らーめん 静岡県

2011年04月09日

125)ちっきん@藤枝市/126)燕@島田市/127)奏心@島田市/128)わいも@静岡市

ちっきん

ちっきん1『煮干しラーメン(あっさり)』

これはこれで美味しい。
コッテリもあったが、煮干し油?が多くなるだけ。
個人的にはアッサリのほうがいいかな…



 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

麺屋 燕(つばめ)

燕2『つけ麺』

ここでは初めて食べるつけ麺だが、
麺は細麺で、ラーメンと同じものか?
つけ汁は鶏系のあっさり醤油味。



 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

らぁ麺 めん奏心

奏心6『煮干しラーメン』

こちらでも限定で煮干しラーメンがあったが、
ガツン系の煮干しではなく、あくまでもバランス系。
スープ、麺、具材と、どれをとってもスキが無い。



 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

旬菜酒房わいも

わいも1『シャモ骨白湯ラーメン』

こちらへ来るのは2回目なので、
今回はシャモ白湯のほうを食べてみる。
清湯に比べ、濃厚さではこちらに軍配が上がるが、
シャモの旨味という点ではどうだろう。
個人的には清湯のほうが好きだが…


tosimon3 at 04:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月16日

湯河原〜静岡

●64)飯田商店@湯河原

飯田商店テボ店に入ると、ロックの嶋崎さんから貰ったテボが、
何か誇らしげに飾ってあった。
「宝物」だそうだ。(^^;





飯田商店4『鰹と昆布の濃厚水出しからませつけ麺』

やたらと長い名前のつけ麺だが、
次々と変化する味を楽しむことが出来る。
少なくとも今年食べたつけ麺の中ではNo.1。



らぁ麺屋 飯田商店


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●65)わいも@静岡市

わいも店静岡駅からほど近いところにあるこの店。
いわゆるフツーの居酒屋さんなのだが、
駿河シャモを使ったラーメンが美味しいと、
最近静岡のラヲタの間で話題になっている。
ならば食べてみなくては…と、
この方この方に案内してもらう。


わいも清湯わいも白湯







居酒屋さんなので、ラーメンだけの注文はできないということで、
まずはお酒と数点のおつまみ類を注文するが、どれもがなかなか美味しい。
ご主人のセンスの良さを感じる出来だ。

そうこうしているうちに、単身赴任ラヲタMさんも合流。(^^;
最後に頼んだのが上の写真の『駿河シャモラーメン(塩)』(写真左)と、
『シャモ骨白濁ラーメン』(写真右)。

私はシャモラーメンを食べたが、鶏の旨味が凝縮されたなかなかの味。
シャモ出汁の濃厚さもさることながら、塩ダレが良く出来ている感じ。
そうでなければここまでの味にはならないと思う。
麺や具といった細かい部分には、もう一つの感はあるものの、
これが居酒屋さんのラーメン…というところに驚かされる。


味以外で気になったのは、最初から入っている温泉玉子。
これをスープに溶かしてしまうと、せっかくの美味しさがスポイルされてしまう。
個人的にはこれは必要無いどころか、他の具もいらない。
“かけ” で食べるのが、このラーメンには一番合っているような気がする。

味見をさせてもらった白湯のほうも、清湯に負けない味…どころか、
こっちのほうが美味しいのでは…と思える味。
ラーメン専門店でも、これほどのレベルのものにはあまりお目にかかれない。
コストが割高になるのが唯一の難点だが、いやいや参りました。(^^;



tosimon3 at 19:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月29日

静岡で久々の6杯…

●35)伊駄天<藤枝本店>@藤枝市

伊駄天33『朝煮干し』

朝ラーとは言っても、志太系とは違う味。
煮干しはガツンとくるほどではないが、
バランス良くし上がっている。
伊駄天らしい一杯だ。


麺行使 伊駄天


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●36)森下そば店@藤枝市

森下店森下







藤枝市を中心として10店近くが存在する「志太系」といわれる朝ラーの店。
その中でも評判の良い店がこちら。
営業は土日のみの7〜13時とハードルが高い。

ここへ来るのは初めてだが、『塩ラーメン』があるというので食べてみる。
志多系とは趣を異にするラーメンだが、塩ラーメンとしてはなかなか美味しい。
かなりの数のお客さんが塩を頼んでいたことでもそれは証明される。

森下そば店


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●37)ちっきん@藤枝市

ちっきん店ちっきん







こちらも朝ラー営業をする店だが、志太系とは異なる。
夕方からは餃子の店になるようで、いわゆる “二毛作” 営業店。

『朝そば』というのもあったが、あえて『醤油ラーメン』を…(^^;
清湯系のさっぱりとしたラーメンだが、出汁感もありなかなか美味しい。
大きなシナチクが印象的。

ちっきん


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●38)めん奏心@島田市

こちらへ来るのは開店以来3回目になるが、
次々と魅力的な限定を出すので、目が離せない店になっていることは確か。

奏心5今回は冬場限定の『トマトラーメン』が目的。
トマトといえば夏場の野菜…と思ってしまうが、
こちらの「フルーツトマト」は冬が旬だとか…

それを贅沢に使ったのがこのラーメン。
鶏をベースにした塩仕立てのスープに
爽やかなトマトの酸味がよく合っている。

プチトマトを使ったラーメンとしてはDue Italian@市ヶ谷が秀逸だが、
こちらは和のテイストをうまく組み合わせており、違った意味で美味しい。

らぁ麺 めん奏心


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●39)選り道(よりみち)@三島市

寄り道店寄り道







昨年7月に三島に出来た新店。
つけ麺がイチオシ?のようなので食べてみることに…
つけ汁には醤油の他にトマトなんていうのもあって、ちょっと引かれたが、
マアとりあえずは初めてなので基本の醤油から…(^^;

麺は5mm幅ぐらいの平打ちだが、やや固めなのでモチモチ感に欠ける。
もう少し長く茹でたほうが美味しくなると思うのだが…
つけ汁は醤油ベースの魚介系だが、マタオマではないのがイイ。
ワサビが付いていて、これを溶かすと味が変わるが、個人的にはいらないか…
麺とつけ汁のバランスがもう一つだが、麺を変えることで解決できるかも…

選り道


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

●40)毎度!@三島市

今回のツァーの最後はこちらで締めることに…
煮干しラーメンの『リスペクトEN』というのをやっているので食べに来た。

毎度15「EN」というのは勿論「圓@八王子」のこと。
少し前に菊地さんが圓に食べに行った際、
このメニューを考えついたという。

これまで『にぼにぼ』というメニューはあったが、
それとは全く別物に仕上がっている。
圓同様に煮干し感はかなりのもので、
菊地さんの力の入れ方がビシビシと伝わってくる一杯になっている。
これをレギュラーでやってくれると嬉しいのだが…(^^;

支那そば家 毎度!

tosimon3 at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月10日

静岡遠征

●393)燕@島田市

骨董市が雨で中止になりそうなので、Y氏と静岡遠征に行くことに…(^^;
最初の店は、朝ラーが食べられるこちらの店へ。

燕1朝ラーの時間帯営業ではあっても、
メニューは一般的なラーメン店のものと変わらない。

『塩ラーメン』は、澄んだ清湯スープが美しい。
味もルックス同様に洗練されたもので、
バランスの良いスープが朝から喉に心地よい。



麺屋 燕


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●394)七福神<森町本店>@周智郡森町

七福神店七福神






2軒目は「静岡ラーメンマップ」で紹介され、評判が良かったこちらの店。
島田から車で約1時間ほどもかかる所なので、なかなか来ることが出来なかったが、
来てみると、こんなところに…というほどのローカルなところにあった。

『つけ麺』が人気のようなので、醤油味のつけ汁で食べてみる。
ややオイリーなところは、清湯系なのでやむを得ないのかもしれないが、
サッパリとした味は、つけ麺の原点を思わせてくれる。
わざわざここまで足を運ぶ価値があるか…というと疑問は残るが…(^^;


七福神 森町本店


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●395)めん奏心@島田市

奏心4こちらへ来るのは8月の試食会以来だが、
9月の開店以来、ずっと忙しい日が続いているとか…

試食会には無かった『鶏香油醤油そば』。
チー油の香り高いスープは、鶏の旨味が凝縮され、
高い技術に裏打ちされた味が楽しめる。
今後、増々目が離せない店だ。


らぁ麺 めん奏心


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●396)わさらび@沼津市

わさらび88新しい限定の『サンマそば』。
サンマを材料にする店は何店かあるようだが、
個人的にはラーメンの材料としては疑問があった。

しかし、このラーメンを食べてみて、
それが間違いだったことに気付かされる。
いつもながらレベルの高いラーメンだ。


a href="http://ramendb.supleks.jp/shop/5726">支那そば屋 わさらび


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●397)野の実@東名高速上り足柄SA内

野の実あの佐野実氏がプロデュースした店。
何故にサービスエリア…という疑問は残るが、
“ラーメンの鬼” の味がSAで食べられるのは嬉しい。

そう思いつつ醤油を食べてみるが、
動物系の弱さがちょっと気になるレベル。
支那そばやの味とは、一味も二味も違う。


a href="http://ramendb.supleks.jp/shop/30086">創彩麺家 野の実


tosimon3 at 04:34|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2010年08月20日

ガンダムが…

●327)唐辛子@伊豆高原


唐辛子 31昼はこちらでカレー担々麺と思ったが、
材料が用意できていないということで、
ノーマルの担々麺を…
こちらはこちらで美味しいのだが、
カレーの味を知ってしまうと、
何だかちょっと物足りないような気も…


ラーメンハウス 唐辛子

 ………………………………………………………………………


●328)Bee Hive


ガンダム1夕方になって東静岡へ出かける。
東静岡駅の北口にある広場では、
「静岡ホビーフェア」が開かれていて、
話題のガンダムが展示されている。
個人的にガンダムに思い入れはないが、
その大きさにはナルホド…と思う。

ただ、これだけの模型なのに、
動くのは頭だけというのは寂しい。
せめて剣を持つ右手だけでも動けば、
もう少しインパクトがあると思うのだが…


この会場の一画に「お台場ラーメンパークinホビーフェア」として、
ラーメン店が6店出店している。

これは「お台場ラーメンパーク」が再現されたもので、
出店しているのは「いろは」「地雷源」「せたが屋」
「つじ田」「Bee Hive」「きび」の6店。(第1弾)

ビーハイブ9こちらはBee Hiveの『冷塩ロック』。

ロックというと町田のあの店を思い出すが、
おそらく無関係。(^^;
スープにシャモロックを使っているので、
たぶんそれからの命名ではないかと…

黄金色に澄んだ冷たいスープは、通常のラーメンと同じだが、
トリュフの香りはあまり強くなく、揚げニンニクの香りが支配的。
いつもながらのバランスの良さは健在で、
塩ベースながらグイグイと食べさせてしまうパワーはさすが。


tosimon3 at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月07日

試食会

●312/313)奏心@島田市


静岡の島田市金谷に新しい店が誕生する。
今日がプレオープンということで、試食会に参加させていただいた。

ご主人とは以前、静岡オフでご一緒したことはあったのだが、
あまりお話することが出来なかったので、未だにどういう方なのか不明。(^^;
分かっているのはほぼ独学でここまで漕ぎ着けた、ということ。

奏心店奏心店内






木の香も新しい、出来上がったばかりの店舗。
店内はセントラルキッチン方式で、スッキリとしたレイアウトが印象的。

奏心醤油今日は醤油、汐、つけ麺のみの提供で、
これは『半玉醤油らぁめん』。

まず最初に感じるのは、醤油の香りが特徴的なこと。
地元の4種類の醤油をブレンドしてあるそうだが、
そのせいか、工業的に作られた醤油でなく、
自家製醤油的な味、香りが際立つ。
国産小麦を使った自家製麺の麺も、全粒粉未使用ながら香りが高く、
しなやかでありながらコシのしっかりとした味が楽しめる。
ただ、加水がやや高め?のため、後半少しダレる感じがあったので、
この辺が調整されると、もっと美味しくなるのではないか…

奏心塩こちらは同行者が食べた『半玉汐らぁめん』。
こちらも素材同士のバランスが良く、
塩ラーメンとしての完成度は高いと思われる。





奏心塩つけ2杯目は『本枯節入り半玉汐つけ麺』。
汐ラーメンのスープを濃い目にチューニングして、
鰹の香味油?が入るせいか、鰹節の香りが際立つ。

麺は太目平打ち麺で、こちらのほうが旨さを感じる。
冷水で締めてあるせいか、コシもなかなかで、
つけ汁の持ち上げ、相性も文句無し。

総合的に見ると、どこをとってもスキのない完成されたラーメン。
オープン前からこんなに完成されててどうするの…としか言いようが無い。
少しぐらい伸びしろを残しておいたほうが、
作るほうも食べるほうも何となく安心できるというもの。(^^;
あまり肩肘張らずに今のレベルを保っていって欲しいと願う。

