に比べお客さんが多い。

杭州飯店4中華そばを注文。
本当は餃子も食べたいのだが、
ここへ来る時はいつも満腹状態なので、
未だに食べたことがない。(^^;

ラーメンは…相変わらずジャンク!
この上なくジャンクなのだが、このウマさはどこから来るのだろう?

最近、背脂系のラーメンは敬遠しがちなのだが、
このラーメンだけは何回でも食べたくなる…これが不思議。
新潟恐るべし。


 *   *   *   *   * 


関越道上り「越後川口SA」/エビカツカレー ¥680

越後川口上ある筋からの情報によると、
ここのエビカレーが美味しいらしい。
腹は減ってなかったが、食べてみることに。

SAのカレーは原則としてデフォのみなのだが、
今回だけは『エビカツカレー』で…(^^;
エビカツというのでエビを丸ごとカツにしたもの…と思っていたが、
“エビクリームコロッケ” の雰囲気だった。

食券を渡す時に「これからカツを揚げますので、5〜6分かかります」と言われる。
SAの軽食コーナーで、こういう手間をかけるというのは珍しい。

そのせいで、出来上がってきたカレーは熱々のエビカツが美味しい。
その割に値段がリーズナブルというのも嬉しい設定。
ただ、カレーの味はフツーかな…(^^;

5点満点勝手に評価=ルー3.8/ライス3.5/量3.5/総合4.0


tosimon3 at 03:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 新潟県 | カレー

2008年04月19日

丸めの『味麺』

●160)丸め@花小金井

国分堂へ行った帰りに、久し振りに寄ってみる。
2月にやっていたカレーラーメンと味麺(油そば)のラーメン対決は、
味麺に軍配が上がったようで、レギュラーメニューになっていた。

丸め12ということで、その『味麺』を…

かなりハード系の油そばと言えるだろう。
その一因は麺にある。
この極太麺はけっこうスゴイ。(^^;

油そばにするにはもってこいの麺だが、
デフォの状態ではちょっと固過ぎ…個人的にはもっと柔らかいほうが好きなのだが…

油そばの場合は、麺は柔らかめのほうが絶対に美味しいと思うのは私だけ?


tosimon3 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年04月18日

エビちゃん…

●159)鏡花@立川

現在、東は「鏡花」、西は「しゃかりき」を中心に行われている「東西つけ麺決戦」。
そのうち東陣営で出されているつけ麺は別名「エビちゃん」と呼ばれている。(^^;

白エビの香味油を使っているところから付けられた名前。
悪くないネーミングなのだが、注文のときに「エビちゃん」とは…言えません。(^^;

つけ麺決戦なので、当然つけ麺だけなのだが、鏡花にはこのラーメンバージョンがある。
今日はそれを食べるために、交換会を抜け出してお店へ。

鏡花60通常の具の他に、つけ麺にも使われている、
凡尻を甘辛く煮たものが入っているが、
個人的には、これはあまり好きではない。

今日の麺は、全粒粉が40%入った麺だそうだ。
茶色をした麺で、食感はまさしく日本蕎麦…

ウ〜ン…麺自体は不味い訳ではないのだが、スープとの相性はいいとは言えない。(^^;
やはり全粒粉は多くても15%までだろう。

来週あたりからまた麺が変わるそうなので、今度はどうなるのか楽しみだ。



 *   *   *   *   * 


立川二郎鏡花の帰りに立川二郎の前を通ったら、
4月27日開店の貼紙が出ていた。

立川も激戦区の予感が…(^^;


tosimon3 at 14:18|PermalinkComments(4)TrackBack(1) らーめん 立川市 

2008年04月17日

カレーラーメンがウマいっ!

