2010年02月

2010年02月28日

大八車再び…

●80)大八車@桜新町


実家(二子玉川)からの帰りに「ふくもり」でも行こうと思いこの店の前を通ると、
11時半近い時間なのにまだやってるようなので、それならとUターン。(^^;
スープが残っている時は、11時過ぎてもやっているそうだ。

一昨日は『特濃つけ麺』を食べたので、今日は『中濃にぼし麺』を…

大八車1中濃だから、それほど濃くはないだろう…
と思っていたら、それが間違いだった。
この濃さは、他の店で言うところの “特濃” に値する。
ここの基準はどこに置いてあるんだ…(^^;

その濃さを証明するのが、ラーメンであるのに、
つけ麺と同じ “割スープ” が付いてくること。

「濃いと思ったらこのスープを足して下さい」と言って出された割スープは、
これも煮干しから取られた清湯スープ。
後半になって少し入れてみると、確かに口当りが柔らかくなって食べ易くなる。
しかし煮干しスープに煮干しスープを足すのだから、より濃くなるのは当たり前。
いやいやこれはウマ〜イ!!(^^)


大八車

tosimon3 at 04:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2010年02月27日

ラーメンフェスタ in 中山 Vol.2

●79)喜多楽@中山競馬場クリスタル棟3F


この「ラーメンフェスタ in 中山」というのは、
はんつ遠藤氏とど・みそ@京橋のプロデュースにより、
毎週土日、有名ラーメン店2店が中山競馬場でラーメンを提供するというもの。

今週は「喜多楽@名古屋」「白神@関市」が出店するというので来てみた。
両店とも地域を代表する店としてその名は広く知れ渡っている。

中山パドック中山競馬場の正面スタンド。
土曜日なのでレースが開かれており、
馬券片手の観客の一喜一憂の歓声が上がる。

左手観覧席の一番奥が会場になっている。



喜多楽5クリスタル棟3階の会場に着いてみると、
白神の『白エビラーメン』は売切れ…(T_T)
なので、喜多楽の食券だけ買って中へ。

しばらく岐阜、名古屋方面に行ってなかったので、
店内で喜多楽の林さんや白神の石神さんにご挨拶。
とりあえず喜多楽の『支那そば』をいただく。

実を言うと、店に行った時は、たいてい限定ばかり食べているので、
デフォの支那そばは一度ぐらいしか食べた記憶がない。(^^;

こういう場所にも拘らず、ひじょうにバランスの良い一杯に仕上がっている。
「基本に忠実」という言葉がピッタリとくるようなラーメン。
どの素材も突出することなく、かといって控え目になることもなく、
素材の持ち味の相乗効果を生かしたラーメン、と言っていいだろう。

白神のラーメンを食べられなかったのは残念だったが、
2号店もできているので、近いうちに岐阜のほうへ行きたいと思っている。


麺屋 喜多楽のきたら的こころ
麺屋 白神

tosimon3 at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 千葉県 

2010年02月26日

大八車復活!

●78)大八車@桜新町


先日「大八車」が復活した…という報を聞いた。

'01年に「まる韓ラーメン」から「大八車」に店名が代わり、
'02年に一度閉店し、復活を果たすが、結局'03年に惜しまれながら閉店…
という歴史を持つこの店だが、実質2年ぐらいの間に様々な話題を提供してくれた。

「濃厚煮干しラーメン」というジャンルを作り出したのは、
この店が最初ではなかったか、と記憶しているのだが…(違っているかも)

大八車店 大八車







メニューは『東京にぼし麺』『中濃にぼし麺』『特濃つけ麺』の3種類。
今日は『特濃つけ麺』を食べてみることに。

「麺を茹でるのに12〜13分かかるので…」と書いてある通り、
ほぼそのぐらいの時間待って出てきたつけ麺は、つけ汁が濃〜い。(^^;

これでもか…というぐらいの濃度で、つけ汁が直ぐに無くなってしまうぐらい。
言葉にするのが難しいが「煮干しをペーストにして、そこに麺を浸けて食べる」
という表現が一番合っているぐらい濃いのだ。

以前の特濃もスゴイと思ったが、今回のはもっとスゴイ。
そして、これだけ濃いのに苦みエグミが極力抑えられているのもスゴイ。
煮干し好きにはもうたまりません。(^^;


