らーめん 豊島区

2010年12月04日

忘年会 in 池袋

新LTサンシャイン文化会館で「LT」の新作発表会。
SPレコードを聴くためにこの LT を購入したが、
新しいプレーヤーが発売されるということで、
今日は新旧のマシンの聴き比べが開催された。

聴いてみると、やはり新機種の優位は一聴瞭然。
当然買い替えを考えるが、高いのでちょっとムリ。


皿鉢料理松茸ご飯







終了後はサンシャインアルパに移動して、LT友の会会員による忘年会。
会場は「土佐藩」という土佐料理をメインにした店。
今話題の坂本龍馬にちなんだ…という訳ではないだろうが、
土佐名物『皿鉢(さわち)料理』に一同舌鼓…最後は「松茸ご飯」で〆。(^^)


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●470)KINGKONG@池袋

キングコング店キングコング







忘年会終了後、せっかく池袋まで来たのだから、近くのこの店に寄ってみる。
東池袋大勝軒の新ブランドとして8月にオープンしたばかりの店だが、
何故に「キングコング」なのか…という疑問は残る。(^^;

中華そばもあるようだが、まずはメインの『トロフルつけ麺』を…
「トロフル」というのはフルーツが入っているかららしいが、
トロ味のあるつけ汁は、フルーツ感はあまり無く、むしろ動物系が前に…
この濃度と麺の硬さは個人的にあまり好みではないので、
かなり期待を裏切られた結果になってしまった。(^^;


池麺 KINGKONG


tosimon3 at 05:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年05月01日

宿題店2店

●171)バッソドリルマン@池袋/思っていたより美味しい…


静岡のマイミクさんと食べ歩き。
最初は高田馬場からと思っていたのだが、急遽こちらの店に変更。

店長の品川さんとは以前から面識があったのだが、店に来るのは初めて。(^^;
なので、昨年の「つけ博」でつけ麺は食べているものの、
ちゃんとしたラーメンを食べるのは、今日が初めてということになる。

池袋駅から遠いということは聞いていたが、途中で道を間違えて別の方向へ…
20分以上も歩いて、やっとたどり着いた時は店の前に行列が…
こんな場所でも、知ってる人はちゃんと来るんですね〜

バッソ店バッソ






少し待って店内へ…基本の『中華そば』を注文。
鶏ベースの奇麗な清湯スープからは “美味しさオーラ” が伝わってくる。
シンプルではあるが奥の深い味は、なかなかのレベルに思われる。

自家製麺の麺もスープに良く合っていて、バランスも申し分ない。
こんなラーメンが食べられるのなら、もっと早く来ればよかった…(^^;


BASSO ドリルマン


 ………………………………………………………………………



●172)ラハメン ヤマン@新桜台/何故にジャマイカ…?


続いてやってきたのは、新桜台にあるこちらの店。
別に狙って来た訳ではないのだが、この店も横文字の店名。
最近、横文字店名の店は増えているが、この店名はインパクト大間違い無し。

店名の「ラハメン」というのは「ラーメン」からの造語らしいが、
「ヤマン」というのはジャマイカで「やぁ」という意味らしい。
しかし何故かラーメン店なのに、店の前にはジャマイカの国旗がはためき、
店内にはレゲエが流れ、店員はドレッドヘア…という治外法権的な空間。

この店の存在は知っていたが、何か美味しそうな感じがしなくて、(^^;
ドリルマン同様にずっと宿題店のままになっていたのだが、
2月にお台場のラーメンパークでこちらの『塩らはめん』を食べたところ、
なかなか美味しかったので、以来ずっと店に行きたいと思っていた。

ヤマン店ヤマン1






基本が『らはめん』という醤油ベースのラーメンらしいので、それを注文。
出来上がってきたラーメンは、ジャマイカらしさは全く無く、
それこそ純粋な和風ラーメンのテイストが漂う。(^^;

こちらも麺は自家製麺のようで、モチモチとした食感が美味しい。
ラーメン自体はそれほどインパクトのある味ではないが、
じんわりと出汁の味を感じさせてくれる。

ジャマイカ風の何かを期待して来ると、見事に裏切られるが、
良い方向に裏切られられるのは歓迎すべきこと。
ここもたまに来てみたい店の一つになった。

しかし、何故に「ジャマイカ」なんだ…(^^;


