2008年09月

2008年09月30日

楓の2号店

●419)隼@八王子


八王子の交換会が早めに終ったので、こちらの昼の部にギリギリセーフ。

この店は、「楓」という武蔵出身の方が開いた店の2号店。
コンセプトは「味噌専門店」ということだったらしいが、
現在昼は「つけ麺専門店」となっているようだ。

隼店隼








普通の『つけめん』の食券を買う。
これはミソ味ではなく、濃厚豚骨魚介のつけ汁…味噌を食べたかったのに…
何故、昼は味噌がないのだ…(^^;

麺は自家製麺なんだろうか?…かなりコシの強い極太麺。
風味もあり食感も悪くないのだが、つけ汁がフツーなので味わいもフツー。
そういった意味ではもったいない気がする。


らーめん 隼


tosimon3 at 05:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 八王子市 

2008年09月29日

油そばのスタンダード

●418)東京油組総本店 渋谷組@渋谷


夕方から都内へ出たので、その帰りにこちらへ。

油組2前回と同じくノーマル油そば。
辛いのもあるようだが、食指が動かない。
(食べてみなくては分からないのだが…)

何れにしても個人的にはこのプレーンが好き。
油そばとしては極フツーの味なのだが、
この “フツーさ” がイイ。

食べる側としては、もう少し具に工夫があってもいいかなとも思うが、
あまりゴテゴテ入っているのは好きじゃないので、今の素っ気なさで十分。
卓上の刻み玉葱を入れるだけで、かなり味の変化が楽しめる。

油そばのスタンダードを目指して欲しいと思うのだが、
それにはもう一つ、話題性が必要か…(^^;


東京油組総本店 渋谷組



tosimon3 at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 渋谷区 

2008年09月28日

普通の醤油もウマイ

●417)鏡花@立川市


立川骨董市の帰りに、編集長、T氏と3人で寄ってみる。
今日はまだ9月だというのに、やたら寒かった。(^^;
こういう時は、やっぱりあったかいラーメンだネ。

鏡花71今日は基本の『醤油ラーメン』。
これまで「極醤油」ばかり食べていたので、
この基本の味を忘れていた。

改めて食べてみると…やっぱりウマイね〜(^^)
編集長の「極」と比べてみても、あまり遜色なし。
これなら基本の醤油でもいいか…(^^;


らーめん愉悦処 鏡花

tosimon3 at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年09月27日

地元で…

●416)六三四屋(本店)@梶が谷


六三四屋16久し振りにこちらの店へ。
今日は『味噌つけ麺』を食べてみる。
ここの味噌は派手さはないが、意外に美味しい。

ここも値上げ無しで頑張っている。
しないで済めば、それに越したことはないのだが、
無理をしないで…としか言いようがない。(^^;


六三四屋

tosimon3 at 07:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年09月26日

新潟で地ラーメン巡り

●413)三吉屋@新潟市/新潟の老舗淡麗系…


新潟骨董市を午前中で見終わり、早速ラーメンを食べに…(^^;

新潟にはラーメン店が多い。
なぜ多いのかは知らないが、何か理由があるのだろう。

中でも新潟市を中心とした、アッサリ味のラーメン(新潟淡麗系?)と、
燕市、三条市を中心としたコッテリ系(燕三条系)が2大地ラーメンと言えそう。

前者のラーメンでは三吉屋、石門子、カトウなど有名店がたくさんあるが、
今回は、その中でも老舗の三吉屋へ来てみた。

三吉屋店三吉屋







老舗らしい風格のある店舗…店内はテーブル席のみ。
店に入ると何と満席だったが、オバちゃんが「相席でお願いします」と案内される。

ラーメンはいたってシンプルなルックス。
塩ラーメンか、と思うほど澄んだスープに極細縮れ麺が泳ぐ。
煮干し系の香りが心地よい。(^^)

ここのラーメンにはレンゲがついてこないので、スープは直接丼から飲む訳だが、
これが意外に新鮮で、スープの味もよく分かる。
個人的にはレンゲ使用派なのだが、たまにはこうして直接飲むのもいいかな…と。


三吉屋


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●414)ひら山@新潟市/山形黒辛味噌ラーメンって…?


ある方から、こういう店が出来たという知らせを頂いていたので、
ちょっと寄ってみることに。

「山形赤湯ラーメン」というのは知っていたが、
「山形黒辛味噌ラーメン」というのは初めて聞いた名前。
何か関係があるのだろうか?
マア “辛味噌” を使うという点では共通しているようだが…(^^;

店舗は新潟市の郊外、「新潟大学前」という駅の近くにある。
新潟では人気のあった「らのばR」という店の跡地ということだ。

以前「らのば」には行ったことがあったが、移転した「R」は未食だった。

ひら山店ひら山







店内は広く、ラーメン専門店というよりは中華ファミレスほどのキャパがある。
時間が遅い(3時過ぎ)のでお客は少なく、店の半分は使っていない模様。

注文した『黒辛味噌ラーメン』は、黒辛味噌がしゃもじの上に乗って出てくる。
これを少しづつ溶かして食べるのは、やはり赤湯ラーメンと同じ。

しかし、スープの味は思っていたのとちょっと違っていた。
味噌ラーメンというにはあまり “ミソミソ” していない。
どちらかというと出汁の味重視のスープなので、ちょっと薄く感じる。

こういう味噌ラーメンにはあまりお目にかかれないが、
ぶいよん@上田の今年の冷しに通じるところがある。

ここに黒辛味噌を少しづつ溶かしていくと、徐々にスープの表情が変わってくるが、
個人的には半分ほど溶かしたぐらいがちょうど良かった。
それ以上になると、出汁の味がスポイルされてしまうようだ。

こういう味の味噌ラーメンがあってもいいと思うのだが、
一般的に受け入れられる味かどうか…ということを考えると、
いささか疑問がないでもない。(^^;


山形黒辛みそらぁめん至福の一杯 ひら山


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●415)杭州飯店@燕市/絶対無二の味


新潟に来たら、やっぱりここで食べないと…(^^;
今年2回目の訪問。

杭州飯店5ここの麺はやたら太いくせに、茹で時間が短い。
今日なんか注文してから3分ぐらいで出てきた。(^^;

確かに加水率の高そうな麺ではあるが、
それにしてもハヤすぎ。

ここのラーメンは、日によって出来に違いがある。
前回来たときは、動物系出汁がちょっと弱かったが、
今日はそういったこともなく美味しい。(^^)

