2008年08月

2008年08月31日

限定狙いで…

●366)勇次@町田市/この旨さは別次元


静岡から静岡人さん、ボボイさん、空パパさんが東京遠征で上京。
迎えるのはGATZ君とMさん。
目的は勇次の限定『黒毛和牛ラーメン』。

勇次 4このラーメンに使われる黒毛和牛は長野県産。
今回は骨は使わず、肉のみで出汁を取ったもの。

澄んだスープには牛肉の旨味が詰まっている。
一口飲んだだけで、その旨味が口中を支配する。
この味は、やはり牛独特のもの。
ウマイ…これはもはや別次元の味だ…(^^)

ラーメンに入っている肉は、その出汁を取った後の肉なのだが、
それでも十分に美味しい。

勇次 5この限定には800円で “肉増し” のopがある。

これはA5クラスのサーロイン肉薄切りを2枚、
サッと湯通ししたものを塩かポン酢で食べるのだが、
いやいやこれがウマ〜〜〜イ!(^^)
さすがA5の肉だけのことはある。
これが800円というのは…安すぎ。


中華そば 勇次


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●367)進化@町田市/進化し続けている…


続いてこちらの店へ。
先日から始まった『冷や塩鶏白湯麺』が目的だったのだが、
残り5杯ぐらいしか無いと言われる。

こりゃ全員は無理かと思ったら、ボボイさんと空パパさんは基本の塩…というので、
何とか限定にありつくことができた。

進化6甲州地鶏の丸鶏を使ったスープは、
冷してあるのでかなりのトロ味がある。
殆どがコラーゲンだそうで、肌にはいいかも…
なんていうことはどうでもいいのだが、(^^;
鶏の旨味をぎゅっと濃縮したようなこのスープ、
ほぼ100%鶏だけ、だそうだが、
ここまで完成度を高めるのは大変だと思う。

半分ほど食べたところで、別に付いてきた煮干し油を混ぜると、
今度は「煮干し鶏白湯」に変化する。
ややオイリーになるのが気になるが、これはこれでまた美味しい。

食べていると、かすかにピリッとした辛みを感じたので、
聞いてみると “乾燥柚子胡椒” だという。
なるほど…こういうところにまで気配りができるというのはサスガです。


町田汁場 しおらーめん 進化


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●368)いちばん一番@町田市/美味しくなってる…


進化を出て、ものの5分もしないでこちらの店へ。
3杯連食はちょっときついのだが、時間的なこともあってしょうがない。(^^;

こちらでも『冷しワンタン麺』という限定はあったのだが、
私はここへ来るのが2回目なので、もう一度『中華そば』を食べてみることに。

実は前回食べた時は、醤油が強くて従来のここの味ではないという思いが強かった。
最近になってあちこちで「美味しくなった」という話を聞いていたので、
これはもう一度食べてみなくては…と思っていた。

いちばん白河で食べる中華そばとは趣を異にするが、
味の方向性は正に「白河ラーメン」。

前回感じたバランスの悪さも修正されて、
スープは確かに美味しくなっているが、
それにも増して手打ち麺の旨さが際立っている。
この麺ならつけ麺も美味しいだろうナ〜(^^;


白河手打中華そば 一番いちばん


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●369)CiQuE(ちきゅう)@南阿佐ヶ谷/スープは美味しいのだが…


3軒で皆ギブアップということで、ファミレスで腹ごなし。
夕方になって、何故かこの店へ行こうということになり、雨の中を阿佐ヶ谷へ。

私は先々週だったか一度来ているのだが、早じまいだったのか食べられなかった。
マア今回はそのリベンジということで…(^^;

ちきゅー店ちきゅー







静岡人さんオススメの『塩ラーメン』を食べる。
ルックスからは “オイシイ” というオーラが出ている。

スープを一口…いわゆる重層型の構成で、確かに美味しい。(^^)
今度は麺と一緒に…あれっ、何だか変だ…(^^;
麺が弱いというか、麺とスープの一体感が乏しいのだ。

こういう例はたまにあるのだが、たいていは麺に味の無いのが原因。
麺を変えれば、かなり美味しくなると思うのだが…惜しい…


RAMEN CiQuE

tosimon3 at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(2) らーめん 町田市 | らーめん 杉並区

2008年08月30日

期間延長

●365)鮎ラーメン@二子玉川


あゆ54『鮎涼らーめん』(つけ麺) は、
9月の土日祝に限り営業決定。

tosimon3 at 03:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年08月29日

上田→松本

諏訪湖朝中央道諏訪湖SAで車を停め、朝まで熟睡。
8時頃に目を覚ますと、眼前に諏訪湖が広がる。
夕べはかなり強い雨が降っていたが、
晴れ間が見えるので天気は回復するのか…

湖の上に横たわる雲が不思議な景観を魅せる。
ここから松本までは30分ぐらいか…


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●362)ぶいよん@上田市/味噌風味の鶏出汁つけ麺


松本骨董市を見終ったのが11時過ぎ。
こちらの店は、昼は1時半で終ってしまうので、真直ぐ上田へ。

ここへ来るのは2回目だが、それにしても分かりにくいところにある店だ。
カーナビ無しでは、何回来ても覚えられないだろう。(^^;

ぶいよん1限定の『冷し味噌つけ麺』を注文。

つけ汁はトロトロのジュレ状のもの。
ご主人は「生スープ」と言っていたが、
その意味がよく解らない。(^^;

最初上に乗っている魚粉だけを溶かして食べると、
味は殆どついていないのだが、鶏出汁だけはズッシリと効いている。

そこに器の縁に付いている味噌を溶かし込むと、やっと味噌つけ麺になる…
…なるのだが、一般的な味噌の概念では括れない味だ。(^^;

『味噌風味の鶏出汁つけ麺』…これが一番解り易い表現かもしれない。


スープ研究処 ぶいよん


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●363)熊人@上田市/これは楽しい…


続いてこちらへ…今年になって3回目だ。

普段の昼は14:30まで営業しているのだが、金、土曜の夜営業を始めたため、
この日は14:00までというのを忘れてた。(^^;
何とか15分前に滑り込むことができたが、危なかった…

今回は『釜玉』を食べるのが目的。
『和風釜玉』と『洋風釜玉』があるのだが、とりあえず和風を頼んで待っていると、
コアイさんが出てきて、「洋風のほうを食べてほしい…」というので、
そちらに変更してもらうことに。(^^;

熊人4幅1センチ以上もある平打ち麺は、
例によって青竹打ち、手切りで作られたもの。

まずは麺だけを食べてみる…
強烈なコシがあり、小麦の香りが心地よい。
これが青竹打ちの真骨頂。(^^)

