偏時空

疑問符は未だ知られざる水底深く・・・・。

樽の中の賢人

200px-Waterhouse-Diogenes

こう言う書き出しは久々かも。

ANSWER×ANSWERでですね、「樽の中に住んだりした奇行で有名なギリシアの哲学者は?」みたいな問題が出てきてですね、そこから私は一週間ほど樽の中に篭ることになったのですね。(苦笑)

答えは「ディオゲネス」だそうです。
私は始めて聞きました。(涙)


このディオゲネス、なぜ樽の中に住んだりしたのか。
この辺だけをネットでチョロっと調べて(苦笑)思ったことを書いていきます。
いや、試しにディオゲネスについて調べてみて下さいよ。とてつも無い所行きそうですから。


ディオゲネスは何も個人の所有物を持たず、他人からの目も気にしなかった。
だから家に住むことにも固執をしない。神殿や倉庫があれば「自分の寝れる場所を勝手に作ってくれる。」と言ってありがたがり、酒樽でも住むことができるためには問題が無かったために住んだと言ったところである。

そんなディオゲネスは習慣に捕われることについて説きたかったようである。住む所、生活するところが家屋である必要は無い、この習慣・考えを見直すべきだ。それを実践したのだと。

そんなお話のようです。


この部分だけ読んで確かになと思うところもあります。

何より3週間も経つ東日本大震災、この惨状を思い浮かべながら「家に住む習慣に捕われることは無い」と言い切れれば、「無くしたもの」なんて人命を除けば大したものでは無くなるし、復興のハードル自体も下がる。悟り切れればメンタル面も憂いが絶たれるから健やかになれる。

明日は我が身の西日本にいる私も、捕われないことを念頭に入れておけば、体育館でも公園でも雨凌げる場所あれば寝て生き延びてやろうと思う。
また電気に頼っている今の生活、無くたって不自由があっても生きられるし食べられるし遊べるし眠れる。
実際に捕われている部分が多い気がする。


一方で人間は社会性を持っている。ディオゲネスの頃であっても。

食糧を貯蓄する、快適な場所に住む、暖かいものを着る、怪我や病気から身を守り治せるようにする、早く移動する、蜜に連絡を取る、面白いもので遊ぶ・・・・色々なことを追求して現在が成り立ち、これから先も進化を余儀なくされるはずである。

それらを否定することが出来るだろうか?
原始時代の生活に戻れといわれて出来るだろうか?
それができない限りはディオゲネスの習慣の無意味さの主張は受け入れられない気がする。

実際問題、仮設住宅だと言って東北地方に酒樽を3,40個送って、
「古代人には住んでた人だっているぞ。家に固執するなよ。」
なんて言えば叩かれまくるし、それは間違っていると思いますからね。
社会の中で生きる上で家と言う生活空間は欠かせないものだから。

樽の中篭ると絶対汗臭くなるし(苦笑)、そうなると女の子どころか人自体誰も寄って来なくなるし・・・・。


表面だけさらった分かっていないヤツの見解止まりなのかな。


それでも繰り返しになるかもしれないけれど、電気のある生活「習慣」、非常時に今の「習慣」が無くなること、思って捕われ過ぎている部分については解放させるべきなのかもしれない。

まんがで読破で入門

若きウェルテルの悩み (まんがで読破)若きウェルテルの悩み (まんがで読破)
著者:ゲーテ
販売元:イーストプレス
(2009-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


イースト・プレスから出ているまんがで読破シリーズ、これも色々手を出しております。

やっぱり名作と呼ばれるものに対して、タイトルや著書、それに時代背景何かは知っていても、実際中身はどんなものかって知らないものが多いなと思う。
まして自分の考えや感想を持っていないものがほとんど。
これはちと寂しいなと思いまして。

とは言え、こう言う名作って読みにくいのが多いのも事実だとおもうのですよ。
時代が古ければ文体も変わる。文庫で小説が出ていても明治・大正の頃のものって実際は古文に近いですよ。
海外の作品は単語量が違うからなのかな?軒並文字が細かくボリュームに圧倒されてしまう。
時代と国の違いが同時に出てくると読解するのも凄く困難・・・・。
バカですから。(涙)

