スノーボード

2008年03月12日

スノボ〜ラーメン

ピラタス蓼科スノーリゾート

2月に続いてラーメン仲間とスノボに行く予定をしていたのだが、
仕事の都合で行けなくなってしまったということで、結局は私一人で行くことに…。

最初は前回と同じ富士見パノラマでいいと思っていたのだが、
途中でピラタスへ行ってみようと、急遽行き先変更。(^^;

ピラタス蓼科は、かなり以前に一度滑った記憶があるが、
富士見パノラマと同じく山頂まで上り、そこから一気にダウンヒル…というコース。

ただ、ここはゴンドラではなくケーブルカーというのが違うところ。
このケーブルカーは1年を通じての観光用なので、3〜40人?は一度に運べるが、
20分おきにしか運行しないのが困るところ。

ピラタス
ここが山頂駅からの滑り出し口。
前に見えるのが縞枯山?
この場所で標高は2237メートルもあり、
ここから一気に公称4キロのダウンヒルになる。
ただ、滑った感じでは、
せいぜい3キロぐらいしかないのでは…という感じ。

ピラタス林間
滑り出すとすぐに林間コースになるのだが、
狭いのでちょっと面白くない。
標高が高いせいか、
コースの大部分がアイスバーン状態になっていて、
スピードを押さえるのに無駄な力がかかってしまう。
面白さという点では富士見のほうがはるかに上だ。



 *   *   *   *   * 


●106)佑庵@岡谷市

午前中数本滑ってスノボを切り上げ、ラーメンを食べに…(^^;
最初は一番気になっていたこちらの店へ。

ビッグ・コミック・スペリオール連載中の「信州ラーメン鑑定団」に掲載され、
ちょっと面白そうな店だとチェックしてあった。
前回、店の場所だけは確認してあったので、迷うことなく到着。

表通りから一歩入ったところにある、一風変わった感じの店舗。
店の前が共同?の駐車場になっていて、どこに停めてもいいと言われる。(^^;

佑庵店
佑庵
ここのスープは “信州黄金シャモ” のガラ出汁、それに魚介出汁と野菜出汁をミックスしたトリプルスープだそうだ。

ちょっとザラッとした舌触りだが、これが何とも味わい深い美味しいスープ。
市川の「葫(にんにく)」を思い出したが、あちらはトンコツベースなので、
食感が似ているだけで、味わいは別のもの。

しかし、このスープのオリジナル性は素晴らしい。
さっぱりとした口当りながら、奥の深いズッシリとしたコクがある。

麺は高山ラーメンに似た細縮れ麺だが、これはちょっと弱いかナ。
中太麺も選べるというのはあとで知った。(^^;
これは注文の時にでも、どちらにするのか聞いて欲しいものだ。

でも、このスープは本当に旨いワ…
久し振りにスープを全部飲んでみたい、というラーメンに出会った。


【麺ごころ 佑庵】
長野県岡谷市本町3-1-3 TEL.0266-22-6115
11:30-14:30 17:30-22:30(S切れ終了) 定休日=火曜日


 *   *   *   *   * 


●107)さくら@諏訪市

こちらも昨年の「長野Komachi」で、一風変わったつけ麺が紹介されていて、
これは機会があったらぜひ食べてみたい…と記憶に残っていた店。

店の前に来てビックリ…すごい店舗だ。(^^;
入母屋造?の堂々とした日本建築。
周囲を囲む黒の板塀が更に雰囲気を醸し出す。

裏手は自宅?になっているようだが、
これだけの店舗を持つラーメン店は、全国を探してもそうはないだろう。
右側に出ているストーブの煙突がどうにも不釣合いだが…(^^;

'99年に上諏訪駅前に「桜亭」という店を造ったが、
'05年に現在の場所に店名を「さくら」と変えてオープンしたという。

さくら店
さくら
看板メニューの『屋台ラーメン』を食べてみる。

薄めの醤油スープに細かい背脂が浮かぶのは、何となく「香月系」を思わせる。
生姜や魚介の香りが屋台らしさといえるのかな?