美味しい時はやたら美味しいので、しばらくするとまた食べたくなる…
これだけリピート性の高いラーメンも珍しい。

今日は「新潟淡麗系」「山形黒辛味噌」「燕三条系」と、地ラーメン巡りになってしまった。


杭州飯店

tosimon3 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月25日

こういう味好きだけどネ…

●412)ゆい@西東京市(田無)


新潟へ行くために、関越に乗ろうと所沢ICを目指すが、
その前にどこかでラーメンを…(^^;

23時過ぎという時間では、あまり選択肢もないのだが、
検索してみると、この店が見つかったので初訪問してみることに。

田無駅からそう遠くないマンション?の1階にあるのだが、
通りから引っ込んでいるので、ラーメンの幟がないと見過ごしてしまいそう。

ゆい店ゆい







ラーメンは、いわゆるトンコツ醤油に節系和出汁で、目新しいものではないが、
最近ハヤリの濃厚系ではないので食べ易い。
こういう分かり易い味は結構好きなのだ。(^^;

中太の麺はツルツル感とモチモチ感があって、かな〜り美味しい。
初期の頃の青葉の麺を彷彿とさせる。
これで化調が少なければ、好みに近いラーメンなんだけどネ。


らーめん ゆい

tosimon3 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年09月24日

勇次の10月限定は…

●411)オードリー@町田市


煮干し補給しようと、閉店15分前に飛び込む。
9:45がLOのはずなのだが、最近は早めに閉めてしまうことが多いようなので、
ギリギリに行くのは、かなりリスキーなのだ。(^^;

勇次 8久し振りに『トンコツ煮干しラーメン』を食べる。
このところつけ麺ばかり食べていたので、
ラーメンの味を忘れてしまっていた。(^^;

今日は最後だったせいか、味が濃い。
スッキリと雑味のないトンコツ煮干し…
上品すぎるきらいはあるが、これがここの持味。


勇次甘鯛10月限定の予定が出ていた。
それによると次回の食材は「甘鯛」に決定。
関東ではあまり馴染みのない魚だが、
関西では、比較的ポピュラーな食材。

高級魚なのでラーメンの値段は時価だそうだ。(^^;

tosimon3 at 03:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年09月23日

KKEシリーズ…?

●410)井之上屋@春日部


墓参りで野田へ行った帰りに寄ってみる…かな〜り久し振り。(^^;

何を食べようか迷ったが、しばらく食べてない『醤油ラーメン』をチョイス。

井之上屋出来上がってきたラーメンを見てビックリ!
思わず「エッ…何これ?」と思ってしまう。

これまで清湯系だったスープが、
見事に濁ってるし…トンコツだし…(^^;
胡椒もかかってるし…

まあ以前にもトンコツをやっていたので、
今更驚くほどのことではないのだが、味はがらりと変わっていた。

井上さんに聞くと「化調も入れてますヨ」と自虐気味。
そうか、これが「KKEシリーズ」というやつなのか?
(それを聞いてくるのを忘れてしまったが…)(^^;

「え〜っ…どうしちゃったの?」と言いたいところなのだが、
この味にしてから「物足りない」といった苦情は一切聞かなくなったという。

これも井上さんの開き直りなんでしょうか…(^^;
いや美味しいんですけどネ…


井之上屋
ブログ



tosimon3 at 04:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 

2008年09月22日

やっぱり味が…

●409)ふくもり@野沢


実は、ここに知り合いがいるということを最近になって聞いた。
前回(9/6)に来たときは、それを知らなかったので気が付かなかった。
彼のブログを見ていれば分かったことなのだが、
しばらくチェックしていなかったので、全く知らなかった。(^^;

食券を買って、ホール係の女性に渡そうとすると、
店主の後から彼がひょこっと顔を出した。
目が合うと、彼もびっくりした様子だったが、忙しそうなのでそれだけ。

ふくもり11前回『塩中華』の味が変わった気がしたので、
今日は確認のつもりで同じものを食べてみたのだが、
やはり味が変わっている…というのが正直な感想。

基本的な方向性は変わっていないのだが、
トンコツと煮干しの濃度は明らかに変わっている。
それも濃いほうにではなく、薄いほうへ…(^^;

薄いというと誤解を与えるかもしれないが、濃度が変わっているのは確か。
このぐらいのほうが万人向けというか、食べ易いので、
そちらの方向へシフトした…と思っていいのだろうか?
個人的には以前のほうが好きだったのだが…(^^;

帰りがけにもう一度、彼の顔を見ることができたが、
いつかゆっくりと話をしたいものだ。


中華そば ふくもり


tosimon3 at 04:20|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 世田谷区 

2008年09月21日

一杯のつもりが…

●407)フジヤマ製麺@高田馬場/無難に食べられるつけ麺


朝から有楽町の大江戸骨董市に出店していたが、雨に降られて早じまい。(^^;
その帰りにどこかでラーメン…と思い、とりあえず高田馬場へ。

あちこち見て歩くが日曜日の4時頃では、やっている店は限られてしまう。
ということで、編集長が未食だというこちらの店へ…私は3回目か?

フジヤマ製麺1自家製麺だけあって、麺は美味しい。

つけ汁は現在主流になっている、濃厚豚骨魚介系。
最近ちょっと食傷気味ではあるが、
つけ麺にはこのタイプが合うのだから仕方がない。(^^;

傾向としては「やすべえ」に似ているが、
やすべえより甘さが押さえられているのがイイ。
無難に食べられるつけ麺だろう。

店員さんはイケメンの外国人だった。(^^;


フジヤマ製麺


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●408)大山家@武蔵境/実はすごい店なんです…


今日は一杯だけでやめておくつもりだったのだが、
立川からの帰りにこの店の近くまで来て思いが変わった。

馬場で食べてから時間も経ってるし、先日のお礼もあるし…と寄っていくことに。

大山家44今日もフツーの『つけ麺』を…
やはり、これが一番好みに合っている。

最近では店員さんも3人に増えて、
大山さんも少しは余裕が出てきたようだ。

今日は麺箱が15、6箱も積んであった。
一箱30玉入りとすると…単純計算で450杯…(^^;
すごい数字だ。


tosimon3 at 04:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 新宿区 | らーめん 東京都下

2008年09月20日

幻の『八丁味噌ラーメン』…

●406)はやと@向ケ丘遊園


先日「ゆいが@長野」で八丁味噌系のラーメンを食べてからというもの、
以前「K@駿河台下」で食べた八丁味噌ラーメンのことをずっと考えていた。

このKの味噌ラーメンは、タレの9割以上が八丁味噌なので、
好きな人は好きだが、ダメな人は全くダメ…と、食べ手を選ぶラーメンだった。(^^;

私はこのラーメンが好きだったので、どうしてもまた食べたいと思い、
向ケ丘遊園に移転して店名を変えた「はやと」へ。

はやと7店に入って券売機を見るが、味噌が無い…orz

仕方なく限定の『トンコツつけ麺』を食べる。
ここのトンコツは、意外に粘度があり濃厚。
K時代よりも現在のほうが濃く感じるのは気のせい?

