2008年07月

2008年07月31日

懐かしい…

●318)トモエ@日野市/動物系不使用のスープ


八王子近郊での骨董交換会に出た後、帰る途中にあるこの店へ。
以前に確か2度ほど食べにきていると思うが、懐かしい店だ。

ここは西八王子にある同名店の妹さん?がやっている店らしい。
一応八王子ラーメンの部類に属するようだが、
スープは乾物のみで、骨、肉の動物系は使っていないということだ。
油だけは背脂ならぬ腹脂を使っているそうだが…

ともえ今日はオバちゃんでなく、親父さんが作っていた。
別に味が変わるわけではなさそうだが、
ちょっと心配になったのは事実。(^^;

一口食べてみる…味は以前の記憶通りなので一安心。
化調は強いものの、この味は好きだナ〜
こういうラーメンが560円というのも嬉しい。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●319)いつ樹@羽村市/鯛・鯛・鯛…


一杯だけで帰るつもりだったのだが、フとこちらの限定を思い出した。
日野からだったらそう遠くないので、ついでに寄っていくことに。(^^;

いつ樹4いつ樹5







今回の限定はラーナビの企画によるもので、その名も『鯛づくし』。
まずは鯛清湯スープを冷して作った “ジュレ” を使った冷し和え麺。

これを半分ぐらいまで食べ終えたタイミングで、こんどはつけ汁が出てくる。
このつけ汁は炒めた鯛を、煮干し、昆布、椎茸の戻し汁で煮込んだ “鯛白湯”。
鮮魚系とは思えない濃厚な仕上がり。

和え麺をこのつけ汁につけて食べると、また違った味が楽しめる。
いずれも鯛の旨さを堪能できる秀逸な出来映え。

ただ、一つだけ気になったのは、和え麺の塩気につけ汁の塩気がプラスされると、
徐々につけ汁の味がしょっぱくなってしまうこと。
つけ汁は、最初からもっと薄味でよかったのではないか…(^^;


tosimon3 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年07月30日

ふたたびとき玉子…

●317)大山家@武蔵境


大山家42実家からの帰りは武蔵境回りで…(^^;

今日も『とき玉子つけ麺』を…と券売機を見ると、
ン?…ちょっと値上がりしたか…
マアこれは仕方ないことなんだけどネ。

でもこれだけ物の値段が上がると、
政治っていうのは何なんだ…と思ってしまう。

話がそれてしまったが、つけ麺が美味しかったのは言うまでもない。(^^;

tosimon3 at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年07月29日

久し振りの煮干しトンコツ

●316)勇次@町田市


勇次98久し振りにこちらへ…嘉夢蔵コラボ以来か…

『煮干しトンコツラーメン』を食べるのも久し振り。
出汁が鶏白湯から豚骨に戻って、味も戻った。(笑)
煮干し補給するにはこれが一番。

以前は取り除いていた煮干しの “エグミ” を、
現在は少量だが、意図的にスープの中に戻しているという。
そのせいなのか、煮干しの香り、味ともにふくらみが増したように感じる。(^^;


勇次説明8月の限定の案内が出ていた。
それによると、2日、3日が
『放し飼い丸鶏あっさりラーメン』。

30日、31日が『黒毛和牛ラーメン』となっている。
この和牛ラーメンにはA-5のサーロイン薄切りがトッピングで注文できるのだが、
これが一番の目玉になるらしい。
A-5の牛肉なんて滅多に食べることができないからネ。(^^;

tosimon3 at 13:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年07月28日

美味しいとは思うけど…

●315)近喜屋@川越市


きのうの立川で疲れていたが、早めに目が覚めたので川越骨董市に出かける。
川越へ来たときは、このところずっと「笑堂」ばかりで食べていたので、
今日はちょっと目先を変えてこちらの店へ。

近喜屋1店に入ってそのまま席につこうとすると、
奥サマ?から「食券をお願いします」と言われる。
券売機が設置されていたのは知らなかった。(^^;

後から来た客も殆どが券売機を知らないようなので、
最近に設置されたものなのだろう。

『つけ麺』の食券を買って渡す…前回も確かつけ麺だった筈だが…

今日のつけ麺は、何だか麺がやたら短い。
長いものでせいぜい15cm…10cm前後のものが多い。
これだけ短いと、箸で掴みづらくものすごく食べにくい。(^^;

以前はこんなことはなかったと記憶しているが、何が原因なのだろう?
つけ汁は、いわゆる豚骨魚介系で、今となっては目新しさはない。
美味しいとは思うのだが、それ以上でも以下でもない。
無化調というのがせめてもの救いだ。

tosimon3 at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 

2008年07月27日

いやいや…マイッタ…

●314)鏡花@立川市


昨夜未明に静岡から帰り、1時間半ほど仮眠しただけで立川へ…眠い。(^^;
立川骨董市は、5月、6月と連続して雨で中止になっているので久し振り。

今回からしばらく休んでいた常盤氏が再び参加。
3人だと荷物の積み降ろしも少し楽になる。
売上げのほうは、しばらく振りだったせいか、思ったより良かった。
いつもこんな調子だといいんだけどネ。

鏡花69終了後は鏡花で反省会。(^^;
今日は『極(きわみ)塩らーめん』を食べるが、
これがメチャウマ。(^^)

このところ醤油ばかり食べていたが、
塩もこんなに美味しくなっていたとは…
いやいやこれにはマイッタ。(^^;

醤油、塩ともにある意味、ラーメンのひとつの完成形と見ていいだろう。

tosimon3 at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年07月26日

久し振りだ・・・

●313)あかつき屋@静岡市


夜になって、静岡市内でラーメン仲間の集まりがあるので出かける。
今日は阿倍川の花火大会だとかで、市内は混雑する恐れがあるため、
静岡人さんの案内で、東静岡駅の近くに車を置いて電車で市内へ。

