こんにちわ、管理人です

前回に引き続きジークロ大交流祭に行って参りました。

個人的にレヴィアタンの除去が怖かったので
色を赤に絞り、効果の対象にならないというテキストを持つ「 陥落の突撃 鎧の巨人」を入れて行ったら
見事に500円スターターの「守るべき絆 エレン&ミカサ&アルミン」に当たりまくってしまい
パワーでたおしていくぅ! と言いながらパワー負けする結果になりました(完)

まあ最後にレヴィに当たり、うまく鎧の巨人も捲れてドヤァしてたのですが
やっぱり一体だけ効果の対象になりませんと言ってもやられちゃいますね(何のためのデッキだったのか……)

というわけで結果は1勝3敗という結果に
次は頑張るぞー!

その他イベントの感想は続きから


場所は前回と同じ秋葉原のカラオケパセラさんだったんですが、
3階だったのが8階に変わっており、人数も恐らくガンスリを合わせて100人は超えていたかと。

どんどん人数も増えてきて勢いが本当に凄いですね!

ジーククローネの交流祭の雰囲気は前回と変わらずのワイワイと良い感じ。
これはやはりプレイヤーにTCG初心者が多いからなんでしょうか。
しかし、ジーククローネを通して交流に来てる人が多いというのは真実だと思います。
この気軽に声を掛けあえられるという雰囲気は、ジークロの財産であり大きな武器になるでしょう。
子連れの方が多かったのも好印象かなと思います。

ガンスリの他に初心者講習会やガリドンレイナの先行体験もありました。
ガリドンも面白そうなデッキばかりです!
次回の交流祭はガリドンで行こうと思ってます。



これはツイッターの方でも呟いていて、公式が改善すると言ってくれてる以上
何回も蒸し返す事では無いと思ってるのですがここにちゃんと自分の考えを書いておこうと思います。


要はガンスリンガーでのデッキ構築条件が作品参戦型のTCGにも関わらず進撃でしか出れなかった事です。
環境的にも進撃はプッシュされているので進撃プレイヤーも多く
また初心者プレイヤーの多くが進撃から始めることもそれを手伝っています。
因みにフリースペースが無いため、仕方なく当日500円スターターを買ったプレイヤーもいました。

きっと進撃オンリーにすることは初心者の安心感を得ることもあったのでしょう。
しかし作品参戦型である以上、結果的にそのタイトルが強くなってしまったというのではなく
故意に一部の作品を奉るというのは他の作品ファン、ひいてはプレイヤーの不信に繋がります。

なので進撃という舞台設定(3勝すると壁を破る)だけで
他の作品も参加してくれるようにしてくれればよかったなと思いました。
個人的にはそれで十分楽しめると思います。

全体的にやはりあの雰囲気を楽しみたい人が多いため
来た人たちの満足度は高いと感じました。
なのでそういう所で損をするのはもったいないなと。

交流祭と銘打つ以上、同じ作品ファン同士だけでなく作品を超えた交流を目指して欲しいなと思います。
未経験者をここまで引き込めたジークロならそれが出来ると信じています。
公式のやる気とプレイヤーの楽しさがとても伝わってくるTCGですから。