2008年05月

2008年05月31日

黒豚トンコツ煮干しの進化

●227)勇次@町田

先週から始まった、黒豚を一頭買いして作るトンコツ煮干しラーメン。
終了するまでにあと2〜3杯は食べておかなくては…と思っているのだが、
忙しくてなかなか行く時間がとれない。

何とか今日の昼に行けそうなので出かけるが、
月末、土曜日、雨が重なって、あちこちで車が渋滞。
裏道を通って、やっと昼の部終了の10分前に着くことができた。(^^;

勇次91話を聞くと、スープに豚足を入れたとか…。
それによる極端な変化は感じられなかったが、
前回に比べ動物系がしっかりとしてきたか…?

初日は煮干しと鰹節が半々ぐらいの感じだったが、
今日は煮干しが前面に出てきている。
その分苦みなども出てきたことは確かだが、
これは田中さんが意識してやっているそうだ。

微調整を加えながら、やっと完成形に近づいてきたということか。
スープはもう一度とることができるそうなので、
来週末までは何とかあるだろう、とのこと。

但し、叉焼はバラとロースがなくなりそうなので、
その後はモモと前足肉の叉焼になるということだが…前足肉っていうのが気になる。


tosimon3 at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 町田市 

2008年05月30日

伊豆であれこれ…

午後から「伊豆高原アートフェスティバル」参加会員のいくつかを見てあるく。
その一つがいつもお世話になっている平戸焼の「妙登美術庵」。

そして今回一番の目的が「遊庵・麻の実」(http://www.izuarea.com/04a-01.html)。
オールドノリタケのコレクションとしては日本有数のものだという。

色々と説明を受けながら見せていただいたが、さすがにすごい。
展示されているのはコレクションのほんの一部だそうだが、
この期間中しか展示されないというのが惜しい。
常設であれば、見たいという人が何人もいるのだが…

この催しは毎年5月一杯、伊豆高原を中心に開催されている。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


魚磯@伊豆高原

そんな訳で、久し振りに寿司でも食うかと、夕方になってこちらへ…
相変わらず地魚の品揃えは充実している。

クロムツ「クロムツ」
ムツは本ムツ、黒ムツ、赤ムツが知られているが、
黒ムツが一番美味しいかも。
下田で食べたムツよりこちらのほうが美味。
赤ムツはノドグロのことで、ムツの仲間ではない。



アカイサキ「アカイサキ」
イサキという名前がついているが、
イサキの仲間ではなく、ハタ科の魚。
100m前後の深場に棲息する。
本当のイサキより肉質は柔らかめだが美味しい。



オシツケ「オシツケ」
このところお気に入りのネタ。
深海魚のアブラボウズのことだが、
脂分が多いので、食べ過ぎには注意が必要。
一貫だけ炙りにしてもらったら、
これがまた美味しい…クセになりそう。(^^;


サバフグ「フグ」
フグといっても、これはシロサバフグ。
クロサバフグというのもいる。
とりあえず無毒とされるフグなので、
こうして寿司として食べることができる。
これはこれでウマイ。


炙りイサキ「炙りイサキ」
イサキといっても、これはウリンボと言われる幼魚。
皮をつけたまま、さっと炙ったものを食べる。
これは思った以上に美味しい。
ただ、こういう小さい魚を食べるというのは、
ちょっと抵抗がある。



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●226)唐辛子@伊豆高原

常連のTさんの誕生日だというので、帰りに寄ってみる。
いつもの顔が揃うというのはいいもんです。(^^;

唐辛子70マスターが用意してくれたラーメンは、
以前も食べたことのある『スープ焼きソバ』。

4月に発祥の地とされる塩原で食べてきたが、
ジャンクではあるが、なかなか美味しかった。

マスターが作るスープ焼きソバは、
スープが違うので当然本場のものと味は変わってくるが、
出汁がしっかりとしている分、こちらのほうが美味しいのは当たり前。
この味、けっこう好きかも。(^^;


アップルパイTさんのためにマスターが作ったアップルパイ。

ろうそくが3本というのは、1本が20歳?(^^;
そんなことはどうでもいいのだが、
このアップルパイがものすごく美味しい。
とてもマスターが作ったとは思えない…(笑)
こういうのもできるのネ。


tosimon3 at 04:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)寿司 | らーめん 静岡県

2008年05月29日

そんなつもりじゃなかったんだけど…

●223)伊駄天@藤枝市

例によって沼津回りで伊豆へ行く予定で出かけたのだが、
沼津ICの手前で「久し振りに藤枝まで行ってみるか…」と急遽行く先変更。(^^;
伊駄天へ行くつもりじゃなかったんだけど…

四季彩菜麺はまだやっているだろうと思って券売機を見ると…売り切れ…orz
少し前に春バージョンは終了してしまったそうだ。
HPでは告知されていたらしいが、見てなかった…(^^;

伊駄天18そんな訳で久し振りに『本節ラーメン』。

濃厚なスープに鰹節がガッツリと効いて、
以前よりパワーアップしていることが分かる。

製麺屋も変わったそうだが、
麺も確実に美味しくなっていると思う。
東京進出の用意は着実に進んでいるようだ。


【麺行使 伊駄天】 http://www.idaten-ramen.net/main.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●224/225)めんりすと@三島市

今日の予定は当初「わさらび」→「めんりすと」だったのだが、
伊駄天へ行ってしまったため、時間的に間に合わなくなってしまいそうだったので、
「めんりすと」へ先に行くことに。(^^;

新しい限定があるということを聞いていたので、それにしようかと思ったのだが、
ここの鶏白湯をまだ食べていなかったことを思い出してそちらを食べることに。

めんりすと5名前は「し・ろ・ど・り」。

濃過ぎず、薄過ぎずの絶妙なバランスのスープ。
鶏白湯はどんどんと濃くなる傾向にあるが、
このぐらいが一番食べ易い。

ニンニクチップが入っているので、
そちらの香りがやや気になるが、なかなか美味しいんじゃないですか…。


めんりすと6一杯目を食べ終るか終らないかのうちに、
絶妙のタイミングでもう一杯が出てきた。
2杯食べるつもりじゃなかったんだけど…(^^;

イタリアン系冷しラーメンの試作品だそうだ。

野菜がどさっと乗って、見た目「野菜サラダ」。
スープは塩味だが、野菜にかかっているドレッシングを混ぜ合わせると味が変化。
更にレモンを絞ったり、パルミジャーノチーズをかけたりと、
トッピングを加える度に味が変わるマルチテイスト。

残念ながら温玉は黄身が硬目で味の変化に至らなかったが、
半熟の玉子だったら更に味が変わったと思う。

いやいや、これはなかなかオモシロ美味しい。(^^)
こういうの好きですネ〜。

マアそんな訳で、もう一軒は…あきらめざるをえなかった。orz


tosimon3 at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 静岡県 

2008年05月28日

これが支那そば…

●221)笑堂@川越市

川越の骨董市を見にいったついでにこちらの店へ。
骨董市会場のすぐ近くにあるので、食べに行くには都合がいい。

前回は『つけ麺』を食べているので、今日は『支那そば』を…

笑堂1『支那そば』というのだから、
かなりアッサリ系のラーメンを想像していたのだが、
出来上がってきたラーメンは…いやいやスゴイね。

コッテリとした動物系(鶏、豚?)スープに、
魚介をプラスしたWスープだと思うが、
そこに更に大量の魚粉が加えられてスゴイことに。

中太麺を口に入れると、粉のザラザラ感に圧倒されるが悪い食感ではない。
個人的にこういったラーメンは嫌いではないが、それにしてもスゴイ。(^^;

