カレー

2011年02月04日

昼はカレー、夜もカレー…

ごえん玉@伊豆高原

店内3早春の光が降りそそぐ店内。
今日は『チキン焼きカレー』を初めて食べたが、
これがまた美味しかった。
個人的には海鮮焼きカレーより
こっちのほうが好きかも…(^^;


チキンカレーデザート







なお、シンガーソングライターでもあるマスターの弾き語りコンサートが、
3月16日(水)午後2時から開催されます。
会場はごえん玉、入場無料ですので、お時間のある方はぜひ…

YouTube の下記URLでもマスターの歌を聞くことができます。
(カバー曲も数曲有ります)
http://www.youtube.com/my_videos?feature=mhum


小さな洋食屋 ごえん玉


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●48)唐辛子@伊豆高原

唐辛子 45『カレー担々麺』…旨し。(^^)







ラーメンハウス 唐辛子


tosimon3 at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月12日

青森→盛岡→遠野

●445)弥太郎@盛岡市

昨夜のうちに青森から盛岡まで移動し、滝沢PAで仮眠。
今日は遠野へ行く予定をしているのだが、その前に盛岡でラーメンを…(^^;

実は久々に「中河」で食べるつもりだったのだが、
色々と検索していたら、食べログ人気投票で1位をとったこの店が気になった。
中河を押さえての1位であれば、食べてみたいと思うのは当たり前。

弥太郎店弥太郎







ということで、開店20分ほど前に店に到着…もちろんポールゲット。(^^;
今年の4月に新規開店という店は、趣のある和風の創り。

10分前ぐらいからちらほらと人が集まり始め、開店時には10人ほどに…
盛岡で、それも平日の開店前に行列が出来るとは思っていなかったので、
これはかなり期待ができそうと思いつつ店内へ…

『中華そば』は、ひじょうにシンプルなもので、ルックスはマアマア。
スープは鶏ベースに煮干し系の魚介出汁を合わせたもので、
尖ったところのないバランスの良い味わい。
麺は自家製麺のようだが、それにしてはやや軟弱さが感じられる。
加水が高い?せいか延びが早く、後半にダレてくるのが難点。

総合的には確かに美味しく、よく出来たラーメンだとは思うが
無化調ではないようなので、その点が残念だった。
個人的な好みでいえば、中河を超えるものではなかった。

中華そば 弥太郎


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

遠野へは1時過ぎという約束をしていたので、もう一杯食べてる時間は無い。
釜石道の高速を降りてR283を遠野に向って走っていると、
宮守というところでアーチ状になった陸橋の下をくぐった。

めがね橋思わず車を停めて写真を撮ったが、
これは釜石線の陸橋で「めがね橋」と呼ばれ,
宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」は、
この橋をモチーフとして書かれたとか…
H21年には「恋人の聖地」として認定され、
近くの直売所では「恋人切符」が売られている。
私は買いませんでしたけどね…(^^;

遠野風景知人は遠野市の手前、鱒沢駅の近くに居を構える。
付近は宮守川と小高い山に囲まれた里山で、
民話の里に相応しい景観が連続する。
山々は紅葉に染まり、晩秋の陽が色を際立たせる。
遠野に来るのは確か2回目になるか…
数年前に桜の撮影で来たことはあったのだが、
まだ景色は冬の景観だった。

亀乗り童子これが遠野で購入してきた土人形。
遠野市郊外の「附馬牛(つくもうし)」集落では、
江戸末期頃から土人形が作られていたが、
ここの人形は土を焼かずに作られていたため、
耐久性に乏しく、残存数が極端に少ない。
私のコレクションにも2点しかなかったので、
この人形が加わった意味は大きい。

 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

●446)宝介@遠野市

宝介店宝介







帰りがけにちょっと小腹が空いた…と思っていたら、ちょうどこの店が…(^^;
盛岡に本店を置き、東北を中心に20数店舗を展開するチェーン店。
看板にも大書してある『ニラ南蛮ラーメン』をメインにしているが、
メニューを見たら『鶏出汁ラーメン』というのがあったので食べてみる。

思っていたよりかなり濃い目の醤油味。
しょっぱくはないのだが、鶏の旨味が醤油に隠されてしまう。
マア期待していた訳ではないので、こんなものか…で済んでしまうが、
こういうジャンクさは嫌いではない。

宝介 遠野店

 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

東北道上り岩手山SA

岩手山上SA「ビーフカレー」¥560

値段の割にはこれといった特徴無し。
極フツーの味。(実食3回目)

勝手に5点満点評価
ルー3.6/ライス3.8/量3.5/総合3.6


東北道上り志波姫PA

志波姫PA「ポークカレー」¥450

値段の割に肉(バラ肉)の量が多く、味もまあまあ。
付け合せも種類があり、入れ放題が◎。

勝手に5点満点評価
ルー3.5/ライス4.0/量3.5/総合4.0

tosimon3 at 05:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月10日

青森へ…

●440)胡麻唐屋@東北道下り羽生PA

知人から遠野(岩手)で良い土人形が見つかった、という情報をもらったので、
それを見に行くついでに、青森でラーメンを食べようと、夕方から東北道に乗る。

途中寄ったこちらのパーキングでは、まだスナックコーナーがやっていたので、
ちょっとラーメンでも食べてみようと店内へ…(^^;
普段は営業時間中にこのPAを通ることが少ないので、
ここではめったに食べることが出来ないのだ。

胡麻唐屋店胡麻唐屋







ここはPAのラーメン施設ではなく「胡麻唐屋」というラーメン店が入っている。
醤油や味噌もあるようだが、『白胡麻担々麺』というのが気になった。
早速食べてみると、味的に黒胡麻を使ったものに比べややサッパリだが、
これはこれで悪くないと思う。
ただ、麺が柔めなのと、値段が高め(780円)なのは何とかならないものか…


胡麻唐屋 pasar羽生


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


東北道下り安達太良SA

安達太良SA下『伊達鶏キーマカレー』¥560

これを食べるのは2回目になるが、
SAでは珍しいキーマカレーで、なかなか美味しい。

勝手に5点満点評価
ルー4.3/ライス3.8/量3.8/総合4.2


tosimon3 at 02:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月05日

伊豆のシンガーソングライター

ごえん玉@伊豆高原

昨夜は駒沢公園から戻ってそのまま伊豆へ来てしまった。(^^;
夜はいつものごとくレコード、映画、楽器と朝方まで起きていたので、
昼近くになって目を醒まし、昼食は久し振りにこちらの店へ…

野菜カレーデザート







何故かビーフカレーがメニューから落ちていたので、今日は『野菜カレー』。
季節の野菜などが沢山入って、これがなかなか美味しい。(^^)

マスターは、夕方から近くのホテルのロビーでミニコンサートを開くとか…
最近自作の曲をCDにして店で販売しているので、
聞いてみたいという方は立ち寄った際にでもお買い求め下さい。

なお、YouTube の下記URLでマスターの歌を聞くことができます。
(カバー曲も数曲あります)
http://www.youtube.com/my_videos?feature=mhum


小さな洋食屋 ごえん玉


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●433)唐辛子@伊豆高原

唐辛子 35帰る途中は、やっぱりこちらへ…
相変わらず『カレー担々麺』。
ウマイね。(^^)





ラーメンハウス 唐辛子

tosimon3 at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月05日

東北へ…一本桜を求めて…

今年は天候が不順で、東北の桜前線も一週間以上動きを止めていた。
一本桜ハンターとしては気になるところだったのだが、
青森の桜開花の情報を聞いて、昨日の夜から東北道を北上する。
東北の主な一本桜はほぼ写真に収めているので、
今回はそれ以外の比較的マイナーな桜を求めての旅になる(ハズ)。(^^;

北館の桜途中、平泉前沢ICの手前に大きな桜が見えてくる。
「北館(きただて)の桜」と呼ばれる巨木だが、
高速道路のすぐそばにある割には知る人は少ない。

樹齢700年といわれるエドヒガンで、樹高は20m。
その堂々とした姿はいつ見ても素晴らしい。

今回はさすがに花は終っていたが、その勇姿は健在。
「また会えたね」と心の中でつぶやきながら通り過ぎる。(^^;


新羅神社新羅神社幹






最初に向ったのが八戸市郊外にある長者山新羅神社。
この神社の境内に樹齢約400年のエドヒガンがある。

思った以上に樹高のある桜だが、近づいてみると「おとぎの桜」という看板が…
そういう名前がついているとは知らなかったが、後で検索してみると、
夏休みにこの桜の周辺で「森のおとぎ会」が開かれているとのこと。
それからこの名前がついたのだろうか…

残念ながら花は終盤に近かったが、周囲のソメイヨシノは満開状態で、
しばしの間、遅い花見を楽しむことができた。

時刻は4時を過ぎていたので、今日の桜はこれまでにして、
八戸のラーメンを食べに行くことに…(^^;

 ………………………………………………………………………………


●176)麺道蘭<八食店>@八戸市八食センター内


八戸には地ラーメンである「八戸ラーメン」がある。
それを食べるために、県内で数店舗を展開するこちらの店へ。

麺道蘭店麺道蘭






店は「八食センター」という市場の中のフードコートにある。
「八戸ラーメン会」という団体があり、その加盟店で八戸ラーメンを食べると、
写真のように、縁に煮干しをあしらった丼で出てくるそうだ。(^^;

ラーメン自体はアッサリとした煮干し風味のもので、
地ラーメンとしてのインパクトはないが、これはこれで美味しかった。


麺道蘭<八食店>


 ………………………………………………………………………………


SA,PAのカレー勝手に採点(5点満点)

【東北道福島松川PA(下)】 ポークカレー ¥450

東北松川PA(下)やや小麦粉多めで、ねっとり感のあるルーだが、
味はフツーに美味しいレベル。
米の産地のせいか、ライスが旨かった。

ルー=3.0/ライス=4.5/量=3.8/総合=3.7




【東北道北上金ヶ崎PA(下)】 ポークカレー ¥450

東北金ヶ崎PA(下)ルーは松川と似た感じだが、
こちらのほうがトマトが多い?
ライスは残念ながら柔らかかった。

ルー=3.2/ライス=2.8/量=3.5/総合=3.5




【八戸道折爪SA(下)】 ビーフカレー ¥450

八戸道折爪SA(下)ルーはマアマア美味しいが、肉が少ない。
ルーの量が少ないので、ライスが余ってしまった。
ライスはややべた付き気味。

ルー=3.5/ライス=3.0/量=3.2/総合=3.5

tosimon3 at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月09日

春爛漫

桜並木通り



















伊豆高原から大室山に向って延びる桜並木通りの桜を見に来てみたが、
既に満開は過ぎていて、花見の人達もちらほら…という有様。
天気が良くないので花の色が空に溶け込んでしまい、今一つ冴えない。
今年の桜は雨にたたられることが多かった。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ごえん玉@伊豆高原


その桜並木通りを上っていくと、左側にこの「ごえん玉」が見えてくる。
遅い昼食をこちらで食べることに…

ごえん玉カレー今日は『海鮮焼きカレー』。

魚介のたっぷり入ったカレーピラフをベースに、
上にチーズと玉子を乗せてオーブンで焼く。
トロッと溶けたチーズの焦げた香りと、
カレーのスパイスの香りが混ざり合い、
この上ない逸品に仕上がっている。(^^)

ごえん玉コーヒーここのコーヒーが美味しい。(^^)
コーヒーだけでも飲みに来る価値有りの一杯。
サラダ、デザートがセットになって、
これで1500円というのはリーズナブル。

店の雰囲気と、ご主人、奥様の温かいもてなし…
極上のひと時を過ごすことができる。


小さな洋食屋 ごえん玉


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●141)唐辛子@伊豆高原


いつものように帰りがけにこちらで夕食…いや夜食か…(^^;

唐辛子 20今日のラーメンにはタケノコが入っている。
伊豆には竹林が多く、タケノコがよく出るようだが、
これも近くでマスターが掘ってきたものだという。

土から頭を出していないタケノコだそうで、
エグミもなく柔らかくて美味しい。(^^)
菜の花も添えられていて、まさに “春爛漫” 。


ラーメンハウス 唐辛子

tosimon3 at 05:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月01日

たまにはこういうのも…

●127)珍来麺工房@関越道高坂SA(東松山市)


明日から新潟骨董市が開かれるので、夜になって出かける。
途中ここのSAで晩飯代わりにラーメンでも…(^^;

最近、高速道路のSAではカレーを食べてしまうことが多いので、
ラーメンを食べる機会は滅多になくなってしまった。
マアSAのラーメンはあまり美味しくない…っていうのも理由なんだけどね。(^^;

珍来ここには「珍来麺工房」という店が入っている。
珍来っていうのは、街道沿いによくあるあの珍来?
かな〜り昔に食べた記憶はあるけど味は忘れてるネ。

見た目はオーソドックスな醤油ラーメン。
スープはたぶん業務用だと思うけど、
化調の味はしても、そこそこ美味しい。(^^;

中太麺がモチモチしていて、スープとの相性も良くスルスルと入ってしまう。
思っていたより食べられるじゃない…という感じ。
720円という値段はちょっと高いと思うけど、場所柄これはしょうがないのか…

味玉が固茹でだったのは「固茹で味玉復権委員会」の会長として嬉しかった。(^^)


高坂サービスエリア(下り)


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


関越道下り「越後川口SA」/ビーフカレー ¥550

途中で2時間ほど仮眠してしまったので、このSAに着いたのは4時過ぎ。
周囲にはまだ雪がかなり残っていて真冬の状態。
小腹も空いていたので、“朝カレー” を食べることに…

関越高坂ここのカレーは何回か食べている。
カレー自体は肉もけっこう入っているし、
出汁もちゃんと出ていて美味しいのだが、
肝心のライスがぐちゃぐちゃで全くダメだった。

以前は、さすがに米処…と思わせる味だったので、
これは残念だった。

勝手に5段階評価=ルー3.5/ライス=2.0/量=3.0/総合=3.0

tosimon3 at 07:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月08日

伊豆で旨いもの…

ごえん玉@伊豆高原




ごん太遅い昼をこちらで食べようと、2時過ぎに訪問。
まず出迎えてくれたのがゴン太クン。
人なつこい犬だが、最近やっと覚えてくれたようで、
尻尾を振ってくれるようになった。

ただ、相変わらずカメラ嫌いは治ってないようで、
レンズを向けるとそっぽを向いてしまうのだが、
今回は、顔は横向きのままだが、目だけはカメラ目線だった。(^^;

ハンバーグサラダ






デザートコーヒー










 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


魚磯@伊豆高原


キンキ「キンキ」






タカノハダイ「タカノハダイ」






ノドグロ「ノドグロ」






メジナ「メジナ」






オシツケ「炙りオシツケ」







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●201)唐辛子@伊豆高原


唐辛子93









ラーメンハウス 唐辛子

tosimon3 at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月18日

どちらも旨いっ!