大八車


tosimon3 at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2010年02月25日

味にブレが無い…

●77)圓@八王子


午前中から八王子での骨董交換会に参加。
思ったより早目に終ったので、ならば…とソッコーでこちらの店に。(^^;
何とか昼の閉店ギリギリに滑り込む。

圓28いつも通り『薄口煮干しラーメン』。

最近は煮干しの味も安定してきて、
何の心配もなく、安心して食べることができる。

この “安定している” ということが重要だと思う。
味にブレがないことこそが料理人の腕の見せ所だ。


煮干鰮らーめん 圓


tosimon3 at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 八王子市 

2010年02月24日

ごえん玉コンサートと沼津で2杯

伊豆高原の桜並木通りをず〜っと上っていくと、
左側に「小さな洋食屋 ごえん玉」という洒落たお店が見えてくる。

ごえん玉ここのマスターは、知る人ぞ知る
“シンガーソングライター” 。
年に数回、店で弾き語りコンサートを開いているが、
今日は今年初めてのコンサートというので来てみた。

オリジナル曲ばかりで約1時間。
ティータイムを挟んでカバー曲を約30分。
いつもながらハートウォームなコンサートだった。

その模様はこちらで=http://www.youtube.com/watch?v=e5V9-gxLm8Y


………………………………………………………………………


●75)わさらび@沼津市/ン?去年とちょっと違うナ〜


午後からごえん玉のマスターのライブを聞いた後、いつもとは逆のコースで沼津へ…
わさらびの今月の限定『にぼしそば』を食べたいと思っていたのだが、
このところずっと忙しくて、今日食べておかないと終ってしまうのだ。(^^;

わさらび78相変わらずビジュアルの良いラーメン。
スープを口にすると、煮干しの香りが鼻に抜ける。
圓@八王子とはまた違った煮干しラーメン。
どこが違うかというと、動物系出汁の量の違いか…

ただ今年のスープは昨年に比べてやや苦みが…
塙さんに聞くと、やはり煮干しが変わったそうだ。

昨年まで使っていた煮干しが入らなくなり、仕方なく別の煮干しを使ったとか。
その煮干しが硬くて、頭とワタが取り切れなかったため、
わずかに感じた苦みは、そこに原因があるようだ。(^^;

とはいっても、その苦みはごくわずかで、もちろん許容範囲内。
このぐらい苦みがあったほうが、煮干しらしくて美味しいと思う。


支那そば屋 わさらび


………………………………………………………………………


●76)鯵斗@沼津市/鯵の開きを使ったラーメン…


続いて来てみたのは、今年1月に開店したばかりのこちらの店。
鯵の開きを燻製にしてそれで出汁をとる…ということで話題?になっている。

それよりも驚いたのは、店名のサブに「秘密結社」と書いてあること。(^^;
ここはラーメン屋じゃなくてフリーメイソンの日本支社か…(笑)
とまあ冗談はさておいて、何で秘密結社なの?

店は1国沿いにある芙蓉というパチンコ店の敷地内にあり、
店内はかなりの広さ…30席ぐらいはあるだろうか。
駐車場はたくさんあるので心配の必要がない…というのがメリット。

鯵斗店鯵斗







メニューには『端麗の極みらーめん』と『鯵斗らーめん』がある。
前者は「あっさり」で後者は「濃厚」となっているが、
「端麗」は「淡麗」じゃないのか…と心の中でツッコミを入れながら、
「沼津ラーメン」と銘打った『鯵斗らーめん』を食べてみることに。(^^;

スープは豚骨、鶏白湯に鯵の開き燻製スープを加えたというコッテリ系。
家系チックなビジュアルではあるが、魚介が入っているので味わいは別物。
鯵の感じは思っていたほどではなく、「鯵」と言われなければ分からないレベル。
端麗のほうだと、もっと鯵の感じが出ていたのかもしれない。


秘密結社 鯵斗

tosimon3 at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 静岡県東部 

2010年02月23日

頻繁に通いたい店

●74)麺や食堂@厚木


明日の午後、伊豆高原の「ごえん玉」でマスターのライブがあるため、
国立の店の店番終了後、伊豆へ向う。
その途中、どこかでラーメンを…と思い、厚木で途中下車。
最初「富士栄」と思っていたのだが、フとこちらの店を思い出し行ってみる。

最後に来たのは2年前?…思い出せないぐらいご無沙汰なのは確か。

麺や食堂入口で限定の『柚子塩ラーメン』があるのを確認。
久し振りなので基本の醤油も食べてみたかったが、
やはり「限定」の文字には勝てません。(^^;

高知の馬路村の柚子を使ったというラーメンは、
近くにある「老郷」の『酸拉湯麺』を思い出すが、
爽やかな柚子の酸味は全くの別物。

自家製の細麺はしなやかだがしっかりとしたコシがあり、スープとよく合っている。
この麺の美味しさもこの店の人気の秘密だろう。(^^;
改めてこの店のポテンシャルの高さを再認識した次第。
もっと頻繁に通いたい店なのだが…


麺や食堂


tosimon3 at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 神奈川県 

2010年02月22日

濃くなってる…

●73)山田八兵衛@駒沢大学


久し振りにこちらの店へ…今年初めてか…
というのも、今年になって2〜3回店の前まで来ているのだが、
いずれも11時過ぎだったため、早仕舞い?なのか食べることが出来なかった。
なので、今日は8時台に来てみたのだが、さすがにやってましたネ。(^^;