「これのどこが支那そばやネン…」と無言のツッコミを入れながら食べる。
支那そばの定義がある訳ではないのでこれを否定するつもりはないが、
こういう支那そばは過去に記憶がない。


【笑堂】 http://www.shodo1.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●222)鏡花@立川市

入間から帰る途中、立川を通るとなればここに寄らずには帰れない。(^^;
麺が変わったという情報があったので、ちょっと期待しつつ店内へ。

何を食べようかと迷ったが、やっぱり基本の『極醤油』を…

鏡花64麺はこれまでと製法を変えた平打ちの太麺。

いわゆる「真空打ち麺」になったんだそうだが、
このネーミングはあちこちで使われているので、
鏡花の新麺は「減圧そぼろ熟成卵麺」とか。(^^;

以前の麺に比べると
“しなやかさ” と “コシ” の両面が更にパワーアップした感じを受ける。
ツルッとした食感も “キレ” が良くなった印象。

風味の点では醤油をチョイスしてしまったので分かりにくかったが、
偶然一緒になったKさんのつけ麺をちょっと食べさせてもらったところ、
やはり小麦の風味に加え、卵麺らしい風味が加わっている。
なかなか美味しい麺になったと思う。

つけ麺で食べるのが一番分かり易いかも。


tosimon3 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 埼玉県 | らーめん 立川市

2008年05月27日

塩油そば

●220)あぶらっちょ@駒沢大学

用賀に新しくできた「たまがわや」へ行くも、8時過ぎですでに営業終了。
何時頃までやっているんだろう。

仕方ないので、比較的近いこちらの店へ。

あぶらっちょ2
ここへ来るのは3回目?
今日はフツーの『油そば』を。

食べていて気が付いたのだが、
ここのタレは “塩味” なのか?
美味しいことはオイシイんでいいのだが、
ちょっと珍しい。


tosimon3 at 04:32|PermalinkComments(0)TrackBack(1)らーめん 世田谷区 

2008年05月26日

クセになりそうだ…

●219)臨機@西永福

久し振りにこちら方面へ…って雷鳴ってるし、雨も降ってるし…(^^;

臨機限定
店へ入ってカウンターに座ると、
村田さんが「限定ありますよ」と。

そのPOPを見せてもらうと、
『ジンジャー×ジンジャー』という限定麺らしい。
ジンジャーというのは生姜のことだから、
生姜×生姜…って何なんだ…(^^;

POPを読むと、唐辛子と生姜の辛いラーメンらしい。
辛さが「フェザー級」から「おばQ」までって、(^^;
これもよく分からんが、辛いことは確からしい。

臨機5
見た目はかなり辛そうだが、
ライト級にしてもらったので、辛さはそこそこ。
極辛は得意ではないので、この位がちょうどいい。

辛さ一辺倒ではなく、出汁の旨さが分かる辛さ…
生姜を細かく切ったものが入っているので、
これが口に入ると、唐辛子とはまた違った風味を感じる。

いやいや…なかなか美味しい。(^^)
クセになりそうな味だ。


tosimon3 at 05:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 杉並区 

2008年05月25日

こういうつけ麺が好きだ

●218)兵右衛門@茗荷谷

昨夜からの雨で、今日の立川骨董市は出店を見合わせることに。
ということで、午後から護国寺の近くで開かれた郷土玩具友の会の例会に出席。

3時過ぎに会が終了したので、ここまで来たのだからどこかでラーメンを…
と思っても日曜日は休みのところが多く、ましてアイドルタイム。(^^;

ラーナビで検索すると、ここがやっていそうなので行ってみる。

兵右衛門店
兵右衛門
護国寺前の不忍通りを千石に向って歩いて行くと、
何か唐突にこの店が現れる。

周囲にあまり店が無い場所…ということもあるが、
どうしてこんなところに…という疑問も(^^;

つけ麺の評判がいいようなので『もりそば』を注文。
ご主人は弁慶で修行された方のようだが、出てきたのは弁慶とは全く違ったもの。

麺は自家製の平打ちで、カン水少なめ?加水率高めのウドンのような麺だが、
これは個人的にかな〜り好きな麺。

つけ汁はトンコツ清湯系に魚介出汁を加えたもので、
現在トレンドとなっている濃厚魚介とは対極にあるものだが、
これも個人的には好きな味なので、スルスルッと完食。
スープ割も美味しかった。(^^)

'02年5月開店というから7年目に入ったところか。
無化調らしいので、食べ終った後もスープの余韻が心地よかった。

尚、私が食べ終る前(4時)に暖簾がしまわれたので、
データとしては通しなのだが、中休みがあるのかも…


【麺蔵 兵右衛門】
東京都文京区大塚4-41-13 TEL.03-5940-5441
11:30-22:00 定休日=月曜日


tosimon3 at 08:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)らーめん 文京区 

2008年05月24日

黒豚トンコツ煮干しラーメン

●217)オードリー@町田

今日から勇次(オードリー)で『黒豚トンコツ煮干しラーメン』が始まっている。
これは天城黒豚を一頭買いして、黒豚の全てを食べ尽くそうというもの。

昼、夜ともに販売して、スープがなくなるまで続けるということだ。

勇次90
一頭を食べ尽くすということなので、
叉焼はロース、モモ、バラの3種類が入るが、
この叉焼は煮豚ではなく、本格的な焼豚。

3種類を食べ比べてみると、
個人的にはモモが一番美味しかった。
これだけ旨いモモ叉焼は初めてかも。(^^)

久し振りの煮干しトンコツはやっぱり旨〜〜い!
これを機会に、トンコツを復活してくれないかナ〜(^^;


tosimon3 at 04:47|PermalinkComments(2)TrackBack(1)らーめん 町田市 

2008年05月23日

いやいや、これは…

●216)道楽@東海大学前

秦野のジャスコで開かれている骨董市を見に来たついでに、
最近評判の良いこちらの店へ…

ご主人は伊勢原で「楽」というお店をやってらした方。
昨年の3月にオープンしているので、やっと1年が過ぎたところ。
奥様との二人三脚…あうんの呼吸が素晴らしい。

道楽店
道楽







ラーメンは、楽時代とは違う煮干しが効いた清湯系のスープ。
自家製のザクッとした舌ざわりの麺がスープによく絡み、
奇をてらったところのない、バランス重視の味にご主人の年季を感じる。

無化調ながら物足りなさは全く無く、十分な旨味が口中に溢れる。
いやいや…これは美味しい。(^^)
近ければ通ってしまいたくなる店だ。


tosimon3 at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 神奈川県 

2008年05月22日

伊豆にて…

天気がいいので、ちょっとドライブに…

先週振られた日本蕎麦の「茶や@板見」に再び寄ってみると、
今日は蕎麦粉がなくなってしまって、ご飯物しか出来ないという。orz
またまた振られてしまった…(^^;

魚どんや店仕方ないので下田まで走り、
道の駅「開国下田みなと」内にある
「魚どんや」という回転寿司へ。

ここは前に一度来て食べているが、
シャリが甘くてあまり良い印象がなかった。

もう一度食べてみて、それがたまたまだったのかどうか判断しようと思ったのだが、
結果は前回ほどではないが、やはりちょっと甘いかな…という感じ。
マア今日ぐらいであれば許容範囲なのだが…

