らーめん 千代田区

2011年09月24日

349)五ノ神製作所@新宿/ソラノイロ@麹町

「大つけ麺博」が昨年と同じ浜松町の会場で始まった。
序章は23日〜25日までの3日間なので、とりあえず食べに行ってみる。


五ノ神製作所

五ノ神製作所『つけ麺 銀ダラ搾り』

ローストした銀ダラから抽出された、
魚のポタージュをつけ汁にしたつけ麺。
やや魚臭さは感じるものの、なかなか旨い。
このテのつけ麺はあまりなかったような…
麺はちょっと硬過ぎ。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


ソラノイロ

ソラノイロ『ムール貝のベジつけそば』

つけ汁はニンジンピューレにムール貝を合わせ、
麺にはパプリカを練り込んであるとかで、
つけ汁、麺共に赤が基調になっているが、
麺が決定的に美味しくなかった。
話題の店なので期待をしていたのだが…(^^;

tosimon3 at 04:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月31日

277)青島食堂@秋葉原

青島店青島食堂







都心に出る用事があったので、ついでに食べてみたいと思っていたこちらの店へ…
新潟4大地ラーメンの一つとされる「長岡系生姜濃厚醤油ラーメン」の代表的な店。
かなり昔に新潟市内の東堀店だったか?で食べた記憶はあるのだが、
その当時は「地ラーメン」などという意識無しに食べていたので、
「フ〜ンこんなものか」…といった印象しかなかった。

こちらの秋葉原店は一昨年のオープンだが、場所はアキバのハズレの裏通り。
決して良い場所とは思えないが、そこそこの人気は獲得している模様。
日曜日のせいか、シャッターが半分閉まった状態での営業…
と思ったら、営業時間は7時までだったのね。(7時10分前に入店)(^^;

たっぷりのスープからは生姜の香りが匂い立ち、「ああ、これだ」と思う。
アキバというと、以前駅裏にあった「いすず」という店を思い出す。
この店も生姜の香りがするラーメンで、アキバへ来た際には必ず食べていた。
当時のアキバは、今とは違って電気関係の店がその大半を占めており、
私も高校生の頃からオーディオ関係の部品などを探しに月2ぐらいで来ていた。

そんな想い出も、現在のアキバには求める術もないが、
変われば変わるもの…と隔世の感を改めて思い知らされるばかり。

9月末には新潟へ行く予定があるので、今度は青島本店で食べてこよう。

青島食堂<秋葉原店>


tosimon3 at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月17日

一杯にレモン3個使用…

●408)ラーメン道 due Italian@市ヶ谷

イタリアン24靖国神社骨董市の帰りにこちらへ…
今日は珍しく石塚さんが店にいたのでご挨拶。
つけ博の話題で裏話に花が咲く。(^^;

食べたのは『レモンラーメン』。
この一杯にレモン3個使用という酸っぱさだが、
個人的には、かなりハマる味だ。(^^)


ラーメン道 due Italian


tosimon3 at 04:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月19日

チーズラーメンの傑作…

●367)ラーメン道 due Italian@市ヶ谷

イタリアン23靖国神社骨董市の終了後にこちらへ…
今日はやっぱり『チーズラーメン』で。
このラーメン、何回食べても旨いと思う。
その旨さはどこから…と思いながら食べていると、
チーズ、麺、ネギ以外何も入ってないことに気付く。
要するにチーズのカケラーメン…
この潔さが旨さを際立たせているのではないか。

イタリアン雑炊食べ終った後は、チーズ雑炊で…
これがまた旨い。(^^)

吉祥寺に「あゆみ」という姉妹店があったが、
新たに「レモン&フロマージュ」という店名で、
営業を始めたようだ。
(武蔵野市吉祥寺本町1-8-14)


ラーメン道 due Italian


tosimon3 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月05日

クセになる味…

●350)ラーメン道 due Italian@市ヶ谷

道22靖国神社骨董市終了後は、お決まりのこちらへ…

以前食べて美味しかった『レモンラーメン』を…
酸っぱいことは確かだが、ウマ酸っぱい味なので、
箸が止められなくなってしまう。(^^;
酸味が苦手な人にはムリなラーメンだが、
個人的にはクセになる味だ。


ラーメン道 due Italian


tosimon3 at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月13日

食べた者にしか分からない…

●247)ラーメン道 due Italian@市ヶ谷


靖国神社骨董市が終った後、帰る途中でこちらの店へ…

道21道雑炊1







今日は2回目の『ら麺フロマージュ』(チーズかけそば・ご飯付き)を食べる。
見た目は、かけそばか…と思うほど具も少なくアッサリとしたものだが、
ネギの下にあるゴルゴンゾーラクリームチーズをスープに溶かしていくと、
アッという間にスープは白濁し、和の感じから伊の感じに劇的に変貌。

この味の変化はかなり計算されているようで、
余分なものを入れないことで、チーズの効果が最大限発揮されている。

麺を食べ終った後は、残ったスープをご飯にかけてチーズリゾットに…
この旨さは食べた者にしか分からない。(^^;


ラーメン道 due Italian


tosimon3 at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月16日

酸っぱい…けど…

●193)ラーメン道 due Italian@市ヶ谷


靖国神社骨董市の終了後は、いつものようにこちらの店へ。
前回は『チーズラーメン』を食べたので、今日は『レモンラーメン』を…
これは開店1周年記念として出している特別メニューの一つ。

道20このラーメン一杯の中に、
レモンが3個使われているそうだ。

食べてみると確かにスッパ〜イ…(^^;
私は酸っぱさには強いので全く問題ないが、
弱い人にはかなりキツイかもしれない。
しかし酸っぱいながらもそれを上回る旨味がある。

辛い場合には「旨辛い」という表現があるが、これはさしずめ「旨酸っぱい」。
酸っぱいのだが、その酸っぱさを旨さで押さえ込む技は見事としか言いようがない。


ラーメン道 due Italian


tosimon3 at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月15日

牛と煮干しと…

●191)土曜の牛の日(きび)@小川町/ローストビーフが…


マイミクさんとプチツァー。
最初に西尾中華に行ったのだが、昼の分の限定が売切れということで、
土曜日のみ「土曜の牛の日」という店名で、牛骨ラーメンを提供しているこちらへ…

月曜から金曜までは「きび」という店名で営業しているのはご存知の通り。
以前勤めていた頃は、会社から近かったこともあって年間40杯前後も食べていた店。
退職してからは足が遠のいていたので、今日は5年振りぐらいの訪問になる。

きび店きび30






ユーモラスな牛のイラストと「土曜の牛の日」と書かれた暖簾がカワイイ。
店内に入ると、あれっ、見たことがある人が…(^^;

出来上がってきたラーメンは、ローストビーフの鮮やかな色が目に飛び込んでくる。
レモン、ゴボウ、レタスなど具にも新鮮さがあり、なかなかのもの。
牛独特の甘味のあるスープは、豚や鶏とは明らかに違う味わいを感じさせる。


支那そば きび 神田本店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●192)西尾中華そば@駒込/圓のリスペクトラーメン


夕方になって再びこちらの店へ…
開店1周年記念として提供している『ニシチュウ〜煮干鰮〜』が目的。

西尾3「煮干鰮」の文字で分かる通り、
八王子の「圓」をリスペクトしたラーメン。

見た目はいつものラーメンと変わりないが、
芳醇な煮干しの香りと味が楽しめる。
やや苦みはあるものの、もちろん許容範囲内。
ハッキリ言って、これは旨い!…(^^;