そのトンコツをベースにしたつけ麺は、
これはこれで美味しいと思うのだが、
麺が中太で量も多いため、つけ汁がすぐに少なくなってしまうのと、
器が小さいので、つけ汁の冷えるのが速いところが難点か…(^^;

鍛冶屋さんに味噌ラーメンのことを聞くと、あの味噌ダレは意外に手間がかかるため
現在は忙しくて作っている暇がないということだった。

ウ〜ン…幻の味噌ラーメンになってしまったか…(^^;
冬場の限定としてやってくれると嬉しいんだけどネ。


麺屋 はやと


tosimon3 at 02:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年09月19日

こちらも鮮魚系

●405)526(こじろう)@雪谷大塚


平和島骨董市の帰りは、このところ醤道で食べることが多かったが、
今日は久々にこちらへ寄ってみる。

5268日替わりの『塩ラーメン』は、
今日は “カワハギ” だそうだ。

個人的には一番好きといってもいい魚。
以前、毎週のように磯釣りに行っていたときは、
メジナ狙いの外道としてよく釣れることがあった。

そんな時、メジナはリリースしても、このカワハギだけは大事に持って帰った。
それほど美味しい魚なのだ。

その魚から出汁をとったラーメンなのだから、美味しくない訳がない。(^^;
更にその身をあんかけにしたものの上に、ミソ味の “キモ” が乗る。
キモといえばアンコウだが、私はカワハギのキモのほうが好き。

ちょっとミソ味が濃くて、キモの美味しさがスポイルされていたのは残念。


らーめん こじろう(526)


tosimon3 at 14:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 大田区 

2008年09月18日

昼はカレー、夜はラーメン…2

●404)唐辛子@伊豆高原


唐辛子77今日のおまかせメニューは『角煮つけ麺』。
つけ汁の中に大きな角煮がドンと入ってる。
これだけでもかなりのボリュームがある。

今日の麺はマスターの手打ち麺。
フランスパン用の「リスドオル」という粉を使ったとかで、いつもとは全く違った食感。

モチモチ感より、ツルッとした舌触りが新鮮だが、
これはどちらかというとパスタ的な食感。
コシが弱いので、つけ麺ならいいが、ラーメンには向かないだろう。


唐辛子


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ごえん玉


五円玉店内昼はこちらの店へ2度目の訪問。
おしゃれな店内は相変わらず。

オーナーの得意なギターが立てかけてある。
年に何回か演奏会があるらしいので、
ぜひ一度聞いてみたいと思っている。


サラダまず野菜サラダが出てくる。
これを食べながら、
メインが出来上がってくるのを待つ。
量がたっぷりあるのがウレシイ。




焼きカレー『シーフード焼きカレー』
焼きカレーというだけあって、熱々で出てくる。
真ん中に玉子、その周囲にはチーズが溶けている。

カレーというよりはカレーピラフのドリア…(^^;
さすがに一番人気?というだけあって美味しい。


デザートデザートの果物とシャーベット。
ヤケドしそうなカレーを食べたあとに、
この清涼感は何ともいえない。(^^;

コーヒーも素晴らしく美味しい。

オムライスも美味しそうなので、また来なくては…


小さな洋食屋 ごえん玉


tosimon3 at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | カレー

2008年09月17日

食べた人しか分からない…

●403)わさらび@沼津市


先週から何かと忙しかったので、伊豆で温泉にでも入ってくるかと…
…思いつつ、またまた沼津回りで…(^^;

今日あたりからわさらびでアゴ出汁ラーメンが始まっているはずなので、
電話すると、あと一杯分しか残っていないというので、慌てて車に飛び乗る。
(もちろん、予約は入れておいたが…)(^^;

わさらび52正確には『アゴ出汁塩そば』だったか?

アゴの香りがフワ〜ッと鼻孔をくすぐる。
そしてスープの味が実に素晴らしい。
個人的な好みからすると「ど・ストライク」。

以前、鏡花で食べたアゴ出汁ラーメンも旨かったが、
これはそれに勝るとも劣らない出来映え…いやいやこれはウマ〜〜イ!(^^)

更に食べ進むと丼の底から…サプライズが…(^^;
何が出てくるかは…食べた人にしか分からない。

tosimon3 at 18:50|PermalinkComments(1)TrackBack(1) らーめん 静岡県 

2008年09月16日

静岡ツァー

●398)竹乃や@焼津市/藤枝系の冷しラーメン


今日はガイキチさんとGATZ君を同行して静岡ツァー。
まず最初は藤枝系のこちらの店へ。

竹乃や1ここへ来るのは多分4回目だと思うが、
過去2回は営業終了で食べられなかった。
なので、未食の『冷しラーメン』を注文。

まるなかとよく似たルックスではあるが、
味はこちらのほうが甘酸っぱく感じる。
好みからすると、まるなかのほうが好きかな?(^^;


竹乃や


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●399)才蔵@焼津市/美味しくなったというけど…


才蔵4こちらへ来るのは久し振り。

以前より美味しくなったという話を聞いていたので、
近いうちに食べてみたいと思っていた…
なのに、限定食べてちゃダメなんだけどネ…(^^;
(冷し和え麺鰹醤油味)

二人の塩と醤油を食べさせてもらったところ、
確かに細かい部分でレベルアップしていることは分かるのだが、
何だか以前より油ッ気が多くなっているような感じがした。

これがもし「美味しくなった」という話の根拠であるならば、
個人的には「No」である。(^^;


