らーめん 台東区

2010年02月08日

東奔西走…

●53)長尾中華そば@浅草松屋


午後から浅草松屋で開かれている青森物産展へ…
ここに「長尾中華そば」が出店している。
昨年は『シャモロック』など意欲的なメニューがあったが、
今年は中華そばの「あっさり」と「こく煮干し」の2種類のみ。

長尾店長尾中華1







「こく煮干し」は前回とはまたチューニングを変え、
醤油がキリッと引き締まったキレのあるスープ。
そこに浅草開化楼の中太麺が合わされている。
個人的にはもう少し細めの麺が良かったのでは…と思ったが…(^^;


長尾中華そば(店主 大五郎のブログ)


………………………………………………………………………………


●54)大山家青梅店@小作(青梅市)


夕方になって、今度は車で青梅まで。
大山家青梅店が10日に開店するのだが、
それに先立ち昨日、今日とプレオープンのイベントがあるので、
一足先に参加させてもらった。

大山家店思っていたよりずっと大きな店舗で、
遠くからでもかなり目立つ。
今日は外の照明は点けていなかったのだが、
それでもアピール度はバツグンだ。




大山家店内大山家厨房







店内も広く、カウンターよりテーブル席のほうが多い、ちょっと複雑な創りだが、
テーブル席には屋根がついたりと、余裕のある店内。
その割には厨房が狭いかな…とも思うが、これはちゃんと計算されているのか…(^^;

大山家64







今日は招待ということなので、メニューは全て無料。
私は『とき卵つけ麺』と本店には無い『餃子』をいただいた。

場所は青梅街道沿いのドンキの前。
交差点の角なので、下り車線から以外はちょっと入りにくい?
最寄り駅は小作駅だが、駅からの距離はありそう。


住所=青梅市新町9-2054-2 営業時間=11:00-22:00 無休?

tosimon3 at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月09日

井之上屋のセカンドブランド?

●429/430)BUZZ(バズ)@鴬谷


バズ店春日部の人気店「井之上屋」のご主人、
井上さんが心機一転して開いた店。

井上さんとは春日部の店のときから
懇意にしていただいているが、
以前から春日部脱出を口にされていた。(笑)
その第一歩がこちらの店ということ。

バズ『醤油ラーメン』
春日部の店でもやっていた豚骨魚介系だが、
今後は更に濃厚な方向へ進化させたいという。




バズ1『塩ラーメン』
こちらは相変わらずの極旨テイストだが、
醤油に力を入れるので、
しばらく休むかもしれないというので、
ついでに食べてしまった。



BUZZ


tosimon3 at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月06日

青森煮干しラーメン「長尾中華そば」

●59)長尾中華そば@松屋浅草店


浅草松屋で今週水曜日から開かれている「青森物産展」に、
「長尾中華そば」が出店しているということで食べに行く。

実は、ここのご主人長尾さんには、昨年の信州ラーメン博でお会いしているので、
一度食べに行きたいと思っていたところだったので、これはラッキーだった。(^^;

混んでいるのではないか…と思いつつ、夕方6時頃に到着するが、
予想に反してお客さんは半分ぐらい…

入口の券売所で食券を買っていると、後から入ってきた方が長尾さんだった。
一度しかお会いしていないのに覚えていて下さったようで、
その場でちょっと立ち話。(^^;

長尾裏メニューに『ごくにぼ』というのがあるらしい…
ということで、確認してからその食券を買う。

出来上がってきたラーメンは…スゴイの一言。
煮干しのスープというより、煮干しチャウダー(^^;
この辺が煮干しラーメンの限界だろう。
しかし、煮干し好きにはたまらない味だ。

ここまでやらなくても…という思いもあるが、これは限定だから問題無し。

食べていたらマイミクの方が入ってきた。
彼は『ごくにぼ』と『シャモロック』の両方食べるというのでお付き合い。
本当は私も2杯食べたいとこなのだが、この後飲み会があるので自粛。

彼の食べる『シャモロック』をちょっとだけ味見させてもらったが、
こちらもなかなかの出来だった。(^^;
これはもう一度来なくてはいけないか…


【長尾中華そば】http://www.naga-chu.com/

tosimon3 at 17:15|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2009年01月26日

「月島ロック」オープン!