西尾中華そば


tosimon3 at 23:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月18日

イタリアン恐るべし

●152)ラーメン道 due Italian@市ヶ谷


靖国神社骨董市の終了後には、こちらの店へ寄ることが多くなった。
店内へ入って券売機を見ると、一周年記念の限定『らぁ麺フロマージュ』があった。
日本語に訳すと「チーズかけそば・ご飯付き」ということらしい。(^^;

道19道雑炊






出来上がってきたラーメンは、塩ベースの上にチーズがたっぷりと乗っている。
使っているのはゴルゴンゾーラのクリームチーズとかで、
これをスープに溶かしていくと、徐々にスープが真っ白になり、
それと共にアッサリだった味が濃厚な味に変化していく。

いやいやこれはウマ〜イ!「ウマイ」としか言いようがない。(^^)
チーズだけでこれだけの味と変化が出せるとは…さすが石塚さん。

食べ終ると残ったスープをミニライスにかけてチーズリゾット…これがまた旨い。
イタリアン恐るべし。(^^;


ラーメン道 due Italian


tosimon3 at 09:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月14日

フォアグララーメン

●101)ラーメン道 due Italian@市ヶ谷


靖国神社骨董市に出店し、終了後は久し振りにこちらの店へ。

4月までの限定として『フォアグラ醤油ラーメン』があったので、食べてみることに…
これはラースク@立川の時にも食べているが、美味しかった記憶がある。

道18写真ではよく分からないが、
白髪ネギの下に1cm弱ぐらいの厚切りの
ソテーされたフォアグラが隠れている。

このフォアグラが甘味があってメチャウマ。(^^)
これを食べるだけでも価値のあるラーメンだが、
ラーメンもこれに負けない美味しさが素晴らしい。

スープは鶏と豚?だと思われるが、しっかりとした出汁の旨味を感じるもの。
その出汁と醤油、チー油、フォアグラのコンビネーションが織りなす至福の味わい。
これを旨いと言わずして何というのか…(^^;


ラーメン道 due Italian



tosimon3 at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月21日

無事退院できたが…

午前10時の検診で「退院してもよい」との結果が出たので、
荷物をまとめ、支払いを済ませて病院の玄関を出る。

9日振りのシャバの空気は…匂いがしない…(^^;

実は今回の手術で、匂いを感じる神経の部分まで切除されてしまったため、
全く匂いがしない状況になってしまったのだ。

病巣が思っていたより広範囲に広がっていたための結果で、
担当医の説明では、匂いは徐々に回復するだろう…ということなのだが、
それが3ヶ月先になるなのか、1年先になるのかは分からないという。
気長に回復を待つしかないんだろうけど、
いやいやこれは困ったことになってしまった。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●433)とくや@駿河台下


病院を出たのが昼前なので、こちらの店で昼飯を…と思い寄ってみる。
今回入院した病院からは一番近い店なのだ。

この店は以前勤めていた会社から近かったので、よく食べに来ていた。
辞めてからも1〜2度顔を出したが、今日は2年振りぐらいか…
親父さんも奥様も覚えていてくれました。(^^)

とくや20担当医から「熱いものはまだ控えるように」
といわれていたので、
ラーメンではなくつけ麺を注文。

出来上がってきたつけ麺の麺をつけ汁に浸けて一口…
味は以前食べていたものと変わりないのだが、
やっぱり匂いがしない。(T_T)

風邪をひいて鼻が詰まった時など、一時的に匂わなくなることはあるけれど、
それでも何となく匂いは感じるもの。
しかし今の私の鼻は、それとは違うというか、100%無臭の世界にいるのだ。

味は分かるのに匂いが分からないというのは、かなり不思議な感覚。
つくづく人間の五感のスゴさを思い知る瞬間だった。

そんな訳で、つけ麺を食べても味気ない感じしか伝わってこない。
以前食べた記憶があるので、それに照らし合わせて匂いを想像するのだが、
現実のものではないので、やっぱり味気ない。(T_T)

この状態がずっと続くようであれば、正確な匂いを伝えることが出来ないので、
このブログを続けることにもギモンがでてくる。
さてどうしたものか…


らうめん とくや


tosimon3 at 16:53|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2009年09月20日

TVの影響は…

●397)ラーメン道 due Italian@市ヶ谷


トラットリア14靖国神社骨董市の帰りに寄ってみる。
昨夜のTVで圓と共に紹介されていたので、
混んでいるかと思ったが、それほどでもない。

日曜営業を始めてから間もないこともあるようだが、
やはり日曜日は相対的に人が少ないらしい。



ラーメン道 due Italian

tosimon3 at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月06日

このトマトラーメンは旨いっ!

●381)ラーメン道 due Italian@市ヶ谷


靖国神社骨董市の帰りに前を通るとやってる…
日曜日は定休日の筈、と思いながら寄ってみる。
石塚さんに聞くと、9月から無休になったとか。

トラットリア13
前から気になっていた「赤いトマト麺」を…
3種類のトマトとオリーブオイルが主体で、
動物系は使っていないという。

鮮烈なトマトの味が口中に広がる。
色々なトマトラーメンを食べてきたが、
これは全くの別物…旨いっ!

http://ramendb.supleks.jp/shop/19689

tosimon3 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月06日

どちらも旨いなぁ〜

●331)磯野@神田須田町/塩ラーメンが始まっていた


磯野4『塩ラーメン』







らーめん 神田 磯野


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●332)わさらび@沼津市/わさらびらしい煮干しラーメン


わさらび68限定『煮干しそば』







支那そば屋 わさらび


tosimon3 at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月04日

随分と変わった…

●246)服部@西神田


都心へ出たついでに、2年振り?ぐらいに訪問。
久し振りに見る宮井店長さん…随分と貫禄が出たナ〜(^^;

服部限定がなかったので、
久し振りに『ジューシー麺』を食べてみる。

スープの色がかなり赤くなった感じがするが、
味も随分と変わっていた…といっても、
美味しいほうに変わっていたのでノープロブレム。



麺者 服部

tosimon3 at 04:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月09日

新しい店…

●202)UMA(ユーエムエー)@立川市


UMA1









UMA


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●203)魚魚-Toto-@立川市


魚魚1









Ozy's Dining 魚魚-Toto-


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●204)ラーメン 道 Due Italian@市ヶ谷


トラットリア店トラットリア12









 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ルーヴル美術館展

ルーブル展







忘れえぬロシア展

忘れえぬ女

tosimon3 at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月15日

武蔵の新店だが…

●118)月島ロック@中央区


静岡のボボイさんが東京へ来ているというので、
有楽町骨董市へ行く予定だったので、その前にお付き合いすることに。(^^;

まずはボボイさんご希望のこちらの店へ…昼間に来るのは開店初日以来か…
昼時とあって、待ちはできないものの、お客さんが途切れることはない。
すでにリピーターも増えているようで、行列店になるのも時間の問題?(^^;

月島ロック2今日はセットメニューでなく、ラーメンを…
キレのある醤油のスープは相変わらず。
素直に “ウマイ” と思ってしまう。

ここは厨房が狭くてスープ等が作れないため、
嶋崎さんがロック本店で全て仕込んでいる訳だが、
お客さんが増えたときにはどうするのだろう…(^^;


月島ロック
【月島カフェ】http://www.discberry.com/cafe/index.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●119)武蔵 神山@千代田区