●174)鏡花@立川市


立川の骨董交換会が終った後、頼まれていたものを届けにこちらへ。
3月に『煮干し中華』が始まってからというもの、食べるのはこれだけ。(^^;

鏡花86「今日は少し苦みが出てるよ」と町田さん。

食べてみると、確かに苦みは感じるものの、
この程度ならOK牧場…(TT;
というより、この位の苦みがあったほうが、
煮干しらしくて個人的には好き。
煮干し好きはワガママなのだ。(^^;


らーめん愉悦処 鏡花


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●ロックンロール1@上鶴間


こちらへも頼まれものを届けに行く。
店はすでに終っているので裏口から入ると、何と店内にはカレーの匂いが…

嶋崎さんがまかないでカレーを作ったところだという。
「食べてみる?」と言われれば、断る理由がない。
そういえば、嶋崎さんが作るカレーというのは初めてか?(^^;

ロックカレーベースは市販のルーを使ったというが、
聞くと、そこに加えたものがハンパではない。

特にスパイスは種々のものを粗挽きにして、
そのままぶち込んだというから、
食べるほどにその香り、辛さが押し寄せてくる。
これはたまりません。(^^)

食べ終る頃にはじっとりとした汗が全身に吹き出し、舌は麻痺状態だが、
この旨さは、これまで食べたどのカレーとも違う味わい。
市販のルーとはとても思えない。(^^;

「カレーでも店出せますよ」…いや、出して欲しい。


ラァメン屋 69'N'ROLL ONE

tosimon3 at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2009年03月26日

伊豆〜三島〜京都

●109)唐辛子@伊豆高原


明日の京都骨董市へは、伊豆から直接行く予定をしていたので、
こちらの店に夜行けないため、昼に行ってみる。

「夜来ると思ってたから用意できてないよ〜」とマスター。
手打ち麺を作ってくれる予定で、午後に打つつもりだったらしい。(^^;

唐辛子90という訳で今日は『汁無し担々麺』。

見た目はフツーの油そばのようだが、
胡麻ペーストが入っているので、やっぱり担々麺。
赤くないので辛くない…と思いきや、
麺の下に仕込んであるハラペーニョが…(^^;
この視覚的ギャップが楽しい担々麺だ。


【ラーメンハウス 唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●67)めんりすと@三島市


京都へ向う途中、藤枝の伊駄天に寄ってみようと思っていたのだが、
136号が思いのほか混んでいたため、これでは間に合わないと判断。
ちょっとご無沙汰のこちらの店へ…

めんりすと13限定に『ボ・ン・ゴ・レ』というのがあった。
確か昨年も食べたと思いつつ注文。

名前通り、アサリを大量に使ったラーメン。
フランスパンやトマトがあしらわれていて、
イタリアンテイスト溢れる一杯に仕上がっている。
木下さんらしいラーメンというべきか。

同時期に「わさらび」でもアサリを使ったラーメンが出されているが、
方や “和” 、方や “洋” と、アプローチの仕方が全く違う。
食べ比べてみるのも一興だろう。


【めんりすと】http://www.menristo.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名高速下り「日本平PA」/野菜カレー ¥600


ラーメン一杯ではちょっと足りない感じなので、(^^;
日本平PAに寄ってみると『野菜カレー』というのがあった。

東名日本平カレーの上に、カボチャ、ナス、パプリカ、
ブロッコリーの素揚げしたものが乗っている。

カレーはこういった場所のものとしては珍しく、
ジャガイモやニンジンがごろごろと入っている。
みそ汁と付け合せがセットになって600円!
このCPはかなり高い。

肉がもう少し入っていれば言うこと無しなのだが、ゼイタクは言えない。(^^;
全体に量はやや少なめだが、ルーの味もよくかな〜り満足できる内容。


勝手に5点満点評価=ルー4.5/ライス4.0/量3.5/総合4.5


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名阪自動車道「御在所SA」/カレーライス ¥550


東名阪自動車道は、まだ開通してから間もないので、
SAなどは馴染みのないところが多い。

ここ御在所SA(三重県四日市市)にトイレタイムで寄ってみると、
スナックコーナーにカレーがあったので、ついついもう一杯…(^^;

御在所下り肉や具は溶け込んでしまっているが、
ビーフではなくポークカレーのようだ。

カレー自体は平均的な味なのだが、
ライスがマジで美味しい。
これまで食べたSAカレーの中ではダントツの旨さ。
このライスは特筆ものだ。


勝手に5点満点評価=ルー3.8/ライス4.8/量4.2/総合4.4

tosimon3 at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月12日

TVの力

●111)かずら@宮前平


先日TVで放映されたラーメン番組に、ちらっと出ていたので、
どういう状況なのかと寄ってみる。

店頭と『支那そば』が短い時間映っただけだったので、
それほどの影響はないのではないか…と思っていたのだが、
翌日から確実にお客さんが増えたという。
TVの影響っていうのはスゴイね。

かずら31久し振りに『豚骨醤油ラーメン』。
見た目は家系ラーメンに似ているが、
味は家系とは一線を画したもの。

清水さんは、以前家系の店にいたことがあるので、
この系統のラーメンは “お手の物” 。
実際、注文は豚骨系が多いそうなので、
これはそういう立地条件から、止むなく用意しているメニューなんだそうだ。

出来れば『支那そば』だけでやりたいそうなのだが…(^^;


ラーメン かずら


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名高速上り「海老名SA」/横浜ビーフカレー ¥700


こちらは昨夜というか、今朝早くに、伊豆からの帰りに食べたカレー。
ここで食べるということは滅多にないのだが、小腹が空いたのでついつい…(^^;

東名海老名カレー『横浜ビーフカレー』という名前がついている。
どこが「横浜」なのか分からないが、
ルーの上に生クリームがかけられているのが、
他のカレーとは違うところ。

皿からこぼれそうにルーがかけられている。
その点では満足ができる量。

甘めの味付けで辛さは抑えてあるが、バランスはいいと思う。
ただ、ライスの味が今一つというか、決して美味しいレベルの米ではない。

SAのカレーとしては700円と高めなので、この辺が残念なところ。


勝手に5点満点評価=ルー4.2/ライス3.0/量4.5/総合4.2


tosimon3 at 06:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月27日

「月島ロック」再び…

●42)月島ロック@中央区


昨夜、嶋崎さんから「月島まで車で行って貰えないか」という電話があった。
月島ロックで使う麺や具材が足りなくなってしまったので、
明日の夜、運んでほしいということだった。

「向こうでごちそうするから…」と言われては、断る理由がない。(^^;
そんな訳で二日続けて月島ロックへ行くことに。

月島ロック1ここのオーナー自らがラーメンを作る。

開店2日目にして、かなり完成度の高いラーメン。
これも嶋崎さんのレシピがあればこそ、だが…
昨日食べた同じラーメンよりマイルド感が強い。

スープやタレの熟成が進んだからだと思うが、
生姜の感じがやや弱くなったことを除けば、
少なくとも、開店2日目のラーメンとはとても思えない味だ。(^^)

月島カレー月島ブラマンジェ







今日のカレーは『チキンカレー』だった。
なぜチキンになったか…という訳は聞かないことにするが、(笑)
これはこれで美味しい…っていうか、私の好きなタイプのカレー。

右は『豆乳のブラマンジェ』。
豆乳で作ったものとは、とても思えない味。
ふんわりとした口当りがなかなかのもの。
これも美味しい。(^^)



【月島カフェ】http://www.discberry.com/cafe/index.html

tosimon3 at 06:24|PermalinkComments(6)TrackBack(1)

2008年12月26日

好きなもの三昧

大島
朝から素晴らしい天気だ…寒いけど…(^^;
伊豆大島がいつもより近くに見えるのが不思議。





ごえん玉@伊豆高原


昼は久し振りにこちらへ。
今日は『オムライス』とも思ったのだが、やっぱりカレーが食べたい…
ということで『野菜カレー』を注文。

ごえん玉カレーごえん玉デザート







例によって30cmほどもある大きな皿で出てくる。
野菜がたっぷりと入ったカレーに、サラダ、デザート、コーヒーが付いて、
これで1300円というのはお得感があると思う。(^^;

そして、何といっても嬉しいのが極上の癒し空間。
他では得難いくつろぎの時間を約束してくれる。

ごえん玉店ごえん玉犬







店の外の陽だまりで昼寝をしていた犬クン。
名前を聞いてくるのを忘れてしまったが、とても人なつっこい。
でも何故かカメラを向けると目をそらしてしまう。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


魚磯@伊豆高原


夜まで何も食べないでおこうと思っていたのだが、
夕方になってガマン出来ずにこちらへ。

私の好きなものは、1)寿司、2)カレー、3)ラーメンなので、
これでラーメンを食べれば、好きなもの全部食べたことになる。(^^)

沖ボラ「沖ボラ」

お寿司屋さんは数あれど、
ボラを握ってくれるところはそうは無いはず。
釣りでは外道として捨てられる魚だが、
沖で獲れるボラはメチャクチャ旨い。
養殖の鯛なんかよりは、絶対に美味しい。

メジナ「メジナ」

夏場のメジナは磯臭いが、
これから寒くなるにしたがって、
ハンバ海苔などが餌になるため、
「海苔メジナ」として美味しくなる。


ブダイ「ブダイ」

これも冬場が旬の魚。
伊豆ではこれを専門に狙う釣り人もいるほど。
それほど美味しいとは思っていなかったが、
握りにすると、独特の食感が悪くない。


シマガツオ「シマガツオ」

カツオといっても、形は全く違う。
「エチオピア」という別名で呼ばれる。
肉質は “トロ鰹” に似た感じで美味しい。



カサゴ「カサゴ」

いわゆる “根魚” と呼ばれる魚。
ごろた石やテトラの間などで釣れるが、
これは沖の岩礁帯で獲れたカサゴ。
煮付けや唐揚げが一般的だが、
寿司でも独特の歯応えが旨い。


3人店で偶然会った唐辛子のママさんの姪御さん。
上海在住というが、現在はお子様連れで帰省中。
こちらへ来ると、魚磯に寄るのが楽しみだとか。
息子さんは釣りが好きだそうで…






【魚磯 伊豆高原店】http://www.uoiso.com/
【魚磯 富士店】http://www.fuji.uoiso.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●536)唐辛子@伊豆高原


唐辛子84今日のおまかせは『角煮塩ラー麺』。
スープは真鯛とアゴその他だそうで、
魚出汁の効いたスッキリ味がイイ。(^^)

最近は担々麺の比率が高くなったため、
こういったラーメンはたまにしか食べられないが、
ン〜もっとやって欲しいネ。



【ラーメンハウス 唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html

tosimon3 at 04:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年12月14日

カレーと麻婆…?

伊豆合宿最終日は、電車組の2人は午後早めに帰るというので、
昼過ぎに伊豆高原駅まで送って分かれる。

その後、車で来たA君と一緒に伊豆スタジオを訪問。
スタジオ主のやまちゃんとA君は、仕事上の繋がりがあるため話が合うようで…

山内家これはそこでご馳走になった牛スジカレー。
牛スジの出汁がバッチリと効いていて、
辛さも甘さもGOODなバランス。

美味しい。(^^)

スタジオやめてカレー屋さんやれば…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●536)唐辛子@伊豆高原


夕方スタジオを辞した後、帰りがけにこちらへ。
日曜日のせいか、珍しく (笑) 満席状態。

唐辛子ナシゴレンこちらは少しだけいただいた『ナシゴレン』。
以前にも何回か食べたことはあるのだが、
これが結構美味しい。(^^)

インドネシアのチャーハンだそうで、
中華のチャーハンとはまた違った味わい。



唐辛子83今日のおまかせは『麻婆茄子ラーメン』。

やや甘口だが、適度な辛さがイイ。
ニンニクも効いていて、
坦々麺とはまた違った味わい。

ここの隠れた人気メニューに、
『麻婆ラーメン』というのがあるのだが、それの変形版といえるメニュー。
個人的には、こっちのほうが好きかも…(^^; 


ラーメンハウス 唐辛子

tosimon3 at 12:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月20日

伊豆で色々…

餃子のてるてる@伊豆高原


遅い昼を久し振りにこちらで…
今日は娘さんのユーコさんも一緒に…

てるてる8ここに「チャーハン」があるのを初めて知ったので、
それをメインに餃子とホタテシューマイで…(^^;

卵がたっぷりと入ったチャーハンは、
味付け、炒め具合ともに絶妙で美味しい。
これはクセになりそうなチャーハンだ。
知らなかったというのは迂闊だった。(^^;



餃子のてるてる


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



大島11.20
大室山方面から急坂を下ってくる途中、
大島がくっきりと浮かんでいた。
気持ちの良い天気だ。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


嵐の湯@河津


ユーコさんはこの後、河津にある「嵐の湯」に行くというのだが、
一緒に行かないかと誘いを受ける。

人妻と二人っきりで温泉…それも混浴…いいのか…
と一瞬躊躇するが、断る理由がない。(^^;

しかしご安心あれ…混浴といっても湯に入るわけではなく、
作務衣のようなものを着て入る岩盤浴サウナのようなものらしい。
あちこちに同名の施設が増えているようだが、なかなかの人気だという。

嵐の湯嵐の湯露天







河津といっても、ずっと奥へ入った河津温泉郷の「七滝」の近く。
“湯治の館” というように、昔ながらの風情を持たせた創りの建物だ。

メインの施設はラジウム鉱石を敷き詰め、ミネラルミストが充満したサウナ。
入るとすぐに汗がジワ〜ッと吹き出してくる。
ここに10分ほど入り、5分ほど外へ出て身体を冷す。
これを何回か繰り返すことで新陳代謝が高まり、血液もサラサラになるという。

個人的にはサウナが苦手なほうなので、私は2セットでギブアップ。(^^;
あとは露天風呂に入ったり、内風呂に入ったりで約1時間を過ごす。
たまにはこういうリフレッシュもいいものだ。


鉱石ミネラル 嵐の湯 湯治の館 河津


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



ムンタージ@稲取


帰る途中、稲取の国道沿いに10月に出来たばかりのカレー専門店に寄ってみる。
これは河津在住のマイミクさんに教えて貰った店だ。

東京の西部に数店舗を展開するインドカレー専門店の支店のようだ。
従業員は全て男性インド人ばかりなのだが、日本語を解するのは一人だけ?
メニューの内容を聞いても、半分ぐらいしか分からない。(^^;

ムンタージ注文したのは『野菜スープカレー』とナン。
しかし、このナンがやたら大きい。
一番長い部分は40センチ近くもありそう。(^^;

カレーも大きな器にたっぷりと入っていて、
美味しいことは美味しいのだが、
野菜はもう少し量が欲しいところ。

それとスープカレーにナンは合わない…ライスにすべきだった。(^^;
ふつうのカレーも食べてみたい。

ラッシーこれは「ラッシー」というヨーグルト飲料。
カレーにヨーグルトは付き物なのだが、
これはちょっとサッパリし過ぎか…(^^;
氷が入らないほうがいいと思う。






【インディアンカフェ ムンタージ】 http://www.mumtaj.jp/index.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●501)唐辛子@伊豆高原

唐辛子81今日のおまかせは『角煮ワンタン麺』。
大きい角煮とこれも大振りのワンタンが美味しい。

珍しくラーメン系が出てきたと思ったら、
私の前のお客がワンタン麺を頼んだらしく、
なので私のは “ついで” ということらしい。(^^;

でも、たまにはこういうのも食べてみたいので、これはこれでタイムリー。
ラーメン用のスープはいつもある訳ではないらしいので、
今日はついてた…ということか。


【ラーメンハウス 唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html

tosimon3 at 04:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月18日

昼はカレー、夜はラーメン…2

●404)唐辛子@伊豆高原


唐辛子77今日のおまかせメニューは『角煮つけ麺』。
つけ汁の中に大きな角煮がドンと入ってる。
これだけでもかなりのボリュームがある。

今日の麺はマスターの手打ち麺。
フランスパン用の「リスドオル」という粉を使ったとかで、いつもとは全く違った食感。

モチモチ感より、ツルッとした舌触りが新鮮だが、
これはどちらかというとパスタ的な食感。
コシが弱いので、つけ麺ならいいが、ラーメンには向かないだろう。


唐辛子


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ごえん玉


五円玉店内昼はこちらの店へ2度目の訪問。
おしゃれな店内は相変わらず。

オーナーの得意なギターが立てかけてある。
年に何回か演奏会があるらしいので、
ぜひ一度聞いてみたいと思っている。


サラダまず野菜サラダが出てくる。
これを食べながら、
メインが出来上がってくるのを待つ。
量がたっぷりあるのがウレシイ。




焼きカレー『シーフード焼きカレー』
焼きカレーというだけあって、熱々で出てくる。
真ん中に玉子、その周囲にはチーズが溶けている。

カレーというよりはカレーピラフのドリア…(^^;
さすがに一番人気?というだけあって美味しい。


デザートデザートの果物とシャーベット。
ヤケドしそうなカレーを食べたあとに、
この清涼感は何ともいえない。(^^;

コーヒーも素晴らしく美味しい。

オムライスも美味しそうなので、また来なくては…


小さな洋食屋 ごえん玉


tosimon3 at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月21日

昼はカレー、夜はラーメン

小さな洋食屋 ごえん玉@伊豆高原/カレーが美味しい


伊豆で色々とお世話になっているM氏と、どこかで昼飯でも…ということになり、
M氏推薦の店を何軒か覗いてみるが、いずれも定休日。
この辺は水曜、木曜休みの店が多いのだ。(^^;