やまはち5『味噌つけ麺』の食券を買う。

出来上がってきたつけ麺を食べてみると、
つけ汁が何だかやたら濃厚になってる。(^^)
今ハヤリのどろどろ系ほどではないが、
この濃厚さはなかなかのもの。
以前のスープの倍ぐらいの濃さか…

店長の中牧さんにそのことを聞いてみると、
今年になってから豚骨の量を増やして濃くしてみたんだそう。
正当に進化した濃さなので、その点は評価できると思うのだが、
個人的には以前ぐらいの濃さが好みに合っているので、ちょっと複雑。(^^;


麺屋 山田八兵衛


tosimon3 at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2010年02月21日

美味しいとは思うが…

●72)伍樂(ごらく)@立川


午後から国立での勉強会「火と人の会」に出席。
その帰り、編集長が食べたいというので、こちらの店に2回目の訪問。

伍樂1今日は『つけ麺』を食べてみる。

麺はさすがに美味しいのだが、
つけ汁が麺に負けている。
これはしょうがないとは思うけど、
叉焼を増やすとか、もう一工夫欲しいところ。
CPの高さといったようなアピールが必要では…

麺の量が300g固定というのもどうなんでしょう。
女性にはちょっと多過ぎると思うので、何段階かに分けたほうがいいと思うのだが…


めんや 伍樂


tosimon3 at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2010年02月20日

青梅〜八王子

●68)大山家<青梅店>@小作(青梅市)


静岡人さんと東京西部の食べ歩き。
最初は2月10日に開店したばかりの「大山家青梅店」へ…

大山家遠望少し離れた所からでもはっきりと看板が見える。
かな〜り目立ってます。(^^;

青梅街道沿いの交差点の角にあるので、
車では方向によってちょっと入りにくいのだが、
店の脇にも駐車スペースがある。


大山家65前回『とき卵ラーメン』を食べているので、
今日は『とき卵つけ麺』を食べてみる。

本店と比べて味に大きな違いはないが、
丼のロゴが違っている。
これは青梅店専用なのか?(^^;




ラーメン 大山家 青梅店


………………………………………………………………………


●69)杉山@河辺(青梅市)


杉山店こちら方面にはあまり来ることが少ないので、
とりあえず未食のこちらの店へ…

担々麺のみで行列ができる店として有名。
我々が着いた時は運良く席が空いていたが、
食べ終って出てきたら行列が…


杉山杉山杏仁







担々麺は表面がラー油に覆われて真っ赤…かな〜り辛そう…と思ったが、
見た目ほど辛くはなく、辛いの苦手な人でもこれならOK?(^^;

海老の唐揚げが一匹乗っていて、これは殻ごと食べられる。
スープにも海老が使われているようで、海老の香りがそこはかとなく…
麺は中細で、ちょっと柔らか目に茹でられているが、これはこれで美味しい。
“旨辛” のバランスが良く、ちょっとクセになる味は確か。

食べ終る頃に杏仁豆腐が出てくるが、これはセットになっているようで、
ラー油まみれの口の中をサッパリとさせてくれる…これはイイ。
但し、杏仁豆腐の味にはちょっと不満が…(^^;


担々麺 杉山


………………………………………………………………………


●70)ぼんくら@日野市


2杯食べたところで休憩しながらラーメン本などをチェックしていたら、
こちらの店に『ジョン檸檬』というメニューがあることを発見。
ビートルズファンの静岡人さんとしては、どうしても行きたいということで、
八王子へ行く前にちょっと寄り道。

この店は府中にある人気店「たまぞう」の関連店。
「ぐうたら@三鷹」「次男坊@小金井」「なぶら@八王子」などとは姉妹店になるが
ここへ来るのは初めて。

ぼんくら店ぼんくら







私は『侍醤油』、静岡人さんはもちろん『ジョン檸檬』を…

なぜ「侍」なのかは分からないが、いわゆる豚骨醤油的な味わい。
特にこれ、といった味わいではないのだが、無難に食べられるラーメン。
岩海苔の主張がやや強めに出るが、もも肉の叉焼がなかなか美味しかった。

ぼんくらレモンこれが『ジョン檸檬』。(^^;

かなりレモンの酸味が効いた塩味のラーメン。
食べた限りでは、ジョン・レノンとの関連性は不明。

帰りに聞いたところでは単なる「シャレ」だとか…
マアそんな事だろうとは思っていたが…(^^;


らーめん ぼんくら


………………………………………………………………………


●71)圓@八王子


圓27最後はやっぱりこちらの店へ…(^^;

静岡人さんは今年初めてだという。
今日の〆のラーメンとしては最適か。(^^;





煮干鰮らーめん 圓


tosimon3 at 04:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 | らーめん 八王子市

2010年02月19日

店名もスゴイが、やることもスゴイ…

●66)魚雷(ぎょらい)@春日/サイフォンでラーメン!


