巨樹・巨木

2012年12月15日

屋久島紀行 3日目

3日目の朝は足の筋肉痛で目が覚める。
朝食のために食堂へ向かう参加者全員、足取りが重い。(^^;

朝食後は痛む足を引きずりながら島内観光。
生憎の雨模様だが、まずは志戸子ガジュマル公園へ。

アコウガジュマル3



















このガジュマル園は島の北部の海岸沿いにあり、
園内にはガジュマル、アコウ、タブなどの大木が密生している。
屋久島というのは海抜0m〜約2000mと異常な高さの島のため、
海岸近くは亜熱帯に近く、島の中央部は亜寒帯という特殊な気候になる。
そのため、海岸近くではこのような温帯〜亜熱帯性の植物が群生している。
ちなみに屋久杉が生息するのは海抜600m以上とのこと。

ガジュマル園を出る頃には、雨脚が強くなりだすが、
次の予定地である白谷雲水峡へ向かう。

雲水峡滝

この雲水峡は、白谷川沿いに展開する苔の森で、
アニメ映画「もののけ姫」のモデルになったということで知られる。

Nさんの「すぐですよ」という言葉を信じて、全員痛む足を引きずって出発…
したのはいいが、昨日の縄文杉ルートとそれほど変わらない登り道の連続。
皆歩きながら「まだなの?」「こんな筈じゃ…」と文句タラタラ…(^^;

もののけ4

それでも何とか全員「もののけ姫の森」に到着。
森全体が苔に覆われ、幽玄な雰囲気が漂う。

もののけ森

しかし、ここでも雨が強くなってきたため、早々に帰途につく。
屋久島の年間降雨量が8,000〜10,000mmにも及ぶというのは本当らしい。


  *    *    *    *    *    *    *  


431)ギャラリーレスト@屋久島観光センター2F

何とか車まで戻り、どこかでお土産を買いながら食事でも…ということで、
ガイドの西さんに案内してもらったのが「屋久島観光センター」。
ここの2階には「ギャラリーレスト」という店があるので入ってみると、
メニューに「トビウオラーメン」というのがあった。
あればやっぱり食べるでショー。(^^; 

飛魚ラーメン

トビウオの唐揚げが丸々1匹分、半分に切られて乗っている。
土産品売り場にも持ち帰り用のトビウオラーメンが売られていたので、
屋久島の名産品になっているようだ。

「煎汁(せんじ)」という液体状のものが一緒に出てきたのだが、
これはゴマサバのエキスを濃縮したものらしく、
ラーメンに入れると独特の味と風味が増すのだが、
個人的にはアゴ出汁との相性は決して良いとは思えなかった。

このラーメンも初日に食べたラーメンと同じように、
醤油ダレの味先行で、動物系が弱くしょっぱい。
唐揚げや飛びっ子が入っているので、その塩気が出たのかもしれないが、
そこまで考慮して調理されてはいないらしい。

屋久島で食べた2杯のラーメンは、化調があまり強くなかったのがせめてもの救い。


tosimon3 at 05:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年12月14日

屋久島紀行 2日目

朝5時に起床。表はまだ暗いが、晴れているようなので一安心。
6時に出発する予定だったが、ちょっとしたトラブル発生で30分ほど遅れる。

毎年3月1日〜11月30日は、荒川登山口までの自家用車の乗入れが禁止されていて、
屋久杉自然館から登山口まではバスを利用しなければいけなくなる。
したがって、登山口まで車で直接行けるこの時期を選んだのは正解だった。

屋久島へ行くと決めてから、付け焼き刃的なウォーキングを10月頃から始めた。
ほぼ毎日3〜5kmを歩いていたが、マアやらないよりはマシかと…(^^;
(後で、これが殆ど役に立たなかったことを思い知るのだが)

出発



















荒川登山口は、屋久杉を搬出するために施設されたトロッコの始発点でもある。
縄文杉へ続く登山道もここが出発点となる。
トロッコの軌道は、傾斜が急でないのがせめてもの救いだが、
枕木の幅が一定でないためやたら歩きにくい。
この軌道を延々と3時間ほども歩くのだから、精神的な疲れが増幅してくる。


大株歩道入口



















トロッコ道はもうイイ…と思いだす頃に「大株歩道入口」という所に到着。
やっと軌道を歩かなくて済む…という安堵感はあっても、ここからが本番。
これまでとは全く違う、急傾斜の本格的な登山道が連続する。

途中には翁杉、ウィルソン株、大王杉など数々の大木が散在し、
巨樹マニアにとっては正に夢のような場所なのだが、
時間的な余裕があまり無いので、ゆっくりと見てはいられない。