という訳で、たまたま私が知っていたこちらの店…とは言っても、私も初訪問だが…
教えてくれたのはてるてる餃子のご主人。

五円玉店昨年開店?のまだ新しいおしゃれな店。
調べてみると、以前は南伊豆の伊浜にあったらしい。

メニューはビーフシチュー、ハンバーグなどから、
焼きカレーなんていうのもあったが、
これがこのお店の人気メニューらしい…
ということは後で知った。(^^;

五円玉とりあえず『ビーフカレー』をいただくが、
これは付け合せの野菜サラダと薬味。

薬味に玉ねぎの酢漬けというのが新鮮。




五円玉カレー直径30cmぐらいの大きな皿で出てくる。
野菜は溶けてしまっているようだが、
ビーフが柔らかく、かな〜り満足。

あまり辛くないカレーだが、
出汁とスパイスがキッチリと効いていて、
これは美味しい。(^^)

メニューとしてはこれで終わりだろうと思っていたら、
デザートにフルーツとアイスクリーム、更にコーヒーまでついてきた。
これで1200円というのはかなりリーズナブル…また来なくては…(^^;


小さな洋食屋 ごえん玉


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●354)唐辛子@伊豆高原/手打ち麺の汁無し担々麺


夜釣りから上がってきて、しばらくしたらものすごい雨になった。
雷はそれほどでもなかったが、首都圏ではかなり凄かったらしい。

その雨の中をこちらの店へ。

唐辛子75今日はマスター手打ちの極太麺があるというので、
それで汁無し担々麺を作ってもらう。

今回の麺はデュラム・セモリナ粉を使ったとかで、
いつもより黄色味を帯びた色になり、
ツルツル感、もちもち感も申し分ない。

茹でるのに10分以上もかかるのが難点だが、
その後には素晴らしい美味しさが待っていた。(^^)
これまでの手打ち麺も美味しかったが、この麺は更に輪をかけた美味しさ。
油そばやつけ麺、汁無し系には最適の麺だろう。

但し、マスターの気分次第で…というのが唯一困ったところ。(^^;
いつもある訳ではないので、あればラッキーなのだ。


唐辛子  


tosimon3 at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年05月17日

新潟〜長野(2)

●206)熊人@上田市

長野市のMウェーブで開かれている骨董市を見た後、高速に乗って上田市へ。
この店へ来るのはこれで4回目?ぐらいになるだろうか。

ここの青竹打ち、完全手切りの麺の美味しさを覚えてしまうと、
ついでじゃなくても食べに来たいと思ってしまう。

熊人3小合沢さんが「変なのあるけど食べますか?」
というので、食べさせていただくことに…

出てきたのは、何と真っ赤なつけ汁のつけ麺。
一瞬辛い系のつけ麺かと思ったが、
よくよく見ると…トマトじゃないですか…

今年はトマトが旬なようだが、ちゃんとその辺も押さえているのはさすが…(^^;

つけ汁はトマト全開のものだが、何かどこかで食べたような…?
後で聞いたら、これはトマトジュースを使っているそうだ。
なるほど…そういうアプローチもあったのネ。(^^;

複雑な味の構成ではないが、これはこれで “アリ” の味。
粉チーズを入れると、酸味が中和されてまろやかになり、美味しい。
今回は細麺だったが、太麺で食べてみたいと思った。

まだ試作段階のようだが、今年の夏は『トマトつけ麺』で決定?


熊人HP=http://kumajin2005.hp.infoseek.co.jp/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●207)寸八@松本市

上田から三才山トンネルを経由して松本へ抜ける254号線は、
1月に来たときは一面の雪景色だったが、今はむせかえるような緑の洪水。
標高が高い(約1000m)せいか、爽やかな空気が美味しい。(^^;

昨年暮れに移転したこちらの店、以前にも増して盛況らしい。
こちらも熊人同様、長野の定点観測のお店になってしまった。

寸八4メニューを見ると、何やら限定がある。
『68パンチつけ麺』…こりゃいったい何だ?
という訳で食べてみることに…(^^;

出来上がってきたのは、二郎系?のつけ麺。
何でも、今年2月に松本にオープンした、
二郎インスパイアの「麺とび六方」とのコラボとか。

麺はゴワゴワッとした極太のもの…これは味といい、食感といいよく出来た麺。
つけ汁は濃厚豚骨をベースに、八丁味噌をアレンジしたもの。
そこに刻みニンニクがこれでもかっ、と乗っている。(^^;
叉焼も大きなものがゴロゴロっと…
麺よりつけ汁のほうが確実に量が多い。orz

いやいやこれはすごい…名前通りに “パンチ” 感十分のつけ麺。
麺の量はそれほど多くなかったので完食したが、
ここが3軒目だったらおそらくギヴアップしていただろう。

ちなみに「68」というのは、六方の「6」と寸八の「8」だとか。(^^;


寸八日記=http://yaplog.jp/zunpachi/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●208)佑庵@岡谷市

岡谷まで一般道を走って来て、少し腹が減ったかな…という感じなので、
前回(3月)に食べて美味しかったこちらの店へ。
夜の部は5:30からなのだが、10分程前に着いてしまった。

店内をのぞくと、すでにお客さんが入っているようなので、
入口のところでウロウロしていると、ご主人が出てきて、
「中でお待ち下さい」と店内へ入れてくれた。

今日は暖かいので外で待っていても平気だが、
ここは冬は寒いところなので、こういう配慮は有難い。

佑庵1もう一度『佑庵ラーメン』と思ったが、
『あっさり醤油ラーメン』というのがあったので、
そちらを食べてみることに。

鰹出汁の効いたスッキリ系のラーメン。
細い縮れ麺がちょっと弱い感じはあるが、
動物系、魚介系のバランスがイイ。

やや化調感があるが、このぐらいは許容範囲…できれば使ってほしくはないが…。

帰るときになって、ご主人とちょっと話すことができたが、
「佑庵ラーメンのスープは、かなり進化してますよ」って…
何で最初にそれを言ってくれないの…(^^;

でもここで2杯は…ちょっとキツいので、楽しみは次回に…ということで。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


長野自動車道上り「小布施PA」/フルーツカレー ¥500

夜のうちに長野まで移動して、会場に一番近い小布施PAで朝まで寝ていたのだが、
ここでも朝飯代わりにカレーでも…(^^;

小布施PA上ここには『フルーツカレー』というのがあった。
さすがフルーツ王国長野県!(^^;

リンゴなどが入っているらしく、すごく甘い。
ただ、いやな甘さではなくスッキリとした味。
なかなか美味しい。

そして特筆すべきは “ライスが旨い!” ということ。
これまで食べたカレーの中ではダントツの旨さで、かなり満足できるカレーだった。


勝手に5点満点評価=ルー4.2/ライス4.6/量3.6/総合4.3


tosimon3 at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月16日

新潟〜長野(1)

●203)いち井@長岡市

新潟の長岡と、長野市で骨董市がひらかれるので、まずは長岡へ出かける。
そのついでに、長いこと宿題店になっていたこちらの店へ。

新潟へは4月にも来ているのだが、この店は昼しか営業していないので、
骨董市を見終わってからだと、時間的なこともあり来ることが出来なかった。

長岡市では既に有名な “行列のできる” ラーメン店。
12時半頃に着くと約15人ほどの行列…やっぱりすごいネ。(^^;

それでも回転はいいようで、20分ほどで店内へ。

いち井店いち井







アゴ出汁を使った塩が人気らしいので『焼きアゴ塩』を注文。
思ったより早く出てきたラーメンは、なかなかいいルックス。

期待をしてまずスープを一口…あれっ?アゴの感じが分からない。
その代わりに桜エビの香りが強い。(^^;
桜エビなんか入れなくたっていいと思うのだが…

ウ〜ンこれはなんだかもったいない…と思いながら食べ進むと、
今度は徐々に化調感が強くなってくる。

あらら…こんなに化調が強かったとは…これはもういけません。
期待を裏切られてガックリのラーメンだった。
化調に頼らなくたって、美味しいラーメンは作れそうなのに…。


【いち井】
新潟県長岡市曙1-1-5 TEL.0258-37-6521
11:30-14:30 土・祝=11:30-15:00 定休日=日曜、第一月曜 P=有


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


木火窯

ここへ来たからには…と友人の陶芸家、今(こん)君のところへ。

木火窯過去2回の大きな地震を受け、
その度に壊れた窯がやっと組み上がり、
初窯に向けて作品を入れている最中だそうだ。

6月11日〜17日まで、銀座松屋7階の美術サロンで、
「今 千春作陶展」が予定されているそうなので、
興味のある方はぜひ行ってみて下さい。

今 千春HP=http://www.konchiharu.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●204)ぶしや@長岡市

こちらは、今君が「美味しいラーメン店が出来たので…」と案内してくれた店。

今君はかなりのラーメン通で、県内のラーメン店には随分と詳しい。
彼のイチオシ店なら大丈夫だろうと、食べてみることに。(^^;

ぶしや店ぶしや







店名から分かる通り、濃厚な豚骨スープに節粉の効いたラーメン。
首都圏では珍しくないラーメンだが、こちらではまだ少数派なのか。

麺は中太のストレートだが、これは自家製麺らしい。
スープとのバランスも良く、なかなか美味しい。(^^)

食べた感じは、似ているとすれば「田ぶし@高円寺」あたりか…
店名も何となく似てるしネ…(^^;

他のお客さんが食べていたつけ麺が美味しそうだった。


【麺香房 ぶしや】
新潟県長岡市関原1-4582-1 TEL.0258-46-6938
11:00-14:30 17:00-21:00 定休日=月曜日 P=有


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●205)花果山(かかざん)@上越市

明日は長野市で骨董市があるので、夜のうちに長野まで移動することに。
その途中、上越市でもう一杯食べることに。(^^;

「あごすけ」などは食べたことがあるので、地元の人気店らしいこちらへ。
店の創りなどからすると、老舗といえるような店なのか?

花果山店花果山







醤油ラーメンは、鶏主体?のアッサリ系で東京ラーメン的なもの。
思っていたものとはちょっと違うかな…

麺は自家製のようなのだが、加水率が高いせいか、ややノビが早い。
それと麺に味がないというか、スープとの一体感に欠けるところがある。

叉焼はちょっとクセ(薫香?)があるが、なかなか美味しい。
食べてみると、一つひとつの素材はそれぞれ美味しいのだが、
まとまりといった点ではどうなんだろう?


【らあめん 花果山】
新潟県上越市中央1-13-18 TEL.025-545-9722
11:00-14:00 17:30-21:00 定休日=水曜日 P=有


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


関越道下り「谷川岳PA」/ビーフカレー ¥450

長岡へ向う途中、眠くなったのでここで朝まで仮眠。
8時過ぎると食堂がやっていたので、朝食代わりにカレーを一杯。(^^;

谷川岳PA下見た目はすごく美味しそうだが、
味は…フツーのカレーライス。

ルーはやや辛で寝起きに食べるにはいいか…(^^;
何となく小麦粉入れすぎっていうか、粉っぽい。
この値段からすれば大健闘なのだが。


勝手に5点満点評価=ルー3.2/ライス3.2/量3.8/総合3.3

tosimon3 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月10日

マイブーム…

●191)大山家@武蔵境

夜になって、例のごとく小平経由でこちらの店へ。(^^;

雨なので、お客さん少ないかと思ったら、けっこう混んでる。
私が入ったときは数席空いているぐらいだったが、
食べ終って帰るときには10人近くが後で待っている状況。
いやいや人気あるんですネ〜(^^;

大山家40一ヶ月以上もご無沙汰してしまったが、
この店の前はしょっちゅう通っている。
ただ、どこかで食べてきた帰りが多いため、
横目に見ながらスルー…ということになってしまう。

今日も『つけ麺』…これがマイブーム。(^^;
あちこちで色々なつけ麺を食べるが、
ここのつけ麺が一番口に合っている。

今日のつけ汁の中には、いつもと違う叉焼がゴロゴロと入っていた。
叉焼が変わったのかどうかは聞いてくるのを忘れたが、美味しかった。(^^)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名高速上り「牧之原SA」/ビーフカレー ¥500

名古屋からの帰り、慈庵で食べられなかったこともあり、
日が変わってからここで一休み。

ついでにカレーを食べてみることに。

牧之原上り

tosimon3 at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月23日

再び黒磯へ…

磯上2先週は未開花だった「磯上のヤマザクラ」。
どうしても写真を撮っておきたかったので、
そろそろいい頃と思って、再度出かける。

花は満開で、ちょうど見頃だったが、
他の山桜に比べて色が白っぽい。

ほとんどの山桜は、開花と同時に赤い葉も出てくるので、
全体に赤っぽく見えるのがフツーなのだが、この木はそういう色が見えない。
老木になっているからなのだろうか?

せっかくここまできたのだから他の桜も見て行こうと、福島県まで足を伸ばす。
福島県といっても、この磯上から5〜6キロも走れば県境になる。

戸津辺戸津辺説明







向ったのは、矢祭町戸津辺にある「戸津辺の桜」…樹齢約600年のエドヒガン。
しかし、残念ながら花はすでに終り葉桜となっていた。
今年は福島も桜の開花が早かったようだ。

この他にも見たい桜は何本かあったのだが、これでは他の桜も同じだろうと判断。
時間も3時を過ぎ、写真撮影には向かないので帰ることに。

ここまで来ると、常磐自動車道のほうが近いので、
とりあえず水戸まで出て、ラーメンを食べることに…(^^;


 *   *   *   *   * 


●168)浜田屋@水戸市

ここはラーメン本を見ていて、写真が美味しそうだったので気になっていたし、
「中華そば」というのもポイントが高かった。

時間的に通し営業の店しか行けない…という条件もあったのでこちらへ。

浜田屋店浜田屋







見た目はなかなか美味しそうなのだが、一口目から化調が…
ウ〜ン…これはちょっと入れすぎじゃないのかな…(^^;
せっかく美味しそうなラーメンが台無し。
こんなに入れなくたって、十分に旨いラーメンになるはずなのだが…


【中華そば 浜田屋】
茨城県水戸市浜田町2-247-4 TEL.029-231-5939
11:00-26:00 無休 P=10台


 *   *   *   *   * 


●169)小櫻@土浦市

ここへ来るのはこれで3回目。(^^;
過去2回とも何故か食べられなかったので、ずっと宿題店になっていた。

小櫻店小櫻







念願の “初小櫻” は、やっぱり基本の『小櫻麺』。
これは、この店の第一号オリジナルラーメンなんだそうだ。

叉焼の煮汁をタレのベースにしたというスープは、見るからに真っ黒。
富山ブラックか…というぐらいの色をしているのだが、味はマイルド。

遠くにエビを感じるのは、霞ヶ浦産の淡水エビの卵を天日干しにした、
「えびまこ」という食材を使っているかららしい。

洗練された味…というよりは、ジャンクといった表現が合うラーメン。
逆にこれが洗練された味だったら、ここまでの魅力はなかったかもしれない。


【らぁめんの店 小櫻】
茨城県土浦市桜町4-2-15 TEL.029-822-6008
11:30-14:30 18:00-20:00 定休日=火曜日、月曜夜、最終月曜 P=5台


 *   *   *   *   * 


東北道下り「羽生PA」/ビーフカレー ¥410

羽生PA






 *   *   *   *   * 

東北道下り「矢板北PA」/ビーフカレー ¥480


矢板北PA

tosimon3 at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月20日

新潟骨董市

八橋提灯持この骨董市は、地震の影響で一時は出店数が減り、
何となく寂しい状況が続いていたが、
今回の出店数は約100店ということで、
徐々に元の状態に戻りつつあるようだ。

ここは土人形の出展が多いので毎回来ているのだが、
今回はあまり見るべきものがなく、
酒田のA店で買った写真の人形だけだった。
昭和初期頃?の秋田の八橋(やばせ)土人形。
提灯を提げている図柄が珍しい。