●40)月島ロック@中央区


有楽町線月島駅の近くに「月島ロック」というラーメン店がオープンした。

これはこの近くにある「月島カフェ」という店で、
『月島ロック』というラーメンを不定期で出していたのだが、
これを専門に提供しよう…ということで出来たのがこの店。

店名からも分かる通り、町田の「69'N'ROLL ONE」の関連店。
勿論プロデュースは嶋崎さんで、スープその他の具材一切は町田で作り、
こちらの店で仕込みはやらないという。

月島ロック店オープン初日ということで、
厨房には嶋崎さんと胡心房の理恵さんが入る。
胡心房の店員さん2名もお手伝いに…

メニューにはA、Bのセットがあるが、
牛スジカレーとのセットになるBを注文。
カフェのほうではカレーの評判がいいようだ。

月島ロックラーメンは豚肉と豚骨を使った清湯スープ。
そこに生姜が効いていて、昔懐かしい感じだが、
チー油が入ることでロックンテイストも出てくる。
古さと新しさがうまくコラボしたラーメンだ。

牛スジカレーは半カレーのボリュームだが、
このぐらいが私にはちょうどイイ。(^^)

牛スジの出汁とトマトの味が絶妙に絡み合い、複雑な味を構成する。
個人的には、かな〜り好みのカレー。


【月島カフェ】http://www.discberry.com/cafe/index.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●41)てんくう@東上野


てんくう店てんくう









てんくう


tosimon3 at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月13日

久し振りに…

●23)遊(ゆう)@鴬谷


かな〜り久し振りに都心へ出たので、今一番食べたい店へ…
って、本当は「伊藤」へ行きたいのだが、遠いのでこちらでガマン…(^^;

ここへ来るのは5回目?ぐらいになるが、いつ来ても “ヒキ” の無い店構え…
知ってる人じゃないと、ここがラーメン店だとは思わないだろう。

遊3限定があれば…と思ったが、既に売切れ。

『中華そば』は、本店同様愛想がないが、
この煮干しの効き方は尋常ではない。
煮干し好きにはたまらない味だ。(^^)

本店は暮れのラーメン番組で1番になっていたので、
おそらく今頃は行列になっているんだろうが、こちらはそういうこともなく、
落ち着いて食べることができる。


麺処 遊


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●24)磯野@神田須田町


昨年来た時に、塩ラーメンの話をしていたので寄ってみたら、
昨年末までやっていたが、今年になって忙しくなってしまい、
とりあえず中止しているという。(^^;

磯野3ということで『醤油ラーメン』。

値段は780円とやや高めの設定だが、
鴨出汁を使っているということなので、
この値段も仕方のないところか…

ベースの鶏出汁と昆布出汁がうまく融合し、
この近辺では味わえないラーメンに仕上がっている。

ただ、岩海苔がたっぷりと入っているので、
出汁の旨味や香りがややスポイルされてしまうのがちょっと残念。
岩海苔はもっと少なくてもいいのではないか。


らーめん 神田 磯野


tosimon3 at 02:39|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2008年01月20日

W煮干し…

昼前から有楽町骨董市へ行くが、やたら寒い。
店を出すほうも大変だが、見て歩くほうも大変だ。(^^;
土人形に関しては、相変わらずめぼしいものは全く無し。
例によってAさんのところで長浜の「弁財天」を買ったのが唯一の収穫。

その後、浅草橋の吉徳本店で開催されている「ひな人形展」を見にいく。
ここの学芸員Hさんには、いつも人形のことでお世話になっているのだ。

という訳で、ここまで来たからには、やっぱり浅草でしょ〜と地下鉄に乗る。

雷門
“お上りさん”よろしく、今年2回目の初詣…
って、2回目は“初”ではないのか…(^^;

雷門の前は記念撮影のベストスポット。



仲見世
今日は日曜日とあって、
仲見世は人がいっぱいで歩きにくいほど。

どこからこんなに人が集まってくるんだろうネ。



本殿
本殿前で線香の煙を頭にチョイチョイと…
これで毛が生えてくるといいのだが…(^^;

家内安全、商売繁盛を祈ってお賽銭…って、
何で手前と奥に賽銭箱が2つもあるのだ…
危なくお賽銭の2重払いをするところだった。(^^;


  *   *   *   *   *  

●34)与ろゐ屋@浅草

まあそんな訳でラーメンを食べに(ってどんな訳なんだ)(^^;
浅草といえば、やっぱりここでしょう。

今では浅草を代表する店の一つとなっているようだが、
創業は1991年なので、意外に“老舗”というほどではないことに驚く。
ここへ来るのは10年振りぐらいになるのだろうか?