鼻の病院へ検診に行ったついでに、こちらの店へ足を伸ばす。
1月末にオープンしたばかりの新店だが、色々な意味で話題になっている。

その一つがこの店を開いたご主人の塚田さん。
長野で「烈士洵名」「気むずかし家」などの人気店を展開する、
「ボンド of ハーツ」の総帥にして、
「信州ラーメン博」などの仕掛人としても辣腕を振るっていた方。

魚雷店その塚田さんが満を持して、
春日(後楽園)に開店させたのがこの店。
入口の上には魚雷の模型?が鎮座している。
店名の「魚雷」については、
その意味を聞いてくるのを忘れてしまったが、
長野から東京へ向って魚雷をド〜ンと…
なんていうところでしょうかネ…(^^;

魚雷フラスコ話題の二つ目がスープの温め方。

これまでWスープのラーメンを作るには、
動物系と魚介系のスープを小鍋に入れ、
それを温めてスープにする…
という手法が主流になっていたが、
ここではコーヒーサイフォンが使われている。(^^;

作り方はコーヒーを立てる時と同じだが、コーヒー豆の代わりに本枯鰹節の粉、
水の代わりに動物系と魚介系を合わせたスープが入っていて、
これをアルコールランプで温めると鰹の一番出汁入りのスープが出来上る仕掛け。

塚田さんにこのアイデアについて聞いてみると「数年前から考えていた…」
という答が返ってきたが、これを考えついた塚田さんはサスガです。
ただ、温めるのに少し時間がかかるので、その辺がネックになりはしないか…
それさえ解決できれば、画期的な手法になるのは間違い無い。

魚雷ラーメンのベースは赤鶏、豚足などによる、
コラーゲンたっぷりの清湯スープ。
表面にはチー油が浮いて、なかなか美味しい。

青菜の上に乗っている白いものは、
鰹や煮干しの出汁を泡状加工したものだそうで、
これを溶かすと更に魚介が前に出てくる。

具は9品目の中から3種類を選べるようになっていて、
私が選んだのはウズラ、タマリ漬け叉焼、メンマ。(ネギは固定)
「根まがり竹」というのが気になった。

麺は「春よ恋」の粉に「春ゆたか」の全粒粉入り。
しなやかな口当りでこれもGood!
スキのないラーメン作りは塚田さんならではのもの。
早々に行列店になるのは必至だろう。(^^;


本枯中華そば 魚雷


………………………………………………………………………


●67)九月堂@渋谷/ラーメンと甘味のコラボ


その後、所用を済ませてからこちらの店へ…
2回目の訪問になるが、前回はいきなり限定を食べてしまったため、
デフォの醤油を食べてみたいと思っていた。

九月堂1ビジュアルが良いラーメン。
スープは鶏系に魚介の組み合わせだろうか?
醤油の香りにちょっと特殊性を感じたが、
それ以外は特にこれと言った特徴はなく、
素直に美味しいと感じるラーメン。

紅白のあられが入っているのが目新しい。

九月堂甘味この店は店名に「甘味処」とあるように、
奥様が作るスイーツも一緒に食べられる。

これは「ゆず」と表示されたスイーツ。
アイスクリームの下にあるのが柚子ゼリー?
さっぱりとした酸味がラーメンの後にベストマッチ。
なかなか美味しいです。(^^)


らーめんと甘味処 九月堂


tosimon3 at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(1) らーめん 文京区 | らーめん 渋谷区

2010年02月18日

不思議な店

●65)さんさん@国立


不思議な店だ。
国立駅の北口から歩いてすぐの所にあるのだが、
うっかりすると…いやうっかりしなくても見過ごしてしまいそうな佇まい。(^^;

狭い入口を開けて中に入ると、奥に長い “ウナギの寝床” 状の店内。
7席のカウンターがあり、その奥に厨房が続く。
客席と厨房はヨシズなどで隔てられ、奥の様子は分からない。

さんさん店さんさん1







昨年の12月に初めて食べて以来、2回目の訪問。
ここは麺が「蕎麦麺」「玉子中華麺」の2種類あって、好みで選べるようになっている。
今日は『つけ麺』を中華麺で食べてみることに。
『支那蕎麦』は蕎麦麺でも良かったのだが、さすがにつけ麺は中華麺でしョ〜(^^;

ラーメンのスープをちょっと濃くしたようなつけ汁。
そのままでも飲めてしまうぐらいのものなので、やや物足りなさはあるが、
これはこれで、個人的には美味しいと思う。
蕎麦麺のつけ麺も食べてみなくては…