厚切りで柔らかい叉焼はなかなかの美味しさだが、
麺が汎用のもののようで、これはもう一つ…というところ。

これはこれで美味しいラーメンだと思うが、潮流としては旧タイプに属するもの。
これからの飛躍が望まれる。


【麺屋 さくら】
長野県諏訪市高島4-1619 TEL.0266-52-4677
11:00-14:30 17:00-21:30 定休日=月曜日 P=15台



 *   *   *   *   * 


●108)紋次郎@甲府市

諏訪湖周辺の店は2軒で止め、20号を走って帰路につくが、
甲府近くまで来て「もう一杯ぐらいなら…」という状態に…(^^;

そこで、気になっていたこちらの店に寄ってみることに。

紋次郎店
紋次郎
塩ラーメンが美味しいらしいので、迷わずに注文。

スープの色は薄い醤油色をしているが、醤油を使っている訳ではなさそう。
ベースは鶏のようで、魚介の使い方はやや控え目。
ちょっとオイリーな感じはチー油?…その香りが全体を支配している。

複雑な味の塩ラーメンではないが、この味は悪くないと思う。
叉焼は厚切りのもも肉だが、これはもう一つ。

トータル的なバランスとしては、まだ微調整の余地有りだが、
塩ラーメンとしてのレベルは水準以上と思う。


【麺道楽 紋次郎】
山梨県中央市若宮29-6 TEL.
11:00-14:30 17:00-21:00 定休日=月曜日 P=10台?(共同)


tosimon3 at 12:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年02月20日

スノボ&ラーメンin長野

静岡在住のSさんから2月になったらスキー(スノボ)に行こうという話があり、
こちらからも多摩地域在住のYさんがスノボで参加決定。

各々のスケジュール調整の結果、20日に行くことに決まったのだが、
直前になってSさんが風邪でダウンというアクシデント発生。(^^;
結局私とYさんで行くことに…。

19日の夜に出発して、目指すは諏訪湖の近くにある「富士見パノラマスキー場」。
首都圏から約2時間と近い割には、3kmのダウンヒルが楽しめるし、
コースも中・上級中心と、個人的には一番気に入っているコース。

車の中で朝まで仮眠して、起きると外は素晴らしい天気。
雲一つないドピーカン…ここは晴天率が85%だそうだ!(^^;

八ヶ岳
ゴンドラでトップまで上がると、
眼前に八ヶ岳連峰がバ〜ンと広がる。
この景観はいつ見ても圧倒的だ。
Yさん…スノボ上手です。(^^;
私と同じく14〜5年のスノボ歴だそうだが、
自己流の私に比べると、滑りが美しい。

2人とも暫く振りのスノボなので、少し滑っただけで “ハァハァ、ヒィヒィ…”(笑)
午前中数本滑って、昼前にはスキー場を後にするというヘタレ振り。
マア「早くラーメンが食べたい」という不純な動機もあったのだが…(^^;
スノボとラーメンでは、ラーメンの比重のほうが高いということか。
ラヲタはしょうがないネ。(^^;


諏訪湖
こちらはスノボの後に来てみた諏訪湖。
ここが全面結氷しているのは初めて見た。
壮観だネ〜。
先日は2年振りの “御神渡り” もあったとかで、
やっぱり今年は寒いのか…(^^;
そういえば、諏訪市内の積雪も多い気がする。


 *   *   *   *   * 


●76)ハルピンラーメン@諏訪市

ハルピン2
昼時だったため、店内に10数人の順番待ち。
この待ち人数が、いつまで経っても変わらない。
これはスゴイ事だと思う。
そして客の年齢層が高いのも、ここの特徴か。
ここのラーメンを食べてしばらくすると、
また食べたくなる…という不思議なラーメンだ。


【ハルピンラーメン】 http://r.tabelog.com/nagano/rstdtl/20000125/


 *   *   *   *   * 


●77)一矢(ひとつや)@諏訪市

ハルピンから萬馬軒へ行こうと20号を北上する途中、この店が営業していた。
これまで何回も振られていた宿題店だったので、
これ幸いと、即座に予定を変更して入ってみることに。(^^;

ここのご主人は、めぐ蔵@大森(閉店)をやってらした方らしいが、
最近では、円熟屋@甲府市や二矢@飯田市も立ち上げるという活躍振り。

一矢店
一矢
私が醤油、Yさんが塩豚骨を食べる。

醤油は、具にエリンギと刻みタマネギが入っているのが特徴的。
魚介風味は穏やかだが、ちょっと変わった香りも…醤油?エリンギ?焦がしネギ?

