らーめん 港区

2011年10月13日

382)肉玉そばおとど@浜松町/383)REDRICE(湘南乃風)×めんや参◯伍

肉玉そば おとど

おとど2『肉玉つけ麺 D.T.S』

個人的に “肉そば系” が好きなので、これはイイ。
つけ汁は鶏、豚、牛の三獣スープということで、
なかなかにコクのある味わい。
CPの高いつけ麺だ。
D.T.Sは大つけ麺博スペシャルバージョンの略とか…


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


REDRICE(湘南乃風)×めんや参◯伍

湘南の風『六本木乃風』

今回のつけ博では異色のコラボ。
湘南乃風というのはあまり知らないのだが、
ラーメン店ではないということは確か。(笑)
パプリカと米粉を練り込んだ麺は面白いが、
コシがなく決して美味しい麺とはいえない。


tosimon3 at 03:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月10日

378)麺屋 一燈@大つけ麺博/379)五福星@大つけ麺博

本日からつけ博第3章が始まるので浜松町へ…
まずは気になっていた「落合努×CHABUYA」へ行ってみるが、
入口の写真を見てみると、麺が真黒…竹炭を練り込んだ麺だそうだ。
個人的に黒い色をした食べ物は苦手なので、これを見ただけでパス!(^^;


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


麺屋 一燈

一燈1『渡り蟹と豚骨のブレンドつけ麺』

美味しいことは美味しいのだが、
つけ汁が豚骨ベースなので、一燈らしくない。
清湯系のつけ麺を期待していたのだが…




 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


五福星(うーふーしん)


五福星『桜エビの低温焙煎全粒粉つけ麺』

大震災で大きな被害を受けた仙台市からの出店。
地元では圧倒的な人気を誇る店のようだが、
未食なので詳細は不明。
桜エビの香りが印象的なつけ汁は美味しいが、
麺が強過ぎてバランスがイマイチ。

tosimon3 at 02:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月06日

370)田崎真也×Due Italian@大つけ麺博/371)麺堂稲葉@大つけ麺博

田崎真也×Due Italian

イタリアン27ここのつけ麺があまりにも美味しかったので、
もう一度食べたくなって再度来てみる。
石塚さんが「あつもりがいいよ」というので、
そうしてもらったら、これが大正解。
溶けたチーズが麺に絡みついて旨いのなんの…(^^;
前回より更に美味しく食べることが出来た。
これまでこういったつけ麺が無かったのが不思議だ。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


麺堂 稲葉

稲葉この店は茨城県の古河市にある人気店らしいが、
茨城はあまり詳しくなく未食。
鶏白湯ベースのつけ麺のようだが、
この程度の濃厚さでは、最近は驚かない。
麺は平打ちと太麺の2種類混合になっていて、
食感は面白いのだが、美味しいかというとギモン。
悪くはないんだけどね…(^^;

tosimon3 at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月03日

365)東海四天王@大つけ麺博/366)田崎真也×Due Italian@大つけ麺博

東海四天王

東海四天王東海四天王とは、白神@関市、喜多楽@名古屋市、ぎんや@名古屋市、晴レル屋@大府市の人気4店で構成されたグループ。
今回は『名古屋つけ麺』を引っさげて出店。
麺はきしめん風の平打ち幅広麺。
つけ汁には八丁味噌が隠し味として加えてあり、
ニンニク風味とピリ辛味は台湾ラーメン風。

写真に見える「エビフリャー」は、トッピングとして別売になっているが、
サックサクの衣が何ともいえず美味しかった。(^^)
4店のコラボ作品でありながら、ヒジョーにまとまりの良い一杯。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


田崎真也×Due Italian

イタリアン26Due Italian@市ヶ谷の石塚店主と田崎真也氏が組んだ最強コラボ。
田崎氏の選んだ赤ワインを使ったつけ汁は、
バルサミコ酢でアクセントをつけたデミグラソース。
パスタ風の麺にはカポナータのような野菜炒め?とクリームチーズがかかり、これらを混ぜ合わせて麺だけ食べても美味しい。

この麺をデミグラソースのつけ汁に浸けて食べると、それこそ一級のイタリアン。
石塚さんの腕の確かさが再認識できるつけ麺に仕上がっている。
肉はトッピングのブドウ牛肉のシャブシャブ…これも美味しかったが、
このつけ麺、おそらく原価無視で作っているんだろうナ〜(^^;

tosimon3 at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月29日

358)ROCK'N'ROLL ONE@町田市/359)こうじ@柏市/360)豆天狗@高山市

ラァメン屋 69'N'ROLL ONE

ロック86『超純水による69コンブネーション』

一昨日に引き続き、今日も一杯目はロックへ…
前回食べたのは、いわゆる “まかない” だったので、
正式にはこれがデフォのつけ麺。
嶋崎さんから「毎日すこしづつ美味しくなってるよ」
と言われたが、確かにその通り。(^^)


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


麺や こうじ

こうじこうじ大将







『特濃つけ麺』ということだったが、思ったほど濃度は強くなかった。
個人的にはこの位が食べ易くて良いと思うのだが…
右の写真は旗を振って呼び込みをする、こうじグループの総帥、田代浩二氏。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