地魚が前より充実していたのは新しい発見。
値段もリーズナブルなので、たまに食べるにはいいかな…(^^;

メジナ「ムツ」
照り焼きでは定番の魚だが、
寿司ネタとしても旨い。





ムツ「アオダイ」
伊豆七島付近での漁獲が多い魚。
高級魚として扱われる。
皮を付けたまま表面をさっと炙ったものが、
寿司ネタとして使われる。
これは絶品。


アオダイ「メジナ」
磯釣りでターゲットとされる魚だが、
一般的にはあまりお目にかかれない。
冬場のメジナは旨いが、
夏場にはちょっと磯臭くなる傾向がある。



犬走り島
下田湾






左上は下田湾の真ん中にある犬走り島。
堤防が続いているので、良い釣り場として知られている。
以前はよく釣りに来たものだ。
今日も南西風が強いにもかかわらず、釣り人が竿を出す。

右上はその堤防から見た下田市。
急峻な山がすぐ後まで迫っているのが分かる。
160年前、ペリーも同じ景色を見ていたのだろうか…


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●215)唐辛子@伊豆高原

今日は何を食べようかと店に行くと、マスターが「手打ち麺があるよ」と。
おお!久し振りの手打ち麺ですか…
ならば『つけ麺』で食べるしかないでしょう。(^^;

唐辛子69
いつもながら具沢山のつけ麺。

麺はマスターが気まぐれで作るものだが、
青竹打ちの本格的なもの。
モチモチとした食感がたまらない。

これがいつもあるとウレシイのだが、
何しろ “気まぐれ” なので…(^^;

いつもあるとは限らないので、あるときに当たると “ラッキー” という訳だ。


tosimon3 at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)寿司 

2008年05月21日

わさらびの新作は6月から

●214)わさらび@沼津

いつも通り、沼津回りで伊豆へ。(^^;
まずはこちらへ寄ってみると、「ちょっと待ってもらえます…」と塙さん。

わさらび43しばらくして出来上がってきたのがこのラーメン。

かけラーメン状態なのは試作品のため。
一口スープを飲んでみると…
おお!これは鯛じゃないですか…(^^;

6月から出す『鯛ラーメン』のプロトタイプ。
鯛の頭と鯛干しを使っているそうだが、
いわゆる “潮汁” 仕立てのラーメン…といった味わい。

具についてはまだ決めていないということだが、
あれこれと入れないこの “かけ” 状態が一番美味しいんじゃないだろうか?

ここで色々と話をしていたら遅くなってしまい、
もう一軒寄ることができなくなってしまったが、
鯛ラーメンの余韻を楽しむためにも、今日は一杯でやめておこう。(^^;


tosimon3 at 11:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)らーめん 静岡県 

2008年05月20日

ハイテクラーメン

●211)宗@高田馬場

静岡から静岡人さんと親父さんが来ているので、N君を誘って食べ歩き。
「宗」で待ち合わせたのだが、ここへ来る前に「渡辺」で食べてきたという。(^^;

そう7宗で食べたのは『トマト王子』。

麺はトマトが練り込まれた赤い麺と、
普通の白い麺の合わせ盛り。
つけ汁は濃厚魚介トマト味…

上に乗っている挽肉のようなものは、
イカのゲソを細かくして味付けしたもの。
こういう形でイカを使うという発想はさすが…一風変わった風味と食感が新鮮。

最初はペペロンチーノ風の和え麺として味わい、
つけ汁に浸けて食べれば、和風イタリアン…と、なかなか楽しませてくれる一品.
トマトを前面に出さない、変化球勝負が面白い。

ただ、麺が丼に入って出てくるので、せっかくの2色麺が隠れてしまうのは残念。
平皿に盛りつければ、視覚的にも良かったのではないか…(^^;


麺屋 宗=http://ameblo.jp/menya/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●212)たくら@池袋

宗で食べた麺の量が意外に多かったため、しばらく休憩をしていると、
静岡人さんが「面白い店があるんですが…」という。

何でも電磁調理器が机の上に用意されていて、これを使いながら食べると、
スープが冷めないという仕掛けらしい。
それは面白いと、行ってみることに…(^^;

たくら店店の外観は、知らなければスルー必至。
「まいしゃぶ」というのは何なんだ…(^^;





たくらIHこれが噂の「IHヒーター」
カウンターの上に一人分づつセットされていて、
食べるときに下の電源スイッチをオンにすると、
器は熱くならず、中身だけが熱くなる仕組み。
これはなかなかのアイデアものだ。


たくら食べたのは『鶏にぼ醤油ラーメン』。
鶏ベースのスープに煮干し(節系も)が効いて、
太目の麺との相性も悪くない。
いやいや思ったより美味しいですヨ。(^^;

この麺はつけ麺に合いそうなものなので、
つけ麺で食べたほうがいいと思うし、
IHヒーターの効果も実感できるはずなのだが、何せ腹が空いていないので、
全員ラーメンを食べることになってしまった。orz

豚しゃぶとのセットもあるようだが、100円高いだけなのはお得かも。
もっと腹の空いているときに、再訪してみましょう。(^^;


【我流軒 たくら】
東京都豊島区東池袋1-42-12 TEL.03-5958-1751
11:00-23:30 無休


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●213)大喜@湯島

静岡人さんがこちらへ行きたいというので、久し振りに訪問。
確か昨年1〜2回は来ているはずなのだが、何ヶ月振りだろう。

大喜2お目当ての限定がなかったので、
ここでは未食の『もりそば』を食べてみようと、
食券を買った後で気が付いた。
つけ麺は麺の量が1.5倍じゃないか…orz

麺が思ったより柔らかい。
柔らかいのは嫌いではないが、
これはちょっとヤワ過ぎ。(^^;

この店は一般的に評価は高いのだが、私との相性が悪いようで、
来る度にガッカリさせられることが多い。
今日のもりそばも、どちらかというと “美味しくない” 部類に属するものだった。

tosimon3 at 04:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)らーめん 新宿区 | らーめん 豊島区

2008年05月19日

有りそうで無い…

●210)ふくもり@野沢

雨の中、八蔵へ行くも8:20で既に閉店…雨で早じまいしたか?(^^;
仕方がないので、ちょっと戻ってこちらの店へ。

最近の煮干し補給は勇次に代わって、こちらへ来ることが多くなった。
多くなったとはいっても、1ヶ月に1度ぐらいだが…

ふくもり7今日は久々に『塩中華』を。
つけ麺のスープがやたら濃かったので、
ラーメンの方も濃くなっているのかと思ったが、
こちらは以前と同じようなレベル。

とはいっても、濃いことには変わりない。
太麺をガッチリと受け止めるスープは、
かなり塩分強めながら、しょっぱさを感じさせない絶妙のバランス。
こういうラーメンも有りそうで無い。


tosimon3 at 04:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 世田谷区 

2008年05月18日

言葉は不要

●209)オードリー@町田市

いつものように煮干し補給…ではなく、エビ補給に…(笑)
最近はここの『エビ鶏白湯つけ麺ゆず』がお気に入り。

勇次89この旨さは、もう絶品。
何でこんなに旨いのだ…と思うほどウマイ。(^^)

全く雑味のないつけ汁。
これだけでもこのつけ麺の価値はある。

言葉は不要…ただひたすら食べるべし。


tosimon3 at 03:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 町田市 

2008年05月17日

新潟〜長野(2)