なお、グランドオープンは8月27日午前11時。



【めん 奏心】
静岡県島田市金谷栄町3538 TEL.0547-46-0160 
定休日=水曜日
営業時間=11:00〜スープ切れまで(8月26日まで)
8月27日以降=11:00〜14:00/金土日のみ17:30〜21:00

めん 奏心 営業ブログ

tosimon3 at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月24日

伊豆高原〜静岡

●261)唐辛子@伊豆高原/ひと味違う冷やし中華


唐辛子 27昼はこちらで『冷し中華』。

一般的な冷やし中華とはちょっと違う。
自家製クレソンなどが散らされて、
マスターらしい香りを重視した独特の味。

中華ダレも自家製なので、なかなか美味しい。


ラーメンハウス 唐辛子


 ………………………………………………………………………


●262)権坐@静岡市/自家製麺に期待


夕方になって静岡市へ…
伊駄天の3店目の支店となる「権坐(ごんざ)」が県庁近くに開店するということで、
それに先立つ試食会に参加させていただいた。

この権坐という店は、基本的につけ麺専門店としての位置づけになる。
静岡伊駄天とは距離的に近いので、こういう差別化を余儀なくされたということか…

権坐店権坐







つけ麺専門店なので、出てきたのはもちろんつけ麺。(^^;
豚骨ベースの濃厚魚介系で、それ自体は新鮮味に欠けるところはあるものの、
極太麺がモチモチとしてヒジョーに美味しい。

聞いてみると、何と自家製麺だとか…
店の奥が製麺室になっていて、そこで麺作りをしているそうだ。
まだ始めて間もないというが、最初からこんな麺を食べさせてくれるとは…
今後に増々期待が持てる試食会だった。(^^)


麺行使 伊駄天


 ………………………………………………………………………


●263)花城@静岡市/バランス重視だが…


その後、試食会で一緒になったマイミクさん達とこちらの店へ。
今年5月に開店したばかりの新店なのだが、なかなか評判がいいようで…

「麺ダイニング」というサブの通り、夜はラーメン居酒屋になるらしい。

花城とりあえず『醤油ラーメン』を…

鶏と醤油の香りが印象的な清湯系のラーメン。
かなりバランス重視の組み立て方と思われるが、
その点では支那そばや的なイメージも…

これという突出したところの無い味は、
良く言えば優等生的で美味しいのだが、反面、おとなし過ぎて特徴が無いというか、
記憶に残りづらい面を露呈してしまうことになる。

敢えてバランスを崩すことも必要なのではないだろうか…


麺ダイニング 花城


tosimon3 at 04:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月12日

静岡の新店と人気店と…

●185)すまいる@静岡市/意外に美味しいけど…


久し振りに静岡市へ…
葵区羽鳥に3月に出来た「すまいる」という店の評判がいいようなので、
これは食べてみなくては…と、マイミクさんと行くことに。

以前は金泉軒という中華料理屋さんだったらしい。
それがリニューアルしてラーメン専門店…ということは代替わり?

すまいる店すまいる






評判がいい『塩ラーメン』を注文。
見た目からは旨そうなオーラは伝わってこないが、食べてみると意外に美味しい。

完全無化調ということだが、よくありがちな物足りなさは全く無く、
Wスープの良さを十分に味わうことができるのだが、
現在の私的な塩ラーメンのレベルは、かなり高くなっているので、
それを基準にしてしまうのは酷というものか…(^^;

うまくまとまっているラーメンだとは思うが、まだ発展途上の感有り。
盛付け一つ、あるいは麺にしても改良の余地はありそうなので、
今後に期待したいと思う。


らーめん すまいる


 ………………………………………………………………………


●186)伊駄天<静岡店>@静岡市/この店ならではの醍醐味


引き続いて、こちらも久し振りの伊駄天静岡店へ…
昨年の12月以来なので、半年振りということになるが、
本店には随分と行ってない気がする。

伊駄天32限定の四季彩菜麺『香草つけ麺2010ver』を…
立川のラースクで出していたものを、
静岡バージョンにしたものだそうだが、
いつもながら香草の使い方は見事の一言。

麺がバジルソースで和えてあるので、
そのまま食べると香草和え麺。

上にかかっているトマトソースを混ぜると、イタリアンテイストに変化して、
つけ汁につけると和のテイストが前に出てくる。
この変化の妙は、ここならではの醍醐味だろう。(^^)


麺行使 伊駄天 静岡店

tosimon3 at 04:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月22日

伊駄天静岡店23日開店

●276)伊駄天@静岡市


伊駄天店伊駄天店内







伊駄天の静岡店が明日23日に開店する。
今日は夕方5時からプレオープンがあるというので来てみた。

店は静岡駅から歩5分ほどの御幸町にあり、かなり良い場所といえそう。
間口は狭いが、奥に長い店内でカウンターのみ10席?ほど。
静岡市の台風の目になることは必至だ。

伊駄天29今日は醤油、塩、煮干しのみの提供というので、
『匠 煮干し醤油』をいただくことに。

いつもと同じと思ったら、かな〜り強めの煮干し。
開店に向けて気合いが入っていることが分かる。
この味を継続してくれると嬉しいのだが…(^^;



麺行使 伊駄天
【伊駄天 静岡店】静岡市葵区御幸町7-5


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●277)卓次朗商店@沼津市


卓次朗11









卓次朗商店


tosimon3 at 05:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月21日

名古屋〜伊豆高原

●177)ハードロックヌードル@八事(名古屋市)


国際イベントホールで開かれた骨董市を見たあとは、こちらへ…
名古屋へ来たらここへ寄る…っていうのが定番になりつつある。(^^;

ハード1ここへ来るのは2回目なので、
今回は『Red』をいただくことに。

オペレーションを見ていると、
前回来た時は、何だか危なっかしい感じだったが、
随分と慣れてきたようで、手際もよくなり、
安心して見ていられるようになった。(^^;

『Red』のスープは、見た通りの赤い色をしているが、
トマトと味噌がベースになっているので、それほど辛くはない。

食べてみると、これまで味わったことのない味…
洋風と和風がうまくミックスされた、なかなかユニークな味付け。
思っていた以上に美味しいのだが、量が多い。
もう一軒ぐらいと思っていたのだが、ここだけで打ち止め。
連食には向かない店だ…(^^;

汁無し麺もメニューにのっていたので、これも気になる。


ハードロックヌードル


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●178)唐辛子@伊豆高原


帰りは伊駄天@藤枝に寄るつもりだったので、
ハードロックヌードルのカジータさんから麺を預ってきたのだが、
店に着いてみると、何と夜の部だけ臨時休業…(T_T)

という訳で他の店に寄る気力もなくなり、真直ぐ伊豆高原へ…
預ってきた麺をそのままにしておく訳にもいかないので、
唐辛子のマスターに頼み込み、“麺持ち込み” で食べさせてもらうことに…(^^;

唐辛子92作ってもらったのが『汁無し担々麺』…
この麺は茹でてそのまま食べても美味しいのだが、
一度水で締めると一層美味しくなる。
要するに「つけ麺」向きの麺なのだ。

マスターの手打ち麺で作る汁無しも旨いが、
この麺で作った汁無しも美味しかった。(^^)

唐辛子筍これはごちそうになった筍の煮物。
前回来たときは、まだ早かったようだが、
今はちょうど食べ頃らしい。

実家の竹やぶが無くなってしまったので、
筍が懐かしく感じる。(^^;



ラーメンハウス 唐辛子

tosimon3 at 17:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月06日

名古屋〜浜松〜焼津

●101)ハードロックヌードル@八事(名古屋市)


浜松で骨董市があるのだが、開場が午後からということなので、
その前にちょっと名古屋まで足を延ばしてみることに。(^^;

実は先月末、私の友人が名古屋市内でラーメン店をオープンさせたので、
機会があれば行ってみたいと思っていた。

その店の名前は「ハードロックヌードル」…(^^;

なんじゃそりゃぁ…と思われる方もいるだろうが、
「ロックンロールワン」なんていう超有名店もあることだし、
インパクトがあって良いのでは…(^^;

ハード店店の場所は、昭和区の八事という交差点近く。
前には大型ショッピングセンター、
裏には中京大学という好立地にある。

この写真は食べ終った後で撮影したが、
シャッターが半分閉まったまま…ダイジョウブか…


店内4内外装共に黒で統一されたシックな作り。
カウンターには席ナンバーの数字がプリントされ、
自分が何番なのか…ってあんまり重要じゃないけど、
面白い試みであることは確か。(^^;

その他、丼をカウンター上に戻すピクトグラムとか、
前職の影響が強く出た店作りになっている。

店内1開店してからまだ1週間というのに、
既にTVの取材が2本も入ったとか。

カウンター裏の壁には、ギャル曽根、
モンキッキー、関根麻里などのサインが…(^^;

放映後の対応はダイジョウブか…

ハードロックメニューは『BROWN』と『RED』のみなので、
とりあえず『BROWN』を食べてみる。

スープは牛と鶏からとった清湯スープ。
そこに自家製の極太麺が入り、
多めのモヤシ、牛のしぐれ煮と、
一緒に煮込まれた小さいタマネギが乗る。

この牛しぐれ煮が入ることで、既成のラーメン店にはない味になるのだが、
このしぐれ煮が旨い…ラーメンよりご飯に合いそう…(^^;

スープは甘味を抑えた文字通り “ハード” タイプだが、ちょっとしょっぱ目。
ここに味の濃いしぐれ煮が入るので、更にハードな味に…(^^;
この辺はもう少しバランスを取る必要があるかも…
個人的にはもうちょっと甘味が欲しいところ。

味の方向性は明確なのだが、まだ味の組み立て方が付いて行けてない感じ。
更なる進歩を期待したいと思う。


【ハードロックヌードル】http://blog.livedoor.jp/hardrocknoodles/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●102)喜多楽@東別院(名古屋市)


昨年末に来た時は、TVの撮影が入っていて食べられなかったので、
名古屋まで来たからには…とこちらへも寄ってみることに。

喜多楽4ラーメンウォーカー東海とのコラボ商品、
『追い煮干し中華そば』を食べてみる。

人気の『今昔中華そば』をベースに、
追い鰹の方式で煮干しをブレンドしたもの。

ガツンと来るようなテイストではないが、
フワ〜ッと香る煮干しが、スープの美味しさをイイ感じで引き出している。(^^)

名古屋でも今年は煮干しが来るか…(^^;


麺家 喜多楽


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●103)影武者@藤枝


その後、磐田に住む友人のところに寄り、
その帰りに「八五郎」でも…と思ったが、今日も休みだった…orz
これで3回連続で振られている。
いつになったら食べられるのだろうか…(^^;

という訳でやって来た今日の3軒目がこちらの店。
伊駄天が豚骨系のみのセカンドブランドとして、
金曜夜に展開しているのが、この「影武者」。

この影武者には随分と前に一度来ている筈なのだが、
当時よりも「かなり味は進化している…」と聞いていたので、機会を狙っていた。

影武者店影武者







メニューは豚骨のラーメンとつけ麺のみなので、とりあえずラーメンを…

もっとドロドロ系の豚骨かと思っていたのだが、意外にもサラッとした仕上がり。
しかし、豚骨の旨味だけは「これでもか」というほど出ている。
このバランスは、個人的には好みのものだった。(^^)
これ以上濃いものは、ちょっと…という感じ。

もともと豚骨系は得手でないので、豚骨の本当の旨さというのは分からないのだが、
それでもこのスープの美味しさだけは十分に感じ取ることが出来た。
次回はつけ麺を食べてみたい…と思わせる味だった。


【麺行使 伊駄天】http://www.idaten-ramen.net/main.html

tosimon3 at 13:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年01月05日

麺が気になる…

●9)藤堂@三島市


世間が動き出したようなので、私も動くことに…(^^;
とりあえず伊豆へでも行ってみようか…と思ったのだが、何故か沼津に…(笑)

月曜日なので、休んでいる店が多いのだが、こちらは営業していた。
7時半頃に到着すると、駐車場は満杯だし、表には5人ほどの待ちも…

藤堂1110分ほど待たされて店内へ。
夜の部限定『柊』が売切れというので、
『冬月』の醤油を食べることに。

基本の『雫』に柚子をプラスしたもの?
…かどうかは定かでないが、
このラーメンには柚子がよく合っている。

ただちょっと残念なのは、これに使われている細麺がいささか弱いこと。
モタッとした食感も個人的には好みでないが、
この麺でなくてはいけない理由はないと思う。

もっとこのスープに合った麺があるはずなのだが…


【めん処 藤堂】http://td.orpro.jp/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●10)めんりすと@三島市


続いてこちらの店へ…
やっているかどうか分からなかったのだが、昨日から営業していたようだ。

何を食べようか迷っていたら、木下さんが、
「これもできますよ」と別の限定メニューを出してくれた。

その『ぽ・も・ど・ろ』という名称は、明らかにイタリアンからのもの。
トマトベースのラーメンらしいが、さっそくいただくことに…

めんりすと11一般的なトマトラーメンからすると、
トマトの量はそれほど多くない。

油がやや多めで、胡麻油も感じるのだが、
それだけではないと思ったので、
思わず「オリーブオイル?」と聞いてしまったが、
オリーブ系は使ってなくて、
その他種々の油がブレンドされているらしい。

