2009年04月

2009年04月30日

美味しいんだけど…

●190)和らーめん T.KINOSHITA@立川ラーメンスクエア


八王子で開かれた交換会が終ったのが3時頃…
こういう中途半端な時間だと、ラーメンを食べたくても選択肢が少ない…
ということで、時間制限のないラースクへ。(^^;

向ったのは「和らーめん T.KINOSHITA」。
4月にここの3店舗の入れ替えに従い、新たに開店した店だ。

ここのご主人木下さんは、奈良で「いふり」という店を経営されていたが、
第4回ラーメントライアウトの優勝を機に奈良の店を閉め、
奈良には戻らない覚悟でラ−スクに出店したとのこと。

木下さんとは開店前にお話をうかがう機会があったため、
なるべく早めに食べに行きたいとは思っていたのだが、
なかなか今日までタイミングが合わなかった。

和ラーメン迷った末に『こく深醤油らーめん』をチョイス。

ここのラーメンは骨類を使わない無化調ということで、
食べる前から興味を魅かれるものだったのだが、
ひと口食べてみて、個人的に好きなタイプと実感。

ややオイリーなところが気にならないでもないが、
無化調でありながらスープの物足りなさもなく、なかなか美味しいと思う。
材料のことは「企業秘密」ということで教えてもらえなかったが、(^^;
良い素材をふんだんに使っていることは舌に感じる。

ただ、美味しさにおいては問題ないのだが、ラーメンとしての満足度というか、
ビジュアル面での物足りなさは否めない。

デフォだとトッピングは叉焼と水菜とネギのみ。
これでは値段に対しての満足度は得られないのではないか。
厚切叉焼とか、せめてメンマか味玉1/2でも入っていれば…と思うのは私だけ?


和らーめん T.KINOSHITA

tosimon3 at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2009年04月29日

やっぱり好きだね…

●189)八蔵@松陰神社


八蔵26ここのつけ麺が大好きなので、
けっこう来ているつもりになっているのだが、
今日はほぼ2ヶ月振りになる。(^^;

近いのでいつでも来れる…っていうのが原因だが、
確かにそうなんだよね〜。

でもこの味、やっぱり好きだネ…(^^)


めん屋 八蔵

tosimon3 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2009年04月28日

ニューサマー・コラボ…?

●185)鏡花@立川市


わさらびの塙さんが、先々週に続いてニューサマーオレンジを持って上京。
今回は鏡花の町田さんに渡すのが目的ということなので、同行する。

町田さんは昨年、わさらびの『ニューサマーオレンジつけ麺』を食べているので、
これを使ったメニューを考えてみたい…という意向をかねてから表明していた。

ただ、現在鏡花は「多摩組」に参加しており、
5月17日にはスタンプラリー景品のイベントラーメンの提供を予定しているため、
ニューサマーにとりかかるのはそれ以降になりそう…とのことだった。

これでもし鏡花でもニューサマーオレンジを使った限定が出されるようであれば、
わさらび、ロックン、鏡花の「ニューサマーコラボ」が可能になるかもしれない。(^^;

鏡花88このところずっと『煮干し中華』ばかりだったので、
久し振りに『醤油ラーメン』を食べてみる。

動物系、魚介系がバランス良く合わさり、
これ以上何かが突出したらバランスが崩れるという、
ギリギリの線を狙った味の組み立て方。
「食べ手を選ばないラーメン」だと思う。(^^;


らーめん愉悦処 鏡花


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●186)利休@国分寺


2軒目としてやって来たのは、ラーメンに抹茶香味油を使用しているというので、
塙さんが前から気にしていた店…実は私も初訪問なのだ。(昨年9月開店)(^^

ご主人は麺屋武蔵の出身ということなので、おおよその味は予想していたが、
出てきたラーメンは、ほぼ予想通りの味…というか、
いわゆる “武蔵系” の濃厚豚骨魚介ラーメン。

利休店利休







もっと抹茶の香りがするのかと思っていたのだが、ン〜あんまりしない。(^^;
っていうか、豚骨と魚介の香りに消されてしまっている感じで、
これなら入れても入れなくても同じなんじゃないの?

抹茶のような素材を使うのなら、やっぱり清湯系のラーメンだろうね。
ちょっと勿体ない気が…(^^;

ラーメン自体は、今となっては新鮮味のあるものではないが、
味のアウトラインがはっきりとしており、食べ易い濃度で美味しいと思う。
もっと効果的な抹茶の使い方を研究してもらいたいものだ。


麺屋 利休


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●187)がんこ分店@相模原市


塙さんが「がんこ」のラーメンを食べたことがないというので来店…

がんこ53塙さんは基本の『醤油ラーメン』、
私は限定の『屋台醤油ラーメン』を食べるが、
ここのラーメンは本来のがんこの味からは、
かなり逸脱してしまっているので、(笑)
どの程度がんこの味が伝わったかどうか…(^^;




元祖一条流がんこ総本家 分店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●188)ロックンロール1@上鶴間


嶋崎さんがニューサマーつけ麺の試作品を食べさせてくれるというので、
営業終了後に塙さんと一緒に訪問。

ロック51ニューサマーほぼ1個分を使ったつけ汁は、
わさらびとは違って冷たいつけ汁。

そのまま舐めてみてもピンとこない味なのだが、
麺をつけて食べると…これがビックリ!
思わず「何だこれは」という声が出てしまう。
そのぐらい衝撃的な味なのだ。(^^;

まだプロトタイプなのに、この完成度はすごいと思うが、
本番までには更に細かいチューニングが加えられるはずだ。

現在は、まだニューサマーオレンジの確保が十分ではないので、
その見通しがつき次第、限定メニューとして提供される予定。


ラァメン屋 69'N'ROLL ONE

tosimon3 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 | らーめん 相模原市

2009年04月27日

いつも通りの…

●184)かずら@宮前平


かずら32『支那そば』
いつも通りの味…
これがここで食べられるというのが嬉しい。






ラーメン かずら




tosimon3 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2009年04月26日

食べないと損する…

●183)鏡花@立川市


立川諏訪神社での骨董市終了後は、既に恒例となってしまった鏡花詣で。(^^;