An×Anの語文が強い人の中には何人か話の世界にのめり込めば問題無いとは仰っていましたが、自分はどうもそうは行かないみたいで・・・・。


実際このシリーズはサクサクっと読めます。
駆け足だけども話はさらえる。無論訴えたい真理や意見、心情なども描かれている。
だからそれぞれの作品に対して得るものはあって面白いです。

ただ表題に銘打っている「読破」は違うと思う。
その作品の「入門書」であり、まだ名作の「目次」を辿ったに過ぎないのだろうなと思う。

しかし粗方の筋を予め知っていれば読解の困難さも多少は緩くなるだろうし、話もイメージしやすく入り込みやすくなると思う。
だから色々手を出してこれはと思ったら文庫や関連書へと深く突っ込むための一歩になると思う。


そんな中で読んだ幾つかの感想をば。


まずはゲーテの「若きウェルテルの悩み」。
これは新潮文庫版でもかなり薄いから頑張れば読めた気もするが・・・・。(苦笑)

内容はウェルテルの恋の悩みがメインで、やっぱり10代の頃に読んでおくべきだと言う感想がほとんどみたい。
30代のオッさんが読むものでは無いのかと。(涙)

しかし今読んでみて思うのは、ウェルテルのセリフにある、
「人は本当に素晴しいものの前でだけ素直になれる。」
ってのが残ります。

それは女性でなくても素晴しい人もそうだし、風景でも絵や音楽などの作品でも、またスポーツやゲームのプレイングや仕事っぷりなんかもそれに入るのかなとか思いますね。
そこに恋愛以外にも前向きにさせるエネルギー源のヒントがある気がします。


次にビクトル=ユゴーの「レ・ミゼラブル」。
ジャン=バルジャンの数奇な運命は高校の頃から興味はずっとありました。が、新潮文庫版でブ厚いのが5冊・・・・とてもじゃないけど読もうとは思わなかった。(涙)
だからこうして踏み出せたのは嬉しかった。反面およそ12〜13分の1の厚さに封じ込めるなんて可能なのかとも思ったり。

実際始まりはバルジャンの釈放から。おそらくパンを盗む件だって原著には書かれてるはずですよね?
そこからおおよそのバルジャンの運命とその時々のバルジャンの正直な思いは十分描かれていると思います。

一方で興味を持ったのはバルジャンよりもジャベール警部。
ずっとバルジャンを追い続けたこの男の信条は何なのか。マンガの最後に一言法について言ってはいるが、それ以外はただ追っかけてくる者に過ぎない。
この辺の法との向き合い方と人の行いについては考えちゃいますね。
芸能人の覚醒剤問題とその復帰なんかどう言う風に見るのか何かも当て嵌まりそうな。

・・・・でもこれは文庫読む一歩になってるのかなぁ。やっぱり手強そう。(おい!(涙))


あとはマルクスとエンゲルスの「共産党宣言」も読みました。
と言ってもこれはそのものズバリと言うよりは内容の解説書みたいな感じでしたけどね。
マルクスとエンゲルスが資本家が権力を握る世界を空から浮いて眺めながら共産主義を説いているような。

感想としてはどう言う体制が望ましいのか・・・・と言うよりは階級ごとの対立みたいなものは絶えず続くものだなと言う所を思いました。
今の日本だって「皆平等だよ。」と言っても貧富や社会的地位に差はあって、そこに少なからず溝はあって。
それによる歪は必ずあるから。
その答えの一つが共産主義、現在の日本ではこの考え方がベストと言うのは少数派で、私も決してアカでは無いが、「皆のもの」と呼ばれているもの、また「個人の所有物」と呼ばれているものについて考え直してみるのは必要なのかなと思ったりします。


まぁいずれもさらった感想ではありますけどね。
それでも引き出しの棚自体を増やして行きたいと思いますよ。

カタンの開拓者たち2011とゲームアイドルへの期待

カタンの開拓者たち スタンダード版
カタンの開拓者たち スタンダード版
クチコミを見る


ついにカタンの日本語版が出ますね。Amazonで予約しちゃいましたよ。

高校の頃にてるの弟が買ってて何度か遊んだことはあるものの、当時はマジック・ザ・ギャザリングの影に隠れてしまってまして。
ギャザは一人でカード眺めながらやることもあるのですが、カタンはそうは行かないってが一つ。
何よりネットは普及されてたものの当時全く使ったことの無い私には日本語訳の無いゲームの入手方法は分からなかったってのも大きい。