途中でレモンやチーズ、タバスコなどを加えることで味の変化が楽しめるが、
チーズを加えたところで胡麻油が気になり出す。

最初は中華寄りのトマトラーメンだったのが、
チーズを加えることでイタリアンテイスト寄りになってしまい、
胡麻油との整合性が悪くなってしまうのだ。

チーズを入れなければ、中華寄りのトマトラーメンとして美味しいので、
胡麻油を減らすか、チーズを減らすか…新年早々、究極の選択だ…(^^;

それと、こちらでも麺が気になった。
使われている細麺自体は美味しいのだが、このスープだといささか役不足。
かなりインパクトのあるスープなので、太麺のほうが合うのではないだろうか。
食べてみないと分からないが…(^^;


【めんりすと】http://www.menristo.com/

tosimon3 at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月09日

伊豆高原の新店

●530)笑楽@伊豆高原


前回伊豆に来た時に、唐辛子のマスターから新しいラーメン店の話を聞いていた。
なので、昼前にちょっと伊豆高原の駅前まで行ってみる。

駅の南側、八幡野口から真直ぐに延びる道路沿い、歩2分右側、
長屋のような建物の一画にある。
駐車場はないようなので、駅前のPに停めて歩いて行く。(1時間まで無料)

店の名前は「神戸ラーメン 笑楽」。

神戸ラーメンというのは第一旭とか第二旭しか知らないので、
どうこう言える立場ではないが、
何でここに神戸ラーメン?…というギモンのほうが大きい。(^^;
とりあえず店に入って食べてみることに。

店内はカウンター7席?と、奥に小上がり。
中年のオヤジさんと奥さん?の2人でやっているようだ。

笑楽店笑楽








『神戸ラーメン』を注文。
出来上がるのを待っていると、おかみさんが
「キムチでも食べていてください」と卓上のケースを指差す。
せっかくなので、小皿に少し取って食べてみるが、化調が…(^^;

濁った醤油色の強い豚骨スープに、低加水のストレート麺。
記憶にある神戸ラーメンと何となく似ているので安心する。

甘めの豚骨醤油のスープは、思っていたより化調感もなく、
オーソドックスなラーメンとして、これはこれで美味しいと思う。(^^)

ご主人に話を聞こうと思ったら、お客さんが次々と入ってきて、
何も聞くことが出来なかった。
詳細は次回にでも…

営業時間=11:30-14:00 17:00-22:00
定休日=日曜日


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●531)唐辛子@伊豆高原


いつもの通り帰りがけに寄ると、これまたいつもの常連さんが…(^^;
この店で知り合った方は数知れず…
すぐにオトモダチになれてしまうのが、この店の面白いところ。

唐辛子82今日はフツーのラーメンもあるというが、
久し振りに『担々麺』を食べることに。

今ではお客さんの8割が注文するという担々麺。
その看板を掲げているので当たり前なのだが、
文字通りここの “看板メニュー” 。(^^;

担々麺らしくない担々麺…そんな担々麺があってもエエじゃないか…(^^;



【ラーメンハウス 唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html


tosimon3 at 11:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年12月08日

煮干しと海老と…

●528)めんりすと@三島市


ここ2週間ほど伊豆へ行ってなかったので出かけるが、やっぱり沼津回りで…(^^;
しか〜し、今日は月曜日なので休みの店が多い。

そんな訳で、まずはこちらの店へ…

以前試食させてもらった煮干しラーメンが、
『に・ぼ・し・お』としてメニューになっていたので、それを食べてみることに…

めんりすと11試食時より煮干し感は抑え気味だが、
このぐらいが商品としてはギリギリのところでは…
これ以上だと、好き嫌いが分かれてしまうだろう。

前回気になった胡椒の量も修正されていて、
煮干しラーメンとしての完成度は高くなった。

ここにこういうラーメンがあるということが、もっと認知されてもいいはずなのだが…


【めんりすと】http://www.menristo.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●529)卓次朗商店@沼津市


続いてこちらの店へ。
このところ本店(卓朗商店)へ行く機会が多かったため、2ヶ月振りぐらいか…

特別な限定はなさそうなので、静岡ラーメンマップ刊行記念イベントとして、
7店協賛のスタンプラリーがあるのだが、そのコラボラーメンを食べることに。(^^;

卓次朗11それは『えび香油とんこつラーメン』。

海老の香りが結構ガツンとくる豚骨ラーメン。
上にかかっているチリパウダーがいいアクセント。

でも以前より豚骨の濃度が下がっている感じが…
このほうが食べ易くていいのだが、ちょっとフツー。


麺屋 卓次朗商店

tosimon3 at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月29日

静岡〜戸塚

●517)わさらび@沼津


朝9時過ぎから、静岡護国神社で開かれている骨董市を見る。
ここで東京へ行くという静岡人さんと合流し、まずは沼津へ…(^^;

わさらび55わさらびカレー







店の前でJさんと待ち合わせ、店内に入ると…あれっ次郎長さんが…
どうも皆さん目的とするところが同じようで…(^^;

一緒に食べていたお二方は、後で紹介していただいたところによると、
やはり地元を中心に食べ歩きをしている方々だった。
ミクシィでよくお名前だけは見かけていたので、他人のような気がしない…(^^;

まあそんな訳で、冬場限定の『カレーそば』を注文したら、
静岡人さん、Jさんも同じものを頼む…芸が無い…(^^;

カレーラーメンとしてはオーソドックスな仕上げ。
昨年とあまり変わった感じは受けなかったが、和出汁が強くなったか…

太麺が美味しいので、スルスルと食べてしまうが、
このラーメンは小ライス付なので、残ったスープをこれにかける…
と、これが旨〜〜〜っ!(^^)


支那そば屋 わさらび


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●518)支那そばや@戸塚


静岡人さんが、先日戸塚にオープンしたばかりの「支那そばや」に行くというので、
どうせついでなのでお付き合いすることに…(^^;

支那そばや店支那そばや







開店して約1ヶ月…木の香も新しい店は思ったよりこじんまりとしていたが、
本店としての存在感は十分に見てとれる。

静岡人さんが塩、私が醤油を食べる。
鵠沼時代には、確か2回ほど食べた記憶があるが、ほとんど忘れてる。
その細い記憶の糸をたぐってみても…違いはよくワカラン。(^^;

ただ、以前のほうがもう少しスープがクリアだったような気がするが、
味は今のほうがずっと洗練されていると思う。

塩もちょっと食べさせてもらったが、こちらは具が多過ぎる。
せっかくの美味しいスープがちょっと勿体ない。


製麺室佐野見る







二階にある製麺室が見学可能ということなので、
食後に見に行くと、 “ラーメンの鬼” がちょうど製粉を開始したところ。
鋭い眼光が小麦の一粒一粒にそそがれる。

そういえば、今日の麺もさすがの出来だった。


支那そばや 本店

tosimon3 at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月24日

静岡遠征…

●505)竹乃や@

今日は某有名店店主夫妻と、コージさん、私の4人で静岡ラーメンツァーに…

焼津で次郎長さん静岡人さんを拾い、こちらの店でかん吉さんと合流。

竹乃や2ここへは9月にも来ているのだが、
やはり甘さがちょっと気になるレベル。
もう少し押さえてくれるといいんだけど…
と思いつつ、食べてしまうから不思議。

店を出る時には7〜8人が並ぶという人気振り。
地ラーメンの根強さを垣間みる思い。



竹乃や


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●506)伊駄天@藤枝市


最初はこの後「才蔵」へ行く予定だったのだが、
この店が営業を再開しているということで、こちらへ急遽変更。

立川のラーメンスクエアに10月に出店して以来、本店は休んでいたが、
11月から又野さんがこちらへ戻り、通常営業を再開した。
金曜夜の「影武者」も復活したし、年内無休で頑張るらしい。(^^;

伊駄天24四季彩菜麺『2008冬 越冬ver1.0』を食べる。
いつものイタリアンテイストではないが、
完成度の高い味噌ラーメンに仕上がっている。

「伊駄天ならこう作る」という主張がある。
飾り付けも美しく、食べるのが楽しい。
美しいものは…美味しい。(^^)



【麺行使 伊駄天】http://www.idaten-ramen.net/main.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


浜のかきあげや@由比漁港


この後もう一軒という話もあったのだが、
「シラス丼が食べたい」という意見に皆が賛成。(^^;
それではと静岡人さんの案内でこちらの店へ…

場所は由比港の魚市場?に隣接する屋台風の店舗。
店の前は漁船がびっしりと停泊し、その向こう側の堤防の上には東名が走る。
何だか不思議な光景だが、これこそ…知る人ぞ知る…といった店だ。

お目当ての『シラス丼』は…売り切れ orz…やはり人気があるようだ。
仕方ないので『桜海老かきあげ丼』を食べることに。

かきあげ丼店由比港







かきあげ丼桜海老のみのかきあげが2枚入る丼だが、
サクサクとした食感はなかなか。
一緒に注文した味噌汁は、
これにも桜海老が入っている。

しかし、シラス丼が食べられなかったのが残念。




浜のかきあげや


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


前島@富士宮市


その後、ラーメン店は中休み中なので、富士宮焼きそばを食べにいくことに…
ラーメンの食べ歩きが、いつの間にか静岡グルメ探訪に…(笑)
まあ私としてはこちらのほうが楽しいのだが…(^^;

ということでやって来たのが「前島」という店。
富士宮焼きそばの人気投票で、常にダントツ1位を独走し続ける店だそうだ。

こじんまりとした店は、中に入ると左側に昔懐かしい駄菓子類、
そして中央に2枚の鉄板を置いた机があるのみ。

この時点では「何故この店がダントツ1位?」と疑うばかり。(^^;

焼きそば店焼きそば店内







焼きそば焼きそばはおかみさんが鉄板の上で焼いてくれる。
それをどうやって食べるのか…と思ったら、
出来た順に呼ばれて鉄板のところへ行き、
鉄板の上から直接箸で食べる…というシステム。

面白いというか、何ともユニークな食べ方だが、
これがまた一つの魅力のようだ。(^^;

味のほうは、独特のコシの強い麺と出汁粉が特徴だというが、
焼きそば自体は、それほど特に変わったものが入っているという訳ではなく、
この食べ方が最大の魅力なのでは…と思う。


前島


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●507)卓朗商店@沼津市


本当は「わさらび」へ行きたかったのだが、今日の営業は昼のみということなので、
最近移転オープンしたばかりのこちらの店へ…私は2回目になる。

卓朗商店9今日は『塩ラーメン』を食べることに。

幾分表情が変わったが、
トレードマークの油揚げは健在。(^^;
スープの味も以前の味に近づいてきた。

最近では既に行列が出来始めているらしい。


卓朗商店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●508)藤堂@三島市


藤堂10季節限定『冬月』(柚子の香りそば)。
これは以前にも食べているのだが、
柚子の鮮烈な香りが印象的なラーメン。

接客の素晴らしさは相変わらず気持ちがいい。
この気持の良さが、
またラーメンを美味しくさせてくれる。(^^)



【めん処 藤堂】http://td.orpro.jp/

tosimon3 at 04:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月20日

伊豆で色々…

餃子のてるてる@伊豆高原


遅い昼を久し振りにこちらで…
今日は娘さんのユーコさんも一緒に…

てるてる8ここに「チャーハン」があるのを初めて知ったので、
それをメインに餃子とホタテシューマイで…(^^;

卵がたっぷりと入ったチャーハンは、
味付け、炒め具合ともに絶妙で美味しい。
これはクセになりそうなチャーハンだ。
知らなかったというのは迂闊だった。(^^;



餃子のてるてる


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



大島11.20
大室山方面から急坂を下ってくる途中、
大島がくっきりと浮かんでいた。
気持ちの良い天気だ。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


嵐の湯@河津


ユーコさんはこの後、河津にある「嵐の湯」に行くというのだが、
一緒に行かないかと誘いを受ける。

人妻と二人っきりで温泉…それも混浴…いいのか…
と一瞬躊躇するが、断る理由がない。(^^;

しかしご安心あれ…混浴といっても湯に入るわけではなく、
作務衣のようなものを着て入る岩盤浴サウナのようなものらしい。
あちこちに同名の施設が増えているようだが、なかなかの人気だという。

嵐の湯嵐の湯露天







河津といっても、ずっと奥へ入った河津温泉郷の「七滝」の近く。
“湯治の館” というように、昔ながらの風情を持たせた創りの建物だ。

メインの施設はラジウム鉱石を敷き詰め、ミネラルミストが充満したサウナ。
入るとすぐに汗がジワ〜ッと吹き出してくる。
ここに10分ほど入り、5分ほど外へ出て身体を冷す。
これを何回か繰り返すことで新陳代謝が高まり、血液もサラサラになるという。