●206)熊人@上田市

長野市のMウェーブで開かれている骨董市を見た後、高速に乗って上田市へ。
この店へ来るのはこれで4回目?ぐらいになるだろうか。

ここの青竹打ち、完全手切りの麺の美味しさを覚えてしまうと、
ついでじゃなくても食べに来たいと思ってしまう。

熊人3小合沢さんが「変なのあるけど食べますか?」
というので、食べさせていただくことに…

出てきたのは、何と真っ赤なつけ汁のつけ麺。
一瞬辛い系のつけ麺かと思ったが、
よくよく見ると…トマトじゃないですか…

今年はトマトが旬なようだが、ちゃんとその辺も押さえているのはさすが…(^^;

つけ汁はトマト全開のものだが、何かどこかで食べたような…?
後で聞いたら、これはトマトジュースを使っているそうだ。
なるほど…そういうアプローチもあったのネ。(^^;

複雑な味の構成ではないが、これはこれで “アリ” の味。
粉チーズを入れると、酸味が中和されてまろやかになり、美味しい。
今回は細麺だったが、太麺で食べてみたいと思った。

まだ試作段階のようだが、今年の夏は『トマトつけ麺』で決定?


熊人HP=http://kumajin2005.hp.infoseek.co.jp/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●207)寸八@松本市

上田から三才山トンネルを経由して松本へ抜ける254号線は、
1月に来たときは一面の雪景色だったが、今はむせかえるような緑の洪水。
標高が高い(約1000m)せいか、爽やかな空気が美味しい。(^^;

昨年暮れに移転したこちらの店、以前にも増して盛況らしい。
こちらも熊人同様、長野の定点観測のお店になってしまった。

寸八4メニューを見ると、何やら限定がある。
『68パンチつけ麺』…こりゃいったい何だ?
という訳で食べてみることに…(^^;

出来上がってきたのは、二郎系?のつけ麺。
何でも、今年2月に松本にオープンした、
二郎インスパイアの「麺とび六方」とのコラボとか。

麺はゴワゴワッとした極太のもの…これは味といい、食感といいよく出来た麺。
つけ汁は濃厚豚骨をベースに、八丁味噌をアレンジしたもの。
そこに刻みニンニクがこれでもかっ、と乗っている。(^^;
叉焼も大きなものがゴロゴロっと…
麺よりつけ汁のほうが確実に量が多い。orz

いやいやこれはすごい…名前通りに “パンチ” 感十分のつけ麺。
麺の量はそれほど多くなかったので完食したが、
ここが3軒目だったらおそらくギヴアップしていただろう。

ちなみに「68」というのは、六方の「6」と寸八の「8」だとか。(^^;


寸八日記=http://yaplog.jp/zunpachi/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●208)佑庵@岡谷市

岡谷まで一般道を走って来て、少し腹が減ったかな…という感じなので、
前回(3月)に食べて美味しかったこちらの店へ。
夜の部は5:30からなのだが、10分程前に着いてしまった。

店内をのぞくと、すでにお客さんが入っているようなので、
入口のところでウロウロしていると、ご主人が出てきて、
「中でお待ち下さい」と店内へ入れてくれた。

今日は暖かいので外で待っていても平気だが、
ここは冬は寒いところなので、こういう配慮は有難い。

佑庵1もう一度『佑庵ラーメン』と思ったが、
『あっさり醤油ラーメン』というのがあったので、
そちらを食べてみることに。

鰹出汁の効いたスッキリ系のラーメン。
細い縮れ麺がちょっと弱い感じはあるが、
動物系、魚介系のバランスがイイ。

やや化調感があるが、このぐらいは許容範囲…できれば使ってほしくはないが…。

帰るときになって、ご主人とちょっと話すことができたが、
「佑庵ラーメンのスープは、かなり進化してますよ」って…
何で最初にそれを言ってくれないの…(^^;

でもここで2杯は…ちょっとキツいので、楽しみは次回に…ということで。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


長野自動車道上り「小布施PA」/フルーツカレー ¥500

夜のうちに長野まで移動して、会場に一番近い小布施PAで朝まで寝ていたのだが、
ここでも朝飯代わりにカレーでも…(^^;

小布施PA上ここには『フルーツカレー』というのがあった。
さすがフルーツ王国長野県!(^^;

リンゴなどが入っているらしく、すごく甘い。
ただ、いやな甘さではなくスッキリとした味。
なかなか美味しい。

そして特筆すべきは “ライスが旨い!” ということ。
これまで食べたカレーの中ではダントツの旨さで、かなり満足できるカレーだった。


勝手に5点満点評価=ルー4.2/ライス4.6/量3.6/総合4.3


tosimon3 at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 長野県 | カレー

2008年05月16日

新潟〜長野(1)

●203)いち井@長岡市

新潟の長岡と、長野市で骨董市がひらかれるので、まずは長岡へ出かける。
そのついでに、長いこと宿題店になっていたこちらの店へ。

新潟へは4月にも来ているのだが、この店は昼しか営業していないので、
骨董市を見終わってからだと、時間的なこともあり来ることが出来なかった。

長岡市では既に有名な “行列のできる” ラーメン店。
12時半頃に着くと約15人ほどの行列…やっぱりすごいネ。(^^;

それでも回転はいいようで、20分ほどで店内へ。

いち井店いち井







アゴ出汁を使った塩が人気らしいので『焼きアゴ塩』を注文。
思ったより早く出てきたラーメンは、なかなかいいルックス。

期待をしてまずスープを一口…あれっ?アゴの感じが分からない。
その代わりに桜エビの香りが強い。(^^;
桜エビなんか入れなくたっていいと思うのだが…

ウ〜ンこれはなんだかもったいない…と思いながら食べ進むと、
今度は徐々に化調感が強くなってくる。

あらら…こんなに化調が強かったとは…これはもういけません。
期待を裏切られてガックリのラーメンだった。
化調に頼らなくたって、美味しいラーメンは作れそうなのに…。


【いち井】
新潟県長岡市曙1-1-5 TEL.0258-37-6521
11:30-14:30 土・祝=11:30-15:00 定休日=日曜、第一月曜 P=有


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


木火窯

ここへ来たからには…と友人の陶芸家、今(こん)君のところへ。

木火窯過去2回の大きな地震を受け、
その度に壊れた窯がやっと組み上がり、
初窯に向けて作品を入れている最中だそうだ。

6月11日〜17日まで、銀座松屋7階の美術サロンで、
「今 千春作陶展」が予定されているそうなので、
興味のある方はぜひ行ってみて下さい。

今 千春HP=http://www.konchiharu.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●204)ぶしや@長岡市

こちらは、今君が「美味しいラーメン店が出来たので…」と案内してくれた店。

今君はかなりのラーメン通で、県内のラーメン店には随分と詳しい。
彼のイチオシ店なら大丈夫だろうと、食べてみることに。(^^;

ぶしや店ぶしや







店名から分かる通り、濃厚な豚骨スープに節粉の効いたラーメン。
首都圏では珍しくないラーメンだが、こちらではまだ少数派なのか。

麺は中太のストレートだが、これは自家製麺らしい。
スープとのバランスも良く、なかなか美味しい。(^^)

食べた感じは、似ているとすれば「田ぶし@高円寺」あたりか…
店名も何となく似てるしネ…(^^;

他のお客さんが食べていたつけ麺が美味しそうだった。


【麺香房 ぶしや】
新潟県長岡市関原1-4582-1 TEL.0258-46-6938
11:00-14:30 17:00-21:00 定休日=月曜日 P=有


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●205)花果山(かかざん)@上越市

明日は長野市で骨董市があるので、夜のうちに長野まで移動することに。
その途中、上越市でもう一杯食べることに。(^^;

「あごすけ」などは食べたことがあるので、地元の人気店らしいこちらへ。
店の創りなどからすると、老舗といえるような店なのか?