やや醤油が立っているというか、口に入れた時にスープの硬さを感じてしまう。
自家製の麺は美味しいのだが、これもスープとの一体感に欠ける部分が…(^^;
醤油の尖りがなくなれば、この点も改善されるのでは…。

Yさんの塩トンコツのほうが美味しかったような気がする。


【らーめん つけめん 一矢】
長野県諏訪市四賀102-1 TEL.0266-58-1851
12:00-14:00 19:00-23:30 定休日=水曜・日曜 P=有 


 *   *   *   *   * 


●78)狼煙〈諏訪店〉@諏訪市

狼煙1
ここへ来るのは2度目になる。
松本に本店がある、一風堂インスパイアの店。

今日は基本のラーメンを食べてみる。
臭みを押さえた、食べ易い豚骨ラーメン。
一風堂に比べても遜色ないかも…(^^;
いやなかなか美味しい。


【狼煙〈諏訪店〉】
長野県諏訪市赤羽3-22 TEL.0266-57-7771
11:00-24:00 年中無休 P=多数(共同)


 *   *   *   *   * 


●79)蔵人(くろうど)@茅野市

蔵人店
ここも来るのは2回目になるが、
古い味噌蔵を改築したという店舗はなかなかGood。

ここも雪が残っていて、更に雰囲気が増す。
これだけ雪の似合う店も少ないだろう。


蔵人1
『焼き醤油ラーメン』というのを食べてみる。
スープも鉄鍋も熱々で出てくるので、注意が必要。
猫舌の私にはちょっと熱過ぎ。(^^;

鉄鍋で醤油ダレと煮干しを焼くんだそうだが、
その香ばしい香りがなかなかイイ。

麺は西山製に似たコシの強いもので、これも美味しいのだが、
この麺に対してはスープが弱いかな…もう少しコッテリ感があってもいいのでは…


【麺屋 蔵人】 http://www.tamatebako.ne.jp/kuroudo/

tosimon3 at 18:10|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2007年02月02日

やっとパウダースノー

つらら
朝食のために食堂へ行くと、
昨日まではなかった“つらら”が朝日に輝いていた。
こんなつららを見るのはいつ以来だろう?

昨夜から気温がかなり下がったようなので、
前夜に解けた雪が凍り付いたようだ。

薄日は出ているのだが、
相変わらず雪は降り続いている。
岩手山はついに3日間、全貌を現すことはなかった。

下倉メイン
今日は午前中だけ滑って帰ることにしたので、
3カ所目の「下倉スキー場」へ。

ここもホテルからは車で5〜6分と近いので、
アクセスは抜群。
どこでも駐車場がタダというのが嬉しい。

下倉1
地理的には初日に滑った「リゾート」の向い側になるので、
常に正面に岩手山が見えるはずなのだが、
山頂はずっと雲に隠れたままだ。

昨晩から気温が下がったせいか、
今日の雪質はかなりイイ。

完璧なパウダースノーというほどではないが、
このぐらいの軽い雪なら滑っていても疲れない。
昨日がこんな雪質だったら、と悔やまれる。


 ……………………………………………………………………


昼頃にスキー場を発って盛岡へ向かう。
盛岡は数年前に桜の撮影で来たことがあるが、
その時には確か「日光軒」で食べたぐらいの記憶しかない。

今回目指すのは「中河」というお店。
盛岡を代表するラーメン店というか、
もはや“全国レベルの店”といったほうがいいのかもしれない。


●45)中河@盛岡市

その割には素っ気ない店構え。
中へ入るとメニューは『中華そば』のみ。
その潔さは自信があるからこそ出来ること。

中河店
中河
丼の上に箸を乗せて出てくるというスタイルはあまり記憶にない。

従ってテーブルの上にはレンゲも箸も楊子も何もない。
(胡椒はあったかもしれないが…)

澄み切ったスープは動物系(鶏?)と魚介系のバランスが良く、
適度な甘さと適度な塩分のハーモニーが心地よい。

食材一つ一つの役割に緊張感がある。
何か一つ材料が足りなくなってもこの緊張感は生まれないだろう。

これぞ『中華そば』といった面持ちは、確かに“旨いッッッ!”
そしてこういう味のラーメンが盛岡にあるというのも驚き。

【中河】
盛岡市本町通1-3-37 TEL.019-622-5763
11:00−16:00 定休日=日曜、祭日


 ……………………………………………………………………


●46)善喜(ぜんき)@盛岡市

中河を出て、もう一件「柳家」へ行こうと歩いていると、
途中でラーメン店を発見。

ぜんき店
板を効果的に使った表看板や「ぜんき」という店名、「らぁめんひとすじ」といったフレーズがすご〜く気になる。(^^;
そして“とんこつ”というのにもちょっと引かれた。

