手作りフード

2007年10月08日

ブログアドレス変更のお知らせ

皆様、いつもありがとうございます。
ホームページのリニューアルとともに、ブログも移管しましたので、新アドレスで続けています。こっちも遊びに来てくださいね。
HPアドレスhttp://totalfood.jp/

ブログアドレスhttp://totalfood.jp/blog/です。

totalfood at 01:20|PermalinkTrackBack(0)

2007年08月13日

食輝塾 幸せクッキーに感激

皆様、楽しく猛暑を過ごしていますか。

前川さんクッキー

主宰する食輝塾に長年通ってくださっていた生徒さんが数名、やむない事情で
お辞めになって、寂しいです。

食輝塾は、生徒さんにとって月に一度の教室と思えないくらい、
いろいろな食の仕事を私がさせていただく中で、素敵な生徒さんとのつながりは、
食輝塾でしかありえないなあ、って思えるほど、私には大切なとき。

そして、通ってくださる生徒さんは本当に皆さん幸せになっていただきたい。


ご結婚して旦那様の赴任先の海外にいかれるのでやめられた前川さん。

有名居酒屋の社員で、それはそれは、教室中も携帯がなって、仕事へ向かうことになったり、「社長のメディア出演に動向する」。
大変な中で3年も教室に通ってくださったのです。

結婚披露宴で、手作りのクッキーを参列者に配ったとのこと。
結婚披露宴の次の日に海外へ。(旅行でなくて、移住です)

そんな超超超!忙しいときに、手作りのクッキーを送ってくださったのです!
それも、私が甘過ぎるものが苦手なので、砂糖まぶさない特別バージョンです!!

もったいない気持ちがつづられたカードを添えて。
読んで、涙が出てしまいました。


辞める方も、本当に皆さん辞めるときまで気を使ってくださるので、
感謝と、反省と。
私は何を生徒さんに返せるのかなあ、っと。

うん、小倉ができること、ただ、これからも一生懸命、がんばるだけですね!
情熱と信念をもって、やります!
いつか皆さんにご恩返しができるように。


クッキーは、食輝塾の生徒さんに、一つずつ、お分けして一緒に食べました。

前川さん。
ありがとう。
どうぞお幸せに。

そして、旦那様、こんなにがんばりやで優しい彼女、大切にしてくださいね!



totalfood at 21:12|PermalinkTrackBack(1)

2007年08月04日

サラミ&血のソーセージ

<皆さん、ごきげんよう。
体調崩されていませんか。

血のソーセージ

今、年内に出す本の執筆のため、土曜だけれど、昼間は缶詰め状態なの。
出版したら、是非ご覧くださいね!

今日なんて、行楽にはもってこいの日ですねえ。
小倉は夜は出かけます。
さっき、ランチにラム肉が食べたくなったので、ラムと、パンを買いに行きました。
クレソンもはさんで、ラムサンド。

ふふっ
おいし〜っ


食輝塾の生徒さんがフランスに旅行して、おじさん(彼女がおじさんと呼んでいる)手作りサラミのおすそ分けをいただきました。
それで、おじさん(って私も呼んでよいのかしらん、本名知らないし(笑))
の写真、ソーセージ店、血のソーセージも写真送ってくれたので、
のせてみますね。


手作りサラミは、ほんとに美味。

でも、獣くさいのよ。

ダメな人はダメな味。


小倉が幼いころ、父がお客様を急につれてくることが日々あったので、
家の冷蔵庫に常備お酒のつまみとして、サラミやパテ、キャビア、ドライフルーツなどがはいってたなあ。

近年、サラミって、ほんとに食べなくなっていたので、久々いただいた手作りものは
懐かしかった。
思い出しちゃった。

サラミを炒めるのが好きだった、父。
ほかのつまみつくりに急がしいので、私がフライパンで炒ることも多かったなあ。


太いサラミは、炒ると、油がとけてまた美味ですが、
生徒さんのおすそわけは細いので、無理。

おじさん!
素敵なお顔されています!愛情深そうな。
だからおいしいのね。

はるばる海を越えて、おいしさを
感謝。


写真で太く黒いとぐろを巻いているのは血ソーセージ。
生徒さんが血のソーセージ食べたことないと言ってましたが、美味です。
今度、フランスいったら是非!とすすめました。

血、といっても、
これも文化の違い。
固めると柔らな美味ものに変わるの。

凝固作用があるので、フレンチのつなぎにも利用しますよ。


Tさん、おすそわけ、どうもありがとう!
おいしかったです。

サラミおじさんサラミ店

totalfood at 17:21|PermalinkTrackBack(2)

2007年07月28日

沖縄マンゴー

5a42596a.jpg皆さん、暑い!お元気ですか?