大王杉1大王杉=1966年に縄文杉が発見されるまでは、屋久島で最大の杉とされていた。

雪道を登る前々日に降った雪があちこちに残っていて、足場は決して良くない。


ハアハア言いながら2時間も登り続けた末に、やっと縄文杉とご対面〜(^^)

縄文杉4

































眼前にそびえるゴツゴツとしたうねるような樹肌の大木を前にすると、
これはもう感無量としか言いようがない…来て良かった。
生涯見ることは出来ないと思っていただけに、感激もひとしお。

「夢が叶う」というのは、こういうことなのか…

縄文杉は現在のところ屋久島で最大の屋久杉。
樹齢は諸説あるが、3,000年前後というのが定説となりつつある。
データ的には、樹高25.3m、幹回り16.1mで、日本一の杉の大木である。
写真では対象物が無いので、その大きさが実感できないが、
幹の直径が5m…といえば想像できるだろう。

ちなみに第2位は新潟県阿賀町にある「将軍杉」(幹回り16m)。

しかしこの頃から小雨が降り出し、じっくりと見てる暇はない。
休憩所でそそくさと昼食を済ませ、合羽を着込んで帰途につく。
出発点に戻ってきた時には足は文字通り「棒」のようで、もう一歩も歩くのはイヤ…
宿に着いた時は、手すりに掴まらないと階段の上り下りが出来ないほどだった。
2ヶ月間のウォーキングは何だったのだ…(^^;


  *    *    *    *    *    *    *  


鯖シャブ


2日目の夜は「鯖シャブ」がメイン。
屋久島では日本海側で穫れるゴマ鯖を、鮮度保全のため首を折って血抜きをするが、
これを「首折れ鯖」と称して特産品になっている。

伊豆で夜釣りをやった時などにゴマ鯖が釣れることがあるが、
真鯖に比べると小形で食味も落ちるので、たいていの場合はリリースしていた。
しかし、こうやって食べると美味しいので、今度は持ち帰って食べてみよう。(^^;




tosimon3 at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月13日

屋久島紀行 1日目

屋久島連峰

屋久島へ「縄文杉」を見に行くことになり、朝8時の飛行機で一路鹿児島へ…
鹿児島でプロペラ機に乗り換え、屋久島へ着いたのは昼前。
1ヶ月に35日雨が降る…といわれている屋久島だが、今日は晴れ。
この天気が明日まで続いてくれるといいのだが…

このきっかけになったのは、私の姪の義父であるNさんと3月に会う機会があり、
その際にNさんが屋久島のガイドをしているということを知った。
屋久島へ行くことがあればガイドしますよ…との言葉もあり、
年齢的にもこれが最後の機会と思い、屋久島行きを決意した次第。 

 なぜ「縄文杉」なのか…というのは、私が「巨樹マニア」であるから。
(「じゅ」を「にゅう」に置き換えないように)(^^;
マニアというのは言い過ぎかもしれないが、要するに巨樹・大木が好きなのだ。

十数年前から、巨樹の中でも特に桜の巨木を中心に写真を撮ってきたが、
全国にある樹齢500年を超す桜に関しては、200本以上は見てきたはず…
マアそんな訳で、最近は一般樹木の巨木の撮影にシフトしてきていた。
そういった巨樹マニアにとって屋久島は「一度は行ってみたい」場所であり、
言ってみれば巨樹の「メッカ」みたいな場所なのだ。

紀元杉2

今日は縄文杉へ行くことは出来ない(往復10時間かかる)ので、
フェリーで来たNさんと合流し、まずは車で行くことが出来る「紀元杉」へ…

環境庁のデータでは、樹高19m、幹回り13.5mの堂々とした屋久杉の古木。
日本に生息する杉の中では8位にランクされている。
屋久島では樹齢1,000年以上の杉を屋久杉と言い、それ以下のものは小杉とか…


屋久鹿ひろし

その後立ち寄った「屋久杉ランド」にいた屋久鹿…名前は「ひろし」というらしい。
毎朝決まった時間に現れて夕方までここで過ごし、暗くなると帰っていくという。
特別餌付けをした訳でもないらしく、何を考えているのかは誰も知らない。(^^;


430)屋久杉茶屋@屋久島町安房

屋久杉茶屋店

どこかで昼飯を食べながら、明日の打ち合わせを…ということであちこち探したが、
ファミレスは無いし、シーズンオフのためか営業している店が少ない。
結局ラーメンの看板が出ていたこちらの店へ…

店名は「屋久杉茶屋」。
左の提灯には「ラーメン」、右には「もつ焼」の文字。
中に入ってメニューを見ると、ラーメンが主体のようだが、
ステーキやら焼き魚など様々な種類のものがある。

屋久杉茶屋

ラーメンのメニューには「塩モツラーメン」なんていうのもあったが、
モツが苦手なので、注文したのは「醤油ラーメン」。
屋久島はトビウオ漁が盛んなようで、スープはアゴ出汁らしい。