次は卵黄と叉焼を混ぜ合わせて食べる…卵麺と卵黄の相性が悪いはずがない。
そして別に用意されたタレをかけて味を調整…これで釜玉らしくなる。
更に生クリーム、粉チーズ…と加える度に味が変化していく。
最後はスープをかけてもよし、つけ麺にしてもよし…いやいやこれは楽しい…(^^;

美味しさもさることながら、最後まで飽きさせない構成が見事。
首都圏でもこのような味に出会うことは滅多にない。
食べる価値有りの一杯だった。


拉麺酒房 熊人


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●364)麺とび六方@松本市/ここにも二郎インスパイアが…


「ひづき」に行くつもりで再び松本に戻ったが、フと思い出したのがこの店。
以前、寸八とのコラボで気になっていた。

凌駕グループの4店目ということで、今年の2月に出来た店。
他の店とはコンセプトを変え、二郎インスパイアなんだそうだ。(^^;

六方店六方店前







こんなところに店があるのか…と思うような場所に唐突に店が現れる。(^^;
店の前には南松本の田圃風景と、その向こうに北アルプスが広がる。

最寄りの駅は篠ノ井線村井駅ということだが、駅からは1キロぐらいはありそう。
決して良い立地ではないと思われるが、お客は入っている。
やはり二郎の魅力はこちらでも健在なのだろうか。

六方ラーメンは確かに二郎インスパイアのルックス。
全てフツーで頼んだので、この程度なのだろうが、
小食の私にはやっぱり多かった…(^^;

味はかなり二郎っぽいが、醤油が違うのかな?
動物系出汁はよく出ていると思うが、
どちらかというと “ジャンクでない二郎” の味わい。

麺は低加水のゴワゴワとしたもので、これはかなり二郎っぽい。
これはこれで人気を獲得していくだろうと思われるが、
個人的にはこの手のラーメンが苦手になってきた。
やっと食べた…というのが正直なところ。(^^;


麺とび六方

tosimon3 at 03:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 長野県 

2008年08月28日

油麺がウマイ!

●361)三歩@稲城長沼


松本へ行く前に、ちょっと回り道してこちらへ寄ってみる。
例年だと、そろそろ『秋刀魚ラーメン』が出る頃だと思ったのだが、
今年はまだ良いものがなく、もう少し先になるとのこと。

三歩14という訳で、久し振りに『油麺』をいただく。
小食なので麺は一玉で…(^^;

ここの油麺、なかなか美味しいデス。
麺が美味しいのはもちろんだが、
具やトッピング類が色々とあって、飽きさせない。
一度食べるとクセになる味だ。(^^)

tosimon3 at 03:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年08月27日

アンガーラ…

●360)覆面@神保町


夕方から飲み会があるので、それに出席する前にちょっと一杯…
っていっても、この場合の “一杯” というのは…ラーメンのことなのだ。(^^;

覆面店やってきたのは神保町。
この界隈に覆面をしてラーメンを作るという、
怪しげな店が出来たらしい。

店はすぐに見つかったが、
ウ〜ン…確かに怪しい…(笑)


覆面1食券を買ってカウンターに座る。
厨房には白覆面と黒覆面の怪しげな二人が…
この二人「アンガーラ」という言葉しか発しない。

「いらっしゃいませ」もアンガーラ、
「ありがとうございました」もアンガーラ…
アンガーラって一体何なんだ…(^^;

覆面説明そのうち黒覆面さんと目が合うと、
壁に貼ってある紙を指差して「見ろ」という仕草。
そこには「例のアノ人は今」に続いて「アフリカで象でラーメンを創ろうとして、密猟者と一緒に捕まったそうです」と書いてある。(笑)
なるほど…アノ人ならやりそうなことだ。(^^;

覆面メニューは清湯醤油味の『覆麺』と、
『油覆麺』(油そば) があるのみ。

覆麺は貝柱や甲殻系を感じるキレのあるスープ。
ややしょっぱ目なのは…やっぱりネ…(^^;
個人的には揚げネギの量が多いのが気になった。
麺は最初の頃とは違うようだ。

食べ終る頃になって、黒覆面さんから小さな紙切れが手渡された。
そこには「ラーメンはどこから」(だったか?) みたいなことが書いてある。
なんだ、日本語書けるじゃん…でも意味ワカラン…(笑)

「どこから」というのは、「ここへ来る前に」ということかと思って、
「今日はここが初めて」と答えると、その答ではお気に召さないようで、
今度は小さい声で「How long ago?」と聞いてくる。
なんだ、英語もしゃべれるじゃん…(^^;

でも「いつから…」???…って何て答えればいいんだ?
試しに「高田馬場」と言ってみたら、「ウンウン」とうなづく。
やっとご満足いただいたようで…(^^;

マアこれで少なくとも日本語が書けて、英語が話せることはハッキリした。(笑)
バレバレだけどネ…アンガーラ!(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


リストランテ ミオ ポスト

その後、小川町にあるこちらの店へ。
どういう飲み会かというと…マア同じ釜の飯を食った者同士というか…(^^;

ハムスパゲッティ






サラダスズキ






デザート
この他にも色々と出てきたが、
名前が分からないので、
とりあえず写真だけ…(^^;

tosimon3 at 04:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 千代田区 | 食・一般

2008年08月26日

太麺が合う塩ラーメン

●359)天国屋@町田市


ヤボ用で市ケ尾まで行ったついでに、町田まで足を伸ばしてこちらの店へ。
2度目の訪問になるが、やっぱり店名が気になる。(^^;

天国屋1『塩ラーメン』を注文すると、
太麺か細麺がチョイスできるという。
塩ならやっぱり細麺か…と思ったら、
「太麺も合いますよ」とご主人。

太麺が合う塩ラーメンっていうのは、
これまでの経験から美味しい場合が多い。

出来上がってきたラーメンは、薄黄色で透明感のある、なかなか美味しそうなもの。
まずはスープから一口…アッサリ系ではあるが、鶏の旨味が口中に広がる。
ちょっと心配だった太い平打麺との相性も悪くない。

線は太くないが、一本スジの通った味わい。
太麺をガッチリ受け止めるポテンシャルも秘めている。
いやいや、これは美味しいじゃないですか…(^^)


地獄ラーメン 天国屋

tosimon3 at 05:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年08月25日

ウニバターラーメン

●358)はる太郎@八王子市


今日の交換会も早めに終ったので、以前からずっと気になっていたこちらの店へ。
気になっていたのは『ウニバターラーメン』があるから…ということ。

初めての店で基本のラーメン以外を頼むことは滅多にないのだが、
ここはやっぱり『ウニバターラーメン』を注文。

はる太郎店はる太郎







出来上がってきたラーメンは…スープにウニが入っているとは思えない色をしてる。
スープを飲んでみても、ウニの感じはあまりない。(^^;