うっひょひょぉ〜っ!!

今年も沖縄マンゴーをいただきました。

ほんとに、美しいわ〜、
貴重なお品、いつもどうもありがとうございます。

今、本当に、品質のよい沖縄産は、高価ですよね、
資生堂パーラーのですとか。

目飛び出る!

完熟してから取るので、堅い部分がナシ。どこを食べても舌に吸い付くみたいなネットリ感覚。

本当にありがとうございました。


でも、
今年もマンゴーブームは続いているわけだが、今の皆さんが群がるようには
マンゴー!!って思わないんだけど。
ほかのフルーツだって美味なのですが、スイーツ新商品も昨今は、

「マンゴー入りだと売れる」

って思っているメーカー、パティシェ多し。
消費者も、マンゴーに目がない人も実際多いんだよね、やたらめったらマンゴー。


もっと、流行る前に、って、数十年前になっちゃうかしらん(笑)

マンゴースイーツがなかったころ、
自分でアイスクリーム作ったり、肉料理に入れたり、子どものころ
料理にして食べたりすると、

「結構おいしいのね、料理でも」

って、発見してたの。

楽しかった。

何でもコンビニにある中で現代の若い世代は育っているので、
イマジネーション湧きにくいのよ、かわいそうなだあ、って思うこともある。

もちっとシンプル食でいいんだよね、食環境。

そんな中でも商品開発も飲食店開発も新たな道筋ができるはずなので、
私たちの仕事がなくなる、って方向に心配する企業もあれど、そのことだけで言えば
方向性は見つかる、と、確信する。


マンゴーと、鴨肉は、あわせると美味。
仔牛もよいです。

マンゴーソースは、マンゴーを食べた後の、汁気だけでも肉のソースをあわせれば
おいしくなりますので、
果肉は、生で、しっかり食べてね(笑)


totalfood at 08:56|PermalinkTrackBack(0)

2007年07月08日

食輝塾の生徒さんのご実家

生徒さん実家花
皆様 こんにちは
食輝塾の生徒さんのご実家がお花の卸しをされているとのこと。
わざわざ、お持ちいただいて、くださったの。
すっごく きれい!

元気です!枝ぶりがピン!と、しています。

さすが、プロでいらっしゃるのですのもね〜。

写真でわかりにくいかもしれませんが、本当に見事。

彼女が卒業された大学が農業系で、ご実家の影響もあるのかな〜と思った次第。

遠いのに持ってきてくださったことや、私なぞにくださるご両親の大切なお花。
ゆうなれば大事な商品?

お気持ちに感謝。
ありがとうございました。


食輝塾では、いつもお菓子を出していて、手作りすることも多々あるのですが、
オリジナルで作っています(簡単なものですね)。

スイカのシャーベットを今日は作ったのですが、お花をくださったの、
スイカだ〜いすきの生徒さんで、昨年の夏も喜んでくださったので、今年も。

奇遇に今日。お花のせめてもの感謝のお返しになったかな〜。


で。
今日は、もう一人の生徒さんが、やはりご実家の夕張からメロンをくださったのです。

夕張は、いろいろ厳しい状況といわれていますが、
私は、夕張って、幼いころ、憧れの土地だったのです。
彼女の、やさしいほんわかした感じ、北海道なんだな〜って思ったり。

ありがとうございました。
夕張メロンで、おいしいデザートも、何か考えようっと。



totalfood at 18:04|PermalinkTrackBack(0)

2007年07月04日

プラムのチカラと模様替え

717ff438.jpg皆様 明日は今日より10度近く東京は暑いらしいです。
体調崩さないでくださいね。
洪水警報の各地、水不足の各地、狭い日本ですが、天のチカラは様々に。
農業は大変ですね。



実家の梅づけが一段落、同時に、今は立派な夏みかん と プラムです。

無農薬の愛情こめて作ってくれる毎年のプラムと夏みかん。
皮ごとバリバリ食べちゃいます。
だって安心だもの。
朝ご飯に欠かせません。
ありがとう。

土は、祖父が健在のころから、大事に培っていた土だから、
その土で作られた野菜や果物。

だから私、きっと生命のチカラ、元気をもらっているの。

トレンド見るのも、グルメの世界も見るのは楽しい都会人間ですが、
幼い頃からの、先祖代々の手作りのDNAが、おそらく、トレンドや今だけでない、
自然と食文化や生命と食にも焦点をあわせたくなった由縁かもしれません。


追加
今日は、ずっと懸案だった、ドレッサールームの壁を模様替えしました!
長年愛用のチェストも買い替え。

しか〜し、ただでさえ時間ないんだけど、数時間費やしちゃった。
でも、スッキリ!