花果山店花果山







醤油ラーメンは、鶏主体?のアッサリ系で東京ラーメン的なもの。
思っていたものとはちょっと違うかな…

麺は自家製のようなのだが、加水率が高いせいか、ややノビが早い。
それと麺に味がないというか、スープとの一体感に欠けるところがある。

叉焼はちょっとクセ(薫香?)があるが、なかなか美味しい。
食べてみると、一つひとつの素材はそれぞれ美味しいのだが、
まとまりといった点ではどうなんだろう?


【らあめん 花果山】
新潟県上越市中央1-13-18 TEL.025-545-9722
11:00-14:00 17:30-21:00 定休日=水曜日 P=有


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


関越道下り「谷川岳PA」/ビーフカレー ¥450

長岡へ向う途中、眠くなったのでここで朝まで仮眠。
8時過ぎると食堂がやっていたので、朝食代わりにカレーを一杯。(^^;

谷川岳PA下見た目はすごく美味しそうだが、
味は…フツーのカレーライス。

ルーはやや辛で寝起きに食べるにはいいか…(^^;
何となく小麦粉入れすぎっていうか、粉っぽい。
この値段からすれば大健闘なのだが。


勝手に5点満点評価=ルー3.2/ライス3.2/量3.8/総合3.3

tosimon3 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 新潟県 | カレー

2008年05月15日

たまには文化の息吹を…

東山魁夷展

たまには文化的な活動でも…と、竹橋の東京国立近代美術館で開かれている、
生誕100年を記念した「東山魁夷展」を見に行く。

東山近美今更説明の必要もない日本画の巨匠。

99年に亡くなってはいるが、
その名声は年を追うごとに高まっている。

この画家については、私にも想い出がある。
それは以前勤めていた出版社で、
東山魁夷の作品集を担当した際であった。

東山作品が描かれたその場所を特定するために、あちこちと取材をしたことがある。
作品は「残照」「光昏」「郷愁」など数点であったが、
どの場所で描いたか…をピンポイントで特定するのは本当に難しかった。

しかし、難しければ難しいほど面白い仕事だった。
自分はこういう仕事に向いているのだ…と、マジにその時思ったものだ。(^^;
残念ながらその後、そういう企画はなかったが、
今でもその依頼があれば、無償でもやってみたいと思っている。

展覧会は5月18日まで。

東山残照「残照」






東山白夜「白夜」







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●201)磯野@須田町

鴨を使ったラーメンが食べられるというので、これは行かねば…と初訪問。

磯野店磯野







思ったほど鴨は前面に出ていなかったが、バランスのとれたラーメン。
キリッとした醤油はキレがあり、なかなか美味しい。
ストレートの中太麺もよく合っている。

ただ、岩海苔はこれに必要かどうか…気になるところ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●202)大山〈神田店〉@内神田

12日に新規開店した「大山 神田店」…以前勤めていた出版社のすぐ近く。
もう少し早く開店して欲しかった…(^^;

影島さんはしばらくこちらにいるそうだ。

大山5『えび塩スパイシー』¥850

tosimon3 at 01:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)食・一般 | らーめん 千代田区

2008年05月14日

伊豆で色々と…

●199)唐辛子@伊豆高原

久し振りに伊豆へ来たので、昼はやっぱりここへ。
水曜日は基本的に休みなのだが、今日はやっているというので…(^^;

唐辛子68このところ『汁無し担々麺』ばかり食べていたので、
今日はレギュラーの『担々麺』を初級で。(^^;

見た目は全く担々麺に見えないが、
食べると確かに担々麺。
この視覚と味覚のギャップが面白い。


もう少し辛くてもいいかな…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


誰も乗れないブランコ

伊豆の海沿いに、誰も乗れないブランコがある。
先日、「日本の珍百景」というTV番組で放映されたもの。
釣りの行き帰りにいつも通っていたところなのだが、全く気付かなかった。

ブランコ1ブランコ2







場所はR135沿い、下田市の白浜の少し手前。
「尾ヶ崎ウィング」というパーキングがあるのだが、そこの50mほど先、
「アロエの里入口」という看板のあるところ。

市がこの周辺を整備した時にブランコをかけたということだったが、
なかなか粋なことをしたものだ。
乗ってみたいという方は、決死の覚悟でどうぞ…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


日本蕎麦「誇宇耶(こうや)」

白浜の近くまで来たので、たまには日本蕎麦でも…と思い板見の「茶や」へ行くも、
営業は終了していた。orz

河津在住のマイミクさんの日記で見て、一度行ってみたいと思っていたのだが、
営業時間が11時〜15時というところまではチェックしてなかった。
ラーメン店に振られるだけでなく、蕎麦屋にまで振られるのか…(^^;

マアそんな訳で、気分は蕎麦モード…なので、帰る途中にあるこちらの店へ。

伊豆ではけっこう有名なお店らしいのだが、食べるのは初めて。
この店の前はしょっちゅう通っていて、店の存在は知っていたのだが、
思いがけないところからこの店の名前が出てきた。

それは、わさらびの塙さんからであった。

塙さんの友人に柳澤さんという方がいるのだが、
この方がここで修行して、神田淡路町で「眠庵」という蕎麦店を開いている。

そんな関係で、眠庵には私も何回か足を運んいるのだが、
ルーツであるこの店へ一度は来てみたいと思っていた。

こうや店こうや







堂々とした創りのかなり広い店で、店内には小さな囲炉裏があったりと、
それらしい雰囲気の演出もさりげなく出来ている。

取りあえずは『ざる』を注文。
薄緑がかった色の蕎麦は、香り、食感とも申し分ない。

つけ汁はやや甘めのものだが、このぐらいが私の好み。
江戸っ子のように、ちょっとだけ汁に浸けてズズ〜ッとすすり込む…
なんていう食べ方は、私にはできない。(^^;

蕎麦全体をドップリと浸けて食べるほうが好きなので、
ここのつけ汁はちょっと足りない感じだが、美味しくいただくことができた。


【手打ちそば 誇宇耶】 http://www.sobako.ne.jp/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●200)共楽@稲取

これまで何回か来ているのだが、いつも振られてばかり…。
帰りにちょっと様子を見に寄ってみたら、やってましたネ。

昨年、伊豆高原から移転をしたのだが、いつになっても再開してなかった。
ご主人に聞くと、今年の2月から営業していたという。

確か3月に一度来ているのだが、そのときも店は閉まっていた。
定休日が木曜だそうなので、たまたま休みの日に来てしまったのだろう。(^^;

腹は空いていないが、せっかくなので入ってみることに。

共楽店共楽6とりあえずは『中華そば』を。

以前と味は変わっていない印象だが、
やはりスープの劣化がやや気になる。

ここは通し営業をしているので、
その間、スープには常に火が入っている。
なので魚介系はどうしても劣化が進んでしまう。
これが改善できれば、もっとスッキリとした味になると思うのだが…(^^;