よろい
ここの味玉は、黄身が2つある2黄卵。
固茹でとばかり思っていたら、半熟だった。orz

煮干しと柚子が香るスープが美味しい。
麺が少し柔いが、これはご愛嬌。
前回食べた味は全く覚えていないので、
今日の記憶を新しい基準として残しておかないと…。


  *   *   *   *   *

●35)つし馬@浅草

続いてこちらの店へ…ここも来るのは久し振り。
最初は白濁豚骨ベースのラーメンを作っていたが、
'06年に青森煮干し中華の店としてリニューアルオープンしている。

リニューアルしてからは初めての訪問。

つし馬
店頭に“新発売!1日30食限定”として、
『バリ煮干しそば』と書いたPOPがあったので、
それを食べてみることに…限定に弱いのだ。(^^;

しかし、このバリ煮干しはなかなかスゴイ。
これでもか、というほど煮干しが効いている。
「伊藤」並の煮干し味といえるほどのもの。

ややしょっぱ目のスープがこれによく合っていて、
2杯目なのにグイグイと食べさせてくれる。
イヤ〜これはウマイ!。

以前のこの店の味からは、想像できないほどの店に変貌していた。
尚、1月23日は臨時休業だそうなのでご注意を。

tosimon3 at 05:40|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年08月18日

今年初めての花火

午後から文京区のO氏宅へ。
産地不明の土人形を見てもらったりしているうちに、夕方になってしまった。

福助
これは譲ってもらった「福助」の土人形。
福助だけなら珍しくはないが、
これは松山張子作家の沢井増徳さんの作だという。

O氏によると「かなり珍しい」そうだ。




鯛乗り童子/堤
同時に譲ってもらった堤の「鯛乗り童子」。

江戸期のものとしては、かなり状態がいい。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●326)大喜@天神下


大喜1
かな〜り久し振りに寄ってみる。
限定の冷しだが、名前は…忘れてしまった。orz







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


花火1
夜は実家で花火見物。

竹やぶがなくなったので、
今年はよく見えた。(^^;



tosimon3 at 03:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年04月02日

たまには美術展でも・・・

午後から日本橋高島屋で開かれている「川合玉堂展」を見に行く。
今日が最終日とあってか、かなりの人出。

玉堂に関しては、一昨年まで在籍していた会社で、
「玉堂画集」の編集に関わっていたこともあって、
ある程度の作品は見ていたはずなのだが、
実際の作品を前にすると、新たな発見があるから面白い。

今回は、展覧会初公開という作品が5点ほどあったのが見所だったが、
個人的には「峰の夕」(写真下)という作品が一番好き。

これが出ていなければ、わざわざ見に来ることはなかったかもしれない。

峰の夕
この作品は昭和10年、山梨県の御坂峠あたりの風景を描いたものとされている。

雪の残る何気ない山の風景を切り取ったものだが、この“何気なさ”を見事に“絵”として定着させてしまうところがこの画家の最も得意とするところ。

「日本の原風景は玉堂が創った」とまで言わしめる所以でもある。

ちなみに当ブログによく出てくる“編集長”は、'87年刊行「川合玉堂画集」の編集長であり、玉堂美術館を運営する「玉堂会」の理事でもある。
画集の装丁は私が手がけた…(と、さり気なく宣伝・・)。(^^;

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

その後浅草橋にある「吉徳」で開かれている、
「吉徳これくしょん特別企画展」を見に行く。(4月8日まで)

ここの資料室の学芸員であるHさんには、
いつも人形のことでお世話になっているのだが、
コレクション展を見にきたのは初めて。

今回は5月人形が主体のため、雛人形等は出ていなかったが、
竹田人形をはじめとする良い人形を見ることができたのは収穫。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●139)遊@鴬谷