個人的にはサウナが苦手なほうなので、私は2セットでギブアップ。(^^;
あとは露天風呂に入ったり、内風呂に入ったりで約1時間を過ごす。
たまにはこういうリフレッシュもいいものだ。


鉱石ミネラル 嵐の湯 湯治の館 河津


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



ムンタージ@稲取


帰る途中、稲取の国道沿いに10月に出来たばかりのカレー専門店に寄ってみる。
これは河津在住のマイミクさんに教えて貰った店だ。

東京の西部に数店舗を展開するインドカレー専門店の支店のようだ。
従業員は全て男性インド人ばかりなのだが、日本語を解するのは一人だけ?
メニューの内容を聞いても、半分ぐらいしか分からない。(^^;

ムンタージ注文したのは『野菜スープカレー』とナン。
しかし、このナンがやたら大きい。
一番長い部分は40センチ近くもありそう。(^^;

カレーも大きな器にたっぷりと入っていて、
美味しいことは美味しいのだが、
野菜はもう少し量が欲しいところ。

それとスープカレーにナンは合わない…ライスにすべきだった。(^^;
ふつうのカレーも食べてみたい。

ラッシーこれは「ラッシー」というヨーグルト飲料。
カレーにヨーグルトは付き物なのだが、
これはちょっとサッパリし過ぎか…(^^;
氷が入らないほうがいいと思う。






【インディアンカフェ ムンタージ】 http://www.mumtaj.jp/index.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●501)唐辛子@伊豆高原

唐辛子81今日のおまかせは『角煮ワンタン麺』。
大きい角煮とこれも大振りのワンタンが美味しい。

珍しくラーメン系が出てきたと思ったら、
私の前のお客がワンタン麺を頼んだらしく、
なので私のは “ついで” ということらしい。(^^;

でも、たまにはこういうのも食べてみたいので、これはこれでタイムリー。
ラーメン用のスープはいつもある訳ではないらしいので、
今日はついてた…ということか。


【ラーメンハウス 唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html

tosimon3 at 04:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月07日

伊豆の寿司とラーメン

回転寿司 魚磯


昼は久し振りにこちらへ来てみた。
秋は味覚の季節…魚も脂が乗って美味しくなる季節でもある。
こういう時は、やっぱり寿司が一番。(^^;

クロムツ「クロムツ」

ムツ科の魚で、1m近くにもなるらしい。
照り焼きなどが一般的だが、刺身も旨い。
柔らか目のねっとりとした口当りがイイ。



メギス「メギス」(ニギス)

「メギス」というのは沼津方面の俗称。
キスに似ている魚なので、
「ニギス」という名がついたという。
味もキスに似て淡白だが、スッキリとした味。
静岡県と福井県あたりが棲息の北限らしい。

ホウボウ「ホウボウ」

実物を見るとあまり美味しそうには見えないが、
甘味のある肉質は、好きなネタの一つ。
秋から春にかけてが旬。
見た目以上に美味しい。


マゴチ「マゴチ」

ホウボウと同じカサゴ目の魚。
肉質はよく似ているが、こちらのほうがコシがある。
寿司ネタとしては一級品。



サバフグ「サバフグ」

数少ない毒を持たないフグ。
だからといって、美味しくない訳ではない。
食べてみると、やはりフグ独特の食感がある。
ふわっとした柔らかさの中に、
コリッとした歯触りが楽しめる。

カワハギ「カワハギ」

見た目は悪いが、これほど美味な魚はない。
個人的には一番好きな魚。
どんな料理にしてもパフォーマンスは高い。
上に乗っているのは肝。
この肝も絶品。

オシツケ「オシツケ」(アブラボウズ)

「オシツケ」というのは小田原周辺の俗称。
深海魚に属する魚で、見た目はクエに似る。
身は脂質(グリセリド)を多く含んでいるため、
大量に食べると中毒症状を起こす。
大トロのような口当りは絶品。


【魚磯 伊豆高原店】http://www.uoiso.com/
【魚磯 富士店】http://www.fuji.uoiso.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●482)福◯家(ふくわうち)@伊豆城ヶ崎


午後から妙登美術庵(平戸焼専門美術館)の松浦氏のところへご機嫌伺いに….

しばらく話をしていたら、急に「ラーメンが食べたい…」と宣う。(^^;
そこで、近くのこちらへ行ってみることに。

福わうち20松浦さんは『パーコー麺』を食べるというが、
糖尿の気があるというのに大丈夫なの?(^^;

私は『肉つけ麺』を食べる。
これはこれでいつも通りの味。
松浦さんはスープまで完食していたが、
責任は持てない…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●483)唐辛子@伊豆高原


唐辛子80今日は『モツ煮つけ麺』。
よく煮込まれたモツ煮のつけ汁が旨い。
これにライス投入したらさぞかし…と思うが、
小食なのでそれはパス。(^^;

モツ煮があれば、いつでも出来るとのこと。



【ラーメンハウス 唐辛子】http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html


tosimon3 at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月23日

伊豆高原でラーメン…

●456)福◯家(ふくわうち)@伊豆城ヶ崎


昼過ぎにラーメンでも食べに行こうか…と思った矢先にドバーっと豪雨…orz
しばらく待ってから出かけるが、予定していた伊東行きを変更してこちらへ。

先日発売された「ラーメンマップ静岡」に初登場しているが、
その影響をオヤジさんに聞くと、「毎日何人か来てるみたいですよ…」とのこと。
TVと違って、本の影響はじわじわと…だからネ。

福わ家19今日はラーメンと餃子。
ここの餃子はヒジョーに美味しい。(^^)
皮、中身ともにオヤジさんの手作り。
値段はやや高いが、それだけのことはある。

餃子も人によって好みは分かれるが、
今のところ個人的にはここの餃子がイチバンだ。(^^;

ここの麺は自家製なので、ラーメンはもちろんだが、『つけ麺』が美味しい。
特に『肉入りつけ麺』はオススメ。
今度「パーコーつけ麺」を頼んでみようか…


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●457)唐辛子@伊豆高原


帰り際には、やっぱりこちらへ。(^^;
ここは伊豆へ行ったときの関所みたいな店で、無断でスルーする訳にはいかないのだ。

唐辛子79今日は最近気に入っている『汁無し担々麺』。

汁無しとはいっても、別にスープが付いてくる。
これが食べ終った後の舌にウレシイ。
ママさん手作りのヌカ漬けも出てきた…(^^)
これも美味しい。

マスターの手打ち麺なら言うことないのだが、
なにしろ “おまかせメニュー” なので、私のワガママは通らない…(^^;

静岡で汁無し担々麺を出している店は少ないと思うが、
これはぜひ色々な人に食べて貰いたいメニューだ。



【ラーメンハウス 唐辛子】http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html

tosimon3 at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月22日

わさらびの新作

●455)わさらび@沼津


例によって伊豆へ行く前に寄ってみると、もう営業は終了するが、
少し待ってもらえれば、11月からの限定で出すラーメンの試作品が出来るという。

その限定ラーメンは『伊勢エビ味噌そば』。(仮称)
文字通り、伊勢エビで出汁をとった味噌ラーメンだ。
それが食べられるとあっては、そりゃぁ何時間だって待ちますヨ…(^^;

わさらび53わさらび54







出来上がってきたラーメンは、試作品なので半ラーメンづつ。
伊勢エビ出汁と従来の動物系出汁を1:1で合わせ、
左と右では味噌ダレの量を変えて、具にも変化をつけてある。

食べた感じでは、まだ伊勢エビの感じが十分に出ているとは言えないが、
甘味がしっかりと出ていて美味しい。(^^)

もちろん最終形では具に趣向を凝らしたものになるはずなので楽しみ。(^^;

この他にも面白い企画が進行しているらしいので、乞うご期待。


支那そば屋 わさらび


tosimon3 at 01:54|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年10月12日

伊豆の新店だが…

●441)成屋@伊東市


伊東に新しいラーメン店ができたというので行ってみる。
場所は市街地の南のはずれ、135号水無田交差点の角。
GS→クリーニング店→うどん店(だったか?)と変わってきたところ。

店の表はヨシズ張りで屋台風な感じを演出し、
大きな看板と「支那そば」という文字が目立っている…ちょっと期待。(^^;

成屋店成屋







メニューを見ると、醤油、塩、支那そば、味噌に地獄ラーメンなんていうのもある。
支那そばは煮干し味となっているので、それを食べてみることに。

出てきたラーメンは、屋台のイメージから豚骨系では…と思っていたのだが、
清湯系のサッパリ味のラーメンだった。

味のほうは…ウ〜ン…何といっても動物系の出汁が弱い。
その出汁の弱さを化調で補っている…という感じで、
何だか格安チェーン店系の味がするのだが、値段はしっかりと650円もする。

久々にできた新店ということで期待していたのだが…
マアあと1、2回は来てみるか…餃子も気になるし…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●442)唐辛子@伊豆高原


例によって帰りがけに寄ってみる。
今日のおまかせメニューは『金目鯛と桜海老の塩つけ麺』。(^^;

唐辛子78つけ汁は金目の出汁に桜海老が沢山入る。

麺は今日もマスターの手打ち麺。
今回はデュラム・セモリナ粉を使ったそうで、
前回に比べるとより中華麺に近くなった。
これはこれで美味しいが…(^^;

ただ、金目で出汁をとった割には、海老の味が強いので何だか勿体ない。
固茹で味玉はバッチリだった。(^^;

tosimon3 at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月11日

静岡ラーメンフェスタ2008

ラー博入口



















静岡市でラーメンフェスタがあるというので出かける。
10時からと聞いていたのでその時間に着いてみると、まだお客さんはまばら。
後になって、初日は11時からだということが分かった…orz

それでも最初に並んだ才蔵の前には20人ぐらいの行列ができていた。
前のほうはほとんどが静岡のラヲタで占められている。(^^;

その後も行列は伸びる一方で、結果的には早く来てよかったということに…


ラー博ポスタ今回の出店は以下の7店。

「才蔵@焼津」「日歩未@浜松市」
「燕@島田市」「でびっと@静岡市」
「花いち@静岡市」「大山@富士市」
「松福@沼津市」


おでんフェスこういうのも一緒に開かれていたが、
結局食べず仕舞。
黒はんぺんは美味しいんだけどネ…(^^;





松村邦洋この人もゲストで来ていたが、
何だか痩せたみたい…(^^;







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●438)才蔵@焼津市


才蔵才蔵が出していたのは『鶏と鯛の塩ラーメン』
これは文句無しに美味しかった。
この場所でこれだけの完成度はサスガ。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●439)大山@富士市


才蔵を食べ終ってこちらに並ぶと、待ち時間1時間と言われる…orz
この時間になるとどの店も長蛇の列で、長いところは2時間待ちというところも…

待っている間にテントの中を見ると影島さんがいたが、
左手が痛々しい包帯でくるまれていて、左頬にもガーゼが当っている。

ラーメンを受け取る時に聞いたら、火傷をしたんだとか…
かなりの重傷のようなのだが、早い回復を祈るばかりだ。

大山ここのラーメンは『海老塩ラー麺』。
大山が最も得意とするところだが、
桜海老の香りがガンガンに効いたもの。

ここまで強くしなくても…と思うが、
お祭りなのだからマアいいか…(^^;
麺がちょっと生っぽかったのが残念。


2杯食べた後は、どこへ並んでも2時間近い待ちだというので、
食べるのをあきらめて、近くのファミレスでプチオフ会。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●440)わさらび@沼津


帰りは伊豆へ寄るつもりでいたので、途中、沼津でこちらへ寄り道。
今年の『かぼちゃそば』をまだ食べてなかったので…(^^;

昨年食べた550杯のラーメンの中で、この『かぼちゃそば』が一番美味しかった。
味だけでなく、盛り付けもこれに勝るものはなかったような気がする。
そのぐらい味覚と視覚を楽しませてくれたラーメンだったのだ。

わさらび53今年もルックスは抜群。
スープは多少マイナーチェンジされたようで、
昨年ほどの濃さはないものの、
甘味が増して食べ易くなっている。

いやいやこれは美味しい。(^^)
昨年にも増して…と言いたいところだが、
個人的には昨年のズッシリとしたスープのほうに軍配を上げたい。

tosimon3 at 04:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年09月18日

昼はカレー、夜はラーメン…2

●404)唐辛子@伊豆高原


唐辛子77今日のおまかせメニューは『角煮つけ麺』。
つけ汁の中に大きな角煮がドンと入ってる。
これだけでもかなりのボリュームがある。

今日の麺はマスターの手打ち麺。
フランスパン用の「リスドオル」という粉を使ったとかで、いつもとは全く違った食感。

モチモチ感より、ツルッとした舌触りが新鮮だが、
これはどちらかというとパスタ的な食感。
コシが弱いので、つけ麺ならいいが、ラーメンには向かないだろう。


唐辛子


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ごえん玉


五円玉店内昼はこちらの店へ2度目の訪問。
おしゃれな店内は相変わらず。

オーナーの得意なギターが立てかけてある。
年に何回か演奏会があるらしいので、
ぜひ一度聞いてみたいと思っている。


サラダまず野菜サラダが出てくる。
これを食べながら、
メインが出来上がってくるのを待つ。
量がたっぷりあるのがウレシイ。




焼きカレー『シーフード焼きカレー』
焼きカレーというだけあって、熱々で出てくる。
真ん中に玉子、その周囲にはチーズが溶けている。

カレーというよりはカレーピラフのドリア…(^^;
さすがに一番人気?というだけあって美味しい。


デザートデザートの果物とシャーベット。
ヤケドしそうなカレーを食べたあとに、
この清涼感は何ともいえない。(^^;

コーヒーも素晴らしく美味しい。

オムライスも美味しそうなので、また来なくては…


小さな洋食屋 ごえん玉


tosimon3 at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月17日

食べた人しか分からない…

●403)わさらび@沼津市


先週から何かと忙しかったので、伊豆で温泉にでも入ってくるかと…
…思いつつ、またまた沼津回りで…(^^;

今日あたりからわさらびでアゴ出汁ラーメンが始まっているはずなので、
電話すると、あと一杯分しか残っていないというので、慌てて車に飛び乗る。
(もちろん、予約は入れておいたが…)(^^;

わさらび52正確には『アゴ出汁塩そば』だったか?