麺屋 才蔵


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●400)きじ亭@静岡市/ハードル上げなくても…


きじ亭1ここへ来るのは2回目だが、
やっと来れた…というのが正直なところ。
かなり敷居の高い店なのだ。(^^;

『油そば』を注文すると、
「酸っぱいですけど大丈夫ですか?」と聞かれる。
酸っぱいのは平気なので「大丈夫」と答えたが、
出てきた油そばは、確かに酸っぱい。(^^;

何の酢を使っているのか聞くと、黒酢系のものを使っているという。
イヤな酸っぱさではないので、個人的にはOKなのだが、
酸っぱいのダメな人は絶対に食べられないだろうナ〜

ここまでハードルを上げる必要はないと思うのだが…(^^;


きじ亭


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


夕日静岡から沼津へ移動する途中に寄った、
千本松原から見た駿河湾の夕日。

男3人じゃなければロマンチックなんだろうけど…(^^;



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●401)卓次朗商店@沼津市/手抜きのない真剣さ


卓次朗11こちらへ来るのも久し振り。
メニューをみると、カレーつけ麺がまだあった。
聞くと、あと2杯分しか残ってないというので、
私とGATZ君でいただくことに。(^^;

殊更変わったカレーつけ麺ではないが、
つけ汁は専用に作られたカレーなので、
一般的に作られている、ラーメンスープとカレールーを混ぜただけのものではない。
この辺にも手抜きのない真剣さがうかがえる。


麺屋 卓次朗商店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●402)卓朗商店@駿東郡清水町/煮干しが美味しい


卓朗8今日の最後はこちらへ…。
前々回、焼き煮干しを食べているので、
今回は『煮干しラーメン』を食べてみる。

出てきたときは、スープが茶色で清湯ではない…
と思ったら、浮いている煮干し油の色だった。
その油をどけてみると、下には透明なスープが…

けっこうガッツリとした煮干しラーメンに仕上がっていて、これはこれで美味しい。
焼き煮干しの時は、焦がしたクセがやや気になったが、
食べてみるとこちらのほうが食べ易いと思う。

今年は色々と変革の年になりそうだ…とのことなので、期待しましょう。

麺屋 卓朗商店

tosimon3 at 04:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年09月15日

地元の新店…

●397)志こつ@宿河原


またまた新店ということで、7月末に開店したこちらへ。
ご主人が多賀野@荏原中延の出身ということで話題になっている店。

自宅からは近いので、早めに行ってみたいと思っていたのだが、
最初の頃のインプレがあまり良くなかったので、そろそろいいかな…と。(^^;

志こつ店志こつ







券売機の最初はつけ麺になっているが、何となく想像がつくのでラーメンにする。

油ッ気があまり無いスープは、節系を中心とした和出汁の香りが豊か。
このあたりは多賀野のイメージがダブってくる。

最近は香味油など油に頼る店が多い中、このコンセプトは逆に新鮮さがあるが、
食べてみるとやや物足りなさを感じるのも確か。
やはり最低限の油ッ気というのは必要なのかもしれない。(^^;

つけ麺とラーメンでは麺が違うようで、ラーメンには平打ちが使われている。
けっこう太い麺なのだが、スープとの相性は悪くない。
柔らかめの茹で加減がいいのかもしれない。

ただ、全体的に印象に残りにくいラーメン…という気がするので、
この辺は今後に期待したいところ。

次回はつけ麺を食べてみよう。(^^;


つけ麺 志こつ


tosimon3 at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年09月14日

限定狙いで…

●395)勇次@町田市


静岡人さんとSさんが上京しているので、限定狙いに同行。

まずは勇次の限定『鱸(すずき)ラーメン』。
昨年も同じラーメンをやっているのだが、私は都合が合わず食べられなかった。
ということで、食べるのは今回が初めて。

勇次 7スズキの味…というのは分からないが、
魚の旨味がぎっちりと詰まっている。
生臭さなどは微塵もなく、
これぞ鮮魚系ラーメン…と言える味。

切身を少しずつほぐしながら、
スープと一緒に口に運ぶ…これがウマイ。(^^)

具として入っている、出汁で煮た大根も脇役としては申し分ない存在感がある。
こういう使い方ができるのも勇次ならではのなせる技。
出汁の旨味が味わえるラーメンだった。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●396)鏡花@立川市


Sさんが鏡花未食というので、立川へ移動する。

鏡花70ここでは『ととんこつ』という限定をやっている。
説明書きによると、
「創業当時の◯◯豚想麺の復刻をベースに、京都福知山『とん吉』リスペクトを加味した、鏡花渾身の豚骨ラーメンです」とある。

何でも下処理をしない豚骨を使っているそうだが、
アク取りをしっかりとやっているので、臭みはなく食べ易い。(^^;
殆どげんこつのみ…という割には、スープの粘度が高いのだが、
この状態まで煮詰めているということなんだろうか?

これはこれで美味しいと思うのだが、濃厚豚骨が得手ではない自分にとって、
その旨さは十分に表現できない。(^^;

tosimon3 at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 | らーめん 立川市

2008年09月13日

地元の新店

●394)まき野@武蔵新城


たまには地元の新店にでも…と来てみたものの、店の近くにはPが無い。
なので、南武線を挟んだ向かい側の南部沿線道路沿いのPに車を入れて歩いて…。

まき野店まき野







今年5月に出来た新店…つけ麺がウリのようなので注文しようとメニューを見たら、
つけ汁が「東京醤油」と「あごだし豚骨」の2種類あるようだ。
どちらにしようか迷ったが、とりあえず「あごだし豚骨」を…

流行の濃厚豚骨魚介系かと思ったら、豚骨の濃度はそれほどでもない。
あご出汁もガッツリ効いている…という訳でもなく、ほのかに感じる程度。
新店にしてはオーソドックスな組み立てだが、個人的には嫌いではない。

麺とのバランスもこの位のほうがいいと思うが、ややしょっぱ目なのが気になる。
もう少し甘味があったほうが美味しく食べられるのでは…(^^;

「東京醤油」というのが気になる…(^^;


つけそば まき野


tosimon3 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年09月12日

長野ツァー

今日は都内某有名店店主の主催で長野ツァーに。
今週は何故か遠征ばっかりで…ちょっと食べ過ぎだナ〜(^^;

同行者は8代目ラーメン王青木さんたけひこさんコージさん、うっちーさん、
静岡人さんに私を加えた7名…強力かつメタボったメンバーです。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●389)熊人@上田市/釜玉和風も美味しい