続いてやって来たのがこちらの店。
武蔵青山が移転を余儀なくされ、神田に移転して今年の2月にオープン。

店名は神田の「神」と青山の「山」をとって「神山」となったとか。
神の山=富士山というイメージ戦略もとっているようだ。

神山店神山







食べたのは『味玉ラーメン』。
滅多に味玉は食べないのだが、今回、こちらの味玉は “固茹で” という情報があった。

以前、武蔵の味玉は全て固茹でだった。
半熟味玉が全盛になっても、しばらくは固茹でを続けていたのだが、
数年前から「武蔵、お前もか…」とばかりに、半熟に変わってしまった。

固茹で味玉好きとしては、個人的にベスト1のものだったため、
これはかな〜り残念なことだったのだが、今回、その味玉が復活すると聞いては
「固茹で味玉復権委員会」会長という立場上、食べない訳にはいかないのだ(^^;

こちらの店では青山の味を引き継ぐもの…とばかり思っていたのだが、
出てきたラーメンは全くの別物だった。

豚骨系としてはライトな部類に選別されるであろうスープ。
煮干し系の魚介出汁が入っているようで、これはこれで美味しいとは思うが、
これまでの武蔵各店の味づくりからすると、今一つ中途半端と言わざるを得ない。

神山1味玉は丸のままで入っているので、
半分かじった状態で写真を撮ってみた。(^^;

以前と変わらない出来映えの味玉は、
しっかりと味がしみ込んで、やっぱりウマイと思う。
特にここの味玉は黄身の部分が大きい。
どういう卵なのか分からないが、これがイイ。

別に半熟味玉が嫌いな訳ではないのだが、
黄身がスープに溶け込んでしまうのが、あまり好きではない。
半熟味玉全盛のラーメン界に、これを契機に見直し機運が起きてくれるといいのだが…


麺屋武蔵 神山

tosimon3 at 16:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年01月13日

久し振りに…

●23)遊(ゆう)@鴬谷


かな〜り久し振りに都心へ出たので、今一番食べたい店へ…
って、本当は「伊藤」へ行きたいのだが、遠いのでこちらでガマン…(^^;

ここへ来るのは5回目?ぐらいになるが、いつ来ても “ヒキ” の無い店構え…
知ってる人じゃないと、ここがラーメン店だとは思わないだろう。

遊3限定があれば…と思ったが、既に売切れ。

『中華そば』は、本店同様愛想がないが、
この煮干しの効き方は尋常ではない。
煮干し好きにはたまらない味だ。(^^)

本店は暮れのラーメン番組で1番になっていたので、
おそらく今頃は行列になっているんだろうが、こちらはそういうこともなく、
落ち着いて食べることができる。


麺処 遊


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●24)磯野@神田須田町


昨年来た時に、塩ラーメンの話をしていたので寄ってみたら、
昨年末までやっていたが、今年になって忙しくなってしまい、
とりあえず中止しているという。(^^;

磯野3ということで『醤油ラーメン』。

値段は780円とやや高めの設定だが、
鴨出汁を使っているということなので、
この値段も仕方のないところか…

ベースの鶏出汁と昆布出汁がうまく融合し、
この近辺では味わえないラーメンに仕上がっている。

ただ、岩海苔がたっぷりと入っているので、
出汁の旨味や香りがややスポイルされてしまうのがちょっと残念。
岩海苔はもっと少なくてもいいのではないか。


らーめん 神田 磯野


tosimon3 at 02:39|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2008年12月21日

美味しいことはオイシイが…

●546)三四郎@小川町


有楽町骨董市の帰りに、編集長が行ってみたいというのでこちらへ。
この近辺で日曜日も営業している貴重な店だ。

三四郎2私は3回目なので『マサラ』を食べる。

マサラという名前通り、香辛料の効いたスープ。
一般的なカレーラーメンというより、
カレー風味のラーメンといったほうがいいかも。

具に黒っぽいものが乗っているので、
挽肉か何かと思って食べてみると、何と「福神漬け」を細かく切ったもの。
これはさすがにビックリだったが、カレーに福神漬けは付き物。
意外に違和感なく食べれてしまった。(^^;

マアこれはこれで美味しいと思うのだが、これで900円はちと高いのでは…
叉焼が多めに入っているので、叉焼麺と考えることは出来るのだが、
値段に見合うだけの満足感はなかった。(^^;



【三四郎】http://www.dearest-style.com/sanshiro/index.html

tosimon3 at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月30日

久々に都心へ…

●519)宗@高田馬場


朝から高田馬場で、ラーメン仲間と麻雀。
その抜け番のときに、こちらの店まで食べにいく。

そう10限定『JYAKEN(じゃけん)』ー海のミルク和え麺ー

これは牡蛎と野菜などから作った “ミルクダレ” を麺に絡めて食べるもの。
牡蛎そのものが付いてくるかと思ったが、それはなかった。(^^;

食べると牡蛎の旨味が口中に広がり、なかなか美味しい。
別のレンゲで出てくる紅葉おろしと柚子胡椒を混ぜると、
また違った味が楽しめるのだが、やや水分が足りないか…(^^;

水気が足りないので麺がくっついてしまい、食べるのにちょっと苦労する。
できればタレを多くするか、酢を用意しておいてほしかった。


【麺屋 宗】http://www.menya-sou.com/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●520)三四郎@小川町


麻雀終了後、アキバまでCDやDVDを探しに行き、その帰りにもう一杯。(^^;

日曜日なので、都心のラーメン店は定休日のところが多く、
営業している店を探すのに苦労するが、こちらの店がやっていた。

三四郎1前回来たときは醤油を食べたので、
今日は『うしお(塩)』を食べてみる。

醤油と違って、こちらにはワンタンが入ってる。
味は中村屋のライン上にあるものだが、
油ッ気がやや強いのは醤油と同じ。
茎だけ入っているのは江戸菜?
シャキシャキとした食感がとても新鮮。

トータルとして良く出来ているラーメンではあるが、何かピンとこない。
要するに「記憶に残るラーメン」ではないのだ。
これが今後に影響してくるのかどうか…


【三四郎】http://www.dearest-style.com/sanshiro/index.html

tosimon3 at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月10日

新人賞の店と新店と…

●486)ほん田@東十条


久し振りに都心まで出たので、ちょっと足を延ばしてこちらの店へ。
恒例の東京1週間(T1)ラーメン大賞で新人賞に輝いた店。

最近は新しい店に行くことが極端に少なくなってきているが、
一応ラーメンフリークのはしくれである以上、
一度は食べておかなくてはならない店…ということで…(^^;

ご主人は弱冠22才とか…成田の「青山」にいた方らしい。
鶏と豚骨2本のスープを使い分け、どちらも高評価を受けている。

ほん田店ほん田







とりあえずは鶏系の『香味鶏だし味玉らーめん』を食べてみる。
塩とも醤油ともつかないスープは、塩角もなく甘味があって美味しい。

魚介は思っていたほど強くはなく、鶏の主張が強いことを除けば、
いわゆるバランス系のラーメン…ということになるのだろうが、
個人的にはネギが多過ぎてバランスを崩していると思った。

真空調理されたという叉焼は、なかなか美味しいのだが、
薄切りの小さいものが1枚だけというのはかなり不満。
その時のロットにもよるのだろうが、これは改善して欲しいもの。

期待が大き過ぎたせいもあるのだろうが、満足度はそれほどでもなかった。
トータルに良く出来ているラーメン…ということは分かるが、
このレベルのラーメンは、最近ではそれほど珍しくはない。
将来性を期待した上での新人賞…と理解したい。(^^;