アゴの香りがフワ〜ッと鼻孔をくすぐる。
そしてスープの味が実に素晴らしい。
個人的な好みからすると「ど・ストライク」。

以前、鏡花で食べたアゴ出汁ラーメンも旨かったが、
これはそれに勝るとも劣らない出来映え…いやいやこれはウマ〜〜イ!(^^)

更に食べ進むと丼の底から…サプライズが…(^^;
何が出てくるかは…食べた人にしか分からない。

tosimon3 at 18:50|PermalinkComments(1)TrackBack(1)

2008年09月16日

静岡ツァー

●398)竹乃や@焼津市/藤枝系の冷しラーメン


今日はガイキチさんとGATZ君を同行して静岡ツァー。
まず最初は藤枝系のこちらの店へ。

竹乃や1ここへ来るのは多分4回目だと思うが、
過去2回は営業終了で食べられなかった。
なので、未食の『冷しラーメン』を注文。

まるなかとよく似たルックスではあるが、
味はこちらのほうが甘酸っぱく感じる。
好みからすると、まるなかのほうが好きかな?(^^;


竹乃や


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●399)才蔵@焼津市/美味しくなったというけど…


才蔵4こちらへ来るのは久し振り。

以前より美味しくなったという話を聞いていたので、
近いうちに食べてみたいと思っていた…
なのに、限定食べてちゃダメなんだけどネ…(^^;
(冷し和え麺鰹醤油味)

二人の塩と醤油を食べさせてもらったところ、
確かに細かい部分でレベルアップしていることは分かるのだが、
何だか以前より油ッ気が多くなっているような感じがした。

これがもし「美味しくなった」という話の根拠であるならば、
個人的には「No」である。(^^;


麺屋 才蔵


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●400)きじ亭@静岡市/ハードル上げなくても…


きじ亭1ここへ来るのは2回目だが、
やっと来れた…というのが正直なところ。
かなり敷居の高い店なのだ。(^^;

『油そば』を注文すると、
「酸っぱいですけど大丈夫ですか?」と聞かれる。
酸っぱいのは平気なので「大丈夫」と答えたが、
出てきた油そばは、確かに酸っぱい。(^^;

何の酢を使っているのか聞くと、黒酢系のものを使っているという。
イヤな酸っぱさではないので、個人的にはOKなのだが、
酸っぱいのダメな人は絶対に食べられないだろうナ〜

ここまでハードルを上げる必要はないと思うのだが…(^^;


きじ亭


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


夕日静岡から沼津へ移動する途中に寄った、
千本松原から見た駿河湾の夕日。

男3人じゃなければロマンチックなんだろうけど…(^^;



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●401)卓次朗商店@沼津市/手抜きのない真剣さ


卓次朗11こちらへ来るのも久し振り。
メニューをみると、カレーつけ麺がまだあった。
聞くと、あと2杯分しか残ってないというので、
私とGATZ君でいただくことに。(^^;

殊更変わったカレーつけ麺ではないが、
つけ汁は専用に作られたカレーなので、
一般的に作られている、ラーメンスープとカレールーを混ぜただけのものではない。
この辺にも手抜きのない真剣さがうかがえる。


麺屋 卓次朗商店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●402)卓朗商店@駿東郡清水町/煮干しが美味しい


卓朗8今日の最後はこちらへ…。
前々回、焼き煮干しを食べているので、
今回は『煮干しラーメン』を食べてみる。

出てきたときは、スープが茶色で清湯ではない…
と思ったら、浮いている煮干し油の色だった。
その油をどけてみると、下には透明なスープが…

けっこうガッツリとした煮干しラーメンに仕上がっていて、これはこれで美味しい。
焼き煮干しの時は、焦がしたクセがやや気になったが、
食べてみるとこちらのほうが食べ易いと思う。

今年は色々と変革の年になりそうだ…とのことなので、期待しましょう。

麺屋 卓朗商店

tosimon3 at 04:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月04日

伊豆の定番…

てるてる餃子


てるてる7遅い昼をこちらで…
久し振りに『餃子定食』を食べてみる。
これを食べるのは、いつ以来だろう…(^^;

でもやっぱり餃子はご飯と一緒がいいネ。(^^)
学生の頃、週に2〜3回はこれを食べていた。
そのぐらい餃子は好きなのだが、
ラーメンを数多く食べるようになってから、
必然的に餃子を食べることが少なくなってしまった。

本当は、どこへ行っても「ラーメンライス」を注文したいと思っているのだが…


てるコーヒー食後のコーヒー。
ご主人こだわりのコーヒーが美味しい。(^^)

デザートにいちじくをごちそうになってしまった。
かなり意外性のあるデザートだったが、
地元産のいちじくだそうで、
上品な甘さが美味しかった。(^^)


今日はママさんの誕生日だそうで、これから出かけるところだったという。
お邪魔をしてしまいました。(^^;


てるてる餃子


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●374)唐辛子@伊豆高原


唐辛子76今日のおまかせは『牛スジつけ麺』。

つけ汁は牛スジを煮込んだスープ。
最初は辛みも酸味もついていなかったが、
これが美味しくない訳がない。(^^)

後半、試しに七味と酢を少し入れてみたら、
つけ汁としての旨さがより鮮明になった気がする。
ただ、これは好みの問題なので、酢の苦手な人はそのまま食べたほうがいいだろう。

唐辛子説明担々麺の辛さの段階が新しく表示されていた。

一番辛いのは「天国」。
辛さは「ムニャ ムニャ〜」だそうだが、
これはハバネロ1個以上が入る辛さ。

私は初級で十分だ。(^^;


唐辛子  



tosimon3 at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月03日

煮干し、にぼし、ニボシ…

●372)わさらび@沼津市

『アゴ出汁そば』の試作品があるというので食べに行く。

店の東側、道1本隔てた駐車場に3台分が確保されて、駐車が楽になった。
10,11,12番(だったか)、3台分並んでいるので分かり易い。
これで店の前を含めて7(8?)台分は確保されたということか。

わさらび50『アゴ出汁そば』の試作品は3種類。
まず左はアゴ出汁1に対して動物出汁2、
右が同1:1で混ぜたスープで、両方とも塩味。

食べた感じは好みで分かれるかもしれないが、
煮干し好きとしては、やはり右の1:1に軍配。
アゴ出汁の旨味が口中に広がる感じは絶品。

わさらび51こちらは1:1の醤油味。

塩に比べて醤油の味、香りが前に出過ぎるため、
アゴ出汁の良さをスポイルしている感じ。

これはこれで美味しいのだが、
何だか日本蕎麦を食べているような…(^^;

これも好みによると思うが、個人的にはやっぱり塩だろうナ〜…(^^;
まだプロトタイプなので、味も具も細かい点で改良されると思うが、
9月半ばからの限定になるそうだ。(早まる可能性有りとか…)


中華そば わさらび


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●373)めんりすと@三島市


続いてこちらへ…って、前回と同じパターンじゃないの…(^^;

実はこちらでも煮干しラーメンがあると聞いて来てみたわけ。
わさらびのラーメンは焼アゴを使っているので、厳密には煮干しではないが、
こちらはイワシ、サンマ、小鯛の煮干しを使ったラーメン。

めんり煮干めんりすと9







この一杯に写真左の煮干し全部を使っているという。
マアこれも試作品なので、これがこのままメニューに載ることはないと思うが、
これだけ煮干しの効いたラーメンは、この地域では味わえない。

このままでも十分美味しいのだが、価格的な問題がクリアできそうもないので、
最終的にはどのようになるのかが気になるところ。

もちろん今の状態で出してくれれば、これに越したことは無いのだが…(^^;


めんりすと

tosimon3 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月22日

バランスの良さが身上

●355)藤堂@三島市


昨夜帰るつもりだったが、雨の中を帰るのもしんどいかな…と思ってもう一泊。
特に急いで帰らなくちゃならない用事もないからネ。

真直ぐ帰るのも何なので、また三島回りで…(^^;

藤堂10『漣』という昼限定狙いで来てみたのだが、
既に売り切れで食べられず…(TT;

『翆緑』という冷製麺もあるが、ネバネバ系らしい…
ウ〜ン嫌いじゃないけどそんな気分じゃないので、
『風雅のアニキ』という変わった名前のつけ麺を…。

これは藤堂では珍しい濃厚豚骨のつけ汁らしい。
『風雅』という豚骨つけ麺のアップグレード版だとか。

食べてみると、それほど濃厚というほどではなく、サラッとして食べ易いタイプ。
驚くような味ではないが、味のバランスの良さはさすが。
麺がツルッとし過ぎていて、スープの持ち上げがやや弱いのが気になるが、
サッパリ系なので、これはこれでいいのかもしれない。


めん処 藤堂


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


久々の夜釣り(21日夜)


昼間、八幡野の青木釣具店で最近の状況を聞くと、
夜釣りでアジやサバがポツポツ出ているという話だったので、
久し振りに竿を出してみることに。

薄暗くなってきた6時過ぎに近くの大灘という磯に入る。
ここは東に向いた磯なので、西風には強いが、北・東風には弱い。
一番北側の低い磯に誰もいなかったので、そこで釣り始める。

3投目ぐらいに軽いアタリがあったので巻き上げてみると20センチ弱のアジ。
最初潮は左から右へゆっくりと流れていたのだが、
30分ほどして右から左へ変わったとたんに強烈なアタリ。

サバ8.21久し振りだったので一瞬アワセ遅れたら、
見事にバラシ…(TT;

その後3投目ぐらいでやっと一匹目のサバをゲット。
大きさは35cm位で、この時期のアベレージサイズ。

3匹目を釣り上げた頃、突然西の強風が吹き出した。
稲光も近づき、雨もぽつぽつ…これはヤバイと思い、4匹目を釣った時点で納竿。
約1時間半の釣りで5匹ゲットならまあまあか…(^^;

戻って30分ほどしたら外は豪雨になっていた…危なかった。

tosimon3 at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月21日

昼はカレー、夜はラーメン

小さな洋食屋 ごえん玉@伊豆高原/カレーが美味しい


伊豆で色々とお世話になっているM氏と、どこかで昼飯でも…ということになり、
M氏推薦の店を何軒か覗いてみるが、いずれも定休日。
この辺は水曜、木曜休みの店が多いのだ。(^^;

という訳で、たまたま私が知っていたこちらの店…とは言っても、私も初訪問だが…
教えてくれたのはてるてる餃子のご主人。

五円玉店昨年開店?のまだ新しいおしゃれな店。
調べてみると、以前は南伊豆の伊浜にあったらしい。

メニューはビーフシチュー、ハンバーグなどから、
焼きカレーなんていうのもあったが、
これがこのお店の人気メニューらしい…
ということは後で知った。(^^;

五円玉とりあえず『ビーフカレー』をいただくが、
これは付け合せの野菜サラダと薬味。

薬味に玉ねぎの酢漬けというのが新鮮。




五円玉カレー直径30cmぐらいの大きな皿で出てくる。
野菜は溶けてしまっているようだが、
ビーフが柔らかく、かな〜り満足。

あまり辛くないカレーだが、
出汁とスパイスがキッチリと効いていて、
これは美味しい。(^^)

メニューとしてはこれで終わりだろうと思っていたら、
デザートにフルーツとアイスクリーム、更にコーヒーまでついてきた。
これで1200円というのはかなりリーズナブル…また来なくては…(^^;