 *   *   *   *   * 


●161)ばすきや@新潟市

昼頃になって会場を出てラーメンを食べに…(^^;
最初はちょっと変わった名前のこちらの店へ。

ばすきや店ばすきや







新潟ではすでに人気店になっているようなのだが、来るのは初めて。
現代アート作家のジャン・ミッシェル・バスキアからとった店名だそうで、
店内に彼の作品があるのか…と見回したが、なかった。(^^;

ラーメンは豚骨、鶏ガラ系に煮干しなどの乾物を加えたオーソドックスなもの。
何らかの特徴をことさらに主張するラーメンではないが、
すごく丁寧に作られたラーメン…という印象を受ける。

麺が細麺なので、早目にのびてしまうのが難点。
もう少し加水の低い、しっかりとした麺で食べてみたいラーメンだ。

【らー麺 ばすきや】
新潟市小針西1-5-23 TEL.025-230-6992
11:30-14:30 18:00-21:00 定休日=月・火曜日 P=7台


 *   *   *   *   * 


●162)侍元@新潟市

侍元店侍元







侍元叉焼続いて比較的近くのこちらの店へ。
追い鰹のラーメンということで気になっていた。

店内に入ると、フィギュアなどのグッズが一杯。
思わずルパン三世の次元大介を思い出したが、
店名との関連はなさそう。(^^;

人気店のようで、私が着いた時は8人待ち。
日曜日のせいか、家族連れが多い。

ラーメンは具沢山の感じで、まず叉焼を食べようと思って箸で掴んでビックリ。
なんじゃ…この厚さは…(^^;

ずっしりと重い叉焼は、厚さが確実に1.5cmぐらいはあり、食べごたえがある。
この叉焼を見て、この店の人気のヒミツが理解できた。

ラーメンはマアマア美味しいという部類に入るのだが、
地方のラーメン店では、叉焼の大きさが人気を左右するケースが多い。
ここもご他聞に漏れず…ということなのだろう。

メンマに使っている胡麻油がちょっと邪魔かな…
鰹節などの香りをスポイルしてしまっている。(^^;

ここも細麺なのだが、伸びるのが早く後半は味が変わってしまう。
叉焼はちょっとしょっぱ目だが、さすがにこれだけで腹一杯。
あまり大き過ぎるのも考えものだ…。


【ラーメン 侍元】
新潟市坂井東4-15-16 TEL.025-269-8122
11:00-15:00 17:00-21:00 定休日=火曜日 P=14台(共同)


 *   *   *   *   * 


日本一?の杉「将軍杉」

侍元の後、杭州飯店へ行く予定をしていたのだが、
その前に腹ごなしを兼ねて、杉の巨木を見に行くことに。

国道49号線を阿賀野川に沿って遡り、阿賀町に入る。
磐越西線五十島駅の近く、平等寺の境内にその「将軍杉」は立っている。

将軍杉1杉というのは真直ぐに一本立ちするのがふつうなのだが、この杉は地上2mぐらいのところから6本に別れている。

見るからに異形の杉といった風情。


将軍杉説明環境庁の調査では幹回りが16mで、
屋久島の縄文杉(16.1m)に次いで、
日本で二番目の杉だったはずなのだが、
説明書きを見ると、幹回り19.31mで、
日本一の杉ということになっている。
(巨樹の計測は、地上1.3mの部分を計ることになっていて、枝分かれしている場合は、1.3mの部分の各枝の周囲の合計)

訂正した跡があるので、最近変更されたのかもしれないが、
いずれにしても、日本で1、2を争う杉の大木であることは事実。

見る者を圧倒するその立ち姿は、1400年の時を語りかけてくる。
巨樹の持つパワーというのは計り知れない。


 *   *   *   *   * 


●163)杭州飯店@燕市

という訳で杭州飯店。(^^;
日曜日のせいか、いつもの平日に比べお客さんが多い。

杭州飯店4中華そばを注文。
本当は餃子も食べたいのだが、
ここへ来る時はいつも満腹状態なので、
未だに食べたことがない。(^^;

ラーメンは…相変わらずジャンク!
この上なくジャンクなのだが、このウマさはどこから来るのだろう?

最近、背脂系のラーメンは敬遠しがちなのだが、
このラーメンだけは何回でも食べたくなる…これが不思議。
新潟恐るべし。


 *   *   *   *   * 


関越道上り「越後川口SA」/エビカツカレー ¥680

越後川口上ある筋からの情報によると、
ここのエビカレーが美味しいらしい。
腹は減ってなかったが、食べてみることに。

SAのカレーは原則としてデフォのみなのだが、
今回だけは『エビカツカレー』で…(^^;
エビカツというのでエビを丸ごとカツにしたもの…と思っていたが、
“エビクリームコロッケ” の雰囲気だった。

食券を渡す時に「これからカツを揚げますので、5〜6分かかります」と言われる。
SAの軽食コーナーで、こういう手間をかけるというのは珍しい。

そのせいで、出来上がってきたカレーは熱々のエビカツが美味しい。
その割に値段がリーズナブルというのも嬉しい設定。
ただ、カレーの味はフツーかな…(^^;

5点満点勝手に評価=ルー3.8/ライス3.5/量3.5/総合4.0


tosimon3 at 03:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月14日

SAのラーメンとカレー

●153)さのや@東北道佐野SA内

天気が良さそうなので、黒磯の桜を見に行くことに。
そのついでに、佐野SAで佐野ラーメンを…
上りのほうが美味しいという話も聞くが、いまさら上り車線には行けないし…(^^;

下りにも「さのや」という店が出ている。
何回か食べた記憶はあるのだが、あまり覚えていない。

さのやなかなかしっかりとしたルックス。
味もちゃんと佐野ラーメンしてる。

青竹打ちではないだろうが、麺もマアマア。
SAのラーメンとしては美味しいほうだと思う。
ただ化調が…(^^;



 *   *   *   *   * 


東北道下り「上河内SA」/ビーフカレー ¥780


途中で仮眠のために寄った上河内SA(宇都宮)でカレーを食べる。

ここのカレーはチキン、ポーク、ビーフと3種類もある。
こんなに種類のあるのはすごい!と思いながら、一番高いビーフを…

上河内SA大きな皿にドンと盛られて出てくるが、
量はそれほどでもない。

食べようと思って肉をよ〜く見ると、
肉が煮込まれた色をしていない。
ここでハッと気が付いた。

そうか…肉が3種類用意してあって、注文に応じて肉とルーを混ぜ合わせてかける…
それなら1種類のルーでチキンだろうがビーフだろうが、何でも出来る訳だ。(^^;

なかなか良く考えられているが、これでは純粋なビーフカレーとはいえない。
味は悪くないのだが、何かだまされた感じがする。
こういうのって不当表示にはならないの?

ここのカレーは全て味噌汁付きの値段になっているのだが、
カレーと味噌汁は、ハッキリ言って合わない!
味噌汁無しで安くしてもらったほうがいいのだが…(^^;

5点満点で勝手に評価=ルー3.8/ライス3.4/量4.0/総合3.6

tosimon3 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月05日

尾道ラーメンというけど…

●141)醤々軒@つくば市

つくば市で開かれた骨董市を見にいったついでに一杯だけ。
午後、資料館にお客さんがくるので、これで帰らなくてはいけないのが残念。

ラーナビで検索すると、この店が一番に出てくるので寄ってみる。

店は3〜4軒が一緒になった共同店舗の一画にあるのだが、
周囲は畑が広がる野中の一軒家風のシチュエーション。(^^;
しかし、店舗は古材をうまく利用した雰囲気のある創りになっている。

醤々軒店
醤々軒






尾道ラーメンの店ということで、
『炙りとろ焼豚尾道』という食券を買ってカウンターに座る。

店内はカウンターの他に小上がりのテーブル席もあるのだが、
昼時ということもあって、その後すぐに満席になってしまう。
やはり地元では人気店のようだ。

ラーメンは魚介系の清湯醤油スープに背脂の粒が浮かぶ “尾道風” だが、
味の構成は化調をベースとしたもので、「柿岡や」を思い出させるもの。

昨年、尾道の「朱華園」で食べたラーメンは全く違う味だった。
なので、ここのラーメンを “尾道” と言っていいものかどうか…(^^;

“とろ焼豚” に魅かれてデフォより200円も高いメニューをチョイスしたのだが、
焼豚は “トロ肉” ではなく普通のバラ肉だった。orz
これは誤解を与える表記なので変えたほうがいいと思うが…

と、何か不満な点ばかり書いてしまったが、
それなりに美味しくいただいたラーメンだったことは確か。(^^;


【尾道らーめん 醤々軒】
茨城県つくば市中内56-2 TEL.029-837-0186
11:30-14:00 18:00-25:30 土日祝 11:30-23:00 P=多数


 *   *   *   *   * 

常磐高速「守谷SA」下り/ビーフカレー ¥540

常磐道SAのカレーを食べるのはこれが初めて。
それだけ利用することが少ないということか…(^^;

守谷SA
ルーは酸味が強め。
トマトが多めに入っている感じだが、
個人的には好きな味。
ライスに比べ、ルーが少ないので、
うまく食べないとライスが余ってしまう。
ライスの味は今一つかな…

5点満点勝手に評価=ルー3.8/ライス2.7/量3.5/総合3.7


tosimon3 at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月27日

三歩の桜麺

●129)三歩@稲城長沼

そろそろ桜麺が出来ている頃…と思って寄ってみると、ありましたネ〜。(^^;

三歩桜茶
いつもより具に凝ってみた…というので、
楽しみに待っていると、こんなのが出てきた。
薄いピンク色がきれいな桜茶だ。
口に含むとほんのりとした桜の香りが…



三歩13
出てきた『桜花つけ麺』を見てビックリ!
具が別皿で出てくるのだが、これがスゴイ。

左から上げ茄子、蒸し玉子、菜の花酢味噌和え、
鶏ササミ梅肉添え…と何とも豪華。
これだけでも和食の一品料理として立派に通用する。
食べても美味しい。(^^)

麺はきれいなピンク色をしたものだが、桜葉も練り込んであるということで、
ところどころに緑っぽいものが見える。
これだけで食べると、口の中で桜が満開になる。

このつけ麺は材料の関係で、一回あたり12食分しか作れないそうで、
2〜3日でなくなってしまうこともある、ということなので、
電話確認してからのほうが間違いなさそう。


 *   *   *   *   * 

名神高速「大津SA」下り/ポークカレー ¥460

大津SA
京都へ行く途中で、ここで仮眠。
カレーがあったので、ついでに食べる。
ここはビーフではなくポークカレーだが、
出汁が出て無くレトルト的な味。
肉がほとんど入っていない。
これがホントの「スープカレー」…?

5点満点勝手に評価=ルー2.5/ライス2.5/量3.5/総合2.5


tosimon3 at 22:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年03月19日

瀬戸〜多治見〜藤枝

愛知県瀬戸市にある「愛知県陶磁資料館」で土人形展をやっているというので、
それを見に行ったついでに、最近移転オープンした「慈庵@守山区」へ行くが、
昼はやってなかった…夕方6時からの営業というのを忘れてた…orz

それではと、久し振りに「ぶっこ麺@多治見」まで足を延ばすが、
ここも「スープの調整のため…」とかで昼の営業は臨時休業…orz

まあそんな訳で、長年の宿題店であった多治見の2店を回ることに。


 *   *   *   *   * 


●115)信濃屋@多治見市


信濃屋店
信濃屋店内1






信濃屋品書
いやいや噂には聞いていたのだが、
実際この店の前に来てみると、
そのひっそりとしたたたずまいに心が癒される。
店内もレトロそのもの…というか、
そういう言葉以上に歴史の波動が伝わってくる空間。
創業75年のオーラをひしひしと感じる…好きですネ〜…こういうお店。(^^;

ここのメニューは『うどん』『ころかけ』『支那そば』の3品しかない。
「ころかけ」というのは「香露かけうどん」からついた名前だとか。
いわゆる “冷しうどん” のことなのだが…これは後で聞いて分かった。

信濃屋
こちらが『支那そば』。
ネギしか乗らない “かけ” 状態で出てくる。
その潔さに自信がうかがえる。

麺は1センチ近くもある半透明の平打ち麺だが、
この食感は未体験ゾーンだった。
思わずパスタのフェットチーネを思い出すが、
そういったものとは全く違う異次元のもの。

麺にはカン水が入っているそうなので、これは立派なラーメンなのだが、
これをラーメンと言うかどうかは、この際関係ネェ〜(^^;
一つの麺料理としての存在感をズッシリと感じる。

信濃屋ウドン
ここのメインは、やはり “うどん” のようで、
温かいのと冷たいのがあるという。
ご主人のオススメで、
冷たい「ころかけ」をいただくことに…

ツユはラーメンと同様の鰹出汁の効いたもの。
そこに、上に乗っているおろし生姜を溶かし込むと、
甘めのツユがキリッと引き締まる。

麺はかなり太いものだが、一口食べてみるとその食感に驚く。
何なんだ…このモチモチ感は…(^^;

讃岐などとは全く違う、フワッとしていながら、キリッとした歯応え…
敢えて言うなら、伊勢うどんに近いものか…
これを言葉で表現するのは難しいが、“ウマイっ!” ということは紛れもない事実。

麺を茹でるのに1時間もかかるそうで、もちろん茹でおきされているのだが、
なのに、表面も中も同じ柔らかさが維持されているというのはスゴイ…。
このうどんは支那そば同様、食べる価値有りの一杯だった。

ご主人と奥様の温かい人柄も印象に残るお店だったことを付け加えておきたい。


【信濃屋】
岐阜県多治見市上野町3-46 TEL.0572-22-1984
11:30-売切れ次第終了 定休日=日・月・火曜日 P=13台


 *   *   *   *   * 


●116)大石家@多治見市

引き続いてこちらの店へ…あちこちに暖簾分け店があるようだが、その総本店。
多治見では知らない人がいない、というほどの超有名店らしい。(^^;

大石屋店
その割には質素というか、愛想のない店。
場所も分かりにくいところにあって、
何でこんな店(失礼)が…と思ってしまうほど。
しかし、平日の3時過ぎというのに、
お客が後を絶たない。
家族連れが多いのも地元密着店の特徴か。

大石屋
ここのラーメンには特徴が2つある。

その一つは、スープの作り方。
千葉の竹岡式と同じように、
叉焼の煮汁をタレにして、それをお湯で割る方式。
それにしては、スープの透明感がスゴイんだけど…

大石家叉焼
もう一つは、叉焼の量。
デフォの中華そばでも、
厚さ1センチ以上はある大きな叉焼が4枚も入る。
この叉焼を食べるだけでも、
かなりの労力を必要とする。
知らずに叉焼麺なんかを頼んでしまったら、
それこそ大変なことに…(^^;

そんなラーメンだが、これが意外に美味しい。(^^)
竹岡式のようなジャンクさは無く、いたってフツーのラーメン…という味。
濃厚系に慣れてしまった舌に、“これもラーメンだよ” という信号を送り付ける。

いやいや、今日の2軒には参りました。(^^;


【中華そば 大石家】
岐阜県多治見市光ヶ丘1-139 TEL.0572-22-5811
11:00-18:00 定休日=火曜日、第三月曜日 P=10台以上
http://www.dcn.ne.jp/~sonic883/oishiya/shop/index.html



 *   *   *   *   * 

●117)伊駄天@

帰る途中、時間が早かったのでこちらへ寄って見る。
もちろん、四季彩菜麺の春バージョン狙いで…。

伊駄天17
今回の新作限定は、
『フレーバー鶏叉焼 ポルチーニ塩らー麺』。

いつもながら長い品名だが、(^^;
薫香のついた鶏叉焼と、
ポルチーニ茸を使った塩ラー麺ということ。

ポルチーニ茸というのはイグチ科のきのこで、独特の香りがある。
このクリームソース?が上に乗っていて、
これをスープに溶かすことによって味がどんどんと変化する。

いつものWテイスト手法ではあるが、その完成度は高い。
見た目も味も期待を裏切らない出来に、思わずニンマリとしてしまう。
特に鶏叉焼は激ウマだった。(^^)


 *   *   *   *   * 

東名高速 「牧ノ原SA」下り/ビーフカレー ¥950

カレーを食べようと思って中へ入ると、レストランしか営業していない。
メニューをみると、ビーフカレーが¥950…orz
しかし空腹がマックスなので、たまにはいいか…と食べてみることに。(^^;

牧ノ原SA
この値段なら絶対に旨いだろうと期待していたのだが、
ウ〜ン…何だかフツーだ。(^^;

不味い訳ではないが、値段ほどの美味しさでもない。
この程度のカレーならどこでも食べられる。


5点満点勝手に評価=ルー4.2/ライス3.8/量3.5/総合4.0


 *   *   *   *   * 

東名高速「上郷SA」下り/ビーフカレー ¥600

ここのカレーは何回か食べていて、結構美味しいと思っていたのだが、
今日気が付いたのは、ここがS&Bの経営だということ。
それで美味しい訳が分かった。(^^;

上郷SA
ルーのとろみがやや気になるのだが、
それ意外はSAのカレーとしてはかなり旨い!