らーめん さんさん


tosimon3 at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2010年02月17日

セカンドブランド

●64)佐藤製麺所@百合ケ丘


マイミクさんの日記でこの店のことを知った。
昼間は「こうりゅう」という豚骨ラーメン店のセカンドブランドとのこと。
この店のことは以前から知っていたが、二毛作営業をやっているのは知らなかった。

これまで一度も入ったことがなかったのは、何となく怪しい店(笑)だから…
っていうか、看板のネオンがどうにも不釣合いな雰囲気を醸し出していたから。
ネオンの「K」の文字の上が繋がっていて「R」に見えるのはご愛嬌。(^^;

佐藤製麺所店佐藤製麺所







とりあえず券売機の一番最初にある『熟成つけ麺』を食べてみる。
つけ汁は最近ハヤリの濃厚豚骨魚介系だが、かなりオイリーなもの。
ウ〜んちょっと油が多過ぎるかな…(^^;
でも味のバランスは良く好きなタイプなので、油が少なければ全部飲めるのだが…

麺は割り箸1本分ぐらいの太さもある丸い極太麺。
表に「麺打ち立てです」と書いてあるので、おそらく自家製麺?
全粒粉入りでそこそこ香りもあり美味しいとは思うのだが、
やはり茹で時間が短いのでは…と思える固さが気になる。
もう少し茹でればモチモチ感とか麺の美味しさも出てくるのではないか…
固ければ良いというものではないのだが…(^^;

営業時間が23:00〜27:30というのは夜族にとってはありがたい。
『塩わさびつけ麺』なんていうちょっと気になるメニューもあるし、
地元なのでたまには利用させてもらうかも。


佐藤製麺所


tosimon3 at 04:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 川崎市 

2010年02月16日

コッテリ感とは…

●63)香取@三鷹


国立での店番の帰り、久し振りにこちらの店へ…
今年になって2回目か…と思ったら、今年になっては初めてだった。

こちらのご主人香取さんは、たけにぼ代々木店で店長をされていた方。
したがってラーメン作りに関しては十分な経歴を持っておられる。
たけにぼ時代に何回かお目にかかっていたのだが、それを思い出したのは最近になって…
年々物忘れが激しくなってくるのはアルツハイマーの現れか…(^^;

香取4今日は『つけ麺』を並盛りで…
個人的にはこのつけ麺がたいへん気に入っている。
何と言ってもつけ汁が美味しい。(^^)

ハヤリの濃厚系ではなく、サラッとしたタイプ。
だからといって口当りが薄いわけではなく、
出汁の旨味で十分にコッテリ感は出ている。

「濃厚だからコッテリ」という思い込みが一般に浸透していると思う。
濃厚ではなくても、キチッと出汁が出ていればコッテリ感は出るもの。
そういうごまかしのない味を提供する店が増えているのは嬉しい。


ラーメン 香取

tosimon3 at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 東京都下 

2010年02月15日

ありそうで無いラーメン

●62)天国屋@町田


町田方面にヤボ用があったので、帰りにラーメン…と思ったら、
この周辺は殆どの店が月曜日定休。
そんな時は、中休み無し、無休のこちらの店が助けてくれる。(^^;

前回食べた塩も美味しかったが、やはり醤油の味が忘れられなくて、
佐々木さんに出来るかどうかを確認すると「少し時間がかかる」ということだけど、
食べられるなら何時間でも待ちますヨ(^^;

天国屋21叉焼の煮汁をスープにして、
醤油ダレには生醤油が使われている。
この生醤油の味と香りが鮮烈で、キレがあり、
ラーメンとしての輪郭がボケていない。
濁りのないスープは、味にも濁りが無い。

ただし、味に深みがあるかといえばNOである。

重層系のラーメンではないので、どちらかといえばジャンク系に近いもの。
個人的に好みの “ハッキリとした味” “解り易い味” なのだ。

食べ始めには、やや醤油の立った感じがあるが尖っているわけではなく、
スープのポテンシャルがその部分をうまく包み込んでくれる。
こういう味のラーメンは、ありそうで無いもの。
しいて言えば、月島ロックに近い味といえるか…(^^;


地獄ラーメン 天国屋  


tosimon3 at 05:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 

2010年02月14日

何じゃこれは…

●61)太麺堂@高田馬場

全国的にバレンタインだというのに、朝早くから靖国神社骨董市に出店。
まあチョコレートくれる人もいないからイイけどネ…(^^;

終了後は「宗@高田馬場」へ寄っていこうと思い、車を停めて歩いて行く。
この店の前を通ると、何故か行列が無い…どころか店内も空いている。
以前は行列がすごくてあきらめたこともあったが、どうしちゃったの?