麺処 ほん田


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●487)三四郎@小川町


こちらは中村屋の都内進出?一軒目の店…10月28日に開店したばかり。
場所は神田小川町、ミズノ本社の並びということになるが、
長年この近くに勤めていた私でも、滅多に通ることがないという場所だ。(^^;

なぜ「中村屋」でなく「三四郎」なのかは分からないが、
支店という位置づけは確かなようだ。

7時過ぎに到着すると、行列どころか先客6人のみ。
まだ認知度が低いようで、その後もお客はぽつりぽつりと入ってくるだけで、
席がふさがるようなことはなかった。(^^;

三四郎店三四郎







メニューは「むらさき」(醤油)、「うしお」(塩)、「まさら」(カレー)の3種。
とりあえず、食券機の一番左上にある『むらさき』を食べてみることに。

かなり濃い目の醤油は、本店の醤油とは全くの別物…と言う感じ。
見た目ほどしょっぱくはなく、醤油の味としてはまろやか。
生姜や魚介も感じられるが、どれも突出してはいない。
あくまでもバランス重視のラーメン。

個人的には油がちょっと多い気がしたが、若者向けのチューニングなのだろう。
総じて “無難に食べられる” ラーメン…という印象をもったが、
残念ながら “印象に残る” ラーメンではなかった。

塩とカレーも食べてみなくては分からないが、
やや高めの値段設定も気になるところ。(^^;


【三四郎】http://www.dearest-style.com/sanshiro/index.html

tosimon3 at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年08月27日

アンガーラ…

●360)覆面@神保町


夕方から飲み会があるので、それに出席する前にちょっと一杯…
っていっても、この場合の “一杯” というのは…ラーメンのことなのだ。(^^;

覆面店やってきたのは神保町。
この界隈に覆面をしてラーメンを作るという、
怪しげな店が出来たらしい。

店はすぐに見つかったが、
ウ〜ン…確かに怪しい…(笑)


覆面1食券を買ってカウンターに座る。
厨房には白覆面と黒覆面の怪しげな二人が…
この二人「アンガーラ」という言葉しか発しない。

「いらっしゃいませ」もアンガーラ、
「ありがとうございました」もアンガーラ…
アンガーラって一体何なんだ…(^^;

覆面説明そのうち黒覆面さんと目が合うと、
壁に貼ってある紙を指差して「見ろ」という仕草。
そこには「例のアノ人は今」に続いて「アフリカで象でラーメンを創ろうとして、密猟者と一緒に捕まったそうです」と書いてある。(笑)
なるほど…アノ人ならやりそうなことだ。(^^;

覆面メニューは清湯醤油味の『覆麺』と、
『油覆麺』(油そば) があるのみ。

覆麺は貝柱や甲殻系を感じるキレのあるスープ。
ややしょっぱ目なのは…やっぱりネ…(^^;
個人的には揚げネギの量が多いのが気になった。
麺は最初の頃とは違うようだ。

食べ終る頃になって、黒覆面さんから小さな紙切れが手渡された。
そこには「ラーメンはどこから」(だったか?) みたいなことが書いてある。
なんだ、日本語書けるじゃん…でも意味ワカラン…(笑)

「どこから」というのは、「ここへ来る前に」ということかと思って、
「今日はここが初めて」と答えると、その答ではお気に召さないようで、
今度は小さい声で「How long ago?」と聞いてくる。
なんだ、英語もしゃべれるじゃん…(^^;

でも「いつから…」???…って何て答えればいいんだ?
試しに「高田馬場」と言ってみたら、「ウンウン」とうなづく。
やっとご満足いただいたようで…(^^;

マアこれで少なくとも日本語が書けて、英語が話せることはハッキリした。(笑)
バレバレだけどネ…アンガーラ!(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


リストランテ ミオ ポスト

その後、小川町にあるこちらの店へ。
どういう飲み会かというと…マア同じ釜の飯を食った者同士というか…(^^;

ハムスパゲッティ






サラダスズキ






デザート
この他にも色々と出てきたが、
名前が分からないので、
とりあえず写真だけ…(^^;

tosimon3 at 04:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年08月17日

たまにはこういうのも…

●348)小洞天@有楽町


有楽町の東京フォーラムで開かれている「大江戸骨董市」を見にいくと、
編集長とSさんにバッタリ…(^^;

と言う訳で、見終わったあと近くのこの店で昼食。

小洞天1ここはシューマイが美味しいので、
シューマイと担々麺のセットを注文。
(午後1時以降でないと注文不可)

担々麺はそれほど辛くなく、フツーの味。
シューマイは肉の量が多く、大きさもかなりのもの。
ちょっと硬めだが、これは美味しい。(^^)


小洞天 有楽町店


tosimon3 at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月12日

久し振りに…

295)めん徳二代目つじ田@小川町


静岡人さんと、彼の友人で最近ラヲタになったというSさんが上京。

3日間、東京で食べ歩きをするというが…(^^;
私は今日の夜しかお付き合いできないので、夕方つじ田で待ち合わせ。

つじ田3ここは以前の勤め先からすぐなので、
ちょくちょく足を運んでいた店なのだが、
何年振りだろう?

以前は昼時ぐらいしか行列はなかったが、
今は夕方でも待ちが数名という状況。
ウ〜ンそれほどとは思わないんだけどネ…(^^;


【麺徳二代目つじ田】 http://www.nidaime-tsujita.co.jp/top.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


296)磯野@神田須田町


続いてこちらの店…私は2回目なので別のメニューと思ったら、
『冷し味噌』というのがあった。

磯野1これはいわゆる「冷や汁」を使ったラーメン。
「冷や汁」というのは日本各地にあるようだが、
要は “冷えた味噌汁” ということ。

これをラーメンに応用している訳だが、
同様のものは以前、キリン食堂で食べたことがある。
現ロックンロール1店主の嶋崎さんが作ったものだ。

スープがちょっと少ない気がするが、これは “ぶっかけ” のイメージか。
何だかホッとする味に箸がすすむ。
味的にはそれほど変わったものではないが、暑い季節にはいいかもしれない。

tosimon3 at 03:37|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

2008年05月15日

たまには文化の息吹を…

東山魁夷展

たまには文化的な活動でも…と、竹橋の東京国立近代美術館で開かれている、
生誕100年を記念した「東山魁夷展」を見に行く。

東山近美今更説明の必要もない日本画の巨匠。

99年に亡くなってはいるが、
その名声は年を追うごとに高まっている。

この画家については、私にも想い出がある。
それは以前勤めていた出版社で、
東山魁夷の作品集を担当した際であった。

東山作品が描かれたその場所を特定するために、あちこちと取材をしたことがある。
作品は「残照」「光昏」「郷愁」など数点であったが、
どの場所で描いたか…をピンポイントで特定するのは本当に難しかった。

しかし、難しければ難しいほど面白い仕事だった。
自分はこういう仕事に向いているのだ…と、マジにその時思ったものだ。(^^;
残念ながらその後、そういう企画はなかったが、
今でもその依頼があれば、無償でもやってみたいと思っている。

展覧会は5月18日まで。

東山残照「残照」






東山白夜「白夜」







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●201)磯野@須田町

鴨を使ったラーメンが食べられるというので、これは行かねば…と初訪問。

磯野店磯野







思ったほど鴨は前面に出ていなかったが、バランスのとれたラーメン。
キリッとした醤油はキレがあり、なかなか美味しい。
ストレートの中太麺もよく合っている。

ただ、岩海苔はこれに必要かどうか…気になるところ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●202)大山〈神田店〉@内神田