疲れたし、寝る時間も削られるけれど、この快感には変えられない。

しいわん。




totalfood at 22:29|PermalinkTrackBack(1)

2007年06月21日

梅が続く そして豚!

1c57fe82.jpg皆様 お元気ですか蒸しますが体調気を付けてくださいね

お〜っ
2日続けてブログ書くことって珍しいですね!

昨日、コンサル業の同じ日に、祖母お手製の梅をつけるのだ、
と書きました。

すっぽり外食モードでクライアントにご提案した後、
同じ日に、また、梅を洗うの(笑)
こちらは完全無農薬で、手塩にかける「食」。

部屋中梅の香りのこの季節。

先日、ジャムと梅干が結構うまくできたので、また梅干つけ。
砂糖を入れないで、塩分控えるので、手作り梅は、すっぱい すっぱい。

酢酸はカラダをシャンとします。

皆さんは酢っぱい、味わい、お嫌いですか?

今、味覚変化で、すっぱいがダメな人多しです。
日本人の繊細な味覚が確実に変化していること、気にしない人多いのですが、
かなり将来にもココロにも影響大きいはず。


そして…


梅をつける日に、また、同じ日に豚ハラスの試食会に参加。
今度は豚ちゃんだ!


でも、そういえば豚肉と梅って合うのご存知ですか?

梅干しのエキスと、野菜たち、豚ちゃん これ、私の普段食にたまに出現する
パターン。

チーズも参加オッケーですよ。

梅干しエキスは、天然調味料になります!
捨てたらモッタイナイ。
いろいろ入れて、オリジナル調味料、沢山つくる。

私は仕事では、クライアントによっては市販調味料も使用する、当然。
なのですが、
私的な食では、すこぶる調味料はシンプルこのうえない人。

自分で、市販に多々売っている商品に似たような味を、
日々作っています。

調味料だって、自分のカラダや味覚にあっているものにしたいですね!

よけい、
舌が敏感になっているので、外食や市販の調味料のうまみや、
おいしさ、消費者の好み、なども 実感としてわかる。
これまた、たのし。


しか〜し、
日本は、食材には産地に「こだわる風(風がつく)」ですが、
加工した「完成品」に対しては、利便性が優先順位の上にくるのも特徴。
調味料しかり。

って、
また、関係ない話になっちゃいました。

豚ちゃんの話は、次回に(すいません、これから仕事やります)。

totalfood at 23:33|PermalinkTrackBack(0)

2007年06月20日

丸の内のコンサル 丸太を!

皆様 お元気ですか。今日も晴れ。
皆様にとってイイ日でありますように。

丸の内の新店舗(アジア系)のメニューや接客や戦略コンサルのご協力をさせていただいているのですが、私の仕事は、コンサルやアドバイスのご依頼もあれば、メニューの開発までご依頼のこともあるので、今回は、現状では開発まではしない。

丸の内は、私が町中を徒歩している間にも、移り行く急流のごとく、しかし足元を見て流されない自身内のしっかりした丸太、そして、危機のための救命具も、用意していないと、流れを読み取れないとダメな町となっています。

すっぽり外食モードでお話した後、
同じ日に、また、今年、第3弾となる梅を洗うの(笑)

こちらは完全無農薬で、手塩にかける「食」。

写真は後日。

では、皆さん、今日も一日がんばろう!

totalfood at 07:39|PermalinkTrackBack(0)

2007年06月16日

梅 2007

皆様 お元気ですか

鵠沼梅07

今年の実家の梅。
まだ、これで1%未満 くらい?
とにかく量が半端じゃないの。

実家には、カリカリ梅や、梅酢つけなど、
大瓶で、いくつあるんだろう〜?

数えきれないくらい。


今年はあまり、出来がよくなかったようだ。年によって違う。昨年はすこぶる
よかった。

でも〜、このブログに梅を書いたの、つい先日のような?一年早すぎるんでない?


洗って乾かして、少しおいておき、丁寧にひとつずつ種をとりながら
毎年、一年分の梅ジャムを作るのですが、青梅のジャムはすっぱさが命。

数年前から、そのまま置いておくと色づくので、もしや、アプリコットジャムになるのでは?

と思い、トライ。

できた〜、できた、できた。
数日で色がやまぶきになって、即席アプリコットに!!

