らーめん 新宿区

2011年09月24日

349)五ノ神製作所@新宿/ソラノイロ@麹町

「大つけ麺博」が昨年と同じ浜松町の会場で始まった。
序章は23日〜25日までの3日間なので、とりあえず食べに行ってみる。


五ノ神製作所

五ノ神製作所『つけ麺 銀ダラ搾り』

ローストした銀ダラから抽出された、
魚のポタージュをつけ汁にしたつけ麺。
やや魚臭さは感じるものの、なかなか旨い。
このテのつけ麺はあまりなかったような…
麺はちょっと硬過ぎ。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


ソラノイロ

ソラノイロ『ムール貝のベジつけそば』

つけ汁はニンジンピューレにムール貝を合わせ、
麺にはパプリカを練り込んであるとかで、
つけ汁、麺共に赤が基調になっているが、
麺が決定的に美味しくなかった。
話題の店なので期待をしていたのだが…(^^;

tosimon3 at 04:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月15日

301)がんこ総本家@四谷三丁目

一条安雪という人の行動は、いつも予測不能で謎に満ちているのだが、
それが我々にとって常に面白い結果をもたらしてくれる…というのが不思議。
その家元が四谷三丁目に新しい店を構えたのが今年の4月。
6月だったかに一度来ているのだが、スープ切れで食べられなかった。

がんこ店がんこ60







今回は家元の「ラーメン生活35周年記念」の集大成ということで、
色々と面白いラーメンを企画してくれたのだが、その一つがこのラーメン…
『浦島太郎ラーメン〜海ガメの刺身用赤肉ミディアムソテー乗せ、オーストラリア伊勢海老10kgスープの醤油ラーメン』と、何とも長い名前のラーメンなのだが、
マニアの心をビミョーにくすぐる内容でもある。
ちなみに前々日は『ウニの伊勢参りラーメン』、昨日は『ヒトデなしラーメン』。

がんこ海ガメ伊勢海老の香りがフワッと香るスープは、
がんこらしいしょっぱさもあるがキレもある。
なるほどネ…と思わず頷いてしまうラーメンだが、
何と言ってもメインは海ガメの肉。

やや厚めに切られたものが3〜4切れ乗っているが、
食べた感じは鹿肉に似ているか?
油っ気は殆ど無いのだが、かと言ってパサついている訳でもなく噛み応えがある。
肉自体の味は希薄なようだが、味付けがされているようで美味しい。

家元のお陰で色々な食材を使ったラーメンを食べさせてもらったが、
これも “記憶に残る” ラーメンになったことは間違い無い。

一条流がんこラーメン 総本家

tosimon3 at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月20日

謎の店だが…

●69)謎麺@高田馬場

謎麺店靖国神社の骨董市終了後、Due Italianへ行くも臨休。
それでは「宗」にするか…と高田馬場へ。

早稲田通りに車を置いて、宗へ向う途中、
以前「太麺堂」だった店が何か変なことに…
店の前は真っ黒なビニールで覆われ、
「謎麺」という看板がかかっている…(^^;
昔のがんこ系と同じような感じだが、骨はぶら下がってない。
編集長が「面白そうだから入ってみよう」と言うので、ドアを開けて店内へ…
と思ったら、そこには券売機を置いたもう一つの部屋があった。
ドアを閉めてしまうと、券売機の照明だけであたりは真っ暗。
メニューは「謎麺」のみだが、釣り銭を取るにも不自由するほど。

謎麺光店内はU字形のカウンターのみで周りは真っ暗。
カウンター上のキャンドルだけが唯一の照明だが、
お客さんの顔が何とか識別出来る程度。
鏡花@立川も店内は暗いが、もっと明るい。
従業員は幽霊の格好でもしているのか…と思ったが、
女性店員はマスクだけだったので一安心。(^^;

謎麺出来上がってきたラーメンは、
何が入っているのか全く見えず、闇鍋状態。(^^;
券売機のところに書いてあった説明書きによると、
スープはその時々で変化するらしいが、
そのタイミングや方法は不明。
「余分なことに気を取られず、食べることに集中」
というようなことも書いてあったが、
これだけ暗いと今現在、箸で何を掴んでいるのかも分からない。

確かに集中をしないと、ちゃんと食べることが難しいが、
同時に人間は「見る」という感覚を奪われると、
物を食べてもあまり美味しさを感じないということに気付かされる。
これでは仕掛人の意図したことが裏目に出ているのでは…

仕方ないので、携帯を照明代わりにして食べてみたが、
写真は感度を上げて撮っても、ご覧のような悲惨な状態。
きしめんのような幅広麺に豚骨系?のスープと、モツ煮…丼の縁には味噌…
不味くはないので何とか食べたが、話題先行の店…と取られかねないだろう。

店員さんに聞いたら、私のスープと編集長のスープは違うかもと…
味見をしなかったので分からなかったが、そういうことか…
でも何だかナ〜味だけではなく納得のいかないラーメンだった。(^^;

謎麺


tosimon3 at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月14日

牛の時代が来るのか…

●448)宗@高田馬場

宗16靖国神社骨董市の帰りにこちらへ…
限定10食『牛肉そば~オンリーギュー』狙い。

スープ、具共に牛を使用したもので、
右の小鉢には、牛スジ煮込みが入っている。
牛独特の香り、甘味がよく出ていて、
いやいや、なかなか美味しかった。(^^)

宗雑炊麺を食べ終った後は、
残ったスープをご飯にかけて雑炊に…
ウン、これが一番美味しかったかも…(^^;

それにしても今年は牛を使ったラーメンが目立つ。
来年にかけて “牛” の時代が来るのか…


麺屋 宗


tosimon3 at 20:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月14日

過去の味?

●320)北狼<西早稲田店>@高田馬場


編集長の御成門での骨董市が終了したので、荷物の搬出に行く。
その帰り、どこかでラーメンを…ということになり、とりあえず高田馬場へ…

宗に行く予定だったが、6時開店まで少し時間があったので、未食のこちらの店へ。
「北狼」と書いて「きたろう」と読むらしい。
一時期、何かと話題になっていた店だが、何故か宿題店のままだった。(^^;

北狼店北狼







店名から察するに、北海道系の味噌ラーメン主体の店かと思っていたのだが、
券売機には「味噌ラーメン」のボタンがないので、『豚骨醤油』の食券を買う。

出来上がってきたラーメンは、見た目が何となくどこかで見た感じ…
食べてみて、その感じが確信に変わった…「山頭火」のラーメンだ。(^^;
ここのご主人が山頭火出身ということは後で知った。

山頭火恵比寿店が出来た当初は「こんなに美味しいラーメンがあったのか…」
と思ったものだが、今は恵比寿店も無く、栄枯盛衰の感は否めない。

こちらのラーメンは基本山頭火だが、それをブラッシュアップした感じで、
動物系がよく出たスープは、これはこれで美味しい。
ただ、個人的には過去の味と言わざるを得ない。


北狼 西早稲田店


tosimon3 at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月10日

月島草市

月島草市金魚







中央区月島は、もんじゃ焼きの町としてつとに有名だが、
この町最大のお祭りが「草市」だとか…
その草市に「宗」「鷹流」「阿吽」が出店するというので、
静岡人さんと来てみた。

両側に数十店ものもんじゃ焼きの店が並ぶ西仲通り商店街には、
150店もの屋台が立ち並び、歩くのも困難なほどの人出で賑わっている。
こういうお祭りに来るのは久し振りだナ〜(^^;



●280)麺屋 宗


宗店麺屋宗が所属する「高田馬場ラーメン組合」に、
月島から出店依頼があり、今回の出店になったとか。

柳さん自ら、暑いなか頑張ってます。




宗塩焼今回、宗が用意したのは『塩焼きラーメン』。

レギュラーの塩ラーメンの塩ダレを使い、
特注の麺で焼きそばにしたもの。
容器がパックではちょっと色気がないが、
味のほうはなかなか美味しい。
店で出して欲しいぐらいの出来映えだった。


  *    *    *    *    *    *


●281)屋台らーめん 鷹流


鷹流こちらは『豚肉煮込みぶっかけ焼きラーメン』。
何だかよく分からないが、食べてみると和え麺。

受け取る時に、ラー油を入れるかどうか聞かれる。
自家製の “食べるラー油” だそうで、
これが意外に良い効果を出していた。
色々な具が入っていて、これはこれで美味しかった。


 ………………………………………………………………………


●282)月島ロック@月島


草市会場を見終わった後は、お約束のこちらへ…かなり久し振り。

月島ロック前は無かった『6/8(ハチロク)』というメニュー…
だけど何がハチロクだったのか…忘れた…(^^;

豚スープに魚介出汁を加えたWスープ。
食べた感じはロックの1号テイストだが、
鶏ベースではないので、味、香り共に異質。
月島ロックとはまた違った味わいが楽しめる。


月島ロック


 ………………………………………………………………………


●283)凪<西新宿店>@新宿


火事で一時閉店していた「凪 新宿店」が、本日リニューアルオープンというので、
最初は行くつもりはなかったのだが、結局付き合うことに…(^^;

凪西新宿店凪中華







この店に来るのは初めてなのだが、なかなか堂々とした店構え。
だけど店内は思った以上に狭く、我々が座った一番奥の席は、
座ったら最後、ほとんど身動きが出来ないぐらい…(^^;
そこから出るには、2〜3人に席を立ってもらわなくてはならないほどだ。

初日ということもあって、メニューは『特級中華そば』のみ。
ワンタンが入ってるのかと思ったら、これは一反木綿(幅広麺)か?