ハナヤマ版も特に食指は動かず、ドミニオンと同時に欲しくなったものの絶版で入手できなかったから、とても入手が楽しみです。

どんなゲームか・・・・気になる人は「カタン」で検索してみて下さい。私が説明するより幾らでも丁寧なサイトはありますから。

運と交渉力の絶妙なバランス、高校生ではなく30代になった今、例の連中とやるとどうなるか楽しみです。

とりあえず鉄鉱石を買い占める。(苦笑) 騎士団は私のもの。(苦笑)




さて、カタンの発売は年末くらいからチェックしていたのですが、それが決定したサイト様を見ると、パッケージが見開きになっていて中身を確認できるようになっていて、その中の写真にアイドルを起用していると言う。

ゲームアイドルって肩書きで(?)売り出している?
杏野はるなさん。


いやぁ、この娘可愛い!!その上性格もできてそうな感じが好感持てる!!
どうですかAnneさん!?(笑)
座右の銘が「乾坤一擲」ですよ。かなり熱いし(笑)、バカだとはとても思えない。


なんかねぇ、こんな娘がニムトのカード持って楽しそうにカメラ目線向けてたり、カタンの資材カード持って真剣な顔してるの見ると、おぢさんは嬉しくなりますよ。(苦笑)

どうしてもゲームってのは男ばかりが集まって少なからずむさ苦しくなる。
Answer×Answerもそうなのですよね。これはシンさんとも話をしたことがある。

確かに性質上男受けの方が良い分野で、私みたいな衆が思い切りのめりこみやすいものだと思う。
その反面、別に女性ではできないものでないし、偏見や愛好家の雰囲気なんか考えずに純粋に普及して欲しいものだと思う。

だからこう言う娘が興味持っていて、なおかつ世間一般に広げてくれないかななんて思うと色んな期待が広がる。
もう応援しちゃいます。ぜひ活躍して欲しい。


ただ現実的にはまだまだこれからなんだろうなぁ。
京本有加や中上真亜子、三浦奈保子辺りのポジション考えると・・・・いいや、応援する!!

そのままの君でいて

震災の中での「人災」に対する不満が溢れ出そうなのですけどね。
そこは止めにします。無責任な経営者、愚劣な首相・・・・もう言葉が出ない。

そんな中で最悪の事態を考える。
3月12日の福島の異常事態に対する東電と政府の奇妙な動き、あの時日本全土そして日本国民は既に・・・・。
ただ現状だとこんな話がいつ出てきてもおかしく無さそう。
だから考えるのは止めることにします。本気で怖いから。


さて、私は今パトレイバーの文庫版を読んでおります。
ゆうきまさみは究極超人あ〜るだけしか知らない中、大人になって読むとより分かると言うクチコミを聞いたものですから手を出してみました。

とりあえず東京湾に現れた「廃棄物13号」との戦いのところまで読んでます。


後藤隊長が凄いね。

普段眠そうな顔してるのに、一言一言にキレがあり過ぎる。
でこの凄さは大人にならないと分からないのじゃないかな・・・・子ども心にカッコいい大人に映って見える人もいるけど。
30になって上からの指示仰ぐ者として何が必要なのか、逆に後に続く者にアドバイスをする立場としてどうあるべきなのか、一つのブレない軸になる気がします。

で評判聞いてると後半になるほどヒューマンドラマの色が強くなるそうで、野明や遊馬達の成長も見れるようで期待です。

それとしのぶさんが素敵過ぎる。(苦笑)
後藤隊長と引継ぎの挨拶を硬くやりながら、規則や規律でガチガチなことに一歩置いて噴出してしまう所が個人的には印象的。


世界観がレイバーなんてものがありながらかなり現実的なのが人間味に直結するのかな。



アニメ版のテーマ曲の一つ「そのままの君でいて」。
やっぱりタイトル聞くと上海万博思い出すよな。(笑)

この曲も最近聞きましたけど、オープニングイントロ、Aメロ歌い出しのコード進行、サビのフレーズの間の休符など結構独特なリズムの所もあって、頭の中をリフレインするのですね。心地良く。