手作りなので、甘みはないが、香りがなんともいえず、甘酸っぱい。

乾かしている部屋いっぱいに、アマイ 香りが、天然アロマだわ〜。

疲れも癒される。

皆さん、是非お試しください!


いただきものしてくださる方のお礼などに、おすそ分けしたり。


ほか、定番は、酢づけ
一年の私の疲れ防止策となっている健康酢です。

焼酎に入れてもよし。


今年は、食輝塾の生徒さんのお母様に簡単な梅干の作り方を教わったので、
トライ。

教えていただいたレシピをアレンジ。
ちょっと、といいますかだいぶ 砂糖を減らして
お砂糖は三温糖を使います。

でも、誰かに差し上げるときには、色がきれいなので、白砂糖がいいかもしれません。
今年も梅の世界、ありがとう! 

皆様にとって、今日も楽しい日でありますよう!

totalfood at 08:37|PermalinkTrackBack(0)

2007年05月01日

キートスのパン

笑っちゃうくらい昔、っていっても先月。
銀座三越で北欧展をやっていて、その中で、京都に店舗があるキートスのパンも販売していたの。

キートスはフィンランドのパンを置く店で、学生時代にスイスで北欧のパンを食べて依頼、北欧パンも大好き。

京都まで行かずにキートスのパン!

たまたま期間中に、銀座でテーブルマナーの授業をすることになっていて、ついでに行ける。
なんてラッキー!

一番人気はカリャラン・ピーラッカというパンだろう、と察しはついていたので
仕事の前になんと先に買いにいったら、まだできてないということ。

ピーラッカは、中に、ミルク粥を挟んだもので、フィンランドの惣菜パンとしては
定番で、とてもおいしいのです。


でも、ハパンレイパという平べったいパンを買って、それを小倉流にピーラッカもどきを作って食べました!

ミルクをあまった炊いたご飯と混ぜて、バターをあわせます。
塩コショウもね。

これに、バジルハーブを入れてアレンジしてみました。

オーブンで暖めなおして、
パクッ

おいし〜!

かなり同じ味だし、バター量も自分流にアレンジできてヘルシー。
簡単に手を加えるだけで、似た味になるので、
普段からほかの料理もシンプルを購入して、アレンジは手作りが多い。


マーマレードあいそう、

次の日に、朝食に。
祖母が作ったみかんで、小倉手作りマーマレードを加えてみると…

ミルク粥と合うのよ〜、ピーラッカもどきちゃん。
これまた、やっぱり外れなし。

手作り野菜やヨーグルトや、無農薬フルーツ、チーズという毎朝の定番とともに、
朝ごはん。


北欧パンって、重さと硬さはドイツに負けないのですが、もっとほろほろって、
優しいのね。なんだかほっと和む味です。

京都は和食もいいが、パンもかなりいろいろいいのです。
彩りも京都らしいパン屋もあるしね。

パンだけのために引越しもあり、くらい。

キートス ネット販売ありとのこと(小倉ネットは未経験)

硬いパンがすきな人、
または、
最近嚥下能力が弱った気がする人、
または、

小顔になりたい人!

硬いパンであごの筋肉運動しましょう!




totalfood at 21:23|PermalinkTrackBack(1)

2007年01月17日

自家製キウイでメニュー開発?

キウイ鵠沼

突然ですがキウイです。

祖母の庭にたんまりと、なっているのだ。

丹精込める体力も時間もないため(キウイ以外にも野菜やフルーツを一年ずっとたっぷり作っているので、マンパワーがない、それも、売り物じゃないし、まったく趣味だから)

美しい様相のキウイではありません。


みかんや柿や柚子は食輝塾の生徒さんや、無農薬や、すっぱい自然の味の果物をわかっていただける方にはおすそ分けしていますが、キウイは、流石にあげられる代物ではないの。
本当は、自家製キウイなんて珍しいから差し上げたいんだけどな。

数年前までは、結構美味しく作っていたのですが、今は、
作り手本人ですら、「キウイはおいしくないから、食べられない」と言うくらい。


身内もだ〜れも好きじゃないの(笑)


