趣味:食の実験

2007年09月05日

リビングフード

ca4a4233.jpg皆様、昨日は暑さがよみがえり!小倉はハッピー。もちっとがんばって!ナツオくんとナツコさん!

リビングフード協会が設立され、代々木上原にレストラン、教室のオープニング
レセプションに伺いました。

盛況!

路面店 店舗開店レセでは、かなり盛況のほうでは?
健康の関心の高さや、オーナーのがんばりが見えました!

オーナーは、とっても元気な若い女性。
お肉食べないと元気でない、って思う人多いのですが、
元気の質が違うと思うの。

短期的元気と、忍耐力的元気はまた、違うでしょ。

日本はもともと、コメ食の元気(底力)をもっている国なので、
狩猟民族の西洋とはまた、元気の質が違うのです。


リビングフード、ご存知ですか?
去年くらいかな、現代用語の基礎知識に、私はローフードを取り上げて書いたのだけれど、聞けばオーナーいわく「ローフードの発展系です」との答え。

発展系って何?
という疑問はあるものの、とにかく48度以上に過熱しないベジタリアン料理。

酵素を損ねない調理法で、健康維持によく、アメリカでは市民権得ている調理法。

写真はあまり、いい感じに撮れてませんが、丸いのは、チョコに見立てて、チョコじゃない。

普段、野菜や豆腐を多量に食べる私の日常食とそっくりな料理も中にはありましたが、専用のプロセッサーや、乾燥板がないと作りにくい料理もあって、おいしかった。

まあ、小倉はベジタリアンにはならないつもりだけど。動物性も全部口にして、バランスを保ちたい。

まねして、次の日、枝豆とドライフルーツやプラスあるものをミックスして、冷凍した、
オーブンに入れない(48度超えちゃうので、オーブンは無論だめ)枝豆のタルト作ってみたの。結構、イケル。美味美味。

いい加減な小倉流リビングフードだけど、簡単タルトできました。

協会サイト http://www.libingfood.jp

totalfood at 00:52|PermalinkTrackBack(0)

2007年09月01日

森の都 かぼちゃ

7efa1e0f.jpg様、ぶどうや梨や、フルーツも夏から秋に衣替えになってきましたね。
小倉はお疲れ気味。
この文面もきっとおかしいかもしれないなあ。
9月はハードなんですが、がんばります。



北海道の「森の都」というかぼちゃ。
作っていらっしゃる方から買わせていただいてます。

届きました!

女性は、特にかぼちゃに目がない!って人多い多い。

北海道のかぼちゃは、日本一って思っています。

蟹やウニなどに、食傷気味なグルメさんなど、
「カボチャうれしいわ〜」
とおっしゃる。

ホクホク
私は味付けしないで、ただ蒸すのみ。
それをそのまま。
パンやごはんのように食べます。

おなかにたまるし、自然のカロテン豊富でヘルシー。

その後チーズのせ、スープ、サラダ、…
アレンジして食べることが多いの。

お奨めは、雑煮。

肉類もあわせるのです。
某企業の夜食メニューに考えたの。
自分でもなんだが、目からウロコで、劇旨です!

この森の都は、甘みが少ないので、主食にもなり。
甘みがほしい人は、煮付けるとおいしい。

でも、6個もサービスで送ってくださったので、
どうする??

プレゼントして、あとは
冷暗な、秘蔵の場所に(笑)置いておきます。
かなり、カボチャは品質損ねません。

でも、6個もあると、さすがにカボチャの匂いがプンプンするものですね。




totalfood at 11:34|PermalinkTrackBack(0)

2007年08月22日

欽ちゃんに見る食と団塊

皆様、こんにちは。

萩本欽一さんの、マラソンの様子、凄い凄い!(今さら、ニュースでないネタですいません)。

テレビのコメンテーターさんなど、みなさん「感動と勇気をもらった」
とおっしゃってたけど、

私は違う視点で、非常に参考になりました。


●改めて思ったのは、団塊世代のタフさ。

マラソンしながら食事した数、量が半端でないのですよね。

そして、その後の打ち上げで、疲れているのに、周囲の心配よそに、萩本さんは、
揚げ物をパクパク召し上がったというではないか!


疲れているときや、食べなくちゃモタナイ、という危機感や、

食べられるときに一杯たべておく

といった意識は、

いつでもどこでも食にあぶれることもない若い世代にはない発想だ。

高度成長時期に、生き抜いた人の、食に対する身についた向き合いが、
マラソンという中にも見えるようで、非常に、感じるところがありました。

団塊以前の方方へ、感謝を思うマラソンだったの。
今の日本を支えてくださった人は、日本に多くいらっしゃること、
改めて、マラソンで感じたの。

そして、めんつゆ!!

