2008年10月

2008年10月31日

長野へ…

11月1日から3日間、長野市で「信州ラーメン博」が開かれる。
そこに今年も「ロックンロール1」がゲスト出店。

今回は3日とも違うラーメン店とのコラボが企画されている。
1日目は中村屋、2日目は進化、ラーメン道、3日目は胡心房という予定。

嶋崎さんからの依頼で、その荷物運びをすることになったのだが、
2日の日曜日は新井薬師骨董市に出店しなければならないので、
1日の夜に自宅へ戻り、2日の夜にまた長野へ…という強行スケジュールに…(^^;
寝る時間がほとんど無い…orz

まあ何とかなるだろう…と、31日の夜に荷物を積んで町田を出発。
初日のコラボをする中村屋の中村さんも愛車で同行。

長野で使う水は、20L入ポリタンク10個にRO水を入れて持参。
これだけで200キロ。(^^;
それに3日分の麺(約2300杯分)と厨房機器を合わせると、
総重量は500キロ近くになるだろう。

10時頃に無事、会場となる「Mウェーブ」に到着するが、気温5度!…やたら寒い。
その寒さの中でも、嶋崎さんと中村さんはすぐに用意に取りかかる。

ツーショット1ネギを切る嶋崎さんと中村さん。
どちらも神奈川の超有名店。
その店主2人のツーショットなんて、
TV以外ではそうそう見られるもんじゃない。(^^;
中村さんのとびっきりの笑顔が印象的。



博多新風1嶋崎さんと中村さん到着の報を聞いて、
参加各店の店主が表敬訪問。
左から北島、塚田(烈士洵名)、高田(博多新風)の各氏…これもすごいショットだ。




リハ2夜遅くまで入念なリハーサルをする2人。
さすがです。
ロックン湯切りと天空落としの共演だが、
これを目前で見れるのも役得か…(^^;





 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●469)気むずかし家@長野市


今日のラーメンは、長野ラーメン界のカリスマ…塚田氏が展開するこちらで。
2年ほど前に一度食べに来ているが、久し振り。

気むずかし家2メニューも色々と増えているようだが、
今回は未食の『翔弥』を食べる。

清湯系の複雑な味わいのスープ。
節系の香りがすると思ったら、
底に鰹節のようなものが入っていた。
これが一つのアクセントになっている。
なかなか美味しい。(^^)


気むずかし家


tosimon3 at 05:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 長野県 

2008年10月30日

冬場の限定かと思ったら…

●468)八蔵@松陰神社


久し振りにこちらの店へ…って、前回(8.18)から2回振られている。
2回とも早じまいで食べられなかった。(^^;

最近は8時前後で終了してしまうことが多いようで、
8時半になると、食べられる確率は極端に悪くなってしまうのだ。
今日は8:10入店で、私の後2人で閉店…危なかった。

八蔵23券売機を見ると、見慣れないメニュー…
『味噌バターコーンらーめん』があった。

冬場の限定メニューかと思って食券を買ってみるが、
聞いたら通年のメニューになっているという。
気が付かなかった私が悪いのネ…(^^;

バターとコーンはトッピングとして選択するのがフツーなのだが、
ここの味噌は最初から入っているというCPの高さ。

最初の1口、2口目は、何となく味噌風味の感じでやや薄くも感じるのだが、
食べ進むうちにどんどんと味が変わってくる。

“変わる” という表現は適切ではないかもしれないが、
最後のほうになると、逆に味噌の味を濃く感じてしまうという不思議な味噌。
これはこれで美味しいと思う。(^^)


めん屋 八蔵

tosimon3 at 04:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年10月29日

立川で…

●466)ラーメン道 due italian@立川ラーメンスクエア


某有名店店主Sさんの依頼で一緒にラースクへ。
こちらのご主人の石塚氏との打ち合わせの合間にラーメンを一杯。(^^;

店名を少し変えたようだが、ラーメンもリニューアルされたらしい。
ということで『支那そば(醤油)』を食べてみる。

トラットリア7丼が平型から深いものに変わっている。
このほうがイメージ的にはいいと思う。

味のほうも随分と変わった感じ。
まず醤油の香りが鮮烈になり、
それだけで味覚が刺激される。
味わいもスッキリとして旨〜い!(^^)

塩もちょっと味見させてもらったが、チー油がフワッと香るスープは、
以前とはかなり方向性を変えてきた…という感じが強い。
こちらも随分と美味しくなっていたのには驚いた。


ラーメンスクエア


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●467)伊駄天@立川ラーメンスクエア


帰る前に、Sさんがこちらも食べてみたいというのでお付き合いする。
こちらは小ラーメンで…(^^;

伊駄天23私は『塩ラーメン』を食べるが、
小ラーメンだと何かいつもと違う感じ。
スープもタレも違う訳ではないのに、
どうも食べた時の感じに違和感を覚えてしまう。

そんな感じがする…というのではなく、
明らかに味わいが違うのだ。

これは面白い現象だと思う。
逆に考えると、同じラーメンでも器の大小で味が変わる…ということだ。(^^;
あくまでも “感じ” なのだが、これを利用しない手はないと思う。


ラーメンスクエア

tosimon3 at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年10月28日

味噌嫌いが作る味噌ラーメン

●465)がんこ分店@相模原


がんこ分店が7周年突破記念の限定をやっているというので行ってみる。
その限定は『味噌の豚麺』で、昼10杯、夜10杯の提供。

でも、相模原に店を開いて7年も経過した訳ですか〜早いネ〜(^^;

という訳で、限定を注文すると大将が
「トシモンさんは止めておいたほうがいいんじゃない…」と。
「えっ、何で?」と聞くと、かなりジャンキーな仕上がりになっているらしい。

そう言われてやめたのでは、フリークとしての沽券にかかわる…(^^;
なんていう大袈裟なものではないのだが、大将の制止を振り切って食べてみる。

がんこ48ビジュアルはさすがにすごい。(^^;
二郎の味噌…といった風情。

かなりコッテリとした味噌ではあるが、
ニンニクがバッチリと効いて、旨〜い!(^^)
辛味噌仕立てになっているのもなかなかイイ。
このぐらいなら全然OKですヨ…

上に乗っているのはソーキ肉だそうだが、これが柔らかくてウマ〜イ。
久々に美味しい味噌ラーメンを食べた…って感じ。

大将は味噌ラーメンは「大嫌い」なんだそうだが、
こういう旨い味噌を作れる人が、本当に味噌嫌いなんだろうか?…ギモンだ。


元祖一条流がんこ総本家分店


tosimon3 at 16:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市 

2008年10月27日

ラーメンの写真が…

実は、ラーメンの写真を保存していたフォルダを誤って消してしまった。(TT;

デスクトップ上にSDカードとラーメンフォルダのアイコンが隣り合っていて、
半分居眠りしながらカードを取り出すため、アイコンをゴミ箱にドラッグ…
…したつもりが、間違って隣のラーメンフォルダをゴミ箱に入れてしまったらしい。

「ゴミ箱の中身消去」を実行すると、やたらファイルの数が多い。(^^;
ここでやっと間違ったことに気が付いたのだが、時すでに遅し…orz
過去2年分ほどの写真が、ものの10秒ほどで「消去完了」…(TT

