食・一般

2011年01月15日

伊豆で合宿(1)

誇宇耶(こうや)@稲取

今日、明日は恒例の「伊豆合宿」で、昨夜から伊豆に来ている。
この伊豆合宿というのは、高校時代からの友人5名が伊豆に集まり、
自炊をしながら2~3日間を過ごすというもので、かれこれ15年ほど続いている。
一昨年までは年末に集まっていたのだが、昨年は都合が合わず1月になった。

これまで数年間は5人全員が集まるということが難しかったのだが、
今回は珍しく全員集合で、久し振りの話に花が咲く。

誇宇耶店2誇宇耶1







昨夜というか今朝方まで起きていたため、昼飯をどうしようか…ということになり、
たまには外食もいいのでは…と蕎麦を食べに行くことになった。(^^;
店は私の提案で、稲取の「誇宇耶」に決定。

こちらの店は、知り合いでもある「眠庵@淡路町」のご主人が修行されていた店で、
私はこれまで数回来ているが、他の4人は初めて。

ここは蕎麦も美味しいのだが、日本酒の品揃えも充実しているので、
メニューには “利き酒” なるものが存在する。
私以外はノンベが多いので、蕎麦の前に早速利き酒開始。
マア車は私が運転するからイイんだけどネ…(^^;

帰りには夜食のメニュー「お好み天ぷら」の材料を買い込んで戻るが、
写真を撮り忘れてしまい、「旨かった」ことしかお伝え出来ない。(^^;


誇宇耶


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●18)唐辛子@伊豆高原

唐辛子 42夜遅くなってから私だけこちらへ…
天ぷらの食べ過ぎで、サッパリ系が欲しかったので、
『スープ焼きそば』を作ってもらう。

今回は焼きそばとツユを別にしてもらい、
最初は焼きそば、後半はスープ焼きそばと、
一杯で2度美味しい食べ方を…(^^;


ラーメンハウス 唐辛子

tosimon3 at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月04日

忘年会 in 池袋

新LTサンシャイン文化会館で「LT」の新作発表会。
SPレコードを聴くためにこの LT を購入したが、
新しいプレーヤーが発売されるということで、
今日は新旧のマシンの聴き比べが開催された。

聴いてみると、やはり新機種の優位は一聴瞭然。
当然買い替えを考えるが、高いのでちょっとムリ。


皿鉢料理松茸ご飯







終了後はサンシャインアルパに移動して、LT友の会会員による忘年会。
会場は「土佐藩」という土佐料理をメインにした店。
今話題の坂本龍馬にちなんだ…という訳ではないだろうが、
土佐名物『皿鉢(さわち)料理』に一同舌鼓…最後は「松茸ご飯」で〆。(^^)


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●470)KINGKONG@池袋

キングコング店キングコング







忘年会終了後、せっかく池袋まで来たのだから、近くのこの店に寄ってみる。
東池袋大勝軒の新ブランドとして8月にオープンしたばかりの店だが、
何故に「キングコング」なのか…という疑問は残る。(^^;

中華そばもあるようだが、まずはメインの『トロフルつけ麺』を…
「トロフル」というのはフルーツが入っているかららしいが、
トロ味のあるつけ汁は、フルーツ感はあまり無く、むしろ動物系が前に…
この濃度と麺の硬さは個人的にあまり好みではないので、
かなり期待を裏切られた結果になってしまった。(^^;


池麺 KINGKONG


tosimon3 at 05:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年12月03日

美味しいお昼…

餃子のてるてる@伊豆高原

てるてる13昼は久し振りにこちらで…
作年末はママさんの腰の手術で一時休業していたが、
リハビリも順調に進み、何とか営業再開。

今日は何年振りかで『餃子定食』を…
冷やっこなども付いて830円。
かな~りお得です。(^^)


餃子のてるてる


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


●464)唐辛子@伊豆高原

唐辛子 39いつもの『カレー担々麺』。
ウマイです。(^^)







ラーメンハウス 唐辛子


tosimon3 at 03:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月16日

ロックな冷凍2号 その2

●362)ロックンロール1の2号冷凍麺

ロック2号先日貰って冷凍してあった2号らぁ麺をもう一度…

今回は叉焼とネギを事前に用意しておき、
前回よりはラーメンらしくなったと思うが、
手際よくやらないと、直ぐに麺は延びてしまうし、
盛付けもなかなかうまくいかない。
ラーメンを作るっていうのは大変だね。(^^;


ラァメン屋 69'N'ROLL ONE

tosimon3 at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月08日

ロックな冷凍2号

●353)ロックンロール1の2号冷凍麺

月島ロックへスープと麺を運んで町田に戻ってきたら、
嶋崎さんから「これ食べてみて」とお土産に貰ったのがこの冷凍麺。

最近数社が参入して、序々に人気が高まっている冷凍麺市場。
店で出しているラーメンのスープをそのまま冷凍しているので、
それを解凍するだけで、店とほとんど変わりないラーメンを食べることが出来る…
というのが “ウリ” な訳だが、正直、それほど期待はしていなかった。

ロック67麺とスープはそれぞれに冷凍されている。
スープは “湯煎” で解凍、温まってきた頃合いを見て、
別に沸かしておいた湯に麺を入れる。
その間、温めておいた丼にスープを移し、
茹で上がった麺を湯切りして入れる。
この一連の動作はスピードが要求されるが、
最初は麺をやや固めにしておいたほうがいいかも…

ロック68これが出来上がった『2号らぁめん』。
具は鶏叉焼と穂先メンマだけなので、
葱、叉焼、味玉、海苔等を別に用意したほうが賢明。

早速食べてみると、何と2号ラーメンそのもの…
って、当たり前なのだが、再現率の高さにビックリ!
家でこれだけ質の高いラーメンを食べられるなら、
値段は少々高くても、トライしてみる価値は十分あると思うし、
それに見合うだけの満足感は得られる。

この冷凍麺は「勢天」(http://sei-ten.jp/) で発売されているが、現在品切れ中。


ラァメン屋 69'N'ROLL ONE


tosimon3 at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月24日

房総へ…

里山3
















圓の田中さん達と今年2回目の「なごみ農園」へ。
今回は食材の仕入れではなく、なごみ農園周辺の視察ということで…


玉子TKG





朝食はいつものように合鴨農法で収穫した米を釜炊きにしたものに、
名古屋コーチンとアローカナの生卵をかけてTKG…(^^)
味噌汁や梅干しもほぼ100%、無農薬で作られた自家製なので、
これ以上の贅沢は考えられない、まさに究極の朝飯だ。


里山ヤギ犬鶏





食事後、なごみ農園の西田さんの友人という方の農園へ…
そこはのどかな里山が続く、見渡す限り緑一色の自然の中にあり、
樹間を吹き渡ってくる風は、都会とは違う匂いがする。
こちらの農園ではヤギと犬と鶏が仲良く暮らしているのが微笑ましい。


 ………………………………………………………………………


●332)八平(はちべえ)@長生郡長南町


なごみ農園に戻って昼食をご馳走になり、
夕方、田中さん達と別れてアリランラーメンを食べに…(^^;

私は何回か来ているが、同行のY氏が初めてというのでお付き合い。
前回は水曜日だったため、定休日で食べられなかった。

アリラン周囲何回来てもすごい場所にあると感心する。
これは店の前から南西方向を見た風景だが、
周囲は殆どこんな感じ。


アリラン店アリラン





久し振りのアリランラーメン。
基本的には “竹岡式をベースにしたスタミナラーメン”…
という表現が一番解りやすいと思う。

今日はおばあちゃんが作ってくれたせいか、かなり美味しかった。
何故か不思議なのだが、娘さん(孫?)が作るとビミョーに味が変わる。
“年季” の分、味に違いが出るのだろう。(^^;


アリランラーメン 八平


tosimon3 at 18:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月12日

秩父路…

この方が何故か秩父へ行きたいというのでお付き合い。
秩父にはお世話になっている方や、知り合いの骨董屋さんがいるので、
数年前までは年1〜2回ぐらいは行っていたのだが、
このところちょっとご無沙汰していた。

飯能駅で待ち合わせ、一路秩父へ…
台風の影響か、秩父に近づくにつれて雨が降り出し、更に蒸し暑く…(^^;

 ………………………………………………………………………


●318)たつみ老心(喜心)@秩父市


最初にやって来たのがこちら…普段は「たつみ喜心」という店名だが、
木曜日のみ煮干しラーメンを提供する「たつみ老心」になる。

秩父のラーメン店はこれまで何軒か食べているが、こちらの店は初訪問。

たつみ喜心店たつみ喜心







店内のメニューを見ると、日替わりで色々な限定をやっているのが分かる。
今日は木曜…煮干しのみの筈なので煮干し醤油ラーメンの食券を買ったが、
同じ煮干しでも「イワシ」「鯛」「サンマ」の3種類があるようだ。

写真はイワシの煮干しラーメン。
ガツンというほどではないが、そこそこに煮干しの効いた清湯スープ。
苦みは抑えられているが、ややエグミが…
それでもパツンとキレのいい自家製麺との相性は良く美味しい。(^^)

このレベルのラーメンは、これまで秩父にはなかったもの。
その意味でも今後の動向に注目したい。


たつみ喜心


 ………………………………………………………………………



阿左美冷蔵@長瀞


その後、知り合いの骨董屋にちょっと顔を出してから長瀞へ向う。

長瀞何故長瀞か…というと、
長瀞には天然氷を保存している場所があり、
それを使ったかき氷が食べられるというので…(^^;




阿左美冷蔵やや迷った揚句にたどり着いた阿左美冷蔵は、
何と長蛇の列。
入口のおじさんに聞くと
「1時間ぐらいの待ちかなぁ〜」(^^;

たかがかき氷にこの行列って…と、
最初は信じられない気持だったが、
それはここに来てる人皆共通…その思いを共有しながら列の最後尾に並ぶ。
折しも雨が上がり、強烈な陽光が容赦なく降り注ぐ。
更に待っている間には蚊の猛攻が…(^^;

かき氷1時間はかからず、約40分ほどで店内に…
出てきたかき氷は、見たこともない高さ。(^^;

実は私はあまりかき氷は得手ではない。
かき氷だけでなく、冷たいものが苦手なのだ。
なので、この氷の量を見ただけで先が思いやられる。
実際、かき氷を食べるのは20年振りぐらいか…(^^;

氷のシャキシャキ感は悪くないと思うのだが、美味しいかどうかは全く分からず。
付いてきた豆乳抹茶、黒蜜、ミルクをガバッとかけて、ひたすら食べるが、
結局2/3ほど食べたところでギブアップ…800円もしたのに…(^^;


正丸峠正丸峠も行ってきました。


tosimon3 at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月16日

良い天気なので…

大室山1



















雲一つない大室山(さくらの里公園にて)




ごえん玉@伊豆高原


昼食は久し振りにこちらで食べることに…
とは言っても、今月1日にマスターのコンサートがあったので来ているのだが、
その時は食事無しだったので、ちゃんと食べるのは2ヶ月振りになるか…

ちなみに、コンサートの模様は下のURLでご覧いただきたい。
http://www.youtube.com/user/tosimon3#play/uploads

海鮮ドリア今日は『海鮮ドリア』。
焼きたてアツアツはもちろんだが、
たっぷりと使われたチーズが香ばしい。

ドリアの場合、ライスが柔らかいことが多いが、
これはベチャッとすることもなく、絶妙の具合。
何といっても香ばしさが素晴らしい。(^^)