●158)がんこ分店@相模原

かな〜り久し振りに大将の顔を見に…
2月23日以来なので、2ヶ月近くご無沙汰していた訳だ…orz

ここのカレーが食べたいと思っていたら、ありましたネ〜…グッドタイミング(^^;

がんこ46『野菜キーマカレーラーメン』

いつものキーマカレーではなく、
インド南部のほうで食べられているという、
スープカレーをイメージしたものだそうだ。

そのせいか、辛さはそれほどではないのだが、
スパイスがバッチリと効いている。

いやいやこれは美味しい。(^^)

最初のうちは殆ど汗をかかなかったが、後半になって汗がドバーっと出てきた。
辛くて出る汗ではなく、スパイスで代謝が良くなったために出る汗…?
こういう汗の出方は初めてだったが…旨かった。


tosimon3 at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市 

2008年04月16日

油そば専門店…

●157)あぶらっちょ@駒沢大学

246号下り線、駒沢大学駅から少し下ったところに3月末にできた新店。
何と油そば専門店だそうだ。

前から気になっていたので、夜遅くなって初訪問。
油そば専門店といっても、ラーメンもある店が多いのだが、
ここは本当に油そばしかないようだ。

あぶらっちょとりあえずデフォの『油そば』を…

出来上がってきた油そばは、何か上品な感じ。
油そばというとジャンクなイメージが強いのだが、
ここの油そばにはそれが無い。

極太の麺は色が白く、見た目はまるでうどん。
しかし、味はなかなか美味しい。
量が少ない感じはあるが、小食の私には丁度いい。

天かすが入っているのは珍しいと思うが、これが適度にコッテリ感を生み出す。
ただ、これがタレを吸ってしまうので、後半はゴテゴテに…
この辺は今後の課題となるのかも。

一口でいいので、スープがあれば嬉しいかな…(^^;
いずれにしても246沿いに久々に出来た新店…がんばってほしいものだ。


【麺屋 あぶらっちょ】
東京都世田谷区駒沢4-19-11 TEL.03-3487-2888
11:00-24:00 年中無休

tosimon3 at 04:44|PermalinkComments(1)TrackBack(1) らーめん 世田谷区 

2008年04月15日

桜と白河ラーメンとスープ焼きソバと…

黒磯(現 那須塩原市)にある桜を見に行こうと、未明から出かける。
ここの桜は昨年も見に来ているのだが、開花時期が終っていた。

那須高原周辺の桜は今が満開で、これなら大丈夫だろうと思ったのだが…

寺子1寺子







まずは那須ICから南東へ約10km、寺子地区にある「寺子のエドヒガン」。
樹齢約350年、樹高16m、幹回り6.5mは、栃木県最大の桜だそうだ。

墓地の中にスックと立ち、のびのびと枝を広げる様は墓守のようでもある。
古い桜には、こういうシチュエーションが多い。


 *   *   *   *   * 

磯上磯上1







寺子から更に車で15分ほど山間部に入ると磯上集落がある。
この集落の一番奥にある八溝嶺神社の鳥居の前に「磯上のヤマザクラ」がある。

右巻きにねじれた幹から四方に枝を伸ばす姿は、異形の桜とも見える。
樹齢約300年、樹高17m、幹回り4.3mの堂々とした姿。
あいにくとまだ花は咲いていなかった。(山桜は開花が遅い)

昨年は花が終った後だったし、今年は花の前だし…
満開の時期に合わせて見に来るのは、なかなか難しい。(^^;


 *   *   *   *   * 


乙姫桜ラーメンを食べるために行った白河市内、
妙関寺というお寺の境内にこの桜がある。

「妙関寺の乙姫桜」
樹齢400年、樹高13m、
幹回り3.4mの紅シダレ桜

乙姫桜1数年前にも写真を撮りに来ているのだが、
せっかくここまで来たのだから…と寄ってみる。

花はまだ8分咲きぐらいだったが、
この桜の花の色と姿はすごい。
満開になると妖気さえ感じるほどだ。

名前の由来は分からないが、
伊達政宗が桜の苗を献上するため江戸に上る途中、
この寺で休憩。
その時の住職が桜の苗一本を譲り受け、
境内に植えたものだそうだ。


 *   *   *   *   * 


●154)一休@白河市

白河市までは車で30分ぐらいなので、白河ラーメンを食べに…(^^;

一休店一休







こちらの店は以前から気になっていた。
というのも、保谷に「大山亭」という白河ラーメンの店があるのだが、
そこのご主人が、この「一休」の出身ということを聞いていたからだ。

白河市のはずれ、4号線沿いにあるので、街道ラーメンと思ってしまうが、
クリアなスープに自家製のモチモチ麺…これは美味しい。(^^)

これで化調が少なければ最高なのだが…

【手打ちラーメン 一休】
福島県白河市泉田池の下89 TEL.0248-27-0626
11:30-18:00(材料なくなり次第終了) 定休日=水曜日 P=12台