【中華そば 銀座 共楽】
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取561-1 TEL.0557-95-0227
11:00-22:00 定休日=木曜日

tosimon3 at 22:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)らーめん 静岡県 | 食・一般

2008年05月13日

和え麺2杯

●197)卓次朗商店@

久し振りに伊豆…なのだが、やはりその前に先週休みだったこちらへ。

店に入ると、あれ…ずいぶんとお客さん入ってますネ〜(^^;
田中さんけっこう忙しそうです。

卓次朗9ここへ来た目的は『桜エビ和え麺』(だったか?)
要するに、桜エビの香味油の効いた和え麺。

極太麺が相変わらず激ウマ。(^^;
麺が太いので、桜エビうどんを食べているようだが、
この麺と桜エビの相性がいいネ〜。

別にスープが付いてくるのも嬉しい。
麺を3/4ほど食べたところで、このスープを丼に投入。
これで “桜エビラーメン” ができるのだが、これがメチャメチャ美味しい。(^^)

麺の量は150gあるそうなのだが、何だかすご〜く少なく感じてしまう。
これなら大盛りでもいいぐらいだ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●198)卓朗商店「R」@駿東郡清水町

引き続いてこちらの店へ。
ここにも和え麺があるのは、前回来たときに確認済み。

実は他のブログで納豆入りの和え麺があるのを見ていて、
どうしても食べてみたいと思っていたのだが、
メニューにはtpとして納豆はあるが、目的の和え麺はない。

『季節の和え麺』というのがあったので内容を聞くと、
トマトとバジルの和え麺だというので、それをいただくことに…。

卓朗7大きな皿状の器で出てきたのは、正しくイタリアン。
こういうのも出来るのネ…という感じ。

混ぜないで食べてみると、バジルの感じがしない。
よく見ると下のほうにバジルソースがあった。
これを混ぜることでイタリアンの感じが更に強くなる。

トマトの酸味はそれほど強くないが、
このぐらいのほうが和え麺としての美味しさがよく分かる。

ここでもスープが付いてくるのだが、このスープは別に飲んだほうがいいと思う。
口の中がスッキリとして、余韻が持続する。


tosimon3 at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 静岡県 

2008年05月12日

筍掘り〜アリランラーメン

ダム湖なごみ農園眼前のダム湖


勇次の田中さんが、ラーメンの具として使う筍を掘りに行くというので、
朝3時半に待ち合わせて、常連のHさんと共に房総「なごみ農園」へ向う。

途中で寄り道をしたりして、7時頃に到着。
3月に来たときには水位が2mぐらいも下がっていたダム湖は、
青々とした水を満々とたたえていた。
これならルアーを持ってくるべきだったと後悔。(^^;

卵かけご飯なごみ農園ではいつものように、
西田さんが用意してくれた鉄釜炊きの合鴨農法米に、
名古屋コーチン、アローカナ、合鴨の玉子。

この「玉子かけご飯」が文句無しに旨い。
これを食べたいがために、
ここへ来ているといっても過言ではない。(^^;

竹林食後は今日の目的である “筍掘り” に…。

なごみ農園の周囲にも竹はあるのだが、
少し離れたところにある竹山へ向う。
この近辺で一番美味しいといわれているそうだ。


筍掘り一山すべてが太い孟宗竹で覆われている。
斜面に生えているので足下が滑るが、
掘り出すとそんなことは忘れて熱中してしまう。




竹の子結局2時間ほどで掘った筍は約100本。
これを西田さんのところへ持ち帰り、
大きな釜2つを使って灰汁ヌキ。





天ぷら蕎麦昼は西田さんの奥様が用意してくれた蕎麦。
付け合せに野菜や魚介の天ぷらがどっさり。
いや〜旨〜〜いっ!(^^)

テーブルの真ん中にあるトマトは、
同行してくれた高梨さんが持って来てくれたもの。
一口食べてビックリ!
こんな甘いトマトは初めて食べた。

いやマジで甘いのだ…これは野菜というより果物の甘さ。
一緒にいただいたプチトマトもこれに劣らず甘い…こんなトマトがあったとは…


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●196)八平@千葉長南町


「アリランラーメン」というものの存在を知ったのは昨年だった。
何でも竹岡式、勝浦担々麺と並ぶ千葉の三大地ラーメンとか。

これは食べておかなくてはと、密かに機会を狙っていたのだが、
やっとチャンス到来…なごみ農園から帰る途中、長南町でちょっと寄り道。(^^;
と思ってナビに住所を入れて検索するが、目的地周辺しか出てこない。
とりあえず行けばわかるだろうと、山あいの道を走る。

だが、ナビが示したあたりにはラーメン店どころか、人家もちらほら。
とてもラーメン店があるような場所とは思えない。
同行の二人も「こんなところにラーメン店がある訳ない」と否定的。(^^;

途中の雑貨屋で場所を聞くと、もっと先へ行ったところだという。
半信半疑で車を走らせると「らぁめん」と書いた看板が見えた。
そこから更に脇道へ入り少し行くと、谷間になったような場所に店が見えた。
いやいやこれは…と3人ともア然、絶句するしかなかった。

この場所へは昨年移転したそうだが、
「移転してここかいっ!」と思わず突っ込まずにはいられない。(笑)

最初2人は腹が一杯なので、車の中で待っているということだったのだが、
この光景を見たからには食べずには帰れない…という気になったようで、
私と一緒に店内へ。(^^;

八平店八平







店内は全くもってレトロそのもの。
建物は市原市にあった昭和初期の納屋を移築して改装したものだそうだ。

取りあえず、『アリランラーメン』を注文。
出てきたものは、真っ黒な色をしたスープの上に、
タマネギ、ニンニク、ニラ、豚肉を炒めたものが乗ったラーメン。

スープの味は、どちらかというと竹岡式に近いもの。
見た目ほどはしょっぱくなく、タレはおそらく叉焼の煮汁だろう。
タマネギの甘さなんだろうか?自然な甘さとニンニクの辛さが心地よい。

麺は、これも予想に反した低加水中太のストレート麺。
これが具やスープに驚くほど合っていて…いやいやこれは美味しい。(^^)
化調感があまり無いのも嬉しい。

今日からラーメンの(小)以外は50円値上げしたということで、
アリランラーメン(中)は700円だった。
ちなみにアリランラーメンは(中)と(大)しかない。(のは何故?)

しか〜し、こんな場所でこんなラーメンに出会えるとは…
正にサプライズの連続だった。


【アリランラーメン 八平(旧店名:古市商店)】
千葉県長生郡長南町山内813-1
11:00-18:00 定休日=水曜日


tosimon3 at 17:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)らーめん 千葉県 | 食・一般

2008年05月11日

母の日〜ミニ遠征

「母の日」なので、母親を連れて近くの魚屋路(回転寿司)で昼食。

イワシイワシ






カツオ初ガツオ






ブリブリ






ホウボウホウボウ







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●192)四天王馬事公苑店@用賀


四天王なぜか四天王







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●193)鏡花@立川市

何故かN君とミニ遠征に…

鏡花63







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●194)孫市@西国立

孫市1







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●195)無坊@東八道路

無坊3今日から始まった『明太子つけ麺』

tosimon3 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)寿司 | らーめん 東京都下

2008年05月10日

マイブーム…

●191)大山家@武蔵境

夜になって、例のごとく小平経由でこちらの店へ。(^^;

