2012年12月15日

屋久島紀行 3日目

3日目の朝は足の筋肉痛で目が覚める。
朝食のために食堂へ向かう参加者全員、足取りが重い。(^^;

朝食後は痛む足を引きずりながら島内観光。
生憎の雨模様だが、まずは志戸子ガジュマル公園へ。

アコウガジュマル3



















このガジュマル園は島の北部の海岸沿いにあり、
園内にはガジュマル、アコウ、タブなどの大木が密生している。
屋久島というのは海抜0m〜約2000mと異常な高さの島のため、
海岸近くは亜熱帯に近く、島の中央部は亜寒帯という特殊な気候になる。
そのため、海岸近くではこのような温帯〜亜熱帯性の植物が群生している。
ちなみに屋久杉が生息するのは海抜600m以上とのこと。

ガジュマル園を出る頃には、雨脚が強くなりだすが、
次の予定地である白谷雲水峡へ向かう。

雲水峡滝

この雲水峡は、白谷川沿いに展開する苔の森で、
アニメ映画「もののけ姫」のモデルになったということで知られる。

Nさんの「すぐですよ」という言葉を信じて、全員痛む足を引きずって出発…
したのはいいが、昨日の縄文杉ルートとそれほど変わらない登り道の連続。
皆歩きながら「まだなの?」「こんな筈じゃ…」と文句タラタラ…(^^;

もののけ4

それでも何とか全員「もののけ姫の森」に到着。
森全体が苔に覆われ、幽玄な雰囲気が漂う。

もののけ森

しかし、ここでも雨が強くなってきたため、早々に帰途につく。
屋久島の年間降雨量が8,000〜10,000mmにも及ぶというのは本当らしい。


  *    *    *    *    *    *    *  


431)ギャラリーレスト@屋久島観光センター2F

何とか車まで戻り、どこかでお土産を買いながら食事でも…ということで、
ガイドの西さんに案内してもらったのが「屋久島観光センター」。
ここの2階には「ギャラリーレスト」という店があるので入ってみると、
メニューに「トビウオラーメン」というのがあった。
あればやっぱり食べるでショー。(^^; 

飛魚ラーメン

トビウオの唐揚げが丸々1匹分、半分に切られて乗っている。
土産品売り場にも持ち帰り用のトビウオラーメンが売られていたので、
屋久島の名産品になっているようだ。

「煎汁(せんじ)」という液体状のものが一緒に出てきたのだが、
これはゴマサバのエキスを濃縮したものらしく、
ラーメンに入れると独特の味と風味が増すのだが、
個人的にはアゴ出汁との相性は決して良いとは思えなかった。

このラーメンも初日に食べたラーメンと同じように、
醤油ダレの味先行で、動物系が弱くしょっぱい。
唐揚げや飛びっ子が入っているので、その塩気が出たのかもしれないが、
そこまで考慮して調理されてはいないらしい。

屋久島で食べた2杯のラーメンは、化調があまり強くなかったのがせめてもの救い。


tosimon3 at 05:21│Comments(2)TrackBack(0) らーめん 九州 | 巨樹・巨木

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たけと   2013年01月27日 13:52
はじめまして、ブログ楽しく読ませて頂きました。
透き通るスープで魚介系なんですね。
屋久島に行く機会があったら食べて見ます。トビウオ珍しいですもんね^^
2. Posted by トシモン   2013年01月27日 17:09
>たけとさん
初めまして…いつもありがとうございます。
屋久島のラーメンは殆ど登録が無くて行き当たりバッタリでしたが、島内には専門店も何軒かあるようです。

コメントする

名前
 
  絵文字