最初はこちらへ…私はつい先日も来ているので、今年4回目になるか…

熊人5前回、半ば強引に洋風に変更させられた、(笑)
『釜玉』の和風バージョンを食べてみる。

洋風に比べ、tpががらっと変わり、
タレも違うのか…?
こちらは味が次々に変わる訳ではないが、
麺の旨さを感じるには和風のほうがいいかも…。

これはこれで、また別の美味しさがあると思う。(^^)


拉麺酒房 熊人


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●390)ぶいよん@上田市/意外に好評だった…


続いてこちらへ…ここも先日に続いて今年2回目。
私以外は全員、ここも熊人も未食だそうだ。

ぶいよん2私は前回と同じ『冷し味噌つけ麺』。
この味噌っぽくない味噌が素晴らしい。

ここは当初予定に入っていなかったのだが、
時間的に余裕があったので私が推薦した店。
ところが思った以上に皆さんに評判が良かった。
それだけオリジナリティがあるということか。


スープ研究処 ぶいよん


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●391)イナリ食堂@飯山市/連食向きでない店…


上田から上信越道を北上して飯山市へ。
この「イナリ食堂」というのは、稲荷@経堂のご主人のお兄さんの店だとか。

イナリ店イナリ食堂







ここの『中華そば』は煮干しが効いていて、これはこれで美味しい…のだが、
麺の量がやたら多い…250g…いやそれ以上あるかもしれない。(^^;
3軒目ということもあって、この量はかな〜りキツい。

加水高めのエッジのある中麺なのだが、麺に旨さがなく途中で飽きてしまった。
食べ歩きには向いていない店だ…(^^;


イナリ食堂


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●392)ゆいが@長野市/どこでもやってない味噌だが…


飯山から長野へ移動してこちらの店へ。
実はここの前にもう一軒、同じゆいがの2号店へ寄っているのだが、
私を含め3人はパス…いやとてもじゃないがついていけません。(^^;

この「ゆいが」という店は、長野市内に3店舗を展開している。
本店は川中島にあり、ここは3号店。
それぞれにコンセプトを変えていて、
本店は渡なべinsp、2号店は六厘舎insp、3号店は味噌を主体にしているとか。

ゆいが店ゆいが1







まだ腹は空いていないが、たまたま2号店でお会いした田中店主の言によると、
「どこにもない味噌を提供している」と聞いては食べない訳にはいかない。

確かに変わった味噌ではある。
ベースになっているのは八丁味噌のようだが、これだけでも十分に特徴的。
そこに野菜など色々と入っているようだが、要するにドロドロスープ。(^^;

そして麺は、これも掟破りの細麺が使われている。
なので、スープの持ち上げがいいこと、いいこと…(^^;

八丁味噌ラーメンは、以前駿河台下にあった「K」という店で食べているので、
(「K」は移転して、現「はやと」@向ケ丘遊園)
驚くようなものではないが、これを単体で出すという勇気に敬服。

味は…悪くないと思うのだが、ちょっとしょっぱいか…(^^;
スープの持ち上げが良過ぎるせいもあるかもしれないが、
その辺を計算に入れて濃度の調整をする必要がありそう。


【ゆいが 第一義】
長野県長野市南千歳1-17-7 TEL.026-224-7737
11:30-21:30(S切れ終了) 定休日=火曜日


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●393)金八(寸八)@松本市/ウ〜ン、ちょっと勿体ない


最後は松本へ移動してこちらの店へ。
松本でも屈指の行列店になった「寸八」が、毎週金曜日は「金八」として営業。

この日だけの限定もあるのだが、今日は『ほたて出汁の塩ラーメン』を。

寸八5なかなか美しいラーメン。
これは美味しそう…と思ってスープを飲むと、
ン?…何だかしょっぱい。(^^;

ほたて出汁ならもう少し甘味があってもいいはず。
タレの量を間違えたわけでもなさそうなので、
これはちょっと再調整が必要か…勿体ない。

麺も自家製麺の良さが出ていないので、もうひと頑張りしてもらいたいと思った。


らあめん 寸八
寸八日記

tosimon3 at 18:24|PermalinkComments(4)TrackBack(1) らーめん 長野県 

2008年09月11日

味が変わった…

●388)がんこ分店@相模原


久〜し振りにこちらへ。

前回食べたのが4月半ばだったから、5ヶ月も来てなかった…訳ではない。
この間、3回ほど店の前まで来ているのだが、なぜか振られっぱなし。
1回目は臨時休業、2回目は月1回の連休、3回目は早じまいだった。

こんなに間が空いたのは初めてだろうナ〜。

がんこ47「久し振りなのでデフォにしなよ…」と大将。
そう言われて、限定を頼む勇気はない。(^^;

出来上がってきたラーメンを見ると、
何だかいつもと様子が違う…それに香りも…
どうやら表面に浮かんでいるチー油のせいらしい。


これまでのがんこのラーメンは、こういう油の使い方をすることはなかったが、
食べてみると、味のほうでもかなりの変化がある。

まず感じるのは、これまでのがんこの看板であった “しょっぱさ” がマイルドになった。
良く言えば食べ易くなったのだが、がんこファンにとっては悲しむべきこと?…(^^;
なのだが、美味しさはアップされているので歓迎されるべきであろう。

多くのラーメンが魚介の助けを借りる方向へ向いている現在、
流行にとらわれない、こういった頑固に味を守り続けるラーメンがあってもいいと思う。



tosimon3 at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市 

2008年09月10日

岐阜〜名古屋

●384)白神@関市/やっぱりここだね


GATZ君とは甲府で分かれ、その足で岐阜へ…。
午前中にセラミックパーク美濃で開かれている骨董市を見たあと、こちらの店へ。

前回来たときはひどい雷雨に見舞われたが、今日はその心配もなさそう。
店の前に着くと、7〜8人が外待ち。
昼時ということもあるが、この人気はやはり本物。(^^;

白神2ここへ来るのは今年3回目だが、
過去2回は限定を食べているため、
未だにデフォのメニューを食べていない。
ということで、今日は一番人気の『つけ麺』を…

見た目はフツーの濃厚豚骨鶏魚介つけ麺だが、
このつけ汁がかな〜り美味しい。

ここにも白エビが使われているのだろうが、味わいに独特の “コク” があり、
甘、辛、酢のバランスも申し分ない。

麺は自家製の極太麺で、小麦の香りともちもちの食感が素晴らしい。
濃厚なつけ汁に負けるどころか、麺の存在をしっかりと主張している。
これなら人気が出ても当然…と思わせるつけ麺だった。