ラハメン ヤマン


 ………………………………………………………………………


赤木範陸(Akagi Norimichi)作品展@新宿小田急

途中で寄ったのがこの展覧会。
以前から知り合いの作家さんで、4年振り?の個展。

赤木会場赤木作品







会場は小田急新宿本店10階の美術画廊。
ここに素描、木版画を含む約30点が展示されたが、
特筆すべきは「エンカウスティーク」という技法で描かれた作品の数々。
この技法に関しては下の説明をご覧いただきたいが、

赤木技法かなり面倒な古典技法であるため、
これを使う画家は少なく、目にすることも殆どない。
その意味で赤木氏は希有な画家といえる。

派手な表現には向かないようだが、
画面の奥底からにじみ出てくるような表現に、
心を揺さぶられる人は少なくない。


tosimon3 at 16:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月20日

ハイテクラーメン

●211)宗@高田馬場

静岡から静岡人さんと親父さんが来ているので、N君を誘って食べ歩き。
「宗」で待ち合わせたのだが、ここへ来る前に「渡辺」で食べてきたという。(^^;

そう7宗で食べたのは『トマト王子』。

麺はトマトが練り込まれた赤い麺と、
普通の白い麺の合わせ盛り。
つけ汁は濃厚魚介トマト味…

上に乗っている挽肉のようなものは、
イカのゲソを細かくして味付けしたもの。
こういう形でイカを使うという発想はさすが…一風変わった風味と食感が新鮮。

最初はペペロンチーノ風の和え麺として味わい、
つけ汁に浸けて食べれば、和風イタリアン…と、なかなか楽しませてくれる一品.
トマトを前面に出さない、変化球勝負が面白い。

ただ、麺が丼に入って出てくるので、せっかくの2色麺が隠れてしまうのは残念。
平皿に盛りつければ、視覚的にも良かったのではないか…(^^;


麺屋 宗=http://ameblo.jp/menya/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●212)たくら@池袋

宗で食べた麺の量が意外に多かったため、しばらく休憩をしていると、
静岡人さんが「面白い店があるんですが…」という。

何でも電磁調理器が机の上に用意されていて、これを使いながら食べると、
スープが冷めないという仕掛けらしい。
それは面白いと、行ってみることに…(^^;

たくら店店の外観は、知らなければスルー必至。
「まいしゃぶ」というのは何なんだ…(^^;





たくらIHこれが噂の「IHヒーター」
カウンターの上に一人分づつセットされていて、
食べるときに下の電源スイッチをオンにすると、
器は熱くならず、中身だけが熱くなる仕組み。
これはなかなかのアイデアものだ。


たくら食べたのは『鶏にぼ醤油ラーメン』。
鶏ベースのスープに煮干し(節系も)が効いて、
太目の麺との相性も悪くない。
いやいや思ったより美味しいですヨ。(^^;

この麺はつけ麺に合いそうなものなので、
つけ麺で食べたほうがいいと思うし、
IHヒーターの効果も実感できるはずなのだが、何せ腹が空いていないので、
全員ラーメンを食べることになってしまった。orz

豚しゃぶとのセットもあるようだが、100円高いだけなのはお得かも。
もっと腹の空いているときに、再訪してみましょう。(^^;


【我流軒 たくら】
東京都豊島区東池袋1-42-12 TEL.03-5958-1751
11:00-23:30 無休


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●213)大喜@湯島

静岡人さんがこちらへ行きたいというので、久し振りに訪問。
確か昨年1〜2回は来ているはずなのだが、何ヶ月振りだろう。

大喜2お目当ての限定がなかったので、
ここでは未食の『もりそば』を食べてみようと、
食券を買った後で気が付いた。
つけ麺は麺の量が1.5倍じゃないか…orz

麺が思ったより柔らかい。
柔らかいのは嫌いではないが、
これはちょっとヤワ過ぎ。(^^;