とまあそんな訳で、宗をあきらめて、こちらで食べてみることに…(^^;
第一弾の「玄瑛@博多」とのコラボは昨年末で終了し、
現在は「福たけ@千葉市」とのコラボが提供されている。(3月31日まで)

太麺堂店太麺堂







券売機には「太宣言をすれば100円引き」となっているが、何じゃこれは…(^^;
メンドクサそうだけど100円安くなるなら、とそっちのボタンをポチッと。

『太煮干しラーメン』という名前に魅かれての選択だったが、
出てきたラーメンを食べて、この選択が間違っていたことを思い知る。

煮干しラーメンの筈なのに、カレーの風味が…何じゃこれは…(笑)
おまけに煮干しのエグミと苦みも全開で迫ってくる。
いやいやこれはいけません。
煮干しとカレーを何故組み合わせたのか…その真意が解らない。

麺は浅草開化楼のものだが、太麺を名乗るほど太くはないし、
ただ固いだけで風味もモチモチ感もあったものではない。
元々、開化楼の麺は好きじゃないけどね…
行列がなかったのも、これで納得がいった。
宗にすればよかった…(^^;


太麺堂


tosimon3 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 新宿区 

2010年02月13日

久し振りの煮干し豚骨

●60)圓@八王子市

八王子の骨董交換会終了後は、当然のようにこちらの店へ…
今日は久し振りに煮干し豚骨があるというので、それを食べに来た訳。

円26出てきたラーメンを見て「アレっ」と思う。
先日限定でやった鴨卵麺が入ってるじゃない。
田中さんが「少し残っていたので」と小声で…(^^;
いやいやこれは嬉しいサービスだが、イイのか?

豚骨煮干しとの相性は悪くはないが、
この幅広麺は、やっぱり清湯系のほうが合うネ。

一番右端に座っていたので、左側のお客さんになるべく見えないように、
隠すようにして食べ終える。(笑)
小学生の頃、弁当(給食ではなかった)を手で隠して食べたのを思い出した。


煮干鰮らーめん 圓


tosimon3 at 18:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0) らーめん 八王子市 

2010年02月12日

濃厚じゃなくても…

●59)志こつ@久地

志こつ説明前回「江戸甘みそ」を使ったつけ麺が美味しかったので、今年2回目の訪問。
ラーメンではなく、つけ麺が先にメニューになった…というのが不思議だが、
美味しければ何も問題は無い訳で…(^^;

「江戸甘みそ」というのは、
七彩@都立家政でも使っていて、
夜の部の店名にまでなっている。



志こつ14たいへん香りの良い味噌で、
ここのスープとの相性もバッチリ。
最近ハヤリの濃厚味噌系とは対極にあるが、
ドロドロにしなくても美味しいということを、
如実に証明してくれる味だ。(^^;

次はこれを使ったラーメンを食べてみたい。


つけ麺 志こつ


tosimon3 at 17:40|PermalinkComments(2)TrackBack(1) らーめん 川崎市 

2010年02月11日

休日はけっこうお客さんが…

●57)楽々×こてつ@お台場ラーメンPARK

静岡からラー友が数名、お台場に来るというのでお付き合い。
これまでここには何回か来ているが、いつ来てもお客さんが少なかった。
今日はさすがに休日ということもあってか、店の前に待ちが出来るほど…

それでも絶対的な客数は、かなり少ないといえる。
その原因は宣伝不足なんだろうけど、フジTVが主催しているんだから、
もう少し何とかならないものか…出店しているお店が可哀想。

楽々お店のプロフはHPを見ていただくとして、
こちらは吉祥寺と所沢の人気店同士のコラボ。
楽々の磯部さんは以前から知っているので、
挨拶をしてラーメンを受け取る。

食べてみると、最初は豚骨かと思ったが、
ベースは鶏白湯?ベジポタ系?

いずれにしても鯛干しの出汁がよく効いていて、これはこれで美味しい。(^^)
バラ肉の叉焼は肉の味を残したまま、歯応えもありなかなか。
こういう場所でなく、店できちんとしたものを食べてみたいと思った。


お台場ラーメンPARK
音麺酒家 楽々
らーめん こてつ


………………………………………………………………………………


●58)らはめん yahman@お台場ラーメンPARK


続いてこちらの店…「ラハメン ヤマン」という変わった店名。
6、7年前、練馬にこの店が出来たことは知っていたが、宿題店のままだった。(^^;

なので、どういうラーメンを出しているのかも知らなかったが、
店名や他の情報から推察して、「ジャマイカンの和風ラーメン」?(笑)

ヤマン店主は思った通り、レゲエ風のいでたち。
店内に流れる音楽もレゲエだ。

しかしラーメンは『塩らはめん』という代物。
食べてみると、全くジャマイカ風ではなく、
それこそ純和風の塩ラーメン。
このギャップは何なんだろう?(^^;

でもなかなか美味しいです。
本店でもこういうラーメンを出しているのなら、ぜひ行ってみたいと思った。


お台場ラーメンPARK
ラハメン ヤマン


tosimon3 at 18:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) らーめん 港区 

2010年02月10日

この味噌はウマイ!

