2009年03月

2009年03月31日

今年初めてか…

●147)胡心房@町田市


ロックンの嶋崎さんに頼まれていたものを届けに行くが、そこでYさんと合流。
時間的に間に合いそうなこちらの店へ来てみるが、
考えてみると、ここで食べるのは今年初めてか?
1回ぐらいは食べていると思っていたのだが…(^^;

胡心房20今日は『W豆乳ラーメン』。
スープの豆乳と麺に練り込んだ豆乳でWという訳。

この店の豆乳ラーメンは随分と食べているが、
年々進化しているのが良く分かる。
今回もいつもとはちょっと違った味わいだが、
相変わらずのバランスの良さが身上だ。


胡心房




tosimon3 at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2009年03月30日

スノボ〜ラーメン〜桜

パノラマ3今年はスキーシーズンの一番良い時期に車が修理に入ってしまい、
今日まで一度も滑りに行ってないという珍しい事態に…(^^;
ということで、今年最初で最後のスノボをやりに、富士見パノラマスキー場へ。

昨夜0時前に中央高速に乗ったので、諏訪南ICまで1000円!
途中、甲府手前まで雪がパラついていて、天気が心配だったが、
朝起きてみると、外はドピーカンの素晴らしい天気。

このスキー場は晴天率が高いことでは、おそらく日本トップクラスだと思うが、
その分、雪質が悪くなるので良し悪し…というところ。(^^;

案の定、10時を過ぎると雪質はベタベタ…重いし荒れてるしでギブアップ状態。
早々に切り上げてラーメンを食べに…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●145)佑庵@岡谷市


この店へ来るのはこれで4回目?になるだろうか…
いつ来てもクリアなラーメンを食べさせてくれるのが嬉しい。

今日は未食の『つけ麺』を食べてみよう…とメニューを見ると、
つけ汁が「追いがつを」と「まろ醤油」の2種類あるようだ。
それに従い、麺も中太と平打ち2種類が用意されている。                                      
佑庵4とりあえず「まろ醤油」を食べてみることに…
これには平打麺

魚介系和出汁の効いた醤油味のつけ汁は、
サッパリ系でありながら物足りなさは無い。
太目の平打麺をガッチリと受け止める。
いやいやこれは美味しい。(^^)

濃厚豚骨魚介系のつけ麺全盛の中にあって、この味はかな〜り新鮮。
そういえば首都圏でもこの種のつけ麺が増えてきている印象があるが、
個人的には大歓迎。

これでは「追いがつを」も食べにこなくては…


佑庵


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


萬馬軒店次に向ったのは、この「萬馬軒」という店。
不定休というのでダイジョウブかと思ったが、
やっぱりというか…閉まってた…orz






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●146)ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店@下諏訪町


それではハルピンにでも行って食べて帰ろうと思って、フと思い出した。
そういえば、確かハルピンの支店が出来ていたはず…

検索してみると、支店でしか食べられないメニューもあるとか…

ハルピン店という訳でやってきたのが「下諏訪町役場前店」。
店は本店と同じような創りで、
一目でハルピンと解るたたずまい。
駐車場も完備しているので、
車で来ても困ることはない。



ハルピン7ハルピン説明







ここでしか食べられないメニューというのが、この『たれつけ』。
ラーメンに使用する味噌ダレが麺の上にかかった、まぜそば風のものだが、
つけ汁が一緒についてくるので、やはりつけ麺なのか…(^^;

「食指南」通りに、まず麺とタレをガーッとかき混ぜて食べてみると、
ニンニク風味のミソ味のまぜそばという感じで、これが結構イケる。

これだけでも全部食べられそうな味なのだが、
指南書通りにつけ汁に浸けて食べてみると、これもなかなかの味。

つけ汁はそれだけだとやや甘めで、決して美味しいとは思えないのだが、
麺に付いた味噌ダレが混ざるにつれて、味がどんどん変化していく。
そして最後には通常のラーメンと同じような味に…

いやいや、これは脱帽もののつけ麺だ。


ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



日本一長寿の桜/高山神代桜@北杜市


諏訪から20号線を南下してくると、長坂町を過ぎたところで武川町に入る。
この武川町にある実相寺という寺の境内に、日本一長寿の桜がある。

土地の名前をとって「山高神代桜」と呼ばれている。
実は「神代桜」というのは長野にもう一本あるため、それと区別するためなのか…

神代桜1神代桜6







この桜、推定樹齢が約2000年といわれ、
第2位といわれる「薄墨桜@岐阜」の1500年をはるかにしのいでいる。
環境庁の調査では幹回り10.6mとされ、第3位にランクされているが、
上位2本は計測方法に問題がありそうなので、実質この桜が一番だと思っている。

一本桜を追いかけるようになって10数年経つが、ほぼ毎年この桜を見に来ている。
台風などの影響で主幹が折れ、現在は枝数本が残るのみではあるが、
樹勢は衰えをみせず、周囲の桜よりも1週間ほど早く花を咲かせる。

毎年、この桜を見る度に元気を貰っている。

tosimon3 at 03:01|PermalinkComments(5)TrackBack(0) らーめん 長野県 | 

2009年03月29日

今年最初の一本桜

唐木田桜2マイミクさんの案内で、唐木田(多摩センター)にあるしだれ桜を見に行く。
この桜のことは以前から聞いていて、機会があったら見たいと思っていたので、
ちょうど良いタイミングだった。

唐木田説明この桜は民家の敷地内にあり、
「川井家の桜」というのが正式な名称らしい。

樹齢約300年といわれているそうだが、
近くまで行くことは出来ない。
東京にはあまり古い桜が残っていないので、
これは貴重な桜といえる。

ちなみに一番古いとされるのが「大島の桜株」(大島町/樹齢約800年)、
二番目が「神着の大桜」(三宅島/樹齢不明)、
三番目が「光巌寺の白山桜」(あきるの市/樹齢約400年)。
この三本が東京都の3大巨桜とされているので、
樹齢300年というのは立派なもの。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●144)正ちゃん@鶴川


多摩センターからの帰りとなれば、やっぱりここでしょー。(^^;
数年前から昼営業のみとなってしまい、ハードルの高い店になってしまった。

首都圏では珍しくなってしまった “尾道ラーメン” を標榜する店…
とはいうものの、尾道ラーメンというものがどういうラーメンなのか…

ザックリ言うと、鶏出汁に瀬戸内産の魚介出汁を合わせた醤油味で、
そこに細かく刻まれた豚の背脂が入ったラーメン…
とマアこんなところだろうが、解ったような解らないような…(^^;

数年前、尾道の代表的な店とされる「朱華園」で食べたときは、
関東で食べられる「麺一筋」とか「柿岡や」などとの味の違いに驚いたものだ。
どちらが本当の尾道ラーメンなのか…というのは愚問なのだろうが、
朱華園のラーメンの美味しさは、今でも舌の記憶に残っている。(^^)

正ちゃん店正ちゃん3







ここに来るのは数年振りになるが、いつも変わらない空気が流れている。
最寄り駅(鶴川)からも遠く、ちょっと引っ込んだ場所にあるので、
お客さんの殆どは地元の常連さんのようで、アットホームな地域密着型の店。

ここは奥さんが主体でラーメンを作り、ご主人が盛付け、配膳を担当するので、
その意味では女性店主の店ということになる。

スープは清湯のクリアーなもので、煮干し系の出汁がフワッと香る。
背脂は以前よりも少なくなっているが、そのほうが出汁の旨味が感じられ、
スープのキレも向上していると思う…相変わらずの美味しさだ…(^^)


尾道ラーメン 正ちゃん


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


グリーンベルあこ庵







桜を見に行った帰りに買ってきたパン2種類。
左は「グリーンベル」という店のメープルとチーズのラウンドパン。

このパンは、同行のマイミクさんから度々いただいていたのだが、
あまりの美味しさに、一度は買いに行きたいと思っていた。
店の場所が多摩センターの「西海」というラーメン店の隣というのも何かの縁?(^^;

右はグリーンベルからほど近い「あこ庵」という店のアンパンなのだが、
中に入っているのはアンではなく小豆の甘納豆…(^^;
形も変わっているが、中身はもっと変わっていた。