12日に新規開店した「大山 神田店」…以前勤めていた出版社のすぐ近く。
もう少し早く開店して欲しかった…(^^;

影島さんはしばらくこちらにいるそうだ。

大山5『えび塩スパイシー』¥850

tosimon3 at 01:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年12月16日

AKBラーメン

●520)賓むら@秋葉原

午後から有楽町骨董市を見に行くが収穫無し。
CDやDVDを買う予定があったので、アキバの石丸電気へ。

ついでに、中休み無しで営業しているこちらの店でラーメンを…(^^;
評判が良さそうなので、以前から気になっていた。

噂?によると、この店は平塚で幻の店といわれる「ふるた」の関連店らしい。
(といっても「ふるた」は未食なのだが…)

賓むら店内
レトロチックな店内。
駄菓子やレコジャケで昭和初期の雰囲気が…

ここまでこだわるなら、
椅子もこだわって欲しかった。(^^;


賓むら
評判の良い『塩ラーメン』を注文。

なかなか美しい中華そば。
表面の油がちょっと多い感じだが、
これはコラーゲンが多いんだそうだ。

塩ラーメンとしてはフツーに美味しいと思うが、
こういう空間で食べると、懐かしさがプラスされて余計に美味しく感じられるものだ。
醤油も食べてみたい。

ただ、秋葉原という場所柄を考えるとどうなんでしょう?


tosimon3 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月14日

安宅コレクション

安宅李朝
午後から三井記念美術館で開かれている、
「安宅コレクション展」を見に行く。(16日まで)

このコレクションは、安宅英一(安宅産業元会長)の個人コレクションに端を発し、安宅産業の社業として東洋陶磁を中心に蒐集を続けられたもの。

そういった意味では一般的なコレクションとは一線を画すものではあるが、全ての収集品は安宅英一の“眼”によって集められており、約1千点といわれる蒐集品は、こと高麗・朝鮮時代の陶磁に関しては世界一ともいわれている。

今回の展覧会は、その膨大なコレクションの中から約200点を精選して開催されたもの。東京では30年振りの開催ということで、どうしても見ておきたかった。

ただ、私の場合は中国・朝鮮陶磁に関しては勉強不足でよく分からないので、あくまでも勉強のために見るということなのだ。(^^;

展示された品々は、もう素晴らしいの一言に尽きる。
ここにある中の一つでも所有できたら…と思うのは私だけではないだろう。

写真は今回の展示品の中で、最も素晴らしいと思えた、「青花 草花文 面取瓶」。
李朝の“秋草手”と呼ばれるものの一つで、18世紀前半のものらしいが、
その楚々とした存在感には素人の私でも惹かれるものがあった。

途中、場内の椅子に座って休んでいたら、後に座った二人連れが、
「今日の平和島で…」と話している。
いけない、今日から平和島骨董市が開かれているのを忘れてた…(^^;


  *   *   *   *   *  


●517)そら@神田

せっかく三越前まで来たので、どこかでラーメンを食べようと思い神田方面へ。
そこで思い出したのがこのお店。

以前はここのラーメンが好きでよく来ていたが、勤めを辞めてからは初めてか…(^^;

ご主人自らがサーファーという、海の香りがするようなお店だし、
2階が女性専用というシステムもラーメン店では初めての試みではなかったか。

実は、先日読んだこちらのレポで、味玉が固茹でと書いてあった。
そうでした…すっかり忘れてましたネ〜(^^;

そら1
という訳で、醤油の味玉ラーメンを…

いや〜、懐かしい味ですネ〜(^^)
独特の甘味が特徴のラーメン。
それでいて、味の輪郭は決してボヤけない。
こういう味はここでしか味わえない。

そして味玉はやっぱりウマイ!
黄身にまでしっかりと味が染み込んでいて、
口に入れるとホロホロと崩れる食感がたまりません。(^^;
これはまた来なくては…。


  *   *   *   *   *  

●518)まとい@小川町

一杯で帰ろうかどうしようか…と考えたが、やっぱりもう一杯(笑)
「つじ田」まで来るが、5人ほど並んでいるのでパス。

その裏手にあるこちらの店へ。
ここが出来て間もなく勤めを辞めたので、ここでは2、3回しか食べたことがない。

ご主人は、とうかんや@南砂町の出身だとか…。

まとい2
『塩ラーメン』は2回目か?

スープはトリプルだそうだが、
生姜やニンニク、胡麻の香りの後から魚介が来る。
ちょっと要素が多過ぎるが、旨いことはウマイ。

いわゆる“スキのない”ラーメンなのだが、
そのスキの無さが、かえってこのラーメンの印象を薄くしていないだろうか?


tosimon3 at 04:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月11日

馬勝った…

ベタなタイトルだが、今日は以前勤めていた会社のOB会ということで、
水道橋で「馬料理」を食べることに。(^^;

会場は「仕事馬」というお店。
水道橋駅南側、歩3分ぐらいのところにあるのだが、ちょっと分かりづらい。
(千代田区三崎町2-17-5 TEL.03-3511-2680)

馬料理が主体で、色々なメニューが楽しめる。

春巻き
馬肉の入った春巻き






刺身
刺身各種
上=胸肉(いわゆる馬刺)
右=たてがみ
下=レバー
左=ハツ


焼肉
焼肉
上=ハラミ
右=カルビ
下=ロース



ベーコン
アスパラの馬ベーコン巻き






ソーセージ
馬肉ソーセージ





ジャーキー
馬肉ジャーキー






グラタン
豆腐と馬肉のチーズグラタン







  *   *   *   *   *  


●420)服部@西神田

馬料理を食べに行く前に、ちょっとこちらへ。
本当は、あと2〜3軒食べたい店があったのだが、
それでは馬が食べられないので、ここだけで我慢する。(^^;

服部3
かな〜り久し振り。
勤めていた頃は月に2、3回は来ていたお店。

宮井店長が一人でやっているので、
聞くと今日はアルバイトが来なかったんだそうだ。

今は限定が無いというので、
とりあえずは『ラーメン』を。
しばらく食べなかった間に動物系が濃くなったのか、スープがかなり変わった印象。
魚介も強くなっているようで、全体にパワーアップしている。

最近ではこのタイプのラーメンは珍しくなくなったが、
それでも “服部のラーメン” という主張は忘れていない。
こちらも馬勝った…(^^;


tosimon3 at 04:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年04月19日

原点となった店

●163)斑鳩@九段下

斑鳩が19日で7周年を迎えるというので、夜の部に行ってみる。

6時を少し過ぎてしまったので、行列かな?と思っていたのだが、
意外にも行列無しでスンナリと入れた。ラッキー!