でも、私は好き。
なんたって、種から育てているもの。


今の果物は甘すぎて、触感も良過ぎる(笑)
頑張りすぎている味なんだよね、売り場のものは。


キウイを食べるというより、自然の命と、祖母の庭への愛をいただくのよ!
って思っています。

自家製は、酸味が強いから、キウイジャムにすれば、とってもいいし、
ディナーソースにもなります。

フレンチ、イタリアン素材として使えるのよ、キウイはいろいろと。

乳製品とあわせると、興味深い状態になるし、
アルコールとあわせると、物によっては独特な味わいになるの。

キウイは、癖がありそうで、使い勝手が良いのだ。


あれこれそんなことを毎日、キウイ以外でもやっているのが、私の時間ある際の日課。

先日、ある打ち合わせで某社長さんから、
「そんなに幅広く食をやっていて、小倉さんの仕事のリセットは何ですか?」

とたずねられたのですが、

日ごろから、いつもいつもメニューや調味料や、口に入るもの全部、
開発もどきをしているの、仕事以外でも。

暇があると、やっている。


これってリフレッシュなんです。

いざ、本チャンのメニュー開発の仕事の際、点線が繋がっていたりするもの(かな?)
遠い国のホテルの食事から、別荘で積んだ薬草から、いろいろ長年の自分の体と心に入り込んだ点をつなぐと、新メニューとなる。


とりあえず、庭のキウイは、私と野鳥(主にひよどり)しか食べないのですが(笑)
写真で穴に見えるのは、ひよどりがかじったところなの。

動物も私も美味しいものは美味しいんだもん。

ありがとう。


totalfood at 22:05|PermalinkTrackBack(0)

2006年12月30日

年末挨拶 庭の柚子とみかん

柚子みかん

あっという間に、祖母の庭の柚子とみかんが色づき、甘くなって、ぶんたんや、おばけ柚子もなっています。
つい秋ごろは、みかんも青かったのに。早い早い。

無農薬の柚子は、形はぼこぼこしていますが、香りも強くて、元気な皮。

雑煮の香りづけには必須なので、皮を食べるから完全無農薬は贅沢よね。
嬉しい。

ジャムや、料理やいろいろに使うのですが、昔は沢山とれたときは、柚子風呂にしたりしたの。たっぷり入れて。

明日は、某ホテルのクラブスパでゆっくりします。
学生のころ、毎年やっていたけど。今より贅沢してました(笑)、
近年、いろいろ予定もあって、できない年もあるのですが、今年は行こうかなと。

というわけで、御節は、明日作れないので、本日に作ってしまいました。
お掃除も今日でひとまず終わり。

我が家のキントンは、栗きんとんですが、それとは別にりんごキントンもあります。
さつまいもを餡にするのは一緒。

りんごも、無農薬をいただくので、美味しい〜。安心だし。

栗きんとんのお芋を、ポコポコ触感を残すのが、手づくりの我が家流。

皆さま
今年もありがとうございました。

明日、書けないかもしれないので、とりあえず、
来年も、宜しければ、愚ブログに遊びにいらしてね!

来年皆様にとってよいお年でありますよう。


totalfood at 18:26|PermalinkTrackBack(0)

2006年12月28日

食輝塾の生徒さん 

あまりこのブログで食輝塾のことって書きませんね。

今年の食輝塾も皆様に支えられて無事終わりました。

いろいろな食のお仕事に関わらせていただく中、食輝塾でお話することや、
生徒さんとのひとときは、かけがえの無いものです。

私は毎度のように、授業を終えると反省ばかりですが、
生徒さんは本当に素晴らしい方ばかり。

テーブルマナーを主体とした教室ですが、ポジティブオーラがいっぱいです!

テーブルマナーも、形だけでなく、さびしい人がいないように会話もして、
姿勢もよく、笑顔も出し、美味しく食べ、食器や食事にも敬意と感謝の気持ちで、
って思うと、
とってもバランスが必要。

メンタルと密着していると思うのです。

きちっとそれをやるのは至難の技。

気持ちに迷いや影があると、美しいテーブルマナーはできません。


食輝塾の生徒さんは、お忙しい方も多いの。

仕事を抜け出して、また行きま〜す、と、仕事に戻っていかれる方や
食輝塾の日が休日っていう人も。涙。

時間だけでなく、メンタルで大変、体が大変なこともあるし。

右手にギブスしているのに、手作りゼリーを持ってくる方。
すごいですよね。

頭が下がります。

比べて、私はダメ子です。

私、来年も頑張ります。
一生懸命やります。

写真は毎年手作りで持ってきてくださるシュトーレン。
具がたっぷりで本当においしい。
ほかの教室の人の分ももってきてくださって。
それもすごいですよね。

ただ、おいしいと、食べるだけでない、もともとのシュトーレンの成り立ちと、Mさんの行動がリンクして、シュトーレンらしいシュトーレンって気がします。

ありがとう。
Mさん。

まだまだ全員の方のこと書きたいですが。

皆様ありがとう。
本当にありがとう。
2006シュトーレン

totalfood at 17:13|PermalinkTrackBack(0)