4時頃という時間でやっている店は・・・ここしか思いつかなかった。

遊2
今日は『肉中華そば』を食べる。

厚切りのバラ肉叉焼が4枚も入っているが、
この叉焼が旨〜い。
ここへ来たら、この叉焼は必須アイテム。

これで一週間に3回も煮干し補給してしまった訳で、
当分は補給無しで生きていけるか?(笑)


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●140)とくや@駿河台下


しばらくあちこちで時間をつぶし、こちらのお店へ。

以前は勤務先から近かったこともあり、月に何回かは来ていたお店なのだが、
かな〜り久し振り…1年振りぐらいか?
味もさることながら、ここのご夫婦の“人柄”が好きなんですヨ。

今日から始めたメニューがあるというので、早速それを食べてみることに。

とくや8
それがこの『すっぱ辛いらうめん』。

食べる前はどんな味なのか想像できなかったが、ちょうど酸辣湯麺と担々麺を足して2で割ったような味…というのが一番分かりやすいかもしれない。

しかし、これが不思議に美味しい。
見た目はかなり辛そうだが、実際食べてみるとそれほどではない。
適度な酸味が辛さを中和しているようだ。

これまであまり経験のない味なのだが、個人的には好きですネ〜。
ハマる人はハマる味だと思う。


tosimon3 at 03:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月30日

カルチャー…か

さて今日は“カルチャーな日”にしようと上野公園へ。
東京国立博物館で開催されている「仏像」展と、
上野の森美術館の「ダリ展」を見るためなのだが…上野へ着いたのが午後3時。(^^;
両展とも閉館が5時のはずなので、2時間で両方見るンかいッ!。(笑)

ってマア編集長がこの時間でなくちゃ行けないっていうので仕方なかったんだけど、
急いで見なければ…ってぜんぜんカルチャーじゃないじゃん。(爆)

国立博物館
博物館の中庭にある「ゆりのき」の黄葉が
夕日に映えて綺麗です…ってそんな場合かっ!。(笑)

平日だというのに会場へ出入りする人はかなりの数。
館内も人が多くとてもじっくりと見ていられるような雰囲気じゃない。
日本にはこんなにも沢山の“仏像好き”がいたんですネ〜。(^^;

仏像
それでも1時間かけてどうにか見終ったが、
さすがに目玉の「国宝 十一面観音菩薩立像」(向源寺@滋賀県)は素晴しい仏像だった。
これまでは写真でしか見たことがなかったので、
初めて実仏を見ることができたのは収穫だったけど、
改めて見てみると、何かバランスが悪いというか…。

個人的なマイベストは、やっぱり秋篠寺の「技芸天」と法隆寺の「百済観音」。
ベストというからには一つでなくてはいけないのだろうが、
この2体の仏像にはどうしても甲乙がつけられない。

博物館を出た時点ですでに5時を過ぎていたので、大急ぎで上野の森美術館へ。
だけどこの美術館とダリのイメージは全く合わないナ〜。
「何でここなの?」という疑問がずっと付きまとっていた。

ダリ
この「ダリ」という作家は、私が一番最初に興味を持った画家なのだ。

高校時代から続けていた“現代詩”を通して
“シュルレアリズム” 運動に触れ、
そこからダリやマグリットといった、
非現実アートの世界へ足を踏み入れることになってしまったのだが、結果的にはそれが現在までの仕事の礎となっていた。

今回の展示はTVなどの宣伝が派手だったので、
かなり大掛かりな展覧会と想像していたのだが、それは見事に裏切られた。
この程度の作品であの宣伝はないだろ〜。

マア初期の珍しい作品が出ていたのでよしとするが、
期待の割には満足度の低い展覧会だった。

写真は初めて実物を見た「奇妙な廃虚の中で自らの影の上を心配でふさぎがちに歩き回る、妊婦に形を変えるナポレオンの鼻」(長っ)という作品。
このように題名までシュールな作品にしてしまったのもダリの特徴の一つといえる。


 *   *   *   *   * 


●566)遊@鴬谷 


帰りは鴬谷まで歩いてこの店へ。
王子にある「伊藤」という煮干ラーメンで有名なお店の息子さんが9月に開いた店。
ここへ来るのは2回目。
最初はスープ切れ?で食べられなかったのだが、今日はやってました。(^^;