鏡花87このところ『煮干し中華』ばかり食べているが、
この煮干しがウマぁ〜〜い。(^^)

これだけ洗練された煮干しラーメンは、
現在どこでも食べられるものではない筈なのだが、
その割に杯数が出ないそうだ。
これを食べなければ損をすると思うのだが…(^^;


らーめん愉悦処 鏡花

tosimon3 at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2009年04月25日

いい味出してる…

●182)志こつ@久地


久し振りにこちらの店へ。
今日は梅雨寒のせいか気温が低いので、つけ麺ではなくラーメンにする。

志こつ8かなり強烈な魚介のフレーバー。
これ以上強いと魚臭くなってしまうし、
弱ければ物足りない…そのギリギリの線を狙う。
これがここのラーメンの真骨頂。

ただ残念なのは選択肢が少ないということ。
ラーメンとつけ麺だけではどうしても物足りない。

『塩ラーメン』を開発中という話を以前うかがったので、完成が待たれる。(^^;


つけ麺 志こつ

tosimon3 at 11:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2009年04月24日

一段と美味しくなってる…

●181)維新@横浜市


パシフィコ横浜で開かれた骨董市を見たあとで、こちらへ寄り道。

1月末に来て以来なので3ヶ月振りになるのだが、
ここはいつ来ても、やっぱり場所が分かりづらい。(^^;

維新10塩、醤油…迷った末に醤油の食券を買う。

移転前は中村屋系のラーメンであったため、
塩ラーメンには中村屋の面影も残っているが、
現在は、いわゆる “支那そばや” テイストに変貌。

醤油にはその影響が見てとれる。

ちゃぶ屋やロックンのラーメンにアウトラインは似てきているが、
溜り醤油を使っているせいか、この甘味は独特のもの。
『醤油ラーメン』…美味しいです。(^^)


麺や 維新

tosimon3 at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 横浜市 

2009年04月23日

旨いネ〜

●180)月島ロック@中央区


ロックンの嶋崎さんからの依頼で、月島ロックまでスープ運び。
最近、ロックンで手伝いをしていたGさんがこちらへ移ったので、
味もオペレーションも安定してきたようだ。

月島ロック3せっかく来たので、一杯いただくことに…

相も変わらぬロックンテイスト。
生姜の香りがフワッと立ちのぼるところに、
昔懐かしさを感じるのは私だけ?

旨いネ〜、こういうラーメン好きです。(^^;


月島ロック
月島カフェ

tosimon3 at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 中央区 

2009年04月22日

ごえん玉コンサート

ごえん玉音1


















洋食屋ごえん玉@伊豆高原のマスターは、知る人ぞ知るシンガーソングライター。
年に数回コンサートを開いているのだが、今回初めて参加させていただいた。

三々五々集まってきた聴衆10数名を前に約1時間、オリジナル曲を熱唱。
風貌に似合わず?ハイトーンまでのびる声が心地よい。

詞からはマスターのロマンチスト振りをうかがい知ることが出来るが、
中には年齢相応の悩みに題した詞もあって、笑いをとりつつの進行が楽しい。

終了後は、ご夫妻が用意してくれたケーキとお茶でしばし歓談。
楽しい時間を過ごさせていただいた。




小さな洋食屋 ごえん玉


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●179)福◯家@城ヶ崎


コンサートの帰りにこの店の前を通ってみたら、まだやっていたので入ってしまう。
実は、今日営業しているかどうかを見に来ただけだったのだが…(^^;

福わ家24前回と同じ『叉焼麺』にしようかと思ったが、
やっぱりここは『パーコー麺』が美味しい。

アッサリしたスープも、
パーコーを入れることでガラッと変化する。
こういうラーメンはあまり無いだけに、
伊豆で食べられるというところに価値がある。



【ラーメン工房 福◯家(ふくわうち)】
静岡県伊東市富戸911-102 TEL.0557-51-2667
11:30-15:00 17:00-20:00 定休日=不定休(水曜日が多い?)

tosimon3 at 03:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 音楽/映像 | らーめん 静岡県伊豆

2009年04月21日

名古屋〜伊豆高原

●177)ハードロックヌードル@八事(名古屋市)


国際イベントホールで開かれた骨董市を見たあとは、こちらへ…
名古屋へ来たらここへ寄る…っていうのが定番になりつつある。(^^;

ハード1ここへ来るのは2回目なので、
今回は『Red』をいただくことに。

オペレーションを見ていると、
前回来た時は、何だか危なっかしい感じだったが、
随分と慣れてきたようで、手際もよくなり、
安心して見ていられるようになった。(^^;

『Red』のスープは、見た通りの赤い色をしているが、
トマトと味噌がベースになっているので、それほど辛くはない。

食べてみると、これまで味わったことのない味…
洋風と和風がうまくミックスされた、なかなかユニークな味付け。
思っていた以上に美味しいのだが、量が多い。
もう一軒ぐらいと思っていたのだが、ここだけで打ち止め。
連食には向かない店だ…(^^;

汁無し麺もメニューにのっていたので、これも気になる。


ハードロックヌードル


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●178)唐辛子@伊豆高原


帰りは伊駄天@藤枝に寄るつもりだったので、
ハードロックヌードルのカジータさんから麺を預ってきたのだが、
店に着いてみると、何と夜の部だけ臨時休業…(T_T)

という訳で他の店に寄る気力もなくなり、真直ぐ伊豆高原へ…
預ってきた麺をそのままにしておく訳にもいかないので、
唐辛子のマスターに頼み込み、“麺持ち込み” で食べさせてもらうことに…(^^;

唐辛子92作ってもらったのが『汁無し担々麺』…
この麺は茹でてそのまま食べても美味しいのだが、
一度水で締めると一層美味しくなる。
要するに「つけ麺」向きの麺なのだ。

マスターの手打ち麺で作る汁無しも旨いが、
この麺で作った汁無しも美味しかった。(^^)

唐辛子筍これはごちそうになった筍の煮物。
前回来たときは、まだ早かったようだが、
今はちょうど食べ頃らしい。

実家の竹やぶが無くなってしまったので、
筍が懐かしく感じる。(^^;