●56)臥龍@三軒茶屋

臥龍18昨年食べた味噌ラーメンのなかで、
個人的には一番ウマイと思ったのがこの味噌。

奥久慈軍鶏ベースの白湯スープと、
白味噌系の味噌ダレのマッチングが素晴らしい。
鶏ベースでありながら、コッテリ感も十分あり、
バランスのとれた一杯として堪能できる。

今年になって食べるのは初めてだが、昨年より濃度が上がっていた。
好みからすると、以前のタイプのほうが好きなのだが、
それでも旨さが変わることはない。


臥龍




tosimon3 at 15:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 世田谷区 

2010年02月09日

立川で白河ラーメン

●55)伍樂(ごらく)@立川


今日は国立骨董ギャラリーの店番だが、帰りに立川で降りてこちらの店へ
ここのご主人は「一番いちばん@町田」の出身ということで、
気にはなっていたのだが、立川へ来るといつも南口ばかりで…(^^;

ということで、久し振りに北口へ…
店の場所は北口バスターミナルのすぐ向こう側…歩いて30秒ぐらい。
立地条件としては、これ以上の場所を見つけるのは難しいだろう。
アンティーク感溢れる店は趣がある。

伍樂店伍樂






ラーメンは完全無化調を謳い、丁寧に作られた感じ。
スープは名古屋コーチンを使っているようで、
一番いちばんとは違った、マイルドな口当りが印象的。

麺は一番いちばん譲りの手打ち麺を商品化しているイチマツ麺舗製。
一番の麺に比べると、ツルモチ感で明らかに違いは認められるが、
これはいたしかたのないところ。
手打ちの良さは十分に味わうことができる。
もう少し茹で時間を長くしたほうが美味しく食べられるのでは…と思った。

総じて白河ラーメンというには、ややテイストが違う感じがしたが、
白河ラーメンに特にこだわっている訳ではなさそうなので、
これは「伍樂のラーメン」というくくりで味わったほうがいいのかもしれない。


めんや 伍樂


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


このブログをいつも見て下さっている皆様には、
更新の遅れでご迷惑をおかけしています。
何とか遅れを取り戻そうと努力はしていたのですが、
忙しさにかまけてそれもままならず、今日に至ってしまいました。

このままではいつまで経っても遅れを取り戻せないので、
とりあえず現在の状況を優先して、
そこから過去に遡るという策に切り替えることにいたしました。

それでもまた遅れが出る可能性は十分にあるのですが、(^^;
何とか頑張っていきたいと思っていますので、
今後ともよろしくお付き合いのほど、お願い申し上げます。(_ _)


tosimon3 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 立川市 

2010年02月08日

東奔西走…

●53)長尾中華そば@浅草松屋


午後から浅草松屋で開かれている青森物産展へ…
ここに「長尾中華そば」が出店している。
昨年は『シャモロック』など意欲的なメニューがあったが、
今年は中華そばの「あっさり」と「こく煮干し」の2種類のみ。

長尾店長尾中華1







「こく煮干し」は前回とはまたチューニングを変え、
醤油がキリッと引き締まったキレのあるスープ。
そこに浅草開化楼の中太麺が合わされている。
個人的にはもう少し細めの麺が良かったのでは…と思ったが…(^^;


長尾中華そば(店主 大五郎のブログ)


………………………………………………………………………………


●54)大山家青梅店@小作(青梅市)


夕方になって、今度は車で青梅まで。
大山家青梅店が10日に開店するのだが、
それに先立ち昨日、今日とプレオープンのイベントがあるので、
一足先に参加させてもらった。

大山家店思っていたよりずっと大きな店舗で、
遠くからでもかなり目立つ。
今日は外の照明は点けていなかったのだが、
それでもアピール度はバツグンだ。




大山家店内大山家厨房







店内も広く、カウンターよりテーブル席のほうが多い、ちょっと複雑な創りだが、
テーブル席には屋根がついたりと、余裕のある店内。
その割には厨房が狭いかな…とも思うが、これはちゃんと計算されているのか…(^^;

大山家64







今日は招待ということなので、メニューは全て無料。
私は『とき卵つけ麺』と本店には無い『餃子』をいただいた。

場所は青梅街道沿いのドンキの前。
交差点の角なので、下り車線から以外はちょっと入りにくい?
最寄り駅は小作駅だが、駅からの距離はありそう。


住所=青梅市新町9-2054-2 営業時間=11:00-22:00 無休?

