2010年06月08日

福井〜金沢

福井の伯母が亡くなったので、急遽焼香に行くことになった。
せっかくなので、帰りに福井と金沢でちょっとラーメンを…(^^;



●234)若竹食堂@越前市/老舗の中華そば店


越前市で昭和35年から50年近くも営業を続けている老舗。
基本的には「食堂」であって、メニューには蕎麦、ウドン、丼物等何でもあるが、
ここの一番人気は、注文の6割を占めるという「中華そば」。

若竹食堂店若竹食堂







透明感のあるスープは、鶏ガラ7、豚骨3という割合のボディのしっかりとしたもの。
やや化調感はあるものの、旨味は十分にある。
弾力性に富んだ自家製の細麺は、スープの持ち上げも良く美味しい。

スープの魚介系はそれほど強くはないが、動物系をしっかりと支えている。
強烈な個性はないが、やさしい味が身上のラーメン。
叉焼の他にハムが半分入っているのが特徴的。


若竹食堂


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●235)一喜(かずき)@坂井市/屋台から進化したラーメン


この店のご主人は屋台経験のある方らしいが、その集大成がこの店とラーメンか…

一喜店一喜







メニューは「赤丸(あっさり)」「青丸(Wスープ)」「白丸(豚骨こってり)」の3種類。
とりあえず赤丸の『中華そば』を食べてみることに。

こちらは屋台ラーメンを基本にしているようで、その片鱗がうかがえる。
サッパリ系ではあってもスープの旨味は十分にあり、物足りなさは感じられない。
中太麺も良い感じで絡んでくるが、叉焼が2枚、ボリュームのあるメンマ、
ナルトも何故か2枚入って550円というコスパの高さには驚かされる。


らぁめん 一喜


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●236)神楽@金沢市/金沢を代表する名店


越前海岸から加賀海岸と海岸線沿いを走り、夕方に金沢へ到着。
実は、私のオヤジは石川県の鳥越村というところの出身なので、
小さい頃はよく遊びに来ていた懐かしい場所でもある。

金沢に着いてまず向ったのは、長年の宿題店でもあるこちらの店。
'00年にラーメン専門店として開店するも、途中で讃岐うどん店に転身、
'07年に再度ラーメン専門店として再出発したという異色の店。

神楽店神楽







最初なので、やはり基本の『中華そば』を食べてみる。
見ただけで美味しいと感じさせてくれるルックスの良さがある。

口に入れれば、麺、スープ、具が三位一体となって五感を刺激してくる。
素材同士のバランスの良さはさすが…と思わせるレベル。
確かに人気店になるだけのクオリティはあると思うのだが、
ちょっと気になったのがかすかに感じた “酸味”。

古式天然醸造醤油を使っているというので、おそらくそれからの酸味と思うが、
この酸味が他の出汁のジャマをしているような感じがした。


中華そば 神楽


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●237)亀次郎@金沢市/昔懐かしいあっさりラーメン


金沢で35年以上も「亀ちゃん」の愛称で市民に親しまれてきた「亀甲庵」。
その店を息子さんに譲り、新しく立ち上げたのがこの「亀次郎」。
今も昔の味を懐かしんで、遠くから通うお客さんが絶えないという。

亀次郎店亀次郎






広い駐車場に車を停めて、店の写真を撮ってから店内に入ると、
水を持ってきたオカミさんに「写真撮ってたけど、手を振ってたの見えました?」
と聞かれてしまう。(^^;

手を振ってたとは知らなかったが、それがきっかけで色々とお話させていただいた。
こういう気さくなところが、長年お客さんに親しまれてきた理由なのかもしれない。

ラーメンは何となく老舗の風格を感じさせるものだが、
しっかりとした出汁感があり、自家製の麺もプリプリとして美味しい。
こういうラーメンがある街がうらやましい。


亀次郎


tosimon3 at 13:52│Comments(0)TrackBack(0) らーめん 福井県 | らーめん 石川県

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字