雨なので、お客さん少ないかと思ったら、けっこう混んでる。
私が入ったときは数席空いているぐらいだったが、
食べ終って帰るときには10人近くが後で待っている状況。
いやいや人気あるんですネ〜(^^;

大山家40一ヶ月以上もご無沙汰してしまったが、
この店の前はしょっちゅう通っている。
ただ、どこかで食べてきた帰りが多いため、
横目に見ながらスルー…ということになってしまう。

今日も『つけ麺』…これがマイブーム。(^^;
あちこちで色々なつけ麺を食べるが、
ここのつけ麺が一番口に合っている。

今日のつけ汁の中には、いつもと違う叉焼がゴロゴロと入っていた。
叉焼が変わったのかどうかは聞いてくるのを忘れたが、美味しかった。(^^)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名高速上り「牧之原SA」/ビーフカレー ¥500

名古屋からの帰り、慈庵で食べられなかったこともあり、
日が変わってからここで一休み。

ついでにカレーを食べてみることに。

牧之原上り

tosimon3 at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 東京都下 | カレー

2008年05月09日

名古屋〜岐阜

●188)喜多楽@名古屋市

骨董市を早めに切り上げて、まず最初にこちらの店へ。

ここへ来るのは昨年(6月)に続いて2回目なのだが、
昨年はあまりの暑さでいきなり『ぶっかけ』を食べてしまい、
ここの基本のラーメンは未だに食べてない。(^^;

今日ここへ来た目的は、現在行われているラーナビ主催「東西つけ麺決戦」の
『白エビ鶏白湯つけ麺』狙いなので、またまたデフォは食べられない…(^^;

この東西つけ麺決戦というのは、東陣営が『鏡花」「白神」「喜多楽」、
西陣営が「しゃかりき」「ぎんや」「晴レル屋」が参加して、
それぞれの陣営で同一テーマのつけ麺を提供し、
人気投票をしてもらおうという企画。(6月末まで)

ちなみに10日現在では、東1011票に対し西940票となっている。      

喜多楽1そんな訳で注文は『白エビ鶏白湯つけ麺』。

3店とも同じ食材を使っているので、
当然、味に大きな違いはないはずなのだが、
食べてみると細かいところで違いが見える。

マアこれは作り手が変われば当然のことなのだが、
こういう違いを味わうのも一つの楽しみ。

ここで一番違うと思ったのが麺。
同じ製麺屋さんで一括して作っているので、差は出ないかと思ったのだが、
何か食感が違うのだ。

全粒粉の入った麺なので、かなりザラッとした舌触りは鏡花で経験済みなのだが、
ここの麺は、そのザラつき感が無く随分と表面が滑らか。
何が原因なのかは分からないが、水の違いとか、温度の違いとか、
色々な原因があるんでしょうネ。(^^;

この後、白神@関市へも行きたかったのだが、時間的に無理なので、
夜の部に行くことにして、こちらでもう一軒食べることに…(^^;


【麺屋 喜多楽(きたら)】
名古屋市中区橘1-28-6 TEL.052-332-5515
11:00-14:00 18:00-23:00(S切れ終了) 定休日=月曜日

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●189)こくや原田店@名古屋市

という訳で、やってきたのがこちらの店。
「こくや@東別院」という三吉系の店の2号店ということだ。

本店は、かなり前に一度食べたことがあるが、三吉を踏襲した味だった…
と記憶しているが、はっきり言って “忘れてます” (^^;

こくや店こくや







店はものすご〜く分かりにくいところにある。(^^;
裏路地系といってもいいほどの場所で、店の写真もヒキが無くて撮りづらい。

店内はレトロっぽい創りのもので、雰囲気はすごくイイ。
何を食べようかと迷ったが、取りあえずは『醤油ラーメン』を。

ちょっと特殊な感じのする醤油…溜り系の醤油だろうか?
丸みのある醤油ではなく、やや尖った感じがあり、しょっぱさもある。
細丸縮れ麺との相性は悪くないのだが、このスープの味は好みに合わない。(^^;

ある意味個性的ではあるのだが、好き嫌いが分かれそう。
塩の評判が良さそうなので、次の機会があったらそちらを食べてみましょう。


【こくや 原田店】
名古屋市中区栄3-2-115 TEL.052-251-5981
11:30-14:30 18:00-22:00 定休日=日曜日

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●190)白神(はくしん)@関市

名古屋を出て、途中で時間をつぶしながら6時少し前に店に着くと、
すでにお客さんが中に入っているのが見えた。

白神店白神店1







ならば…と店内に入ると、何と私を含めて4人が待っている状態。(^^;
カウンター席と小上がり席を含めると、20近い席が埋まっている。
こんな場所(失礼)で、それも平日の夕方に、
これだけのお客さんが来ているということは、それだけ人気があるということ。

店のある場所は、右上の写真のように田圃のど真ん中。(^^;
周囲に店があるわけでもなし、本当に美味しいからお客が集まってくるのだ。

白神ここでも『白エビ鶏白湯つけ麺』を食べる。
こちらの麺も同じ麺を使っているのだが、
どちらかというと鏡花に近い食感だった。

つけ汁の濃厚さも申し分なく、
スルスルと食べ切ってしまったが、
他のお客さんが食べていたつけ麺の麺が
やたら美味しそうだった。(^^;

この後の予定がなければ、通常の麺でもう一杯食べたいところだったが、
未練を残しつつ店を後にする。


【麺屋 白神】
岐阜県関市巾2-144-6 TEL.0575-25-0656
11:30-14:00 18:00-22:00(日曜夜は21:00) P=15台(共用)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


この後の予定というのが「慈庵@名古屋守山区」。
前回夜しか営業してないのを忘れ、昼に来たらやってなかった(当たり前)。(^^;
なので、今回はリベンジのつもりで店の前に来たら…やってない。(TT)

定休日は木曜の筈だし、店の前には何も書いてないし…
そこで店主のブログを見たら「臨時休業」だった。orz
もっと早く見ておけばよかった…と思っても後の祭り。

またやってしまった…という脱力感で、他の店を探そうという気力もなくなり、
これなら白神でもう一杯食べてくればよかった…と後悔ばかり。
マアよくあること…とあきらめて帰途につく。(^^;


tosimon3 at 18:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)らーめん 愛知県 | らーめん 岐阜県

2008年05月08日

細くなってる?

●186)永富@久地

天気が良いので、自転車であちこちと散策に…
そのついでに遅い昼飯をこちらで。

永富6東池袋大勝軒系のこの店…
自家製麺の麺が来る度に細くなっている気がする。

前回はそのことを聞いたところ、
季節によって多少の違いはあるが、
切り刃を換えてないので同じ太さのはずだ…
ということだった。

しかし、今日の麺は明らかに細くなっていた。
お客さんがいて忙しそうだったので聞けなかったが、
食感もかなり違っているように感じた。

美味しくなくなった…という訳ではないので問題はないが、
またしばらくしたら来てみましょう。


 *   *   *   *   * 


●187)わさらび@沼津

名古屋へ行くために、夕方になって出かけたのだが、沼津で途中下車。(^^;
ここで4月中旬から始まっている『ニューサマーオレンジつけ麺』を食べるのが目的。

わさらび42これは昨年から始まったメニューだが、
ニューサマーオレンジの季節のみの限定メニュー。

今年はオレンジ1/2に、レモン絞り器が付いたので、
オレンジのさっぱり感を十分に堪能できる。

いやいやこれは予想以上の旨さ…(^^)
こういうスッキリつけ麺は、他では味わえない。
ここの店ならでは…というか、塙さんの手腕が見事に発揮された一杯。

この後、藤枝の「伊駄天」へ行く予定をしていたのだが、
連休明けで水、木と臨時休業していることが分かったので、急遽行き先変更。
しばらくご無沙汰だった「卓次朗商店」へ向ったのだが、
店へ着くと…やってない。orz