しかし、先客の様子が6時開店の状態ではない…と思ったら、
現在平日の夜の部は5時に始まっているんだそうだ。
いつの間に…ってチェックしてない私が悪いんだけどネ・・・(^^;

このお店が出来た当時は、それこそ週に1〜2回は来ていただろうか。
年に50杯ぐらいは食べていたお店。
私のラーメン食べ歩きもこのお店とシンクロしてきた。

行列が長くなってからは、なかなか行けなくなってしまったが、
この辺が嬉しいような、悲しいような・・・

それにしても7周年ネ〜…早いものです。

斑鳩5
何を食べようか迷ったが、
やっぱり限定の『塩本鰹ラーメン』。

具が色々と乗っていて楽しいし、
それらをスープに溶かすことで味の変化が出てくるのもイイ。

思っていたより鰹がガツンとくる訳ではないのだが、
トータルバランスの良いラーメンといえる。

細麺はちょっと好みではなかったかナ。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●164)味一@高田馬場

小田原にある行列店の支店が出来たと聞いては、行かない訳にはいかない。

本店は、私のラーメン食べ歩きの原点ともなったお店の一つ。
ご夫妻の“人柄”が前面に出たラーメンでもある。

味一3
まずは『味噌ラーメン』を。

ビジュアルは本店と似ているが、
味は・・イヤ結構いいセン行ってますヨ。
思っていたよりずっと美味しい。

本店に比べると、確かに何か足りない感じはあるのだが、
比べなければこれはこれで美味しい。(^^;

帰りがけに聞くと、東伏見にあった味一の息子さんだそうで、
小田原のご主人は伯父に当たるそうだ。

いずれにしてもあの味がここで食べられるのは嬉しい。

それにしても高田馬場はちょっと来ない間にすごいことになってるナ〜。


tosimon3 at 05:07|PermalinkComments(1)TrackBack(1)

2007年03月20日

久し振りに・・・

夜になって神保町で飲み会があるので、久し振りに電車で出かけると・・・
田園都市線でも「Suica」が使えるようになっていた。

いつかはこうなると思っていたが、私が勤めていたときに変わって欲しかった・・・


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●118)服部@水道橋

飲み会の前にちょっと一杯…っていっても、お酒じゃなくて“ラーメン”。(笑)

久し振りに「斑鳩」へ行くも、20人ほどの行列だし、
坂井さんの姿が見えなかったので断念。

ということで選択肢はたくさんあるのだが、一番近いこちらのお店へ。

服部2
いや本当に久し振りです。

このお店は開店以来ずっと通い続けていたが、
勤めを辞めてからは1、2度しか来ていないかな?

ここは派手さはないが、着実なラーメンを食べさせてくれるところがイイ。
今日も基本の『ラーメン』を食べたが、確実に進歩している。

店主の宮井さんの“顔に似合わず”(笑)繊細な感覚がよく反映されたラーメン。
好きですネ〜。


tosimon3 at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月10日

ウ〜ン、大勝軒ネェ〜・・・

日本郷土人形研究会の新刊「堤系人形」という本が出来たという連絡を受け、
いつもお世話になっているO氏宅へ午後からお邪魔する。

当初は昨年発行される予定だったのが、結局この時期になってしまったようだ。
待ちに待った新刊なのだが、また勉強することが増えてしまった。
手持ちの人形の分類も見直さなくては・・・

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●61)大勝軒<お茶の水店>@神田小川町

帰る途中、気になっていたこの店へ。
昨年来あちこちに出来ている東池袋大勝軒の支店なのだが、
評判のいい店は少ないようで・・・。

こちらの店はどうなんでしょう?
夕方からは“復刻メニュー”も食べられるということで、
それだけ山岸氏の信頼も厚いのでは…と期待はしていたのだが・・・。

大勝軒
つけ汁の第一印象は「ちょっと薄いかな…」。
甘味、酸味、辛味共に控えめで、
大勝軒テイストではあるが、物足りない。

麺は悪くないのだが、湯切りが悪いのでつけ汁がすぐに薄まってしまう。
最後にはスープ割しなくても飲めるぐらいになってしまった。
これは何とかして欲しいもの。

値段も700円と大勝軒系では高めだし、
「2階のラーメン店は・・・」というジンクスもあるし、
もう少し頑張ってほしいものです。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


今日O氏のところからいただいてきた土人形。

福井大野
これは福井・大野の「牛乗り童子」。

左右20cmほどもある大きい人形で、
状態もすこぶる良好。

幕末ぐらいの作という。


横堀/雫石
左は新潟・横堀の「立ち娘」。
これも状態が良く、いい人形だ。
明治中期頃のものか。

右は岩手・雫石の「獅子頭持ち」。
雫石人形なんてあるのは知らなかった。
幕末の人形。

今日の3点は、O氏でも過去に数点しか見たことの無い人形だそうだが、
それにしても、こういう人形を判別できるっていうことに頭が下がる。
勉強しなくては・・・


tosimon3 at 03:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月24日

骨董市を“はしご”

今日から大きな骨董市が2ケ所で開かれる。
まずは「東京ドーム・プリズム骨董フェア」へ。
ここは有料なのだが、レベルの高いお店が揃うのでいい勉強になる。

相良/獅子頭
ここには土人形の類はあまり出品されないが、
T骨董店が出ているので寄ってみると、
すごくいい状態の土人形が2点飾ってあった。

写真左が相良人形、右が寺沢人形。
どちらも剥離がほとんどなく完品に近い状態。
こんな人形をどこから持ってくるんでしょうネ…
出所は教えてくれませんけど…。(当たり前か)

ドームで編集長と待ち合わせてたので、昼飯を近くの「やすべえ」で食べ、
向かったのは、パシフィコ横浜で開かれている「横浜骨董ワールド」。

ここは400店ほどが出店する大きな骨董市なのだが、
約半数が西洋骨董・おもちゃ関連なので、見る楽しみも半減というところ。
(入場料半分返せ!…笑)

伏見/宝船
会場を見ていたら、Aさんが出店していた。
挨拶すると「これ見てよ」と指差したのが、
写真の人形。

宝船に童子が乗っている珍しい構図の伏見人形。
江戸期はありそうなのだが状態が素晴しい。
私のところにもこんなにいい状態の伏見は一つも無い。
もう一目で “欲しい” モードに。(笑)

値段を聞いて一瞬ひるんでしまったが、これこそ“一期一会”。
ここで買っておかなければ後々後悔するのは分り切っているので即決。
後先も考えず、またやっちゃいました。orz

もう一つ今日の収穫は写真の“花瓶”。
何ともおかしな形なのだが、れっきとした“花瓶”なんですヨ。それも平戸焼の…。

平戸/花瓶
これまで図録等でかなりの数の平戸焼を見てきたが、こういう形のものは記憶に無い。

上の口の部分にホツがあり、ニューも一本あるのでかな〜り安くしてもらったが、こういうのを見ると平戸の陶工の自由な発想ぶりが笑える。
   

 *   *   *   *   * 


●556)やすべえ@水道橋


東京ドームから離れたところに車を停めたので、その途中にあるここへ入ってみる。
イヤ〜久し振り…以前は月一ぐらいで食べにきていたのだが、その頃が懐かしい。

やすべえ2

つけ汁は相変わらず甘い。
以前にも増して甘くなってるんじゃないかと思うほど甘い。ここまでやらなくても…と思うのだが、個人的にはこれが結構好きだったりする。(笑)

魚粉をダバ〜ッと入れてタマネギもドサ〜ッと入れる。
これで甘さも少しは緩和されるので食べ易くなる。
後はZZZ〜ッとかきこむだけだ。


 *   *   *   *   * 


●557)鮎ラーメン@二子玉川


編集長が資料館を見たいと言うので案内する。
帰りがけにここで本日2杯目のラーメンを食べることに。

あゆ23
鮎ラーメンを食べたいと言ったのは編集長。
鮎大好き人間なのだ。

しかし、今日のスープは時間が早かったせいもあるのか、やや浅い印象。

私が来るのはいつも終了間際なので、もっと“煮詰まった”感じがあったのだが、
マアこれはしょうがないンでしょうネ。

小西さんからの情報だと、年末年始は1日のみ休みで、
あとは昼間だけの営業で “特別鮎ラーメン” を出すそうだ…これは楽しみ。

tosimon3 at 05:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年06月17日

ゴーヤが…

休麺日無し1490日目
411)七福神@神保町
412)廣功秀@駒沢

七福神=最近は昼時に行列ができるようになった。といっても多くて5〜6人程度なので、隣のサブちゃんにはまだ及ばないケド。(笑)ここは行く度に味が変わっていて、結局今の味になったのだが、これが良かったンでしょう。最初の頃とは全く違う味になってしまったけれど、これはこれでイイと思う。