同じようなラーメンを2杯食べるより、
違う傾向のものも食べてみたいという欲望のほうが勝り、
急遽こちらへ入ってみることに。

店は脇から階段を下がった地下にある。
中へ入ると表の雰囲気とはちょっと違う。
この時点で「はずしたかナ…?」(笑)と思うが仕方がない。

ぜんき
メニューを見ると何と目的のトンコツは“お休み”となっていて、他には味噌、辛味噌、坦々麺、中華そばしかない。

ウ〜ン、それなら表のメニューに書いとけよナ〜。(怒)
これじゃもう『中華そば』を食べるっきゃないじゃない。

結局一杯目と同じようなラーメンを食べる羽目になってしまったが、
こうなると最初が旨すぎたためにもう勝負にならない。
値段も550円と中河より高かったしィ…。

【ぜんき】
盛岡市本町通2-1-37 TEL.019-625-1323
11:30−15:00 17:00−20:30(違っているかもしれないので要確認)
定休日=日曜日


 ……………………………………………………………………


盛岡を出て一旦東北道で帰路につくが、途中仙台で下りてしまう。

実は仙台にいる友人に会うつもりでいたのだが、
何回電話をかけてもつながらない。
仕方がないのでラーメンに方向転換。(笑)


●47)とがし@仙台市

検索してみると、武蔵出身の方のお店があるようだ。
これは行ってみなくては…と向かったのだが、
かな〜りややこしいところにあって、やっとのことで辿り着く。(^^;
カーナビがなかったらおそらく分からなかっただろう。

お店は黒と白を基調にしたシックな作りで、いい雰囲気。
武蔵的なイメージもありますネ。

とがし
ラーメンはおそらく清湯系では、と思っていたのだが、出てきたラーメンは全く違うもの。

かなり濃度の高いトンコツに魚介がバッチリ効いているし、麺も太い歯ごたえのあるもの。

こりゃ武蔵でも無骨のほうだな、と思いながら食べるが、
なかなかバランスが良く美味しいですヨ。(^^;

後で聞いてみたら、無骨には短期間しかいなかったそうだが、
仙台にはこういうラーメンがなかったのでチャレンジしたのだとか。

こういう場所(笑)でなかったらもっと来易いのでは…、
と思ってしまったが、余計なお世話か。(殴)

【とがし】
仙台市泉区南光台2-14-59 TELなし
11:30-14:30 17:30-21:00 土・日・祝=11:30-15:00 17:30-21:00
定休日=木曜日


tosimon3 at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月01日

念願のスキー場だが・・・

昨日は夕方まで寝ていたためか、
夜遅かったにもかかわらず朝早くに目が覚めてしまった。

露天風呂
まずは朝風呂。
ここには露天風呂があるのだが、
雪景色の中で入る温泉はもう最高。

これで“雪見酒”でもできればネ〜…。
下戸には無理です。(笑)


…………………………………………………………………


今日滑りに行ったのは「安比スキー場」。
一度は行きたいと思っていたゲレンデなのだ。
宿からは車で約30分ぐらい。

現地で、佐藤さんという“ミョウレイ”のご婦人と合流。
やはり三宅さんの古くからの友人だそうだ。
石鍋さんは奥様しか滑らないということなので、
4人でいざゲレンデへ。

それにしても平均年齢の高い集団だ。(爆)

安比1
こちらもあまり人がいない。
メインゲレンデは見えるが、
その後ろのコースは雲に隠れて見えない。
最長コースは5.5km!