コーヒーデザートはシャーベットと、季節の果物。
今日はキウイと赤いグレープフルーツ。
彩りが美しい。(^^)

そしてこのコーヒーが美味しい。
オイシいドリアの後のオイシいコーヒー…
ワンランク上の時を過ごさせてくれる。


小さな洋食屋 ごえん玉


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●306)唐辛子@伊豆高原


帰り際には、やっぱりお約束のこちらへ…(^^;

唐辛子 1今日のおまかせは『冷し中華つけ麺』。

つけ汁が、いわゆる冷し中華風のものだが、
自家製なので、一般のものとは一味も二味も違う。

個人的に冷し中華が大好きなので、
これはたまりません。(^^;


ラーメンハウス 唐辛子

tosimon3 at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月18日

南伊豆ドライブ…

ブランコ5白田から下田へ抜ける途中、竜宮島が見える国道沿いに、
誰も乗ることができないブランコが風に揺れていた。
「ナニコレ珍百景」にも選定されている。(^^;


ふるさと店ふるさと







GATZ君と、昼は白田にあるこちらの店で『肉チャーハン』を食べることに。

稲取の「かっぱ食堂」という店が元祖とされている、稲取のソウルフード。
同じ稲取にある「浜ッ子」、蓮台寺の「一丁」、白田の「ふるさと」、
この3店が系列店?になっているようだ。

二人ともカッパ食堂は食べているので、今日は白田の「まごころ」へ。
昼時とあってほぼ満席状態だが、殆どの人が『肉チャーハン』を食べている。

私の記憶では、こちらのほうが全体的に量が少ないような…(^^;
野菜類も何だか少なく感じたのは気のせい?
チャーハンはパラッとした出来上がりで、こっちのほうが旨かった。(^^)


食べ終った後は、天気がいいので南伊豆をドライブすることに。

下田アンパン下田市内にある「平井製菓」で買った、
『下田アンパン』。
TVで紹介されたりして、名物になっているようだ。

きのこのような変わった形をしているが、
中身はれっきとしたアンパン。
今は季節の『桜アンパン』もある。

犬走島3下田港の入口にある「犬走り堤防」。
以前、ここにはよく釣りに来たものだが、
最近はちょっとご無沙汰。(^^;

堤防の付け根にある駐車場に車を停めて、
買って来た『下田アンパン』を食べる。
海を見ながらのアンパンは…美味しい。(^^)

菜の花弓ケ浜の手前に広がる田圃には、
広大な菜の花畑が広がっていた。






中木4石廊崎を過ぎるとつづら折りの道が続くが、
その途中、「あいあい岬」の展望台からは、
中木の港を中心に広がる奥石廊の絶景が見渡せる。

この中木には磯釣りで30年ほども通ったが、
中央左に見える「白根」がホームグランドだった。
時間があれば、また再開したいと思っている。

堂ヶ島3堂ヶ島に着く頃には陽も傾いてきた。
もう少し先まで…と思ったが、
戻るのが遅くなりそうなので、ここでUターン。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●124)笑楽@伊豆高原


笑楽5夜はここでラーメンを…(^^;
GATZ君は初めてなので、『笑楽ラーメン』、
私は『塩ラーメン』を食べる。

前回昼に行った時、ご主人が言うには、
「昼より夜のほうが美味しいんだけど…」
確かに出汁がよく出てました。(^^;


【神戸ラーメン 笑楽】
伊東市八幡野1189-135 TEL.0557-53-5306
営業時間=11:30-14:00 17:00-22:00 定休日=木曜日


tosimon3 at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月20日

伊豆高原グルメ

●81)笑楽@伊豆高原


夕べからのかなり強い雨が午前中まで続いているが、
腹が空いたのでラーメンを食べに出かける。
ちょっと早過ぎたので、この店の前でシャッター…(^^;

先週(木曜日)に来たら、定休日になっていて食べられなかったので、
店に入るとすぐに聞いてみたら、やはり定休日を変更したという。
ここは観光地なので、やはり日曜日は営業しないとネ。

笑楽4今日も『笑楽ラーメン』を食べる。

ご主人は昼より夕方のほうが美味しいというが、
確かに魚介を使ったスープではないので、
時間をかけたほうが出汁の出はいいはず。(^^;

しかし、昼のスッキリとした感じも悪くないと思う。


【神戸ラーメン 笑楽】
伊東市八幡野1189-135 TEL.0557-53-5306
営業時間=11:30-14:00 17:00-22:00 定休日=木曜日


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ポワヴル


午後から妙登美術庵の松浦さんのところへ久し振りにうかがう。
夕方までおじゃましていたら、夕飯を食べようといって連れて来てくれたのがここ。

かなり前にも一度来て、ハンバーグを食べた記憶がある。
その時は普通の味という感じだったが、
松浦さんによると、かなり美味しくなっているということだった。

ポワヴルメニューは色々あるのだが、
今日のオススメの中から『真鯛のポワレ』、
松浦さんは『牡蛎フライ』をチョイス。

椎茸、シメジ、マッシュルームなどのバター炒めに、
小松菜、緑、白のカリフラワーなどが色を添え、
上に乗ったカリッと焼かれた真鯛がイイ感じ。(^^)

私はあまりフレンチ系は得意ではないのだが、これはこれで美味しい。
フレンチなのに味噌汁が付いてくるのも有難い。(^^;

ここは以前ラーメン店があった場所なのだが、
場所は分かり易いのだが、交差点の側なので、車が停めにくいのが難点。
交差点の先、右側の空き地に駐車場があるようだ。


ポワヴル


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●82)唐辛子@伊豆高原


ここも先週は臨時休業していたので久し振り。
店に入ると、カウンターの上に「指定席」のカードが…(^^;

誰が来るの…と聞けば、てるてる餃子のご夫妻が来るんだそうだ。
でも予約席は3席…もう一人は誰?…って何のことはない、私でした。(^^;

唐辛子88間もなくてるてるご夫妻到着。
いつもながらこのご夫妻の面白さは
仲がいいんだか悪いんだか…言語に絶する。(^^;

そこに唐辛子のママさんとマスターが絡むから…
余計にゴチャゴチャに…(笑)
楽しい時間を過ごさせていただいた。

今日は『担々麺』で〆。


【ラーメンハウス 唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html

tosimon3 at 05:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年02月09日

なごみ農園へ…

勇次の田中さんと房総の大原にある「なごみ農園」へ。
常連のOさんとSさんも同行。

勇次最後の限定となる『合鴨ラーメン』の食材調達が目的だが、
ここへ来る目的は他にも色々とある訳で…(^^;


農園全景














ダム湖から見たなごみ農園居住区の全景。
すべて手創りの家屋で、左が合鴨舎、2階建てが母屋、
右が新しく出来上がったばかりのゲストハウス。

新棟今年1月に出来上がったばかりのゲストハウスは、
広いベランダを有した平屋建て。
中には厨房と囲炉裏も切られていて、
集会所として使われる。




ダム湖眼前のダム湖は渇水期で水が少ない。
房総といっても内陸に入った山の中…
明け方の気温はマイナス2度と寒い





梅ニワトリ






朝方はパラパラと小雪が舞うほどの寒さだったが、梅の花は3分咲き。
その周辺で鶏が朝の食事中。
茶色が名古屋コーチン、白いのがアローカナ、烏骨鶏も混じる。

卵ご飯これが究極の玉子かけご飯(TKG)。
農園で穫れた合鴨農法無農薬米を鉄釜、薪炊き。
“おこげ” が美味しい。(^^)
玉子は、名古屋コーチン(赤)とアローカナ(白)。
(アローカナの玉子の殻は、実際には薄緑色)
これに自家製味噌汁付で、
朝から2杯も食べてしまった…(^^;

焼鳥こちらは昼食の “焼鳥” だが、
肉は何と七面鳥。
七面鳥の焼鳥というのは初めて食べたが、
クセがなく、意外に美味しい。(^^)
黒っぽい肉はキジバトの肉…これも旨い。
無農薬ネギの甘さは格別。


レバ刺し中央の肉は七面鳥のササミの鳥刺し。
脂ッ気が無く、食感はマグロに似ている。
その下は合鴨のレバ刺し…これは絶品。
左は落花生の煮豆。
右は自家製の漬け物。
滅多に食べられない食材ばかりだ。



なごみ農園


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●63)臥龍@三軒茶屋


なごみ農園からの帰りに、長生村のラーメン店に寄り道するつもりだったのだが、
農園を出るのが遅くなってしまい、真直ぐに帰ってきてしまった。(^^;

農園からいただいてきた野菜などを実家に持って行き、その帰りにこちらへ。
ご主人の高島さんは勇次ファンなので、ひとしきり勇次の話で盛り上がる。

臥龍11今日は基本の『ラーメン』を食べる。
奥久慈軍鶏ガラで作られた鶏白湯が美味しい。

このところ味噌ばかり食べていたので、
ストレートな鶏白湯は久し振りの気がするが、
やっぱりこれ美味しいワ…(^^)




【臥龍】http://garyu23.com/


tosimon3 at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2009年01月16日

わさらびと一匹の鯨がコラボ

●27)わさらび@沼津市

わさらびの新作は『塩わさびそば』(仮称)。
これは「一匹の鯨」とのコラボで、テーマが「わさび」に設定されているもの。
1月20日から2月末ごろまで提供される予定だそうだ。

たまたま試作品を作っているところに出くわしたので、
食べさせてもらうことができた。(^^;

わさらび57『アゴ出汁そば』をベースにしていて、
それに別皿で本ワサビが付いてくる。

ワサビの量がかなり多いようにも感じるが、
これを熱いスープに溶かし込むと、
辛味は殆ど感じなくなり、
風味だけが残るという不思議なことに…(^^;

別に茎ワサビが入っているので、こちらはピリッとした味が楽しめる。

尚、つけ麺バージョンも用意されるとのこと。


支那そば屋 わさらび


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ごえん玉@伊豆高原


夕食はこちらで『オムライス』をいただくことに。

以前、どこかでここのオムライスが美味しいという記事を見ていたので、
チャンスがあれば…と思っていた。

サラダオムライス







サラダとスープの後に、オムライス登場。
写真だとオムライスが小さく見えてしまうが、皿が30cmほどもあるので、
そこから大きさを推測していただきたい。(^^;

半熟とまではいかないが、フワッとした卵の焼き加減が絶妙。
この卵のフワフワ感はあまり他では食べたことがない。
特に変わった調理をしている訳ではなさそうなのだが、
でも何かヒミツがありそう…(^^;

デザートデザートはアイスクリームと果物。
これも美味しいのだが、
一緒に出てくるコーヒーが格別。






小さな洋食屋 ごえん玉

tosimon3 at 04:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年12月17日

そうだったのか…

●540)笑楽@伊豆高原


伊豆でも昨夜から冷たい雨が降り続いている。

昼過ぎに、こちらの店へ2回目の訪問。
前回分からなかった駐車場は、店のすぐ隣のアパートの脇にあった。
歩道にはみ出す感じだが、3台は停められそう。

笑楽1今日は『塩ラーメン』を食べてみる。

前回醤油を食べて「オッ…」と思ったのと同じく、
塩でもそういう感じを受ける。

何て言うんだろう…文章で表現するのは難しいが、
ラーメンの味が “プロっぽい味” だということ。
ひじょうに “完成されたラーメン” というイメージを受けるのだ。(^^;