ン?どこがウニ?…とよく見てみると、麺に何かがからめてあるようだ。
麺を食べてみると、確かにウニの味…ここで初めて解った。
ウニとバターを混ぜたソースが麺にからめてあるのだ。
そのままスープから持ち上げて食べれば、和え麺みたいな味わい方もできる。

しかし、そういう食べ方は作り手の意としたものではないだろう。
徐々に麺にからんだウニソースがスープに溶け込むに従って、
ラーメン全体にウニとバターの香りが充満してくる。

ウニラーメンといえば、昨年9月の勇次と鏡花のコラボが記憶に新しいが、
両店で出していたウニラーメンとは全くコンセプトを異にしたアプローチ。

これはこれで美味しいとは思うのだが、気になったところが一つ…
ウニソースがかなり塩気が強いようなので、これがスープに溶け込むと、
スープがしょっぱくなってしまって、殆ど飲めない状態になってしまう。(^^;
あらかじめスープの濃度を調整しておく必要がありそうだ。

しかし、このラーメンの常時提供が可能ということに関しては、
もっと評価されていいと思うのだが…。


ラーメン屋 はる太郎


tosimon3 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 八王子市 

2008年08月24日

今時値上げ無し…

●357)無坊@武蔵小金井


国分堂からの帰りに、久し振りに寄ってみる。
限定が変わっているかと思ったら、まだ夏限定のままだった。

前回『めんたいつけ麺』を食べているので、
今日は『梅シソつけ麺』を…
無坊4つけ汁の中にシソの葉が沢山入っていて、
梅は具と一緒についてくる梅干し。

なかなか分かり易い構成だが、(^^;
味のほうはここ独特のキレのある味わい。
かなり複雑な感じに仕上がっている。
 加水低めの麺との相性も良く、濃厚豚骨魚介全盛の昨今、この味は貴重だ。

そしてもう一つ貴重なのが、未だに値上げしていないということ。
このところの物価高に合わせて、殆どの店が値上げをしている中、
価格据え置きで営業している店は数少ないと思う。
頑張って欲しいものだ。

 無坊

tosimon3 at 03:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年08月23日

煮干し欠乏症

●356)オードリー@町田市


何となく煮干し欠乏の予感…ということでこちらへ。(^^;

勇次 3前回「こりゃウマイ」と思った、
『豚骨煮干しつけ麺』を再び…(^^;

確認のつもりで食べてみたが、やっぱりウマイ。
よくぞここまでコッテリ感を…と思うほどだが、
それでもスッキリとした口当りは、
やはり勇次ならではのもの。
この旨さはすでに別次元か…

tosimon3 at 03:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年08月22日

バランスの良さが身上

●355)藤堂@三島市


昨夜帰るつもりだったが、雨の中を帰るのもしんどいかな…と思ってもう一泊。
特に急いで帰らなくちゃならない用事もないからネ。

真直ぐ帰るのも何なので、また三島回りで…(^^;

藤堂10『漣』という昼限定狙いで来てみたのだが、
既に売り切れで食べられず…(TT;

『翆緑』という冷製麺もあるが、ネバネバ系らしい…
ウ〜ン嫌いじゃないけどそんな気分じゃないので、
『風雅のアニキ』という変わった名前のつけ麺を…。

これは藤堂では珍しい濃厚豚骨のつけ汁らしい。
『風雅』という豚骨つけ麺のアップグレード版だとか。

食べてみると、それほど濃厚というほどではなく、サラッとして食べ易いタイプ。
驚くような味ではないが、味のバランスの良さはさすが。
麺がツルッとし過ぎていて、スープの持ち上げがやや弱いのが気になるが、
サッパリ系なので、これはこれでいいのかもしれない。


めん処 藤堂


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


久々の夜釣り(21日夜)


昼間、八幡野の青木釣具店で最近の状況を聞くと、
夜釣りでアジやサバがポツポツ出ているという話だったので、
久し振りに竿を出してみることに。

薄暗くなってきた6時過ぎに近くの大灘という磯に入る。
ここは東に向いた磯なので、西風には強いが、北・東風には弱い。
一番北側の低い磯に誰もいなかったので、そこで釣り始める。

3投目ぐらいに軽いアタリがあったので巻き上げてみると20センチ弱のアジ。
最初潮は左から右へゆっくりと流れていたのだが、
30分ほどして右から左へ変わったとたんに強烈なアタリ。

サバ8.21久し振りだったので一瞬アワセ遅れたら、
見事にバラシ…(TT;

その後3投目ぐらいでやっと一匹目のサバをゲット。
大きさは35cm位で、この時期のアベレージサイズ。

3匹目を釣り上げた頃、突然西の強風が吹き出した。
稲光も近づき、雨もぽつぽつ…これはヤバイと思い、4匹目を釣った時点で納竿。
約1時間半の釣りで5匹ゲットならまあまあか…(^^;

戻って30分ほどしたら外は豪雨になっていた…危なかった。

tosimon3 at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | 釣り

2008年08月21日

昼はカレー、夜はラーメン

小さな洋食屋 ごえん玉@伊豆高原/カレーが美味しい


伊豆で色々とお世話になっているM氏と、どこかで昼飯でも…ということになり、
M氏推薦の店を何軒か覗いてみるが、いずれも定休日。
この辺は水曜、木曜休みの店が多いのだ。(^^;

という訳で、たまたま私が知っていたこちらの店…とは言っても、私も初訪問だが…
教えてくれたのはてるてる餃子のご主人。

五円玉店昨年開店?のまだ新しいおしゃれな店。
調べてみると、以前は南伊豆の伊浜にあったらしい。

メニューはビーフシチュー、ハンバーグなどから、
焼きカレーなんていうのもあったが、
これがこのお店の人気メニューらしい…
ということは後で知った。(^^;

五円玉とりあえず『ビーフカレー』をいただくが、
これは付け合せの野菜サラダと薬味。

薬味に玉ねぎの酢漬けというのが新鮮。




五円玉カレー直径30cmぐらいの大きな皿で出てくる。
野菜は溶けてしまっているようだが、
ビーフが柔らかく、かな〜り満足。

あまり辛くないカレーだが、
出汁とスパイスがキッチリと効いていて、
これは美味しい。(^^)

