らーめん 練馬区

2010年05月01日

宿題店2店

●171)バッソドリルマン@池袋/思っていたより美味しい…


静岡のマイミクさんと食べ歩き。
最初は高田馬場からと思っていたのだが、急遽こちらの店に変更。

店長の品川さんとは以前から面識があったのだが、店に来るのは初めて。(^^;
なので、昨年の「つけ博」でつけ麺は食べているものの、
ちゃんとしたラーメンを食べるのは、今日が初めてということになる。

池袋駅から遠いということは聞いていたが、途中で道を間違えて別の方向へ…
20分以上も歩いて、やっとたどり着いた時は店の前に行列が…
こんな場所でも、知ってる人はちゃんと来るんですね〜

バッソ店バッソ






少し待って店内へ…基本の『中華そば』を注文。
鶏ベースの奇麗な清湯スープからは “美味しさオーラ” が伝わってくる。
シンプルではあるが奥の深い味は、なかなかのレベルに思われる。

自家製麺の麺もスープに良く合っていて、バランスも申し分ない。
こんなラーメンが食べられるのなら、もっと早く来ればよかった…(^^;


BASSO ドリルマン


 ………………………………………………………………………



●172)ラハメン ヤマン@新桜台/何故にジャマイカ…?


続いてやってきたのは、新桜台にあるこちらの店。
別に狙って来た訳ではないのだが、この店も横文字の店名。
最近、横文字店名の店は増えているが、この店名はインパクト大間違い無し。

店名の「ラハメン」というのは「ラーメン」からの造語らしいが、
「ヤマン」というのはジャマイカで「やぁ」という意味らしい。
しかし何故かラーメン店なのに、店の前にはジャマイカの国旗がはためき、
店内にはレゲエが流れ、店員はドレッドヘア…という治外法権的な空間。

この店の存在は知っていたが、何か美味しそうな感じがしなくて、(^^;
ドリルマン同様にずっと宿題店のままになっていたのだが、
2月にお台場のラーメンパークでこちらの『塩らはめん』を食べたところ、
なかなか美味しかったので、以来ずっと店に行きたいと思っていた。

ヤマン店ヤマン1






基本が『らはめん』という醤油ベースのラーメンらしいので、それを注文。
出来上がってきたラーメンは、ジャマイカらしさは全く無く、
それこそ純粋な和風ラーメンのテイストが漂う。(^^;

こちらも麺は自家製麺のようで、モチモチとした食感が美味しい。
ラーメン自体はそれほどインパクトのある味ではないが、
じんわりと出汁の味を感じさせてくれる。

ジャマイカ風の何かを期待して来ると、見事に裏切られるが、
良い方向に裏切られられるのは歓迎すべきこと。
ここもたまに来てみたい店の一つになった。

しかし、何故に「ジャマイカ」なんだ…(^^;


ラハメン ヤマン


 ………………………………………………………………………


赤木範陸(Akagi Norimichi)作品展@新宿小田急

途中で寄ったのがこの展覧会。
以前から知り合いの作家さんで、4年振り?の個展。

赤木会場赤木作品







会場は小田急新宿本店10階の美術画廊。
ここに素描、木版画を含む約30点が展示されたが、
特筆すべきは「エンカウスティーク」という技法で描かれた作品の数々。
この技法に関しては下の説明をご覧いただきたいが、

赤木技法かなり面倒な古典技法であるため、
これを使う画家は少なく、目にすることも殆どない。
その意味で赤木氏は希有な画家といえる。

派手な表現には向かないようだが、
画面の奥底からにじみ出てくるような表現に、
心を揺さぶられる人は少なくない。


tosimon3 at 16:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年06月21日

旨さがTSUNAMIのように・・・

●248)◯麺堂@東伏見


こちらの季節限定麺の評判がいいようなので、国分堂の帰りに寄ってみる。
駐車場は運良く空いていたが、店の前には先客5人待ち。

最近はこういう状況が続いているようで、
以前のようにゆっくりと食べられないのが残念。

メニューに曜日限定が出来ていたのは知らなかった。
それによると 月・火=牛麺、
       水・木=鴨ラーメン『雷牙』/鴨つけ麺『風牙』
       金・土=Wスープのつけ麺