煮干しの苦みは結構抑えられていたが、エグミがちょっときつかった。
これだけ煮干し感を強くすれば、やむを得ないとは思うのだが…


特級中華そば 凪 西新宿店

tosimon3 at 05:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月01日

どちらも美味しかった…

●81)はせ川@東急東横店(渋谷)


東急東横店の福島物産展にはせ川が出店しているというので来てみる。
一昨年までは「とら食堂」だったが、昨年からこの店に変わった。

今年は『塩ラーメン』もあると聞いて期待していたが、
さすがに私の行った4時頃では売切れになっていた。(T_T)

はせ川1昨年同様『醤油ラーメン』を食べてみるが、
何だか前回より美味しくなってる気が…(^^;

こちらの店は喜多方の「老麺会」には入っておらず、
その点で一般的な知名度は低いのかもしれないが、
美味しさにかけては喜多方でも指折り…
っていうか、個人的には一番ではないかと思ってる。


はせ川


………………………………………………………………………


●82)くぼ田@東新宿


今年の1月20日にオープンしたばかりの新店。
以前は「げんげん」という店だったが、八蔵@松陰神社のプロデュースを受け、
「くぼ田」という店名でリニューアルオープンしたもの。

開店前、八蔵でご主人にお会いしているので早めに来たかったのだが、
なかなか都合が合わず、今日になってしまった。

くぼ田新宿店くぼ田新宿







ラーメンの味的には八蔵の味を継承しているということなので、
ほぼ想像のつく味と思っていたのだが、食べてみるとビミョ〜に違う。
『ワンタン麺』にしてしまったことにも原因はあると思うが、
全く同じものは出来るはずがないので、これは仕方がないこと。

塩分濃度がやや低いか…という感じだったが、バランスの良い仕上がり。
要所要所に丁寧な仕事振りをうかがうことができ、
美味しくいただくことができた。(^^)


麺 くぼ田

tosimon3 at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月14日

何じゃこれは…

●61)太麺堂@高田馬場

全国的にバレンタインだというのに、朝早くから靖国神社骨董市に出店。
まあチョコレートくれる人もいないからイイけどネ…(^^;

終了後は「宗@高田馬場」へ寄っていこうと思い、車を停めて歩いて行く。
この店の前を通ると、何故か行列が無い…どころか店内も空いている。
以前は行列がすごくてあきらめたこともあったが、どうしちゃったの?

とまあそんな訳で、宗をあきらめて、こちらで食べてみることに…(^^;
第一弾の「玄瑛@博多」とのコラボは昨年末で終了し、
現在は「福たけ@千葉市」とのコラボが提供されている。(3月31日まで)

太麺堂店太麺堂







券売機には「太宣言をすれば100円引き」となっているが、何じゃこれは…(^^;
メンドクサそうだけど100円安くなるなら、とそっちのボタンをポチッと。

『太煮干しラーメン』という名前に魅かれての選択だったが、
出てきたラーメンを食べて、この選択が間違っていたことを思い知る。

煮干しラーメンの筈なのに、カレーの風味が…何じゃこれは…(笑)
おまけに煮干しのエグミと苦みも全開で迫ってくる。
いやいやこれはいけません。
煮干しとカレーを何故組み合わせたのか…その真意が解らない。

麺は浅草開化楼のものだが、太麺を名乗るほど太くはないし、
ただ固いだけで風味もモチモチ感もあったものではない。
元々、開化楼の麺は好きじゃないけどね…
行列がなかったのも、これで納得がいった。
宗にすればよかった…(^^;


太麺堂


tosimon3 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月11日

ハヤリの味だけど…

●432)RYOMA 高田馬場店@高田馬場


リョウマ『濃厚魚介つけ麺』

靖国神社骨董市の帰りに高田馬場へ…
「宗」の開店までは時間があったので、
少し先のこちらの店へ…
ちょっと食傷気味の味だけど、
麺が美味しいので救われる。


麺や RYOMA 高田馬場店



tosimon3 at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月16日

アレンジがいいネ…

●355)宗@高田馬場


靖国神社の骨董市に初めて出店…帰る途中にこちらの店へ寄ってみる。
夜の部開店が18:30なので、表で少し待つ。

来月からは靖国神社へ店を出すことになるので、
帰りのラーメンはココ…ということが多くなりそうだ。(^^;

そう15限定『004ーコリアンクール麺』

冷し麺といえば、やっぱり「冷麺」…
それをラーメン的にアレンジしたのがこの限定。

ピリ辛のスープはコチュジャンを使用していて、
野菜や温玉も入って、なかなかヘルシー。

スープには氷が入っているので、いつまでも冷え冷えなのがイイ。


麺屋 宗 -sou-


tosimon3 at 04:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月19日

いや、なかなか美味しい…

●309)宗@高田馬場


久し振りに有楽町の国際フォーラム広場で開催される大江戸骨董市に出店。
終了後は、一緒に出店した編集長とNさんを乗せて高田馬場へ。

券売機を見ると限定があるようなので、迷わずその食券を買う。
何でも「麺や庄の@市ヶ谷」とのコラボメニューらしい。(^^;

商品名は『002〜和えチリ冷しポタつけ麺』…って、一体何なんだ?

そう14盛付けに結構時間がかかって出てきたのは、
一見パスタ料理かと思うほどの見事なもの。

麺にはニンニクの効いたチリソースがかかっていて、
周囲に配されたバジルソースと一緒にまず和え麺に…

このままでも十分に美味しく食べられるのだが、
半分ぐらい食べたら、今度はそのままつけ汁に浸けて、つけ麺として食べる。

このつけ汁は「冷しジャガポタパイタン」という名前のようで、
鶏、豚、魚のスープにジャガイモと各種スパイスをブレンド、
これに「庄の」のタレを合わせて作られているらしい…

もちろん冷製な訳だが、脂が固まるようなこともなく、
ポタージュのような口当りはなかなかの美味しさ。(^^)

粘度が高いので、すぐにつけ汁がなくなってしまうのだが、
少し残してスープ割を頼むと、これが不思議…
これまで引っ込んでいたジャガイモがグッと前に出てくる。
面白いつけ麺だ。

7月26日までというので、未食の方はお早めに…(^^;


麺屋 宗 -sou-

tosimon3 at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月05日

春の香りが…

●153)宗@高田馬場


有楽町骨董市に出店した帰りには、やっぱりここでしょ〜(^^;
(日曜休みの店が多いということもあるのだが…)

店頭に何やら限定の告知が…なになに『春一番』とな…
ここでキャンディーズを思い出してしまうのはオジサンの証拠か…(笑)
昼夜各10食限定でも、今日は “ほぼシャッター” なので心配無し。

そう12麺は昆布水に浸かって出てくるが、
中にピンクの桜花の形をしたものが入っている。
これも一応 “麺” ということだ。

そして、その上にはワンタン(餃子?)2個と、
どこかで見た事がある昆布ピューレが…(^^;
ここでお目にかかれるとは思わなかった。

つけ汁は抹茶を使った塩味で、あられが浮いているのはお茶漬けのイメージ。
まず麺をつけ汁につけて食べてみると、昆布と抹茶がいい感じで口の中でコラボ。
春のイメージを十分に感じることができる。(^^)

そして麺を食べ終ったら、〆のご飯。
これにも昆布ピューレがかかっているのは、某店の「昆布飯」と同じ。

ここに残ったつけ汁をかけて食べる訳だが、薄味が好みであれば、
麺が浸かっていた昆布水で割ることで、味の調整ができる。
なかなか美味しくて楽しめる限定だった。(^^)