小さな洋食屋 ごえん玉


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●354)唐辛子@伊豆高原/手打ち麺の汁無し担々麺


夜釣りから上がってきて、しばらくしたらものすごい雨になった。
雷はそれほどでもなかったが、首都圏ではかなり凄かったらしい。

その雨の中をこちらの店へ。

唐辛子75今日はマスター手打ちの極太麺があるというので、
それで汁無し担々麺を作ってもらう。

今回の麺はデュラム・セモリナ粉を使ったとかで、
いつもより黄色味を帯びた色になり、
ツルツル感、もちもち感も申し分ない。

茹でるのに10分以上もかかるのが難点だが、
その後には素晴らしい美味しさが待っていた。(^^)
これまでの手打ち麺も美味しかったが、この麺は更に輪をかけた美味しさ。
油そばやつけ麺、汁無し系には最適の麺だろう。

但し、マスターの気分次第で…というのが唯一困ったところ。(^^;
いつもある訳ではないので、あればラッキーなのだ。


唐辛子  


tosimon3 at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年08月20日

沼津と三島で…

●352)わさらび@沼津市/塩トマトそば


いつものように伊豆へ行く前にこちらへ寄ってみる。
まだ新しい限定は始まってないようなので、
「それまでの繋ぎ」だという『塩トマトそば』を久し振りに。

わさらび494月にやった『トマトそば』も美味しかったが、
こちらのスープは従来の塩味。

トマトはスパイスで味付けされており、
更にスープにはバジルが散らされる。

見た目は何の変哲もないトマトラーメンだが、
なかなか複雑な味わいを感じるラーメン。
こういうトマトラーメンをサラッと作ってしまうところが塙さんの持ち味か。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●353)めんりすと@三島市/スープ割にあられが…


前回は間違えて定休日に来てしまったが、さすがに今日はやってた。(^^;

今日の限定は『鶏白湯塩つけ麺』。
小食なので、麺は1玉でお願いする。(^^;

めんりすと7出てきたつけ麺は、
六厘舎インスパイアか…と思わせるもの。

つけ汁はライトな鶏白湯…という感じだが、
ここに魚粉を入れると魚介風味がパッと広がる。
かなり太い平打麺は秋山製麺製だそうだが、
しっかりとしたコシがあり、なかなか美味しい。

ただちょっと残念なのは、麺の強さにつけ汁が負けてしまっていること。
もう少しつけ汁にトロミをつけるとか、何らかの工夫があるといいと思う。

めんりすと8食べ終ってスープ割を頼んだら、
“あられ” が入って出てきた。
ネギが追加されたりというのはあるが、
こういうのは初めて…いやいやこれは楽しい。

一緒に出て来たワサビも新しい発見だった。

tosimon3 at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月07日

3日続けて静岡…

●327)玉蔵@藤枝市


京都へ行くついでに伊駄天へ寄って行こうと思い電話をすると、
今日は焼津の花火大会があるので、夜の営業は9時15分からだという。

それならまだ時間があるので、こちらへ寄っていこう…ということに。(^^;

玉蔵2今日は『玉蔵つけそば四号冷し』を食べてみる。
一、二、三がラーメンなので、これが四号?…(^^;

つけ汁は鶏魚介醤油(鶏4、魚介6)だそうで、
麺もつけ汁も冷たいタイプのもの。

麺は三河屋製麺で、かなりの太さがある。
このつけ汁だと麺に負けてしまうのでは…と思ったが、全くそんなことはなかった。

食べ終ったあとで温かいスープで割ってもらうと、
魚介風味がフワッとひろがって、これは美味しい。(^^)


麺や 玉蔵


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●328)伊駄天@焼津市


花火大会というので道路の混雑が心配されたが、それほどではなかった。

それに対して店のほうはかなり混んでいるのでは…と思って行くが、
こちらは予想に反して空いている。
何で…と又野さんに聞いたら、「告知してなかった」んだそうだ。
そりゃぁダメなはずだ。(^^;

伊駄天20限定がないので『柚子鶏塩ラーメン』を。

以前に比べて鶏叉焼が変わっているが、
この炙り鶏叉焼がメチャウマ。
炙った香りと鶏と柚子の三位一体。

製麺所が変わったことで、麺もより美味しくなり、
スープと麺の四位一体が完成しつつある。
やっぱりここは期待を裏切らない。


麺行使 伊駄天

tosimon3 at 05:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月06日

マイペースで…

326)福わ家@伊豆城ヶ崎


2週間振りの伊豆…昼はこれも久し振りにこちらの店へ。
調べてみたら、前回来たのが2月末だったので、半年も来てなかったのか…(^^;

幅わ家18親父さんは相変わらずマイペースだが、
この肩肘張らない雰囲気がこの店のいいところ。

今日も『肉もりそば』を注文するが、
その後で『冷し麺』があることに気が付いた。
聞いてみると「冷し中華」らしいので、
とりあえずそれは次回に回すことに…(^^;

今では珍しいタイプのアッサリつけ麺ではあるが、ここの麺にはこれが合っている。
つけ麺もラーメンも、共にナチュラルタイプであるところが持ち味。
雰囲気も味もホッとさせてくれる得難い店だ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


伊豆スタジオでパーティをするからきて欲しいという連絡があったので、
夜になって出かける。
何のパーティなのかというのは・・・よくワカラン…(^^;

出席者は唐辛子のママさん、トモちゃん、伊豆スタの山内ご夫妻、
そして今回は、唐辛子の常連さんが一人、特別参加。

焼きそば山内さんご主人の手作りの塩焼そば。
インスタントのものはたまに食べることはあるが、
ちゃんとした塩焼そばは初めてかな?
しかしこれは本当に美味しかった。(^^)




パエリヤ唐辛子のマスターが作ってくれたパエリヤ。
米と一緒に炊き込んだものではなく、
別に炊いたサフラン米にこれをかけて食べる。
このほうが美味しいというか日本人向き。(^^;




ちらし常連さんの奥様手作りのちらし寿司。
今回唯一の和食系だったが、
“デンブ” が入っているのが懐かしかった。





デザートこれはデザート。
山内夫人のユーコさんの差し入れ。
近くのリゾートホテル製のスイーツ。

いやいや美味しかった…(^^)



tosimon3 at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月05日

2杯とも満足…

324)わさらび@沼津市/鯛出汁が美味しい


2週間振りに伊豆へ…と、その前にいつものように沼津回りで…(^^;

まずは8月の限定が出来ていないか…とこちらへ来てみるが、
油そば、釜玉をもう少し続けてからになるそうだ。

わさらび48『鯛出汁つけ麺』というのがあったので食べてみる。

『鯛出汁ラーメン』から派生したものだが、
これが思った以上に美味しかった。

酢が入るせいなのか、鯛の香りが押さえられ、
その分、麺の香りが生きてくる感じがある。
個人的にはラーメンより好きかも…レギュラーにならないだろうか…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


325)一匹の鯨@伊豆の国市/ユニークさは変わらず


その後「めんりすと」へ寄ってみるが…定休日…火曜休みだったっけ?(^^;
という訳で、少し先の長岡にあるこちらの店へ…ちょっと久し振り。

一匹の鯨4『魚介系醤油豚骨〜漢(おとこ)味に憧れて〜』
という長い名前…相変わらずユニークな店だ。

ラーメンに春菊と茗荷が入るのがここの特徴。
これだけで好き嫌いが分かれそうだが、
こういうリスクを恐れないのもここの良いところか。

ラーメンの味は、いわゆる豚骨魚介の範疇に入るものだが、このスープは美味しい。
サラッとしたタイプのものなのだが、物足りなさは無い。
隠し味に何か入っていそう…味噌か?

tosimon3 at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月26日

久し振りだ・・・

●313)あかつき屋@静岡市


夜になって、静岡市内でラーメン仲間の集まりがあるので出かける。
今日は阿倍川の花火大会だとかで、市内は混雑する恐れがあるため、
静岡人さんの案内で、東静岡駅の近くに車を置いて電車で市内へ。

花火大会のせいか車の混雑もあり、30分ほど遅れて会場へ到着。
私も含めて11名のオフ会ということだったが、
詳しくはこちらをご覧下さい。

それにしても花火大会の日だというのに、
ここに集まった男共は、一緒に花火を見に行ってくれる人がいないんだろうか…(^^;
などと、ついつい余計なことを考えてしまう。

あかつき屋4終了後は2次会→ラーメンとお決まりコース。(^^;

遅い時間でもやってる店といえば…やっぱりここ。
とはいえ、来たのはかなり久し振り。

『あっさり醤油』を食べる。
煮干しが効いたこの味は好きなのだが、
ヒキがあるか…といえばビミョー…出汁の弱さがその一因かもしれない。(^^;



tosimon3 at 12:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年07月23日

伊豆で色々…

●310)唐辛子@伊豆高原

唐辛子74いつものように帰りがけに寄る。

またまた『汁なし担々麺』と思ったが、
『冷しつけ麺』があるというので、そちらを食べる。
例によって具沢山のつけ麺。
つけ汁が冷たいのがフツーのつけ麺と違うところ。
これも美味しくいただいた。


【唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html  


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


伊豆スタジオ


スタジオ全景スタジオ全景。
この右に宿泊施設がある。





KRKモニタ新しく入ったKRKモニタ






コンソール従来のKRKモニタ






ウメウメあくびヒマだにゃ〜


tosimon3 at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月20日

嘉夢蔵コラボでサプライズ

305)鏡花@立川


6月末で惜しまれながら閉店した「麺屋 嘉夢蔵」。
ここのご主人である藤井さんほど、麺作りに心血を注いだ方はいなかったのでは…
と、個人的には思っていたのだが、その思いは今も変わることはない。

その藤井さんに麺作りを師事したのが勇次の田中さん。
そして自家製麺をやってはいないが、教えを受けているのが鏡花の町田さんである。
この2店が嘉夢蔵の閉店を惜しんで企画したのが今回の「嘉夢蔵つけ麺コラボ」。

今日はそのつけ麺を食べたいと、名古屋、静岡からわざわざ上京した方がいるので、
その二人と、もう一人都内からの参加者を案内すべく、鏡花でシャッター。(^^;

鏡花68麺は嘉夢蔵のトレードマークでもあった、
幅3cmの平麺を使用。
これは鏡花の分まですべて勇次で製麺され、
つけ汁は、2店夫々の解釈で作ることに。

鏡花のつけ汁は醤油が前面に出たもので、
そこに魚介と生姜を効かせてある。
タレは黒豚叉焼の煮汁を使用し、叉焼はもちろん黒豚。
嘉夢蔵の特徴をよくつかんでいると思いつつ食べる。

このつけ麺の出来上がりを待っている時、店に入ってきたお客さんを見てビックリ。
何と嘉夢蔵の藤井さんであった。
藤井さんが来るかもしれないという話は聞いていたものの、
ここでお会いできるとは思っていなかった。

藤井さんが食べ終るのを待って、この後勇次へ行かれるというので、
私の車でご案内することに。

勇次へ着くまでの車内で色々とお話を聞くことができたが、
一言一言に頷かされることばかりであった。
こんなサプライズは滅多にというか、これが最初で最後だろう。(^^;

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


306)勇次@町田


こちらでも同様のつけ麺を食べるが、味は…やっぱり違う。

勇次97再現性という点では鏡花に軍配が上がるが、
味の点ではこちらのほうが美味しいと思う。

ただ今回のようなケースでは、
美味しいからイイという訳ではない。
嘉夢蔵メモリアルということであれば、
やはり再現性という点に重点を置くべきであろう。

どちらが良い悪いという結論を出せる問題ではないが、
こういうコラボを企画・実施した両店にエールを送りたい。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


307)玉蔵@焼津市


実はこの日の夜、静岡でラーメン関係のちょっとした集まりがあった。
勇次で食べた後、皆さんを町田まで送り、私と静岡人さんは一路静岡へ。

焼津ICに近いこの店で待ち合わせ。
ここは開店直後に一度来ているが、最近美味しくなったという話を聞いているので、
再度食べてみたいと思っていたところだった。

玉蔵1『2号ラーメン』を食べる。
これは “あっさり魚介” 味。(だったか?)
ロックンロール1と同じような、
1号、2号…というメニュー名がユニークだ。

以前感じたしょっぱさはなくなり、
スッキリとした落ち着いた味になっていた。
スープと麺のバランスも良く、なかなか美味しい。

これならまた寄ってみたいと思わせる味だった。


tosimon3 at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月10日

伊豆〜沼津

290)唐辛子@伊豆高原


唐辛子73藤枝から未明に伊豆へ戻り一泊。

昼はこちらで『汁なし担々麺』…と思って行くと、
何だか見覚えのある方が…マイミクさんでした。
こんなところでお会いするとは…
でも平日なのに、
ここで油売っててダイジョウブなの?(^^;


【唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html  


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



291)卓次朗商店@沼津市


夕方に伊豆を出て、いつもとは逆のコースで沼津へ。
こちら方面へは、いつも水曜日に来ることが多いので、
定休日と重なってしまって、なかなか食べることのできないこちらの店へ。