2006年12月16日

初みかんから一ヶ月

d8c6b5b2.jpgこのみかん、祖母が趣味で作っている今年の初みかん。
実は11月に初みかんとって、洗った状態から、ブログアップしてなくて
もう12月後半へ。

初物は、まだ青い。
今とれるのは黄色です。

時間が早いですね。

祖母は、生粋のお譲様!なのですが、自然の食材や日々の食事にこだわりまくって
何十年も自分で趣味で野菜や果物を作り続けています。
でも、最近はさすがに広すぎる庭で作業はできず、少しずつ量も少なくなっている
のですが、それでも元気なみかんが。
その前は柿だったのですが、今は、柚子もできています。

ジャムは、柚子とりんごをあわせて私は作っています。

自然の祖母の味は、本当にすっぱいの。
果物は、日本は甘すぎて、日本人の味覚は、甘いフルーツこそ美味と思い込んでますが、自然は、もっと味がタフなものなのです。
「タフをくらう」のが、動物というもの、
人間の動物的感覚、
少しは残したいのです。

そして、果物の酸味を個性として残していきたいのです。

すっぱいみかん。

癖になりますよ。

完全無農薬ですから、外の皮も食べられます。
毎年食輝塾の生徒さんにあげてますが、今年は柿は差し上げる量なかったです。
柚子も。

祖母の元気は、土と食生活にあるかと思います。

いつもありがとう。

totalfood at 01:23|PermalinkTrackBack(0)

2006年10月08日

気仙沼 おすすめ居酒屋 地産地消

結構前になるのですが、地元産を地元で普及率を上げ、全体の農作物を活性化させるためのご依頼で、地産地消についての講演を、気仙沼でさせていただきました。

講演は他に場所でもいろいろさせていただく中で、どうして気仙沼のことをブログで書きたいと思ったかというと、それも結構前なのに。
お薦め居酒屋をご紹介したかったから(笑)

いつも地方へ仕事へ伺うと、地元の人が行く店で地元ならではのものが食べたいと思っています。

気仙沼はふかひれで有名なので、ふかひれの姿寿司も食べました。

けれど、ほとんどの気仙沼のふかひれは、中国は輸出され、あとは東京など。
地元の人は「食べたことない」という人多しの高級品。

しかし、素晴らしいのどかな漁港があり、他の種類の魚や、農作物もいろいろ豊富なのです。

講演の夜うかがったお店。

ぴんぽん
というかわいい居酒屋。

ふかひれはないですが、本当に気風の良い素敵なお店の皆様で、
ほんのわずかなひととき、楽しく過ごさせていただきました。

秋刀魚のお刺身のとろけ具合とか、
烏賊のワタのお刺身など、東京では滅多に口にできません。

ぴんぽんに伺うときは、既にお鮨でお腹いっぱいだったのですが、
その前に、道を聞いた際、とっても親切に教えてくださったので、
ちょこっとお礼をしなくては!と
思い、
ぴんぽんに戻って、少しつまませていただいたわけです。

こういった、忙しい中でもふれあいがあると嬉しいですし、
気仙沼ののどかな心が癒されるような土地柄と、お店の方の気風や、
漁師町の粋のよさが、店全体に活気をもたらしているような、
お客様も私以外は全員殿方で、地元の方ばかりでしたが、皆さん気さくで
よい方ばかり。

感謝を込めて。
もし、気仙沼に行く機会がある人いたら、是非!
美味しいし、安くて、量もたっぷりです。

気仙沼は、近くの場所で世界遺産になる可能性のある神社の関係で、
そのうちもっと観光客が来るようになるかもしれません。

昨日のニュースでは、漁船が。
心配ですね。

追伸
講演の内容、全然書かずに、もし主催者の方がブログをご覧になっていたら
すいません。

農作物も美味しいですよ!皆さん!魚だけのところではないこと、私も改めて知りました。

ちなみにこのお店はお宿もやっているそうです。
ピンポンHP
http://www.d2.dion.ne.jp/~i_kuriko

totalfood at 17:59|PermalinkTrackBack(0)

2006年08月27日

おいしかった黒糖パン 箸マナーレッスン

b4029b4c.jpgかなり以前にいただいていたのですが、と〜っても上手にできていて、わざわざくださったので、アップしなくては!って思いながら、ずっとアップしなくて気になっていたの。
やっと。

食輝塾の生徒さんの手作り黒糖パンです!生地に黒糖が練りこませてあるのでほのかな甘み。外はかなり堅いです。
パンは外側がもっとも美味 と思っている私。
食パンも外側が好き。

フランス人もバゲットの外を食べるものっていいます。

食輝塾の生徒さんにも出して一緒にいただきましまた。

Kさん、ありがとうございました!