そう殿堂これは柳さんが見せてくれた、
TW主催の人気投票で選ばれた10店の、
「殿堂入り」の記念トロフィー。

開店2年で殿堂入りというのは快挙。
作り手のセンスの良さが評価された結果だろう。



麺屋 宗-sou-
麺屋 宗-No Noodle No Life-

tosimon3 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月24日

高田馬場西口…

●134)じげん@高田馬場


都心へ出たついでに、高田馬場へ。
ここへ来ると、行ってみたい店はたくさんあるのだが、
とりあえず宿題店になっていたこちらの店へ寄ってみる。

以前は早稲田通りから一本裏へ入ったところにあったようだが、
昨年11月に表通りへ移転、オープンしている。(旧店舗時は未食)

ご主人は田ぶし@高円寺で店長をされていた方だとか…

じげん店じげん







ここはラーメンよりつけ麺のほうが人気があるようなので、
最初から『つけ麺』を食べてみることに…(^^;

つけ汁と一緒に「三杯酢です」と言って猪口が渡される。
中の液体をなめてみると、三杯酢という感じはしないのだが、
つけ汁には酸味がないようなので、個人的には入れたほうが好み。

ベースは鶏白湯?プラス魚介系という、今では珍しくない組み合わせだが、
ヒジョーに丁寧に作られた…という印象の強い味わいだった。

ただ、この店でなくては…という何かが欲しい気がした。


麺屋 じげん


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●135)味一 高田馬場店@高田馬場


同じ名前の店が小田原の早川にあった。
知る人ぞ知る行列店だった。

本格的にラーメンを食べ始める以前、
味噌ラーメンしか食べなかった私にとって、
ここの味噌ラーメンとの出合いは衝撃的だった。

「ああ、これで味噌から卒業できる」と思った。

以来、機会あるごとに足を運んだが、
昨年の春、作り手のいなくなった店に、
二度と灯がともることはなくなった。


馬場にあるこちらの店は、その味を受け継ぐ唯一の店。
味一のオヤジさんの甥子さん?が2年前にオープンさせた。

味一店味一6







メニューには『味噌ラーメン』と『小田原味噌ラーメン』の2種類がある。
どこが違うのかは聞き漏らしたが、ここは迷いなく『小田原味噌ラーメン』で…

小田原のオヤジさんの味を彷彿とさせる…とまではいかないが、
当時の味を偲ぶには十分な出来…懐かしい味だ。(^^)

最初の頃は、この激戦区でダイジョウブか…とも思ったが、
お客さんもそこそこ入っているようなので、心配ないかと…
頑張って欲しいお店の一軒ではある。


ラーメン専門 味一 高田馬場店

tosimon3 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月28日

美味しい2店

●94)紅蓮@早稲田


渋谷東横の福島物産展に、喜多方の「はせ川」が出店しているというので、
食べに出かけたのだが、その前にちょっと早稲田まで足を延ばす…(^^;

こちらの店は、現在まだプレオープン中なのだが、
店主が東京西部にあった有名店店主らしい…というので話題になっている。
マアすでにバレバレではあるのだが…(^^;

場所は早稲田大学の正門入口近く…といえば分かり易いか。
学生が多いところなので、店を開くには恰好の場所かと…

紅蓮店店内は余裕のあるシックな作りで、
コの字型のカウンターのみ。
厨房は奥にあるので、ご主人の姿は見えるが、
話が出来るような雰囲気ではない。

現在はプレオープン中ということで
『極濃海老つけ麺』のみの提供らしい。

店内に入ったとたん、海老の香りがすることでも分かるのだが、
つけ汁の海老の感じはかなりインパクトが強い。
出てくる時はグツグツと煮えたままの状態なので、
素手でさわらないように…と一言注意があるのだが、
食べる時も、器の縁に口をつけないようにしないと、ちょっと危険。(^^;

紅蓮ベースはかな〜り濃厚な鶏白湯…
このあたりに前の店の面影が漂う。
唇がくっつくほどの濃度なのだが、
トンコツのようなしつこさが無いので食べ易い。

食べていて「四代目けいすけ」を思い出したが、
油っこさがない分、個人的にはこちらのほうが好き。

食べ終る頃にご主人が気が付いてくれて、少しだけ話をすることができた。
やはり「けいすけ」の存在を気にされていたが、
基本的なアプローチが違うので、それほど気にすることはないのでは…(^^;

正式なオープンは考えておらず、このままだらだらと…ということなので、
表の看板からプレオープンの文字が消えた時がその時ではないかと…(^^;


紅蓮


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●95)はせ川@渋谷東急東横店


渋谷に戻り、東急東横店の8階催事場で開かれている「福島物産展」へ。
昨年までは3年連続で白河の「とら食堂」が出店していたのだが、
今年は喜多方の「はせ川」に変わった。

とら食堂も捨て難いが、こちらも東京で食べられるというのが有難い。
店の選定は誰がやっているのだろう?

実は喜多方へは何回も行っているが、この店は未食だった。
喜多方の「老麺会」に所属せず、独自の味を守り続ける異端児…
みたいな評判は知っていたのだが、これまで食べる機会がなかった。

はせ川店はせ川







4時過ぎに着くと、数人の待ち状態になっていた。
一般的には、まだ「はせ川」の名前は知られていないと思うが、
「喜多方ラーメン」というだけで、食べてみようという人が多いようだ。(^^;

やや待って着席するが、ラーメンはそれほど待つことなく到着。
スープは喜多方では少数派に属するであろう、清湯スープ。
魚介出汁の効いた味も喜多方では珍しい部類だと思われるが、
これが思っていたよりかな〜り美味しい。(^^)

麺は喜多方風の縮れ太麺だが、これもスープとよく合っていて、
スルスルと喉を通り過ぎていく感じがたまらない。

こういう店が喜多方にあったのか…と改めて驚くとともに、
地元での人気振りにも納得がいく一杯だった。

今年は直接お店に行って食べてみたいと思った。


はせ川

tosimon3 at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年11月30日

久々に都心へ…

●519)宗@高田馬場


朝から高田馬場で、ラーメン仲間と麻雀。
その抜け番のときに、こちらの店まで食べにいく。

そう10限定『JYAKEN(じゃけん)』ー海のミルク和え麺ー

これは牡蛎と野菜などから作った “ミルクダレ” を麺に絡めて食べるもの。
牡蛎そのものが付いてくるかと思ったが、それはなかった。(^^;

食べると牡蛎の旨味が口中に広がり、なかなか美味しい。
別のレンゲで出てくる紅葉おろしと柚子胡椒を混ぜると、
また違った味が楽しめるのだが、やや水分が足りないか…(^^;

水気が足りないので麺がくっついてしまい、食べるのにちょっと苦労する。
できればタレを多くするか、酢を用意しておいてほしかった。


【麺屋 宗】http://www.menya-sou.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●520)三四郎@小川町


麻雀終了後、アキバまでCDやDVDを探しに行き、その帰りにもう一杯。(^^;

日曜日なので、都心のラーメン店は定休日のところが多く、
営業している店を探すのに苦労するが、こちらの店がやっていた。

三四郎1前回来たときは醤油を食べたので、
今日は『うしお(塩)』を食べてみる。

醤油と違って、こちらにはワンタンが入ってる。
味は中村屋のライン上にあるものだが、
油ッ気がやや強いのは醤油と同じ。
茎だけ入っているのは江戸菜?
シャキシャキとした食感がとても新鮮。

トータルとして良く出来ているラーメンではあるが、何かピンとこない。
要するに「記憶に残るラーメン」ではないのだ。
これが今後に影響してくるのかどうか…


【三四郎】http://www.dearest-style.com/sanshiro/index.html

tosimon3 at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月19日

美味しくなった…2

●451)宗@高田馬場


有楽町骨董市の帰りに、こちらへ寄ってみる。
先月も来ているのだが、中休み時間帯だったために別の店へ行ってしまった。

そう9今日は限定が無いようなので『地鶏魚玉そば』を…
10月からスープが変わる…との告知があったので、
かなり楽しみにしていた。

そのスープは…確かに美味しくなっている。
以前に比べ味に厚みが増したというか、
ボディがしっかりとしてきた感じを受けた。

全体に味がやや濃い目…というか、明確な味になっていたのもその理由か…(^^)
出汁の旨味だけで食べさせることも必要かもしれないが、
それでは満足できないお客さんがいることも事実。

味がハッキリとしてきたことで、その方向性も明確になってきたと思う。


【麺屋 宗】http://www.menya-sou.com/


tosimon3 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月21日

一杯のつもりが…

●407)フジヤマ製麺@高田馬場/無難に食べられるつけ麺


朝から有楽町の大江戸骨董市に出店していたが、雨に降られて早じまい。(^^;
その帰りにどこかでラーメン…と思い、とりあえず高田馬場へ。

あちこち見て歩くが日曜日の4時頃では、やっている店は限られてしまう。
ということで、編集長が未食だというこちらの店へ…私は3回目か?