卓次朗10新メニューの『カレーつけ麺』を…

つけ汁はかなりドロッとしているが、
オオ!何だか六厘舎してますネ〜(^^;
この魚粉を溶かすと、和風カレーに早変わり。
甘味のあるカレーで美味しい。

カレーのつけ汁を造る場合は、ルーを先に作っておいて、
それをスープで割るというケースが多いのだが、
ここは最初からつけ汁用として専用ルーを作っているそうだ。

そのせいか、変に味が分離するようなことがなく、
つけ汁と麺の一体感を味わうことができる。
いやいやこれはウマイッ!(^^)

話はそれるが、ここでつけ麺を食べていたら、
またもや知っている方が…
昨日といい今日といい、よく知り合いに会う日だ。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


292/293)わさらび@沼津市


続いてこちらへ。

新メニューとして開発中の『油そば』がほぼ完成したので、
食べてみて欲しいという連絡があったので寄ってみたわけだが、
まさかここで2杯食べることになろうとは…(^^;

わさらび46まずは『油そば』。
以前食べた試作品に比べると、
さすがに完成度は高くなっているが、
個人的にはやはり麺が物足りない。
つけ麺用の太麺ではなく、
手切りの幅広麺にすればもっと美味しいかと…。


わさらび47油そばだけで終わりだろうと思っていたら、
続いて『釜玉』が出てきてしまった。orz
短時間の間に3杯はさすがにちょっと…だったが、
出てきてしまったものは食べねばなるまい…(^^;

こちらは卵黄に肉味噌、揚玉、鰹節などが入って、
見た目にもなかなか美味しそう。

食べてみると味的にはOKなのだが、やはり麺に対してはちょっと不満が残る。
既成概念かもしれないが、油そば、釜玉共に麺の食感を楽しむものだけに、
専用の麺があったほうがいいと思うのは…贅沢というものか。


tosimon3 at 14:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月09日

町田〜藤枝…

288)勇次@町田市


わさらびと伊駄天の新メニューを食べてみたいと思い出かけるが、
その前に途中でちょっと寄り道。(^^;

勇次96ここの『合鴨ラーメン』は久し振りだが、
やっぱりウマ〜〜イッ!(^^)
この旨さは別格。
値段は高い(1300円)が、
それに勝る満足感がある。



嘉夢蔵説明7月19日からの「嘉夢蔵コラボ」の告知。
鏡花@立川との同時開催になる。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


289)伊駄天@藤枝市


町田から焼津へ直行。
ここで 静岡人さんと待ち合わせていたのだが、先客に見覚えのある方が…(^^;

伊駄天のラーメンを一番食べているのではないか…という ボボイさんでした。

伊駄天19新しい四季彩菜麺が食べられるかと思ったら、
明日の夜からだった…orz

という訳で『涼夏2008冷し麺』の醤油を食べる。
濃い醤油色をしているが、味はスッキリしていて、
甘味のあるスープが美味しい。
具に冬瓜が入っているのも目新しい。

これを食べると、静岡の地ラーメンである「藤枝系」の存在に思い当たる。
1年中冷しラーメンがあるという土地柄だけに、
冷しラーメンに関しては一家言持つ人が多いと思われるが、
この冷し麺なら文句を言う人はいないだろう。

食後は近くのファミレスでミニオフ会…(^^;


【麺行使 伊駄天】 http://www.idaten-ramen.net/main.html


tosimon3 at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月28日

汁なし担々麺

●270)唐辛子@伊豆高原

午後から伊豆浮山町内会の総会があるのだが、その前にこちらで昼飯を…。
こちらへ昼に来ることは滅多にないので、何か変な感じ。(^^;

唐辛子72相変わらず『汁なし担々麺』を…。
何故かこれが気に入っていて、最近はこればっかり。
まあ美味しいんだから仕方がない。

マスターの手打ち麺があれば最高なのだが、
気の向いたときしか作ってくれないので、
あったらラッキー!ということなのだ。(^^;

夜は沼津でミニオフ会があり、終了後はそのまま京都へ行く予定をしている。

tosimon3 at 03:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月27日

神奈川ミニ遠征

●266)なると商店@厚木市

静岡人さんがなると商店に来るというのでお付き合いすることに。
7月中旬に閉店するということを聞いて、ちょっと気になっていた。

ここへ一番最近来たのは、おそらく7〜8年前?…そのぐらいのご無沙汰。
当時とは味が変わっているという情報も得ていたが、
場所が場所だけに、なかなか来ることができなかった。(^^;

なると店なると商店






静岡人さんが塩、私が醤油を食べることに。
両方とも食べているのだが、味は殆ど忘れてしまっている。(^^;

スープは昆布出汁をベースに、魚介系がバランスよく配合されている。
以前に比べるとスッキリとして洗練された感じ。
やや醤油のクセのようなものを感じるが、これも一つの特徴だろう。
自家製麺のサクッとした麺とのバランスも悪くない。

はっきり言って、これほど美味しくなっているとは思わなかった。
もっと早く食べに来るべきだったと後悔するも、時すでに遅し。(^^;
別の場所へ移転するようなので、早い再開を祈るばかりだ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●267)菜かむら@橋本

菜かむら16静岡人さんのたっての希望でこちらへ。
ここへ昼間に来ることは滅多にないので、
おかみさんに「珍しいわネ」と…(^^;

『チーズ湯麺』というのがあったので食べてみる。
ベースは、いわゆる “タンメン” なのだが、
野菜の下にとろけるチーズが仕込まれている、

これがスープに溶けるにしたがって、味がどんどん変化していく。
いやいや、これは美味しい。(^^)

単なるタンメンが、ちょっとした仕事でこうも美味しくなるものか…
この辺に熟練の業がキラリと光っている。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●268)中村屋@海老名

中村屋店中村屋店内






中村屋2
4月末に高座渋谷から海老名に移転。
移転後は初めての訪問。
以前の店舗に比べると、かなりモダンになった感じ。

静岡人さんが塩、私が醤油を食べてみることに。

キラキラと光る鶏油、炙った叉焼は以前のままだが、
麺が細くなっていないか?
口当りも表面のヌメリみたいなものがやや気になる。

スープの味は悪くないのだが、食べた時に以前のような “キレ” が感じられない。
何が原因か分からないが、もう一つ満足できないラーメンだった。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●269)わさらび@沼津


夜になって、ミニオフ会が開かれる沼津へ。
ここまで来たからには、やっぱりここへ寄ってしまう。(^^;

わさらび457月の限定、『釜玉』の試作品を食べさせてもらう。

あくまでも試作品なので、
完成まではまだかなりの調整が必要と思われるが、
麺が美味しいので、卵の黄身だけで十分。
個人的にはこれでもいいと思うのだが、
これだと「商品にならない」そうだ。(^^;


tosimon3 at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年06月12日

色々と…

てるてる餃子

朝から雨…昼頃小降りになったので、遅い昼を食べにてるてるさんへ。

てるてる6今日は久し振りに『ザー丼』と『焼き餃子』。
このメニューがここへ来たときの私の定番。
『ザー丼』というのはここのオリジナル。
ザーサイ、キュウリ、筍を細切りにしたものが、
ご飯の上に乗って出てくる。
これに酢、ラー油を好みでかけて食べる。
油そば的な食べ方が気に入っている。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


北川遠望大川温泉付近の旧道から見た景色。
中ほどに突き出しているのが中の崎。
その上が赤沢温泉と浮山温泉郷。
雨で見通しが悪いが絶景。




 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●243)唐辛子@伊豆高原

唐辛子71今日のおまかせメニューは『冷し中華』。
横幅30cmもありそうな大きな皿に、
サラダ菜、モヤシ、あした葉、トマト、破竹、
ニューサマー、茹で卵、ワカメ、鴨肉、マンゴーと、
10種以上の具がこれでもかっ…というほど乗る。
麺は全く見えない。(^^;



レモン唐辛子にあったレモンとピーマン。
左が普通のサイズの夏蜜柑なので、
その大きさが分かると思う。(^^;

tosimon3 at 03:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月11日

美味しいね…

●242)わさらび@沼津市


わさらび44現在の限定は『鯛ラーメン』。
具入りもあるのだが、やはりこれはカケで。

前回は試作品だったので、本当にカケ状態だったが、
完成形は鯛の身が白髪ネギの下に隠れている。
このお陰でスープの味が一段と深みを増した。
シンプルながらも奥の深い味わいだ。


tosimon3 at 03:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月30日

伊豆であれこれ…

午後から「伊豆高原アートフェスティバル」参加会員のいくつかを見てあるく。
その一つがいつもお世話になっている平戸焼の「妙登美術庵」。

そして今回一番の目的が「遊庵・麻の実」(http://www.izuarea.com/04a-01.html)。
オールドノリタケのコレクションとしては日本有数のものだという。

色々と説明を受けながら見せていただいたが、さすがにすごい。
展示されているのはコレクションのほんの一部だそうだが、
この期間中しか展示されないというのが惜しい。
常設であれば、見たいという人が何人もいるのだが…

この催しは毎年5月一杯、伊豆高原を中心に開催されている。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


魚磯@伊豆高原

そんな訳で、久し振りに寿司でも食うかと、夕方になってこちらへ…
相変わらず地魚の品揃えは充実している。

クロムツ「クロムツ」
ムツは本ムツ、黒ムツ、赤ムツが知られているが、
黒ムツが一番美味しいかも。
下田で食べたムツよりこちらのほうが美味。
赤ムツはノドグロのことで、ムツの仲間ではない。



アカイサキ「アカイサキ」
イサキという名前がついているが、
イサキの仲間ではなく、ハタ科の魚。
100m前後の深場に棲息する。
本当のイサキより肉質は柔らかめだが美味しい。



オシツケ「オシツケ」
このところお気に入りのネタ。
深海魚のアブラボウズのことだが、
脂分が多いので、食べ過ぎには注意が必要。
一貫だけ炙りにしてもらったら、
これがまた美味しい…クセになりそう。(^^;


サバフグ「フグ」
フグといっても、これはシロサバフグ。
クロサバフグというのもいる。
とりあえず無毒とされるフグなので、
こうして寿司として食べることができる。
これはこれでウマイ。


炙りイサキ「炙りイサキ」
イサキといっても、これはウリンボと言われる幼魚。
皮をつけたまま、さっと炙ったものを食べる。
これは思った以上に美味しい。
ただ、こういう小さい魚を食べるというのは、
ちょっと抵抗がある。



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●226)唐辛子@伊豆高原

常連のTさんの誕生日だというので、帰りに寄ってみる。
いつもの顔が揃うというのはいいもんです。(^^;

唐辛子70マスターが用意してくれたラーメンは、
以前も食べたことのある『スープ焼きソバ』。

4月に発祥の地とされる塩原で食べてきたが、
ジャンクではあるが、なかなか美味しかった。

マスターが作るスープ焼きソバは、
スープが違うので当然本場のものと味は変わってくるが、
出汁がしっかりとしている分、こちらのほうが美味しいのは当たり前。
この味、けっこう好きかも。(^^;


アップルパイTさんのためにマスターが作ったアップルパイ。

ろうそくが3本というのは、1本が20歳?(^^;
そんなことはどうでもいいのだが、
このアップルパイがものすごく美味しい。
とてもマスターが作ったとは思えない…(笑)
こういうのもできるのネ。


tosimon3 at 04:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月29日

そんなつもりじゃなかったんだけど…

●223)伊駄天@藤枝市

例によって沼津回りで伊豆へ行く予定で出かけたのだが、
沼津ICの手前で「久し振りに藤枝まで行ってみるか…」と急遽行く先変更。(^^;
伊駄天へ行くつもりじゃなかったんだけど…

四季彩菜麺はまだやっているだろうと思って券売機を見ると…売り切れ…orz
少し前に春バージョンは終了してしまったそうだ。
HPでは告知されていたらしいが、見てなかった…(^^;

伊駄天18そんな訳で久し振りに『本節ラーメン』。

濃厚なスープに鰹節がガッツリと効いて、
以前よりパワーアップしていることが分かる。

製麺屋も変わったそうだが、
麺も確実に美味しくなっていると思う。
東京進出の用意は着実に進んでいるようだ。


【麺行使 伊駄天】 http://www.idaten-ramen.net/main.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●224/225)めんりすと@三島市

今日の予定は当初「わさらび」→「めんりすと」だったのだが、
伊駄天へ行ってしまったため、時間的に間に合わなくなってしまいそうだったので、
「めんりすと」へ先に行くことに。(^^;

新しい限定があるということを聞いていたので、それにしようかと思ったのだが、
ここの鶏白湯をまだ食べていなかったことを思い出してそちらを食べることに。

めんりすと5名前は「し・ろ・ど・り」。

濃過ぎず、薄過ぎずの絶妙なバランスのスープ。
鶏白湯はどんどんと濃くなる傾向にあるが、
このぐらいが一番食べ易い。

ニンニクチップが入っているので、
そちらの香りがやや気になるが、なかなか美味しいんじゃないですか…。


めんりすと6一杯目を食べ終るか終らないかのうちに、
絶妙のタイミングでもう一杯が出てきた。
2杯食べるつもりじゃなかったんだけど…(^^;

イタリアン系冷しラーメンの試作品だそうだ。

野菜がどさっと乗って、見た目「野菜サラダ」。
スープは塩味だが、野菜にかかっているドレッシングを混ぜ合わせると味が変化。
更にレモンを絞ったり、パルミジャーノチーズをかけたりと、
トッピングを加える度に味が変わるマルチテイスト。

残念ながら温玉は黄身が硬目で味の変化に至らなかったが、
半熟の玉子だったら更に味が変わったと思う。

いやいや、これはなかなかオモシロ美味しい。(^^)
こういうの好きですネ〜。

マアそんな訳で、もう一軒は…あきらめざるをえなかった。orz


tosimon3 at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月21日

わさらびの新作は6月から

●214)わさらび@沼津

いつも通り、沼津回りで伊豆へ。(^^;
まずはこちらへ寄ってみると、「ちょっと待ってもらえます…」と塙さん。

わさらび43しばらくして出来上がってきたのがこのラーメン。

かけラーメン状態なのは試作品のため。
一口スープを飲んでみると…
おお!これは鯛じゃないですか…(^^;

6月から出す『鯛ラーメン』のプロトタイプ。
鯛の頭と鯛干しを使っているそうだが、
いわゆる “潮汁” 仕立てのラーメン…といった味わい。

具についてはまだ決めていないということだが、
あれこれと入れないこの “かけ” 状態が一番美味しいんじゃないだろうか?