麺屋 白神


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●385)なげやり@各務原市/ガッツリと食べられるつけ麺


続いて以前から気になっていたこちらの店へ。
関市の隣町ということで、白神からは車で30分弱。
細い道を挟んだ向かい側が墓地という、かなり特殊な場所にある。

店名がユニークなので、覚えてもらい易いという利点はあるかもしれないが、
イメージ的には「どうなんだろう」…というのは考え過ぎか…(^^;

なげやり店なげやり






昼時は過ぎているのに5人待ちと、こちらも人気店のようだ。
一番人気?らしい『つけ麺』を注文。

ここも味的には “濃厚豚骨魚介” なので、やや食傷気味というのが本音だが、
つけ汁の味が東京のほうでは主流の甘さに流れるものではなく、
ややしょっぱさも感じるほどのハードな味付け。(^^;

これにやや硬めの極太麺を組み合わせることで、
かなり強力なつけ麺になっている。

「なげやり」というイメージから勝手に思っていた味とは正反対の味付け。
先ほどの白神がどちらかというと柔らかい味付けだったのに対して、
こちらは「ガッツリ」という表現が合いそうな、男性的とも言えるつけ麺だった。


なげやり


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●386)喜多楽@名古屋市/相変わらずの行列店


帰りは名古屋あたりでもう一杯…と思い、時間をつぶしながら南下する途中、
ミクシィに白神のご主人から「ぜひ喜多楽にも…」という書き込み。(^^;

実は寄ってみたいという希望は持っていたのだが、
先日のTV出演でやたら混んでいるという情報があったので、
もう少し落ち着いてからにしようと思っていたのも事実。

しかし、こう煽られたのでは寄らない訳にはいかないだろう…と…(^^;
店の前へ来てみると…何と15~6人もが並んでる…orz
マアここまできたのだから、と列の後に並ぶ。

喜多楽2ここでも基本のラーメンを食べていないので、
『塩ラーメン』を食べてみる。

スープは重層型の組み立てながらスッキリした味。
歯切れの良い麺とのコラボが楽しい。
なるほど…と思いつつ気が付けば完食。
美味しい塩ラーメンでした。(^^)



麺屋 喜多楽


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●387)慈庵@名古屋市/醤油も美味しい


ここも今年2回目の訪問。
前回来たのは北京オリンピック開会式の時だったせいか、お客さんいなかったが、
今日は…満席だ…(^^;

慈庵3メニューを見ると『醤油』の文字に気が付いた。
聞くと、つい先日から始めたそうなので、
早速食べてみることに。

旧店舗の時は塩しか食べていないので、
ここの醤油を食べるのは初めてということになる。

一口目で醤油の香りが他と違うことに気付く。
言葉ではうまく表現できないのだが、香りが鮮烈というか新鮮な感じがする。
味のほうは醤油が突出している分、他の素材の主張が引っ込むイメージだが、
醤油ラーメンとしてのポテンシャルは高い。

帰りがけに醤油のことを聞いてみたら、やはり扱い方が違っていた。
ここで詳しくは書けないが、なるほど…と納得…さすがです。(^^;


慈庵

tosimon3 at 03:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 岐阜県 | らーめん 愛知県

2008年09月09日

山梨ツァー

コスモス富士山中湖







今日はGATZ君を同行して山梨ツァーに。

コスモスが咲き乱れる山中湖には富士山がよく似合う。
日差しは強いが、湿度が低いので快適なドライヴ日和だ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●ちくぜん@山中湖村

ちくぜん店スープの出来が悪くて休業…orz
朝、電話で確認をしてから来たのに…
しょっぱなから振られてしまった。(TT;
かな〜り分かりにくい場所にある。

その後「喜久屋食堂」を覗いてみたが、
こちらは定休日だった。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●380)大喜@富士吉田市/自然体のラーメン

大喜富士店大喜富士







富士吉田市へ移動してこちらの店へ…
ここも分かりにくい場所にあるが、地元では有名なお店らしい。

『支那そば』は、やさしさと素朴さが混ざり合った味わいだが、
かと言って古くさいイメージを感じるものでもない。
自然体のラーメン…とでも言えそうな味だ。

「毎日でも食べられるラーメン」という表現がよく使われるが、
こういうラーメンのことを言うんじゃないかと思う。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


吉田うどん/桜井うどん店

吉田桜井店吉田うどん







ここまで来たのだから、吉田うどんでも食べていこう…ということになり、
基本的な吉田うどんを食べられる店、ということでこちらへ。

なかなか趣のある店舗だが、引っ込んだ所にあるので見つけづらい。

麺の弾力がスゴくて顎が疲れるほどだが、麺の風味は弱い。
そこそこ美味しいうどんではあるが、一回食べればよいかな…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


381)こみたけ@富士山5合目/日本で一番高いラーメン?


その後、あまり天気がいいので富士山に登ってみることに…
っていっても足で登る訳ではなく、車でスイスイと5合目まで…(^^;

若い頃は自称「山男」だったので、富士山を除く3千m級の山にはかなり登った。
新田次郎の山岳小説を片っ端から読んでいたのもこの時期だった。

年々富士登山の人気が高まり、ゴミ問題などがクローズアップされる中で、
やはり富士山だけは「登る山ではなく見る山」と思い続け、現在に至っている。

富士5合目標識富士5合目富士山5合目、
標高2,305m
ここから見る富士は
あまり高く見えない。
(当たり前か…)



5合目ラーメン5合目のレストラン「こみたけ」で、
トンコツラーメンを食べる。
(ここに来てまでラーメンかいッ!)(^^;

スープは業務用だと思うが、意外にまともな味。
ことによったら日本で一番 “高い” ラーメンか?(^^;
ちなみに値段は800円。

富士カレーここには「富士山カレー」というのもある。
これは同行のGATZ君が注文したもの。

ご飯をもう少し盛り上げれば、
富士山らしくなると思うのだが…(^^;
ちょっと迫力不足。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●382)凌駕(りょうが)@甲府市/甲府の白河ラーメン