これまた凄い!
いかにもオジサマの趣向で、納得。

商品開発にも役立つマラソンだったのでは?メーカーの皆様。

その人にとって、「良品」かどうか。

その人、を見る食の戦略が、これからは売れるためには必要です。


そして、どんな業界の人でもトップにいく人は、
他の人とは何か違うのだ、
というのも
思うところ。

萩本さん、いろいろありがとうございました。


totalfood at 11:54|PermalinkTrackBack(0)

2007年07月19日

朝ごはん何食べてる?

皆さんお久しぶりです。
寒いですね、朝晩は涼しいくらい。体調気をつけてくださいね。


朝ごはん、何食べていますか?

って、たまに聞かれるんですけど、仕事がらみの人や取材の人などに。

もう、毎朝、沢山種類食べますよ〜。


朝ごはんを食べよう!
と、国も食育の視点でもいってますが、365日、どんなに多忙でも3食きっちり
食べる私。

今まで、入院したときくらいでは?
点滴だったとき以外は、貫いているかもしれません。

なんだか、そんな教えの家だったのもので、例外なしで、食べなきゃって思っている。

今朝も、先日の常備野菜のひじき煮や豆や豆腐、なす、
牛肉の蒸し物、毎朝食べるヨーグルトにてづくり ジャムのせて、
フルーツも3種類毎朝食べる。
牛乳、
北海道のジャガイモふかしたもの、インゲン、それから〜、
パン、今日はベーグル。

生野菜も夏は欠かせない。
トマト、レタス、畑から買ったもの。

チーズもたべたっけ。もっとあったなあ。


え〜、こんなに〜!
って思われるでしょうが、

ちょっとずつなんです、ほんとにちょっと。

甘味も、必ず、毎食食べますよ〜

でも少しね。

食材の品目は、凄いよな、朝ごはんだけでこれだけ食べるので。


それを、仕事が「超」がつく(これって、昔ことば?)多忙日も、
食べている間に

「これをこれとあわせたらおいしいだろう」

だとか、

「これはこれあわせたら、美味な調味料になってしまうはず!」

だとかやって、

いろいろ試すので、

ふっと気づくと、長時間キッチンにいて、
あわてる。

この食のお試しや、いろいろな実験?が
と〜ってもリラックスする時間にもなっているし、アイディアがドンドン湧く補給時間にもなっています。



totalfood at 09:43|PermalinkTrackBack(0)

2007年06月21日

梅が続く そして豚!

1c57fe82.jpg皆様 お元気ですか蒸しますが体調気を付けてくださいね

お〜っ
2日続けてブログ書くことって珍しいですね!

昨日、コンサル業の同じ日に、祖母お手製の梅をつけるのだ、
と書きました。

すっぽり外食モードでクライアントにご提案した後、
同じ日に、また、梅を洗うの(笑)
こちらは完全無農薬で、手塩にかける「食」。

部屋中梅の香りのこの季節。

先日、ジャムと梅干が結構うまくできたので、また梅干つけ。
砂糖を入れないで、塩分控えるので、手作り梅は、すっぱい すっぱい。

酢酸はカラダをシャンとします。

皆さんは酢っぱい、味わい、お嫌いですか?

今、味覚変化で、すっぱいがダメな人多しです。
日本人の繊細な味覚が確実に変化していること、気にしない人多いのですが、
かなり将来にもココロにも影響大きいはず。


そして…


梅をつける日に、また、同じ日に豚ハラスの試食会に参加。
今度は豚ちゃんだ!


でも、そういえば豚肉と梅って合うのご存知ですか?

梅干しのエキスと、野菜たち、豚ちゃん これ、私の普段食にたまに出現する
パターン。

チーズも参加オッケーですよ。

梅干しエキスは、天然調味料になります!
捨てたらモッタイナイ。
いろいろ入れて、オリジナル調味料、沢山つくる。

私は仕事では、クライアントによっては市販調味料も使用する、当然。
なのですが、
私的な食では、すこぶる調味料はシンプルこのうえない人。

自分で、市販に多々売っている商品に似たような味を、
日々作っています。

調味料だって、自分のカラダや味覚にあっているものにしたいですね!

よけい、
舌が敏感になっているので、外食や市販の調味料のうまみや、
おいしさ、消費者の好み、なども 実感としてわかる。
これまた、たのし。


しか〜し、
日本は、食材には産地に「こだわる風(風がつく)」ですが、
加工した「完成品」に対しては、利便性が優先順位の上にくるのも特徴。
調味料しかり。

って、
また、関係ない話になっちゃいました。

豚ちゃんの話は、次回に(すいません、これから仕事やります)。

totalfood at 23:33|PermalinkTrackBack(0)

2007年06月16日

梅 2007

皆様 お元気ですか

鵠沼梅07

今年の実家の梅。
まだ、これで1%未満 くらい?
とにかく量が半端じゃないの。

実家には、カリカリ梅や、梅酢つけなど、
大瓶で、いくつあるんだろう〜?

数えきれないくらい。


今年はあまり、出来がよくなかったようだ。年によって違う。昨年はすこぶる
よかった。

でも〜、このブログに梅を書いたの、つい先日のような?一年早すぎるんでない?