メニューとしてはこれで終わりだろうと思っていたら、
デザートにフルーツとアイスクリーム、更にコーヒーまでついてきた。
これで1200円というのはかなりリーズナブル…また来なくては…(^^;


小さな洋食屋 ごえん玉


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●354)唐辛子@伊豆高原/手打ち麺の汁無し担々麺


夜釣りから上がってきて、しばらくしたらものすごい雨になった。
雷はそれほどでもなかったが、首都圏ではかなり凄かったらしい。

その雨の中をこちらの店へ。

唐辛子75今日はマスター手打ちの極太麺があるというので、
それで汁無し担々麺を作ってもらう。

今回の麺はデュラム・セモリナ粉を使ったとかで、
いつもより黄色味を帯びた色になり、
ツルツル感、もちもち感も申し分ない。

茹でるのに10分以上もかかるのが難点だが、
その後には素晴らしい美味しさが待っていた。(^^)
これまでの手打ち麺も美味しかったが、この麺は更に輪をかけた美味しさ。
油そばやつけ麺、汁無し系には最適の麺だろう。

但し、マスターの気分次第で…というのが唯一困ったところ。(^^;
いつもある訳ではないので、あればラッキーなのだ。


唐辛子  


tosimon3 at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 静岡県 | カレー

2008年08月20日

沼津と三島で…

●352)わさらび@沼津市/塩トマトそば


いつものように伊豆へ行く前にこちらへ寄ってみる。
まだ新しい限定は始まってないようなので、
「それまでの繋ぎ」だという『塩トマトそば』を久し振りに。

わさらび494月にやった『トマトそば』も美味しかったが、
こちらのスープは従来の塩味。

トマトはスパイスで味付けされており、
更にスープにはバジルが散らされる。

見た目は何の変哲もないトマトラーメンだが、
なかなか複雑な味わいを感じるラーメン。
こういうトマトラーメンをサラッと作ってしまうところが塙さんの持ち味か。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●353)めんりすと@三島市/スープ割にあられが…


前回は間違えて定休日に来てしまったが、さすがに今日はやってた。(^^;

今日の限定は『鶏白湯塩つけ麺』。
小食なので、麺は1玉でお願いする。(^^;

めんりすと7出てきたつけ麺は、
六厘舎インスパイアか…と思わせるもの。

つけ汁はライトな鶏白湯…という感じだが、
ここに魚粉を入れると魚介風味がパッと広がる。
かなり太い平打麺は秋山製麺製だそうだが、
しっかりとしたコシがあり、なかなか美味しい。

ただちょっと残念なのは、麺の強さにつけ汁が負けてしまっていること。
もう少しつけ汁にトロミをつけるとか、何らかの工夫があるといいと思う。

めんりすと8食べ終ってスープ割を頼んだら、
“あられ” が入って出てきた。
ネギが追加されたりというのはあるが、
こういうのは初めて…いやいやこれは楽しい。

一緒に出て来たワサビも新しい発見だった。

tosimon3 at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年08月19日

新旧の職人技…

●350)菜かむら@橋本/ラーメン職人の技


久し振りに相模原がんこへ行くも、第3週は月火連休だったのを忘れてた。orz
という訳で、次に予定していたこちらの店へ。

菜かむら17『緑茶冷し』があるかと思って来てみたら、
今年はやってないということだった。

材料費の値上げで、昨年の値段では出せなくなった…
というのが理由のようだが、ン〜本当だろうか…(^^;
実は作るのが面倒くさいから…だったりして。
ここのオヤジさんだったらやりかねない。(笑)

前回食べたタンメンも魅力だったが、かな〜り久し振りに『橋本今味』を醤油で。
何も突出したものは無いが、不思議にビシッとした雰囲気が伝わってくる。
思わず背筋がピンと伸びるような雰囲気だ。
これが職人の技というものなのか…


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●351)進化@町田市/食べた者にしか分からない


2杯食べるつもりで出て来たので、もう一杯をこちらで…。

進化5限定があるはず…と思っていたら、
すでに終ってしまっていた。(^^;
なので、こちらでも久々に『塩煮干し』を…

最初の一口で「おっ、これは…」と思ってしまう。
すべてにおいてグレードアップしている。
以前食べたのと同じものとは思えない旨さ。
これほど進化しているとは…(^^;

と店名に引っ掛けてつまらんことをを言ってる場合じゃない。
この旨さは食べた者にしか分からない。

tosimon3 at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 神奈川県 | らーめん 町田市

2008年08月18日

レンジでチン…

●349)八蔵@松陰神社


ここへ一番最近来たのがいつだったか…調べてみたら3月末だった。(^^;
というのも、それ以来月1〜2度は来ていたのだが、いつも店が閉まっていた。

こう何回も振られると、また以前のように昼営業だけになってしまったのか…
と思って、7、8月は来るのをあきらめていたのだが、
いくら何でもそろそろやっているのでは…と店を覗いてみると…やってた。(^^;

店に入って松崎さんに聞くと、店はずっとやっていたという。
どうも、たまたま来た日が臨休とか早じまいの時にぶつかっていたらしい。

八蔵23という訳で久し振りに『つけ麺』。

ここのつけ麺が今のところ一番気に入っている。
どこが…と聞かれても困るのだが、
つけ汁の味、麺とのバランス…どれもが好み。
美味しいと思う。(^^)

ここのつけ汁はいつも容器までアツアツで、最後まで冷めることがない。
これはどうやっているのか不思議だったが、今日、その謎が解けた。(^^;

それはレンジだった。
つまり、つけ汁を容器ごとレンジに入れてチンをしているのだ。
こうするとつけ汁も容器もかなり熱いままが持続する。
いいアイデアだと思う。



tosimon3 at 03:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年08月17日

たまにはこういうのも…

●348)小洞天@有楽町


有楽町の東京フォーラムで開かれている「大江戸骨董市」を見にいくと、
編集長とSさんにバッタリ…(^^;

と言う訳で、見終わったあと近くのこの店で昼食。

小洞天1ここはシューマイが美味しいので、
シューマイと担々麺のセットを注文。
(午後1時以降でないと注文不可)

担々麺はそれほど辛くなく、フツーの味。
シューマイは肉の量が多く、大きさもかなりのもの。
ちょっと硬めだが、これは美味しい。(^^)


小洞天 有楽町店


tosimon3 at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 千代田区 

2008年08月16日

煮干しつけ麺

●347)オードリー@町田市


実家で「たまがわ花火大会」を見た後で食べに行く。
9時40分に店に着くと、ちょうど暖簾をしまうところ。(^^;
いくら何でもちょっと早いんじゃない?
という訳で、何とか食べさせてもらうことに…

で、何気なくメニューの札を見ると『煮干しつけ麺』となっている。
おっ、ついに出来たのか…
以前からやるとは言っていたが、なかなか登場しなかったメニューだ。(^^;

煮干し豚骨を始めた当初、ナイショでつけ麺を食べさせてもらったことがあったが、
何故か思ったほど美味しくなくて、結局オクラ入りのつけ麺になっていた。

勇次 2今回はタレを工夫し、酢を入れてないという。

食べてみると、以前のものとは大違い…
適度なコッテリ感に加え、
これまでなかった甘味を感じるが…この甘味がイイ!