一方で詞に耳を傾けてみる。
・・・・やっぱり私も少なからず地震で精神的なダメージ食ってはいるのだろうなぁ。
妙に励まされる気持ちになるし、これから頑張ろうって人に届けたいななんて思う。
前向きな歌詞は今必要ですわ。

大丈夫と言われるのが効果的だったり、ACのCMにある「ずっと見ているよ」ってのは強いものだな。
まぁ私なんざは偽善的な応援の文章を書くよりはこう言う歌を載せた方が説得力があるでしょうね。

大変良い曲です。


♪そーねばーくらーい い〜つも〜 き〜みの〜 そばに〜い〜るよ〜
 だからまたー あすへ〜駆け〜出して〜 

ドミニオンサプライのメモ書き #6

少しだけブログ休憩のつもりが前の記事から一ヶ月以上経ってる・・・・。(泣)
なかなか続かないです。


さて、ドミニオンの組合せを思いつくとケータイの下書きでメモしていたのですが、結構溜まってきたのでツラツラと書き留めておきます。

次にゲームができるのは3月中から下旬頃だろうけど、その時はこの組合せをやってみようかなと思います。

タイトルは私のセンス。(苦笑)

○ゴキブリ部隊
金貸し、共謀者、石切場、隊商、市場、都市、玉璽、宝物庫、貴族、大市場

○本家ドブさらい
宰相、薬師、巾着切り、大学、船着場、庭園、ぶどう園、会計所、銀行、香具師
(白金貨・植民地有り推奨)

○金貨奪取
礼拝堂、宝の地図、泥棒、破壊工作員、仮面舞踏会、隠し財産、ハーレム、見張り、冒険者、商船
(白金貨・植民地無し推奨)

○勝利の舞パート2
交易路、密輸人、大広間、男爵、公爵、大衆、投機、ハーレム、隠し財産、貴族
(白金貨・植民地有り推奨)

○2コスト
地下貯蔵庫、停泊所、灯台、真珠取り、原住民の村、礼拝堂、中庭、抑留、薬草商、秘密の部屋

○宮廷爆発
抑留、大使、記念碑、巾着切り、研究所、香具師、拷問人、魔女、大市場、宮廷
(3人以上戦推奨)

○音速ビッグイニング
原住民の村、大広間、密輸人、村、橋、鉄工所、護符、島、保管庫、議事堂
(2人戦推奨、白金貨・植民地無し推奨)

○パワーカード牽制
見張り、海賊船、寵臣、詐欺師、公爵、宮廷、秘密の部屋、労働者の村、隠し財産、策士
(3人以上戦推奨、白金貨・植民地有り推奨)

○賢者の変成
貧民街、木こり、泥棒、造幣所、禁制品、公爵、探検家、変成、使い魔、賢者の石
(3人以上戦推奨)

見張り塔からずっと・・・・

ドミニオン繁栄の推奨王国カードの組合せをプレーした感想を。
まだ全てやってないのですよね。ランダム戦はやってますが。

でA6と「見張り塔からずっと」の組合せで勝負。
表題はムダに「・・・・」と余韻を持たせておりますが。(苦笑)


〜隠し財産、護符、交易路、保管庫、望楼、橋、大広間、鉱山の村、手先、拷問人〜


この組み合わせについてはコンセプトがよく分かっていないのですよ。

私が考えたことは、初手で4-3だったので護符と交易路から初めて、銅貨捨てながら銀貨数枚揃えて、後は大広間、手先、交易路を切らす作戦かなと。

対するA6は隠し財産から屋敷と大広間で金貨獲得、そこから白金貨を買うと固めてきたのですね。
でこの時点で私は上記作戦で突っ走ることで固めました。
この時点で交易路が3コイン生みましたし。

護符で手先と交易路がガンガン減っていく。交易路が2枚手元へ来ると片方の交易路が廃棄される(苦笑)等とアクション重ねてひたすら3山切れを目指す。

終盤A6が植民地に手が届いてしまうが、こちらも属州で対抗、最後はA6の方が十分と判断して終わらせると言う展開。

結果は26vs25の1点差で私の勝利。と言うかタイミング上の偶然だな。


やはり点数計算をある程度する必要はありそうですね。
特に接戦になる、終わりを属州等に寄らない場合は。


で逃げ切り戦法が繁栄環境でどれほど有効か。
色々ブログ等見ていると繁栄は作りこんだもの勝ちなことを言っているのを見かけるが、私は真逆でスタートダッシュをやる機会の方が増えた気がする。