フジヤマ製麺1自家製麺だけあって、麺は美味しい。

つけ汁は現在主流になっている、濃厚豚骨魚介系。
最近ちょっと食傷気味ではあるが、
つけ麺にはこのタイプが合うのだから仕方がない。(^^;

傾向としては「やすべえ」に似ているが、
やすべえより甘さが押さえられているのがイイ。
無難に食べられるつけ麺だろう。

店員さんはイケメンの外国人だった。(^^;


フジヤマ製麺


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●408)大山家@武蔵境/実はすごい店なんです…


今日は一杯だけでやめておくつもりだったのだが、
立川からの帰りにこの店の近くまで来て思いが変わった。

馬場で食べてから時間も経ってるし、先日のお礼もあるし…と寄っていくことに。

大山家44今日もフツーの『つけ麺』を…
やはり、これが一番好みに合っている。

最近では店員さんも3人に増えて、
大山さんも少しは余裕が出てきたようだ。

今日は麺箱が15、6箱も積んであった。
一箱30玉入りとすると…単純計算で450杯…(^^;
すごい数字だ。


tosimon3 at 04:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月07日

色々と…

285)東京油組総本店 渋谷組@渋谷区


わさらび@沼津の塙さんが上京。
今回は新メニューとして予定している「油そば」「釜玉」を食べたいという。

まずは最近オープンしたばかりのこちらの店へ。

油組油そば自体はそれほど変わったものではなく、
オーソドックスな味わいだが、
タレの味がなかなか研究されているようで、
なかなか美味しいと思う。(^^)

しいて言えば、何かサプライズが欲しいかな…
と思ってしまうほど王道の油そばだ。


【東京油組総本店 渋谷組】
東京都渋谷区渋谷3-18-10 TEL.03-3406-1911
11:00-28:00 日=11:00-21:00 無休



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



286)宗@高田馬場


塙さんは、本当は鏡花の『釜玉』が食べたいんだそうだが、
前回も月曜日で食べられなかったので、それは断念。

宗でチーズ和え麺をやっているという話をすると、
食べてみたいというので行ってみることに。

ちょうど副都心線が開通したばかりなので、初めて乗ってみる。
馬場では「えぞ菊本店」の近くに出るので便利になった。(^^;


そう8これは『西の魔女』という和え麺。

チーズを練り込んだ麺を使っていて、
具にも色々と趣向が凝らされている。
別皿で更にチーズが3種類用意されているので、
これを混ぜるとチーズの濃厚さがグンとアップ。

ただ麺の量が多いので、後半やや飽きる感じも…(^^;
麺をもっと少なくして「もう少し欲しいナ」ぐらいのところがいいのでは。
スープをつけるのもいいかもしれない。


【麺屋 宗】 http://www.menya-sou.com/



tosimon3 at 08:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年05月20日

ハイテクラーメン

●211)宗@高田馬場

静岡から静岡人さんと親父さんが来ているので、N君を誘って食べ歩き。
「宗」で待ち合わせたのだが、ここへ来る前に「渡辺」で食べてきたという。(^^;

そう7宗で食べたのは『トマト王子』。

麺はトマトが練り込まれた赤い麺と、
普通の白い麺の合わせ盛り。
つけ汁は濃厚魚介トマト味…

上に乗っている挽肉のようなものは、
イカのゲソを細かくして味付けしたもの。
こういう形でイカを使うという発想はさすが…一風変わった風味と食感が新鮮。

最初はペペロンチーノ風の和え麺として味わい、
つけ汁に浸けて食べれば、和風イタリアン…と、なかなか楽しませてくれる一品.
トマトを前面に出さない、変化球勝負が面白い。

ただ、麺が丼に入って出てくるので、せっかくの2色麺が隠れてしまうのは残念。
平皿に盛りつければ、視覚的にも良かったのではないか…(^^;


麺屋 宗=http://ameblo.jp/menya/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●212)たくら@池袋

宗で食べた麺の量が意外に多かったため、しばらく休憩をしていると、
静岡人さんが「面白い店があるんですが…」という。

何でも電磁調理器が机の上に用意されていて、これを使いながら食べると、
スープが冷めないという仕掛けらしい。
それは面白いと、行ってみることに…(^^;

たくら店店の外観は、知らなければスルー必至。
「まいしゃぶ」というのは何なんだ…(^^;





たくらIHこれが噂の「IHヒーター」
カウンターの上に一人分づつセットされていて、
食べるときに下の電源スイッチをオンにすると、
器は熱くならず、中身だけが熱くなる仕組み。
これはなかなかのアイデアものだ。


たくら食べたのは『鶏にぼ醤油ラーメン』。
鶏ベースのスープに煮干し(節系も)が効いて、
太目の麺との相性も悪くない。
いやいや思ったより美味しいですヨ。(^^;

この麺はつけ麺に合いそうなものなので、
つけ麺で食べたほうがいいと思うし、
IHヒーターの効果も実感できるはずなのだが、何せ腹が空いていないので、
全員ラーメンを食べることになってしまった。orz

豚しゃぶとのセットもあるようだが、100円高いだけなのはお得かも。
もっと腹の空いているときに、再訪してみましょう。(^^;


【我流軒 たくら】
東京都豊島区東池袋1-42-12 TEL.03-5958-1751
11:00-23:30 無休


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●213)大喜@湯島

静岡人さんがこちらへ行きたいというので、久し振りに訪問。
確か昨年1〜2回は来ているはずなのだが、何ヶ月振りだろう。

大喜2お目当ての限定がなかったので、
ここでは未食の『もりそば』を食べてみようと、
食券を買った後で気が付いた。
つけ麺は麺の量が1.5倍じゃないか…orz

麺が思ったより柔らかい。
柔らかいのは嫌いではないが、
これはちょっとヤワ過ぎ。(^^;

この店は一般的に評価は高いのだが、私との相性が悪いようで、
来る度にガッカリさせられることが多い。
今日のもりそばも、どちらかというと “美味しくない” 部類に属するものだった。

tosimon3 at 04:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年04月06日

クオリティの高さ…

●142)宗@高田馬場

有楽町の国際フォーラム広場で開催される「大江戸骨董市」に出店した帰り、
かな〜り腹が空いたので、編集長と一緒にこちらへ寄ってみる。

都内で日曜日も営業してくれているのは、貴重な存在なのだ。
月曜日にも来ているので、今週はこれで2回目になる。

そう6
『地鶏魚玉そば(塩)』
大仙地鶏のスープは、相変わらず美味しい。
このスッキリ感とクオリティは、
コッテリ系の多い馬場では貴重な存在。

魚玉というのは、味玉に魚のソース?をかけたもの。
これは別皿で提供されるのだが、ちょっと変わった味を楽しむことができる。
こういう小業が効くところも、このお店のよいところか。


tosimon3 at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月31日

ラストがんこ

●134)新一条流がんこラーメン@池袋

3月一杯で池袋の店を弟子に譲り、がんこの家元がまた “旅に出る” らしい…(^^;
ということで、最終日に行ってみることに。

1時過ぎの到着で3人待ち。
家元がラーメンを作っている様子を窓から見ながらしばし待つ。

がんこ家元
がんこ本店







食べ終って出てくるお客に「またどこかでお会いしましょう」と声をかける。
今日でいなくなることは確かなようだが、その悲壮感はない。

カウンターに座って挨拶すると、相変わらずの一条節が飛び出す。(^^;
この元気さが家元の持ち味。
またどこかで会えるだろう…というポジティヴな気持ちにさせてくれる。

再会できる日を楽しみにしながら…とりあえずご苦労さまでした。


 *   *   *   *   * 

●135)宗@高田馬場

池袋で食べたい店は他にもいっぱいあったのだが、敢えてこちらの店へ。

最近はマスコミへの露出も多く、行列店の仲間入りをしているようだが、
さすがに2時過ぎともなると空いていた。

そう5
柳さんがいたので限定を聞くと、
「今は無いが、面白い麺がある」とのこと。

見せてもらうと緑色の麺…翡翠麺らしいのだが、
ゴーヤも少し入っているという。(^^;
今後の限定に使う麺らしい。

ということで、つけ麺で食べさせていただくことに…。(^^;

ゴーヤの味とか香りは殆どないが、ツルッとした歯応えの美味しい麺。
なんと行っても見た目が美しい。
夏場に向けての冷やし麺なんかには向いているかも。


tosimon3 at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年01月06日

馬場で限定2杯

●8)宗@高田馬場

夕方から高田馬場での麻雀に参加…結果はモゴモゴ…(笑)
終了後、せっかく馬場まで来たのだから、やっぱりラーメンでしょう。(^^;