中華そば 豆天狗

豆天狗『魚系醤油つけ麺』

豆天狗といえば、岐阜高山の人気店。
高山ラーメン的なつけ麺かと思ったら、
全く違う今様な感じのつけ麺。
美味しいのだが、何か違和感が…(^^;
もっと特徴を出したほうが良かったのではないか…




tosimon3 at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月25日

351)福気@大門

朝早くから立川骨董市に出店、早めに店を撤収し荷物を降ろしてから町田へ…
明日からのつけ博「第一章」にロックが出店するので、その荷物運びのお手伝い。

7時過ぎに町田に着くも、大量の荷物を積んで出発したのは9時過ぎ。
浜松町に着いて荷物を降ろし終ると、急に空腹感が…(^^;
そういえば、今日は昼に菓子パンを食べただけで、それ以降何も食べてない。
腹が空くのも当然なので、手伝いに来ていたYさんを誘ってこちらの店へ…

福気店福気







時間が11時半を過ぎていたので、営業している店は限られてしまう。
つけ博の会場から比較的近いこの店は、店名から中華系の店かと思ったら、
豚骨醤油をメインにしたラーメン専門店で、ほぼ満席状態。

『豚骨醤油ラーメン』を注文。
出来上がってきたラーメンは、いわゆる家系的なもので味もそれなりだが、
空腹の時は何を食べても美味しく感じる。(^^;

豚骨醤油らーめん 福気


tosimon3 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月12日

298)Bee Hive <六本木店>@六本木

ビーハイブ11ここでラーメン関係のイベントがあるので六本木へ…
イベントが始まる前に、まずはラーメンを…(^^;
今日の限定は『味噌ラーメン』。
何でこの時期に味噌なんだ〜という疑問はあったが、
聞くと、これは震災支援の炊き出しの際に、
現地で提供したラーメンということだった。
そう思って食べると、また違った味わいが…

Bee Hive 六本木店

tosimon3 at 07:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月07日

245)Bee Hive@六本木/246)西尾中華そば@駒込

今日は色々と用事があって、久し振りに都心へ…まずやってきたのが六本木。

ビー店頭六本木交差点からは徒歩3分位の所なのだが、
ちょっと分かりにくい裏通りにこの店が…
確か今年の5月だったかにオープンした、
房総の人気店「Bee Hive」の六本木店。
本店には何回も行ってるけど、こちらは初訪問。
六本木とはいえ決して良いとはいえない立地。
何でこんなところに…という疑問は消えない。

ビーステージビー店内






店内は思った以上に広く、ラーメンを食べるスペースの奥の地下1階に、
コンサートなどが出来るライヴスペースが併設されている。
これだけの店を運営していくのは、かなり大変だと思われるが、
斎藤さんの話では、ラーメンよりライヴを主体とする店なのだそうだ。

ビー10食べたのは『冷し塩ラーメン』。
人気の塩ラーメンをそのまま冷しにしたような、
何とも味わい深い一杯。
色々な限定が食べられそうなので、
ちょくちょくと通わなくてはならないか…(^^;



Bee Hive 六本木店


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


新美術館Bee Hiveを後にして、「ワシントン ナショナルギャラリー展」を開催している新国立美術館へ…

黒川紀章の設計による総ガラス張りの建物は、
いつ見ても独特のフォルムで見る者を圧倒するが、
主たる展覧会が国内の公募展中心では、
勿体ないというか情けない。

モネ日傘この展覧会を見に来た理由の一つがこの絵。
「日傘の女性、モネ夫人と息子」
睡蓮の連作などで人気の高いクロード・モネの作。

モネは印象派の代表的作家として有名だが、
睡蓮に限らず、他の作品にも優れたものが多い。

この作品は妻カミーユと息子ジャンを描いているが、
何といっても素晴らしいのは光の表現。
無造作でありながら確固とした計算に裏打ちされ、
夏の日差しが余す所無しに表現されている。

そしてこれ以上に私が好きなのは、“風” を感じる絵であるということ。
これだけ風を目に見える形で表現された絵を私は他に知らない。
私の最も好きな絵の一枚なのだ。

「ワシントン ナショナルギャラリー展」 2011年6月8日(水)〜9月5日(月)


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


西尾4こちらへ来るのはかな〜り久し振りだが、
実はだまされて来てしまったのだ。(^^;
話すと長くなるので、敢えて言わないけど、
マアそうでもなければ、なかなか来れないからネ…

食べたのは限定『冷煮干し』(だったか?)(^^;
これはこれで美味しかった。

西尾中華そば


tosimon3 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月06日

“維新” を期待していたが…

389)道場六三郎×山岸一雄(大勝軒)

浜松町で3週間続いた「大つけ麺博」も今日が最終日。
ロックの荷物の搬出が22時からあるのだが、
少し早めに行って一杯食べることに…(^^;

大勝軒ちょっと気になっていたこちらの『つけ麺維新』。
和出汁+胡麻、山椒などがブレンドされたつけ汁は、
これはこれで美味しいとは思うのだが、
ビッグネームの組み合わせでもこんなものか…
と思わせる新鮮味の無い味で、
従来のつけ麺界に維新を告げるものではなかった。
何か新しいものを期待していたのだが…

tosimon3 at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月04日

つけ博第3陣…2回目

●385)魚雷

魚雷牛再び大つけ博へ…今日はこちらの店から。
サイフォンスープで話題の店だが、今回は無し。
『牛雷ウォーカー』と題されたつけ麺は、
麺に唐辛子を練り込んだものでピリ辛感を演出。
つけ汁には生卵や豆腐が入って、これも新鮮。
トッピングの信州牛ステーキはこれで1000円だが、
なかなか美味しかった。(^^)