ラーメンハウス 唐辛子

tosimon3 at 17:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 愛知県 | らーめん 静岡県

2009年04月20日

創業80年の老舗の味

●176)萬福@中央区


友人のI君が、所蔵しているヨーロッパの古い版画の展覧会を開くというので、
搬入の手伝いで銀座まで…

終了後、ラーメンをごちそうしてくれるというのでこちらの店へ。
いやいや久し振り…3年振り、いや5年振りぐらいか…(^^;

萬福5アッサリとした鶏がらベースのスープに、
煮干しがフワッと香り、中太麺が絶妙に絡み合う。
トレードマークの三角形の卵焼も健在。

昭和4年創業というから、今年で80年の老舗。
相も変わらぬ萬福テイストに大満足。


萬福餃子一緒に注文した餃子。
ここの餃子を食べるのも超久し振りだが、
これもやっぱり老舗の味。

他の餃子と違うのは、餡がほとんど肉だけ…
最近の餃子とは違ったテイストだが、
これはこれで美味しい。(写真は二人前)


中華そば 萬福


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


「西洋アンティーク版画展」


古い版画平成21年4月21日(火)〜5月31日(日)
AM11:00〜PM7:00 水曜日定休

アンティークモール銀座B1F/カフェ・アルノー
東京都中央区銀座1-13-1
TEL.03-3535-2115


tosimon3 at 16:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 中央区 

2009年04月19日

この旨さは本物…

●175)流星軒@横浜市


静岡から数名がラ博の新店を食べに来るというので、連絡を受けていたが、
先日食べたばかりなのと、日曜は混むのでラ博はパスして、
こちらの店へご一緒することに。

この店へは2〜3回食べに来ているはずなのだが、最後に来たのはいつだったか…(^^;
というぐらいのご無沙汰だったので、ちょうど良い機会だった。

流星軒店流星軒







静岡から来たのは何と5人!(^^;
シャッターで開店と同時に店に入るが、席数が少ないので6人だと独占状態。

久し振りなので、基本の『支那そば(醤油)』を注文。
ご主人ではなくおかみさんがラーメンを作ってる…

出来上がってきたラーメンのルックスは、以前とあまり変わっていないようだが、
味は完全に別物…といってもいいほど変わっていた。

魚介というか、節系の香りがフワッと器から立ちのぼり、
見た目以上に上品な味に仕上がっている。
以前はこういう感じではなかった…はず…(^^;

スープの甘味が、かなり特徴的。
野菜などの甘味にしては強過ぎるのだが、これは何によるものだろう?
マア美味しいから何でもいいのだが…

ここのご主人が、熱烈な矢沢永吉ファンということはよく知られている。
その関係でロックンロール1と「永ちゃんコラボ」をやったのは一昨年だったか…


流星軒

tosimon3 at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 横浜市 

2009年04月18日

どちらも旨いっ!

●174)鏡花@立川市


立川の骨董交換会が終った後、頼まれていたものを届けにこちらへ。
3月に『煮干し中華』が始まってからというもの、食べるのはこれだけ。(^^;

鏡花86「今日は少し苦みが出てるよ」と町田さん。

食べてみると、確かに苦みは感じるものの、
この程度ならOK牧場…(TT;
というより、この位の苦みがあったほうが、
煮干しらしくて個人的には好き。
煮干し好きはワガママなのだ。(^^;


らーめん愉悦処 鏡花


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●ロックンロール1@上鶴間


こちらへも頼まれものを届けに行く。
店はすでに終っているので裏口から入ると、何と店内にはカレーの匂いが…

嶋崎さんがまかないでカレーを作ったところだという。
「食べてみる?」と言われれば、断る理由がない。
そういえば、嶋崎さんが作るカレーというのは初めてか?(^^;

ロックカレーベースは市販のルーを使ったというが、
聞くと、そこに加えたものがハンパではない。

特にスパイスは種々のものを粗挽きにして、
そのままぶち込んだというから、
食べるほどにその香り、辛さが押し寄せてくる。
これはたまりません。(^^)

食べ終る頃にはじっとりとした汗が全身に吹き出し、舌は麻痺状態だが、
この旨さは、これまで食べたどのカレーとも違う味わい。
市販のルーとはとても思えない。(^^;

「カレーでも店出せますよ」…いや、出して欲しい。


ラァメン屋 69'N'ROLL ONE

tosimon3 at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 立川市 | カレー

2009年04月17日

新潟淡麗系…?

新潟骨董市を見終わった後、今回は “新潟淡麗系” 的なラーメンを食べてみようと…
まずラーメン本を見て気になった「なごみ」という店に行くも、
それらしき店は「上海」という中華料理店に変わっていた。(^^;

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●170)いからし@新潟市


ということでやってきたのがこちらの店。
現在の場所に移転する前は、深夜になるとタクシーがずらりと並ぶ店だったとか…

これは期待できそう…と来てみたが、外からみると店内は薄暗く営業しているの?
表の「営業中」の看板を信じて中に入ってみると、おばちゃんが一人いるだけ。
昼の1時頃というのに、お客さんは一人もいない。

注文をとりに来たおばちゃんが、奥に向って何やら声をかけると、
奥から年配のおじちゃんが出てきてラーメンを作り始める。(^^;
本当にダイジョウブなのか…(笑)

いからし店いからし







出来上がってきたラーメンは、たっぷりのスープに叉焼や麺が泳ぎ、
フワッと香る煮干しなどが懐かしさを感じさせる。
何のてらいもなく、時の流れに身を任せてきたラーメン…

アッサリ過ぎるほどのラーメンだが、これこそ “新潟淡麗系” か?(^^;
でも先客0、後客0っていうのはどうなんでしょう…
個人的には好きなタイプのラーメンなので、頑張って欲しいと思うのだが…