S&Bの直営ともなれば、美味しくて当たり前。
対値段の満足度もかなり高い。
こういうレベルのカレーが増えてくれるとイイね。

5点満点勝手に評価=ルー4.5/ライス4.0/量4.0/総合4.4


tosimon3 at 03:17|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2008年03月17日

伊豆はもう春…

伊豆高原の桜


桜並木
伊豆高原駅から国道へ出る道路の両側は、
河津桜?が満開。





 *   *   *   *   * 

●113)唐辛子@伊豆高原


唐辛子66
これで3回続けて『汁無し担々麺』。
今日はいつもと麺が違っていた?
これには太麺が合うと思う。
別にスープが付くとウレシイかも。(^^;



 *   *   *   *   * 


チェリモヤ

チェリモヤ
唐辛子で一緒になった常連さんのお土産。
私もご相伴にあずかることに。(^^;
マンゴー、マンゴスチンとともに、
世界三大美果の一つらしいが、食べるのは初めて。
「森のアイスクリーム」ともいわれているようで、
バニラアイスみたいな独特の食感…美味しい。


 *   *   *   *   * 


とんがり帽子


とんがり店
とんがり帽子







昼食は「てるてる餃子」へ行くも臨時休業…orz
という訳で、てるてるさんへ入る入口にあるこちらのカレー屋さんへ。

伊豆高原ではかなり有名なカレー屋さん。
ボリュームがすごいチキンカツカレーが人気商品のようだが、それはパス。(^^;
まずは基本の『ビーフカレー』を。

ライスが型から出したままでドンと出てくる…これはあまり美しくない。
上にカツとかフライが乗っている時はこれでもいいのだろうが、
何も乗らない場合には、もう少し出し方がありそうなもの。
食べ物は、やはり美しくなくては…(^^;

カレーの味は、辛さ押さえ気味の甘口で美味しいが…フツーかな?
別皿で出てくるキャベツサラダは…やたら甘い…甘過ぎる。
この味付けは理由が分からない。
これで950円とは…ちょっと対価満足度が低かったかな。(^^;


【とんがり帽子】 http://www7.ocn.ne.jp/~tongari/


tosimon3 at 03:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年03月02日

待たされた…

●95)優@立川ラーメンスクエア

新井薬師での骨董市終了後、編集長を立川まで送り、その帰りに寄ってみる。
最初からここへ行くつもりではなかったのだが、しばらくご無沙汰だったのと、
ここのつけ麺を食べてなかったので入ってみる。

店主の磯部さんは、ラースクへ来る度にのぞいているのだが、いつも不在。
こんなことでダイジョウブなのか…(^^;

優6
『つけ麺』の食券を買って店内に…。
お客さんの入りは8割ぐらいと、
時間(10時頃)にしては入っている感じ。

カウンターに座り、ミクりながら待つ。
…が、なかなか『つけ麺』が出てこない。(^^;
それほどバックオーダーがあるとは思えないのだが…

15分程経過…そろそろ我慢も限界かな、と思った頃にやっと出てきた。(^^;
最初は、麺が太くて茹で時間がかかるのか、と思っていたのだが、
平打ち麺なので、どう考えても10分以上かかるとは思えない。

やはりオーダーミスだったのか、手際が悪いのか…
でも私が座った後、10分ほどして隣に座った客には、
私のつけ麺が出てくるのとほぼ同時にラーメンが出されていたので、
手際が悪い訳ではなさそうだ。

こういう場合には、「もう少しお待ち下さい」とか、
遅れるなら遅れると、一言あってしかるべきだろう。
こういうところは店主が目を光らせないとネ…

つけ麺の味は…普通だった…というか、腹立たしかったので覚えてない。(^^;

ここは、今後伸びて欲しいお店の一つなので、敢えて言わせていただいた。


 *   *   *   *   * 


カレーの海賊@中野

骨董市の帰り、かなり腹が空いていたので、どこかで拉麺でも…と思ったのだが、
編集長が「あそこのカレーを食べてみようか」というので入ってみる。
この店の前を通る度に、一度は食べてみようと話していた店なのだ。

店に入るとすぐに券売機がある。
それを見ると、カレー専門店の割にはいろんなメニューが…
この時点でちょっと悪い予感がしたのだが、
カレーならそうひどいハズレもないだろうと思ったのがいけなかった。(^^;

カレーの海賊
いわゆる “ワンコイン” カレー。
見た目はそれほど悪くないのだが、
一口食べて、地雷を踏んでしまったことに気付く。

まずライスがいけない。
米の中心部が硬い生煮え状態のもの。

もともとカレーには、インディカ米のような粘り気の少ないものが合うのだが、
これはそういう次元の問題ではなく、とにかく “生煮え” なのだ。(^^;

カレーの味も出汁が弱く、見た目とは裏腹に美味しさを感じない。
肉もほとんど入ってなくて、たまたま一つだけ見つけた肉は…硬かった…orz
半分以上残して店を出る。

はっきり言って、高速道路SAのカレーのほうがよっぽど美味しいと思う。

帰ってからググってみると、やはりここは問題店だったのネ。(^^;
知らなかった我々がいけなかったのか…
でも結構お客さんが入っていたのには驚いた。


tosimon3 at 17:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年12月30日

年末恒例?の麻雀

●546)博多天神@渋谷

午後から旧友と渋谷で年末麻雀。
3年ほど前までは、年末恒例で私の実家でやっていたのだが、
次第に集まる人数が少なくなってしまい、しばらく中止になっていた。

今回は、たまたま予定が合ったので、渋谷でやろうということになったもの。
始める前に腹ごしらえ…ということで、3人で武骨外伝へ行くが、20人ほどの行列。
時間がかかりそうなのであきらめて、近くの博多天神へ。

こういうことでもないと滅多に入ることのない店なのだが、
やっぱり豚骨の匂いは苦手だナ〜(^^;

博多天神
とりあえず『醤油』を頼むが、
いったいどこが醤油なの?…という味。
マア思ったより匂いも化調も少なかったので、
何とか食べ終える。

たまにはいいか…という味だった。


  *   *   *   *   *  


麻雀カレー
こちらは雀荘で食べたカレー。

何だか懐かしい味のカレー。
可も無く不可もなく…という感じだが、
これで¥500ならマアいいか。(^^;


tosimon3 at 02:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年12月23日

中山ラビ…

昨夜来からの雨で立川骨董市は中止になった。
静岡から戻ってきたのが2時半だったので、その意味では助かったが、
店が出せなかったのはちょっと残念。

夜になって、国分寺の「ほんやら洞」で忘年会兼T氏の就職祝い。(^^;
2日続けての飲み会になってしまった。

この「ほんやら洞」というのは、京都にある同名店の姉妹店だそうだが、
こちらの店主はあの中山ラビさん…我々の世代には懐かしい名前だ。

店に入ると…カウンターの向こうにいましたネ〜(^^;
でも生で見るのは初めて?…相変わらずミステリアスな人です。

ほんやら
ここはカレーが美味しいというので、
色々と食べた後でカレーも食べてみる。

鶏肉が贅沢に入ったスープカレーに近いもの。
甘さ抑えめで、かなり辛い。(^^;
その意味では “大人のカレー” と言える味。

思ったよりボリュームがあったが、一気に完食。
確かに旨いと思うが、個人的にはもう少し甘いほうが好みかな。


  *   *   *   *   *  

●532)らいおん亭@国分寺

あまり空腹ではなかったが、この店の斜め前に車を停めていたのがいけなかった。
本当は別の店に行きたかったのだが、時間的に無理だったので…。
まあラーメンは別腹ですから…(^^;

らいおん亭
ここは府中の「らいおん」の兄弟店?らしい。

出来て間もなく2〜3回は食べたと思うが、
それ以来何年経っているか…不明。

改めて食べてみると、
「あれっ、こんな味?」と思ってしまう。(^^;

当時は結構美味しいと思っていたのだが、今は訴えかけてくるものが何も無い。
化調もこんなに強かったのか…と今更ながらにそのギャップに驚く。

「10年後でも美味しいと思えるラーメン」っていうのは無いのだろうか?


tosimon3 at 07:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月09日

門前仲町〜新潟地震被災地支援コラボ

骨董研究会の12月例会で、門前仲町の富岡八幡宮へ。
ここでは毎月3回(第1、2、4日曜日)骨董市が開かれている。
都内で開かれている骨董市の中でも、出店数の多さで人気がある。
以前はよく来ていたのだが、このところしばらくはご無沙汰だった。

富岡八幡
今日の出席者は総勢10名。
10時半に大鳥居の前に集合して、
12時半までの約2時間、会場を散策。

今日は平戸焼のアヒルの水滴と、
オキュパイドジャパンのカップ&ソーサーを見つけたのが収穫だった。


  *   *   *   *   *  

Didean(ディデアン)

今回の昼食〜講評会は、富岡八幡の近くにある「ディデアン」という店。
飲茶がメインの店のようだが、『薬膳カレー』があるというので食べることに。

ディディアン
ルーは確かに薬膳っぽい香りがある。
スープカレーに近いものだが、
何の香辛料が入っているのかは全く不明。
ライスはインディカ米で、これは美味しい。

一口食べると…辛い!…やたら辛い!
これだけ辛いカレーは久し振りかも。
日本橋にあった「カリーライスの店」のカレーを思い出す。

一緒に出てきたヨーグルト飲料を飲みながら食べると、
辛さは幾分マイルドになるが、それでもジワッと汗が出てくる。

一気に食べてしまうが、不思議と後を引く味だった。


【Didean】 http://homepage3.nifty.com/didean/


  *   *   *   *   *  


●510)こうかいぼう@門前仲町

昼食〜講評会の後、現地解散となったので、私だけラーメンを食べに…(^^;
門前仲町といえば…そう、このお店。

勤めていた頃は、自転車でここまで食べに来ていたのだが、
かなり長いご無沙汰だった。

3時前だが、10人ほどの待ち。相変わらずの人気のようだ。
私の前が5人の家族連れだったため、席が空くまで時間がかかってしまうので、
一人の私が先に店内へ誘導される。

奥様の接客は、相変わらず見事というか、気持ちがいい。
接客だけでこれだけ満足の得られる店は、そうは無い。

こうかいぼう
久し振りなので『らーめん』を食べる。
以前と感じが変わった気がするが、気のせい?

味はそれほど変わっていないと思うが、
麺が記憶とは違って、ツルッとしている。
スープの量も少ない気がするのだが、
美味しけりゃいいんですヨ…(^^;

帰りがけにご主人と目が合ったら、私の顔を覚えていてくれた。
清算しながら、ちょっとだけ話ができたのが嬉しかった。


  *   *   *   *   *  


●511)ど・凪@渋谷

「ど・みそ@京橋」と「凪@渋谷」が企画した「新潟中越沖地震被災地支援コラボ」。

食材の「もち豚」「ネギ」「キャベツ」「米」「鯛」「味噌」の殆どは新潟産で、
麺は浅草開化楼製の新潟米を練り込んだ特製麺。

その食材を使って、共同で作った味噌ラーメン500杯を販売し、
売上げの50%を被災者の義援金として寄付するというもの。

門仲からの途中に寄る予定だったのだが、忘れて家まで帰ってしまった。orz
家でミクっていて思い出し、今度は車で出かける。

8時前に到着…この時点で約400杯が売れたそうだ。

ど凪
スープの濃度は思ったよりなかったが、
赤味噌系の豚骨味噌は十分に旨い。

ライスボールが3個入っているのだが、
それがミッキーマウスに似ており、
口の部分に小さな鯛干しが乗せてあるので、
ちょうどミッキーが鯛をくわえているように見える…という説明が…(^^;
こういう遊び心も忘れていないのは嬉しい。

美味しい味噌ラーメンではあったが、茹で時間の制限からか、
中細麺を使っていたのが残念だった。
スープと麺のバランスが極端に悪かったのが悔やまれる。


tosimon3 at 17:06|PermalinkComments(3)TrackBack(1)

2007年11月08日

松本へ…

●458)談合坂SA@上野原町

明日から「松本骨董市」が開かれるので、夜になってから出かける。

談合坂
カレーを食べるつもりで寄ったのだが、
『和風ラーメン』というのがあったので、
思わずその食券を買ってしまった。(^^;

この手のラーメンにしては、結構油ッ気が多い。
どうやらこの油が鰹風味の油のようで、
これで和風の演出をしているようだ。

大きな叉焼が乗ってるし、SAのラーメンとしては悪くないと思うのだが、
麺の弱さと化調だけは何とかならないものか…


  *   *   *   *   *  


●459)くらま@甲斐市

ちょっと眠くなったので、石和で高速を降り国道20号へ。
ラーメン店があったら入ってみようと思いながら走るが、
不思議なことに、上り側にはラーメン店があるものの、下り側にはほとんど無い。
何か理由があるのだろうか?

結局甲府を過ぎるまで入る店もなくあきらめかけていたら、
忽然と黒塗りのちょっと目立つ店舗が現れた。(^^;

0時前だったが、まだやっていそうなので入ってみることに。
入口のところに「立石憲司プロデュース」の看板が…これなら期待できそう。

くらま店
くらま
味噌が主体になっているようだが、『激うま醤油』というのがあったので、それを食べてみることに。

やや平べったい大きな丼で出てくる。
メニューには「鶏ガラ、ゲンコツ、根昆布、トビ魚、焼海老、鰹節…」
という文字が並び、更に「三ヶ月熟成の絶品醤油ダレ」とも…

思ったよりサラッとしたスープで、口当たりもいいのだが、
何といっても醤油の味と風味が突出している。
この種のラーメンとしては、かなり輪郭のハッキリとした味。
個人的にはけっこう好きなタイプのラーメンだ。

これなら味噌も食べてみたいと思った。


【こだわり麺工房 くらま】
http://www15.ocn.ne.jp/~kurama/index.html


  *   *   *   *   *  


中央高速「諏訪湖SA」下り/ビーフカレー ¥500

諏訪湖下1
ここのカレーは何回か食べているのだが、
寄ると、どうしても食べたくなるのが悪いクセ。
条件反射みたいなものか…(^^;
味は変わったとは思えないが、器が変わっていた。
こちらのほうが明るい感じで、以前よりはイイ。


5点満点勝手に評価=ルー3.5/ライス3.5/量3.5/総合3.5


tosimon3 at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月25日

今日の2杯は旨かった!