遊
それにしても分かりにくい店だナ〜。
駅からはスグなのだが暖簾も看板も無し。
「中華そば」という貼紙に、
小さな「営業中」の表示があるのみ。

最初に来た時なんてシャッターが閉っていたので、
それこそ全く分らなかった。
あちこち探して「たぶんここだな」と見当をつけるだけだったのだが、
今日来てみて、やっとそれが間違いではなかったことを確認できた次第。

ラーメンは太麺と細麺があるようで、私が太麺、編集長が細麺をチョイス。
出来上がってきたラーメンはまさしく「伊藤」のラーメン。
味は王子に比べるとややさっぱりしているように感じるが、
“えぐみ”などが押さえられている分、こちらのほうが旨いと思う。

麺も太麺は王子のものをやや太くした感じだが、ポキポキとした食感は変らず。
なかなか旨いのだが、しいて言えば、スープはもう少し増やして欲しい。
麺も足りない感はあるが、これは中盛りを頼めば解決できるので…叉焼は旨い!。



 *   *   *   *   * 


●567)めじろ@代々木

編集長は銀座に用事があるというので、鴬谷で別れて真直ぐ帰ろうと思ったのだが、
“ヨヨギ〜、ヨヨギ〜”のアナウンスを聞いたら足が勝手に降りてしまった。(笑)

めじろ10
前回は8時半頃に来て振られたのだが、
今日はダイジョウブでした。

アヤコさん頑張ってますネ〜…根性ありそうな人だとは思っていたけど、
ここまでやるとは思ってなかったですヨ。(+_+)\バキッ

久し振りに『味噌ラーメン』を食べる。
ウ〜ンやっぱここの味噌は旨いネ〜…オヤジさん独特の“甘さ”と“辛さ”が効いてます。
麺も旨い、シナチクも旨い、叉焼も旨い…って要するに全部旨いンじゃん。(^^;

tosimon3 at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月27日

休麺日無し1469日目

休麺日無し1469日目
363)龍ちゃんらーめん@上野

今日も忙しくて昼の一杯だけになってしまった。龍ちゃんは久し振りだったが、表が透明のビニールで囲まれていて、屋台風になっていた。前の板囲いにくらべると、かなり入り易くなったと思う。しかし店は稲垣さん一人でやっていて、奥さんは家で別の仕事をしているのだという。ちょっと寂しくなりました。

tosimon3 at 13:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月25日

武骨の果実味つけ麺

休麺日無し1467日目
359)武骨@上野
360)服部@水道橋

武骨=連休明けから出ているつけ麺が、今週は「果実味」のはずなので、昼にとりあえず行ってみると、何と店内も含めて6人待ち。これはラッキーとばかりに並ぶ。10分ほどで着席。その頃は表に10人以上が待っていた。こういうこともあるンですネ。
で、果実味のつけ麺は…というと、麺の上にはリンゴを細かく切ったものに、レモンの細切れと汁がかかっている。そのまま食べると酸っぱい。つけ汁は見た目はラーメンの「白」と同じようなスープで何の変哲もないが、食べてみるとバナナの香りが…。底をすくってみるとスライスされた焼バナナがたくさん入ってマス。後できいたところでは、油も「バナナ油」を使っているとかで、確かに「果実味」になってます。結構美味しいデス。

tosimon3 at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月19日

休麺日無し5年目に

休麺日無し1461日目
346)活力屋@秋葉原
347)武骨@上野

計算違いをしていなければ、休麺日無しが今日で丸4年ということになる。4年間、一日も
休むことなくラーメンを食べ続けてきた訳だが、それは逆に言うと「食べられない日がなか
った」ということになる。つまりこの4年間すこぶる健康に過ごせたのである。これは感謝すべきことであるとともに、健康への自己管理(?)ができたということに他ならない。陳腐な言い方だが、自分で自分を誉めてあげたい。この間、約3500杯近くのラーメンを食べてきたが、体調にそれほどの変化は無い。体重が2〜3キロ増えたぐらいのものだろうか。よっぽどラーメンが身体に合っているのだろう。体調に変化が出たらすぐにやめるつもりでいたのだが(そうなったときはもう遅いか)、結局やめるきっかけがないまま、今日まできてしまった訳である。明日から5年目に突入することになるが、マアもう少し続けてみることにしようか。