花火大会のせいか車の混雑もあり、30分ほど遅れて会場へ到着。
私も含めて11名のオフ会ということだったが、
詳しくはこちらをご覧下さい。

それにしても花火大会の日だというのに、
ここに集まった男共は、一緒に花火を見に行ってくれる人がいないんだろうか…(^^;
などと、ついつい余計なことを考えてしまう。

あかつき屋4終了後は2次会→ラーメンとお決まりコース。(^^;

遅い時間でもやってる店といえば…やっぱりここ。
とはいえ、来たのはかなり久し振り。

『あっさり醤油』を食べる。
煮干しが効いたこの味は好きなのだが、
ヒキがあるか…といえばビミョー…出汁の弱さがその一因かもしれない。(^^;



tosimon3 at 12:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年07月25日

美味しくなっていた

●312)鮎ラーメン@二子玉川


なかなか昼の鮎冷しが食べに来れない。(^^;
だから…という訳ではないが、実家からの帰りに寄ってみる。
夜も冷しをやってくれるといいのに…と思うのは食べる側の傲慢か。

あゆ52再度『鮎かけ』を食べてみる。
前回はタレの味が薄いのと、量が少なかったので、
もう一つか…と思っていたが、
今日のはなかなか美味しくなっていた。(^^)

今度はちょっと味が濃いかな…とも思うが、
これは好きずきなので、一概には言えない。
ぶっかけらしくなったのは事実だ。


tosimon3 at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年07月24日

懐かしい店が…

●311)満天ラーメン@水天宮


知り合いの個展を日本橋でやっているので見に行くが、
その途中でこの店の前を通ったので、懐かしくなって入ってみる。

ここは都内でも珍しい豆乳ラーメンが看板メニューの店なので、
かなり前に食べに来たことがある。
豆乳ラーメンにはそれほど感動しなかったが…(^^;

満天店満天







今日はふつうの『醤油ラーメン』を食べてみる。
500円というワンコインラーメンだが、味はそれほど悪くない。
ごくありふれた中華系の東京ラーメン…といった味。

出汁の弱さ、麺の弱さ…等々、言いたいことは山ほどあるが、
そういったことを差し引いても、こういうラーメンの存在は否定できない。
こういうラーメンがあったからこそ、今のラーメンがあるのだから。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


浅野満個展


7月21日〜26日
SAN-AI GALLERY(東京都中央区日本橋蛎殻町1-26-8)

浅野浅野2

tosimon3 at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 中央区 

2008年07月23日

伊豆で色々…

●310)唐辛子@伊豆高原

唐辛子74いつものように帰りがけに寄る。

またまた『汁なし担々麺』と思ったが、
『冷しつけ麺』があるというので、そちらを食べる。
例によって具沢山のつけ麺。
つけ汁が冷たいのがフツーのつけ麺と違うところ。
これも美味しくいただいた。


【唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html  


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


伊豆スタジオ


スタジオ全景スタジオ全景。
この右に宿泊施設がある。





KRKモニタ新しく入ったKRKモニタ






コンソール従来のKRKモニタ






ウメウメあくびヒマだにゃ〜


tosimon3 at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | 音楽/映像

2008年07月22日

店名がそぐわない…

309)天国屋@町田


夜になって伊豆へ行くために出かける。
途中、町田あたりでラーメンと思っていたのだが、フと気が付いた。
昨日は月曜日だったが祝日のため、行こうと思っていた店の殆どは今日が代休。

仕方なく厚木あたりでと思いつつ町田街道を横浜ICへ向っていると、
この店が営業していた。
いつも前を通っているのだが、店名にビビって入る勇気がなかった。(^^;
「地獄ラーメン 天国屋」ではネ〜(笑)

しかし、ある情報でここのご主人が中村屋出身だということを知ってから、
機会があれば食べてみたいと思うようになっていた。

天国屋店天国屋







パチンコ店に併設されていて、駐車場も共用というのは何か関係があるのだろうか…
などと考えながら店内へ。

地獄ラーメンというだけあって、辛いメニューが中心のようだが、
醤油や塩といったメニューもあるので、とりあえず醤油を食べてみる。

出来上がってきたラーメンを見ると、これはすごく美味しそう。(^^;
とても地獄ラーメンと並列のラーメンには見えない。
一口食べてみて、それが間違いではなかったと確信する。

節、煮干し系の魚介がフワッと香り、甘味のあるスープは…ウマイ!
さすがと思いつつスルッと完食。
いやいやこれは想像以上の美味しさだった。(^^)

塩も美味しそうなので、これはまた来なくては…。


tosimon3 at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年07月21日

ウマイな〜

308)ふくもり@野沢


ふくもり9今日は久々に『塩中華』と思って行くと、
すでに売切れ…orz
そんな訳で今回も『つけ太』。
マアどっちでもいいんだけど、
この煮干しの濃さはやっぱりスゴイ。
 
煮干し補給完了!

tosimon3 at 01:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年07月20日

嘉夢蔵コラボでサプライズ

305)鏡花@立川


6月末で惜しまれながら閉店した「麺屋 嘉夢蔵」。
ここのご主人である藤井さんほど、麺作りに心血を注いだ方はいなかったのでは…
と、個人的には思っていたのだが、その思いは今も変わることはない。

その藤井さんに麺作りを師事したのが勇次の田中さん。
そして自家製麺をやってはいないが、教えを受けているのが鏡花の町田さんである。
この2店が嘉夢蔵の閉店を惜しんで企画したのが今回の「嘉夢蔵つけ麺コラボ」。

今日はそのつけ麺を食べたいと、名古屋、静岡からわざわざ上京した方がいるので、
その二人と、もう一人都内からの参加者を案内すべく、鏡花でシャッター。(^^;