酢を入れてないというので、ちょっと心配だったが、
そんな心配は全く無用…いやいやこれはウマ〜〜〜イ…(^^)

つけ麺にすると、ラーメンに比べ相対的に煮干し油の量が多くなるので、
必然的にラーメンより煮干しが濃いように感じる。

これならラーメンより美味しいのでは…と思ってしまうのはイケナイことか…(^^;

tosimon3 at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年08月15日

結局さいたまで…

●344/345)爺@吉川市/煮干しが一段と…


野田へ墓参りに行ったついでに、妹とこちらへ寄ってみる。
お盆休みかもしれない…との危惧はあったが、やってましたネ。
店内のカレンダーを見たら、昨日までお盆休みだったらしい…危なかった…(^^;

爺7ここへ来たら、やっぱり『煮干しラーメン』。

見た目はどうってことないラーメンだが、
煮干しはかなり効いている。
それも食べる度に煮干しが濃くなっているような…

ここでこれが食べられるっていうのが嬉しい。(^^;

爺8こちらは『冷しつけ麺』。

麺は草村の麺を使っているわけだが、
想像すると、あまりつけ麺には合わない気がする。
しかし、食べてみるとこれが思った以上に美味しい。
氷水でしっかりと締めることで、
このコシが出るらしい。

冷たいつけ汁には節粉がたっぷり入っていて、この麺をしっかりと受け止める。
『冷しラーメン』もあるので、これも気になる。(^^;


ラーメン 爺


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●340)大悟@南越谷/資本系の匂いがするが…


たまたま遊びにきていたを乗せて帰る途中、
ラーメンを食べていこうということになり、越谷付近で検索してみると、
この店が引っかかってきた。

大悟店大悟







なかなか良くできた店で、何となく資本系の匂いがしないでもないのだが、
帰って調べても、そういう情報は見当たらなかった。

姪は『つけ麺』、私は『熟成醤油ラーメン』を食べる…。
ちなみに姪はラーメン好きで、一緒に連食をしたことがあるほど。(^^;

ラーメンは豚骨醤油のスープに背脂が浮いたやや濁りもの。
魚介も少し感じるが、それより醤油にちょっと特徴がある。
動物系出汁が弱いので、醤油に頼る部分が無きにしもあらず…だが、
現在ではとりたてて珍しいラーメンではない。


麺匠 大悟


tosimon3 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 

2008年08月14日

八王子系の名店

●343)でうら@八王子


朝から交換会に出るため八王子へ…暑い…(^^;
暑さのためか、お盆のためか、交換会がいつもより早く終ったので、
普段なかなか行けない店へ行ってみることに。

でうら店でうら







この店は誰もが認める八王子ラーメンの名店。
八王子系のラーメンはけっこう食べているが、何故かここは未食だった。
営業時間が11時から3時頃までということと、日祝水が休みというのもその原因。

メニューはラーメンだけしかなく、あとは盛りと叉焼の量の違いがあるだけ。
これもある意味、名店の条件。

見た目も何も、どこから見ても八王子ラーメンの王道を行くビジュアル。
アッサリとしたスープだが、薄いわけではなく十分な旨さがある。
これにはやっぱり尾張屋製麺の中細麺がよく合っている。

ビックリするような旨さではないが、じんわりと舌に広がる旨さは格別。
おばちゃんの接客が気持ちよかった。(^^;


らあめんのでうら


tosimon3 at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年08月13日

あと8年…

●342)臨機@西永福


以前から煽られていた「Cique」に行くも、8:30で店閉まってるし…
初めて行く店には何でこうも振られるんでしょう…(TT;

という訳で、比較的近いこちらの店へ。

臨機6以前は限定でやっていた『つけ麺ガンジー』が、
レギュラーになっていた?…ので注文。
いわゆる “カレーつけ麺” なのだが、
一般的なものとは一線を画する。

つけ汁はカレールーを使ったものではなく、
スパイスだけで味付けされている。

カレーでいうと、スープカレーを食べているようなものか…(^^;
辛さはそれほどでもないが、けっこうクセになる味。

臨機説明待っている間に「月刊 りんき」を読んでいたら、
1周年を迎えた旨のことが書いてあり、
それを記念したプレゼント企画もあるようだ。

福盛賞は5万円の旅行券と、なかなか太っ腹。
8月末までというので応募してみては…(^^;

そして下のほうに気になるコピーが…
「あと8年、何とぞ宜しく…」

そうなんですよネ…
この店は最初から9年限定で出店している。
土地の利権の関係…というが、詳しくは不明。

そういうことなので、この店に限っては1周年、2周年…がカウントダウンになる。
歴史の積み重ねができないことが寂しい。



tosimon3 at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 杉並区 

2008年08月12日

埼玉遠征

●339)匠@浦和区/移転して更に美味しく…


静岡からボボイさんが上京し、埼玉を回るというのでお付き合い。
しか〜し、一番目的の「渓」は夏休み、次の「彩流」はスープ不出来で臨休…orz

それではと、春日部から4月に移転してきたこちらの店へ。
前回、夕方に一度来ているのだが、昼の営業しかやっていないということで、
食べることができなかったため、今日はリベンジ…(^^;

匠箸机の上の箸が全部袋入りになっている。
これは一度使った箸を洗浄・オゾン殺菌し、
新しく袋詰めにして再利用するということだ。

店でここまでやっているのかどうか分からないが、
ここまでやっている店は初めてだ。


匠4限定の『釜玉つけ麺』を食べる。
麺はすでに釜玉状態になっていて、
そのままなら和え麺として食べられる。
自家製の麺が美味しいので、
半分ぐらいは釜玉として食べてしまった。(^^)
残りをつけ汁につけて食べると、
今度はつけ汁の表情がどんどん変わってきて旨い。


羅麺家 匠


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●340)喜楽々@川口市/以前と味が変わってる…


ここへ来る前に「番」へも寄ってきたのだが…定休日だった…(^^;
そんな訳で、「むさし坊」から店名を変更したこちらへ。

武蔵浦和の本店では何回も食べたことがあるのだが、
こちら東川口店へ来るのは初めて。

喜楽々店喜楽々







ボボイさんは『塩ラーメン』、私は『冷し醤油ラーメン』を食べるが、
塩ラーメンのスープは清湯スープだ…むさし坊は鶏白湯だった筈だが…

冷しのほうも清湯スープになっているので、こちらはスープが違うのか?
美味しいので、どちらでもいいのだが…(^^;


麺匠 喜楽々


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●341)蛍@大和田/店舗はすごいネ…


今日は振られてばかりだったので、もう一軒と思ったらアイドルタイムに突入。(^^;
中休み無しの店を探したが、こちらしか思い浮かばなかった。

蛍店蛍3







ここは何回も来ているのだが、いつ来ても店舗のスゴさは際立っている。
資本系の店ではないかと思ってしまうが、そうではないらしい。
(よく分からないが…)(^^;

味のほうは、以前は魚介のエグミや雑味を感じるものであったが、
今日食べてみると、その辺は少し改良されたかな?