●386)とみ田

とみ田2杯目は相変わらず根強い人気のこちらの店へ。
実はこの店のつけ麺を食べるのは初めて…(^^;
何故か宿題店のまま今日に至っていた。
今回のつけ麺は、麺が従来とは違うようだが、
さすがに人気店と思わせるもの。
つけ汁も厚みのある味で、スキがないが、
少々飽きてきた味であることは確か。



●387)69'N'ROLL ONE×Due Italian

ロック2ロックのブースの裏で話をしていたら、
嶋崎さんと石塚さんからサプライズプレゼントが…
つけ麺は「日々進化している」(嶋崎) そうだが、
確かにつけ汁の味がまろやかになり深みが増した。
石塚さんからは卵焼とパプリカのステーキが…
このパプリカは、かなり手がかかっているそうで、
パプリカとは思えない味だった。


tosimon3 at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月30日

大つけ麺博 <第3陣>

●381)69'N'ROLL ONE×Due Italian@浜松町

大つけ麺博〈第3陣〉が今日から始まった。
生憎の雨模様だったが、1時間前に会場に着くと既に数人が待っている状況。

第3陣の出店は〈道場六三郎×山岸一雄〉〈69'N'ROLL ONE×Due Italian〉
〈とみ田〉〈博多だるま〉〈魚雷〉〈東大〉〈五福星〉〈桃天花〉の8店。

行列この写真は開場して1時間後の模様だが、
大勝軒、ロック、とみ田に長い行列が出来ていた。

雨がだんだんと強くなり、並ぶのも大変だが、
皆さん、辛抱強く待ってます。(^^;



トラブルロックのブース前で待っていたら、
11時になってもここだけ提供が始まらない。
すると「麺の到着が遅れて…」という貼紙が…
配送業者に何らかのトラブルがあったらしい。
30分ほど過ぎて、やっと麺が到着。
最初の一杯が出来上がったのは50分を過ぎていた。

全部のせ今回は「不良オヤジの大人セクシーコラボ」。
何だか意味がよく分からないが、(^^;
つけ麺は石塚さんの塩ダレを使い、嶋崎さんが担当。
石塚さんは本来のイタリアンシェフに戻って、
サプライズトッピングを担当するのだが、
このトッピング全部乗せが何と5000円!
まさに “サプライズ” だ。

スペシャルこれがフル装備のコラボつけ麺。(合計5,800円)
麺にはトロ味のあるジュレがかかり、
これだけで食べても旨いのだが、
昆布出汁を使った塩味のつけ汁に浸けると味が変化。
更に醤油ベースのタレを加えると醤油味に…と、
次々に変化する味が楽しめる。
今回食べたつけ麺の中では出色の出来ではないか…

そして石塚さんの作るサプライズトッピングは、フォアグラのステーキに始まり、
仔羊の骨付きステーキ、サーモン&アボガドの生春巻、パルマ産生ハム、
イタリア風?玉子焼、そしてキャビア…あれっ?キャビアが無い…(^^;

一番最初の全部乗せだったせいか、キャビアを乗せ忘れたらしい。
後から石塚さんに言って追加してもらったが、今回の目玉だからね…(^^;

雨のせいで、テント下の立ち食いスペースで食べることを余儀なくされたが、
これほどの本格的なイタリアンであれば、ちゃんと座って食べたかった。


ラァメン屋 69'N'ROLL ONE
ラーメン道 due Italian

tosimon3 at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月29日

餃子が80円とは…

●380)万代(よろずよ)@浜松町

つけ博の第3陣で、ロックとイタリアンのコラボが明日から始まるので、
ロックの荷物と嶋崎さんを乗せて、夕方につけ博会場へ…

準備がほぼ一段落したのは11時過ぎ。
気が付くと夕方から何も食べていなかったので腹ペコ。
一緒に来ていたT氏と何か食べようということになって、やってきたのがここ。
こんな時でも選択肢がラーメンになってしまうのは悲しい性。(^^;

万代店万代






店に入ってみると、何となくどこかで見た記憶のある感じ…
券売機でまず目に付いたのが「餃子100円/ラーメンとセットで80円」の表記。
今時こんなに安い餃子があるのかと、食べてみることに。

『焦がし醤油ラーメン』が600円なので、セットにしても680円…これは安い。
ラーメンは予想通りの味だったが、餃子は80円で5個もあって意外に美味しい。

帰ってから調べてみたら、やはり天下一系の店だった。


万代 竹芝店


tosimon3 at 03:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月27日

大つけ麺博 <第2陣>

23日から大つけ博の第2陣が始まった。
第2陣の出店は以下の通り。

〈川越達也×頑者〉〈花道×井の庄〉〈西尾中華そば〉〈ほん田〉
〈山嵐〉〈けいすけ〉〈博多新風〉〈きみはん〉


●376)博多新風

博多新風『濃厚とんこつ博多つけ麺』

名前の通り、かなり濃い目のつけ汁は、
新風らしさと博多らしさを合わせ持ったもの。
これに博多らしくない中太麺を浸けて食べると、
独特の味わいが口の中で炸裂する。
見た目は地味だが、味は派手…(^^;


●377)西尾中華そば

西尾中華『特上魚介ダシと鶏のつけ麺』

今回のつけ博では少数派の清湯系つけ麺。
奇をてらうことなく “西尾らしさ” を前面に出し、
特上の魚介風味を味わうことができる。
濃厚豚骨魚介味に辟易した口に、
かなり新鮮なインパクトを与えてくれた。