食べ終ってから、お客さんがいなかったのでちょっとお話をうかがった。

実は「神戸ラーメン 笑楽」でググルと、尼崎にある同名店がヒットするので、
「そこの関連店ですか」と聞いてみると、
「その店は私達がやってました…」(^^;

エエ〜ッ…というだけで次の言葉が出て来ない。
要するに本家が伊豆へ来てしまったということらしい…(^^;

いやいやそういうことだったんですか〜
これで “プロっぽい味” と感じた理由が分かった。

それにしても「福◯家」といい、このお店といい、繁盛店を経営されていた方が、
伊豆高原で第2の店を開く…というのは、何か因縁めいたものを感じるのだが…


【神戸ラーメン 笑楽】
伊東市八幡野1189-135 TEL.0557-53-5306
営業時間=11:30-14:00 17:00-22:00
定休日=日曜日


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


忘年会&クリスマスパーティ


夜はもう毎年恒例になってきた忘年会兼クリスマスパーティ。

今回は新メンバー4人が初参加ということだったのだが、
直前になってそのうち3人と常連の1人が不参加ということに…(^^;

ごちそう総勢10人参加のはずが、
6人になってしまったのはちょっと寂しいが、
不参加の方からごちそうだけ届いていたので、
食べるものは10人前以上という事態に…(^^;

テーブルの上に並んでいるのはその一部…
こんなに食べられるのか…(^^;

という心配は見事に裏切られた。
皆さん食べること食べること…欠食児童の集まりか、というほどに…(笑)
小食の私はついていけない。(^^;

肉ボールこれはてるてるのママさん特製の『てるてる団子』。

テニスボールほどもある大きさだが、
中がふわふわなのにビックリ。
作り方を聞いたら、企業秘密だそうで…(^^;

これはお店でも食べることができる。


ケーキ一渡り忘年会が終ったところでで、
今度はクリスマスパーティ…(^^;

プレゼントの交換などもあったりして、
またまたクリスマス用のごちそうが…orz

もう食えネ〜という幸せな一夜でした。(^^;

tosimon3 at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月04日

豆腐づくし

豆腐料理 空の庭 渋谷店


6日に骨董倶楽部の例会で桐生へ行くことになったのだが、
今回は倶楽部員以外の方達も参加することになり、
その顔合わせということで、渋谷の豆腐料理屋さんに集合。

店頭渋谷から線路沿いに恵比寿方面へ…
200mほど歩いたところにこの店がある。

間口はそんなに広くないが、
店内は思ったより広くてビックリするぐらい。
隠れ家的雰囲気を持った店だ。


付き出しまずは突き出し。
右=豆乳…かなり濃厚だが飲み易い
中=自家製湯葉
左=にがりのみで作られた豆腐

どれも美味しい。(^^)


ごま豆腐胡麻豆腐

豆腐にねばりが出て、
独特の歯応えが新鮮。
タレは豆乳に手を加えたものか…



汲み上げざる豆腐

大豆の味がしっかりと感じられ、
香りも良い。




鴨肉合鴨と生湯葉のおろしポン酢

この組み合わせは意外だったが、
食べてみると納得。




チーズ右はチーズ豆腐
左はアボガド豆腐(^^;

右は美味しいが、左は個人的に苦手。




コロッケ豆乳クリームコロッケ

これも新鮮な食感…
美味しい。




田楽柚子味噌生麩田楽

生麩の食感がイイ。
豆腐田楽でないところがユニーク。




杏仁豆腐杏仁豆腐

デザートにはこれをチョイス。
柔らか過ぎず、硬過ぎずの口当り。
グレープフルーツソースとの相性が良い。



豆腐料理 空の庭 渋谷店

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●524)東京油組本舗 渋谷組@渋谷


油組3



tosimon3 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月24日

静岡遠征…

●505)竹乃や@

今日は某有名店店主夫妻と、コージさん、私の4人で静岡ラーメンツァーに…

焼津で次郎長さん静岡人さんを拾い、こちらの店でかん吉さんと合流。

竹乃や2ここへは9月にも来ているのだが、
やはり甘さがちょっと気になるレベル。
もう少し押さえてくれるといいんだけど…
と思いつつ、食べてしまうから不思議。

店を出る時には7〜8人が並ぶという人気振り。
地ラーメンの根強さを垣間みる思い。



竹乃や


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●506)伊駄天@藤枝市


最初はこの後「才蔵」へ行く予定だったのだが、
この店が営業を再開しているということで、こちらへ急遽変更。

立川のラーメンスクエアに10月に出店して以来、本店は休んでいたが、
11月から又野さんがこちらへ戻り、通常営業を再開した。
金曜夜の「影武者」も復活したし、年内無休で頑張るらしい。(^^;

伊駄天24四季彩菜麺『2008冬 越冬ver1.0』を食べる。
いつものイタリアンテイストではないが、
完成度の高い味噌ラーメンに仕上がっている。

「伊駄天ならこう作る」という主張がある。
飾り付けも美しく、食べるのが楽しい。
美しいものは…美味しい。(^^)



【麺行使 伊駄天】http://www.idaten-ramen.net/main.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


浜のかきあげや@由比漁港


この後もう一軒という話もあったのだが、
「シラス丼が食べたい」という意見に皆が賛成。(^^;
それではと静岡人さんの案内でこちらの店へ…

場所は由比港の魚市場?に隣接する屋台風の店舗。
店の前は漁船がびっしりと停泊し、その向こう側の堤防の上には東名が走る。
何だか不思議な光景だが、これこそ…知る人ぞ知る…といった店だ。

お目当ての『シラス丼』は…売り切れ orz…やはり人気があるようだ。
仕方ないので『桜海老かきあげ丼』を食べることに。

かきあげ丼店由比港







かきあげ丼桜海老のみのかきあげが2枚入る丼だが、
サクサクとした食感はなかなか。
一緒に注文した味噌汁は、
これにも桜海老が入っている。

しかし、シラス丼が食べられなかったのが残念。




浜のかきあげや


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


前島@富士宮市


その後、ラーメン店は中休み中なので、富士宮焼きそばを食べにいくことに…
ラーメンの食べ歩きが、いつの間にか静岡グルメ探訪に…(笑)
まあ私としてはこちらのほうが楽しいのだが…(^^;

ということでやって来たのが「前島」という店。
富士宮焼きそばの人気投票で、常にダントツ1位を独走し続ける店だそうだ。

こじんまりとした店は、中に入ると左側に昔懐かしい駄菓子類、
そして中央に2枚の鉄板を置いた机があるのみ。

この時点では「何故この店がダントツ1位?」と疑うばかり。(^^;

焼きそば店焼きそば店内







焼きそば焼きそばはおかみさんが鉄板の上で焼いてくれる。
それをどうやって食べるのか…と思ったら、
出来た順に呼ばれて鉄板のところへ行き、
鉄板の上から直接箸で食べる…というシステム。

面白いというか、何ともユニークな食べ方だが、
これがまた一つの魅力のようだ。(^^;

味のほうは、独特のコシの強い麺と出汁粉が特徴だというが、
焼きそば自体は、それほど特に変わったものが入っているという訳ではなく、
この食べ方が最大の魅力なのでは…と思う。


前島


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●507)卓朗商店@沼津市


本当は「わさらび」へ行きたかったのだが、今日の営業は昼のみということなので、
最近移転オープンしたばかりのこちらの店へ…私は2回目になる。

卓朗商店9今日は『塩ラーメン』を食べることに。

幾分表情が変わったが、
トレードマークの油揚げは健在。(^^;
スープの味も以前の味に近づいてきた。

最近では既に行列が出来始めているらしい。


卓朗商店


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●508)藤堂@三島市


藤堂10季節限定『冬月』(柚子の香りそば)。
これは以前にも食べているのだが、
柚子の鮮烈な香りが印象的なラーメン。

接客の素晴らしさは相変わらず気持ちがいい。
この気持の良さが、
またラーメンを美味しくさせてくれる。(^^)



【めん処 藤堂】http://td.orpro.jp/

tosimon3 at 04:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月09日

山梨ツァー

コスモス富士山中湖







今日はGATZ君を同行して山梨ツァーに。

コスモスが咲き乱れる山中湖には富士山がよく似合う。
日差しは強いが、湿度が低いので快適なドライヴ日和だ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●ちくぜん@山中湖村

ちくぜん店スープの出来が悪くて休業…orz
朝、電話で確認をしてから来たのに…
しょっぱなから振られてしまった。(TT;
かな〜り分かりにくい場所にある。

その後「喜久屋食堂」を覗いてみたが、
こちらは定休日だった。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●380)大喜@富士吉田市/自然体のラーメン

大喜富士店大喜富士







富士吉田市へ移動してこちらの店へ…
ここも分かりにくい場所にあるが、地元では有名なお店らしい。

『支那そば』は、やさしさと素朴さが混ざり合った味わいだが、
かと言って古くさいイメージを感じるものでもない。
自然体のラーメン…とでも言えそうな味だ。

「毎日でも食べられるラーメン」という表現がよく使われるが、
こういうラーメンのことを言うんじゃないかと思う。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


吉田うどん/桜井うどん店

吉田桜井店吉田うどん







ここまで来たのだから、吉田うどんでも食べていこう…ということになり、
基本的な吉田うどんを食べられる店、ということでこちらへ。

なかなか趣のある店舗だが、引っ込んだ所にあるので見つけづらい。

麺の弾力がスゴくて顎が疲れるほどだが、麺の風味は弱い。
そこそこ美味しいうどんではあるが、一回食べればよいかな…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


381)こみたけ@富士山5合目/日本で一番高いラーメン?


その後、あまり天気がいいので富士山に登ってみることに…
っていっても足で登る訳ではなく、車でスイスイと5合目まで…(^^;

若い頃は自称「山男」だったので、富士山を除く3千m級の山にはかなり登った。
新田次郎の山岳小説を片っ端から読んでいたのもこの時期だった。

年々富士登山の人気が高まり、ゴミ問題などがクローズアップされる中で、
やはり富士山だけは「登る山ではなく見る山」と思い続け、現在に至っている。

富士5合目標識富士5合目富士山5合目、
標高2,305m
ここから見る富士は
あまり高く見えない。
(当たり前か…)



5合目ラーメン5合目のレストラン「こみたけ」で、
トンコツラーメンを食べる。
(ここに来てまでラーメンかいッ!)(^^;

スープは業務用だと思うが、意外にまともな味。
ことによったら日本で一番 “高い” ラーメンか?(^^;
ちなみに値段は800円。

富士カレーここには「富士山カレー」というのもある。
これは同行のGATZ君が注文したもの。

ご飯をもう少し盛り上げれば、
富士山らしくなると思うのだが…(^^;
ちょっと迫力不足。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●382)凌駕(りょうが)@甲府市/甲府の白河ラーメン


富士山を降り、358号を北上して甲府市へ。
ここに昨年4月にオープンした白河ラーメンの店がある。

場所は分かりにくいというか、決して良いとは言えないところだが、
元パチンコ店のあったところだそうで、駐車場は何十台分もある。

とら食堂系の店ということで、内心期待しながら店内へ。

りょうが店りょうが







出来上がってきたラーメンは、なかなか白河ラーメンしてる雰囲気。
透明感の高いスープは、見た目はかなり美味しそう…だが、
飲んでみるとややキレに欠けるというか、出汁の旨味がもう一つ。