活力屋=昼に行くと、期間限定(5月末まで)で味噌つけ麺が出ていた。つけ汁は見た目は普通のつけ麺とあまり変わらないが、食べてみると確かに味噌。ただし、思っていたよりこ
ってり感はなく、むしろ薄いぐらい。味は悪くないのだが、麺の持ち上げが悪いせいか、何となく物足りない感じが残る。ちょっともったいない。それと、これまでつけ麺には味玉が最初から入っていたが、メンマに変更になっていた。個人的にはこのほうが嬉しい。

武骨=連休明けからつけ麺が始まっているはずなので、もしかしたら残っているかもしれないと思って夕方行ってみるが、やっぱり売切れていた。時間限定でないため、午後3時頃にはなくなってしまうそうだ。午前中から出かける訳にもいかないので、当分食べられそうにもない。店長にそう言うと「昼と夜に分けて出すことも考えています」との返事。早く実現して欲しいものだ。                                                                                                        


tosimon3 at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月21日

食べ過ぎだ…

休麺日無し1433日目  

280)武骨@上野…赤  
281)斑鳩@九段下…塩本鰹ラーメン
282)砦@神泉…砦ラーメン   
283)一風堂@恵比寿…20周年記念昔味?

一風堂=砦へ行ったら、中坪さんから
「一風堂で20周年記念ラーメンやっているの知ってる?」と聞かれた。
「知らない」と言うと、
「もうすぐ終るらしいから食べていったら」と券をくれた。
こうなっては食べない訳にいかないので、恵比寿まで足を伸ばす。
遅い時間にもかかわらず、ほぼ満席…相変わらずの人気を思わせる。
記念ラーメンは、どういう風に違うのか興味があったが、
食べてみると、トンコツ苦手の舌ではあんまり違いが分からなかった。
帰りがけに記念の手拭を貰ったが、使い道はないナ〜。




tosimon3 at 02:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月08日

忙しくて…

休麺日無し1420日目  

250)武骨@上野  
251・252)かずら@犬蔵

武骨=今週はずっと忙しくて、昨日まで毎日午前様。
今日も昼を食いはぐってしまい、3時過ぎに食べに出るも、
付近のラーメン店は皆中休み中で食べられず。
結局上野まで行ってしまった。
武骨は珍しく(?)店長がいたので話しをする。
それによると、連休明けからつけ麺が出るそうだ。
今年は「動物」「魚」「果物」をテーマに3種のつけ麺を、
昨年同様1週間毎に出すそうだが、
最後の「果物」というのは何なんでしょうネ〜。気になります。


例年この時期は週末になるとほとんど「桜撮影」のために出かけてしまうのだが、
今年は開花が遅れているため、どうやら今週はダメのようだ。
関東地方は満開のようだが、
『桜の巨木ハンター』としては、やはり東北地方の桜に魅力を感じる。
樹齢500〜1000年もの桜があっちにもこっちにもという状況は、
関東ではお目にかかることができない。

という訳で土曜日が空いてしまったので、一人で伊豆へ行くことにする。
ここしばらくの間に買込んだ100円レコードを全部持っていくことにするが、
それだけでも200枚ぐらいになってしまった。
行き掛けにかずらへ寄ると、食べ終った後で、もう一杯塩が出てきてしまった。
塩ラーメンの試作なので食べてみて欲しいという。
醤油を食べた後なので、舌が少々麻痺していたが、
それでも美味しく食べることができた。
旨い塩が見つかったので、それに他の塩を少しブレンドして使っているそうだが、
なかなかイイ味に仕上っている。

tosimon3 at 01:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月09日

休麺日無し1390日目

173)龍ちゃんらーめん@上野  
174)きび@小川町

龍ちゃん=ここへ行くには自転車で20分ほどかかるので、
冬場の寒い日はめったに行かないが、今日は暖かいので足をのばす。
久し振りに「鯖節ラーメン」を、もぐら大根入りで食べる。
このもぐら大根が旨い。
つけ麺だけでなく、どのメニューでも「もぐら入り」にしてもらうが、
これを入れるだけで旨さアップ…オススメです。