●378)肉そば けいすけ

けいすけ『肉つけ麺』

「肉そば けいすけ」らしい一杯。
麺の上にかかっている味付けされたバラ肉を、
そのまま麺に絡めて食べるとなかなか旨いのだが、
つけ汁がしょっぱ過ぎて、浸けると味が壊れる。
このバランスの悪さは意味が分からない。

tosimon3 at 02:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月17日

大つけ麺博 <第一陣>

行列昨日から「大つけ麺博」が浜松町で始まった。
初日に行こうと思っていたが、冷たい雨で挫折。

それでも行った方のレポを見ると、
やはり散々だった様子がうかがえた。
なので、今日が事実上の初日といったところか…


第一弾は〈陳建一×六厘舎〉〈元〉〈宮田麺児〉〈桃の木〉〈くるり〉
〈花の季〉〈くじら軒〉〈道〉の8店舗が覇を競う。


●363)らあめん 元(はじめ)

元まずは知り合いの店主がいるこちらへ…
ブース内にはどこかで見た顔も…(^^;
好評の塩ラーメンをベースにした『塩つけ麺』。
麺は北海道小麦の石臼挽き全粒粉配合の特注麺。
全体のバランスは良いと思うが、物足りなさも…
800円という値段を考えると、ちょっと不満。
CPをもう少し高めて欲しかった。


●364)宮田麺児

宮田麺児2杯目は行列の無いこちらの店へ…
大阪の人気店らしいが、本店は未食。
『つけ麺<T2GD>』という名前の意味は不明だが、
トマトなどが入ったベジポタ系のつけ汁。
濃度もそこそこあって、自家製太麺との相性もイイ。
ニンニク臭がちょっと気になったが、
個人的には好きな味。(^^)


●365)つけ麺 道(みち)

道3杯目はどこにしようか迷ったが、
先日TV放映があったこちらの店へ…
店主はほん田から独立した方らしいが、
つけ麺はいわゆる “マタオマ系” のもので新鮮味無し。
つけ汁は濃さの割に醤油が表に出ているので、
ボケた感じがないのがせめてもの救いか…
麺はもっと太くても良かったのではないか。

tosimon3 at 19:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年08月10日

龍馬ゆかりの?つけ麺

●316)龍馬灯@芝大門


御成門で開かれている編集長の骨董市に表敬訪問。
その帰りに、前回気になっていたこちらの店に寄ってみる。

この店は、ボニート・ボニート@武蔵小山のセカンドブランドだそうで、
昼は日本蕎麦のつけ麺、夜は中華麺のつけ麺も出すという変わり種。
今年の2月に開店したらしい。

ボニートのご主人が高知出身だそうで、店名もそこからの由来という。
高知産の鰹節が贅沢に使われているということで期待大。
ちなみに「ボニート」とはスペイン語で「鰹」の意味だとか…

龍馬灯店龍馬灯







店内は完全な立ち食いスタイルと聞いていたが、椅子は用意されていた。
食券を買って、自分で厨房のほうへ持って行くというセルフ式だが、
出来上がったつけ麺は持ってきてくれる。

つけ汁は、ベースは濃厚系ではないが、鰹節、節粉などがガッツリと効いて、
野菜系?の甘味も加わり、食感としての濃厚さはかなりのもの。
いやいやこのつけ汁好きだワ〜(^^)

麺は開化楼のものらしいが、個人的にはこの製麺所の麺は好きではない。
硬さばかりが目立ち、モチモチ感などが犠牲にされている感がある。
硬ければイイという風潮は、何とかならないものか…(^^;

現に、このつけ麺にしても柔のつけ汁に対して、剛の麺が合っていない。
これならウドンで食べたほうが数倍美味しいのでは…勿体ないと思う。


つけ蕎麦屋 龍馬灯

tosimon3 at 04:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月06日

マタオマ系…

●311)ポツリ@芝大門


御成門の東邦アートへ様子を見に行った帰り、ついでなので近くのラーメン店へ…
一番近いと思われるのがこちらの店。
つけ麺がメインのようだが、中華そばや油そばもあるようで…

ポツリ店ポツリ







とりあえず『濃厚煮干しつけ麺』を注文。
出来上がってきたのは、ハヤリの濃厚豚骨魚介系のつけ麺。
「またおまえもか…」ということから「マタオマ系」などという言い方もあるようで…

確かに煮干しの香りはあるが、煮干しだけではなさそうで、
いわゆる “魚介系” のつけ麺といったほうが当たっているかも…(^^;

麺は小麦胚芽をブレンドして打たれたもののようで、
それなりに香りは良いが、ややネットリとした口当りはウドンの感じ。
マタオマ系の域は出ていないと思う。


麺や ポツリ


tosimon3 at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月26日

4回目のアカサカサカス

●265)大喜


赤坂サカスの「最強ラーメン烈伝」第2弾に3回目の訪問。

大喜最初はかな〜り久し振りにこちらの店。
勤めていた頃は自転車で行ける距離だったため、
月2〜3回ぐらいは行っていたのだが、
行列が長くなるのに反比例して回数は減った。

久し振りに食べた『鶏そば』は、場所のせいか、
いつもの美味しさは影をひそめていた。(^^;