鏡花68麺は嘉夢蔵のトレードマークでもあった、
幅3cmの平麺を使用。
これは鏡花の分まですべて勇次で製麺され、
つけ汁は、2店夫々の解釈で作ることに。

鏡花のつけ汁は醤油が前面に出たもので、
そこに魚介と生姜を効かせてある。
タレは黒豚叉焼の煮汁を使用し、叉焼はもちろん黒豚。
嘉夢蔵の特徴をよくつかんでいると思いつつ食べる。

このつけ麺の出来上がりを待っている時、店に入ってきたお客さんを見てビックリ。
何と嘉夢蔵の藤井さんであった。
藤井さんが来るかもしれないという話は聞いていたものの、
ここでお会いできるとは思っていなかった。

藤井さんが食べ終るのを待って、この後勇次へ行かれるというので、
私の車でご案内することに。

勇次へ着くまでの車内で色々とお話を聞くことができたが、
一言一言に頷かされることばかりであった。
こんなサプライズは滅多にというか、これが最初で最後だろう。(^^;

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


306)勇次@町田


こちらでも同様のつけ麺を食べるが、味は…やっぱり違う。

勇次97再現性という点では鏡花に軍配が上がるが、
味の点ではこちらのほうが美味しいと思う。

ただ今回のようなケースでは、
美味しいからイイという訳ではない。
嘉夢蔵メモリアルということであれば、
やはり再現性という点に重点を置くべきであろう。

どちらが良い悪いという結論を出せる問題ではないが、
こういうコラボを企画・実施した両店にエールを送りたい。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


307)玉蔵@焼津市


実はこの日の夜、静岡でラーメン関係のちょっとした集まりがあった。
勇次で食べた後、皆さんを町田まで送り、私と静岡人さんは一路静岡へ。

焼津ICに近いこの店で待ち合わせ。
ここは開店直後に一度来ているが、最近美味しくなったという話を聞いているので、
再度食べてみたいと思っていたところだった。

玉蔵1『2号ラーメン』を食べる。
これは “あっさり魚介” 味。(だったか?)
ロックンロール1と同じような、
1号、2号…というメニュー名がユニークだ。

以前感じたしょっぱさはなくなり、
スッキリとした落ち着いた味になっていた。
スープと麺のバランスも良く、なかなか美味しい。

これならまた寄ってみたいと思わせる味だった。


tosimon3 at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 | らーめん 静岡県

2008年07月19日

家系はこうあるべき…

●304)甲子家@すずかけ台


11時頃になって、大和骨董市へ出かける。
246号の渋滞を考えると面倒なので、横浜まで東名で…と思って川崎ICから乗ると、
ず〜〜っと渋滞だ…orz
3連休の初日だということをすっかり忘れていた。(^^;

仕方なく青葉で降りるも、246も渋滞している。
それでは…と青葉台から八王子街道へ通じる裏道へ。
ここを走っている時に、この店を見つけたので、帰りに寄ってみる。

甲子屋甲子屋







家系だからと、何の予備知識もなく入ってみたのだが、
かなり年配のおじちゃんが作っているし、お客さんも年配の人が多い。
ありゃ…これは失敗したかな…と思ったが、マアとりあえず食べてみることに。

出てきたラーメンは、最近の家系によくあるトンコツこってり系ではなく、
醤油ッ気の強いサラッとしたスープのもの。
麺は酒井製麺のものを使っているらしい。

食べてみると、これが意外に美味しい。(^^)
後で調べて解ったのだが、ご主人はあの寿々喜家の出身だという。
いやいやこれで美味しい理由が納得できた。
個人的にはこういう味が家系だと思っている。

最近の家系の大半はスープのトンコツ濃度が濃過ぎて、
いわゆる “トンコツ醤油” 味になってしまっているのが不満だった。
吉村家を筆頭とする家系の味が、昨今は誤解されたまま作られている。
この店のように、ちゃんとした家系を伝えてもらいたいものだ。

tosimon3 at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 横浜市 

2008年07月18日

ここにも鮎つけ麺が…

302)侍@立川ラーメンスクエア


朝から立川で骨董交換会。
午後2時過ぎに会場を抜け出してラースクへ。(^^;

どこで食べるかは決めていなかったのでウロウロしていると、
この店の前の「鮎つけ麺」の案内に目が止まった。

侍1鮎つけ麺なんていうのは、
鮎ラーメン@二子しかやってないと思っていたが、
こちらのは『天領鮎つけ麺』というらしい。

麺はつけ麺用の特注麺。
つけ汁は鮎出汁に蓼(たで)酢を使っているらしい。
そして麺の上に乗った鮎(半身)は、
九州の鮎を蓼酢焼きにしたものだという。

かなり期待して一口食べてみると…ン〜何だか甘い。(^^;
甘さと酸っぱさのバランスが悪いというか、少なくとも私の好みではない。
この甘味を押さえれば、かなり美味しくなると思うのだが…。

鮎も変に酸味があって、期待していただけに残念だった。


【立川ラーメンスクエア】 http://www.arearea.co.jp/ramensquare/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


303)太陽堂@西立川


交換会がいつもより長引いて、6時近くになってしまった。
この後国分堂へ寄ることになっていたのだが、途中でフッと思い出してこちらへ。

太陽堂5かな〜り久し振り。
須崎さん一人でやっているようだが、
いつもいたオニイさんは辞めちゃったのかな?