この店は一般的に評価は高いのだが、私との相性が悪いようで、
来る度にガッカリさせられることが多い。
今日のもりそばも、どちらかというと “美味しくない” 部類に属するものだった。

tosimon3 at 04:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年03月31日

ラストがんこ

●134)新一条流がんこラーメン@池袋

3月一杯で池袋の店を弟子に譲り、がんこの家元がまた “旅に出る” らしい…(^^;
ということで、最終日に行ってみることに。

1時過ぎの到着で3人待ち。
家元がラーメンを作っている様子を窓から見ながらしばし待つ。

がんこ家元
がんこ本店







食べ終って出てくるお客に「またどこかでお会いしましょう」と声をかける。
今日でいなくなることは確かなようだが、その悲壮感はない。

カウンターに座って挨拶すると、相変わらずの一条節が飛び出す。(^^;
この元気さが家元の持ち味。
またどこかで会えるだろう…というポジティヴな気持ちにさせてくれる。

再会できる日を楽しみにしながら…とりあえずご苦労さまでした。


 *   *   *   *   * 

●135)宗@高田馬場

池袋で食べたい店は他にもいっぱいあったのだが、敢えてこちらの店へ。

最近はマスコミへの露出も多く、行列店の仲間入りをしているようだが、
さすがに2時過ぎともなると空いていた。

そう5
柳さんがいたので限定を聞くと、
「今は無いが、面白い麺がある」とのこと。

見せてもらうと緑色の麺…翡翠麺らしいのだが、
ゴーヤも少し入っているという。(^^;
今後の限定に使う麺らしい。

ということで、つけ麺で食べさせていただくことに…。(^^;

ゴーヤの味とか香りは殆どないが、ツルッとした歯応えの美味しい麺。
なんと行っても見た目が美しい。
夏場に向けての冷やし麺なんかには向いているかも。


tosimon3 at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年10月20日

かぼちゃの王様

●431)天翔@池袋

午前中から池袋にてラーメン仲間との麻雀大会。
午後になって抜け番の時にラーメンを食べに行ったのだが、
事前に調べてこなかったので場所がよく分からない。

歩き回っているうちに見つけたのがこの店。
店の前には「濃厚魚介醤油」「鯖節」「うるめ干」「利尻昆布」など、
ラーメン好きの心をくすぐる言葉が羅列されている。

何となくチェーン店系の匂いがしないでもないが、
時間がないので入ることにする。

天翔
ラーメン自体は見栄えもいいし、
何といっても魚介の濃度はかなりのもの。

マア、これはこれで美味しいのだが、
コシがなく、すぐにダレる麺はいただけない。

叉焼は焼豚の味がしたが、これは美味しかった。
ただ、2度目はないだろうナ〜(^^;


【天翔】
東京都豊島区西池袋1-39-1 TEL.03-3981-8171
月〜土 11:30-26:00 日 11:30-24:00 無休


  *   *   *   *   *  


●432)宗@高田馬場

麻雀終了後、3人で食べに行く。
限定『かぼちゃの王様』のハロウィンヴァージョンがあるというので、
3人ともそれを食べることに。

そう3
前回食べた『かぼちゃの王様』に比べ、
今回は随分と仕様が変わっている。

まず器が変わり、具も変わったが、
一番変わったのは、麺が“アツもり”になったこと。

つけ汁は冷たいのだが、このお陰でかぼちゃの旨味がグッと引き立ってくるし、
香辛料で味付けされた豚バラ肉がいいアクセントになっている。
個人的にはこちらのほうが好みかな…(^^;

食べ終った後の “豆乳割” もウマかった〜。


tosimon3 at 02:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月11日

家元の笑顔

この暑さの中、朝から池袋でラーメン仲間との麻雀大会。
モノ好きもいるものだ…って私もその一人だが…(^^;

タイカ2
さすがに今日は人数も少なく、
抜け番もないため、ラーメン食べに行けない。

仕方なくここの雀荘名物“カレー”を食べて空腹を満たす。

しかし、このカレーがウマイ!
私が食べたのは“小カレー”だが、これで350円。
値段に対する満足度はかな〜り高いものがある。

このカレーを食べるために麻雀をやりに来てる…という人もいるぐらいだ。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                       