中華そば いからし


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●171)葵風(きふう) @新潟市


続いてやってきたこちらの店は、新潟淡麗系ではなさそうだが、
写真を見て、どうしても食べてみたいと思った店。

場所は石鵺嗟(いやさ)海老ケ瀬店のあったところで、
多数の駐車場を備えた郊外型の店舗なのだが、二階部分とのギャップが面白い。

葵風店葵風







醤油ラーメンは、真黒なスープが富山ブラックを思わせるが、
叉焼の煮汁に溜り醤油を使っているとなれば納得がいく。

スープの味は、見た目とは全く裏腹の甘味のあるマイルドなもの。
かなりハッキリとした味ではあるが、これは個人的に好きな味。
無化調でここまでのインパクトを出せるのは素晴らしい。

麺はクロレラを練り込んだもののようだが、ツルシコ感があって美味しい。
ただ残念なのは、スープの色が濃過ぎて、せっかくの麺の薄緑色が生かされない。
塩ラーメンとかつけ麺だといいのかもしれないが…(^^;
メンマの美味しさも特筆もの。

いずれにしても、このラーメンは私の好みによく合っている。
機会があれば再訪してみたい。


葵風


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●172)黄金(おうごん) @新潟市


ここも写真を見て注意を魅かれた店だったが、
店の前に来てみて「やっちゃったかな…」という悪い予感が…(^^;
でもマアここまで来たのだからと、中に入ってみることに。

黄金サービス入口にあるカゴに何やら書いてある。

「ようこそこの店に おひとつどうぞ」

中を見るとキムチをビニール袋に入れたもの。
おそらくサービスなのだろうと思うが、
初めての店でこれを食べる勇気はない。(^^;

黄金店黄金







本では醤油ラーメンが紹介されていたが、
このスープなら塩でも美味しいだろうと、『塩ラーメン』を注文する。

出来上がるのを待っていると、厨房から鍋を振る音が聞こえてくる。
お客は私一人しかいないので「おかしいな」と思っていると、
出てきたラーメンは、炒めた野菜が沢山のったタンメン風のもの。

この時点でもう一度「やっちゃったかな…」と思うがどうしようもない。(^^;
あきらめてひと口食べてみるが、野菜を炒めた胡麻油の香りが強く、
やはりタンメンの域を出るものではないのだが、
食べ進むとじんわりとした旨さが口に広がってくる。

麺は自家製麺ということなのでなかなか美味しい。
素直に『醤油』を頼んでおけばよかった…と後悔したが、これもまあ一興。
これはこれで美味しくいただいた。


ラーメン 黄金


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●173)杭州飯店@燕市


新潟へ来ると寄らずに帰れないのがこの店。
「燕三条系」を代表する店として、その名は全国に知られている。

昼に3杯も食べてしまったので、来る途中で休んだりしながら着いたのは5時前。
さすがにお客さんはポツリポツリだったが、この時間でも途切れないのがスゴイ。

杭州飯店いつものように『中華そば』を注文。

極太麺ながら出来上がってくるのは早い。
極端に加水率の高い麺だからこそ出来るのだが、
この麺の味、食感は唯一無二のもの。

丼から溢れんばかりに注がれたスープは、
強烈な煮干し出汁にたっぷりの背脂を加えたジャンキーなもの。
このガツンとくる味は、一度食べると忘れられなくなる。(^^;
ある意味、「二郎」のラーメンに似た中毒性があると思う。

本日4杯目でかなりきつかったが、何とか完食。
頼まれたお土産ラーメンを受け取って帰途につく。(^^;


杭州飯店

tosimon3 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 新潟県 

2009年04月16日

カンパチラーメン

●169)天国屋@町田市


佐々木さんから『カンパチラーメン』ができたという連絡を貰ったので食べに行く。

沖縄から送ってもらったというカンパチを素材に使ってラーメンにしたもの。
いわゆる “鮮魚系ラーメン” という範疇に入るものだが、
前回は確か『金目鯛ラーメン』だった。

これを得意としていた勇次が閉店してしまったため、
ここの鮮魚系ラーメンは、いまや貴重な存在となってしまった。

天国屋11骨と頭?からとられたというスープは、美しい黄金色。
鮮魚系ならではのスッキリとした味わいながら、
中には魚の旨味がギュッと詰まっている。

トッピングされているワンタンの餡は、
白子を酒蒸ししたものだそうで、
ヒジョーに手のかかっている逸品。

こういうラーメンをレギュラーで出してくれると嬉しいのだが、
残念ながら素材が手に入った時のみ、限定でやるしかないそうだ。


地獄ラーメン 天国屋

tosimon3 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2009年04月15日

国立博物館〜ラーメン博物館

阿修羅1

















午後から上野の東京国立博物館で開かれている「国宝 阿修羅展」を見に行く。

あまり公言はしていないが、実は小生、寺院・仏像のファンなのだ。(^^;
(マニアというほどのめり込んでいないので、あくまでもファンということで…)

今回の「阿修羅展」は、奈良興福寺創建1300年記念として企画されたものだが、
阿修羅像が東京で展示されるのは57年振り…ということに加え、
十大弟子像と阿修羅像を含む八部衆像が一同に会するのは初めてとあっては、
仏像ファンならずとも興味を覚えるところ。

その上、十大弟子(現存6体)と八部衆(8体)合計14体のうち、
全部揃って展示されるのは4月19日までということなので、
これは行かざるを得ないでしょー。(^^;

噴水噴水の向こうに見えるのが東博本館。
向って左の「平成館」が今回の展示場となる。






平成館平日午後の3時頃という時間にもかかわらず、
入口では入場規制が敷かれ、約20分待ち…(^^;
ラーメン店に並ぶのは慣れているが、
美術館に並ぶというのは違和感がある。

これほど人気があるとは思わなかったが、
それだけ日本人の心に響く何かがあるようだ。

個人的には、確かに阿修羅像を含む八部衆像は素晴らしい創作物と思うが、
どうしても “仏像” という範疇で見れないのは私だけだろうか…

仏像というのは、あくまでも神仏の具現化されたものであり、
人間を超越した何かを持ち合わせているからこそ、信仰の対象となり得る訳だが、
それが八部衆像には全く感じられない。

その理由は、像があまりにも人間臭いからだろう。
私の目には今で言う “フィギュァ” 的なものとして映ってしまう。
ほぼ等身大という大きさもその原因の一つだろう。

そういった意味からも、個人的に今回の展示で素晴らしいと思ったのは、
四天王像と薬王・薬上菩薩立像だった。
その圧倒的な迫力には、思わず手を合わせてしまいそうになる何かがある。
これこそが仏像なのだろう…と思うが…