今回の場合はA6の判断で偶然に勝ったに過ぎない。
がこの戦法がダメなのかどうかに関しては・・・・分からない。

初手で買った護符と交易路が揃って最初のシャッフルで一番に下に来るなど回転が最悪だったのは実際にある。屋敷と大広間の買い時、交易路のコインの枚数の調整もやりようあるかと。
あとは鉱山の村のサポートをどうするか。

可能性は秘めているのだと思うのですよね。



そんな中やっぱり思う。
これあまり見張り塔である望楼要らないのでは??(苦笑)

私も拷問人の攻撃を数回食らったが、全て交易路で弾いている。
銅貨の圧縮が出来ないのは痛かったが、その1コインが結果的に有効だったりしたし。

あれか、隠し財産や護符のカードを山に戻すってか。
だとしてもなぁ・・・・。

虫歯が見つかった

年末くらいから口の中の左の方が痛かったのですね。
元日にウエムラ宅で鍋パーティーしたときも何だか沁みて痛くて保冷材を頬に当てて、大政奉還前の山内容堂みたいに苦い顔してたのですよ。(泣)

ただ普段から痛いわけでなく食べたときだけだから虫歯でなくて知覚過敏っぽいと言われて、シュミテクト勧められてしばらくそれを使っていたのですね。

そしたら沁みるのは何だか退いてきた気がしてたのです。
がどうも当たると痛い、でそこだけ過敏な感じがして、舌で触っても何だか頂上が欠けている様な気がした1本があって、虫歯の可能性も無いかなと思って。
とうとう観念して歯医者へ行きました。


そしたら一目で指摘されました。虫歯ですと。


まさかこの私が虫歯とは・・・・!!

実際に歯医者へ行ったのは乳児が永久歯に生え変わる頃に痛みが生じてて行ったことがあるくらいで実に20年以上振り!

小学校の歯科検診でも、大抵の人に対して歯医者が口の中を見ながら、
「上から1番良し、その横からCの1、Cの1、その横○・・・・」
とかブツブツと唱えていたのがほとんどに対し、私の番だけは、
「hmmm・・・・、全部良し!!」
と一言で終わるほど歯が健康で、それしか自慢できるものが無かった。

そんなはずだったので、虫歯の痛さもさることながら、完璧だったものが汚されたことへのショックの方が大きかった気がしますね。
62で連勝をストップされた白鵬みたいな感じと言えば良いのか。


それでその場で治療開始。
全部で3回ほど掛かるそうで、まず欠けた歯に薬を埋める作業から。

やはり麻酔とか神経とか絡む話はメチャメチャに弱いです。
部分麻酔で手術台の上に転がされた記憶が蘇ってくる・・・・。

歯茎に麻酔を打たれる、そして何やら削られて、何やら埋められてと口の中で色んな作業が音を通して伝わってくるのに恐怖感を感じる。
神経触れられて激痛味わったらどうしようとかね。


まぁそんな思いも杞憂に特に痛みも無く初日の処置は終了。
背中は汗ぐっしょりでしたが・・・・。(苦笑)
後2回、あまり深く考えず大人しく処置受ければ何とかなりそうだ。

普段も食べるとき以外はそんなに気にならないし。


しかし虫歯の原因は何だったのだろうか。
歯磨きは欠かさずにやっているつもりだし、飲み物を良く飲むのであまり口の中に食べかすなど残らない方なのだが(多分これが子どもの頃から歯が綺麗な最大の原因だと思う。)、慢性化した歯を磨く習慣の中でデッドスポットが生まれてしまったと言うことなのだろうか。
それくらいしか考えられない。

一応一本の処置だが、定期的に歯を見てもらった方が良いかもしれない。
全体的に磨かれていると思われる中で、触れられずに疎かになっているものが出てきているかもしれないから。


気をつけなはれや!!