●439)わさらび@沼津

わさらびで出している『カボチャそば』が今月いっぱいで終るというので、
もう一回食べておきたいと思い出かける。

前回は「静岡東部ラーメンコラボ」の参加商品ということで、
きのこの乗ったものを食べているが、この時のスープはやたら濃過ぎて、
ちょっとバランスが悪いと感じていた。

わさらび34
いつ見てもビジュアルがいい。

スライスされたカボチャは、
注文の度に油で素揚げされ、
熱々、ホクホクの状態で食べられる。
鶏のチャーシューも美味しい。

スープの濃度もベストに調整されており、これ以上濃くても薄くてもダメだろう。
そういう微妙な調整ができるのが塙さんの持ち味。

クリーマーで出される生クリームを入れると、
スープ全体がマイルドになって、これもまた美味しい。

イヤ〜ウマ〜〜〜〜イッ!(^^)

今年食べたラーメンの中では、確実にベスト3に入るラーメンだ。


  *   *   *   *   *  


●440)卓次朗商店@沼津

わさらびの近くの学園通り?を真直ぐ南下すると、この店の脇を通ることになる。
という訳で、この2店をセットで食べるケースが増えているかナ…

卓次朗4
前回はリニューアルされたつけ麺を食べたので、
今日は『ラーメン』にする。

斑鳩インスパイア的な話を聞いていたので、
かなり濃厚な豚骨魚介ラーメンと思っていたのだが、
それは良い意味で裏切られた。

スープは豚骨ベースながら弱白湯的なもので、かなりサラッとした口当たり。
しかし出汁が十分過ぎるほど出ているので、旨味がギュッと詰まっている感じ。

麺は平打ちっぽい太麺だが、モチモチとした食感がなかなか。
魚介の効いたスープともよく合っている。

イヤ〜このラーメンもウマ〜〜〜〜イッ!


  *   *   *   *   * 


途中トイレに寄った中井PAで、軽食コーナーがまだやっていたので、
ここは未食と思い、思わずカレーを食べてしまった。(^^;

しかし、後で調べてみたら昨年12月に食べていた。orz

中井PA下1
東名道、中井PA下り/ビーフカレー¥440

前回付いていたラッキョウが無い。
相変わらずルーのとろみの強いのが気になるが、
値段からすればマアこんなものか…。
ライスがちょっと水っぽいのがマイナス点。

5点満点で勝手に評価=総合3.3(ルー3.0/ライス3.0/量3.5)


tosimon3 at 13:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年10月05日

あずさ23号

午後から岡谷まで車の引き取りに行くため新宿まで出たのだが、
その前に代々木で降りて「めじろ」へ向う。
しか〜し…店の前には「本日終了」の札が…orz

中をのぞくと大西さんがいたので、ちょっと話をするが、
最近は2時過ぎで終ってしまうことが多いそうだ。残念!


新宿から15:00発のスーパーあずさ23号に乗る。
岡谷まで2時間の列車旅だが、どうも列車というのは苦手。
新聞を読んだり、携帯ゲームをやったり、ミクったり…とすることはあっても、
目的地までずっと座っていなくてはならないというのが、すご〜く苦痛なのだ。

八ヶ岳
小淵沢の手前から八ヶ岳が見え始めるが、
山頂付近は雲がかかって見えない。

手前には黄金色の麦畑が、
秋の夕日を受けて広がる。

車だとベストポイントに停めて写真を撮れるが、列車ではそうはいかない。
車を運転することの面白さと自由さを再確認する“小さな旅”だった。


  *   *   *   *   *  


●411)狼煙〈諏訪店〉@諏訪市

せっかくここまできたので、帰りにはやっぱりラーメンでも…
と思ってまずはこちらの店へ。

狼煙店
狼煙
ここは松本市にある同名店の支店だそうだ。

本店のご主人は一風堂の出身とかで、ラーメンは当然 “一風堂インスパイア” 。

臭みのない白濁豚骨がベースだが、
注文した『香油らーめん』には、香味野菜から作った “香味油” がかかっている。

一見 “マー油” みたいだが、ちょっと変わった香りの油。
豚骨出汁がかなり良く出ているせいか、スープが美味しい。
豚骨苦手の私でも全く抵抗なく食べられる。
なかなか旨い。(^^)


【狼煙〈諏訪店〉】
長野県諏訪市赤羽3-22 TEL.0266-57-7771
11:00-24:00 年中無休


  *   *   *   *   *

この後、前回振られた「一矢」へ行くが、またやってない。
リニューアルという話を聞いたが、まだ終ってないのだろうか?
という訳で、今日はこれで帰ることに。

  *   *   *   *   *  


中央道上り・談合坂SA/ビーフカレー¥520


給油に寄った談合坂SAでカレーを食べてみる。

談合坂上
ワンコインの割にはしっかりとした味。
けっこう辛い…中辛ぐらいか。

大人ならいいが、子供にはやや辛過ぎかも…。

肉がかなりたくさん入っているのが評価ポイント。
ことによったら、今まで食べたSAカレーでは一番多いかもしれない。

ライスの量は普通だが、ちょっとパサついて味は今一つ。
これでライスが美味しければ言うこと無しなのだが…

5点満点で勝手に評価=総合4.0(ルー4.1/ライス3.0/量3.5) 


tosimon3 at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月13日

和風カレー・・・

夜遅くなっってから新潟骨董市を見に行くために出かける。
例によって関越道のSAカレーと思ったのだが、下り車線はほぼ食べ尽くした?
と調べてみると、赤城高原がまだ食べてない。

かなり空腹で出てきたので、そこまでは我慢出来そうもないので、
上里SAでラーメンを食べることに。



●371)上里SAのラーメン@上里町

上里
思ったより見た目がいい。
味のほうは・・・これも意外に悪くない。

化調っぽさはあるものの、この程度なら許容範囲。
麺もちゃんとした生麺を使っているようだ。

何と言っても味玉が固茹でなのがイイ。
「固茹で味玉復権委員会」会長としては、これだけで高得点を進呈したい。(^^;

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       
            

関越道下り赤城高原SA/ポークカレー¥480

値段が安いのであまり期待をしていなかったのだが、
結論を先に言うと…「ここのカレーは旨い!」。(^^)

赤城高原
メニューのところに“和風カレー”となっていた。

食べてみると、ルーに独特の“とろみ”がある。
これは昆布のとろみなんだろうか?
いずれにしても初めての食感。

鰹節なんかの魚介系も感じるし…本当に和風カレーだ。
イヤ〜このカレー、なかなかのもんです。

ライスの味がもう一つなのと、ルーがちょっと少な目なことを除けば、
また食べたいと思わせるカレー。
これまで一番だった「多賀SA下り」を上回ったことは確かだ。

勝手に5点評価=ルー4.6/ライス3.5/量3.8/総合4.5


tosimon3 at 02:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月23日

1000円の根拠は何なんだ???

●335)夢乃屋@二子玉川


8月も終わりに近づき、『鮎つけ麺』も今月一杯のはずなので食べに行くと、
スープ切れで早めに終ってしまったという。orz

という訳で、こちらの店にやって来ると、
店頭に「新発売…彩夏(さいか)」というメニューが出ていたので食べてみることに。

夢乃屋7
「今回の新作は極旨醤油ラーメン…爽やか夏をイメージし、あっさり醤油に仕上げました」

と書いてあれば、食べる前から期待が高まる。
まして1000円もするのだから・・・。(^^;

しばらくして出来上がってきたラーメン…
薄切り叉焼、メンマ、ルッコラ、糸唐辛子に揚げ玉が散らしてあるだけ。
エッ?これが1000円のラーメン?・・・とてもそうは見えないゾ。

それでは味が1000円なのか…と一口食べてみるが、味もいたってフツーの味…。
それほど高級な素材を使っているとも思えないし…
ン〜これは納得できない…このラーメンが1000円という根拠は何なんだ〜(笑)

ここのラーメンにはいつも失望させられることが多いのだが、
今回も「またか!」と思わざるを得ない。

甲府の本店は閉めてしまったようだが、こちらもダイジョウブか?

(デジカメを忘れてケータイで撮ったら画像が悪かった…orz)


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


夜遅くなって、明日から開催される松本骨董市を見に行くために出かける。
途中、いつものようにSAのカレーなどをたべながら…(^^;

マゼーダール@談合坂SA


ここには「マゼーダール」というインドカレー専門店が入っている。
ここの他にも双葉SAや大黒PAなどにも出店しているようだが、
実は昨年の11月だったかに一度食べている。

その時に、ライスかナンを選べるようになっていたので、
今日はナンを食べたくて寄ってみたのだ。

談合坂
ナンはかなり大きいもの。

焼くための窯もあるので、
昼間は焼きたてを食べれるのかもしれないが、
深夜はレンジでチンしたものなので風味はイマイチ。
表面に塗ってある油がちょっと変…これならライスのほうが良かったネ。

5点満点で勝手に評価=ルー4.5/ナン3.0/量3.5


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●336)諏訪湖SA@岡谷市


ちょっと眠くなったので、眠気覚ましでも買おうと寄ってみたのだが、
結局ここでも何か食べたくなって…(^^;

カレーは以前食べているので、じゃぁラーメンか…(笑)

諏訪湖SA
値段が450円なので、
最初から期待していなかったのだが、
思った通りというか何というか…

食べられないほどじゃないけど、
別のものにすればよかった。(^^;


tosimon3 at 22:22|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2007年08月11日

家元の笑顔

この暑さの中、朝から池袋でラーメン仲間との麻雀大会。
モノ好きもいるものだ…って私もその一人だが…(^^;

タイカ2
さすがに今日は人数も少なく、
抜け番もないため、ラーメン食べに行けない。

仕方なくここの雀荘名物“カレー”を食べて空腹を満たす。

しかし、このカレーがウマイ!
私が食べたのは“小カレー”だが、これで350円。
値段に対する満足度はかな〜り高いものがある。

このカレーを食べるために麻雀をやりに来てる…という人もいるぐらいだ。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●318)新一条流がんこらーめん@池袋


早めに麻雀が終ったので、有志でこちらへ。

がんこ店
がんこ家元の一条氏が、西早稲田の店を閉め、
今年の4月にここへ開店した。
移転してからは、なかなか来る機会がなく今日が初訪問。

思っていたより狭い…5人しか入れない店。
以前の店からすると、何故こんな狭い店に…と思ってしまうが、
そこは家元のこと、何か思惑があってのことなんでしょう。

印象的だったのは、家元がすごく楽しそうに笑顔でラーメンを作っていたこと。
本当に好きなことをやっているからなんでしょうネ。

がんこ36
こちらは『新がんこラーメン』(醤油)。

移転に伴い味も変わったと聞いていたが、
確かにラーメンはこれまでとは別物。

それも7月に再度、味を変えたばかりだそうだ。

食べてみると、これまでのがんこの片鱗はうかがえるものの、
麺はかなり太くなっているし、スープはよりジャンクな方向を向いている。

何となく醤油ッ気の強い二郎を食べているような錯覚を起こすが、
二郎よりは食べ易いラーメンになっている。
なかなか美味しい。(^^)

ただ、これまでのがんこはどうなっちゃうの?…という疑問は残る。


【新一条流がんこラーメン】
東京都豊島区東池袋1-13-12
11:30-22:00頃(S切れ終了)


tosimon3 at 02:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年07月07日

桐生骨董市

今日は桐生骨董市で骨董研究会の例会。

立川に9時半に集合して、私の車に私を含め8人が乗って桐生を目指す。
桐生到着が予定より30分ほど遅れてしまったが、現地で先行組の3人と合流。

天満宮
桐生骨董市
この骨董市は毎月第一土曜日、桐生天満宮の境内で開かれている。出店数は100店以上と関東でも有数の規模の骨董市だ。

5〜6年前まではほぼ毎月見に来ていたのだが、最近はとんとご無沙汰。
ここまで来たのは本当に久し振り。

出店者の顔ぶれもだいぶ変わっていたようだが、
“おもしろそうな物”を探すにはうってつけの場所だ。

見る時間がちょっと少なかったが、
皆さんそれぞれに“掘り出し物”を見つけてきたようで・・・(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥  


骨董市を1時で切り上げ、ジモティ(地元出身の人)の I さんご推薦の、
「芭蕉」というお店へ。

芭蕉店
なんかすごいお店です。(^^;
木や蔦に囲まれているので見ただけでは分からないが、今にも崩れ落ちそうな建物。

表通りから一本入っただけの所にもかかわらず、
ここだけ完全に時間が止まっている。


芭蕉店内
店内はレトロというか何というか…
完全に50年ほどタイムスリップ。(笑)

先代が午年だったため、
馬に関した人形や装飾品を集めていたらしく、
いたるところに“馬グッズ”が飾られている。

土人形もあったが、大方は明治の花巻人形だった。

カレー
ここの名物は『馬小屋カレー』。(^^;
喫茶室が「馬小屋」というらしく、
そこからこの名がついたらしい。

そのカレーは、煮込んだ野菜とその水分のみで作られていると聞いたが、なるほど…ちょっと味わった事のないカレー。

独特の甘味があり、スパイスは押さえ気味…味わい深いカレーです。

食後この場所で、買って来た骨董品の講評会を開いたが、
これだけ骨董品の合う空間も珍しい。(^^;

【異国調菜 芭蕉】http://www.kiryu.co.jp/gourmet/basyo/index.htm

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥    


その後は中央通り沿いで開かれていた骨董市を見て歩き、
以前訪れたことのある蔵作りの喫茶室「有鄰」でお茶を…と思ったが、満席。orz                   

蔵喫茶
からくり
ここの裏手には蔵が何棟か建っていて、展覧会場や催事場として使われている。

そのいちばん奥には「桐生からくり人形」の芝居館があるので、
とりあえず全員で“人形芝居見学”。


そして最後は「桐生織物参考館」を訪問。

織物参考館
機織り
桐生はその昔、織物の町として名を馳せ、「西の西陣、東の桐生」と言われるほどだったそうだ。

その名残というか、
織物に関しての資料は豊富に残っているようで、
これはひじょうに勉強になった。

これを最後に桐生を後にするが、たいへん中身の濃い例会だったと思う。
雨が心配されたが、何とか持ちこたえてくれたのも助かった。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●268)福吉@東大和市


今日は休麺日と思っていたが、解散後、国分堂へ寄っていたら腹が空いてきた。
編集長を送るついでなので、方向の同じこちらの店へ。

福吉2
かなり久し振りだが、新メニュー?の『油そば』があったのでそれを注文。

麺は太いのかと思ったら、中太麺だった。
この時点でちょっとガッカリ。
やはり『油そば』は太麺でなくては・・・

味は…ごく普通の油そばレベル。
卵黄が最初から付いてくるのは嬉しいかナ…。


tosimon3 at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月15日

信州骨董市〜長野ラーメン

今日から長野市の「Mウェーブ」で信州骨董博が開かれる。


長野Mウェーブ
この「Mウェーブ」というのは、
1998年に開かれた長野冬期オリンピックで、
スピードスケートの会場になったところ。

独特の形をした巨大な建造物だ。
http://www.nagano-mwave.co.jp/


長野骨董市
その会場を半分に区切って開催される訳だが、
昨年に比べると店が少し減ったのか?
周囲の空きが少し目立つ。

昨年は思わぬ掘り出し物があったので、
今年も期待して来てみたのだが、
結果は…見事に裏切られてしまった。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



●237)蕪村@長野市


という訳で、早めに会場を出てこちらのお店へ。
昨年の「信州ラーメン博」の時に食べたいと思っていたのだが、
腹に余裕がなくてあきらめたお店。

今回長野へ来たのは、ここと寸八@松本が最大の目的だった。
昨年と同じように「るるも」の近くのPに車を停めて、いざ蕪村へ。

蕪村店
蕪村
思ったよりこじんまりとした店…っていうか、非常階段?が邪魔してるし…よくもまあこんなところに…という立地。(^^;

ラーメンは濃厚な鶏白湯に節系をガツンと効かせたもの。
噂に違わずウマイ!