まずはこちらでラーナビ限定の『ブラックインド』を食べる。

『ホワイトインド』というのもあるのだが、そちらは具材不足で食べられなかった。

そう4
ブラックの意味するものは、
竹炭を練り込んだ麺による。

最初黒い麺と白い麺が混ざっているのかと思ったら、
黒い部分と白い部分に色分けされた麺だった。
これは珍しい作り方の麺だ。

あつもり状態で出てくる麺は、何か炭っぽい香り?もするが、(^^)
コシが強く、ツルツルとした食感はなかなか美味しい。

つけ汁は、生クリームと豆乳をベースにスパイスを加えたもので、何と冷製。
ここに温かい麺をつけて食べる訳だが、これはちょっと面白い取り合わせ。

麺を食べ終り、一緒に付いてくるライ麦パンを残ったスープにつけて食べるが、
このパンがやたら美味しいというか、これだけもっと食べたい気がする。(^^;

プレゼンといい、アイデアといい、味も含めて全てにスキのないつけ麺。
これはかな〜り美味しかったぁ〜(^^)

昼、夜各限定10食。1月15日まで。
注文時にラーナビのチケット画面の提示が必要。


  *   *   *   *   *  

●9)二代目けいすけ@高田馬場

ここまで来て一杯で帰るのも勿体ないので、更にもう一軒。(^^;
こちらでも限定があるという話を聞いていたので来てみる。

その限定は『カキの手打ちらーめん』。
店頭の掲示では一日20食限定となっているので、残っているか心配だったが、
何とかありつくことができた。

けいすけ2
いつもの変形丼にバカでかいレンゲ。
このレンゲはいつも思うのだが、使いづらいネ。(^^;

スープは鶏ベースのようだが、カキは使ってない?
具にはカキ1個とカキの蒸し物、鶏つくねが入る。

これらの具はそれぞれ美味しいのだが、
スープがいまひとつ美味しくないというか、具と麺との一体感が無い。
これはスープにカキ出汁を使っていないせいなのかもしれない。

このラーメンには柚子の香を移した白ワインとミニライスが付いてくる。
個人的には、ワインはそれなりに変化が出て有効だとは思うのだが、
連食2杯目にライスは…余分だった。(^^;


tosimon3 at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月20日

かぼちゃの王様

●431)天翔@池袋

午前中から池袋にてラーメン仲間との麻雀大会。
午後になって抜け番の時にラーメンを食べに行ったのだが、
事前に調べてこなかったので場所がよく分からない。

歩き回っているうちに見つけたのがこの店。
店の前には「濃厚魚介醤油」「鯖節」「うるめ干」「利尻昆布」など、
ラーメン好きの心をくすぐる言葉が羅列されている。

何となくチェーン店系の匂いがしないでもないが、
時間がないので入ることにする。

天翔
ラーメン自体は見栄えもいいし、
何といっても魚介の濃度はかなりのもの。

マア、これはこれで美味しいのだが、
コシがなく、すぐにダレる麺はいただけない。

叉焼は焼豚の味がしたが、これは美味しかった。
ただ、2度目はないだろうナ〜(^^;


【天翔】
東京都豊島区西池袋1-39-1 TEL.03-3981-8171
月〜土 11:30-26:00 日 11:30-24:00 無休


  *   *   *   *   *  


●432)宗@高田馬場

麻雀終了後、3人で食べに行く。
限定『かぼちゃの王様』のハロウィンヴァージョンがあるというので、
3人ともそれを食べることに。

そう3
前回食べた『かぼちゃの王様』に比べ、
今回は随分と仕様が変わっている。

まず器が変わり、具も変わったが、
一番変わったのは、麺が“アツもり”になったこと。

つけ汁は冷たいのだが、このお陰でかぼちゃの旨味がグッと引き立ってくるし、
香辛料で味付けされた豚バラ肉がいいアクセントになっている。
個人的にはこちらのほうが好みかな…(^^;

食べ終った後の “豆乳割” もウマかった〜。


tosimon3 at 02:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月16日

有楽町骨董市/カボチャの王様

朝も早よから…という訳でもないが、有楽町骨董市へ行くのは久し振り。
これで3日続けての骨董市…というのも久し振り。

有楽町
国際フォーラムの中庭は木が多いので、
日差しが強くても比較的涼しい。

出店数が多いので見て歩くのは大変。
見終わるのに結局2時間ほどかかってしまった。


花山2福神
これは花山土人形の「鯛持ち二福神」。
いつもお世話になっているF堂さんから購入。

花山人形というのは、堤人形(仙台)の脇窯で、
最近になって知られるようになってきたが、
まだ堤人形として分類されていることが多いようだ。


  *   *   *   *   *                      


●378)宗@高田馬場

昼過ぎに有楽町から高田馬場へ移動してこちらの店へ。
カボチャを使ったつけ麺を限定で出しているので気になっていた。

そう2
名前は『かぼちゃの王様』。

つけ汁は、カボチャと豆乳を使ったもので、
動物系は使っていないらしい。

酸味もあるのだが、これはちょっと強いかな?
カボチャの甘味を味わうなら、この酸味はなくてもいいかも。

とろみが強いので、つけ汁があっという間になくなってしまうが、
最後にスープ割を頼むと、冷たい豆乳がでてくる。
これが意外にも美味しかった。(^^)


tosimon3 at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月02日

宗の『醤油つけ麺』

●303)宗@高田馬場


夜から神田で飲み会があるので出かけたのだが、
その前に馬場でこちらの店に寄り道。

そう理
机の上の柳宗理デザイン?のポットとグラス








そう1
期間限定『醤油つけ麺』。
ちょっと甘い感じはするが、なかなか美味しい。(^^)

これもこの界隈にはなかった味。



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


神田の韓国料理店で…

プルコギ
プルコギ鍋






チヂミ
海鮮長ネギチヂミ






ポッサム
ポッサム






チャプチェ
チャプチェ






トッポキ
トッポキ






サムゲタン
サムゲタン


tosimon3 at 02:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年07月29日

ミニからくり人形の世界

私が所属している「全国郷土玩具友の会」という団体の7月例会が、
午後から開催されるというので出かける。

この例会は二ヶ月に一度、第4日曜日に開かれることになっているのだが、
第4日曜日は立川骨董市と重なるため、いつも出席できずにいた。

今回は、たまたま会場の都合で第5日曜になったため出席できることになったもの。

森音氏
今日は特別ゲストとして、ミニチュア美術工芸家 森音広夢氏を招聘し、お話をうかがう会となった。

森音広夢氏はミニチュア工芸界では世界的にも知られている方で、氏の制作によるわずか0.8mmのテディベアはギネスブックに登録されているそうだ。

氏の制作範囲は広く、様々な玩具や道具類をミニチュア化しているのだが、
その中に“ミニからくり人形”というものがあり、
今回、そのジャンルに我々が興味を示した…ということなのだ。(^^;

ねずみ
どれだけ小さいのか…は、
この写真を見ていただければ、
お分かりになると思う。

小さなネズミ3匹が、糸のついている部分を動かすことで、くるくると回転する。

このネズミが張子で造られているということにも驚かされるが、
キッチリと描き込まれている目や口に至っては“驚異”としか言いようがない。

熊
熊金1
こちらはミニからくりの熊と金太郎。

長さ5cm程の箱の上に熊が乗っていて、そのフタを引くと中から出てきた金太郎が熊の上にぴょこんと乗る仕掛け。

思わず笑ってしまうようなからくりなのだが、その精巧さは見事。
そして、その制作に拡大鏡などは使っていないということにまた驚かされた。

こういう世界があるんですネ〜。                   


金沢張子
この例会では毎回郷土人形や玩具の入札即売会が催されるのだが、これは今回私が落札した「金沢張子」。

説明されなければ金沢張子とは分からない(…のは私だけか?…笑)ほど小さい(約2cm)人形なのだが、こういう場合は分かる方が大勢いるというのが心強い。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●298)フジヤマ製麺@高田馬場


終了後どこかでラーメンでも…と思うが、日曜の4時頃では営業している店が少ない。
とりあえず高田馬場まで出てみると、この店がやってました。

フジヤマ製麺
ここは中野にある「頑徹」という店のセカンドブランドだそうで、中目黒に本店?があるようだ。

つけ麺がメインのようなので食べてみることに。

麺は極太でツルツル感がすごい。
何か油でもかけてあるのでは?…そのせいか、スープとのからみはあまり良くない。

つけ汁は甘味と酸味が強く、柚?の香りも強い。
方向性としては馬場にもある「やすべえ」に似ているのだが、ちょっと甘過ぎ。
甘いのは好きなのだが、これはいただけない。

甘さを押さえれば好きなタイプなのだが…。


【フジヤマ製麺 高田馬場店】
東京都新宿区高田馬場2-1-1 TEL.03-3208-5552
11:00-23:00 無休


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●299)宗(SOU)@高田馬場


その後、中古レコード店でLPやLDを物色してからこちらの店へ。

今年の4月末にオープンしたばかりの新店なのだが、
何かと評判がいいようなので、一度食べてみたいと思っていた。

早稲田通りと明治通りの交差点近く、なかなかオシャレな店。
調度類もセンスがいいと思ったら、柳宗理のデザインしたものだという。

そう
基本の『焙煎旨塩そば』は、
プレゼンがもう一つだが、味はイイ。(^^;

合鴨と大山地鶏を使ったというスープは滋味深く、
これまでこの界隈にはなかった味。
イヤ〜なかなかです。

無化調ではなさそうだが、この味の組み立てなら問題はない。
オシャレな空間で、美味しいラーメンを…理想です。

帰りがけにご主人とお話をすることができたが、名刺を頂いて「ン…?」と思う。
そういえば、柳宗理を“おじいさん”と言っていたような…?