昨夜から20センチぐらいの積雪があったので、
雪の状態は最高!…と思っていたのだが、
実際に滑ってみるとそれほどいいコンディションではなかった。

昨日までの高めの気温がいけなかったのか?
何しろ雪が重い。
“パウダースノー”で有名な場所だったはずなのだが・・。
それでも上越の雪に比べればまだマシだけどネ。

午前中に数本滑って、すぐに休憩。(笑)
昼食は通称“レッドハウス”のバイキング。

色々なものが用意されているが、
メインはカレーのようで、
日本、インド、タイ、欧州、英国など、
種々の国、地域のカレーが用意されている。
こういうバイキングは珍しい。

昼食
私は小食なのでご覧の通り。(^^;
カレーは“英国風”をチョイスしてきたのだが、
どこがイギリスなのか分からなかった。

それにしても“英国風カレー”ってあるのか?(笑)

結局長〜〜い休憩を挟んで、午後は2本で終り。
一番疲れていたのは、一番若い私だったかも。
皆さんお元気ですネ〜。

…………………………………………………………………


石鍋さん、佐藤さんとはゲレンデで別れ、
宿へは三宅さんと二人で戻る。

晩飯
晩飯は昨晩より豪華な感じだが、
昼の食べ過ぎがたたって、あまり食欲はなかった。

小食者にはつらいデス。(+_+)\バキッ


この2日間は“休麺日”でした。


tosimon3 at 06:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月31日

誰もいない・・・

一睡もしないで約600kmを走り、朝8時に八幡平へ到着。

実はここへ来たのは、以前から何かとお世話になっている三宅さんという方からお誘いを受けたから。

何年も前から冬になると「来ないか」と誘われ続けていたのだが、
勤めている身では平日に行く訳にもいかず、
やっと今回実現できることになった次第。

岩手山
ホテルで朝食をとった後、そのまま寝ないでスキー場へ。
ここには「八幡平」「リゾート」「下倉」「安比」などのスキー場があるのだが、
今日は一番近い「リゾート」へ。

ホテルの窓から見ると、
岩手山の裾野に広がるこのスキー場が一望できるのだが、
岩手山は雲に隠れて見えない。

誰も
スキー場へ着くと、ほとんど人がいない。
幾つものコースがあるのだが、どこも“貸切り”状態。

東北のスキー場は空いているという話しは聞いていたが、
平日とはいえ、これほどとは思っていなかった。
好き勝手に滑れるのはいいのだが、何かすご〜くむなしい。(笑)
少しは人がいてくれたほうが張り合いがあるというもの。

マア寝不足もあるので、無理をしないように滑る。
そうでなくても最近は“歳のせい”か、(爆)
ガンガン滑るという元気も体力もなくなってきたので…。

昼前に三宅さんの友人という石鍋さんご夫妻が仙台から到着したが、
三宅さんが盛岡まで出かけるというので、
私も午後早々に引き上げ、宿で爆睡。

夜は石鍋さんご夫婦を交えて遅くまで談笑。
明日の朝は起きられるかな?

tosimon3 at 06:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月15日

今シーズン初めてのスノボ

休麺日無し1735日目

80)ハルピンラーメン@諏訪市   81)蔵人@茅野市

暖かいのと天気が良さそうなので、昨夜急に思いついてスノボに。そうなんですよ、あたしゃ歳に似合わず“スノーボーダー”なんですヨ(笑)。今年で12年目だからマアそれなりに滑れマス。さすがにハーフパイプなんていうのは無理だけど、スラロームなら息子達にも負けませんヨ。

それで滑りにやってきたのは「富士見パノラマリゾート」。中央道を走っていると、諏訪湖の手前で左側に見える1e4f74c5.JPGスキー場ですネ。ここは家から2時間ちょっとと近い割には、標高がトップで1800mほどもあって、そこから3キロのダウンヒルが楽しめる。中〜上級コースの連続でかなりハードだけど、それだけすべり応えがあるので好きなコースなんですヨ。

今日みたいに天気のいい日には、眼前に八ヶ岳を見ながら滑れるっていうのもイイ。以前は午後まで1日10本ぐらいも滑っていたけど、もうそんな体力はありましぇん。午前中に3本滑ってもう足がガクガク。早々に引き上げてラーメン食べに…(笑)。それにしても平日に滑れるっていうのは最高だネ。

ハルピンラーメン=諏訪ではかな2ca4dbe7.JPGり有名なラーメン店のようだが、未食だったので行ってみる。ちょうど昼時だったので混んでいるかな…と思ったが、さすがに行列するほどのことはなく、すぐに入れた。しかし次々とお客が来て席が空くことはない。