ここではたいてい『塩つけ麺』を食べる。
個人的には、塩つけ麺では一番美味しいと思っている。
もう少し太い麺ならもっと旨いのではと思うが、
これは欲張りというものか。(^^;

tosimon3 at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年07月17日

地元で…

●301)翔太@梶が谷


足(車)がないとどうしても近場で食べる…ということになってしまう。
実家からの帰りにこちらへ寄ってみる。

今日は珍しくご主人と奥様が…
ここ2回ほどは男性従業員がやっているときにしか来ていないので、
お二人とももう店には出ていないのか…と思っていた。(^^;

翔太4自転車で汗をかいていたので『つけ麺』を…。
ここは武蔵新城にあった頃から食べているので、
食べる度に何か懐かしい気持ちになる。

息子さんが神田で店をやっていたのも思い出すが、
その息子さんも現在は別の仕事に就いているという。
月日が経つのは早いものだ。(^^;



tosimon3 at 02:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年07月16日

今年の300杯目…

●300)味輝拉(あきら)@溝の口


札幌から持って来た車の整備が終らないので、当分は自転車移動…
なんだけど暑くてメゲる…(^^;

実家へ行く前に、ちょっと回り道してこちらへ寄ってみる。

味輝拉6『冷しラーメン(紫蘇風味)』を食べる。
ここの冷しは本当に美味しい。(^^)

叉焼が熱いスープの入った別の器で出てくるが、
これが他店の冷しとは違うところ。
冷しラーメンが美味しくても、
冷たい叉焼がそのまま出てくると全くの興ざめ。

こういうちょっとした気配りが、食べる側にとってはうれしいもの。


味輝拉水栓この店のもう一つの特徴は、
カウンターに水栓が取り付けてあること。
回転寿司などでお目にかかるアレ。

これがあるおかげで、水をコップに注ぐ時、
水注の底から雫が伝い落ちることがない。
この快適さは使ってみないと分からない。


これが今年の300杯目になったが、昨年に比べると半月ほど早い。
もう少し減らさなくては…(^^;



tosimon3 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年07月15日

何か違うナ〜

●299)勢得@千歳船橋


勢得12回目の訪問。
つけ麺を食べるが…ウ〜ン何か違うナ〜(^^;
これはこれで美味しいとは思うのだが、
町屋時代の味を知っていると、
どうしても比較せざるを得ない。
好みの問題はあるが、
やはり前のほうが好きだった。

tosimon3 at 04:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年07月14日

大勝軒系だけど…その2

●298)新化勝軒@聖蹟桜ヶ丘


八王子郊外で開かれる骨董品交換会に朝から参加。
3時過ぎに終了したので、その帰りにこちらへ寄ってみる。

この店の場所は、以前「亀我楽」があったところ。
入口の外に券売機が設置されているので、以前と雰囲気が違う。
通し営業なので、中途半端な時間に食べたいという時には助かる。

新化勝軒店新化勝軒







東池袋大勝軒系の店なので、もちろん『もりそば』はあるのだが、
ここにはオリジナルの『新化もりそば』というのもある。
なので、そのオリジナルを食べてみることに。

一口で言えば、「もりそばのつけ汁に挽肉野菜餡かけを入れた」もの。
ニンニクがやや強めだが、これがなかなか美味しい。(^^)

大勝軒が新(進)化するとこうなる…ということなのか?
個人的にはけっこう好きな味だ。(^^;



tosimon3 at 23:16|PermalinkComments(4)TrackBack(1) らーめん 東京都下 

2008年07月13日

悪くないんだけど…

●297)紫匠乃 門前仲町店@門前仲町


朝から骨董倶楽部の7月例会で、門前仲町の富岡八幡骨董市へ。
昼は近くの 富水という店で食事と講評会。

解散したあと、私は一人でこちらの店へ。
一度は来たいと思いつつ、なかなか来ることができなかった。
本店は江東区森下にあり、こちらは支店ということになるらしい。

店名は「むらさきしょうの」かと思っていたら、
「むらさきたくみの」というのが正式な読み方らしい。
何か意味があるのだろうが、勉強不足で分からない。(^^;

紫匠乃店紫匠乃







麺は浅草開化楼の極太麺を使っているらしい。
やや硬めに茹でられているが、個人的にはもっと柔めが好み。

つけ汁はいわゆる “濃厚トンコツ魚介” 。
白菜が入っているのが目新しく食感も悪くないのだが、
その他は “またか” と思わせる味で、ちょっと食傷気味。

店名からは、もっと特徴のある味を期待していたのだが…(^^;

tosimon3 at 04:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 江東区 

2008年07月12日

久し振りに…

295)めん徳二代目つじ田@小川町


静岡人さんと、彼の友人で最近ラヲタになったというSさんが上京。

3日間、東京で食べ歩きをするというが…(^^;
私は今日の夜しかお付き合いできないので、夕方つじ田で待ち合わせ。

つじ田3ここは以前の勤め先からすぐなので、
ちょくちょく足を運んでいた店なのだが、
何年振りだろう?

以前は昼時ぐらいしか行列はなかったが、
今は夕方でも待ちが数名という状況。
ウ〜ンそれほどとは思わないんだけどネ…(^^;


【麺徳二代目つじ田】 http://www.nidaime-tsujita.co.jp/top.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


296)磯野@神田須田町


続いてこちらの店…私は2回目なので別のメニューと思ったら、
『冷し味噌』というのがあった。

磯野1これはいわゆる「冷や汁」を使ったラーメン。
「冷や汁」というのは日本各地にあるようだが、
要は “冷えた味噌汁” ということ。

これをラーメンに応用している訳だが、
同様のものは以前、キリン食堂で食べたことがある。
現ロックンロール1店主の嶋崎さんが作ったものだ。

スープがちょっと少ない気がするが、これは “ぶっかけ” のイメージか。
何だかホッとする味に箸がすすむ。
味的にはそれほど変わったものではないが、暑い季節にはいいかもしれない。

tosimon3 at 03:37|PermalinkComments(2)TrackBack(2) らーめん 千代田区 

2008年07月11日

大勝軒系だけど…

●294)たまがわや@用賀


用賀にできた東池袋大勝軒系の新店…ご主人は経堂大勝軒の出身とか。

間口の広い店で雰囲気はいいのだが、何しろ暑い…(^^;
エアコンの故障というわけでもなさそうなのだが、これは何とかしないと…。

たまがわや店たまがわや







まずは『もりそば』を食べてみる。
麺は白っぽい色をしたもので、食感はもちもちとして美味しい。
つけ汁は、大勝軒にしては醤油ッ気がやや強め。
甘味も押さえ気味で、ハードな大勝軒というイメージを受ける。