麺はさすがにとら食堂系と思わせるものだが、
コシの強さという点でいま一つ物足りなさを感じる。

叉焼もややパサつき気味で、味わいに欠ける部分が…
と書いてしまうと、何だか美味しくなさそうなイメージを与えてしまうかもしれないが、
これはあくまでも本家とら食堂と比較するからであって、
そういう先入観無しで食べれば、かなり美味しいラーメンであることは間違い無い。


凌駕


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●383)おかめ@山梨市/この美味しさはホンモノだ


続いて山梨市にあるこちらの店へ。
昨年の山梨ツァーで予定していたものの、食べることができなかった店。

随分と辺鄙なところというか、あたりが暗いのでよく分からないが、
周囲には果樹園らしきものが広がるだけで、飲食店などは皆無の場所。
そんなところにポツンと店がある。

ここは久我山にある「甲斐」のご主人の実家ということらしい。

おかめ店おかめ







店に入ってメニューを見ると、中華そばには魚介系と動物系の2種類がある。
動物系には焦がしネギが入っているようなのだが、
ここはやっぱり『中華そば魚介』を注文。

出来上がってきたラーメンは、魚介油が表面を覆ったもので香りもいい。
残念ながら「甲斐」は未食なので比較ができないが、
GATZ君の言では、かなり似ているとか。

思っていたラーメンより随分と高いレベルに驚くとともに、
こういうラーメンが食べられるのなら、ぜひ甲斐にもいかなくては…と思う。


おかめ

tosimon3 at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月04日

伊豆の定番…

てるてる餃子


てるてる7遅い昼をこちらで…
久し振りに『餃子定食』を食べてみる。
これを食べるのは、いつ以来だろう…(^^;

でもやっぱり餃子はご飯と一緒がいいネ。(^^)
学生の頃、週に2〜3回はこれを食べていた。
そのぐらい餃子は好きなのだが、
ラーメンを数多く食べるようになってから、
必然的に餃子を食べることが少なくなってしまった。

本当は、どこへ行っても「ラーメンライス」を注文したいと思っているのだが…


てるコーヒー食後のコーヒー。
ご主人こだわりのコーヒーが美味しい。(^^)

デザートにいちじくをごちそうになってしまった。
かなり意外性のあるデザートだったが、
地元産のいちじくだそうで、
上品な甘さが美味しかった。(^^)


今日はママさんの誕生日だそうで、これから出かけるところだったという。
お邪魔をしてしまいました。(^^;


てるてる餃子


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●374)唐辛子@伊豆高原


唐辛子76今日のおまかせは『牛スジつけ麺』。

つけ汁は牛スジを煮込んだスープ。
最初は辛みも酸味もついていなかったが、
これが美味しくない訳がない。(^^)

後半、試しに七味と酢を少し入れてみたら、
つけ汁としての旨さがより鮮明になった気がする。
ただ、これは好みの問題なので、酢の苦手な人はそのまま食べたほうがいいだろう。

唐辛子説明担々麺の辛さの段階が新しく表示されていた。

一番辛いのは「天国」。
辛さは「ムニャ ムニャ〜」だそうだが、
これはハバネロ1個以上が入る辛さ。

私は初級で十分だ。(^^;


唐辛子  



tosimon3 at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月27日

アンガーラ…

●360)覆面@神保町


夕方から飲み会があるので、それに出席する前にちょっと一杯…
っていっても、この場合の “一杯” というのは…ラーメンのことなのだ。(^^;

覆面店やってきたのは神保町。
この界隈に覆面をしてラーメンを作るという、
怪しげな店が出来たらしい。

店はすぐに見つかったが、
ウ〜ン…確かに怪しい…(笑)


覆面1食券を買ってカウンターに座る。
厨房には白覆面と黒覆面の怪しげな二人が…
この二人「アンガーラ」という言葉しか発しない。

「いらっしゃいませ」もアンガーラ、
「ありがとうございました」もアンガーラ…
アンガーラって一体何なんだ…(^^;

覆面説明そのうち黒覆面さんと目が合うと、
壁に貼ってある紙を指差して「見ろ」という仕草。
そこには「例のアノ人は今」に続いて「アフリカで象でラーメンを創ろうとして、密猟者と一緒に捕まったそうです」と書いてある。(笑)
なるほど…アノ人ならやりそうなことだ。(^^;

覆面メニューは清湯醤油味の『覆麺』と、
『油覆麺』(油そば) があるのみ。

覆麺は貝柱や甲殻系を感じるキレのあるスープ。
ややしょっぱ目なのは…やっぱりネ…(^^;
個人的には揚げネギの量が多いのが気になった。
麺は最初の頃とは違うようだ。

食べ終る頃になって、黒覆面さんから小さな紙切れが手渡された。
そこには「ラーメンはどこから」(だったか?) みたいなことが書いてある。
なんだ、日本語書けるじゃん…でも意味ワカラン…(笑)

「どこから」というのは、「ここへ来る前に」ということかと思って、
「今日はここが初めて」と答えると、その答ではお気に召さないようで、
今度は小さい声で「How long ago?」と聞いてくる。
なんだ、英語もしゃべれるじゃん…(^^;

でも「いつから…」???…って何て答えればいいんだ?
試しに「高田馬場」と言ってみたら、「ウンウン」とうなづく。
やっとご満足いただいたようで…(^^;

マアこれで少なくとも日本語が書けて、英語が話せることはハッキリした。(笑)
バレバレだけどネ…アンガーラ!(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


リストランテ ミオ ポスト

その後、小川町にあるこちらの店へ。
どういう飲み会かというと…マア同じ釜の飯を食った者同士というか…(^^;

ハムスパゲッティ






サラダスズキ






デザート
この他にも色々と出てきたが、
名前が分からないので、
とりあえず写真だけ…(^^;

tosimon3 at 04:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年08月06日

マイペースで…

326)福わ家@伊豆城ヶ崎


2週間振りの伊豆…昼はこれも久し振りにこちらの店へ。
調べてみたら、前回来たのが2月末だったので、半年も来てなかったのか…(^^;

幅わ家18親父さんは相変わらずマイペースだが、
この肩肘張らない雰囲気がこの店のいいところ。

今日も『肉もりそば』を注文するが、
その後で『冷し麺』があることに気が付いた。
聞いてみると「冷し中華」らしいので、
とりあえずそれは次回に回すことに…(^^;

今では珍しいタイプのアッサリつけ麺ではあるが、ここの麺にはこれが合っている。
つけ麺もラーメンも、共にナチュラルタイプであるところが持ち味。
雰囲気も味もホッとさせてくれる得難い店だ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


伊豆スタジオでパーティをするからきて欲しいという連絡があったので、
夜になって出かける。
何のパーティなのかというのは・・・よくワカラン…(^^;

出席者は唐辛子のママさん、トモちゃん、伊豆スタの山内ご夫妻、
そして今回は、唐辛子の常連さんが一人、特別参加。

焼きそば山内さんご主人の手作りの塩焼そば。
インスタントのものはたまに食べることはあるが、
ちゃんとした塩焼そばは初めてかな?
しかしこれは本当に美味しかった。(^^)




パエリヤ唐辛子のマスターが作ってくれたパエリヤ。
米と一緒に炊き込んだものではなく、
別に炊いたサフラン米にこれをかけて食べる。
このほうが美味しいというか日本人向き。(^^;




ちらし常連さんの奥様手作りのちらし寿司。
今回唯一の和食系だったが、
“デンブ” が入っているのが懐かしかった。





デザートこれはデザート。
山内夫人のユーコさんの差し入れ。
近くのリゾートホテル製のスイーツ。

いやいや美味しかった…(^^)



tosimon3 at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月12日

色々と…

てるてる餃子

朝から雨…昼頃小降りになったので、遅い昼を食べにてるてるさんへ。

てるてる6今日は久し振りに『ザー丼』と『焼き餃子』。
このメニューがここへ来たときの私の定番。
『ザー丼』というのはここのオリジナル。
ザーサイ、キュウリ、筍を細切りにしたものが、
ご飯の上に乗って出てくる。
これに酢、ラー油を好みでかけて食べる。
油そば的な食べ方が気に入っている。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


北川遠望大川温泉付近の旧道から見た景色。
中ほどに突き出しているのが中の崎。
その上が赤沢温泉と浮山温泉郷。
雨で見通しが悪いが絶景。




 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●243)唐辛子@伊豆高原

唐辛子71今日のおまかせメニューは『冷し中華』。
横幅30cmもありそうな大きな皿に、
サラダ菜、モヤシ、あした葉、トマト、破竹、
ニューサマー、茹で卵、ワカメ、鴨肉、マンゴーと、
10種以上の具がこれでもかっ…というほど乗る。
麺は全く見えない。(^^;



レモン唐辛子にあったレモンとピーマン。
左が普通のサイズの夏蜜柑なので、
その大きさが分かると思う。(^^;

tosimon3 at 03:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月09日

金沢市内観光

朝から妹の友人さんのガイドで金沢市内観光へ。
金沢へは何回も来ているのだが、いつも乗り換えだけでスルーしてしまうため、
兼六園を一度見ただけで、市内をちゃんと見たことがなかった。(^^;

尾山神社尾山神社門






まずは尾山神社…加賀の藩祖、前田利家が祀られている。
オランダ人ホルトマンの設計で、明治8年に建てられた神門が異彩を放つ。

浅野川金沢市内にはこの浅野川と犀川が流れている。
浅野川は泉鏡花、徳田秋声、
犀川は室生犀星など、
文学の香りが残る川だ。



ねこ浅野川沿いの民家から出てきた猫。
威厳のある面構えと所作だった。
ちょっとメタボか…(^^;





茶屋街茶屋路地裏






文政3年、町中に点在していたお茶屋(郭)を加賀藩がここに集めた。
京町屋にも通じる町並みには、藩政時代の面影を見ることができる。
現在は「ひがし茶屋街」と呼ばれ、観光スポットになっている。

茶屋スコップ茶屋街の建物に掛けてあった柄の長いスコップ。
どうやって使うのか疑問だったので聞いてみたら、
ひさしにせり出してきた雪を落とす道具だという。
なるほど…ナットク。(^^;




茶屋志摩茶屋中庭中庭






茶屋抹茶
茶屋のひとつ「志摩」。
店内は有料で見ることができるが、
今にも三味線の音が聞こえてきそうだ。

一部を改装して、お茶を飲めるようになっていて、
茶道の盛んな金沢ならではの雰囲気が楽しめる。


蓄音機館蓄音機館中






泉鏡花記念館の近くにある「金沢蓄音機館」。
市内でレコード店を営んでいた八日市屋浩志氏の「山蓄コレクション」を中心に、
蓄音機540台、SPレコード約2万枚を保存しているという。

館内にはマニアにとってはまさに垂涎ものの名器が並ぶ。
私もSPレコードコレクターの端くれだが、とても足下にも及ばない。(^^;

金沢城址公園
金沢城址公園。
ここには以前金沢大学があったのだが、
15年ほど前に移転を完了。
今は公園として、市民憩いの場になっている、



市場中金沢の胃袋「近江町市場」。
東京でいえばアメ横というところだろうが、
平日なのにかなりの人出。
観光客が多いのかもしれないが、
金沢の人は食いしん坊が多いのか…(^^;



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●238)一喜@金沢市

昼はこちらでラーメンを…(^^;
せっかく金沢まで来ているのだから、もっと美味しいものを食べればいいのに…
と自分でも思うのだが、これも楽しみの一つなので仕方がない。