レッドクリフPart2

redcliff
また新聞のTV欄で直前に知りましたよ。(苦笑)
先週もPart1放送されて2週連続だったのですね。
まぁそちらは先回の地上波放送見たし・・・・って忘れつつありましたが。

結局1年ちょっと前に見たときに劇場版も見たいなぁなんて言ってましたけど、そんなわけ無くまっさらな気持ちで見ました。


レッドクリフPart2、赤壁の戦い後半の面白い要素が詰まってました。

霧の夜の十万本の矢、実際に矢が飛ぶとあんな感じになるのか。
実写映像ならではの面白い光景でした。
でやはり魯粛の役の人がなかなかで。
豪胆でいながら気弱で案山子に話しかける辺りの人物の作り方が良かったと思います。

また蔡ボウ・張允を葬り去るための周喩と蒋幹の駆引きの心理戦も一筋縄で行かずに幼馴染み同志の裏の裏の裏の・・・・と言う騙し合いも一つの見所でしたね。


でやっぱり赤壁の戦いと言えば火の海ですかね。
設定では魏軍が火攻めのために船中に硫黄を積んでいたみたいで、それによる引火・大爆発と。
撮影にはニトロ何とやらとか分からないけど爆薬使っているはずだが、実際の当時の硫黄や枯芝や枯草ってどれほどの爆発力があったのか気になっちゃいますね。
山火事の規模を考えれば西暦200年と言えどあれくらいの業火はありえそうではあるが。


そして赤壁の戦いは呉と蜀の連合軍が数々の駆引きで上に立って勝利を治める一つのサクセスストーリーである所なのだが、この映画の場合は最後の周喩の一言の「勝利者はいない」に集約されている気がしますね。
魏を破った嬉しさと言うものはほとんど描かれていない。

孫尚香と蹴鞠で千人部隊長に昇格した兵士のお話、多分こんな話が戦いのあちこちに生まれていたのだよな。

後やはりお美しいリン=チーリン・・・・ただ眺めているだけでも良いのだけど。(苦笑)
小喬は気の回る女性ゆえに、戦いのためにと言うよりは戦いを避けるためにすべきことに苦しんだのだろうなぁ。
お茶を通して曹操の器を訴えながらも、風向きの話を信じて魏の攻撃のタイミングを見事に外してと。
しかしこの戦いの結果はきっと小喬が望んだものではなかった・・・・それは一瞬見せた彼女の名前が物語っている気がしますね。


武将達はこの戦いの結果に得るものがあって未来に繋がったのだと思う。
ラストの孔明と周喩のような感じで。
だが一兵卒や女性達にとっての未来への戦いとは、ここで生かすものは後向きなものでしかなかったのかな。
「戦争なんてやるものじゃない。」と安く言ってしまえばそれまでだけども。


戦いのエピソードよりもその裏側が見える作品になっていたと思います。

ドミニオンサプライのメモ書き #5

「ドミニオンレシピ」って言うのは固有名詞になるのかな?

よく分からない所だけど、何はともあれ発行されているレシピの本を求めて来たら違うのに勝手に名乗りやがって・・・・!!となりかねませんので、サプライのメモ書きと言うことにタイトル変えます。

まぁ思い付いたの書き留めておくだけですけどね。

〜手先、望楼、司教、男爵、ならず者、公爵、魔女、宮廷、庭園、鉱山の村〜

テーマはチェス。ただポーンとビショップが居るなぁと思って味付けしただけと。(苦笑)

後は
ルーク:望楼
ナイト:男爵、公爵、ならず者(笑)
クイーン:魔女
キング:宮廷

いや、ナイト枠は男爵なのかもしれないけども、攻撃役のイメージが強くてですね、ならず者も採用しました。
逆に繁栄に「王の軍隊」なんて組み合わせ紹介されてますけど、軍隊員はならず者、大衆、役人ですからね。(苦笑) 正規軍のナイトに当たるカードが一枚もナイト思うのですよ。ナイトだけに。(爆破)

キングも居ないけど、「キングスコート」と言うことで一応王様っぽい人もいる宮廷で。

庭園はそれっぽい場所だから。
鉱山の村はアクションだらけの場の現実的に活かせるカードと言うことでほとんどサポート。これ無いと男爵以外買われない可能性もあるもん。(苦笑)

ゲーム展開はどうかなぁ・・・・多分4-3ならほとんどの人が男爵-銀貨になるのか。
そこから魔女、ならず者、宮廷へ如何にして早く近づけるか、そんな一本槍の場になりそうではあります。
司教がどう生きるかがネックになるかもしれませんが。