 ………………………………………………………………………………


●266)長尾中華そば


長尾中華43度目の正直で、やっと長尾さんに会えた…
忙しい人だ。(^^;

限定は終っていたが、ご好意で食べさせてもらう。
相変わらずの煮干しガッツリ系。
地元の伝統的な地ラーメンを基本にしつつ、
新しいラーメンへと昇華させる手腕は見事。


tosimon3 at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月21日

アカサカサカスフタタビ…

●256)長尾中華そば


赤坂サカスの「最強ラーメン烈伝」第2弾に来てみる。
 
長尾中華35月に青森本店で食べたこちらの店。
長尾さんはどこかへ遊びに行ってて不在。(^^;

とりあえず『肉そば黒津軽』を食べてみる。
「富山ブラック」ならぬ「津軽ブラック」か…
しょっぱくはないので食べ易いが、
肉そばならもっと肉が欲しいところ。

 ………………………………………………………………………………


●257)らーめんダイニング ど・みそ


どみそこちらの店、実は初めて食べる。(^^;
濃厚な味噌…と聞くだけで食指が動かなかった。
こういう機会なので、一度はと食べてみることに…

はっきり言って、これが人気の味噌ラーメン?
そう思わずにいられない味だった。
濃いだけで、美味しさが感じられなかった。(^^;

tosimon3 at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月12日

最強ラーメン烈伝

赤坂サカスで始まった「最強ラーメン烈伝」に来てみる。


●245)麺屋 宗 -sou-

宗赤坂これまで塩ラーメンの評価が高い店だが、
今回は『特製醤油そば』があるというので注文。

これまでの醤油に比べて、醤油らしさがアップ。
なかなかキレのある味で、これはイイ。

店でもこれが食べられると嬉しいのだが…

 ………………………………………………………………………


●246)田中そば店


田中そば店続いてこちらの店。
博多系の豚骨ラーメンで定評のある「田中商店」が、
中華そば専門として出した店。

豚骨ベースではあるが、白濁していないスープ。
出汁の旨味が十分に出ていて、なかなか美味しい。
田中商店は苦手なのだが、こちらはOK。(^^;

tosimon3 at 17:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月10日

昼は赤坂、夜は沼津…

●239)Bee Hive


赤坂サカスで「最強ラーメン烈伝」というイベントが始まったので、
午後からちょっとのぞきに行ってみる。

ビーハイブ8ビーハイブ具







最初にやってきたのは、4月にお台場で食べたばかりのこちらの店。
今回は青森シャモロックをベースにした『プレミアム醤油』。
シャモの旨味が抜群の感性によって、ラーメンという料理にまとめ上げられている。

ラーメンの真ん中に、何やらイクラのようなものが乗っているが、
これは人口イクラで、中には生姜汁が封じ込められている。
噛むと生姜汁がジュワッと口の中に広がる。
これまで体験したことのない、未知の食感だった。

 ………………………………………………………………………


●240)BASSO ドリルマン


バッソ12杯目は1ヶ月振りのこちらの店。
清湯系のラーメンを出しているのかと思ったら、
思いっきり変化球の辛いつけ麺『Hot Basso』。

これはこれで美味しかったが、
同じような辛いメニューを出す店が3店もあり、
ちょっとカブリ過ぎ…という感じ。(^^;

 ………………………………………………………………………


●241)わさらび@沼津市


夕方からは沼津回りで伊豆へ向う。

わさらび82まずはこちらで限定の『鶏そば』を…

これは例年やっている定番の限定メニューだが、
毎年少しずつ美味しくなっているのが分かる。
今年は鶏ガラが比内地鶏になったので、
鶏の感じが一層顕著になった。
麺が美味しいので、スープも生きてくる。


支那そば屋 わさらび  

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●140)無題(中川香貫店)@沼津市


続いて木曜の夜は「無題」という店名で営業している中川香貫店へ…

中川12無題ではベジポタ系のラーメンを出しているが、
今日はつけ麺を食べてみることに…

トロ味のあるつけ汁は、かなりの濃さがあり、
麺をつける度にどんどんと減っていくのが分かる。
“静岡一濃い” と謳っているのもうなづける。
野菜を沢山使っているので、後味スッキリ。


麺屋 中川


tosimon3 at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月24日

お台場ふたたび…

●159/160)Bee Hive@お台場ラーメンPARK


この企画の第1弾に出店していた「Bee Hive」が2回目の出店ということで、
またまたお台場へ足を運ぶ。
それにしてもこのお台場っていうのは来るのがメンドくさい。(^^;

今回は醤油ラーメンを出していると聞いてやって来た訳だが、
やっと斉藤さんが作る醤油が食べられるという期待とはウラハラに、
できれば本店で食べたかった…というのが本音…(^^;

ビーハイブ6これが『醤油ラーメン 粋』(お台場バージョン)。
ということは本店バージョンもあるということか(^^;

思っていたよりずっとまろやかな醤油味だが、
スープは重層的な厚みがあり、期待通り。
こういう施設のラーメンにしては完成度が高く、
満足のできる一杯だった。

ビーハイブ7続いて『鶏×にぼ塩ラーメン』を…

これは午後5時以降の限定なのだが、
ビーハイブのスープと七彩の麺のコラボ作品。
看板メニューの塩とは違い、煮干しがメインになり、
こういう塩ラーメンもできる…という見本。
これも満足できる味にまとめられていた。