ここはオリジナルの「あこ天然酵母」を使ったパンが人気の店。
人気No.1の食パンも一緒に買ってきたが、確かに美味しかった。

tosimon3 at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  | らーめん 町田市

2009年03月27日

京都〜岐阜

●139)こぶ志@京都市


京都骨董市は出店数が多いので、見終わってからではラーメンが食べられない。
ということで、途中で会場を抜け出してまずはこちらの店へ。

写真で見る限り、清湯系のラーメンらしいので気になっていた店。

こぶ志店こぶ志







店は道路に面しているが、奥行きがなく横に長い創り。
外から空いている席を見つけて、そこのガラス戸を開けて入る。
客席に人が座っていると、その後を通り抜けることが出来ないのだ。(^^;
慣れないと、どこから入っていいのかとまどってしまう。

塩ラーメンの評判がいいようだが、とりあえず『醤油系こぶ志ラーメン』を食べる。
鶏ベース?のスープは、やや濁り状態だが甘味がありなかなか美味しい。
この甘味は野菜からのものか?それとも…(^^;

醤油の味と香りに独特のものを感じたが、特殊な醤油を使っているのだろうか…
ただ、この味は嫌いではない…むしろ好きな部類のテイストだ。

麺は全粒粉入りのややボソッとした食感のものだが、スープとの相性は悪くない。
叉焼は「塩釜チャーシュー」といって、この店のウリになっているらしいが、
これは確かに美味しい…もう少し厚切りだと申し分ないのだが…(^^;

なかなか満足できるラーメンだったが、丼の模様が気になった。
もっとラーメンに合った器があると思うのだが…(^^;


ラーメン こぶ志


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●140)吟醸らーめん久保田@京都市


続いてやってきたのがこちらの店。
変わった店名だが、決して酒屋ではなくラーメン店なのだ。(^^;
吟醸というからには、どこかに日本酒を使っているのか?

店に入ると2名の待ち状態…やはり人気店のようだ。
食べているお客さんを見ると、殆どがつけ麺を食べている。
かなり太目の麺で、見るからに美味しそうなのだが、
初めてなので、ここはデフォの『醤油ラーメン』を食べることに…

久保田店久保田







鶏ベースと思われるアッサリ系のスープに細麺が泳ぎ、
カケラーメンかと思わせるようなルックス。
ネギの下に細切り叉焼が仕込まれているのだが、この意味は…?

いずれにせよ、この潔さは自信の表れと見てとれる。
醤油であることは確かなのだが、塩にも通じるスッキリとした味わいは、
ネオ京都ラーメンとでも言えそうなテイストに溢れている。

ここの麺も全粒粉入りのようで、京都ではこの種の麺が流行なのだろうか?
全粒粉入りの麺は確かに美味しいと思うのだが、
スープに合った配合量があると思うので、その見極めが大切。

その点、ここの麺とスープは相性がいいと思う。
つけ麺が気になったので、再訪問決定。

こちらの店でも気になったことが一つ…それは表の左右にある垂れ幕。
こういうラーメンを出す店としてはちょっと安っぽいのでは…(^^;


吟醸らーめん 久保田


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●141)白神@関市


骨董市会場へ戻って閉場時間近くまで見た後は岐阜回りで帰ることに。
岐阜といえば関市、関市といえば白神ですな…(^^;

7時過ぎに到着して店に入ると、店内で4人待ち…相変わらず人気は高いようで…

白神6未食の『軟骨叉焼麺』の食券を買って席に着くと、
石神さんが「限定ありますよ」と教えてくれた。

中京TVと東海麺友会16店のコラボメニュー、
『PS キトキト味噌ラーメン』がそれ。

実はこのコラボがあるのを知らなかったので、
ラッキーといえばラッキーだったのだが、食べても自慢できる立場ではない。(^^;

東京の人気店「ど・みそ」の味噌を使ったというこのラーメンは、
熱されたステンレス棒?が入っていて、グツグツ状態で出てくる。
事前に渡されていた紙エプロンをかけていないと、飛び散る飛沫がかかってしまう。

具にはホタルイカが一匹と、ホタルイカを使った「キトキト玉」、
もろみで和えたキャベツ等が乗る。
(ちなみに「キトキト」とは富山地方の方言で「新鮮」という意味だとか)

この「キトキト玉」というのはホタルイカをミキサーにかけ、
バター、しょっつる等で味付けされたものだそうだ。
ややしょっぱい感じだが、スープに溶かすとその風味が際立ってくる。

ベースのスープにも白エビが使われているので、その魚介感はスゴイ。(^^)
味噌の風味と魚介の風味は、一歩間違うと大変なことになりそうだし、
ど・みその味噌ダレは大抵の場合、その強烈さに支配されてしまう筈なのだが、
それをバランスを崩すことなくまとめあげた手腕はさすが。

いつ来ても満足感を満たせてくれる店だ。


麺屋 白神(はくしん)

tosimon3 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 京都府 | らーめん 岐阜県

2009年03月26日

伊豆〜三島〜京都

●109)唐辛子@伊豆高原


明日の京都骨董市へは、伊豆から直接行く予定をしていたので、
こちらの店に夜行けないため、昼に行ってみる。

「夜来ると思ってたから用意できてないよ〜」とマスター。
手打ち麺を作ってくれる予定で、午後に打つつもりだったらしい。(^^;

唐辛子90という訳で今日は『汁無し担々麺』。

見た目はフツーの油そばのようだが、
胡麻ペーストが入っているので、やっぱり担々麺。
赤くないので辛くない…と思いきや、
麺の下に仕込んであるハラペーニョが…(^^;
この視覚的ギャップが楽しい担々麺だ。


【ラーメンハウス 唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●67)めんりすと@三島市


京都へ向う途中、藤枝の伊駄天に寄ってみようと思っていたのだが、
136号が思いのほか混んでいたため、これでは間に合わないと判断。
ちょっとご無沙汰のこちらの店へ…

めんりすと13限定に『ボ・ン・ゴ・レ』というのがあった。
確か昨年も食べたと思いつつ注文。

名前通り、アサリを大量に使ったラーメン。
フランスパンやトマトがあしらわれていて、
イタリアンテイスト溢れる一杯に仕上がっている。
木下さんらしいラーメンというべきか。

同時期に「わさらび」でもアサリを使ったラーメンが出されているが、
方や “和” 、方や “洋” と、アプローチの仕方が全く違う。
食べ比べてみるのも一興だろう。


【めんりすと】http://www.menristo.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名高速下り「日本平PA」/野菜カレー ¥600


ラーメン一杯ではちょっと足りない感じなので、(^^;
日本平PAに寄ってみると『野菜カレー』というのがあった。

東名日本平カレーの上に、カボチャ、ナス、パプリカ、
ブロッコリーの素揚げしたものが乗っている。

カレーはこういった場所のものとしては珍しく、
ジャガイモやニンジンがごろごろと入っている。
みそ汁と付け合せがセットになって600円!
このCPはかなり高い。

肉がもう少し入っていれば言うこと無しなのだが、ゼイタクは言えない。(^^;
全体に量はやや少なめだが、ルーの味もよくかな〜り満足できる内容。


勝手に5点満点評価=ルー4.5/ライス4.0/量3.5/総合4.5


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名阪自動車道「御在所SA」/カレーライス ¥550


東名阪自動車道は、まだ開通してから間もないので、
SAなどは馴染みのないところが多い。

ここ御在所SA(三重県四日市市)にトイレタイムで寄ってみると、
スナックコーナーにカレーがあったので、ついついもう一杯…(^^;

御在所下り肉や具は溶け込んでしまっているが、
ビーフではなくポークカレーのようだ。

カレー自体は平均的な味なのだが、
ライスがマジで美味しい。
これまで食べたSAカレーの中ではダントツの旨さ。
このライスは特筆ものだ。


勝手に5点満点評価=ルー3.8/ライス4.8/量4.2/総合4.4

tosimon3 at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県東部 | カレー

2009年03月25日

レギュラーがいいね…

●136)中川 香貫店@沼津市


またまたマイミクさんとこちらの店へ。
前回は限定の汁無しを食べてしまったので、今日は基本の醤油ラーメンを…

本店では醤油も脂そばも食べているが、醤油はちょっと変わった印象だった。

中川4出てきた醤油ラーメンは、
本店で食べたのとはかなり違っていた。
記憶では清湯スープだったはずなのだが、
こちらは白湯系だし、魚介の効き方も随分と違う。

本店と支店で意図的に味を変えているのか、
それともこちらが独自路線なのか…(^^;