廣功秀=今夜からまた伊豆へ行くのだが、その前に一杯と思い、ここへ。いつものつけ麺を頼んだら、薬味にゴーヤのスライスが付いてきた。これまでは椎茸を半分に切ったものが付いてきたのだが、「夏ヴァ−ジョン」ということでゴーヤに変えたとか。でもこのゴーヤはさっぱりしてなかなかイイです。他にゴーヤの入ったラーメンってあったかナ?


tosimon3 at 03:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月13日

とまとラーメン

休麺日無し1486日目
401)とまとラーメン@本郷
402)麺神@神田
403)龍馬@新井薬師

とまとラーメン=とら会で愚駿さんがレポしていたので、昼に早速行ってみる。場所は思った通り「麺茶屋」のあったところで、麺茶屋との関連は不明。「トマトラーメン」を注文するが、出てきたラーメンは普通の醤油ラーメン。トマトが入っているとばかり思っていたので、これには拍子抜け。商品名の頭に店の名前をつけただけだったのネ。トマトが入っていれば、それなりに話題性もあったのに…。女性2人でやっているようで、ラーメンもたいへんやさしい味でした。

麺神=最近ご無沙汰だったが、『一周年記念割引きセール』のことがとら会に出ていたので、詳しく聞きたいと思って行ってみる。店長さんと色々話しをしているうちに「熊本ラーメンも安くしたほうがいいんでしょうかネ〜」と聞かれたので、「そりゃぁ安いにこしたことはないでしょ〜」と私。しばらくして「じゃぁ熊本は490円にします!」と話しの分る店長。そんな訳で熊本ラーメンは490円になりました。

龍馬=何で店名がこの名前なのかは聞いてこなかったが、洒落た創りの店なので、どうも店名とのギャップが気になってしょうがない。メニューは塩のみで、マアこの辺のこだわりはいいンだけど、じゃあ塩だけで客が呼べるほどの味か?というと、少しギ問。美味しいことは美味しいンだけど、突出した旨さは感じられない。もう一度ぐらいはつけ麺を食べに来るかもしれないが、それ以上のリピートはないかも。梅味のついた卵は美味しかったけどネ。


tosimon3 at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月02日

意外に旨い!

休麺日無し1475日目
376)天山@神田
377)実之和@高田馬場

天山=仕事が昼に食い込んでしまったため、あまり待たなくても食べられるところ…ということで天山に。今回は味噌ラーメンを食べたが、これが結構旨かった。ベースの豚骨スープがもともと濃いので、これに味噌ダレを合わせることで、かなりコッテリとした味噌ラーメンになる。それと、スープのシルキーさは、おやじ@町田を思いだした。

実之和=前回カレーつけ麺を食べたとき、スープの味がいまひとつしっくりとこなかったのだが、今日はなかなか美味しかった。個人的にはもっと甘味が欲しいのだが、カレーは本店@青山が一括で作っているようなので、味を変えることはちょっと難しいかも。でも変えてほしいナ〜。

tosimon3 at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月01日

休麺日無し1474日目

休麺日無し1474日目
374)ぶぶか@西神田
375)天萬堂@末広町

tosimon3 at 04:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月31日

5月は72杯

休麺日無し1473日目
372)菊地原真@神田
373)鮎ラーメン@二子玉川

今月は72杯も食べてしまった。…とは言っても、毎月70杯台は食べているので、これが私の平均というところか。

菊地原真=神田駅東口の近くに「まんだら屋」という久留米ラーメン店があったが、いつの間にかこの店になっていた。まんだら屋が閉店していたのは知っていたが、またまた同じ 系統の店になって、こんどは2階も使っているが、そんなにお客が入るのかしら?ネット情報では、この店は用賀にある柳屋の関連らしい。




tosimon3 at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年05月30日

ラーメン始めました

休麺日無し1472日目
370)味の一@小川町
371)まねきや@高田馬場

味の一=朝から雨なので、昼は暖暮で食べようと思い出かけるが、暖暮の少し手前にある味の一という店の前に「ラーメン始めました」という貼紙が。更に「一昼夜かけて作るスープ」とか「自家製手揉み麺」などのウンチクが書いてあるので、こりゃあ入るっきゃないと店内へ。しかしラーメンは、マアフツーの東京ラーメンでした。でもワンコイン(¥500)で
食ベられるンだから良しとするか。

tosimon3 at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月26日

休麺日無し1468日目

休麺日無し1468日目
361)そら@神田
362)廣功秀@駒沢

tosimon3 at 13:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月25日

武骨の果実味つけ麺

休麺日無し1467日目
359)武骨@上野
360)服部@水道橋

武骨=連休明けから出ているつけ麺が、今週は「果実味」のはずなので、昼にとりあえず行ってみると、何と店内も含めて6人待ち。これはラッキーとばかりに並ぶ。10分ほどで着席。その頃は表に10人以上が待っていた。こういうこともあるンですネ。
で、果実味のつけ麺は…というと、麺の上にはリンゴを細かく切ったものに、レモンの細切れと汁がかかっている。そのまま食べると酸っぱい。つけ汁は見た目はラーメンの「白」と同じようなスープで何の変哲もないが、食べてみるとバナナの香りが…。底をすくってみるとスライスされた焼バナナがたくさん入ってマス。後できいたところでは、油も「バナナ油」を使っているとかで、確かに「果実味」になってます。結構美味しいデス。

tosimon3 at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月24日

健康診断

休麺日無し1466日目
357)戎 二恩@神田
356)バクエン@中野

今日は年1回の健康診断(成人病検査)日。本当は昨晩9時以降は飲食してはいけないのだが、都筑で食べたのは9時を過ぎていたし、それからコーヒーも飲んだし…。朝はもう少しで寝過ごすところだったが、何とか無事に健康センターへ。胃の中にはまだラーメンが残っているような気が(笑)。昨年は体重が2キロぐらい増えたのと、眼底出血があるといわれたが、眼のほうはその後の再検査で異常無しだったし、その他の所見はなかったのだが、今回はどうなるやら。最初に計った血圧で、上が112、下が92という結果が出てしまった。これまで下はずっと70台だったので、これはあまり良くないかもしれない。腕を少し斜に入れたのがいけなかったのか?(笑)。体重は2.5キロ減っていたのでこれは良しとしよう。あとの結果は2週間後でないと分からない。