中華そば 蛍


tosimon3 at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 

2008年08月11日

この油そば…旨いネ

●338)東京油組総本店 渋谷組@渋谷


夕方、渋谷まで出たついでにこちらへ寄ってみる。
前回食べてなかなか美味しかったので、もう一度食べてみたいと思っていた。

油組1デフォの油そばは、見た目は貧弱。
豪華さを求めるなら、何かトッピングが必要。
しかし、このままでも味はイイ。(^^)
化調っぽさもあまりなく、後味がスッキリ。
この味は個人的にヒジョーに好きな味。

渋谷へ来る楽しみが増えた。(^^;


東京油組総本店 渋谷組




tosimon3 at 16:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 渋谷区 

2008年08月10日

東京西部遠征

●334)胡心房@町田市/更にクオリティアップ


静岡人さんと次郎長さんが上京しているので、こちらの店で合流。
二人だけかと思ったら、都内某ラーメン店にいるMさんも…(^^;
ここの前に3人はロックンで食べてきたそうだ。

胡心房12限定の『豆乳サマー2008』を食べる。
相変わらずの美しいビジュアル。
緑色の香味油はバジルかと思ったのだが、
香りは弱い…何の香味油なんだろう?
この豆乳サマーは、ほぼ毎年食べているが、
スープは今年のものが一番濃くて美味しい。(^^)
豆乳ラーメンとしては最強といえるものだろう。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●335)勇次@町田市/基本ラーメンの旨さ…


次郎長さんはこちらも未食というので、それなら食べてもらわなくては…と案内する。
静岡人さんは『合鴨つけ麺』、次郎長さんが『合鴨ラーメン』なので、
私は久し振りに『追鰹醤油ラーメン』を食べてみる。

勇次 1現在ではこの『追鰹醤油』がここのデフォといえる。
食べるのは本当に久し振りだが、
改めてここの味の進化を思い知らされる。

スッキリとした雑味のないスープは特上品。
本当の一番出汁しか使わない鰹節の香りが鮮烈。
徹底した無化調も嬉しい。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●336)大山家@武蔵境/家系の進化系


勇次を出てしばらくファミレスで休んだ後、次郎長さんとはここで分かれ、
3人で武蔵境へ。

静岡人さんは6月の大山さん主催の千葉ツァーに参加しているのだが、
大山家が未食というので、今回食べにきた次第。

大山家43二人はとき玉子のラーメンとつけ麺。
私はフツーのつけ麺を食べる。

二人とも “とき玉子” 系は初めてということだったが、
未知の味は気に入ってもらえた様子。
しばらく大山さんとラーメン談義をして店を出る。


大山家


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●337)大地@西東京市/おかみさんが…


大山家で終わりかな…と思っていたら、静岡人さんがここへ行きたいという。
何でもここの奥さんは、元イエローキャブに所属していた方だとか…(^^;

ラーメンじゃなくてそっちかいっ!(笑)

まあ私もそういうの嫌いじゃないので行ってみることに…(^^;

大地住所は旧田無市だが、武蔵境からは近い。
現在は花小金井に2号店があり、
ご主人はそちらへ行っているそうで、
こちらは奥さんが切り盛りしている。

私はつけ麺を食べたが、フツーの豚骨魚介だった。
奥さんは…カワイイ感じの人でした。(^^;

つけ麺・油めん 大地


tosimon3 at 16:33|PermalinkComments(3)TrackBack(1) らーめん 町田市 | らーめん 東京都下

2008年08月09日

今夏最初の鮎つけ麺だけど…

●333)鮎ラーメン@二子玉川


7月から始まっている『鮎涼ラーメン(つけ麺)』なのだが、何故か今年は未食。

というのも、若おかみが店に出ているのは土日のみと聞いていたので、
その機会を狙っていたのだが、土日が忙しくて来ることができなかった。(^^;

あゆ53やっと今日(土曜)時間がとれたので寄ってみると…
若おかみが…いないじゃない…(^^;
店長に聞くと、何と若おかみは夏休みだとか…orz

まあそれじゃぁ仕方がないとあきらめて、
(内心あきらめきれないのだが…)
今年初めての鮎つけ麺を食べる。

昨年と殆ど変わらないが、鮎出汁が何かスッキリとした感じがするのは気のせい?

tosimon3 at 06:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年08月08日

京都→岐阜→名古屋

●329)◯竹@京都市/4度目の正直


「京都珍品展」を見るために、今年3回目の京都入り。
あまりこれといったものがなかったので、早々に切り上げてこちらの店へ。

この店へはこれまで3回来て、3回とも食べることができなかった。
最初は確か5〜6年前、中休みにひっかかって食べられず、
2回目は店舗改装中で臨時休業、そして3回目は今年6月、
日曜日は通し営業で21時までのはずなのに、4時の時点でスープ切れ…(TT)

今回が4度目の正直となるので、絶対にやっている時間…12時半に到着。(^^;
少し手前に車を置いて歩いて行くと…やってましたネ〜。
足掛け6年?越しの宿題店をやっと攻略。

◯竹店◯竹







表の暖簾に「元祖 魚だし」と書いてあるが、本当だろうか?
京都では…ということじゃないのかナ…(^^;

『中華そば』は魚出汁がフワッと効いた清湯系のラーメン。
揚げネギと青ネギが強過ぎて、せっかくの魚介風味がスポイルされてしまっている。
これはちょっと勿体ないのではないか…

味自体は想定内のものだったが、カルシウムで店名を書いた海苔がユニーク。
叉焼を炙るガスバーナーの音がちょっとうるさすぎ。(^^;