いずれにしてもこの醤油は、これまでのイメージとは違ったものの、
個人的にはかなり好みの味のラーメンだった。(^^)

限定などにも力を入れているようなので、ちょくちょく通わせていただきましょう。


【麺屋 中川】http://www.menya-n.com/

tosimon3 at 18:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 静岡県東部 

2009年03月24日

高田馬場西口…

●134)じげん@高田馬場


都心へ出たついでに、高田馬場へ。
ここへ来ると、行ってみたい店はたくさんあるのだが、
とりあえず宿題店になっていたこちらの店へ寄ってみる。

以前は早稲田通りから一本裏へ入ったところにあったようだが、
昨年11月に表通りへ移転、オープンしている。(旧店舗時は未食)

ご主人は田ぶし@高円寺で店長をされていた方だとか…

じげん店じげん







ここはラーメンよりつけ麺のほうが人気があるようなので、
最初から『つけ麺』を食べてみることに…(^^;

つけ汁と一緒に「三杯酢です」と言って猪口が渡される。
中の液体をなめてみると、三杯酢という感じはしないのだが、
つけ汁には酸味がないようなので、個人的には入れたほうが好み。

ベースは鶏白湯?プラス魚介系という、今では珍しくない組み合わせだが、
ヒジョーに丁寧に作られた…という印象の強い味わいだった。

ただ、この店でなくては…という何かが欲しい気がした。


麺屋 じげん


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●135)味一 高田馬場店@高田馬場


同じ名前の店が小田原の早川にあった。
知る人ぞ知る行列店だった。

本格的にラーメンを食べ始める以前、
味噌ラーメンしか食べなかった私にとって、
ここの味噌ラーメンとの出合いは衝撃的だった。

「ああ、これで味噌から卒業できる」と思った。

以来、機会あるごとに足を運んだが、
昨年の春、作り手のいなくなった店に、
二度と灯がともることはなくなった。


馬場にあるこちらの店は、その味を受け継ぐ唯一の店。
味一のオヤジさんの甥子さん?が2年前にオープンさせた。

味一店味一6







メニューには『味噌ラーメン』と『小田原味噌ラーメン』の2種類がある。
どこが違うのかは聞き漏らしたが、ここは迷いなく『小田原味噌ラーメン』で…

小田原のオヤジさんの味を彷彿とさせる…とまではいかないが、
当時の味を偲ぶには十分な出来…懐かしい味だ。(^^)

最初の頃は、この激戦区でダイジョウブか…とも思ったが、
お客さんもそこそこ入っているようなので、心配ないかと…
頑張って欲しいお店の一軒ではある。


ラーメン専門 味一 高田馬場店

tosimon3 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 新宿区 

2009年03月23日

鶏叉焼が旨い…

●133)臥龍@三軒茶屋


臥龍12ここのラーメンは、月に一度ぐらい食べたくなる。
今日がその日…っていうか、
月曜日だから、っていうこともある。
休みの店が多いんだよネ〜月曜は…(^^;

今日は『鶏叉焼麺』を食べてみるが、
この鶏叉焼は旨いッ!…もっと量が欲しい。


【臥龍】http://garyu23.com/




tosimon3 at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2009年03月22日

立川〜海老名

●131)鏡花@立川市


朝早くから立川骨董市に出店するが、雨模様と強風のため午前中で中止に…
早々に荷物を片付けて、いつもより早めに鏡花へ…(^^;

今日は静岡人さんが立川へ来ているということで、鏡花で待ち合わせる。

鏡花84やっぱり今日も『煮干し中華』。(^^;

今月初め、Ver1から始まって
現在はVer6に進化しているようだが、
これが一応完成型だとのこと。

食べてみる…ウン確かに素晴らしい。
苦みやエグミは極力押さえ込まれており、
煮干しのエッセンスだけを取り出した…とでもいえそうな仕上がり。
さすがとしか言いようのない煮干しラーメンだ。

ただ、個人的には不満がないでもない。
というのは、あまりにもスッキリとしすぎていて、物足りない…(^^;
これは食べる側のワガママかもしれないのだが、
にぼし好きというのは、苦み、エグミも全てひっくるめての煮干し好きなのだ。

例えは悪いかもしれないが、レコードとCDの関係に似ていると思う。
レコードの場合は針で盤面を引っ掻いていく訳だから、
スクラッチノイズが入ってくることは避けられない。
CDはその点極力雑音がカットされているので、ノイズは少ない。

聞いてみるとその差は歴然なのだが、それでもCDには物足りなさを感じてしまう。
スクラッチノイズの向こうに感じられる人間臭さにホッとするのだ。(^^;


らーめん愉悦処 鏡花


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



●132)中村屋@海老名市


静岡人さんがこの後中村屋へ行きたいというのでお付き合いする。
つい最近始まったカレーつけ麺があるらしい。

『つけまさら』というのがその新メニュー。
三四郎で出している『マサラ』の関連メニューという位置づけか?

中村屋15石鍋で出てくるつけ汁はグツグツ状態。
石鍋は熱いので、口をつけたりすると危険(^^;

出汁に浸かった麺をこれにつけて食べる訳だが、
両方とも熱いのとカレーの辛さで汗だくに…

カレーは鶏ベースのようだが、
個人的には甘味が少なく、スパイスに頼り過ぎの印象を受けた。
カレーライスとして食べるなら、これでいいのかもしれないが、
つけ麺のつけダレとしての完成度は今一つ…(^^;

麺の量が多いので、途中で飽きてしまった。
麺を半分にして、ライスを付けてくれたほうが良かったと思う。


中村屋

tosimon3 at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 | らーめん 神奈川県

2009年03月21日

やっぱり美味しい…

●130)志こつ@久地


志こつ7ここのつけ麺が食べたくなって店へ…
今回もあつもりでお願いする。
魚粉に頼らない魚介系のつけ汁は、
最近少数派になってきてはいるものの、
やっぱり美味しいと思う。(^^)
このところ雑誌などで紹介されているので、
お客さんも増えてきているようだ。


つけ麺 志こつ


tosimon3 at 15:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2009年03月20日

自家製麺というが…

●128)大馳@野田市


墓参りに来たついでに、昨年5月、大殿井に出来た新店へ来てみた。
自家製麺ということなので、ちょっと期待して…(^^;

場所は最寄りの駅(梅里)からはかなり遠く、決して良い立地とはいえないが、
梅里団地の中なので、そこそこの人口密度はある場所。
店は共同駐車場を持っているので、駐車に困ることはない。

大馳店大馳







醤油系のラーメンは、和風と背脂入りの2種類あるようで、
私が和風、妹が背脂のアッサリを注文。

どちらもベースは同じようだが、和風は追い鰹による風味が追加されている。
見た目がなかなか美しいので期待が持てたが、最初のひと口から化調が…(^^;
せっかくの追い鰹の味を壊してしまっている。

自家製という中太麺は、もちもち感はあるもののコシが弱く、
そのメリットがあまり感じられない…ちょっと残念。

化調に頼らなくても、美味しいラーメンになると思うのだが…(^^;


麺屋 大馳


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●129/130)爺@吉川市


帰る途中、久し振りにこちらの店へ寄ってみる。

店に入ってメニューを見ると、『煮干しラーメン』が見当たらない。
ご主人に聞くと、煮干しと和風を合わせて『醤油ラーメン』にしたという。

場所柄なのか土地柄なのか、煮干しの需要が多くなく、
醤油系が2種類というのも混乱の元になっていたので、
思い切って一本化してみたそうだ。

煮干しラーメンがなくなってしまったのは残念だが、仕方ない。(^^;

爺醤油その『醤油ラーメン』を食べてみると、
確かに従来の2種類の醤油を合わせた感じ。
それぞれの “いいとこどり” の味なので、
これが美味しくない訳がない。(^^)