ということは、“民芸運動”や“日本民芸館”で有名な柳宗悦のひ孫…?
イヤそうだとすれば、これは大変なことですヨ。(^^;
骨董の世界では知らない人はいないぐらいの人ですから…。

このことは確認しないで帰ってきてしまったが、
次回はぜひ聞いてみましょう。


【麺屋 宗(SOU)】
http://www.menya-sou.com/


tosimon3 at 05:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月04日

3杯でギブアップ・・・

わさらび@沼津のご主人、塙さんが上京して一緒に食べ歩き。
渋谷で待ち合わせて、まず最初は「すずらん」からスタート。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●220)すずらん@渋谷


塙さんは平打麺を醤油つけ麺で、私は限定の『春碧麺』を注文。

平打麺の幅の広さにはビックリしていたようだが、
何かヒントを掴んだようなので、今後の展開に期待ですネ。(^^)

すずらん6
『春碧麺』は青菜を練り込んだ“翡翠麺”をブツ切りにして、鶏肉とともにミルクソース和えにしたもの。

見た目は…ラーメンじゃないっ!(笑)

でもこれがラーメンの範疇に入ってしまうのだから、“ラーメン”の寛容さには恐れ入る。
そこがマア面白いところでもあるんだけどネ。(^^;

麺の食感と味は悪くないんだけど、何だか途中で飽きてしまった。
一緒に付いて来た卵スープに麺を浸けて食べてみたが、これもちょっと合わない。
ミルクソースの味を途中で変えられるような工夫があれば良かったのでは…

それと付属の卵スープにはワンタンが5個ぐらい入っていたが、
これもメインとの関連性がよく分からない。

かなりの力作ということは解るのだが、
¥1,200という値段に見合った満足感はなかった。
ワンタン無しのスープだけにして、¥900ぐらいでよかったのでは・・・

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●221)めじろ@代々木


新宿へ移動中、代々木駅の直前で「めじろ」の話をしたら、
塙さんが「行きましょう」というので、慌てて飛び降りる。

店へ入ると@yako店長の姿がなく、大西さんがラーメン作ってる。
聞くと@yako店長は寿退社だとか…え〜っ、知らなかった…って、
しばらくご無沙汰のうちに、そんなことになってたのネ。(^^;

知らなかったとはいえ、@yakoさん、お幸せに・・・

めじろ11
塙さんは『ぶっかけ』を食べたかったようだが、
今日のメニューにはなかった。

二人とも『煮干しラーメン』を食べる。
煮干しがガツンとくるような味ではないが、
バランスの良さはここならではのもの。

6月から昼のみの営業になったのは、そういう事情があったからなんですネ。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●222)不如帰(ほととぎす)@幡ヶ谷


3杯目はこちらへ。
塙さんが“一番気になっている”と言っていた店。

私は塩、塙さんが醤油を食べることに。

ほととぎす2
塩は醤油に比べて蛤出汁の比率は少なく、
ホタテや海老が前に出ている感じ。

今日は以前に比べて塩気が強く、ややカド有り。
ハッキリとした味で悪くはないのだが、
繊細さに欠ける味わいだったことは否めない。

醤油に関して塙さんは、「貝は難しそうだね…」と一言。(^^;
それと麺が気になったそうだ。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


この後、八雲@池尻大橋を予定していたのだが、
2時間弱で3杯も食べてしまったために、二人ともギブアップ状態。

少し休めば何とかなりそうなのだが、それでは八雲が終ってしまう…
ということで、今回は3杯であきらめることに。
マア二人ともラヲタじゃないですから…(笑)


tosimon3 at 19:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年04月19日

原点となった店

●163)斑鳩@九段下

斑鳩が19日で7周年を迎えるというので、夜の部に行ってみる。

6時を少し過ぎてしまったので、行列かな?と思っていたのだが、
意外にも行列無しでスンナリと入れた。ラッキー!

しかし、先客の様子が6時開店の状態ではない…と思ったら、
現在平日の夜の部は5時に始まっているんだそうだ。
いつの間に…ってチェックしてない私が悪いんだけどネ・・・(^^;

このお店が出来た当時は、それこそ週に1〜2回は来ていただろうか。
年に50杯ぐらいは食べていたお店。
私のラーメン食べ歩きもこのお店とシンクロしてきた。

行列が長くなってからは、なかなか行けなくなってしまったが、
この辺が嬉しいような、悲しいような・・・

それにしても7周年ネ〜…早いものです。

斑鳩5
何を食べようか迷ったが、
やっぱり限定の『塩本鰹ラーメン』。

具が色々と乗っていて楽しいし、
それらをスープに溶かすことで味の変化が出てくるのもイイ。

思っていたより鰹がガツンとくる訳ではないのだが、
トータルバランスの良いラーメンといえる。

細麺はちょっと好みではなかったかナ。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●164)味一@高田馬場

小田原にある行列店の支店が出来たと聞いては、行かない訳にはいかない。

本店は、私のラーメン食べ歩きの原点ともなったお店の一つ。
ご夫妻の“人柄”が前面に出たラーメンでもある。

味一3
まずは『味噌ラーメン』を。

ビジュアルは本店と似ているが、
味は・・イヤ結構いいセン行ってますヨ。
思っていたよりずっと美味しい。

本店に比べると、確かに何か足りない感じはあるのだが、
比べなければこれはこれで美味しい。(^^;

帰りがけに聞くと、東伏見にあった味一の息子さんだそうで、
小田原のご主人は伯父に当たるそうだ。

いずれにしてもあの味がここで食べられるのは嬉しい。

それにしても高田馬場はちょっと来ない間にすごいことになってるナ〜。


tosimon3 at 05:07|PermalinkComments(1)TrackBack(1)

2007年01月07日

エンタな丼・・・

“朝もはよから〜♪”(笑)ラーメン仲間との麻雀大会。
しばらくやっていなかったので勘が戻るまでに時間がかかる。(歳のせいかも…爆)

それにしても麻雀ってフツー夜やるもんだよネ。
朝10時から…って早すぎ!眠い。

でも今日は結構ツイてたようで、昨年よりはいい成績(3位)で終了。
“ウデ”がないので“ツキ”がなければ勝てないのだ。
新聞の占いでは「賭け事×」だったのに・・・当たらなくてヨカッタ。

タイカ1
昼頃に食べた雀荘のカレー。
「タイカのカレー」として有名なんだそうだ。

今風なカレーではないが、不思議に旨い。
ここへ来ると必ず食べてしまう。
(小)で350円とCPも高い。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●11)七福神@池袋

麻雀の抜け番のときにラーメンを食べに行ったのだが、
目的の店が見つからなかったので仕方なくこちらへ。
いや、しばらく大勝軒系のつけ麺を食べてなかったので、
“食べたい”という気もあったんだけどネ。

七幅神
ウ〜ン久し振りの大勝軒テイスト…ってビミョーに違うけど、まあそれなりの“疑似体験”。(笑)

この甘、酢、辛、の味は、
しばらく食べないと、ムショーに食べたくなる。何でなんだろう?

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●12)二代目けいすけ@立高田馬場

麻雀終了後、雀友(ラー友?)のHさんと馬場を徘徊。
目的の店は休みで食べられず、第2候補も既に終了…結局この店へ行くことに。

けいすけ1
けいすけれんげ
私は昨年の夏頃に来ているのだが、その時は限定を食べてしまったので看板の『海老そば』は未食。

Hさんも初めてだというので、同じものを食べる。

それにしても、これがウワサの丼か〜。
以前来たときに、隣の人のを見てはいたのだが、
いざ実物を目の前にすると、やっぱり変だヨ〜。(笑)

丼が傾いて作られているため、下のほうからスープがこぼれそう。
ハシを入れると縁にぶつかるし、レンゲは不必要にデカイし・・・orz
食べにくいったらありゃしない。

でも誰が考えたか知らないが、この遊び心は面白い。
“エンタな丼”というところか。

丼に気を取られて味を忘れてしまいそうだが、
盛りつけも美しいし、海老の香りがガツーンと美味しかったですヨ。(^^;



tosimon3 at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月02日

意外に旨い!