 *   *   *   *   * 


●155)朝日屋食堂@白河市

白河市内のラーメン店は、火曜日定休という店が多いようで、
行きたかった店のうち何軒かは食べられず。

時間的なこともあり、やってきたのがこちらの店。
ここも市の中心部からはずれたところにあるのだが、かなりの人気店らしい。

朝日屋店朝日屋食堂







先ほどの一休に比べると、こちらは何となくアットホームな感じ。
ラーメンも明らかにやさしい感じのもの…これも美味しい。(^^)

3時頃という時間にもかかわらず、お客がやってくる。
お客と店のおばちゃんのやりとりを聞いていると、
地元密着の店だな〜ということが実感できる。
いいネ〜…こういう雰囲気好きです。

【朝日屋食堂】
福島県白河市白坂三輪台6-64 TEL.0248-28-2266
11:00-18:30(材料なくなり次第終了) 定休日=月曜日 P=約10台


 *   *   *   *   * 


●156)こばや食堂@那須塩原市

那須まで来たからには、どうしても食べてみたいものがあった。
それが塩原の地ラーメン?といわれる「スープ焼きソバ」。

あいにく元祖?の「釜彦」が休みだったため、もう一軒のこちらへ。

こばや店こばや食堂







注文をすると、しばらく奥で中華鍋を振る音が聞こえていた。
出来上がってきた「スープ焼きソバ」を見ると、何かフツーのラーメンっぽいが、
使っている麺は中華麺なので、立派なラーメンの一種…(なのか?)

スープから出ている麺だけを食べてみると…焼きソバだ…(笑)
恐る恐る一口、二口…あれっ、けっこう美味しいじゃん…(^^;
麺がソースと油でコーティングされているせいか、
最後まで麺が延びないというのが新しい発見。

ジャンクなことこの上ないが、ソース好きにとっては嬉しい味。
もっとスゴイ味かと思って、身構えて口にしたのだが、
肩すかしをくったというか…良い方向へ裏切られた感じ。

嫌いじゃないですヨ…この味。(^^)
釜彦と食べ比べてみたかった。

【こばや食堂】
栃木県那須塩原市塩原795 TEL.0287-32-2371
11:00-15:00 17:00-19:30(S切れ終了) 定休日=不定休 P=有り

tosimon3 at 16:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)  | らーめん 福島県

2008年04月14日

SAのラーメンとカレー

●153)さのや@東北道佐野SA内

天気が良さそうなので、黒磯の桜を見に行くことに。
そのついでに、佐野SAで佐野ラーメンを…
上りのほうが美味しいという話も聞くが、いまさら上り車線には行けないし…(^^;

下りにも「さのや」という店が出ている。
何回か食べた記憶はあるのだが、あまり覚えていない。

さのやなかなかしっかりとしたルックス。
味もちゃんと佐野ラーメンしてる。

青竹打ちではないだろうが、麺もマアマア。
SAのラーメンとしては美味しいほうだと思う。
ただ化調が…(^^;



 *   *   *   *   * 


東北道下り「上河内SA」/ビーフカレー ¥780


途中で仮眠のために寄った上河内SA(宇都宮)でカレーを食べる。

ここのカレーはチキン、ポーク、ビーフと3種類もある。
こんなに種類のあるのはすごい!と思いながら、一番高いビーフを…

上河内SA大きな皿にドンと盛られて出てくるが、
量はそれほどでもない。

食べようと思って肉をよ〜く見ると、
肉が煮込まれた色をしていない。
ここでハッと気が付いた。

そうか…肉が3種類用意してあって、注文に応じて肉とルーを混ぜ合わせてかける…
それなら1種類のルーでチキンだろうがビーフだろうが、何でも出来る訳だ。(^^;

なかなか良く考えられているが、これでは純粋なビーフカレーとはいえない。
味は悪くないのだが、何かだまされた感じがする。
こういうのって不当表示にはならないの?