麺屋◯竹


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●330)ろおじ@京都市/これはこれでアリなのか…


◯竹の後は、すぐ近くにある「高倉二条」…という選択肢もあったのだが、
その2号店があるのを思い出して行ってみることに。

ろおじ店ろおじ







全くラーメン店らしからぬたたずまい。
大きな提灯が目印…
という訳でもないのだろうが、
京町屋風の店によく似合っている。

一応こちらはつけ麺専門店という位置づけになっているが、ラーメンも食べられる。
麺は本店と同じ全粒粉を使ったもので、蕎麦に似た食感がある。
ここまで全粒粉が多いのは、個人的にはちょっと…と思ってしまうが、
蕎麦を豚骨スープで食べると思えば、これはこれで “アリ” なのかと…。(^^;

しかし、この麺もつけ汁もステンレスの器で出てきたのは意外だった。
もっと店の雰囲気に合ったプレゼンがあるのでは…という気がしないでもない。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


琵琶湖京都から岐阜の「白神」へ向ったのだが、
夜の部開始まで時間があるので、
琵琶湖の北側をぐるっと回っていくことに。

ここは一応海水浴場になっているのだが、
琵琶湖で泳げるとは思っていなかった。(^^;


白髭神社鳥居琵琶湖西岸の中程にある白鬚神社の鳥居。
「近江の厳島」と呼ばれているらしい。

全国に300社あるといわれる白鬚神社の総本社。
約1900年前に創建されたといい、猿田彦命を祀る。
本殿は国の重要文化財に指定されている。



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●331)白神@関市/この限定はすごい…


琵琶湖半周が思ったより時間がかかってしまったため、
関市にあるこの店に着いたのは7時を過ぎていた。

店に着く前から、あちこちで稲光が見え出し、一雨きそうな雰囲気。
ここへ来た目的はラーナビ限定を食べるため。

白神品書最初に出てくるのがこの挨拶文。
折り鶴がこの店の姿勢を象徴しているようだ。
これだけで限定に対する期待がふくらむ。




白神1これが『海苔梅八寸麺』。
麺は太麺と嘉夢蔵麺の2種類。
鶏叉焼の上に卵黄の味噌漬けと岩海苔が乗る。
つけ汁は梅が入った冷たいものと、
海苔梅風味の温かいもの2種類が用意されている。
左側は海苔の佃煮?と嘉夢蔵麺の和え麺。
上に賽の目叉焼が乗る。

いやいやこれはスゴイ!…というか、この演出は見事というしかない。
ビジュアル、味…どれをとってもスキのない出来映え。
和食出身の石神店主ならではの面目躍如といったところか。

あまりに種類が多過ぎて、一つひとつをじっくりと味わえないのが残念なところ。

白神茶漬けこれだけで終わりかと思ったら、
焼き石が入った雑炊が出てきた。
これに残ったつけ汁と岩海苔を入れて…至福の〆。

最後までサプライズが連続する脅威の限定だった。

店を出ると、ものすごい雷雨になっていた。(^^;


麺屋 白神


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●332)慈庵@名古屋市/名古屋最強の塩ラーメンか…


岐阜から真直ぐ帰ろうかと高速に乗るが、名古屋の手前でこの店を思い出す。
前回は時間的にムリかと思ってあきらめたのだが、
とりあえず寄ってみることに。(^^;

ここは最初に来たときは、夜のみ営業を知らずに昼間に来て食べられず、
2回目は臨時休業でまたも食べられず…なので、今回が3回目。

慈庵2店の前に着いてみると、電気がついてる…
という訳で、3度目の正直で店内へ。

待望の『塩そば』は、旧店舗の時と何か違う。
叉焼が豚から鶏に変わっていた。

食べてみると、クオリティの高さは変わらないが、
以前より鶏が強く出ている感じがしたので、ご主人に聞いてみると、
前と材料は全く変えていないという。

ということは、叉焼が鶏になった分、強くなったのか?
いづれにしても美味しさが変わったわけではないので、ノープロブレム。
名古屋の最近のラーメンは食べていないが、最強と思わせる味だった。


慈庵


tosimon3 at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 京都府 | らーめん 岐阜県

2008年08月07日

3日続けて静岡…

●327)玉蔵@藤枝市


京都へ行くついでに伊駄天へ寄って行こうと思い電話をすると、
今日は焼津の花火大会があるので、夜の営業は9時15分からだという。

それならまだ時間があるので、こちらへ寄っていこう…ということに。(^^;

玉蔵2今日は『玉蔵つけそば四号冷し』を食べてみる。
一、二、三がラーメンなので、これが四号?…(^^;

つけ汁は鶏魚介醤油(鶏4、魚介6)だそうで、
麺もつけ汁も冷たいタイプのもの。

麺は三河屋製麺で、かなりの太さがある。
このつけ汁だと麺に負けてしまうのでは…と思ったが、全くそんなことはなかった。

食べ終ったあとで温かいスープで割ってもらうと、
魚介風味がフワッとひろがって、これは美味しい。(^^)


麺や 玉蔵


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●328)伊駄天@焼津市


花火大会というので道路の混雑が心配されたが、それほどではなかった。

それに対して店のほうはかなり混んでいるのでは…と思って行くが、
こちらは予想に反して空いている。
何で…と又野さんに聞いたら、「告知してなかった」んだそうだ。
そりゃぁダメなはずだ。(^^;

伊駄天20限定がないので『柚子鶏塩ラーメン』を。

以前に比べて鶏叉焼が変わっているが、
この炙り鶏叉焼がメチャウマ。
炙った香りと鶏と柚子の三位一体。

製麺所が変わったことで、麺もより美味しくなり、
スープと麺の四位一体が完成しつつある。
やっぱりここは期待を裏切らない。


麺行使 伊駄天

tosimon3 at 05:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年08月06日

マイペースで…

326)福わ家@伊豆城ヶ崎


2週間振りの伊豆…昼はこれも久し振りにこちらの店へ。
調べてみたら、前回来たのが2月末だったので、半年も来てなかったのか…(^^;

幅わ家18親父さんは相変わらずマイペースだが、
この肩肘張らない雰囲気がこの店のいいところ。

今日も『肉もりそば』を注文するが、
その後で『冷し麺』があることに気が付いた。
聞いてみると「冷し中華」らしいので、
とりあえずそれは次回に回すことに…(^^;

今では珍しいタイプのアッサリつけ麺ではあるが、ここの麺にはこれが合っている。
つけ麺もラーメンも、共にナチュラルタイプであるところが持ち味。
雰囲気も味もホッとさせてくれる得難い店だ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