両方のミックスによる出汁の相乗効果なのか、
単品では感じられなかった味の深みが出ている。

爺味噌こちらは新作の『味噌ラーメン』。

これまでのここのラーメンの傾向から、
てっきり “味噌風味” のラーメンと思っていたら、
鍋を使った北海道式の本格的味噌ラーメン。

豚骨をベースにしたというスープは、
思っていた以上にコッテリとした仕上がり。

いわゆる “ザックリ” とした味噌の口当りは個人的に好きな感じ。
良い意味で期待を裏切られた、なかなか美味しい味噌ラーメンだった。(^^)


ラーメン 爺

tosimon3 at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 千葉県 | らーめん 埼玉県

2009年03月19日

上田〜軽井沢

●125)ぶいよん@上田市


佐久で骨董市があったので、それを見た後に上田まで足を延ばす。
上田に来る目的は…この2店。

まずはこちらの店に来てみると、駐車場が1台分しか空いてない。
こんなことは初めてと思いつつ店内に入ると、何と6人待ちの状態。

ご主人から「つけ麺しかできないけど」と言われるが、待つしかないでしょ〜
私の後に来た一人で、今日の昼の営業は終わり…あぶなかった…(^^;

ぶいよん5ここの『つけ麺』を食べるのは初めてだったので、
タイミングとしてはGOODだった。

つけ汁の容器の縁に付いているのは味噌。
これをつけ汁に溶かすと味噌風味になるが、
これが何ともいい塩梅。
するすると麺が入ってしまう。

つけ汁は濃厚でなく、麺も極太ではない何の仕掛けもないつけ麺だが、
食べ終った後にこの上ない充実感がある。

帰り際にご主人に聞いたら、最近雑誌で紹介されたようで、
それ以来こんな状態が続いているという。
今日のように昼にスープが無くなってしまうと、夜の営業はできないらしい。
この店にとってはいいことなのか悪いことなのか…(^^;


【スープ研究処 ぶいよん】http://www.nao-magazine.jp/ramen/archive/000069.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●126)熊人@上田市


ぶいよんで食べ終ったのが1時45分。
こちらの営業は2時までなので、電話を入れると大丈夫ということで店に向う。

熊人8やや遅れて店に入る。
もう一度『熊人0』を食べようかと思ったが、
とりあえずご主人に聞いてみると、
「4月から出すつけ麺ができるけど、
食べてみますか」
と言われては、食べない訳にはいかない。(^^;

その新メニューは『にんたまつけ麺』。(^^;

ニンニクを効かせたつけ汁に卵黄と肉カスが入っている。
この肉カスは富士宮焼きそばで使われるものを使用しているそうだ。

卵無しでは単なるニンニク醤油味のつけ汁という感じだが、
卵を溶かすとガラッと表情が変わり、つけ汁としてのグレードがアップ。
肉カスが適度な油ッ気を出してくれるので、物足りなさは皆無。

こういう味わいのつけ麺を食べるのは初めてか…?
他と比較のしようがない、オリジナリティ溢れるつけ麺だった。

偶然にも上田の両店ではつけ麺を食べることになってしまったが、
それぞれに特徴のあるつけ麺は、東京にはない斬新なアイデアが盛り込まれていた。
この2店からは目が離せない。


【拉麺酒房 熊人】http://kumajin2005.hp.infoseek.co.jp/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●127)梅の家@軽井沢町


帰りは松本回りも考えたが、こちらの店のことを思い出して軽井沢へ向う。

昨年の信州ラーメン博で3日間、ずっと行列が絶えなかった店。
会場で食べようと思ったのだが、その行列のすごさであきらめていた。
実際のところ、内心では「何でこんなに人気があるの?」と不思議だった。

店名から分かる通り、房総の竹岡式ラーメンの手法を受け継いでいるが、
食べたときに思ったのは「ぐうラーメン@東金」に似ているということ。
後でご主人にこのことを聞いたら、やはりその通りだった。

梅の家5竹岡式お約束の叉焼の煮汁を使ったタレに、
これもお約束のタマネギが乗る。

スープに動物系を使うところと、
麺が乾麺でないのが、梅の家とは違うところ。
大きな厚切り叉焼が4枚も乗っているのも違うか〜
これで600円というのが、またびっくり。(^^;

味は確かにジャンクっぽい部分もあるのだが、それだけには収まらない。
このハッキリとした味わいは、かな〜り個人的に好み。(^^)

竹岡式を現代的にブラッシュアップしたというイメージか…
CPの高さも人気のヒミツの一つだろう。

ここも再訪必至の店だ。


ちゃーしゅーらーめん 梅の家

tosimon3 at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 長野県 

2009年03月18日

南伊豆ドライブ…

ブランコ5白田から下田へ抜ける途中、竜宮島が見える国道沿いに、
誰も乗ることができないブランコが風に揺れていた。
「ナニコレ珍百景」にも選定されている。(^^;


ふるさと店ふるさと







GATZ君と、昼は白田にあるこちらの店で『肉チャーハン』を食べることに。

稲取の「かっぱ食堂」という店が元祖とされている、稲取のソウルフード。
同じ稲取にある「浜ッ子」、蓮台寺の「一丁」、白田の「ふるさと」、
この3店が系列店?になっているようだ。

二人ともカッパ食堂は食べているので、今日は白田の「まごころ」へ。
昼時とあってほぼ満席状態だが、殆どの人が『肉チャーハン』を食べている。

私の記憶では、こちらのほうが全体的に量が少ないような…(^^;
野菜類も何だか少なく感じたのは気のせい?
チャーハンはパラッとした出来上がりで、こっちのほうが旨かった。(^^)


食べ終った後は、天気がいいので南伊豆をドライブすることに。

下田アンパン下田市内にある「平井製菓」で買った、
『下田アンパン』。
TVで紹介されたりして、名物になっているようだ。

きのこのような変わった形をしているが、
中身はれっきとしたアンパン。
今は季節の『桜アンパン』もある。

犬走島3下田港の入口にある「犬走り堤防」。
以前、ここにはよく釣りに来たものだが、
最近はちょっとご無沙汰。(^^;

堤防の付け根にある駐車場に車を停めて、
買って来た『下田アンパン』を食べる。
海を見ながらのアンパンは…美味しい。(^^)

菜の花弓ケ浜の手前に広がる田圃には、
広大な菜の花畑が広がっていた。






中木4石廊崎を過ぎるとつづら折りの道が続くが、
その途中、「あいあい岬」の展望台からは、
中木の港を中心に広がる奥石廊の絶景が見渡せる。

この中木には磯釣りで30年ほども通ったが、
中央左に見える「白根」がホームグランドだった。
時間があれば、また再開したいと思っている。

堂ヶ島3堂ヶ島に着く頃には陽も傾いてきた。
もう少し先まで…と思ったが、
戻るのが遅くなりそうなので、ここでUターン。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●124)笑楽@伊豆高原


笑楽5夜はここでラーメンを…(^^;
GATZ君は初めてなので、『笑楽ラーメン』、
私は『塩ラーメン』を食べる。

前回昼に行った時、ご主人が言うには、
「昼より夜のほうが美味しいんだけど…」
確かに出汁がよく出てました。(^^;


【神戸ラーメン 笑楽】
伊東市八幡野1189-135 TEL.0557-53-5306
営業時間=11:30-14:00 17:00-22:00 定休日=木曜日


tosimon3 at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県伊豆 | 食・一般

2009年03月17日

プチ伊豆ツァー

●122)わさらび@沼津市


久々にGATZ君を連れて伊豆ツァー…まずは彼の希望でこちらの店へ。
彼はカレー(^^; も食べたいというので、支那そばとのセットを…
私はハマグリを食べたかったのだが、敢えて『浜潮そば』をチョイス。

わさらび60アサリの出汁がグワ〜ッと出たラーメン。
この手のラーメンは塙さんの最も得意とするところ。
こちらのほうが好きという人がいるのも頷ける。

いずれにしても出汁の濃密感はスゴイ。
ベースのスープがしっかりしていることもあるが、
それを組み合わせる手腕に脱帽。(^^;


支那そば屋 わさらび


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●123)卓朗商店@沼津市


わさらびでマイミクさんと待ち合わせしていたのだが、
店内で話す訳にもいかないので、近くのファミレスに場所を移してラーメン談義。

アッという間に時間が過ぎ、気が付いたら次に行く予定の店に間に合わない…orz
ということで、まだ営業しているこちらの店へ。(^^;