ここのカレーは全て味噌汁付きの値段になっているのだが、
カレーと味噌汁は、ハッキリ言って合わない!
味噌汁無しで安くしてもらったほうがいいのだが…(^^;

5点満点で勝手に評価=ルー3.8/ライス3.4/量4.0/総合3.6

tosimon3 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 栃木県 | カレー

2008年04月13日

話題になる店

朝早くから新井薬師境内で骨董の店を出すが、
小雨が降ったり止んだりの生憎の天気で、お客さんが少ない。
おまけに寒い!…昨日までの温かさはどこへ行ってしまったのだ…(^^;


 *   *   *   *   * 

●151)麺彩房@新井薬師

いつもならお客さんの応対で忙しく、昼食を食べに行く暇などないのだが、
今日は編集長に店番を頼んで、近くのこちらへ。

大成食品の直営店として、2001年にオープンしている。

麺彩房ここへ来るのは何年振りだろう?
と思いながら店の前に来ると…
10人以上が並んでる…orz

マア昼時ということもあるのだが、
ここで20分以上も待つとは思わなかった。(^^;

行列が出来ているということは、美味しくなってる?…と期待したが、
それほど変わった感じはしなかった。
むしろ今となっては “時代遅れ” の感じが否めない。

麺屋さんの割には、麺も美味しいとは思えない。
叉焼の小ささは特筆ものだし、5月から値上げらしい…(^^;
アンテナショップとしての位置づけなら、
もう少し時代に即した変化も必要なのではないだろうか…


【中華そば専門店 麺彩房】
東京都中野区新井3-6-7 TEL.03-3386-2327
11:00-15:00 17:30-20:30 日曜=11:00-16:00 定休日=月曜日


 *   *   *   *   * 

●152)七彩@都立家政

早めに店をたたんで、4時頃にこちらの店へ。
ここは過去2回振られていて、今日が3回目…の正直だった。(^^;

前客6人で、約30分ほど待たされる…あまり回転は良くなさそう。

七彩編集長が塩、私が醤油を食べることに。

両方とも喜多方ラーメンをイメージしているとかで、
醤油は「はせ川」、塩は「坂内食堂」がモデルとか。

醤油ラーメンは、醤油にやや特徴がある。
確かに喜多方風ではあるが、あくまでも “風” 。
清湯のスープは、甘めだが無化調とは思えないコクとキレがある。
美味しい。(^^)

麺は埼玉産の小麦を使った自家製だそうだが、風味、口当りともに秀逸。
さすがに話題になる店だけのことはある。

何回か振られると、ついつい行くのがおっくうになってしまうが、
これは再訪必至だネ。(^^;


【麺や 七彩】
東京都中野区鷺宮3-1-12 TEL.03-3330-9266
11:30〜麺切れ終了(100食) 定休日=火曜日


 *   *   *   *   * 


豆桜新井薬師の桜はほとんど終ってしまっていたが、
駐車場の隅にひっそりと咲くしだれ桜があった。

しだれ桜は他の桜より開化が早いのが普通だが、
これはちょうど満開を過ぎたところ。
風にそよぐ風情が何ともいえない。

豆桜1花は他の桜より小さく八重咲き。
調べてみると「八重紅枝垂」かもしれない。

時期が遅いので花は白っぽいが、
その花の一つ一つは色っぽい。(^^;

tosimon3 at 22:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 中野区 | 

2008年04月12日

何回食べてもウマイ

●149)オードリー@町田市

静岡人さん(http://blogs.yahoo.co.jp/beatlemania1971)が上京。
オードリーの『牡蠣ラーメン』を食べたい…ということでご一緒することに。

『牡蠣ラーメン』は、実質昼で終ってしまったらしいが、
生クリームソース用に残っていた牡蠣ペーストを使って、
急遽、6杯分ぐらいのタレを作ったというので、そのうちの2杯をいただくことに。

勇次84味的には、本来の牡蠣ラーメンと遜色はない。

牡蠣クリームソースを溶かすと、
スープが一層濃くなり、ポテンシャルがアップ。
何回食べてもウマイ…
静岡人さんの口からも思わず “うめき声” が…(^^;


これが牡蠣ラーメンの食べ納めになったが、かなり好評だったため、
今年の暮れにもやることが決定したようだ。(^^)
従って、暮れは「ウニ」と「牡蠣」のそろい踏み…これは今から楽しみだ。