色々と手を尽くしてみたが、未だに復元出来ず。
ウィンドウズなら色々とソフトもあるようなのだが、
マックに関しては本当に少ない。

もう少し頑張ってみるが、可能瀬は低い…
居眠りしながらのパソコンと自動車の操作は、くれぐれもご注意を…(^^;

と言う訳で、本日のラーメンは写真無し。
復元できたら追加します。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●463)くじら軒本店@センター北/過去の栄光は…


「わさらび@沼津」の塙さんが上京していたので、夕方になって合流。
それほど時間がないということで、近場の店へ。

最初「ラーメン甲子園」へ行こうということで、この店の前を通りかかると、
塙さんは未食だというので寄ってみることに。

夜の7時台ということで、混んでいるのかと思ったが、先客3、後客2のみ。
以前は夜でも営業前から何十人もシャッターをしていたのに…
どうしてこういう状況になってしまったんだろう…
…というその答は、食べてみれば分かることなんだけどネ。(^^;

月曜は通常のメニューは無く、限定のみだという。
その中に『鶏白湯ラーメン』というのがあったので食べてみることに。

一応、鶏白湯らしいルックスのラーメンだが、スープは…薄い。
出汁の弱い部分を化調で補っている感じ。
大量に使っている訳ではないので許容範囲なのだが、
何だかチェーン店のラーメンを食べているような錯覚を受ける。(^^;


くじら軒本店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●464)魂(たましい)@センター北


その後「ラーメン甲子園」に行くが、食べてみたいと思う店が無いので、
こちらの店へ行ってみることに。

塙さんは『醤油ラーメン』、私は『地鶏ラーメン』を食べる。
赤鶏を使っているという地鶏ラーメンは、前回来た時も食べているのだが、
その時よりも美味しくなっているような感じを受ける。

ラーメンの中にレモンの輪切りのようなものが入っていたが、
レモンにしては小さいし、香りも違う。
すだちでは…と思うが、皮が黄色いのでよくワカラン。(^^;
ただ、この柑橘系が良いアクセントになっていることは確か。


老麺 魂


tosimon3 at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 横浜市 

2008年10月26日

「しっぽっぽ」…?

●462)鏡花@立川


立川の骨董市終了後は、こちらでラーメンというのが定番になってしまった。
いつものトリオ…編集長、常盤氏と3人で暖簾をくぐる。

券売機の脇を見ると、何やら限定の説明が…
その限定の名称は『しっぽっぽ』…なんじゃそりゃ…(^^;

説明を読んで分かった…牛テールを使ったラーメンなのネ…
なかなかナイスなネーミングじゃないですか…(^^;

鏡花72という訳でその「しっぽっぽ」…
大きな牛テール肉がドカンと入り、
そこに出汁に漬け込んだ大根や、
きぬさや、人参などが色味を添える。

さすがに牛のスープは美味しい。(^^)
やや油が多いかな…という感じはあるが、この重量感のあるスープは牛ならではのもの。
鶏や豚とはまた違った味わいを楽しめる。


らーめん愉悦処 鏡花

tosimon3 at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年10月25日

浦和で2杯、町田で1杯…

●459)彩流@浦和/やっと食べられた…


浦和の調(つきのみや)神社で開かれている骨董市を見に行くが、
道路混雑で遅くなり、見終わってからではこちらの店に間に合わなくなりそうなので、先に食べていくことに…(^^;

ここへは過去3回ほど来ているが、臨休2回、スープ切れ?1回と相性が悪い。
今日もやっているかどうか心配だったのだが…やってた…(^^;

ご主人は十兵衛@大泉学園の出身とか。

彩流店彩流







麺は竹を二つ割りにした形の器に盛られて出てくるのだが、この麺がやたらウマイ。
三河屋製の極太平打ち麺なのだが、口へ入れた時のモチモチ感は未体験の味わい。

それを受け止めるつけ汁は、いわゆる濃厚豚骨魚介系ではあるのだが、
甘さを排した、どちらかというとハード系の味。
以前に比べて味が落ちた…という書き込みも目にするが、
いやいや、これはこれで美味しいと思う。(^^;


つけ麺 彩流


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●460)匠@浦和/麺が美味しい…


車を停めたのがこの店の近くだったため、骨董市を見終わった帰りに覗いてみると…
まだやっていたので思わず入ってしまった。(^^;

匠5今回は『干梅豊香麺』を食べる。
干梅の香りと酸味が絶妙に舌を刺激する。

そして何といっても美味しいのが麺。
埼玉産の小麦だけを使って作られているそうだが、
細麺なのに、噛むとギュッと歯を押し戻す感じと、
国産小麦ならではの香りがイイ。(^^)

このメニューは以前にも何回か食べてはいるのだが、今の状態がベストではないか…
麺が美味しくなったというのが一番のファクターだと思われるが、
バランスの良さも身上。


匠楊枝匠楊枝1






机の上に置いてあったこのグッズ…
何かと思ったら「楊枝立て」ならぬ「楊枝持ち上げ器」(^^;

赤い部分を持ち上げると、人形が中へ引っ込み、
元へ戻すと両手に楊枝を掴んで出てくる…という仕組み。
こういうのは初めて見たが、なかなか楽しい。(知らないのは私だけ…?)
思わず3本も出してしまった。(^^;


羅麺屋 匠


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●461)オードリー@町田/限定『サバフグらーめん』


夜になって、勇次(オードリー)の限定『フグラーメン』を食べにいく。
店に着いて店内に入ると、何だか常連さんばかりだ…(^^;

勇次 11今回の『フグラーメン』は、
トラフグではなく、サバフグを使ったもの。

そのお陰で値段も安くなったのだが、
フグの身が2匹分も入っていて、なかなか美味しい。
トラフグにも劣らない出汁が出ている。(^^)

フグの身を残しておいて、一緒に出されたおろしポン酢につけて食べる…
これもまた美味…いやいや満足の一杯だった。

これならたまにやって欲しい…と話したら、また来年の2月か3月頃にやるそうだ。


とんこつらぁめん オードリー

tosimon3 at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 埼玉県 | らーめん 町田市

2008年10月24日

スープ割が美味しい

●458)志こつ@久地


夜になって3回目の訪問。
今日も前回に続いて『つけ麺』をいただく。

志こつ2この醤油味のつけ汁がイイ。(^^;

前回より表面の油が多くなった感じが…
それも普通の油ではなく、魚介系の油か…?
そのお陰で、スープの持ち上げが良くなった。

このツルツルの麺に対しては、
もう少し油ッ気があってもいいと思うのだが、
食べ易さという点からは、この程度で押さえておいたほうがいいのかもしれない。

食べ終った後にスープ割をしてもらうと、これがまた美味しい。(^^)
私の場合、スープを全部飲むということは滅多にないのだが、
ここのスープは思わず完飲してしまいそうになる。

tosimon3 at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2008年10月23日

伊豆高原でラーメン…

●456)福◯家(ふくわうち)@伊豆城ヶ崎


昼過ぎにラーメンでも食べに行こうか…と思った矢先にドバーっと豪雨…orz
しばらく待ってから出かけるが、予定していた伊東行きを変更してこちらへ。

先日発売された「ラーメンマップ静岡」に初登場しているが、
その影響をオヤジさんに聞くと、「毎日何人か来てるみたいですよ…」とのこと。
TVと違って、本の影響はじわじわと…だからネ。