どれほどのドラマが待っているか・・・・思い付きで書いているので不明ですが(苦笑)、次やる機会に試してみようかなと思います。

伊達直人現象をどう捉えるか

昨日今日とは各地の伊達直人が何かしら寄付したと言うニュースを聞いていない気がするが、一度の「ブーム」は終わるのかな。
いやまだまだYahoo!ニュース見てみるとあれが送られたこれが届いた、またはこんな伊達直人が現れたと色々とあるみたいですね。

さてこの一連のタイガーマスクの主人公の伊達直人を名乗った物品寄付のニュース、一体どう捉えるべきなのだろうか。


先週土日の何かしらの番組では社会情勢などを踏まえた送り主の心理とその奥の訴えみたいな解析をしていた。
政治不安の中で何かしらのことを行いたい、人間関係の希薄さの中で行動により自分自身を訴えたいなどなど社会心理を読み解こうとしていたのだが・・・・はっきり言ってピンと来なかった。

それ自体の社会的意味を見出そうとするのは違うと思う。
発端は誰か一人が伊達直人を名乗って匿名でランドセルを送った、その報道に乗じてただマネをしただけだと思うのです。
なぜただのマネか。
まず伊達直人である必要性が無いから。マスメディアの影響で伊達直人であることが広がっているだけ。
それに政治が好調で経済的にバブルのような裕福さで人々の関係が活気付いていたとしてもこの現象は起こりうると思う。
日本人の群集心理に上手く火が付いただけ。ガソリンタンクの中に火の付いたマッチ棒を投げ込んだように。


でこの現象は「善」なのだろうか。

朝ズバッ!では三屋裕子がニュースにならないくらい当たり前に広がるべきだと言っていたのが印象的で、それ以外も全体的に「善行が全国的に広がっている」と言う明るいニュースとしている捉え方が大方な気がする。

しかし私はそう思えないのである。

この「匿名の伊達直人」の行為はストーカーと似た構図になっていると思うから。
共通点は個人的な気持ちを一方通行に与えると言う部分。
善行になっているかどうかはただの結果論。
ランドセルを受け取った側の利害に偶然一致していただけに過ぎないのではないかと思う。

実際に報道陣のカメラの前ではデスクリムゾン風に「せっかくだから!」って気持ちだけを優先していらないとか気持ち悪いとかそこは自分で何とかしたかったとか後向きな気持ちを受け取った側が感じているのかもしれない。

逆にストーカーだって男の方のアプローチが執念では無く熱意と取られ、女の方も飢えていたり好みだったりで利害関係が一致すれば、帰り道を尾行するのも盗撮されるのもOKとなるのかもしれない。(かなり稀有だと思うが。)

繰返すが結果論だけだと思うのですよ。
ただばら撒いて良かったと言うだけならやってることは民主党と何ら変わらない。


実際問題好みの色のランドセルを奮発して買おうと思ったのにもの来ちゃって勿体無いから6年使うけど何だか愛着湧かない、とか施設の子が揃いも揃って大柄な子達ばかりでサイズがどうにも合わない、とか0じゃないと思いますけどね。


一方通行である点が解消されれば話は変わると思う。
例え相手にこちらの事情を悟られなくとも、先方の困り事伺った上で対策を提案してそれがお互いに合意の上で先方に負担にならないように寄付をする・・・・これならばお互いに嬉しいものとなり、ここまでやって相手を慮って初めて「善行」と言えるのだと思う。

また結局匿名であることも引っ掛かるのですよね。
人と人との繋がりの暖かさがどうだ何て記事もありますけど、全然名乗らない状態でどこの誰かも分からずに人間関係なんか語れるはずないのだと思うのですけども。
絶対に深くなる関係じゃないですからね。このやり方は。


と言ったことで私はこの一連の伊達直人のニュースから、「現代人が相手を慮ることの不足」「自身の行為の一方的なおごり」「表面的な繋がりだけの人と人との間の本質的なネットワークの薄さ」と言うところの心配点ばかりが浮彫りになる気がするのですよ。

ランドセル上げたって行為だけでなく、その人の目的、受け取った側の事情や背景・・・・全部考えてみましょうよ。


それともあし長おじさんの美談に酔えない私が捻くれているだけなのだろうか?
livedoor プロフィール
Recent Comments
記事検索
livedoor 天気
  • ライブドアブログ