 *   *   *   *   * 

●150)南部@自由が丘

その後、静岡人さんがこちらの店へ行きたいというので、お付き合い。

昨年の7月に「せたが屋」グループの味噌ラーメン専門店として開店。
ただ、味噌ラーメン専門とはいっても、醤油ラーメンもあるので、
静岡人さんは醤油、私は『にぼ味噌ラーメン』をチョイス。

南部ラーメンは丼の代わりに南部鉄の鍋で出てくる。
何故「南部」なのかは不明だが、
このお陰で熱々のスープが冷えることはない。

鉄鍋で出てくる味噌ラーメンということで、
蔵人@茅野市を思い出してしまったが、
違うのは、こちらは煮干しが効いているということ。

あまりお目にかかれない味噌ラーメンではあるが、
太麺をチョイスしたら、硬目というより、半生に近い状態で出てきた。
どちらかというと、柔らか目の好きな私にとっては、これはちょっと硬過ぎ。

スープが最後まで熱いので、終盤は少し柔らかくなったものの、まだ硬い。
そこまで計算しているのだろうか?(^^;


【味噌らーめん 南部】
東京都目黒区自由が丘1-23-2 TEL.03-3723-7763
11:30-15:30 17:30-22:00 定休日=木曜日


tosimon3 at 21:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 町田市 | らーめん 目黒区

2008年04月11日

東京都で3番目に大きい桜

光巌寺あきる野市の武蔵五日市駅から車で5〜6分の所に、
光巌寺(こうごんじ)という古刹がある。

その境内にヤマザクラの古木がある。
樹齢400年ともいわれるその桜は、
東京都内では伊豆大島の「大島桜株」、
三宅島の「神着の大桜」に次ぐ桜の古木として、
東京都の天然記念物に指定されている。

光巌寺桜1光巌寺桜アップ






桜ハンターとしては、一度は見ておかなければならない桜なので、
そろそろ見頃では…と、良い天気に誘われて出かけてみたが、
まだ五分咲きといったところか…来週のほうがよかったのかもしれない。

幹の周囲5.3m、樹高17.3mという堂々とした桜。
巨樹・巨木マニアとしては、見ているだけで心を癒やされる。


 *   *   *   *   * 

●147)いつ樹@羽村市

という訳で、帰りはまずこちらのお店へ。

いつ樹3『鯛塩ラーメン』の食券を買う。

以前食べた時に比べると、何だかルックスが変わってる。
油が変わったのか?スープの色も違う感じが…
食べてみると、その違いは明らか。
すご〜く美味しくなってる。(^^)

以前は丼の中の鯛が弱々しかったが、今日は元気に泳いでるネ。(^^;
スープが力強くなったせいか、太麺とのバランスも良好…
適度なコッテリ感も出ているのだが、油っぽさはない…イヤこれは旨い!

もう少し近ければ、ちょくちょく通ってしまうのだが…
せめて立川あたりに来てくれないかな〜(^^;


 *   *   *   *   * 

●148)雫@福生市

こっち方面に来たときは、やっぱり寄ってしまう。
このところ夜は島田さんが店に出ていないことが多いようだが、
「作り手の見えるラーメン」を信条とする私にとっては、
店主不在というのは色々な意味で寂しい。

雫7今日は金曜日なので『鶏の雫』(塩味)

相変わらずこの鶏白湯はスゴイ。
個人的にはここまで濃くしなくても…と思うが、
これもラーメンの形の一つ。
色々な味があるからこそ、面白いのだ。

雫化調机の上にこんなPOPがあった。
最近置かれたものなのだろうか?
これまで気が付かなかったが、
この自虐的な感じがイイ。(^^;

tosimon3 at 05:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  | らーめん 東京都下

2008年04月10日

ウ〜ン…

●146)香や@三軒茶屋

久し振りに臥龍へ行くも「設備点検のため臨時休業…」orz
どうしていつもこういう時にブチ当たるのだ…(^^;

という訳で、すぐ近くにあるこちらの店へ。
以前から前を通るだけで気にはなっていたのだが、入るのは初めて。

香や
『香やラーメン』を注文したのだが、
思っていたのとは全く違ったラーメンが出てきた。

これは塩トンコツラーメン?
かなりアッサリとしたスープに柚子の香り。
モヤシが多いせいか、やや水っぽく感じる。

ウ〜ン…殊更美味しいというラーメンではないが、ちょっと特殊な味。
個性的…という点では評価できるが、それ以外は…(^^;