卓朗商店10GATZ君は、この店が移転してからは初めて。
なので、基本の醤油を…
私は夜限定(17:30〜)の
『究極のとんこつらぁ麺』を食べることに。

トロッとしたスープは、
かなりの濃度がある割に飲み口はスッキリ。

臭みがないので、トンコツ臭が苦手の者でも抵抗なく食べられそう。
このスープと清湯系のスープをブレンドしたものを食べてみたくなった。


卓朗商店

tosimon3 at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県東部 

2009年03月16日

煮干し×2

●120)青樹@羽村市


久し振りに元勇次の田中さんに連絡をとると、
この日「青樹」へ行くというので、店で待ち合わせることに。

「青樹」というのは、「いつ樹」の定休日を利用して、
スタッフの青木さんが煮干しラーメンを提供するというもの。
いつ樹は何回も来ているが、青樹は今回が初めて。

あお樹最初っからかなりの煮干し感。
えぐみなどが全く無い…ということはないが、
濃度の割にはかなり押さえ込まれていて、
殆ど気にならないレベル。

完成度は十分に高いといえる。
煮干し好きにはたまらん味ですナ〜こりゃぁ…(^^)

田中さんに新しい店のことを聞いたら、現在数カ所の候補があるようなのだが、
どれも “帯に短し襷に長し” で、決定には至ってないという。
4月中には開店したいそうなので、そろそろ決めないとネ。


青樹


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●121)伊駄天@立川ラーメンスクエア


田中さんとは青樹の前で別れ、帰る途中でラースクに寄り道。
伊駄天でも限定で煮干しラーメンを出しているので、それを食べるのが目的。

その限定は『匠煮干し醤油』…立川店限定だそうだ。

伊駄天27紛れもない伊駄天ルックスのラーメン。

こちらも煮干しガッツリかと思ったが、
それほどの強烈さは無く、バランス重視の味。
この辺の匙加減が又野さんの持ち味だと思う。

麺はレギュラーの平打ち麺だと思うが、
この硬めの食感がスープに良くマッチしていて、旨さのアップに役立っている。

春の限定麺『香草塩らー麺 “伊吹き”』というのも始まっていたので、
また食べに行かなくては…(^^;


【麺行使 伊駄天】http://www.idaten-ramen.net/main.html

tosimon3 at 16:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 東京都下 | らーめん 立川市

2009年03月15日

武蔵の新店だが…

●118)月島ロック@中央区


静岡のボボイさんが東京へ来ているというので、
有楽町骨董市へ行く予定だったので、その前にお付き合いすることに。(^^;

まずはボボイさんご希望のこちらの店へ…昼間に来るのは開店初日以来か…
昼時とあって、待ちはできないものの、お客さんが途切れることはない。
すでにリピーターも増えているようで、行列店になるのも時間の問題?(^^;

月島ロック2今日はセットメニューでなく、ラーメンを…
キレのある醤油のスープは相変わらず。
素直に “ウマイ” と思ってしまう。

ここは厨房が狭くてスープ等が作れないため、
嶋崎さんがロック本店で全て仕込んでいる訳だが、
お客さんが増えたときにはどうするのだろう…(^^;


月島ロック
【月島カフェ】http://www.discberry.com/cafe/index.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●119)武蔵 神山@千代田区


続いてやって来たのがこちらの店。
武蔵青山が移転を余儀なくされ、神田に移転して今年の2月にオープン。

店名は神田の「神」と青山の「山」をとって「神山」となったとか。
神の山=富士山というイメージ戦略もとっているようだ。

神山店神山







食べたのは『味玉ラーメン』。
滅多に味玉は食べないのだが、今回、こちらの味玉は “固茹で” という情報があった。

以前、武蔵の味玉は全て固茹でだった。
半熟味玉が全盛になっても、しばらくは固茹でを続けていたのだが、
数年前から「武蔵、お前もか…」とばかりに、半熟に変わってしまった。

固茹で味玉好きとしては、個人的にベスト1のものだったため、
これはかな〜り残念なことだったのだが、今回、その味玉が復活すると聞いては
「固茹で味玉復権委員会」会長という立場上、食べない訳にはいかないのだ(^^;

こちらの店では青山の味を引き継ぐもの…とばかり思っていたのだが、
出てきたラーメンは全くの別物だった。

豚骨系としてはライトな部類に選別されるであろうスープ。
煮干し系の魚介出汁が入っているようで、これはこれで美味しいとは思うが、
これまでの武蔵各店の味づくりからすると、今一つ中途半端と言わざるを得ない。

神山1味玉は丸のままで入っているので、
半分かじった状態で写真を撮ってみた。(^^;

以前と変わらない出来映えの味玉は、
しっかりと味がしみ込んで、やっぱりウマイと思う。
特にここの味玉は黄身の部分が大きい。
どういう卵なのか分からないが、これがイイ。

別に半熟味玉が嫌いな訳ではないのだが、
黄身がスープに溶け込んでしまうのが、あまり好きではない。
半熟味玉全盛のラーメン界に、これを契機に見直し機運が起きてくれるといいのだが…


麺屋武蔵 神山

tosimon3 at 16:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 中央区 | らーめん 千代田区

2009年03月14日

ふたたび立川で…

●115)魚魚-Toto-@立川市


今日は東中野から移動してきた静岡人さん、次郎長さんと立川で待ち合わせ。

またまた変わった名前の店…店の前にはカカシも立ってるし…(^^;

ここは「野菜がとにかく旨い魚の店」というキャッチフレーズで、
夜のみダイニングバーとして営業しているのだが、
水、木、土の3日間のみ、昼にラーメンを提供している。

ここまではマアよくあるケースなのだが、この店はここからが違う。(^^;
ラーメンに使っている素材全てオーガニック、無添加にこだわる。
そのこだわり方はハンパなく徹底しているようで、
その点では、今は無き「勇次」に通じるところがある。

魚魚店魚魚







ここではラーメンを『すーぷ麺』として他との差別化を計っている。
メニューは、これを中心に『マテ貝塩』『ワカメ味噌』『担々麺』などの他、
『R20 つけ麺大吟醸』なんていうのもある。

『究極の玉子かけゴハン』というのもあるが、630円はちと高いかナ〜(^^;
(玉子が「神果卵」になると680円!)

すーぷ麺は、無化調とは思えない、しっかりと旨味の出たもの。
そのやさしい味わいは、個人的に好きな味。

そして麺に特徴がある。
平打ちで幅5〜6mmのやや半透明っぽい感じのものなのだが、
この独特な食感はあまりお目にかかれないもの。

信濃屋@多治見市の麺によく似ていると感じたが、透明感は薄い。
やや硬めで、麺の厚みがないのでモチモチ感は少ないが、食感がイイ。(^^)
こういうラーメンが食べられるのは嬉しい。


【Ozy's Dining 魚魚-Toto-】http://ozy.mods.jp/index.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●116)大山家@武蔵境


こちらの店は、次郎長さんが未食というので来てみた。

10日から始まった『濃厚とき卵魚介豚骨ラーメン』を食べたいと思っていたので、
タイミングとしてはちょうどよかった。

大山家53その濃厚魚介豚骨ラーメンは、
見た目は通常のラーメンとあまり違わないが、
その味は全くの別物。

魚粉に頼らず、魚介出汁がガツンと効いたWスープ。
濃厚な豚骨出汁に負けない存在感があり、
そこにとき卵が入ることで、まろやかさがアップ。
素直に美味しいと思える一杯に仕上がっている。

しいて言えば、具に変化をつけるなどで、他のラーメンと差別化して欲しかった。
家系からの脱却を計るこの店にとって、この一杯は新たな出発の一杯になるだろう。


【らーめん 大山家】http://oyamaya.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●117)ふくもり@野沢


次郎長さんも一緒にこちらの店へ向ったのだが、
帰りの直通バスが間に合わないということで、残念ながら三軒茶屋でお別れ。

こちらは静岡人さんがどうしても行きたいと言ってた店で、
目的はラーナビ限定の『インディアン インスパイア ふくもり式』。
私は前回食べているので、今日は『塩中華』にする。

ふくもり15以前に比べてスッキリとした味になった。
塩中華というぐらいなのだから、
このぐらいのほうがいいのかもしれないが、
ちょっと残念に思うのは私だけ?…(^^;