定休日は水曜だったはずなので、ここも連休なのか?
やってないのでは仕方ないので、このまま名古屋へ向うことに。


tosimon3 at 17:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)らーめん 川崎市 | らーめん 静岡県

2008年05月07日

唯一無二のラーメン

●185)鮎ラーメン@二子玉川

今日も実家からの帰りに、かなり久し振りにこちらへ寄ってみる。
前回来たのが3月中旬だったから、一ヶ月半のご無沙汰。

近いお店ほど “いつでも行ける” という意識が働いて、
気が付くとご無沙汰…ということになりがちなのだ。(^^;

あゆ50いつものように『鮎ハーフ』を食べる。
鮎が半身だけ乗っているラーメンなのだが、
味的にも値段的にも、これが一番満足できる。

それにしても、この鮎は旨いネ〜(^^)
できれば鮎だけ買って持ち帰りたいぐらい…って、
それじゃぁラーメンの立場がないけど、
一度はやってみたいかな…と。(^^;

色々なラーメンはあるけれど、
鮎干しで出汁をとるラーメンっていうのはここだけだろうナ?
唯一無二のラーメン。


tosimon3 at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 世田谷区 

2008年05月06日

休日割引ラーメン

●184)如拙@国領

実家からの帰りに、遅くなって寄ってみる。
おやじさん、ちょっとヒマそうだったけど、相変わらずマイペース。(^^;

食券を買おうとしたら、ラーメンが「売切れ」になっている。
アレッ…と思っていると、おやじさんが「今日は3段目です」と言う。

3段目の食券を見ると「日曜、祭日割引/ラーメン(並)¥400」となっている。
おお!休日はラーメンが150円も安くなっているのか…(^^;
ただでさえCPが高いと思っていたラーメンが、更に安くなるとは驚き。
この値上げラッシュのご時世に、何とも嬉しい出来事だ。

如拙4安いからといって、手抜きされたラーメンではない。
丼の底まで見えるほど透明感のあるスープは、
幾分化調感はあるものの、なかなか美味しい。

八王子ラーメンの店は沢山あるが、
ここまでクリアなスープは、そうはないだろう。
これが400円とは信じられない。(^^;

「かけラーメン」¥400 なんていうのも新しくメニューに加わっていたが、
これで本当に利益が出てるんだろうか…なんて余計なお世話なのか…(笑)

tosimon3 at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 東京都下 

2008年05月05日

何か足りない…

●183)オードリー@町田

新しい麺があるというので食べに行く。
先日の幅広麺と同じ卵麺なのだが、卵が合鴨でなく鶏というのが違うところ。

勇次88食べてみると、やはりというか何というか、
まず色が違うし、香りも違う。
モチモチ感も合鴨のほうが強かった気がする。

スープは新しく作ってみたという甘海老のタレを、
鶏白湯出汁と合わせたもの。

これに幅広麺が入っている訳なのだが、
ウ〜ン…何か足りないというか、麺がスープに勝ってしまっている。
この幅広麺をサポートできるスープは、そうはないだろうナ〜(^^;

やはり、この麺はつけ麺で食べるに限る。

tosimon3 at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 町田市 

2008年05月04日

トマトだ…

●182)RYOMA本店@新井薬師

新井薬師の骨董市に朝早くから出店。
後片付けが思ったより早く終ったので、どこかでラーメンでも…
ということで、かな〜〜り久し振りにこちらへ。

ここは開店当初(2005年)に1、2度来ているのだが、それ以来のご無沙汰。
現在では早稲田にも支店ができているようだが、そちらは未食。

メニューは随分と増えていて、鉄板焼きなどもあるということは、
ラーメン専門店というより中華料理店のイメージを感じてしまうが、
塩ラーメン専門店というスタンスは変わっていない。

リョーマ早稲田店で結構話題になっている、
『塩トマトラーメン』がこちらにもあったので、
早速食べてみることに…。

トマトラーメンは今年のトレンドらしいが、
わさらび@沼津で高レベルのものを食べているので、
それ以上のものでないと驚くことはない。(^^;

ホールトマト?をつぶしたものが塩ベースのスープと混ぜ合わされ、
鶏肉とレモンに糸状のチーズがトッピングされる。
味は特に独創的なものではなく、マアこんなものか…という感じ。

チーズがかなりの量入っているのだが、
このチーズが “とろけるチーズ” らしく、柔らかくはなるのだが、
スープに溶けるまでにはならず、チーズだけで固まってしまう。
このため、スープにはチーズの味が反映されないのが残念なところ。

わさらびのトマトラーメンには粉チーズがtpされているので、
スープにチーズが馴染むにつれて味がどんどんと変化していく。
この時点で軍配は「わさらび」のほうに上がってしまった。(^^;


【ラーメン RYOMA 本店】
東京都中野区上高田3-19-6 TEL.03-3388-8814
11:30-22:00 定休日=水曜日 P=店の前がコインP


tosimon3 at 14:32|PermalinkComments(5)TrackBack(0)らーめん 中野区 

2008年05月03日

平和島の帰りには…

●181)醤道@馬込

今日から3日間は、平和島で骨董市が開かれる。
その帰りに、久し振りにこちらへ…通し営業になったのは嬉しい。

醤道6券売機に『道豚』というのがあったので、
これは豚骨バージョンかと思って券を買ったら、
『道』ラーメンのチャーシュー麺だった。(^^;

そういえば、ここには『金ラーメン』という、
豚骨系のメニューがあったよネ。
900円という値段を見た時点で気付くべきだったが、
ここの叉焼は美味しいから、マアたまにはいいか…と。(^^;


tosimon3 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 大田区 

2008年05月02日

安心して食べられる…

●180)かずら@宮前平

夜遅くなったし、雨ふってるし、遠くへ行きたくないし…(^^;
ということで、一番近いこちらへ。

かずら23こういう時はやっぱり『支那そば』。

限りなく支那そばらしい、支那そば。(^^;
派手さやインパクトは全くないが、
いつでも安心して食べられるラーメン。

これが近くで食べられるということが有難い。

tosimon3 at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 川崎市 

2008年05月01日

久々の3号ラーメンは…

●179)ロックンロール1@上鶴間

毎月1日は町田天満宮で骨董市が開かれるので、
そのついで…といっては何だが、例によって一番近いこちらへ。

ロック33今日は限定が無いようなので、
久し振りに『3号ラーメン』を食べてみる。

3号というのは塩ラーメンなのだが、
最近は限定ばかり食べていたので、
最後に3号を食べたのがいつだか思い出せない。

初期の頃の3号は、鶏より魚介が前に出ている感じがあったのだが、
今日の3号はそれが逆転、鶏が前面に出ている。

塩に関してはスープを別にとっているそうで、鶏も比内地鶏だけではないらしい。
そのせいかどうかは分からないが、醤油とはまた違った出汁の存在を感じる。

久し振りの塩は、やっぱり旨い。
初期に比べると、次第に味が濃くなってきてはいるが、
“旨い” という言葉以外に表現の術を知らない。(^^;

tosimon3 at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)らーめん 相模原市