●318)新一条流がんこらーめん@池袋


早めに麻雀が終ったので、有志でこちらへ。

がんこ店
がんこ家元の一条氏が、西早稲田の店を閉め、
今年の4月にここへ開店した。
移転してからは、なかなか来る機会がなく今日が初訪問。

思っていたより狭い…5人しか入れない店。
以前の店からすると、何故こんな狭い店に…と思ってしまうが、
そこは家元のこと、何か思惑があってのことなんでしょう。

印象的だったのは、家元がすごく楽しそうに笑顔でラーメンを作っていたこと。
本当に好きなことをやっているからなんでしょうネ。

がんこ36
こちらは『新がんこラーメン』(醤油)。

移転に伴い味も変わったと聞いていたが、
確かにラーメンはこれまでとは別物。

それも7月に再度、味を変えたばかりだそうだ。

食べてみると、これまでのがんこの片鱗はうかがえるものの、
麺はかなり太くなっているし、スープはよりジャンクな方向を向いている。

何となく醤油ッ気の強い二郎を食べているような錯覚を起こすが、
二郎よりは食べ易いラーメンになっている。
なかなか美味しい。(^^)

ただ、これまでのがんこはどうなっちゃうの?…という疑問は残る。


【新一条流がんこラーメン】
東京都豊島区東池袋1-13-12
11:30-22:00頃(S切れ終了)


tosimon3 at 02:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年03月31日

嬉しいネ・・・

大阪より「弥七」の酒井さんが上京。
それに伴い「一緒に食べ歩きに…」という集合がかかる。

メンバーはDさん、Kさんに私と、
昨年から弥七で働いている新川さんの総勢5名。

「弥七」は、大阪に移転してからは年に1〜2度ぐらいしか行けないが、
久し振りにこちらで会うことができたのは嬉しい。

日本橋時代には年間40杯ぐらいは食べていたお店。
今度は東京に支店を出してくれると嬉しいんだけど・・・(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●135)69‘N’ROLL1@上鶴間

まずはこちらへ10時にシャッター。

私は9時50分着で一番だったが、
あとの4人が来たときには既に後ろに5人が並んでいたため、
トップを譲って6番目に並び直す。

11時の開店時には3〜40人が並んでいた。orz
こういうことでもないと、ちょっと並ぶ気にはなれないネ〜。

ロック24
今日は2号と3号しかないので2号を食べる。

いつ食べても旨〜い!
もう“ウマイ”という表現以外の言葉を見つけられない。

1時間待っても食べる価値は十分ある。

最近は嶋崎さんも3杯づつ作るようになったようだ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●136)胡心房@町田

続いてこちらへ12時開店の少し前に着くと、7~8名の待ち。
もっと並んでいるかと思ったのでこれは意外だった。

しかし開店時には30人以上が…ラッキー!

胡心房8
裏メニューの『釜玉』を食べる。

これは初めて食べたが、
イヤ〜美味しいですネ〜これ。

麺は豆乳麺だと思うが、
玉子との相性がバッチリでタレとの絡みもいい。

大盛りで食べたいぐらいだ。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


今日の最終目的は、池袋で開かれているラーメン仲間の麻雀大会参戦なのだが、
その前に酒井さんの希望で寄り道…したのがこちら。

http://www.devilarrow.com/


このお店のオーナーは、元「醤屋」の店主、綿拔さん。
綿拔さんと酒井さんは以前からの“飲み仲間”ということでの訪問となった訳。

開店の際には当ブログでも紹介させていただいたが、
最近はバイカーの間でちょっと話題になっているという。

http://www.virginharley.com/harley-enjoy/tomo/27.htm


バイク好きの方は要チェック。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●137)ごとう@池袋

その後池袋へ移動して、会場へ着く前にここを覗いてみると行列無し。
酒井さんは初めてだというので、もちろん食べない訳がない。(^^;

ごとう4
やっぱり『もりそば』。

これも旨〜い!