基本の『ハルピンラーメン』はニンニクの効いた辛味噌ラーメン。辛さはそれほどでもないが、スープには独特の“旨さ”がある。思わず完食しそうになったが、そこをグッとこらえてスープはやや残し。この旨さの素は何なんでしょう?。化調はそれほど使っていないようなので、後味がとてもイイ。この味なら人気があるのも頷ける。店のスタッフが全員女性というのも変わっている。
諏訪市四賀飯島2336-2 ?0266-53-1557 11:00〜14:30(土・日は15:00) 17:30〜21:00 定休日=月

蔵人=茅野市の郊外364bbfc0.JPGの「こんなところに…」という場所にポツンとある。建物は古い味噌蔵を移築したものだそうで、広くはないが重厚感のあるいい店だ。

一杯一杯鉄鍋で作る『焼き味噌ラーメン』がイチオシのようなので食べてみる。味噌はブレンドだろうが白味噌系で、焼味噌の香りがとてもイイ。かなり太い多加水麺を使っていて、スープと麺の見た目のバランスはいいのだが、口に入れると何故か麺が勝ってしまう。この辺が白味噌の弱いところなんだろうナ〜。『焼き黒味噌ラーメン』というのもあったので、そっちのほうが良かったのかな。渋谷の道玄坂にある「豆の詩」というお店が姉妹店だそうで、そこでも同じものが食べられるという。
本店=茅野市玉川4147-1 ?0266-82-3335 11:30〜22:00 無休
渋谷店=渋谷区道玄坂2-20-5 ?03-5489-5565

「蔵人」を出た7ab05619.JPG後、途中で買った本を見ていたら、小淵沢のほうにある「国界」という店が気になったので行ってみると『蕎麦、トンカツ、ラーメン』というドライヴインだったのでパス。この近辺ではあとたいした店もなさそうなので、思い出したのが上野原にある「桂山」。移転した直後に2回ほど行った記憶はあるが、もうかなり昔の話。記憶を頼りに何とかたどりついてみると、何と「本日休業」の貼紙が…。そ、そんナ〜それはないよネ〜、せっかく来たのに…って言ってみてもお店が開くわけでもなし。もう他の店を探す気力もなくなり“チョッキ”しましたヨ。



tosimon3 at 01:02|PermalinkComments(1)TrackBack(2)

2005年02月11日

尾瀬岩鞍スキー場にて

休麺日無し1365日目  

112)ラーメンハウス・シャンツェ@尾瀬岩鞍スキー場内
113)壱兆@東大宮  
114)大山家@武蔵境


夜中の3時頃にスキー場着。車の中で仮眠をとり、9時頃からすべり出す。
同行は私を含めて4人だが、私以外は3人ともスキーで、私はボード…
そうなんです…私は今年でボード暦11年目のボーダーなんですヨ!

未だに私の歳でボードをやってる人は見たことがない…って自慢する訳じゃないけど、
もっと高齢の方にもボードの面白さを分かって欲しいと常々思ってる。

午前中に約3キロのミルキーウエイを3本滑って昼飯。
この岩鞍スキー場には、ゲレンデ内に「シャンツェ」というラーメン店がある。
普通スキー場のラーメンというのは、レストランのメニューの一つであって、
ラーメンはインスタントラーメンに近いものであることがしばしばだが、
ここはちゃんと生麺を茹でていて、その中太麺がまた結構旨い。
スープも煮干などが入った、かなり本格的なもので、
とてもスキー場のラーメンとは思えないしろものなのだ。

スキー場に来てまでラーメンを食べなくても…と自分でも思ってしまうのだが、
やっぱりラーメンが好きなんですヨ。
「ラーメン」という文字を見るだけで、
それこそ誘蛾灯に集まる虫のように店に入ってしまうンですね〜これが(笑)。

4時頃スキー場を出て帰路に。
3連休なので渋滞を心配したのだが、全く渋滞無しで帰ってきてしまった。
2人が浦和なので、ついでに「壱兆」に寄る。
私以外は初訪なのでラーメンを食べ、私は例の鯖味噌ラーメン。

出てきた鯖味噌を見て、3人とも「何だそれ?」という目で見ていたが、
味見をして納得したらしい。
確かに、先入観無しでこれが出てきたら思わず引いてしまうだろうナ〜。

浦和から自宅へ戻る途中、ちょっと寄り道して大山家へ。
閉店ギリギリに行ったので、結局店を閉めてからも話し込んでしまい、
またまた跡片付けの邪魔をしてしまった。スイマセン。


tosimon3 at 02:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)