彼女は、パンの指導者の資格も持っていて、以前もくださったのですが、格段に腕が上がっているのが凄く感動。
管理栄養士で、とっても素敵な方です。

それから、今日は箸とマナーのレッスンをプライベートレッスンしました。
海外生活が長かった方なので、お魚や箸が苦手。

でも、以前より格段に上達されましたよ!

努力もされているのですね、私も嬉しかったです。

それから、私のマナーのレッスンは型だけでなくて、「なぜか」の理由も話しさせていただいているので、食そのものにも興味を持っていただけたら嬉しいです。

totalfood at 22:17|PermalinkTrackBack(0)

2006年07月12日

梅酢づけしました

梅去年梅酢今年
梅を今年もいろいろ作りましたが、写真は私が毎日食べる酢漬け。
大瓶で、毎年10瓶作ります!!ほんとにタイヘンです!

色が濃いほうが昨年のもの。もう、この一瓶しか残ってませ〜ん。
色が薄いのは、今年バージョン。

普通の人は、すっぱすぎて、蜂蜜たっぷりかけないと無理かと思いますが、
私はすっぱいものが大好きなので、このまま、がぶり。

でも、汁も飲むと、口がただれます。
喉もただれます(マジ)。
それほど酢酸が強いのです。

塩分も入れませんので、本当に酢漬けです。

数年たつと、トロトロになってきますが、私は数年もたない(笑)

このほかに、梅ジャムも沢山作るので、アプリコットジャムのように、
しばらく青梅を置いておいて、色を変えて作ったり、梅以外にも季節ごとに同じようにジャムを作るので、びわジャムも作りました、一年通して、ジャムの市販はいらないのです。

とってもすっぱいジャムです。
砂糖沢山ですと、作る意味もないんで。

でも、甘さがないので、あしが出やすいので、冷凍庫に冷凍しておいて、
小さなビンに入れて、食べています。

我が家は、ビンがた〜くさん必要。
棚の上に、いっぱいあるので、地震が着たら、確実にダウンかも。
全部ガラス瓶ですから。

でも、これらは健康の源のひとつ。
そして、代々続く、母方の食の作り方の教えの一つです。

ありがとう。
おかげさまで、自然のものに触れられて育ってこれて、幸せです。

近所の小学生などに、収穫体験でもさせてあげたいのですが、学校分まではないんですよね。


totalfood at 22:02|PermalinkTrackBack(0)

2006年07月08日

梅の季節は、代々続けています。梅酒、梅ジャム、完全無農薬!

梅ほしてる
55b694d9.jpg
じゃ〜ん!
梅の季節になりました(じゃない、もう、ちょっと過去になっちゃった)
本当は6月に写真もとったのですが、アップする余裕がなかったの。

祖母は趣味で、ず〜っと庭で本当に八百屋ができるくらいの野菜と果物を作り続けています。
もともと、長野の大地主の娘さんだったので、本家に行くと、100年前の梅干しだとか、醤油だとか、倉庫に今もあるの。

祖父が泣くなり、祖母もあまりできないから、毎年毎年、作物も削減状態。

それでも、私の手伝い作業は、季節ごとにまだまだ大変!

梅は季節の収穫ものの中でも、大変のひとつ。

私も時間もちょっとしんどくて、今年は、例年の半分にしました。
写真のは、それでもまだ、今年分の半分以下。これでも。

一気には無理なの。

まず収穫がタイヘン。
それから、丁寧に洗って、爪楊枝でひとつひとつゴミととる。
丁寧に、乾かしてから。

それから、お酢がないと、生きていけない私は、お酢づけが好き。

市販のジャムは甘すぎるので、完全無農薬で安心、これこそまさにスローフードですね。

祖母の思いも入っているから、タイヘンだけど頑張るよ。

外食グルメな父の家系で、さんざ、贅沢外食した都会育ちの私だけど、母方は反対。食こだわりご先祖様からのDNA。
祖父母のお陰で、小さなころから、素材のそのものの贅沢を味あわせてもらいました。

ありがとう。

外食グルメと、自然派、
両方経験積ませてくれて、本当にありがとう。
だから、今、もう少し違う分野の食へ目を向けることができるのだと
つくづく思う。

バランスっていうけど、
バランスが消費者はわからず今は大変です。

どうにか、ちょっとしたことだけど、都会の子にも少しでも多い、土の香りやすっぱい甘くない果物など、感じさせる機会がほしいですね。

だって、果物食べられな人が増えているのですよ。
いまや野菜だけじゃないんです。

totalfood at 08:37|PermalinkTrackBack(0)