お台場ラーメンPARK
Bee Hive


………………………………………………………………………


●161)いろは@お台場ラーメンPARK


こちらの店は過去に何回も機会がありながら食べられなかった店。
富山では大喜の後に行こうと思っていたら、用事が長引いて食べられず、
センター北のラーメン甲子園に出ていた時は、閉店翌日に食べに行ったり、
信州ラーメン博や東京ラーメンショーでは食べる余裕がなかった。

そういえば、東京ラーメンショーで一番杯数が出たのがこの店と聞いて、
ビックリするとともに、不思議に思った記憶がある。(^^;

いろはこれがいろはの『富山ブラック』。
こちらも本店で食べたいと思うのだが仕方がない。

しょっぱいというのが富山ブラックの概念だが、
このラーメンはそのしょっぱさが無い。
魚醤を使っているとかで、独特の味わいがあるが、
嫌みのない味でソツなくまとめられていて、
期待を外されてちょっとがっかり。(^^;

しかし、こういう味のハッキリとしたラーメンが元々好きなので、
これはこれで美味しく食べることができた。


お台場ラーメンPARK
麺家 いろは

tosimon3 at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月03日

4月4日で終ってしまうので…

●132)長尾中華そば@お台場ラーメンPARK


4月4日で終ってしまう期間限定出店の店が2店あるので、
今日のうちに食べておかねば…と出かける。(^^;

最初の店は青森からお台場ラーメンPARKに出店している「長尾中華そば」。
ご主人の長尾さんとは何故か長野でお会いして以来、親しくさせて頂いている。
2月には渋谷東横で開催された物産展の会場でお会いしたばかりだが、
精力的に出店する長尾さんのバイタリティーには脱帽。

という訳でやってきたお台場は、土曜日のせいか人出も多く賑わっているが、
広場のテーブルに座っている人達の中で、ラーメンを食べているのは3割ぐらい…
もう一つ盛り上がりに欠ける催事になってしまったようだ。(^^;

長尾中華2今回は『ぶっこく麺』というのを食べてみる。
これは「こく煮干し」のスープにパンチを効かせ、
極太麺(うどん)と合わせたもの。

具には味をつけた豚バラ肉が大量に入るので、
いわゆる “肉うどん” の味わいになるのだが、
これがなかなかウマイ。(^^)

個人的に「肉そば」「肉ラーメン」の類いは大好きなので、
これはかな〜り美味しくいただくことができた。
今年は「肉そば」的なものがブームになると思っているのだが…(^^;


お台場ラーメンPARK
長尾中華そば


………………………………………………………………………………


●133)むらまさ@新横浜ラーメン博物館


もう1店は「新ご当地ラーメン創生計画」という企画のもと、
ラーメン博物館に期間限定出店しているこちらの店。

これはその地域の特性を生かしたご当地ラーメンを作ってしまおうというもので、
プロデューサーには、あのラーメンの鬼、佐野実が当っている。(^^;
今回は佐賀県唐津市を選定し、地域活性化を目的としたラーメンを作り出した。

むらまさこれがその『玄界灘塩らぁ麺』。
豚骨と魚介を合わせたダブルスープに、
玄界灘の海水から抽出された「塩」を合わせ、
スッキリとした味わいのスープに…

麺は佐賀県産の「春風」という小麦粉に、
支那そばや使用の粉をブレンド。
麺、スープ共に “佐野イズム” 溢れる塩ラーメンに仕上がっている。

なかなか美味しい塩ラーメンだとは思うが、九州は豚骨全盛の地域。
こういったサッパリ系に近いラーメンが受け入れられるかどうか…
今後の動向が注目されると思う。


新横浜ラーメン博物館

tosimon3 at 05:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月11日

休日はけっこうお客さんが…

●57)楽々×こてつ@お台場ラーメンPARK

静岡からラー友が数名、お台場に来るというのでお付き合い。
これまでここには何回か来ているが、いつ来てもお客さんが少なかった。
今日はさすがに休日ということもあってか、店の前に待ちが出来るほど…

それでも絶対的な客数は、かなり少ないといえる。
その原因は宣伝不足なんだろうけど、フジTVが主催しているんだから、
もう少し何とかならないものか…出店しているお店が可哀想。

楽々お店のプロフはHPを見ていただくとして、
こちらは吉祥寺と所沢の人気店同士のコラボ。
楽々の磯部さんは以前から知っているので、
挨拶をしてラーメンを受け取る。

食べてみると、最初は豚骨かと思ったが、
ベースは鶏白湯?ベジポタ系?

いずれにしても鯛干しの出汁がよく効いていて、これはこれで美味しい。(^^)
バラ肉の叉焼は肉の味を残したまま、歯応えもありなかなか。
こういう場所でなく、店できちんとしたものを食べてみたいと思った。


お台場ラーメンPARK
音麺酒家 楽々
らーめん こてつ


………………………………………………………………………………


●58)らはめん yahman@お台場ラーメンPARK


続いてこちらの店…「ラハメン ヤマン」という変わった店名。
6、7年前、練馬にこの店が出来たことは知っていたが、宿題店のままだった。(^^;

なので、どういうラーメンを出しているのかも知らなかったが、
店名や他の情報から推察して、「ジャマイカンの和風ラーメン」?(笑)

ヤマン店主は思った通り、レゲエ風のいでたち。
店内に流れる音楽もレゲエだ。

しかしラーメンは『塩らはめん』という代物。
食べてみると、全くジャマイカ風ではなく、
それこそ純和風の塩ラーメン。
このギャップは何なんだろう?(^^;

