2008年03月12日

スノボ〜ラーメン

ピラタス蓼科スノーリゾート

2月に続いてラーメン仲間とスノボに行く予定をしていたのだが、
仕事の都合で行けなくなってしまったということで、結局は私一人で行くことに…。

最初は前回と同じ富士見パノラマでいいと思っていたのだが、
途中でピラタスへ行ってみようと、急遽行き先変更。(^^;

ピラタス蓼科は、かなり以前に一度滑った記憶があるが、
富士見パノラマと同じく山頂まで上り、そこから一気にダウンヒル…というコース。

ただ、ここはゴンドラではなくケーブルカーというのが違うところ。
このケーブルカーは1年を通じての観光用なので、3〜40人?は一度に運べるが、
20分おきにしか運行しないのが困るところ。

ピラタス
ここが山頂駅からの滑り出し口。
前に見えるのが縞枯山?
この場所で標高は2237メートルもあり、
ここから一気に公称4キロのダウンヒルになる。
ただ、滑った感じでは、
せいぜい3キロぐらいしかないのでは…という感じ。

ピラタス林間
滑り出すとすぐに林間コースになるのだが、
狭いのでちょっと面白くない。
標高が高いせいか、
コースの大部分がアイスバーン状態になっていて、
スピードを押さえるのに無駄な力がかかってしまう。
面白さという点では富士見のほうがはるかに上だ。



 *   *   *   *   * 


●106)佑庵@岡谷市

午前中数本滑ってスノボを切り上げ、ラーメンを食べに…(^^;
最初は一番気になっていたこちらの店へ。

ビッグ・コミック・スペリオール連載中の「信州ラーメン鑑定団」に掲載され、
ちょっと面白そうな店だとチェックしてあった。
前回、店の場所だけは確認してあったので、迷うことなく到着。

表通りから一歩入ったところにある、一風変わった感じの店舗。
店の前が共同?の駐車場になっていて、どこに停めてもいいと言われる。(^^;

佑庵店
佑庵
ここのスープは “信州黄金シャモ” のガラ出汁、それに魚介出汁と野菜出汁をミックスしたトリプルスープだそうだ。

ちょっとザラッとした舌触りだが、これが何とも味わい深い美味しいスープ。
市川の「葫(にんにく)」を思い出したが、あちらはトンコツベースなので、
食感が似ているだけで、味わいは別のもの。

しかし、このスープのオリジナル性は素晴らしい。
さっぱりとした口当りながら、奥の深いズッシリとしたコクがある。

麺は高山ラーメンに似た細縮れ麺だが、これはちょっと弱いかナ。
中太麺も選べるというのはあとで知った。(^^;
これは注文の時にでも、どちらにするのか聞いて欲しいものだ。

でも、このスープは本当に旨いワ…
久し振りにスープを全部飲んでみたい、というラーメンに出会った。


【麺ごころ 佑庵】
長野県岡谷市本町3-1-3 TEL.0266-22-6115
11:30-14:30 17:30-22:30(S切れ終了) 定休日=火曜日


 *   *   *   *   * 


●107)さくら@諏訪市

こちらも昨年の「長野Komachi」で、一風変わったつけ麺が紹介されていて、
これは機会があったらぜひ食べてみたい…と記憶に残っていた店。

店の前に来てビックリ…すごい店舗だ。(^^;
入母屋造?の堂々とした日本建築。
周囲を囲む黒の板塀が更に雰囲気を醸し出す。

裏手は自宅?になっているようだが、
これだけの店舗を持つラーメン店は、全国を探してもそうはないだろう。
右側に出ているストーブの煙突がどうにも不釣合いだが…(^^;

'99年に上諏訪駅前に「桜亭」という店を造ったが、
'05年に現在の場所に店名を「さくら」と変えてオープンしたという。

さくら店
さくら
看板メニューの『屋台ラーメン』を食べてみる。

薄めの醤油スープに細かい背脂が浮かぶのは、何となく「香月系」を思わせる。
生姜や魚介の香りが屋台らしさといえるのかな?

厚切りで柔らかい叉焼はなかなかの美味しさだが、
麺が汎用のもののようで、これはもう一つ…というところ。

これはこれで美味しいラーメンだと思うが、潮流としては旧タイプに属するもの。
これからの飛躍が望まれる。


【麺屋 さくら】
長野県諏訪市高島4-1619 TEL.0266-52-4677
11:00-14:30 17:00-21:30 定休日=月曜日 P=15台



 *   *   *   *   * 


●108)紋次郎@甲府市

諏訪湖周辺の店は2軒で止め、20号を走って帰路につくが、
甲府近くまで来て「もう一杯ぐらいなら…」という状態に…(^^;

そこで、気になっていたこちらの店に寄ってみることに。

紋次郎店
紋次郎
塩ラーメンが美味しいらしいので、迷わずに注文。

スープの色は薄い醤油色をしているが、醤油を使っている訳ではなさそう。
ベースは鶏のようで、魚介の使い方はやや控え目。
ちょっとオイリーな感じはチー油?…その香りが全体を支配している。

複雑な味の塩ラーメンではないが、この味は悪くないと思う。
叉焼は厚切りのもも肉だが、これはもう一つ。

トータル的なバランスとしては、まだ微調整の余地有りだが、
塩ラーメンとしてのレベルは水準以上と思う。


【麺道楽 紋次郎】
山梨県中央市若宮29-6 TEL.
11:00-14:30 17:00-21:00 定休日=月曜日 P=10台?(共同)


tosimon3 at 12:33│Comments(4)TrackBack(0) スノーボード | らーめん 長野県

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 靜岡人   2008年03月14日 22:39
行く前にもラーメン、滑り終わってもラーメン、いやはや尊敬いたします・・・
2. Posted by トシモン   2008年03月15日 17:25
>静岡人さん
いやいや、私的にはこれがフツーなんですが…(^^;
今年はもう一回ぐらい滑りに行きたいんですけどネ。
3. Posted by あなぐま   2008年03月21日 02:47
ピラタスは初心者向けのゲレンデですよね。
ウチでは子供が大好きです、とばせるって。

佑庵は独特なスープですよね。
あまり他で飲んだことのないスープです。
さくらは、屋台ラーメンはインパクト少なすぎ、
つけ麺や、マー油を効かせた「黒屋台」は結構いけます。

また長野レポ、楽しみにしておりますね〜
4. Posted by トシモン   2008年03月22日 00:22
>あなぐまさん
最近、長野は良いお店が増えてきましたネ〜。
中でも佑庵はオリジナリティという点で頭一つ抜き出ているかと。
今年は長野を攻めてみたいと思ってますので、ヨロシクです。

コメントする

名前
 
  絵文字