一喜店一喜







茶色に濁ったスープは、どこかで食べたことがあるようだが思い出せない。(^^;
味は…やたらしょっぱい。
ことによったら富山ブラックの系統か…と思ってみたりしたが、
後で調べてみたら、全く関係ないとのこと。

それにしてもしょっぱい。
思わずライスが欲しくなってしまったが、グッとこらえる。

昼時なのでお客が次々と入ってくるが、皆さんしょっぱくないんでしょうか?
金沢の「がんこ」か…(^^;


tosimon3 at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月08日

福井〜石川…ルーツを辿って

勝山城伯母の長男の方とこの勝山城で待ち合わせ、
一緒に伯母の見舞いに。
今年93歳になる伯母は、
思っていたより元気だったので一安心。

この勝山城は、ある篤志家が建てたものだそうで、
古くからあったものではないとのこと。
もっと有効なお金の使い道があったと思うが…(^^;


平泉寺1平泉寺苔







蕎麦づくしその後、近くの平泉寺(へいせんじ)へ。
白山信仰の越前側の拠点寺で、
正式には「平泉寺白山神社」というらしい。
境内のいたるところに生えている苔は、
西芳寺と共に有名なのだとか。

昼食は山門入口にある蕎麦店で『蕎麦づくし』


福井家福井石垣






私の祖母はここ勝山の出身で、生家がまだ残っているというので行ってみる。
造り酒屋だったという家は、今は住む人もなく荒れ果てているが、
入口にほどこされている彫刻が当時を偲ばせる。
敷地の周囲に残る石垣は、酒蔵の礎石だったのだろうか…

恐竜美術館長男の方のオススメで、
福井県立恐竜博物館も見てみることに。

地上3階、地下1階のかなり立派な建物で、
恐竜に関しては国内最大級の施設だとか。
この一帯は恐竜の化石が沢山出土するらしい。


手取渓谷その後、157号を走って石川県へ。
手取川の中流にあるこの手取渓谷は、
昔、子供の頃に来たような気がするが、
ン十年も前のことなので記憶は定かでない。




別宮跡地大日川






私の祖父は、手取渓谷から近い鳥越村というところで病院を開いていた。
今は建物も取り壊され、井戸が残っているのみだが、
子供の頃からよく父に連れられて遊びに来たことを思い出す。

すぐ裏には 手取川の支流である大日川が流れている。
こちらへ来た時は、ここで泳いだりゴリを獲ったりしたものだ。
鮎も相当数いたが、今はダムの影響で少なくなったとか…


屋台宿は兼六園のすぐ裏手だったのだが、
今日まで加賀百万石祭りが開かれていたとかで、
あちこちに屋台が出ていた。

夜は金沢在住の妹の友人の案内で、
色々とごちそうになることに…
ふるさとの味は…美味しかった…(^^)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●236)8番らーめん<犀川大橋店>@金沢市

会食後、どこかでラーメンでも…と思ったが、
日曜日の夜9時過ぎでは、やっている店も限られてしまう。

行きたいと思っていた店は、日曜は休みだし…(^^;
ということで、確実にやっていそうなこの店へ。

8番店8番ラーメン






ここは金沢を中心に北陸、近畿、甲信越に広く展開されているフランチャイズチェーン。
名前は知っていたが、まだ一度も食べたことはなかった。

妹の友人のご主人も、ソウルフードは8番らーめんだそうなので、
やはり一度は食べておかなくては…と入ってみる。

野菜ラーメンが有名なようだが、とりあえず醤油の『中華麺』を…。
味は…ラーショの味を薄くしたような…何とも言えません。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●237)若大将@金沢市

宿へ戻っても何となく不完全燃焼のままなので、色々と調べてみたら、
近くにこの店があることが判明。
時間的にもまだやっていそうなので、一人で行ってみることに。(^^;

若大将店若大将







少し歩いて店に着くと…やってました。
引き戸を開けて店内に入ると、お客がいなかったせいか、
オヤジさんがラジオから流れる橋幸夫の歌に合わせて唄ってる…(^^;

店名から若い方がやっているのではと思ってたのが、ここで見事に裏切られた。(笑)
ちょっと不安になったが、せっかく来たのだからラーメンを注文。

ほどなくして出来上がってきたラーメンは、なかなかのルックス。
大きな叉焼が1枚かと思ったら、その下にもう1枚入ってた。
味も正統派の味わい…というか、すごく優しい味がする。
食後、ちょっと引っかかる部分があったので聞いてみた。

私:スープの出汁は鶏ですか…?
ご主人:いや違います。
私:じゃトンコツか何か…?
ご主人:トンコツでもないです。
私:エ〜ッ…じゃ乾物とか?
ご主人:そういったものでもないんですよ。

ここまでくると、私の乏しい知識はフリーズ状態。(^^;
するとご主人が教えてくれた。

「実は出汁は野菜でとってるんですよ…タレは叉焼の煮汁をベースにしたものなんだけど、それを野菜から作ったスープで割ってます」と。

いやいやこれは分からなかった…っていうか、フツー分からないよネ。(^^;
化調も殆ど使ってないようなので、これだけの味を出せるのはお見事。

思わぬところで思わぬラーメンに出会うことができたのは嬉しかった。


tosimon3 at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月15日

たまには文化の息吹を…

東山魁夷展

たまには文化的な活動でも…と、竹橋の東京国立近代美術館で開かれている、
生誕100年を記念した「東山魁夷展」を見に行く。

東山近美今更説明の必要もない日本画の巨匠。

99年に亡くなってはいるが、
その名声は年を追うごとに高まっている。

この画家については、私にも想い出がある。
それは以前勤めていた出版社で、
東山魁夷の作品集を担当した際であった。

東山作品が描かれたその場所を特定するために、あちこちと取材をしたことがある。
作品は「残照」「光昏」「郷愁」など数点であったが、
どの場所で描いたか…をピンポイントで特定するのは本当に難しかった。

しかし、難しければ難しいほど面白い仕事だった。
自分はこういう仕事に向いているのだ…と、マジにその時思ったものだ。(^^;
残念ながらその後、そういう企画はなかったが、
今でもその依頼があれば、無償でもやってみたいと思っている。

展覧会は5月18日まで。

東山残照「残照」






東山白夜「白夜」







 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●201)磯野@須田町

鴨を使ったラーメンが食べられるというので、これは行かねば…と初訪問。

磯野店磯野







思ったほど鴨は前面に出ていなかったが、バランスのとれたラーメン。
キリッとした醤油はキレがあり、なかなか美味しい。
ストレートの中太麺もよく合っている。

ただ、岩海苔はこれに必要かどうか…気になるところ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●202)大山〈神田店〉@内神田

12日に新規開店した「大山 神田店」…以前勤めていた出版社のすぐ近く。
もう少し早く開店して欲しかった…(^^;

影島さんはしばらくこちらにいるそうだ。

大山5『えび塩スパイシー』¥850

tosimon3 at 01:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月14日

伊豆で色々と…

●199)唐辛子@伊豆高原

久し振りに伊豆へ来たので、昼はやっぱりここへ。
水曜日は基本的に休みなのだが、今日はやっているというので…(^^;

唐辛子68このところ『汁無し担々麺』ばかり食べていたので、
今日はレギュラーの『担々麺』を初級で。(^^;

見た目は全く担々麺に見えないが、
食べると確かに担々麺。
この視覚と味覚のギャップが面白い。


もう少し辛くてもいいかな…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


誰も乗れないブランコ

伊豆の海沿いに、誰も乗れないブランコがある。
先日、「日本の珍百景」というTV番組で放映されたもの。
釣りの行き帰りにいつも通っていたところなのだが、全く気付かなかった。

ブランコ1ブランコ2







場所はR135沿い、下田市の白浜の少し手前。
「尾ヶ崎ウィング」というパーキングがあるのだが、そこの50mほど先、
「アロエの里入口」という看板のあるところ。

市がこの周辺を整備した時にブランコをかけたということだったが、
なかなか粋なことをしたものだ。
乗ってみたいという方は、決死の覚悟でどうぞ…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


日本蕎麦「誇宇耶(こうや)」

白浜の近くまで来たので、たまには日本蕎麦でも…と思い板見の「茶や」へ行くも、
営業は終了していた。orz

河津在住のマイミクさんの日記で見て、一度行ってみたいと思っていたのだが、
営業時間が11時〜15時というところまではチェックしてなかった。
ラーメン店に振られるだけでなく、蕎麦屋にまで振られるのか…(^^;

マアそんな訳で、気分は蕎麦モード…なので、帰る途中にあるこちらの店へ。

伊豆ではけっこう有名なお店らしいのだが、食べるのは初めて。
この店の前はしょっちゅう通っていて、店の存在は知っていたのだが、
思いがけないところからこの店の名前が出てきた。

それは、わさらびの塙さんからであった。

塙さんの友人に柳澤さんという方がいるのだが、
この方がここで修行して、神田淡路町で「眠庵」という蕎麦店を開いている。

そんな関係で、眠庵には私も何回か足を運んいるのだが、
ルーツであるこの店へ一度は来てみたいと思っていた。

こうや店こうや







堂々とした創りのかなり広い店で、店内には小さな囲炉裏があったりと、
それらしい雰囲気の演出もさりげなく出来ている。

取りあえずは『ざる』を注文。
薄緑がかった色の蕎麦は、香り、食感とも申し分ない。

つけ汁はやや甘めのものだが、このぐらいが私の好み。
江戸っ子のように、ちょっとだけ汁に浸けてズズ〜ッとすすり込む…
なんていう食べ方は、私にはできない。(^^;

蕎麦全体をドップリと浸けて食べるほうが好きなので、
ここのつけ汁はちょっと足りない感じだが、美味しくいただくことができた。


【手打ちそば 誇宇耶】 http://www.sobako.ne.jp/


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●200)共楽@稲取

これまで何回か来ているのだが、いつも振られてばかり…。
帰りにちょっと様子を見に寄ってみたら、やってましたネ。

昨年、伊豆高原から移転をしたのだが、いつになっても再開してなかった。
ご主人に聞くと、今年の2月から営業していたという。

確か3月に一度来ているのだが、そのときも店は閉まっていた。
定休日が木曜だそうなので、たまたま休みの日に来てしまったのだろう。(^^;

腹は空いていないが、せっかくなので入ってみることに。

共楽店共楽6とりあえずは『中華そば』を。

以前と味は変わっていない印象だが、
やはりスープの劣化がやや気になる。

ここは通し営業をしているので、
その間、スープには常に火が入っている。
なので魚介系はどうしても劣化が進んでしまう。
これが改善できれば、もっとスッキリとした味になると思うのだが…(^^;


【中華そば 銀座 共楽】
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取561-1 TEL.0557-95-0227
11:00-22:00 定休日=木曜日

tosimon3 at 22:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月12日

筍掘り〜アリランラーメン

ダム湖なごみ農園眼前のダム湖


勇次の田中さんが、ラーメンの具として使う筍を掘りに行くというので、
朝3時半に待ち合わせて、常連のHさんと共に房総「なごみ農園」へ向う。

途中で寄り道をしたりして、7時頃に到着。
3月に来たときには水位が2mぐらいも下がっていたダム湖は、
青々とした水を満々とたたえていた。
これならルアーを持ってくるべきだったと後悔。(^^;

卵かけご飯なごみ農園ではいつものように、
西田さんが用意してくれた鉄釜炊きの合鴨農法米に、
名古屋コーチン、アローカナ、合鴨の玉子。

この「玉子かけご飯」が文句無しに旨い。
これを食べたいがために、
ここへ来ているといっても過言ではない。(^^;

