さて、昨日は春競馬の総決算・宝塚記念が行われた訳ですが・・・。

上半期のプラス収支を目論んで、挑んだ予想結果は・・・( ;∀;)

――――――――――
2017/06/25 第58回 宝塚記念(GⅠ)【サトノクラウン】
https://youtu.be/gE0cgb4fRBs

image


1着 サトノクラウン
2着 ゴールドアクター
3着 ミッキークイーン
4着 シャケトラ
5着 レインボーライン

単勝  ⑪900円
馬連  ②ー⑪5250円
馬単  ⑪→②10330円
三連複 ②ー⑧ー⑪10670円
三連単 ⑪→②→⑧70420円
――――――――――


~管理人の買い目~

image


魔さか!キタサンブラック9着大敗(`;ω;´)
(スポーツ紙の見出し風)

コレで、3戦続けて軸馬2頭が馬券に絡まず、もはや逆神予想状態\(>_<)/

今回のレース回顧は、キタサンブラックの惨敗と言う結果に尽きますな。

枠順が影響したのか、スタートから積極性が見えなかったキタサンブラックと武豊騎手ですが、やはり、天皇賞の反動があったのでしょうか?

シュヴァルグランに先手を取られ、終始クチを割りながら、馬場の外側を回ってしまったことや、向こう正面でサトノクラウンに絡まれたこと等も敗因と言えるかも知れませんが・・・。

昨日のレースを見ると、キタサンブラックは、(道中の位置はともかくとして)ラチ沿いを走れないと脆い部分が、あるのかも・・・( ノД`)…

勝ったサトノクラウンは、先述の様に、キタサンブラックをツツいた後、一度、後方に下げて、コーナーでのロスを避けて直線に入り、先行する他馬を見ながら外側に持ち出す好騎乗。

馬場状態が、この馬に向いたと言うこともあると思いますが、デムーロ騎手の腕が冴えていた様に思いますm(__)m

外を回りながら、ジリジリと伸びて5着に入ったレインボーラインとの違いが、この辺りに有ったのかも・・・。
(やはり、G1でのデム&ルメは怖い)

あらためて、上半期シーズンの馬券予想を振り返ると、古馬戦線は、キタサンブラックを中心に予想を進めたため、今回のキタサンの失速と自身の馬券結果がリンクしていた様にも思います( ;∀;)

そんな訳で、大幅なプラス収支となった昨年とは一転、マイナス収支となってしまった今年の上半期の結果を真摯に反省しつつ、秋シーズンに活かすことを誓って、今宵の日記は、ここ迄にしとう御座いますm(__)m

さて、G1に昇格した大阪杯以降、的中に見放された、この予想コーナーも、春シーズン最後のレースとなりました!

安田記念以来、中2週のローテーションで挑む、今回の対象レースは・・・!?

image


《有力馬紹介》


今や文句ナシの現役最強馬!G1三連勝で春を締め括るか?キタサンブラック
image



得意の渋った馬場で打倒キタサンの筆頭格に名乗り!サトノクラウン
image



宝塚と言えば牝馬のディープ産駒!最強牝馬の復権なるか!?ミッキークイーン
image



遅咲きの大器が再びG1の舞台へ!得意の阪神で念願の初戴冠へ!シャケトラ
image





――――――――――
第58回宝塚記念
阪神 芝・2200メートル

image


1-1 ミッキーロケット
(牡4、和田竜二・音無秀孝)
2-2 ゴールドアクター
(牡6、横山典弘・中川公成)
3-3 スピリッツミノル
(牡5、幸英明・本田優)
4-4 クラリティシチー
(牡6、松山弘平・上原博之)
5-5 シュヴァルグラン
(牡5、福永祐一・友道康夫)
6-6 シャケトラ
(牡4、C.ルメール・角居勝彦)
6-7 レインボーライン
(牡4、岩田康誠・浅見秀一)
7-8 ミッキークイーン
(牝5、浜中俊・池江泰寿)
7-9 ヒットザターゲット
(牡9、川田将雅・加藤敬二)
8-10 キタサンブラック
(牡5、武豊・清水久詞)
8-11 サトノクラウン
(牡5、M.デムーロ・堀宣行)
――――――――――

《本紙の見解》

春競馬の総決算・・・とは言え、毎年メンバーが揃わない春のグランプリ(^_^;)

今年も、キタサンブラックが出走して来たためか、11頭と少し寂しい頭数となった今回の宝塚記念ですが・・・。

このブログでは、お馴染みのキタサンブラックが出走して来てくれたため、今回も、三連複2頭軸で攻めようと思います!