福わ家19今日はラーメンと餃子。
ここの餃子はヒジョーに美味しい。(^^)
皮、中身ともにオヤジさんの手作り。
値段はやや高いが、それだけのことはある。

餃子も人によって好みは分かれるが、
今のところ個人的にはここの餃子がイチバンだ。(^^;

ここの麺は自家製なので、ラーメンはもちろんだが、『つけ麺』が美味しい。
特に『肉入りつけ麺』はオススメ。
今度「パーコーつけ麺」を頼んでみようか…


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●457)唐辛子@伊豆高原


帰り際には、やっぱりこちらへ。(^^;
ここは伊豆へ行ったときの関所みたいな店で、無断でスルーする訳にはいかないのだ。

唐辛子79今日は最近気に入っている『汁無し担々麺』。

汁無しとはいっても、別にスープが付いてくる。
これが食べ終った後の舌にウレシイ。
ママさん手作りのヌカ漬けも出てきた…(^^)
これも美味しい。

マスターの手打ち麺なら言うことないのだが、
なにしろ “おまかせメニュー” なので、私のワガママは通らない…(^^;

静岡で汁無し担々麺を出している店は少ないと思うが、
これはぜひ色々な人に食べて貰いたいメニューだ。



【ラーメンハウス 唐辛子】http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html

tosimon3 at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年10月22日

わさらびの新作

●455)わさらび@沼津


例によって伊豆へ行く前に寄ってみると、もう営業は終了するが、
少し待ってもらえれば、11月からの限定で出すラーメンの試作品が出来るという。

その限定ラーメンは『伊勢エビ味噌そば』。(仮称)
文字通り、伊勢エビで出汁をとった味噌ラーメンだ。
それが食べられるとあっては、そりゃぁ何時間だって待ちますヨ…(^^;

わさらび53わさらび54







出来上がってきたラーメンは、試作品なので半ラーメンづつ。
伊勢エビ出汁と従来の動物系出汁を1:1で合わせ、
左と右では味噌ダレの量を変えて、具にも変化をつけてある。

食べた感じでは、まだ伊勢エビの感じが十分に出ているとは言えないが、
甘味がしっかりと出ていて美味しい。(^^)

もちろん最終形では具に趣向を凝らしたものになるはずなので楽しみ。(^^;

この他にも面白い企画が進行しているらしいので、乞うご期待。


支那そば屋 わさらび


tosimon3 at 01:54|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年10月21日

ラ博で2杯

●453)一力@新横浜ラーメン博物館


横浜アリーナの骨董市を見に行った帰りは、やっぱりここ…(^^;

まずは未食のこちらの店へ。
福井県敦賀市で、50年以上前から屋台を始めたという中華そばの老舗。

今年の6月に福井へ行った折、スケジュールの関係で寄れなかった店。
それが横浜で食べられるというのはウレシイ限り。(^^;

一力紅ショウガが最初から乗っていて、
胡椒もかかっているというスタイルは珍しい。
この辺も屋台時代からの伝統なのか…(^^;

鶏と豚のみを使用したというスープは、
決して新しいタイプの味ではないが、
これはこれで美味しいと思う。



中華そば 一力
新横浜ラーメン博物館


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●454)龍上海@新横浜ラーメン博物館


現在ラ博では季節替わりの限定で、「秋麺」というのを全店で出している。
各店舗を回ってみたところ、東北の「芋煮会」を題材にした、
ここの秋麺が一番美味しそうだった。

何故美味しそうだったかというと、こういう煮付け系が大好きなのだ。(^^;
さっそく入って食べてみることに。

龍上海1芋煮会というだけあって、
里芋を始めとして、野菜が沢山入っている。
この煮付けと平打ち太麺を合わせて和え麺風に…

できれば芋煮汁のラーメンを食べたかったのだが、
秋麺のテーマが “和え麺” というのでは仕方がない。

具が多いので結構満足できる内容ではあったが、味付けがやや濃い目だったせいか、
最初のうちは美味しかったものの、後半は少しくどく感じてしまった。
もう少し薄味でもよかったのではないか…(^^;



赤湯ラーメン 龍上海
新横浜ラーメン博物館


tosimon3 at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 横浜市 

2008年10月20日

バオバブの木にバナナがなった

●452)バオバブの木にバナナがなった@狛江市


この店名、何かの間違いではない…れっきとしたラーメン店の店名なのだ。(^^;
10月1日に狛江駅前の以前東秀だったところに出来た新店。
実家から近いので、行く前にちょっと寄り道。

旭川で5店舗を展開するラーメン店の支店ということだが、
このラーメン店の場所が分からなくて誰かに聞こうとする時、
「あの〜バオバブの木にバナナがなった…っていう店知りませんか」
…何だかすごく恥ずかしい。(^^;

バオバブ店バオバブ







旭川ラーメンの店ということなので、醤油があるかと思ったら…無い。
味噌ラーメンがメインらしいが、醤油のない旭川ラーメンって…(^^;

と言う訳で、メニューの最初にある『味噌ラーメン』をチョイス。
辛さを甘口、普通、中辛、辛口、激辛から選べるようになっているので普通で注文。

見た目はフツーの味噌ラーメンっていうか、何だかシャバイ感じなのだが、
食べてみると、ライトではあるが結構しっかりと味噌の味がする。
札幌系と違い、油が多くないのがイイし、化調っぽくないのもGood!

意外に美味しいジャン…というのが正直なところだが、
麺に関しては好き嫌いが分かれそうな気がする。

旭川といえば加藤製麺だが、こちらは須藤製麺の麺を使っているらしい。
加藤製に比べると加水率が高く、個人的にはこちらのほうが好きなのだが、
味噌で中細麺というのにはちょっと抵抗がある。
もう少し太い麺のほうがイイのだが…マアこれは個人の好みということで…(^^;

「黒味噌しょうが」とか「塩豚骨」なんていうメニューも気になるので、
何回か通ってみることにしよう。

店名の由来を聞こうと思っていたのだが、忙しそうだったので聞けなかった。


麺ヤ バオバブの木にバナナがなった

tosimon3 at 02:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年10月19日

美味しくなった…2

●451)宗@高田馬場


有楽町骨董市の帰りに、こちらへ寄ってみる。
先月も来ているのだが、中休み時間帯だったために別の店へ行ってしまった。

そう9今日は限定が無いようなので『地鶏魚玉そば』を…
10月からスープが変わる…との告知があったので、
かなり楽しみにしていた。

そのスープは…確かに美味しくなっている。
以前に比べ味に厚みが増したというか、
ボディがしっかりとしてきた感じを受けた。

全体に味がやや濃い目…というか、明確な味になっていたのもその理由か…(^^)
出汁の旨味だけで食べさせることも必要かもしれないが、
それでは満足できないお客さんがいることも事実。