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●167)ラーメンの駅@新横浜ラーメン博物館


ラーメン仲間のYさんからの誘いで、夜になってラーメン博物館へ向う。
くしくも一日に2つの博物館へ行くことになってしまったが、
マア両方とも博物館であることには変わりない訳で…(^^;

こちらの「ラーメンの駅」は、明日開店の新店舗。
札幌の「純連」「すみれ」の創業者である村中明子さんが、
平成7年に2人の妹さんと始めたのがこのお店。

残念ながら平成16年、立ち退きが理由で閉店のやむなきに至ったが、
今回2人の息子さんの協力を得て、ラ博で復活となった。
(2人の息子さんは、それぞれ「純連」と「すみれ」のご主人)

プレオープンの今日は招待日ということで、
Yさんの2人枠に入れてもらえたのはラッキーだった。
感謝、感謝…(^^;

ラーメンの駅店ラーメンの駅







メニューは味噌、醤油、塩とあるが、やっぱりここは味噌でしょ〜(^^;

思ったよりニンニクの香りが強い味噌ラーメンだが、
味噌の味と風味がしっかりと感じられるもので、なかなか美味しい。
純連、すみれのルーツはこれなのか…という味だ。

個人的には、最近人気のあるドロドロ系味噌ラーメンは好みではなく、
こういうサラッとした感じの味噌が好きなタイプ。
表面のラードがもうちょっと少なければベストなのだが…(^^;


ラーメンの駅


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●168)牛乳屋食堂@新横浜ラーメン博物館


ラーメンの駅で偶然隣り合わせになったマイミクのGさんと一緒にこちらの店へ。
ここも3月に開店したばかりの新しい店。

本店は会津若松市にあり、創業80余年を誇る老舗中の老舗。
ラーメンに加え、ソースカツ丼も人気メニューということなので、
半ラーメンと半カツ丼のセットを食べてみることに。
本店では、これに牛乳が付いてくるそうだ。

牛乳屋店牛乳屋







ラーメンは麺が2種類あるらしいので、極太のほうを注文したら、
ホウトウのような、かな〜り太い麺が出てきた。
うどんのような食感だが、これはこれでなかなか美味しい。

スープはアッサリ系のものなので、麺が勝ち過ぎるかと思ったが、
意外にこの極太麺をガッチリと受け止めている。
それだけスープのボディがしっかりとしている証拠だろう。(^^)

ソースカツ丼は、サックリとしたカツの上にやや甘めのソースがかかっている。
名古屋の味噌カツ丼を思い起こさせる味だが、
個人的にはソースがちょっと甘過ぎるかな…

ただいずれにせよ、ラーメンはラーメン、カツ丼はカツ丼として、
別々に食べたほうが…と思ってしまったのはナイショということで…(^^;


牛乳屋食堂

tosimon3 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 横浜市 

2009年04月14日

町田で3杯…

●164)進化@町田市


わさらび@沼津の塙さんが町田へ来るというのでお付き合い。

以前から塙さんは町田の有名店を食べてみたいと言っていたのだが、
定休日が町田界隈の店と重なってしまうため、いつも食べられず仕舞だった。
今日は月2回ある月・火連休の火曜日を、その食べ歩きにあてたという訳。

そして、まずやってきたのがこちらの店。
今や塩ラーメンにかけては、全国でもトップクラスは間違い無い。

進化8塙さんは基本の『塩ラーメン』、
私は『塩煮干しラーメン』を食べる。

いつもより煮干し出汁がよく出ていた気がしたが、
その分やや苦みが出ていたのはご愛嬌。(^^;

個人的にはこの位のほうが煮干しらしくてイイ。


町田汁場 しおらーめん 進化


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●165)胡心房@町田市


次は、もはや町田を代表するといっても過言ではない店。
女性店主と従業員が全員女性ということでも注目されている。(^^;

胡心房21未食の『旨ダレそば』を食べてみる。

麺の下に “旨ダレ” と叉焼が隠れている。
これをガーッとかき混ぜて食べるのは油そば風だが、
味的には “和え麺” といえるのかも。

野津店主のコンセプトがよく表現された一杯だ。


胡心房


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●166)ロックンロール1@上鶴間


塙さんが嶋崎さんと話したいというので、閉店ギリギリに行く。
話をしていると、今週末にやる限定が出来たので食べさせてもらうことに…(^^;

その限定は『ピカ一リスペクト』。
神保町にあった「ピカ一」というラーメン店の味を、
嶋崎さん風にアレンジしたものだという。

この「ピカ一」という店は10年以上も前に惜しまれつつ閉店してしまったが、
古くからのラーメンファンにとっては懐かしい店だ。
(実は、私は一度しか食べたことがないのだが…)(^^;
濃い醤油スープに生姜の効いた味が印象的だった。

ロック50これが『ピカ一リスペクト』の試作品。

叉焼の煮汁をベースとしたスープは、
色は濃いが見た目ほどしょっぱくはない。
これに擂りおろした生姜をそのまま入れる。

ジャンクな味だが、これは旨い!