洗って乾かして、少しおいておき、丁寧にひとつずつ種をとりながら
毎年、一年分の梅ジャムを作るのですが、青梅のジャムはすっぱさが命。

数年前から、そのまま置いておくと色づくので、もしや、アプリコットジャムになるのでは?

と思い、トライ。

できた〜、できた、できた。
数日で色がやまぶきになって、即席アプリコットに!!

手作りなので、甘みはないが、香りがなんともいえず、甘酸っぱい。

乾かしている部屋いっぱいに、アマイ 香りが、天然アロマだわ〜。

疲れも癒される。

皆さん、是非お試しください!


いただきものしてくださる方のお礼などに、おすそ分けしたり。


ほか、定番は、酢づけ
一年の私の疲れ防止策となっている健康酢です。

焼酎に入れてもよし。


今年は、食輝塾の生徒さんのお母様に簡単な梅干の作り方を教わったので、
トライ。

教えていただいたレシピをアレンジ。
ちょっと、といいますかだいぶ 砂糖を減らして
お砂糖は三温糖を使います。

でも、誰かに差し上げるときには、色がきれいなので、白砂糖がいいかもしれません。
今年も梅の世界、ありがとう! 

皆様にとって、今日も楽しい日でありますよう!

totalfood at 08:37|PermalinkTrackBack(0)

2007年05月15日

新カテゴリのご報告

皆様
先ほど凄い雷でしたね。

打ち合わせまでの数分あるので、新カテゴリをお知らせしま〜す。

私は、食を仕事にする以前の幼いころ、ほんとに幼稚園のころからいろいろ食を試すことがすきだった。

外食で珍しいものですとか、フレンチも当時は、今みたいにいろいろなくて、
「フランスそのままの味を再現」というのが売りの店になる時代。

ラーメンなどB級グルメも多くなく、味噌、しょう油、塩ってシンプルのみって
感じよ(笑)

そこへ、バターを変えて自分で調理再現してみたり、食材を変えてみたり、
ラーメンはミルクを入れてみたらどう?とか、チーズをかけたらどう?
とか、いろいろ試して作ってみていました。

無意識メニュー開発し続けていたのか…。

いろいろなパターンの実験を毎日、今でも続けています。

キッチンに立つ時間は、12時間くらいはやろうと思えば、へ〜き(やる時間ないけど)。

頭の中で考えた食のカリキュラムをトライしてみて、自分の体で体感してみたり
、実験してみたり(実験って言葉ですが、捨てたりする実験ではありません。
食べ物は大事ですから)。

調味料も自分でどんどん新ネタ作っちゃいます。
別に仕事にしようと思ってなくても。
無意識にやっちゃうんだよね、好きなんだね、根っから。

舌が喜ぶもの、心が喜ぶもの、味わい深いものなどなど。

われを忘れちゃうので、危険。
「やめなきゃ、仕事するか、寝なきゃ」って。

そんなこと、少し新カテゴリで書いてみようかと思っています。

のんびりぼちぼち書きますね!



totalfood at 15:03|PermalinkTrackBack(1)

2007年05月06日

虎屋のトラ模様

トラ羊羹

な〜んだ?
って感じですが、虎屋さんの羊羹です。


いただきものなのですが、なんでも虎屋の本店にしか売ってないそうなんです。

ありがとうございます。

いわずと知れた虎屋さんは、全国デパ地下でも、実績のある店なのです。
買えるところは多々あれど、トラちゃん模様は見ないですよね。

でも、本当にトラ模様って、結構、知られていない限定品ですよね、
虎屋でトラ模様が手に入らないっていう。誰もあまり考えにない気がします。

食輝塾の生徒さんにも一切れずつ。
人に差し上げるときも、羊羹好きは虎屋さんは外せないので、喜ばれるかも。


実は、小倉は羊羹苦手でした。あんこ自体特別好きでなかったので、
羊羹は甘すぎた。

でも、「羊羹一本まるごと食べたい!」
っていう人も世にはいるくらいなので、そんな魅力を私も克服してみたい!

と、むくむくと気持ちがわきあがってから、数年。

そして、
この、あま〜い、けれど、日持ちがする和菓子の文化と技術。
作る工程を拝見しに伺ったときの、そのココロと手間の感動。

しっかり向き合ってみよう!
羊羹と!

と思い、

今はすっかりその味わいに納得できるようになりました!

老舗の店から、コンビニ商品から、自然食品の羊羹から…
ほんの少しでも味の違いがわかるまでになりました。

でも、
やっぱり1センチ角でも、小倉にはじゅ〜ぶんかな。

まるまる一本は、健康面を考えても、永久に体感したいとは思いません(笑)

ボリッとまるごとかじったりしたら、節分の太巻きのまるかじりを彷彿させそうだ。

皆さん
苦手なものはないですか?
味覚や克服はおとなになっても変わりますので、
よい方向と思うほうへ、やってみられることお奨めします!



totalfood at 15:07|PermalinkTrackBack(0)