味がハッキリとしてきたことで、その方向性も明確になってきたと思う。


【麺屋 宗】http://www.menya-sou.com/


tosimon3 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 新宿区 

2008年10月18日

美味しくなった…1

●450)伊駄天@立川


明日の有楽町骨董市へ出店する編集長の荷物を取りに行った帰りにこちらへ。

夜10時過ぎということもあって、スクエア内のお客さんは少ないが、
この店だけは8割ぐらいの入り。
新店ということもあるようだが、それなりにリピーターも増えてきたのか…

又野さんは不在だったが、本店再開の準備で藤枝に戻ったとのこと。
HPによると10月31日〜11月3日は営業するらしい。

伊駄天22今日は『本節肉そば』を食べる。

節の香り豊かなスープは、
前回感じた動物系出汁の弱さもなくなって、
随分とイイ感じになってきたと思う。(^^)

本当に美味しい時の味に比べると、
まだ本来の味のレベルに達していないのでは…と思われるが、
今後の更なる味の向上に期待したいところだ。


【麺行使 伊駄天】http://www.idaten-ramen.net/main.html

tosimon3 at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年10月17日

山梨へ…

台ヶ原風景




















山梨県の白州(はくしゅう)町に「台ヶ原宿」という昔の宿場町が残っている。
北に八ヶ岳、南に南アルプスの急峻な山々を遠望する静かな村里だ。

台ヶ原町並ここで骨董市が開かれるというので来てみたが、
骨董を扱うような店は殆ど無く、
現代陶芸や民芸、手芸関係の店ばかり。

せっかくここまで来たのに、これでは…と思うが、
マア、たまにはこういう観光もいいか。(^^;



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●447)成駒(なりこま)屋@北杜市長坂町/これはスープ焼きそばか…


と言う訳で、早めに観光は切り上げてラーメンでも食べに…(^^;
のつもりだったが、白州町には殆どラーメン屋さんが無いので、
仕方なく中央高速長坂ICに近い、長坂町まで戻ることに。

この「成駒屋」という店は、一応中華屋さんらしいのだが、
何故か焼きそばで有名らしい。

そういう店で「ラーメン」を頼むのも何なんで、『焼きそば』を…(^^;
昼にはまだ時間があるのに店内はほぼ満席…その人気がうかがえる。

成駒屋店成駒屋







出てきた焼きそばは、何だか麺ばかり…と思ったら、肉と野菜は下に隠れていた。
食べてみると、焼きそばというには殆ど焼いた感じがなく、かな〜り柔らかい。

成駒屋1食べていて分かったのだが、
この焼きそばはスープがかなり多くかかっている。

左の写真は2/3ほど食べ終ったところだが、
これだけスープが多いということは、
焼きそばというより、ソース和え麺みたいな感じ。
塩原の「スープ焼きそば」も思い出した。

ググってみるとやはり「ソース煮焼そば」とか「つゆだく焼きそば」との表現も…
これで化調が少なければいいんだけどネ…(^^;


成駒屋


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●448)とんぼ@北杜市長坂町/叉焼が美味しい裏路地系?


続いて、同じ長坂町にあるこちらの店へ。
ここ長坂町にとどまらず、県内でもかなり名前が知られている店のようだ。

店は表通りから細い道を入った畑の中にあり、分かりにくいのだが、
建物は「これがラーメン屋さん?」と思ってしまう佇まい。
知らずに見たら、レストランか喫茶店にしか思えない。

こういうミスマッチング〜なところもローカルの味わいか…(^^;
都会だったら、“裏路地系” に分類されるロケーションだろう。

とんぼ店とんぼ








そういった事情もあるのだろうが、お客さんは地元の方ばかりのようで、
昼から宴会をやっているような年配のグループも…(^^;

メニューは色々とあるのだが、ここはやはり『支那そば』を。

思っていたよりずっと洗練されたラーメン。
ひじょうに丁寧に作られている…というイメージが強いのだが、
どの素材も突出することなく、バランスよくまとまっている。

ただ麺に関しては、既成の汎用麺という感じが強く、
麺を替えるだけで、更に美味しくなるような気がしたのだが…
あと表面のラード?がやや気になった。
スープのバランスがいいだけに、これもちょっと残念なところ。

味がちょうどいい具合にしみ込んだモモ肉叉焼は秀逸。
これだけでも食べに来た甲斐があったというもの。
550円という値段が信じられない。(^^;


支那そば とんぼ


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●449)みどりや食堂@韮崎市円野町/この人気はどこから…


時間的に余裕があったので、長年の宿題店だったこちらの店へ。
営業時間が昼のみということなので、なかなか食べられなかった。

国道20号線沿いのドライブインのような店…いやドライブインなのか…(^^;
午後1時過ぎにもかかわらず、広い駐車場にはかなりの数の車。
店内もほぼ満席状態だ。

窓際のカウンター席が空いていたので勝手に座る。
待っていても店員のおばちゃんは案内してくれないようだ。(^^;

ラーメンを注文して待っていると、隣の客にラーメンと目玉焼きみたいなものが…
もちろんライスも一緒なのだが、こ、これはいったい何なんだ…(笑)
山盛りのキャベツの千切りの上に、どう見ても目玉焼きが乗ってる。

それとなく見回すと、この目玉焼きを食べている人があちこちに…
マアここはラーメン専門店じゃないからネ…(^^;

みどりや店みどりや







ラーメンは濃い醤油色のスープの上に、細かい背脂のようなものが浮かんでいる。
これだけ口に入れてみると魚介系の香りがするので、これは魚粉の油?

色の割にはしょっぱさはなく、甘味のあるスープ。
化調の甘味であることはすぐに分かるが、これはこれで美味しい。
洗練された…という表現は似合わないが、このジャンクさには格別の味わいがある。

麺は低加水のややボソッとした感じのもの。
旭川ラーメンの麺に似ているが、このスープには合っている。

厚く切られたバラ肉叉焼も、ややしょっぱいが美味。
個人的に好みのいわゆる “ハッキリ” した味のラーメンなのだが、
それにしても、平日でありながらこの人気振りには驚かせられる。


みどりや食堂

tosimon3 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 山梨県 

2008年10月16日

新聞が…

●446)大山家@武蔵境


店に着いたのは9:55というのに、1席しか空いていないという盛況振り。
何だか増々お客さんが増えてる気がするが…(^^;

大山さんに静岡本を届けるつもりで来てみたのだが、すでに購入済みだという。
さすがラヲタ店主。(^^;

大山家45今日もお気に入りの『つけ麺』。
レン草がなくなったということで、
キャベツが多めに入っていた。
個人的にはこのほうがウレシイ。(^^)

叉焼も一番端っこが入っていて…ラッキー(^^;