2006年06月13日

手作りベーグル

随分(一ヶ月も!)日がたっちゃって今更、って感じですが、生徒さんが誕生日にくださった手作りベーグルをアップします!もちもちってよく表現しますが、
私は、ベーグルは、もちもちは勿論(オヤジギャグでないですよ)、くちゃ〜っと(この表現きれいでないですね、ごめん)するくらいの硬い硬いベーグルがすき。
でも、日本人ってその触感きらいなんで、日本にはそういったベーグルはとってもレア。
この生徒さんのくださったのは、かなりクチャ加減が高かったです。
ベーグルは、ゆでているときの、鍋に浮いた感じがなんともかわいいですね。

わざわざ忙しいのに気を遣ってくださった気持ちに本当に感謝です!ありがとうTさん。
加藤さんメイドベーグル

totalfood at 21:36|PermalinkTrackBack(0)

2006年05月21日

クレマチス満開!

今年は、庭のクレマチスが満開になりました!昨年よりずっと元気。
こっちを向いてくれたら楽しいのですが、さにあらず(笑)
お日様に向かって元気です。
切花にして祖父の仏前に。

こちらを向いてくれていると、向き合いながら、食事できたら言うことなしなのですが。
今日は、朝はスコーンを焼いて、祖母の庭で作った甘夏で作ったジャムで朝食。

砂糖を控えて、蜂蜜で作るので、私のジャムはとってもジャムっぽくない。
柑橘ソースですね。でも、完全無農薬!

スコーンもビタミンEたっぷりの、小倉オリジナルダイエットスコーン。
ミルクのかわりに、ヨーグルト。
バターの代わりに、植物油とピーナッツの擦ったものを混ぜ合わせます。
美味しい〜ですよ!
クレマチス満開!

totalfood at 11:47|PermalinkTrackBack(0)

2005年12月19日

生徒さん手作りシリーズ

31b39305.jpg再び生徒さん手作りの続き。
リースは、別の人がそれぞれ作ってくださっています。
茶色のほうは、パンでできている。とってもきれいにできているし、パンというだけで楽しい!
白色のほうは、丸いところがマシュマロなのです!かわいすぎる!
手作りってたまりません!
私も、ほとんどのデコレーションが手作りで、リースも手作りです。
最近は日本も安くできれいなデコレーションが豊富に売られますが、見た目が華やぎがなくても、手作りほど心が豪華になるものはナシ!

生徒さんの想いが本当に嬉しいです。汚れたら申し訳ないので、袋ごと写真とりました(笑)
Yさん、Mさん、流石プロですね、ありがとう!

ツリー型クッキーはこれまたかわいい。ドイツでは家庭で家族みんなで作るクリスマスの伝統クッキー(味は素朴でビスケットに近い、甘すぎないのが好きな私は好みの食感)です。とっても美味しかったので、皆さんで分けていただきました。
ドイツでは、この上に、様々なトッピングをするのです。
そういった伝統、日本では家族に伝えること、少ないので本当に残念です。
一品でも良いので、是非、代々の御節を作ってみませんか?
伝統的な食材を使うことが大切と思います。全部食材にもいわれがあるので、ほかのものを代用すると、別の意味になってしまうの。御節は、是非、伝統的に。
どうもありがとう、ナルミさん。

totalfood at 10:39|PermalinkTrackBack(0)

パンの手作り

469f772c.jpg将来パン講師を目指す?生徒さんの手作り食パンをいただきました。柔らかで伸びる生地ができていて、とっても美味しかったです。小さいころからのパンキチの私には何より、ゆいさん、本当にありがとう。大事にいただきました。

totalfood at 07:21|PermalinkTrackBack(0)

シュトーレン画像!アップしてみます

生徒さんお手製のシュトーレンです。市販のものより、私の常備菜のナッツもギッシリ、甘いのが多量は苦手の私も、シュトーレンは、食べやすくいし、とっても美味しく皆さんにもおすそわけしていただきました。日持ちのするシュトーレンは、日がたつに従って味わいも変わっていきます。私の大好きなチーズの熟成と同じ!ありがとう!Mさん。
何よりも気持ちが本当に嬉しくて、感謝です。画像、入ったかな?不安。
4cb5ccfb.jpg

totalfood at 07:13|PermalinkTrackBack(0)