富士山を降り、358号を北上して甲府市へ。
ここに昨年4月にオープンした白河ラーメンの店がある。

場所は分かりにくいというか、決して良いとは言えないところだが、
元パチンコ店のあったところだそうで、駐車場は何十台分もある。

とら食堂系の店ということで、内心期待しながら店内へ。

りょうが店りょうが







出来上がってきたラーメンは、なかなか白河ラーメンしてる雰囲気。
透明感の高いスープは、見た目はかなり美味しそう…だが、
飲んでみるとややキレに欠けるというか、出汁の旨味がもう一つ。

麺はさすがにとら食堂系と思わせるものだが、
コシの強さという点でいま一つ物足りなさを感じる。

叉焼もややパサつき気味で、味わいに欠ける部分が…
と書いてしまうと、何だか美味しくなさそうなイメージを与えてしまうかもしれないが、
これはあくまでも本家とら食堂と比較するからであって、
そういう先入観無しで食べれば、かなり美味しいラーメンであることは間違い無い。


凌駕


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●383)おかめ@山梨市/この美味しさはホンモノだ


続いて山梨市にあるこちらの店へ。
昨年の山梨ツァーで予定していたものの、食べることができなかった店。

随分と辺鄙なところというか、あたりが暗いのでよく分からないが、
周囲には果樹園らしきものが広がるだけで、飲食店などは皆無の場所。
そんなところにポツンと店がある。

ここは久我山にある「甲斐」のご主人の実家ということらしい。

おかめ店おかめ







店に入ってメニューを見ると、中華そばには魚介系と動物系の2種類がある。
動物系には焦がしネギが入っているようなのだが、
ここはやっぱり『中華そば魚介』を注文。

出来上がってきたラーメンは、魚介油が表面を覆ったもので香りもいい。
残念ながら「甲斐」は未食なので比較ができないが、
GATZ君の言では、かなり似ているとか。

思っていたラーメンより随分と高いレベルに驚くとともに、
こういうラーメンが食べられるのなら、ぜひ甲斐にもいかなくては…と思う。


おかめ

tosimon3 at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 山梨県 | 食・一般

2008年09月08日

町田で2杯…

●378)ロックンロール1@上鶴間


タイトルは「町田で2杯」だが、厳密にはこの店の住所は町田ではない。
しかし、最寄りの駅は町田…分類の仕方が難しい。(^^;

わさらび@沼津の塙さんが上京してきたのでお付き合いする。

ロック37塙さんの希望で、まずこちらの店へ…。

私は限定の『鶏白湯』、塙さんは『3号塩』。
ここの鶏白湯を食べるのは初めてだろうか…?
おそらく以前、食べていると思うのだが、
どうも物忘れが激しくて…(^^;

食べてみると、スープの濃度がスゴイ…っていうか、かなりドロッとした状態。
何でも米をスープに入れてこの粘度を出しているんだそうだ。

鶏白湯ということで、てっきり塩ラーメンと思っていたが、予想に反して醤油味。
ヘヴィーなスープに対して、キリッとした醤油の組み合わせ…
その理由は分からないが、この粘度のスープには合っているのかもしれない。

このラーメンにはtpで唐辛子が付いてくるので、最後に少しだけ入れてみたが、
ウ〜ン…確かに味はしまるが、個人的には無くてもいいかな…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●379)天国屋@町田市


塙さんが、どこかでもう一杯食べたいというので、こちらの店へ。

定休日が月曜日…という店が多いこの地域。
おまけに2時過ぎということでは、やっている店がかなり限られてしまう。

塙さん的には???の店だったようだが、その訳を話してナットク。(^^;
店長の佐々木さんがいなかったので、
話をすることはできなかったが、
私は未食の『冷し醤油ラーメン』を食べる。

天国屋2蕎麦のかえしというか、
鰹出汁の効いたスープは美味しいのだが、
タレが多かったのか、スープが少なかったのか、
ちょっとしょっぱい。

これはコップの水を足して解決したが、(^^;
一番気になったのが、脂身の多い冷たい叉焼。

熱いスープならこれでもいいだろうが、冷たいスープでは美味しいとは思えない。
このように冷たいままで叉焼を出す店はけっこうあるのだが、
冷しラーメンであっても、叉焼だけは温めて出して欲しいもの。
そういった、ちょっとした心遣いが必要だと思うのだが…


地獄ラーメン 天国屋

tosimon3 at 23:37|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 相模原市 | らーめん 町田市

2008年09月07日

燕三条インスパイア…

●377)丸め@花小金井


新井薬師の骨董市終了後は、先月に引き続きこちらの店へ。

丸め14久し振りに『燕三条系ラーメン』を食べる。

以前に比べ味がこなれてきた感じ。
細かい部分で微調整されてるようだ。(^^)

燕三条と言っても、どこを基準にするかで違うが、
とりあえずは杭州飯店というところか。
そこの味に比べると、やや醤油が強い感じ。
もう少し甘味が加わると近づくかな…?

しかし、何も杭州飯店の味を真似する必要は無い訳で、あくまでもそれは参考。
丸めの燕三条として作り上げていけばいいと思う。
そういう意味では、これはこれでかなり完成されたラーメンだと思う。

厨房の整備のため、9月30日から1週間ほど休みになるそうです。

tosimon3 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年09月06日

ン?…

●376)ふくもり@野沢


久し振りにガッツリとした煮干しが食べたくなってこちらへ。
前回は『塩中華』が売切れだったが、今日は…あった…(^^;

ふくもり10出来上がってきた『塩中華』…
ン?…何だかいつもと色が違うような…
食べてみると、ちょっと薄い感じ。

マアこれはブレの範囲ぐらいなので、
その時のコンディションによって違うのだろうが、
これまでに比べ、煮干しが弱かったことは事実。

tosimon3 at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年09月05日

ここも値上げ無しで…

●375)かずら@宮前区犬蔵


かなり久し振りに寄ってみる。
後で調べてみたら、前回来たのが6月19日…2ヶ月半も来てなかったのか…(^^;
もっと食べに来ているつもりだったんだけどネ…。

かずら25今日は珍しく『つけ麺』を食べる。
つけ汁は「アッサリ」と「トンコツ」があるのだが、
アッサリは既に終了していたのでトンコツを。

ここは鶏と豚、2種類のスープを取っているので、
こういう時には融通が効く。

ガツンとくるような味ではないが、
基本に忠実に作っている…という感じのつけ麺…これはこれで美味しいと思う。(^^)