ここは元々濃厚系をウリにしているのだから、
そこら辺を追求して欲しいのだが…(^^;



【中華そば ふくもり】http://setaga-ya.com/shop/fukumori.html

tosimon3 at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 立川市 | らーめん 東京都下

2009年03月13日

アイデアは面白いが…

●112/113)UMA(ユーエムエー)@立川市


静岡人さんと食べ歩き…その一軒目がこちらの店。
「UMA」と書いて「ウマ〜」と読むのかと思ったら、「ユーエムエー」…(^^;
そのまんまジャン…と思うが、何とも不思議な店名ではある。

ここのつけ麺が面白いということで、最近話題になっているようだ。

UMA入口店の場所はラーメンスクエアの裏手付近、
ビルの脇の階段を上がった2階にある。

「HANOHANO」というハワイアンダイニングを、
昼間だけ使うという間借営業の店。
なので、営業は月、木、金、土、日の昼のみと、
かなりハードルの高い店だ。(^^;

UMA店内店内はさすがにハワイアンムードというか…
ゆったりとしたテーブル席で、
スローフードの雰囲気で食べることができるが、
逆に落ち着かない感じも…(^^;




UMAつけ麺これが噂の『極UMAつけめん』。

写真ではその形がよく分からないが、
釜飯の器に入ったつけ汁の上に、
パイ皮を焼いて丸く膨らませたものが乗っている。
中に何か入っているのかと思ったが、中は空洞。
これを崩してつけ汁の中に入れて食べる仕組み。

ロシア料理だったかで、こんなのを食べた記憶があるが、名前は失念。
パイ皮の中に何か入っているとサプライズがあるのだが…

つけ汁はかなり濃厚な豚骨魚介、麺は手切りの極太麺…と、
スタイルとしては決して新鮮味のあるものではないが、
アイデアはなかなか面白いと思うし、このパイ皮は食べても美味しいので、
これはこれで一つのスタイルとして悪くないと思う。

しかし、30分に4食分しか出来ないという非効率的な手法では、
商業ベースで考えるとどうなんだろう…と考えさせられてしまう。(^^;

UMA醤油こちらは『醤油ラーメン』。

つけ麺と違い、こちらは鶏ベースの清湯スープ。
甘味があり、魚介の効いた味はなかなか美味しい。

麺は太、中、細と3種類が一緒に入っていて、
それぞれに違った食感が楽しめるという仕組み。

つけ麺もラーメンもアイデア豊富で、今後の展開に興味を覚えるが、
商売として成り立つかどうか…それが問題だ。(^^;


UMA


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●114)鏡花@立川市


先日、初日に食べた『煮干し中華』は、快心の出来とは言い難かった。
この2週間の間に、かなり美味しくなったというウワサを聞いたので食べに行く。

鏡花83前回と比べると、海苔が追加された。
これは現在進行中の「多摩組」のもの。

さてスープの味は…というと、
旨〜〜〜い!の一言。(^^)
以前のものとは全くの別物といってもいいほど。
煮干し感も良く出ているし、バランスもいい。

最初からこれにしてくれればいいのに…(^^;
この後、更に美味しくなったという情報もあったので、また行かねば…(^^;


らーめん愉悦処 鏡花

tosimon3 at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2009年03月12日

TVの力

●111)かずら@宮前平


先日TVで放映されたラーメン番組に、ちらっと出ていたので、
どういう状況なのかと寄ってみる。

店頭と『支那そば』が短い時間映っただけだったので、
それほどの影響はないのではないか…と思っていたのだが、
翌日から確実にお客さんが増えたという。
TVの影響っていうのはスゴイね。

かずら31久し振りに『豚骨醤油ラーメン』。
見た目は家系ラーメンに似ているが、
味は家系とは一線を画したもの。

清水さんは、以前家系の店にいたことがあるので、
この系統のラーメンは “お手の物” 。
実際、注文は豚骨系が多いそうなので、
これはそういう立地条件から、止むなく用意しているメニューなんだそうだ。

出来れば『支那そば』だけでやりたいそうなのだが…(^^;


ラーメン かずら


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名高速上り「海老名SA」/横浜ビーフカレー ¥700


こちらは昨夜というか、今朝早くに、伊豆からの帰りに食べたカレー。
ここで食べるということは滅多にないのだが、小腹が空いたのでついつい…(^^;

東名海老名カレー『横浜ビーフカレー』という名前がついている。
どこが「横浜」なのか分からないが、
ルーの上に生クリームがかけられているのが、
他のカレーとは違うところ。

皿からこぼれそうにルーがかけられている。
その点では満足ができる量。

甘めの味付けで辛さは抑えてあるが、バランスはいいと思う。
ただ、ライスの味が今一つというか、決して美味しいレベルの米ではない。

SAのカレーとしては700円と高めなので、この辺が残念なところ。


勝手に5点満点評価=ルー4.2/ライス3.0/量4.5/総合4.2


tosimon3 at 06:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 | カレー

2009年03月11日

伊豆の旨いもの…

●110)福◯家@伊豆高原


今日の昼は、ご無沙汰しているこちらの店…と思っていたのだが、
水曜は休むことが多いので、もしやっていなければ隣の蕎麦店へ…
というつもりで行ってみると…やってました。(^^;

福わ家23今日は『チャーシュー麺』を食べてみる。
ここはメニューが多くないので、
殆ど食べていると思っていたのだが、
考えてみたら『チャーシュー麺』は初めてか?

ここの叉焼は、ちゃんとした焼豚になっていて、
その美味しさは格別。(^^)

最近の叉焼は、いわゆる “煮豚” が主流になってきているので、
こういう焼豚にお目にかかることが少なくなってしまったが、
煮豚に比べて手間のかかる焼豚の旨さに勝るものはない。

この厚切りの叉焼が4枚も入って800円というのはリーズナブル。
なぜ今まで食べなかったのか…が不思議なくらいだ。


【ラーメン工房 福◯家(ふくわうち)】
静岡県伊東市富戸911-102 TEL.0557-51-2667
11:30-15:00 17:00-20:00 定休日=不定休(水曜日が多い?)


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


魚磯@伊豆高原


夕飯はこちらへ来てみたが、
定休日の前日ということと、冬場ということもあって、
地魚の品揃えは今一つだったが、それでも美味しさは変わらない。(^^)

アジ『マアジ』







オシツケ『オシツケ』







タチウオ『タチウオ』







ホウボウ『ホウボウ』







ボラ『沖ボラ』







メギス『メギス』









【魚磯 伊豆高原店】http://www.uoiso.com/
【魚磯 富士店】http://www.fuji.uoiso.com/

tosimon3 at 20:32|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 静岡県伊豆 | 寿司

2009年03月10日

連続3杯はキツかった…

●107)卓次朗商店@沼津市


いつものように沼津回りで伊豆へ…(^^;
今日は「中川」でマイミクさんと待ち合わせているのだが、
ちょっと早めに着いたので、久し振りにこちらの店へ…

卓次朗9限定の『カレーつけ麺』が始まっていた。
昨年もこれを食べたが、かな〜り美味しかった。

その美味しさのヒミツは “つけ汁” にある。
カレーつけ麺の場合、つけ汁の殆どは、
出汁にカレーのタレを混ぜたものなのだが、
ここのつけ汁は、カレールーそのまんま…(^^;

つまり、最初からつけ汁として専用のカレーを作っている訳なので、
他のつけ汁とは一線を画したものになっており、この美味しさは格別。

カレーそのもののつけ汁のため、濃度は高いというか、ドロドロ状態なので、
麺を食べ終る頃にはつけ汁も殆ど無くなってしまうのだが、
もし残っていたら、これにライスを入れて食べることをオススメする。


卓次朗商店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●108)中川 香貫店@沼津市


こちらでマイミクの方と待ち合わせていたのだが、
てっきり一人…と思っていたら、他に3人も一緒に来ていた。
何か最近、静岡のラヲタが増えている気がするのだが…(^^;

こちらの店は、「中川@清水町」の支店という位置づけになるようで、
2007年12月にオープンしている。
本店は早い時期から『油そば』をメニューに取り入れており、
静岡の汁無し系においてはリーダー的な店。