休麺日無し1475日目
376)天山@神田
377)実之和@高田馬場

天山=仕事が昼に食い込んでしまったため、あまり待たなくても食べられるところ…ということで天山に。今回は味噌ラーメンを食べたが、これが結構旨かった。ベースの豚骨スープがもともと濃いので、これに味噌ダレを合わせることで、かなりコッテリとした味噌ラーメンになる。それと、スープのシルキーさは、おやじ@町田を思いだした。

実之和=前回カレーつけ麺を食べたとき、スープの味がいまひとつしっくりとこなかったのだが、今日はなかなか美味しかった。個人的にはもっと甘味が欲しいのだが、カレーは本店@青山が一括で作っているようなので、味を変えることはちょっと難しいかも。でも変えてほしいナ〜。

tosimon3 at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月30日

ラーメン始めました

休麺日無し1472日目
370)味の一@小川町
371)まねきや@高田馬場

味の一=朝から雨なので、昼は暖暮で食べようと思い出かけるが、暖暮の少し手前にある味の一という店の前に「ラーメン始めました」という貼紙が。更に「一昼夜かけて作るスープ」とか「自家製手揉み麺」などのウンチクが書いてあるので、こりゃあ入るっきゃないと店内へ。しかしラーメンは、マアフツーの東京ラーメンでした。でもワンコイン(¥500)で
食ベられるンだから良しとするか。

tosimon3 at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月23日

早稲田は…

休麺日無し1465日目
355)麺たんぴん@秋葉原
356)都筑@西早稲田

都筑=早稲田の一兆堂の後に出来た店。「都筑」というのは、私が住んでいる宮前区の隣なんで、何となく親しみがある。が、味は永福町大勝軒風というのが何とも不思議。丼がでかい。量は多そうだが、スープが美味しかったので何とか食べられた。麺は確かに柔らかいので、これが改良されればもっと旨くなりそう。同行の編集長はつけ麺を食べていたが、水で締めるとマア何とか食べられる。スープ割りが旨かった。それにしてもこの界隈たいへんなことになってますネ。どの店が残るのか1年後が楽しみ。

tosimon3 at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月11日

カレーつけ麺

休麺日無し1453日目  328)ぶろんそん@高田馬場
             329)実之和@高田馬場

昼に100円レコードを買いに馬場へ行ったついでに、「ぶろんそん」で1杯。こういう店があったことすら忘れていたが、中華そば390円と、チェーン店なみの値段だった。前からこの値段だったかどうかは記憶にないが、マア安いことはイイことだ。これで化調が少なくなれば、もっとイイのだが…。

実之和=夜になって、編集長がレコードを買いに行くということなので、また馬場へ行ってしまう。どうも悪いクセがついてしまったようだ。(笑)レコードを物色した後、お決まりのラーメンということで、「六坊」か「実之和」か迷った挙句、「実之和」へ。前回なかった『カレーつけ麺』があったので食べてみる。オヨッ、結構旨いじゃないですか。前に食べたラーメンより甘味もあるし、何と言っても麺が美味しい。店長さんが私のことを覚えていてくれたので、食後またちょっと話しをしたが、まだ新しいメニューを考案中ということなので、何が出てくるのか楽しみ。

tosimon3 at 03:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月03日

2カ所で骨董市

休麺日無し1445日目  

307)麺一筋@水道橋  
308)六坊@早稲田
309)大山家@武蔵境


今日から3日間、東京ドームのプリズムホールと平和島の流通センターで、
それぞれ大きな骨董市が開かれる。
11時に編集長とドームで待ち合わせということになっていたが、
連休後半の初日のせいか、道路は上も下もメチャ混みで、結局着いたのは12時半。
急いで会場を見て回るが、ここで馴染みの店にまた雛人形が出ていた。
時代的には江戸末期ぐらいだと思うが、雌雛の額部分が欠落していて、
雄雛の顔にも損傷があるが、衣装はしっかりとしている。
値段は2万でいいというので購入。ちょっと高かったかナ。
その後相良の恵比須の土人形で江戸期のものを4千円。これは安かった。
その他は買いたいものがなく、平戸焼も見るべきものがなかった。


麺一筋=2時過ぎに近くの「麺一筋」で昼飯。
『藻塩ラーメン』というのがでていたので食べてみたが、
これはモンゴイ@人形町のほうが美味しいと思った。


平和島はいつになく盛況。
300店ぐらいが出店(ドームは約150店)しているので、見てまわるほうが大変。
3時頃から閉場の6時までキッチリと見たが、あまり得るものはなし。
「灯屋」という店で江戸期の相良の土人形を20体ほど出していたので、
その中から状態のいいものを4体購入。これで資金もなくなったので帰ることに。

六坊=帰る途中、100円レコードを見にまた馬場へ。
途中この店がやっているのを発見。
ここは「渡なべ」の姉妹店(?)として、最近開店したばかり。
コンクリ打ちっぱなしの店内は、けっこうイイ感じ。
恵比須のAFURIとイメージがオーバーラップする。
どんなラーメンが…と期待したが、
出てきたのは濃厚豚骨に魚介という最近ではあまり新鮮味のないもの。
豚骨は匂いもなくやたら濃いが、醤油ダレが薄いためか、全体に味がぼけた感じ。
食べていてきら星や武骨を思い出したが、
この3店とも味にキリッとしたものがない点は共通していると思う。
こう感じるのは私だけなのだろうか?


大山家=4月半ばからしばらく店を閉めていたので心配していたのだが、
電話を入れるとやっているというので、久し振りに食べに行く。
話しを聞くと、やはり大山さんの母上が亡くなられたとの由。
以前から具合が悪いという話しはうかがっていたが、
急に容態が悪化して…ということだったようだ。
大山さんもちょっとやつれた様子でいつもの笑顔がないが、
こればかりは誰しもが一度は必ず通らなければならない道。
残された者がその悲しみを乗り越えて頑張っていくことが、何よりの供養になるはず。
ご冥福をお祈りいたします。

予定では、今夜から山形方面へ桜の撮影に行く予定だったが、
大山さんと話し込んでしまい、遅くなったので中止。
明日の夜から出かけるかもしれない。


tosimon3 at 15:16|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年04月22日

八丁味噌ラーメン

休麺日無し1434日目

284)銀麺@高田馬場  
285)K@駿河台下


銀麺=昼に馬場へレコードを見に出かけたついでにここへ寄る。
『銀麺』の塩を食べるが、ウ〜ン…不味いわけではないが、旨くもない。
この味では、この地域で残っていくのは難しいのでは…


K=夕方に行くと、先客0で鍛冶屋さんヒマそうです。
「夜はお客さん少ないんだよね」といつものグチ。
今日は『味噌煮込みラーメン』を食べる。
使っている味噌の8割が八丁味噌という、他では食べられない味噌ラーメン。
これに関してはハッキリと好みが分かれるようで、
一口食べて帰ってしまったお客が何人もいるという。
それだけクセのある味なのだが、私は好きだ。

tosimon3 at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月18日

休麺日無し1430日目

274)麺たんぴん@秋葉原…味噌ラーメン  
275)まねきや@高田馬場…醤油ラーメン

tosimon3 at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月13日

休麺日無し1425日目

263)古武士@高田馬場…つけ麺  
264)麓郷@宮崎台…ネギ味噌ラーメン

tosimon3 at 03:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月31日

休麺日無し1412日目

230)天山@神田  
231)実之和@高田馬場

今日で3月も終り。
今月は月初めに体調を崩したために、あまり食べられないと思っていたが、
終ってみると74杯も食べていた。
これは自分でもびっくり。ちょっと食べ過ぎか。
それでも体調を崩したときに3キロほど体重が落ちて、
10数年振りに70キロを切ったのだが、未だに70キロを超えていない。
このままの状態を続けていきたいのだが、無理かな〜。


天山=今日は豚骨醤油を食べる。
スープはかなり濃厚だが、匂いはなく食べ易い。
中細麺とのバランスも悪くないのだが、醤油ダレが弱いのか、やや味が薄い感じ。
豚骨好きの人にはいいのかもしれないが、どちらかというと苦手な私にとっては、
もう少し醤油味を強くしてくれたほうが好みに合う。