大山家新聞「大山家新聞」というのが出来ていた。
誰の手描きかは教えてくれなかったが、(^^;
手作り感があっていいんじゃない…

それによると『油そば』を開発中だという。
このイラストでは全くワカランが、(^^;
10月末からの発売になるようだ。

これはちょっと期待できそう。





【大山家】http://oyamaya.com/

tosimon3 at 01:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年10月15日

休麺日無し500日目

●445)オードリー@町田


今日で休麺日無しが500日になった。
6月3日で1年が経ってから134日目…
いつ止めてもいいと思いつつ今日になってしまった。

意識していない…というのはウソになるが、
いつまで続けるといったような目標は設定してないので、
2000日続けた時に比べれば、かなり自然体で続けていられる…
っていうか、続いてしまった…というのが正直なところ。

マアぼちぼちと…ということで…(^^;

そんな訳で、記念すべき500日目のラーメンはこちらで…と思ったら、
1年目のラーメンもここで食べていた。

勇次 10つけ麺を食べようと思って注文すると、
田中さんが「ラーメンにしなさいよ」と…(^^;
何だかやけにラーメンをプッシュするので、
これは何かあるな(笑)…と思って言う通りに。

出てきたラーメンは、見た目はそれほど変わりないが
食べてみるといつもより煮干しが濃く感じる。

田中さんの説明によると、煮干しの使い方を変えたんだそうだ。
つまり、これまで煮干しは全て頭とワタを取って使っていたのだが、
今日のスープは従来の出汁4割に、頭・ワタを入れた出汁6割のミックスだとか。

確かにそういわれると幾分苦みが出ているし、表面の油膜も違う感じがするが、
このほうが煮干しを食べてる…っていう満足感が高い。

最終的には煮干しの頭・ワタを取らないでラーメンを作りたいそうだが、
さてどうなることやら…(^^;



10 月2回目の限定の告知が出ていた。

ふぐ説明今回の『ふぐラーメン』は、
「とらふぐ以外」と書いてあるように、
サバフグが中心になるようだが、
築地の入荷状況によっては、
違うフグになる可能性もあるらしい。


とんこつらぁめん オードリー


tosimon3 at 02:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 | 休麺日

2008年10月14日

貴重な店…

●444)志こつ@久地


雨の中、約1ヶ月振りに2回目の訪問。

前回は何故かラーメンを食べてしまったのだが、
この店は「つけ麺 志こつ」というのが正式な店名なのだから、
やはりつけ麺を最初に食べるべき…と反省しつつ、今日は迷わず『つけ麺』を…

志こつ1つけ汁は今時珍しい醤油魚介系。
しかし、どこへ行っても濃厚豚骨魚介…の現在、
個人的には食傷気味になっていたところなので、
この醤油味が逆に新鮮に感じられる。

つけ汁はラーメン同様、油ッ気が少なく、
スープの持ち上げにちょっと不安はあるが、
極太麺をガッチリと受け止めて、これはこれで十分に美味しいレベルにある。

“しょっぱい” というような初期の頃のレポの印象は全くなく、
スッキリとしたつけ麺を食べさせてくれる、貴重なお店になりそうだ。


つけ麺 志こつ


tosimon3 at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 神奈川県 

2008年10月13日

趣味でやってる…

●443)如拙@国領


実家からの帰りに、ちょっと回り道をしてこちらへ。
5月に来て以来なので、5ヶ月振りになるのか…(^^;

今日は休日なので、休日割引があるというのを思い出したこともあるのだが…。

如拙5いわゆる “八王子系” といわれるラーメンだが、
ここはスープに動物系を使っていない。
そのせいなのか、底まで透き通ったスープは美しい。

化調は使っているようだが、このぐらいは許容範囲。
思わず全部飲んでしまいそうになるのを、
理性でグッと押さえる。(^^;

このラーメンが、休日割引で400円で食べられるというのがスゴイ。
材料費がこれだけ高騰している現在、
乾物系だけで出汁をとっていたのでは、とうてい儲かる筈がない。

それを親父さんに言うと、「私は趣味でやってるから…」と気にしていない様子。
いやいや趣味でやってる店がここにもあったのか…(笑)


八王子ラーメン 如拙


tosimon3 at 01:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年10月12日

伊豆の新店だが…

●441)成屋@伊東市


伊東に新しいラーメン店ができたというので行ってみる。
場所は市街地の南のはずれ、135号水無田交差点の角。
GS→クリーニング店→うどん店(だったか?)と変わってきたところ。

店の表はヨシズ張りで屋台風な感じを演出し、
大きな看板と「支那そば」という文字が目立っている…ちょっと期待。(^^;

成屋店成屋







メニューを見ると、醤油、塩、支那そば、味噌に地獄ラーメンなんていうのもある。
支那そばは煮干し味となっているので、それを食べてみることに。

出てきたラーメンは、屋台のイメージから豚骨系では…と思っていたのだが、
清湯系のサッパリ味のラーメンだった。

味のほうは…ウ〜ン…何といっても動物系の出汁が弱い。
その出汁の弱さを化調で補っている…という感じで、
何だか格安チェーン店系の味がするのだが、値段はしっかりと650円もする。

久々にできた新店ということで期待していたのだが…
マアあと1、2回は来てみるか…餃子も気になるし…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●442)唐辛子@伊豆高原


例によって帰りがけに寄ってみる。
今日のおまかせメニューは『金目鯛と桜海老の塩つけ麺』。(^^;

唐辛子78つけ汁は金目の出汁に桜海老が沢山入る。

麺は今日もマスターの手打ち麺。
今回はデュラム・セモリナ粉を使ったそうで、
前回に比べるとより中華麺に近くなった。
これはこれで美味しいが…(^^;

ただ、金目で出汁をとった割には、海老の味が強いので何だか勿体ない。
固茹で味玉はバッチリだった。(^^;

tosimon3 at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県 

2008年10月11日

静岡ラーメンフェスタ2008

ラー博入口



















静岡市でラーメンフェスタがあるというので出かける。
10時からと聞いていたのでその時間に着いてみると、まだお客さんはまばら。
後になって、初日は11時からだということが分かった…orz

それでも最初に並んだ才蔵の前には20人ぐらいの行列ができていた。
前のほうはほとんどが静岡のラヲタで占められている。(^^;

その後も行列は伸びる一方で、結果的には早く来てよかったということに…


ラー博ポスタ今回の出店は以下の7店。

「才蔵@焼津」「日歩未@浜松市」
「燕@島田市」「でびっと@静岡市」
「花いち@静岡市」「大山@富士市」
「松福@沼津市」


おでんフェスこういうのも一緒に開かれていたが、
結局食べず仕舞。
黒はんぺんは美味しいんだけどネ…(^^;





松村邦洋この人もゲストで来ていたが、
何だか痩せたみたい…(^^;







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●438)才蔵@焼津市


才蔵才蔵が出していたのは『鶏と鯛の塩ラーメン』
これは文句無しに美味しかった。
この場所でこれだけの完成度はサスガ。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●439)大山@富士市


才蔵を食べ終ってこちらに並ぶと、待ち時間1時間と言われる…orz
この時間になるとどの店も長蛇の列で、長いところは2時間待ちというところも…

待っている間にテントの中を見ると影島さんがいたが、
左手が痛々しい包帯でくるまれていて、左頬にもガーゼが当っている。

ラーメンを受け取る時に聞いたら、火傷をしたんだとか…
かなりの重傷のようなのだが、早い回復を祈るばかりだ。

大山ここのラーメンは『海老塩ラー麺』。
大山が最も得意とするところだが、
桜海老の香りがガンガンに効いたもの。

ここまで強くしなくても…と思うが、
お祭りなのだからマアいいか…(^^;
麺がちょっと生っぽかったのが残念。


2杯食べた後は、どこへ並んでも2時間近い待ちだというので、
食べるのをあきらめて、近くのファミレスでプチオフ会。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●440)わさらび@沼津