麺はデフォのようだが、ツルシコ感のある旨い麺。
濃厚なスープに負けていない。
写真では分からないがメンマに一仕事してある。ちょっと食べにくいけど…(^^;

丼の形状といい、こういう“こだわり”がイイね。


【麺屋 蕪村】
長野市南長野北石堂町1361 TEL.026-264-6886 定休日=水曜日
11:30-14:00 18:00-スープ切れ迄 土・日・祝11:30-15 18:00-スープ切れ迄


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●238)寸八@松本市


さて次はこちらのお店…寸八と書いて“ずんぱち”と読むらしい。
ご主人のブログ(http://yaplog.jp/zunpachi/)を見ていて、
一度は行ってみたいと思っていたお店。

昼の部(2時半)に間に合うかと思って高速に乗るが、
途中で眠くなってしまって間に合いそうもないので、
松本ICの手前の梓川SAで夕方まで寝てしまう。
昨夜は3時間ほどしか寝ていないので無理もない。

寸八店
寸八
店はちょっと解りにくい場所にある。

店舗もちょっと見には引きのない外観。
天幕をちゃんとつければいいのに…(笑)

とりあえずイチオシらしい『トンコツ醤油』を注文。

キャベツやレン草が入ったビジュアルは家系的だが、味わいは全く別のもの。

スッキリとした動物系出汁だが決して軽くはない。
低加水の太丸麺とのマッチングも良く、思いのほかスルスルと入ってしまう。
完成度の高いラーメンです。

イヤ〜なかなか美味しい…好きですネ〜こういうラーメン。(^^)

ご主人は思っていたより若い方だったが、かなりの話好きと見た。(笑)
先客のラオタ?らしき人としゃべりっぱなしだ〜。

それとなく…っていうか、いやでも耳に入ってくるのだが、(爆)
会話を聞いていると、やはりこのご主人もラーメンが好きなんだナ〜と…


【らぁめん 寸八】
松本市白板1-1-13 TEL.?
11:30-14:30 17:30-21:00 定休日=水曜日


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


まだ食べたい店はあるのだが、とりあえず目的は達成したので、
長野のラーメンはこれでイイか…と思い名古屋へ向けて一般道を走る。
最近はほんとうに欲がなくなったナ〜。(^^;

それでも途中、塩尻、諏訪…とらーめん店の誘惑を振り切って来たのだが、
伊那を過ぎたあたりでついに我慢ができなくなった。

この近くではロー麺の「萬里」があるが、この時間ではやってないし…
と検索してみると、駒ヶ根に「黒こくや」という店があるようだ。



●239)ラーメン道 黒こくや@駒ヶ根市


深夜にもかかわらず、店の前の駐車場は満杯状態。
人気があるんですネ〜。
店の外観も何というかスゴイことになってます。

黒こくや店
黒こくや
事前情報では炭を練り込んだ麺があるらしいのだが、メニューにはそういう表示がなかった。

味噌が美味しいらしいので、
とりあえず味噌ラーメンを注文。

飲み客が多いらしいのと、厨房を一人で切り盛りしているので、
なかなかラーメンが出てこない。

20分ほどしてやっと出来上がってきたラーメンは、
見た目フツーの白味噌系に背脂が入ったラーメンで、黒い麺ではなかった。

味はけっこう濃いめ。麺は太いが柔らかい。
さっき麺茹でのタイマーが鳴りっぱなしだったからネ…(^^;

味の濃い味噌ラーメンは嫌いじゃないけど、
金曜夜で混んでたとはいえ、やっぱり20分待ちはないよナ〜。


【ラーメン道 黒こくや】
駒ヶ根市上穂北145 TEL.0265-82-3995
11:00-25:00 不定休


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



恵那峡下
中央道恵那峡SA下り/ビーフカレー¥580

途中から中央道に乗り、
このSAに車を停めて寝ることに。

その前にカレーを一杯…(笑)
と軽い気持ちで食べたのだが、これが意外に旨かった。

肉が細かくなってルーの中に溶け込んでいて、その食感がなんとも言えない。
辛さはあまり無く、甘口のカレーだが、
個人的にはこういう味が好き。

付け合せがなかったのは忘れられたから…?

最近のSAカレーでは一番美味しかった。

5点評価=ルー4.5/ライス4.2/量4.2/総合4.5


tosimon3 at 03:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月14日

今年の『鮎つけ麺』は・・・

●235)鮎ラーメン@二子玉川


今年の『鮎涼ラーメン(鮎つけ麺)』を食べにニコタマへ。

1日に食べたときは、慌ただしく食べてしまったので気が付かなかったが、
今日のものが “完成品” ということだろう。

前回アルミのヤカンで供された割りスープが、
どこかで見覚えのある土瓶に変わっている。
そう…これは牡励湯で使われていたもの…何か懐かしい。(^^;

あゆ37
“鮎こごり”のつけ汁は、
前回はやや薄めだったが、今日のは濃〜い。

瞬く間につけ汁がなくなってしまうので、
土瓶のスープを足しながら食べる。

最後は鮎姫ごはんに残りスープをかけて“鮎茶漬け”に…
これがまたウマイ。(^^)

今年も美味しい夏が過ごせそうだ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


夜になって長野骨董市と名古屋骨董市を見に行くために出かける。
途中、諏訪湖SAで給油のついでにまずカレーを一杯。

諏訪湖下
中央道・諏訪湖SA下り/ビーフカレー¥500

見た目は悪くないが、やや小麦粉が多い感じ。
酸味があるのはトマト?リンゴ?
甘味もあるが、SAのカレーとしては辛いほうか。

ルー、ライス共に量はたっぷりあるが、ライスの味はもう一つ。
器の色が良くないので、イマイチ美味しそうに見えないのが惜しい。

5点評価=ルー3.9/ライス3.5/量4.5/総合3.8


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●236)梓川SAのラーメン@長野自動車道


休憩で寄ったここで、カレーをもう一杯…と思ったのだが、
券売機に「一番人気・・梓川ラーメン」というのがあったので、
気が付いたらラーメンの券を買っていた。(^^;

梓川
出来上がってきたラーメンは…
おおっ…トンコツだぁ〜(笑)

薄めのトンコツ醤油味だが、
甘味もあり、それなりに美味しい。

大きいバラ肉の叉焼が2枚も入ってるし、麺も意外にちゃんとしたもの。
化調は入っているが、それほど強くないのでこれならOK。

SAのラーメンとしてはいいほうだろう。


tosimon3 at 20:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年05月30日

伊豆も雨だ・・・

今回伊豆へ来た目的の一つは“釣り”だったのだが、
朝から雨模様…おまけに風も強く、とても釣りができる状態ではない。

マサキ1



マサキ5
それでも釣り場の様子を見に来てしまうのが、
釣り人の悲しいサガ。(^^;

写真は八幡野港の先にある「マサキ」という釣り場から、「大灘」方面を見たもの。
一応、“風裏”になるのだが、竿を出しているような物好きは誰もいない。

地元の人が竿を出していない時は、まずダメな場合が多いのだ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●214)福◯家@城ヶ崎


遅い昼をこちらで食べることに。

幅わ家10
今日はそれほど腹が空いていないので、
『ラーメン』を注文。

相変わらずサッパリとしたラーメンだが、
食べていてフッと気が付いたことがある。

それは叉焼…ちゃんとした“焼豚”なのだ。
何で今まで気が付かなかったのだろう?

最近は煮豚全盛で、こういう叉焼は少なくなってしまったが、
やはり手間をかけた叉焼は旨い!


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ここでは現在「伊豆高原アートフェスティバル」が開かれているのだが、
そのパンフレットを見ていたら「古美術 チワラ」という参加店を見つけた。

チワラ
古美術とあらば行かない訳には・・・(^^;

場所は例の「てるてる餃子」の近くなのだが、
やはり分かりにくい場所にある。

こじんまりとしたお店だが、
なかなか洒落た創りで趣きがある。

商品はそれほど古いものはなかったが、その分買い易い品揃えではある。
ご主人にちょっとお話をうかがったが、
まだ面白そうなものがありそうなので、また来てみましょう。(^^)

このフェスティバルは残念ながら5月末で終了です。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


今日は唐辛子が休みだったので、帰る途中でちょっと小腹が空いた・・・
ということで、海老名SAへ寄ってみる。

ここで何か食べるということは滅多にないのだが、どうせならカレーか・・

海老名
東名・海老名SA上り/ビーフカレー¥650

値段が高いので、ちょっと期待したのだが、
見事に裏切られた。(**;

見た目マアマア、肉も多いのだが…
カレーの基本となるコクが不足している。
要するに“美味しくない”のだ。(笑)

これ以上は書くこと無し。

5点評価=ルー2.0/ライス2.5/量3.5/総合2.3


tosimon3 at 05:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月07日

20万キロ・・・

昨夜博多を出てから、ひたすら中国道を走る。

私の車は、出発したときは198000キロに近い走行距離だったので、
今回の九州往復で20万キロを越すのは確実だった。

安佐SAでカレーを食べた時点で199970キロぐらいだったので注意していたのだが、
眠いのをこらえて運転していたため、ハッと気が付いた時には、
メーターはすでに20万キロを超えていた。orz

20万キロ
気が付いたのが三次ICあたりだったので、逆算すると江の川PA(広島県三次市)付近だったということか。

もっと注意していれば良かった…と思っても後の祭り。
メーターを巻き戻す訳にもいかないので、車を停めて撮影。

この車は来年の7月で9年目を迎えるが、
例の排ガス規制にひっかっかってそれ以上は乗ることができない。
それまでにあと何キロ走れるだろう。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


安佐
中国道・安佐SA上り
「ビーフカレー」¥550

ここのカレーは、SAでは珍しいスープカレー。
やや甘酸っぱい味付けで、大きめの肉も入ってなかなか美味しい。辛さは中辛程度。

ルー、ライス共に量も結構あるが、残念なのはライスが柔らかめなこと。

スープカレーではライスをもっと硬めにしないとグチャグチャになってしまう。惜しい。

5段階評価=ルー4.2/ライス3.3/量3.8

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●149)大龍門@浜名湖SA


浜名湖SAで給油をした際に、腹が空いたので何か食べようと食堂へ行くと、
ラーメンは「大龍門」という店が出しているようだ。

大龍門といえばそこそこ有名な中華料理店ではないか。
それなら美味しいのかも…と思い食べてみることに。

大龍門
メニューは色々あるようだが、
何となく気分は“味噌”。(^^;

見た目は何となく味噌っぽいが、
食べてみるとあんまり味噌の味がしない。
これでは“味噌風味”だナ。

出汁も弱いのでラーメンとしての旨さがない。
味噌ラーメンでこれだけ不味いのは久し振り。
これで¥680は暴利だ!食べなきゃよかった。(><)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


結局、家へ帰りついたのは10時過ぎ。
4日と4時間で走った距離は3207キロ。
一日に800キロも走ったのか・・・


tosimon3 at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月03日

九州へ行く前に・・・

ネットで桜の開花状況をチェックしていたら、
熊本の「一心行の大桜」が満開に近いことが分かった。

例年は4月10日前後が見ごろのはずなのだが、
今年はやはり暖冬の影響で早くなったようだ。

桜(一本桜)の写真を撮り始めて10年が過ぎた。
これまでは行き易いこともあって中部〜関東〜東北を中心に写真を撮ってきたが、
昨年から時間的な制約がなくなったので、西日本の桜を見て回っている。

昨年は奈良県から岡山県と回ったが、
一番の収穫は岡山の山間部にある「醍醐桜」。
これはロケーションも含めて素晴らしい桜だった。

「一心行の大桜」も昨年見たいと思っていたのだが叶わなかった。

…という訳で、急遽熊本まで行くことを決定…。


夕方6時半に家を出て、東名で一路西へ向かったのだが、
どうせならと、途中にある「伊駄天@藤枝」ヘ寄っていくことに。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●141)伊駄天@藤枝

店へ着いたのは9時。
もう閉まっているかと思ったら、何とか大丈夫だった。
火曜日は仕込みを多くしているんだそうだ。

伊駄天7
『肉中華』(だったか?)を食べる。

やや甘めの醤油に節系がガッツリと効いて旨い!
プツンプツンと歯切れの良い平打ち麺もスープとよく合っており、食べていて楽しい。

同じラーメンを作っても、作り手の意識の持ち方一つで味は変わってくるもの。
その良い例がこのお店だろう。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


その後東名→名神と乗り継ぎ、養老SA(岐阜)でカレーを食べて出てくると、
「多賀」と大きく書いたノートを持った若者(男性)二人。

オッ、珍しくヒッチハイカーかと思っていたら、目が合ってしまった。(^^;

「どこまで行きたいの?」と聞くと、
「福岡までなんだけど、どこまででもいいです」という。

悪い人間ではなさそうだし(笑)、
こっちも話し相手がいたほうが眠くならないので乗せていってやることに。

走りながら話を聞くと二人とも愛知大生で、
休みを利用して岐阜から福岡へ行くヒッチハイクの途中だという。
その目的は「博多の屋台で酒が飲みたい」。^^;;

マア動機は不純だが(笑)、それをヒッチハイクで行こうという“心意気”が気に入った。

「この車も九州まで行くから、ずっと乗って行ってもイイヨ」というと、
「いや、そういう訳には・・・」と固辞するので、
とりあえず山陽道の三木SAで別れる。

彼らとしても、あまりスンナリ行けてしまうのは本意ではないのだろう。
若者よ、苦労して飲む酒は旨いゾ…。(^^;



彼らと別れて走り出したが、その時点で3時。
これまで一睡もしていないので、眠くてしょうがない。

龍野西SAで2杯目のカレーを食べ、そこで仮眠…。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


養老
名神道・養老SA下り
「ビーフカレー」¥580

ここは「オリエンタルカレー」という
専門店?が入っている。


ルーは黄色味の強いものだが、味は意外に悪くない。

ライス共々、量は多いほう。肉は入っているが固い。
付け合せは福神漬けとラッキョウが入れ放題。

5段階評価=ルー3.1/ライス3.0/量3.5

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


龍野西
山陽道・龍野西SA下り
「ビーフカレー」¥550

ルーは焦茶色をしていて、見た目は◎。
味はそこそこという感じ。中辛。
肉・野菜はほとんど入ってない。

ライスが多めなので、ルーが足りなくなってしまう。その意味ではバランスが悪い。
フツーに美味しいカレー。

付け合せは福神漬けと何故かタクアンがとり放題。

5段階評価=ルー3.5/ライス3.3/量3.6.


tosimon3 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月22日

鮎ラーメンでメール会員募集

●鮎ラーメン@二子玉川

昼過ぎに行くと、カウンターのところにメール会員用のバーコードが・・・
早速ケータイで撮って空メールを送るが、返信が来ない。どうして??

まだ始めて3日目なんだそうだが、すでに250人ぐらいの登録があるという。

現在は会員になると、昼は会員限定の『高山焦がし鮎ラーメン』が800円で、
夜は味玉サービスになっているそうだ。

あゆ31
これが『高山焦がし鮎ラーメン』。

醤油ベースの鮎ラーメンなのだが、
これがけっこう旨い。

従来の高山ラーメンに少し手を加えて、
鮎との相性を良くしているそうだ。

そしてこれにはミニライスが付いてくるのだが、
食べ終った後でスープをライスにかけ(勿論、反対でも可)、
そこにラー油(!)を数滴落とすと、これがまた不思議と美味しい。

まさか…と思わせる取り合わせだが、試してみる価値は十分にある。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


夜遅くなってから新潟へ向ったのだが、
例によって途中のSAでカレーを2杯。

高坂
関越道・高坂SA下り
「ビーフカレー」¥550

やや酸味のあるカレー。
果物系の酸味?らしいが、なかなか旨い。

思ったより甘口で肉も多め。
ライスも美味しいが、全体に量が少ない。

5段階評価=ルー3.8/ライス3.5/量3.0



越後川口
関越道・越後川口SA下り
「ビーフカレー」¥510

これは業務用カレーが混ざっているかな?
小麦粉が多い感じで、味は中辛。
ニンニクがやや強め。

ライスはさすがに米所、旨い。
ルー、ライス共に量は多め。
福神漬けは入れ放題。

5段階評価=ルー2.8/ライス4.0/量4.0


tosimon3 at 20:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年02月01日

念願のスキー場だが・・・

昨日は夕方まで寝ていたためか、
夜遅かったにもかかわらず朝早くに目が覚めてしまった。

露天風呂
まずは朝風呂。
ここには露天風呂があるのだが、
雪景色の中で入る温泉はもう最高。

これで“雪見酒”でもできればネ〜…。
下戸には無理です。(笑)


…………………………………………………………………


今日滑りに行ったのは「安比スキー場」。
一度は行きたいと思っていたゲレンデなのだ。
宿からは車で約30分ぐらい。

現地で、佐藤さんという“ミョウレイ”のご婦人と合流。
やはり三宅さんの古くからの友人だそうだ。
石鍋さんは奥様しか滑らないということなので、
4人でいざゲレンデへ。

それにしても平均年齢の高い集団だ。(爆)

安比1
こちらもあまり人がいない。
メインゲレンデは見えるが、
その後ろのコースは雲に隠れて見えない。
最長コースは5.5km!