きび=品川で出している「ワンタン」が本店でも食べられるというので行ってみる。
メニューには「土曜日限定」と謳っているが、
平日の夜でも材料があるときには食べられるそうだ。
ワンタンはかなり大き目で、海老が入っていてなかなか旨いが、胡椒が利き過ぎ。
それと餡の入れ過ぎで皮に余裕がなく、ワンタン独特のピロピロした部分がない。
この辺が今後改良されれば、もっと旨くなるはず。

tosimon3 at 01:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年03月02日

休麺日無し1384日目

160)花蔵@上野  
161)服部@神保町

花蔵=ちょっと期待して行ってみたが、結構広い店内で、
これはもう大手の資本?と思ってしまったが、名刺の裏に「涌井」の文字が…。
何か懐かしい感じの店名だけど、こういう形で頑張っているのネ。
カツオ風味らーめんは、カツオ油?が強過ぎるし、
おまけに揚げ玉ねぎが入ることで一層脂っこくなって、個人的にはNGだった。
これなら、まだデフォの背脂入りのほうがいいのかも。

服部=服部通信をもらいにいく。
ラーメンより最近はこっちのほうが待ち遠しいというか…(笑)。
今月の通信は、前号の続きが中心だが、宮井店長は本当に楽しい人だ。(爆)
インフォとしては、現在の辛いラーメンは3月半ばで、春の新作に切り替わるそうだ。


tosimon3 at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月28日

2月は70杯…

休麺日無し1382日目

156)たれ蔵@上野  
157)伊峡@神保町

今月はいつもより3日少ないが、それでも70杯食べてしまった。
ウ〜ンちよっと食べ過ぎかな?でもそんなに無理して食べているわけではないので、
よっぽどのことがない限り、このペースなんだろうな。

たれ蔵=ゼータしげっちさんがとら会で紹介していたので、昼に行ってみる。
ここは前に「愛愛」があったところで、工事をしていたのは知っていた。
何の店になるんだろうと思っていたんだけれど、忘れてましたネ。
とら会で調べてみると大塚にも同名店があるようで「蔵王」の新展開店のようだ。

醤油つけ麺を食べるが、何かフツーのつけ麺。目新しさは皆無で、
これなら「やすべえ」や「七福神」のほうがまだ旨い。
「本格つけ麺」の看板がむなしく見える。


伊峡=最近老舗といわれる店によく行っているが、ここもその1軒。
ラーメン380円という値段ながら、結構満足してしまうから不思議。
もちろん化調は充分入っているけど、それが気にならないところがスゴイ。
萬福とよく似た味だが、こういう味のラーメンが少なくなってしまったことが寂しい。

tosimon3 at 02:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月17日

休麺日無し1370日目

130)ひろ@神保町…ワンタン麺  
131)上野大勝軒@上野…つけそば

tosimon3 at 02:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月14日

休麺日無し1368日目

123)ひょっとこ@上野…ラーメン  
124)服部@西神田…うま辛ジューシーつけ麺

tosimon3 at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月10日

休麺日無し1364日目

110)しゅうまい屋@上野
111)関越上里SAのラーメン

しゅうまい屋=この店のことは、龍ちゃんラーメンで教えてもらって知っていたが、
全くそそられない店構えと店名に未食だった。
先日、秋葉原でZさんと会う機会があり、
その時に「悪くないですよ…」と聞いていたので行ってみる。 

上野駅の近く、4号線沿いに店はある。
店名が「しゅうまい屋」なので、知らなければまずラーメン店とは分からない。

『黒濃ラーメン』はスープに魚粉がかなりたくさん入っていて、
かなり黒っぽい色をしているが、それほどしょっぱくはない。
魚粉の入れ過ぎで、舌にザラつく感じがあるのはマイナスか。
しかし、思ったよりは美味しい。