本店には数回行ってるので、こちらは「機会があれば…」ぐらいのつもりでいたが、
聞くところによると、本店とは違うメニューもあるとかで、
単なる支店という立場にはとどまっていないようだ。

中川3『まぜそば』が一人分だけ残っているというので、
それをいただくことに…。

写真で見る通りのジャンキーなビジュアル。
その割に味がマイルドなのは、
卵黄とチーズによるところが大きい。
和と洋のコラボが、なかなか楽しい。(^^)

餃子の皮?を揚げたものの上に、粉チーズと魚粉を載せるアイデアも面白い。
スープが付いてきたので、最後に少し残したところへスープ投入…
こうすることで、また違う美味しさを楽しむことが出来る。

麺がもう少し太いものだと、一層美味しくなると思うのだが…


【麺屋 中川】http://www.menya-n.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●109)唐辛子@伊豆高原


中川を出て、表でマイミクさんと話していたら「この後の予定は…」と聞かれた。
まだ時間的に唐辛子には間に合いそうなので、そこへ寄るかも…と言ったら、
4人も唐辛子へ行きたいという。

エ〜ッ、という感じだったが、マア来るのは勝手ですから…(^^;
という訳で、沼津から伊豆高原まで深夜のドライブに。

1時間ほどで唐辛子に到着し、店に入ると…あらら先客が5人も…(^^;
こんなことは滅多にないのだが、(笑)
奥の座敷のお2方にカウンターへ移ってもらい、そこに陣取る。

4人のうち3人は初めてなので、お決まりの『担々麺』を。
一人だけ上級にチャレンジするというが、ダイジョウブか…(^^;

唐辛子89ここは明日水曜が定休日なので、
連続3杯というのはかなりきついのだが、
私も『担々麺』を食べることに…(^^;

上級を頼んだ彼は、徐々にエスカレートし、
ハラペーニョ(青唐)増しから、
ママさんが持って来たハバネロまで入れる始末。

ここまで来ると、ランク的には「W超級」ぐらいになるのだが、
それを食べ切ったのは立派…だが、明日のことは知らないヨ(^^;


【ラーメンハウス 唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html

tosimon3 at 13:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 静岡県東部 | らーめん 静岡県伊豆

2009年03月09日

順序が逆では?

●106)ふくもり@野沢


そろそろ煮干し補給をしなければ…と思い、遅くなってからこちらへ。
久し振りに『塩中華』の食券を買って席に着くと、奥からユータ君が出てきた。
アレッ、こっちに戻ってたのネ…前回来た時はいなかったのに…(^^;

彼が「ラーナビの限定ありますよ」というので、そちらに変更してもらう。
実は、この限定をやっているのは知らなかった…(^^;

その限定は『インディアン・インスパイア ふくもり式』。
「インディアン」というカレー&ラーメンで有名な店が蓮沼(大田区)にあるのだが、
そこにインスパイアされたメニューということで、カレーとラーメンの組み合わせ。

私も随分と前に数回食べに行った記憶があるが、
ラーメン、カレーともに、他店とは違う美味しさが印象的だった。

ふくもりカレー最初にラーメンと思ったら、カレーが先に出てきた。
あれっ、順序が逆なんじゃない?
インディアンではラーメンが先だったはず…(^^;

といっても、ラーメンが来るまで待つ訳にもいかず、
とりあえずカレーを先に食べ始める。
このカレーは前島店主の作品だとか…

インディアンとは全く対極にあるようなカレーだが、これはこれで美味しい。
豚骨出汁がバッチリと効いて、そこに煮干し出汁も効いている。
塩分がやや抑え目なのと、辛さも控え目なので、口当りはまろやか。
こういう味わいのカレーは、そうそう食べられるもんじゃない。(^^;

ふくもり14カレーを半分ほど食べ終った頃に塩ラーメン登場。
こちらはユータ君の作品だそうだ。

インディアンと同じく、動物系不使用のスープは、
昆布、ホタテ、アゴ、ウルメ、アジなど、
種々の乾物系の出汁だけでとられているのだが、
これが美味しくない訳が無い。(^^)

と、ここで、このカレーとラーメンの組み合わせが美味しい訳にフと気が付いた。
カレーは動物系なのでイノシン酸、ラーメンは乾物系なのでグルタミン酸…
それが口の中で合わされば、当然旨味成分は倍増する訳だ…と。

なるほど…これがインディアンの魅力の原因だったのか…今更だけどネ。(^^;

しかし、この限定ではカレーが先に出てきてしまうので、
香辛料の影響によって、ラーメンの繊細な味が分かりにくくなっている。
このラーメンのスープはかな〜〜り美味しいので、ちょっと勿体ない。
やはり順序を逆にすべきではないだろうか…(^^;


【中華そば ふくもり】http://setaga-ya.com/shop/fukumori.html


tosimon3 at 10:41|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 世田谷区 

2009年03月08日

ちょっと早かった…

●105)大山家@武蔵境


確か3月から新しい限定が始まっているはず…と思って行ってみると、
限定も大山家新聞も10日からだという…2日早かったか…(T_T)

大山家52そんな訳でフツーの『つけ麺』を食べる。
勿論、小食なので麺は一玉で…(^^;

いつもに比べてちょっとライトな仕上がりなのは、
気のせいなのか、タレが変わったのか…?
脂が少な目なのもライトに感じた原因?
出汁は十分に出ているので問題無いのだが…

ただ、個人的にはこちらのライト系のほうが好みに合っている。(^^)
出汁がちゃんと出ていれば、濃度を上げる必要はない。


【らーめん 大山家】http://oyamaya.com/




tosimon3 at 17:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2009年03月07日

アンコウの清湯ラーメン

●104)こじろう(526)@雪谷大塚


平和島骨董市の帰りに、久し振りにこちらへ。

526.8今日の塩らーめんの素材は「アンコウ」。
ご主人自ら “吊し切り” したアンコウだそうだ。

鮮魚系ラーメンを手がける数少ない店。
勇次無き後、頑張って欲しいお店のひとつ。

(詳細は後ほど…)


8日(日)の材料は「ズワイガニ」だそうだ。(^^;


らーめん こじろう 526


tosimon3 at 14:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 大田区 

2009年03月06日

名古屋〜浜松〜焼津

●101)ハードロックヌードル@八事(名古屋市)


浜松で骨董市があるのだが、開場が午後からということなので、
その前にちょっと名古屋まで足を延ばしてみることに。(^^;

実は先月末、私の友人が名古屋市内でラーメン店をオープンさせたので、
機会があれば行ってみたいと思っていた。

その店の名前は「ハードロックヌードル」…(^^;

なんじゃそりゃぁ…と思われる方もいるだろうが、
「ロックンロールワン」なんていう超有名店もあることだし、
インパクトがあって良いのでは…(^^;

ハード店店の場所は、昭和区の八事という交差点近く。
前には大型ショッピングセンター、
裏には中京大学という好立地にある。

この写真は食べ終った後で撮影したが、
シャッターが半分閉まったまま…ダイジョウブか…


店内4内外装共に黒で統一されたシックな作り。
カウンターには席ナンバーの数字がプリントされ、
自分が何番なのか…ってあんまり重要じゃないけど、
面白い試みであることは確か。(^^;

その他、丼をカウンター上に戻すピクトグラムとか、
前職の影響が強く出た店作りになっている。

店内1開店してからまだ1週間というのに、
既にTVの取材が2本も入ったとか。

カウンター裏の壁には、ギャル曽根、
モンキッキー、関根麻里などのサインが…(^^;

放映後の対応はダイジョウブか…

ハードロックメニューは『BROWN』と『RED』のみなので、
とりあえず『BROWN』を食べてみる。

スープは牛と鶏からとった清湯スープ。
そこに自家製の極太麺が入り、
多めのモヤシ、牛のしぐれ煮と、
一緒に煮込まれた小さいタマネギが乗る。

この牛しぐれ煮が入ることで、既成のラーメン店にはない味になるのだが、
このしぐれ煮が旨い…ラーメンよりご飯に合いそう…(^^;

スープは甘味を抑えた文字通り “ハード” タイプだが、ちょっとしょっぱ目。
ここに味の濃いしぐれ煮が入るので、更にハードな味に…(^^;
この辺はもう少しバランスを取る必要があるかも…
個人的にはもうちょっと甘味が欲しいところ。