竹林食後は今日の目的である “筍掘り” に…。

なごみ農園の周囲にも竹はあるのだが、
少し離れたところにある竹山へ向う。
この近辺で一番美味しいといわれているそうだ。


筍掘り一山すべてが太い孟宗竹で覆われている。
斜面に生えているので足下が滑るが、
掘り出すとそんなことは忘れて熱中してしまう。




竹の子結局2時間ほどで掘った筍は約100本。
これを西田さんのところへ持ち帰り、
大きな釜2つを使って灰汁ヌキ。





天ぷら蕎麦昼は西田さんの奥様が用意してくれた蕎麦。
付け合せに野菜や魚介の天ぷらがどっさり。
いや〜旨〜〜いっ!(^^)

テーブルの真ん中にあるトマトは、
同行してくれた高梨さんが持って来てくれたもの。
一口食べてビックリ!
こんな甘いトマトは初めて食べた。

いやマジで甘いのだ…これは野菜というより果物の甘さ。
一緒にいただいたプチトマトもこれに劣らず甘い…こんなトマトがあったとは…


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●196)八平@千葉長南町


「アリランラーメン」というものの存在を知ったのは昨年だった。
何でも竹岡式、勝浦担々麺と並ぶ千葉の三大地ラーメンとか。

これは食べておかなくてはと、密かに機会を狙っていたのだが、
やっとチャンス到来…なごみ農園から帰る途中、長南町でちょっと寄り道。(^^;
と思ってナビに住所を入れて検索するが、目的地周辺しか出てこない。
とりあえず行けばわかるだろうと、山あいの道を走る。

だが、ナビが示したあたりにはラーメン店どころか、人家もちらほら。
とてもラーメン店があるような場所とは思えない。
同行の二人も「こんなところにラーメン店がある訳ない」と否定的。(^^;

途中の雑貨屋で場所を聞くと、もっと先へ行ったところだという。
半信半疑で車を走らせると「らぁめん」と書いた看板が見えた。
そこから更に脇道へ入り少し行くと、谷間になったような場所に店が見えた。
いやいやこれは…と3人ともア然、絶句するしかなかった。

この場所へは昨年移転したそうだが、
「移転してここかいっ!」と思わず突っ込まずにはいられない。(笑)

最初2人は腹が一杯なので、車の中で待っているということだったのだが、
この光景を見たからには食べずには帰れない…という気になったようで、
私と一緒に店内へ。(^^;

八平店八平







店内は全くもってレトロそのもの。
建物は市原市にあった昭和初期の納屋を移築して改装したものだそうだ。

取りあえず、『アリランラーメン』を注文。
出てきたものは、真っ黒な色をしたスープの上に、
タマネギ、ニンニク、ニラ、豚肉を炒めたものが乗ったラーメン。

スープの味は、どちらかというと竹岡式に近いもの。
見た目ほどはしょっぱくなく、タレはおそらく叉焼の煮汁だろう。
タマネギの甘さなんだろうか?自然な甘さとニンニクの辛さが心地よい。

麺は、これも予想に反した低加水中太のストレート麺。
これが具やスープに驚くほど合っていて…いやいやこれは美味しい。(^^)
化調感があまり無いのも嬉しい。

今日からラーメンの(小)以外は50円値上げしたということで、
アリランラーメン(中)は700円だった。
ちなみにアリランラーメンは(中)と(大)しかない。(のは何故?)

しか〜し、こんな場所でこんなラーメンに出会えるとは…
正にサプライズの連続だった。


【アリランラーメン 八平(旧店名:古市商店)】
千葉県長生郡長南町山内813-1
11:00-18:00 定休日=水曜日


tosimon3 at 17:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年03月10日

勇次の “大原支店” ?

未明から勇次の田中さんと一緒に、千葉大原町にある「なごみ農園」へ。
今回は勇次常連のOさんが初参加…HさんとTさんは現地集合ということで…。

朝5時前になごみ農園に到着…まだあたりは暗い。
園主の西田さんが起きてくるのを待って朝食の用意。
今日は雨が降るという予報なので、天気がちょっと心配。

朝飯
朝飯はいつものように生卵と味噌汁。
卵は名古屋コーチン、烏骨鶏、
アローカナの3種類から食べ放題。(^^;
米は農園で穫れた「伊勢ひかり」。
この卵かけご飯だけでもここへ来た甲斐がある。


ブラックバス
きのう西田さんが仕掛けた網を上げると、
30センチオーバーのブラックバス一匹と、
23センチぐらいのブルーギルがかかっていたが、
こんな大きなブルーギルは初めて見た。
両方ともHさんが持って帰るという。
食べるのか…(^^;

雨のダム
朝飯を食べ終る頃から雨が降り出し、
次第に強くなる。
渇水期で水位が下がっているダム湖も、
今日は靄の中に…



母屋
作業場
西田さん手作りの母屋(左)と作業場?(右)。

20年かけてコツコツと創り上げられてきたが、未だに未完成。
母屋の風呂からはダム湖が眼前に広がる…これが絶景。


大五郎
いつも元気に我々を出迎えてくれる大五郎だが、
今日だけは雨で濡れているため、
「そばに来ないで…」と追い払われショゲる。
カメラ目線も拒否…



おにぎり
今日は田中さんがこちらでラーメンを作るので、
西田さんの知り合いの方々が、10名ほど集まる。
皆さん手作りの料理を持ってきているので、
食卓の上はごちそうでイッパイ。
(かなり減っているが…)(^^;



 *   *   *   *   * 

●104)勇次〈大原支店〉@大原町


勇次大原店
今回こちらで作ったラーメンは『煮干し鶏白湯』。
こちらのほうには無いラーメンなので、
皆さんの反応は上々のようで…


tosimon3 at 04:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年01月14日

おじゃったもんせ

今日は甥の誕生日&婚約祝いということで、夜になって渋谷へ。
場所は「おじゃったもんせ」という宮崎県の郷土料理とお酒が楽しめる店。
店名は、宮崎〜鹿児島の言葉で「いらっしゃいませ」という意味らしい。

なぜここになったか…という理由はさておいて、(^^;
話題に事欠かないあの宮崎県の料理が食べられるとあっては、
甥のお祝いよりそっちのほうが気になって…(笑)



おじゃったもんせ

店入口
場所はマークシティの脇の道を、
ズ〜ッと上っていったところ。
ラーメン好きな方なら、
「はやし」のもっと先…で分かるかも。(^^;
かなり隠れ家的なたたずまいの店。
居酒屋には珍しくジャズが流れる。

日向夏柑
飲み物は、まずはビール…じゃなくて、
日向夏柑のジュース。
さっぱりとした甘さが美味しい。(^^)




箸置き
これは箸と箸置き。

木の枝を削っただけの箸は素朴な味わい。
それを載せる箸置きは…落花生だ。
最後にこの箸置きは食べることが出来る。(^^;


刺身盛合
メニューを見ていて最初に気が付いたのが、
「アラ(クエ)」が食べられること。
そうと分かれば食べない手は無い。
右が「アラ刺」、左が「ミズイカ」の刺身。
高価な魚なので沢山は食べられないが、
ウマかったぁ〜(^^)

鶏刺盛合
写真の右が日向馬?の馬刺。
霜降り肉がウマい。(^^;

左側は宮崎地鶏の各種刺身。
モモ肉が味があって美味しい。(^^)


唐揚げ
宮崎地鶏の唐揚げだが、
上にタルタルソースがかかっている。
宮崎ではこういう食べ方をするんだろうか?
美味しいけど…(^^;



兜煮
これはアラの兜煮。
やや濃い目の味付けだったが、
クチビルのピロピロが何ともいえない。
これが一番ウマかったかも…(^^)
さすが高級魚だ。


鶏鍋
宮崎地鶏を使った「鶏鍋」。

なかなかイイ出汁が出るので、
最後にうどんを希望する。
うどんは何故か“武蔵野うどん”とか。(^^;


甘乳蘇
最後に出てきたのが「甘乳蘇」というもの。
「かんにゅうそ」と読むらしい。
牛乳を1/10ぐらいにまで煮詰めて作るらしい。
味はチーズ味のカロリーメイト。(笑)
意外に美味しい…かも。(^^;


瓢箪スピ
これはトイレの中にあったスピーカー。
瓢箪の中にSPユニットが入っているようで、
長年オーディオをやっているが、
こういうのを見たのは初めて。
面白いので、今度自作してみよう。


【おじゃったもんせ】
渋谷区道玄坂1-17-12 野々ビル1F TEL.03-3780-6737
月〜土18:00-28:00 日・祝18:00-25:00 無休


  *   *   *   *   *  


●26)やすべえ@渋谷

終った後で、姪とその彼がラーメンを食べたいというので凪に行くも、
休日だったため早じまいで食べられず。orz

やすべえ3
という訳で、久々にこちらでつけ麺を。

彼はあまりつけ麺を食べたことが無いというが、
ここのつけ麺は気に入ってもらえた様子。

もう少し甘さを押さえてくれるといいんだけど…。


tosimon3 at 06:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年12月19日

伊豆で忘年会

●526)唐辛子@伊豆高原

夜は忘年会があってラーメンが食べられないので、昼にこちらへ。

唐辛子57
今日のおまかせは『牡蠣ラーメン』。
牡蠣をソテーしたものが4〜5個も入っている。

食べるにつれて、牡蠣の旨味がスープに溶け出し、
牡蠣好きにはたまらない味。(^^)
白菜も甘くて美味しい。

これもレギュラーメニューではないが、
牡蠣がある時は出来るそうだ。


【唐辛子】 http://www4.tokai.or.jp/tougarashi/index.html


  *   *   *   *   *  


夜はこちらでお世話になっている方達が、拙宅に集まって忘年会兼クリスマスパーティ。
毎年恒例になってきた感があるが、今年で何回目になるのだろう?