バクエン=夜になってまた馬場の100円レコードを物色しにいったついでに、六坊へ行くが、ちょうど終ったところで食べられず。雨の中どうしようかと考えて、思いついたのがバクエン。確か連休明けからつけ麺を変えるといっていたので、ちょうど良い機会なので行ってみる。つけ麺は確かに変わっていた…イタリア風に(笑)。何でも「カポナータ」という料理からヒントをもらったそうで、味付けもイタリア風に変えており、これまでとはちょっと違った味に。でもなかなか旨いです。以前より酸味が強くなった感じだが、私は酸っぱいほうが好きなので、全然OK。高橋さんとはジャズのことで話しが合うのだが、今日は前に話していたホッド・オブライエンというピアニストのCDを持っていってたので、またまたそれで話し込んでしまった。面白い人です。

tosimon3 at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月23日

早稲田は…

休麺日無し1465日目
355)麺たんぴん@秋葉原
356)都筑@西早稲田

都筑=早稲田の一兆堂の後に出来た店。「都筑」というのは、私が住んでいる宮前区の隣なんで、何となく親しみがある。が、味は永福町大勝軒風というのが何とも不思議。丼がでかい。量は多そうだが、スープが美味しかったので何とか食べられた。麺は確かに柔らかいので、これが改良されればもっと旨くなりそう。同行の編集長はつけ麺を食べていたが、水で締めるとマア何とか食べられる。スープ割りが旨かった。それにしてもこの界隈たいへんなことになってますネ。どの店が残るのか1年後が楽しみ。

tosimon3 at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月20日

休麺日無し1462日目

休麺日無し1462日目

348)七福神@神保町

忙しくて昼に食べた一杯になってしまった。それにしても、ここのつけ麺、辛ネギを入れるようになって美味しくなりましたヨ。最近は結構お客さんも入っているようです。




tosimon3 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月19日

休麺日無し5年目に

休麺日無し1461日目
346)活力屋@秋葉原
347)武骨@上野

計算違いをしていなければ、休麺日無しが今日で丸4年ということになる。4年間、一日も
休むことなくラーメンを食べ続けてきた訳だが、それは逆に言うと「食べられない日がなか
った」ということになる。つまりこの4年間すこぶる健康に過ごせたのである。これは感謝すべきことであるとともに、健康への自己管理(?)ができたということに他ならない。陳腐な言い方だが、自分で自分を誉めてあげたい。この間、約3500杯近くのラーメンを食べてきたが、体調にそれほどの変化は無い。体重が2〜3キロ増えたぐらいのものだろうか。よっぽどラーメンが身体に合っているのだろう。体調に変化が出たらすぐにやめるつもりでいたのだが(そうなったときはもう遅いか)、結局やめるきっかけがないまま、今日まできてしまった訳である。明日から5年目に突入することになるが、マアもう少し続けてみることにしようか。

活力屋=昼に行くと、期間限定(5月末まで)で味噌つけ麺が出ていた。つけ汁は見た目は普通のつけ麺とあまり変わらないが、食べてみると確かに味噌。ただし、思っていたよりこ
ってり感はなく、むしろ薄いぐらい。味は悪くないのだが、麺の持ち上げが悪いせいか、何となく物足りない感じが残る。ちょっともったいない。それと、これまでつけ麺には味玉が最初から入っていたが、メンマに変更になっていた。個人的にはこのほうが嬉しい。

武骨=連休明けからつけ麺が始まっているはずなので、もしかしたら残っているかもしれないと思って夕方行ってみるが、やっぱり売切れていた。時間限定でないため、午後3時頃にはなくなってしまうそうだ。午前中から出かける訳にもいかないので、当分食べられそうにもない。店長にそう言うと「昼と夜に分けて出すことも考えています」との返事。早く実現して欲しいものだ。                                                                                                        


tosimon3 at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月18日

休麺日無し1460日目

休麺日無し1460日目
344)がんこ八代目@末広町
345)とくや@駿河台下


tosimon3 at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月17日

休麺日無し1459日目

休麺日無し1459日目
343)K@駿河台下

やたらと忙しい。今日は昼に食べた一杯だけになってしまった。帰りに宮崎らーめんでもと思っていたのだが、やっていなかった。そういえば、ここ2〜3日店が閉ったまま。これまでめったに休まない店だったのに、どうしちゃったンでしょう。

tosimon3 at 05:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月16日

ヨ−ヨ−・マとラーメン

休麺日無し1458日目  

340)麺心@小川町
341)八屋@赤坂
342)リュ−キュ−ア−ユーを食べる会@赤坂

今日は19時からサントリーホールで開かれるヨ−ヨ−・マのコンサートを聞きに行く。同僚の窪田さんがチケットを手配してくれて、何とか2枚手に入ったものだ。演目はバッハの無伴奏チェロ組曲のうち1、3、5番。明日は2、4、6番なのだが、こちらは手に入らなかった。クラシックに限らずコンサートを聞きに行くというのは、かなり久し振りだったが、それにしてもヨ−ヨ−・マのチェロは素晴しかった。チェロ1本であれだけの表現ができるということに、改めて感心するとともに、バッハという作曲家の偉大さに敬服。特に5番は涙が出るくらいの感動ものでした。ライヴはいいです。

八屋=コンサート終了後、窪田氏と何か食べようと物色していると、アークヒルズの中でこの店が目についた。何もこんな時にここでラーメンでもないと思ったのだが、この店は知らない店だったのでそれとなく興味を示していたら(笑)、窪田氏が気を利かして「食べましょうヨ」と言ってくれたので入ってしまう。醤油を食べたが、どちらかというと旨くないラーメンだった。せっかくのいい気分が台なしで、「やめておけばよかった」と深く後悔。
帰宅してから調べてみると、開店当初からあまり評判は良くなかったようだ。この場所であんな味のラーメン店が続いているということのほうが驚き。

鮎ラーメン=永田町で乗り換える際に、そういえば近くに鮎ラーメンが…と思いだす。若女将が関西へ行っているというので、しばらく行ってなかったが、そろそろ帰ってきているのでは…と思いのぞいてみると、若女将帰ってましたヨ。お客が少なかったので、関西の話しや何やらで、ほとんど独占状態(笑)。やっと気分が晴れました。



tosimon3 at 03:47|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年05月12日

休麺日無し1454日目

休麺日無し1454日目  330)麺神@神田
             331)神田大勝軒@神田

tosimon3 at 03:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月10日

休麺日無し1452日目

休麺日無し1452日目  326)戎 二恩@神田
             327)神座@渋谷

tosimon3 at 03:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月09日

しる幸1周年

休麺日無し1451杯目  324)戎 二恩@神田
             325)しる幸@飯田橋

戎 二恩=先日サブ会で潜入捜査員さんが書いていた店。Y字に分かれた道の中心部に位置するカウンターだけの立ち食い店のような店。「戎」という通り、板橋の西台にある和歌山ラ
ーメンの店の支点だそうだ。「二恩」は「におん」でいいようなのだが、意味は不明。中華そば550円は安いが、味は紛れもない和歌山の味。

しる幸=5月6日で1周年だそうだ。めずらしくおうさるさんがサブ会に書いていたので、夕方に行ってみる。先客5名と、珍しく客が多い(笑)が、これは大入袋のせい?。「おめでとうございます」と言うと「イヤー何とかかんとかですよ」とご主人。私にとっては、このお店は「癒し系」のお店のひとつ。よく言われる「豚ガラ、鶏ガラ、人ガラ」のうち「人ガラ」で作られるラーメンの味は何にも代えがたい味だ。

食べ終った頃ご主人が、私の後ろのテーブルで食べていた年配のご夫人を、Gさんのお母様だと紹介して下さる。Gさんはラ界では有名な方なので、思いもかけない出合いで話しが盛り上がってしまった。「私は自分のことを『雨の競馬場』と言っているのヨ」「????」「不良馬場(婆婆)ヨ」何とも楽しい方でした。(^^;

tosimon3 at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)