軸の1頭目は、もちろん、キタサンブラック!
(もはや、その根拠を説明する必要も無いでしょう(笑))

2頭目の穴馬サイドの軸馬は、渋った馬場+阪神の舞台+グランプリと言う舞台を考慮して、ステイゴールド産駒のレインボーラインを指命!

今年の馬場状態も、昨年に続いて稍重と言う微妙な馬場となりましたが、他の有力馬がキタサンを意識して脚を使ったところを、外からジリジリと伸びてくるレインボーラインの長所が生きれば・・・。
(もっと、馬場が渋っていれば、不良馬場の鬼・レインボーアンバーの血が活きたかも知れませんが)

そんな訳で、雨上がりの阪神競馬場に、岩田騎手とともに、レインボーラインが虹を描いてくれることを願いつつ、本日のブログは、ここ迄にしとう御座いますm(__)m

さて、春のクラシックも先週末で終了し、この週末には、古馬のマイルG1戦が開催された訳ですが・・・。

今回の予想結果は・・・( 。゜Д゜。)?

――――――――――
2017/06/04 第67回 安田記念(GⅠ)【サトノアラジン】
https://youtu.be/Yix0RN8HBwk

image


1着 サトノアラジン
2着 ロゴタイプ
3着 レッドファルクス
4着 グレーターロンドン
5着 エアスピネル

単勝  ⑭1240円
馬連  ⑭ー⑯10480円
馬単  ⑭→⑯20410円
三連複 ⑥ー⑭ー⑯43500円
三連単 ⑭→⑯→⑥283000円
――――――――――


~管理人の買い目~

image


もはや、お約束の軸馬2頭とも馬券に絡まず(ToT)
6週連続G1戦線の間に、流れを変えることは出来ず・・・(。-ω-)

いやもう、今年の春シーズン後半の予想は、噛み合わないままでありますm(__)m

レースは、サトノアラジンが直線で豪快に脚を伸ばして1着!
いつも、脚を余す印象ですが、今回は、スムーズに外に持ち出した川田騎手の好騎乗だったと思います( ゜Д゜)ウマー

2着は、昨年と同様に逃げ切りを計るも、惜しくもゴール直前で、サトノに交わされたロゴタイプ。
スローペースで逃げ切った昨年とは違い、自らハイペースを作り出して僅差の2着に粘った今年のレース内容は、昨年以上に中身が濃かったと感じますm(__)m

予想では、イスラボニータやステファノスなど、外枠の馬を軽視したのですが、まさか、人気が薄目の外枠2頭で決まってしまうとは・・・(^_^;)

軸にしたエアスピネル&ビューティーオンリーの2頭は、5着&6着・・・(。´Д⊂)

ハイペースを読んで、後方からレースを進めてくれたところまでは良かったのですが、内目の進路を取ったエアスピネルは前が詰まり、ビューティーオンリーは、馬体減が影響したのか直前で伸びあぐねてしまいました(。-ω-)

う~ん、ダービーと同様、最近の予想は、何かが一歩足りない感じですね~(@_@)

とは言え、今回は、大外枠をモノともせず、G1に相応しいペースで果敢に先手を取ったことと、絶妙な差し切りを見せたサトノアラジンのおかげで素晴らしいレースを見られたと思います。

ヴィクトリアマイルから、先週のダービーまでは、スローペースの流れから、どうにもモヤモヤが残る結果だったのですが、昨日の様なハイレベルなレースを見せてもらえたら、予想が外れても、ちょっとスッキリした気持ちになれますな(^_^;)

さて、G1の連続開催も終了し、春の大レースも、宝塚記念を残すのみとなりました・・・。

そんな訳で、固く決着しそうな宝塚記念では、春の負け分取り返すことができるか分かりませんが、何とか的中を目指すべく検討を重ねたいと誓いつつ、今宵の日記は、これ迄にしとう御座いますm(__)m

↑このページのトップヘ