【らうめん 香や】
東京都世田谷区太子堂1-15-15 TEL.03-5486-2907
11:00-15:00 18:00-26:00 無休


tosimon3 at 03:46|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 世田谷区 

2008年04月09日

やっぱり史上最強か…

●145)オードリー@町田

『牡蠣ラーメン』の味が忘れられずに、またまたオードリーへ。

来週ぐらいまではやっているだろう…と思っていたのだが、
今週になって、やたら牡蠣ラーメンの注文が多く、
土曜日ぐらいで終ってしまいそうだという…アララ…orz

となると、これを食べられるのは今日が最後になってしまうかも。(^^;

勇次83
改めて食べてみると、
このラーメンのすごさが良く分かる。
そんじょそこらで食べられるラーメンじゃない。
ましてや800円という値段で…(^^)

これを食べずして、牡蠣ラーメンを語るなかれ…
思わずそう思ってしまうラーメンだ。

この時点で、すでに今年のナンバー1が決まってしまったか…(^^;

尚、明日10日は臨時休業になるそうだ。


tosimon3 at 04:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年04月08日

東西つけ麺対決

●144)鏡花@立川

今月から「東西つけ麺対決」というのが始まっている。

これはラーナビの企画で、東は「鏡花」「喜多楽」「白神」、
西は「しゃかりき」「ぎんや」「晴レル屋」がタッグを組み、
それぞれに共同開発したつけ麺で人気投票をしてもらい、決着をつけようというもの。
「鏡花」と「しゃかりき」は師弟関係のお店でもある。

鏡花説明
決着というのは大げさかもしれないが、
これまで各所で行われてきたコラボ企画の、
また違った展開…ということになるのか…。

ただ、これだけ広範囲のコラボとなると、
食べるほうは大変だ…(^^;

鏡花59
東のつけ麺は『鶏白湯白えびつけ麺』。

名古屋コーチンの鶏白湯に白えび香味油をプラス…
という基本構成だが、麺は細麺。
つけ麺は極太麺じゃなくちゃ…という風潮に、
敢えて挑戦してみた…ということだった。

早速食べてみると…濃厚なつけ汁からは、えびの香りが立ちのぼる。
細麺のせいか、つけ汁の持ち上げがやたらいい。
食べ終るとつけ汁が1/3ぐらいに減っていた。

このつけ麺の食べ方は3種類あるそうで、
第一は麺の上に乗っている “お尻かじり肉(凡尻肉)” を麺に絡めて食べる。
第二はつけ汁の中の叉焼で麺を巻いて食べる。
第三は麺を少し残し、スープ割したところへ投入して食べる…
ということだが、それぞれに違った味を楽しめるのはウレシイ。

来週あたりから麺が変わるらしいので、また行かなくては…(^^;
期間は5月末までとのこと。


tosimon3 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年04月07日

煮干し色…

●143)ふくもり@野沢


かなり久し振りに煮干し補給に寄ってみる。
調べてみたら1月半ばに来て以来だから、3ヶ月も来てなかったのか…(^^;

ふくもり6
『つけぶと』のつけ汁を見てビックリ…
何だかすごい色をしている…っていうか、
“煮干し色” のスープになっている。(^^;

食べてみると、やはり煮干しが濃くなっている。
ハンパな濃さではない。
これだけ濃い煮干しは…伊藤にも負けてない…いやそれ以上かもしれない。

こんなにすごくなっているとは思わなかったが、これは “ウマ〜〜イ” の一言。
エグミも何もすべてブチ込んだ…という硬派な組み立て。
洗練された味とは言い難いが、これはこれで “アリ” の味わい。