個人的にこういうハッキリとした味が好きなので、これはもうドンピシャ。(^^)
麺も中太麺を使っているので、スープとのバランスも問題無し。
こういうラーメンをちょこちょこっと作ってしまうのがスゴイ。


ラァメン屋 69'N'ROLL ONE

tosimon3 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2009年04月13日

濃厚豚骨魚介系だが…

●163)はやと@向ケ丘遊園


久し振り…っていうか、今年初めて…7ヶ月振りの訪問。
鍛冶屋さんは早上がりとかで不在だった。

はやと7今日は『塩豚骨ラーメン』を食べる。
ここの店では、これが現在一番人気だそうだ。

トロ味のあるかなり濃厚な豚骨スープ。
見た目以上にインパクトのある味なのだが、
口当りは意外にマイルドでしつこさがない。
駿河台下時代からこの豚骨は人気があった。

ただ、盛付けがあまりにも整然とし過ぎているためか、その濃厚さが伝わらない。
食べてみないと分からない、という点で幾分損をしているかもしれないが、
一度食べてリピーターになるお客さんは多いらしい。(^^;


麺屋 はやと

tosimon3 at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2009年04月12日

煮干しが…2

●161)丸め@東久留米市


新井薬師骨董市の帰りに、久し振りにこちらへ寄ってみる。
前回来たのは…と調べてみたら、昨年の9月だった。
半年以上も来てなかったのか…(^^;

忘れていた訳ではないのだが、ついつい素通りしてしまっていた。

丸め18今日は未食の『燕三条系つけ麺』を…

つけ汁には背脂がたっぷりと振りかけられて、
いわゆる “チャッチャ系” の雰囲気だが、
食べてみればその違いはすぐに分かる。

歯応えのある極太麺にも全く負けないつけ汁は、
煮干しの香りとともに、かなりガッツリとした食感を楽しむことができる。
甘味がやや強い感じはあるが、これは背脂の甘味?

本場の燕・三条地域でも、こういうつけ麺を出している店は少ないと思う。
その意味でも、東京でこういう味を楽しめるのは貴重だ。


麺や 丸め


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●162)鏡花@立川市


編集長の荷物を降ろして帰る途中、ちょっと回り道をしてこちらへ…(^^;

鏡花85ここでも『煮干し中華』ということで、
きのうから3杯続けて煮干しになってしまったが、
それぞれに違った煮干しの使い方が面白い。

中でも、この『煮干し中華』の完成度はスゴイ。
煮干しガッツリでありながら、
苦み、エグミは極力押さえ込まれ、
これ以上のスッキリ煮干しはまず無理…というところまで突き詰められている。

ある意味 “究極の” という言葉が良く似合うラーメンだと思う。(^^)


らーめん愉悦処 鏡花

tosimon3 at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 | らーめん 立川市

2009年04月11日

煮干しが…1

●106)ふくもり@野沢


久し振りに煮干し補給に…(^^;
ユータ君の姿が見えないので、どうしたかと思いつつ『つけぶと』の食券を買う。

ふくもり16『つけぶと』を食べるのは久し振りだが、
このつけ汁の煮干しの濃さは何なんだ!
…というぐらい煮干しが濃い。(^^;

このところちよっと煮干し感薄めになっていたので、
また以前のレベルに戻ってきたか…という感じ。
このまま続けてくれると嬉しいのだが…


中華そば ふくもり

tosimon3 at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2009年04月10日

5月の限定は『味噌油そば』

●159)大山家@武蔵境


久し振りにこちらの店へ…
営業時間が0時までになって、個人的には来易くなったはずなのだが、
その割には来てないか…(^^;

大山家542回目の『濃厚とき卵魚介豚骨ラーメン』。

前回に比べ、魚介が強くなった感じがあったが、
魚介の量が変わった訳ではなく、
配合割合を変えたからだろう…と大山さん。
煮干し系を減らして、節系を増やしたとか。
個人的には、この割合もいいと思うが…(^^)

大山家新聞7大山家新聞4月号が出ていた。
それによると、5月の限定は『味噌油そば』。
昨年好評だった油そばの味噌バージョンで、
これも楽しみな一杯。
5月1日からの発売で、880円。

店主近況のコラムで、
「この1年間のラーメンを振り返って」いるが、
ベスト3は、1)杭州飯店、2)むろや、3)かなで

杭州飯店が1位というのは、やっぱりラヲタか…(^^;




らーめん 大山家

tosimon3 at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2009年04月09日

何年振りだろう…

元同僚だったT君を励ます会をやろうということで、
編集長が13日から始める「銀座8丁目骨董市」の会場となる、
東邦アート(銀座8-9-13 2F) に集合。

紅一点のKさんを交えて、まずは桜を見ようということで浜離宮へ行くが、
既に入園時間を過ぎていたため、観桜会はあえなく断念。(T_T;

ということで、そのまま歩いて築地へ…
築地へ来たならやっぱり寿司でしょ〜ということで、すしざんまい本店へ。
こちらは回る寿司ではなく、注文して握ってもらうシステム。
同じすしざんまいでも、ちょっとだけネタが違うようだ。

アナゴ名物の『一本アナゴ』。
20cm以上もあるアナゴは食べ応えアリ。






ウニ『中トロ・ウニ・タマゴ』
この辺はマア外せないネタで…(^^;






エンガワ『エンガワ・ホタテ』
これもお約束のネタ。






大トロ『イカ・大トロ』
大トロはなかなか美味しかった。
最近はマグロも値下がりしているようで…(^^;






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



●158)長介@新橋


3人と別れた後、せっかくこっちのほうまで来たのだから…と、
新橋で途中下車してこちらの店へ…

勤めていた頃は、昼に自転車でここまで食べに来ていた。
荒削りではあったが、丁寧に作られたラーメンが気に入っていた。
最後に来たのはいつだったか…思い出せないぐらいのご無沙汰。(^^;

店に入ると安野さんの姿はなく、男性2人がラーメンを作っている。
ここも「しばらくすると店長不在」の店になってしまったか…(^^;

長介6お気に入りの『つけ麺』を注文。

以前に比べて胡麻が多くなっている気がする。
つけ汁に入っている具などは前と変わりないが、
味はビミョーに変わっていた。

胡麻が多過ぎるのもその一因かもしれない。

気に入っていた味が、好みでない方に変わってしまったというのはちょっと悲しい。


和麺屋 長介

tosimon3 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 港区 | 寿司

2009年04月08日

相変わらず…

●157)笑楽@伊豆高原


笑楽6









【神戸ラーメン 笑楽】
伊東市八幡野1189-135 TEL.0557-53-5306
営業時間=11:30-14:00 17:00-22:00 定休日=木曜日





tosimon3 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県伊豆 

2009年04月07日

対極にある店だけど…

●155)わさらび@沼津市


『桜鯛そば』がどうしても食べたくなって、またまた沼津回りで…(^^;

家を出るのが遅くなってしまったため、店に着いたのは8時を過ぎていた。
最近早仕舞いが多いので、ダイジョウブかと心配だったが、やってました…(^^;