tosimon3 at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 台東区 | らーめん 東京都下

2010年02月07日

新井薬師の新店

●51)ひろまる@新井薬師


朝早くから新井薬師骨董市に出店。
昼過ぎに、この近くに新しいラーメン店が出来ているらしいので、
店番を頼んで食べに行ってみる。

ひろまる店地図で大体の位置は確認してあったので、
店の場所はすぐに分かったが、
骨董市の会場からは本当に近く、
歩いて2分ぐらい。
なかなかオシャレな店。

これなら毎月でも来れるかも…(^^;

ひろまるご主人は永福町大勝軒出身らしい。

メニューは『和風旨ソバ』
『和風旨つけ』『濃厚魚介らぁ麺』
『濃厚つけ麺』の4種類だけで、
あとはトッピングが数種類。
とりあえず『和風旨ソバ』を食べてみる。

スープは鶏系?の清湯で魚粉がかなり入っている。
魚粉はけっこう荒目のもので、ざらざらした感じが残るのは意見の別れるところ。
麺は低加水の細麺だが、自家製麺のような食感。
叉焼は肩ロースとバラの2種類入っていて、味、量的にも満足できるもの。

総じて無難にまとめたラーメンという印象を持ったが、
反面、強烈な個性は無いため、記憶に残りづらいラーメンという印象も…

ここの近くには、以前「光禅」というこだわりの店があった。
けっこう気に入っていたので何回も通っていたが、数年で店を閉めてしまった。
それ以来なので、今後の展開に期待したい。


麺 Dining ひろまる


………………………………………………………………………


●52)丸め@花小金井


骨董市終了後、編集長の荷物を降ろすために立川へ。
途中で編集長がラーメンを食べたいというのでこちらへ寄り道。

丸め23このところ燕三条系ばかり食べていたので、
かな〜り久し振りにデフォの『塩ラーメン』を…

ところが、この塩が旨かった。(^^)
いつの間にこんなに旨くなったの…
というほどの美味しさ。


背脂系にばかりウェイトを置いているのかと思っていたら、
こういう基本的なところもちゃんと進化していたのネ。
さすがです。(^^;


麺や 丸め


tosimon3 at 04:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0) らーめん 中野区 | らーめん 東京都下

2010年02月06日

店名は変わっても…

●50)三三五(ささご)@あざみ野


市ケ尾の息子のところに行った帰りに寄ってみる…ここに来るのは数年振りになるか…

最初は「たんぽぽ亭」という店名であざみ野の人気店だった。
その後、一時的に「わたぼうし」と店名を変え、
数年前から「三三五」となって現在に至っている。

三三五店三三五








ラーメンはいわゆる青葉インスパイア的なもの。
店名は変わったが、ラーメン自体は殆ど変わっていない。

バランスの良さが身上のラーメンといえるのだが、
具沢山なのもここのラーメンの特徴…これは嬉しい。(^^;

接客の良さも気持がいい。


支那そば 三三五


tosimon3 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 横浜市 

2010年02月05日

町田〜八王子

●48)天国屋@町田/商品化してもらいたいが…


前回食べた生醤油ラーメンのスープを使った塩ラーメンが出来たと、
佐々木さんから連絡を貰ったので食べに行く。

天国屋20スープは前回と同じく叉焼の煮汁を使ったもの。
まだ試作段階だというが、なかなかイイ味出てます。
やはり骨より肉のほうが美味しい、という証明。(^^)

これはこれで商品化してもいいと思うが、
コスト計算をすると結構な値段になってしまいそう。
量が限られるのもネックになるか…

ただ、ウマイことは確かなので、
何らかの形で食べられるようにしてもらいたいものだ。


地獄ラーメン 天国屋


………………………………………………………………………………


●49)圓@八王子市/嘉夢蔵リスペクトの幅広鴨卵麺


『鴨の卵麺+煮干しつけ麺』…これは2日間だけの裏メニュー。

麺は加水の75%に鴨の卵を使ったという “鴨卵麺” 。
今は無き「嘉夢蔵」の麺をリスペクトしたもので、麺の幅は確実に3cmオーバー。

圓25つけ汁はこれ専用に作ったものではなく、
濃口醤油の煮干しスープを濃い目にして使用。
これがかなりイケてます。(^^;

麺だけ食べてみると、卵の香りがスゴイ。
勇次の時代に黒蜜ときな粉で食べたことがあったが、
和菓子を食べているようで旨かったことを思い出す。

最近では自家製麺の店が増え、幅広麺を作るところも散見されるが、
これだけ美味しい麺を食べさせてくれるところは知らない。

麺は茹でるのに10分以上かかるので、とてもレギュラーで提供する訳にはいかない。
やはり嘉夢蔵のように圧力鍋で茹でるしかないのだろうか…


煮干鰮らーめん 圓


tosimon3 at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) らーめん 町田市 | らーめん 八王子市