ここで色々と話をしていたら遅くなってしまい、
もう一軒寄ることができなくなってしまったが、
鯛ラーメンの余韻を楽しむためにも、今日は一杯でやめておこう。(^^;


tosimon3 at 11:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月14日

伊豆で色々と…

●199)唐辛子@伊豆高原

久し振りに伊豆へ来たので、昼はやっぱりここへ。
水曜日は基本的に休みなのだが、今日はやっているというので…(^^;

唐辛子68このところ『汁無し担々麺』ばかり食べていたので、
今日はレギュラーの『担々麺』を初級で。(^^;

見た目は全く担々麺に見えないが、
食べると確かに担々麺。
この視覚と味覚のギャップが面白い。


もう少し辛くてもいいかな…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


誰も乗れないブランコ

伊豆の海沿いに、誰も乗れないブランコがある。
先日、「日本の珍百景」というTV番組で放映されたもの。
釣りの行き帰りにいつも通っていたところなのだが、全く気付かなかった。

ブランコ1ブランコ2







場所はR135沿い、下田市の白浜の少し手前。
「尾ヶ崎ウィング」というパーキングがあるのだが、そこの50mほど先、
「アロエの里入口」という看板のあるところ。

市がこの周辺を整備した時にブランコをかけたということだったが、
なかなか粋なことをしたものだ。
乗ってみたいという方は、決死の覚悟でどうぞ…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


日本蕎麦「誇宇耶(こうや)」

白浜の近くまで来たので、たまには日本蕎麦でも…と思い板見の「茶や」へ行くも、
営業は終了していた。orz

河津在住のマイミクさんの日記で見て、一度行ってみたいと思っていたのだが、
営業時間が11時〜15時というところまではチェックしてなかった。
ラーメン店に振られるだけでなく、蕎麦屋にまで振られるのか…(^^;

マアそんな訳で、気分は蕎麦モード…なので、帰る途中にあるこちらの店へ。

伊豆ではけっこう有名なお店らしいのだが、食べるのは初めて。
この店の前はしょっちゅう通っていて、店の存在は知っていたのだが、
思いがけないところからこの店の名前が出てきた。

それは、わさらびの塙さんからであった。

塙さんの友人に柳澤さんという方がいるのだが、
この方がここで修行して、神田淡路町で「眠庵」という蕎麦店を開いている。

そんな関係で、眠庵には私も何回か足を運んいるのだが、
ルーツであるこの店へ一度は来てみたいと思っていた。

こうや店こうや







堂々とした創りのかなり広い店で、店内には小さな囲炉裏があったりと、
それらしい雰囲気の演出もさりげなく出来ている。

取りあえずは『ざる』を注文。
薄緑がかった色の蕎麦は、香り、食感とも申し分ない。

つけ汁はやや甘めのものだが、このぐらいが私の好み。
江戸っ子のように、ちょっとだけ汁に浸けてズズ〜ッとすすり込む…
なんていう食べ方は、私にはできない。(^^;

蕎麦全体をドップリと浸けて食べるほうが好きなので、
ここのつけ汁はちょっと足りない感じだが、美味しくいただくことができた。


【手打ちそば 誇宇耶】 http://www.sobako.ne.jp/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●200)共楽@稲取

これまで何回か来ているのだが、いつも振られてばかり…。
帰りにちょっと様子を見に寄ってみたら、やってましたネ。

昨年、伊豆高原から移転をしたのだが、いつになっても再開してなかった。
ご主人に聞くと、今年の2月から営業していたという。

確か3月に一度来ているのだが、そのときも店は閉まっていた。
定休日が木曜だそうなので、たまたま休みの日に来てしまったのだろう。(^^;

腹は空いていないが、せっかくなので入ってみることに。

共楽店共楽6とりあえずは『中華そば』を。

以前と味は変わっていない印象だが、
やはりスープの劣化がやや気になる。

ここは通し営業をしているので、
その間、スープには常に火が入っている。
なので魚介系はどうしても劣化が進んでしまう。
これが改善できれば、もっとスッキリとした味になると思うのだが…(^^;


【中華そば 銀座 共楽】
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取561-1 TEL.0557-95-0227
11:00-22:00 定休日=木曜日

tosimon3 at 22:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月13日

和え麺2杯

●197)卓次朗商店@

久し振りに伊豆…なのだが、やはりその前に先週休みだったこちらへ。

店に入ると、あれ…ずいぶんとお客さん入ってますネ〜(^^;
田中さんけっこう忙しそうです。

卓次朗9ここへ来た目的は『桜エビ和え麺』(だったか?)
要するに、桜エビの香味油の効いた和え麺。

極太麺が相変わらず激ウマ。(^^;
麺が太いので、桜エビうどんを食べているようだが、
この麺と桜エビの相性がいいネ〜。

別にスープが付いてくるのも嬉しい。
麺を3/4ほど食べたところで、このスープを丼に投入。
これで “桜エビラーメン” ができるのだが、これがメチャメチャ美味しい。(^^)

麺の量は150gあるそうなのだが、何だかすご〜く少なく感じてしまう。
これなら大盛りでもいいぐらいだ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●198)卓朗商店「R」@駿東郡清水町

引き続いてこちらの店へ。
ここにも和え麺があるのは、前回来たときに確認済み。

実は他のブログで納豆入りの和え麺があるのを見ていて、
どうしても食べてみたいと思っていたのだが、
メニューにはtpとして納豆はあるが、目的の和え麺はない。

『季節の和え麺』というのがあったので内容を聞くと、
トマトとバジルの和え麺だというので、それをいただくことに…。

卓朗7大きな皿状の器で出てきたのは、正しくイタリアン。
こういうのも出来るのネ…という感じ。

混ぜないで食べてみると、バジルの感じがしない。
よく見ると下のほうにバジルソースがあった。
これを混ぜることでイタリアンの感じが更に強くなる。

トマトの酸味はそれほど強くないが、
このぐらいのほうが和え麺としての美味しさがよく分かる。

ここでもスープが付いてくるのだが、このスープは別に飲んだほうがいいと思う。
口の中がスッキリとして、余韻が持続する。


tosimon3 at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月08日

細くなってる?

●186)永富@久地

天気が良いので、自転車であちこちと散策に…
そのついでに遅い昼飯をこちらで。

永富6東池袋大勝軒系のこの店…
自家製麺の麺が来る度に細くなっている気がする。

前回はそのことを聞いたところ、
季節によって多少の違いはあるが、
切り刃を換えてないので同じ太さのはずだ…
ということだった。

しかし、今日の麺は明らかに細くなっていた。
お客さんがいて忙しそうだったので聞けなかったが、
食感もかなり違っているように感じた。

美味しくなくなった…という訳ではないので問題はないが、
またしばらくしたら来てみましょう。


 *   *   *   *   * 


●187)わさらび@沼津

名古屋へ行くために、夕方になって出かけたのだが、沼津で途中下車。(^^;
ここで4月中旬から始まっている『ニューサマーオレンジつけ麺』を食べるのが目的。

わさらび42これは昨年から始まったメニューだが、
ニューサマーオレンジの季節のみの限定メニュー。

今年はオレンジ1/2に、レモン絞り器が付いたので、
オレンジのさっぱり感を十分に堪能できる。

いやいやこれは予想以上の旨さ…(^^)
こういうスッキリつけ麺は、他では味わえない。
ここの店ならでは…というか、塙さんの手腕が見事に発揮された一杯。

この後、藤枝の「伊駄天」へ行く予定をしていたのだが、
連休明けで水、木と臨時休業していることが分かったので、急遽行き先変更。
しばらくご無沙汰だった「卓次朗商店」へ向ったのだが、
店へ着くと…やってない。orz

定休日は水曜だったはずなので、ここも連休なのか?
やってないのでは仕方ないので、このまま名古屋へ向うことに。


tosimon3 at 17:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年04月03日

伊豆高原の春

てるてる餃子

てるてる春巻
遅い昼食をこちらで…
焼餃子が売り切れてしまったというので、
とりあえず「春巻」と「水餃子」。
春巻の皮のパリパリ感がたまらない…


てるてる焼売
こちらは「貝柱入り焼売」と「叉焼まん」。
この叉焼まんは最近のマイブーム。
中に入っている叉焼餡がものすごくウマイ。

今日はこの4品でおなかいっぱい。


【てるてる餃子】http://blog.livedoor.jp/teruteru2000/archives/50944665.html


 *   *   *   *   * 

つばき
これはてるてる餃子の生垣に咲いていた椿。
赤と白のコントラストが見事。
思わずパチリ。



大島桜
伊豆の桜は今が満開だが、
大島桜が多いのもここの特徴。
個人的にはこの白い桜花がかなり好き。



伊豆高原桜
伊豆高原駅から大室山方向へ抜ける道は、
両側のソメイヨシノが見事に咲き揃い、
2キロぐらいにわたって花のトンネルが続く。
今年は花の色も良く、例年になく華やかだ。



 *   *   *   *   * 

●139)唐辛子@伊豆高原

唐辛子筍
例によって帰りがけに寄ると、
最初に出てきたのがこれ…早採りの筍。
今年の初物だ。
茹でただけらしいが、アクもなく美味しい。



唐辛子67
今回も『汁無し担々麺』を食べるが、
今日の具にはタラの芽の天ぷらと筍が入ってる。
『汁無し担々麺春バージョン』ということか。

こういう変化自在のところがマスターの持ち味。
春の香りを満喫できた一日だった。


tosimon3 at 05:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月02日

トマト〜煮干し

●137)わさらび@沼津市

久し振りに沼津回りで伊豆へ…
わさらびの『トマトそば』の完成品を食べてなかったのだが、
4月になってしまい、まだやっているのかどうか不安だった。(^^;

店に入って塙さんに聞くと、4月いっぱいはやりたい…ということで一安心。
さっそくいただくことに。

わさらび41
イタリア産トマトを使ったスープは真っ赤。
見た目はトマトジュースかケチャップ…(^^;

しかし一口食べてみると、これがウマ〜イ!
何とも不思議な食感なのだが、
ラーメンとしての主張もしっかりと有る。

少し食べてから、小皿で付いてくるオランダ産の粉チーズを投入すると、
スープの味わいがガラッと変化して、更に美味しくなる。
いやいやこれはマイッタ。(^^;

これまで色々なトマトラーメンを食べてきたが、
これほどストレートにトマトを感じられるラーメンはなかった。
昨年のカボチャ(黄)に対して、今年のトマト(赤)…秀逸です。


 *   *   *   *   * 

●138)卓朗商店R@駿東郡

卓朗商店が変わったらしい…というので寄ってみる。(^^;

卓朗R
店の前には「R」と書かれた看板が…
これはRevolutionの「R」だそうだ。
要するに「大変革」ということなんだろうか?

店内の案内によると、月、火、水の3日間が、
『煮干しラーメン』と『和えそば』。

金、土、日は従来のラーメンを提供するという、二毛作店?に変わったようだ。

卓朗6
煮干しラーメンは2種類あって、
普通の煮干しを使ったのが醤油ラーメンで、
塩ラーメンには焼き煮干しを使用とのこと。

とりあえず『焼き煮干しラーメン』を注文。
丼の縁にびっしりと煮干しの粉が付いている。
スッキリとした清湯スープは焼き干しとの相性がいいようで、
普通の煮干しとはまた違った香ばしい香りを十分に楽しむことができる。

従来のラーメンに対して、確かに “大変革” を遂げたと言える味だが、
こうなると『和え麺』も食べてみたくなるのだが、それは次回に…(^^;

ちなみに和えそばは「スタンダード」「納豆」「紀州梅しそ」の3種類。


tosimon3 at 13:31|PermalinkComments(4)TrackBack(1)