わさらび62早速『桜鯛そば』を注文。

鯛の頭を使ったこのラーメンは、
鯛と魚介系の出汁をコラボさせた、
塙さんの最も得意とする和風系の仕上がり。

毎年この時期に出している限定ではあるが、
年々食べるほどに、少しづつ味が進化しているのが分かる。

今年はスープにややトロミが付いていて、鯛出汁が例年に増して濃い。
塙さんに聞くと、やはり昨年とは作り方を変えていたようだ。
トロミの原因は鯛の脂を多くしたからだそうで、
コラーゲンも多くなっているはずだ…とのこと。(^^;

やはりこういうラーメンを作らせたら間違いないネ。


支那そば屋 わさらび


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●156)卓次朗商店@沼津市


塙さんと話し込んでしまい、店を出たのは9時半過ぎ…
本当は中川香貫店へ行きたかったのだが、9時で終了してしまっているし…(^^;

ということで、やって来たのがこちらの店。
店に入って座ろうとした時、「こんにちは」と先客の方から声をかけられた。
見ると、何と中川香貫店の高梨店長さん…こんなところでお会いするとは…(^^;
そんな訳で、厚かましくご一緒させてもらうことに…

特別な限定は無さそうなので、久々にデフォの『つけ麺』を食べる。

卓次朗10つけ汁の中にワンタンが入っているのは目新しいが、
麺を浸けて食べてビックリ…(^^;
つけ汁がやたらと濃いのだ。

見た目以上にトロッとした状態で、
「いつからこんなに濃くなったの?」と聞くと、
「今日のはちょっと濃過ぎました」と田中さん。

どうも日によってスープの濃さが違うようだ…というのか、意識的なのか?(^^;
しかし、濃い割には口当りがスッキリしているので、トンコツに弱い私でも全然OK。
これはこれでかな〜り美味しいつけ麺に仕上がっている。

スープの濃度が高いので、食べ終る頃にはつけ汁が半分ほどに…
この濃度がベストとは思わないが、“有り” のつけ麺だ。


卓次朗商店

tosimon3 at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県東部 

2009年04月06日

麺が美味しい・・・

●154)和屋(なごや)@向ケ丘遊園


志こつに行くも、8時5分過ぎで既に店じまい。
という訳で、近くのこちらの店に2回目の訪問。

和屋1今日は『つけ麺』を食べてみる。

つけ汁は濃厚豚骨魚介系かと思っていたのだが、
それほど濃厚ではない豚骨魚介系。
濃厚系に飽きた舌には、これはこれで美味しい。

麺は平打ちの極太タイプ。
小麦の香り自体はそれほどでもないが、ツルモチ感があってなかなか旨い。
つけ汁とのバランスも悪くないと思う。

ただ、ちょっと化調が強い…もう少し押さえてもいいと思うのだが…(^^;


らーめん 和屋

tosimon3 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2009年04月05日

春の香りが…

●153)宗@高田馬場


有楽町骨董市に出店した帰りには、やっぱりここでしょ〜(^^;
(日曜休みの店が多いということもあるのだが…)

店頭に何やら限定の告知が…なになに『春一番』とな…
ここでキャンディーズを思い出してしまうのはオジサンの証拠か…(笑)
昼夜各10食限定でも、今日は “ほぼシャッター” なので心配無し。

そう12麺は昆布水に浸かって出てくるが、
中にピンクの桜花の形をしたものが入っている。
これも一応 “麺” ということだ。

そして、その上にはワンタン(餃子?)2個と、
どこかで見た事がある昆布ピューレが…(^^;
ここでお目にかかれるとは思わなかった。

つけ汁は抹茶を使った塩味で、あられが浮いているのはお茶漬けのイメージ。
まず麺をつけ汁につけて食べてみると、昆布と抹茶がいい感じで口の中でコラボ。
春のイメージを十分に感じることができる。(^^)

そして麺を食べ終ったら、〆のご飯。
これにも昆布ピューレがかかっているのは、某店の「昆布飯」と同じ。

ここに残ったつけ汁をかけて食べる訳だが、薄味が好みであれば、
麺が浸かっていた昆布水で割ることで、味の調整ができる。
なかなか美味しくて楽しめる限定だった。(^^)

そう殿堂これは柳さんが見せてくれた、
TW主催の人気投票で選ばれた10店の、
「殿堂入り」の記念トロフィー。

開店2年で殿堂入りというのは快挙。
作り手のセンスの良さが評価された結果だろう。



麺屋 宗-sou-
麺屋 宗-No Noodle No Life-

tosimon3 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 新宿区 

2009年04月04日

マイペース…

●152)如拙@国領


明日は有楽町骨董市へ出店するので、編集長の荷物を積みに行った帰りにこちらへ…

相変わらずマイペースなご主人。
券売機には新しく『素ラーメン』(¥400)というのが設定してあった。
普通のラーメンでも550円なのだから、今時この値段でダイジョウブなのか?

如拙10ここのスープの透明度はスゴイ。
丼の底まで見えてしまうほどだ。
この辺はご主人のこだわりなんだろうか?

基本的には八王子ラーメンなのだが、
低価格でありながら、手抜きはされていない。
スッキリとした味が印象的だ。
          

八王子ラーメン 如拙



tosimon3 at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2009年04月03日

久し振りの釣りだったけど…

八幡野港2八幡野漁港

八幡野港2唐辛子のママさんの姪御さんの息子さん(^^;
とかねてから約束していた海釣りに…

彼、ともクンは小学校6年生なのだが、
両親の仕事の関係で、現在は上海住まい。
春休みでこちらに戻ってきていたので、
昨年暮れに約束していた釣りにいくことに…

この日は天気は良かったものの、南よりの風が強くて、
予定していた釣場は全て南向きだったため、釣りにならない。(^^;
そんな訳で選んだのがここ、伊豆高原八幡野魚港の堤防。
南側に山があるため、風がさえぎられて釣りには最適だったのだが…

この時期の釣りが難しいことは承知の上だが、それにしても魚の姿が全く見えない。
付け餌が付いたまま戻ってくる状態の繰り返しで、
コマセを撒いても餌取りすら集まってこないのだ。