でもなかなか美味しいです。
本店でもこういうラーメンを出しているのなら、ぜひ行ってみたいと思った。


お台場ラーメンPARK
ラハメン ヤマン


tosimon3 at 18:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年04月09日

何年振りだろう…

元同僚だったT君を励ます会をやろうということで、
編集長が13日から始める「銀座8丁目骨董市」の会場となる、
東邦アート(銀座8-9-13 2F) に集合。

紅一点のKさんを交えて、まずは桜を見ようということで浜離宮へ行くが、
既に入園時間を過ぎていたため、観桜会はあえなく断念。(T_T;

ということで、そのまま歩いて築地へ…
築地へ来たならやっぱり寿司でしょ〜ということで、すしざんまい本店へ。
こちらは回る寿司ではなく、注文して握ってもらうシステム。
同じすしざんまいでも、ちょっとだけネタが違うようだ。

アナゴ名物の『一本アナゴ』。
20cm以上もあるアナゴは食べ応えアリ。






ウニ『中トロ・ウニ・タマゴ』
この辺はマア外せないネタで…(^^;






エンガワ『エンガワ・ホタテ』
これもお約束のネタ。






大トロ『イカ・大トロ』
大トロはなかなか美味しかった。
最近はマグロも値下がりしているようで…(^^;






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



●158)長介@新橋


3人と別れた後、せっかくこっちのほうまで来たのだから…と、
新橋で途中下車してこちらの店へ…

勤めていた頃は、昼に自転車でここまで食べに来ていた。
荒削りではあったが、丁寧に作られたラーメンが気に入っていた。
最後に来たのはいつだったか…思い出せないぐらいのご無沙汰。(^^;

店に入ると安野さんの姿はなく、男性2人がラーメンを作っている。
ここも「しばらくすると店長不在」の店になってしまったか…(^^;

長介6お気に入りの『つけ麺』を注文。

以前に比べて胡麻が多くなっている気がする。
つけ汁に入っている具などは前と変わりないが、
味はビミョーに変わっていた。

胡麻が多過ぎるのもその一因かもしれない。

気に入っていた味が、好みでない方に変わってしまったというのはちょっと悲しい。


和麺屋 長介

tosimon3 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月29日

合鴨ラーメンはやっぱり旨い

●176)大斗@浜松町

浜松町の都立産業貿易センターで開かれている骨董市を見に行ったついでに、
ここで昼飯代わりのラーメンを…(^^;

東池袋大勝軒系の七福神の系列?らしい。
神田店が一番最初だったと思うが、会社から近かったのでたまに食べに行っていた。
現在は小伝馬町と堀留町を含め4店舗になっているようだ。

大斗店大斗5







ここへ来たら、やっぱり『もりそば』でショ〜(^^;

まずは一口…ン?何だか味が薄い…っていうか、出汁が弱いのか?
醤油っぽさが前に出ている感じで、つけ汁としての旨さがいま一つ。

麺はまあまあ美味しいのだが、麺が勝ってしまっている。
神田で食べた時は、もう少し旨かったような記憶があるのだが…(^^;

ここへ行く途中に気になる店があったのだが、祝日は休みのようだった。



 *   *   *   *   * 


●177)オードリー@町田市

夜になって勇次に電話をすると、まだ合鴨が残っているというので食べに行く。
先日のつけ麺がやたら旨かったので、ラーメンも食べてみたかった。

勇次87ラーメンは醤油と塩があるのだが、
やはり出汁の旨さを味わうなら塩でしょー…(^^;

かなり具沢山のラーメン…
胸肉、モモ肉の他に肉ボールが数個。
鴨油で焼かれたネギがこれまた美味しい。(^^)
麺が美味しいことは言うまでもない。

ただ温かいラーメンとして食べると、どうもバランスがいま一つ。
麺のほうが勝ってしまっている…ということなのだろうか。

とは言っても、美味しさのレベルが低い訳ではない。
そのレベルは十分に高いところにあるのだが、
つけ麺が美味し過ぎたせいで、満足感に差が出るということなのだ。




tosimon3 at 04:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月16日

ヨ−ヨ−・マとラーメン

休麺日無し1458日目  

340)麺心@小川町
341)八屋@赤坂
342)リュ−キュ−ア−ユーを食べる会@赤坂

今日は19時からサントリーホールで開かれるヨ−ヨ−・マのコンサートを聞きに行く。同僚の窪田さんがチケットを手配してくれて、何とか2枚手に入ったものだ。演目はバッハの無伴奏チェロ組曲のうち1、3、5番。明日は2、4、6番なのだが、こちらは手に入らなかった。クラシックに限らずコンサートを聞きに行くというのは、かなり久し振りだったが、それにしてもヨ−ヨ−・マのチェロは素晴しかった。チェロ1本であれだけの表現ができるということに、改めて感心するとともに、バッハという作曲家の偉大さに敬服。特に5番は涙が出るくらいの感動ものでした。ライヴはいいです。

八屋=コンサート終了後、窪田氏と何か食べようと物色していると、アークヒルズの中でこの店が目についた。何もこんな時にここでラーメンでもないと思ったのだが、この店は知らない店だったのでそれとなく興味を示していたら(笑)、窪田氏が気を利かして「食べましょうヨ」と言ってくれたので入ってしまう。醤油を食べたが、どちらかというと旨くないラーメンだった。せっかくのいい気分が台なしで、「やめておけばよかった」と深く後悔。
帰宅してから調べてみると、開店当初からあまり評判は良くなかったようだ。この場所であんな味のラーメン店が続いているということのほうが驚き。