実之和=例によって100円レコードを買いに馬場へ行ったついでに、
「まねきや」がどうなっているかと思って行ってみると、
その隣(だったか?)に見慣れないお店が…。
カレー麺の専門店となっているので入ってみる。
麺のメニューはカレー麺しかなく、この場所で単一メニューで大丈夫なのか?
店内は黒っぽい感じでまとめられていて、雰囲気はいい。
カレー麺は逆三角形の平丼に入って出てくるが、作り方がかなり丁寧。
これだけ手間をかけていると、混んだときの対応が難しいかも。
味はやや辛目のカレーといった感じで悪くはないが、もう少し甘さが欲しいところ。
具のバラ肉は味付け無しのようだが、
味付けをしたほうがルーとのマッチングが良くなるのでは。麺は旨い。

tosimon3 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月28日

休麺日無し1409日目

223)きなり屋@小川町  
224)渡なべ@高田馬場

tosimon3 at 02:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月16日

休麺日無し1397日目

189)ややや@麹町  
190)古武士@高田馬場

tosimon3 at 02:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月08日

休麺日無し1389日目

171)七福神@神保町  
172)銀麺@高田馬場

七福神=しばらく休んでいたので、どうしちゃったのかと思っていたのだが、
今日のぞいてみたらやっていたので、早速食べてきた。
おやじさんに聞くと、風邪で休んでいたんだという。
今年の風邪はかなりしつこい、と言っていた。


銀麺=最近、100円レコードを買いに馬場へよく来る。
たいてい編集長や常盤氏が一緒なのだが、
レコードを買ったあとは、必ずどこかでラーメンというのがお決まりコース。

このところ編集長のお気に入りが「スガキヤ」で、
今日もそちらへ向かって歩いていると、「銀麺」という看板が目についた。
場所は以前「ヌードルSHOZO」があったところ。
聞くと2月19日にオープンしたという。気が付かなかったナ〜。
で、とりあえず入る。店内は何となく今はやりの無国籍ダイニング風。

『銀麺』は基本的にはタンメン。
「極みだし」という副題がついているが、どうもよくわからない。
ニンニクのきいた味は、悪くはないんだけどネ。

tosimon3 at 02:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月24日

休麺日無し1378日目

145)旭龍@神田  
146)俺の空@高田馬場

◎旭龍=一年に一回ぐらいは入るんだけど、いつ来てもお客さん少ないです。
おかみさん、結構がんばっているようなんだけどネ〜。
神田駅周辺は安い店が多いので、デフォのラーメンが700円という値段は、
ちょっと高過ぎるんじゃないかな。

今日はここの味噌を初めて食べた。ピリ辛で濃いめの味噌味は、意外に旨かった。
好きですよこの味…今まで何で食べなかったんでしょうネ。


◎俺の空=正直なところ、この店に来るのは今年になって6回目なんだけど、
6回目でやっと食べられた。
いつも夜しか来れないので仕方ないんだけど、夜の部のスープ切れが早過ぎ。
一昨日は7時でアウト。今日は6:45でやっとセーフ。私の後5人で終りだった。
でも夜はつけ麺しかやってないのネ。

開店直後に何回か来ただけで、ずっとご無沙汰だったんだけど、
久し振りに食べてみると「エッ、こんな味だったっけ?」と思うことしきり。
麺もこんなに細かったかな?
この程度の味なら、他にもっと美味しい店沢山あるよネ〜。

tosimon3 at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月22日

休麺日無し1376日目

141)共楽@銀座  
142)千代作@高田馬場

共楽=昼に、銀座の画廊で知り合いが個展を開いているので見に行く。
ついでに、その近くの共楽へ。
多分2年振りぐらいではないかと思うが、このお店の独特の雰囲気がイイですネ〜。
ラーメンも旨いですよ。
化調は確かに強いけど、あの複雑な味のスープは、やっぱり旨い!
先日の萬福もそうだけど、こういった老舗の頑張りには、何か学ぶところがありそう。


tosimon3 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2005年02月20日

休麺日無し1374日目

136)めじろ@代々木…煮干しラーメン  
137)和尚@国分寺…あさりバター塩ラーメン

tosimon3 at 02:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月19日

休麺日無し1373日目

134)武蔵@新宿…つけ麺  
135)中田兄弟@松原…醤油ラーメン


武蔵=初めてのつけ麺?
意外と旨い。個人的にはラーメンより好き。


中田兄弟=2月2日にオープンしたばかりの新店。
前職が寿司職人で、ラーメンは無化調というので気になっていた。
鶏ベースに魚介のWスープ?
やさしい味のラーメンで、美味しいことはオイシイ。
ただ、あまりにもフツーというか特徴のないラーメンで、
これでダイジョウブか?…と心配になる。

tosimon3 at 02:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月18日

休麺日無し1372日目

132)古武士@高田馬場…つけ麺  
133)きび@小川町…味噌ラーメン

tosimon3 at 02:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月16日

休麺日無し1370日目

127)暖暮@神田…ラーメン  
128)ぶぶか@馬場西口店…油そば
129)好来@渋谷…黒ラーメン  
             

tosimon3 at 02:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月08日

休麺日無し1362日目

105)麺心@小川町…比内地鶏ラーメン 
106)きび@小川町…マレーシアカレーつけ麺
107)スガキヤ@高田馬場…醤油つけ麺


麺心=朝から雨なので、一番近いラーメン店に。
以前に比べ、甘さはそれほど変化していないが、化調っぽさは少なくなった。

ゴボウや肉団子、鶏肉スライスなどの具が、以前より旨くなった感じはするが、
それでも甘さ(化調?)はやっぱり気になる。
もう少しキリッとした味が出せるといいのだが。


tosimon3 at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月05日

フォアグラらーめん

休麺日無し1359日目  

98)がんこ総本家@早稲田  
99)渡なべ@高田馬場
100)かっぱ@本八幡

がんこ総本家=今日はミレニアムラーメンとして『フォアグララーメン』を出すという。
移転3周年と家元の誕生日なんだそうで、値段も2,500円!
一生に一度しか作らないらーめんなんだそうで、これは何としても食べねば…
と思っていて、朝一でシャッターするつもりだったが寝坊してしまい、
結局それなら遅いほうが…と3時頃家を出る。

世田谷の実家へ寄り、資料館の進行具合を見てから、まずめじろ@代々木へ寄って、
それからでも6時前には充分着けると計算して車を走らせたが、
その計算通り車が走ってくれない。
どこへ行ってもひどい渋滞で、代々木の近くですでに5時。
めじろへ寄る時間がなくなってしまい、一路早稲田へ。
着いたのは5時半を過ぎた頃で、ギリギリセーフ…あぶないあぶない。(汗)

もう行列はないだろうと思ったら、5〜6人が並んでいる。
やはり人気があるんですネ〜。
列に加わってしばらくすると、中からMさんが食べ終って出てきた。
最近よくお会いします。

15分ほどで店内へ。いつもとは違う独特な香りが満ちている。
私の前でオリジナルの極太麺が終ってしまったそうで、普通の太麺になるという。
マア今回は麺よりスープのほうが問題なわけで、
麺が変わってもそれほどの違いはないだろうと…。

フォアグララーメンはミソ味で出てきた。
表面には何とトリュフのスライスしたものまで散らされている。
世界三大珍味のうち2種類が一度に食べられるのだ。
こんな機会はそう滅多にないだろうと、ゆっくり味わって食べることに。

スープはさすがに美味しいのだが、今まで味わったことのない油が…
食べ進むうちに、それがだんだんとしつこさを増してきて、
最後には「ウ〜ン…」という感じに。

それともう一つ問題が…それはトリュフ。
家元が「最後だからいくら入れてもいいよ」と出してくれたので、
それをいいことにかなり大量に入れてしまった。(ビンボー人はこれだからネ)(笑)
これがいけなかった。
思ったより香りが強く、それがやたら鼻につく。
スープに入れて、温めると余計に香りが強くなるようだ。
ウ〜ンこれにはマイッタ。

ラーメン自体は美味しかったのだが、
余計なことをしたばっかりに、それがブチ壊しになってしまった。
フォアグラとトリュフは、はっきり言って合わない!(笑)


渡なべ=がんこで会った知人が行くというので、一緒に行くことに。
今日は土曜日なので限定ラーメンの日。
新メニューにする予定の2種類のラーメンが出てきたが、
どちらも新鮮さのあるものではなかった。


かっぱ=現在話題になっている店なので、
何となく行ってみようと思い立って車を走らせる。
『濃い口ラーメン』は、見た目は本当に濃い色をしている。
その割にしょっぱくはないが、魚介のガツンと効いた味は、
やはり話題になるだけのことはある。


tosimon3 at 02:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月03日

休麺日無し1357日目

93)玄@秋葉原…超こだわりラーメン  
94)天神屋@湯島…つけ麺
95)スガキヤ@早稲田…ラーメン+みそカツセット

tosimon3 at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)