マアこれはこれで嫌いな味ではないので、
大勝軒と思わずに食べたほうがいいと思う。(^^;


tosimon3 at 12:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年07月10日

伊豆〜沼津

290)唐辛子@伊豆高原


唐辛子73藤枝から未明に伊豆へ戻り一泊。

昼はこちらで『汁なし担々麺』…と思って行くと、
何だか見覚えのある方が…マイミクさんでした。
こんなところでお会いするとは…
でも平日なのに、
ここで油売っててダイジョウブなの?(^^;


【唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html  


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



291)卓次朗商店@沼津市


夕方に伊豆を出て、いつもとは逆のコースで沼津へ。
こちら方面へは、いつも水曜日に来ることが多いので、
定休日と重なってしまって、なかなか食べることのできないこちらの店へ。

卓次朗10新メニューの『カレーつけ麺』を…

つけ汁はかなりドロッとしているが、
オオ!何だか六厘舎してますネ〜(^^;
この魚粉を溶かすと、和風カレーに早変わり。
甘味のあるカレーで美味しい。

カレーのつけ汁を造る場合は、ルーを先に作っておいて、
それをスープで割るというケースが多いのだが、
ここは最初からつけ汁用として専用ルーを作っているそうだ。

そのせいか、変に味が分離するようなことがなく、
つけ汁と麺の一体感を味わうことができる。
いやいやこれはウマイッ!(^^)

話はそれるが、ここでつけ麺を食べていたら、
またもや知っている方が…
昨日といい今日といい、よく知り合いに会う日だ。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


292/293)わさらび@沼津市


続いてこちらへ。

新メニューとして開発中の『油そば』がほぼ完成したので、
食べてみて欲しいという連絡があったので寄ってみたわけだが、
まさかここで2杯食べることになろうとは…(^^;

わさらび46まずは『油そば』。
以前食べた試作品に比べると、
さすがに完成度は高くなっているが、
個人的にはやはり麺が物足りない。
つけ麺用の太麺ではなく、
手切りの幅広麺にすればもっと美味しいかと…。


わさらび47油そばだけで終わりだろうと思っていたら、
続いて『釜玉』が出てきてしまった。orz
短時間の間に3杯はさすがにちょっと…だったが、
出てきてしまったものは食べねばなるまい…(^^;

こちらは卵黄に肉味噌、揚玉、鰹節などが入って、
見た目にもなかなか美味しそう。

食べてみると味的にはOKなのだが、やはり麺に対してはちょっと不満が残る。
既成概念かもしれないが、油そば、釜玉共に麺の食感を楽しむものだけに、
専用の麺があったほうがいいと思うのは…贅沢というものか。


tosimon3 at 14:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年07月09日

町田〜藤枝…

288)勇次@町田市


わさらびと伊駄天の新メニューを食べてみたいと思い出かけるが、
その前に途中でちょっと寄り道。(^^;

勇次96ここの『合鴨ラーメン』は久し振りだが、
やっぱりウマ〜〜イッ!(^^)
この旨さは別格。
値段は高い(1300円)が、
それに勝る満足感がある。



嘉夢蔵説明7月19日からの「嘉夢蔵コラボ」の告知。
鏡花@立川との同時開催になる。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


289)伊駄天@藤枝市


町田から焼津へ直行。
ここで 静岡人さんと待ち合わせていたのだが、先客に見覚えのある方が…(^^;

伊駄天のラーメンを一番食べているのではないか…という ボボイさんでした。

伊駄天19新しい四季彩菜麺が食べられるかと思ったら、
明日の夜からだった…orz

という訳で『涼夏2008冷し麺』の醤油を食べる。
濃い醤油色をしているが、味はスッキリしていて、
甘味のあるスープが美味しい。
具に冬瓜が入っているのも目新しい。

これを食べると、静岡の地ラーメンである「藤枝系」の存在に思い当たる。
1年中冷しラーメンがあるという土地柄だけに、
冷しラーメンに関しては一家言持つ人が多いと思われるが、
この冷し麺なら文句を言う人はいないだろう。

食後は近くのファミレスでミニオフ会…(^^;


【麺行使 伊駄天】 http://www.idaten-ramen.net/main.html


tosimon3 at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 | らーめん 静岡県

2008年07月08日

野田に大黒屋本舗が…

287)大黒屋本舗 野田店@野田市


野田の知り合いに不幸があったので、通夜出席のために出かける。
妹のところへ寄るために松戸〜野田道路を走っていると、
野田市内へ入ったところで花輪が飾ってあるラーメン店を発見。

店名を見ると「大黒屋本舗」となっている。
この近くでは春日部に店があるが、野田にも出来たのか…(^^;

大黒屋本舗店大黒屋本舗







通夜からの帰りに、弟、甥の3人で寄ってみる。(^^;
店は2、3日前に開店したばかりのようで、タイミングは良かった。

昼は大勝軒系、夜は角ふじ系という変則営業形態は変わらず。
とりあえず『つけ麺』を食べてみる。

やや油多めながらキリッとした醤油味のつけ汁。
グレーっぽい色をした極太麺は、かなり硬めに上がっている。
もう少し柔らかいほうが好みなのだが…(^^;