帰りは伊豆へ寄るつもりでいたので、途中、沼津でこちらへ寄り道。
今年の『かぼちゃそば』をまだ食べてなかったので…(^^;

昨年食べた550杯のラーメンの中で、この『かぼちゃそば』が一番美味しかった。
味だけでなく、盛り付けもこれに勝るものはなかったような気がする。
そのぐらい味覚と視覚を楽しませてくれたラーメンだったのだ。

わさらび53今年もルックスは抜群。
スープは多少マイナーチェンジされたようで、
昨年ほどの濃さはないものの、
甘味が増して食べ易くなっている。

いやいやこれは美味しい。(^^)
昨年にも増して…と言いたいところだが、
個人的には昨年のズッシリとしたスープのほうに軍配を上げたい。

tosimon3 at 04:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 静岡県 

2008年10月10日

安定した美味しさ…

●437)臥龍@三軒茶屋


かな〜り久し振りにこちらへ…6月以来だから4ヶ月振りか…(^^;
もう少し頻繁に来たいのだが、ついついご無沙汰してしまう。

臥龍8いつもの『軍鶏白湯ラーメン』。
マアこれしかないので仕方ないのだが、(^^;
しかし、いつ食べてもこのスープはウマイ!

先日栃木で食べてきた軍鶏ラーメンは、
白湯ではなく清湯だったので、
これとはまた違った味わいだったが、
いずれにしても力強い出汁がとれることはまぎれもない事実。

これをいつでも同じレベルで食べさせてくれるというのが、またスゴイ。

11月頃から臥龍では初めての味噌を出すそうだが、
その時期は下記のHPで告知するそうなので、こまめにチェックを…(^^;


【臥龍】http://garyu23.com/

tosimon3 at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2008年10月09日

味噌つけ麺も美味しい

●436)天国屋@町田市


前回食べて美味しかった味噌に、つけ麺も出来たというので食べに行く。

天国屋4ここの常連さんと同じ “ネギ増し” で出てきたが、
実はネギはあまり多くないほうがイイ。(^^;
入れ過ぎるとネギの香りしかしなくなるので、
適度なところで止めておきたいのだ。
佐々木さんゴメンナサイ。(^^;

ということで『味噌つけ麺』なのだが、
結論から言えば、個人的にはラーメンよりこちらのほうが好きかもしれない。

酢が入っているから…ということもあるのだが、
味噌の味にふくらみが出て美味しくなってる気がする。(^^)
隠し味のチョコレートもいい脇役を努めている。


地獄ラーメン 天国屋


tosimon3 at 01:02|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2008年10月08日

伊駄天が立川へ

●434)伊駄天@立川ラーメンスクエア/


4日に立川ラーメンスクエアに開店した伊駄天。
待望の開店ではあっても、忙しくてなかなか行くことができなかったのだが、
やっと今日の夕方になって時間が出来、立川へ…(^^;

場所は以前「にゃみ」のあったところ。
トラットリアの隣なので、限定が始まったりするとイタリアン対決が楽しみ。

伊駄天店伊駄天21







とりあえず『燻玉香るフレーバー叉焼』の食券を買う。
又野さんがラーメントライアウトで優勝したときに作ったラーメンだ。

燻製玉子と叉焼の香草フレーバーが絶妙のコラボをみせるが、
藤枝の本店で食べた時に比べると、動物系出汁がやや弱い。
そのせいか、スープがちょっと軽い感じがしたが、
これは慣れるに従い、序々に改善されていくものと思う。

いずれにせよ、これからが楽しみ…立川へ来る回数が増えそうだ。(^^;


【麺行使 伊駄天】http://www.idaten-ramen.net/main.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●435)凪@立川ラーメンスクエア


最近ちょっとご無沙汰していた凪だが、
渋谷で店長をしていた西尾さんが、今日からこちらへ来るというので、
挨拶方々、久し振りに食べてみることに。

ここで食べるのはいつ以来?と調べてみたら今年の正月に食べたきりだった…orz
豚骨系はあまり得手ではないという理由もあるのだが、
それに加えて、ここの豚骨が段々濃いほうへとシフトしてしまったため、
何となく足が遠のいてしまった…という次第。(^^;

凪21久し振りの『凪豚』は、やっぱり濃い…(笑)
臭みがほとんど無いので食べ易いが、
だけどこの豚骨の甘味はすごい。

豚骨出汁の味は、本当はこれだけ甘いのだ…
ということがストレートに分かる。
これが凪の豚骨の真骨頂だろう。


【ラーメン 凪】http://www.n-nagi.com/index.php

tosimon3 at 18:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2008年10月07日

栃木遠征

蕎麦の花1


















蕎麦の花が咲き乱れる那須高原…を見に行った訳ではないが、
GATZ君を連れて栃木ツァーに。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●431)はじめ@那須烏山市/この旨さは本物だ


まずはこちらの店へ…栃木では、もはや有名な行列店らしい。
レベルの高い鶏白湯が食べられるということで、長年の宿題店でもあった。

12時過ぎに店の前に到着すると、すでに7〜8人が並んでいる。
平日は昼のみの営業なので、ハードルの高い店でもある。(^^;

はじめ店はじめ







『濃厚和風らーめん』を注文。
かなり濃厚なスープに魚介出汁がばっちりと効いているが、
麺とスープのバランスを崩さないまとめ方はさすが…。

タレによるところが大きいと思われるが、全体に味の構成が明快。
叉焼の味付け、メンマの味付け…全てにおいて味がハッキリとしている。
普通、これだけ具材の味が強いと全体がバラバラになることが多いのだが、
それを全く感じさせないところにセンスの良さを見てとれる。

個人的に、こういうハッキリとした味は好みなので、
別のメニューも食べてみたいと思った。
再訪必至の店だ。(^^;


麺屋 はじめ


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●432)飛切@那須塩原市/トビッキリ美味しい白河ラーメン


那須塩原市内に、とら食堂直系の店があるということで寄ってみる。

'02年創業というので、すでに6年経っているわけだが、
店の内外ともにそんなに経っているとは思えない奇麗さ。

飛切店飛切







ご主人はけっこう年配の方だが、黙々とラーメンを作る姿に年季を感じる。

出来上がってきたラーメンは、たっぷりの透明感のあるスープに、
自家製の太い麺が合わせてある。

とら食堂に比べるとかなり太い麺だが、このモチモチ感がたまらない。
スープの味にもキレがあり、太麺をガッチリとサポートする。
化調感もないので、思わずスープまで全部飲んでしまいそうになる。(^^;

ご主人の自慢だという焼豚の叉焼も美味しい。(^^)