いやいや…これは頻繁に通ってしまいそうだ。(^^;


tosimon3 at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(2) らーめん 世田谷区 

2008年04月06日

クオリティの高さ…

●142)宗@高田馬場

有楽町の国際フォーラム広場で開催される「大江戸骨董市」に出店した帰り、
かな〜り腹が空いたので、編集長と一緒にこちらへ寄ってみる。

都内で日曜日も営業してくれているのは、貴重な存在なのだ。
月曜日にも来ているので、今週はこれで2回目になる。

そう6
『地鶏魚玉そば(塩)』
大仙地鶏のスープは、相変わらず美味しい。
このスッキリ感とクオリティは、
コッテリ系の多い馬場では貴重な存在。

魚玉というのは、味玉に魚のソース?をかけたもの。
これは別皿で提供されるのだが、ちょっと変わった味を楽しむことができる。
こういう小業が効くところも、このお店のよいところか。


tosimon3 at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 新宿区 

2008年04月05日

尾道ラーメンというけど…

●141)醤々軒@つくば市

つくば市で開かれた骨董市を見にいったついでに一杯だけ。
午後、資料館にお客さんがくるので、これで帰らなくてはいけないのが残念。

ラーナビで検索すると、この店が一番に出てくるので寄ってみる。

店は3〜4軒が一緒になった共同店舗の一画にあるのだが、
周囲は畑が広がる野中の一軒家風のシチュエーション。(^^;
しかし、店舗は古材をうまく利用した雰囲気のある創りになっている。

醤々軒店
醤々軒






尾道ラーメンの店ということで、
『炙りとろ焼豚尾道』という食券を買ってカウンターに座る。

店内はカウンターの他に小上がりのテーブル席もあるのだが、
昼時ということもあって、その後すぐに満席になってしまう。
やはり地元では人気店のようだ。

ラーメンは魚介系の清湯醤油スープに背脂の粒が浮かぶ “尾道風” だが、
味の構成は化調をベースとしたもので、「柿岡や」を思い出させるもの。

昨年、尾道の「朱華園」で食べたラーメンは全く違う味だった。
なので、ここのラーメンを “尾道” と言っていいものかどうか…(^^;

“とろ焼豚” に魅かれてデフォより200円も高いメニューをチョイスしたのだが、
焼豚は “トロ肉” ではなく普通のバラ肉だった。orz
これは誤解を与える表記なので変えたほうがいいと思うが…

と、何か不満な点ばかり書いてしまったが、
それなりに美味しくいただいたラーメンだったことは確か。(^^;


【尾道らーめん 醤々軒】
茨城県つくば市中内56-2 TEL.029-837-0186
11:30-14:00 18:00-25:30 土日祝 11:30-23:00 P=多数


 *   *   *   *   * 

常磐高速「守谷SA」下り/ビーフカレー ¥540

常磐道SAのカレーを食べるのはこれが初めて。
それだけ利用することが少ないということか…(^^;

守谷SA
ルーは酸味が強め。
トマトが多めに入っている感じだが、
個人的には好きな味。
ライスに比べ、ルーが少ないので、
うまく食べないとライスが余ってしまう。
ライスの味は今一つかな…

5点満点勝手に評価=ルー3.8/ライス2.7/量3.5/総合3.7


tosimon3 at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 茨城県 | カレー

2008年04月04日

ウマいじゃん…

●140)はやと@向ケ丘遊園

久し振りにこちらのお店へ。
もうすぐ日が変わるという時間なのに…ほぼ満席…(^^;
一つだけ席が空いていたので待たずに座れたが、後のお客はしばらく待つことに。

金曜の夜ということもあるようだが、以前より確実にお客が増えているようだ。

はやと6
『はやとラーメン』というのがあったので食べてみる。
前はなかったので鍛冶屋さんに聞くと、
一ヶ月ほど前から始めたんだそうだ。

説明によると「ライトな豚骨に魚粉入り」とあるが、
出てきたラーメンのスープは…
「どこがライトやねん」と思わずツッコミたくなるような濃さ。

ここの豚骨はもともと濃かったので、少しぐらい薄くしてもやっぱり濃いのだ。
おまけにチー油まで入れているというから、“ライト” という表現は当たらない。

しかし、このラーメン…なかなかウマイじゃん…(^^)
最近では、この注文がかなり増えているという…分かる気がする。

tosimon3 at 02:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年04月03日

伊豆高原の春

てるてる餃子

てるてる春巻
遅い昼食をこちらで…
焼餃子が売り切れてしまったというので、
とりあえず「春巻」と「水餃子」。
春巻の皮のパリパリ感がたまらない…


てるてる焼売
こちらは「貝柱入り焼売」と「叉焼まん」。
この叉焼まんは最近のマイブーム。
中に入っている叉焼餡がものすごくウマイ。

今日はこの4品でおなかいっぱい。


【てるてる餃子】http://blog.livedoor.jp/teruteru2000/archives/50944665.html


 *   *   *   *   * 

つばき
これはてるてる餃子の生垣に咲いていた椿。
赤と白のコントラストが見事。
思わずパチリ。



大島桜
伊豆の桜は今が満開だが、
大島桜が多いのもここの特徴。
個人的にはこの白い桜花がかなり好き。



伊豆高原桜
伊豆高原駅から大室山方向へ抜ける道は、
両側のソメイヨシノが見事に咲き揃い、
2キロぐらいにわたって花のトンネルが続く。
今年は花の色も良く、例年になく華やかだ。