未だに値上げしないで頑張っているようだが、10月以降は分からないという。


ラーメン かずら


tosimon3 at 02:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年09月04日

伊豆の定番…

てるてる餃子


てるてる7遅い昼をこちらで…
久し振りに『餃子定食』を食べてみる。
これを食べるのは、いつ以来だろう…(^^;

でもやっぱり餃子はご飯と一緒がいいネ。(^^)
学生の頃、週に2〜3回はこれを食べていた。
そのぐらい餃子は好きなのだが、
ラーメンを数多く食べるようになってから、
必然的に餃子を食べることが少なくなってしまった。

本当は、どこへ行っても「ラーメンライス」を注文したいと思っているのだが…


てるコーヒー食後のコーヒー。
ご主人こだわりのコーヒーが美味しい。(^^)

デザートにいちじくをごちそうになってしまった。
かなり意外性のあるデザートだったが、
地元産のいちじくだそうで、
上品な甘さが美味しかった。(^^)


今日はママさんの誕生日だそうで、これから出かけるところだったという。
お邪魔をしてしまいました。(^^;


てるてる餃子


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●374)唐辛子@伊豆高原


唐辛子76今日のおまかせは『牛スジつけ麺』。

つけ汁は牛スジを煮込んだスープ。
最初は辛みも酸味もついていなかったが、
これが美味しくない訳がない。(^^)

後半、試しに七味と酢を少し入れてみたら、
つけ汁としての旨さがより鮮明になった気がする。
ただ、これは好みの問題なので、酢の苦手な人はそのまま食べたほうがいいだろう。

唐辛子説明担々麺の辛さの段階が新しく表示されていた。

一番辛いのは「天国」。
辛さは「ムニャ ムニャ〜」だそうだが、
これはハバネロ1個以上が入る辛さ。

私は初級で十分だ。(^^;


唐辛子  



tosimon3 at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 | 食・一般

2008年09月03日

煮干し、にぼし、ニボシ…

●372)わさらび@沼津市

『アゴ出汁そば』の試作品があるというので食べに行く。

店の東側、道1本隔てた駐車場に3台分が確保されて、駐車が楽になった。
10,11,12番(だったか)、3台分並んでいるので分かり易い。
これで店の前を含めて7(8?)台分は確保されたということか。

わさらび50『アゴ出汁そば』の試作品は3種類。
まず左はアゴ出汁1に対して動物出汁2、
右が同1:1で混ぜたスープで、両方とも塩味。

食べた感じは好みで分かれるかもしれないが、
煮干し好きとしては、やはり右の1:1に軍配。
アゴ出汁の旨味が口中に広がる感じは絶品。

わさらび51こちらは1:1の醤油味。

塩に比べて醤油の味、香りが前に出過ぎるため、
アゴ出汁の良さをスポイルしている感じ。

これはこれで美味しいのだが、
何だか日本蕎麦を食べているような…(^^;

これも好みによると思うが、個人的にはやっぱり塩だろうナ〜…(^^;
まだプロトタイプなので、味も具も細かい点で改良されると思うが、
9月半ばからの限定になるそうだ。(早まる可能性有りとか…)


中華そば わさらび


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●373)めんりすと@三島市


続いてこちらへ…って、前回と同じパターンじゃないの…(^^;

実はこちらでも煮干しラーメンがあると聞いて来てみたわけ。
わさらびのラーメンは焼アゴを使っているので、厳密には煮干しではないが、
こちらはイワシ、サンマ、小鯛の煮干しを使ったラーメン。

めんり煮干めんりすと9







この一杯に写真左の煮干し全部を使っているという。
マアこれも試作品なので、これがこのままメニューに載ることはないと思うが、
これだけ煮干しの効いたラーメンは、この地域では味わえない。

このままでも十分美味しいのだが、価格的な問題がクリアできそうもないので、
最終的にはどのようになるのかが気になるところ。

もちろん今の状態で出してくれれば、これに越したことは無いのだが…(^^;


めんりすと

tosimon3 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年09月02日

A5肉120枚分のスープ

●371)オードリー@町田市


先週ここで『黒毛和牛ラーメン』の限定をやった訳だが、
その時、オプションでA5サーロイン肉を食べる機会があった。
これは薄切りのサーロイン肉2枚をサッと湯通ししたものなのだが、
2日間でその数は120枚になったという。

前回黒豚ラーメンをやった時も、同じように肉増しがあったのだが、
その後で、肉を湯通ししたスープを使ったラーメンを食べさせてもらった。

なので、今回もおそらく同じようなラーメンが食べられるのではないか…
と電話を入れると、「あと1杯分だけ残っている」というので、
ダッシュで食べに行く。(^^;

勇次 6サーロイン肉120枚分のスープは…
思っていた以上のものだった。

牛肉の旨味が牛〜、いやギュ〜っと濃縮され、(^^;
これ以上の旨味は無いと思わせる味。
この旨さはスゴイ!

120枚分の肉の味というのはこういうものなのか…
これまで食べたどのラーメンとも違う味のスープだ。
A5クラスの牛肉のポテンシャルの高さを改めて思い知らされる結果だった。

tosimon3 at 19:44|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 町田市 

2008年09月01日

グルタミン酸、イノシン酸…

●370)ロックンロール1@上鶴間


毎月1日の町田骨董市を見に行った帰りに寄るのが恒例になってしまった。
今日は面白いつけ麺があるというので、楽しみにしていた。

その名は『2号昆布水つけ麺』…なんじゃ…それは…(^^;

ロック36つけ麺なのに、麺はスープにひたっている。
いや「浸け麺」と思えばこれでいいのか…(^^;

などということは置いておいて、
出てきた時に嶋崎さんから食べ方の説明があった。

麺が浸かっているスープは昆布水なのだが、
まず、この麺だけを食べ、その後、左下にある塩をまぶして食べる。
更にワサビを付けて食べたあと、右下のスープに浸けて食べる。

こうすることで、昆布出汁に含まれるグルタミン酸と、
鶏出汁に含まれるイノシン酸の相互作用を舌で感じることができる。
最後にスープに浸けて食べた時に、旨味が口の中にパ〜ッと広がる感じは、
これまで体験したことのない感覚だった。

出汁の旨さというものを、ストレートに体験できるという点で、
これは色々な人に食べてもらいたいつけ麺だ。

tosimon3 at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市