毎回、人数の割に食べる物が多いのが、この忘年会の特色。
日頃飲食業に就かれている方たちが作るとこうなる…という見本みたいなもの。(^^;

私は下手に手を出すとかえって邪魔になるので、(笑)
ひたすら食べることに専念。

寿司、焼鳥
てるてる餃子のママさん手作りの焼鳥と、
出汁巻き玉子、キンピラがメチャウマ。

寿司は注文品らしいが、これも旨い。



もつ鍋
ユーコさんご夫婦特製の『もつ鍋』。

もつ系はあまり得手ではないのだが、
下処理がしっかりとしているので全然平気。
ウン、これも美味しい。(^^;


フォンデュ
唐辛子ママさん提供『チーズ・フォンデュ』。

色々な具をチーズにつけて食べてみたが、
意外に旨かったのがサツマイモとトマト。(^^;
新しい発見だった。


ケーキ
忘年会のあとはクリスマスパーティ。
どこから切り替わったのかは不明だが、(笑)
クリスマスケーキが出てきた時点がそうらしい。

既に満腹で入る余地無しと思われたが、
甘いものは別腹…ペロッと食べてしまった。


この他にまだ食べるものは沢山あったのだが、写真を撮るのを忘れてしまった。(^^;
テーブルの上に並べ切らないほどだったのだが、どこへ入ってしまったのだろう?


tosimon3 at 02:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月13日

何故か…鈴福

てるてる餃子@伊豆高原

遅い昼を食べに、久し振りにこちらへ。
TV出演以来、お店が混んでいるという話を聞いていたので、
落ち着くまで様子見…ということになっていたのだが、
そろそろダイジョウブだろう…ということで。(^^;

てるてる
餃子と春巻き。

春巻きは、今回初めて食べてみたが、
餡にしっかりと味がついていて、
そのまま食べても美味しいし、
パリパリの皮もウマ〜イ。(^^)

肉まん
中華饅頭

これは前回からのお気に入り。
やや濃いめの味付けの餡が美味しい。
小さいのがちょっと不満。
普通の肉まんの大きさで食べてみたい。

餃子箸置き
これは餃子の形をした箸置き。
陶製なのだが、よく出来ている。
知らないと食べてしまいそうだ。(^^;





【てるてる餃子】 http://blog.livedoor.jp/teruteru2000/


  *   *   *   *   *  

●515)鈴福@三島市

てるてるへ手伝いに来ていた娘さんのユーコさんと話をしているうちに、
何故かラーメンを食べに行くことになってしまった。
(半ば強制的に…なのだが)(^^;

中休みの時間帯なので、どこへ行こうかと迷ったあげく、
三島の「鈴福」へ行ったことがないというので、行ってみることに。
静岡人なら一度は行っておかないとネ。

鈴福3
二人とも『手打ちラーメン』を食べるが、
私は「茹で卵…50円」が気になって注文する。

ラーメンに入ってくるのかと思ったら、
卵だけ先に茶碗に入って出てきた。
殻は自分で剥くのだそうだ。(^^;

自称「固茹で味玉復権委員会」会長としては、
可能性がありそうな所はチェックしておかねばならないのだが、
結局、固茹でではあったが味玉ではなかったので、ちょっとガッカリ。

ラーメンは、いつもに比べて出汁がやや弱かったが、それでも美味しい。
ユーコさんも満足してくれたようで…(^^;


  *   *   *   *   *  


●516)唐辛子@伊豆高原

伊豆高原に戻ってくると、今度は久し振りに「唐辛子」へ行きたいという。
わがままユーコさんには逆らえないので(笑)、その足で唐辛子へ。
それにしても、ラーメン2杯連食できるっていうのは立派。

唐辛子56
今日は『キンメラーメン』があるという。

スープの出汁はキンメではなく真鯛だそうだが、
これはこれで美味しい。(^^)
個人的には担々麺よりこっちのほうが好きなのだが…

我々の後から来た男性のお客さんと、ちょっとしたキッカケで話をしたら、
どうもラーメンフリークらしい…ということが判明。
この唐辛子というお店は、こういう出会いがあるのが面白い。
ラーメン好きは、どこへ行ってもいるもんなんですネ〜。(^^;


tosimon3 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月11日

馬勝った…

ベタなタイトルだが、今日は以前勤めていた会社のOB会ということで、
水道橋で「馬料理」を食べることに。(^^;

会場は「仕事馬」というお店。
水道橋駅南側、歩3分ぐらいのところにあるのだが、ちょっと分かりづらい。
(千代田区三崎町2-17-5 TEL.03-3511-2680)

馬料理が主体で、色々なメニューが楽しめる。

春巻き
馬肉の入った春巻き






刺身
刺身各種
上=胸肉(いわゆる馬刺)
右=たてがみ
下=レバー
左=ハツ


焼肉
焼肉
上=ハラミ
右=カルビ
下=ロース



ベーコン
アスパラの馬ベーコン巻き






ソーセージ
馬肉ソーセージ





ジャーキー
馬肉ジャーキー






グラタン
豆腐と馬肉のチーズグラタン







  *   *   *   *   *  


●420)服部@西神田

馬料理を食べに行く前に、ちょっとこちらへ。
本当は、あと2〜3軒食べたい店があったのだが、
それでは馬が食べられないので、ここだけで我慢する。(^^;

服部3
かな〜り久し振り。
勤めていた頃は月に2、3回は来ていたお店。

宮井店長が一人でやっているので、
聞くと今日はアルバイトが来なかったんだそうだ。

今は限定が無いというので、
とりあえずは『ラーメン』を。
しばらく食べなかった間に動物系が濃くなったのか、スープがかなり変わった印象。
魚介も強くなっているようで、全体にパワーアップしている。

最近ではこのタイプのラーメンは珍しくなくなったが、
それでも “服部のラーメン” という主張は忘れていない。
こちらも馬勝った…(^^;


tosimon3 at 04:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年08月02日

宗の『醤油つけ麺』

●303)宗@高田馬場


夜から神田で飲み会があるので出かけたのだが、
その前に馬場でこちらの店に寄り道。

そう理
机の上の柳宗理デザイン?のポットとグラス








そう1
期間限定『醤油つけ麺』。
ちょっと甘い感じはするが、なかなか美味しい。(^^)

これもこの界隈にはなかった味。



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


神田の韓国料理店で…

プルコギ
プルコギ鍋






チヂミ
海鮮長ネギチヂミ






ポッサム
ポッサム






チャプチェ
チャプチェ






トッポキ
トッポキ






サムゲタン
サムゲタン


tosimon3 at 02:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年06月09日

ひどい雨だ・・・

昨夜は沼津から伊豆高原へ直行。
昼前に起きると、夜来の雨も止んで薄日が差していた。

昼飯は「てるてる餃子」へ行くことに。
定休日が水・木から火・水に変更になってからというもの、
火・水とこちらへくることが多いので、なかなか寄ることができなかった。

てるてる2
これは『水餃子』。
一般的なものより皮が薄くて美味しい。




てるてる1
前回食べて美味しかった
『肉饅頭』と『海老蒸し餃子』。

『海老蒸し餃子』は見た目が美しい。
プリプリの大きな海老がウマ〜イ!

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●230)唐辛子@伊豆高原


夜になって雨脚が強くなってきたが、その中をこちらへ。

唐辛子42
今日のおまかせメニューは『冷しつけ麺』。

今年の夏メニューの試作品らしいが、
これを食べるにはちょっと寒くないか…?(^^;

つけ汁も麺も冷たいつけ麺なのだが、
胡麻味のつけ汁はちょっと酸味が強いか…。

一緒についてくるライムを絞るともっと強くなってしまうので、
ベースはもう少し酸味を押さえたほうがいいかもしれない。

個人的にはこのぐらい強くてもいいんだけどネ。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


こちらへ来たもう一つの目的は、
磐田に住むA君が、夫婦で行きたいということで待っていたのだが、
雨がひどいので明朝に変更になった。


tosimon3 at 15:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月02日

伊豆合宿4日目

昨夜は“豪雨”だったが、朝には上がって良い天気に。

朝飯
今日は最終日なので、朝食は残り物の整理ということで朝から“焼きそば”と何故か“巾着”になる。(^^;

巾着の中は半熟玉子とチーズ。
これもC君が作ったもの。
一人、こういうメンバーがいると、助かりますネ〜。

そういえばこの4日間、私が作ったものといえば…
2日目の鯵を切ったのと、このトマトを切ったぐらいか・・・orz

いや決して料理ができないという訳じゃないんだけど、
私が作るより美味しいものができれば、そのほうがベストかと・・・(笑)

食後に経費の清算をしたら、酒を除いた食費は一人4000円。
これだけ食べて一日1000円というのは思ったより安かった。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


食後はまた散歩に。
日陰は涼しいが、日なたにいるとヒリヒリするぐらい紫外線が強い。

大島
少し歩くと海が見える場所に出る。

正面に大島が見えるはずなのだが、
昨夜の雨のせいか水蒸気が多く霞んでいる。
(かすかに見えるのだが、つまらない写真だ)(^^;


藤
あちこち歩き回っていると、
一軒の家の駐車場脇の藤が満開だった。

藤の花の香りというのはいいですネ〜。

私の実家にも藤はあるのだが、
何年経っても大きくならない。種類が違うのだろうか。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


5時過ぎに4人揃って帰路につくが、
晩飯をどこかで食べようということになって、
結局は「魚磯」で寿司を食べることに。

ここへはC君以外の二人は昨秋も来ている。

魚磯4
今日も地魚が豊富で、
左上から「カマス」「尾赤アジ」「カワハギ」
左下から「沖ボラ」「キハチ」「タチウオ」



ドンコ
ドンコ1
左は副店長さんが見せてくれた「ドンコ」。

「ドンコ」というのは俗称のようで、「エゾアイナメ」というのが正式な名前?
いずれにしてもよくわからん不気味な魚です。(^^;

見た目がグロいので敬遠されそうだが、鍋種としては一級品。
肝も旨いらしいが、これは食べたことがない。

もちろん、この魚の寿司というのも初めて食べた。
フワッとした肉質なのだが、柔らかいながらも独特の噛み応えがあり、
あの外見からは想像できない味。


コチ生
こち
こちらも見せてもらった「マゴチ」(上)、「キスの仲間?」(左下)、「大目ハタ?」(右下)。

このうち「マゴチ」を握ってもらう。
これは好きな魚だし、寿司としても何度も食べているのだが、何回食べても旨いネ〜。(^^;

他の3人にも満足していただけたようでした。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


これで4日間の合宿は終った訳だが、何をしていたかというと、
食べて、温泉に入って、音楽を聞いて(見て)、寝る…の繰り返し。

以前は車であちこち出かけたりもしたが、
結局“ダラダラ過ごすのがイイ”(笑)ということになり、
このパターンに落ち着いてきた。

この後何年続くか分からないが、
こういう共通の時間が持てるということに意義がある。
今年の秋は5人揃うだろうか。


tosimon3 at 01:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年05月01日

伊豆合宿3日目

合宿3日目。

昨夜というか、未明にC君が合流して4人になる。
朝方まで起きていたために、起きたのは昼前。

担々麺
朝昼兼用で、A君が坦々麺を作るという。
出来上がったのは本格的な“汁なし坦々麺”。

辛いのが苦手なメンバーがいるので辛くはないが、なかなかの味。
麺が少なかったので、物足りなかったのが惜しいところ。


午後は雨になってしまったので、外へ出たのは買い物のみ。
ほとんど室内でLDやDVDそしてCD、LP三昧。


3日目夜
夕飯はC君とA君が頑張って、
写真のような豪華?な食事に。

左下は白魚の刺身。
右下は680円で買って来たマグロのカマから取った赤身。
これが旨かった。


マグロカマ
残ったカマを塩焼きに。

左右が30cmぐらいもある大きなカマで、
刺身も旨かったが、こっちも美味しかった。



角煮
これはC君が作った角煮。
やや固さは残ったが、十分に旨い。

ニンニクが大量に入っているが、
酢とオレンジジュースを入れて煮たせいか、
ニンニクの臭みは殆どない。

C君はこの集まりではいつも筆頭シェフなので(笑)、今回も期待していたのだが、
その期待を裏切ることはなかった。(^^;

夜はいつも通り、カラオケ大会に突入〜。


tosimon3 at 02:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年04月30日

伊豆合宿2日目

伊豆合宿2日目は10時起床。今日も素晴らしい天気だ。
朝昼兼用のトースト、ハムエッグを食べてから、腹ごなしに周辺を散歩。

アゲハ
“陽光に青葉きらめく”という表現がピッタリの空気。
すでにカラスアゲハが花を求めて飛び回っている。

森林浴さながらに、歩けば心身ともにリフレッシュ。
イヤ〜気持ちがいいです。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●178)福◯家(ふくわうち)@城ヶ崎