食べてみると、確かにアゴ主体の魚介風味ではあるが、
動物系の出汁が弱いため、醤油ダレの主張が強く、ややしょっぱめ。
麺は意外にも中太麺で、これはモチモチ感もあって悪くなかったが、
いかんせんしょっぱさ先行で、あまりスープが飲めない。
チャーシューはちゃんとした焼豚で、これは美味しかった。


 *   *   *   *   *   *   *   



一日目夕食

宿泊したホテルは屋久島グリーンホテル。
1日目の夕食は、なかなかに豪華だった。
中でもアサヒガ二は一度食べてみたいと思っていたので、これは嬉しかった。





tosimon3 at 03:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月24日

446)唐辛子@伊豆高原

ラーメンハウス 唐辛子

唐辛子 67『角煮ラーメン』







 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

餃子のてるてる

てるてる17『餃子定食』







 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

葛見神社の大クス

葛見大楠2葛見大楠根







てるてるで昼食を食べた後に、ちょっと足を伸ばして見に行く。
伊豆では熱海の「阿豆佐和気神社の大クス」に続く大木で、
国の天然記念物に指定され、全国の巨樹ランキングでも19位に入る大木。
樹高20m、幹回り15m、樹齢千数百年という堂々とした樹形だが、
主幹の中央部分は空洞になっていて、傷みが進んでいる。

tosimon3 at 18:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月27日

315)伴屋@佐久/316)熊人@上田/317)ハルピン@下諏訪

佐久で開かれる骨董市を見に行ったついでに、プチ長野ツァー。

ラーメン処 伴屋

伴屋店伴屋







佐久の町中を走っていて、たまたま見つけた店。
調べてみると、今年の4月に出来たばかりらしい…ということで入ってみる。

なかなか落ち着いた店構えに、店内もシックな創りで期待が持てる。
メニューを見ると、ラーメン700円の他に、煮干しラーメン650円というのがある。
煮干しのほうが高くなるのがフツーなのだが、これはどういうこと?(^^;
セオリーならラーメンなのだが、ここは煮干しの誘惑に負けて注文。

出てきたラーメンは、たっぷりの清湯スープにワカメもたっぷり…
ビジュアルは悪くないのだが、煮干し感はそれほど強くはない。
ことによったら煮干し油での香り付けだけで、スープに煮干しは入ってないのか?
食べ進むうちに煮干し感は希薄になり、ワカメの磯臭さが気になり出す。
これを煮干しラーメンと言っていいのか…化調もやや強めだし…(^^;


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


拉麺酒房 熊人

熊人16今年3回目の熊人詣で。(^^;

限定の『トマトつけ麺』を食べてみる。
一昨年だったかに一度食べているのだが、
今年は更にバージョンアップした内容。
つけ汁はトマトジュースを使っているらしいが、
前回に比べ確実に旨くなっている。(^^)

熊人時間これまで夜の営業は金土のみだったが、
10月からは毎日、夜営業ということになるようだ。

営業時間の関係で昼にしか来たことがなかったが、
これで夜間訪問という選択肢が増えるのは有難いし、
ツァーの計画も立て易くなるのでは…(^^)



 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


ハルピン 下諏訪店

ハルピン9この『たれつけ』はここでしか食べられない。
食べるのは今日で4回目?ぐらいになるが、
この “和えつけ麺” は本当に良く出来ている。
和え麺としても、つけ麺としてもクオリティが高く、
ラーメン同様の習慣性?を有している。(^^;

個人的にはつけ麺の傑作と思っているのだが…


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


根古屋神社の大ケヤキ

根古屋ケヤキ佐久へ行く前にちょっと寄り道。
須玉町の根古屋神社境内にある2本の大きなケヤキ。
向って右が「畑木」、左が「田木」と呼ばれている。
畑木のほうがやや太く、推定樹齢は約800年、
樹高23.5m、幹回り11.9mは、
ケヤキの中では日本で4番目の太さ。

2本とも主幹は無くなっており、幹の損傷も進んで手当がされているが、
残った枝の樹勢は旺盛なようで、悠々と空に向って立ち上がっている。
両木とも国の天然記念物に指定されており、その存在感には圧倒される。
1本でもスゴイのに、2本一緒に見られるというのは感動ものだ。

tosimon3 at 08:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年08月03日

280)飯田商店@湯河原/281)めんりすと@三島市/282)わさらび@沼津市

らぁ麺屋 飯田商店

飯田商店92時半頃に着いたため、限定は売切れ。
醤油ラーメンしか無いということで、それを注文。
考えてみると、醤油を食べるのはかなり久し振り。
相変わらずのロックテイストは健在だが、
本家の味は常に変化しているので、
これは2年前ぐらいのロックの味ということか。
個人的には、こちらの味のほうが好みなのだが…