中華そば 飛切


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


この後、塩原の釜彦でスープ焼きソバを食べる予定だったのだが、
3杯連食はちょっとキツいということで、ファミレスで時間調整。

5時前になって塩原を目指すが、ここでハッと気が付いた。
釜彦は5時までだった…(^^;

まあ釜彦がダメでもこばや食堂があると思って行ってみると、
こばや食堂も閉まってる…orz

4月に来たときは夕方でもやってたのに…とガッカリしていたら、
裏口からおかみさんが出てきて、
「今は昼だけなので、3時頃で終ってるのよ」と言う。
釜彦も同じように昼しかやってないそうだ。

ということは、あのまま真直ぐに来ていても食べられたかどうか分からない…
そう思ってあきらめるしかないのだが、
ここでかなりテンションが下がってしまったことは確かだ。(TT

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●433)美幸@那須塩原市/軍鶏の旨さが詰まったラーメン


テンションが下がったままこちらの店へ。(^^;

軍鶏ラーメンを食べさせてくれる店として、マスコミにも出ているようで、
店内には記事の切り抜きなどが貼り出されている。

饒舌な店主にはある種の胡散臭さを感じないでもないが、(^^;
軍鶏に対しての愛情には、なみなみならぬものがあると受け取っておきたい。

美幸店美幸







澄んだスープには軍鶏の旨味がギュッと詰まっているようで、
最初の一口からその旨さ全開。

表面の油は軍鶏の油のようで、いわゆるチー油とはちょっと違った味わい。
どちらかというと、ラード的な感じも受けるが、
これが軍鶏の軍鶏たる所以なのだろう。


軍鶏ラーメン 美幸


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ながや@喜連川/途中で気になったラーメン店(未食)


この店は「はじめ」から「飛切」へ向う途中、喜連川付近で見つけた店。

ながやあいにくと店は営業していなかったが、
右のほうには「あごラーメン」と書かれていて、
すごく気になったので写真だけ撮ってきた。

帰ってから調べてみたが、この店の情報は全く無し。
どういう店なのか、ご存知の方がいらしたら、
ぜひご一報お願いします。

tosimon3 at 17:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 栃木県 

2008年10月06日

秋の冷し麺

●430)臨機@西永福


そろそろ新しい限定が出ているのでは…と思って行ってみると、
ありました…秋の限定が…

しか〜し、それが『秋の冷し麺』とは…(^^;
長年ラーメンを食べてきているが、秋の冷しというのは初めてかも。

臨機冷し説明ご主人の村田さんに聞くと、
冷しラーメン系は食べたことがないそうで、
こんなものか?…と想像して作ったとか。(^^;



臨機7魚介スープがベースになっている訳だが、
動物系から作る冷やしスープに比べると
魚介系のほうが冷しには向いているだろう。

ややトロッとしたスープは口当りが良く、
自然な感じで麺に絡み付いてくる。
この辺はコラーゲンのなせるところか…

具の焼ナスがいいアクセントになっていて、これが結構美味しい。
一緒に出てくる酢を入れると、オイリーさが緩和されて食べ易くなる。
ラー油も用意されているのだが、これは個人的には必要なかった。

ただ、キャノーラ油で作ったという香味油がちょっと多過ぎる感じが…(^^;
いくら植物油とはいえ、冷すと粘度が高くなるのは避けられない。
麺をすすった時に、その回りに付着する油分がスープの味を隠してしまう。
これが克服できれば、出汁の味をきちっと味わうことができると思うのだが…。

いつまでの限定か、聞いてくるのを忘れてしまった…orz
多分、10月一杯…?


臨機

tosimon3 at 02:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 杉並区 

2008年10月05日

美味しくなったと聞いて…

●429)母なる海と大地@西東京市


新井薬師で骨董の店を出したあと、帰りにこちらの店へ。
実はあちこちでここのラーメンが美味しくなったという話を聞いていた。

以前にも同じようなことがあって、味の改良が見られたので、
今回もちょっと期待をして店へ。

母なる編集長が醤油、私が塩を食べる。
両方とも麺が細麺と太麺から選べるようになっていた。

塩に関しては、ややオイリーになったのと、
動物系出汁が強くなった感はあるが、
大巾に変わったという印象は受けなかった。

ただ、最後に食べたのが数年前なので、
その当時の味を忘れてしまっているのは確か。(^^;

なので、味の比較をするのには少々無理があるのだが、
その意識無しで食べても、それなりに美味しい塩ラーメンであることは分かる。

味が変わったと思われるのは醤油。
魚粉が相当量加えられているようで、魚介の風味がすごい。
少し食べさせてもらっただけなので、はっきりとしたことは言えないが、
これならもう一度食べにきてみたい…という味だった。


麺創房 母なる海と大地


tosimon3 at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2008年10月04日

予定外だったが…

●427)大黒屋本舗 野田店@野田市


伯父の一周忌の法要に出席するために野田市へ。
終了後は明日の骨董市出店のために早めに帰ることにしたのだが、
その前に、せっかくここまで来たのだからとこちらの店へ。(^^;

大黒屋本舗1前回『つけ麺』を食べているので、
今回は『ラーメン』とも思ったのだが、
夜は角ふじ系のラーメンということなので、
再びつけ麺を食べることに。

濃厚豚骨魚介系のつけ汁に極太麺という、
最近のトレンドつけ麺。

やや食傷気味ではあるが、これはこれで美味しいと思う。


大黒屋本舗野田店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●428)オードリー@町田市


今日、明日と勇次では限定で『甘鯛ラーメン』を出している。

法事と明日の骨董市で食べに行けないと思ってあきらめていたのだが、
意外に早く帰れたので、電話を入れるとまだ大丈夫というので食べに行くことに。

勇次 9今回は甘鯛を20匹用意。
頭半分と半身の入ったラーメンが1800円、
半身だけのものが1200円、
頭半分だけのものは800円という値段で提供。

ただ、今日は予定より多く出てしまったために、
夕方は何人かのお客さんに全部入りを断ったとか…。

そのため、遅く来た私も全部入りは食べることが出来ず、
頭だけのものを食べることに。(^^;
左の小皿にはウロコの唐揚げと皮を湯引きしたものが付く。

甘鯛の出汁…といっても初めての経験なので比べる基準がないのだが、
少なくとも甘鯛というだけあって、上品な甘味が口中に広がる。
付け合せの大根もいい味を出している。

いやいやこれは美味しい…(^^)
こういうラーメンを作らせたらピカイチだね。


オードリー

tosimon3 at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 千葉県 | らーめん 町田市

2008年10月03日

この際宿題店を…

●423)呵呵(かか)@津島市/丁寧に作られた一杯


名古屋骨董市を見に来た帰りに、宿題店であるこちらの店へ。
今回は愛知、岐阜方面の宿題店を食べ歩くことにした。
津島市という市は、この店がなかったら一生知らなかったかも…(^^;

田園の中にポツンと建つ店だが、お客さんはひっきりなしにやってくる。
昼時ということもあるが、私の前に5人待ち。

呵呵店呵呵







塩ラーメンのほうが評判がいいようだが、個人的には醤油好きなので、
初めての店では醤油を食べることが多い。
ということで、『中華そば(醤油)』を食べてみることに。(^^;

大きな叉焼と晒したタマネギが印象的。
スープの色はかなり濃いが、しょっぱさはなく醤油の風味がフワッとたつ。
魚介の香りはガツンとくるわけではないが、バランスの良い味わい。

プツンとはぎれの良い麺は全粒粉入りか?
ひじょうに丁寧に作られたらーめん…という感じがした。

水菜の使い方が斬新だが、長いままでは、はっきり言って食べづらい…(^^;


中華そば 呵呵


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●424)麺坊 炗(ひかり)@岐阜市/岐阜の淡麗系…?