3時前になり、少し腹が空いたところでこちらのお店へ。

ここのオヤジさんは、以前赤坂で「大将」というラーメン店をやっていたので、
赤坂に勤務先があるN君にそのことを話したところ、
良く行っていた店なので是非行きたいということになったのだ。

店に着いてN君に「あのオヤジさんに見覚えは…?」と聞くと、
「オヤジさんもオカミさんも見覚えがある」という。

福わ家8
ラーメンを食べている時に、オヤジさんにそのことを話すと、「イヤ〜以前お店に良く来られていたお客さんに似ていたので、ことによったら…と思っていたんですよ」と奥様と一緒に驚かれる。

いつも昼時の忙しい時で、滅多に話をする機会はなかったそうだが、
N君は顔を覚えられるほど行ってたということなんですネ〜。(^^;
さすがです。

それからは奥様も交えて昔話しに花が咲く。
私がN君と同級生ということにも驚かれていたが、
こういう偶然の出会いには更に驚かれていた様子。

有意義な時間を過ごすことができました。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


晩飯の用意を2人にまかせて、私は久し振りに夜釣りに行くことに。

夕方、釣りエサを買いに寄った釣り具店でのやりとり。

「今、夜釣りはどうなんですか?」
「あんまり釣れてないみたいですね〜」
「じゃぁ止めようかな…」
「でも昨日まではダメだったけど、今日から釣れ始めるっていうこともありますよ」
「………」

という訳で、まんまとエサを買わされてしまったのだが、(笑)
いざ釣り始めると、エサ取りもいない状態で全く釣れる気配なし。

1時間ほどあれこれ、手をかえ品をかえしてねばってみたが、
一度のアタリもないまま、あきらめるしかなかった。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


晩飯はモツ鍋にA君特製の中華風海老の醤油あんかけと鯵の刺身。

中華エビ
鯵
この鯵は一匹50円のものを4匹買って刺身にしてもらったもの。

このボリュームでたったの200円!。

腹いっぱい、満足、満足…でした。(^^;


tosimon3 at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月12日

親孝行・・・(1)

「親孝行 したいときには 親は無し」…言い得て妙な諺だと思う。
という訳で、今年80歳になる母親を連れて伊豆へ行くことに。
一ヶ月早い“母の日”。

魚磯2
まずは富士まで行き(って「大山」へ行ったわけじゃないですヨ…笑)、「魚磯」で昼食。
ここは寿司と和食両方が食べられるので嬉しい。

母親は寿司(魚)好きなので『寿司御膳』、
私は「和食御膳」を食べる。

こういう食事は久し振りだ〜。(^^;

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


その後沼津から修善寺を抜け西伊豆へ回る。

黄金崎
ここは「恋人岬」の先にある「黄金崎」。
恋人岬は人気があるが、こちらはその影に隠れてマイナーな存在。

私も来たのは2回目?だと思う。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


堂ヶ島は何回も来ているが、遊覧船に乗ったのは初めて。

堂ヶ島
こうやって海側から見ると、
これまで見えなかった島の裏(表?)側が見れるので新鮮な感じがする。

もう少し時間が遅ければ、
夕日がきれいな場所なんだけどネ。

今日はラーメン無しで・・・(^^;


tosimon3 at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月24日

新年会・・・

●36)福◯家(ふくわうち)@城ヶ崎海岸

午後になって食べに行く。
今日こそは『パーコーラーメン』と思って店に入るのだが、
結局頼んだのは『ラーメン』と『餃子』。(^^;

福わ家6
ラーメンは最初に食べたときより、
確実に美味しくなってますネ〜。

それでもかなりアッサリには変わりないのだが、
油も少し入るようになり、
ラーメンとしての体裁が整ってきた。

麺は相変わらず美味しい。
叉焼も焼豚ではないと思うが、かなり美味。
これでスープの出汁がもう少し出ていればいいんだけどネ。

福わ家餃子
餃子は掛け値無しに旨い。
今日のは皮が一段と薄くて美味しかった。

値段は550円と高めだが、
それだけの価値はある…と思っている。
マア好きずきだけどネ。(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



夕方からまた“有志”が集まって新年会。

メンバーは昨年末の忘年会と同じ…じゃなくてユーコさんのご主人が所用で不参加だったのだが、今日のメインディッシュの“カレー”を用意していってくれた。

新年会
このカレーは、私が一度ユーコさんのブログで見て、あまりにも美味しそうだったので以前からリクエストしていたもの。

タマネギが6個分も入っていたり、
色々な“豆”が入っていたりと他では味わえないカレー。

ちょっと辛いが、イヤ〜旨いッッッ!
カレー好きにはたまりません。

あとは例の「魚磯」の握り寿司や、
唐辛子のマスターが作ってくれた“伊勢エビ!”のブイヤベースなど、
本当に食べきれないほどごちそうが多すぎて、カレーだけを堪能することができなかったのが嬉しい誤算。

今度は何を理由にして集まろうか? (^^;


tosimon3 at 16:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年01月15日

鴨、鶏、鮒、鳩、猪・・・

昨夜から「勇次」の田中さんと房総の「なごみ農園」へ鴨の仕入れに向かう。

途中の道の駅で2時間ほど仮眠しているうちに、
待ち合わせをしていた平岡さんと田村さんも到着。

お二人と顔を合わせるのは昨年の6月以来だが、
田村さんはすでに数回、田中さんとこちらへ同行して、
鴨や鶏の解体を手伝っており、今や田中さんの“片腕”になっているんだとか。

農園全景
5時過ぎになごみ農園へ到着。やたら寒い。
西田さんのところの寒暖計はー2度!・・・orz

房総なので暖かいのかと思っていたが、
山間部ではやっぱりこういう気温になるんだそうだ。

しかし、この素晴らしい景色を独り占めできるのは、
“ウラヤマシイ”以外の何ものでもない。

朝飯
朝ご飯は例のごとく、
ここで穫れた米と鴨や鶏の生みたて卵、
そして自家製の味噌汁や梅干しなどなど。

味噌汁の具の油揚げ以外は、
全て西田さんのお手製っていうのがスゴイ。

大五郎
我々を迎えてくれたもう一人、
いやもう一匹の主役がシェパードの「大五郎」。
前回はいなかったが、
なかなかお利口さんな犬で、会うのは2回目。
歳のせいか、ちょっと元気のないのが気になったが、
色々と我々を楽しませてくれました。

鮒
朝食後、西田さんが前日仕掛けた網を見にいくと、
30cm近い良型の鮒が2匹かかっていた。
これは田村さんの手で“甘露煮”になるそうだ。
前回は大きな野鯉がかかっていたというが、
平岡さんの胃袋に収まってしまったとか。(笑)



午前中に“みよちゃん”(http://www11.plala.or.jp/miyotya/)
がお手伝いに来てくれて作業もはかどったのだが、
今回は鴨10羽に鶏(名古屋コーチン、烏骨鶏、アローカナなど)が20数羽と多かったので、午前中に終ったのは約半分。

だんご汁
鳩肉
西田さんの奥様が来て昼ご飯の支度をしてくれたのだが、
出来上がったのは「だんご汁」。

熊本(奥様の出身地?)の郷土料理なんだそうだが、
小麦粉で作られた“だんご”と自家製野菜が美味しい。

更におかずとして“焼き肉”も。
これはみよちゃんが持ってきてくれた“きじ鳩”の肉(左側)と、
西田さんの仕掛けた罠にかかった“猪のレバー”(右側)。

今年の干支の猪を食べてしまっていいのか(笑)、と躊躇するも、
好奇心のほうがそれを上回る。
両方とも思ったほどクセがなく美味しかった。

結局作業は4時頃までかかり、なごみ農園を辞したのは5時過ぎ。
すでに陽は西の山向こうに沈み、急激に気温が下がり始めていた。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●22)紅丸(あかまる)@市原市

帰る途中にどこかでラーメンを食べようということになり、
田中さんがいつも気になっていたという「光屋@市原市」へ行くも、定休日。
結局ラーナビで検索して行ったのがこの店。

紅丸
市原市役所の近くにあるのだが、
結構お客さん入ってます。

つけ麺が主体のようなので、
田中さんが『紅丸つけ麺』(醤油)、
私が『味噌つけ麺』を食べることに。

『味噌つけ麺』は厚切りの叉焼と野菜がいっぱい。
味は・・甘辛酢のバランスが良く、コッテリ感もありボリュームもある。
これは思っていたよりずっと美味しいですヨ。

麺が中太でやや弱い感じはあるが、モチモチ感はなかなか。
田中さんの醤油味も魚介風味で美味しかった。意外でした。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


昨夜、なごみ農園へ向う途中、千葉市の郊外で小腹が空いたのでちょっと「すき家」へ。

すき家/相盛り
ここには牛丼とカレーの “合がけ” というメニューがある。

一度食べたいと思いつつ未食だったので、
この際食べてみることに。

しかし食べてみると、カレーが味の大半を支配してしまい、牛丼としての存在感はあまりない。

マア仕方のないことだと思うが、
これは“牛丼味の牛肉が入ったカレー丼”だね。(笑)


tosimon3 at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月21日

伊豆高原の新店だけど…

●596)竹嶋@伊豆高原

伊豆高原駅の「やまもプラザ」内にあって、以前から気になっていた店。
ここは何軒もラーメン店が変わっている場所なのだが、
この店になっているのに気が付いたのは11月頃だっただろうか。

その時は中休みで食べられず、2回目はスープが出来ていないとかで食べられず、
今日が3回目になるのだが、今度はどうにか食べられた。

竹嶋
トンコツと醤油の両方があるようなのだが、
初めてなので、やっぱり一番最初に書いてある
『竹嶋らぁめん(とんこつ)』を食べてみる。

注文時に「辛さはどうします?」と聞かれたので、
えっ?と思ってメニューを見直すと、
どうやら“キムチ”が上に乗って出てくるらしいので、とりあえず“ちょい辛”で注文。

出てきたラーメンは、上にキムチが結構乗っている。
スープはライトなトンコツ醤油味。
どこかで食べたことのある味だナ〜…と思いながら食べる。

キムチの辛さはほどほどで、ラーメンとはよく合っている。
ことさら旨いという訳ではないが、これまでのラーメン店に比べたらいいんじゃないの。

出るときにレジの脇に「元祖じゃんがららーめん」と書かれたスタンプ帳発見。
聞いたらやはりそこの系列だという。
ここの近くでは「伊東マリンタウン」に出店してますネ。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


夕方から拙宅で「忘年会兼クリスマスパーティ」。
出席者はいつものメンバー…だったはずなのだが、
唐辛子のマスターが急用で不参加。

ちょっと盛り上がりに欠けたけど、それでも8人でワイワイ、ガヤガヤ。

忘年会
皆さん飲食業に携わっている方たちばかりなので、
アッという間にごちそうが集まる。

おでん、ザー丼、麻婆豆腐、焼きうどん、焼きそば等
テーブルの上に並べきれないほど。

私は何もしないでただ食べるだけ。こういうのってイイですネ〜。(笑)

忘年会1
忘年会2
忘年会料理?をひとわたり食べ終わったあとはクリスマスパーティに突入。(^^;


今度のメインは「えぞ鹿鍋」。滅多に食べれる代物ではない。

しかしもう腹がいっぱいで…と思ったが、結構食べれるもんですネ〜。
鍋もケーキも完食。

その後はお決まりのカラオケでまた盛り上がる。
楽しい一夜をごちそうさまでした。

tosimon3 at 20:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)