それにしても、この力強い麺に対して、つけ汁が負けていないのは立派。
野田にはこの種のラーメンがないので、人気が出るかもしれない。


【大黒屋本舗野田店】 http://www.kouji-dream.com/

tosimon3 at 08:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 千葉県 

2008年07月07日

色々と…

285)東京油組総本店 渋谷組@渋谷区


わさらび@沼津の塙さんが上京。
今回は新メニューとして予定している「油そば」「釜玉」を食べたいという。

まずは最近オープンしたばかりのこちらの店へ。

油組油そば自体はそれほど変わったものではなく、
オーソドックスな味わいだが、
タレの味がなかなか研究されているようで、
なかなか美味しいと思う。(^^)

しいて言えば、何かサプライズが欲しいかな…
と思ってしまうほど王道の油そばだ。


【東京油組総本店 渋谷組】
東京都渋谷区渋谷3-18-10 TEL.03-3406-1911
11:00-28:00 日=11:00-21:00 無休



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



286)宗@高田馬場


塙さんは、本当は鏡花の『釜玉』が食べたいんだそうだが、
前回も月曜日で食べられなかったので、それは断念。

宗でチーズ和え麺をやっているという話をすると、
食べてみたいというので行ってみることに。

ちょうど副都心線が開通したばかりなので、初めて乗ってみる。
馬場では「えぞ菊本店」の近くに出るので便利になった。(^^;


そう8これは『西の魔女』という和え麺。

チーズを練り込んだ麺を使っていて、
具にも色々と趣向が凝らされている。
別皿で更にチーズが3種類用意されているので、
これを混ぜるとチーズの濃厚さがグンとアップ。

ただ麺の量が多いので、後半やや飽きる感じも…(^^;
麺をもっと少なくして「もう少し欲しいナ」ぐらいのところがいいのでは。
スープをつけるのもいいかもしれない。


【麺屋 宗】 http://www.menya-sou.com/



tosimon3 at 08:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 渋谷区 | らーめん 新宿区

2008年07月06日

麺が変わってる…

くぼ田@西東京市


朝早くから、新井薬師で編集長と骨董の店を出す。
10時頃までは曇り空でそれほど暑くはなかったのだが、
雲が切れて太陽が出てくると…暑い…(^^;

脱水症状を起こしそうなので、早めに店を撤収してラーメンでも…
このところ「Ryoma」で食べることが多かったので、
久々にこちらの店へ。


くぼ田4今日は『醤油ラーメン』を食べてみたのだが、
何かいつもと感じが違う。
そうか…麺が変わってるのネ。(^^;

これまでは平打ちっぽい太麺だったのが、
中太の丸いストレート麺になっている。
ラーメンとしてのクオリティはそのままだが、
何となくフツーっぽくなってしまったのがちょっと惜しまれる。

あの独特の食感を持った太麺…好きだったんだけどネ。
値段も50円値上がりしていた。

tosimon3 at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年07月05日

「今昔鶏想麺」再び

鏡花@立川市/究極の醤油ラーメン

鏡花が6月末で8周年を迎えたそうだ。
まだ8年、もう8年…受け取り方は様々だが、
この8年間、常にラーメン界をリードし続けてきた功績は大きい。

派手ではないが着実に…
この8年間の味の変遷には、ずっとお付き合いさせていただいてきたが、
贔屓目無しに、確実に味に深みが増してきている。
これはスゴイことだ。

鏡花678周年を記念して造られたのが、
この『今昔鶏想麺〜8年物語〜』。
初期の頃に出していた『今昔鶏想麺』を、
現在のレベルでリニューアルしたもの。

食べてみると…これは全く別物。
それだけレベルアップしているということか。
すべてにおいてのバランスが見事。
もはや究極の醤油ラーメンと言っても過言ではない。

ある意味、醤油ラーメンの金字塔として残るラーメンだと思う。

tosimon3 at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年07月04日

実は…

六三四屋@高津区

昨日札幌から持ってきた車を、修理のためディーラーに持ち込む。
その帰りに、久し振りにこちらの店へ。

六三四屋15ここは梶が谷の六三四屋の支店という位置づけだが、
味はビミョーに違っている。

本店は背脂の量を増やしたりと、
最初のころからは随分と味が変わってきているが、
こちらは初期の味をずっと守ってきている。
その意味では、こちらの味が結構好きだったりして…(^^;

タイトルの「実は…」というのは、こちらの店名ロゴのこと。
看板や丼に印刷されている「六三四屋」という文字は、実は私が書いた。(^^;

本店の村山さんの依頼で筆文字で作成し、最初は本店でも使っていたのだが、
味を変えた時(?)を機に、支店のみで使うことになったらしい。
個人的にはどっちでもいいんだけどネ。(^^;


tosimon3 at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年07月03日

青森煮干し系…

北海道から本州に車で移動するためには、フェリーを利用するしかない。
これまで3回利用している青函フェリーに乗ろうと函館へ。

途中で事務所に電話して予約しようとしたら、すでに満車でダメだという。orz
それでもキャンセル待ちすれば何とかなるか…と車を走らせるが、
結局23:30発のフェリーに乗ることはできなかった。(^^;

フェリーそれでは3:00発のフェリーに…と思ったら、
この便は現在運休中だという。orz
結局5:50発のフェリーまで函館で足止め。

仕方ないので埠頭に車を停めて仮眠するが、
こういう状況になるとは思っていなかったので、
着ているのは半袖ポロシャツのみ。

車の温度計を見ると、外の気温は18度…寒くて寝れない。(^^;
さすがに北海道と感心しても始まらない。
車のエンジンをかけ、ヒーターを入れて寝るが、やっぱり寒かった。