ご主人は中村屋@神奈川の出身だそうだ。

ラーメンは見ただけで中村屋インスパイア…ということが分かる。
丼がステンレスの皿に乗って出てくるところに、その片鱗を感じるが、
こういうところはマネしなくてもいいように思うが…(^^;

ひかり店ひかり







種々の素材を合わせる重層的な組み立てに、中村屋テイストは如実に表れている。
これまで中村屋inspの店は、かなりの数食べてきているが、
このバランスの良さは、その中でも屈指の味と思われる。

ただ、ちょっと気になるところもないではない。
全体にややオイリーなところと、麺が硬過ぎるところ。

特に麺はもう少し柔らかめにしたほうが、スープとの一体感が出るのでは…
スープに合った麺の硬さというものがあるはず。


麺坊 炗


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●425)麻麻(まあま)@瑞穂市/完全無化調のラーメン


それにしても愛知、岐阜方面のラーメン店は中休みをとるところが多い。
午後2時を過ぎると、食べられる店は殆どなくなってしまう。
今回のように移動に時間がかかってしまうと、これは致命的。
県民性とか何かそういった理由があるのだろうか…?

まあ今回は時間的に余裕があるので、仮眠をしたりで時間をつぶしてこちらの店へ。
ここのラーメンは完全無化調だということで、以前から注目していたのだが、
店は思っていたのとはかなり違った佇まい。(^^;

ラーメンを作っているのが、男性ではなく女性というのも想定外だった。(^^;

麻麻店麻麻







奥美濃古地鶏などを使っているというスープは、アッサリ系だが深みのある味わい。
無化調だから…といったような物足りなさは無い。
かなり甘めの味は野菜の甘味、それとも醤油の甘味…?

ただ、このスープに対して麺が弱いというか、バランスがとれていない。
このスープにはもっと合う麺があるはず…もったいない…(^^;

シナチクの切り方が変わっている。
普通は繊維に対して順目方向に切るのだが、ここのは直角に切られている。
そのため、太い割に噛みにくいということもなく、
ちょっと変わった食感を味わうことができる。


麻麻


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●426)中村屋@大垣市/この麺は旨い!


中村屋といっても、海老名(神奈川)の中村屋ではないが、
こちらの店も岐阜はもとより、近畿圏では有名な行列店となっているようだ。
ご主人は「鳥居塾」の出身とか。

中村屋店中村屋







客の7〜8割が注文するという『つけ麺』を食べてみる。

関東圏では既に珍しくなくなった、いわゆる “濃厚豚骨魚介系” の味なのだが、
ここのつけ汁は甘味、酸味と辛味が、かなり強めに出たもの。
その意味では大勝軒を進化させたような味わいともいえる。

そして、何といっても特徴的なのが麺の旨さ。
この極太麺はスゴイというか、今年食べた麺の中ではダントツの旨さ。
やや柔らかめに茹でてあるので、その美味しさが余計際立つという感じ。

いやいやこれは美味しい…行列が出来るというのもうなずける。(^^)


中村屋

tosimon3 at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 愛知県 | らーめん 岐阜県

2008年10月02日

厚木で…

●422)囲(かこい)@厚木市


名古屋へ行く前にラーメンでも…と思い、厚木市内へ。
当初の目的は厚木家だったのだが、たまには違う店でも…と思い、こちらへ。

今年5月に出来た店で、自家製麺を謳っているのでちょっと期待。(^^;

囲店囲







自家製麺というからには、やはりこれはつけ麺でショー…(^^;

平打ちの極太麺は、モチモチした食感がなかなかGood!
最近流行の硬目ではなく、やや柔めの茹で加減がちょうど良い。
ただ麺がやたら長いので、つけ汁へ入れる時にちょっと苦労する。(^^;

つけ汁は濃厚ではない豚骨?魚介系だが、そこに黒い油が浮かんでいる。
最初マー油かと思ったら、どうもネギ油のような感じ。
悪くはないと思うが、もうちょっと少なくてもいいかな…(^^;

味的にはバランスがとれていて、最近の流行に迎合していないのがイイ。
この近辺では夜遅くなると家系しか選択肢がなかったのだが、
この味で遅くまでやってくれるのはウレシイ。

tosimon3 at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 神奈川県 

2008年10月01日

町田で2杯…

●420)ロックンロール1@上鶴間/長野で作るラーメン


11月に開催される「信州ラーメン博」に特別出店が決まったので、
その搬入、搬出のお手伝いをすることになった。

打ち合わせのために営業終了後の3時半過ぎに行くと、
長野で初日に作る予定のラーメンの試作品を食べさせてもらえることに…(^^;

ロック38ベースは以前作った『昆布水つけ麺』。
従来の醤油ダレにこの昆布出汁を合わせ、
その上に回しがけしたチー油以外は動物系無し。

頭の中では「かなりサッパリした味」と思うが、
食べてみるとそんなことは全くなく、
「何だ…この旨さは」と思わず口にする旨さ。

そして何といっても鮮烈なのが醤油の風味と旨味。
動物系出汁が無い分、醤油がストレートに出てくるようだ。
いやいやこれは旨い。

勿論、これは試作品なので、まだまだ美味しくなるはず。
長野では並んででも食べる価値有りのラーメンになるのは必至。(^^)


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●421)天国屋@町田市/新しく始まった味噌


ここで新しく味噌が始まったというので寄ってみる。

辛いラーメンが主体なので、てっきり味噌はあると思っていたのだが、
それは私の勝手な想像だった。(^^;

何でも今年の味噌は月替わりで味噌の産地を変えるそうで、
初回は青森、秋田、宮城の味噌を使っているという。

天国屋3スープが白っぽいので、白味噌かと思ったら、
赤味噌しか使っていないという。(^^;
なかなか風味のいいスープが美味しい。

平打太麺もこのスープによく合っているのだが、
何か一つ物足りないというか…
その原因をよくよく考えてみると、
あまりにも無難にまとまり過ぎてしまったところに一因がありそう。

そう思って、一緒に出してくれた「煮干し油」を入れると、ガラッと味が変わる。
バランスが良すぎて物足りなさを感じていたところに、
これを入れることで、飽きのこない味噌ラーメンに変えることができる。
ああ、これはいいかもしれない…(^^)

ただ、煮干し油だとスープが油っぽくなってしまうので、
煮干し粉を使うとか、何か工夫があるといいのかも。
味噌ラーメンとしてのビジュアルにも一工夫欲しい気がした。


地獄ラーメン 天国屋

tosimon3 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 相模原市 | らーめん 町田市