シューマイも食べてみたが、これもなかなか。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今夜から会社の同僚と尾瀬岩鞍へスキー(スノボ)に行くので、
その途中、上里SAでラーメンを一杯。
思ったより悪くはなかった。                                                                             

tosimon3 at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月26日

休麺日無し1349日目

73)凡凡ハウス@稲荷町  
74)活力屋@秋葉原

凡凡ハウス=これで4回目?になるかな。
一応全種類食べたと思っていたら、まだ塩が残っていたけど、
今日は再び『唐味噌』にする。
最初の頃の味噌に比べるといささか旨くなった感じがする。
何がどう…という訳ではないが、味に膨らみが出てきたし、
麺とスープの一体感のようなものを感じることができた。
TVに出たりで、それなりに改良されているんでしょうかネ。


活力屋=最近あまりネットなどにも出なくなったが、
私はここのつけ麺がかなり好き。
最近気に入っているつけ麺としては、廣巧秀に次ぐぐらいか。
と言いつつ、今日は『海老塩らーめん』を食べてしまったが、これもかなり旨い。
もっと有名になっていい筈の店なんだけど、やはり立地が影響してるんですかネ?

tosimon3 at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月24日

休麺日無し1347日目

68)武骨@上野  
69)バクエン@中野
70)鮎らーめん@二子玉川

バクエン=つけ麺を食べる。
以前とはかなり変わったつけ麺になっていたが、味はむしろ良くなっていた。
スープは前より煮干系が強くなった感じだが、
材料を変えたことでスッキリ感が強調され、食べ易くなった。
具にドレッシングで和えたトマトが乗って出てくるが、
最初は???だが、食べてみるとなかなか旨い。
こういうところが高橋さんの持ち味なんでしょうね。

tosimon3 at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月19日

休麺日無し1342日目

52)つしま@浅草  
53)服部@水道橋
54)七福神@早稲田

つしま=ここの店の暖簾には「中華そば」と書いてあるが、
いつ見てもどうも違和感が…。
中華そばはやっぱり醤油が基本じゃないのかナ〜。
今日は未食のつけ麺を食べたが、ウ〜ンやっぱり無理があるな〜。
そこそこは美味しいンだけど、リピートさせるような味ではない。
次はやっぱりラーメンを食べてしまうだろうな。


服部=服部通信の最新号が出ていた。
2〜3号で終るかと思っていたが、1年続いちゃいましたネ〜。
最近はだんだんと内容も面白くなって、
次号が待ちどおしいとまで思わせてくれます。サスガです。


七福神=きのうの「七福神」とは違って、
こちらは池袋(大勝軒系)の支店らしい。
マア、味はそれなり…。

tosimon3 at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月13日

休麺日無し1336日目

休麺日無し1336日目  

35)龍ちゃんラーメン@上野  
36)活力屋@秋葉原

tosimon3 at 02:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年11月29日

ブログ初心者なもんで…

休麺日なし1290日目。今年になって834杯目。

833)凡凡ハウス@稲荷町   834)そら@神田

やっとブログで日記が書けるようになった…とはいっても、まだ初心者なもんで、よく分からない。
毎日書ければいいんだけど、ちょっと無理だろうな。
とりあえず書ける日だけ、ということで、ボチボチやっていきましょう。
とはいっても、日記を公開するというのは、何かすご〜く恥ずかしい。
そのうち慣れるんでしょうかね?

今日は昼に「凡凡ハウス」、夕方に「そら」の2軒のみ。
前者は初訪。山形県赤湯のご当地ラーメンということだが、これは知らなかった。
「辛味噌」入りの味噌ラーメンをたべてみたが、
大豆の粒つぶが残っている味噌は結構好きなんで、好みのうちに入るかも。
ただ感動させられるほどの味ではなく、フツーに美味しいといった味。
麺が自家製麺とかで、柔らか目ながら食感がとてもいい。
味噌によく合っていて旨い。
隣のおやじが食べていた醤油がすごく旨そうだったので、近いうちにまた食べにこよう。
ここは昼休みに自転車で来れる場所なので、営業時間が短くても何とかなりそうなんだけど、
TVにどうのと、とら会に出ていたので、行列ができるようだとちょっとヤバいかな。
マア少しの間だけでしょうけどネ

時間ができたら今年食べたラーメンを徐々にアップしていこうと思うけど、
毎日帰りが遅い(今日も帰宅は0:45)ので、いつになることやら。

tosimon3 at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)