らーめん 北海道

2008年07月02日

北の大地へ…

現在乗っている車(デリカスターワゴン)が、購入後9年経って、
ディーゼル車規制のため7月以降の車検が受けられない。(^^;
つまり、まだ乗れる車でも強制的に買い替えろ…ということなのだ。
(マア、既に25万キロ近く乗っているので、買い替え時期ではあるのだが…)

デリカ旧ディーゼル車の排気ガスが、
環境に悪いということは理解できるが、
悪いから救済策も無しに、
一方的にやめろ…というのはどんなものか。

好きで乗っている車を泣く泣く手放す無念さは、
体験した者でないと分からない。

と、ここでグチっても始まらないのだが、
そんな訳で同じデリカのガソリン車を前々から探していた。
しかし、販売総数の9割り余りがディーゼル車という特殊な車種に加え、
色は白、できればマニュアルという条件設定では、全くといって見つからない。(^^;

なかなか気に入るものがなくて困っていたところ、
やっと白のガソリン車が見つかったのが6月も終わりの頃。
ところが、車の所在地が何と “札幌”。(^^;

7月11日で車検が切れるので、早めに持ってこなくてはいけないのだが、
陸送を頼むと、結構費用がかかってしまう。
それなら自分で行って引き取ってきたほうが安上がり、と札幌行きを決意した次第。

ついでにラーメンも食べられるから…という不純な動機もあるのだが…(^^;


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●275)空@羽田空港/羽田だから許せる…

行きは羽田から飛行機で…って、羽田に来るのは何年振りだろう。
11:55発まで時間があるので、ターミナル内をふらふらしていたら、
ラーメン店を発見してしまった。(^^;

店名は「東京ラーメン 空(くう) 」…羽田空港にはフサワしい名前だ。(^^;
朝食べてなかったので、腹も減っているし…と入ってみる。

空鶏ガラ系の清湯スープは結構甘味が強い。
これはまぎれもなくアレだ。(笑)

しかし、それなりにちゃんとしたラーメン。
叉焼もしっかりと味がついてるし、
きぬさやなんかも入っている。

値段(¥580)を考えれば、満足とまではいかないがナットクの味。
何といっても “固茹で味玉復権委員会会長” の立場としては、
茹で卵ではあるが、固茹で玉子が入っていたのはポイント高い。(^^;


【東京ラーメン 空 】 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/tenant/detail/68.html


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●あらとん@札幌市/ここでも振られる


新札幌で車を受け取り、札幌市内へ…札幌はこれで4回目になるか…。

目指すは今回一番の目的であった「あらとん」。
武蔵出身の方が開いている店だそうだ。

あらとん事前に調べておいたデータでは、
夕方6時まで営業しているということだったが、
5時に着いてみると…営業終了(TT)

はるばる北海道まで来て、最初の店からこれかいっ!
と、ひとりツッコミがむなしい。(^^;
これでは、この先が思いやられる。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●276)丸鶏庵@札幌市/塩ラーメン…美味しいのだが


「丸鶏庵」と書いて「まるちあん」と読ませるらしい。
まだ開店して1年の新しい店だが、塩ラーメンで注目を集めているようだ。

丸鶏庵店丸鶏庵







1日10杯限定の『隠れ塩』がまだあるというので食べてみることに。
丸鶏スープの上澄みだけで作ったスープだそうだ。

スープを一口飲んでみると…なかなか深みのある味で美味しいのだが、
麺と一緒に口の中に入れると…何故か一体感がなくなる。
理由は分からないが、麺に味がないのが原因かもしれない。

そのうち化調がじわじわと舌に絡み付いてくる。
最初に感じた甘さはこれの仕業だったのか…(^^;

麺とスープの連携がうまくいけば、かなり美味しくなりそうなのだが…
ちょっと勿体ない感じがするラーメンだ。


【麺屋 丸鶏庵】
札幌市西区山の手6条6-2-11 TEL.011-640-3710
11:00-15:00 17:00-20:00 定休日=木曜日 P=4台


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●277)Fuji屋@札幌市/札幌ニューウェーブ系?

続いてこちらの店へ。
ラーメン好きが食べる側から作る側へ転身した店だそうだ。
「札幌ニューウエーブ系」ということになるのだろうか。

Fuji屋店Fuji屋







基本はトンコツ+魚介出汁の今風なラーメン。
キクラゲと玉ねぎが入っているのは、九州系と八王子系の融合か?(^^;

ドロッとしていないスープは、なかなか美味しいのだが新鮮味はない。
食べてみて感じたのは、丸鶏庵と同じように麺とスープの一体感がないこと。
暖簾に「相模屋製麺」と書かれてあったが、相模屋の麺なのだろうか?
それにしては麺に味が無さ過ぎだ。(^^;

レべル的には十分に高い水準にあるのだが、
こちらも一体感という点ではかなり損をしていると思う。


【豚ソバ Fuji屋】
札幌市北区太平4条3-3-3 TEL. 011-774-4111
11:00-15:00 17:00-21:00 定休日=火曜日 P=5台

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


●278)虎鉄@札幌市/札幌の六厘舎…

Fuji屋からほど近くにあるこの店は、つけ麺がウリの店。
つけ麺用の麺は、首都圏ではすっかりお馴染みになった浅草開化楼の極太麺。

北海道でこれが食べられるのは、恐らくここだけ?
昨年オープンして、またたく間に行列店になったそうだ。

虎鉄店虎鉄







という訳で、行列覚悟で店に到着してみると…お客さん誰もいない。(^^;
ラッキーと思いつつ、店内に入って『つけ麺』を注文。

ややしばらくして、出来上がってきたつけ麺の麺の脇には海苔に盛られた魚粉が…
札幌に、すでに六厘舎インスパイア店があったのか…(^^;

早速食べてみる。
つけ汁は大きな器にたっぷりとあるが、思ったほど濃厚ではない。
食べ易い濃さではあるのだが、これでは完全に麺に負けていてバランスが悪い。

それでは魚粉を投入してみようと、海苔を箸で持ち上げようとしたら、
海苔が麺にくっついてしまって持ち上がらない。orz
何回かトライするうちに、魚粉はほとんど麺の上にこぼれてしまった。
結局海苔の両端を手で持ち、麺をくっつけたままつけ汁の中へ…(^^;

これなら最初から六厘舎方式にして、つけ汁の上に乗せてくれたほうがイイ。
店の方針ということであれば仕方ないと思うが…。

味は期待していたほどのものではなかったが、まあフツーに美味しいつけ麺。
それと麺が固過ぎ…というか生茹での感じがした。
もっとしっかりと茹でたほうが、絶対に美味しいはずなのだが…。

最後までお客さんは私一人だった…8時過ぎなのに…(^^;


【麺や 虎鉄】
札幌市北区太平7条5-2-5 TEL.011-774-7671
11:00-22:00 定休日=無休 P=2台


tosimon3 at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)