味の方向性は明確なのだが、まだ味の組み立て方が付いて行けてない感じ。
更なる進歩を期待したいと思う。


【ハードロックヌードル】http://blog.livedoor.jp/hardrocknoodles/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●102)喜多楽@東別院(名古屋市)


昨年末に来た時は、TVの撮影が入っていて食べられなかったので、
名古屋まで来たからには…とこちらへも寄ってみることに。

喜多楽4ラーメンウォーカー東海とのコラボ商品、
『追い煮干し中華そば』を食べてみる。

人気の『今昔中華そば』をベースに、
追い鰹の方式で煮干しをブレンドしたもの。

ガツンと来るようなテイストではないが、
フワ〜ッと香る煮干しが、スープの美味しさをイイ感じで引き出している。(^^)

名古屋でも今年は煮干しが来るか…(^^;


麺家 喜多楽


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●103)影武者@藤枝


その後、磐田に住む友人のところに寄り、
その帰りに「八五郎」でも…と思ったが、今日も休みだった…orz
これで3回連続で振られている。
いつになったら食べられるのだろうか…(^^;

という訳でやって来た今日の3軒目がこちらの店。
伊駄天が豚骨系のみのセカンドブランドとして、
金曜夜に展開しているのが、この「影武者」。

この影武者には随分と前に一度来ている筈なのだが、
当時よりも「かなり味は進化している…」と聞いていたので、機会を狙っていた。

影武者店影武者







メニューは豚骨のラーメンとつけ麺のみなので、とりあえずラーメンを…

もっとドロドロ系の豚骨かと思っていたのだが、意外にもサラッとした仕上がり。
しかし、豚骨の旨味だけは「これでもか」というほど出ている。
このバランスは、個人的には好みのものだった。(^^)
これ以上濃いものは、ちょっと…という感じ。

もともと豚骨系は得手でないので、豚骨の本当の旨さというのは分からないのだが、
それでもこのスープの美味しさだけは十分に感じ取ることが出来た。
次回はつけ麺を食べてみたい…と思わせる味だった。


【麺行使 伊駄天】http://www.idaten-ramen.net/main.html

tosimon3 at 13:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 愛知県 | らーめん 静岡県

2009年03月05日

今年の100杯目は…

●100)鮎ラーメン@二子玉川


車の修理がやっと出来上がるので、引き取りに実家の近くのディーラーへ…
自転車なので、その前にこちらの店へ寄っていく。

あゆ58約1ヶ月振りの訪問か…
『鮎ハーフ』を注文するが、
味はいつもの通り…っていうか、
このラーメンの味には独特のものがある。

魚介ラーメンの範疇ではあるが、
焼き鮎の旨さが全てを支配している。
いわゆる魚介系とは違った味と香りが楽しめる。

これが今年100杯目のラーメンになったが、
昨年は3月6日だったので、ペースはほぼ同じということか…(^^;


【鮎ラーメン】 http://www.ccinc-love.com/ayu/


tosimon3 at 12:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2009年03月04日

濃厚=旨い、という幻想

●99)八蔵@松陰神社


昨夜からの雪は、思ったほど積もることなく夕方には殆ど消えてしまった。
春の淡雪のはかなさを目の当たりにした一日だった。

午後からの雨の中、遠出をする気にもなれず、実家へ行く前にこちらへ寄ってみる。
特に限定もないようなので、いつものように『つけ麺』を食べる。

八蔵25やっぱりこの味…好きだネ〜(^^)
どこが…と聞かれても説明は難しいのだが、
“口に合ってる” としか言いようが無い。

豚骨魚介系ではあるが、濃厚ではない。
濃厚ではなくても十分な旨味がある。
濃厚=旨い、という幻想を打ち砕いてくれる味だ。


めん屋 八蔵


tosimon3 at 06:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2009年03月03日

そうだったのかぁ…

●98)然(ぜん)@武蔵小杉


今日の午後は武蔵小杉へ。
自転車で行くことも考えたが、天気予報は午後から雪…(^^;
途中で降られたりしたら困るので、電車で行くことに。

向ったのは今年の1月にオープンして以来、何かと話題になっているこちらの店。
そろそろ落ち着いた頃と思って初訪問。
何といっても「自家製麺」というところが気になっていた。

然店まず店の大きさに驚く。
客席も余裕があるが、厨房がかなり広い…
資本系の感じもするが、どうなんだろう?

家賃高いだろうな〜(^^;



つけ麺の食券を買うが、並で300g…小食の私には多過ぎるのだが…(^^;

然出てきたつけ麺は、見事に六厘舎insp。
予想はしていたので、特に驚きはないが、
つけ汁は本家ほどの濃度はなく、
なかなか食べ易いタイプ。

ちょとオイリーなのが気になるが、
この味は嫌いではない。

ツルモチ感抜群の麺は、やはり自家製麺ならではの美味しさ。
濃厚豚骨魚介系は、またかという感じがしないでもないが、
この店の味はかなり完成されており、スキの無い構成になっていると思った。


食べ終る頃になって、店の方から「お久し振りです」と声をかけられた。(^^;
突然だったので、誰だったか思い出せずにいると、
「以前、廣功秀をやっていた…」ということで、やっと思い出した。

数年前、廣功秀@駒沢の経営者が代わり、味も変わったと思っていたのだが、
こういうところで、こういう形でお目にかかれるとは…(^^;
廣功秀は最初三人で始められたが、
こちらの店は “廣” さんと “功” さん二人で始めたとか。

どのような経緯があったかは知らないが、偶然に再会できたことも何かの縁。
家からは比較的近いので、ちょくちょく通わせていただきましょう。

現在は昼のみの営業だが、4月頃から夜の営業も考えているそうだ。



自家製麺 然

tosimon3 at 15:25|PermalinkComments(4)TrackBack(2) らーめん 川崎市 

2009年03月02日

不思議な店名だ…

●97)バオバブの木にバナナがなった@狛江市


昨日借りていた代車の返却のために実家近くのディーラーまで行き、
帰りは積んでいった折畳み自転車で自宅まで戻ることに。

自転車で帰るときは、いつも二子玉川経由で帰るのだが、
今回初めて登戸経由で帰ってみることに…
天気は良いが、折からの寒風で吹き飛ばされそうだ。(^^;

ついでなので、途中の狛江にあるこちらの店に寄ってみる。
ここへ来るのは2回目なのだが、何回見ても面白い店名だ。
ラーメンと全く関係のない店名というのも不思議。(^^;

バオバブ1『田舎醤油ラーメン』というのを食べてみる。

ここは旭川ラーメンの店なので、
スープは白湯系のものと思っていたのだが、
予想は見事に外れ。(^^;

旭川っていえば、やっぱり醤油…と思うが、
このメニューは確か最初の頃はなかったような…最近追加されたものなのか…?

でも清湯スープではちょっと違うような気もするのだが、
食べてみると醤油がやや強く出た味で、旭川系なのかどうか分からず。
要は美味しけりゃ何系でもいいんだけどネ…(^^;


麺ヤ バオバブの木にバナナがなった

tosimon3 at 17:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2009年03月01日

鏡花の煮干し

●96)鏡花@立川市


早朝から新井薬師の骨董市に出店するが、午前中と午後2回の雨でさんざん。(^^;
終了後は空腹感をガマンしながら立川まで戻り、こちらの店へ。

今日から3月の限定メニューが始まっているので、それを食べるのが目的。

鏡花82その新メニューは『煮干しラーメン』。
勇次リスペクトの意味合いもあるようなので、
楽しみにして来たのだが、オヤッサんが言うには、
「ちょっと納得がいかない…」(^^;

食べてみると、ン〜確かに納得できない。(笑)
レベルは高いのだが、バランスが悪い。

煮干しは濃いのだが、それ以上に醤油の主張が強く、煮干しが引っ込んでいる。
タレの熟成が足りない感じ…というか、生っぽい醤油の味が気になった。
一般的には、これで十分に美味しいレベルだと思うのだが…(^^;

今週中には第2弾、第3弾と進化するようなので、それに期待したい。


らーめん愉悦処 鏡花

tosimon3 at 17:20|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 立川市