鮎ラーメン=永田町で乗り換える際に、そういえば近くに鮎ラーメンが…と思いだす。若女将が関西へ行っているというので、しばらく行ってなかったが、そろそろ帰ってきているのでは…と思いのぞいてみると、若女将帰ってましたヨ。お客が少なかったので、関西の話しや何やらで、ほとんど独占状態(笑)。やっと気分が晴れました。



tosimon3 at 03:47|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年05月15日

大江戸骨董市

休麺日無し1457日目  338)武蔵青山@青山
             339)渋谷三丁目らーめん@渋谷

第三日曜なので、有楽町国際フォーラムの中庭で大江戸骨董市が開かれる。朝早めに行くつもりだったが、寝たのが今朝5時だったので11時頃まで寝てしまい、結局会場に着いたのは昼だった。この時間になると、いわゆる掘り出し物はまず残っていない。案の定、柿ノ木で「いい人形持ってきていたんだけど、朝一で売れちゃったヨ」といわれると、かなり悔しい。今回はSPレコードの出品が多かったので何枚か買うことができたが、土人形はあまり見るべきものがなかった…というより「残っていなかった」というべきなのか(涙)。それでも郷土人形研究会の明峰氏のところで、以前から欲しいと思っていた堤の『鯛釣り二福神』を格安で譲っていただいた。これは嬉しかった。小生の土人形資料館(仮称)も体裁は一応整ったのだが、中身が追い付いていない。特に堤人形には良品が少ないので、今日の人形は看板になるかもしれない。

武蔵青山=帰りに寄る。2時半頃なのに6人待ち。やっぱり人気あるンですネ。今日はつけ麺を食べるが、チトしょっぱい。もう少し甘味があると美味しいンだけど…。

tosimon3 at 03:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年05月13日

コロンブスの卵

休麺日無し1455日目  332)長介@新橋
             333)かずら@犬蔵

長介=前回初めて行って結構美味しかったので、昼にまた行ってみる。途中「せいべい」はどうかとのぞいてみるが、相変わらず5〜6人待ちの盛況。味噌ラ−メンってやっぱり人気あるのネ。一方長介は先客3のみ。美味しいのにネ。今回はつけ麺を食べてみる。オーッこれもなかなかイケるじゃないか、と食べ進むうちに、麺に何かがかかっていることに気付く。あとで聞いてみると、スープとタレを少しずつかけてあるのだそうだ。こうすると、最後までつけ汁が薄まらずに食べられるとのこと。ウ〜ンこれはいい方法です。ちょっと考えれば思い付きそうなことなのだが、これまでこういう形で食べたつけ麺は記憶にない。ことによったらコロンブスの卵になる可能性も。

かずら=夜は久し振りにかずらへ。塩ラーメンが完成しているのでは…と期待したのだが、
まだ納得がいかないそうだ。しばらくはかかりそうとのこと。

tosimon3 at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月06日

休麺日無し1448日目

休麺日無し1448日目  

316)武蔵青山@青山
317)鮎らーめん@二子玉川

tosimon3 at 04:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月15日

偶然って…

休麺日無し1427日目  

267)長介@新橋  
268)きび@小川町

長介=昼に自転車を飛ばして新橋へ。
「せいべえ」で食べるつもりだったが、店の前に10人以上並んでいる。
これでは昼休み中に間に合わないと思い、近くの「長介」へ。
ここはさすがに裏通りのためか行列もなく、すんなりと入れる。
ラーメンは美味しい…チャーシューとメンマもやたら旨いデス。
食べ終って水を飲んでいると、何となく左から視線が…
で、見ると、何とまたまた小林達人がラーメンをすすっているではないか!
いや〜昨日といい、今日といい、まして日曜には麻雀も一緒にやっているので、
何と1週間に3回も会ったことになる。
偶然ってあるもんなんですネ〜。


きび=夜は久し振りに「きび」へ行くが、ナベチャンは不在。
随分と長い間顔を見ていない気がする。
従業員の方に聞いたら、3店舗目の下見に行っているとか…
オオそうですか!何か最近やけに積極的ですネ〜。
でもやれるときにヤル…これ商売の鉄則…じゃなかったっけ?(笑)

tosimon3 at 02:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月07日

休麺日無し1361日目

103)K@駿河台…醤油ラーメン                           
104)リュ−キューア−ユーを食べる会@赤坂…鮎まるごとラーメン

tosimon3 at 02:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月14日

休麺日無し1337日目

37)そら@神田  
38)リュウキュウア−ユーを食べる会@赤坂  
39)砦@神泉

そら=相変わらず人気ありますね〜。昼時は結構行列してます。


鮎ラーメン=相変わらず若女将、美人ですネ〜。
今日も彼女から手添えでお釣がもらえた。
思わずお釣と一緒に若女将の手を握りしめそうに…アブナイ、アブナイ(笑)


砦=相変わらず中坪さん元気です。いつ休んでるンでしょうネ?

tosimon3 at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年11月30日

休麺日無し1291日目/今年になって839杯目

837)紅龍食堂@神保町
838)リュウキュウア−ユーを食べる会@赤坂
839)麓郷@宮崎台

tosimon3 at 01:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)