池袋大勝軒無き今、そのDNAを最も理想的な形で継承しているお店のひとつ。
同じ池袋で食べられるというのも嬉しい。

あっ、それからここの味玉は美味しいネ〜。
最近少なくなった固茹で味玉。
“固茹で味玉復権委員会”の会長(自称)としてはこれも嬉しい。


tosimon3 at 05:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月10日

とら雀

休麺日無し1422日目  

256)海神@池袋  
257)蔦亭@池袋
258)廣功秀@駒沢


朝10時から池袋でラーメン仲間と麻雀大会。
こんな朝早くからよくやるよ…って自分も参加してるんだから…(笑)
成績はあんまり芳しくない。
でもこれが実力なのだから仕方がない。
私の麻雀は“楽しめればいい”麻雀なので、勝ち負けにはあまりこだわらない。
なので、通れば儲け物とばかりに振り込むことが多い。
一番いけない打ち方と分かっているのだが、ついついやってしまう。
マア自己責任だからしょうがないんだけどネ。

中抜けのときにすぐそばの「海神」へ。
『アラ塩ラーメン』を食べるが、ちょっと生臭さが気になった。

tosimon3 at 02:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月30日

休麺日無し1411日目

227)K@駿河台  
228)野田屋@池袋
229)はせ川@池袋

tosimon3 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月23日

大勝軒@飯田橋で

休麺日無し1377日目  

143)ごとう@池袋  
144)大勝軒@飯田橋

◎ごとう=用事があって池袋に出たので、ついでに海神かごとうと思って行ってみる。
ごとうに行列ができているようなら海神のつもりだったが、
さすがに平日の3時前では行列もなく、すんなりと入れた。
もりそばを食べる。やっぱ旨いです〜特に麺がネ。


◎飯田橋大勝軒=昼間大勝軒系のつけ麺を食べていたので、
何となく今日は「大勝軒の日」と勝手に決める。(笑)

ならば未食の飯田橋大勝軒へ、と行ってみる。
6時半過ぎだったが、待ちなし。ちなみに隣の青葉も待ちなし。
大勝軒のほうがお客さん入ってます。

ここでももりそばを注文。
席に着いて何となく厨房のほうを見ていたら、
お兄さんが麺の入ったざるを持ってきて水をかけている。
そんなに早く自分の分ができる訳がないので、これは前の人の分と思っていたら、
その麺を丼に盛り付けて私のところへ持ってくるではないか。

その間2分ぐらい…明らかに茹で置きの麺としか思えない。
食べてみても、コシのない食感は茹で置きそのもの。
まさかとは思ったが、初めての店でこういう目にあうと、もう2回目はないナ。

つけ汁もごとうのあとだったせいか、あんまり美味しいとは思えなかった。
茹で置きは、他の店でもたまに批判が出ているようだけど、
大勝軒系ではこういうことは日常茶飯事なんでしょうかネ。

お客軽視は言語道断!

tosimon3 at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月17日

休麺日無し1340日目

46)寅@水道橋   
47)きび@小川町          
48)いち彦じゃん@池袋  
49)桜坂@渋谷

寅=鎌倉のあとにできた店。
チェーン店なので味は分かっているが、とりあえず1回は食べておこうと入ってみる。
ウ〜ンこんな味だったかナ…と思いつつ食べる。
すぐ近くにやすべえが出来ているので、かなり苦戦するのでは。
それにしても鎌倉の店長さん、どうしちゃったンでしょうね〜。


いち彦じゃん=醤油にこだわりすぎた結果、ちょっと醤油が立ちすぎ…。
という気がしないでもないが、割とはっきりした味で、これはこれで結構好み。
これで帰るつもりだったが、渋谷で乗り換える際に、
ついついもう1軒、となってしまい、桜坂へ。
(これじゃ酒のはしごをしているのとあんまり変わンないナ〜)。
このお店は初めてなので、『桜塩そば』を食べるが、ちょっとしょっぱい。
少し前にしょっぱめのラーメンを食べているにもかかわらず、
これだけ塩気を感じるというのは、かなりしょっぱい?
スープは殆ど飲めなかった。
店の雰囲気と店名はかなり気に入っているので、近いうちにもう一度来てみよう。

tosimon3 at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)