昨夜から20センチぐらいの積雪があったので、
雪の状態は最高!…と思っていたのだが、
実際に滑ってみるとそれほどいいコンディションではなかった。

昨日までの高めの気温がいけなかったのか?
何しろ雪が重い。
“パウダースノー”で有名な場所だったはずなのだが・・。
それでも上越の雪に比べればまだマシだけどネ。

午前中に数本滑って、すぐに休憩。(笑)
昼食は通称“レッドハウス”のバイキング。

色々なものが用意されているが、
メインはカレーのようで、
日本、インド、タイ、欧州、英国など、
種々の国、地域のカレーが用意されている。
こういうバイキングは珍しい。

昼食
私は小食なのでご覧の通り。(^^;
カレーは“英国風”をチョイスしてきたのだが、
どこがイギリスなのか分からなかった。

それにしても“英国風カレー”ってあるのか?(笑)

結局長〜〜い休憩を挟んで、午後は2本で終り。
一番疲れていたのは、一番若い私だったかも。
皆さんお元気ですネ〜。

…………………………………………………………………


石鍋さん、佐藤さんとはゲレンデで別れ、
宿へは三宅さんと二人で戻る。

晩飯
晩飯は昨晩より豪華な感じだが、
昼の食べ過ぎがたたって、あまり食欲はなかった。

小食者にはつらいデス。(+_+)\バキッ


この2日間は“休麺日”でした。


tosimon3 at 06:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月30日

八幡平へ・・・

夕方から八幡平(岩手県)へ向けて出かける。
そうです、今年初めてのスキー、いやスノボです。(^^;

スノボをやるようになってから今年で13年目。
始めた頃は、滑らせてくれるスキー場を探すのが大変だったが、
この10年間の様変わりには感慨深いものがある。

東北道の岩槻ICまでは下を走ってきたのだが、
ついでなので春日部まで足を延ばして「井之上屋」へ寄る。

…………………………………………………………………


●44)井之上屋@春日部

今年になってからここへ来るのは2回目になるが、
またまた醤油を食べてしまった。

井之上屋4
ここは元々『塩』専門店だったはずなのだが、
最近の『醤油』の進化には注目せざるをえない。

今日の醤油は、前回食べたものに比べ、
更にスッキリ感が増して美味しくなっていた。

2、3日後には新しい醤油が入るということで、
更に美味しさUPが期待される。

・・っていうことは、また来なくっちゃいけないのか…orz

…………………………………………………………………


東北道を一路北上。
途中「那須高原SA」でカレーを食べる。
『ビーフカレー/¥550』

那須高原SA
ルーはこういう場所のカレーには珍しく中辛タイプ。
子供にはちょっと辛いかもしれないが、味は悪くない。
肉はそこそこ入っているが、硬い。

ルー、ライス共に量はやや少なめだが、
ライスがべたっとしてマイナスポイント。

…………………………………………………………………


更に宮城県の「菅生PA」でカレーをもう一杯。
『ポークカレー/¥500』

菅生PA
ここのカレーは、食べてすぐに業務用レトルトカレーと分かる。
肉は薄切りの豚バラが数片入っているが、
カレーの味としてはあまり評価できない。

ただここのライスは旨い。
ルーの量が少なくてライスが余ってしまったのだが、
何もなくてもライスだけ美味しく食べられた。
さすが宮城県ということか。

つけ合わせは福神漬と紅生姜が入れ放題。
これはイイ。


tosimon3 at 05:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年01月07日

エンタな丼・・・

“朝もはよから〜♪”(笑)ラーメン仲間との麻雀大会。
しばらくやっていなかったので勘が戻るまでに時間がかかる。(歳のせいかも…爆)

それにしても麻雀ってフツー夜やるもんだよネ。
朝10時から…って早すぎ!眠い。

でも今日は結構ツイてたようで、昨年よりはいい成績(3位)で終了。
“ウデ”がないので“ツキ”がなければ勝てないのだ。
新聞の占いでは「賭け事×」だったのに・・・当たらなくてヨカッタ。

タイカ1
昼頃に食べた雀荘のカレー。
「タイカのカレー」として有名なんだそうだ。

今風なカレーではないが、不思議に旨い。
ここへ来ると必ず食べてしまう。
(小)で350円とCPも高い。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●11)七福神@池袋

麻雀の抜け番のときにラーメンを食べに行ったのだが、
目的の店が見つからなかったので仕方なくこちらへ。
いや、しばらく大勝軒系のつけ麺を食べてなかったので、
“食べたい”という気もあったんだけどネ。

七幅神
ウ〜ン久し振りの大勝軒テイスト…ってビミョーに違うけど、まあそれなりの“疑似体験”。(笑)

この甘、酢、辛、の味は、
しばらく食べないと、ムショーに食べたくなる。何でなんだろう?

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●12)二代目けいすけ@立高田馬場

麻雀終了後、雀友(ラー友?)のHさんと馬場を徘徊。
目的の店は休みで食べられず、第2候補も既に終了…結局この店へ行くことに。

けいすけ1
けいすけれんげ
私は昨年の夏頃に来ているのだが、その時は限定を食べてしまったので看板の『海老そば』は未食。

Hさんも初めてだというので、同じものを食べる。

それにしても、これがウワサの丼か〜。
以前来たときに、隣の人のを見てはいたのだが、
いざ実物を目の前にすると、やっぱり変だヨ〜。(笑)

丼が傾いて作られているため、下のほうからスープがこぼれそう。
ハシを入れると縁にぶつかるし、レンゲは不必要にデカイし・・・orz
食べにくいったらありゃしない。

でも誰が考えたか知らないが、この遊び心は面白い。
“エンタな丼”というところか。

丼に気を取られて味を忘れてしまいそうだが、
盛りつけも美しいし、海老の香りがガツーンと美味しかったですヨ。(^^;



tosimon3 at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月05日

静岡が面白い・・・

午前中から若手ラフリ(ラーメンフリーク)N君を乗せて静岡へ向う。
当初の目的は、伊駄天@焼津の金曜夜の部「影武者」へ行くことだったのだが、
どうせなら昼から何店か回ってみようということになって、出発を早めた。

富士
朝から素晴らしい天気だ。

東名を走っていると眼前に雪化粧の富士が見え始めるが、例年に比べると雪の量が少ない。
やはり今年は暖冬なのか?

ちょうど昼頃に焼津へ到着。まずは最初のお店「柔」へ向う。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●6)柔@焼津

前回来たときは定休日と開店時間を間違えていて…というか古い情報を見てきたので食べられなかった。

以前は藤枝系の店のように朝からやっていたようだが、
現在では11時〜14時とかなり敷居の高い営業時間になっている。

柔
メニューは『支那そば(辛、普)』『醤油』『塩』『味噌』の4種類がある。

支那そばと醤油の違いは何なのか確認しなかったが、N君が『塩』、私が『支那そば』を食べる。

支那そばは豚、鶏をベースにしたもののようで、
トリプルスープだとか。

半濁りのスープに白胡麻が浮かび、醤油や魚介のいい香り…だが、
それをスポイルするようなニンニクの香りも。これはもう少し弱くてもいいかナ。

しかし、なかなかボディのしっかりとしたスープ。思っていた以上に美味しいですヨ。
麺は自家製麺ということで期待したが、プチプチとした食感は2重丸。
量が少なめなのがちょっと気になる。替え玉は100円だし・・・食べ歩きには嬉しいンだけどネ。

【麺屋 柔(やわら)】
焼津市大村新田248-2 TEL.054-626-4582
11:00-14:00 
定休日=火曜日、第2、4水曜日 P=8台


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●7)才蔵@焼津

ここへ来るのは3回目。別のお店という選択肢もあっったのだが、
N君が未食というので寄ってみる。

才蔵2
『塩』と『醤油』をシェアして食べたが、
複数で行くとこれができるのがメリット。

ここは来る度に美味しくなっている気がする。
今日の塩、醤油共にスッキリとした味わいは格別。
こう言っては何だが、現在の“本店”よりは美味しいと思う。

出来上がったラーメンを店主自らが配膳するという姿勢にこだわりを感じる。

【麺屋 才蔵】
焼津市石津71part15-101 TEL.054-625-2066
11:00-14:30 17:30-21:00 (S切れ終了有)
定休日=木曜日、第1、3水曜日 P=14台(共同)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●8)伊駄天@藤枝市

ここは金曜の夜のみ「影武者」という店名に変わって、トンコツ系のメニューになるのだが、これまでタイミングが合わず食べることができなかった。

今日は満を持しての“影武者詣で”ということで、30分前に店の前でシャッター。

実はここで名古屋から来るNさん(ってバレバレやん…笑)、
地元ラフリのKさんと待ち合わせ…Nさんは開店前に、Kさんはやや遅れて到着。

Kさんとはオハツなのだが、メールをやりとりしたりしているので初めての感じがしない。
逆に私が“オジサン”なのでビックリされたかも…(笑)

マアそんなこんなで注文をしようとしたらご主人が、
「今日は影武者の用意が出来なかったので、平常メニューなんですが・・・」
あらら、そうなんですか…でもマア正月早々なんで仕方ないですよネ。

伊駄天5
そのお陰という訳ではないが、昨年暮れに出た期間限定の『越冬みそ』を食べることができた。

限定用のハット型の丼に美しいレイアウト。
そして別皿ではなく “別レンゲ” に肉味噌が乗って出てくる。

まず肉味噌を入れずに食べてみる。
赤味噌系というか、麹味噌のような味わいの中に、
何やら洋風の感じが…欧米かっ?(笑)…いやこれはイタリアン。
トマトの風味が見え隠れしてますネ。

後で聞いたらチーズなんかも入っているそうで、
元イタリアンシェフの面目躍如。旨いです。

途中で肉味噌を入れると、今度はピリ辛味になるWテイスト。
最後にご飯を投入すると、これがまたうま〜〜っ!
今年も目が離せないお店です。

【伊駄天】
藤枝市青木3-7-3 TEL.054-644-1088
火〜金 11-14:30 17:30-S切れまで
土、日 10-14:30 17:30-S切れまで
定休日=月曜日 P=5台

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


どら焼
これはKさんからおみやげに貰った“どら焼”。
一瞬「なに、これ?」・・・
って「どら焼き」なんですが・・・(笑)

アンコがはみ出してる…っていうかアリエネ〜(爆)
普通のどら焼の10倍はアンコ入ってる。

アンコは私の一番の好物だが、やっぱり…絶句。
食べ終わるのはいつになるだろう・・・orz
静岡って変なものがあるんですネ。(^^;

発売元は「水月」静岡市葵区安東2-21-1 TEL/FAX.054-246-6708


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


東名足柄SA(上り)のビーフカレー。
足柄SA上
容器、ルックス共にまあまあだが、
ボリュームはやや不足。
辛味はほとんどなく、かなり甘口。
万人向けのカレーといったところ。

5段階勝手に評価で、ルー3.5/ライス3.0/量3.0


tosimon3 at 16:20|PermalinkComments(3)TrackBack(2)

2006年12月04日

おっ『高山ラーメン』か…

●571)鮎ラーメン@二子玉川

『鮎うどん』が食べたくなって行ってみると、
うどんはなくなって『高山ラーメン』が始まっていた。
何だか来る度にメニューが変わってるナ〜。(^^;

これは店主の小田さんが高山出身で、
「高山ラーメンが食べたいっ!」と言ったからかどうかは知らないが、
マアそんなようなノリで今月から始まったものらしい。(笑)

あゆ24
お手本は「豆天狗」というので、
期待して出来るのを待つ。

出来上がってきたラーメンは、
見た限りでは高山ラーメン…かどうかは判断不能だが、
食べてみると麺は確かに高山ラーメン。
スープは…ウ〜ン高山ラーメンの味、ほとんど忘れちゃってますネ。(殴)

でもこのスープ、高山ラーメンというジャンルを超えてかな〜り旨い。
トンコツ(鶏?)清湯に煮干しや鰹節が入っているようだが、
味のバランスがすごく良くてグイグイと飲めてしまう。

ここでは初めての醤油味のラーメンだと思うが、イヤ〜なかなかやりますネ〜。
これで580円は安いッ!。

ミニライスがサービスになっているので、
これに残ったスープをかけて“ラーメンライス”…これも旨い!。

で『鮎うどん』はどうしたかというと、「牡励湯」でやってるそうだ。(^^;

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


夜というか、未明の3時頃から静岡一人遠征に出かける。
今回は「柔」と前回臨休だった「伊駄天」に行くのが目的。

途中「中井PA」に寄ると飲食コーナーが営業しているので、
それではと『ビーフカレー』を食べてみる。
ここは首都圏から近いので、下りのPAに寄ることは滅多にないのだが…。

中井SA
『ビーフカレー』の値段は440円。
これまでで一番安いのであまり期待はしなかったが、
それほど悪くはなかった。

ルーは小麦粉がやや多めで少し粘り気があるのと、
肉がちょっと硬いのは仕方ないと思うが、
意外に肉の味が出ている感じで美味しいですヨ。
付け合せは福神漬少しとらっきょう3個。
らっきょうが付いているのは珍しい。嫌いな人は残すだろうけど…。

評価は「ルー3.0/ライス3.0/量2.5」だが、ルーの量は十分で満足感はある。


tosimon3 at 22:07|PermalinkComments(3)TrackBack(2)

2006年11月11日

勇次の『鯖ラーメン』

532)勇次@町田

勇次で今度は『鯖ラーメン』をやるというので、早速食べてきた。
鯖ラーメン
実は「とら会」に“塩味”と書いてしまったのだが、直前になって薄口醤油に変更されていた。出汁も鯖節だけではなく、鰹節も加えられたようだ。

鯖節だけだと、やはり味の深みが出ないんだそうで、鰹節を入れることで何とか“船場汁らしさ”が出せたそうだ。

鯖の身は塩がしてあり、そのまま食べても旨いが、スープに溶かすことでまた違った味が楽しめる。
思っていたほど鯖の臭みもなく、“出汁の旨さ”を満喫できるラーメンだった。さすがです。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

夜になって「松本骨董市」へ出かけるが、丁度長野のビッグハットで「信州ラーメン博」をやっているというので、ついでなのでそちらから回ることにする。

今回は中央高速を走ったので、「談合坂SA」と「諏訪湖SA」のカレーを食べてみた。

談合坂
●談合坂SA(下り)=ここは「マゼーダール」というカレー専門店が入っていて、他のSAとはちょっと違ったカレーが食べられる。

ビーフカレーは700円で、SAのカレーとしてはかなり高いが、注文の時に「ライス」か「ナン」が選択できるし、野菜サラダもついてくるのでこれは嬉しい。福神漬などは無し。

ルーはトマトベースのスープカレー的なもので、かなり本格的。いやこのカレー本当に旨いです。SAでこういうカレーが食べられるとは思っていなかった。マア専門店が作っているんだから当たり前なんだけど、これならまた食べたいと思う。

評価は「ルー4.5/ライス4.0/量3.5」だが、ルーの量がちょっと少ない。ライスが多めなのでうまく食べないと確実にルーが足りなくなる。

諏訪湖
●諏訪湖SA(下り)=ここはワンコイン(500円)カレーで、まあフツーのSAカレーといえるのだが、ライス、ルーともにかなり量がある。ルーが余ったカレーはここが初めて。

ルーは中辛程度だが、甘さ抑え目のタイプ。個人的には甘いほうが好きなのだが、甘くないカレーをガッツリと食べたい人にはいいかもしれない。付合せは福神漬のみ。

評価は「ルー3.5/ライス3.5/量4.0」なのだが、器の色が悪い。こういう黒っぽい色の皿ではカレーがあまり美味しそうに見えない。要改良。


tosimon3 at 03:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)