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


めんりすと

めんりすと22湯河原から箱根を越えて三島へ抜け、こちらへ…
5月以来なので、かな〜り久し振り。
『し・お・さ・い』という冷し麺を注文。
スープは鶏ガラ出汁と鰹出汁のWスープなので、
冷しとしては物足りなさもなく、十分に美味しい。
かなりの具沢山なので、楽しみながら食べられるし、
付属のレモンを絞ると、また雰囲気が変わる。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


支那そば屋 わさらび

わさらび 2これは『ニューサマーオレンジつけそば』の、
つけ汁が冷たいバージョン。
こちらには叉焼代わりに生ハムが付いてくるが、
この塩味がつけ汁の甘味を一層際立たせてくれる。
要するに「いい仕事」をしているのだ。
この果実系つけそばの美味しさは、
他では味わえない唯一無二の味として貴重な存在。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


天地神社楠湯河原から三島へ抜ける途中、
函南町平井にある天地神社に寄ってみる。
この神社の境内には大きな楠がある。
樹高39m、幹回り10.6m、樹齢約950年。
静岡県では4番目に大きな楠だそうだ。
樹勢は旺盛で、東西35m、南北25mに広がる枝が、
晩夏の日差しの中に揺れている。

楠は概して大木になる樹種で、
日本の全ての樹木の中の巨樹ベスト10は全て楠だ。
(奥十曽のエドヒガンは計測法に問題あり)


来宮神社ちなみに、熱海の阿豆佐和気神社にある大クスは、
日本の全樹木の中で全国2位の大きさを誇る。
(写真左)
樹高25m、幹回り23.9m、樹齢約2000年と、
その圧倒的な存在感には言葉を失う。
残念ながら主幹は折れてしまっているが、
他の枝は衰えも見られず、まだまだ元気だ。

tosimon3 at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月10日

209)熊人@上田/210)ひづき@松本/211)五色@松本/212)佑庵@岡谷市@

拉麺酒房 熊人

熊人15長野へ来たら必ず寄る店。
今の時期の限定は…と聞いたら、
たまには基本の醤油を食べて欲しい…とこあいさん。

ということで2年振りぐらいに『醤油ラーメン』を…
醤油の香りが前面に出て、味にも深みが増している。
確かに美味しくなってます。(^^)


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


麺肴 ひづき

ひづき4『ひるめん〜あっさりつけそば〜醤油』

こちらに寄るのは2年振りぐらいになるか…
「ひるめん」というのがあったので食べてみる。
つけ汁は濃い目の醤油ベースのものだが、
太目の麺にも負けない力強さで楽しませてくれる。
叉焼もたっぷりで、食べ応えがある。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


とり麺や 五色(ごしき)

五色1『シャモそば』

4月に来て以来、2度目の訪問。
今回は信州シャモを使った『シャモそば』を…
鶏の旨味がギュッと凝縮された清湯スープと、
自家製の細縮れ麺が絶妙にマッチする。
叉焼の代わりのシャモ肉も味が濃い。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


麺ごころ 佑庵

佑庵6ここも来るのは久し振り。
横内さん、相変わらず淡々としてます。

食べたのは節系がガッツリと利いたラーメンだが、
何という名称だったか忘れてしまった。(^^;
スープの上に漂うのは、マー油ではなく節油?
派手ではないが、じっくりと旨さが伝わってくる。


 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


宮ノ入のカヤ宮ノ入のカヤ

熊人を出て、向ったのがこちら。
上信越道東部湯ノ丸ICの近くにあるカヤの大木。
樹齢約700年、幹回り8m、樹高18mは、
カヤとしては国内5番目に相当する大きさ。
あまり馴染みの無い樹種だが、素晴らしい。

tosimon3 at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月05日

203)佐野SA@佐野市

白山桂朝食の後に解散となったので、
近くにある “巨樹” を見に行くことに…

それが大野市郊外の白山神社にある「桂」の大木。
幹回り13,9mは福井県最大の巨木であり、
桂としては国内8番目の太さを誇る。

白山桂全景樹齢約1,000年といわれる大木は、
白山神社の入口のすぐ左側に、
堂々としたたたずまいを見せていた。

主幹に傷みは多いものの、
そこから伸びる数本の枝は高さ28mに達する。
樹勢は旺盛なようで、
黄緑色の小さな葉が木漏れ日に輝いて美しい。

巨樹を見ると、いつも元気を貰うような気がするが、
これは今で言うところの
“パワースポット” ということなのだろうか…



 ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー


佐野SA上り『佐野ラーメン』

福井からの帰りに寄った佐野SAで、
食べたのはやっぱり『佐野ラーメン』。
下り車線に比べると、こちらはサッパリ系。



東北自動車道上り 佐野SA



tosimon3 at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)