堤防の内側にはネンブツダイなどがいることはいるのだが、
メジナ釣りの準備しかしてこなかったので、こういう魚はかかってこない。
結局子メジナさえ釣れないままタイムアップ。

しかし、彼は普通だったら途中で飽きて遊び始めるところなのだが、
釣れないにも拘らず黙々と仕掛けの投入を繰り返していた。
釣り人としての素質はあるようだ。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●151)唐辛子@伊豆高原


唐辛子手切帰りがけに店に寄ると、
マスターが手打ち麺を切るところだった。
たまに気が向いた時にしか打たない麺だが、
これがなかなか美味しい。(^^)

この “気が向いた時” に当たるとラッキーなのだ。


唐辛子91その手打ち麺を最も美味しく食べられるのは、
やっぱりつけ麺ということになる。
という訳で、今日は『担々つけ麺』。

個人的には一番気に入っているメニュー。
ラー油を殆ど使っていないので、
冷たい麺をつけ汁に浸けても、
ラー油だけが麺に付着してくる…というようなことがない。
これがここの担々麺の最も重要なセールスポイントだ。(^^;

唐辛子筍これは朝掘りの竹の子。
今朝早くママさんとともクンが掘ってきた。

私も今年の “初物” だったので、
美味しくいただいた。(^^)




【ラーメンハウス 唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


魚磯@伊豆高原


釣りから帰ってきた後、あまりにも腹が空いていたのでこちらへ…(^^;

シマガツオ「シマガツオ」







シマソイ「シマソイ」







ブダイ「ブダイ」







カサゴ「カサゴ」







メバル・コショウ「メバル・コショウダイ」








【魚磯 伊豆高原店】http://www.uoiso.com/
【魚磯 富士店】http://www.fuji.uoiso.com/

tosimon3 at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県伊豆 | 寿司

2009年04月02日

大満足の2杯

●149)ちゃぶ屋@護国寺


昨夜ロックンへ行った時に、嶋崎さんからハガキを一枚手渡された。
ちゃぶ屋がリニューアルするようで、その試食会(有料)の招待状なのだが、
嶋崎さんは行けないので、代わりに行って欲しいという。

ということで、銀座で友人の個展を見た後に護国寺へ…
以前は護国寺で開かれている骨董市を見に来た帰りは、
群林堂で豆大福を買って、ちゃぶ屋でラーメン…というのがお決まりだったが、
護国寺骨董市があまり魅力がなくなってきたため、最近はご無沙汰していた。

ちゃぶ屋5提供されたのは『2009年式らぁ麺』。
3種の鶏をベースにした清湯スープに、
チー油がキラキラと輝く。

2種類のネギに揚げネギも加わって、
ちゃぶ屋テイスト全開のラーメン。
麺の美味しさはお墨付きだ。(^^)

ただ、ちょっと気になったのはネギが多過ぎないか…ということ。
3種類も入ると、さすがにネギの香りが全体を支配してしまい、
せっかくの鶏や魚介系の香りをスポイルしてしまう…これは勿体ない。

個人的には揚げネギだけで十分と思ったが、
スープの美味しさにまで影響するほどではないので、
あとは好みの問題になるのだが、満足できる一杯ではあった。(^^)


ちゃぶ屋


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●150)わさらび@沼津市


早めに家に戻り、その足で沼津へ向う。
わさらびの4月の限定を食べるのが目的だが、その後は伊豆へ行く予定…

わさらび614月の限定は『桜鯛そば』と、
『ニューサマーオレンジつけそば』の2種。
どちらを食べるか悩んだが、
まずはニューサマーのほうを食べてみることに…

見ての通り、ニューサマーオレンジが半分、
レモン絞りの器とともに出てくる。

このニューサマーを自分で絞ってつけ汁の中に入れる訳だが、
絞リ始めるとすぐに、爽やかな香りがフワッと広がってくる。
このフレッシュさはニューサマーならではのもの。

色々なつけ麺を食べたが、こういう爽やかなつけ麺にはお目にかかったことがない。
果実をつけ麺の主役にするという発想は、塙さんならではのものだろう。

このつけ麺を始めてすでに数年を経過しているが、
毎年これを楽しみにしているお客さんが多くなってきたという。
それだけリピート性の高いつけ麺なのだ。

これも大満足の味だった。(^o^)


支那そば屋 わさらび


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


滝田一雄個展


陳列壁面1

友人である滝田一雄君の個展が、銀座の「一枚の繪ギャラリー」で開かれている。
昭和会展に出品していた頃は、たまに会う機会もあったのだが、
それ以降は全く音信不通状態。

先日案内状が届いて、やっと近況を知ることができたのだが、
これまでの油彩画に加え、いつの間にか水彩画を始めていたのにはビックリ。

陳列壁面こちらは水彩画を展示した壁面。
油彩も水彩画も基本的なスタンスは変わらず…
ある意味、表現手法が広がるということは、
絵の幅も広がるということで、
決してマイナスにはならないはず。



女性像これはミクストメディアによる作品。
中間色を多用した、こういう表現が彼らしい。

水彩でも色使いは変わらないが、
やはりこの重厚感は出しきれないと思う。







観客あちこちのカルチャーセンターなどで、
水彩画の教室を主宰しているようで、
見に来た生徒さん?に講義が始まる。(^^;

それとなく聞いていると、
先生らしい話し方が板に付いている。
なるほどネ…(^^;



【滝田一雄展】
一枚の繪ギャラリー 東京都中央区銀座6-6-1 凮月堂ビル3F
2009年4月1日〜4月15日
11:00-19:00(最終日は17:00まで)

tosimon3 at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 文京区 | らーめん 静岡県東部

2009年04月01日

嫌いじゃないけど…

●148)これ一@梶ヶ谷


これ一1先日初めて行った店に、2度目の訪問。
今日は『アオサラーメン』を…

スープは一種類だけで、あとはtpで調整。
アオサが合っているかどうかはビミョーだが、
ただ、これで100円アップはどうなんだろう…
嫌いではないが…(^^;


博多らぁめん これ一




tosimon3 at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市