という訳で、何とか9時過ぎに無事、青森到着。
この時間なら青森(津軽)ラーメンが食べられる…と思い青森市内へ。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


くどう@青森市/ここでも振られる…

青森でラーメンを食べる予定ではなかったので、事前に調べてこなかったが、
とりあえず私でも知っている一番有名?なこちらの店へ。
創業60年にもなる青森県屈指の老舗。

くどう店くどう店1







店の近くに来てみると、何だかやっている気配がない。
朝8時からのはずなのだが…と店の前の貼紙を見ると、何と定休日…orz
やっぱりここでも振られるのか…(TT)


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●279)マル海@青森市/好みじゃなかった

それならば、と気を取り直してこちらの店へ…くどう同様、青森屈指の有名店。
一見ラーメン店らしからぬ店舗。

「有限会社 まるかい」というのが本当の店名?
あるところには、ご主人が同市内の「丸海鳴海中華そば店」の出身なので…
というようなことが書いてあった。


マル海店マル海







表から見るよりも広い店内で、昼近くということもあって結構お客さん入ってマス。
煮干しの香りが店内に充満しているが、ここは焼干しではなくアゴ干しらしい。

メニューは醤油ラーメンの「中」と「大」しかないので、「中」を注文。
何故「小」がないのだ…(^^;

透明感のある煮干しのスープは、ものすごく美味しそう。
一口すすってみると…ン…この酸味は何だ?

香川の「マルキン醤油」を使っているということで、
この店のラーメンは、好きか嫌いがはっきり分かれると聞いていたが、
この味がその原因なのか。

麺は無カンスイ自家製麺ということで、ウドン的な食感があり、これは美味しい。
叉焼はモモ肉で味はついているが、かなり硬め。
これはあまり美味しいとは思えなかった。

個人的にはどちらかというと “嫌い” ではないものの “苦手” な味のラーメンだった。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●280)たまや@青森市/期待してたんだけど…

こちらは青森のニューウェーブ系とでも言えそうな店。
ご主人は札幌の「すみれ、純連」両店で修行経験があるそうだ。

たまや店たまや







マアそんな訳で、今回札幌でも食べなかった『味噌』を食べてみることに。

ちょっと期待して…の味噌ラーメンだったのだが、
食べてみるとかなりしょっぱい。
すみれなどより油は少なめでいいのだが、
このしょっぱさがやや期待はずれ。

味噌の風味はいいし、麺の食感も悪くないと思うのだが…。


【ラーメン たまや】
青森市浪館泉川34-51 TEL.017-729-1720
11:30-15:00 17:30-20:00 定休日=火曜日


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●281)錦本店@大館市/飛び込みの割には…


しばらく国道7号を南下、秋田の大館市に入ってしばらく走ったところで、
何だか気になる創りのラーメン店を発見。

自家製麺という文字も見えたので、ちょっと寄ってみることに。(^^;
本店というからには支店もあるのか…と思いつつ店内へ入ると、
カップラーメンが発売されているというポスターが…
そんなに有名なお店なのか…

錦本店店錦本店







『ワンタン麺』がオススメ…みたいなことが書いてあったので注文。
意に反して塩味のワンタン麺が出てきた…これは期待できそう…。

と食べてみると、化調がやや強いものの、なかなか美味しい。(^^)
自家製の割には麺がちょっとノビやすかったのが残念だが、
こんな所 (失礼) でこういうレベルのラーメンが食べられるとは思わなかった。

帰ってから調べてみたら、秋田を中心に数店舗を展開する、
「ニシキフーズ」という会社が経営している店らしい。
チェーン店でも、こういう展開が出来るといいんだけどネ。(^^;


【錦本店】 http://nishiki-diner.com/honten.html


tosimon3 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 青森県 | らーめん 秋田県

2008年07月02日

北の大地へ…

現在乗っている車(デリカスターワゴン)が、購入後9年経って、
ディーゼル車規制のため7月以降の車検が受けられない。(^^;
つまり、まだ乗れる車でも強制的に買い替えろ…ということなのだ。
(マア、既に25万キロ近く乗っているので、買い替え時期ではあるのだが…)

デリカ旧ディーゼル車の排気ガスが、
環境に悪いということは理解できるが、
悪いから救済策も無しに、
一方的にやめろ…というのはどんなものか。

好きで乗っている車を泣く泣く手放す無念さは、
体験した者でないと分からない。

と、ここでグチっても始まらないのだが、
そんな訳で同じデリカのガソリン車を前々から探していた。
しかし、販売総数の9割り余りがディーゼル車という特殊な車種に加え、
色は白、できればマニュアルという条件設定では、全くといって見つからない。(^^;

なかなか気に入るものがなくて困っていたところ、
やっと白のガソリン車が見つかったのが6月も終わりの頃。
ところが、車の所在地が何と “札幌”。(^^;

7月11日で車検が切れるので、早めに持ってこなくてはいけないのだが、
陸送を頼むと、結構費用がかかってしまう。
それなら自分で行って引き取ってきたほうが安上がり、と札幌行きを決意した次第。

ついでにラーメンも食べられるから…という不純な動機もあるのだが…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●275)空@羽田空港/羽田だから許せる…

行きは羽田から飛行機で…って、羽田に来るのは何年振りだろう。
11:55発まで時間があるので、ターミナル内をふらふらしていたら、
ラーメン店を発見してしまった。(^^;

店名は「東京ラーメン 空(くう) 」…羽田空港にはフサワしい名前だ。(^^;
朝食べてなかったので、腹も減っているし…と入ってみる。

空鶏ガラ系の清湯スープは結構甘味が強い。
これはまぎれもなくアレだ。(笑)