今日の曜日限定は売切れで食べられなかったので、
当初の予定通り季節限定の『TSUNAMI』を食べることに。

◯麺堂6
ここの限定にはいつも驚かされるが、
今回もまたまたやってくれました。

ジャンル的には“冷し和え麺”タイプなのだが、
具の取り合わせがスゴイ。

左の赤いものはズッキーニ、パプリカなどのラタトゥィーユ。
右の赤いものはトマトのブルスケッタ。
上部の黄色っぽいものが牛麺出汁を凍らせたもの。

中央下は燻し焼豚で、中央が野菜の千切り。
その下には蒸し鶏を裂いたものが隠れていて、
ルッコラ、ベビーリーフなどの香草も配されている。
ここのご主人は、いつも野菜の使い方が上手ですネ〜。

スープは冷した豚骨で、麺はデュラムセモリナ麺…とくれば、
もうこれが美味しくない訳がない。(^^)
和、伊、仏のミックスされた味が、それこそ“TSUNAMI”のように押し寄せてくる。

更に、別に用意されているバルサミコ酢とオリーブオイルを加えると、
また違った味が楽しめる。いやもうスゴイです。

個人的には麺がもう少し太くてもいいかな…という感想を持った。


tosimon3 at 04:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月03日

この味噌は旨いッ!

夜になって例の国分堂へ“夜間割引”狙いで。(笑)
しかし今日はあまりめぼしいものは無かったナ〜。

という訳で、帰りにちょっと回り道をしてこちらのお店へ。


●48)◯麺堂@東伏見

駐車場へ車を入れて店の前へ来ると、あらら…中で2人待ち。
表でしばし待つが、こんなことは初めて。

土曜日の11時過ぎだというのに次々とお客さんが来て、席が空くヒマがない。
席へ着いてからも結構待たされて、
やっとラーメンが口に入った時はすでに30分以上が過ぎていた。

ウ〜ンやはりこれは1/22のTV放映の影響なのか。
2週間たってもまだこういう状態なんですネ。

◯麺堂5
今日は期間限定味噌の『閃光』を食べる。

確か昨年も限定の味噌を食べているが、
ここの味噌は他と一線を画しているところがイイ。

まず、具はレンコン、人参、ゴボウなどの揚げ野菜に、ベーコン?、ジャガイモなど非常にユニーク。
一般的な味噌のジョーシキにとらわれないところがこのお店の魅力。
ビジュアルもすごく美しい。

そして周囲には生クリームがかけられて、
シルキーなスープに一段とクリーミーさが加わる。
この味はかなり独創的。

途中でエビの香味油を加えると、
風味がガラッと変わってこれも悪くない。

しみじみ美味しいナ〜と思う。


tosimon3 at 07:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月02日

休麺日無し1325日目

休麺日無し1325日目  

4)もちもちの木〈野田店〉 
5)武蔵家〈環7店〉

新年の挨拶に、妹のいる野田へ。
夕方になって、おせちも喰い飽きたのでラーメンを…ということになり、すぐ近くのもちもちの木へ。
いや本当に近いんですヨ。車で5分ぐらいなので、こちらに来たときはよく利用させてもらってます。

7時頃で15人ほど並んでました。
人気あるんですね〜。新作の海老なめこつけ麺を食べたんだけど、
ウ〜ン何と言うか、海老となめこの必然性(笑)が感じられなくて、
いまひとつピンとくるものがなかったナ〜。
やはりなめこなら鰹節のほうが合っているような…。


夜中に帰る道すがら、環7を走っていたら、武蔵家がやっていたので入る。
ここは吉祥寺の武蔵家と関係があるんだったかな?
味のほうは確かに家系だったけど、これといった特徴のないもの。
マア未食だったから入っただけなんだけどネ。

tosimon3 at 02:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)