伊豆スタジオでパーティをするからきて欲しいという連絡があったので、
夜になって出かける。
何のパーティなのかというのは・・・よくワカラン…(^^;

出席者は唐辛子のママさん、トモちゃん、伊豆スタの山内ご夫妻、
そして今回は、唐辛子の常連さんが一人、特別参加。

焼きそば山内さんご主人の手作りの塩焼そば。
インスタントのものはたまに食べることはあるが、
ちゃんとした塩焼そばは初めてかな?
しかしこれは本当に美味しかった。(^^)




パエリヤ唐辛子のマスターが作ってくれたパエリヤ。
米と一緒に炊き込んだものではなく、
別に炊いたサフラン米にこれをかけて食べる。
このほうが美味しいというか日本人向き。(^^;




ちらし常連さんの奥様手作りのちらし寿司。
今回唯一の和食系だったが、
“デンブ” が入っているのが懐かしかった。





デザートこれはデザート。
山内夫人のユーコさんの差し入れ。
近くのリゾートホテル製のスイーツ。

いやいや美味しかった…(^^)



tosimon3 at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | 食・一般

2008年08月05日

2杯とも満足…

324)わさらび@沼津市/鯛出汁が美味しい


2週間振りに伊豆へ…と、その前にいつものように沼津回りで…(^^;

まずは8月の限定が出来ていないか…とこちらへ来てみるが、
油そば、釜玉をもう少し続けてからになるそうだ。

わさらび48『鯛出汁つけ麺』というのがあったので食べてみる。

『鯛出汁ラーメン』から派生したものだが、
これが思った以上に美味しかった。

酢が入るせいなのか、鯛の香りが押さえられ、
その分、麺の香りが生きてくる感じがある。
個人的にはラーメンより好きかも…レギュラーにならないだろうか…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


325)一匹の鯨@伊豆の国市/ユニークさは変わらず


その後「めんりすと」へ寄ってみるが…定休日…火曜休みだったっけ?(^^;
という訳で、少し先の長岡にあるこちらの店へ…ちょっと久し振り。

一匹の鯨4『魚介系醤油豚骨〜漢(おとこ)味に憧れて〜』
という長い名前…相変わらずユニークな店だ。

ラーメンに春菊と茗荷が入るのがここの特徴。
これだけで好き嫌いが分かれそうだが、
こういうリスクを恐れないのもここの良いところか。

ラーメンの味は、いわゆる豚骨魚介の範疇に入るものだが、このスープは美味しい。
サラッとしたタイプのものなのだが、物足りなさは無い。
隠し味に何か入っていそう…味噌か?

tosimon3 at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年08月04日

オマール海老がイッパイ…

●323)jun-pey@成瀬


先週末にブログ限定で『オマール海老つけ麺』の告知があったので、
まだあるだろうか…と思って行ってみる。

店に入って「オマール海老まだあるの?」と聞くと、
最後の一杯が残っていた…ラッキー(^^;

jun-pey25これを見るまでは、オマール海老といっても、
おそらくつけ汁の中に少しだけ入っているもの…
としか思っていなかった。

出てきたつけ麺を見て、これにはビックリ。
エビの身がかなりの量盛りつけられている。
これだと一匹分じゃきかないネ…(^^;

つけ汁の中にも入っているので、エビの香りがガツ〜ンと押し寄せてくる。
いやいやこれは美味しい。
けっこう高いエビなので、これだけ食べられて1000円はかなりのお得。

またやってくれるといいんだけど…(^^;


 http://blogs.yahoo.co.jp/porooca/13663850.html


tosimon3 at 02:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年08月03日

ホタテと煮干しが…

●322)丸め@花小金井


月一度の新井薬師骨董市に朝早くから出店するが、なにしろ暑い!(^^;
ここは境内に湧水があって、目に効くという言い伝えがあるらしく、
たくさんの人が水を汲みにくる。

マアそんな訳で、この暑さでも飲み水には困らないのだが、
夕方の撤収時までに500mlペットボトルで6本を飲んでしまった。
ただ、毎月ここで水を飲んでいる割には、目はいっこうに良くならないのだが…(^^;

帰りにどこかでラーメンを…ということで、久し振りにこちらへ。
丸目さんに言われて気が付いたのだが、ここへ来るのは4月末以来らしい。
そんなに来てなかったかナ〜?

丸め13券売機に『ホタテ風味塩つけ麺』というのがあった。
これまで見たことがなかったので新作か…?
ということで食べてみることに。

つけ汁はどちらかといえばサッパリ系。
ホタテ風味という割には煮干しが結構効いている。
いやいやなかなか美味しい。(^^)

背脂系や二郎系もいいけれど、やっぱりこっち路線のほうがいいと思うんだけど…(^^;

tosimon3 at 02:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年08月02日

『放し飼い丸鶏あっさりラーメン』

●321)勇次@町田


今日、明日と8月1回目の限定が提供されるというので、昼に行く。
その限定は『放し飼い丸鶏あっさりラーメン』。

房総の「なごみ農園」で飼育されている名古屋コーチン、アローカナ、烏骨鶏を使った清湯ラーメン。

放し飼いで飼育されているため、これらの鶏には無駄な脂が付いていない。
そのため、丸鶏のまま低温抽出したのでは出汁が十分に出ないため、
肉の部分をすべてミンチ状にして、骨と一緒に寸胴に入れたという。

勇次99勇次の面目躍如といったクリアなスープ。
見た目はアッサリしているようだが、
スープには鶏の旨味がぎゅっと詰まっている。

物足りなさなどは全く無く、
これぞ地鶏ラーメン…といった味わい。
勇次ならではのピュアな旨さを堪能できる。

メンマの代わりに入っている筍は、5月になごみ農園の近くで掘ってきたもの。
中国製のメンマは使いたくないというこだわりが、ここにも表れている。

こういうラーメンは、おそらくここでしか味わえない。

tosimon3 at 00:32|PermalinkComments(4)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年08月01日

カルピスのバージョンアップ…

●320)ロックンロール1@上鶴間


町田骨董市を見た後でこちらに寄ってみる。
毎月1日は「ロックンロール1でラーメンを食べる日」になってしまった。(^^;

ロック35今日も『カルピスクーラー2008』を食べる。

前回に比べると色々と変化が…
一番の違いはラスクがプラスされたこと。
スープを含んだラスクは思った以上に美味。(^^)

味的な変化もある。

おそらくカルピスとスープの配合比率が変わったのだと思うが、
カルピス味が幾分引っ込んで、その分出汁が前に出てきた感じ。
このぐらいのほうがバランス良く食べられる。

嶋崎さんの話では、まだまだ変化させるそうだ。



tosimon3 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市