 *   *   *   *   * 

●139)唐辛子@伊豆高原

唐辛子筍
例によって帰りがけに寄ると、
最初に出てきたのがこれ…早採りの筍。
今年の初物だ。
茹でただけらしいが、アクもなく美味しい。



唐辛子67
今回も『汁無し担々麺』を食べるが、
今日の具にはタラの芽の天ぷらと筍が入ってる。
『汁無し担々麺春バージョン』ということか。

こういう変化自在のところがマスターの持ち味。
春の香りを満喫できた一日だった。


tosimon3 at 05:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | 

2008年04月02日

トマト〜煮干し

●137)わさらび@沼津市

久し振りに沼津回りで伊豆へ…
わさらびの『トマトそば』の完成品を食べてなかったのだが、
4月になってしまい、まだやっているのかどうか不安だった。(^^;

店に入って塙さんに聞くと、4月いっぱいはやりたい…ということで一安心。
さっそくいただくことに。

わさらび41
イタリア産トマトを使ったスープは真っ赤。
見た目はトマトジュースかケチャップ…(^^;

しかし一口食べてみると、これがウマ〜イ!
何とも不思議な食感なのだが、
ラーメンとしての主張もしっかりと有る。

少し食べてから、小皿で付いてくるオランダ産の粉チーズを投入すると、
スープの味わいがガラッと変化して、更に美味しくなる。
いやいやこれはマイッタ。(^^;

これまで色々なトマトラーメンを食べてきたが、
これほどストレートにトマトを感じられるラーメンはなかった。
昨年のカボチャ(黄)に対して、今年のトマト(赤)…秀逸です。


 *   *   *   *   * 

●138)卓朗商店R@駿東郡

卓朗商店が変わったらしい…というので寄ってみる。(^^;

卓朗R
店の前には「R」と書かれた看板が…
これはRevolutionの「R」だそうだ。
要するに「大変革」ということなんだろうか?

店内の案内によると、月、火、水の3日間が、
『煮干しラーメン』と『和えそば』。

金、土、日は従来のラーメンを提供するという、二毛作店?に変わったようだ。

卓朗6
煮干しラーメンは2種類あって、
普通の煮干しを使ったのが醤油ラーメンで、
塩ラーメンには焼き煮干しを使用とのこと。

とりあえず『焼き煮干しラーメン』を注文。
丼の縁にびっしりと煮干しの粉が付いている。
スッキリとした清湯スープは焼き干しとの相性がいいようで、
普通の煮干しとはまた違った香ばしい香りを十分に楽しむことができる。

従来のラーメンに対して、確かに “大変革” を遂げたと言える味だが、
こうなると『和え麺』も食べてみたくなるのだが、それは次回に…(^^;

ちなみに和えそばは「スタンダード」「納豆」「紀州梅しそ」の3種類。


tosimon3 at 13:31|PermalinkComments(4)TrackBack(1) らーめん 静岡県 

2008年04月01日

2号油そば

●136)ロックンロール1@上鶴間

町田骨董市へ行くついでに、ここで昼飯を…
今日の限定は『2号油そば』…2号ラーメンの油そば版ということか。
(ちなみに “2号” というのは比内地鶏のみを使ったラーメンのこと)

ロック32
最初っからチー油の香りがすごい。
丼の底にあるタレと麺を混ぜ合わせ、
一気に食す…旨い…(^^)

ただ、酢やラー油が用意されていないので、
食感としては “和え麺” になるのかな?

麺が細いのも個人的には物足りないのだが、
こういう油そばはここでしか食べられない。
極太麺でこれをやってくれるとウレシイんだけど…(^^;


tosimon3 at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市