しかし、それなりにちゃんとしたラーメン。
叉焼もしっかりと味がついてるし、
きぬさやなんかも入っている。

値段(¥580)を考えれば、満足とまではいかないがナットクの味。
何といっても “固茹で味玉復権委員会会長” の立場としては、
茹で卵ではあるが、固茹で玉子が入っていたのはポイント高い。(^^;


【東京ラーメン 空 】 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/tenant/detail/68.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●あらとん@札幌市/ここでも振られる


新札幌で車を受け取り、札幌市内へ…札幌はこれで4回目になるか…。

目指すは今回一番の目的であった「あらとん」。
武蔵出身の方が開いている店だそうだ。

あらとん事前に調べておいたデータでは、
夕方6時まで営業しているということだったが、
5時に着いてみると…営業終了(TT)

はるばる北海道まで来て、最初の店からこれかいっ!
と、ひとりツッコミがむなしい。(^^;
これでは、この先が思いやられる。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●276)丸鶏庵@札幌市/塩ラーメン…美味しいのだが


「丸鶏庵」と書いて「まるちあん」と読ませるらしい。
まだ開店して1年の新しい店だが、塩ラーメンで注目を集めているようだ。

丸鶏庵店丸鶏庵







1日10杯限定の『隠れ塩』がまだあるというので食べてみることに。
丸鶏スープの上澄みだけで作ったスープだそうだ。

スープを一口飲んでみると…なかなか深みのある味で美味しいのだが、
麺と一緒に口の中に入れると…何故か一体感がなくなる。
理由は分からないが、麺に味がないのが原因かもしれない。

そのうち化調がじわじわと舌に絡み付いてくる。
最初に感じた甘さはこれの仕業だったのか…(^^;

麺とスープの連携がうまくいけば、かなり美味しくなりそうなのだが…
ちょっと勿体ない感じがするラーメンだ。


【麺屋 丸鶏庵】
札幌市西区山の手6条6-2-11 TEL.011-640-3710
11:00-15:00 17:00-20:00 定休日=木曜日 P=4台


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●277)Fuji屋@札幌市/札幌ニューウェーブ系?

続いてこちらの店へ。
ラーメン好きが食べる側から作る側へ転身した店だそうだ。
「札幌ニューウエーブ系」ということになるのだろうか。

Fuji屋店Fuji屋







基本はトンコツ+魚介出汁の今風なラーメン。
キクラゲと玉ねぎが入っているのは、九州系と八王子系の融合か?(^^;

ドロッとしていないスープは、なかなか美味しいのだが新鮮味はない。
食べてみて感じたのは、丸鶏庵と同じように麺とスープの一体感がないこと。
暖簾に「相模屋製麺」と書かれてあったが、相模屋の麺なのだろうか?
それにしては麺に味が無さ過ぎだ。(^^;

レべル的には十分に高い水準にあるのだが、
こちらも一体感という点ではかなり損をしていると思う。


【豚ソバ Fuji屋】
札幌市北区太平4条3-3-3 TEL. 011-774-4111
11:00-15:00 17:00-21:00 定休日=火曜日 P=5台

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●278)虎鉄@札幌市/札幌の六厘舎…

Fuji屋からほど近くにあるこの店は、つけ麺がウリの店。
つけ麺用の麺は、首都圏ではすっかりお馴染みになった浅草開化楼の極太麺。

北海道でこれが食べられるのは、恐らくここだけ?
昨年オープンして、またたく間に行列店になったそうだ。

虎鉄店虎鉄







という訳で、行列覚悟で店に到着してみると…お客さん誰もいない。(^^;
ラッキーと思いつつ、店内に入って『つけ麺』を注文。

ややしばらくして、出来上がってきたつけ麺の麺の脇には海苔に盛られた魚粉が…
札幌に、すでに六厘舎インスパイア店があったのか…(^^;

早速食べてみる。
つけ汁は大きな器にたっぷりとあるが、思ったほど濃厚ではない。
食べ易い濃さではあるのだが、これでは完全に麺に負けていてバランスが悪い。

それでは魚粉を投入してみようと、海苔を箸で持ち上げようとしたら、
海苔が麺にくっついてしまって持ち上がらない。orz
何回かトライするうちに、魚粉はほとんど麺の上にこぼれてしまった。
結局海苔の両端を手で持ち、麺をくっつけたままつけ汁の中へ…(^^;

これなら最初から六厘舎方式にして、つけ汁の上に乗せてくれたほうがイイ。
店の方針ということであれば仕方ないと思うが…。

味は期待していたほどのものではなかったが、まあフツーに美味しいつけ麺。
それと麺が固過ぎ…というか生茹での感じがした。
もっとしっかりと茹でたほうが、絶対に美味しいはずなのだが…。

最後までお客さんは私一人だった…8時過ぎなのに…(^^;


【麺や 虎鉄】
札幌市北区太平7条5-2-5 TEL.011-774-7671
11:00-22:00 定休日=無休 P=2台


tosimon3 at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 大田区 | らーめん 北海道

2008年07月01日

カルピスだ…

●274)ロックンロール1@上鶴間


町田天満宮の骨董市を見に行った帰りに寄ってみる。
3時前ということもあって、店内に5名ほどの待ちのみ。

ブログのチェックを忘れていたので、今日の限定を聞いてみると、
何と『カルピスクーラー』だそうだ。

ロック34この『カルピスクーラー』というメニュー、
確か昨年もやっていたはずだが、食べるのは初めて。

白いスープは、見た目豆乳のようだが、
飲んでみると…カルピスだ!(^^;
生クリームなども入っているそうだが、
最初に感じるのはカルピス以外の何ものでもない。

食べるまではキワモノ系のイメージしかなかったが、これが意外にまともな味…
っていうか、ちゃんとラーメンしているから不思議。(^^)

こういうまとめ方ができるのも、嶋崎さんの引き出しの多さがなせる技だ。


tosimon3 at 03:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 神奈川県